5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

『生と』盛田隆二について『性』

1 :無名草子さん:03/12/08 00:42
盛田隆二についてお話してみようか。

講演会とか言った人、いる?

2 ::03/12/08 00:44
訂正

×言った→○行った

しょっぱなから恥ずかしい・・・。

3 :無名草子さん:03/12/12 22:37


4 :無名草子さん:03/12/13 04:22
「ストリート・チルドレン」「サウダージ」「湾岸ラプソディ」は読んだ。
天才肌の作家だと思う。でも、いかにも寡作だ。もっと書け、と言いたい。
……とかなんとか、まあ、感想めいたことはいろいろあるが、
>>1はわざわざスレッドを立てて、何を話したかったんだ? 

5 :無名草子さん:03/12/14 18:00
お、盛田隆二か、シブいな。シブすぎて誰も知らないのでは?
ということでdat落ちする前に記念カキコ(*^^)v

6 :無名草子さん:03/12/14 18:25
ひとにすすめられて「ストリート・チルドレン」「湾岸ラプソディ」
「おいしい水」を買ったがまだ読んでない。
だれかもっと強力に推してくれ。
推し方によっては読むぞ。

7 :無名草子さん:03/12/14 18:57
なんじゃ?ようわからんが買ったんなら読んだら?

8 ::03/12/14 19:06
買った本をはしから読むのか・・・
そんなことしてたら寝ることも飯を食うこともできん

9 :無名草子さん:03/12/14 23:13
「ストリートチルドレン」は読んでみたいな。設定がおもしろい。

「湾岸ラプソディ」は帯をみたときは「ゲ・・・」だったが読んでみるとなかなかの良作だったぞ。

10 :無名草子さん:03/12/15 18:58
ようわからんが「生と性」って吉行淳之介が好んで使っていた言葉だったような・・・

11 :無名草子さん:03/12/16 22:46
我思う、夢に我在り。

12 :無名草子さん:03/12/16 23:15
>>11

直筆のコメント入りのやつ?

13 :無名草子さん:03/12/16 23:35
昔ぴあに居た人だ。

14 :無名草子さん:03/12/16 23:44
で、大酒飲みらしいな(w

15 :無名草子さん:03/12/16 23:58
そうなのか・・・。

16 :無名草子さん:03/12/17 02:38
そうなのか?

17 :無名草子さん:03/12/18 23:22
>>6

ほかのスレにも約1名、推している人がいることはいるが…
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1027061726/l50

86 :無名草子さん :03/11/19 07:18
85さん、こういう文庫が創刊されるんだから、保守も意味があるよ。
 ↓
http://www.shinpusha.co.jp/bunko/bunko1.html

作家のデビュー作を復刊する企画ってことで、
小松左京「地には平和を」
盛田隆二「ストリートチルドレン」
の2冊はマニア垂涎。待ってました!って感じ。
今後のラインナップにも期待できそうです。

18 :gogo_india(勝手に応援隊):03/12/19 21:11

『ストリート・チルドレン』(新風舎文庫・590円)

「重松清絶賛」の帯に惹かれて読んだ。驚いた。すごい傑作。
解説では「吉本隆明」と「柄谷行人」の2人が絶賛している。
新宿を舞台に、ある一族の300年にわたる「生」と「性」の
軌跡を描く異色長編。おすすめです!

19 :無名草子さん:03/12/20 01:49
>>18
アマゾソのレビュー読みましたよ。本人かコピペか
わからないけど…。

この文庫本、後ろに岡田幸四郎によるインタビューが
掲載されているのが面白い。岡田は重松清のペンネーム
なのだが、この話が早稲田文学に掲載された当時、編集
をしていたのが重松清。
自分が編集者をしていた作家にインタビューするってのは
どんな心境だろう…。。

20 :gogo_india(勝手に応援隊):03/12/20 02:36
>>19
あ、どうも。gogo_indiaです。お初です。
田村章=重松清は知ってましたが、岡田幸四郎もそうだったんですか!
びっくりです。なんて言ってたら、重松ファン失格ですか。
確かにインタビュー記事、もう一度読んだら重松清の文体そのものですね。
『ストリート・チルドレン』がとにかくおもしろかったんで、
続編の『ニッポンの狩猟記2008』、本屋でさんざん探してるんですが、
見つかりません。もう古本しかないっすかね、アマゾンの。

21 :無名草子さん:03/12/21 00:02
>>20
新品で欲しいっていうことですかね?<2008

ここには在庫ありますよ。1冊だけ。
http://www.junkudo.co.jp/index.jsp?
通販もしてくれるけど、手続きの紙とかが
送られてくるまで時間かかるから、年内に
お手元に、とはいかないかも。

岡田幸四郎は知らなくてもファン失格なんてことには
ならないですよ。でも、田村章を知ってて岡田を知ら
ないっていうのは珍しいかも。両方セットで登場する
ものだと思ってたので…。

22 :gogo_india(勝手に応援隊):03/12/21 11:20
>>21
はい、古本って好かんのです。潔癖症というわけでもないんだけど。

> ここには在庫ありますよ。1冊だけ。
http://www.junkudo.co.jp/index.jsp?

わざわざどうも。東京はいいっすね。こっち(九州某所)にも大型店舗はあるけど、
品揃えは金太郎飴です。で『ニッポンの狩猟記』は『狩猟期』の間違いでした(恥)

> 両方セットで登場するものだと思ってたので…。

田村章・著の本は何冊か読んだことがあるし、いまでもまだときどき
某週刊誌で田村章名義でライター仕事をしてるっしょ、重松さん。
だから知ってたんだけど、岡田名義の文章は読んだことないので。

ところで盛田隆二『湾岸ラプソディ』、読み始めました。
いま2章に入ったところ。かなり引き込まれてます。中学生の正太がいい。
あと、正太のオヤジも。主役の男女2人より、キャラが立ってるかも。

23 :無名草子さん:03/12/26 20:59
おー、なつかしい!!盛田先生の「湾ラプ」、授業じゃあんまり使わなかったけど、でも面白かったっすよ、けっこう。先生、「ストチル」復刊したんですね、おめでとー!!って書いても、見てないだろうけど。


24 :gogo_india(勝手に応援隊):04/01/08 08:12

>>21さん
ジュンクじゃなくてアマゾンで買いました。『ニッポンの狩猟期2008』
それにしても版元からの在庫取り寄せって、異様に時間がかかりますね。
やっと届いたところです。まだ1章の半分しか読んでませんが少し感想を。

『ストリート・チルドレン』の続編ということで、確かに前作のラストから
10年後という設定だけど、小説を支配する世界観はまったく別物ですね。
『ストリート・チルドレン』の「路上で生まれ、路上で死ぬ」登場人物は
実際の路上生活者ではなかった。しかし、『ニッポンの狩猟期2008』の場合、
ホンモノの路上生活者が主人公になっている。
しかも大人ではなく、全員子供たちのホームレス! これには驚きました。

冒頭からものすごく密度の高い文体で書かれてるし、
盛田隆二の「地を這うマジック・リアリズム」(?)は健在。
読み終わったら、また感想書きます。
>>21さんも、もしここを見ていたら感想を聞かせてください。

あと、>>23さん
『湾岸ラプソディ』、授業で使ったんですか。いいですね。
W大学かな。それともJ専? まあ、どっちでもいいけど、うらやましいです。


25 :無名草子さん:04/01/17 20:26
age

26 :21:04/01/18 16:46
いつかぼくは一冊の本を書くを読みました。
去年の講演で盛田さんが言ってたことと重なる部分が多く
行けなかった人は読むといいんじゃないかと思います。
ストリートチルドレンの理解が深まるかも。

重松清に宛てた手紙なんかも収録されてて満足。

27 :無名草子さん:04/01/18 23:38
あへ

28 :gogo_india:04/01/19 18:42

>>26
「いつかぼくは・・・」、以前から読みたいと思ってたんですが、
いま調べたら、品切れ重版未定になってました。
やっぱり買うべきときに買わないとダメっすね。
ネットの古書サイトでちらちら見かけるので当たってみます。

> 重松清に宛てた手紙なんかも収録されてて満足。

往復書簡ではなくて「重松清に宛てた手紙」なんですか?
「受け取った手紙」ならわかるけれど、「宛てた手紙」が
なんで手元に残ってるんだろう(謎)


29 :無名草子さん:04/01/19 22:25
>>28
書いた文章をフロッピーに残しといたからですよ。(記憶あいまいだけど)


30 :gogo_india:04/01/20 08:23

>>29
あー、あー、なるほどPCで手紙書けば手元に残りますね。了解
「いつかぼくは・・・」は昨夜さっそく手配しました。

31 :gogo_india :04/02/01 09:54
>>26
「いつかぼくは一冊の本を書く」、やっと届いて読んでます。
盛田隆二はこのエッセイ集を出す前に、すでに四冊の小説を刊行してるわけで、
なぜ五冊目の本に「いつかぼくは・・・」というタイトルを付けたのか、
そこらへんが気になってたんやけど、少し読んだだけで疑問は氷解しました。

> ストリートチルドレンの理解が深まるかも。

うん、ほんとに。とくに「ポップ文学の呪縛」って文章の中で、
中上の「十九歳の地図」が出てきたりする部分、ゾクッとしました。

> 重松清に宛てた手紙なんかも収録されてて満足。

うん、重松清から受け取った手紙は収録されてないけど、
宛てた手紙だけで二人のやり取りは十分想像できる。
中身、濃いね。すごくおもしろい。

あと盛田隆二って、ブコウスキーが好きなんやね、ほんとに。
盛田隆二にはいつかブコウスキー張りの酔いどれハードボイルドを
書いてほしい。この本を読みながら、そんなことを考えました。満足。

32 :無名草子さん:04/02/04 02:58
『ラスト・ワルツ』も復刊したらいいな。いちばん好き。

33 :無名草子さん:04/02/05 21:51
この人には、重松の文庫解説の依頼は来ていないのだろうか?
かなり不思議。

34 :無名草子さん:04/02/10 18:43
>>33
ええ、確かにふしぎ。
盛田隆二は日経新聞で重松清「疾走」の書評を書いていたけどね。

35 :無名草子さん:04/02/14 21:56
今日ストリートチルドレンを読了したのですが、ひとつ疑問があります。
江戸時代後半の場面で、千重と幸兵衛の関係をさして「血縁関係はない」と書いてあるのですが、
千重は鳥雅の孫、幸兵衛は鳥雅の子供なので、血縁関係はあるのではないでしょうか。

多分私が勘違いしているのだと思いますが、誰か間違いを指摘してください。

36 :無名草子さん:04/02/14 23:47
血縁関係ってのは、お互いの認知があって成立するものらしい。
したがって、生物学的に血のつながりがあるかどうかは関係ないのでは?

詳しくは覚えてないけど、○○と××との間の子どもだと思われてたのが
実は□□との子どもだった、みたいな場面がいっぱいあったよね。


37 :35:04/02/15 00:36
いえ、表向きは○○だったが、実は血縁関係はない、っていう風に書いてあったんです。

38 :無名草子さん:04/02/15 23:52
http://www3.rocketbbs.com/402/7244RUT4.html

すんげえ、ビックリ。ご本人登場。

39 :無名草子さん:04/02/20 11:40
>>35

> 千重は鳥雅の孫、幸兵衛は鳥雅の子供なので、血縁関係はあるのではないでしょうか。

その部分、読み直してみました。確かにそうですね。血縁関係はあります。
それにしても「孫」の方が「子」よりも年上なんて、すごい関係ですね。
ふたりのあいだに血縁関係があるなんて誰も想像しないでしょう。
誰も想像しないなら「ない」のと同じだと、作者は書きたかったんでしょうか。
よくわかりませんが、いずれにしても信じられないほどの迫力に満ちた小説でした。

40 :無名草子さん:04/02/25 23:27
佐藤正午さんに解説書いてもらったんですね。

41 :無名草子さん:04/02/29 23:01
「夜の果てまで」角川文庫発売記念age

42 :無名草子さん:04/03/06 23:30
大ブレーク直前の静けさ……

43 :無名草子さん:04/03/11 05:41
夜の果てまで読了age

44 :無名草子さん:04/03/14 16:24
夜の果てまで、すごくよかったです。切なくて、苦しくて、でも懐かしい。

45 :無名草子さん:04/03/14 19:04
「夜の果てまで」読みました。
最初は主人公にムカついてたけど、最後は良かった。

46 :無名草子さん:04/03/17 11:13
「夜の果てまで」わたしも読みました。
こんなディープな恋愛小説は初めて。
読み終わってから一日中ぼぉーとしていました。
いまもまだ余韻の中・・・

47 :無名草子さん:04/03/23 18:27
>>46さん
ほんとにディープでした。『夜の果てまで』
読了してから、登場人物の言葉とか、これからの人生とか
いろんなものがじわじわ、ざわざわ押し寄せて来て……。
早速『ストリート・チルドレン』を買ってきましたが、
まだそっちに取り掛かる気がおきないほど、ずしーーんと来てます。

48 :無名草子さん:04/03/31 01:50
夜の果てまで、佐藤正午の解説がクサかった。

49 :無名草子さん:04/03/31 15:44
盛田さんって北大出身なの?


50 :無名草子さん:04/03/31 15:51
>>49
いや、早稲田か明治だったような。

51 :無名草子さん:04/03/31 18:58
佐藤正午は北大出身、てか中退か。

52 :無名草子さん:04/04/10 01:43
んー。
なんかヒロインにいまいち感情移入できず。
ほんとにすきなの?みたいな。
行動のあちこち、若干意図が読めない感じ。

53 :無名草子さん:04/04/11 20:24
●好きな順番
「夜の果てまで」
「ストリート・チルドレン」
「ニッポンの狩猟期2008」
「リセット」
●積読中
「おいしい水」
●読みたいが手に入らない
「サウダージ」
「いつか僕は一冊の本を書く」

わたしはそんな感じです。


54 :無名草子さん:04/04/22 22:54
夜の果てまで、どこの本屋も売り切れとかで、手に入らん・・・シュン

55 :無名草子さん:04/04/23 01:01
>>54
ネット書店で片っ端から在庫あるかどうか探したら?

56 :無名草子さん:04/04/23 06:02
>>54
増刷してるみたいよ。

57 :54:04/04/24 22:28
レス、ありがとう。
>>55
ネット書店も全部「在庫なし」「扱っておりません」「品切れ」でした。
>>56
うん、本屋さんで聞きました、増刷中という話は。
「注文してから1カ月たつのに、まだ入荷されないんです」
って本屋さんも嘆いてました。増刷って1ヵ月以上かかるのかな? 素朴な疑問。


58 :無名草子さん:04/04/24 22:35
角川文庫だよね、「夜の果てまで」
ふつうは二週間ぐらいで上がるんじゃないの? 増刷って。



59 :無名草子さん:04/04/25 19:19
>>54
わたしもずいぶん探して、一昨日やっと買えました<夜の果てまで
奥付は4月10日の3刷です。
いまは4刷の最中なのかな。
ネット書店を調べたら、BK1だけ扱っていましたよ。お知らせまで。

60 :54:04/04/26 22:46
59さん、本はやっぱり本屋で買いたいっていうつまらないこだわりは捨てて、
さっきBK1に注文しました。親切にどうもありがとう。
でももう4刷りっすか。盛田隆二がそんなに売れるなんてびっくり。

61 :無名草子さん:04/04/30 23:38
盛田隆二のスレがあったんだ。感動!!
(いま酔っ払ってるから、とりあえずそれだけ)

62 :無名草子さん:04/05/05 02:59
61さん、はじめまして。
わたしもまったく同じ理由で感動してます!!
でも酔ってはいないけど、旅行から帰ってきたばかりで
もう眠たいので、また来ます。すみません・・・・・

15 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)