5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

村上春樹 part5 文学板からの出戻り

1 :無名草子さん:03/08/30 13:22
やれやれ

過去スレ
Part1 http://natto.2ch.net/books/kako/980/980740994.html
Part2 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1006326491/
Part3 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1021706960/
part4 http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1050553787/


2 :無名草子さん:03/08/30 13:24
2か、悪くない

3 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

4 :無名草子さん:03/08/30 13:25
関連スレ

村上春樹って、いったい何が言いたいわけ?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1035198156/

村上春樹『海辺のカフカ』専用スレッドPart3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035092436/

■■村上春樹、ノーベル文学賞への道 その2■■

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1061461912/

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1025143599/

村上春樹的@半角文字列
http://okazu.bbspink.com/test/read.cgi/ascii/1055735221/


5 :無名草子さん:03/08/30 13:25
関連スレ

村上春樹って、いったい何が言いたいわけ?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1035198156/

村上春樹『海辺のカフカ』専用スレッドPart3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035092436/

■■村上春樹、ノーベル文学賞への道 その2■■

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1061461912/

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1025143599/

村上春樹的@半角文字列
http://okazu.bbspink.com/test/read.cgi/ascii/1055735221/

6 :無名草子さん:03/08/30 13:26
関連スレ

村上春樹って、いったい何が言いたいわけ?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1035198156/

村上春樹『海辺のカフカ』専用スレッドPart3
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1035092436/

■■村上春樹、ノーベル文学賞への道 その2■■

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1061461912/

『世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド』
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1025143599/

村上春樹的@半角文字列
http://okazu.bbspink.com/test/read.cgi/ascii/1055735221/

7 :5:03/08/30 13:27
ごめん、私がとろかったばかりに、関連スレが2つになった。
(つまり、善意の4に遅れたおいうことね)

8 :無名草子さん:03/08/30 13:32
追加関連スレ

【クール】村上春樹風にDTPを語るスレ【感傷】
http://that.2ch.net/test/read.cgi/dtp/1044786061/

村上春樹の顔みして!

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1046682936/

春樹について語るスレ

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1050929302/

村上春樹新作「海辺のカフカ」

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1029688833/

風の歌〜ピンボール〜羊〜ダンス:村上春樹4部作

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1026395851/

■ノーベル獲りへ 春樹新作「海辺のカフカ」

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1029734583/

春樹の限界

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1043933291/


9 :無名草子:03/08/30 13:34
>>1
乙です・・・

よかった、よかった

10 :無名草子さん:03/08/30 13:56
一応罪滅ぼしに一般書籍の次スレに追加関連スレを張っときました
本当のpart5
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1062217370/8


11 :無名草子さん:03/08/30 20:22
僕はまたこんなスレに来てしまった。
もう二度と来まいと思っていたのに。
まあいい。
一度あけてしまったビールは飲みきるのが礼儀だ。

12 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

13 :無名草子さん:03/08/30 23:06
今週のするめクラブはサハリンてことで
まだ読んでないのですが
なんとなく寒そうだ・・・

14 :無名草子さん:03/08/30 23:10
次の長編まだあ?

15 :無名草子さん:03/08/31 01:12
1さん、乙です。

16 :無名草子さん:03/09/02 00:12
忘れ去られてるな。。。

17 :無名草子さん:03/09/02 00:19
ネタがないんだろ

18 :無名草子さん:03/09/02 08:47
やれやれ。ひどいサブタイトルだ。

19 :無名草子さん:03/09/03 21:36
夏休みが終わり、人々は去った。
僕も去ろうと思った。
でもね、けっきょくどこに行っても同じなんだ。
僕はここでまたビールを飲むとしよう。

20 :無名草子さん:03/09/04 00:13
ウダウダやってる間に、もうワケワカメ

21 :無名草子さん:03/09/04 08:51
でもね、ageないわけにはいかなかったんだ。

22 :無名草子さん:03/09/04 10:02
たとえば、夏の終わりがせつないように?

23 :無名草子さん:03/09/04 11:39
そう、夏の終わりがせつないように。

24 :無名草子さん:03/09/04 11:44
1さん、乙です。


25 :無名草子さん:03/09/04 12:37
1は何がしたいんだろう。そして、僕は何をすればいいのだろう。
オーケー、1はuzeee。そして僕はいつものように、マスターベーションに
とりかかった。

26 :無名草子さん:03/09/04 14:15
最低よ。

27 :無名草子さん:03/09/04 16:00
実にそのとおりだった。

28 :無名草子さん:03/09/04 18:15
馬鹿みたい。

29 :無名草子さん:03/09/04 22:08
そうかもしれない。

30 :無名草子さん:03/09/05 08:54
正論だ。僕たちは正論を言い合っている。

31 :無名草子さん:03/09/05 10:12
ねえ、正論をいくら積み重ねてもどこにも行けないのよ。

32 :無名草子さん:03/09/05 14:13
「それでも」と僕は言った。

33 :無名草子さん:03/09/05 20:01
やれやれ

34 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

35 :無名草子さん:03/09/05 21:20
「君は何回ここに書き込んだんだ?18回?実に少ない」
彼はつぶやいた。
「実に少ない」



36 :無名草子さん:03/09/06 20:45
ねぇ、多い少ないの基準はどこにあるの?

37 :無名草子さん:03/09/06 21:25
僕にはわからない。

38 :無名草子さん:03/09/07 21:16
僕はまた頭が痛みはじめた。

39 :無名草子さん:03/09/07 22:59
やれやれこれじゃあただのなりきりスレじゃないか。
そろそろ普通の雑談スレに戻らないか?僕はそう口に出そうと思ったが止めた。
どのみち僕が何を言おうと誰も気に留めやしないのだ。

40 :無名草子さん:03/09/07 23:03
いったい誰が、こ、こ、こんなことするんだろうね?

41 :無名草子さん:03/09/07 23:11
それはね、ただの好奇心なの。
でもね、私はからかってるんじゃないのよ。正直な気持ちを書いてるだけなの。

42 :無名草子さん:03/09/07 23:12
「そうだろうね」と僕は言った。

43 :「羊」についての主観的考察:03/09/08 02:20
 羊憑き(の人)は一時的に自失状態になるものの、状況に慣れれば、宇宙の原初に充
ち満ちていたよな躍動的な思念を手に入れ、自由自在に人と物を動かし、新しい世界
を作り出す力を得ます。正確に言うとそれを望んだのはその人でなくて、羊(ここでは
一つの冷徹な思想のメタファー)ということになりますけど。羊は羊憑きを脳腫瘍の激
痛を鞭にして、ひたすら思うがままの状況を作り出すための行動に次ぐ行動を命じて、
止まない訳ですね。

■羊が人の世の中で思うままに実現したい物とは
 それで羊が人の世の中で、思うままに実現したい状況というのは何かというと、こ
の辺は春樹さんが好んで読まれたドストイェフスキー作「悪霊」なんかに詳しいです
けど、混乱と妄動に充ち満ちたカオス的な社会状況ですね。そうゆう状況下を意図し
てもたらした人がいて、その人がそれによって手に入れることができるのは、思いの
ままの新しく、かつおぞましい「新しい国」です。
そして、そうゆう国っていうのも、往々にして独裁者を必要とする訳です。ヒトラー
然り、ムッソリーニ然り、「地獄の黙示録」のマーロンブランド然りです。★━━で
、そうゆうカリスマ的独裁者を担ぎ上げ、自分は一官僚的な参謀的人材に成り切って、
その思念の現世的な意味での組織化や仕事の実現に没頭することで、その世界におい
て重要な位置づけを獲得したいという優秀な実務能力を持つ人も良くいる訳です。★
━━豊臣秀吉が朝鮮に兵を送った時に補給の飯炊きの人件費を計算した石田三成がい
たようにですね。



44 :「羊」についての主観的考察:03/09/08 02:22
■「秀吉が死んだら、代わりが要る」現代石田三成列伝
 たとえば石田三成にとって、豊臣秀吉が死んだのって大変なことなんですよ
ね。彼の人生の計画が決定的に破綻したのは秀吉の死の瞬間ですから。そうゆ
う訳で、黒服の男は、右翼的世界における実務能力に長けた一人のbQとして
、bPのカリスマが欲しかったということになります。黒服の男は、組織の実
体とそのネットワークと資金源は丸ごと残ってるので、そこにすっぽり羊憑き
の鼠を向かい入れると言ってはいます。
 それはちょっと無理があるよな気がしますが、先生の組織の一部とそのネッ
トワークを使って新しいもう少し小さな組織を作るところから始めれば、黒服
の男が言ってる構想は十分実現可能だと思います。★━━ファシズムの小規模
な組織がどうやって大規模な党派に成長するかというのは、村上龍さんの「愛
と幻想のファシズム」の狩猟社をめぐる話に詳しいです。★━━自分が新時代
のヒトラーになる前に、自ら死を選びかつ赤と青の導線を結ぶことで、黒服の
男共々、別荘をダイナマイトでぶっ飛ばすという鼠の選んだ道は、シンドラー
のリストに匹敵するよなファシズムとの勇敢な応酬だと思います。★━━その
道を選ばざるを得なかった鼠、そしてその手助けをするしかなかった「僕」─
─この二人の孤独な闘いって、「ねじまき鳥」において闇の中の正体の知れな
い凶暴な魔物とナイフを血だらけにして闘った「僕」の強い正義の意志の萌芽
が見られるのではないかと思います。ではまたお会いしましょう。

45 :無名草子さん:03/09/09 08:53
さよなら、44。

46 :無名草子さん:03/09/09 09:44
僕は、44が何かにしっかりと守られることを祈っている。

47 :無名草子さん:03/09/09 10:56
祈ったところで、どうにもならないのだけれど。

48 :無名草子さん:03/09/09 14:14
ねえ、大変なことを告白する。
僕はこのくだらん夏の間にワキガ体質になってしまった。

49 :無名草子さん:03/09/09 15:16
最低よ。

50 :無名草子さん:03/09/09 19:38
45,46,47さん、
もしかして>>43-44の方の文章を皮肉っているのでしょうか?
しかしよく読んでください。これは本当に素晴らしい文章で、
ユーモアたっぷりに書かれているために軽く観られるのかも知れませんが、
じつは我々の人生についての深く孤独な思索の発露だと思うのです。
他人のことを非難する前に、まずご自分の虚無に満ちた生活を振り返りましょう。
そうすればわかるはずです。誰も他者の真剣さを一笑に付すことを出来るはずが
ないという確信が得られるでしょう。

51 :無名草子さん:03/09/09 19:50
やれやれ

52 :50:03/09/09 19:55
>>43-44の文章ははっきり言って難しいです。
ぼくはプリントアウトして線を引きながら読みました。
まずは皆さんもじっくり読んでみてはいかがでしょうか?
きっと得られる物はあると思います。

53 :売国奴は死ね!!:03/09/09 19:59
53 :名無しさん@4周年 :03/09/09 18:12 ID:sdTZ+cle
「週刊現代」2002年10月12日号「野中も真紀子も謝罪せよ!」(34〜37ページ)より抜粋
----------------------------------------------------------------------------
コメ支援を約束して帰ってきた村山訪朝団に抗議するため、家族らは自民党本部前で座り込みを
行った。通りかかった野中氏は、こんな暴言を吐いたという。

 「われわれは通りかかる自民党議員たちに『拉致された日本人たちを返せ』と訴えていたんです。
そのとき野中さんが何も言わずに通り過ぎたかと思うと、急にこちらを向いて、大声で、『あんたがたが
吠えても、横田めぐみなんて帰ってこないんだよ!』と言ったんです。みんな悔しくて腹立たしくて
仕方がありませんでした」(地村保さん談)


野中引退祭りは、ニュー速では鯖に負担がかかるため、ニュース実況板で祭り中!!

現スレ
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/liveplus/1063097913/

54 :無名草子さん:03/09/09 21:05
やれやれ

55 :無名草子さん:03/09/10 09:17
野中引退祭りなんて冷蔵庫の中でやればいいんだ。

56 :無名草子さん:03/09/10 09:39
れ、冷蔵庫の中は、さ、寒すぎる・・・

57 :無名草子さん:03/09/10 20:40
もぐもぐ















COMBO!

58 :無名草子さん:03/09/10 21:42
僕は冷静という感情が燃え上がるのを感じていた。
でも、けっきょくその火は寝る前の一杯のビールで消されてしまうんだ。

59 :無名草子さん:03/09/11 09:24
たぶん、僕の頭が悪いせいだと思うんだけど、
君の言ってることはよくわからないな。

60 :無名草子さん:03/09/11 10:33
ねえ、59。君は58の言っていることを理解しようと努めるべきだったんだ。

61 :無名草子さん:03/09/11 10:39
[


<アスペルガー症候群(自閉症スペクトラムに属す)←脳の機能的疾患(遺伝が要因)>
●変化を嫌う
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/atoz3/kado/book1/Williams-Asp.htm

●接し方のルールがわからず無邪気に周囲の人に対して迷惑なことをしてしまうことがある。人を傷つけるということには鈍感(相手の立場に立って考えられない)。
●パターン的行動、生真面目すぎて融通が利かない
 毎朝の通学電車では同じホームの同じ場所から、同じ時間の同じ号車に乗ることに決めていたりする。パターンを好むということは反復を厭わないことでもある。
●アスペルガー症候群の子どもは(大人も)感覚刺激に対して敏感。敏感さは聴覚、視覚、味覚、嗅覚、温痛覚のいずれの感覚の敏感さもありえる(特に視覚が敏感らしい)。
●アスペルガー症候群の子ども(大人も)は予測できないことや変化に対して苦痛を感じることが多い。
http://www.autism.jp/l-02-03-aspe3.htm

●独り言を言うことが多い(考えていることを口に出す)
●物事をいつまでも同じにしておこうとする欲求が強く、そうでないと非常に不安。いわゆる「こだわり」。
●自発的に行動することが少なく、興味の幅が狭い   
●物まねをしているような不自然な言語表現
●自閉症スペクトラム全体としては一万人に91人(およそ100人に1人)。
http://www.ypdc.net/asuperugar.htm

★自閉症スペクトラムの考え方(アスペルガーに至らない気質の偏りもある(遺伝性))
http://www.imaizumi-web.com/030413.html  
   
★アスペルガー症候群(自閉症スペクトラム)かどうかのテスト
http://twitwi.s10.xrea.com/psy/add.htm 
http://www.geocities.co.jp/Beautycare/5917/as/marksheetmake.html


]

62 :無名草子さん:03/09/11 10:41
あるいはアスペルガー症候群とやらなのかもしれない。

63 :無名草子さん:03/09/11 22:20
完全に理解しようなんて人間の驕りさ。
理解できない事を理解するのが先決だね。
ソクラテスのように。

64 :無名草子さん:03/09/11 23:46
だから僕は踊り続けるんだ。

65 :無名草子さん:03/09/12 00:29
いつも思うんだが、
          ,,―‐.                  r-、    _,--,、
     ,―-、 .| ./''i、│  r-,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,―ー.    ゙l, `"゙゙゙゙゙ ̄^   \
    /   \ ヽ,゙'゙_,/   .゙l、         `i、   \ _,,―ー'''/  .,r'"
.,,,、.,,i´ .,/^'i、 `'i、``     `--‐'''''''''''''''"'''''''''''゙     `゛   .丿  .,/
{ ""  ,/`  ヽ、 `'i、                        丿  .,/`
.ヽ、 丿    \  .\                      ,/′ 、ヽ,,、
  ゙'ー'"      ゙'i、  ‘i、.r-、      __,,,,,,,,--、     / .,/\ `'-,、
           ヽ  .]゙l `゙゙゙゙"゙゙゙゙ ̄ ̄     `'i、  ,/ .,,/   .ヽ  \
            ゙ヽ_/ .ヽ_.,,,,--―――――ー-ノ_,/゙,,/′     ゙l   ,"
                 `             ゙‐''"`        ゙'ー'
これほどぴったりな言葉というかAAはないと思うのだが。

66 :無名草子さん:03/09/12 08:44
悪くないペニスだった。

67 :無名草子さん:03/09/12 14:31
大丈夫です。心配しないでください。ただのフェラチオですから。

68 :無名草子さん:03/09/12 21:49
そうやって僕たちはいつまでも犬の漫才を続けるんだ。

69 :無名草子さん:03/09/13 17:15
「なぜペニスのAAなの?」
「良いスレは面白いAAとネタを読めるものなんだ」

70 :無名草子さん:03/09/13 21:57
そういうと僕はタバコと純粋理性批判を持ってベッドに入った。
カントはあいかわらず立派だったがタバコは粘土でつくったロールパンのような味だった。

71 :無名草子さん:03/09/16 08:44
粘土でつくったロールパンのような味をうまく想像できなかったけれど、
僕はageることにした。

72 :無名草子さん:03/09/16 09:38
致命的な想像力。

73 :無名草子さん:03/09/16 15:56
「致命的な想像力」と僕は声に出して言ってみた。

74 :無名草子さん:03/09/16 16:05
最近の2ちゃんねらーはみんな礼儀正しくなったんだ。
僕が学生の頃はこんなじゃなかった。
2ちゃんねらーといえば、みんな引きこもりをやっていて、半分くらいが社会不適合者だった。
でも時々ひっくりかえるくら凄いレスが読めた。
僕はいつも2ちゃんねるに通ってスレを読んでいた。そのひっくりかえるようなレスを求めてだよ。

75 :無名草子さん:03/09/16 21:12
求めることは与えることと同義なんだよ、けっきょく。
だから僕は書き込みを続けるんだ。

76 :無名草子さん:03/09/16 21:35
そ、そ、それも何だか、じ、自己満足的な考え方だねワ、ワタナベくん?

77 :無名草子さん:03/09/16 22:07
みんな物まねをする事しか出来ないんだ。
そうする事によって君たちは何を得て、何を失うのか、
僕には見当もつかなかった。

78 :無名草子さん:03/09/16 22:28
物まねというのはとても形而上学的な問題なんだ

79 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

80 :無名草子さん:03/09/17 00:56
やれやれこのコピペは毎回一体何がしたいんだ

81 :無名草子さん:03/09/17 09:53
考えなさい。考えなさい。考えなさい。なにしろ時間はたっぷりあるんだから。

82 :無名草子さん:03/09/17 21:28
たっぷりあるはずの時間が限りあるものと知ったとき、ようやく時間が流れ始めるんだ。
でも僕の目の前には終わりがせまってきている。

83 :無名草子さん:03/09/18 08:49
「わかった。執事が犯人だ」と僕は言ったが誰も笑わなかった。
面白くない冗談なのだ。

84 :無名草子さん:03/09/18 10:13
「ナカタは頭が悪いので冗談だとは気づきませんでした」

85 :無名草子さん:03/09/18 10:18
「俺っちもおもしろくなかったよ、83はDQNだからほっときな」と星野青年は言った

86 :無名草子さん:03/09/18 16:14
       ,.ィ , - 、._     、
.      ,イ/ l/       ̄ ̄`ヽ!__
     ト/ |' {              `ヽ.            ,ヘ
    N│ ヽ. `                 ヽ         /ヽ /  ∨
   N.ヽ.ヽ、            ,        }    l\/  `
.  ヽヽ.\         ,.ィイハ       |   _|
   ヾニー __ _ -=_彡ソノ u_\ヽ、   |  \  
.      ゙̄r=<‐モミ、ニr;==ェ;ュ<_ゞ-=7´ヽ   > 我々MMRがこのクソスレを
.       l    ̄リーh ` ー‐‐' l‐''´冫)'./ ∠__  乗っ取らせてもらうパート2!!
       ゙iー- イ'__ ヽ、..___ノ   トr‐'    / 
       l   `___,.、     u ./│    /_
.        ヽ.  }z‐r--|     /  ト,        |  ,、
           >、`ー-- '  ./  / |ヽ     l/ ヽ   ,ヘ
      _,./| ヽ`ー--‐ _´.. ‐''´   ./  \、       \/ ヽ/
-‐ '''"  ̄ /  :|   ,ゝ=<      /    | `'''‐- 、.._
     /   !./l    .\    ./    │   _
      _,> '´|l. ミ:ゝ、  _/,´\  ./|._ , --、 | i´!⌒!l  r:,=i
.     |     | l. /    |=  ヽ/ | .|l⌒l lニ._ | ゙ー=':| |. L._」
      l.    | l./     .!    / | i´|.ー‐' | / |    |. !   l
.     l.   |. .!    .|  /  .!.|"'|.   l'  │-==:|. ! ==l   ,. -‐;
     l   |  l.    .| /   | i=!ー=;: l   |    l. |   | /   //
       l  |   l    .|/     !│ l    l、 :|    | } _|,.{::  7
        l  |   l   ./     .| |__,.ヽ、__,. ヽ._」 ー=:::レ'  ::::::|;   7
.      l |     l  /     .|. \:::::\::::: ヽ  ::::::!′ :::|   .:/
.       l |    .∨      !   /ヽ::: `:::    ::::  ...


87 :無名草子さん:03/09/18 18:56
このスレでは何があったんだ?


88 :無名草子さん:03/09/18 23:37
さぁ

89 :はるきち:03/09/19 00:42
「風の歌」を始めた読んだ時、おぉ、どしたらこんな文体が作れるんだとうなったも
のです。それからそうかこんな風に小説って書けるんだって感動も。そしたら芥川賞
候補に挙がった時、吉行さんと丸谷さんが、同じような文体を作り出す春樹さんの力
のようなものに言及していて、成る程、玄人が読んでもかなり精巧に出来上がったマ
シンなんだ、これはと感心した記憶があります。これってつまりペンギンブックスを
手当たり次第読み漁ってお作りになられた文体なんですよね。随分経ってから、春樹
さんがヴォネガットを初めて読んだ時に「おぉ、こんな風に小説が書けるんだ」と感
動したという話(確かに「風」3部作は似てるとこある^^)を聞いて、うーむ、そうい
う感動は代々というか、世代毎にやはりあるところにはあるんだという感動を逆に受
けたことがありますね。僕らの感動はヴォネガットさんの孫「感動」な訳ですよ、つ
まり代々来てる訳ですね。春樹さんはカポティは相当はまってらっしゃったよですよ。

90 :はるきち:03/09/19 00:44
「冷血」への興味がなくちゃ、「アンダーグランド」の刊行も、「心臓を貫か
れて」の訳出はともになかったはずですし、処女作の「風の歌を聴け」のタイ
トルがすでに「何も言うまい。何も考えるまい。風の音に耳を澄まそう」なる
カポーティの引用から引いてる位です。PS1、原文を読まれた春樹さんのカ
ポティの文章力に関するコメントは尋常でないものがあります。表現はちがう
けど、1行2行でびびびと来る位に反応されたように書かれてますね。ちなみ
に日本語訳だけど「冷血」の文体ってすごく面白いですね。事実からその悲劇
的な物語の手触りをぐいぐい導き出す賢い眼が「あるある(!)」って感じです
。僕ちなみに春樹さん以外だと、ヴェルレーヌさんの詩にびびびってくるかな
。あ、割と好みが古風な物で。秋の日のビオロンのひたぶるにうらがなしなん
て。PS2、本当に好きなのは堀口大學訳ですけど^^。

91 :無名草子さん:03/09/19 22:43
上田敏 「落葉」(海潮音・ヴェルレーヌ)
秋の日の ヰ゛オロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し。

92 :無名草子さん:03/09/22 08:52
そんなのってないぜ。

93 :無名草子さん:03/09/22 09:21
ねえ、このスレでは雑談をしたくないというあなたの気持ちはわかるんだけど、
だからってこんなふうに、なりきりレスでスレを埋め尽くすことはないじゃない。

94 :無名草子さん:03/09/22 10:11
たまに語れる信者が来たって
さっぱりなヤシしかいないんですよ

何々の影響下にあるだとか完全に興味なし。
10代にしろ、20代にしろ。


95 :無名草子さん:03/09/22 10:24
考え方の違いでしかないのだ。

96 :無名草子さん:03/09/22 11:58
「長文というのは、他人に読まれないことを前提として書かれるのよ」
「君は君の年にしては、ひどくペシミスティックな考え方をするね」

97 :無名草子さん:03/09/22 12:14
それはペシミスティックというより、間違いなく間違った考え方だと僕は思ったけれど、
結局、考え方の違いでしかないのだろう。

98 :無名草子さん:03/09/22 14:25
本気で春樹を語りたいのなら文学板に逝くべきだろう。
しかしあっちのスレはdでもないスレタイだがな。

99 :無名草子さん:03/09/22 15:40
ヴァギナ。やれやれ、なんてくだらないタイトルをつけるのだろう。
昔の2ちゃんねらーは、もっとまともなタイトルをつけたものだ。

100 :無名草子さん:03/09/23 18:46
ふうむ、100か。
そう思うと僕は少し頭が痛くなってきた。

101 :無名草子さん:03/09/24 08:52
頭が痛くなってもageるんだよ。ageつづけるんだ。意味なんて考えちゃいけない。

102 :無名草子さん:03/09/24 15:35
それはとても難しいことのように思えるけれど?

103 :無名草子さん:03/09/24 22:26
難しいとか、難しくないとか、そんな問題じゃないんだ。
僕らはageつづけなくてはならないんだ。
好むと好まざるにかかわらず。

104 :無名草子さん:03/09/24 23:02
104か、104というナンバーはときに、僕をとても憂鬱な気分にさせる。
たとえば、それは街のはずれの公園に佇む一本の柊の木。
あるいは、誰にも利用されることなくうち棄てられた、一台のベンディング・マシーン。


105 :無名草子さん:03/09/25 08:48
馬鹿みたい。

106 :無名草子さん:03/09/25 10:12
と彼女は言ったが、僕は聞こえないふりをした。

107 :無名草子さん:03/09/25 17:49
「ねえ、こんなことして何になるの」と彼女はいった。

108 :無名草子さん:03/09/25 22:09
なんでもないよ、ただの自己確認さ。
そう思ったが口にしたとたん意味を失う気がして僕は黙っていた。

109 :無名草子さん:03/09/25 22:22
こういうのを見ると「僕」の感性がいかにキモイかを突きつけられるようだ

110 :無名草子さん:03/09/25 22:27
109は何をいってるんだ?
僕の頭は混乱してまともなことが考えられなくなっているようだった。

111 :無名草子さん:03/09/25 23:28
よれよれ

112 :無名草子さん:03/09/26 02:37
あーむ。

113 :無名草子さん:03/09/26 08:45
ユミヨシさん、ageだ。

114 :無名草子さん:03/09/27 02:31
「わからないな」と、僕はつぶやいた。

115 :無名草子さん:03/09/27 03:25
「『わからないな』。あなたって本当に面白い話し方をするのね」
と、彼女は言った。

116 :無名草子さん:03/09/27 03:46
おもしろいかおもしろくないかは
結局それぞれの感じ方でしかない。
ぼくはあえて言葉にはしなかった。



117 :無名草子さん:03/09/27 04:33
彼女は眉をしかめるようににして僕を見て、そのまま何も言わずに歩いていった。

118 :無名草子さん:03/09/27 14:57
その女の中の人「うわーやばいよコイツ、春樹感性入ってるよ。風邪の歌を聴けとか好きなんだろうな」

119 :無名草子さん:03/09/27 18:12
でも、顔は悪くないな、と僕は思った。

120 :無名草子さん:03/09/27 19:09
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1059133802/

121 :無名草子さん:03/09/28 12:46
村上春樹にメールでも、手紙でもいいから書きたいんだけど、
一体どこに出せばいいんでしょうか?

122 :無名草子さん:03/09/28 18:06
>>121
海辺のカフカ発売時にメール受付して春樹がそれに答えるっていうイベントがあったけど
もう終了してしまった。朝日堂も終わったし、どうすればいいだろうな。
新潮社あたりにどうすればいいかメールしてみれば?

123 :無名草子さん:03/09/28 19:24
「春樹にメールを出すのは『不可能』と『非常に困難』の中間あたりに
位置する行為なんだ」と彼は言った。


124 :無名草子さん:03/09/28 20:14
>>121
新潮社宛でよいそうです

いったん担当者が預かって春樹さんに届けるとの事
あとナマモノはご遠慮くださいだって

ソースは少年カフカ

125 :無名草子さん:03/09/28 21:22
せんべいでも送っとけ

べつに講談社でもどこでもつき合いがある出版社なら届けてくれるはず

126 :無名草子さん:03/09/29 10:18
子猫の腹切り裂かれる=周辺で類似2件−長崎(時事通信)
 28日午前10時20分ごろ、長崎市高丘の市立大浦中学校の裏門前路上で、
生後間もない子猫が刃物のようなもので腹を切り裂かれ死んでいるのを、同校の男性教諭が見つけ大浦署に届け出た。
現場周辺では、類似の動物虐待が2件発生しており、同署は動物愛護法違反の疑いで捜査するとともに、
他の2件についても同一犯の可能性があるとみて調べている。 


127 :無名草子さん:03/09/29 12:14
ジョニーウォーカーの仕業?

128 :無名草子さん:03/09/29 23:23
中田さんに退治してもらうしかないな?

129 :無名草子さん:03/09/30 00:13
中田は頭が悪いので。
ジョニーウォーカーさんの気持ちなど
分からないのであります。

130 :無名草子さん:03/09/30 10:00
参ったなあ。俺っちもよくわからないよ。

131 :無名草子さん:03/09/30 17:46
いつまでマネしてりゃいいんだ

132 :無名草子さん:03/09/30 21:41
中田はピルを大量に降らせるであります

133 :121:03/10/01 06:38
みんな、ありがとう。

134 :無名草子さん:03/10/01 08:45
やれやれ。ありがとうなどと言われたのはいつ以来のことだろう。

135 :無名草子さん:03/10/01 22:33
↑お前は人に感謝されてやれやれっていうのかよ
春樹オタは言語障害だと思われるからバカは書き込むな

136 :無名草子さん:03/10/01 23:35
踊るんだよ。

137 :無名草子さん:03/10/02 03:18
僕はageてみた。

138 :無名草子さん:03/10/02 11:06
やれやれ、>>135は何を本気になって怒ってるんだ?

139 :無名草子さん:03/10/02 14:33
結局のところ、僕がいくらageても意味のないことだったのだけれども。

140 :無名草子さん:03/10/02 19:36
いや、そうは思わないけど。

141 :無名草子さん:03/10/02 19:41
この間ジョニーウォーカーっていうウイスキーを発見した。







だからどうしたんだと言われるかもしれないが。

142 :無名草子さん:03/10/02 20:17
だからどうした。

143 :無名草子さん:03/10/03 08:50
「だからどうした」と僕は言ってみた。

144 :無名草子さん:03/10/03 08:55
言ったところで何がどうなるというものでもないのだけれど。

145 :無名草子さん:03/10/03 11:09
>>135
ねえ、135さん。アイロニーを解さない135さん。
世界は、君が思ってるほどナイーヴでもイノセントでもないんだよ。

146 :無名草子さん:03/10/03 15:15
どんどん気持ち悪くなってまいりました
いくらなんでももう限界です

147 :無名草子さん:03/10/03 15:32
ここでもどすなよ

148 :無名草子さん:03/10/03 16:03
145のカタカナ単語のせいでキモさが爆発的に上昇(

アイロニー ナイーヴ イノセント

春樹的感性は果たしてどこまでキモくなれるのか、みんなの更なる奮闘を期待
↓ガンバレ

149 :無名草子さん:03/10/03 23:59
ちんこび〜んび〜ん

150 :無名草子さん:03/10/04 00:47
10/3に世界の終わりに旅立った私はどうなったのでしょうか?

151 :無名草子さん:03/10/04 16:55
死ぬ前に狙った女と3回やってるし
ピンクのブタ女はなぜか惚れてくれて部屋まで住むとかほざいてるし
モテモテで逝ったんだから安らかに永眠だろ

152 :無名草子さん:03/10/04 20:47
森の中でセックスしまくりだよ

153 :無名草子さん:03/10/05 11:58
ピンクのブタ女=林家パー子

154 :無名草子さん:03/10/07 22:22
>>153
すると老博士=林家ペー?

155 :無名草子さん:03/10/08 00:22
「トニー滝谷」
映画化!

たのしみです〜

>>153-154
ヒエー

156 :無名草子さん:03/10/09 02:51
右のポケットに埋もれていた銀のコイン。
これではメシも喰えないな・・・

157 :無名草子さん:03/10/09 04:00
海外リードメール特集です。
これからは完全無料のメール受信で稼ぐ時代です。
これらは登録無料でかつメール受信(メール中のリンクをクリック)とHPのPaid2Clickのバナーをクリックするだけでお金がもらえます。
また紹介者を増やすことで収入は格段に上がっていきます!
日本語での登録解説も作成しました。
月に100万も夢ではありません!!!
詳しくは↓↓↓をクリック!
http://www.geocities.jp/hajimenotamago/hajimenotamago.html


158 :無名草子さん:03/10/09 07:11
「海外リードメール特集?」
僕は声に出して言ってみた。
それは、たとえば尖閣諸島の領有問題のように、
僕にはまったく理解できないことのように思えた。

159 :無名草子さん:03/10/09 16:22
春樹の他に日本の現代小説のおすすめおしえて。
ちなみにフィッツジェラルドよりはカポーティが好きでオースターは駄目だった。

160 :無名草子さん:03/10/09 18:11
>>159
http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pastel/1962/minami.mp3

161 :無名草子さん:03/10/12 21:25
ナカタさんか?

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20031012-00000303-yom-soci

162 :無名草子さん:03/10/19 21:22
「ねじまき鳥」読了しました。
今まで読んだ本でいちばんおもしろかった。

1「ねじまき鳥」
2「カラマーゾフの兄弟」
3「夜の果ての旅」

という順位です。
村上春樹を読んだのは初めてです。
(「心臓を貫かれて」を読んだことはある)
次は「ハードボイルド」を読むつもりです。
こんな私におすすめの本(内外問わず)は何でしょうか?

マジレスお願いします。


163 :無名草子さん:03/10/20 00:01
2と3のせいで何を薦めるべきか分からなくなりました

164 :無名草子さん:03/10/20 12:54
>>162
春樹の作品内でならとりあえずハードボイルド→カフカ→70年代3部作でいってみては?

165 :無名草子さん:03/10/22 18:32
一年遅れでカフカ読んだ。

「・・・おっぱいむちむち、肌はつるつる、腰はくねくね、あそこはぐしょぐしょ、ばりんばりんの
セックス・マシンだ。車にたとえるならば、まさにベッドの四輪駆動、踏み込めば愛欲のターボ、指
が包むは怒濤のシフトノブ、さあコーナーだ。とろけるギアチェンジ、よしきた追い越し車線まっし
ぐら、行くぞ、行くぞ、ホシノちゃん見事に大昇天だ」

この部分読んで村上春樹が壊れたかと思いますた(w
ケンタッキーに怒られなかったの?

166 :無名草子さん:03/10/22 20:58
むしろ春樹もこういうのが書けるようになったかと感慨深いものがあった

167 :無名草子さん:03/10/22 23:57
↑50のオッサンがこんなの書いちゃダメ

168 :無名草子さん:03/10/23 13:41
>>166
満腔まくわうり

169 :無名草子さん:03/10/28 17:49
>>162
ねじまき鳥の何がどう面白かったのか教えていただけないでしょうか?
一週間かけて読み終えたのですが私には作者が何を言いたかったのかも
一体どこが面白かったのかもさっぱり分かりませんでした。
というか何故こうなったかという理由が全くわからず
ストーリーを良く理解できませんでした。

どなたかサルにでも分かるように簡単に説明してください。よろしくお願いします。

170 :無名草子さん:03/10/28 17:56
サルにはわかりません。

171 :無名草子さん:03/10/28 18:28
「小説を簡単に説明しろ」なんて言う奴は読まないほうがいい。

172 :無名草子さん:03/10/29 01:25
ねじまき鳥は読んでて面白いよ。
ノモンハンや動物園、強制収容所とかの、自分が望んでもいないのに
異国の地にいるっていう、現実感の喪失や切なさが心に残るね。

173 :無名草子さん:03/10/29 23:10
そんなもんドキュメンタリーやニュースでさんざんやってるのに
小説にしてるだけで何か特別なことを言ってるように感じるのは低能春樹オタだけ
んで出てくる奴らは見えない大きな力でどうにかなってるとか
嫁が失踪してヤリマンになっても私の意思ではないような感じが云々とか
主人公はいつものとおり純粋できれいな自分をアピールしまくり
まさに最高傑作

174 :無名草子さん:03/10/30 02:18
ねえ>>175、スレはみんな腐っていく。そうだろ?

175 :無名草子さん:03/10/30 09:25
>>174
そうかもしれない

176 :無名草子さん:03/11/03 01:31
『ノルウェイの森』を読むたびに思うのだが、
作者は小林緑とレイコを破滅させた女の子を同一人物にしようと伏線をはりまくっていたのに、結局やめたのは何故なんだろう?
あれだけ露骨に伏線だらけにしながら、レイコが上京したさい緑と劇的に出会うかと思いきや出会わずに話をあっさり終わらせてしまったのはなんだかなぁ。

177 :無名草子さん:03/11/03 02:18
面倒臭かったからだろ。

178 :無名草子さん:03/11/03 02:39
同時存在?

179 :無名草子さん:03/11/03 15:08
つうかそんなことまったく思わなかったのですが
みんな176みたいなこと思ってたの?

180 :無名草子さん:03/11/03 16:07
そんな伏線あったか?
それ以前に>>176のように物語が進行したところで
何かが広がるようには思えないが。

181 :無名草子さん:03/11/03 21:20
もちろん推測の域を出ない、と断った上で、

レズの女の子と緑の類似点
・中高一貫の女子校
・時間経過を考えて、年齢のほぼ一致
・背中をさすられると感じる(緑の「背中が感じる」というセリフは前後の話の流れと無関係に強引に挿入されているし)
・嘘をつく(父親がウルグアイに行っているなど)
・レズの子のセリフ「淋しいの、先生しかいないの。捨てないで。本当に淋しいの」と同じようなセリフを緑も言う。また口調が良く似ている。
・親から愛情を受けたことがない

俺の読みとしては、作者の当初の予定で緑は「裏にかなりドス黒い人格を抱えた腐りきった」少女として徐々に本性が表れる感じだったのではないだろうか。
(例えば、「緑の姉」が果たして実在するのか極めて疑わしい)

ノルウェイの森は蛍の長編化ということで作者はかなりの大長編の予定でいたがなんらかの理由で、作者は予定より作品を短くすることにしたのではないか。
そのため緑の父親の謎の遺言を伏線に使ったエピソード、レイコと緑が出会うシーンなどは丸まる削除し、ハツミと永沢のエピソードも短くさらっと流し、美術大学の油君という新キャラも本編で使うことはやめ、きりのいいところで小説を終えることにしたのではないか。

182 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

183 :無名草子さん:03/11/03 22:42
僕は今もマカロニサラダ的世界から抜けだせないでいる。やれやれ。

184 :無名草子さん:03/11/04 00:50
レイコ=死のイメージ、緑=生のイメージ、だから合わせてしまうとおかしくなんない?

185 :無名草子さん:03/11/04 15:38
ミステリの読みすぎだ
真性レズの超美少女と淫乱女の時点で違うよ、緑がメッチャ綺麗って描写もないし

186 :無名草子さん:03/11/04 16:25
>ミステリの読みすぎ
そうかも知れない。
まあ村上春樹が好きな読者のなかで小林緑は人気があるようだし、あまりうがった見方をすると怒られそうだが、しかしやっぱり緑は胡散臭い。

緑が胡散臭い人間に読めるのは、緑の口調にも言える。
レイコや直子の「」つきのセリフを読者が読む速度と、
緑のセリフを読者が読む速度は、明らかに異なる。
つまり作者は、読者が直子のセリフはゆっくり、緑のセリフはさっさと読むように「意図的に文体を設定」している。
これが緑の話が全体的に嘘臭く感じられ、さらに緑の人格を疑わせるような仕掛けになっているというのは深読みのしすぎか。
緑の話の内容というのは、総じて「小ネタの寄せ集め」であって、緑の姉も彼氏も虚構の存在である臭いがぷんぷんする。

少なくとも、村上春樹は鈍感な作家ではないし、緑が「背中をさすられると感じる」と言うセリフなどを書いた時点で、レズの女の子を想起していないはずがないんだがなぁ。

187 :無名草子さん:03/11/04 19:05
そろそろキショイなって思ってきたのですが

188 :無名草子さん:03/11/04 23:17
読み返してみたら緑=同性愛の女の子って確かにちょっと思うかも

189 :無名草子さん:03/11/05 00:12
それ以前にそう思って読んでるだろ(w

190 :無名草子さん:03/11/05 08:46
蛍:ノルウェーの森=ノルウェーの森:まだみぬ新作
ってことないかなあ。
結局ノルウェーの森はその後に続く5編くらいの小説の第1章め
にすぎなかったとか。

191 :無名草子さん:03/11/06 07:32
春樹訳「心臓を貫かれて」読んでいるが、様々なこと考えさせられるし、何より涙がとまりません・・・

春樹の小説よりいいよ。

192 :無名草子さん:03/11/06 16:05
スプートニクの恋人を最近読み終えました。
二回ほど読み返したのだけれど、結局もう一つの重なるようにけれど
つながらないもう一つのミュウの片側のある世界と、物語を語る彼の
関係が最終的にどうなったのかがわからない。うーん、、、

最後の最後で彼はあちら側に行くことを拒否して、帰ってくる。
その後、どうしてあの彼の”そのうち後悔”に関するエピソードが
でてきたのか、どうして電話の夢(とは言いがたい描写含めて)が
あったのか、ミュウはまた更に失った感じがするけれどそれは何があったのか

謎が多くて悩む、、、、、、、


193 :無名草子さん:03/11/06 17:00
>>167
源一郎なんてこんなんばっか書いてる。
つか、カーネル・サンダースのところは源一郎っぽいとかって思ったの
俺だけかな?

194 :無名草子さん:03/11/06 20:15
いれいれ

195 :無名草子さん:03/11/07 09:13
やれやれ。194は冗談を言っているのだ。

196 :無名草子さん:03/11/07 10:58
星野くん、なかたはもう眠いです

197 :無名草子さん:03/11/07 11:22
>>196
よぉ、おじさん、ここで寝られちゃ困るよ。
もう少し我慢してくれよ。

198 :無名草子さん:03/11/08 01:12
羊男はメタファーでもなくて、羊男としての羊男的存在でしかないんだと思う

199 :無名草子さん:03/11/08 02:09
いきなりであれなんですけど、どなたか村上春樹のことを
吉本隆明が批評してる本の題名しりませんか?

200 :無名草子さん:03/11/08 15:15
春樹さんが
昔の吉本さんの記事を
発見したはなしならエッセイにあるけど・・・

201 :無名草子さん:03/11/08 23:01
何かみんな難しいこと考えて読んでるな
村上春樹の良さって、意味を考えずに軽く読めるところだと僕は思うけどね

202 :無名草子さん:03/11/08 23:04
「翻訳夜話 サリンジャー戦記」文春新書 読んでる。

これ読むと「キャッチャー・イン・ザ・ライ」を読み返してみたくなる。
ふふんと思わせてくれる。

203 :無名草子さん:03/11/09 02:46
みんなが好きな村上春樹
とかってタイトルで批評本でてなかったっけ


204 :無名草子さん:03/11/09 03:00
宝島社の「僕達の好きな村上春樹」?
宮部やら京極やらと一緒に最近出たやつ。

205 :無名草子さん:03/11/09 11:43
超ど級のフェラチオ

206 :無名草子さん:03/11/10 01:11
>>199
吉本隆明なら『新・書物の解体学』じゃない?
確か、『ノルウェイの森』を日本文学史上初の「性器愛」を描いた小説とか説いていたんじゃなかったかな?
『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』については、「読者も作者もお疲れ様」とか煙に巻いていたような記憶が……

207 :199:03/11/11 01:02
>>200,203,206
レス、ありがとうございます!
助かりました。
早速探してみますね〜

208 :無名草子さん:03/11/12 00:50
>199
マジレス、スマソ。
「ハイ・イメージ論T」所収「像としての文学」に「蛍」が取り上げられてて、
しかもかなり好意的な評。

あと、「マス・イメージ論」所収の「解体論」には「羊」が取り上げられてて、
こちらもたぶん好意的。

「お疲れさん、作者さん、お疲れさん、読者さん」という表現が確かに「新・
書物の解体学」にあったと思うけど、個人的には煙に巻いていたようには感じ
なかったな。吉本は春樹をすごく買っているから、逆に苦言は苦言としてきっちり
言っておく、というような印象があった。

吉本に関して言えば、春樹を、現存する世界一の作家かも知れない、みたいな
ニュアンスで言ってる文章もある記憶がある。個人的にふたりともファンなんだ
けど、さすがにちょっと驚いた。

209 :無名草子さん:03/11/14 04:29

村上春樹的海外サッカー

ttp://sports4.2ch.net/test/read.cgi/football/1045493246/


210 :無名草子さん:03/11/15 19:00
ねじ巻き鳥の加納マルタとかって叶姉妹がモデルなの?
実際、春樹は高級売春婦時代の姉妹を買ったんだろうか?

211 :無名草子さん:03/11/15 21:04
>>162
おまえダメだ

212 :無名草子さん:03/11/16 19:46
「蛍」=「ノルウェイの森」の一部ってこと?

213 :無名草子さん:03/11/17 14:44
誰かTOTOの``Africa"を聞いて、村上春樹の小説を歌にしたら
まさしくこんな感じだ、と思った人いませんか?
「I seek to cure what's deep inside,
frightened of this thing that I've become」のあたりとか特に。
逆に、村上春樹はこの歌を小説化したいのか、と思うくらい近い気がする。

214 :無名草子さん:03/11/18 23:06
オークションの自筆の原稿ってどうなんですか?本物?

215 :無名草子さん:03/11/20 04:54
数あるヒロインの中で、すみれが一番僕の心に残った。
最後の電話ですみれは、「僕」の元に帰って来たんだと思う。



216 :無名草子さん:03/11/20 10:57
>>215
同意。

217 :無名草子さん:03/11/21 14:28
わからない。

218 :無名草子さん:03/11/22 00:34
神の子ども・・・という短編集の中に、「UFOが釧路に降りる」というのが
ありましたけど、
あれ、ノルウェイやねじまき鳥のように、長編になって欲しいと思います。
ちうか、そういう予感が少しある。

なぜなら、
あの短編ではUFOなど全く関係ないから。ユング心理学のネタとも被せ
られると思うし、なにしろあの雰囲気が良かった。

219 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

220 :無名草子さん:03/11/22 18:42
スプートニクの良さが分からない私は逝った方が良いのでしょうか?
他の作品は好きだけどあれはちょっと...

221 :無名草子さん:03/11/22 19:03
俺もスプートニク、カフカは分からん。
全作品集7(かな)のあとがきでスプートニクの背景に少し触れてるよ。

222 :無名草子さん:03/11/22 23:27
スプートニクは実験的な事もかねて書いた作品みたいだ。
すみれのフロッピーディスクとかで文体を変えたりとか。
少年カフカで確か書いてたのを見た。

223 :無名草子さん :03/11/23 01:28
http://homepage.mac.com/mikkemac/abe/index.html

224 :無名草子さん:03/11/23 11:22
今日から「ノルウェイの森」を読み始めたので記念カキコ

225 :無名草子さん:03/11/24 13:15
なあ、お前らが村上春樹を読むようになったきっかけはなんだ?

226 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

227 :無名草子さん:03/11/24 17:37
>>225
なんだったっけ。。。(汗

228 :無名草子さん:03/11/24 18:07
>>225
そこに春樹の本があt

229 :無名草子さん:03/11/24 18:07
さて、話題も尽きてきたし、貴様らクズどもに新作の情報を教えてやるか。


・・・んが、その前に、ちとクソ垂れてくるわ

230 :無名草子さん:03/11/24 19:33


             ___
.            |(・∀・)|
.            | ̄ ̄ ̄   ジサクジエン王国
         △
        △l |
   __△|_.田 |△_____
      |__|__門_|__|_____|_____




231 :227:03/11/24 22:59
あ、
斉藤美奈子さんの
カフカ評読んでからだった気がする

図書館に来た女がどうのとか
書いてたっけ

232 :無名草子さん:03/11/24 23:28
>>229
まだくそ終らねーのかよ
早く新作情報教えろや、ごるぁ

233 :無名草子さん:03/11/25 19:31
>>226
                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    l8'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .と     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

234 :無名草子さん:03/11/25 23:15
ある漫画を読んで村上春樹に興味を持ったんだが、
初めて読むならこれがいいってのある?

235 :無名草子さん:03/11/26 00:12
>>234
スレ見なおしてみ、
で、ある漫画って何?

236 :無名草子さん:03/11/26 02:47
ねじ巻き島ってのがよさそうだな。
>>235
ある漫画とは「谷仮面」の事だ。

237 :無名草子さん:03/11/26 10:18
村上春樹訳の「ライ麦畑」は読んだ?

238 :無名草子さん:03/11/26 11:55
村上春樹って途中までものすごく面白そうな展開になるんだけど、
風呂敷を広げすぎて結局は精神面に逃げている感じがする。
ねじまきは井戸の底・カフカだと森の中とかの出来事で問題解決など。
すごく大きな問題を抱えてもなんだかんだで
主人公が「そうなんだ」と一人納得して終りってパターンばかり・・・

村上春樹の小説は好きなんだけど愚痴ってみる。

239 :無名草子さん:03/11/26 21:01
>>230
> 村上春樹って途中までものすごく面白そうな展開になるんだけど、
> 風呂敷を広げすぎて結局は精神面に逃げている感じがする。

この人は良い物語を構築しようという意欲よりも、自身の精神的リハビリ
のために小説を書いているような印象が俺、強いですね。だから「逃げてる」
というよりは、その物語で言いたいことは言ったからもういいや、みたいな。

240 :無名草子さん:03/11/26 22:34
>>239
なるほど、確かに逃げているという表現は的はずれかも知れないですね。
でも、やっぱり風呂敷をしまえない感は拭えない。
作者が満足しても読者置いてけぼり。自慰的小説と位置づけてもいいのかなぁ?

「世界の終わりと〜」は片方の世界があっちだからうまくまとまっているんだけど、
他の作品だと???になる。

241 :無名草子さん:03/11/27 01:31
やれやれ

242 :無名草子さん:03/11/27 17:02
( ´_ゝ`)

243 :無名草子さん:03/11/27 19:10
ダンスダンスダンス読みますた。
六個の白骨の最後は誰何ですか?
読んだ限りでは答えは出てないような気はするのですが
見落とししてますかね?
羊男、ユキもしくはヨシユミさん?
まさかディックノースの奥さんとか…

244 :無名草子さん:03/11/27 19:36

                  .ノ′    } 〕    ,ノ           .゙'┬′   .,ノ
                  ノ      } ゙l、   」′           .,/′   .,ノ _,,y
    .,v─ーv_         〕      〕 .|  .il゙            《 ._   .,,l(ノ^ノ
   ,i(厂  _,,,从vy      .,i「      .》;ト-v,|l′          _,ノ゙|.ミ,.゙'=,/┴y/
   l  ,zll^゙″  ゙ミ    .ノ       .il|′アll!           .>‐〕 \ _><
   《 il|′     フーv,_ .,i″       ||}ーvrリ、             ¨'‐.`   {
    \《 ヽ     .゙li ._¨''ーv,,_     .》′  ゙゙ミ| ,r′                }
      \ ,゙r_    l8'    .゙⌒>-vzト    .ミノ′                 〕
       .゙'=ミ:┐  .「      ./ .^〃     :、_ リ                   .}
         ゙\ア'   .--  ,,ノ|    、    ゙ミ}                   :ト
           ゙^ー、,,,¨ -   ''¨.─   :!.,   リ                   ノ
              〔^ー-v、,,,_,:     i゙「   }                  .,l゙
              l!     .´゙フ'ーv .,y    ]                  '゙ミ
              |     ,/゙ .ミ;.´.‐    .]                   ミ,
              |     ノ′ ヽ      〔                   ミ
              }    }     ′    }                   {
              .|    .ミ     .と     〔                    〕
              .{     \,_   _》、    .{                    .}
              {      ¨^^¨′¨'ー-v-r《                    〔

245 :無名草子さん:03/11/27 21:03
>>243
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1026395851/253-287

このあたり参考になるかな?
自分はまだ読んだことない。。。

246 :無名草子さん:03/11/27 23:37
かえるさん。

247 :243:03/11/28 00:02
>>245
サンクスです!
皆さんに色々な意見は面白かったです。
ってかユミヨシさんだったw
しっかし結局誰なんでしょうね。

248 :無名草子さん:03/11/28 04:14
>>247
なんかキモイ奴がニヤニヤしながらレスしてるよ、おい。
仲間になれたとか勘違いしてんじゃねーのコイツ。

249 :無名草子さん:03/11/28 12:27
>>248
そんなに毒づくなよ。

250 :無名草子さん:03/11/28 20:27
エッセイはつまらん

251 :無名草子さん:03/11/28 21:24
>>250
前は結構好きだったんだけど、最近説教くさくなったな。

252 :番長:03/11/28 21:49
248、あんたも勘違いすんじゃないよ。焼きそばパンと牛乳買って来な!

253 :無名草子さん:03/11/29 04:49
>>251
最近のって何?村上ラヂオか?あれは確かに今一つだった。
最近(カフカ以降)はエッセイもとんと見かけなくなった気がするが、
メールのやり取りでエッセイにも結構煩わしい問題があるっつってた
もう新しい連載はないのかな。

朝日堂は一番新しいのも結構良かった。

254 :無名草子さん:03/11/29 09:16
村上春樹は糞

255 :無名草子さん:03/11/29 14:33
妄想彼女

256 :無名草子さん:03/11/29 15:24
やれやれ

257 :無名草子さん:03/11/29 15:50
村上作品ほとんど読んでしまった。
早く次ぎを出してくれないのかな。
それまで何を読めばいいんだー。
村上作品に変わるものを探すのは難しいよ・・・。

258 :無名草子さん:03/11/29 16:43
こういう幸せな馬鹿もいるんだな

259 :無名草子さん:03/11/29 18:22
村上春樹は友達になりたくないタイプだ

260 :無名草子さん:03/11/29 21:30
>>257
ただお前が本を読んでないだけなんじゃねーか
他の作家を読めば、別の良い所が見つかる

てかさ、お前は決め付けすぎだよ、
もっといろいろなものを受け入れる心の広さを持てよ

261 :無名草子さん:03/11/30 10:15
まあ、おまいらもちつけヽ(´ー`)ノ

262 :もぬけのから ◆QTEy8E3Sfw :03/12/02 20:01
皆さん、落ち着きすぎです。

263 :無名草子さん:03/12/03 06:27
スレタイ笑った

264 :無名草子さん:03/12/03 10:01
春樹の悪口あんまり言うなよ

265 :無名草子さん:03/12/06 23:13
春樹の悪口は俺に言え!

266 :無名草子さん:03/12/08 00:58
いまごろノルウェイの森を読んでるんだけど、なんか「あれ?前にも読んだことあるぞ」という文章が度々でてくる。
主人公が寮生活をしているときのルームメイトが地図好きで朝早くからラジオ体操をはじめたり、ガールフレンドとの会話など、他の村上作品で出てこなかった?どの作品だか分かる人いるかなあ


267 ::03/12/08 01:05
蛍。

だっけ。

268 :無名草子さん:03/12/08 01:43
>>267 ビンゴ!サンクス


269 :無名草子さん:03/12/10 20:04
>>267
あとがきに元だって書いてあるね

ってことで今ノルウェイの森読み終わったけど
初めてだよ
本読んでなんか悔しいし哀しいし
いろんなことのやる気が起きないね ('A`)←まさにこれ

でもまぁお腹が空いたから俺は飯を食うわけで
それがまたなんか変な感じでもう俺意味不明

270 :無名草子さん:03/12/10 20:52
やれやれ

271 :Winter Venus:03/12/10 21:34
昨日、少年カフカをぱらぱらとめくっていたら、ちょっと思った。

ノルウェイの森では「おいキズキ!!ここはひどいところだ!!」に
シンパシーを感じたけれど、その後本屋で作品が出る度に買ってきたのは
少なからず自分も実生活でそういう気持ちをもちながら生きてきたからでは
ないだろうか、と。

さて、今、手元に(借りてきた)「海辺のカフカ」(下)があるわけだが、
・・・。

272 :無名草子さん:03/12/10 23:24
「人生はうんこに似ている。」

273 :無名草子さん:03/12/11 01:04
「ダンス・ダンス・ダンス」再読中(何度目だ・・・?)
文庫版上巻P271(五反田君部屋の描写)の「テーブルの上には「GQ」と建築雑誌が載っていた」

漏れがとっさに連想した本→ http://www.cqpub.co.jp/cqham/CQHAMWWW/2003/cq2003_12/PHOTO/0.jpg
翌日バイト先(本屋)で気付いた、正しい「GQ」→ http://www.jimcarreyonline.com/jiminpress/graphics/gq.jpg

おいキズキ!!僕の脳内はひどいところだ!!

274 :無名草子さん:03/12/11 18:29
春樹さんの文章は読みやすい…以上

275 :無名草子さん:03/12/11 21:05
海辺のカフカのペーパーバック版を発売後一年くらいしたら
出すっていってたけど、その辺の情報知ってるひといますか?
いや、別に待ってるワケじゃないんだけど、ちょっと気になって

276 :無名草子さん:03/12/11 21:20
最新作といえば全集かな。
あとがきがよいですね。

277 :無名草子さん:03/12/11 21:28
春樹は2ちゃんで大人気
ねらーは春樹が大好きだ

278 :無名草子さん:03/12/11 21:40
僕は・春樹が・好きだ

279 :Winter Venus:03/12/11 22:10
海辺のカフカ(下)、最後の新幹線に乗っているところを読んで、それから
最初に戻り1ページつ゛つ眺めていき、そして最後の49章を読んだ。

この間まで教室を占拠してアジ演説をした者が、単位を落とすのが怖くて
試験を受けにくるやつは確かにひどい。
でもそれ以上に自分たちは大学(人生)で「やりたいこと」をやり遂げて
卒業して(死んで)いかなければならない、と思ってみた。

まずは、「やりたいことは何か?」だろう。

280 :無名草子さん:03/12/11 23:24
誰に言ってんの?

281 :無名草子さん:03/12/12 15:23
山頭火でいくら御飯を食べてたよ。

282 :無名草子さん:03/12/13 09:53
影響されたら負けでございます。

283 :無名草子さん:03/12/16 11:27
僕はageて見ようと思う。
たとえそれがどんなに意味のないことだとしても。

284 :無名草子さん:03/12/16 17:44
簡単に言えば、君は思った通りにageることができなくてそれでイライラしてるんだと思う。
でもそういうことは多かれ少なかれ誰にでももあることなんだ。

285 :無名草子さん:03/12/16 18:36
村上春樹の小節はあまり読みたくないがエッセイ(特に音楽関係)は好き。
オーディオに全く興味がないのに村上春樹のエッセイを読むためだけに
大枚(でもないか)2000円以上を払ってステレオサウンドを毎回買っている。

286 :無名草子さん:03/12/16 20:36
やれやれ、ステレオサウンドなんてものをどうやって読めばいいんだ?

287 :無名草子さん:03/12/17 17:14
エッセイはつまらん

288 :無名草子さん:03/12/18 19:39
ねじまき島クロニクル [少年向け:コミックセット]
村上春樹 (著)

ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00007CE02/qid=1071743576/br=3-265/br_lfncs_b_265/249-2734928-1141929

これって何?コミックなんて出してたの?知ってる人いますか?




289 :無名草子さん:03/12/19 20:44
それよりこれが気になる。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4946447415/qid=1071834214/sr=1-2/ref=sr_1_2_2/250-6126865-3624258


290 :無名草子さん:03/12/19 22:08
これも気になるな。ワイン片手の春樹にしびれるよ。
http://page5.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/e32874185


291 :無名草子さん:03/12/19 22:45
>>290
ワロタwww


292 :無名草子さん:03/12/20 21:01
>>289
本屋で確認した。この「村上春樹」は『平将門伝説』とかいうのも著してる
同姓同名の人だった。まぎらわしいな・・・

293 :無名草子さん:03/12/21 22:35
おっぱいがイッパイ

294 :無名草子さん:03/12/22 01:23
↑なんだか妙に心に残るな・・・

295 :無名草子さん:03/12/22 13:21
それより村上春樹の別名が知りたい。
何個か書いてるんだよね?ポルノか何か。

296 :無名草子さん:03/12/22 19:24
『海辺のカフカ』の下巻、188,189ページにある
「いろんなことは君のせいじゃない。僕のせいでもない。(中略)
僕らがみんな滅び、失われていくのは、世界の仕組みそのものが滅びと喪失の上に成り立っているからだ。
僕らの存在はその原理の影絵のようなものに過ぎない」
というような考え方ってのは、いつ頃の誰の考え方に端を発しているものなのでしょうか?
どなたか、ご存知の方いましたら、教えていただけないでしょうか?

297 :無名草子さん:03/12/22 20:44
レキシントンの幽霊の「ト二ー滝谷」って映画化されるのか。

監督・脚本:市川準/出演:イッセー尾形、宮沢りえ 他/2004年公開

298 :無名草子さん:03/12/22 20:54
  マタ-リ    マタ-リ       マタ-リ  マタ-リ      ∧_,,,,     マタ-リ                マタ-リ           マタ-リ
  ∧ ∧    ∧ ∧ オメメ-   ∧ ∧ ∧ ∧ ‖ 从. (・∀ ";;)     . ∧ ∧   ∧_,,,,     マタ-リ ∧ ∧   ∫ ∬ ∫  ∧ ∧
  (*゚ー゚)    (゚ー゚*),,,,,,,,λ ∬ (゚ー゚*) .(*゚ー゚)llllllllll=ξ⊂|l;※;:l|⊃';;:*  (*゚ー゚) (~(・∀";;#)グサッ.∧ ∧ (*゚ー゚)   ∧_,_ハ,,O   (゚ー゚*)
 と  つ=二フ( つ(#>∀・)}☆=と   |) (   つ‖ W .Σ|;:;:'*;|∵§;. / つ つ==二二:'`つ フ ≡(゚ー゚*)(|  つ┏(・∀。;;;);:)┰⊂ ⊂ |
〜|  ∪,,,,,λ〜| と;'#;;:;:;:;.⊃}..  |  l〜|  |    ;:ビクッ(__(_)'§§/ へ/   / /|:;:'| ̄/==とと   ) |  | ┃ U U.;:U U..┃  |  |
  し'(゙∀・#);;@⌒O,';;;ω,;'つ}}   し`J  し`J       │|ビュルビュル/`U   :(_)(_)^^ギ‐コ と と_) し`J..:;[]:从;:从;从从;[] . し`J
   マタ-リ     マタ-リ    マタ-リ マタ-リ    (´; ゲホゴホッ マタ-リ  <\ :,';;∴;  ギ-コ∧ ∧マタ-リ  マタ-リ__λ
.   ∧ ∧     ∧ ∧    ∧ ∧ .∧ ∧   ,(´(´⌒;:・,,,,,λ';: ∧ ∧     \\:(⌒ω~^@O(゚ー゚*) i'⌒~! ∧ ∧・∀゚)⌒;;⌒)
   (*゚ー゚)つ从∧(゚ー゚*)   (゚ー゚*) (*゚ー゚)  .;;,:.(´⌒/)∀・) (*゚ー゚). <@;(。Α・#;)つ/^>、  |) |0  | (゚ー゚*)(;;。∀・)⌒;;⌒)
  と   つ`;(;;;):∀・と)   と   つ .| つ((=(二(=・ ー=∴#;つ (|  つ==,.∧_~__^'" . / /  |  |.∧VW (|   つ=ニフ(;;゚∀・)⌒;;⌒)
  〜|  ノ  ⊂  とノと).λ,.,Uハ |〜|  |" `'((´⌒(´;ω;::ヽ.〜|  | )ノ(・∀<っ),.(ノ^#; )  し`J(#)∀・) |  |〜;;⊃(・∀。;;)⌒;;⊃
   し'  (⌒)ω;@;ノO~#(#・∀T)つ し`J    (´;(´⌒;;"__) : し`J   (ノ'"#∠::ノ:.,,ヽ)      . :;;∪;;..;ζし`J∀・)⌒;;⊃(・∀゚;;)⌒;;⌒)
.


299 :無名草子さん:03/12/23 02:35
>296
大して珍しくも無い考えと思うけど。

300 :無名草子さん:03/12/23 11:14
>>286
おっきめの図書館なら置いてあるぜ、とマジレス。
あの本重いし、エッセイ長いから立ち読みはキツイ。

301 :無名草子さん:03/12/23 21:48
>>295
村上朝日堂のどれかで書いてたね。
春樹くらい有名な作家ならネットに別名の情報くらい転がってそうなもんだけど、
未だに別名の情報を得られたことはない。

302 :無名草子さん:03/12/24 01:03
村上春樹
http://members.at.infoseek.co.jp/toumyoujisourin/jiten-mharuki.htm


303 :無名草子さん:03/12/24 15:41
皆さんの考えを聞きたいのですが『スプートニクの恋人』の
最後でかすみから電話がかかってきますが、あれは妄想?(夢?願望?)
だと僕は思ったんですがどうなんでしょう?


304 ::03/12/25 02:59
あそこはノルウェイの森のラストが思い浮かぶ。
電話をかける側から、かけられる側へ……。
ま、だから何ってわけではなく。

305 :無名草子さん:03/12/25 10:02
>>303
すみれじゃないの?
あのシーンは妄想というよりも精神的なコンタクトのような
ニュアンスじゃないかな。
離れ離れになった2人が(僕)こちら側の世界=(すみれ)あちら側の世界≠ノおいて繋がった、コンタクトした。
電話線という媒体を伝わって。
しかも、すみれが電話ボックスの中から月が見えていたように
僕にも月が見えている。
そういったメタファー的表現として電話が用いられていると思うし。

306 :無名草子さん:03/12/25 14:43
>302
読み易い=中身が無い
って勘違い、春樹が世に出てすぐに出た批判と同じじゃん…。

307 :無名草子さん:03/12/25 20:18
「さーって、女房が逃げたから井戸にもぐって探してくるか」。僕(ワタリ・サトル33歳
無職)はテニスシューズをはいて出かけた。でも結局公園で缶ビールを2本飲み、タバコを
4本吸っただけで帰ることにした。チャーリー・パーカーを口笛で吹きながら自宅の前まで
来ると部屋から電話が鳴る音が聞こえてきた。慌ててポケットからカギを出そうとしたけ
ど、なかなか出てこない。ズボンのポケットというのは既に一つの迷宮なのだ。どこかで
鳥が鳴いている。ふと象のことを思い出した。象はチャーリー・パーカーが気に入るだろ
うか。

やっと開けたドアに飛び込んで受話器をとったら、切れてしまった。とたんにあたりの空
気が冷気で満たされた。まるで世界中の冷蔵庫を開け放ったようだった。

「奥さんはもう二度と帰ってこないわ。その電話に出なかったせいで」。

いつの間にか背後に立っていた謎の女(まあ女はいつでも謎に決まってるけど)が言う。

「えっと君はもちろん霊能者かなんかだよね?セックスしようよ」。
「いいわ。でもその前にチャーリー・パーカーのソロを口笛だけで完璧に再現してくれ
る?あたしの祖父は戦前満州の水族館でアシカの心理カウンセラーをやってたのよ」。
「ってことは君のじいさんか。毎年年末になるとアシカの絵がついた空っぽの小包み送り
つけてくるのは」。
「そうなの。祖父は一度大陸でアシカと獣姦プレイを体験して以来、すっかり空っぽにな
っちゃったの。生きがいといえば同じくらい空っぽの人を見つけてはお歳暮を贈るのこと
だけ」。
「こわいこと言うなよ。ペニスがしぼんじまった。ちょっとパスタでもゆでて食べないか。
何か食べてないとリアリティーが出ないんだ」。
「それよりチャーリー・パーカーが先よ。あなたほんとはチャーリー・パーカーなんて知ら
ないんじゃないの」。

308 :無名草子さん:03/12/25 20:19
確かに僕はチャーリー・パーカーの権威とはいえない。でも人が何かについて権威といえ
るほど知ることなんてあるんだろうか。僕は妻と毎日一緒に起き、買い物に行き、性交を
していたが、彼女の気持ちなんて水族館のアシカの気持ちと同じくらいわかっていなかっ
た。せっかく死んだ親友が譲ってくれた女だったのに。

「僕には僕のやり方がある。僕は彼女を取り戻すぞ。でも今は君を守らなきゃならない」。
「それって結局チャーリー・パーカー抜きでセックスしたいってこと?」
「時間がないんだ。世界は不条理な暴力で満ち溢れてるんだぞ。一寸先はまっくろくろすけなんだ。今こうしている間にも地下ではもぐらくんが・・・」
「無意識とか不条理とか、道具立てが古いわよ。やっぱりあなたの全盛期は80年代ね」。
「そんなことないぞ。現代思想の最先端、エディプス・コンプレックスなんかも料理でき
ちゃうんだぜ」。
「そういう浅知恵が透けて見えちゃうところがイタイってこと、注意してくれる編集者が
いないの?」。

謎の女がゆっくり頭を振った。編集に失敗した映画に過去の映像が混入してしまったよう
な不自然な動きだった。雨は世界中の芝生の上に静かに降り続いていた(雨のこと、言っ
てなかったっけ?)。やれやれ。こんなときはそうだビールを飲んじゃおう、と冷蔵庫を
開けたら行方不明の猫が1ダースばかり転がり出てきた。もう海はない、鼠はいない、な
じみのバーはカラオケ屋になっちまった。何かが永久に損なわれ、失われてしまったのだ。
それも僕が電話に出られなかったばっかりに。

部屋中に散らばって一斉にニャーニャー鳴きだした猫に囲まれて、僕は声を立てずに泣い
た。


309 ::03/12/25 20:46
warota

310 :無名草子さん:03/12/26 00:45
>307-308
正直ワラタ

311 :無名草子さん:03/12/26 00:55
('A` ;)     ('A` ;) ハアハア
/(ヘ ω.)ヘ    丿ヽ.)L



('A` ;)    ハァハァ
/(ヘ ωヾ('∀` ;)>.)L


   メッ!!
( `A')
/(ヘ ωヾ(゚∀゚;;;)>.)L


( `A')      ('A`;) スミマセン
/(ヘ ω.)ヘ    ノ )
         ^ ^

ヒトノ キンタマ
カッテニ サワリヤガッテ!
( `A')      ('A`;) モウシマセン
/(ヘ ω.)ヘ    ノ )
         ^ ^

クラエ!! ティンコレーザー!!!
( `A') ┌        ('A`;)丿 ノワー!!!
/(ヘ .☆━━━━━━∴ノ )


312 :無名草子さん:03/12/26 10:49
>>311
正直ワラタ

313 :303:03/12/26 14:22
>>304-305
返信ありがとうございます。
私はどうせなら電話なしで終わって欲しかった

314 :無名草子さん:03/12/28 04:34
主人公がよく好んで履いてるテニスシューズってどんなものをイメージしたら
良いのでしょうか?アディダスとかですか?

315 :無名草子さん:03/12/28 23:08
>>314
なんでもいいんちゃう?
わしは何故か白のシューズが思い浮かぶ。



316 :無名草子さん:03/12/29 16:03
村上クン的には、ナイキだと思う。by 遠い太鼓

317 :無名草子さん:03/12/30 12:06
ダンロップのテニスシューズだろ。

318 :無名草子さん:04/01/01 00:53
    ┏━━━ / |━━━━━┓
    ┗┳┳━ |_| ━━━┳┳┛
      ┃┃ /  ヽ     ┃┃
    ┏┻┻ |======| ━━┻┻┓
    ┗┳┳ ヽ__ ¶_ ノ ━━┳┳┛
      ┃┃ (/)     ┃┃
      ┃┃ (/)     ┃┃
    凸┃┃ (/)     ┃┃凸
    Ш┃┃ (/)     ┃┃Ш
    .|| ┃┃ (/)     ┃┃.||
  ∧_∧   (/) ∧_∧  ∧ ∧
  ( ・∀・)  (/)(´∀` )  (゚Д゚ ) 今年こそ村上春樹が
  (つ  つミ (/)(⊃⊂ ) ⊂  ⊃ グレート・ギャッツビーを訳して
  |_|_|_I(/)_|_|_|__|  |  くれますように。
  /////ノ,,,,,,ヽ ////||  |〜
////////////  |∪∪
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  |
|        奉  納        |


319 :無名草子さん:04/01/01 05:47
ジョン・アーヴィングのウォーターメソッドマンは
僕の中で「風の歌を聴け」「ピンボール」「羊をめぐる」「ダンス」
より上位にランクインされました。
読み終わったばかりなので「世界の終わりと〜」より高いですが
時が立てば同程度になるだろうな


320 :無名草子さん:04/01/04 03:43
遅レスですがアディダスのスタンスミスです。
同世代神戸在住です。
間違いありません。

321 :無名草子さん:04/01/04 03:49
ああっ
K.SWISSかもっ

322 :無名草子さん:04/01/04 04:47
信者とバカしかいないスレだな。


323 :無名草子さん:04/01/05 00:03
>>322
じゃ、あんたも信者かバカのどっちかやん。

324 :無名草子さん:04/01/05 13:24
ピース。

325 :無名草子さん:04/01/05 17:34
「ピース」と僕も言った。

326 :無名草子さん:04/01/05 19:30
海辺のカフカ映画化!?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1046604534/


327 :無名草子さん:04/01/08 01:26
羊をめぐる冒険→ダンス・ダンス・ダンス
みたいに、つながってる作品って他にもあるんですか?

328 ::04/01/08 04:32
風の歌を聴け→1973年のピンボール→羊をめぐる冒険→ダンスダンスダンス
あ、ピンボールと羊のあいだに短編が入るのかな。
あとは……夜のくもざるの中のいくつか。
小説以外の作品ならアンダーグラウンドに2がある、とか。

ほかは、そこまで近くつながってるのはないと思う。
登場人物の名前が重なってるとか
長編のもとになった短編とかはあるけど。

329 :327:04/01/08 07:59
風の歌と羊とで鼠の設定が少し違ってたりするんですけど、話はつながってるって事ですか?

330 ::04/01/08 09:23
へぇ…違うんだ。
そのへんは読者まかせみたいなとこもあるんじゃないでしょうか。

331 :無名草子さん:04/01/09 14:10
「夢で会いましょう」の中の短篇「パン屋襲撃」と
「パン屋再襲撃」もつながってると言えばつながってるかも。
前者は2年くらい前にDVD化されたっけ。

332 :無名草子さん:04/01/10 09:33
春樹はいま何を書いてるんだろう。
ラン・ドント・ウォーク?

333 :無名草子さん:04/01/11 12:46
相も変わらず糖蜜ぶっかけて砂糖まぶしたような。
もう新規の読者獲得するのは諦めたかな?

334 :無名草子さん:04/01/12 21:01
今日は村上春樹誕生日ということで久しぶりにircに入ってチャットしてました。

同じ誕生日は
かまやつひろし
クリステル・チアリ
シャルル・ペロー
レイ・ハルーン
オリビエ・ペリエ
吉屋信子
加藤嘉
内海桂子
三浦朱門
木暮正夫
藤井旭
羽田健太郎
塩見三省
楠田枝里子
萩岩睦美
井上雄彦
石原詢子
澤登正朗
中谷美紀
幸英明
秋山ちえ子
安井かずみ
三木たかし
石井トミコ

けっこう有名どころがいますね。

335 :無名草子さん:04/01/13 03:58
風の歌〜ダンスまで、今読み終りました。おしまい。

336 :無名草子さん:04/01/13 21:40
春樹をはじめて読んでみろうと思うんですけど何がオススメですか?
SEXとか性関係はあまり好きじゃありません。
世界の終わりとハードボイルドウイスキー(?)ってゆうタイトルの本が読んでみたいですけどどうですか?

337 :無名草子さん:04/01/13 21:56
>>334
この面子なら…4部作の「僕」はムッシュかまやつで決まり!!

338 :無名草子さん:04/01/13 23:41
>>336
世界の終わりとハードボイルドワンダーランドは面白いと思った。
ノルウェイの森は性表現が多め。
春樹はほぼどんな作品にもセックルはついてまわるのだけど。

339 :無名草子さん:04/01/14 02:35
ポートレイトインジャズ読んだ人、だいたいの内容教えてくれませんか?

340 :無名草子さん:04/01/14 05:46
例えるなら、軟らかいうんこがケツの穴から、常に垂れつづけてる感じ。

341 :無名草子さん:04/01/16 20:47
>>339
絵に対して春樹がコメント寄せてるだけ

342 :よっちゃん:04/01/17 23:36
ニュー速のすれ
伸びてますねー

新作の情報あればたてるのになぁ

343 :無名草子さん:04/01/18 19:30
バースディストーリーズ
これは読むべき?

344 :無名草子さん:04/01/18 19:41
その程度の事も独りでは決められませんか。


何も読む資格はありませんね。

345 :無名草子さん:04/01/23 21:56
>>342
なんていうスレ?

346 :無名草子さん:04/01/23 22:53
>>345
村上春樹ノーベル文学賞候補に??
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/news7/1063190403/

347 :名無しのオプ:04/01/23 23:13
ねじまき読んでいる途中です。
Hな表現が多いですね。
カフカよりはおもろいです。


348 :無名草子さん:04/01/26 22:18
>>347
ワタナベノボルやったけ、最低な奴やん。

349 ::04/01/27 00:50
ワタヤね。

ワタナベは短編のほう。
あ、しかし>>347からでは必ずしも長編を読んでいると断定はできない……

350 :無名草子さん:04/01/27 18:47
>>349
そうだった。昔に読んだきりだしなあ。
ワタナベノボルっていうのは安西水丸さんの本名なんだよね。

351 :名無しのオプ:04/01/28 23:05
347です。長編を読み終えました。
なんだか途中から冗長すぎて、グダグダだった。
最後も「なんじゃそりゃ」と声を大にして叫んだ(心のなかで)。
正直に言って、30ページにまとめて欲しかった。


352 :無名草子さん:04/01/28 23:23
誰も君の独り言なんか頼んでないんだけどなあ

353 ::04/01/29 03:01
>>351
むしろ後半のグダグダが面白いんじゃないかと思う。俺は。
あれ当初の予定通り第二部で終わってたら
あぁまたかって思うような話じゃない?

354 :無名草子さん:04/02/04 16:58
村上春樹の最高傑作は結局何?

355 :無名草子さん:04/02/05 06:52
三大傑作「ねじまき鳥」「世界の終り」「ノルウェイの森」

356 :無名草子さん:04/02/05 08:29
誰も君の偏った意見なんか頼んでませんよ

357 :無名草子さん:04/02/05 19:05
>>356
春樹自身が言ってるから355はあげたんじゃない?

漏れは羊が好きだ。

358 :無名草子さん:04/02/06 16:14

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の、初版の帯って、
どんな物か知りませんか?
 ttp://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/61806762

悪意有る無しはともかく、上記オクの帯は、どうも違う様な気がしまして。
後で、販売促進のために、帯を差し替えた可能性がある気がしまして。

中央公論85年(昭和60年)11月号 昭和60年10月10日発売号で、
昭和六十年度の『谷崎潤一郎賞』は正式発表されるわけで、
発売が6月だから、4カ月もあります。





359 :無名草子さん:04/02/17 00:50
今日「雨天炎天」読み終わったのですが、
最後がなんだか尻切れトンボみたいな感じでした。
前半のギリシャ編では、最後旅の総括みたいにまとめていたのですが
後半のトルコ編では、そういった総括がありませんでした。
こういうものなんでしょうか?

360 :無名草子さん:04/02/20 22:26
ダンスとカフカあたりは読めたけど羊はつまんなすぎて途中で挫折した。
羊って村上春樹のファンの中じゃ一番評判が良いものの一つらしいですね。理解不能。

361 :無名草子さん:04/02/21 23:37
そうなの?
ノルウェイと世界の終わりが一番の評価を分ける作品だと思ってた。
俺は世界の終わりが一番好きです。


362 :無名草子さん:04/02/22 11:17
オレは「ハードボイルドワンダーランド」です。
ついでに「ホシノくんとナカタさん」も好きです。

363 :無名草子さん:04/02/22 18:50
村上春樹のサイン、見れるHP知らない?
古本屋で買ったダンス・ダンス・ダンスにサインが入っていたので確認したくて。

364 :無名草子さん:04/02/23 01:16
>363
これはいかが。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/61542360

365 :無名草子さん:04/02/23 16:40
>>364
ありがとう!!

結論から言うと、

全く違う!!!!
誰のサインなんだよ・・・

366 :無名草子さん:04/02/23 18:19
>>365
うpして

367 :無名草子さん:04/02/23 22:12
知名度低いどころで、
パン屋再襲来、スプートニクの恋人、雨天炎天ってどうですか?


368 :364:04/02/23 23:57
>365
http://www.geocities.jp/le_corps_sans_organes/page022.html
こっちと比較すると、どうかな。

自分で紹介しておいて、アレですが、
オークションのサイン本は、川本三郎ってところがクサイ感じがしないでもない。
「ハードボイルド」執筆前後に、川本三郎と共著本を上梓してるのに、
出版されてすぐに、献辞付の本を古本屋に売り飛ばすかな?

更に言えば、なぜ、万年筆でなく、フェルトペンで署名してるかも、疑わしく思える。



369 :ハードボイルド:04/02/24 03:20
ワンダーランドの雰囲気が好きなんだけど、MINMIの「HOME TOWN」
っていう曲がこの作品にぴったりっていうかなんていうか・・・。
そんな気がするのです。ちょっと違うかもしれないけど・・・。
おんなじ風に感じてくれる人いたりしないかな〜。

370 :無名草子さん:04/02/24 19:41
俺村上作品読んでいるけど結局何がやりたい(言いたい)のかいまひとつ意味不明なんだけど
彼の小説ってそんなもの?
なんか主人公の目的が抽象的でわかりづらい。
(一応誰かを捜すとか具体的なんだけどそれによってどうしたいのかよくわからない)
>>367
俺的感想
パン屋…奥さんだか恋人だかの意味不明な欲求のためにハンバーガーを食べに逝く話だった記憶が…
なんかその欲求がおかしかった。
スプー…読んだとき、比喩がバリバリ春樹節で(・∀・)ニヤニヤした記憶がある。
なんかゴーストライターが書いたとか言う人がでるぐらい評判は悪いらしい。
個人的には味がしない食べ物食べた感じ。面白くもつまらなくもない作品でした。
最後…読んでいない

371 :無名草子さん:04/02/27 01:18
>>370
> 俺村上作品読んでいるけど結局何がやりたい(言いたい)のかいまひとつ意味不明なんだけど
> 彼の小説ってそんなもの?

つか、まともな近代小説ってみんなそうだよ。プルーストとかジョイスとか読んでみなよ。

> 俺的感想
> パン屋…奥さんだか恋人だかの意味不明な欲求のためにハンバーガーを食べに逝く話だった記憶が…
> なんかその欲求がおかしかった。

すごく近しい人が、とんでもなく遠い人であり得るということだと思うけどね。

> 最後…読んでいない
まあ別にいいんだけど、読んでないならカキコすんなよ、とつっこみたい人も、
中にはいるかもね。

372 :無名草子さん:04/02/27 03:08
村上作品全部読み終わった。
だれか、俺に質問してみてくれないか?
なんでも、こい。

373 :無名草子さん:04/02/27 05:59
>>372 じゃ、これは。文学板で誰も答えてくれなかったので。

影の脱出と主人公が意識を失うのは同時なのでしょうか。(つまり
夢読みが世界の終りに留まったのが契機となって意識を失う。)
それとも主人公が意識を失った後に影は脱出したのでしょうか。
(影だけでも脱出したのでなんらかの障害があっても意識を回復する
可能性がある。)

374 :372:04/02/27 10:32
影君の脱出がきっかけで意識を失ったと思う。
ついでにボブ・ディランの「風に吹かれて」は良い曲だったよ。

375 :無名草子さん:04/02/27 17:43
春樹好きが気にしそうなことだな(w
んなもん知ってどうすんだ?

376 :無名草子さん:04/02/27 21:26
>>375
影と夢読みの関係や彼らの象徴するものの解釈が変わると思う。
最後に「私」が眠りの直前に祝福をいろいろな人に与えようとしたりしたことと
との関係とか。「僕」が森に入って「世界の終り」の存在理由を突き止めたときに
「私」の意識が元に戻る可能性があるのか、とか。
つまり「私」は無意識の層での決意は「私」の意識回復とつながり得るのか。
(救いはあるのか。)
そんな感じー。

377 :無名草子さん:04/02/28 01:37
深読みしずぎ
あれは言ってしまえば「選択」の物語でしょ
あそこより先を創造するのは野暮ってもんだ
着地点は違うけど村上龍の「五分後の世界」と同じだ

378 :372:04/02/28 03:19
>>377
同感だ。俺も質問には答えたがこんなのはどうでもいいと思っている。
「5分後の世界」も確かに小田桐の残るか残るまいかの選択の物語といってもいい。
いろんな考え方がありまつね。

379 :無名草子さん:04/02/28 03:44
でも、作者自身は森へ入っていった人々のことについて
ずっと考えていてそれが「カフカ」(失敗作だと個人的には思うが)を書く
契機になったわけだよね。

380 :無名草子さん:04/02/28 17:22
ここは村上龍になりました

381 :無名草子さん:04/02/28 21:34
影の脱出=意識喪失だったんだ
俺ずっと意識喪失で世界の終わりがはじまったと思った。

382 :無名草子さん:04/02/29 21:43
>>381
正直、意識喪失で世界の終わりがはじまった、って解釈も、
全然アリじゃない?

383 :無名草子さん:04/02/29 21:57
>>382
可能性は低いと思うけどな。章を交互に置いた意味がそれではなくなるし、
片方がハラ切られてうなっているともう一方が
雪目で寝込んでいたり、片方が歌の話をするともう片方が
楽器探しを始めたりするしね。

384 :無名草子さん:04/02/29 22:01
>>382
影の脱出イコール意識の喪失だとすると影の脱出も夢読みが世界の終りに
残ることにしたのも老博士の計算通りだったってことになるよね。
それともあの結末は老博士の予測以上のことだったのだろうか。

385 :無名草子さん:04/03/01 05:54
自己レスだがちょっと考えてみた。

老博士が「ここで失ったものをあっちで手に入れることができる」って
言ったのはあっちの世界では心がないから平安を手に入れることができる
って意味なんじゃないかと思う。だから「僕」が森の中で心を残したまま
暮らしていくことにしたのは計算外なんじゃないかな、と思えるのだが
どうだろう。老博士は影が世界の終りで死ぬことを前提にしていたように
思える。だから影が死ぬことで「私」の「意識の喪失」になるはずだったの
だが死なずに脱出した(どこに行ったのかは知らないが)ことに、それから
「僕」が森に行って世界の終りの在り方(自分の心の殻の存在理由)を
突き止めようと決めたところに救いの余地があるように見えるんだけれど。


386 :無名草子さん:04/03/01 06:03
ジャンクションのメルトダウンで意識を喪失することと
影の死もしくは脱出は関係ないのかも、という説もあり得る。

387 :無名草子さん:04/03/01 14:01
>372
他スレで回答がなかったので・・・
ノルウェイの森で、なぜ直子が忘れないでいてと言ったのか、
わからなかった。ワタナベ君は今ならわかると言っている。
結局どうしてだったの?


388 :無名草子さん:04/03/01 14:15
今ねじまき鳥読んでる途中なんだけど、読みやすいけど展開が遅くて暇に感じるよ。
キャラに喋らせすぎて、リアリティーをまったく感じないし。
ライトノベルに慣れちゃってるのもあるかもしれないけれど、正直そんなに面白いとは感じないな(´・ω・`)

389 :無名草子さん:04/03/01 18:40
あれを面白く読める奴はいないから安心しろ(w

390 :無名草子さん:04/03/01 21:05
たしかにチャレンジングだよね。俺的にはぎりぎり許容範囲だが。
「スプートニック」以降は長編はお手上げ。

391 :無名草子さん:04/03/01 21:19
>>387
読み直し始めたところなんでそれ考えながら読んでみるよ。

392 :無名草子さん:04/03/02 12:00
>>383
そういうのってさあ、「物語」の要請であって、必ずしも時系列に受け取る必要は
ないんじゃないかなあ。ハードボイルドワンダーランドで起きたことを、世界の
終わりで想起してたって全然構わないわけだし。

漏れには381の解釈って捨てがたい魅力があると思えるけどね。

393 :無名草子さん:04/03/02 12:18
せりふを廃したガチガチの文は例えれば退屈な北野武の映画の濃度を10倍ぐらいにしたものと同じだ。
はげしくつまらない。春樹はもう終わってる

394 :無名草子さん:04/03/02 12:54
>>392
ここでいう「『物語』の要請」っつうのは解釈のときに無視しても
いいということ?

だったら確かに>>381のような読み方も面白いと思うよ。
「世界の終り」が「私」の潜在願望であるという大元の部分には
影響がないしね。

395 :372:04/03/03 18:27
>>387
遅レスでスマソ。
ハルーキ曰く
「僕たちが死んだ人たちに出来ることと言えば、その人のことを
記憶しておくことだけだ」
と、少年カフカで書いてた。
なぜ直子が忘れないでいて、と言ったのか。
直子はその頃、もう自分が死んでしまうのを自覚していたんだと思う。
ワタナベ君に自分のことを記憶して欲しかったんだろう。

396 :無名草子さん:04/03/04 05:20
わたなーべくんはその後ドイツとか仕事しちゃう
バリバリの仕事人間になるのだろーか?

397 :無名草子さん:04/03/04 13:30
そういうとこがイヤ、普通のリーマンやれや
ドイツだよ、ドイツで仕事
しかも飛行機の中で「やれやれ、またドイツか」だよ
ほんとカッコイイよね

398 :無名草子さん:04/03/04 14:43
>>397みたいな奴がよく出没するけど、金原ひとみみたいw


399 :無名草子さん:04/03/04 15:14
意味不明

400 :無名草子さん:04/03/04 15:18
アンチはバカ
カコイイ主人公なんだから素直に「僕」になりきれや
ドイツいくようなやり手が喪失したたくさんのものを振り返る
カッコイイよね

401 :無名草子さん:04/03/04 18:44
村上春樹の本を読みたいのですが、なにからよんだらいいですか?

402 :無名草子さん:04/03/04 18:51
読みたい本があるならそれを読んでください。
読みたい本がなければ、読まないでください。
他人にできるのはその程度の一般論を言うだけ。
自分の道は自分で決めて歩いてください。

403 :無名草子さん:04/03/04 19:29
>>401
ここで最近話題になっている世界の終わりとハードボイルドワンダーランドなんてどうでしょ?

404 :401:04/03/04 19:32
>>402

403の方はあなたにはできないことができたようですね。

>>403

アドバイスありがとうございます。今度探して読んで見ます。


405 :無名草子さん:04/03/04 19:37
>村上春樹の本を読みたいのですが、
なぜ?

>なにからよんだらいいですか?

書店に並んでいる本を直接手に取って自分が面白いと思うものを選ぶのが無駄な出費を防ぐことができるし確実だと思いますよ。

406 :387:04/03/04 21:20
>372
その後に、
「何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ」
とあるので、なぜ記憶しておいて欲しいのかがよく
わからなかったんだ。愛してない相手に忘れないで
いて欲しいって思うものかなって。

407 :401:04/03/04 23:57
>>405

>>村上春樹の本を読みたいのですが、
>なぜ?

売れてるようなのできっと面白いのだろうと興味を持ったからです。

>書店に並んでいる本を直接手に取って自分が面白いと思うものを選ぶのが無駄な出費を防ぐことができるし確実だと思いますよ。

たとえば夏目漱石だったら後期三部作より先に前期三部作を読むほうがいいような気がするのでそういうものがあるのかと思って。
一番最初に読むのはこれが王道、見たいなのがあったら知りたいのです。
やっぱり風の歌を聞けでしょうか?


408 :無名草子さん:04/03/05 00:45
>>407
405ではないが・・・・
音楽とかもそうだけど最初の方の作品はあらが目立ったりつまらなかったりする。
興味がある作家なら何も一番最初の作品を読まなくてもおすすめのものを読んだ方がいいと思う。
もし自分にあっていると思ったらそのときははじめから読んでみるのも良いと思う。

409 :無名草子さん:04/03/05 01:23
>>407
> たとえば夏目漱石だったら後期三部作より先に前期三部作を読むほうがいいような気がするのでそういうものがあるのかと思って。
> 一番最初に読むのはこれが王道、見たいなのがあったら知りたいのです。

よくわからないけど、君は「順番」ということが言いたいのかな?だったら
「風の歌を聴け」から順番に読めばいいんじゃないかな。

でなければ、今までで一番長い作品を読む。その作家の一番いい作品が、
その作家のいちばん長い作品だってことも結構あるから。

410 :無名草子さん:04/03/05 01:30
まあ一番確かなのは、本屋に直接出向いて手に取ってみて気に入ったのを選ぶことだろうな。


411 :無名草子さん:04/03/05 08:12
「少年カフカ」によると作者自身は初心者には「ダンスダンスダンス」なんかが
向いていると思っているみたいだよ。もちろんこれは
シリーズものの最後だが、独立して読んでも読めなくはないわな。


412 :無名草子さん:04/03/05 13:43
>「何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ」

これは春樹お得意のはったりだよ
読者にアレッと思わせて答えをださないいつもの手法


413 :無名草子さん:04/03/05 21:13
>>412
春樹自身だったら「読者への親切心」と呼ぶかな。(藁

414 :無名草子さん:04/03/06 00:47
ところで、海辺のカフカの文庫化はいつごろですか??

415 :無名草子さん:04/03/06 01:04
>412
まあはったりなのかも知れないけど、自分には読み切れないことを一言で済ます
には都合がいい言葉だよね、はったりって。

「こころ」の先生を自殺させたのも漱石のはったり、ラスコーリニコフに老婆を
殺させたのもドストエフスキーのはったり、「死霊」なんか書き始めたのも
埴谷雄高のはったり、って言えば言えるもんね。

「いつもの手法」と言うのなら、実例を挙げてみな。君の言うことがはったりじゃ
ないんだったらね。

416 :無名草子さん:04/03/06 01:38
>>406
愛してはいなくても直子にとってトオルが特別な存在であったことは確かだよね。

417 :372:04/03/06 02:06
>>406
直子が愛していたのは自殺した彼だろう。
彼の死で、直子はいったん終わってしまう。
んで誕生日にエッチした時、直子はワタナベ君に心を開こうとしたけどダメだった。
(ハルーキはセックルを扉を開いて通じ合う為に使ったりするらしい。少年カフカ参照)
直子はワタナベ君を愛せなかったけど、「好き」って言ってた。
だから忘れないで欲しかったんだと思う。




418 :無名草子さん:04/03/06 13:48
お前何キレてんのよ
はったりって別に貶めてるわけじゃないよ、うまいねって言ってんの
読みきれないというなら確かにそうだろうね
俺には直子がなんで自殺しなければならなかったのか分かんないからね
神経病んでる人が心を開こうとしたけどダメだった、それだけで自殺?
俺には自殺までキレイに思わせようとするのがダメ
ラスコーリニコフがババア殺す事には納得できるけど
>「何故なら直子は僕のことを愛してさえいなかったからだ」とか自殺ははったりだとしか思えない
擁護しても直子は僕のことを愛することが「出来なかった」んじゃないの?
愛してさえいなかったからだって何よ。オナニー恋愛の果ての自殺か、おめでてーな



419 :372:04/03/06 20:48
「やれやれ」
とつぶやいた後僕ははったりをゴミ箱に捨てた。


420 :無名草子さん:04/03/06 23:07
まあ、412=418は自明として。

412って、
>はったりって別に貶めてるわけじゃないよ、うまいねって言ってんの
という風には読めないけど。



421 :無名草子さん:04/03/06 23:31
スマステでてた

422 :無名草子さん:04/03/06 23:38
>>421
全国放送であの顔が・・・

今日はなかなか寝付けなくなりそうです。

423 :無名草子さん:04/03/07 00:47
髭剃り跡が青々としてたな・・・。
ヒゲ伸ばしたら見られるような気がしました。

424 :無名草子さん:04/03/07 13:15
>まあ、412=418は自明として。

んなもんアホでも分かる(w


425 :無名草子さん:04/03/07 19:24
ヴァギナスレの半分もレスがない

426 :無名草子さん:04/03/07 23:33
>424
アホでもわかることを、自明というのでは?

427 :無名草子さん:04/03/10 14:05
春樹好きには他に誰の小説がおすすめかしら?

(果てしなくガイシュツそうだけど…)

428 :無名草子さん:04/03/10 14:33
原田宗典

429 :無名草子さん:04/03/10 14:55

私は氏とも面識が有り、氏は人間的にも好きである。
でも、氏は実際、いい加減な面も多い。
例えば、渡したモノを無くす、受け取ったこと自体忘れる、
繰り返し言ったことをそのつど忘れる等・・・

多忙ゆえもあるだろうが、そういう面は少し改めて欲しい。

ただ、氏には悪意が無い。これだけは保証する。



430 :無名草子さん:04/03/10 15:01
>>429
で、何が言いたいの?

431 :無名草子さん:04/03/10 23:17
>>427
リチャード・ブローティガン、特に「西瓜糖の日々」。まじで。

432 :無名草子さん:04/03/10 23:56
375 吾輩は名無しである 04/03/10 10:14
俺は春樹が好きだが、それほど熱狂はしていない。
春樹よりもすごい日本の作家達を知ってるから。

だから俺が進める作家のも読んでみたら。

・武田泰淳(とくに「富士」)
・澁澤龍彦
・稲垣足穂
・金子光晴
・中山健次
・織田作之助
・白石一文(「僕のなかの壊れていない部分」(2002年8月出版)がお勧め)

↑このへんの読んでみてよ。
春樹のテーマを違う形で表している(春樹ファンにとって)ような作家や
春樹のような今っぽさの文体に勝るとも劣らない文体だから。
古い作家もあるけど、それにもかかわらずこんなに新しさを感じるんだから。
この紹介した作家達は、どちらかというと比較的日本文学では「異端」に位置している。
それは川端や太宰や夏目や芥川や大江や三島が比較的に主流派だという前提での話だけど。

是非読んでみて。
春樹ファンも、アンチも。


433 :無名草子さん:04/03/10 23:56
中山→中上

434 :無名草子さん:04/03/11 04:02
>>427
カート・ボネガットやリチャード・ブローティガンは出そうなので
ジョン・ニコルズ 「くちずけ」 映画化もされているが、昔村上春樹がこの映画を
誉めているのを読んでこいつこんな映画まで見てるのかとびっくりした。
ちなみに映画はライザミネリ主演。

435 :無名草子さん:04/03/11 17:25
375 吾輩は名無しである 04/03/10 10:14
俺は春樹が好きだが、それほど熱狂はしていない。
春樹よりもすごい日本の作家達を知ってるから。

だから俺が進める作家のも読んでみたら。

・武田泰淳(とくに「富士」)
・澁澤龍彦
・稲垣足穂
・金子光晴
・中上健次
・織田作之助
・白石一文(「僕のなかの壊れていない部分」(2002年8月出版)がお勧め)

↑このへんの読んでみてよ。
春樹のテーマを違う形で表している(春樹ファンにとって)ような作家や
春樹のような今っぽさの文体に勝るとも劣らない文体だから。
古い作家もあるけど、それにもかかわらずこんなに新しさを感じるんだから。
この紹介した作家達は、どちらかというと比較的日本文学では「異端」に位置している。
それは川端や太宰や夏目や芥川や大江や三島が比較的に主流派だという前提での話だけど。

是非読んでみて。
春樹ファンも、アンチも。


436 :無名草子さん:04/03/11 18:26
>春樹のテーマを違う形で表している(春樹ファンにとって)ような作家や
>春樹のような今っぽさの文体に勝るとも劣らない文体だから。
>古い作家もあるけど、それにもかかわらずこんなに新しさを感じるんだから。
>この紹介した作家達は、どちらかというと比較的日本文学では「異端」に位置している。
>それは川端や太宰や夏目や芥川や大江や三島が比較的に主流派だという前提での話だけど。

なんかバカっぽい

437 :無名草子さん:04/03/11 18:59
>>436
そういうのは思っても口にしないのが大人だぜ

438 :無名草子さん:04/03/11 19:17
>.>437
そういう「そんなんだから君はガキなんだ」ということを裏に隠した皮肉は、大人の言うことですか?

439 :427:04/03/12 05:05
おお思ったよりレスがついてて嬉しい!
今度探してみようと思います。

440 :無名草子さん:04/03/12 22:26
直子=ユミヨシさん=図書館の女の子=佐伯さん=大人しくて、問題をかかえていて、でもきちんと生きようとしてる
緑=笠原メイ=短編に出てくる女の人たち=ピンクの太った女=さくら=発想豊かでなんでもハッキリ言う
そして2つのタイプの共通点は、きれいで、賢くて、物知りで、化粧気がないこと
作者の好きなタイプの女の人ってすぐわかりますね。



441 :無名草子さん:04/03/12 23:04
村上龍とは真逆の女の好みですね。

442 :無名草子さん:04/03/13 01:42
「人生はビスケットの缶だと思えばいいのよ」
これってフォレストガンプにもあったよねぇ
昔からある諺なの?

443 :無名草子さん:04/03/13 23:30
Perhaps Andy wants a house number on his house.

444 :無名草子さん:04/03/15 12:11
村上春樹訳の「世界の七月」って誰か読んだ人いる?おれは高くて買う気はないけど

445 :無名草子さん:04/03/16 18:09
風の歌を聴けの最初の方に書いてあったみたいに、
自己療養の手段として書いているっていうのが、
言葉で説明がつかないけど、読んでいて分かる。
誰か代わりにそれを説明してくれ。

446 :無名草子さん:04/03/16 18:17
「ピース。」

447 :無名草子さん:04/03/17 02:16
「ノルウェイ」で緑のお父さんの病室には菊の花が生けられているけれど、
菊って普通病院に持っていかないよね。お父さんの死の伏線なのだろうか。

448 :無名草子さん:04/03/17 09:17
普通は突っ込むのだがこんなことでも伏線扱いしてくれる
こういう読者を春樹はありがたく思うべきだね

449 :無名草子さん:04/03/17 13:58
ノルウェイの森で読書感想文を書こうと思ってるんだけど、どうでしょう

450 :無名草子さん:04/03/17 14:48
提出する前にここに晒してくれ

451 :無名草子さん:04/03/17 19:00
>>449
何歳でつか?

452 :無名草子さん:04/03/17 20:51
高2の17歳です。
父に勧められて読み始めたんだけど、2章まで読んで
「これって読書感想文向けなのかなあ」と思い始めました。
全部読んでから、やっぱこれじゃ書けないということになったら困るので
既読者の方ご意見ください

453 :無名草子さん:04/03/17 20:57
主人公がセックスしたりちんぽしゃぶられる描写があるがそれでもよければどうぞ。

454 :無名草子さん:04/03/17 20:57
読書感想文向けかなあ、って思え始めたのはどんなところから?

455 :449:04/03/17 21:11
主人公の回想で、主人公と直子と偶然会って散歩して、
二人のなんでもない会話がダラダラと続き始めたところ。
まさか此奴等ずっとこのテンションかなぁと。

456 :454:04/03/17 21:26
あの部分は小説の設定の要になる部分だから、大丈夫だよ。どんどんいろんな
ことが起こる。「死」とか「性」および「生」がどのように描かれているか
注意しながら読むとけっこう味わえるかも。

感想文って書くのが苦手だったなあ。解釈しろっていわれるならまだしもね。

がんばってね。

457 :454:04/03/17 21:38
つけたし。

だらだらしているような会話にも実は意味があるんだよ。話が進行していくと
だんだん見えてくる。いろんなことやものがいろいろなことを
象徴しているのでその辺にも目配りして読んでいくと面白いかも。
一度目は筋をメインにして読んでそれからもう一度細かいところを
観賞しながら読むのがいいかな。

あと「ノルウェイ」は春樹の異色作なので「ダンスダンスダンス」など
も読んでみると彼の本来の作風が分かるよ。


458 :449:04/03/17 21:48
ご親切に説明ありがとうございます。
生死が書かれてるなら感想文書けそうです。
がんばって読んでみます。本当にどうもでした。

459 :無名草子さん:04/03/17 21:56
読みはじめた本はたとえそれがどんな本でも最後まで読み通しなさい。
フィッツジェラルドが娘にあてた手紙より

460 :無名草子さん:04/03/17 22:50
エロ知識がまったくなかった俺(当時高2)は
広辞苑片手にノルウェイを読んで色々勉強させてもらった

春樹は抽象的すぎて読書感想文にしづらい気がするけど・・・
もっとも俺の読書感想文の定義はあらすじを95%で残りが思ったことという本末転倒なのだがw

461 :無名草子さん:04/03/18 01:49
>>444
遅レス、スマソ。
ティム・オブライエンの「世界のすべての七月」、さっき読み終えたんだけど、
オブライエンについて何も知らないなら既刊を読むことを勧めます。

「本当の戦争の話をしよう」と、「ニュークリア・エイジ」が、
いずれも春樹訳で出ていて、初出からもう随分時間が経つから、
文庫にもなってるような気がする。

いきなり代表作から読みたい、ということなら「カチアートを追跡して」
(新潮文庫)が最適かも。読みやすい小説ではなかった記憶があるけど。

そういうのを一通り読んだ後で、「世界のすべての七月」の
訳者あとがきを読むと、割と感慨深いものがあるよ。

マジレス、スマソ。

462 :無名草子さん:04/03/18 01:56
>452
つか、すすめてくれたパパに訊いてみりゃいいじゃん。
これは読書感想文向きの本なのか?って。
どうしてどう思うのか、パパはこれ読んでどう思ったか、
パパはこれ読んだときどういう状況にあったか、
って、派生する質問全部をありのまま書き留められたら、
それだけで、スゴイ感想文になると思うけど。

463 :↑訂正:04/03/18 01:59
「どうしてどう思うのか」→「どうしてそう思うのか」

「派生する質問全部」→「派生する問題と、パパからの回答全部」
カエスガエススマソ。

464 :無名草子さん:04/03/19 01:16
読んで感じたことを書くのが感想文。パパもなにも関係ない。

465 :無名草子さん:04/03/19 02:20
実は、厨房のころノルウェイの森でヌイた事がある。
緑に手コキしてもらうシーンだ。
それはまるで春の熊のように僕を性的興奮へと導いた。

466 :無名草子さん:04/03/19 02:29
まるで春の夜に迷いこんだ蝶のように甘美な感想だ

467 :無名草子さん:04/03/19 09:56
>>465
緑(だっけ?)が自分のパンツの中に出していいよってのが
ものすごくグッときた。

468 :無名草子さん:04/03/19 17:35
>>465 467
そんな読み方してる奴らがいるんだな。たしかに厨房のころ読んでたらありうるな。勉強になった。

469 :無名草子さん:04/03/19 17:51
おれは19の時に8回くらいお世話になったよ

470 :無名草子さん:04/03/19 23:15
下手な官能小説よか全然抜ける

471 :無名草子さん:04/03/19 23:35
作者があの顔だと思うと、そもそも抜こうという気にならん。

472 :無名草子さん:04/03/20 00:16
>>470
そりゃ下手な官能小説しか読んでないんだ。トゥークン読め。

473 :無名草子さん:04/03/20 11:36
団鬼六は?

474 :無名草子さん:04/03/20 17:40
>>473
ありゃだめだ。

475 :無名草子さん:04/03/22 00:32
>>464
話をつまらない方向に誘導すな。

476 :無名草子さん:04/03/22 06:22
↑っていうやつが一番つまらんわな

477 :無名草子さん:04/03/24 14:07
>>442
人生はチョコレートの箱、じゃなかったっけ
ママソが言う言葉

478 :無名草子さん:04/03/26 16:26
誰かぁー!

滅多に本なんて読まないダメ学生にオススメの作品を教えてくれ!

ケガして入院して暇なんです・・・暇すぎるんです。頼んだ!

479 :無名草子さん:04/03/26 16:43
参考書

480 :無名草子さん:04/03/26 18:09
参考書は勘弁。

481 :無名草子さん:04/03/26 18:28
じゃあ「夜のくもざる」でいいんじゃねかな

482 :無名草子さん:04/03/26 20:41
わかった。買ってきます!ありがとう。

483 :無名草子さん:04/04/01 01:33
村上春樹のエッセーで、英語の辞書についての話の中で、ビールの「ドラフティー」の
意味とか「*」の記号を英語で言うとどうなるか、とか書いてあったのってどの本でした
っけ?

484 :無名草子さん:04/04/01 19:05
柴田元幸のナイン・インタビューズで物語を脱構築したとか言ってたけど
これってどういう意味?

485 :無名草子さん:04/04/02 02:16
>>484
何度か「物語を洗い直す」ってことが言われてると思うけど、
「脱構築」というのも、たぶんそれに近いでしょう。

辞書的に言えば「脱構築」はデリダの言う「ディコンストラクション」の訳で、
既存のものを解体するだけじゃなく、同時に新しいものを構築する、
という意味だと思う。

486 :483:04/04/02 20:39
解決しました

487 :無名草子さん:04/04/02 21:49
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/ref=s_b_rs/249-8682144-6514701
なぜこの本が今一番売れてるのか??

488 :無名草子さん:04/04/02 23:26
「脱構築」ってのはアンチロマンのようなのじゃないってことは分かるけど
ひらたくいって、どういうものなんだろう?

489 :無名草子さん:04/04/03 01:17
マジレスなんですけど、

「脱構築」=「現代風にアレンジ」

じゃ駄目?話がかなり専門的にならない限り
(つまり学術論文でも書いてるわけじゃないなら)、
これくらいに思っておけばそんなに間違わないと思うけど。

490 :無名草子さん:04/04/03 01:23
さすがにそれじゃ駄目でしょ

491 :無名草子さん:04/04/06 17:25
突撃隊はどこ行ったんですか?

492 :無名草子さん:04/04/07 01:16
国土地理院。

493 :無名草子さん:04/04/07 11:37
いまはどっかの雑誌でエッセーとか書いてるの?

494 :無名草子さん:04/04/10 17:46
ノルウェイの森を女流官能作家がとりびゅーとしたのってどうよ。
ttp://www.micamica.net/murakami.html

495 :無名草子さん:04/04/10 21:49
どうもしない

496 :無名草子さん:04/04/15 05:08
>>494
春樹も読んでるのか?

497 :無名草子さん:04/04/15 11:36
「国境」の中で雨は何を象徴しているのだろう。奥さんと初めて会ったときも
雨。島本さんがバーに現れるときも雨。そして一番最後の雨について考える
シーン。

この小説久々に読み返したらかなりグッと来た。

498 :無名草子さん:04/04/15 17:25
何も象徴してないよ
「雨」という事に対する読者の文学的想像力に依存してるだけ

499 :無名草子さん:04/04/15 19:45
死んだ赤ん坊の灰を川に流すシーンで島本さんが、これ雨になるかしら、
みたいなことを言うよね。雨とそれにつながる海で生と死を繰り返す人間の
性みたいなのを感じた。

ところで妻の妊娠中にはじめは女遊びをして、別に悪気に思っていない
けれど、これって今の20代の夫婦でもオッケー? まあはじめの他人に対する
「鈍感さ」を表すエピソードなんだろうけれども。

500 :無名草子さん:04/04/15 20:17
海や雨と関連させた砂漠のイメージもいいよね。

501 :無名草子さん:04/04/15 20:43
>>499=500
自分の書き込みに何か意味あると思ってる?
もう少し考えてから掲示板に書き込んだら?

502 :無名草子さん:04/04/16 00:18
こないだ初春樹で「スプートニクの恋人」読んだんだけど
結構わかりにくい話だったのでおまいらの考察を教えてくらさい

503 :無名草子さん:04/04/16 02:48
>>502
私はスプ以外の春樹は全部好きだ・・・

答えになってないかw

504 :無名草子さん:04/04/16 13:50
>>503
(゚д゚)ガーン
面白いとおもってしまったおれはいったい・・・
ほかのはもっと面白いということか。

ところで最後の電話は結局のとこ現実なのでしょうか?

505 :無名草子さん:04/04/16 13:54
>>504
君が現実だと思えば現実だし、そう思わないなら現実じゃない。
まあ漏れは現実じゃないと思ったけど。
この本をハッピーエンドだと言うヤシもいるけど、
漏れには賛成できない。

506 :無名草子さん:04/04/16 14:39
>>505
最期の血の痕を捜すくだりの意味合いや、
血が本当に流されたのかによっていろんな考えが思い浮かぶからどうとはいえないんだよなあ。
まあそれが作者の意図するところだろうけど。

507 :無名草子さん:04/04/17 23:42
春樹が別名で官能小説書いてるってホント?? 単なるネタ?(笑)
詳細求む!


508 :無名草子さん:04/04/18 06:19
てか有名

509 :無名草子さん:04/04/18 09:26
>てか有名

なら別名おしえてください 笑 いやマジで知りたい。
ヒントだけでも。

510 :無名草子さん:04/04/18 23:34
>>508
ほんとかなあ・・・?
文体ってさあ、結構大変なんだよ、つくりあげるのが。

で、強い文体ってのは、その人の世界観から寝息にいたるまで、
生理を総動員してつくられてるはずだから、
たとえ春樹が官能小説書いてても、まったく違う文体で書くということは
難しいことだと思うし、
第一、ここまで磨き上げて来た文体を使って、
官能小説なんか書くメリットは何もないと思うんだけど。

昔書いたんじゃないかって反論もあり得るけど、
そこまで酔狂する人かなあ。

511 :無名草子さん:04/04/24 12:10
http://www.nikkansports.com/ns/general/f-so-tp0-040424-0011.html

やれやれ

512 :無名草子さん:04/04/24 12:29
調べようともしないなら知らなくていいよ。迷惑だし。

513 :無名草子さん:04/04/24 14:40
「映画をめぐる冒険2」を書く可能性はないのかな

514 :無名草子さん:04/04/24 16:41
おまえらの村上春樹のおすすめ作品BEST3を教えてください。


515 :無名草子さん:04/04/24 21:29
1・ノルウェイ
2・ハードボイルド
3・村上ラジオ

516 :無名草子さん:04/04/24 23:43
1.遠い太鼓
2.もし僕らのことばがウィスキーであったなら
3.午後の最後の芝生

517 :無名草子さん:04/04/25 14:27
1.ねじまき鳥
2.遠い太鼓
3.ノルウェイ

518 :無名草子さん:04/04/25 15:51
1.ハードボイルド
2.ねじまき
3.ダンスx3

519 :無名草子さん:04/04/25 20:43
1.ねじまき鳥
2.ハードボイルド
3.国境

カフカまだ読んでないからカフカ抜きで、このランキングでつ
春樹はやっぱ長編が好きだぁぁぁぁぁ

520 :無名草子さん:04/04/25 22:07
むむむ、ねじまき結構多いな。
俺はまだ読んでない。
今度読んでみよう♪

1ノルゥエーの森
2スプートニクの恋
3

521 :519:04/04/25 23:06
>>520
ねじまきお勧め 超お勧め
ノルウェーやスプートニクの恋愛モノ好きなら絶対感動すると思う
何度読んでも泣くですよ、私・・・

522 :無名草子さん:04/04/25 23:24
1.夢で逢いましょう
2.ウォーク・ドント・ラン
3.またたび浴びたタマ


523 :無名草子さん:04/04/25 23:32
>>521
どの辺が泣きどころ?

524 :無名草子さん:04/04/26 01:01
アホみたいにベスト言い合って
しかもねじまきが好きで
>ノルウェーやスプートニクの恋愛モノ好きなら絶対感動すると思う
すごいな、ねじまきみたいな作品ででこんなふうに思えるなんて


525 :無名草子さん:04/04/28 00:13
>>524
2chなんだから好きなこと語ればいいじゃない。
ベストでもいいじゃない。
何がそんなに癪に障るのか。
マターリしれ。

526 :無名草子さん:04/04/28 00:20
1.そうだ、村上さんに聞いてみよう
2.スメルジャコフ対織田信長家臣団
3.ジョン・レノン対火星人

527 :無名草子さん:04/04/28 15:26
>>526
そりゃ高橋源一郎だ、3は。

528 :無名草子さん:04/04/28 17:10
村上春樹と糸井重里の本がたしか講談社文庫から出ていたと思うんですが、
あれってどんな本なんでしょうか???
読んだ事ないんで。

529 :コリン・タッジ:04/04/28 17:37
>>528
「夢で会いましょう」という題名だったような気がします。
ワンテーマでふたりがそれぞれ短編小説を書く、
ないしは、ふたりの短編小説がそれぞれ収録されたもの、
もしくは、対談集なのかも知れませんね。
・・・まるでお役にたてませんでした。
ごめんなさい。

530 :無名草子さん:04/04/28 19:32
レキシントンの幽霊っていう文庫本のなかのひとつの話で、
久しぶりに故郷もしくは思い出の場所に行く話ありましたよね。
そこで主人公が、あぁ自分は許されたんだ、って泣いてたと思うんだけど。
あれ読んだ時、村上春樹も何かから解放されたのかなって思いました。

でもこの人って
ものすごく自我が強そうですよね。


531 :無名草子さん:04/04/28 19:51
>>530
七番目の男ですね。
レキシントンの中では私は沈黙が一番好きでした。

532 :無名草子さん:04/05/02 08:17
age

533 :無名草子さん:04/05/03 13:35
ねじまき鳥読み始めたので記念カキコ

この人の小説読むのは10何年ぶりだな。
ノルウェイの森以来だ。

534 :無名草子さん:04/05/05 17:09
笠原メイとペッティングしたい

535 :無名草子さん:04/05/05 23:06
「チュウチュウ」

536 :無名草子さん:04/05/06 17:21
村上朝日堂のCDロムの奴で、村上春樹の声が聞けたんだけど、
骨太で早口な感じで、想像と違った。いかつい声してるね・・・・

537 :無名草子さん:04/05/08 16:23
村上春樹的公務員試験
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/govexam/1029250344/l50

一読の価値あり。

538 :無名草子さん:04/05/08 18:27
>>537
そういうの色んな板にたくさんあるよね
もう落ちたけど村上春樹的みずほ銀行やらラウンジやらリーマンとかMacとか
失恋話はまだ生きていたはず

539 :無名草子さん:04/05/08 21:17
誰か村上春樹的スレ見つけたらここに張って頂戴。

540 :無名草子さん:04/05/08 22:22
村上春樹的海外サッカー
http://sports4.2ch.net/test/read.cgi/football/1045493246/


541 :無名草子さん:04/05/08 22:42
>>540
早速のGOOD JOB 感謝感謝です。

542 :無名草子さん:04/05/08 23:46
age

543 :無名草子さん:04/05/09 20:54
今日ハードボイルド読み終えた
面白かった
久々に引き込まれた

113 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)