5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

気象好き、特に冬や雪好きにとって神な本

1 :無名草子さん:03/08/17 18:52
ありませんか?

2 :無名草子さん:03/08/17 18:53
例えば大雪の記録が載ってたりアメダス観測地点全ての極値が記録されてる本が特に
読みたいです、そんな本ありませんか?

3 :無名草子さん:03/08/17 19:08
>>2
http://www.data.kishou.go.jp/


4 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/08/17 23:31
なんだっけか。理科年鑑だっけか。

5 :トリ ◆AqSQUBSJwA :03/08/19 20:17
理科年表か。

6 :無名草子さん:03/08/20 21:58
理科年表ですか、ありがとうございます、図書館で見てみますね

7 :無名草子さん:03/08/21 16:03
>>1 氏寝

8 :無名草子さん:03/08/24 23:30
ネタかと思ったら本当に載っていた
疑ってスマン

9 :無名草子さん:03/08/25 11:37
1さんの求める内容とは違いますが、
中谷宇吉郎の本。
岩波文庫から出ています。

10 :無名草子さん:03/08/31 07:06
単発質問スレ

11 :無名草子さん:03/09/02 23:11
理科年表を読んで何にするんだろう。
あんな資料の塊は面白みが無いのに。

12 :無名草子さん:03/09/03 01:11
どんな物も自分の興味の範疇外だと面白くないのは当然だろ。


13 :無名草子さん:03/09/06 18:18
>>11
理科年表って結構面白いよ。
ひたすら数字が並んでいるんだけど、その数字の意味がわかれば
いろんなものが見えてくる。

地図を見て想像を掻き立てるのと同じ感覚かな。

14 :無名草子さん:03/09/09 01:58
電車の中で理科年表を読んでたら引くな。
ふとそんなことを思った。

15 :無名草子さん:03/09/10 22:36
>14
確かにw
漫画よりもなんか凄みがあって怖い

16 :無名草子さん:03/09/11 22:41
>>13
その数字の意味がわからないのが普通だけど?
よくあるインチキ物理解説書のわかり易さのためなら数式や数値の
無視と言った姿勢とは真逆のほんだね。

17 :無名草子さん:03/09/12 21:58
理科年表イイ
意味もわからずに数字を比べて面白いと思ってた。

18 :無名草子さん:03/09/12 22:38
雪好きにとって外せないのは『八甲田山』だろ

19 :無名草子さん:03/09/12 22:47
>>1 『北越雪譜』なんかは当然読んだろ?

20 :無名草子さん:03/09/14 19:25
>>1
ミステリー板に行けば、いくらでも紹介してくれるよ>雪の山荘

21 :無名草子さん:03/09/15 19:02
>>1
ル・グィン『闇の左手』

雪質の違いによって、それぞれ豊かな雪関連語彙がある国の話。
小説は、ここ数千年氷河期状態にある王国の都から始まる。

22 :無名草子さん:03/09/15 21:33
吹雪の日はちょっと大変だね。

    ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
        ∧_∧
       (´∀`) ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         '/ / \ __   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_____
        / /  . \   __     ______
    ∧_// /、,\  . )..,_       /i
   ;'´Д`(ノ,:、,/ /:,.:::: ::`゛:.:゛:`''':,'.´ -‐i  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ⊂'、;: ..⊂:. :.:.:.\ \ _;.;;..; :.:;,':'.‐つ  ̄  ̄   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    `"゛' ''`゛ `'(___)゛`´´        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄




23 :無名草子さん:03/09/28 14:50
>18
特にあの十和田湖の描写は…寒!
新田次郎は面白いよ。富士山頂の測候所 (小石が水平に
飛んでいく) の話とか、鳥島の観測員の話とか。
彼はもともと気象庁に勤めていたので異様にリアル。

24 :無名草子さん:03/10/14 03:22
北越雪譜は基本だな

25 :無名草子さん:03/10/17 00:30
風の博物誌とか
あとル・ロワ・ラデュリの書いた本なんかなかった?

26 :無名草子さん:03/10/25 17:59
小説は?
「女王陛下のユリシーズ号」とか。あと谷甲州。

27 :そうよ、コンラート:03/10/26 22:20
北極や南極を極めたアムンドセンやピレリーの探検記
水晶〜石さまざま→あるクリスマスの夜に冬山に遭難する幼い兄妹の
物語 幽玄・幻想的(岩波文庫にある)

28 :無名草子さん:03/11/06 22:05
気象だったら新田次郎も良いのでは。おさがしのものとジャンルがかわるかもしれないけど、元気象庁勤務を生かしてか、歴史ものでも山岳ものでも気象が関わる書き方がおおい。
気象そのものだと「八甲田山死の彷徨」「火の島」「富士山頂」など。
歴史ものになってしまいますが、短編集「梅雨将軍信長」では、武将と気象の関わりが書かれていて、雪山横断しようとして遭難した武将の話も出てます。
同じく歴史もので「赤毛の司点台」は、江戸時代の民間気象予報みたいなのが書かれてました。

29 :無名草子さん:03/11/27 20:45
ヘルツォークの「氷上旅日記」はいかが?

30 :無名草子さん:04/01/05 22:42
保守

31 :無名草子さん:04/02/08 01:02
一応保守

32 :無名草子さん:04/03/20 01:41
「雪の写真家ベントレー」

33 :無名草子さん:04/03/20 13:40
「特性のない男」だろ。
いきなり気圧配置の描写から始まる。

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)