5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

三浦綾子

1 :無名草子さん:03/06/27 08:28
いままでなかったんじゃ・・ないよね。

2 :無名草子さん:03/06/27 12:50
よし、2ゲット

3 :無名草子さん:03/06/27 13:43
曽野綾子のほうが好き

4 :無名草子さん:03/06/27 15:20
ずいぶん前にあった...気がする。
1さんは、どの御本が好きですか?

5 :無名草子さん:03/06/27 16:08
氷点、最近読みました。
続の方も読もうか考えていますが、面白いですか?

6 :無名草子さん:03/06/27 17:56
続の方はやはり「氷点」より面白くない。
でも、続を呼んで氷点という作品が完結すると思われるので
是非読むことをお勧めしますよ。
救われない結末だった記憶がありますが。

7 ::03/06/27 18:44
私は『塩狩峠』『千利休とその妻たち」が好きでした。
ご自分はよい夫ぎみに恵まれて、嫉妬の気持ちをリアルで味わったことはない
んではないかと思うのですが、千利休の本妻の嫉妬心をうまく
描いていたなあ・・。
『氷点』も、もちろん好きです。やはり続よりももとのほうがいいですね。

8 :無名草子さん:03/06/27 19:58
私は「泥流地帯」が好き。泣いた。
三浦綾子スレが出来て、嬉しい。

9 :無名草子さん:03/06/27 20:00
↑なんか日本語覚え始めの外国人みたいなカキコになっちゃった…鬱

10 :無名草子さん:03/06/27 20:57
塩狩峠と泥流地帯は読んだな〜。

両方とも良かったけど、塩狩峠の方は本を読みはじめた時だったから
ひじょーに印象に残ってて、自分の中では名作となってます。

11 ::03/06/28 00:06
>8さん
うれしいといってもらえて私も嬉しい。


12 :無名草子さん:03/06/28 00:36
「果て遠き丘」って読みましたか?

13 :無名草子さん:03/06/28 21:11
三浦作品は殆ど読みました……けど読みすぎて
どの作品がどの内容だったのか、分かんなくなってます。
「果て遠き丘」ってどんな内容でしたっけ?

14 ::03/06/29 00:51
あれま、『果て遠き丘」なんてあったっけ。私も読んだ事なかった。
あまぞんでさがしてみよう。

15 :無名草子さん:03/06/29 02:22
椎名林檎が崇拝?しているよね。 方向性が正反対に見えるけど、お二人とも一所懸命だよね。

16 :無名草子さん:03/06/29 04:45
泥流地帯、先ほど読み終えました。
不幸なストーリーだと分かっていたので、身構えていたのですが

最後の最後、拓一のセリフ
「おれはな耕作、あのまま泥流の中でおれが死んだとしても、
 馬鹿臭かったとは思わんぞ。もう一度生まれ変わったとしても、
 おれはやっぱりまじめに生きるつもりだぞ」
のところで、等々泣きました。

三浦綾子さんの本は人生観変わりますね。
もっと若い内に読んでおけば良かったなと後悔しています。

17 :5:03/06/29 05:59
ありがとうございます。
引き続き、氷点続も読んでみようと思います。
調べてみると泥流地帯にも、続があるんですね。

長篇は好きなので、今から楽しみです。

18 :h:03/06/29 17:49
この人の作品読むのに、「道ありき」は欠かせないと思うよ。
ケーキ食べるのにお茶を欠かしてる、みたいな。
おいしい物食べ続けもいいだろうけど、お茶があるとおいしさ倍増。

19 :無名草子さん:03/06/29 18:24
あなたが探してるのってこれだよね?でも眠れなくなるよ!
http://nuts.free-city.net/index.html

20 :無名草子さん:03/06/29 19:30
「道ありき」を読み終わったら、
「生命に刻まれし愛のかたみ」を読もう。

21 :無名草子さん:03/06/29 20:06
道ありき…まさに奇跡だよね。 生きる希望がわいてくる。

22 :無名草子さん:03/06/29 21:30
綾子さんは魅力的で、もてた人みたいです。クリスチャンにならなかったら、どんな人生だったのでしょう。

23 :無名草子さん:03/06/29 21:50
やっぱり作家になる位だもの、他の人にはない魅力があると思います。
っていうか「泥流地帯」に続編があるの??
知らなかった……だれか親切な人詳しく教えてください。

24 :無名草子さん:03/06/29 22:34
この方のエッセイが好き。 三浦綾子ファンって、根強いね。

25 :5:03/07/01 02:18
すいません。続編ではなくて、『続氷点』と同じように
『泥流地帯』にも『続泥流地帯』があります。
新潮文庫ですが、他の出版社だと一まとめで本にされているのかな。
それで今日、書店で買ってきて読んでいます。
前編を読み終えたばかりなのでとても面白いです。
徹夜してしまいそうです。節子さんが愛らしいですね。

>18
ありがとうございます。さっそく本屋になかったので
イーエスブックスで注文しました。
来週届くのが楽しみです。全3部構成なんですよね。
3つ注文しましたけど。

26 :無名草子さん:03/07/01 08:21
そうだったんですか。続泥流地帯を買ってこなきゃ。
三浦綾子のエッセイっていいですよね。
人生観変わる。「藍色の手紙(便箋だったかな)」も面白いですよ。
三浦綾子が人生相談の回答をするエッセイです。

27 :無名草子さん:03/07/01 10:31
うちの母が好きで、家にあった「海領」を何となく読んだらかなりはまっちゃいました。
銃口(だっけ?)と塩狩峠もよみましたが、なんか三浦さんの小説って吸い込まれるように読んじゃうんですけど。



28 :無名草子さん:03/07/01 10:38
三浦綾子と曽野綾子は別人。三浦朱門の奥さんだよね?

29 :無名草子さん:03/07/01 11:27
三浦朱門の奥さんではありません。
曽野綾子は嫌い。
偉そうな事言っているくせに別荘持ったりして金持ちライフを満喫。
三浦綾子はあんな清貧生活してたのにねぇ。
人間の器が全然違う。

30 :無名草子さん:03/07/01 11:28
マイナーだけど「嵐吹く時も」が好きさ。

31 :無名草子さん:03/07/01 14:31
しかし、何冊も読んで感動したけど、クリスチャンにはならなかった、っていうか
とてもなれない。なれるような清らかな人間じゃない。
三浦綾子さんにとっては、「いくない読者」なのだろうなあ。

32 :無名草子さん:03/07/01 14:47
まあ、クリスチャンにしてみたら、クリスチャンでない人々は
「唯一絶対の正しい教えを信じることができない哀れな人々」なんだろうしね。

33 :無名草子さん:03/07/01 15:50
>>29
曽野綾子なんて夫婦別姓とか言ったら目をむいて怒りそうなのにね.
右翼ジジイを慰めて差し上げて生き長らえてるような人間だから.
どうせならササカワチヅコとシュモンにすればいいのに.

スレ汚しすいませんでした.でもまだ混同している人もいるみたいなので.
あと薄汚い話題は以下で.
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1020663564/l50
曽野綾子に天罰を

34 :無名草子さん:03/07/01 21:34
この人はね〜、宗教の固定観念だけでものを言わないから好きさ。
人間として好きさ。

35 :無名草子さん:03/07/01 21:41
この人のところに、同性愛者の男性から手紙が来たわけ。
ふつうはクリスチャンだったらさ
、神があなたの病気を治してくれますように、
とか、異性愛者になりますように、とかお祈りするとこだけど、
この人は
祈りではどうにもならないことがある、
という意味のことを言っていた。

なんて優しい人、人間の闇をわかっている人、と思ったよ。

36 :無名草子さん:03/07/01 21:41
そうそう、彼女の人間性が素晴らしいのです。
エッセイなんかにそれがにじみ出てる。

37 :無名草子さん:03/07/01 22:25
三浦綾子さんて、マイナー?メジャー?

38 :無名草子さん:03/07/01 22:26
三浦さんくらいだよね、信頼できる宗教家って。


39 :無名草子さん:03/07/01 22:33
 特にカトリックを意識していない作品にも、
独特の味わいをもつものがあります。
たいへん短い作品ですが、「尾灯」が好きです。
若いころは、なんとも感じなかったのですが、
不惑を過ぎてから、しみじみと哀歓を感じるように
なってきました。

40 :無名草子さん:03/07/02 08:40
綾子さんはプロテスタントです。

41 :39:03/07/02 12:27
>>40さん
 失礼しました、曾野綾子さんと勘違いを致しました。
39の書き込みは「プロテスタント」に訂正させてください。
 ご指摘ありがとうございました。

42 :無名草子さん:03/07/02 12:43
なんか礼儀正しいね。マターリしてて良スレの予感

43 :無名草子さん:03/07/02 14:11
しかし、最近一家4人殺害など恐ろしい事件が多いわけだが、
綾子さんが生きていたなら、どれほど嘆かわしく思うだろうか。
恐ろしい世の中だのう・・。

44 :_:03/07/02 14:14
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

45 :無名草子さん:03/07/02 16:55
高校の図書室で氷点を借りて読んだ。
すごくはまって、続〜まで一気に読んだなぁ。以来三浦さん大好きです。

高校の図書館、借りる時に背表紙の裏側に差し込まれてるカードに
名前と日付を書いて借りるという昔方式な貸し出し方だったんだけど、
最後に借りた人が書いてた日付が昭和4?だったのに驚いた記憶がある。
三十年以上借りる人がいなかったなんて…。


46 :39:03/07/02 18:07
「愛の鬼才〜西村久蔵の歩んだ道〜」という作品はいかがですか。
勇気のでてくる作品だと思います。
 それから、エッセイですが「愛すること信ずること」(これは新書)も
おすすめしたいです。

47 :無名草子さん:03/07/02 22:19
綾子さんのご家族もすてきです。

48 :無名草子さん:03/07/02 22:36
ご家族って光世さんの事ですよね?
あの夫婦は素晴らしいですね。私もああいうご夫婦になりたいな。

49 :無名草子さん:03/07/03 12:39
昨日ブックオフ行ったら写真集があった.
おばあちゃんになってからの写真がほとんどだったけど
庶民的であまりでかくて派手な場面は少なかったなあ.

50 :無名草子さん:03/07/03 14:22
曽野綾子と違って質素な暮らしをしていたので庶民的だったと思われます
家なんかボロボロだしね。服もいつもユーカラ織りだし。
本当は裕福な暮らしも充分出来た方なのに凄いと思う

51 :無名草子さん:03/07/03 14:47
初めて北海道に旅行に行った時、ガイドさんに
「三浦さんの大ファンなんです」と話を振ったら
「あっそうですか」だけで話が終わった。
若い女に冷たいオバサンガイドだった。
当時、北海道の人はみんな三浦さんを誇りにしていると思っていた
私にとって何だか寂しい衝撃でした。

52 :無名草子さん:03/07/03 15:30
「果て遠き丘」が好き。
日本にこんなに面白い小説があるのかと思った(読んでる間は香也子にムカつ
きっぱなしだったけどw)

53 :無名草子さん:03/07/03 19:33
「果て遠き丘」いいね。面白かった「水なき雲」もよいです

54 :無名草子さん:03/07/04 21:07
いろいろ読んだんだけど 題を忘れてしまいました。
お嫁さんが ご主人の父親とほのかに怪しいのは何でしたっけ?


55 :無名草子さん:03/07/04 21:30
三浦綾子さん、大好き!

56 :無名草子さん:03/07/05 01:07
三浦綾子
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1055180275/


57 :無名草子さん:03/07/05 04:38
今年もナツイチのフェアに塩狩峠が。
椎名林檎のコメントつきで。

58 :無名草子さん:03/07/09 03:56
泥流地帯は一巻の最後で節子がけたたましく笑って、「え、なんで笑うの?」って気になって気になって続編買ったらその事に一切触れられてなくて悲しい気分になったけれど、それを差し引いてもすんごく良かった。

続編のラスト、汽車のシーンで泣いた泣いた・・


59 :無名草子さん:03/07/09 12:21
三浦さんは清く正しく美しくないから好き。

60 :山崎 渉:03/07/12 08:33
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

61 :無名草子さん:03/07/14 00:21
曽野・三浦どちらも好きだけど
>>29
>>曽野綾子は嫌い。
偉そうな事言っているくせに別荘持ったりして金持ちライフを満喫。
三浦綾子はあんな清貧生活してたのにねぇ。
人間の器が全然違う。

清貧=善 金持ちライフ=悪でつか?
嫌いなら嫌いでいいけどそんな比較の仕方って随分(ry

三浦綾子さんの亡くなった愛する人へと作った歌にうたれる。
彼を忘れられないという彼女を
その人との過去あってのあなただからと、受け入れる旦那さんにもうたれまつ。

62 :無名草子さん:03/07/14 01:43
>>61
曽野が南米でなにやったか知ってる?

63 :無名草子さん:03/07/14 08:53
29ですが。
貧しいから善、金持ちは悪だなんて安易な事を思ってません。
あなたは曽野綾子の言動や著書を読んだ事ありますか?
また三浦綾子さんの著書をどれほど読んだのでしょう。
61の考え方が理解できませんが。

まぁ私の書き方が誤解を招いたのかもしれませんが、
あなたが思っているような事は考えて事ありません。

64 :無名草子さん:03/07/14 08:55
考えて事→×
考えた事→○

です。スレ汚しですいません。

65 :無名草子さん:03/07/14 09:09
★新作がどこよりも早い!在庫多数・可愛い女の娘の卑猥画像がいっぱい★
http://d-jupiter.net

66 :無名草子さん:03/07/14 13:02
「果て遠き丘」はほんとにおもしろいよね。香也子はめちゃくちゃ性格悪いけど微妙に魅かれるわ。
短編集の「病めるときも」も好き。

67 :無名草子さん:03/07/15 00:30
>>63
あの書き方じゃそう取られても仕方ないですね。

68 :無名草子さん:03/07/15 00:41
どちらも割と読んでますよ。

>>まぁ私の書き方が誤解を招いたのかもしれませんが、
あなたが思っているような事は考えて事ありません。

じゃあ素直にこれを初めに持ってくればいいものを
発言に突っ込まれたのに腹がたって気持が伺えますよ。
御自分の書き方が誤解を招きやすいって事がそんなに認めにくかったんですか。はぁ

69 :山崎 渉:03/07/15 11:21

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

70 :無名草子さん:03/07/15 21:06
塩狩峠と泥流地帯は読んで感動したんですが、
氷点は読んだ方がいいですか?

71 :無名草子さん:03/07/15 21:53
>>70
読んだ方がいいです。陽子がかわいいです。辰子が頼もしいです。

「果て遠き丘」本屋で探したけど見つからない・・
文庫で出てる?

72 :無名草子さん:03/07/16 09:25
68って粘着だね…はあ。

73 :無名草子さん:03/07/16 09:44
>>68

あと薄汚い話題は以下で.
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1020663564/l50
曽野綾子に天罰を




74 :無名草子さん:03/07/16 17:09
>>66
わたしも「病めるときも」大好き。
最初、読む前、人からあらすじ聞いただけで、ぼろぼろ泣いた。
三浦綾子を読みはじめるきっかけになったこの短編集は、
けっこういつも持ち歩いています。

75 :70:03/07/16 20:07
>>71
言ってる事はよう分からんのですけど、読んでみる事にします。

76 :無名草子さん:03/07/17 22:07
今日、結構混んでる電車の中で泥流地帯読んでたんだけど
読んでるうちに若いのに結構混んでる電車に座ってる自分が
むしょうに情けなくなって思わず席をあけちった(・∀・)

なんかこのヒトの小説読んでるとそんな気持ちにならん?


77 :無名草子さん:03/07/17 23:17
>>76
 わかる、わかる。なんかわが身をふりかえっちゃう。
でも、漏れはすぐに忘れてしまうので、そんな自分に
また反省したりする。

78 :無名草子さん:03/07/18 01:00
>皆様

ここで三浦綾子を知りました。
すぐに『塩狩峠』を読みました。
とてもいい話で感動しました。

家の母もクリスチャンでキリスト教には凄く反発を
覚えていました。押し付けがましいのがムカツクという理由で。

読み終えた馬鹿な俺はキリスト教徒
になろうかなぐらいの勢いでした。

本当にありがとうございます!
すいません、そんだけです。



79 :無名草子さん:03/07/18 11:02
>>71
「果て遠き丘」は集英社文庫から出てるよ。黄緑の背表紙。

80 :無名草子さん:03/07/18 15:21
三浦綾子さんて、ビョークに似てると思わない?

81 :無名草子さん:03/07/18 16:23
あ、似てる・・・!!

82 :無名草子さん:03/07/18 20:09
口の形と目が似てる。
ビョークのプロモ見て綾子さんだ!と思った。

83 :無名草子さん:03/07/18 20:23
何かのエッセイで読んだけど、
綾子さんは百面相だって言われたそうな。
写っている写真が皆ちがう顔だから。

84 :無名草子さん:03/07/18 23:37
>>18
遅レスながら禿同!
私は『道ありき』で、綾子さんに魅了されました。

『氷点』『ひつじが丘』を筆頭に、どれも素晴らしい作品ばかりですが、
私的には『細川ガラシャ夫人』をイチオシします。
玉子の清らかな生き様に感動を覚えます。
そして、信長アンチになってしまいました(笑)。

85 :無名草子さん:03/07/19 13:15
>>79
買えたーー。さっそく読みます。ありがとん。

86 :無名草子さん:03/07/20 03:15
三浦綾子さんは、私の中の微妙なバランスを保ってくれる重要な人。

私が生きているのは基本的に自分のため。
自分がしっかり立ってはじめて人を支えられると思う、というのが持論だけど…。

三浦綾子さんは人々を悩みから救った。自殺志願者、死刑囚…たくさんの人。
彼女はまず自分がしっかりしてから…なんて考えなかっただろうな。
やっぱり彼女は神様に愛されて、支えられていたんだろう。
そういう生き方がこの世にあったんだという事実が私を、
「自分だけが正しい」
という落とし穴に落ちる手前で救ってくれるのであった。

ありがとう、
三浦綾子さん。


87 :39・77:03/07/20 04:20
うなづきながら読ませていただきましたよ、86さん!

「微妙なバランス」...そうなんだよな〜。
具体的なこと、何も書けなくてごめんなさい。でも、わたしの
いまの立場からするとあなたの意見、共感するというよりも
まったく同じ。ありがとう、胸のつかえをなくしてくださって。


88 :無名草子さん:03/07/20 09:59
>>85

これから読むんだ。懐かしーな。
私が初めてその本を読んだのは8年くらい前だけれど、
読みながら浮かぶ恵理子のイメージは当時の和久井映見そのものでした…。

89 :無名草子さん:03/07/21 12:08
こんなスレがあったとは!
自分も三浦綾子さんの本がすごく好きです。
まだ3分の1位しか読んでないんですが、個人的に一番インパクトの
強かったのが小説の「天北原野」です。
上下巻だったと思います、既出だったらすいません。
氷点や道ありきにもかなり衝撃を受けたけど、この話はすごいです。
読まれてない方に一番にお薦めしたい本です。
旭川の記念館にすっごく行って見たい!
あと三浦さんファンのMLって検索かけてたら偶然見つけましたが
ご存知の方いらっしゃいますか?

90 :無名草子さん:03/07/21 22:20
旭川文学記念館行きましたよー凄くよかったです。
スタッフの方に「三浦綾子さんとお会いした事ありますか?」と
聞いてみたら、その方は文学記念館ではなくて旭川の病院で会ったとの事。
ご夫婦とエレベーターに偶然乗り合わせたそうで、とても仲睦まじかったそうです。


91 :無名草子さん:03/07/22 14:17
綾子さん、好き。

92 :70:03/07/22 18:34
氷点読んでみたけど、ちょっと合わなかったかも。
でも続きがあるようなので、機会があったら読んでみようかと思います。

93 :無名草子さん:03/07/22 20:03
クリスチャンになろうとは思わないし、綾子さんの考え方に賛成できない部分もあるけど、
この人は好き。尊敬とか偉大とかの言葉ではなく、
ただ大好き。
いけませんかね。

94 :無名草子さん:03/07/23 00:49
>>93
いけなくないと思います。

作品だけでなく、作品からにじみ出る綾子さんの人柄が、多くの人に愛されているのでしょう。
私も大好きです。


95 :無名草子さん:03/07/27 15:22
塩狩峠、泥流地帯、氷点と、若いころ繰り返し読みましたが、

社会で汚れてしまった今となっては、もう怖くて読めません。



96 :無名草子さん:03/07/28 16:38
あげ

97 :無名草子さん:03/07/28 19:43
三浦綾子さんは記念館を作ってもらえた。
曽野綾子は日本財団の金で作らせそうだ。
そして自分は辞退したがどうしてもと言われて
と言いそうだ。

98 :無名草子さん:03/07/29 02:24
この人の本で、これは読んどけ!っての教えて!

99 :無名草子さん:03/07/29 09:25
道ありき。
ついでに100get。

100 :無名草子さん:03/07/29 10:14
100ゲッツ。
初心者なら氷点→羊が丘→水なき雲→残像などがいいと思います。
私見ですいません。
エッセイも読むと、かなり考えさせられますよ。

101 :無名草子さん:03/07/29 10:23
物語の面白さでなら、僕は泥流地帯、続泥流地帯が
一番良かったです。

102 :無名草子さん:03/07/29 18:48
『旧約聖書入門』『新約聖書入門」も、
キリスト教に興味がなくても、読み物としてもいいですね。
『藍色の便箋」なんかは、結婚前の女性にお奨め。

103 :無名草子さん:03/07/29 19:16
「母」が出ていないのには何か理由があるのでしょうか。
私は感動しました。
おしんの母に通じるものがあると思った。
母ちゃんてのはそゆもんかなぁ、と。

104 :無名草子さん:03/07/29 21:20
>>103さん
あの作品は、小林多喜二の「母」の話でしたでしょうか。
初めて読んだとき、あれ? ちょっと私の三浦綾子さんの
イメージとは違うなと思って、そのまま書庫に入ってます。
レスを拝見して、また読み直してみようと思いました。

105 :103:03/07/29 23:00
>>104
そうです、多喜二の母ちゃんです。
私は塩狩峠と母しか三浦作品は読んでないので、
三浦色ってのがよくわからないんですが…

106 :無名草子さん:03/07/30 00:55
掛け値なしに「果て遠き丘」が一番面白かったと思うのですが…。
逝ってよしでしょうか?

107 :無名草子さん:03/07/30 01:15
>>106
いや、私も1番面白かったのは「果て〜」です。人物、会話、旭川の描写など全て好きw
感動というか心に響いたのは「道ありき」「病めるときも」かな。
「氷点」も好きです。


















108 :無名草子さん:03/07/30 18:39
曽野綾子は嫌い。

109 :無名草子さん:03/07/31 00:39
>>106
私もイチオシです!「果て遠き丘」!!
最後の香也子の姿、笑えませんでした。
なぜか自分と重なって見えてしまって。

110 :無名草子さん:03/07/31 00:50
道ありきからずっと、綾子さんの奇跡は続いているということが、
近い未来、あきらかになるでしょう。

111 :無名草子さん:03/07/31 07:41
>>108
そいつはどうもおめでとうございますが、このスレに似合わないから他所でやってください。

112 :無名草子さん:03/07/31 15:07
>>108
あと薄汚い話題は以下で.
http://etc.2ch.net/test/read.cgi/psy/1058634547/l50
曽野綾子に天罰を part2

113 :無名草子さん:03/07/31 22:49
どうか、あの人が道を踏み外さないよう、明るい道を歩いて行けるよう、お導きください。

114 :無名草子さん:03/08/01 07:25
曽野綾子と三浦綾子さんと名前が似ている以外何か
関係があるのですか?
文学板の三浦さんスレッドでも、よく曽野綾子さんの
話題が出てきていますが。

115 :無名草子さん:03/08/01 18:53
>>114
@名前が似ている(綾子つながり)
Aクリスチャン
B女性作家
C既婚者

この程度の共通点しかないように思います。
でもこの程度の共通伝でもでも、間違える人は間違えるのでしょうね。

116 :無名草子さん:03/08/01 19:00
D曽野綾子さんの旦那さんが三浦朱門さん

まぎらわしい。。

117 :無名草子さん:03/08/01 19:13
>>116
確かに、紛らわしいですね。

118 :無名草子さん:03/08/01 20:11
三浦綾子、懐かしいねえ。
内藤洋子の「氷点」を見ました。
今は 亡き岸田森の兄さんがよかったよ。
本のほうでは「天北原野」がおすすめ。
あまり あがってないようだけれど
一番すきです。




119 :無名草子さん:03/08/01 21:39
>>118
「天北原野」は切なかったです(涙)。
作品を漢字一字で表すと『耐』ですよね!?


120 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:14
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

121 :無名草子さん:03/08/03 15:07
三浦綾子ファンは塩狩峠が好きというわけではないんですね

122 :103:03/08/03 17:23
途中まで読んで心がいたくなりました。

123 :無名草子さん:03/08/03 18:29
塩狩峠は自分的にはヒットしなかった作品だけど、世間的には
氷点に負けず劣らずの代表作ですよね。

124 :無名草子さん:03/08/03 21:14
この人のエッセイは珠玉。洞察力が尋常じゃない。

125 :無名草子さん:03/08/04 09:30
124がいい事言った!

126 :無名草子さん:03/08/04 10:13
氷点は見ててイライラするから苦手だったなぁ。
自分的には塩狩峠が一番好きです。
厨房のとき読書感想文に使わせていただきました。

127 :無名草子さん:03/08/04 13:24
「言葉の花束」と「永遠のことば」イイ!
三浦さんの珠玉の言葉が詰まってます。
毎日読んで心リフレッシュしてまつ。

三浦文学ファンの皆さんは他にはどんなの読んでいますか?
遠藤周作はマストですよね。(ちがってたらスマソ)



128 :_:03/08/04 13:26
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz06.html

129 :無名草子さん:03/08/04 18:06
マストって何??
彼はカトリックですよね。私、遠藤周作読んでる最中ですけど駄目?
でもやっぱり三浦綾子の方がピンとくるし、いい言葉が詰まっているなぁ

130 :無名草子さん:03/08/06 21:58
マスト=must
読むべき作家、という意味では?

131 :129:03/08/06 23:00
レスサンクス!
そうか、そういう意味ね。低脳でした。

132 :無名草子さん:03/08/06 23:39
氷点で最後に主人公の女に向けいう言葉
「この人は結局○○するんじゃないかな」
みたいなセリフありますよね。
あれはどういう意味かわかりますか?
読解力のない私としては、強引にテーマと結びつけた気がして
納得できなかったんですけど・・

133 :無名草子さん:03/08/10 01:53
三浦綾子ねえ、キリスト教の学校行ってて、宗教科のせんせ
が読め読めとかいってたんだけど結局、読まず終いだなあ。

村上春樹とかひたむきさや生活感の全く無い小説が好きだから
多分、性に合わないだろーなと思うと尚更。

134 :無名草子さん:03/08/10 16:12
>118タン
自分も天北原野、かなりお薦めしたい本です。
あまりメジャーじゃないのかな、上下巻だけどあっという間に
読みました。
久しぶりに読み返したいけど疲れ気味の今にはちょっときついかな・・・。

135 :無名草子さん:03/08/12 11:05
たしか渡辺J一と仲悪かったんだよね?

136 :無名草子さん:03/08/12 14:48
>>135
三浦綾子にも敵が?!

137 :無名草子さん:03/08/12 22:05
135、詳細キボンヌ!

138 :無名草子さん:03/08/12 23:53
えっ、初耳だよ。渡辺淳一どっかの書評で綾子さんのことほめてたよ。

139 :135:03/08/15 00:20
私も小耳にはさんだ程度なので、詳細はわかりません。スマソ!

140 :無名草子さん:03/08/15 12:23
誰も書かないが
8月13日放送「Matthew's Best Hit TV」にて
マシュー南こと藤井隆がモーニング娘。安倍なつみに
「氷点」を大絶賛でオススメしてました

141 :無名草子さん:03/08/15 13:02
椎名林檎と藤井隆は三浦綾子好きで知られているよね。
とくに藤井さんは氷点を必ず年に一回は読み返すとのこと。

142 :無名草子さん:03/08/15 21:05
こんな良い人がいた…その事実が今のおいらをささえている。

143 :山崎 渉:03/08/15 21:28
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

144 :山崎 渉:03/08/15 23:28
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

145 :無名草子さん:03/08/16 17:21
椎名林檎は知ってたけど、藤井隆さんも好きなんですね。
なんだか彼を見る目が少し変わりそう(えらそうでごめんなさい)。
あの人、イベントで唄う姿見ましたが目が本当キラキラしていて綺麗。
スレ違い内容でスマソ。

146 :無名草子さん:03/08/16 19:27
三浦綾子に感銘を受けて
ボランティアに行ったらしい
ようなことをどっかで聞いた。

147 :無名草子さん:03/08/19 15:57
>146さん
へぇ〜、藤井さんがですよね、すごい影響受けてるんですね。
旭川行きたいですが、旭川となると激安チケットも手に入れにくいから
当分先の話になりそうです。
でも生きてるうちに一度は是非行きたいです。

148 :無名草子さん:03/08/19 18:13
>>147 さん

是非、北海道へ遊びに来てください。待ってます。

149 :147:03/08/20 09:56
>148さま
ありがたい。



150 :無名草子さん:03/08/22 15:55
去年の夏の現国の宿題で、問題集の随想読んでで三浦綾子に興味持った。
それプラス椎名林檎のPOP見て、「塩狩峠」買ったくち。
でもすごく感動して、買ってよかったと思う。
キリスト教の学校に通ってるもんだから、聖書の講釈なんかも興味深かったし。
夏の読書感想文はこれで決まり。

151 :無名草子さん:03/08/22 22:33
ここで、フィリップ・ヤンシーの本読んでたりする人いるかな?
三浦綾子のエッセイが好きなら、彼の書籍もいけると思うんですけどね。
日本じゃマイナーだからなぁ。

152 :無名草子さん:03/08/22 23:04
>>151
フィリップ・ヤンシーの詳細キボン

153 :無名草子さん:03/08/23 07:10
>>152
アメリカのジャーナリスト兼コラムニスト。
キリスト教右派で同性愛を認めていないんだが、
同性愛者の人権のためにデモに参加したりする人。

本自体は米国キリスト教右派のために書かれてるんだが、
自戒の効いた誠実な追求が好感触。
日本ではいのちのことば社で出ている。

彼は踏まえた上で書く傾向がある上、
新刊はかなりクリスチャン向けなので、
「誰も書かなかったイエス」
「誰も知らなかった恵み」あたりがお勧め。

154 :153:03/08/23 07:13
踏まえるのは前書ね。

155 :無名草子さん:03/08/23 15:28
にゃるほどね、クリスチャンて独善的な人がたまにいるけど、綾子さんもこの人もそうじゃないんだね。
正しいと主張することが、ある人を深く傷つける時もある。

私はクリスチャンではないけれど、同性愛は正直「賛成!」とは軽く言えません。
病気のこともあるし、掲示板とか見ると欲望むきだしでSEX命!感じの人もいるし。異性間でもそういう人はいますが…。
でも本気で愛し合っている二人なら、できるかぎり認める努力はしたいと思う。

お子ちゃまな意見でごめんなさい。

156 :無名草子さん:03/08/23 21:17
もう新しい作品が読めないんだなぁ…
(´‐ω‐`)ショボボーン
「積木の箱」もオススメです。
救い様のないラスト(だったと記憶)ですが
色々と考えさせられます。

あと「氷点」度々映像化されていますが
短い時間でいつも物足りない。
やるなら昼ドラかなんかで1年くらいかけて
じっくりやってほしい。

157 :無名草子さん:03/08/23 21:21
「積み木の箱」もいいですね。
どうでもいいけれど「氷点2001」は最悪だったなぁ。
舞台を鎌倉にするなと小一時間問い詰めたかった。あれは旭川だからこそ
よかったのに。

158 :152:03/08/24 00:24
>>153

詳細ありがとうございます。
この紹介文だけでも、かなり興味を持ちました。
新刊、探してみます!


159 :無名草子さん:03/08/24 06:13
05:00 [S]こころの時代・宗教・人生[再]「人はどう生きればいいのか・
三浦綾子・思い出ノートから」

再放送をチェキラッチョ


160 :無名草子さん:03/08/26 11:27
「わが青春に出合った本」
これ最初に読んで、刺すような文章にショックを受けたなあ。
書評だけど、書いてる三浦綾子氏に一番興味を持った。
でも他にはエッセイしか読んでない…。

紹介されてる中で今、読みたいのは「天の夕顔」中川与一。

161 :無名草子さん:03/08/26 12:45
塩狩峠読んでたんだが、妙にクリスチャンがでてくるのでちょっと変だと思った。
と、思ったら主人公がキリスト教に目覚めだして、なんじゃそら!?と思った。
このスレ見て三浦綾子がキリスト教徒と知った。
読む気無くした。どうすればいい?

162 :無名草子さん:03/08/26 14:34
三浦綾子は伝道の為に執筆していると公言していた作家なので、
嫌なら読むのやめた方がいいのでは?
宗教色強いからね。そうでもない本もあるけど

163 :無名草子さん:03/09/03 02:23
あげるわよ♪

164 :無名草子さん:03/09/05 23:34
あげるぞ!
再来週 三浦光世氏の講演に行くので楽しみです。



165 :無名草子さん:03/09/06 01:59
三浦光世さんは綾子さんの夫ということで有名になったの?
それとも元々有名な人?

166 :無名草子さん:03/09/06 02:18
光世さんは元営林署の職員さん。

有名というか晩年の大半の作品は、綾子自身が筆で書いたのでは無く
光世が綾子が口に出して話したことをメモや原稿に書き写してそれを
もとに作品を作り上げていた。
二人三脚で作品を作っていたと言う事で有名になり表に出るように
なったみたい。

167 :無名草子さん :03/09/08 20:12
164さんのレポ期待あげ♪

光世さんの講演は綾子さんよりお上手だったという話もあるそうだし。


168 :無名草子さん:03/09/08 21:26
聞いてくれる方がいるならレポします。
私も初めて光世氏に会うのでドキがムネムネですた。

こんな時道産子でよかったと心から思います。

169 :そろそろおやじ:03/09/08 22:20
三浦綾子かあ。
高校生くらいの頃は、感動してたけど、この歳になるともう全然感動しないなあ。
いいと思った小説は「氷点」くらい。

・・・「積み木の箱」? あれは駄作だよ。
主人公の少年が、同居している女性の立場にずっと気づかずにいるなんて、
ありえないことだ。
この歳になって思い返してみると、三浦の小説は設定や人物描写に
無理がありすぎるんだよ。常識ではありえない部分が多くある。
三浦綾子が、各種の文学賞と全く縁が無かった理由がよくわかるね。

170 :無名草子さん:03/09/08 23:11
 三浦作品は確かに時々「ハァ?」っていう駄作があるんだよな。たぶん、三浦綾子氏は書き始めのとき、プロットを綿密に組んでないと思うのよ。テーゼと初期設定だけを決めていきなり書き始めてるような印象をどの作品からも受ける。
 だから、うまくいったときとそうでないときの差がものすごく激しい。
「積み木の箱」「果て遠き丘」は失敗作だとオリは思いますた。
 けど「氷点」「塩狩峠」「泥流地帯」「天北原野」「道ありき」は掛け値なしに傑作だと思う。
 ま、評価は人それぞれやけどね。

171 :無名草子さん:03/09/10 20:18
164さん期待age

172 :無名草子さん:03/09/13 01:21
氷点読んでるんだけど。
漏れの親戚に娘殺された人いるんだが、
絶対啓造のような行動とれない。ありえない。ありえない。
軽率にこんな物語作りやがって・・・と憤りを感じながらも読み続けてる。
まんまと三浦さんの術中にはまってる自分がいるわけだが。

173 :無名草子さん:03/09/15 20:09
椎名林檎 推薦あげ

174 :無名草子さん:03/09/15 20:18
椎名林檎
推薦あげ

175 :無名草子さん:03/09/15 20:20










176 :無名草子さん:03/09/15 22:32
若いとき、必死で読んだけど・・・・。
もうだめ。
つまんない。
暗いし。

177 :164:03/09/16 01:26
あ、あの話の流れを変えて申し訳ないのですが、ついに明日講演会です。
タイトルは「三浦綾子と生きた40年間〜愛と光と生きる事〜」です。
レポした方がいいんでしょうか…
最近アンチのカキコもあるみたいだし…悩みます。

178 :無名草子さん:03/09/16 01:43
アンチってほどじゃないから
よかよ

179 :無名草子さん:03/09/16 09:51
亡くなった後も、ご主人が奥さんの名前で食べていけるなんてすごい。

180 :アレット ◆e9Y0xoglUM :03/09/16 18:25
「塩狩峠」、「泥流地帯」
この二つは三浦綾子さんらしい、心が洗われるような感動作だね。

あとは誰も知らないだろうけど、「広き迷路」。これはサスペンス。
現代社会の問題点を巧みにストーリーの中に挿入している。
暗い話だけど、読む価値はある。

181 :164:03/09/16 22:34
講演会行ってきました!素晴らしかったです。
道ありきの朗読会があり、その後光世氏の講演会があったのですが、
光世氏のお人柄が出ている、心温まる講演会でした。

三浦綾子さんとの出会いの裏エピソード、氷点を書くまでのエピソード、
「氷点」のタイトルを決めたエピソード。
(ちなみに凍えるような氷点下の日に光世氏が小説のタイトルは氷点なんてどう?
 と提案したら綾子さんが絶賛して「さすが光世さんね!素敵!」と
 決めたそうです。氷点を書いたのは冬で、当時三浦家は掘建て小屋(失礼)に
 住んでいたので、インクが凍り、万年筆で氷を崩しながら書き上げて
 まさに氷点という作品にピッタリの状態で書いたそうです)

最後のサイン会で勇気を出して光世氏に「失礼ですが握手をして頂けますか?」と
言ったら、優しい菩薩の様な微笑みで手を差し伸べてくれました。

大感激でした。

182 :無名草子さん:03/09/16 23:00
いいなあー。
この殺伐とした世の中綾子さん(は天国ですが)や光世さんみたいな人がいると思うと
希望がわくよー。

183 :無名草子さん:03/09/16 23:59
>>181
いいなあ・・・・・
行きたかったなあ・・・・・
けど情報も旅費も不足してて行けなかったのさ・・・・・

光世氏のご健勝をお祈りいたします。
いつか旭川行くぞ!!

184 :無名草子さん:03/09/17 00:11
三浦綾子氏の作品
亡くなる20年ぐらい前から口述筆記で書かれている作品が大半。
特に晩年はほとんどそうでした。
(綾子氏が語り光世さんが書き留める。)
しかも時間の制限があったためか、推敲等もほとんどせずに
原稿を編集者にわたしていた。
そのため前後の脈絡に多少の違和感があっても放置されていたらしい・・

185 :無名草子さん:03/09/17 00:40
164さんレポありがとうです!
確かに『氷点』は名題ですよね。

綾子さんとの出会いの裏エピソードも、興味あります
もし差し支えなければ教えてください〜

『難病日記』を読むと、かなりギリギリの状態で執筆
(というか、口述筆記か)していた様子ですね


186 :無名草子さん:03/09/17 07:29
先生!質問です!椎名林檎ちゃんはどんな感じに綾子さんが好きなんでつか?
ブランキーの浅井健一好きで綾子さん好きってのがしっくりこない。

そういう俺はブランキーも三浦綾子さんも大好きだけど。


187 :無名草子さん:03/09/17 11:01
椎名林檎の三浦綾子への心酔は有名だけど。
全カルチャーにおいて多大な影響を受けている
とか

三浦綾子さんみたいに一所懸命生きたい
とか



188 :無名草子さん:03/09/17 11:18
ほう

189 :そろそろおやじ:03/09/17 21:41
椎名林檎、今までの人生で読んだ小説は「氷点」だけじゃないのか(笑

三浦綾子は、10代でなければ読めない小説だな。
30代以上になると、もう粗が目について、まともに読んでられない。

190 :無名草子さん:03/09/18 00:52
どうだろう
人それぞれですね

191 :無名草子さん:03/09/18 00:53
リンゴが読んだのはしおかりとうげなり

192 :164:03/09/19 00:04
>>185 さん

裏エピソードというか、初めて会った時綾子さんが「聖書を読んで下さい」と
言ったのに対して、光世氏が「天国は素晴らしい」という箇所を読み、
「賛美歌を歌ってください」と頼んだら、葬式でよく使われる讃美歌を
歌ってしまい、後で考えてみたら当時治る見込みもない綾子さんに対して
ことごとく無礼なセレクトをしてしまった、と笑っていました。

綾子さんも「光世さんって変な人…」と思ったそうです。

他にも沢山楽しい話があるんですが、長くなるのでこれで終わります。
とにかく、とてもユーモアのセンスがある人で
会場は笑いに包まれていましたよ。

193 :無名草子さん:03/09/23 01:32
>164さん
お礼が少々遅くなりごめんなさい。裏
エピソード、ありがとうございます!
確かに『道ありき』でそう書いてありましたね。
会場の笑い、あったかい笑いだったんでしょうね。
こちらまでほのぼのとした気分になれました。

194 :無名草子さん:03/09/23 15:45
黒木瞳主演で「道ありき」映画化の話が出ていたけど、去年かな、
あれどうなったんやろ。

195 :無名草子さん:03/09/23 23:10
中止や延期の話は聞かないから
ポシャってはいないとは思うけど。
もともと広報して採算とる映画じゃないしね。

本格的に動くのは「ふうけもん」撮った後か?
いや、キリスト教会が。



196 :無名草子さん:03/09/29 10:47
星占いで綾子さんと旦那さんの相性見たけど、深い縁みたいだよ。

197 :無名草子さん:03/10/03 17:29
定期age

198 :無名草子さん:03/10/07 02:30
三浦綾子さんのスレあるんやーーーー。
嬉しいのでageちゃう。

199 :無名草子さん:03/10/10 14:47
道ありきの映画化は
まだその時期ではないということで
見送られたらすぃー。

200 :無名草子さん:03/10/10 14:48
ついでに200ゲッツ。

201 :無名草子さん:03/10/14 10:29
ちいろば先生物語がおもしろい。

202 :無名草子さん :03/10/16 20:39
>>199
まだ存命中の人がいらっしゃるからかしらー

203 :無名草子さん:03/10/20 20:19
天北原野を読み始めました。

204 :無名草子さん:03/10/25 22:09
私も初めて読んだのが天北原野でした。
それまで読んできた小説は、やられたらやり返すという物であり
いかに痛快にやり返すというのが、おもしろさの基準でした。
それとは180度違う三浦文学は戸惑うばかりでした。
読んでる途中口惜しい思いをしたり、イライラしたものです。
何冊か読むうち、ようやくこれがキリスト教の教えであり
三浦文学の神髄だと気づきました。
気づいてもできるものではありません。
自分の中でベストは泥流地帯ですが、宮本武蔵を読んで武蔵に近づくよりも
拓一の心境を目指す方が難しいのではと思ったものです。

205 :無名草子さん:03/10/26 00:40
>>204
>宮本武蔵を読んで武蔵に近づくよりも拓一の心境を目指す方が難しい

無性に納得

206 :無名草子さん:03/10/26 20:38
あげるぞ!

207 :無名草子さん:03/10/27 02:08
三浦綾子さんのスレがあったなんて感激です!

『氷点』から読み始め、すごく読みやすい文体の方だと思って『塩狩峠』を読んだんですが
あれは本当に良作ですね。本を読んで泣いたのは初めてです。
あとは『羊が丘』と『細川ガラシャ夫人』が大好きです。
『羊が丘』の方は短いですし、まだ読んでない方には是非読んでいただきたいです。

ところで『銃口』はまだ文庫化されてないのでしょうか。
一度借りて読んだのですが、文庫が出てるなら買いたいと思いまして…
ご存知の方いましたら教えていただけると嬉しいです。

208 :無名草子さん:03/10/27 18:13
>>207
文庫化されていますよ。
上下巻の二冊です。
出版社は・・・・・学研でしたっけ?

209 :無名草子さん:03/10/27 21:16
氷点読んだけど、まぁ、それなり?
ドラマにした方が面白いだろうなぁというのと、
罪だとかなんだとか考えるきっかけになる人はなるかな、と。
取り立ててどうこういうものじゃなかったよ…

210 :無名草子さん:03/10/31 15:06
>>209
同じく。
恐らくその時の立場とか気分で感じ方が変わるのでは? と思う。

211 :無名草子さん:03/11/01 00:10
>208
あ、出てたんですか!
ありがとうございます、早速買いにいってきます。

212 :無名草子さん:03/11/08 22:05
三浦綾子スレなんとなく探したらあった!

小〜中学の頃貪るように読んでたけど
時間が経って見たら(つっても5年くらいですが)
何処が良いんだろうってのもけっこうありました
たまにおしつけがましすぎる気がするし
でも「泥流地帯」「果て遠き丘」「塩狩峠」「天北原野」は今も大好きっす

>>209
最近ドラマ化されてましたよ
禿藁ものでしたが

213 :無名草子さん:03/11/09 11:09
氷点2001…でしたっけ。ドラマはおかしかったですねw
陽子出生の秘密を手紙ならいざ知らずメールで告白しようとしたのには萎えました。
昔放映した映画の方がまだマシな気がしました。
役者さんのイメージが大分違いましたけどね。

214 :無名草子さん:03/11/10 19:02
メールね、あれは笑ったwしかも完全な現代リメイクじゃなく
言葉遣いとかはそのままでやろうとするからw
それプラス陽子視点にもならないので違和感ありありのやな子にすら見えたよ
佐石の娘じゃないってのもあのラストには必要あったのだろうか

215 :無名草子さん:03/11/10 23:48
大学1年の頃、朝日新聞で三浦綾子さんが亡くなったという記事を読み、
何だか興味を持って『氷点』から読み始めました。
三浦さんいうところの「子供ならではの潔癖さ」を持つ私は
たまに軽い性的描写(というほどのものではないかもしれないけど)や
男女関係のあれこれにちょっと嫌悪しつつも
(私が読む限りではほとんど必ず浮気とか売春のようなものとか
 レイプまがいのような設定が出て来ますから)
何だか面白いな?と思って何作品か読みました。

特に好きなのは子供の描き方(すごくかわいく愛しく無垢なものに思える)や
食べ物・料理や女性の仕種などの描き方ですかね。
何か、昭和の日本らしさみたいなのを感じて「いいな?」と思う。

設定とかつっこみたくなるのは、多分三浦さんの生涯の作家としてのテーマが
『人間の原罪』というのにあったからだと思います。
そういうのを描くには、実の姉と思っていた女性が父親の妾だったとか
自分の娘を殺した犯人の子供を、妻の浮気の代償として養子にしたりとか、
そういう設定にした方が
読者には分りやすいんじゃないかって思ってたんじゃないかな。
人間の醜い部分を描く上で。と思ったんですけどね。

216 :無名草子さん:03/11/11 08:45
↑神

217 :無名草子さん:03/11/17 20:07
手塚治虫さんも聖書入門かいてみえたような。

218 :無名草子さん:03/11/23 20:54
母がすきだったらしく、家に10冊ほどあります。
氷点のタイトルを吸い取られるように手にとって読んで以来、三浦作品
のとりこになってしまいました。
それ以来。果て遠き丘、羊が丘、死の彼方までも、毒麦の季、細川ガラシャ、
塩狩峠、道ありきなど読みました。
ここに出てないのが不思議なんだけど毒麦の季の「壁の声」を
なんどもなんども読み返しているんだけど、ほんとに心にドっときますよ。
学校に結構あるからもっと読みマース。

219 :無名草子さん:03/11/27 03:38
>>184
遅い質問なんですけど、裏エピソードというか、口述になって推敲あんまりせずに
 渡していた・・ていうはなしの詳細希望です。
>>218
 私も壁の声はドッときました。
 毒麦の季は辛い話が多いですね。

220 :無名草子さん:03/11/27 18:14
ひつじが丘読んだけど、ダメだった。


221 :無名草子さん:03/11/28 10:25
>220
駄目男のことですか?駄目男の妹?それとも先生?
……ひつじが丘って考えたら駄目人間率高いですね。
個人的に良一の駄目っぷりは好きなんですが。

222 :gonta:03/11/28 23:17
11月30日の三浦綾子フェスティバル、友達が急にいけなくなって、
チケットが一枚あまりました。
どなたかほしい方いらっしゃいませんか?
あさってだから直接渡すことになると思います。
ディナーパーティーもあるのですが、それには友達が参加できそうなので、
お譲りはできませんが。
いらっしゃればメールください。
いちお2chなので、捨てメールアドレスです・・。

223 :gonta:03/11/28 23:55
ちなみに行けなくなった友達は、日曜日は「母」の演劇と
三浦光世さんの「母創作秘話」の講演であることを知らなかった
からです。というのは、その友人は『母』の小説を読んで凹んで
しまったことがあるからだと言っていました。凹む内容なんでしょうか?
僕はまだ読んでませんけど。
僕は『道ありき』が一番好きです。


224 :無名草子さん:03/12/03 01:54
第一回三浦綾子フェスティバルどうだった?

225 :無名草子さん:03/12/05 03:16
三浦作品は哀しい結末が多いのに皆感動する。
何故だろうか?(塩狩峠や、母など)
この現代、こんな話もないからだろうか。



226 :無名草子さん:03/12/05 03:30
ていうか別に感動しない。

227 :無名草子さん:03/12/06 01:48
>>221
僕も良一の駄目っぷりは好きでした。
それよりも、改心してるのに許そうとしない奈緒美の性格に
腹が立ちました。

228 :無名草子さん:03/12/07 01:27
三浦さんのって以外とドラマ化とか映画化されてないような気が・・・。
果て遠き丘だったら
保子・・・大竹しのぶ
ツネ・・・菅井きん
かな?あとは思い浮かばん。

229 : :03/12/07 12:48
「氷点」今さらながら初読み完了しますた。
涙どばあーですた。

夏枝おばさんがいい味だしてて陽子タン引き立ててますね。

啓造・夏枝夫婦から徹くんのような子が出来るものなんでしょうか、、、
そういえば「続氷点」もでてましたね。
ああ、読みたくてたまらなくなってきますた。。。

230 :無名草子さん:03/12/10 22:38
今、天北原野を読んでいるんだけど、
完治が吹雪の中に遭難したところで、「このまま死んでくれっ!」って切に願ってしまった。

で、結局生き残ってしまった完治にまた憤りを感じてしまっているわけで、
平気で人の不幸を願ってしまう自分は、我ながら醜い人間だなぁなんて思うけど、
善因善果はまだしも、悪因悪果を求めない心なんてホントにありえるんだろうか。

しかしこの小説は…
貴乃さんが完治に抱かれるたびに汚(けが)されていくような気がして、読むのが辛くなってきたよ。

231 :無名草子さん:03/12/12 19:58
>>186
遅レスだが、オレも浅井健一が好きで三浦綾子作品も好きだな。
塩狩峠とか泥流地帯とか良かった。まあ、ベンジーと三浦綾子さんは人間と
してお互い対極に位置すると思うけど、その両極端に惹かれるのかも。
泥流地帯を読んだ後、鉄の月とかスウィートデイズとか聞くとね・・・・

椎名林檎は好きじゃないけどね。

232 :無名草子さん:03/12/15 12:21
三浦さんの小説に出てくる女性って
手塚治虫の漫画に出てくる女性とぴったりなんですが。

233 :無名草子さん:03/12/15 13:57
女性といってもたくさん出てくるんだが・・。
だれのことよ?

あと漫画の方も

234 :無名草子さん:03/12/15 22:12
シンクロー! 私も三浦綾子さんと手塚治虫さんて なんとなくイメージ似てるな、と思ってたとこ。

235 :無名草子さん:03/12/15 22:14
シンクロー! 私も三浦綾子さんと手塚治虫さんて なんとなくイメージ似てるな、と思ってたとこ。

236 :無名草子さん:03/12/15 22:16
ありゃごめん。

237 :232:03/12/16 18:54
なんかぼんやりと・・・。
例えばブラックジャックに出てくる悩みを持っている伏し目がちな女性とか
高慢ちきな女性とかなんかぴったりくる。
全部が全部ってわけじゃないけど。

238 :無名草子さん:03/12/16 18:59
>>230
願った願ったw
良い人ばかり死ぬんだよね。
弥江タソが死ぬなんて…

239 :無名草子さん:03/12/27 20:49
もう10日もカキコなかったんね あげ!

240 :無名草子さん:03/12/28 16:21
三浦綾子さんが英語で翻訳された本って
氷点と塩狩峠だけ??

241 :無名草子さん:03/12/29 18:39
お〜、三浦スレがあったとは。
卒論にまで書いてしまいました。
「残像」「続泥流地帯」「病める時も」「天北原野」、時分の中で救いのないものを
選りすぐって、共通点などを絡めて書きました。
でもこの中で自分で持っている&繰り返し読むのは「病める時も」くらい。
「天北原野」は封印しました。辛すぎる…。
「病める時も」は、昨今のデキ婚→すぐ離婚のDQNに諭したい。
何より自分自身に「結婚」というものについて考えさせられます。
しかしこの方、作家の中では異端というか、何かタブーでもあるのでしょうか?
以前国語の講師をしてたのですが、「便覧」というカラーの参考書のようなものがありますよね。
あれの「現代作家一覧」に、どの出版社のも出てないのですよ。赤川次郎でも載る時代なのに。
文学賞はとっていないけど、中高生に読ませたい&読書感想文書きやすい作品ばかりなのに、なぜだろう?

242 :無名草子さん:03/12/29 18:47
この人って
「私の父はクリスチャンで戦争で人を殺してないのよ」
みたいな事言ってた人とは違うよね?
名前似てる人でそんなこと言ってた人がいたような気が・・・
父にすすめられて道ありき読んでます

243 :241:03/12/29 18:48
あと、私も「果て遠き丘」好きです。
パウンドケーキ盗んだり、最高(笑)。
ああいう、底意地悪い人物描写上手いと思う。
椎名林檎が三浦綾子好きだったとは初めて知りました。
椎名林檎も好きなのに。

なんとなくだけど、長谷川町子さんと対談してほしかったなあ。
あの人は、おうちがクリスチャンだけど、自分は教会嫌いなんですよね。

三浦さんと殆ど誕生日が変わらないので親近感を覚えますが、何型だったんだろう。

真面目すぎて面白すぎな箇所ありますよね。
「人は三浦よりも私の方が歌えそうだと思うようだが、私はハトポッポも歌えはしない」
とか
「“私は悪人である”と書いて天井に貼った」とか。

244 :241:03/12/29 18:54
>>242
三浦さんの家族(旧姓堀田)にはクリスチャンはいなかったと思うので人違いかと。
道ありき3部作はどれも好きだけど、「この土の器をも」が一番読んでるかも。
時分は公務員家庭なので、商売とはああいうふうにするのかー、と
読んでて面白かった。

真面目すぎて面白いの、もうひとつ思い出した。
エッセイに、教師時代の同僚の描写で
「彼女には変な癖があった。男性の同僚の前では身をくねらせるのである」、
大笑いしました。



245 :無名草子さん:03/12/29 18:54
韓国では、日本人でもっとも
読まれている作家と聞いたことがある。
『氷点』の影響で、川端の『雪国』の舞台
を北海道と勘違いしているひとが多いとか。
クリスチャンが多いというのが一つの理由らしい。


246 :無名草子さん:03/12/29 20:56
何の理由?

247 :無名草子さん:03/12/29 23:59
>>241
続泥流地帯
次に読む本ってことで買ってきたんだが・・
救いがないのか・・

気持が重くなってきた。

248 :無名草子さん:03/12/30 07:47
>>246
三浦綾子の作品は、キリスト教の影響が
色濃いから、クリスチャンの多い韓国で受けるという意味です。
書き方が悪くて、雪国と北海道を間違えるという理由
としてキリスト教があるみたいな風になってしまいました。


249 :無名草子さん:03/12/31 15:23
続泥流地帯ってむちゃくちゃハッピーエンドだったと思ってたんだけど
自分が読んだ中で唯一さわやかに終わってくれた話

250 :無名草子さん:04/01/01 10:26
 「泥流地帯」読了。

 耕作が35銭を落としたところ、権太が「おれたち、5銭ずつ貸してやっから」
と皆で5銭ずつ出してあげた。福子も5銭出したが、福子が5銭玉1枚しか
持っていなかったことを誰も知らなかった。

というところで、不覚にも泣きそうになった。
 その後、福子は女郎屋に売られ、権太は泥流で死に・・・

 今、「続」を読んでいるところ。


251 :無名草子さん:04/01/01 10:30
         ,.-'''"-─ `ー,--─'''''''''''i-、,,
       ./        /::::::::::::::::::::::!,,  \
      - i ,'        i:::::::::::::::::::::;ノ ヽ-、,,/''ー'''"7
     ( `|          |:::::::::::::::::::::}     ``ー''"
     `'' !       '、:::::::::::::::::::i
       !       '、:::::::::::::::::::i
       '、 `-=''''フ'ー''ヽ、::::::::::/ヽ、-─-、,,-'''ヽ 
        \_/     ヽ--く   _,,,..--┴-、 ヽ
 34歳                ``"      \>
 去年まで横綱だった
 オナニーは床派
 マジおすすめ


252 :無名草子さん:04/01/01 21:37
>>250
ばか!!!!!なんでネタバレみたいなことするの!!!!!?
ていうかなんなの?もうあpしrdげわsdjzmcx

253 :無名草子さん:04/01/02 02:17
>>252
 ネタバレって・・・


254 :無名草子さん:04/01/02 23:44
もちつけw

255 :無名草子さん:04/01/03 18:09
 「続泥流地帯」読了。
 何か悪いことが起きるのは,かつて悪いことをした報いなのか。
 逆に,何かいいことをすれば,それに対する褒美が与えられるのか。
 このテーマを,やや図式主義的に描いた小説ということができるか。

 しかし思うのだが,福子が好きだったのは,拓一だったのだろうか,
それとも耕作だったのだろうか?


256 :無名草子さん:04/01/03 18:43
小学生の頃は夢中で何編か読めたのだが、
最近読み返すと、ギャグ???
もう読んでられない。

257 :無名草子さん:04/01/05 20:52
ギャグはないだろ・・・。

258 :無名草子さん:04/01/06 06:18
クリスチャンと非クリスチャンを比べて前者が優れているかのような
発言をなさっている方が散見されますが、イエスの言う
無条件の愛はそうした区別を超越しているものではないでしょうか?

 人を比較して楽しいですか?観念の世界から出てこれない
人たちよ。

259 :無名草子さん:04/01/06 06:20
善悪の確固たる定義はありません。あると言い張りたいのはわかりますがね。

無数の定義はありますが、確固たるものはありませんよ。

260 :無名草子さん:04/01/06 12:00
このスレ見て、10数年ぶりに三浦さんの本読んだ。千利休とその妻たちなんだけど、この人の歴史物いいよね〜秀吉の描き方がよかった。

261 :無名草子さん:04/01/07 00:26
>>258
あなたも、人を揶揄して楽しいですか?

262 :無名草子さん:04/01/07 00:42
>>261
 痛いところを突かれて、キレましたか?

263 :無名草子さん:04/01/07 09:32
クリスチャンなのに人を差別するとは流石だよな
          ∧_∧
    ∧_∧  (´<_`  ) ホントそうだよな兄者
   ( ´_ゝ`) /   ⌒i 
   /   \     | |  
  /    / ̄ ̄ ̄ ̄/ |
__(__ニつ/Pentium4/ .| .|____
    \/____/ (u ⊃


264 :無名草子さん:04/01/07 10:22
藻前ら もちつけー

265 :無名草子さん:04/01/07 19:29
>>258

258さん、あなたは勘違いされてると思いますよ。
誰もクリスチャンの方が優れているなどとは言っていないでしょう。
三浦綾子さんは優れた作家だった。三浦さんを尊敬する愛読者は多い。その三浦さんは
クリスチャンだった。三浦さんは生きる意義を信仰に求めた。多くの愛読者は信仰を持つ
ことの良い面を三浦さんを通して認知した。と、いうことでしょう。

258さん、あまり他の人の書き込みを観念的に読まない方がよいと思います。

266 :無名草子さん:04/01/07 20:22
「道ありき」を読んで、ダラダラといつまでたっても治らなかった鬱病が、
スッキリと治りました。。。

しかし、正さんにしろ、光世さんにしろ・・・
あんなにすばらしい男性に次から次へと愛されて・・
やはり最高にすばらしい女性だったんだろうナァと・・・。
綾子さんにお会いしてみたかった・・。(見るだけでもいい!)

綾子さんが亡くなった年は、知ってるつもり!?とかで
綾子さんの一生を紹介してましたよね・・
光世さんがすっかり年を取ってて、
でも温厚な素敵な顔のおじいさんになっていらっしゃいました。
一人で、どんな風に生活されてるのかなぁ・・・

267 :無名草子さん:04/01/07 23:47
>>266
スッキリされてよかったですね。三浦文学にはそういう力があるのかもしれませんね。
三浦家にはずっとお手伝いさんがいらして、その方は綾子先生が逝去される前に
亡くなってしまって、今は他の方がお手伝いされていると思います。
当時、立て続けに亡くなられたので光世先生のことが心配でしたが、心配いらないくらい
しっかりされているようでしたので安心しました。人間がちがいますね。
最近は知りませんが、一人になられてからは講演活動をされてました。
あと、記念館関係の仕事も精力的にされていましたね。
光世先生は歌人ですが歌を歌ってもたいへん上手です。字も綺麗です。
光世先生の歌に合わせて妙な踊りを踊っていた綾子さんが懐かしいです。

268 :無名草子さん:04/01/08 01:06
>>267 近くに住んでいらしたのですか?

269 :無名草子さん:04/01/08 02:08
>>265
>>29 >>31 >>32
 全ての人が存在していてよいなら、差別発言をやめないと
 筋が通りませんよ。

270 :266:04/01/08 20:26
>>267
もっと色々なお話を聞かせていただきたいです!
綾子さんが変な踊りを??w

実は「道ありき」という一冊の本で
今の夫とインターネット上で知り合い盛り上がり、
共感しあい、結婚しました。。。
綾子さんは、私たち夫婦を結びつけてくれた、本当に本当に
なんでしょう・・神様のような人です。。
267さんは、綾子さんの近くにいらっしゃった方なんでしょうか?

271 :無名草子さん:04/01/08 20:33
塩狩峠って実話だよね?
偽善的だけどおもしろかった。
でもこれ厨房のとき読んだからなぁ・・・今読んだら嫌悪感抱くかも

272 :無名草子さん:04/01/08 22:41
塩狩峠の主人公の行動の時にはさめてたが、
その後の待つ側の描写が好きだった。

273 :無名草子さん:04/01/08 22:57
>>270
いえいえ、近くに住んでいるわけではありません。
少し面識があるだけです。一愛読者にすぎません。
綾子さんの踊りは変と言うよりも、独特な舞という感じです。
ドキュメンタリーのビデオが二本ほど出てますので見てみてください。
最近見てないので踊ってる場面があったかどうか忘れてしまいましたが、
一応タイトルを書いておきます。
『祈りと執筆の日々』
『むなしさの果てに』
両方ともライフ企画(いのちとことば社伝道グループ)より出ています。
旭川の記念館に行けば確実にあると思います。
あと、光世先生の歌と綾子さんの朗読などが入っているCDとテープもありますが、
これは光世先生に送っていただいたものなので売っているかどうかは分かりません。
綾子さんの本が縁で結婚されたということでしたら、一度旭川を訪れてみてはいかがですか。
光世先生にアポイントが取れれば会えると思います。喜ばれると思いますよ。
光世先生は昨年はアメリカで講演されたようです。海外にも愛読者がいるんですね。
私はこの掲示板をちょっと覗きにきただけですのでもう書き込みはしませんが、
ファンサイトなどの方で情報交換されるともっといろんな話が聞けると思いますよ。


274 :無名草子さん:04/01/08 23:17
三浦綾子さんの小説に出会ってからキリストってなんだろう・・・?
と思うようになり、塩狩峠を読んだ時はまだ「へぇ」ぐらいしか思ってなかったけど
その後短編を読んだりしてからキリスト教への興味が深まり、細川ガラシャ夫人や
道ありき、愛の鬼才を読んでから居ても立ってもいられなくなりました。
まだ礼拝とか行ってないけどキリスト教に出会わせてくれた三浦さんに感謝です。

275 :無名草子さん:04/01/09 09:53
>>273

私は北海道在住だけれど、アポイントを取ったとしても三浦光世氏にしてみれば
読者なんて見ず知らずの人間だし、家に押しかけるのは無礼だと思っていたが…
それとも記念館に連絡を取って会えって意味なのかな?
彼はそんなに暇人ではなさそうだけれど…

276 :270:04/01/09 16:03
>>273さん
事細かに色々と教えてくださってありがとうございます。
旭川の記念館は、ぜひ二人で訪れたいと思っています。
ですが275さんも仰るように、お会いするなどと言うことは気が引けます。
光世さんを目の前にしたら、卒倒してしまうと思いますし。
とにかく「道ありき」は、本当にすばらしい。。
暖かくなったら、夫婦で北海道に行きたいナァ・・。

277 :無名草子さん:04/01/09 22:33
>>275>>276
もう書き込みはしないと言いましたが最後に返事を。
275さんのおっしゃるように家に押しかけるのは無礼ですね。常識として。
綾子さんのご存命の時(記念館が出来る前)は、きちんと礼を尽くして、タイミング
が合って(執筆時でない時や体調のいい時)アポイントが取れれば面会できる機会は
あったと思います。もしかしたら秘書(お手伝いさん)の方が相手を見て判断してい
たのかもしれません。運によるところがあったかも。
しかし、お二人が読者をとても大事にされているのはよくわかります。
一つ紹介すると、
晩年のパーキンソンの時にでも綾子さんは文庫本に小さく震えた字でサインしてくれま
した。こちらから頼んだわけではないのですが光世先生が、
「綾子、書いてあげなさい」と言って文庫本まで持ってきてくれて書いてくださいまし
た。そして難病の時にでもユーモアを忘れない綾子さんには人間としての底力を見るよ
うな気持ちがしました。最後はタクシーが見えなくなるまで秘書の方と3人で見送って
いただき、お見舞いに行ったこちらが勇気づけらて帰りの飛行機に乗って帰るといった
感じでした。綾子さんに会ったことのある人は何か忘れられない思い出があると思います。

HPを見たら、記念館で光世先生が講演をされるスケジュールが載っていますので
旅行される場合は参考にされるといいと思いますよ。
276さんのように夫婦で行かれるととっても喜ばれると思います。
ご高齢ですが背筋がスッと伸びていて、しっかりした手に驚くと思います。
綾子さんを支えつづけた手ですからね。握手してもらって旦那様によく憶えておく
ように言うといいかもしれません。(^^)では。

記念館
http://www.eolas.co.jp/hokkaido/hyouten/

278 :無名草子さん:04/01/09 23:28
275です。
私も270さんには是非、北海道へ来て頂きたいです。5月から6月の北海道はとても
過ごしやすく、気持ちがいいですよ。
でも、やはりアポイントが取れたとしても記念館に行くだけに
気持ちを留めておいた方が無難かと思います。
277さんは、とても良くして頂いたと思いますが、やはり相手はご老体ですし
無理に気遣わせるのはお気の毒かと…。

全て私見なので、こんな意見もあるという感じで考えてください。

279 :無名草子さん:04/01/09 23:54
>>278
277です。275さん、言葉足らずでした。私は記念館の講演会に行かれたら光世先生に
お会いできるということで、そちらをお勧めしたつもりです。

北海道は本当にいいところですね。作品の舞台もたくさんありますし、私もまた
行きます。年に一回のお参りのようになったりして…。では、ごきげんよう。

280 :無名草子さん:04/01/10 22:43
>>258 >>259 >>262 >>263 >>269

の不愉快な書き込みをした者です。数日経った今読み返すと、
まことにお恥ずかしい限りです。ごめんなさい。謝罪いたします。

 こんな私ですが、三浦綾子の「道ありき」3部作と「天北原野」。
「積木の箱」を手に入れてきて、「道ありき」を中心に読んでいます。
今更、言えた義理ではないですが、どうかよろしければお仲間に
入れていただけないでしょうか?

281 :無名草子さん:04/01/11 04:24
なんじゃそりゃ!

282 :無名草子さん:04/01/14 12:56
三浦さんの本は何回読んでもいいですね。
違う発見があります。
それにしても多作家だ。天才だったんだろうな。


283 :無名草子さん:04/01/15 18:56
石ころのうた、読み始めました。

284 :無名草子さん:04/01/17 12:57
最近、通勤時間を利用して氷点を再読しているのですが、
うーん、おもしろいなあ!あんまり古臭さを感じないですよ。
方便やら時代設定があれなのに、不思議。
初めて読んだのは厨房で、もうひらすら陽子がかわいそうでけなげで、
何度泣いたことか。
なのに今読んでみると、継母ちゅうのは憎たらしいなあとしか思えなかった
夏枝さんの気持ちもわかるようになってしまい、自分意地悪く成長して
しまったにね、とちょっと複雑な心境・・・
つい地下鉄乗り過ごしそうになったりしてたいへんだけど、氷点最高!

285 :無名草子さん:04/01/22 15:20
テレビ番組の「笑点」って立川談志が「氷点」をもじって作ったんだよね。
関係無い話ですまそ。

286 :無名草子さん:04/01/27 20:38
この人の作品は100年後も残ると思う。

287 :無名草子さん:04/01/27 23:15
三浦綾子さんの作品は、たしかに古めかしさを感じさせませんね。
特に『果て遠き丘』なんて、今読んでも新鮮な感覚で読めますし。
すごいと思う。


288 :無名草子さん:04/01/28 13:59
ドラマ化すればいいのにね。
多分高視聴率とるかも。でもNHKとかね。
氷点2001は怒りでした。

289 :無名草子さん:04/01/28 23:43
ドラマ化もいいけど映画化してほしいな。
作品を深く理解できる監督と本当に実力のある俳優で。
でも、日本映画って重々しくなるから観るのしんどそう。
ハリウッドで作ってくれないかな。

290 :無名草子さん:04/01/29 16:45
知人にこの人の血縁がいる

291 :無名草子さん :04/02/01 06:04
釈迢空の詩で「病んでいなければ、わたしは人間ですらありえない」
というようなのがありますね。
綾子さんそのものだと思います。

292 :無名草子さん:04/02/04 23:28
定期あげらわのよ

293 :無名草子さん:04/02/08 17:13
このスレでは「果て遠き丘」が評判のようですね。
読んでみます。

294 :無名草子さん:04/02/08 20:59
氷点か続氷点のなかに夏枝が陽子に買ってきたブラウスかスカートをなかなか
着てくれなくてイライラするって箇所がどこかにあったのですがみあたりません。
続氷点では仲良しになっていってるからもうそういうのはないような気がするんですが・・・。
氷点はじっくり読んだけどありませんでした。

295 :無名草子さん:04/02/10 00:26
曽野綾子はエッセイは面白いけど小説はいまいち。
三浦綾子はエッセイより小説作品の方がすごい。
実人生もすごいけど、何ていうか、読んだ後に何かがずしりと残る。

296 :無名草子さん:04/02/19 00:35
道ありきの映画化はどうなったのだろう?

297 :無名草子さん:04/02/20 18:45
「氷点」を読んで面白いなと思って、「塩狩峠」を読んでひどく感動しました。
人に三浦綾子さんの作品をプレゼントしたいと考えてるのですが
何かオススメの作品はありますか?

298 :無名草子さん:04/02/20 22:00
人にプレゼントする前に自分で読まんといかんでしょう。

299 :無名草子さん:04/02/22 05:50
ひつじが丘、こんなにさわやかで苦い恋愛ものがあったとは。
登場人物がひどく魅力的です。
三浦文学にしては軽めのストーリーです。


300 :無名草子さん:04/02/26 13:04
今塩狩峠読んでる最中
主人公が三堀のために和倉の家で謝罪するところで泣いた

301 :無名草子さん:04/02/29 10:41
三浦綾子の作品ってガキの頃読んだことあるけど
心に棘がズシっとささる感じがする。それだけ凄い
作家なんでしょうね。

302 :無名草子さん:04/03/01 14:30
単行本未収録の短編とかあるんですか?


303 :無名草子さん:04/03/01 22:38
”塩狩峠”一度読んだことがあります。
でも僕的には、ホントかよってな感じでリアリティに欠けるというんでしょうか
そういう印象を受けてしまいました。
まぁ宗教に殉じたことがないので結局、あの主人公の行動自体に奇異を感じて
しまいました。
”氷点”って三浦氏の作品だったのですね。
次読んでみようと思います。


304 :無名草子さん:04/03/01 23:51
うろ覚えだけど壺に豆入れてそればっか食べてたり
同じ服ばっか着てる人は心綺麗でも普通にちょっとイヤ。

305 :無名草子さん:04/03/02 21:08
裁きの家とかまたドラマ化してほしいな。
ちゃんとした昭和スタイルで。平成に持ってかれるとやっぱきついよ。
氷点2001のあらすじみたけど変わりすぎだろ。
夏枝と啓三が離婚しそうになったり、村井がロンドンとか。

306 :無名草子さん:04/03/02 21:16
平成なら平成でいいと思うよ
でもそれならしっかり平成でやってほしい
中途半端なのがイヤ

307 :305:04/03/03 17:53
平成に持ってかれたら携帯とか出てくるじゃん?
そしたら関子のラブレターとか絶対出てこないし。
三浦綾子の作品って手紙が妙に活躍するところがいいのに。

308 :無名草子さん:04/03/09 15:56
やっぱり、道ありきが最高ですね。
私も少し心を病みかけていたとき、何度もこの作品で救われました。

映画化・・・黒木瞳はヤメテホスィ

309 :無名草子さん:04/03/12 14:44
美人じゃないのにモテモテだよねこの人。

310 :無名草子さん:04/03/12 15:13
>>297
銃口も良かったよ。

311 :無名草子さん:04/03/12 20:31
「虚構の家」
ってどっちの綾子さんだっけ?

312 :無名草子さん:04/03/12 22:58
この人の作品って、何でこんなに不倫の話が多いんだろう。
特に短編で目立つんだけど、男が外に女を作って「男の甲斐性なんだから当然だ」って開き直るパターン。

時代の違いかなぁ…。
泥流地帯や塩狩峠なんかはホントに好きなんだけど、
色んな作品に手を出しているうちに、男をバカにしているように思われてだんだん辛くなってきたよ…

313 :とことめ:04/03/16 21:40
塩狩峠・氷点・銃口・積み木の家等など たくさん読みました 面白いと思ったし
 いいナーと思ってます ところがクリスチャンの友が居るんですが その人に言わせると
 三浦綾子・曽野綾子だ―い嫌いでも遠藤周作は好きっと言ってました 何故なのか
理由がイマイチわかりません 友達は5年前亡くなりました だから本人に聞くわけにはいきません



314 :無名草子さん:04/03/17 09:20
>>311 曽野綾子

315 :無名草子さん:04/03/26 01:56
定期あげ

316 :無名草子さん:04/03/31 18:02
昨日、ひつじが丘を一気に読みました。泣きました。


317 :無名草子さん:04/04/02 02:01
結局、戦前の天皇マンセーからキリストマンセー
になっただけだよね。視野の狭さ、思考の硬直さは
まったく変わらない。近代小説とは言えないな。

318 :無名草子さん:04/04/03 22:51
>>317
こんなところで釣りですか

もうちょっと具体的に言えれば(この小説の主人公の考え方とか)
相手をしてあげるのに。
まあ無理か。

319 :無名草子さん:04/04/04 21:43
>>318
三浦綾子が、ってことでしょ。
この人考え方が硬すぎ。単に聖書を翻案してるだけじゃん。
遠藤周作を見習えと言いたい。

320 :無名草子さん:04/04/04 22:25
そうね。

321 :無名草子さん:04/04/18 15:48
三浦綾子はアフォあげ

322 :無名草子さん:04/04/21 12:52
キリスト教はあまり好きではないけれど、私は三浦さんの小説、
割と好きだなあ。
なんかね、人の綺麗な所もきったねえ所も全部含めて
「それでいいんだよ」って言われてるような気がして。
登場人物(女性)の言葉遣いが美しいのも気にいったな。

323 :とことめ:04/04/21 15:16
294さん、買ってきたブラウスの件ですが、テレビ
ドラマの中のシーンでは、なかったでしょうか?
原作にはなく、ドラマの方が印象が強く私自身お思い違い
したことが、あります。

324 :無名草子さん:04/05/03 10:49
>>323さん
わー、ありがとうございます。
ドラマは見た事無いんできっと頭の中で勝手に作ってるんだろうと思います。
すっきりしました!

325 :無名草子さん:04/05/05 20:30
ブラウス買うかどうかで迷う、ってシーンは原作でもあった気がします。

青いブラウスで、陽子に着せたらすごく似合いそうだけど
嫉妬心が働いて買うかどうか・・・っていう(うろ覚え)
一度読み直そうかな

326 :無名草子さん:04/05/09 11:52
>>325さん
いま調べましたら続氷点(上)角川文庫P133にそんなシーンがありました。
陽子が美しく見える事に加担したくないが、気が変わって買いに戻りかけたところに
乗用車に乗った村井が現れ、家まで送ってもらう。
その為青いブラウスは買えなかったようです。
その後村井に送ってもらった行為が気に入らないと啓造が言うシーンへと続きます。

氷点と続氷点は全く別物のように感じていましたが
ここだけ読むとやはり氷点の続きですね。まああたりまえですが。

74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)