5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

この本は宝物

1 :無名草子さん:03/05/19 21:54
何度も読み返してぼろぼろにしてしまった、あんたの宝物の本を教えてくれ。
思い入れも書いてくれるとうれしい。


2 :無名草子さん:03/05/19 21:54
2ゲット

3 ::03/05/19 21:57
ちなみに俺の宝物は、「ダックコール」稲見一良。
大阪に行ったときに友達が梅田の本屋で教えてくれた。
帰りの新幹線で読んで、泣いた。

4 :無名草子さん:03/05/19 22:24
「ガリバー旅行記」。大好きだった伯父さんが、10歳の誕生日に買ってくれた。

5 :無名草子さん:03/05/19 22:27
      \∧_ヘ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ,,、,、,,, / \〇ノゝ∩ < 1000とり合戦いくぞゴルァ!!       ,,、,、,,,
    /三√ ゚Д゚) /   \____________  ,,、,、,,,
     /三/| ゚U゚|\      ,,、,、,,,                       ,,、,、,,,
 ,,、,、,,, U (:::::::::::)  ,,、,、,,,         \ ぶーぶーぶー /
      //三/|三|\              タリー
      ∪  ∪      (\_/)タリー    タリー   こんなスレ1000逝かねぇよ〜
                (  ´Д)    タリー  タリー
                /   つ  (\_/)   (\_/)ノ⌒ヽ、
               (_(__つ⊂(´Д`⊂⌒`つ(´Д` )_人__) ))

6 :無名草子さん:03/05/19 22:28
ボッコちゃん!!小学校3年のときに初めて買った大人の本!ちゅーか、文庫なんだけどさ。

7 :無名草子さん:03/05/19 22:29
イキナリかよ.冷てぇなおまい>>5

8 :たっち:03/05/19 22:29
このスレタイ、なにげにいいなぁ。

9 :無名草子さん:03/05/19 22:32
>1〜>6は>>1のジサクジエンなわけだが

10 :無名草子さん:03/05/19 22:34
宝物の本なんてさらしたら、ケチつけられて嫌な気持ちになるだけじゃん。
俺は「海底2万里」だけどな。

11 :無名草子さん:03/05/19 22:35
>>10
ヴェルヌなら『地底旅行』の講談社文庫版だな

12 ::03/05/19 22:37
>>8
ありがとう。
ついでに宝物の本を教えてもらえるとうれしい。

13 :無名草子さん:03/05/19 22:47
>>9
>2は違う!!!!!

14 :無名草子さん:03/05/19 23:48
トム・ソーヤ
小学校の時何度も読んでいた記憶がある。

15 :無名草子さん:03/05/19 23:52
板違いだが、めぞん一刻。
登場人物達はもちろん、一刻館にも街にもホレた。
あんな街とあんなアパートに住みたいと心の底から思った。

16 :無名草子さん:03/05/19 23:55
>>11
だからチャチャいれんじゃねええ

17 :無名草子さん:03/05/19 23:59
堀田善衛の『インドで考えたこと』
無くしたり人にあげたりで、この岩波の新書を俺は何度買ったことか。

18 :無名草子さん:03/05/20 00:09
飯島和一「始祖鳥記」

好きだ

19 :11:03/05/20 02:08
>>16
つか俺にとっては「海底2万里」

20 :11:03/05/20 02:09
>>19
おまえ言ってること分からない。
地底旅行だろうが。

21 :無名草子さん:03/05/20 02:10
>>1〜20ジサクジエーン

22 :無名草子さん:03/05/20 02:30
板違いだけど、「小学六年生」9〜3月号。
中3まで保持。その後母親に捨てられる・・・


23 :無名草子さん:03/05/20 21:55
>>22
なんか、それわかるなぁ…。
板違いだけど…。
結局宝物って、子供のとき読んだ本のことなのかなぁ…。

24 ::03/05/20 22:39
>>5
やっぱ、ダメなんだろうか…(涙

>>6
おれも読んだ。
2chのスレで、新しい版と古い版ではイラストが違っているという話をよんだ。
あんたのはどっちだ?

>>10
たしかにそうかもしれない。自分の宝物を貶されたら悲しいもんな。
でも今のところ貶しは入っていないと思うんだが、どうだろうか。

>>11
>>10とあわせてヴェルヌ。俺も好きだ。

>>14
トムソーヤか・・・俺の子供のときに出会えていればよかったのかも・・・

>>15
確かに板違いだ。
だが、思い入れはOK。


25 ::03/05/20 22:39

>>16
突っ込み痛み入る。

>>17&>>18
明日探してみる。ありがとう。

>>19
…荒らし…?

>>20
確かに(w

>>22&>>23
…そうか…。
俺も小学校×年生は読んでいたよ。


26 :無名草子さん:03/05/21 00:24
山田風太郎の『甲賀忍法帳』先月、買ったのが三代目。読まないと後悔するよ。

27 :山崎渉:03/05/22 01:37
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

28 :無名草子さん:03/05/22 20:40
あげとく

29 :無名草子さん:03/05/22 20:49

       ∧_∧
     f(´∀` ∩
     ヽ    ノ     はいっ!
     |    |
     (_/\_)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     

30 :無名草子さん:03/05/22 20:55
北方謙三の三国志。
小説としての三国志の面白さをあらためて教えてくれた本。
熱い。

31 :山崎渉:03/05/28 16:44
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

32 :無名草子さん:03/05/31 12:17
五條瑛の「プラチナ・ビーズ」「スリー・アゲーツ」
価値観が変わったなぁ。

33 :無名草子さん:03/05/31 17:04
夏目漱石の行人。
最初電子テキストで落としてきてPalmで読んでいたのだが、やっぱり紙の本がよいので新潮文庫を買ってきた。
やっぱり本は、そこに書かれた情報だけではなくて、紙という実体が必要だと思った。

34 :無名草子さん:03/05/31 17:16
>>1
>24-25 いちいちレスつけるなよ。うっとおしい。
おまえのために書いてるんじゃねえよ。

35 :無名草子さん:03/05/31 17:30
性格のゆがんだヤシがいるようです

36 :RUSS:03/05/31 17:36
IWGPが、最高。最近はまりました。

37 :無名草子さん:03/05/31 18:36
「人間失格」

これほど笑えた本はありません。

38 :無名草子さん:03/06/07 14:04
ハチ公物語

39 ::03/06/07 17:02
遠藤周作の沈黙とか。

40 :無名草子さん:03/06/08 00:13
夢枕獏の「神々の山嶺」。
夢枕小説はもう飽きたけどこれだけは別。
何回読んでもおもしろい。
文章から寒さも伝わってくるよ

41 :無名草子さん:03/06/08 00:27
>>40
あれ、いいよな。
最後あいつは、とにかく帰れ、歩けなくなったら指で這え、それでもだめなら「想え」
あいつ、まだ帰ってきている途中なんだな、と思ったよ。

42 :無名草子さん:03/06/08 11:35
「カラマーゾフの兄弟」
何度も読み返して、3巻とももうぼろぼろです

43 :無名草子さん:03/06/08 13:04
荒々しい口調ができるのは、ごく身近な人や
家族、心を許せる人だけ。穏やかさん、先程はごめんなさい。

44 :無名草子さん:03/06/08 13:46
あまりにも自然でうっかりしていましたが、泣いてしまいまして失礼いたしました。
お詫び申し上げます。恥。

45 :無名草子さん:03/06/08 17:25
地味に、湯本香樹実の「夏の庭」 何故か好き。何故か手放せない。 あと、嵐山光三郎の「新随想フツーの血祭り」

46 :無名草子さん:03/06/08 18:23
ハニャーン
    ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧  ∧_∧                           
ピュ.ー (*゚ー゚) (*゚ー゚) (*゚ー゚) (*゚ー゚) <コレカラモ オウエン シテネ ハニャーン♪
  =〔~∪ ̄ ̄∪ ̄ ̄ ∪ ̄ ̄ ∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎─────◎──◎     しぃ




47 :無名草子さん:03/06/08 18:26
神様は今日、下の名前で呼ばれましたとさ。

48 :無名草子さん:03/06/08 22:57
>>43
だれにいってるの?

49 :無名草子さん:03/06/08 23:18
なんかエロくてイヤ

50 :無名草子さん:03/06/22 13:11
夏目漱石の道草。
何か辛い事があった度にこれを読みます。そうすると「上等だオラ!」という
気分になってくるから不思議だ。
家から一歩符踏み出せば、現実はファイナルファイトの世界と同じかという感覚が
頭から離れずに、さまよった厨房の頃からこれだけは護身用として読み返している。

51 :無名草子さん:03/06/22 13:25
お気に入り集 ☆
http://pleasant.free-city.net/


52 :無名草子さん:03/06/27 21:37
夢野久作「少女地獄」

53 :無名草子さん:03/06/28 20:27
>>52
青空文庫で読んだけど…辛いんだよ、あの女のしゃべり口が…。

54 :無名草子さん:03/07/04 03:35
エンデの「はてしない物語」は捨てられない
宝物。

55 :無名草子さん:03/07/04 07:21
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/wareme_tatesuji/omanko/
美少女のワレメが丸見えでつ。(*´Д`*)ハァハァ

56 :無名草子さん:03/07/04 08:14
あ、象徴ではなくオオッピラにでてくる言葉の本なら、
すでにどうでもいいんじゃ?

57 :無名草子さん:03/07/04 20:50
>>56
意味がよくわからんぞ。解説キボンヌ

58 :無名草子さん:03/07/09 18:31
最近読んだ中では、佐久良翔のリアルホテル。ホテルについての本は空想本が実に多いが、こいつは違う。
実に真面目でリアルな内容だ。

59 :無名草子さん:03/07/10 22:27
今日読み終わった「リセット」北村薫。
読んでる途中からたまらなく良い本だと感じ、読み終わってそれは確信になった。

60 :無名草子さん:03/07/10 22:31
【長崎男児誘拐殺人犯情報】 (随時改定あり)
名前:「松田 優一」(多分本当)
年齢:12歳 (確定)
住所:チトセピア(確定?)
両親:父親は医者、母親は教師 (デマの可能性極めて高し、あといくつかデマ情報あれば今後削除)
学校:長崎市立西浦上中学校(確定)
学年:中学1年 (確定)
写真:http://www.boushi.or.jp/mvote/v-ote.cgi?sel=10 (ソースは日テレなので確定)
チトセピアの近くに住んでる人が撮影したチトセピアの映像
http://romantou.hp.infoseek.co.jp/030709.zip


61 :無名草子さん:03/07/10 23:34
やっぱ「太宰と安吾」壇一雄でしょ。

62 :無名草子さん:03/07/10 23:44
「それでも人生にイエスと言う」V.フランクル
アウシュヴィッツ強制収容所という極限状況を生き抜いた人の人生論だから
こそ、説得力がある。


63 :無名草子さん:03/07/11 00:03
●●●マスコミの盗聴、盗撮は許されるのか?その1●●●     http://natto.2ch.net/mass/kako/974/974478132.html

580 名前: 556 投稿日: 2001/04/15(日) 18:43
>>559
入ってきてますよねえ。
だいたいやり方がワンパターンだから、時期もたいがい察しがつきます。
いやがらせする理由と同じ、黙らせるため。いやがらせするのは、嫉妬が入っているせいもあるようです。
あと相手に抗議されて逆ギレするとか(これかなり多いですよ)。でも一番大きい目的は、自分たちの犯
罪が、気付いている相手によって世間にバラされるのを防ぐこと。運と勢いで業界に入った人もたくさん
いて、その地位を保つためだったら、彼らは本当に何だってやる。盗聴も「何だってやる」の一つ。
黙らせるための方法は、「相手の主張を無意味化する」なんかがあります。ここで書いておけばここでは
やらないかもしれない(って書いてもこの書き込み流れた頃にやるだろうなあ…)ので、今までのケース
を参考に書いておきますね。
・盗聴される相手を「ネタを盗まれる程度の人間ではない」と故意に低くみなす。
・電波(あるいは妄想)と周り(あるいは本人)に思い込ませようとする。
・しつこく「そんな犯罪まがい(犯罪と書かないのがミソ)のことをやって何に
なる」と言いつづける。(説明してもわざと理解しない)
・同じようなケースをステレオタイプに書いてみて、そんなことは珍しくないとい
うことにする。(この場合具体例がない)
・たいしたことじゃない、気にするな、とか、もうどうしようもないことだ、と、
諦めるようにといってみる。
・徹底的に相手の論拠を崩す。(これはちょっと学がないとできない)
盗聴されている初期の頃、これをやられると、「確かに盗まれている、でももしかしたら自分
の方がおかしいのかもしれない」と、かなり迷ってノイローゼ状態になります。初期の人は気を
つけましょう。

64 :山崎 渉:03/07/12 08:21
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

65 :山崎 渉:03/07/15 11:31

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

66 :無名草子さん:03/07/22 00:25
板違いだが、「動物のお医者さん」。
犬が「おれはやるぜおれはやるぜ」っていうのを見て、なんだか元気付けられた。

67 :無名草子さん:03/08/01 20:07
>>1の挙げた「ダック・コール」読んでみた。素晴らしい作品だな。

68 :492:03/08/01 20:10
幼稚園の時にお父さんに買ってもらった
「ローラ」っていう本
クマのぬいぐるみの話なんだけど、大好きで、表紙も可愛い

69 :無名草子さん:03/08/01 20:59
小さい頃にお祖母ちゃんに買ってもらったブ厚い童話集。
まだ小学2〜3年だったけどがんばって「雪の女王」とか読んだよ

70 :無名草子さん:03/08/01 21:00
無料画像でモロ見え!
間違いなくヌケル!!
http://www.cappuchinko.com/


71 :無名草子さん:03/08/01 23:25
>>67
俺の家の近所の古本屋に行ったら、「ダックコール」のハードカバー初版本を売っていた。
俺の一生の宝物だ。

72 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:10
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

73 :無名草子さん:03/08/02 23:01
稲見一良のスレッドって無いね。
スレッド立てるほど量を書く前にお亡くなりになったからかな。
でも、「ダックコール」一冊だけでもいくらでもネタが出てきそうな気がするが。

74 :71:03/08/03 23:37
稲見一良って、肝臓癌で手術してから小説を書き始めたんだよね。
ダックコールの最初に出てくる、石に鳥の絵を描いているオヤジ。
稲見一良自身が石に鳥の絵を描くのが趣味だったとか。
初版のハードカバーの折り返しに写真がある。
丁度、石に彩色している場面のようだ。

ダックコールは、男のコの夢が詰まったような物語だと思う。
「花見川のハック」は遺稿集だそうだが、読んでいて切なさに胸が締め付けられたよ。

あんなオヤジになりてえ。

75 :無名草子さん:03/08/04 00:23
恥ずかしいが、
「不思議の国のアリス」
読書嫌いで、高2まで一冊も読破したこと無かった漏れが
司書教諭に薦められて 初めて最後まで読んだもの。
以後、文芸部に入部希望をしたほど活字好きになった。
高校卒業時に内緒でプレゼントされたこの本は一生の宝物。
ま、10年以上の事だが...

76 :無名草子さん:03/08/04 00:36
モロアニメの無料動画をGETしよう!
http://www.pinkfriend.com/

77 :無名草子さん:03/08/04 06:14
>>75
最近出ていた、ルイスキャロル手書きの「地下の国のアリス」の復刻版は見た?
箱に、オリジナル本(英語、手書きのままの印刷)とその翻訳・解説本が一緒に入っているやつ。

この手書きの本が「不思議の国のアリス」のもとになった。

アリスたった一人にむけたのクリスマスプレゼントとして、全て手で書いて挿絵まで自分で描き、
製本所に出したのだそうだ。
この本の最後のページには、本当のアリスの写真が貼られていた。
その写真もしおりとして入ってる。

アリスが好きな人にはたまらないんじゃないかな。


78 :無名草子さん:03/08/04 07:44
http://www.webranking.net/ranking.cgi?id=91553



.

79 :無名草子さん:03/08/04 21:39
エロ本

80 :無名草子さん:03/08/05 12:12
「ひとまねこざる」と同じシリーズで刊行された
「まりーちゃんとひつじ」
ひつじの毛が売れたら何を買おうと
ドリームしてるまりーちゃんの話。
ひつじの名前が「ぱたぽん」
この名前がなぜかお気に入り。
捨てられない。

81 :無名草子さん:03/08/12 17:38
ネタすら思い浮かばん。もうだめぽ。

82 :無名草子さん:03/08/26 23:23
宮本輝「優駿」

83 : :03/08/27 01:01
「マシアス・ギリの失脚」池澤夏樹。
高校のころ、なーんとなく図書館でハードカバー版を借りて読んだ。
クソ暑い夏の日の夕暮れにだらだらと読んでいたのが、物語の舞台設定
(南の島の電波政治話)にはまって、読んだあとも気になってた。

その後、文庫になったのを即買い。
でもまだ再読せずにとっておいてる。
物語の舞台になったような、南の島でだらだらと読んでみたいから、その日の
ためにずっととっておいてる。

つまりまだバカンスもクソもねえ生活なんですが。
いつかアレを読めるようになりたいなあ、と時々ふと思い出す。

84 :無名草子さん:03/08/27 09:37
宝物の本というとやっぱり子供のとき読んだものに
なるかな。
ミヒャエル・エンデの「はてしない物語」と「モモ」が
未だにもらって嬉しかった誕生日プレゼントのNO.1です。
子どものうちに読めてよかった。
大人になったら素直に読めなかったかも。

85 :無名草子さん:03/08/28 13:27
ここで話題になっている「ダックコール」に
興味をもったんですが、ハードボイルドにジャンル分けされてて
少し不安です。女でもおもしろく読めるんでしょうか?
スレ違いですみませんが、教えてください。

86 :無名草子さん:03/08/28 17:56
>>85
漢の世界、とかってのとは違うから大丈夫。女性でも楽しめると思う。

87 :無名草子さん:03/08/28 20:27
>>85
ダックコール、久しぶりに本棚から出した。

何気なく最初のページに目を通したら、息が苦しくなった。
心臓がどきどきして、最後まで一気に読みとおしてしまった。

何度もそんなことやってる。


88 :名無草子さん:03/08/30 09:39
誰も知らないぐらいマイナーなんだけどパーウェルウェージノフっていうブルガリアの作家が書いた「消えたドロテア」ずっと前にラジオで朗読してたのを聴いて本屋で注文した。夜寝る前とかに何度も読んだ。

89 :無名草子さん:03/09/06 02:12
保守

90 :nanasi:03/09/06 16:05
本田孝好MISSING

91 :無名草子さん:03/09/10 09:33
須賀敦子「ミラノ 霧の風景」その他



92 :無名草子さん:03/09/10 12:11
中井英夫「虚無への供物」
何度読み返したことか……

12月10日に読みたい本。

93 :無名草子さん:03/09/10 12:36
>>92
漏れも中井英夫追悼記念として、毎年12月10日に読み返している
読後に「黄泉戸喫」も読む・・・

94 :無名草子さん:03/09/10 12:48
虚無への供物といえば、12月10日の幕開けも勿論だが、
4月17日には「非誕生日の贈り物」の章とあの人物の告発の章を読んでます

95 :無名草子さん:03/09/10 19:16
>>77
さすがロリコンのキャロル先生

96 :無名草子さん:03/09/10 19:34
後宮小説

初版で買ったのが自慢

97 :22歳:03/09/10 22:57
星の王子様

3歳の頃に読んでもらったのですが、その時は特に何も感じませんでした。

だけど時間が経つにつれて段々と泣けるようになって、最近ではぽろぽろ状態。
あと十年もしたら声を上げて泣くようになるのかしらんと、そんな興味もあって
大切に扱っています。

98 :無名草子さん:03/09/15 16:40
自分の宝物本

南方熊楠   十二支考
松浦清山   甲子夜話
宮武外骨   スコブル
フレイザー  金枝篇

特に十二支考は10回ぐらい読んだが何度読んでも飽きない。本もぼろぼろ。
さすが南方先生。谷崎潤一郎にもっとも高度な技量を持った文体といわれただけはある。

99 :98:03/09/15 16:56
松浦静山が正しい。間違えた。ちなみに静山の本名は清(きよし)です

100 :無名草子さん:03/09/15 20:42
>>98
南方のはいいけど、淵鑑類函の引き写しが多いっしょ。
それだけ淵鑑類函が優れてた、って事でもあるけどね。
あなたが仰るように、たしかに文体はマネ出来ない。

ところで俵藤太の絵巻物って、観たことあります?

それと、金枝篇って、岩波? ちくま学術? それとも…。
国書刊行会から全八巻で完訳版が出るけど、俺ぁ手が出ねえ。
別巻まであるというが、買える人が羨ましくてならねぇ。
俺はむろん、岩波の「簡約版」しか持たないけどね。

あぁ、俺の宝物本を忘れてた。
・時枝誠記の『国語学原論』(残念ながら続篇は未読。正篇だけ)
・小松和彦の『憑霊信仰論』(講談社学術文庫版)
前者って、言語帝国主義の観点から批判的に継承されている本だけれど、
まともな記述のほうが多いと思うし、なにせ、「赤い白墨」なんて言葉
が面白ぇ。後者は有名かもしんないけど(前者も有名か)、名著は名著。
こんな本て、今までありましたっけ? 井上圓了が関の山でしたでしょ
う的な、記念碑的作品。

101 :98:03/09/21 17:11
>>100
淵鑑類函は前からずっと手に入れたいとおもってるんやが手に入らヘん。
東洋文庫でださへんかな。読みてー

絵巻物は未見。熊楠研究あたりで誰か発表せーへんかなーと淡い期待。

金枝篇は岩波文庫。岩波4巻だけ持っていてずっと探していてが見つからず。
去年岩波で全巻復刻されたのですぐ買うた。
フレイザーも一般向けに簡約版を作ったと書いてるし、専門的研究者でなければ
簡約版で十分やと思う。

憑霊信仰論は自分も読んだ(10年近く前)。ついてんねーの「つく」が狐憑き
の「つく」と同じと初めて知って衝撃を受けた記憶がある。
のろいの宗教「いざなぎ流」の存在もその本で知った。
妖怪学講議も持っているが、やはり日蓮宗は好きになれん。
寛容の精神がない。排他的すぎる。

102 :無名草子さん:03/10/26 23:22
age

103 :無名草子さん:03/10/26 23:51
>>94
>「非誕生日の贈り物」

虚無への供物って読んだことないんですがどんな内容の本ですか?
鏡の国のアリスに関係あるんでしょうか?

104 :無名草子さん:03/10/27 00:48
>>103
虚無への供物 part2 /中井英夫
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1053672930/

105 :103:03/10/28 21:52
>>104
ありがとー
そーかミステリだったのか

106 :無名草子さん:03/11/20 05:17
あげてみる

107 :無名草子さん:03/11/21 22:14
内海康満「中心感覚」
司馬遼太郎「坂の上の雲」


108 :無名草子さん:03/11/22 21:49
ミステリーゾーン全巻
ロバート・マキャモン「ブルー・ワールド」
神林長平「あなたの魂にやすらぎあれ」

109 :無名草子さん:03/11/22 21:54
いろいろ読んだけど、やっぱり俺もダックコールが良い。

110 :無名草子さん:03/11/23 02:19
松浦理英子『ナチュラル・ウーマン』
これを読んでから、自分に納得のいくセックスを追い求めるようになった

111 :無名草子さん:03/11/23 14:05
山村不二夫「性技実践講座」
これを読んでから、自分に納得のいくセックスをできるようになった

112 :無名草子さん:03/11/24 12:57
「バイアグラ取り扱い説明書」
よく読んだけどだめでした

113 :無名草子さん:03/11/24 23:36
>>112
それが宝物?w

114 :無名草子さん:03/11/25 18:55
ありきたりだけど
マキャモン「少年時代」
大好きな一冊です。

115 :無名草子さん:03/11/29 10:50
良スレ、のような。

116 :無名草子さん:03/12/09 22:56
宝物の本、まだ手元にある?私は無くしたみたい。
このスレ見たんで(思い起こして)探したけど
無くしたみたい...ショック!!
少し憂鬱...

117 :無名草子さん:03/12/09 23:40
>>110
キモィ


118 :無名草子さん:03/12/09 23:45
短編集でもいい?
筒井康隆の「我が良き狼」
高校のとき初めて読んで以来、泣かずに読み終わったことがない。
なくさずにずっと同じ本を手元に置いてる。

119 :無名草子さん:03/12/09 23:48
パーカー「愛と名誉のために」

120 :無名草子さん:03/12/10 00:25
西の向こうへ

121 :無名草子さん:03/12/10 23:27
開高健 「オーパ!」
笑わば笑え、俺はこの本に世界は広いという当たり前のことを教わった。

122 :無名草子さん:03/12/23 12:59
「ソクラテス最後の弁明」
岩波で一番古くから出てる本だというのを聞いて読んでみた。
2500年も前の作品だと知って愕然とした。
人間って、ぜんぜん成長してない、って思った。

123 :無名草子さん:03/12/23 23:29
イルカの夏

大好きで大事にしてたのに、家中探しても見つからない…(T_T)

124 :無名草子さん:03/12/24 00:37
「the martian chronicles(火星年代記)」
の著者サイン入り大判ペーパーバック。

五年ほどまえ古本屋で売ってたんだけど
あれを買ってれば宝物だったかもな…
2000円位だったけど迷ってるうちに売れた。

125 :無名草子さん:03/12/24 01:53
スティーブン・キング 『IT』。
最後本を閉じるときはいつも、がんばって生きていこう、と
思う。はみだしクラブに乾杯。

126 :無名草子さん:03/12/24 02:54
「かもめのジョナサン」
中学生の頃、すげぇ共感した。

あと、一昨日手に入れた
「不思議の国の論理学」(ルイス・キャロル)
は、すごく欲しくて、ずっと探してたから
古本屋で見つけた時は痺れた

127 :無名草子さん:03/12/29 06:43
>>126
「かもめのジョナサン」
中学生の頃、すげぇ共感した。

スゴイ!良ければ、何処で共感したのか、教えてください。

自分が初めて此の本を理解したのは、プロジェクトが失敗して、
ラインをハズされそうになった、会社員時代でしたよ。
(何となく部屋を整理して再発見)

組織から外れても、自らの信条を曲げず、孤高に生きるという
主人公のスタンスに、この本の言いたいことが、その重みが、
初めて分かったものでしたが。

(確かに自分も中学時代、この本を読みましたが、飛行機ヲタだった
自分は、カモメ風情が高等飛行、&時速数百キロというくだりで、
( -д-) 、ペッ!となってしまいました。ハズかしい)

128 :無名草子さん:04/01/10 00:10
んじゃ、おれは「ガリア戦記」。
塩野七海のローマ人の物語でカエサルに興味を持って、一発原典読んでやろう(翻訳だけどよ)と思って買った。
正直最初はつらかったんだけど、読んでるうちにだんだん引き込まれて、気が付いたらもう夢中。
最初は岩波買ったんだけど、講談社学術文庫のほうがカエサルが書いた後まで載ってて興味深い。
翻訳はなんだか講談社学術文庫のは言葉が汚くて所々腹立ったけど、解説も丁寧。
でも、やっぱ岩波のほうが好きだな。

129 :無名草子さん:04/01/16 14:21
恥ずかしいのだが、栗本 薫のグインサーガの外伝「星の船、風の翼」
ちょうど家族や学校、周りとしっくり行かなくて自分の居場所が無かった時に
「自分がこうであるのが悪である」って思っていたから、泣けた。


130 :無名草子さん:04/01/26 23:49
漫画だからすれ違いだろうけど「クライマー列伝」。
俺はこれがきっかけで山に登りたくなった。
「NAGISA」も良い。切なくなるくらい。

131 :無名草子さん:04/02/10 00:25
age

132 :無名草子さん:04/02/10 12:35
『星の王子さま』
『宮沢賢治童話全集』

「殺戮に至る病」
「十角館の殺人」
中学生からミステリの毒に…

133 :sage:04/02/21 22:09
山と校歌。校歌の本って他にあるかな?

http://www.ninomiyashoten.co.jp/books/ISBN4-8176-0168-X.htm

134 :無名草子さん:04/03/09 00:14
ニール・ドナルド・ウォルシュ
「神との対話」

なぜ自分だけが辛いのか?
なぜ不幸なのか?
自分をとりまく現実とは?

全部答えが出ました。
これが真実かどうかは別にどうでもいい。ただ今のところ、これより最適なアドバイスがないというだけ。

読むたびに新しい発見があるんです。
もしそんな本が他にもあるなら、これより分かりやすいアドバイスなら是非読んでみたいです。


135 :無名草子さん:04/03/14 19:28
>>134
あなたの書き込みを読んで非常にこの本に興味を持ちました。

136 :無名草子さん:04/03/14 19:28
http://2.pro.tok2.com/~mg7/cm/benri.htm


137 :135:04/03/16 04:28
>>134
Amazonで検索したところ、同じタイトルの本が随分たくさん出ているんですね。
昨日、会社の近所の本屋でハードカバー1800円のを見つけました。
昨日から読んでます。


138 :無名草子さん:04/03/16 09:28
>134
まったく同感です。
自分にとってはまさに聖書です。
>137
文庫版で3巻出てますよ。小さいので読み返しやすいし、安いのでおすすめ!
ってもうハードカバー買っちゃったか…

139 :無名草子さん:04/03/16 23:41
>>134
作者の名前は忘れてしまったのだけれど、「なまけもののさとりかた」。
俺は当時いやなことがあってなんともふさいだ気分でいた。そんなとき、友達が貸してくれた本。

会社の昼休み弁当を食べながらこの本を読んでいた。
そしたら突然、自分の体の境界が急激に膨らんでいき、座っている椅子や建物、
机の上の消しゴムの中、大地、地球そのものと一体になったという感覚を感じた。

それはとても幸せな体験だった。
周りの人間全てが愛しく、自分と相手は同じ者なのだということも感じた。
意識せぬまま、心の底からこみ上げる喜びを押さえきれず、笑い声を上げてしまった。
隣の人がぎょっとしてこちらを見て、どうしたんだ?と聞いたくらいに。

いわゆる宗教的な神秘体験ってやつかもしれない。
この幸福感は、5分ほどで消えた。

仕事で臨床心理士をやっている人にこの話をしたら、その瞬間は
臨死体験と同じくらい極限の脳の力が発揮された状態だったのだろう、とのこと。



140 :無名草子さん:04/03/28 19:56
天使のたま・・・ごめんなさい

141 :無名草子さん:04/03/29 05:59
天使のたま?玉?

142 :無名草子さん:04/03/29 23:03
天使の卵です、厨房ん時読んで以来宝物です。ごめんなさい。

143 :無名草子さん:04/03/31 19:12
俺も村山由佳厨なんだけど、駄目っぽいのかぁ〜、ごめんなさい。

144 :無名草子さん:04/04/10 17:55
もうこのスレは人いないの?

145 :無名草子さん:04/04/11 12:36
>144
いるよ〜ん。

146 :無名草子さん:04/04/11 13:12
手塚治虫の「火の鳥」
なんか家にあったんで子どもの頃からずっと読んでて気付けばボロボロ。
精神的な面で凄く助けられた。

147 :無名草子さん:04/04/11 15:25
山風の忍法帳シリーズ
全部並べて悦に浸ってる

148 :無名草子さん:04/04/14 12:36
百億の昼と千億の夜
オレはノーてんきな人間なんで、ときどきこれを読んで、
喪失感にはまる。

149 :無名草子さん:04/04/18 13:08
age

150 :コリン・タッジ:04/04/18 13:55
エリザベス・ギルバート「巡礼者たち」(新潮社)
珠玉の短編がそろっており、読むたびに本を抱きしめた。
でも誰かに貸してしまったのか、消息不明。


151 :無名草子さん:04/04/22 18:27
ジーニアス英和辞典。
この前ほおずりしてやりました。

152 :無名草子さん:04/04/25 19:24
age

153 :無名草子さん:04/04/26 02:43
星の王子様書いた人、、、なんだっけ?
あの人の「人間の土地」


154 :無名草子さん:04/04/26 05:05
「ごんぎつね」

155 :無名草子さん:04/05/08 01:43
「霧のむこうの不思議な町」 柏葉幸子
子供の頃大好きで、何度も何度も、覚えてしまうくらい読んだ。
‘本’って楽しい!と実感した思い出の一冊。
本はボロボロになってしまったが、ずっと大事にしていきます。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)