5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

気付けば持ってる文庫は新潮文庫ばかり

1 :無名草子さん:03/01/07 03:17
どれもこれも新潮文庫。なぜ?

2 :無名草子さん:03/01/07 03:24
ほかの会社と比べて、文庫本の中では、一番読みやすい文字だからかもね。

3 :無名草子さん:03/01/07 03:26
新潮ならまだいい。
漏れの本棚は早川と創元ばかりに…

4 :無名草子さん:03/01/07 03:31
読みたいと思った作家がほとんど慎重なのは何故だろう?
昔の人のはほとんど慎重なんだけど・・・何故だろう?

5 :無名草子さん:03/01/07 03:36
手広いからかな

6 :無名草子さん:03/01/07 03:38
いい匂いだから

7 :無名草子さん:03/01/07 03:59
また新潮社の宣伝スレか・・・・・・


8 :無名草子さん:03/01/07 04:10
安いし

9 :無名草子さん:03/01/07 04:38
パンダもらえるし

10 :無名草子さん:03/01/07 15:32
気が付けば創元社ばかりの私はミス板にいけってことで・・・

11 :無名草子さん:03/01/07 23:00
売れない翻訳(大部分そうよ)は3年以内に絶版!
でも、ブックオフとか古本屋行くと山ほど絶版本がある。
創元は売れなくても絶版にしないのだね。


12 :無名草子さん:03/01/07 23:02
新潮文庫のどこが糞かって、それは製本の汚さだよね
ビンボークッセーんだよぉ

13 :無名草子さん:03/01/07 23:11
値段は創元などの3分の2というのがまあ、魅力かな。
昔は同じ作品が新潮と角川と岩波で文庫で出ていて、値段を比べて買ったものだ。
新潮文庫はてっぺんが裁断してないので、在庫をまた書店に出すとき、掃除機でほこりを取るらしい。古本屋ももちろん、そうしてる。


14 :無名草子さん:03/01/08 00:42
>>12
そこが(・∀・)イイ!!

15 :無名草子さん:03/01/08 00:58
>>2
結構ねちっこいイメージのある字体じゃない?
読みやすいとは思うけど。
筒井康隆の文章は新潮文庫の文字がよく似合うと思う。

あと新潮文庫は唯一しおり(っていうのかな)が付いているね。


16 :無名草子さん:03/01/08 01:12
>>15
>筒井康隆の文章は新潮文庫の文字がよく似合うと思う

「虚人たち」だけは似合わない。

17 :無名草子さん:03/01/08 03:45
薄くて字がデカイ
これが印象のすべて

昔の活字のが文庫を読んでる感があってよかった(ほかの会社もだけど)

18 :無名草子さん:03/01/08 03:46
ああもう一個
ほかの文庫より少しのっぽなんで本棚で並べると見栄え悪くて困ります

19 :無名草子さん:03/01/08 03:49
やたらふりがなが多くないか。
例の芥川賞受賞作とかは漢字が読めてありがたいが。
なんでのっぽかというと、上をカットしないからだよ。


20 :無名草子さん:03/01/09 13:36
>>15
いいよね秀英明朝。

でもあれ大日本印刷のだけでしょ?
新潮じゃなくても使ってるところあるし。

…最近フォントで製本会社がわかるようになってきて禿鬱。何の役にも立たないし。

21 :無名草子さん:03/01/09 13:55
クロスポスト&スレ違いすまそ:

講談社学術文庫の本文活字は何という書体なのか、ご存知でしたら教えて下さい。

>…最近フォントで製本会社がわかるようになってきて禿鬱。何の役にも立たないし。
確かに役に立つことは無さそうですが; 憧れてしまいますよ、その才能。

印刷関連の方ですか?

22 :無名草子さん:03/01/09 15:04
新潮文庫のスピンも書体も好きだが、最近の文字のでかさにはついていけない。
昔の文字の大きさの方が読んでるって感じしたよな。

23 :無名草子さん:03/01/09 15:57
新潮文庫は渋いね 安いし
最悪は集英社 下品で低脳センスなし高い

24 :無名草子さん:03/01/09 23:11
逆に読みにくいというか、好きになれないフォントは中央公論の文庫本

25 :トリ ◆BMuOl5iNE6 :03/01/11 23:15
早川epi文庫のフォントが読みやすい。

26 :無名草子さん:03/01/12 00:55
はげしくフォントスレとなってるなあ

27 :無名草子さん:03/01/12 01:02
>>26
フォントだねぇ…。

28 :山崎渉:03/01/12 18:13
(^^)

29 :トリ ◆BMuOl5iNE6 :03/01/14 21:23
しまった。新潮文庫を語るスレだったのか。

新潮文庫良いねー。パンダかわいいし。

30 :山崎渉:03/01/23 04:16
(^^)

31 :無名草子さん:03/02/26 22:13
工房時代、文学かぶれだったので三島、太宰、夏目、川端etc.
ほとんど新潮ので揃えたよ。
特に三島の表紙のデザインが大好きでさ。谷崎の表紙デザインも好き。
あのなんとも硬派な感じがたまらんかったのに、なんで変えちゃったんだろ・・・。

32 :無名草子さん:03/02/26 22:23
むかしのは表紙てっいうかカバーが良かったね。
最近はマンガだったり映画のスチールだったりして萎える事がある。
翻訳物のはイマイチかな。ドストなんか表紙で引いちゃってるヤシ多そうだ。

33 :無名草子さん:03/02/26 22:40
片手で持って開いたときの
しなり具合もよろしい。

34 :無名草子さん:03/02/27 06:36
菊と刀の版権を激しく新潮に買ってもらいたい。

35 :無名草子さん:03/02/27 16:22
>>22
ホント最近の文庫は文字でかい。
団塊世代や普段あんまり本を読まない層はでかい方がとっつき易いからだろうけど、
漏れは逆にうまく文章を消化できない。絵本読んでるような気さえしてくる。
まあ贅沢な悩みなんだろうけど…。

36 :無名草子さん:03/02/27 16:56
>35
だしかに谷崎潤一郎の『吉野葛』だっけ?
太宰の『もの思う葦』だか『津軽通信』だかなんだか忘れたけど、滅茶苦茶字のでかい文庫が新版で出たな。
あれはいただけない。確かに絵本だよ。1ページに18行入っている文字の小さい昔の文庫が好きだ。今は大抵17行だけど、まあこれでもよい。

37 :無名草子さん:03/02/27 17:48
ひさびさ36
55らぶ。

38 :無名草子さん:03/02/27 17:55
海外作品(古典的な作品ね)のほったらかしぶりが最近目に付かないか?
もう岩波にお任せってことかいな

39 :無名草子さん:03/02/27 18:12
おまえら新潮買うな
岩波買え

40 :無名草子さん :03/02/27 18:15
岩波高いんだもん

41 :無名草子さん:03/02/27 18:16
文芸文庫に比べりゃマシだろ

42 :無名草子さん:03/02/27 18:18
岩波のラインナップはすばらしいですね
本棚全部岩波だったら上品な感じ

43 :無名草子さん:03/02/27 19:18
岩波文庫の紙って何処かに売ってねぇ?

44 :無名草子さん:03/02/27 23:19
岩波は翻訳者がいいということで有名らしいけど、本当?

45 :無名草子さん:03/02/28 01:46
新潮はしおりひもと紙のチープさとアタマ部分のガタガタ具合がスキ(´ω`)

46 :無名草子さん:03/03/01 06:59
>>42
岩波の背は、光に当たると、だんだん黒くなるぞ。
うちの岩波文庫も数年でリンゴの腐ったよーな色になった。

47 :無名草子さん:03/03/02 02:33
新潮文庫って、昔出した本を復刊したりはしないのですか?
岩波は復刊、重版情報をこまめにHPに載っけてるんですが
新潮はHPに何も書いてありません。ご存知の方います?

48 :無名草子さん:03/03/05 20:12
長年、新潮文庫を買ってきたけど、先日初めて紐栞が途中で切れてて
役に立たないのに当たりました。
なんか嬉しいです。


49 :無名草子さん:03/03/05 22:45
山本周五郎がたくさん読めるのは嬉しい。

50 :無名草子さん:03/03/05 23:36
星新一は新潮文庫が似合ってる。


51 :無名草子さん:03/03/05 23:46
幻灯社の文庫がいちばんひでーよな。
ノルマに達するために強引に文庫にしたようなのばっかり。
あ、それは角川春樹事務所の文庫か。

52 :吾輩は名無しである:03/03/05 23:59
岩波みたいにリクエスト復刊をやるべし。
新潮文庫には不当に葬られた作品が多すぎる。

53 :無名草子さん:03/03/13 02:47
>>52
新潮文庫や角川文庫のリクエスト復刊、いつの間にか終わっちゃったね。

54 :山崎渉:03/03/13 16:51
(^^)

55 :無名草子さん:03/03/14 22:44
作家により、背の色が決まっていて(三島由紀夫ならオレンジとか)、集めていく楽しみがあるよね。
新潮文庫は。

56 :吾輩は名無しである:03/03/15 01:52
>>55
大江が好きで、本棚がどんどん茶色くなっていったよ俺。
筒井で真っ赤になった。筒井は他の出版社のも赤いから。
で、町田康の「夫婦茶碗」が出たとき、新潮文庫の町田本第1号だから、
何色かな、デビュー作が「くっすん大黒」だから黒かなあ黒だったらいいな好きだな、
と思いながら本屋に炒ったらさえないオレンジ色じゃん、何か違う、と思っただよ。
そして去年、ついに「くっすん大黒」文庫化!ってんで本屋に煎ったら、
文春文庫も追従してさえないオレンジで!何か違う。町田はずっとオレンジなのか、
これから講談社文庫に入るであろうエッセイ集もオレンジなのか、
あのひどいオレンジが裏表紙にまでべったりと!という不安。

57 :無名草子さん:03/03/16 22:03
>>45
激しく銅イオン
(・∀・)イイヨイイヨー

58 :無名草子さん:03/03/18 02:06
新潮文庫の翻訳は絶版になるのが早い。
2年くらいで絶版が当たり前。
ブックオフとかに行くとずらっとあって感激したりする。


59 :あチャットのお知らせ:03/03/18 02:06
  
「あチャット」は現在5部屋からなるチャットコミュニティーです。
お喋りのお相手探しやお友達との待ち合わせ、単なる雑談その他等々、
是非「あチャット」を御利用下さい。URLは下記のとおりです。

http://members.tripod.co.jp/skywhite/

ID登録等は一切不要です。勿論IPも表示されませんので安心です。
皆様のお越しをお待ちしております。


60 :無名草子さん:03/03/24 14:49
文春は名前も聞いたことないような新人作家しか翻訳しないじゃない。
それに比べて新潮はほら、以下にも古今東西の名作が揃ってるからだと思う。

61 :無名草子さん:03/03/24 14:51
>>60
以下にも→いかにも

62 :無名草子さん:03/03/25 01:22
>>60
>それに比べて新潮はほら、以下にも古今東西の名作が揃ってるからだと思う。

昭和40年代の新潮文庫なら、ね。


63 :無名草子さん:03/03/27 22:10
新潮社は佐藤亮一、隆信のファミリー企業なんでしょ。
新潮社のセンスはそのまま佐藤親子のセンスなんじゃない?

64 :無名草子さん:03/03/28 22:31
つーか、出版社はたいていファミリー企業。
たとえ株式を上場していたとしても実質は同族会社というパターンが多い。
映画会社も同じ。

65 :無名草子さん:03/03/29 00:38
パンダカワイイ

66 :無名草子さん:03/03/31 13:42
>>64
文春は違うと思うが。

67 :無名草子さん:03/03/31 23:47
ところで、新潮文庫のキャンペーン応募したことある?
俺はマークをカバーから切り取りたくないから応募したことないんだが。

68 :無名草子さん:03/04/01 00:43
>>67
応募しまくってます…
はじめは切り取るの嫌だったんだけれど、グッズ欲しさに応募しました。
幾つか送りましたが、マグカップが一番のお気に入りです。

69 :無名草子さん:03/04/01 00:47
>>44
ほんとかどうかはその真意は測りかねるが、
ニーチェの「ツアラトストラ」の訳は秀逸だったと思う。

70 :無名草子さん:03/04/01 02:37
本好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/

71 :無名草子さん:03/04/01 02:43
新潮文庫が楽しみです。では早速。

72 :無名草子さん:03/04/01 22:04
新潮文庫好きなんだけど(栞と上の揃えてない部分萌え)絶版多くて嫌だな。
あと、最近文字がでかくて読みにくいったら!
最低でも春樹の「世界の終りと…」の大きさがいい。
理想なのはドストの大きさなのだが。

皆さんは文字って大きい方がいいのでしょうか?
三島の「豊饒の海」が改版されたので、思わず昔の本を慌てて購入しました。
わざわざ文字を大きくして改版はしないで欲しかったなぁ…

73 :無名草子さん:03/04/01 22:12
へー、「豊饒の海」が改版されたのか。今度みてみよう。
私は一巻、二巻がすばらしいと思う。

74 :無名草子さん:03/04/01 22:27
>>73
4巻だけがまだ改版されていなかったと思います。

75 :無名草子さん:03/04/01 22:49
>>69
真偽は「シンギ」と読むんだよ

76 :無名草子さん:03/04/04 15:51
高校の現代文の先生がヨンダ?の漱石の腕時計しててすんごいひきました



77 :無名草子さん:03/04/04 15:53
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

78 :無名草子さん:03/04/05 12:01
新潮文庫はひも(何て言うのか知らない)がついてるのがいい。

79 :無名草子さん:03/04/06 06:16
ドストエフスキーの「未成年」復刊してくれよ!
何でどの出版社も絶版になってんだよ…
新潮文庫で集めてるから新潮で復刊して欲しいんだけどなぁ。
出版社の方見てるならお願いね。

80 :無名草子さん:03/04/06 06:52
ヘルマンヘッセのガラス玉演戯はやく復刊して欲しいな〜
角川リバイバルで読んだけど漢字が旧漢字ばっかで読みずらかった

81 :無名草子さん:03/04/06 09:22
なんで新潮って行数が少ないの?
もっと1ページあたりの文字数増やしてくれよ

82 :無名草子さん:03/04/06 09:30
新潮って、一ページ一ページ薄くない?

83 :あぼーん:03/04/06 09:31
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
__/ /    /   
\(_ノ ̄ ̄ ̄\
||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄||
 ...|| ̄ ̄ ̄ ̄||
http://saitama.gasuki.com/shinagawa/

84 :無名草子さん:03/04/06 11:22
岩波みたくリクエスト復刊やるべし

85 :無名草子さん:03/04/06 14:33
岩波だと!おまいらみんなドキュソか!

86 :無名草子さん:03/04/06 14:34
時計とコーヒーカップほしい。

87 :無名草子さん:03/04/06 16:44
確かに最近文字が大きすぎるね。
実際読みにくいもんね。
大江の「遅れてきた青年」、改版された時は古いほうを持ってて良かったと思ったよ。
ちょっと他の新潮文庫では見かけない活字で、気に入ってた。
ただ表紙が変わってたりすると、欲しくなることもあるかな。

88 :無名草子さん:03/04/06 18:28
太宰の新しい表紙は好きだ。

89 :無名草子さん:03/04/06 22:06
>>87
本当に文字でかくなったね。わざわざ文字をでかくして改版するのはどうだろう。
三島の「豊饒の海」も改版されて文字が大きくなったが、昔の持ってて良かった。
山崎豊子の本にも興味を持っていたのだが、最近改版されたよね。
古本屋行くか、改版前のを置いてる本屋で手に入れるか…
どっちにしても早く捜さないといけないな。

90 :吾輩は名無しである:03/04/07 00:16
でもやっぱ、新潮文庫で生きてるだけ幸せだよね。
大活字は、なんていうか、世間のバリアフリー化(wに無駄に反応しすぎという感じもするが。

91 :無名草子さん:03/04/07 00:32
大活字は元々の読者を離れさせているだけのように思えたりして…(w
小野不由美の「屍鬼」も5冊に分ける程のものか?と、思ったしな。
絵の入っていない絵本を読んでいるかのようだよ>大活字

92 :無名草子さん:03/04/07 00:34
改版で思い出したが、
ミッシーの豊饒の海をネットで4冊買ったんだが、
3冊は改訂版1冊は改版前ので
凄まじく鬱になって返品しようとしたくらいだよ。
やるんだったら一気にやってほしかった。
あと表紙までかえんでほしかった。

個人的には金閣寺程度の文字の大きさとか形とかが好みだ。

93 :無名草子さん:03/04/07 00:38
>>92
禿銅。
豊饒の海は改版前のを持っていますが、改版したのを見た時萎えた。
新しい表紙はまぁまぁ好きだけど、買いなおしたいとは思えない。
文字の大きさはドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」が好きだな。

94 :無名草子さん:03/04/07 00:56
大活字賛成派って見ないな

95 :無名草子さん:03/04/07 01:02
>>94
いないんじゃないの?
だって読みにくいじゃん。
新潮は読みやすくなりましたって帯に書いてるけど頁をかせいで本の価格上げたいだけじゃん。
ハードでは1冊(2段組ではない本)だったのを薄い上下巻にしたりとか…
京極の本のようにキューブ型の文庫にしろとは言わないが(w
読者の事を考えるのであれば、価格を上げるのってどうかと思うね。

96 :無名草子さん:03/04/07 01:18
大活字は賛成派がかなーり多いらしい。
私は小さいのが好きだが。。。

小さくても苦にしない世代はもともと
人口が少ない上に本を買わない。(読まない)
上の世代は人口が多い上に本を
まあまあ読む。うちの区の図書館でも
大活字版はなぜか大好評。。。

97 :無名草子さん:03/04/07 01:23
>>96
マジっすか。出来れば元のサイズに戻して欲しかったけど、無理なのか。
新潮文庫好きだからこの文字サイズにはガッカリしたんだけどな。
本当に本が好きで前から読んでいた人には賛成派は少ないんじゃなかろうか。
と、考えていたんだけど、甘かったのかな。
文豪達の本をあのでかい文字では読みたくない〜
情緒も何もなくなってしまいそう。

98 :無名草子さん:03/04/08 19:30
うちのじいちゃんは新潮文庫が読めるようになったと喜んでた

99 :無名草子さん:03/04/08 23:40
いや、文字でかくなりすぎだろう…幾らなんでもあの大きさは引くよ。
絵本じゃないんだからさぁ…

100 :無名草子さん:03/04/08 23:54
100

101 :1989年監禁コンクリート事件の真実!!!!!:03/04/08 23:57
地獄の41日間の真の内容
女子高校生が41日間渡って監禁され、計100人ぐらい(少しでもかかわった人を含めて)に強姦、朝から晩まで超暴力と超陵辱された。。(深くかかわったのは5,6人)
ヤクザ顔負けのリンチで、天井に血が飛び散っていた。
「なんでもするから家に帰して」という女の子に、自慰(オナニー)を強制され、
真冬に裸で外(ベランダ)に出され、裸で踊らされ、強制され、手足を縛り、お尻の穴に花火を入れ爆発させ、膣やに直系3センチの鉄の棒を何度も強引に突っこみ、性器や尻の穴を完全に破壊する。
また膣をタバコの灰皿代わりにさせられる。
重い鉄アレイを身体(裸体)になんども落とされ、瞼(まぶた)に熱いろうそくをたらされ、
手足を縛り、膣にマッチ棒(ライター)を入れられ、燃やされ、膣の中のや裸体をライターで火あぶり、苦しさのあまり何度も気絶する。(この時ストレスと恐怖のあまり髪が全部抜け落ちていく)
大勢の男にかなり大量の精液を飲まされ(フェラチオで)、500ccの尿を飲まされた。(生きてるか死んでるかわからないが)ゴキブリも食わされたそうである。(このゴキブリの件に関してはもしかしたら間違ってるかもしれないうが、あとは絶対事実です。)
また女の子の悲鳴や激しいリンチの音は監禁されている部屋の中で音楽をボリュームいっぱいで流しているため、外に届かない。
その間の食事はほとんど牛乳1本。
恐ろしいころに、監禁されていることを知ってた人は計100以上いるが、誰も通報しない。(死体が発見されるまで)
そして最後はひどく殴られ失禁して)死んだ。(殺された)
死体の顔は目の位置がわからないほど、変形し、親でも誰かわからず、原型をとどめてないほどで、性器のほうは顔よりもっとひどく完全に破壊されていた。死体には髪がなくなっていた。
40日間の監禁で極度のストレスのあまり全部髪が抜け落ちた
死体の膣(マンコ)にはオロナミンC2本、入っていた。なお、死体は手足を縛られた状態であった

sfsf
                                     


裁判記録は目もあてられない。コンクリート詰め事件で検索すればわかる
czczcz

102 :無名草子さん:03/04/09 00:03
>>101
あのね?
もうそれ色んな板で見飽きたの。
何の為に貼り付けてるのか解らないけど、うざいよ?

103 :無名草子さん:03/04/09 00:17
確かに新潮が多いな。装丁も地味でいやらしさが無いと思う。

百關謳カに惚れてしまい、仕方なく旺文社文庫を買うことが多いのだけれど、
このフォントが理想的だと思っている。


104 :無名草子さん:03/04/11 15:37
age

105 :無名草子さん:03/04/12 01:22
age

106 :無名草子さん:03/04/12 23:27
age

107 :無名草子さん:03/04/12 23:51
どれもこれもハヤカワ文庫。なぜ?

……SFファンだから。
フフ、字を大きくしたり解説を入れたりしてカサを増やして無理矢理大幅
に値段を吊り上げたり、100ページの本に420円という値段をつけたり、
やってくれるぜ早川書房……。

108 :無名草子さん:03/04/15 20:42
新潮の「泣ける本」フェアのオススメってなんかありますかね?

109 :無名草子さん:03/04/16 17:24
>>108
帚木蓬生「閉鎖病棟」いいですよ。泣けまつ (´Д⊂

110 :無名草子さん:03/04/16 17:27
講談社学術文庫はいかにも、バカは読むな!という装丁だよね。
ああいうのは、いやみだね。
講談社文芸文庫の装丁はわりと好き。
でもすごく高い。あれじゃ単行本と変わらないよ。

111 :山崎渉:03/04/17 11:30
(^^)

112 :無名草子さん:03/04/19 00:59


113 :無名草子さん:03/04/19 01:15
>>110
巻末の付録が充実してるから高くても(・∀・)イイ!!!
すでに単行本が手に入らないのが多いから、俺は我慢しまつ。

114 :無名草子さん:03/04/19 02:02
>>110
それはバカのひがみだと思います

115 :山崎渉:03/04/20 05:46
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

116 :無名草子さん:03/04/21 05:59
110と114のどっちが馬鹿そうかと聞かれたら114と答える

117 :無名草子さん:03/04/28 00:00


118 :無名草子さん:03/04/28 00:11
講談社学術文庫は内容的には気に入っているけど,使われている書体が
どうにもなじめない.
その点,新潮文庫は読み易く感じられる.

119 :無名草子さん:03/04/28 02:11
>>116
それはバカのひがみだと思います

120 :無名草子さん:03/04/28 18:23
テリー・マクミランの
『ため息つかせて』『ママ!』『えくぼ消さないで』『ステラが恋におちて』
どれも絶版のようですね。こないだの引越の時に処分してしまい、
また読みたくなったので大手の書店に行ったけど、ありませんでした。
今どきのアメリカ黒人女性を描いた小説はあまりないので
これだけは絶版にしてほしくなかった。
非常に残念です。

121 :無名草子さん:03/04/30 00:13
これだけはなんて言う位ならとっとけばいいのでは…

122 :無名草子さん:03/04/30 22:28
気付けば、読んでいる出版社は、PHPと中公と講談社ばっかり。

123 :無名草子さん:03/05/01 00:07
…ばかり ってのはいい傾向じゃないだろ え ちがうか おい

124 :無名草子さん:03/05/01 13:07
新潮文庫は、何年か前から、カバーのタイトルが急にでかくなった。
他社の文庫に負けないようにしたためだと思われるが、品がなくなったと思う。
新潮文庫ファンとしては残念。
文庫に限らず、新潮社装丁室の最近の仕事はよくない気がする。
がんばってほしい。

125 :無名草子さん:03/05/01 13:15
俺の本棚も、半分新潮。
不思議だ。

126 :無名草子さん:03/05/01 16:21
なんだかんだで新潮文庫は名作駄作を問わずにコンスタントに買えるからいいよな。
これ以上絶版をしないで

127 :無名草子さん:03/05/19 08:41
幻冬舎アウトロー文庫よりゃましだろ。
何せ100年余りの歴史をもっているんだから。

128 :無名草子さん:03/05/19 11:33
『想像力と数百円』。
このコピーが好きでした。

文庫本の値段も高くなりました。
どんな文庫本でも、
千円札だして、お釣りでランチが十分食べられたものだったが。

デフレの時代だというのに・・。

129 :無名草子さん:03/05/19 19:32
>>128
へー!そんなコピーあったんだ!
すごく(・∀・)イイ!!

もうこれ以上値上げしてほしくないよなぁ。

130 :吾輩は名無しである:03/05/19 19:39
想像力と数百円、俺も好きだった。90年代前半だったかな。
永瀬正敏がキャラクターやってた。そう、Yonda登場前。
あの頃はまだ夏の百冊が楽しみにできたな。
ここ数年ひどいな。絵国やらなにやら何冊入ってんだよ。

131 :無名草子さん:03/05/20 03:54
ルナールの「博物誌」
愛読書だ。ほんとこの一冊だけで新潮文庫には感謝だよ

132 :無名草子さん:03/05/20 07:20
すぐに絶版になるのがいただけない。
文字がでかいのが激しく読みにくい。
今の新潮はちょっとなぁ…

133 :無名草子さん:03/05/20 09:55
活字と言えば太宰の「津軽」や志賀の「小僧の神様・城の崎にて」
で使われてるのがイイ。十数年前の一時期に出版された新潮
文庫だけなんだよね。あれを復活させてほしい。

134 :無名草子さん:03/05/20 12:13
こないだ買った,野口悠紀雄『「超」旅行法』(H15.4.1発行)。
新潮なのに紐しおりがついてないんだけど,もしかして最近ついてなかったりする?
それとも単なる不良品? この作品だけのデフォルト?

他社なうえに文庫でもなくて悪いけど,
以前買ったアポリネール『異端教祖株式会社』(白水uブックス)が,
丸々20ページ落丁してて激しく萎えた。スレ違い失礼。

135 :吾輩は名無しである:03/05/21 20:30
擦れ違いついでに。
おれも幻盗舎文庫の唐沢商会の本で、
終わりの数頁(5〜6枚?)がまとめて逆さに綴じてある壮絶なのを見たことがある。
本文に突然逆さまの奥付が現れるの。怖かった。
ある意味買っておくべきだったかもしれない。

136 :無名草子さん:03/05/21 20:36
個人的には新潮と文春がよみやすい。
角川はカバーを取ったときに赤い地が出てくるのがなんとなくいや。

137 :無名草子さん:03/05/21 23:59
同じく。新潮が一番読みやすい。

>>136
昔の角川は赤色じゃなかったヨ。

138 :山崎渉:03/05/22 01:33
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

139 :無名草子さん:03/05/22 06:48
最近、講談社が増えてきた

140 :134:03/05/26 01:37
自己レスを。
書店で確認したら、紐無しはどうやら当作品のデフォルトのようでした。
紐の色が赤やら青やらは時々見かけるけど,無いのは初めて見た。

141 :sage:03/05/26 15:39
保阪正康著『昭和史 七つの謎』は、講談社文庫の新聞みたいな横長の
活字がしっくりとくる。

ノンフィクションには向いてるような。

142 :無名草子さん:03/05/27 22:43
>>140
カラーの紐しおりってあるの?

143 :無名草子さん:03/05/27 22:51
× 紐しおり
◯ スピン

用語は正確に。

144 :無名草子さん:03/05/27 23:25
茶色の紐しか見たことないよ。

145 :140:03/05/28 00:25
アンドレ・モロワ『フランス史』のは青です。
たぶん絶版だし,いちおう画像あげてみました。見なくてもいいですw。
ttp://www.42ch.net/UploaderSmall/source/1054048090.jpg

赤いのは昨日書店で見かけたけど,タイトル失念。
新潮らしからぬツルツルした表紙だったのは憶えてるんだけど…。
たしか,ステラ・ダフィ『あやつられた魂』。
明日確認してきます。

146 :無名草子さん:03/05/28 01:52
「フランス史」の青はリクエスト復刊の青い表紙に合わせたものでしょう。
同じリクエスト復刊の日本文学は臙脂の表紙で臙脂の紐だし。


147 :無名草子さん:03/05/28 12:10
>>145
(゚д゚)スゴー

148 :山崎渉:03/05/28 16:22
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

149 :145:03/05/28 18:36
確認してきました。ステラ・ダフィ『あやつられた魂』で間違いないです。

>>146
なるほど,そういう趣向ですか。

150 :無名草子さん:03/06/03 20:26
>>132
遅レスだが、同意。最近の新潮文庫の字はどうも
大きすぎるように感じて合わない。
それでも最近は慣れてきたけど。
そのうち『坊っちゃん』が300ページくらいに
なる時代が来るんじゃないだろうか。

個人的には昭和60年代から平成9年くらいにかけて
の字体が一番好きだな。

151 :無名草子さん:03/06/03 20:41
そのうちみんな歳とって大きい字がありがたくなるかも。

152 :無名草子さん:03/06/03 20:53
それを考えると何も言えなくなるな(笑)。
ジジイになったときに1960年代の
新潮文庫の字体を読めるかというと
自信がなくなる・・・

153 :無名草子さん:03/06/03 20:59
『シェルタリングスカイ』(著者失念)が新潮文庫にあったと聞いたのですが,
本当でしょうか.

154 :無名草子さん:03/06/03 21:13
出てますね。作者はポール・ボウルズ。
どうやら今は絶版か品切れのようです。

155 :無名草子さん:03/06/03 22:03
>>154
ご丁寧に著者まで教えて頂いて有難うございます.
品切れですか.目録でタイトルから調べてみて見付からなかったので,
・品切れ
・邦題がついている
・そもそも新潮文庫に収められていない
のどれかかな,と思っていましたが,このタイトルで新潮文庫に
入っている(いた)のが判って助かりました.
明日から古本屋を探してみます.
有難うございました.

と,今思い付いてNDLのHPで調べたら『シェルタリング・スカイ』でした.
1991年に発行されてるとの事,ん〜品切れ止む無しといったところでしょうか.

156 :無名草子さん:03/06/05 02:20
昔からある作品でも、字が大きくなっている文庫と
大きくなっていない文庫がある気がするんだけど、その違いは何故なのか?

157 :無名草子さん:03/06/05 19:20
新潮社が潰れないように読書家達で新潮社に金を送ろう!!!

158 :無名草子さん:03/06/05 19:46
別に潰れてもいいよ

159 :無名草子さん:03/06/05 19:58
>>157
中学生ですか?

160 :無名草子さん:03/06/06 00:36
>>156
そりゃ、「改版する価値アリ」と思ったかどうかでしょう。

161 :無名草子さん:03/06/09 23:33
洲之内徹の本をさっさと重版しる!!

162 :無名草子さん:03/06/11 10:45
>>1
俺もだ……気づいたら新潮ばっか
字が読みやすくていいんだけど

163 :無名草子さん:03/06/25 10:57
うちは単行本の新潮占有率が高いな。
反比例して文庫はすくない・・・・ある意味当然か

164 :無名草子さん:03/06/25 11:02
http://www.4japan.tv/~7s_gate/bigagent/index.cgi?ID=kkkk007
http://www.lo-po.com/owner/?3425
http://www.adultshoping.com/addclickport.cgi?pid=1055777477
試しにやってみれば?

165 :無名草子さん:03/06/30 23:19
あのーけなすようで申し訳ないんですが
新潮文庫の紙はぼろぼろでちょっとひどいと思うんです
本を探していても新潮文庫ってだけで、買うのをためらうほど嫌いです
中公文庫のようにきれいな感じにしてください

166 :無名草子さん:03/06/30 23:24
>>165
買わなくていいです。

167 :無名草子さん:03/07/04 07:43
165
でもその分値段が手頃だし…

168 :無名草子さん:03/07/04 22:05
新潮は紙の表紙だからね。
まぁーそれも味の一つではあるけれど。


169 :無名草子さん :03/07/06 15:38
絶版にするサイクルが早くなったねえ。それがすごく残念
欲しい時に早く買わないと手に入らなくなる

170 :無名草子さん:03/07/07 00:18
いつの間にか文豪リストウォッチ3つ持ってるが・・
さすがに川端康成時計はできないな。

171 :山崎 渉:03/07/15 11:36

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

172 :無名草子さん:03/07/17 14:39
>>168
表紙が紙 いいよね。サラサラしててさわり心地がいい
岩波のようにビニールコーティングされてるのは好きじゃないな
カバーとっぱらって読んじゃう。

背表紙のデザイン(あらすじ紹介 もかなり好き。つい手に取りたくなる。
新潮万セー

173 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 06:12
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

174 :無名草子さん:03/08/05 23:56
新潮の紐がだんだんとほどけてみっともなくなってくるのは気にしてませんか、みなさん。

175 :無名草子さん:03/08/07 05:56
紐をページにはさむ時に折り返してはみ出ないようにしてる。

176 :無名草子さん:03/08/07 08:00
新潮てなんかタンポンみたいで嫌

177 :無名草子さん:03/08/08 09:19
でも「気付けば持ってる文庫はタンポン文庫ばかり」なんだろ?w

178 :無名草子さん:03/08/09 19:24
>>174
ブックオフで買った文庫のスピンがボロボロ。あと2本糸が切れると取れる。
かわりにYondaのしおりでもはさんでおこう。

179 :無名草子さん:03/08/23 01:38
黄ばんでガタガタにカットされた用紙とか、無造作で好き。
というか、新潮文庫で星新一のSSを皆買ってしまっていて
気付けば持ってr(略

180 :無名草子さん:03/08/28 18:46
ひもがあるから新潮文庫が(・∀・)イイ!!

181 :無名草子さん:03/08/31 03:36
昨日、買ったのが新刊の新潮文庫ばかりだった。読了。

「死にゆく妻との旅路」清水久典 362円
そこそこ泣かせるが、冒頭の高山文彦の文章に言われるほどではない。
ミステリーじゃないが、高山の文章をなぜ解説にしなかったのか疑問。
興趣をそがれる。

「宮崎勤事件」一橋文哉 590円
要約すると「俺の推測では宮崎は詐病だ」。これだけ。
新事実なし。吉岡忍の「Mの憂鬱」(文春文庫)がはるかにマシ。
巷間言われる、一橋トンデモバッタもん説、さらに強まる。

「東電OL殺人事件」佐野眞一 705円
評価が高いので気になっていたが、文庫化で買ってみる。
これは買いでよかった。時制がそのままなのが確かに効果的。

本を三冊買って、一冊でも読んでよかったと思えるなら御の字。
しかし、新潮も犯罪攻勢か。つらくなってるな。

182 :無名草子さん:03/08/31 07:29
僕はみごとに各社そろってばらついてまつが、新潮はたしかにおおいです。
あのひも(スピンっていうの?語源知りたいなぁ80へぇぐらいいけそう)
が好きな人がいるのがうれしい。だって僕もそうだからです。

183 :無名草子さん:03/09/13 23:43
今のフォントは俺もデカすぎるな〜。
デカくする前に一昔前のあのちっちゃいのを
ちょっとだけ大きく改版してもらいたい。
「カラマーゾフ」とか「パルムの僧院」とか。
ところで、改版の情報ってどっかでわからないの?

184 :無名草子さん:03/09/15 10:54
新潮文庫 活字好き。パンダ&しおり糸マンセー
講談社文庫 村上春樹と村上龍が同じ色で紛らわしい。
角川文庫 表紙の赤い雲模様はなんなんだろう?
学術文庫 高級品。
文芸文庫 品切れ多し。
岩波文庫 活字は好きだけど、あのマークは尿瓶ですか?
中公文庫 やけに丈夫。なぜか微妙に重い。
ハヤカワ JAとそれ以外の装丁が違いすぎ。

185 :無名草子さん:03/09/17 20:41
>>184
新潮文庫   気が付けば増えてる
講談社文庫 『聖の青春』のカバーが変わった。時々カバーを変える。
角川文庫   昔はたくさん買ったが。ソフィア文庫を充実すべし。
学術文庫   古典の授業ではお世話になりました。その他、読み応えあり。
文芸文庫   数冊しか持ってない。
岩波文庫   安くてよい。
中公文庫   確かに丈夫だ。
ハヤカワ    じわじわと増殖中
ちくま文庫  落語本はよい。


186 :無名草子さん:03/09/17 21:05
デイヴィット・コパフィールド(岩波)と
デビッド・カッパーフィールド(新潮)のどっちがいいかな?

なんか後者でググっても奇術師の方のネタばっかりひっかかる

187 :無名草子さん:03/09/17 21:33
気づけばちくま文庫ばっかりという人は多いと思う

188 :無名草子さん:03/09/19 07:48
古典で岩波
定番新潮
趣味でハヤカワ
だな。
講談社学術文庫のフォントが大好きな少数派です。

189 :無名草子さん:03/09/20 19:12
カバーの紙質が悪いのをどうにかしてほしい。背表紙がいたみやすい。

190 :無名草子さん:03/09/20 21:36
天アンカットも伝統だかなんだか知らんけど
汚れやすいからなんとかしてくれい!

191 :無名草子さん:03/09/21 00:25
>>190
天アンカットはそのままがいいな。
それよりも最近の改版、文字が大きすぎる。
あれはやめてほしい。

192 :無名草子さん:03/09/21 00:30
岩波ばかりです

193 :無名草子さん:03/09/21 01:29
文庫は買ったらのり付けでカバーがはずれないようにするべき
安心してずっと読める。

194 :無名草子さん:03/09/21 01:31
>>192
俺も。
本当におもしろそうで為になりそうな本を読もうとすると岩波が一位で
中公が二位になる。

195 :無名草子さん:03/09/21 02:37
昔は新潮が多かった。
河上徹太郎や平野謙が文庫であったから。
いまは岩波と講談社(文芸・学術)が多い。
古い本を次々に絶版にした新潮は読者なめすぎ。

196 :無名草子さん:03/09/21 03:08
やっぱ社長替わってからそうなったの?

197 :無名草子さん:03/09/21 21:08
>99
同感。

198 :無名草子さん:03/10/04 19:03
ここで質問でいいのかな?
坂口安吾の「白痴」の表紙、前のデザインはどうだったか覚えてる方いらっしゃいますか?
私は最近買ったんですが、前に本屋で見た時は違ったような。
今のデザインあんまり好きじゃなくて・・・
三島由紀夫のもどんどん変わってきちゃってるから、早いうちに買い揃えておかないと。
(表紙で選んでるわけじゃないけど、表紙が好みだとより読んでいて楽しい)

ご存じのかた、教えてください。おねがいします!

199 :無名草子さん:03/10/05 07:01
http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/

ここらへん参考にしる!

200 :無名草子さん:03/10/19 19:38
「真珠婦人」の儲け主義のデザインにガッカリ(ドラマそのまんま)

201 :無名草子さん:03/10/19 20:54
でもドラマにならなければ真珠婦人の文庫化もなかったでしょうし。
菊地寛は「恩讐の彼方に・藤十郎の恋」だけだったもんね。

202 :無名草子さん:03/10/22 16:29
男は黙って岩波文庫
女は笑顔で新潮文庫


これ常識

203 :無名草子さん:03/10/22 16:35
>>72
激しく遅スレなんですが、禿同です。
最近の新潮はよく「文字が大きくなって読みやすくなったYO!」っていって改訂してますが、言わせてもらうと、これまでに
「文字が小さくて読みにくい!」って思ったことは一度もない。つーか、大きくなると逆に読みにくい・・・・。

なにやっとんじゃお前ら?>新潮

204 :無名草子さん:03/10/22 17:09
1ヶ月まえぐらいに「坊っちゃん」買って読んだ時
なんか字がでかいなーと思ったんだけど、もしかして昔は
もっと字がちいさかったの?坊っちゃん。
他の新潮はだいたい1ページ17行なのに。

205 :無名草子さん:03/10/22 20:54
>198
私の持っている「白痴」は、灰色の地に目玉(の、ようなもの)が
たくさん並んでいるというデザインですよ。
ただ、父の本棚にあった二十年以上前の本なので、
間に何回かデザインが変更されているかもしれません…。

206 :無名草子さん:03/10/22 22:56
新潮文庫の字がデカくなったのはたぶん、
年寄りどもが「字が小さくて読めんのじゃ〜」という投書を
したせだと思われ。これは、ジジイむけの雑誌をつくっている立場の
人間としての発言だ。多いんだよ、ジジイのこの手の投書。

207 :無名草子さん:03/10/23 00:32
老眼だとある程度小さい字のほうが読みやすい。

208 :無名草子さん:03/10/24 01:04
俺は自分が若いので老眼についてはよく感覚として
わからない。でもジジイからの「字が小さくて読めんのじゃ〜」という
投書が多いのは知っている。どこまでデカくれば気がすむのか、
教えてほしい。一ページに1個ぐらいの割合で
巨大な字があれば満足してくれるのか?

209 :無名草子さん:03/10/25 10:31
言い方が皮肉っぽすぎ

210 :無名草子さん:03/10/25 13:38
だから今くらいで丁度いいんじゃないの。

211 :無名草子さん:03/10/26 01:41
新潮文庫の表紙の中にはいまだに「60〜70年代」の雰囲気を
持ってる奴ってあるでしょ。
たとえば松本清張とか安部公房とかの。
ああいうの好きなんですよねー。どこかアナーキーで。

今風に変更しないでずっと古くささ(いい意味で)を守り続けてほしい。。。

212 :無名草子さん:03/10/30 17:29
確かに新潮のカバーは好きなヤツが多いな。

逆に講談社文庫はほとんど印象に残らんヤツばかり。
よく言えば安定、悪く言えば無個性って事か。

213 :無名草子さん:03/11/02 23:05
新潮文庫で変な本を持っている。
表紙=虐げられし人々(ドストエフスキー)
中身=ことばと文章の心理学:波多野完治)
この本を買って以来(昭和40年5刷)新潮文庫をチョットばかし信用してない。

214 :無名草子さん:03/11/22 22:23
今日、人間失格と斜陽を買ってきた。。

おれは大活字賛成派。
今のフォント、大きさは最高。
あんま小さすぎるとどこ読んでるかわからなくなる。。。

ってかただのリア厨です

215 :214:03/11/23 15:44
坊っちゃんはでかすぎる。18行くらいがいい

216 :無名草子さん:03/12/29 11:50
Yonda? のぬいぐるみ欲しいから
今まで夏の100冊に入ったことないけど面白いという本を50冊教えろや( ゚Д゚)ゴルァ!!
三島、遠藤、塩野、宮部はほとんど持ってるからいらんぞ。
ついでに翻訳もの嫌いだからそれもなし。



217 :無名草子さん:04/01/20 19:22
>>216
綾辻行人「霧越邸殺人事件」
星新一の本全部
筒井康隆「笑うな」「虚航船団」「朝のガスパール」
柳美里「男」
向田邦子「思い出トランプ」
こんなあたりでどう?

218 :無名草子さん:04/02/05 14:51
新潮の大好評のしおりですが、他社が真似しないのは特許かなにかを取ってるからなのでしょうか。

219 :無名草子さん:04/02/05 16:02
大好評のしおりって何?スピンのことかな。
スピンのことだとしたら他社にもあるしな。

220 :無名草子さん:04/02/05 17:52
文春が一番多いのは漏れだけ?

221 :無名草子さん:04/02/05 18:19
スピンは明治製菓だね。なかなかおいしいよ。

222 :無名草子さん:04/02/05 18:45
新潮文庫って100冊で一単位なんだろ?な?

223 :聞いてくれよ:04/02/13 14:42
昨日、ネットで加賀乙彦の「宣告」新潮文庫
を買ったんだよ。
そしたら、文字がでかくなってて、上、中、下の三冊になってやがった。

まぁ、それは百歩譲って、許せるよ。
目の悪い人にとっては、文字が大きいほうが、いいもんな。

でもな、カバーの表紙に、デカデカと「文字拡大版」とか
入れるのやめろよ!
メチャメチャかっこわりーよ!
装丁だって、本の一部だろ!
新潮の装丁は割と好きだから、余計ショックだよ!
表紙に、あんな余計な文字を入れるなよ!
バカじゃねーのか、新潮文庫!
ふざけんな!

224 :無名草子さん:04/02/13 22:34
>>218
コストが、かかるから。
昔の福武文庫もスピン付いててよかった。

225 :無名草子さん:04/02/14 04:37
>>223
最後に、まあ素人は幻冬社文庫でも読んでなさいってこった、
とか入れるとモアベター。

226 :無名草子さん:04/03/14 00:26
ヨンダくんの点数をあつめたいがために新潮ばかりをかうのでしょうね。

227 :無名草子さん:04/03/14 00:41
武満徹「音・沈黙と測りあえるほどに」を早く文庫化せんかいゴルァ!!

228 :無名草子さん:04/03/28 00:20
いかりや長介の「だめだこりゃ」っていま在庫切れなの?

229 :無名草子さん:04/05/04 23:52
気がつけば 角川文庫が 増えてきた

230 :無名草子さん:04/05/06 15:03
>>229
アニヲタはキモい

231 :無名草子さん:04/05/07 05:02
新潮だけじゃないけど、各社絶版にするのが早すぎ。
この間朝日新聞の「自作再見」に載ってた、つかこうへいの「熱海殺人事件」(角川文庫)を買おうとしたらないの。
何とかしてほしいなあ。

232 :コリン・タッジ:04/05/07 07:18
新潮文庫はこれからも栞紐文化を
継承してもらいたいです。
文庫界における最後の希望を担っているのです。

233 :229:04/05/09 12:08
>>230
アニヲタじゃないよ。
キングの暗黒の塔シリーズと夢野久作の短編集を買ったら角川だったんだよ。
あと、好きなスペイン人映画監督さんの本も角川文庫だった。
角川文庫は背表紙が嫌いだ。

43 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)