5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

斎藤孝氏の3色線引き読書法は複雑すぎでないか?

1 :無名草子さん:02/09/26 20:07
 3色も使い分けるのは大変だと思う。
 線を引くのには賛成だ。梅棹さだおの知的生産の技術を読んで必要と
感じた。
 しかしながら方法というものはできるだけ単純がいいのではないか?
 鉛筆で線をひくとかメモするという程度でいいのではないか?
 異論反論どうぞ。

2 :無名草子さん:02/09/26 20:10
3色の付箋の方がいいと思います。
以上。

3 :無名草子さん:02/09/26 20:13
付箋なんてもっと大変だし、第一印をつけたい部分が分かりづらい。
よってもっとよろしくない感じがする。

4 :無名草子さん:02/09/26 20:26
 っつーか、線を引くって使い捨ての本を急いで
読み飛ばしたい時にやるものでしょ? 普段する
必要ないと思うんだけど。

 何度も読みそうな本に印するなら、フツー付箋かメモ。
ボールペン使うなんて、余程大量の本を一気に読まなきゃ
ならん人か、さもなければ読む習慣のない人がやることと
しか思えん。

5 :てぃ:02/09/26 22:30
知的能力が高い人なら、線なんか引かなくても、
それと同じ程度のことは脳内で処理できるやんけ。
君ら、「凡」。

6 :無名草子さん:02/09/26 22:39
ほほお、斎藤孝は東大卒で明大教授だが、君にとっては知的能力が低いんだね。

7 :無名草子さん:02/09/27 01:29
>>6
>東大卒で明大教授
微妙だな(w

8 :無名草子さん:02/09/27 01:54
むしろ東大法学部卒の斎藤氏に、チミたちがついていけないだけなのでは?


9 :無名草子さん:02/09/27 02:04
ボールペンというもんを使うこと自体、すでに的外れ。
梅棹さんのように、デルマトグラフを用いることで、寝転んで線引き読書が可能。
 
3色使って線引きしても、再読時に線の色を参考に頭の中で整理するわけでもなく、
全く以って意味不明。
 
斉藤氏の小金稼ぎにしか思えんよ。
ちなみに東大法卒明治教授なら、知的レベルはむしろ上の下クラスと思う。

10 :無名草子さん:02/09/27 02:12
読書できない人のための訓練用読み方だろ。しかも子ども向けの。
そう書いてなかったか?

11 :無名草子さん:02/09/27 02:25
気に入らないなら3色使わなきゃいいだけ

12 :無名草子さん:02/09/27 21:31
何か知的生産の技術をすりなおしたような感じで特にオリジナリティが感じられな
かった。パクリとまではいかないが。しかしながら線を引いたり書きこみをするのは
昔から行なわれてきたことだ。
渡部昇一も知的生産の何とかという本を出したりしている。
野口ゆきおの勉強法なども同類の本だと思う。
要するに何年かすると流行る一連の学習法本だとカテゴライズできると思う。

特に新鮮味はない。

13 :無名草子さん:02/09/28 00:24
三色ペンの緑の使い道のひとつとしてはなかなか秀逸

14 :無名草子さん:02/09/28 00:58
代ゼミの西谷先生の講義では五色使いわけてたからなあ。

15 :無名草子さん:02/10/09 20:00
こんな複雑な方法は普及しない、と思う。

16 :無名草子さん:02/10/09 20:07
13いいこt

17 :無名草子さん:02/10/09 20:12
線引いてもなぁ。
どこにどういう線を引いたかそのページ開かないとわからないし。

18 :無名草子さん:02/10/22 17:08
今朝外房線で向かいに座ったじじいがおもむろに3色ボールペンと文庫本出して
読み始めたよ。文庫は微妙に書き込みが。
なんか「いちはやくトレンドを追いかけてます」って感じがして笑ってしまった。
流行に流される若者を悪くは言えませんな。

19 :無名草子さん:02/11/13 05:07
齋藤先生はいまは東大でも授業をやっていますよ。
私は影響されて三色やってますが、かなり優れていますよ。
しばらくやんないとわかんないですね、これは。

20 :無名草子さん:02/11/13 05:25
この人、お金儲けは上手そうですね。なんかそれだけ。

21 :無名草子さん:02/11/13 05:31
明治の体育会系の学生で、それまで本などろくすっぽ読んだこともない
連中を本の読める人間にする方法論なんだよ。

斉藤先生の勤務先が一流大かどうかとは全く関係ない。そんなことにしか
目がいかない知的じゃない者こそあの本で教育してもらうべき。



22 :無名草子さん:02/11/13 05:36
なんか、中学生に向かって言うようなことを
わざわざ本書いてやってそうだなー、と
読む前から思うんですが。


23 :無名草子さん:02/11/13 05:39
だから今はそれだけ本の読める人が減ってるってこと。
同じ明治でも20年前とはエラい違い。

24 :無名草子さん:02/11/13 05:41
それから、子どもをどうやったら本の読める子にできるか
頭を悩ませてる親に向けての本でもあるな。
斉藤先生は教育者でもあるからね(教育学部出身じゃないけど
人に教えることは骨の隋まで好きらしい)。

25 :無名草子さん:02/11/13 06:24
テレ東のたけしの番組に出てきて、出演者みんなにいろんなこと
させてたときに、同時に出演してた美輪明宏が呆れたようにして
たのがあまりに印象的。


26 :無名草子さん:02/11/13 11:56
大体3色ボールペンて書きづらいんだけど。
もっと性能のいい3色ボールペンが発明されたら参考にしてみるよ。

27 :無名草子さん:02/11/13 13:30
2色ペンでやってもそれなりの効果はあると思う。

28 :無名草子さん:02/11/13 16:41
本にボールペンがくっついて売ってるってのは
面白いけどね。

29 :無名草子さん:02/11/13 17:26
読んだ本について誰かと話す時は
理解力や要旨を見てもらうために
有効だろうけど、一人で読むときに意味があるかね?
せいぜい読み返す時に、丸ごと読まなくても
要旨を拾えるってくらいだろう

30 :無名草子さん:02/11/13 19:46
一方法としては別にいいんじゃない。むしろ本の読み方の多様性を広めた点で
評価する。テレビゲームだってクリアだけでなくいろいろ楽しみ方があるのと
同じで。

31 :無名草子さん:02/11/14 02:45
内容を聞いたときに、駿台予備校でイイタイコトとか
言ってた某現代文教師の方法を思い出した。寒すぎ。

32 :無名草子さん:02/11/22 11:53
三色は「主観」と「客観」の切替を鍛えるトレーニング。
この「型」を「技化」するのは短時間では無理だからしばらくやってみないと分からないと思う。
三色を使い分けるのが大変というのは違うと思う。
ボールペンは鉛筆と違い書いた後が消えなくなる。
だから鉛筆とは違って「賭ける」気持ちが出てくきて、この「賭け」の要素が必要だというのは自分も思う。
何をするにもこの種の覚悟がないと本当に伸びないと思う。
それに色を変える時の『カチッ』というが脳の思考の切替にもいいもいうのも凄い。
失礼だがボールペンが的外れという指摘が的外れだと思う。

個人的には友達と同じ本に線を引いて、引いたものを交換して読むのがおもしろい。
特に、友達が好きな本に引いた緑を読むのは、意外な面が見えることもあって楽しい。

まあどちらかというと子供の教育向けかもしれないし、この読み方が気に入らないなら読まなければいいだけの話だけど。

33 :無名草子さん:02/11/24 00:26
>>32
色鉛筆も消えませんが。
ついでに、他人の内面見るのも嫌だし、交換する前提で線引くのと自分個人の
為に線引くのは交換日記と個人日記程の違いがあると思う。

34 :32:02/11/26 16:57
>>33
確かに色鉛筆も消えないけど、ボールペンで色を切り替える時の『カチッ』という音がしない。
消えないのと同時にこの音も重要だと思う。

35 :無名草子さん:02/12/11 15:02
 浅田)あと、最近一番嫌なのは『声に出して読みたい日本語』のシリーズ。
 田中)ああ、齋藤孝ね。
 浅田)ああいう体育会系の身体論バカって最悪だよ。腹から大きな声を出して読もう、相手の目を見てしゃべろう、とかさ。
    金八先生みたいな熱血教師が言いそうなこと。もうサイテー(笑)。
 田中)あはは。
 浅田)たとえば、川端康成の『雪国』の「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」を引用してるんだけど、「こっきょう」ってルビを振ってあるわけ。
 
    日本国内なんだから「くにざかい」だろうって(笑)。

 週刊誌とかで批判されたから、最近の版では直してるみたいだけどね。
 基本的に文学なんて何もわかってない。とにかく元気よく朗々とっていうだけの売りであそこまで行ったんだよね。
 田中)それで100万部突破だからね。脅威だよ。

ttp://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/20021129/index.html



36 :無名草子さん:02/12/11 15:28
>何か知的生産の技術をすりなおしたような感じで特にオリジナリティが感じられな
>かった。

最近の本ではマッピングをとりあげてますが、これはトニーブサンのテクニックで
すよね。そのことは書いてますか?
いろんな会社で彼の会議革命を導入しているようですが、すでに経営学者などが
こういうことはいっているのでは?大学教授がいったら右にならえっていうのは
おかしいですね。

37 :無名草子さん:02/12/11 15:37
>今年は、小柴昌俊の物理学賞、田中耕一の化学賞と、
日本人がノーベル賞を二つも取った。田中耕一があ
まりにナイーヴなんで国民的人気があるってのも妙
な話だけど、まあ島津製作所の地道な研究員に光が
当たったのはよかったよ。

経済学のなんの研究実績もないのに経研に居座り、税金で飯を食っている浅田先生
の正体にそろそろ火があたってもよいのでは?

38 :無名草子さん:02/12/31 21:16
浅田)ああいう体育会系の身体論バカって最悪だよ。腹から大きな声を出して読もう、相手の目を見てしゃべろう、とかさ。
    金八先生みたいな熱血教師が言いそうなこと。もうサイテー(笑)。

こういう人を見下してるような喋り方をする香具師の99%は糞。

39 :無名草子さん:03/01/10 02:58
でも、斎藤は見下されることしか云ってないんじゃ。

40 :無名草子さん:03/01/11 12:35
>>39
浅田はあれが芸風で、それで飯食ってンだから・・・。
でもああいう京都公家ライクな性格の悪さ、相手の目を見られないでボソボソ喋る
めがねザルみたいなゲイとくらべりゃ、こっちの方がマシだな。

41 :無名草子さん:03/01/12 13:05
この人って出来る人はなにが違うのか、の著者の人?

42 :無名草子さん:03/01/12 13:06
  ∋8ノノハ.∩
   川o・-・)ノ <先生!こんなのがありました!
__/ /    /   
\(_ノ ̄ ̄ ̄\
||ヽ|| ̄ ̄ ̄ ̄||
 ...|| ̄ ̄ ̄ ̄||
http://freeweb2.kakiko.com/saitama/

43 :山崎渉:03/01/12 18:20
(^^)

44 :無名草子さん:03/01/22 19:33
http://www.office-srr.com/kouza/aboutSRR/srr_4.htm


無料でここまで。。。

45 :無名草子さん:03/01/22 22:05
age


46 :山崎渉:03/01/23 04:06
(^^)

47 :世直し一揆:03/03/01 21:25
<血液型A型の一般的な特徴>(見せかけの優しさ・もっともらしさ(偽善)に騙され
るな!!)
●とにかく気が小さい(神経質、臆病、二言目には「世間」、了見が狭い)
●他人に異常に干渉し、しかも好戦的でファイト満々(キモイ、自己中心、硬直的でデリカシーがない)
●妙に気位が高く、自分が馬鹿にされると怒るくせに平気で他人を馬鹿にしようとする
(ただし、相手を表面的・形式的にしか判断できず(早合点・誤解の名人)、実際にはた
いてい、内面的・実質的に負けている)
●本音は、ものすごく幼稚で倫理意識が異常に低い(人にばれさえしなければOK!)
●「常識、常識」と口うるさいが、実はA型の常識はピントがズレまくっている(日本
の常識は世界の非常識)
●権力、強者(警察、暴走族…etc)に弱く、弱者には威張り散らす(強い者にはへつらい、弱い者に対してはいじめる)
●あら探しだけは名人級でウザイ(例え10の長所があってもほめることをせず、たった1つの短所を見つけてはけなす)
●基本的に悲観主義でマイナス思考に支配されているため性格がうっとうしい(根暗)
●単独では何もできない(群れでしか行動できないヘタレ)
●少数派の異質、異文化を排斥する(差別主義者、狭量)
●集団によるいじめのパイオニア&天才(陰湿&陰険)
●悪口、陰口が大好き(A型が3人寄れば他人の悪口、裏表が激しい)
●他人からどう見られているか、人の目を異常に気にする(「〜みたい」とよく言う、
世間体命)
●自分の感情をうまく表現できず、コミュニケーション能力に乏しい(同じことを何度
も言ってキモイ) 
●表面上協調・意気投合しているようでも、腹は各自バラバラで融通が利かず、頑固(本当は個性・アク強い)
●人を信じられず、疑い深い(自分自身裏表が激しいため、他人に対してもそう思う)
●自ら好んでストイックな生活をしストレスを溜めておきながら、他人に猛烈に嫉妬
する(不合理な馬鹿)  
●執念深く、粘着でしつこい(「一生恨みます」タイプ)
●自分に甘く他人に厳しい(自分のことは棚に上げてまず他人を責める。包容力がなく冷酷)
●男は、女々しいあるいは女の腐ったみたいな考えのやつが多い(例:「俺のほうが男
前やのに、なんでや!(あの野郎の足を引っ張ってやる!!)」)

48 :無名草子さん:03/03/01 21:33
俺も受験生時代、世界史の参考書に五色色塗り(人名、地名、事件名など)を
試みたが、最初の一ページで挫折してしまったんだよなあ。

現在その本は妹の手にあり、気になるらしく「これどこで買ったの?」と聞かれた。
俺の手になるものとは気付いてない……

49 :無名草子さん:03/03/01 22:35
>>35
「雪国」は「こっきょうのトンネル・・・」で良いんじゃないの?
国内とか外国とか関係ないし、文章のリズムからいって自然じゃん。

50 :無名草子さん:03/03/02 16:31
他にも結構ひどい間違いあったよね>声を出して読みたい日本語
この人は大野晋あたりとは違って別に専門家でもない、ただの商売人ですよ。

というか大学受験用の現国の参考書あたりでも十分代用できるんじゃないかな?

51 :山崎渉:03/03/13 17:04
(^^)

52 :無名草子さん:03/03/13 22:26
>>49
へっ?

53 :山崎渉:03/04/17 12:22
(^^)

54 :山崎渉:03/04/20 05:55
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

55 :無名草子さん:03/04/20 22:09
角川の新卒試験受けて買わされたよ、この本。
「作文に必要だから買ってください」って。
実際の試験、読まなくてもできたかもって感じだったけど。

内容を自分の中に取り込めって書いてあったけど、
勉強のためや調べもののためじゃなかったら、
別に無理して残す必要ないなあと思った。

56 :無名草子さん:03/04/30 19:12
浅田ってまだ生きていたのか・・・
そういえば栗本はもう死んだのだろうか?

57 :山崎渉:03/05/22 02:11
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

58 :無名草子さん:03/05/23 15:39
「雪国」を作者の川端が朗読したのを聞いたことあるけど
本人も「こっきょう」ってゆってますた。

59 :無名草子さん:03/05/27 10:18
浅田って基地害なの?


60 :山崎渉:03/05/28 16:27
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

61 :無名草子さん:03/06/13 16:43
NHKスタジオパークに出たの見た人いる?

62 :sage:03/06/13 18:10
 

63 :無名草子さん:03/06/18 21:00
>>47
ステレオタイプ

64 :無名草子さん:03/06/19 12:09
わたし、昔個別指導塾で働いていたのですが
そこでは読み方教室をオプションでやっておりまして
小学生の学習障害やらADHDやらの子達には効果がありました。
私が思うに彼らの問題は脳の言語認識が未発達であるところが大きいのです。
だから色付けなどの視覚刺激や音によって頭の中に
言語というものを入れて行くのが効果があるような...
三色ボールペンと音読は。
でも、これって普通程度の学力がある大人がやるものなの?

あと、この本っていつ出たの?
私が塾に勤めていたのは八年くらい前なのだが
この人の本からマネしたのかな?

65 :無名草子さん:03/07/14 10:21
本を汚して古本屋に出回らせないようにする戦略だよ
やってる香具師は斎藤の思う壺だ。

というか三色ボールペン引いてある本見たら噴出しそうだw

66 :無名草子さん:03/07/14 12:45
3色に限らず線引いた本って時間経つと自分でも何でこんなとこに線引いたんだと後悔するな。。
線引いてる時はなんか便利な気がするけど後になれば邪魔なだけ

67 :無名草子さん:03/07/14 19:29
とりあえず3色でひきながら2冊ほど読んだけど、めんどくさいや
黒1色で十分ですね

68 :無名草子さん:03/07/15 01:10
本を売るときも査定に響くからな。まあBの鉛筆で薄く線を引こう。

69 :無名草子さん:03/07/15 04:53
線なんか引いたら後から必ず邪魔になる。

70 :無名草子さん:03/07/15 05:01
まあ、とりあえずは青空文庫で落っことして印刷したもので試してみなさい、ってことだ。

それで効果があると感じた人は続ければいいだけの話。

71 :無名草子さん:03/07/15 05:54
難しい本は線を引きながら読むとわかりやすいね
3色はちょっと

72 :山崎 渉:03/07/15 11:20

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

73 :無名草子さん:03/07/19 07:45

 鉛筆の赤と黒の2色でいいんじゃないの
 直線と波線、レ点、?を使い分けて…
 


74 :無名草子さん:03/07/22 10:09
この方法を実践している人って本当にいるの?
文庫本なんかだと、紙質によっては線引きすると相当いたむけど。
(講談社だとまだいいけど、新潮、岩波、角川はダメポ)

75 :無名草子さん:03/07/27 02:42
3色=3段論法をイメージさせるところが、味噌

76 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:55
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

77 :無名草子さん:03/08/13 14:02
こいつのせいで貴重な絶版本までDQNに3色線引かれてたらやりきれないな

78 :無名草子さん:03/08/13 23:42
ですよね〜。でも、俺まえやってて、なかなか良いと思ったが、めんどうだし、本汚くなるし。
結局、やめちゃた。

79 :マリーナの夏:03/08/13 23:59
http://life.fam.cx/a011/

80 :無名草子さん:03/08/14 01:44
線引くのって本読む人なら一度はやってみることだと思うが、
その結果意味ないことがわかるのでやめるもんだろう。
もちろん三色は論外。

81 :無名草子さん:03/08/14 03:14
線を引かないと頭に入らないという特異体質で線を引きまくっていますが
法律の勉強をしていましてオプティクスファンカラーで
条文や定義など緑、理由青、判例ピンク、規範定立オレンジ、批判や反対説に紺系の青。
とやってますが3色の使い方って何?
それから消せるペンが最近あってユニボールシグノイレイサブル水色を使っております。

82 :無名草子さん:03/08/14 06:37
漏れは線を引いても何も頭に入らない。
その文章なりフレーズなりをノートに書き写すと頭にも入る。
筆記の動きと関連付けられてるらしい。
漏れには有害無益。

83 :無名草子さん:03/08/14 08:27
線ひかない。
線なんか引かずになんども読め。
読みこむんだ。
それが読書ってもんだよ、諸君。

84 :無名草子さん:03/08/15 01:07
鉛筆で書き込むのがこういう場合、普通。
三色も使うのは複雑で混乱するので続かない。

85 :山崎 渉:03/08/15 21:53
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

86 :山崎 渉:03/08/15 22:59
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

87 :無名草子さん:03/08/15 23:06
斎藤はろくに本読んだことないんだろ。
三色線引きは労多くして益なし。こんなこと常識。

88 :無名草子さん:03/08/16 12:55
読んでる途中でこれはと思うポイントがあればページの端を折る
基本はそれだけ
余裕があれば折ったページを開いて該当箇所に赤鉛筆で線を引く


89 :無名草子さん:03/08/16 13:09
齋藤もここのところだんだんブームが過ぎてきて、かつての怒涛の勢い
も衰えてきた。そんなことは前々から分かっていたが、結局はブームだ
ったのである。ブームはいずれ過ぎ去る。
こうして、ブームが過ぎてみると、冷静に彼の方法を分析してみることが
できるが、実際彼の「方法」は脳内で拵えただけの理想計であって、
多忙な現実の中で果たして実行可能かどうかは多分に疑問である。

90 :無名草子さん:03/08/16 18:26
斎藤式プリントというのもあるらしい。
どこかの校長がやってるプリント学習と一緒に宣伝してた。
いずれにしても公文のプリント学習と大差ないことに
いちいち反応するバカ親の責任も大きい。
3色線引きは冗談でないとすれば斎藤もかなり頭弱いな。


91 :無名草子さん:03/08/16 19:00
斎藤・・そこらへんの学校の国語教師になっていたら、けっこういい先生に
なっていたと思うんだよね。
学者としてはイマイチ

92 :直リン:03/08/16 19:04
http://homepage.mac.com/maki170001/

93 :無名草子さん:03/08/23 22:46
本に線を引くなどというのは蛮行である。
線を引いてしまうと、再読する際、そこしか読まなくなる。
だが、数年経ち知識が増え、関心も変わると、むしろ線を引いていないところ
にこそ重要なものがあることに気づくはずだ。
別の言い方をすれば、本に線を引くというのは、あるコンテクストを選択して
しまうとことである。つまり、一つの<読み>を固定化してしまうという危険
性がひそんでいる。
しかし、本は再読する度に新しい意味を生成してくれる。再読するごとに新たな
意味を喚起する<読み>こそが、本当の身につく読書である。読書百遍意自ずか
ら通ずとはこういうことだろう。

94 :無名草子さん:03/08/23 23:53
>>93
イイネ!

95 :無名草子さん:03/08/24 01:45
御本に線を引くのは、先生の顔にいたずら書きをするようなものです! 
と幼少の頃ばあやが・・・

96 :無名草子さん:03/08/24 11:58
93
プロだな。
だが本初心者は線引くのもアリだと思う

97 :無名草子さん:03/08/28 16:37
>>93
しかし線を引くと再読の時すみやかに読むことができる。それに重要だとおもうところは時間をおいてもそんなに変わるものではない(私の経験上)。
三色は必要ないな。根気が続かないよ。

98 :無名草子さん:03/08/30 16:55
本に線を引くのはいい。しかし黒の鉛筆で引くくらいでいいし、それが限度。
三色もボールペンで引くなどということは全くもって読書とは全く別の作業
で同時に並列することは付加。
だれだって、膨大な著書を読むとき、特に研究に使おうってことなら、目印
つけとかないと引用できない。あるいは日記を読んでいてだれかある人物について
の記述を調べようってんなら、その人物名やそれに関する記述にだけ線を引いといて
あとでそれをまとめるとか、必要に迫られてやるものだ。
よって、三色ボール線引きには反対。

99 :無名草子さん:03/08/30 17:09
英語の本まで出して調子にのってないか?
能力開発とかほざいてるし、新興宗教みたい。

100 :無名草子さん:03/08/30 21:13
齋藤メソッドだとよ)プ

101 :無名草子さん:03/09/02 13:41
「マッピングコミュニケーション」
会話や会議まで、紙に書いて3色ボールペンでやるなんて、
ちょっと無理があるぞ。


102 :無名草子さん:03/09/30 06:55
今日、立ち読み10分で済ましたが…
1ページで済むぐらい簡単なことを、本一冊で説明していると思った。

しかも、従来の自己啓発系のネタで、ページ稼ぎしてまで…

103 :無名草子さん:03/10/02 01:39
2ちゃん内に斎藤孝について語るスレは無いですか?

104 :無名草子さん:03/10/27 00:11
あげ


105 :無名草子さん:03/10/27 01:24
これって学校の授業か何かで、プリント一枚分ぐらいの内容を配って
さあ読んで線を引いてみましょうってするものじゃないのかな?
朗読なんかだと全然聞いていない奴とかいるだろうから
こういう能動的で、やったことが形として残って、
できない言い訳をしづらい(線引くだけなんだから)授業は
サボりにいので授業効率が良く、教える側のメリットが大きいと思う。
こういう読み方は大学受験国語では非常に有効なので
本を読む習慣のない人間に受験用の精読を見に付けさせるのには
適している気がする(普通に本読ませた方が遥かに良いとは思うが)。

106 :無名草子さん:03/10/28 13:59
本と3色ペンを使って行う自己能力開発法って感じ。読書とは別物でしょ。
本を読まない人というより、読書が肌に合わない人、本が嫌いな人向けの「読書法」かな。
ますます本が嫌いになるかもしれんが。

107 :無名草子さん:03/10/31 02:38
三色ボールペンを実践してます。
線を引いたものを交換して読むと楽しいそうですが、
友達が皆無なので無理です。楽しくないです。

108 :無名草子さん:03/12/23 23:06
無駄無駄無駄無駄無駄無駄ぁ

109 :無名草子さん:04/01/04 03:25
3色<本>全然読まない人には有効ですよ。100冊以上読んでいる人には無駄かな〜。

110 :無名草子さん:04/01/15 03:26
100冊の壁

111 :無名草子さん:04/01/16 19:13
 さて,私が設定する「読書力がある」ラインとは,「文庫100冊,新書50冊を読んだ」
というものだ。
―――齋藤孝「読書力」岩波新書


112 :無名草子さん:04/01/16 19:26
それって、どれくらいの期間で?

113 :無名草子さん:04/01/16 19:32
 では,100冊(引用者注・文庫)をどの期間で読めばよいのか。もちろん
一生かけて100冊に至るのでも悪くはない。しかし,トレーニング効果を
考えると,有効期限は一応4年と設定したい。
―――齋藤孝「読書力」岩波新書



114 :無名草子さん:04/01/16 19:34
111 はP8
113 はP27
より引用。

115 :一尺八寸 尽:04/01/19 17:57
斎藤孝ねぇ…
性格が嫌いだし本の内容もくだらないし
なによりあのいっちゃってる目つきは ど う に か な ら ん の か ?

116 :一尺八寸 尽:04/01/19 18:01
>>35
斎藤孝が「人の目を見て話せ」なんて本当に言ったの?
それが事実ならよほどの馬鹿だな。
戦後、欧米の価値観が流入する前は
日本人の間では「人の目を見たまま話す」のは無礼な行為だとされる伝統があった。
身体論を標榜してるのにそんな事も知らないとは、ちょっと興ざめだね。

117 :一尺八寸 尽:04/01/19 18:08
>>39
斉藤の文章も人を見下しまくりですよ。

「くにざかい」の話にしてもそうだけど、
伝統に対する教養が無いのに伝統を標榜するウンコが支持されるようになったので、
>>40みたいに「人の目を見て話す」のが良い事でそれが出来ない事は悪い事だ
みたいなへんな価値観が根付いちゃった。
日本人の身体観に対する斎藤の理解は非常に皮相的。
「スポーツ漫画の身体」(だっけ?)とか読めば解ります。

118 :無名草子さん:04/01/19 20:12
「読書力」はわりと頷ける部分が多かった。3色はイマイチ。

119 :無名草子さん:04/01/20 18:18
質問力。。。(゚д゚)

中身が無くてびっくりした。前半はまだ読めたが


120 :無名草子さん:04/02/24 18:16
ビジネス本も出しましたね。
一度も社会経験のない人がビジネス語るとは
片腹痛いですぅ。

121 :無名草子さん:04/02/24 23:04
>120
ワロタヨ

122 :無名草子さん:04/02/27 00:15
3色の本買おうと思ったけど、やっぱやめよ。
鉛筆でちょこっと線引くとか印つけるだけで十分か。

新書に3色法使うのはいいけど、小説には3色法を使いたくない。
って思うのですが、どうでしょうか。

123 :無名草子さん:04/02/27 01:52
前やってたんで、鉛筆でちょこっと線引くってのも一理あると思う。

でも3色で線引くようになってから、鉛筆の1色に比べて
その本を読み返すのが楽しいです。
読んでからかなり時間がったっている本でも内容を
思い出すのが格段に楽になりました。これが4色となると
私もやる気なくなると思うんですが・・・。

このスレには批判的な人が多いけど俺はすすめる。

124 :無名草子さん:04/02/27 12:06
この人ほんとに学術論文かいてるの?って言うくらい疑ってしまう。
読んだ事ないがだいたい想像しうる。
驚くほど内容がなく、どうでもいいことがかいてあって
質量ともにすかすか、字がでかく、空白が多く水増し内容
で自己啓発セミナーっぽい適度なインチキ臭さとカルト風な雰囲気が漂っているという。

125 :無名草子さん:04/03/01 23:20
性善説を前提にしてアンケートを採りましょう。

・線は引かない
・1色
・2色
・3色
・それ以上

私は1色に1票

126 :無名草子さん:04/03/03 23:04
線は引かないに1票

・線は引かない:1
・1色:1
・2色:0
・3色:0
・それ以上:0

127 :無名草子さん:04/03/04 21:01
3色に1票

・線は引かない:1
・1色:1
・2色:0
・3色:1
・それ以上:0

128 :無名草子さん:04/03/04 21:46
3色に1票

・線は引かない:1
・1色:1
・2色:0
・3色:2
・それ以上:0

129 :無名草子さん:04/03/05 22:37
ビジネス本も出しましたね。
社会経験ゼロの人が
「これでクライアントを唸らせられる」とか書いてるのは
どうしようもなく不自然ですぅ。

130 :無名草子さん:04/04/05 13:05
社会経験のなさについては
「実家が商売をしていたので近くでよく見ていた」
とフォローしていたけどw

131 :無名草子さん:04/04/05 19:32
>>93
>線を引いてしまうと、再読する際、そこしか読まなくなる。
ここがズレてる

132 :無名草子さん:04/04/22 13:11
なんか斎藤って説教臭いよね

133 :無名草子さん:04/04/24 13:36
そーそー、教条主義的で理屈っぽいよね。
女性に嫌われそうなタイプ。

134 :無名草子さん:04/04/29 15:33
懐古主義に走りそうな予感

135 :無名草子さん :04/04/29 15:36
綿矢の「蹴りたい背中」をベタ誉めしていたところが日本語研究者として
中途半端に思えるなあ。

136 :無名草子さん:04/04/30 00:48
「呼吸入門」読みますた。
途中「バカの壁」と殆ど同じ内容のこと書いててアイタタ
ほんでもって終章らへんはトンデモ本と化しています。ゆんゆん。
確かにあの呼吸法、一種の自律訓練法にはなるとは思ったが
力説するほどに劇的な効果があってたまるかと。
3、2、15の数的根拠には一度も触れていないというのはどうしたものか。
他にも読んだ方、いますか?

137 :136:04/04/30 08:23
一夜明けて気付いたが誤爆だ。。。スマソ

逝ってきます

29 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)