5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【マターリ】桐野夏生@書籍板【マターリ】

1 ::02/06/16 03:13
桐野夏生作品について語りませう。
『OUT』文庫化記念!!

個人的にミステリーしてるのよりも『玉蘭』や『ローズガーデン』
の方がすきです。短編も良いすね。

桐野夏生っていいですね【ミステリ板】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/994835729/l50

2 :1の続き:02/06/16 03:17
ネタばれする時は初めに「ネタばれ」って書いて欲しいです。
そこんとこよろしく。


ではどうぞ

3 :無名草子さん:02/06/16 03:24
うーん、この人の書くもの、うまいんだろうけど
裏にごう慢さみたいなものが透けてみえて、苦手です。
自意識過剰というか。

4 :無名草子さん:02/06/16 14:26
確かに。読む人を選ぶかも。
以外に激情派というか。

でもそんなトコも好きヨン。

5 :無名草子さん:02/06/16 14:31
人間の心理描写がうまい。
ミステリとしてはラストのネタバレ(ミロシリーズの)はいまいち。
犯人探しにカタルシスをもっていくとどうしてもつまらなくなってしまう
とわかって『柔らかい頬』を書いたのではないでしょうか。

6 :無名草子さん:02/06/16 14:36
テーマはよくあるんだけど、桐野が書くとしつこいほど
登場人物の心の動きを追うからよくあるって感じしない。
納得すること多し。

7 :無名草子さん:02/06/16 15:02
ハードボイルドを舐めていると思う。腐った卵はどんなに茹でても食えないんだよ

8 :無名草子さん:02/06/16 15:48
ハードボイルド小説を書いてるつもりなの?
OUTの話ですか。
腐っているとは思えません

9 :無名草子さん:02/06/16 16:32
outの主人公のビジュアルは桐野本人ピッタシなんすけど

10 :無名草子さん:02/06/16 18:13
夏生タンはなかなかの美人。
好き嫌いはあるだろうが色ッぺえ顔してる。

11 :無名草子さん:02/06/16 18:45
私も何となくOUTの主人公は本人を連想しちったね。
小説の内容は世評ほどのものではないと思いました。

12 :無名草子さん:02/06/16 18:51
OUT。カコイイ主婦たち。

13 :無名草子さん:02/06/16 19:15
『柔らかい頬』は田口ラソディに思いっきりパクられていたね。『アンテナ』で。
子供が消えて最後まで行方がわからないって、そりゃ『柔らかい頬』だろ!って。

14 :無名草子さん:02/06/16 19:19
>13
なにい。初耳なり。ランディー直木受賞作品パクるとは。
叩かれること予想しなかったのか。

15 :無名草子さん:02/06/16 20:46
夏生に言葉なぶりでいじめられたいよね。
「ほら、どこがいいんだい、坊や」とか言って。

16 :無名草子さん:02/06/16 21:30
言葉攻めよりあの鋭い目で睨まれたい萌えー

17 :無名草子さん:02/06/16 21:30
ランDさむいやつ。

18 :無名草子さん:02/06/16 21:37
女王様の目をしてる
綺麗なシトだよねえ

19 :無名草子さん:02/06/16 22:23
ブリーフ一丁の白ブタ編集者が奴隷のようにかしずいてそうだね

20 :無名草子さん:02/06/16 22:31
>>14
なぜかあまりランディスレでは話題にのぼらないんだけどね。
子供が消えたあと、親が新興宗教にハマるところまでそっくり。
(といっても、ランディ側の書き方はいかにもB級で、
必死におどろおどろしく書いているけど)
唯一、「お、ここはランディのオリジナルだな」と、多少認める気持ちになれていたのは
SMシーンだったんだけど、ここはなんと藤森直子って人の本からの
コピペに近いパクリだったとわかり(これが今年の4月に盗作報道されたとこね)、
もう唖然。桐野夏生を追いかけて小説すばるまで買う(ただそれだけのために。
ああー、他に読みたいとこないぞ、この雑誌)ファンとしては、
田口ランディという女が桐野夏生と同じ賞の候補にあげられたという事実だけでも
不潔な感じで許しがたかったね。ま、パクられた桐野夏生のほうは、
ハエがぶんぶん飛んでいるようなもので気にしちゃいないだろうが。

21 :無名草子さん:02/06/16 22:41
よく考えたらあまりマターリした話題じゃなかったね、スマソ。

ときに、文春でやってる「グロテスク」、はやく一冊にまとまらないかな。
最初のほうを読み逃していたのであまり読まないように耐えてるんだけど、
たまに文春を買って一行目が目に入るとつい読んでしまうよ。
中国人の兄と妹のとことか、つい引き込まれて。うーん、辛いです。

22 :無名草子さん:02/06/16 22:44
むう許せん。田口って厚顔無恥な女だな。
ファンとしては腹立たしいが桐野本人が気にしていないのなら
まあ良いけど。


23 :無名草子さん:02/06/16 22:49
『グロテスク』まとめて読んだ方が面白そうなのでちらちら
読みながら我慢してます。
早く出版されないかな。

だから>>2のようにネタばれは初めの方にそう書いといてね。

24 :無名草子さん:02/06/16 22:57
「ダーク」も早く出て欲しい

25 :無名草子さん:02/06/16 23:21
「天使に・・・」と「顔に・・・」を読んでミロがあまりにヤリヤリなんで
嫌な女にみえました。
「ローズガーデン」読んだらミロのそんなところが好きになった。

囚われない自由な女ていうのは魅力的ですね。
桐野はそういう女を書くのがうまい。

26 :無名草子さん:02/06/17 00:08
桐野の描く強い女が魅力的に思えるかどうかで桐野作品の
好き嫌いが決まると思われ

27 :無名草子さん:02/06/17 00:10
ミロは探偵物のとき毎回挫折する
ミロってあんまりプロの探偵ってかんじしないよな

28 :無名草子さん:02/06/17 00:33
この人、物凄く文章力や表現力あって話にもすぐ引き込まれちゃうんだけどさ、
なんかオチがいつも中途半端じゃない?
えっ、そんな終わり方なの?ってのが多い気がする。
この人書いてくうちにどんどん話が自分の思った方向からずれちゃって
最初に考えてたオチに辿りついたとき投げやりになってない?

29 :無名草子さん:02/06/17 00:40
同意。ミステリのオチはいつもそう。
だから『柔らかな頬』のオチは瓢箪からコマってな感じで
逆に良かったのだと思う。
あの読後感の嫌さがいつまでも咽喉もとに残ってて・・・
そこがまた印象深くなっちゃって・・・

30 :無名草子さん:02/06/17 00:41
>29
いいんかい!!

31 :無名草子さん:02/06/17 00:44
なんかえろ

32 :無名草子さん:02/06/17 00:51
>29
そかな。漏れは『柔らかな頬』のあのはっきりせえっ!感
が嫌なのですが。
OUTはスゲ面白かったからヨカタです。

33 :無名草子さん:02/06/17 00:54
「光源」のつづきはあるのだろうか。。。

34 :無名草子さん:02/06/17 00:55
>33それは噂なのですか
ソースは?

35 :無名草子さん:02/06/17 00:58
目玉焼きには醤油のほうがいいよ。

36 :無名草子さん:02/06/17 01:01
桐野の描くいわゆる「性に開放的な」女は
少女漫画の「私エロくてやらしくてイケテルデショ」女と共通するけど
漏れの目にはおばさんだからカコヨク映る。

37 :無名草子さん:02/06/17 01:01
>35
えっっ

38 :無名草子さん:02/06/17 01:02
ワラチタ>35

39 :無名草子さん:02/06/17 01:04
ひろゆきぽいね

40 :無名草子さん:02/06/17 02:04
自意識過剰なところあるかも。
でもそういう自分を分かっていると思う。

41 :無名草子さん:02/06/17 02:05
私の中で玉蘭の評価が高いです

42 :無名草子さん:02/06/17 03:02
夏生タンはデビューするまで何してたのかな
既婚者なのかな
情報きぼんぬ

43 :無名草子さん:02/06/17 18:44
>>42
既婚者。旦那を田舎において、単身上京。
講談社の編集者と浮き名を流す(真相は知らん)。
現在そこらあたりの人間関係はどうなっているのだろうか?
女王様の靴をお舐め

44 :無名草子さん:02/06/17 20:18
桐野さん旦那を田舎においてきてるんだー。
美人だもんね、もてるだろうなあ。
主人公の女はいまいち好きになれませんが、
作品としては面白く読めます。
短編集はイマイチだったけど。短編むいてない気がする。

45 :無名草子さん:02/06/18 10:03
短編むいてなくていいから、ティンポの皮をむいてほしいといってみるテスト

46 :無名草子さん:02/06/19 23:57
>43れすありがとう
恐らく子供もいると考えて、家族達はOUTを読んでどう感じたのだろう。
主人公のビジュアル桐野氏そのまんまだからなあ。
ひどく残酷に感じるのですが。

47 :無名草子さん:02/06/19 23:58
>45
包茎ですか

はい包茎ですね

48 :ネタばれ注意!!:02/06/20 00:09
玉蘭を久々に読んでみて誤字?のようなものがあったのが気になる。
ハードカバーp284一行目(第五章「シャングハイ、ヴェレ、トラブル」
の後半)


・・・昨夜と同様、慣れた手順で淡々と行為を進めていく松田・・・

とあるのですが、松田って誰YO!!穂積じゃねえんすか。
他の作品と混同してる?編者は気付かなかったのかな。
てか漏れの早とちりかなあ

49 :無名草子さん:02/06/20 00:53
玉蘭は何を意味しているの?

50 :無名草子さん:02/06/20 00:56
>>44
自分はむしろあんな女性に憧れる。
ヒロイックすぎて駄目なのかもしれないけどやっぱり
カッコ良いっすわ。クール。

51 :無名草子さん:02/06/20 01:02
恋愛小説というジャンルが苦手で手を出さなかったが、
「玉蘭」を読むと食わず嫌いだったのかもと反省。
面白い恋愛小説もあるのだなあと。

52 :無名草子さん:02/06/20 01:43
でも自分の彼女が玉蘭の有子だったらハゲしく萎え。
確かに付き合ってて面白いだろうだけど疲れそう。
ナイーブ過ぎたから反動であんな風になったんだろうな。
そこが可愛くもあるけど。

53 :無名草子さん:02/06/20 01:45
あうあう。>>52はねたばれ?すまん。

54 :無名草子さん:02/06/21 14:05
そうかな。漏れは有子好きだけれども。
不眠症で月の光を溜めて孤独を癒して眠るなんて
健気なシトじゃないですか。

55 :無名草子さん:02/06/27 03:53
OUTで小平とか武蔵村山とかだっけ?ものすごく描写が細かいけど、
その辺りに住んでるんでしょうか?旦那を都下に残して自分は23区内
にすんでるんですか?
その辺の詳しい情報はどこ行ったらもらえますか?ソース希望です

56 :無名草子さん:02/06/27 04:17
作家なんだからそのぐらいの描写するだろ

書く前に調べただけだろ

57 :無名草子さん:02/06/27 04:22
え-わざわざあんな田舎にいってまで?
住んでたんじゃないのかなー
ってかどこに住んでるの?>夏生

58 :無名草子さん:02/06/27 04:58
>え-わざわざあんな田舎にいってまで?
小説家なめてる?命かけて書いてるんだから中途半端なことするかよ

夏生の小説全部読めばわかるけど、夏生はどこでも書けるよ。過去でもな
どこに住んでたっていいじゃん

59 :無名草子さん:02/06/29 01:03
>55-58
桐野は成蹊大卒。つったら武蔵野だから学生時代住んでた
訳で土地感もあると考えられる。
大泉学園とか石神井のあたりも出ていたので練馬中野武蔵野あたりに
住んだことありと踏んでいる。自分もそこらなので読んでて楽しい。
弁当工場とか実際あんのかな?

60 :無名草子さん:02/06/29 01:06
桐野は金沢市出身。
あのルックスはいかにも金沢生れといったものだろうか?
意志の強い顔立ち

61 :無名草子さん:02/06/30 03:30
今50代くらいの女性で当時四年大学行く人って少なかったろうね。
才女なのかな?才女だよね小説書くんだもん。
最近文庫化されたOUT読んだよTVドラマとはストーリーがちがうんだね。
私はTVのストーリーの方が面白かった。ラストはテレビの方はイマイチだったけど。
小説の方の警察の動きとか最後にもっと書き込んで欲しかったね。

この辺りの話はもう出尽くしてる?

62 :無名草子さん:02/06/30 05:17
石田衣良も成蹊だよね、経済だっけ?

63 :無名草子さん:02/07/01 16:57
ダブル不倫発覚。噂の真相参照

64 :無名草子さん:02/07/02 01:10
>63いつくらいの話すか。それ。

65 :無名草子さん:02/07/06 15:56
OUTについては色々いいたい事がある

66 :無名草子さん:02/07/06 17:25
言ってください

67 :無名草子さん:02/07/06 18:22
OUTの表紙の絵って、何が描いてあるんですか?
読んだんですけど、サッパリわかりませんでした。

68 :無名草子さん:02/07/06 18:25
お墓じゃないの。
土葬とかの

69 :無名草子さん:02/07/06 19:56
棺でしょ

70 :無名草子さん:02/07/17 18:49
2ちゃんって、さんつけないのね。桐野でいいんだ。いままで公認ファンサイトにいたんだ。ここっていいね

71 :無名草子さん:02/07/18 00:46
>>70
公認ファンサイトとか言っといて
実は本人がやってるページでしたけどね藁
前も今回の新しいHPも。ページ作成自体は外注らしいですけどね。

72 :無名草子さん:02/07/18 22:24
本当のこと?なんか・・・ショックなんだけど、全然本人だなんて、思ってなかった

73 :無名草子さん:02/07/19 02:04
>>72
出版関係のバイトやってるんですけど
そういう話を聞きましたよ。
私には関係ないんで、フーンって感じでしたけどね。
まぁ、多かれ少なかれ、どこの有名人もやってることですけどね。

74 :名無しのオプ:02/07/22 20:32
フーン、そうなんだ、あんがとう。

75 :無名草子さん:02/07/23 22:49
『ダーク』楽しみだなぁ

76 :無名草子さん:02/07/23 23:47
作家本人がやってるとなるとドキュソからイタいメールが多いから常識でしょ。
非常識なマスコミ人だとメールで仕事依頼してきたりするらしいし。
真面目にやったら消耗して執筆どころじゃないよ。
ファンサイトとかにして、管理人とかおくと、ワンクッション入るから、運営が楽になる。
それだけのことでは?

77 :無名草子さん:02/08/01 17:53
アガルタっていう漫画をみつけた

78 :名無しのオプ:02/08/03 22:49
それって、内容あのアガルタなの?

79 :無名草子さん:02/08/07 18:12
グロテスクの最終回が近いです。

80 :名無し:02/08/09 12:22
あと何回くらいで最終回?

81 :チョウ・チャン:02/08/11 21:26
TBSの「柔らかな頬」見逃しちゃったよ・・・
ラストはどうなってたのか気になる。原作どおりだとしたら、
ドラマだと相当あいまいな感じになるな・・・

82 :無名草子さん:02/08/24 00:57
公認HPより
★ ついに週刊文春「グロテスク」最終回!!9/12号です(9/5発売)。


83 :無名草子さん:02/08/28 20:05
「グロテスク」あと2回か。
これ呼んで、面白くて、OUT読んで見た。
他にお勧めはありますか?

84 :無名草子さん:02/08/28 21:08
本屋さんに置いてあった小冊子で初めて御姿を拝見。
…美人ですた!!

85 :無名草子さん:02/09/07 01:01
グロテスク最終回終了AGE
単行本は来春刊行だってね。
楽しみ〜。

86 :無名草子さん:02/09/07 01:13
グロテスク終わったー。
ええ〜っ??? こんなベタな終わりでいいんですか?
単行本の時は手直ししてくれるのかな?

87 : :02/09/07 21:26
ほんとにすごい終わり方・・・・
なんで、姉も百合雄も町に立つの・・・

88 :無名草子さん:02/09/08 00:31
グロテスクはどのキャラも感情移入が出来ないくらい性格の悪いヤシばっかり
だったな・・・あんな終わりだとミイラ取りがミイラ取りになったというのが
教訓のような・・・

89 :無名草子さん:02/09/13 23:56
>>88
そこが桐野氏のすごいところ。桐野氏は同じタイプの小説は二度と書かない。
今回の「グロテスク」も、桐野氏のなかでは実験的小説だったのかも。
読者がどのように解釈するか、読者に投げかけているような気がする。

90 :無名草子さん:02/09/14 03:40
「顔に〜」読んだがイマイチだった…
うまくまとめきれてない感じだ


91 :無名草子さん:02/09/26 07:11
「ファイアボール」「ファイアボール2」最近読んだ。
女子プロレス団体の分裂劇や内部造反劇、すげーリアルだ
小説としての出来はさておき、プロレスラーを描く
という点は成功している。

92 : :02/09/26 18:13
「光源」って前半と後半でまったく主人公が変わった印象があるんだが


93 :無名草子さん:02/09/26 18:20
「光源」について桐野氏は破綻をねらって書いたとか言っていたが、

苦し紛れの言い訳ってかんじだね、それは

94 :無名草子さん:02/10/11 02:09
光源 読み終わったところ。
ガッカリガッカリガッカリ
なんじゃコレ?

ミロシリーズも、まぁ、いいかな?
OUT、柔らかな、グロテスクも面白かっただけに。
楽しみにしてたのに。
玉蘭もやめとこかな?


95 :無名草子さん:02/10/24 17:23
ダークがもうあと少し

表紙イイッ!

96 :無名草子さん:02/10/26 00:17
『ダーク』発売間近

97 :無名草子さん:02/10/30 18:06
『ダーク』買った。太!

98 :無名草子さん:02/10/30 21:27
ダークはミロものなんでしょ。
読んだことないからちょっと躊躇しちゃうけど、
どうなんでしょうね

99 :無名草子さん:02/11/02 01:58
>>59
>弁当工場なんか本当にあるのかな?

自分、武蔵村山市民です。
作中に出てくる「新青梅街道近く、元広大な敷地の自動車工場の塀沿い」って
実際にそのものずばり存在します。
たしかにあの辺はさびれた雰囲気の工場ばかり・・駐車場も。

作中に出てきた(雅子と十文字が「ビジネス」の話をした)
ロイヤルホストと思われる店舗も存在しました。
現在、撤退し違う外食店になってますが。
地元の人ならすぐわかります。

で、弁当工場ですが
あります。市内にはお弁当工場、給食工場、大手製パン工場。
うちのすごく近所にも弁当工場があるんですよ。
きっとあの工場勤務の人がOUT読んだらイヤがるかもなと。
なんでよく弁当工場のパートの募集広告はしょっちゅう入りますが
とてもじゃないけどやりたくないと思った。

100 : :02/11/06 21:37
桐野さんとは直接は関係ないけれど・・・

今日本屋で、林真理子の「聖家族の食卓」が並んでいたの
ですが、表紙の絵がどこかで見たかと思ったら、「グロテ
スク」のイラストを描いていた水口理恵子さんの作品でした。

グロテスク連載時、あの人のイラストが文章と良
く合っていて、イラストを見るのも結構楽しみだったり。

内容もチラッと立ち読みしてきたけれど、不思議なことに主人公
の名前はユリコでした(w

101 :無名草子さん:02/11/21 15:15
ダーク読みました。
ミロって結構好きだったんだけど、この作品でなんかがっかり。
皆さんの感想をお聞かせください・・・


102 :無名草子さん:02/11/22 10:45
>>101
私は惚れ直したYO!

103 :無名草子さん:02/11/23 11:37
>>101
私は、あんまり乗れなかった。。
それぞれ皆イヤーーな奴にw
ミロよりもトモさんの変わり振りにただただポカーン。。。
つーか、ああいう展開(韓国での出来事)アリですか?
リアルゲイの人がいたら是非意見をお伺いしたい。

104 :無名草子さん:02/11/30 12:31
「ダーク」ではその名の通り
ダークサイド・ミロ、ダークサイド・トモさん
ダークサイド・村善…が書かれちゃったのね
イジワルだなぁ、桐野
デザイナー→ヒモの石山(@柔らかな頬)を彷彿とさせる
ミロの変身振りにニヤッとしました
読後感は・・・
ミロシリーズへの期待を見事に裏切ってくれたじゃん
再考、もとい最高!って感じです

105 :無名草子さん :02/12/04 03:21
私もダーク面白かったです!
でも、続編を期待してしまう終わり方・・・・。
もう書かないのかな?
残念。

106 :無名草子さん:02/12/04 05:02
>>105
なんでもう書かないなんて思うの?
ミロシリーズは総計一万枚をこえる壮大な物語にしたいと桐野さんがいってましたよ
まだまだ続くよ

107 :無名草子さん:02/12/11 21:05
ダークの広告の金髪の女って桐野本人なの?

108 :無名草子さん:02/12/11 22:49
ダーク読んだよー。さすが見事に
期待を裏切ってくれるね。
このまんまダラダラ探偵モノが続くのかと思いきや!
だもんねー。
トモさんの件に関してはもともと甘ったるい設定だなと
思っていたのでいい感じに崩れていてニヤリだった。
さすがに性格悪いぞ、桐野夏生。

109 :無名草子さん:02/12/12 11:21
>>107
本人らしいね、噂真によると
その広告見たことないんだけどさ

110 :無名草子さん:02/12/14 22:14
若いおねーちゃんかと思ったら本人なのか。
桐野きれいだよねえ。

111 :無名草子さん:02/12/23 12:31
これでもか、これでもかとばかりに
物語にねじれを加えていく強靭な粘り腰
桐野の能力全開という感じだな「ダーク」
ミロに共感を覚えたのはシリーズ初めてだった

112 :無名草子さん:02/12/25 02:34
桐野は天才だとはじめて思った。すげえ。

113 :cc:02/12/28 18:44
ダーク買おうか迷ってるんですけど、前作の続編なんですか?
なら読んでもわからないかな?
いままでのはよんだことないですもん。
どうお思いですか?


114 :無名草子さん:02/12/29 17:23
ミロシリーズ全然読んだことない人でも
問題なく楽しめると思うけど。
私もミロの夫が自殺した話はまだ読んでない。
でも、ダークを先に読んで、面白かったから
前のを読むと、、、ダークは最後に読むのがトクかも。

115 :山崎渉:03/01/12 18:47
(^^)

116 :無名草子さん:03/01/20 15:21
 ∋oノハヽo∈
 ○( ´D`)○ ヒャッホ-♪
  \(  )/
  (ノ(ノ
  彡


117 :山崎渉:03/01/23 04:19
(^^)

118 :無名草子さん:03/01/27 02:32
age

119 :無名草子さん:03/02/26 10:31
ダークであそこまで徹底してやっちゃうと、続編でさらなるテンションを維持するのは並大抵のことではないと思われ。
ミロをいったいどうするつもりだあ、夏生〜。


120 :無名草子さん:03/02/26 20:59
新刊発売あげ

121 :無名草子さん:03/02/27 11:12
2月27日のはなまるマーケットに出演されてましたね 桐野さん

122 :無名草子さん:03/02/27 22:18
>>121
ヽ(`Д´)ノ ウワァァァァン!!!! 見逃した!

123 :無名草子さん:03/02/27 22:53
リアルワールドはどうなのよ。

124 :無名草子さん:03/02/27 23:00
>>123
読み始めたとこです。登場人物が若いから、最初ちょと不安だったけど
なかなか面白いよ

125 :無名草子さん:03/02/28 03:07
リアルワールド、装丁ヤバくないか?
買うき失せたゾ。

126 :無名草子さん:03/02/28 22:24
>>125
そんなことゆったら、「ダーク」はどうなる!!

127 :無名草子さん:03/03/02 20:37
きのうNHK「土曜オアシス」にも出てたよ。

128 :無名草子さん:03/03/12 21:24
       (\(\
       ヽノノノヽ
       ( ‘д‘)
     (^/ つ_つ
      し'し'
    彡
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

129 :女子高生:03/03/13 05:36
リアルワールド読んでる途中ですが凄い面白いです!桐野さんはそこらの女優より美人

130 :無名草子さん:03/03/13 06:56
128

131 :無名草子さん:03/03/13 07:43
「グロテスク」早くでないかなあ。

132 :山崎渉:03/03/13 15:39
(^^)

133 :無名草子さん:03/03/19 02:23
>>123
アホなタクシー運転手が派手に死ぬ話

134 :無名草子さん:03/03/20 21:50
リアルワールドおもしろかたよぅ。
軽い文体やら気に食わないと思ってたけど、
読んでて「やられた」と思ったよ。
ああゆー書き方だからこそよかったんだね、と。
装丁どうよ、って思ったけど、
読み終えてみると、手に馴染む感じがたまらん。
桐野さん、よく17歳を口語でリアルに書けたね。
かなり取材したのか。モデルがいたのか。

135 :名無し草子さん:03/03/23 00:51
リアルワールドは、読み終わると、この装丁しかないって思えるよ。
あと、紙質とかも。
登場人物たちのジリジリした感じがよく伝わる。
自分は大人だけど、楽に高校生に感情移入できた。
うまいね、桐野夏生。
偽悪的、強がり、その奥のモロさを描くのが。
ダークもそれまでの人物像を破壊させちゃって、最高。
今、一番好きな作家。

136 :無名草子さん:03/03/31 12:27
久恵のキャラクター、すんげえ強烈だなあ。(拠:ダーク)
漏れもヤってみたい。
一人だとぶんまわされそうだから、2〜3人がかりかな。

137 :山崎渉:03/04/17 12:12
(^^)

138 :山崎渉:03/04/20 05:59
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

139 :無名草子さん:03/04/21 18:00
>>134
口語リアルかなあ??
私はそうは思えなかったな。
なんか「オトナが無理して女子高生言葉書いてます」ってのが
伝わってきて気持ち悪くなった箇所があった。
女子高生達の描き方は良かったな。

140 :無名草子さん:03/05/15 19:13
OUTの映画の話はここでやっていいの?
DVDを借りて見たんだが、個人的にはそんなオチ!?とか思った。
最後の最後までは本当によかったのに…。


141 :無名草子さん:03/05/17 02:25
>>140
映画板とドラマ板にOUTスレあるよー。

142 :無名草子さん:03/05/17 08:26
リアルワールドのテラウチの家の描写がちょっと矛盾していたような気がする。
最初は2階から茶碗を放り投げ(一戸建てか?)、あとでマンションの8階という
描写が出てきた。ちょっとおかしくはないのか?

143 :無名草子さん:03/05/17 11:07
グロテスク、出版待望…。はやくよみたーーひ

144 :山崎渉:03/05/22 01:54
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

145 :名無し:03/05/22 23:26
グロテスクは、6月25日に発売だとおもう

146 :政治家にはだまされるなー!!有事法制反対!!:03/05/22 23:51
有事法制(戦争法)は必要ありません!!!

有事法制ができて、得する人たち(その理由)
1、日本政府  ―軍事的にアメリカ政府に良く思われる。市民の行動を監視し、命令どおりに従わせることができる。
2、アメリカ政府―アメリカが気に入らない国を攻撃するときに、日本に軍事的、経済的支援してもらえる。
3、政治家   ―アジアに対する軍事的支配を実現させる。愛国心をあおって、政治家としての地位を確実なものにする。
4、自衛隊   ―有りあまる武器を実戦で使うことができる。戦争ができる。

有事法制ができて、損する人たち(その理由)
1、日本国民  ―市民は日常生活における自由を制限され、財産は国家の所有物と化す。
           戦争に協力しなかったり、反対すると犯罪になり、懲役や罰金が科せられることもある。
           自分の家が軍事戦略的に邪魔なときは、没収、解体される。
           医療現場では兵士が優先的に治療され、市民は後回しにされる。
2、アジア    ―軍事大国である日本が、軍事的にアジアを威嚇することになり、アジア全体に軍事武装強化の動きが強まる。
3、世界     ―9.11以降、世界的に軍事的な緊張が高まるなか、さらに戦争やテロに依存する傾向が強まる。
4、平和にとって―話し合いによって進めてきた過去の平和外交を大きく否定することになる。

どちらでもない
1、北朝鮮   ―日本を攻撃する理由はない。戦争するための軍備も金も、資源も食糧もない。
            有事法制は北朝鮮に対して、軍事的に大きく刺激してしまうことになる。   

有事法制ができてしまうと、市民の人権や、生活の自由は大きく制限される。
有事法制は、国を守って市民を守らないものだという事を政治家が言っている。
北朝鮮は全然、戦争する気はないのだが、
北朝鮮問題を利用して、知らないに国会では、政治家や日本政府、アメリカ政府や
自衛隊などの権力者のための法律を作ろうとしています。
(武力に頼らない)本当の平和のために、市民の自由のために
有事法制は反対だ!と声を上げていきましょう!!!!!!!
もう、政治家にダマサレていてはダメ!

147 :無名草子さん:03/05/24 01:13
柔らかな頬のカスミに、ずっともにょり続けながら
読んだのは私だけ?
そんなのどうでもいいのかもしんないけど

148 :無名草子さん:03/05/24 09:09
柔らかな頬、直木賞決定後数日して「音羽女児殺害事件」。
加害者はアレよんでいた?

149 :無名草子さん:03/05/26 23:10
リアルワールドの表紙の絵は誰のかはしらないけど、
ヘンリータガーの絵に似ている。
ペニスを持った小さな女の子たちの兵隊を書いてたひと。

150 :無名草子さん:03/05/26 23:12
グロテスクより
ゲロテスクのほうが
リアリティあるぞ。電車通勤してると・・・。

151 :無名草子さん:03/05/26 23:12
26才人妻です。ダンナがかまってくれないので、いつも一人でオナってます。
でも、けっこうオカズに困るんですよね。そんな時見つけたのがYUIS!!
安いし、安心して買えるしなかなかいいですよ!いつもバイブ物買ってます!

http://www.dvd-yuis.com/


152 :山崎渉:03/05/28 16:29
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

153 :無名草子さん:03/06/01 17:45
光源を図書館で借りて読んでみました。
桐野の小説はみょーに読める。
他の本だと読んでる途中に今日は読むのやめたいなーとたいてい思うけど、桐野の本はそれが無い。
でもオチはなんじゃそりゃって感じがいつも付きまといます。
OUTもミロシリーズも(頬は別)。
やはり光源も途中まではいい感じだったのに最後でなんだそりゃって終わってしまいました。
でもひとつ面白かったのが佐和と有村が話しているシーンで誤植があり優子と書いてあったけど前に借りた人が鉛筆でバッテンして佐和と直してくれてました。

ところで佐和ってなんて読むの?

154 :無名草子さん:03/06/01 17:47
グロテスクといえば今一番ホットなのはやっぱりこれでしょ!

昨日ネットでアップされた東急都立大学駅での人身事故の現場写真。
以前にも秋葉原駅での人身事故の現場を掲載したサイトが新聞沙汰に
なっており、今後問題になる可能性もありそうだ
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0375.JPG
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0376.JPG
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0377.JPG
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0378.JPG
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0379.JPG
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0380.JPG
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0381.JPG
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Library/7215/CIMG0382.JPG
↑ソース

155 :無名草子さん:03/07/04 00:32
グロテスク
オモシロAGE

156 :無名草子さん:03/07/06 02:03
桐野作品は女性心理を上手く描いている、というか女性読者が読んで共感できる小説だと思う。
そこが作品の魅力だからこそ、男性読者の賛同はあまり得られないのではないかと心配してしまう。

正直男性に薦めても嫌な顔されるんだよね。
女性の登場人物は、男性にとってあまり好ましくないタイプなんだろう。
エロを感じたとしても、自分が男ならこんな面倒な女とは付き合いたくないだろうし。

157 :無名草子さん:03/07/06 02:12
東電OLの事件について裏の事情は何も知らないのだけれども、
被害者は和恵みたいに心の病にかかっていたのかな。

そういえば、あの事件があった頃、親父の週刊誌は異様に盛り上がっていたよね。

実際の事件の被害者がそうであったかは分からないけど、グロテスクに書かれていた女が娼婦になる理由には説得力があった。
和恵のように素直すぎるやられっぱなしの無防備な人ってよくいる。
女に限らず。

158 :無名草子さん:03/07/06 02:17
和恵があんな風に変わってしまったのもユリコの姉が原因だと思う。
純粋に馬鹿な人を面白がって更に陥れようとする底意地の悪い女。
彼女のせいで和恵は余計に追いつめられた。
だから最終的にあんな落ちになったんだと思う。呪いだな。和恵の。

159 :無名草子さん:03/07/06 02:19
しまった。↑ネタバレだ。
すいません。。。これからグロテスクをお読みになる方。
申し訳ありませんでした

160 :無名草子さん:03/07/07 14:53
>157
確かに和恵のように考えてること丸出しの馬鹿女は自分のとこにもいる。
周りの空気が読めない奴。
そういう奴はよく虐められたりする。

>158
呪い・・・。禿同

161 :無名草子さん:03/07/07 14:54
あげ

162 :無名草子さん:03/07/08 04:07
>153
>オチはなんじゃそりゃって
確かに。わざとやっているとしか考えられない。
というか、ずっとこんな構成じゃないすか?

いつも期待しないように、登場人物に感情移入しないで読もうとするけど、結局引き込まれてしまう。
そんで、「なんじゃこりゃー」になる。

悔しいけどそこも好きだな・・・。
サクサク読めて、続きが気になって、ジャンジャン盛り上がって。
ってそんな本中々無いし。

読者にスッキリさせないで後味の悪い感じにさせるのは作者の意地悪さを感じる。
多分捻くれモノなんだな。桐野サンは。

でもそこが魅力的。

163 :無名草子さん:03/07/09 03:02
光源>何気におもしろいとおもうのですが 漏れだけ?

164 :無名草子さん:03/07/09 04:52
>163
ケッコウ好きよ

165 :無名草子さん:03/07/09 11:44
和恵ってキモい・・・久恵も。
ヤリタイ奴もいるようだが、自分としてはあれは勘弁だな

166 :無名草子さん:03/07/09 11:59

佐野真一の東電OL本読んだ人いる?
面白いなら読もうかな

グロテスクに参考文献として載ってた

167 :無名草子さん:03/07/09 22:35
かなーり前だけど、東電OL読んだよ。
グロテスクは、これをかなり参考にしたと思う。
おでんの汁の話とか、今思い出してみても恐すぎ。

ただ、後半は容疑者の裁判となんらかの圧力による揉み消し?みたいな
話に展開していって、OLの内面の話とは大分離れるよ。
最後は綺麗にまとめてあるけど、ノンフィクションならではの
スッキリしなさが残る。でも、合わせて読むと大変面白いと思うよ。
続編もあるんだよね、確か。そっちは読んでない。読んだ人いる?

168 :無名草子さん:03/07/10 00:05
「ダーク」読了。4時間で一気に読み通した。
ミロシリーズはこれが初めてだったけど面白かった。
作者は主人公への思い入れがあるんだかないんだか
よく分からないぐらいに豪快な展開がステキ。

「OUT」で桐野夏生を読み始めたのだけど、新作の「グロテスク」に行く前に
過去のミロシリーズ作品もいくつか読んでみようと思った。

169 :無名草子さん:03/07/10 00:15
http://book-i.net/ad07/

170 :文字おこしNO3:03/07/10 00:16
7:08  世界初の成人頭部分離手術をめぐって
(分離が成功すれば一人はジャーナリストに一人は弁護士になるにのが夢だという)
「ほんとにジャーナリストの夢を叶えて欲しいなと。それぞれですね。もう一人は
弁護士ですか。シンガポールというのは観光立国、英語立国でもあるんです
けれども、医療立国でもあって世界的にシンガポールとかキューバなんかは医療で
外貨を稼ぐというか。シンガポールの場合には外科的な手術・移植手術というのは
ものすごく優秀なお医者さんが集まってますね。ちょっと話とは関係ないですけど、
キューバなんかですと、歯科矯列矯整手術とかそういうものに日本からもアメリカ
からも大量に行っているような、そいいう優秀な医者がある国に集まって
世界中の人の整形手術とかをやっているところがありますけれども・・・、
この29年間、それぞれ別の人を好きになったこともあるでしょうし、どんな人生を
歩んで来られたのか詳しく知ってみたいなと思いました。」

7:14  カメラ付携帯電話による本屋での撮影=デジタル万引きをめぐって
「ちょっとぐらいなら僕はいいだろうと思うんですけれど。ま、スーパーで、
試食売り場でちょっと食べるのはいいけど、そこでご飯持ってきて夕飯食べちゃ
いけないというマナーの問題だと思うんですね。
犯罪ということでいえば刑法上では刑法235条窃盗罪ということになりうる可能性が
あるんですけれども、実際には何も盗んで(ない)、今の法律上では財物ということ
ではないですから、刑法にはひっかからないし、著作権法上もわたくし的、私的に
使うものに関しては著作権法上はパスすると明確に書いてあるので、
現行の法律上では犯罪ではないですけれども、これからデジタル化ネット化
どんどんしてきますから、いろんな問題(があり)これからルールを作っていく
必要があると思います。」


171 :山崎 渉:03/07/12 08:29
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

172 :無名草子さん:03/07/13 03:52
先週、『グロテスク』買いました。週刊文春に連載されていた時から
楽しみに読んでいたので、ためらわずに新刊でゲット。
分厚い本だけど、あっという間に読んでしまった。やっぱり面白い。

173 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

174 :山崎 渉:03/07/15 11:27

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

175 :無名草子さん:03/07/16 23:41
グロテスク、文春書評松永真理だったね
そこそこいい書評だったAGE

176 :無名草子さん:03/07/17 01:17
>>160
確かに和恵のような女は虐められやすい。
よくわかる、私がそうだから(鬱
読んでてアイタタですた。
でも目の前にこんな香具師いて意地悪したくなる気持も分かる、ヘンな気分。

佐野真一の東電OL本、読んだけど書き手の思い入れが入り過ぎてちょっと萎え。
ノンフィクションだろう・・・

177 :無名草子さん:03/07/19 01:39
>>176

和恵っていったいどんな女なんだろう。。
最後まで分からなかった。
想像してもイメージがつかめない。

登場人物たちが女子高生時代にあれだけ学校の成績にこだわってる点も、
自分の高校時代を回想するんだけど、、
なかなか辿り着けない。。


178 :無名草子さん:03/07/20 03:12
>176
和恵は結局壊れてしまったけど、ユリコの姉に比べれば、諦めなかった分まだマシだったんじゃないかな。
文章読んでるとユリコ>>>>和恵>>>>姉って感じ。

それに和恵が壊れてしまったのは自分の状況判断が出来なかったからだと思うよ。
病気だからなんだろうが。

179 :無名草子さん:03/07/20 03:19
>登場人物たちが女子高生時代にあれだけ学校の成績にこだわってる点も、
>自分の高校時代を回想するんだけど、、
>なかなか辿り着けない。。

かなり偏差値の高い高校だからじゃないの。優等生ばかりが集まるので必然的に成績にこだわる。

自分はQ高=慶応と想定して読みました。
早稲田や青学や中央は医学部ないし。幼稚舎も。
私大で偏差値高くて医学部ついてて幼稚園からあるとなると慶応だろうな。
なんでQって呼ぶか分からないけど。

180 :無名草子さん:03/07/21 01:33
この土日で読破しました。
自分も35歳(女)ですが、どんなにあがいても30代後半になったら
こんな悲惨な未来しかないのかと思うと愕然となった。
和恵の壊れっぷりは壮絶で、読み応えがあったと思います。
あと、事件の公判でユリコ姉、ミツル、木島高志が集まって、互いの悪意がぶつかり合うところも迫力十分。

不満があるといえば、ミツルが新興宗教にはまっって大量殺人に荷担した、という設定だろうか。
Q女子高時代のミツルのキャラは結構気に入ってただけに、ああいうオチは残念。
せっかく東電OL事件から着想を得て出発した作品なのに、あそこにオウム的要素を盛り込むと混乱しないだろうか?
「ミツルも結局階級のくびきから抜けられなかった」というのが作者の意図なんだろうけど。



181 :無名草子さん:03/07/21 01:33
自分もQは慶応をモデルにしていると思います。
Qと呼ぶのは、ユリコ姉の居住地が「P区」だからでしょう(これもなんでPなんだか)。
あと、Q女子の連中は成績ばかりにこだわっていたのではないと思う。
たまたま和恵やミツルは、階級の格差を埋めるために自分ができるのは成績を上げることくらいしかないから、
それにこだわっただけで、ファッションとか友達づきあいとか、いろんなところで競争があったんじゃないかな。

182 :無名草子さん:03/07/21 02:23
>>175
文春読んで、今日、ネットで購入してしまいました・・・。

183 :無名草子さん:03/07/21 02:50
Qは慶應に決まってるだろが、ボケ。


184 :無名草子さん:03/07/21 04:59
>佐野真一の東電OL本読んだ人いる?
>面白いなら読もうかな

>グロテスクに参考文献として載ってた

読めばグロ〜が剽窃っぽいと気付くかもな フォッ
ケ小平の息子娘がケ小平の政敵のそれにアレンジされたり、
慶應女子がQ女子になったり、
林郁夫が東大医学部になったり、ようやるわな アハハ

気韻がなくぜよ





185 :無名草子さん:03/07/21 11:58
和恵が壊れてしまったのは、
ある種、作者の自画像と思われ。

186 :無名草子さん:03/07/21 18:16
俺的には、長過ぎる三面記事だった
こんなのが小説かよ プ

187 :無名草子さん:03/07/21 18:18
>あと、事件の公判でユリコ姉、ミツル、木島高志が集まって、互いの悪意がぶつかり合うところも迫力十分。

ワザとらしい予定調和じゃん

188 :無名草子さん:03/07/21 19:21
ノンフィクションを参考にした小説って、珍しくネ?

189 :無名草子さん:03/07/29 21:15
>>186
ハゲドウ。
だが、評価が高いのは何故だ。
福田が指示してるからか?

190 :無名草子さん:03/07/31 19:43
>>189

評価高いんだ。
フーン。
ひどすぎだけどね。
小説の態をなしていない。

191 :無名草子さん:03/08/01 02:07
>>189

福田って誰?


192 :無名草子さん:03/08/01 07:05
カズヤ

193 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:22
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

194 :無名草子さん:03/08/03 15:40
今、”肉体地蔵”の途中まで読んでるけど
和恵もユリコ姉も、他人からの注意(批判)を全く受け付けないんで
つくづく呆れてまう。

…自分もそうなんだけどね。

195 :無名草子さん:03/08/03 18:09
>>187
登場人物のやりとりに興味があるから、別に出会い方が予定調和であったも全然構わないんだけど何か?
>>190
あれは「ノンフィクション風に作ったフィクション」を狙ったものだから、
「小説の体」をなしてないのはあたりまえ。
そんなに形式にこだわるなら純文学でも読んでなよ。

196 :無名草子さん:03/08/03 20:56
みんな、難しいこといってるけど、よくわかんない。
わたしは連載中、とにかくおもしろっ!って感じで
次週が楽しみで仕方なかった。
連載ものにはまったのなんて
小学校のときの少女漫画以来だった。

エンターティメントとしてはそれで充分だと思う。


197 :無名草子さん:03/08/03 21:49
従来の小説の形式におさまったものは
先が見えてしまって面白くないヨ
いまさらそんなもの読みたくない

198 :無名草子さん:03/08/04 07:42
>195
なんでもいいわけだ罠

199 :無名草子さん:03/08/04 07:54
>>197
そんなこと言ったら、読むもんがほとんどなくなる

200 :無名草子さん:03/08/04 08:49
>195
純文学なんか持ち出すなよ(藁

201 :無名草子さん:03/08/04 21:21
日本には戦争がないから、見方変えて戦闘ノイローゼとすれば
つまらん事件だと思うのだが、素材としてそんなに
いいものだったのだろうか。

この手のもので記憶に残ってるのは、ミスターグッドバーを探してと
双生児くらいかな。

202 :無名草子さん:03/08/04 21:40
OUT読み終えました。
主婦たちの描写は良かったけど、
雅子と佐竹中心の話になってから、急につまらなくなった。
最後の方なんて訳分からんし、オイオイ強引だなとオモタ。
評判はいいみたいだけど、個人的には楽しめなかったです。

203 :無名草子さん:03/08/04 22:22
>>195

>あれは「ノンフィクション風に作ったフィクション」を狙ったものだから、
>「小説の体」をなしてないのはあたりまえ。

マジで言ってんのか?
ユリコ、チャン、和恵の手記が
まったく「ノンフィクション風」ではないのはナゼ?
手記や日記があんな細かい文章で書かれるワケないだろ。
3つとも同じ文体になってゆくし。
小説になっていないってのは、例えばそういうところ。
純文学とかそういうモンダイではない。

204 :197:03/08/04 23:57
>>203
手記や日記があんな細かい文章で書かれるワケないだろ。

確かにそうだが、逆におおざっぱに書かれたら読み手は何のことだかわからんだろうが。
上の箇所は「まあ日記(手紙)ってことになってるんだから読み手もそのようなものとして
よめばいいだろう」位にしか思わなかった。
らしくないところが気になるかどうかは好みの問題だと思う。





205 :無名草子さん:03/08/05 00:21
>203

ワタシも、手記、こんだけ長いの書けるんだったら、作家になれるよー!
ってツッコミいれながら読んだけどね。
だけど、これは「小説」なんだから。
「大嘘」のなかに「真実」があれば。。
ってこれは誰かがテレビドラマについて語ったセリフ。


206 :無名草子さん:03/08/05 00:29
>>203
>>まったく「ノンフィクション風」ではないのはナゼ?
手記や日記があんな細かい文章で書かれるワケないだろ。

あんたに言われなくても、そんなことくらい皆分かってるって(w
たしかに、こんな手記ありえねえと思う>和恵日記 ユリコ手記
けど、面白かったからいいや。気になって楽しめなかったなら気の毒だが。

207 :無名草子さん:03/08/05 00:45
>>203
>>204
>>20

208 :無名草子さん:03/08/05 00:49
>>204
>>205
>>206

みんなマジで言ってんのか?
まあ、そうなんだろうなぁ。
ていうか、正直、このワザとらしい手記の文章には
ウラがある、仕掛けがあると信じて疑わなかったのさ。
だって小説ってそういうモンだろ?
そしたらさぁ…。
本投げたよ本気で。

209 :無名草子さん:03/08/05 19:27
>>208
>> だって小説ってそういうモンだろ?
はぁ。色んな人がいるんだね。


210 :名無草子さん:03/08/05 21:11
グロテスクは佐野眞一の「東電O」に肉付け
し作者なりの魂をいれた小説だろ。
途中から如何にもいやになる作品だね。
(女の作家の嫌な部分が出すぎ。)
QRで○ー○が「おすすめ」ってんで読んだのに!
どーしてくれるの!プンプン!!。


211 :無名草子さん:03/08/05 21:33
朝日書評で中条氏が激賞。
読みたくなるねぇ。

212 :無名草子さん:03/08/05 23:38
>>211
いや、だからもう福田以降、書評家連中はこの作品を批判できないようになってんだよ。

213 :無名草子さん:03/08/06 00:25
>>212

福田のって、何に書いたヤツなの?
論調は?

214 :無名草子さん:03/08/06 01:40
グロテスク読み終わりました。
おもしろかった。>>178さんに似た感想を持ちました。
後半は、ちょっとティムポ勃ちました。今後、もっとこの本売れると思う。
Hだから

215 :無名草子さん:03/08/06 22:18
>>204

>確かにそうだが、逆におおざっぱに書かれたら読み手は何のことだかわからんだろうが。

それをうまく書くのがプロだろうが。
もっと大雑把に断片的に書いたほうがグロテスクになったはず。
細かすぎてシラケタヨ。


>らしくないところが気になるかどうかは好みの問題だと思う。

断じて否!
小説はこういったところが命、
「何を書くか」じゃなくて「いかに書くか」でしょ。
手記の書き方によりこの小説は失敗作。



216 :無名草子さん:03/08/07 22:32
OUTの最後の方でよく分からなかったんだけど、
ヨシエは婆さんがいる自分の家に放火したってこと?

217 :197:03/08/08 03:02
>>215はたぶん、「小説とはこうあるべきだ!」って理想像があるんだろうな。
自分は小説を読むときには「小説としてどうか」より「自分に訴えかけるものが
あるか」を考えて読んでいる。
だって前者を基準に評価していったら、今時「小説」っていえるものなんか
ほとんどないと思ってるから。

「グロ」は形式面では問題があるかも知れないけど、
30代すぎた女の悲惨な状況とか考えさせられるところが多かったから、
後者としては(自分にとっては)合格点だった。


218 :無名草子さん:03/08/08 03:06
上の書き込み、197さんとは別人です。
他のところでカキコしたときの番号が残ってました。スマソ

219 :無名草子さん:03/08/08 22:28
>>217

いやいや、自分は理想像なんてものはありませんよ。
ただ小説としての最低限のルールってもんがあるのでは?
もちろん型破りなのも歓迎だが、グロは前衛的なものではないし、
文体の選択の明らかな誤りによってすべてを台無しにしてると思うんです。

あと「自分に訴えかける〜」という意味では、一人称の誰にも感情移入
できなかったし、特に和恵さんについては経緯をすっとばして、
いきなり街娼になっちまったように思いました。
必然性がなかった。
結局作者はまず結論ありきで、なんとか東電OLに結びつけようとしてる
感じがして、強引さばかりが目につきました。

220 :ネタばれです。ごめん。:03/08/09 00:17
Q学園の話のところで不覚にも笑ってしまった。元々ジュナイブル(児童文学)
の人だったていうのを認識した。特に木島にラブレターを出すあたりで爆笑
してしまった。なんかひと昔前のジュニア小説みたいで。
作者にとっては不本意だと思う(笑)
それとユリコの息子の名前が百合雄って安易すぎない?
(自分のことを伯母ちゃま、と言うのもねぇ。←言うか?普通?)
面白いけど、話の展開はかなり御都合主義じゃないかと思う。

221 :無名草子さん:03/08/09 00:55
グロテスク、読了。因みに佐野の東電もずっと前に読了。

全編が独白調につき、物語の起伏が無く読んでいて、ちょっと辛い。
それとチャンの調書は必要ない感じが。。。ミツルが新興宗教に入ったってのも腑に落ちない。
でも、桐野の真骨頂は救いのない状況をグチグチと読むのも嫌になるくらい書き込むところだと思う。

肉体地蔵の章はやっぱいいねぇ、特にマルボロ婆さんと和恵の会話。

和恵が壊れたのは、自分の可能性みたいなもに諦めきれなかったんじゃ無いのかな?
大体の人が思春期の葛藤を乗り越えて、自分対する諦めみたいなものを感じ取るように思う。
和恵にはそれが無かったと。その諦めを糧に人々は生き抜こうとするのでは無いだろうか?



222 :221:03/08/09 01:00
それとこの女性諸子よ、

「女性ならば誰でも、自分をどこまでもおとしめてみたい、という衝動」

を持っていますか? 当方、男につきそんなことは一度も考えたことはない!

223 :無名草子さん:03/08/09 01:08
「グロ」が手紙や手記の形を取っていることにはあまり意味がないんじゃないだろうか。
多分作者は、ひとつの事件およびその背景について、複数の人物の視点から
描写しようとしてたんだろう。
正式な語り部はユリコ姉ということになってるから、いきなりユリコや和恵の
口調になったんでは違和感がある。そこで日記とか手紙とかの形を使うことにしたのであって
もし他の手段が可能ならそういう形式を使わなくてもよかったんじゃないかな。
だとしたら、日記らしく書けていないからといって作品の可否を決めるのは
ちょっと見当違いじゃないかと。


224 :無名草子さん:03/08/09 01:45
>>223

あまり意味がないのなら、日記形式にする必要ないじゃん。
1つの事件を複数の主観からえがくのはワカル。
だったら単純にそういう形式にして、日記とか手記にしなけりゃヨカッタ。
一番ヒドイのが和恵の肉体地獄の章で、和恵は客観的には悲惨な姿で、
でも和恵自身の主観は「自分は輝いている」。
この相反する2つの事象を和恵の一人称で語らせようとするものだから、
ひじょうに無理があったように思う。
和恵の周囲の人に、いかに和恵が傍目から見るとヒドイかを語らせ、
「そんなはずはない」と否定する和恵。
それをぜんぶ律儀に日記にカッコつきの会話文を織り交ぜて
書き込む不自然さ。
日記って普通自分の都合のいいことしか書かないはずじゃん。
誰かにヒドイこと言われても、その内容は書かないで、相手の悪口だけ書くとか。
和恵の日記ってホント律儀なまでに公平な視点で書かれてるんだよね。
この不自然さにはとてもじゃないがついてゆけませんでした。


225 :無名草子さん:03/08/09 03:52
>>180

>自分も35歳(女)ですが、どんなにあがいても30代後半になったら
>こんな悲惨な未来しかないのかと思うと愕然となった。

↑おまえヴァカ?
和恵みたいじゃなく、ちゃんと生きている30代後半の女性なんて
探さなくてもいっぱいいるじゃん。
ま、こういう読者は作者の一番のお客さんなんだよな。
ありがたや、ありがたや。。。


226 :無名草子さん:03/08/09 03:55
和恵ひとりに語らせるには無理があった。
マルボロ婆さん
和恵の母
和恵の妹
木島
客たち
これらの一人称で書き分ければよかったのに。

227 :無名草子さん:03/08/09 09:45
>>225

>>180さんはきっと男中心社会の日本でも、特にひどい場所で生きてるんじゃないのかな。
日々、不条理と闘ってそれでも迎合せずにがんばりたいと思っている人が「グロ」を読むと
けっこう落ち込むというのは分かるよ。
あとヴァカとか平気で書くのはね・・・
たまには他の言い方考えてみましょう。

228 :無名草子さん:03/08/09 23:39
>>227

>不条理と闘ってそれでも迎合せずにがんばりたいと思っている人が
>「グロ」を読むとけっこう落ち込むというのは分かるよ。

ホントに?
男女限らず不条理と闘って迎合せずにがんばってる人、
たくさんいると思うヨ。
和恵は不条理と闘って迎合せずがんばったのか?
なぜ落ち込まなくてはならないんだ?
和恵はただの甘ったれのように思う。
でもそれよりユリコ姉はホントウにヒドイやつだ。
こんなやつが最後に希望があるってのはどういうワケだい。
斜に構えすぎもいいとこ。


229 :180:03/08/09 23:40
>>225
かなり誤解されてますね。
私が「悲惨な未来」と書いたのは、若さや女であることの特権が通用しなくなり、
なおかつ実力社会でも勝者になれなかった女性たちの心の迷いをそう表現したのであって、
現実にちゃんと生きているかどうかとはまた別の問題です。
それに、売春があたかも「ちゃんと生きてない」みたいな
差別をする方がよっぽどヴ○カじゃない?

>>227
これも誤解です。
別に私が生きてるのは男女差別もなければ「ひどい場所」なんかでもない。
比較的恵まれてるとは思いますが、それでも20代の頃のようにはいかない、という実感があって
上のような感想になってるわけです。


230 :無名草子さん:03/08/09 23:51
確かにあの形式にはちょっと無理があったねぇ。
自分はあまり気にならなかったけど、
無理して日記なんかにせずに、それぞれの一人称で語らせてもよかったんでは?

>>228
和恵が落ち込んだのは、がんばればがんばるほど報われないことがわかってくるからだね。
それでもがんばることをやめられなかったのは不幸だ。
ユリコ姉はあれで救われたのかな?
「身を売る女の理由はひとつ、世間への復讐です」みたいなこと言っちゃってるからなぁ。
あんまり救われてるようには思えんな。



231 :無名草子さん:03/08/09 23:53

「救われる」は「希望がある」の間違いでした。


232 :無名草子さん:03/08/10 00:03
「わたし」って読者にかなり嫌われてるんだね。
そんなに嫌いじゃないけど。


233 :無名草子さん:03/08/10 01:36
>>229

やっぱりキミ、ヴァカ?

「若さや女であることの特権」
 ↑
 こんなものに依存して生きてきたから愕然とするのでしょ。

「実力社会でも勝者になれなかった女性たち」
 ↑
 これはやむを得ないよね、自己責任。
 ていうか、何をもって自分を「勝者になれなかった」と規定するのか?

「売春があたかも「ちゃんと生きてない」みたいな差別をする方が
 よっぽどヴ○カじゃない?」
 ↑
 和恵が売春をしているから「ちゃんと生きていない」とは
 書いていないし、まったく思っていません。
 あなたのほうこそ、内心、売春を差別しているがゆえに、
 人の発言をろくに読みもせず、短絡的に結びつけるのでは?

234 :無名草子さん:03/08/10 01:52
ここでも一見♀同士の熾烈な闘いが繰り広げられています。。。


235 :無名草子さん:03/08/10 03:36
>>230

希望でも救済でもいいんだけど、
あんだけ悪意を撒き散らして生きてきたユリコ姉は、
最後には手ひどい目にあって終わるとずっと読みながら
思っていたのです。
それがユリオを手に入れたあたりからおかしくなって、
なんかうまいことやって終わる感じがして、
消化不良でした。

236 :無名草子さん:03/08/10 07:03
>>233は、余程ご立派な生き方をしてきた人なんでつねw

237 :無名草子さん:03/08/10 11:30
和恵は壊れたのでしょうか?
何をもって壊れたとお思いになるのでしょうか。

238 :221:03/08/10 14:48
おまえさぁ、人をヴァカなんて言う前に自分の意見を書けよ。

俺はもし和恵みたいな売春婦がいたら、差別し軽蔑するけどね。

私見ではカキコしてるやつは男。


239 :無名草子さん:03/08/10 16:05
>>220
>ひと昔前のジュニア小説みたい
まさにこの人は、ひと昔前に売れないジュニア小説書いていた。
え〜っと、ペンネームは“野原木の実”だっけ?
これって本人は抹殺したい過去のひとつらしいけれど。
あっ、それと和製ハーレクインロマンスみたいなのも
書いていたんだとさ。(まっ、これも抹殺したい過去のひとつ
らしいが)



240 :無名草子さん:03/08/10 21:14
>239
野原野枝実という名でコバルト文庫で活動歴があったと聞いています。

241 :無名草子さん:03/08/10 22:03
別に抹殺したい過去とは思ってないみたいだよ。
インタビューでも自分から当時の事語ってるし

242 :無名草子さん:03/08/10 22:42
「そういう機会があれば当時の作品を発表したい(してもいい、だったかな?)」と某asahi.comのインタビューで
おっしゃってました。
私も昔の作品よんでみたい。

243 :_:03/08/10 22:45
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

244 :229:03/08/11 12:17
>>233
勘違いもはなはだしすぎなので要点のみ。
私は別に売春を差別なんかしてない。
(どこをどう読めばそういう解釈が出てくるか、書き込みちゃんと読んでないのは
お互い様だと思うが)
あなたは「和恵みたいじゃなくちゃんと生きてる人」と書いてる。
つまり和恵はちゃんと生きてないと判断したわけでしょう。
私は和恵の「ちゃんとしてなさ」が「売春」にあるとあなたが判断したのだと思って
229のレスを書いたわけ。
もしそうでないというなら、和恵のどこが「ちゃんとしてない」のかはっきりさせてほしい。

245 :229:03/08/11 12:23
あなたが気に入らないのは
@桐野に「お客さん」がついていること
A桐野の「お客さん」になっちゃうような人がいること
のどちらか(どちらも)でしょう。
もし@なら、桐野本人や作品を叩くべき。
Aだったとしても、人の生き方はそれぞれだし、他の板で叩いてくれ。
(ここが一般書籍板であることをお忘れなく)

いずれにしても、本の感想かいただけで人格攻撃されちゃかなわんからね。

246 :無名草子さん:03/08/11 12:45
>>229は「若さや美貌が通用しない」「実力社会で敗れた」などのことが
作品の登場人物に当てはまると思って書いてるが、
>>233はそれらが>>229自身のことだと思って書いてるから
いつまでたってもかみあわない。
両方ともいいかげんやめておけ。

247 :無名草子さん:03/08/11 23:13
>>224

>和恵のどこが「ちゃんとしてない」のかはっきりさせてほしい。
 ↓
昼間の仕事も夜の売春もなめて手を抜いてるところ。

>どこをどう読めばそういう解釈が出てくるか、
 ↑
>私は和恵の「ちゃんとしてなさ」が「売春」にあると
>あなたが判断したのだと思って
 ↑
そう思ったのはお前の中に「売春=差別に値する」
という価値観があるからだろ。

>人の生き方はそれぞれだし、他の板で叩いてくれ。
 ↑
まったくそのとおりだ。
それをおまえは

>どんなにあがいても30代後半になったら
>こんな悲惨な未来しかないのかと思うと愕然となった。

と断定しやがった。
だから叩いた。
「人の生き方はそれぞれ」?
どの口で言ってるんだ?

248 :無名草子さん:03/08/14 22:52
けんかするな〜
スレは活性化するけど冷静に議論できなくなるじゃんか〜
しかもだんだん話ずれるしさ・・・
好きなスレなんだから哀しくなっちゃう

249 :無名草子さん:03/08/14 23:03
桐野はディテール命なんだから、グロテスクの日記が細かくたっていいのでわ。
さっぱり書くと桐野作品じゃなくなってしまう。

あの日記形式手記形式にしたのは、書いた登場人物たちが「他者を意識しているか」を出したかったんじゃないかな。
要は嘘をついているかどうかってことで。
読み進めていかないと「コイツが嘘ついてる」とかわからないし。

登場人物全てに感情移入できないというのも、明らかに狙って書いていると思う。
ダークや光源もそんな風に作られている。
結局キャラに感情移入しないでも物語に引き込まれるっていうのが桐野作品の凄いところではないかと。

250 :無名草子さん:03/08/14 23:13
>222
>それとこの女性諸子よ、「女性ならば誰でも、自分をどこまでもおとしめてみたい、という衝動」を持っていますか? 当方、男につきそんなことは一度も考えたことはない!

あるある。そんな女ばっかだよ周りは。
女の人ってよく言う「悲劇のヒロイン」とか好きだったりするじゃないすか。
それも自己卑下願望の一つではないかと。

というか女に限らず男の人だってあるじゃん。「どうせ俺なんか」って。
結局強い自意識の表われじゃないかな。。。

251 :無名草子さん:03/08/14 23:25
何気にグロテスクよりダークのが好きだな。
だってグロテスクって良い男出てこないじゃん。

ダークのミロの新しい男はホントカッコ良かったよ。
関西弁萌え〜て感じ。しかも素晴らしい精神力と情の深さ。

ミロはああいう男に愛されるべきだったんだ。
懐広いよね・・・

252 :無名草子さん:03/08/15 16:59
>>251
チャンっていうのは、和恵の日記に出てくる彼は、
ある意味で「夢の男」かもしれないよ(w
・・・ちょっといいよね。

転落願望というのは性別に限らずあるでしょう。
現実逃避ファンタジーのひとつとしてね。
大抵、小説や映画でも観て一時感情移入して終わる、
その程度でしょうけれど。

253 :無名草子さん:03/08/15 17:01
>だから、叩いた

って・・・理由さえあれば叩きがまかりとおると思ってるんだ >>247
おーこわ。
みんなも気をつけようね。

254 :無名草子さん:03/08/15 17:10
252>チャンか〜。マジ?
自分としてはナシだな〜。
酷すぎるよあのシト。サディスト(とはちょっと違う?)じゃん。
ていうか弱者を敏感に察知して虐げる。冷酷な男だよ

でも気持ちは分かる。

255 :無名草子さん:03/08/15 17:13
ユリコっていまいち影が薄くないか?
あれだけ「怪物的」って思われてるのに、手記を読んだら
型どおりのニンフォマニアでしかない。
自分としては、あれだけブイブイ言わせてたユリコが
どうやって見向きもされなくなったのかを知りたいでつ。

256 :無名草子さん:03/08/15 17:30
ユリコの人格が怪物的ではなく、美貌が怪物的。
ユリコは作中で語り手となった登場人物の中で嘘を吐かず、最も他者の評価と違わず自分を知っている女だと思った。

257 :山崎 渉:03/08/15 21:36
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

258 :山崎 渉:03/08/15 23:20
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

259 :無名草子さん:03/08/16 02:13
>>247
>>どんなにあがいても30代後半になったら
>>こんな悲惨な未来しかないのかと思うと愕然となった。

>と断定しやがった。

だから、これは私の「感想」だと言ってるでしょう。
感想というのは主観的なもので、現実がどうであろうと心に浮かんでしまうもの。
現実は必ずしもその通りじゃないということは、あなたに言われなくてもわかりますよ。
「30代女性はみんなユリコや和恵のようになるのである」と断定した覚えは全くありません。
主観的な感想と客観的な現実認識の区別も付かないんですね。
いくら人を叩こうとあなたの勝手ですが、それでも私は自分の感想を偽る気はありません。
この箇所がよほど気にさわったらしいですけど、謝ったり訂正する気はさらさらありませんから。
もう迷惑だから絡んでこないでね。
>>248も嘆いているし。




260 :無名草子さん:03/08/17 16:33
>>222
>それとこの女性諸子よ、「女性ならば誰でも、自分をどこまでもおとしめてみたい、という衝動」を持っていますか?

どこら辺に書いてあったか情報キボンヌ。

セックスの時ならそういう衝動はあるんじゃないかな。
好きな男だったらとことんモノみたいに扱われてもいい、みたいな。
「おとしめる」がそういう意味だと仮定してだけどね。
それ以外の日常生活だったら、おとしめられるのはやだなー。しんどいもん。 

261 :無名草子さん:03/08/17 19:52
>>260
> >>222
>
> セックスの時ならそういう衝動はあるんじゃないかな。
> 好きな男だったらとことんモノみたいに扱われてもいい、みたいな。
> 「おとしめる」がそういう意味だと仮定してだけどね。
> それ以外の日常生活だったら、おとしめられるのはやだなー。しんどいもん。

セックスの時とか、ちょっと非日常気分を味わって気分転換したい、という時なら、
女にも男にもあると思うよ。
日常生活の中で、不本意なことをしている自分を自分で貶めたいというか(w
ただし、普通は日常は日常でキープして、ということだよね。
生活すべてダメになってもいいかと思えるようになるのが、
一線を越えてしまう、ということなのかもしれないね。

262 :名無しのオプ:03/08/17 21:07
それぞれの登場人物の手記が出てくるたびに、それぞれ感情移入してしまった。
こんな自分てどうなんだろう。

263 :無名草子さん:03/08/18 21:52
>260
「グロテスク」の多分女が娼婦になる訳云々のことじゃないんでしょうか。

>262
マジ?自分とは逆だよ。
まあそういう見方もあるってことで。

でも和恵の気持ちは結構理解できたりする。
「昼は一流企業のOLで夜は娼婦」
男が金払ってまでやりたい女。和恵の中ではそれが娼婦。
なんかわかるよ。蓮っ葉な女が格好良いとか勘違いしちゃうんだよね。
「私ってビッチ」とか。
逆なのにネ。むしろ。
男はそういう女を軽蔑してヤるのにね…。

264 :無名草子さん:03/08/19 11:02
>>220
ちょっとズレたシチュエーションや言葉を使うのがうまいよね。

265 :無名草子さん:03/08/19 23:34
>>262
それ、わかる。
部分的に、あ、そうそう、みたいになれるというのはある。
自分もふとそう考えないでもない、ということを、
小説の中で劇化して言ってもらえる、というか。
ユリコも、お姉さんの「わたし」が絡むことで、
こちら側からアクセスしやすい回路ができていたと感じた。
ユリコは下手すると、ファムファタになって、
凡人とは完全に切れた存在になりかねないキャラだからね。

266 :無名草子さん:03/08/24 23:08
佐野って人の東電OL本は作者がティムポ勃てて書いてるみたいで頂けなかったが
グロテスクは心理面のリアリティはあった。




267 :無名草子さん:03/08/28 14:54
もしも映画化されたらユリコは誰が演じるだろうと想像したけど、誰もうかばなかった。
難しい。

268 :無名草子さん:03/08/28 15:34
【クレジットカードのショッピング枠を現金化!】

クレジットカードで買い物をすると、商品代金の80〜90%のキャッシュバック!!
10万円の買い物をすれば8〜9万円の現金がお手元に!!

■■朝日カード■■
http://www2.pekori.to/~ryu/asahi/


269 :.:03/08/28 23:46
>>267
桐野夏生で決まりでしょ。

270 :無名草子さん:03/08/29 22:04
>>267
昔(10代)の宮沢りえ

271 :無名草子さん:03/08/29 22:19
佐田真由美は、ぴったりじゃないですか?
女性にしてはホリが深くてハーフっぽいですし何より綺麗です。
身長が少しだけ百合子よりも低いですが。

272 :222:03/08/30 00:27
>>260

佐野眞一「東電OL殺人事件」とごっちゃになっていました。スマソ。
一応頁を書いておくと、P413。

慶應のゼミで一緒だった、同級生(女)のインタビューの章。
被害者(グロテスクでは和恵)がやっていた売春をどう思うか?って質問の答。

273 :222:03/08/30 00:35
そーいや、ゼミで同期だった女性は彼女(グロテスクでは和恵)が凄い潔癖性
だったってかいてたなぁ。

潔癖性の女性は、性的に辱められたい欲望を持っているのかね?

若い女性なら潔癖傾向は皆持っているでしょ、
エッチのときわざわざ歯を磨くってのが信じられんわ。

274 :無名草子さん:03/08/30 16:06
わたしはそれほど若くないけど、歯は磨きたい。。


275 :無名草子さん:03/08/30 19:21
ユリコ姉は、どうして途中から人の顔相にこだわるようになったのだろう?

276 :無名草子さん:03/08/30 20:13
>>275
ユリコにとらわれて、人の顔や外見に異常に興味を持つようになってるんだけれど、
興味を持つ、というよりは、人を判断するときに、
見た目を重んじる傾向が強くなりすぎてるよね、ユリコの姉は。

しかも、自分でそれをちょっと客観的に見て、
「私って面食いよね」とか、
「ルックスにこだわりすぎるのは良くないのは頭では分かるんだけど(w」
とか、自分の癖を素直に認められない性格に描かれてるじゃない?

ユリコと自分の違いを、顔の違いとしか認めたくないみたいで、
つまり自分も顔さえ綺麗ならどうにかなったと思い込んでる人っぽい。

その辺の歪さが年取って孤立した生活を送っているうちに
だんだんひどくなってしまって、
それが「人相学に凝る」という形で現れてる、と、思ったけど。
弁護士や記者が、彼女が人相学の話を始めると、逃げちゃうのは、
キモいからなんだろうな、と。


私生活でのトラブルがきっかけで、占いに凝るようになった人が、
どんなことでもその占いで解釈するようになって、
占いに関心のない人間からすると、
会話がし難い人になってしまう、なんてのは、あるよね(w


277 :無名草子さん:03/08/31 17:23
結局、ブサイコ女のルサンチマン垂れ流しの駄文じゃん。
美人・金持ちがそんなに憎いのかねぇ。

278 :.:03/08/31 20:21
>>277
ルサンチマン書き殴って、人に金払わせて読ませるって、すごい才能だよ。

279 :無名草子さん:03/09/01 05:54
ユリコとその姉は、合体して2で割ると、ちょうどいい按配になりそう(w
二人とも、ユリコの外見に引かれて寄ってきては
無責任に勝手なことを言ったりする人に子供のころから晒されて
人を信用することができなくなっているかんじよね。
ユリコはそれでも、自分の弱点を認めて
それをどうにもできないのは自分のせいでもある、と、考えることが出来る
潔さはあるんだけれどもさ。
姉になると、周りの人のせいにしたり、
自分より弱い人をいじめることで優位にたって弱さを誤魔化すとか、
そんなことばかりしてるね。最後の最後でやっと変わろうとするけどもさ。
結果は破滅かもね。。。

ミツルは、あの小説の登場人物の中では
自分の愚かさや間違いを認めたら、
反省するし、より良く変わっていこうとする健全さを保ってる人に描かれてる。
だから、親身になって自分を心配してくれる人のことは、
素直に受け入れるし。


280 :無名草子さん:03/09/01 16:55
グロテスク読んだら、気分が暗くなりました。
しばらく、気分悪そうです。
桐野作品では嫌いな部類です。
桐野氏の新刊を買うのが楽しみだったのですが、これは買わないで、
図書館で借りてもよかったかな。



281 :無名草子さん:03/09/01 17:04
教養を身につけようが、スポーツが出来ようが、容姿が駄目ならどうにもならない。
まさに正論。女性は見かけだよ。

282 :無名草子さん:03/09/02 00:28
和恵については、
山岸涼子の『天人唐草』を思い出しましたね。
とことん陰惨だけれど、
和恵の日記は
あそこまでやってくれると痛快だとすら感じたりもした。

283 :.:03/09/02 23:42
映画化するなら、和恵は素人を抜擢してほしいね。垢抜けないまったく地味な
女ね。日本映画は、興業命だろうから、無理だろうけど。OUTみたくポジティヴ
で元気の出る映画とやらに変えてしまうのだろう。おれは、この小説読んで
すごく元気が出たけどな。

284 :無名草子さん:03/09/04 13:38
「グロ」を読んでから「東電OL」を読んでます。和恵はまさに「東電OL」から
90%いただいたキャラですね。
東電OL事件の当時は「美人」という枕詞がついていたんだけど実際はどうなんだろ。
小説ではブス→怪物になっていくんだけど。
当時はずいぶん新聞にも出たんだろうけど小さい頃で記憶にないのだ。

そんなことに興味をもっちゃいけないのだ、被害者の家族ガ気の毒だろ、とか頭ではわかってるんだけど気になる。


285 :無名草子さん:03/09/04 14:13
風俗は嫌いでないが、東電の女性を買う勇気はわたしにはない。

自分が井の頭沿線の住民なら、道玄坂でオンナを買ったら、渋谷駅までもどって
電車に乗る。神泉駅は利用しない。同級生も近所の人も利用してるんだから。
でも人間、あそこまで自分を落としめる事出来るものかな。

286 :無名草子さん:03/09/04 18:55
私はやっぱりミロシリーズが好き。
グロテスク読んだ後に、シリーズ一気に読み返した。
グロの後味の悪さにwww
で、今一番共感出来るのはダークのミロだな。


287 :無名草子さん:03/09/06 19:39
>>284
文藝春秋に、当時編集部勤めで終電で帰宅することが多かった女性ライターが、
よく同じく終電を利用していた件の東電OLを見かけたと書いていた。
東電OLは、悪目立ちしていた、まず異様なまでに痩せていて、
ホームに立っていたとき風が吹いてきたらよろけて飛ばされそうになっていたそうで、
電車内では窓ガラスに映る自分の顔をみてにっこり笑っていたそうだ。
顔立ちはともかく、
(私はニュースで写真を見たけれど、十人並みの顔だと思ったよ・・・特に際立って不細工というのではなかった)
ガリガリに痩せていたのは確からしい。

朝倉喬司「誰が私を殺したの」でも東電OLをとりあげていたけれど、
実際の事件については、冤罪かどうか、
巣鴨の民家の庭先に捨てられていた定期券の謎、に関心が向くね。




288 :無名草子さん:03/09/07 15:48
こわいっす〜

289 :無名草子さん:03/09/07 15:55
遅まきながら、昨日「ローズガーデン」読みました。
ミロと義父の話にちとショック。。。


290 :無名草子さん:03/09/07 17:03
>>287
レスあいがとうございます。
ふーむ、10人並ですか。それにしても、まわりの人たちも変と思ってたんだね。

「東電」の著者は被害者に魅せられてるけど、「グロ」の作者はまったく
和恵に愛情持ってないような気がしますね。

291 :無名草子さん:03/09/07 20:49
286です
>>289
私も最初「ローズガーデン」読んだとき「・・・。」って
気分になったけど「ダーク」で村善が久恵と・・・の方が
読んでて理解出来なかった。まるで鄭みたいに。
昨日、「柔らかい頬」を3年ぶりに読んだら又違った視点で読めました。

また「ダーク」を何年か後で読み返したら違う見方出来るかも・・。

292 :無名草子さん:03/09/08 14:38
桐野自身の美人への恨みつらみが凝縮されたような話だな>グロ
読んでてこれだけウンザリさせられた小説も珍しい。

293 :無名草子さん:03/09/09 00:48
>292

逆と思ったけど?


294 :無名草子さん:03/09/09 01:01
うん、逆じゃない?

確かに3人ともグロテスクなんだが醜い和恵と姉は大嫌いで、百合子だけ美しいから
許す>桐野
って感じ。

295 :無名草子さん:03/09/09 11:55
「グロテスク」で作者がリスペクトしているのは、和恵だと思ったけどな。
後の登場人物は、和恵がああなっていくのはどういう事情があってのことか、
ということを、わかりやすくするために描かれている印象。
あの物語のヒロインは、やっぱり和恵だからさ。

296 :無名草子さん:03/09/09 14:20
和恵がああなって行く理由なんてあったかな?

297 :無名草子さん:03/09/11 20:29
>>296
今それが分らなかったら、あと10年後とかに読んでみるといいかも。

ヒロインは和恵だと私も思う。
でもそれをはっきりさせないから色々考えさせられて、いい作品になった。(私にとって

298 :.:03/09/12 01:11
百合子は美貌、ミツルは知性と人格、和恵は中途半端なんだよね。上流階級
にも男企業社会にも適応できないが、猛烈に努力する人ではある。勤勉な理性
が自己破壊衝動に変化するのも恐れずに突っ走っていく実にロマネスクな人物
だと思う。結果としてかなわないはずの百合子と最後には対等に肩を並べる。
和恵と似たような容姿力や知性しかなかった語り手は、そこまで破壊衝動に
身を任すことはできず、シニックに認識するだけなのが印象的だな。そうして
みると、ヒロイン和恵説はあってると思うね。

299 :無名草子さん:03/09/13 11:39
桐野夏生スレっていつまで2つ同時進行するのかしら・・・

300 :無名草子さん:03/09/13 14:53
俺は男ですが、グロは週間文春連載時に読ませていただきました。
俺の会社もバブル時に女子総合職を採用しました、他のOLには打ち解けあえない、
というより無視、営業は力仕事もあるが、女性だからしなくていい、こんな会社のオエラ方の判断で
男性社員も冗談じゃないと相手にせず、孤立化、そして女性総合職は消滅。
十年前のことを思い出しました。



301 :.:03/09/13 22:36
グロは、生命体の突然変異の考察から始まるけど、美という魔物に翻弄される
男たち、女たちを描いている。欲望そのものなんだけど、その渦の中心に巻き
こまれていくのが和恵。無防備、無反省に努力だけするものだから正面から
ぶつかってしまう。「ファイアボール・ブルース2」の頑張りすぎてリングで
事故死しちゃうレスラーを彷彿させるキャラだな。

302 :260:03/09/15 15:50
>>272
情報サンクス。超亀レスでスマソ。
そっちも見てみるね。

自分は「東電OL症候群」を読んでたんだけど、
佐野の感情過多な文章がしんどくて、未だに読破できてない。
桐野の文章の方がしっくり馴染めたよ。

303 :七誌:03/09/15 16:17
そうだな桐野女史は最後がねOUTしかり柔かなしかり、
どうしてこの展開になるか、感情の起伏のテンポが変わり
読者は踊り場に立たされて戸惑う。

304 :無名草子さん:03/09/16 18:59
桐野夏生の「柔らかな頬」と「天使〜」の映画見たいんだけど
誰か見ました?
レンタルで探してるんですけど。
既出だったらゴメン

305 :.:03/09/17 01:00
>>304
「柔らかな頬」のドラマみたよ。テレビで。カスミが天海ユキ?だった。
綺麗だけど、線が細いかなという印象。展開がとろくて、夜中にやってたせい
も在るが、途中で寝てしまった。小説のほうがおもしろかった。

306 :無名草子さん:03/09/17 13:14
はぁ〜、あれTVドラマにしては良かったと思ったけどね
出口のない絶望的な雰囲気がよく出てたし
すごく原作に忠実でびっくりしたもんです
これって、放送当時にとっくに話題に出てましたね

307 :304:03/09/17 23:01
テレビ見逃してしまって今更見たいんですよ
ビデオレンタル屋で探しても今のところなくて…見たい観たい

308 :無名草子さん:03/09/18 22:13
>>304
自分もこのドラマがきっかけで桐野作品読み始めた。
昨年見た中ではナンバーワンの出来だと思う。
内海役の松岡俊介がよかった(あとでYOUのだんなだと知ってびっくり)

ここで情報見れるでよ。
http://www.bs-i.co.jp/main/drama/yawaraka/

309 :無名草子さん:03/09/18 22:20
仕事帰りに道玄坂地蔵のところに行ってみた。
すごいわかりづらかったけど、着いてみたら意外にでかいお地蔵さんだったんで驚いた。
軽く身の丈ぐらいあるよ。
唇は確かに赤くなってたね。
いくらかお賽銭あげてお祈りした。

東電OL事件の現場になった喜寿荘や粕谷ビルもまだあったよ。
つくづく不気味な建物だ。
帰りに「イチドデイイカラ・・・」て叫びながら外人が追っかけてきたので、
あわてて神泉駅のエスカレーターを駆けのぼってにげた。
ゴビンダやチャンみたいなのもまだ住んでるみたいです。

310 :.:03/09/19 00:37
>>309
今度は、外人のお姉ちゃんにお賽銭あげてお祈りしておいで。
「これでうまいもんでも食べてや」

311 :無名草子さん:03/09/19 01:51
ミス板の桐野スレ見てきな。
アホばっかやになった

312 :無名草子さん:03/09/19 08:49
ミス板は煽り厨が多いね。

313 :304:03/09/19 10:23
>>308
観られなかった…

314 :無名草子さん:03/09/19 19:38
桐野スレ@ミス板 なんであんなことわざわざやってんだか

315 :無名草子さん:03/09/20 01:39
文春連載中に紹介されてた桐野さん公認ファンサイトってどうなっちゃったの
ですか。

316 :無名草子さん:03/09/21 16:03
ミス板って見方がひねている気がする。

317 :無名草子さん:03/09/21 16:46
ミス板もちょっと前までは正常だったのにいきなりアホが増えた。
どっかの板で桐野荒らしすれがあるとしかおもえん

318 :無名草子さん:03/09/22 10:37
グロ面白かったです、一気に読んでしまった。
ところで、和恵のモデルである女性は高校から慶応だったんでしょうか?
作品と無関係な質問でごめんなさい。

319 : :03/09/22 20:42
過去レスでも指摘されているがQ高は慶應。
東電OLも慶應出身

320 :.:03/09/22 22:31
>>313
見れるけど?
あと、CSの日本映画専門チャンネルでも、今月末に
繰り返し放送するようです
ttp://www.nihon-eiga.com/prog/103178_000.html

321 :無名草子さん:03/09/22 22:40
何故か校舎のレイアウトは作者の出身大学の附属中高だったりするんだな。
あと、学校の雰囲気やキャラ、出来事は全部慶應。

322 :無名草子さん:03/09/23 00:01
女子高時代のエピソードがめちゃ面白かったんですが、
慶應女子って実際にあんな感じなんでしょうか?
地方在住者にはあの世界は想像を絶するのですが。

附属のある私立に共通したことなのでしょうか、それとも慶應固有の性質なんでしょうか?
あの世界だけでも充分グロテスクだと感じてしまいました・・・
どのような取材をしてあの章を書かれたのか気になります。
いずれにしても桐野作品はこれから読んでいこうと思います。

323 :無名草子さん:03/09/23 13:45
>>322

地方でも中高一貫私立校は似たようなもんですよ。金持ちは多いし、
公立校みたいに何百人もいるわけじゃないから、息が詰まるような
ところがあった。とりあえずどこでも内進組がえらいという秩序は
共通だと思います。

324 :無名草子さん:03/09/23 15:16
金持ち、美人が日の当たる道を歩くのは当然。

325 :無名草子さん:03/09/23 21:26
>>322
桐野夏生のインタビューでは、そういう学校に通っていた人に取材したそう
だね。靴下のラルフローレン偽造の話は、自分の学生時代にそういう子が
いたようなことを言っていた。東電事件に対するマスコミの「発情」ぶりに
抵抗をおぼえて書いたとのこと。破壊は解放であり、売春は自由であるという
考え方は、誰しも共有できるものではないかもしれないが、少なくとも作者
は資質としてはそういう女性のようだ。別の例として、一流会社の編集者を
しながらバンドのヴォーカルを趣味でやってる知り合いのことをひきあいに
出していた。インタビューは「編集会議」とかいう雑誌だったかな。

326 :無名草子さん:03/09/24 12:44
>>323
中高一貫ではなく小(幼)からつながってるところに独特の雰囲気が生まれる
のではないかと思うのですが。
内進組がえらい、とかではなく小さいときから一緒ということで、保護者
ぐるみのつきあいがあるし、同じ学校でなくても兄弟やらいとこ同士が
別の私立で一緒であるとか、夏休みは誰かの別荘で過ごすとか、全体で
ファミリーみたいな不文律ができていて、新鮮な空気を持ち込むと
同時にリラックスできない煩わしさを伴うお客(外部組)を疎ましく
感じてどうしても温度差ができてしまうのではないでしょうか。
逆に「外部が(頭がいいから)えらい」なところもあると思いますよ。
また、地方のエスカレーター式の学校の方がまだ猫も杓子も状態に
なっていないというか、(お金があって勉強ができてもミツルのような
お家の人は入らないというか)、いい意味で敷居が残っているから、
和恵のような悲劇も少ないような気がします。
>>322
Q女子の比較的近くにある女子校を卒業した私の個人的な感想ですが、
先生にコーラでお祝いするエピソードが秀逸だと思いました。
あれでいて決して偽善じゃないんですよ。先生のことを馬鹿にしつつも
結構慕っていて、先生の方も「こんなことしたって私は騙されないわよ」
なんてことは絶対なくて素直に喜ばれたりして。
矛盾しますが、このエピソードに関して言えばQ女子っぽくない気もします。
慶應の友だちは中学から入りましたが、共学なので私たち女子校に比べると
公立のノリに近かったですよ。
神奈川の方にできたのもまた雰囲気全然違いますね。


スレ違い長文スマソでつ。

327 :323:03/09/24 22:10
>>326

幼稚舎時代からずっといっしょというような環境は身近になかったので
よくはわからないんですが、そこまで家族ぐるみで親密なんですか?
なんか擬似皇族のような。。僕の印象だと、Q女子高で語られる女子高生
たちは、保護者とかまで含めては自分たちというものをとらえておらず
(言い換えればよくも悪くも自分たち一族は貴族であるというような
意識は持ってなく)、もっとずっと狭い縄張り意識のようなものを異常
に発達させているだけのような気がするんですが。


328 :無名草子さん:03/09/24 22:39
私は地方の公立の共学しか知らない者です。
上の、中高一貫校私立、それも女子高の話、おもしろかったです。
共学でも、グループができて、張り合ったり
仲間はずれにしていじめたり、というのはあるわけだけれど、
女子だけ固まると、特有の傾向が出てくるみたいですね。
共学の場合は、男子の目という関数が入ることで
緩和されるものもあるし、よけいこじれることもあるかな(w

小説のQ女子高は、日本社会を少女マンガ的にデフォルメしたような描かれ方でしたね。
もともと上流の裕福な家庭の出の子たちは、無頓着なだけなのかもしれないし、
幼稚園からQ女子高だと、同じような背景の子としかつきあってないわけだからね。
ずーっと仲間づきあいしてきた人と、中学や高校からつきあうようになる人とは、
親しさがちがうのも、悪気があってのこととは限らないかもしれないし。

大人とちがって、子供だから、感情がむきつけにでるし、
323=327さんが書いているように、
狭い縄張り意識をもって、後から考えるとつまんない争いをするというのも
中学高校くらいは、そういうことをしてしまいがちな年齢だし、とも思うね。

むしろ、小説では、中学や高校から、外部から入ってくる人の方が、
生え抜きの生徒たちは、自分たちより階級が上なんだ、というのを
意識してしまっているようにも感じました。

329 :無名草子さん:03/09/25 01:15
「グロテスク」に出てくるような情報が、女子中学受験生の親に
近年入ってくるようになって、15年前であれば慶應と女子御三家
のW合格(といっても慶應の方がずっと難しい)の場合、殆ど
慶應に行っていたのが、慶應を蹴って女子御三家に進むケース
が珍しくなくなってきた。

中学や高校で女子が慶應に入るのは非常に難しいわりに、得られる
ものがさほど大きくなく、意外に負担(男子に比べて解消しずらい
内部生と外部生の壁など)が大きい。

女の子が慶應行くのであれば、普通に大学受験するか、幼稚舎入学
のどちらかがいい。逆に男の子は、「誘惑に負けない」という前提で
中等部入学がいい。湘南藤沢の中等部も面白そう。

慶應の内部生、と聞くと響きがいいが、それなりに地獄もある。「JJ」
みたいな雑誌は、アホみたいに附属を持ち上げるが。


330 :無名草子さん:03/09/25 03:24
早稲田だと内部進学者と外部の軋轢はほとんど無いといっていいと思う。わけ
隔てなく仲良くつきあえる。内部進学者は、受験が免除されているから、遊び
や趣味に長けている。個性的な人も多く魅力的。その分、高校時代の猛勉強は
してないので、大学の授業で単位を落としたり、留年したりするケースもある。
もちろん、差違を競う争いはある。だがそれはどこの大学でもあることだ。

331 :無名草子さん:03/09/25 16:50
>>326
>そこまで家族ぐるみで親密なんですか?
親密というか、単純に生活パターンが似かよってくる、……
通学を想像していただくとわかりやすいかと思いますが
徒歩圏内の人はほとんどいないわけです。
だからクラスが違っても利用する駅が一緒、すなわち生活圏が同じで
親しくなったりします。(お買い物、お稽古などですね)
保護者会で親だけが仲いい場合などもあります。
それで高校入学まで9〜11年間過ごしてくるんですよ。
>なんか擬似皇族のような。。
これはどういう意味かわからないのですが。

>(言い換えればよくも悪くも自分たち一族は貴族であるというような
意識は持ってなく)、
そうですね。エリート意識や選民思想も世間で言われるほど
ないように思います。328さんがご指摘のとおり、外部の人次第のところが
あるように思います。「階級が上なんだ」という意識、場合によっては
敵意を含む意識を持たれて、自分たちの心地よいというか頓着しなくて
いい空間を守りたいみたいな気持ちが出てくる。
>もっとずっと狭い縄張り意識のようなものを異常に発達させているだけ
そうかもしれません。
先のレスで書き忘れましたが、お客様なら失礼のないように気をつかわ
なくてはいけないところなのに、子どもで、空気が変わることへの不快
の方が上回ってホスト役を放棄してしまうのです。ゲストとホストというより
嫁と小姑ですかね。

またまたスレ違いの長文失礼しました。
ところで、和恵みたいな人はどういう学校に行けばよかったんでしょうか。


332 :無名草子さん:03/09/25 17:55
>>331
>ところで、和恵みたいな人はどういう学校に行けばよかったんでしょうか。
国立大附属校か都立の学区トップ校に行くべきだったかと。

333 :無名草子さん:03/09/25 22:19
百合雄を主人公にしてパート2を書きたいと桐野夏生は発言してるね。

334 :無名草子さん:03/09/26 12:31
>>332
>国立大附属校か都立の学区トップ校
絶対その方が幸せになれたしょうね。
なのに、和恵(あくまで小説の和恵)は
何故Q女子を目指したのか。都立ならまた受験が
あるから別としても、国立大とQ大の違いは?
チア部の子たちみたいになりたかったのかな。
入れば自動的になれると思ってたのかな。
父親に勧められたから?何かQ女子へのこだわりを記述
してるとこあった?単行本持ってないんで忘れた。
>>329
中等部だとまあまあセーフだけど、幼稚舎上がりって
勉強においては馬鹿扱いされること多いよね。

335 :無名草子さん:03/09/26 13:17
>>334
確かにエスカレターだから学力は劣る場合が多い。
だが幼稚舎上がりは、富裕層。世の中金しだい。
大学でも入学式の前に友達関係は完璧、金が有って遊びなれてるから
学内でもスター、就職もコネがあるから一流にスンナリ。
世の中そんなもの。

水野久美も都立高からフェリス。付属からの子はべンツで通学は普通と
雑誌インタビューで答えていた。


336 :無名草子さん:03/09/26 13:38
>>326
学習院付属の近くのレストランで聞いた話(中級以上かな)
父兄会のある日はランチは満員だそうです。
小学生の父兄会は母親も若く仲良しになる事が多い、それにお金もある。
そこで仲間、コミニュティが出来る。中学高校からの入学生と壁を作る。
こんな事もあるんじゃないのかな。


337 :無名草子さん:03/09/26 17:31
>>334
>国立大とQ大の違いは?
国立大附属も大学進学の優遇措置は一切ないよ。受験やり直し。
あと、筑波大附属出身の友人(高校から入学)に聞いた話だと、やっぱり
内部進学してくる生徒は富裕層のおっとりした子が多くて、内部は内部同士、
外部は外部同士で仲良くなる傾向が強いそうだよ。
ただ、内部生と外部生のいがみ合いみたいなことは全然なかったって。

338 :無名草子さん:03/09/27 10:58
都内有名私立小は、通学時間30分以内という学校が多いため
都心一等地に住まないと入学出来ません。

339 :無名草子さん:03/09/27 17:16
>>330
学院と早実だと学院の方が偉いの?
>>332
和恵はどの学校行っても楽しく過ごせない気がするなあ。
>>333
百合雄が主人公? ちょっとお腹イパーイ。
それよりミツルの中学受験やってほすい。
>>338
そうそうお受験のためにわざわざ住民票移したり。
でも、入ってからまた引越したりもする。
都心一等地とは限らないと思うけど。
大田区なんかカラーの差が激しいし。山王と蒲田みたいに。

340 :無名草子さん:03/09/27 20:56
ダーク読んだけどショック
トモさん好きだったのに・・・
久恵もムカツク・・・

341 :無名草子さん:03/09/28 21:11
http://school2.2ch.net/test/read.cgi/ojyuken/1036390414/633-672
なんだかすごい世界だよ、ちゅうとうぶだけど。すれ違いごめん

342 :無名草子さん:03/09/29 11:34
>>340
トモさんショック・・わかる〜。でもあれでリアリティ深まった感じでOKかな私は。
柴田よしきの練ちゃんシリーズは読んだ?トモさん好きならお勧めよ。

343 :無名草子さん:03/09/29 21:46
中等部から慶應で、女子高にも通ってました。
実際は、皆さんが思うほど内部と外部の温度差なんてないですよ。
少なくとも生徒側には。(親はどうだろう。幼稚舎からの親って結構凄いの多いので)
中等部入学当初は、幼稚舎で固まってたりもしたけれど、すぐに関係なくなります。
卒業の頃には、頭のレベルも揃ってます(w

女子高入学時は、内部生も積極的に外部の友達作ってましたよ。
自ら壁を作るなんて馬鹿なことしません。何の得にもなりませんしね。
基本的にあの学校は、勉強するよりもお祭大好き、行事大好きな能天気な学校です。
私も試験勉強をしないで、とある行事の衣装作ったりしてました。
まぁ、やるときゃやる子が多いんですけどね。

グロテスクの世界のようなイメージを持たれるのも凄くわかりますが、実際はこんなもんです。
そこらの男子よりよっぽど男らしい、骨太な学校ですよ。
グロテスクは、どんな集団にも少しは存在しているドロドロした部分を最大限引き出した感じですね。
附属の女子高っていうと、あんな印象ありますよね、確かに。
でも、実際に慶應女子に通った私にしてみると、Q女子高=慶應女子ってちょっと合わないかも…。
モデルにはしたんだろうけれど、あくまでモデルで、中身は全然違うよ、ってことで。

344 :無名草子さん:03/09/30 09:33
和恵たちが今40代前半ぐらいの設定だとすると
現役の頃は副鞄にレノマの巾着(w抱えて
まだ大戸屋もなくてカプッチョ寄ってたような
人たちがモデルだから、まだステレオタイプの
外部も内部もいたんだと思うけど。
343タンは平成の人じゃない?
違ったらスマソ。
まぁ、いつの世代でも平和に過ごせる人と
そうでない人がいるからね。
あと、いつのジェネレーションにも共通に思うのは
学年を特徴づける人間って大概内部生ってことだよね。
その辺は変わってないような気がするな。

345 :無名草子さん:03/09/30 17:55
>>327
慶應のような小学校(もしくは幼稚園)〜大学まであって、
伝統もある学校だと、親同士も学生時代からのつきあいがあるんじゃない?
それこそ、似通った年齢で結婚して子供ができて、
親はそこの学校での学校生活しか知らないから、
何の疑問もなく自分の母校に入れる・・・・みたいな。
だからこそ、家族ぐるみのつきあいも生まれやすいし、
それがその輪から外れた人からは排他的・閉鎖的に見えるのかもしれない。


346 :吾輩は名無しである:03/09/30 21:04
「グロテスク」読了。すげー後味が悪いのは桐野小説では
毎度のことだが……。違和感をおぼえたのは、
ユリコの落ち方だなあ。まだ三十路でしょ?
それなりに金のあった女なら、お直しとかで加納姉妹的に
生き残る術があったと思うんで。いきなり三十路で街娼ってのは
ちっと腑に落ちない。風俗系で働いている、とくに女王様なんて人は、
三十路後半にさしかかっても立派に美人として生きている人いっぱいいるけどな。
「ハーフの血が」ってことで誤魔化されていたけど、どうも実感としては
腑に落ちない。あと、ねーちゃんの結末。もっと悪意を磨いて
すげー意地悪な女になって枯れていて欲しかったのに、
百合雄なんかで転ぶな! この期待はずれが!

347 :無名草子さん:03/09/30 21:48
331ですが、× >>326→○ >>327 でした。

>>346
「わたし」に関しては私もあれれ?でしたけど、
ユリコは若くてきれいなときから自分の怪物的な美しさを自分でも
掌握できていなかったわけだから、お直しなんていう維持やアフターケアは
頭になかったのでは?

348 :無名草子さん:03/09/30 22:01
>>346
おれもユリコの立ちんぼは意外だったね。業界的には高級デリヘルやソープ
でやってけるわけだが、一匹狼なのか、自己破壊衝動が強いのか、ふにおち
ぬ印象はいなめなかった。ま、場末の風俗店になんでこんな上玉が!!という
例もなきにしもあらずだけどな。フィクションだからリアリズムに忠実じゃ
なくてもいいんだけど。女王様は、頭がよくないと無理だろうね。ユリコは
頭は悪そうだからSMはダメ。

349 :吾輩は名無しである:03/09/30 23:27
女王様は頭がよくないと務まらないのはよく解かる。
ただ、手記を読む限りでは、ユリコはまったくのパーには
思えないんだが、そこんとこがやっぱし腑に落ちないんだよなー。

>ユリコは若くてきれいなときから自分の怪物的な美しさを自分でも
>掌握できていなかったわけだから

「ハヤクオトナニナッテ」のあたりで、もう敏感に気付いていた気は
したんだけど、どう?
小説ではユリコは単純に「インフォマニア」ってだけで片付けられて
いたけど、そこまで徹底したパーにも読み取れないんだよなあ。
>フィクションだからリアリズムに忠実じゃ
>なくてもいいんだけど。

それはまあそうだよねー。でも上質の娯楽小説だからこそ、
ところどころの「読者を騙しきれない」部分に目が行ってしまうので。
はなから三流と決めてかかれば、と学会的な楽しみ方もアリなんだが。
フレンチレストランの真っ白いテーブルクロスにコーヒー一滴で
染みを作ってしまったかのように、完璧だからこそ欠点も
妙に気になってしまうのだなあ。

350 :無名草子さん:03/09/30 23:36
大学時代にお嬢様女子大の「インフォマニア」の娘いたよ。メンヘルと
紙一重だね、インフォマニアは。でも、立ちんぼまではなかなかやらな
いよな。桐野夏生はインタビューで「女は誰でも娼婦願望があるんです
」みたいなことを言ってたけど、その部分を誇張してみせたということか。
女は、潜在的な娼婦願望を虚構で満たし、男はそんな女の本性に興奮する
という仕掛けだったのかもしれんが、動機づけは弱かった。無理もないけど
な。現代人の犯罪や行為の動機づけほど難しいものはないんだから。動機
は複合的と言ってしまえばそれまでだが、本当に描こうとしたら、途方に
暮れそうだ。

351 :無名草子さん:03/10/01 20:22
「わたし」は「本当はユリコが賢いことはわかっていました」と終わりのほうで言ってるね

352 :無名草子さん:03/10/05 19:38
ユリコは自覚的なアウトローだからね。
和恵は過剰適応を目指して無理をしたあげく、壊れていくようなかんじ。

353 :無名草子さん:03/10/06 10:44
ユリコの自分の容貌に対する認識、ユリコの賢さについてだけど
多分幼女の頃から自分の美貌については、充分意識してたと思う。
にもかかわらず、それに執着しないというか
「いつかは失われてしまうもの」と、諦観していたように感じる。
まだ若い間は、それはそれで享受するけど
いつか崩れてしまう時が来ても、それはそれで別にいいや、って。

自分の生に対しても、そういうスタンス。
周囲の人間に対しても、自分自身に対してもドライで突き離している。
そして全てを突き放せる程に、周囲も自分も冷静に把握できてる。
「わたし」のいう通り、やっぱり賢い女だと思うな。
だからこそ、そんな自分とあらゆる面で対極の和恵と惹かれあったんだと思った。

354 :無名草子さん:03/10/06 21:45
ダーク読んだけどあんまり面白くなかったな。
別にミロでなくてもイイと思うけどなこの話なら。
あと、今年の三月に産まれて10ヶ月経ったって記述があるけど間違えてるよね。

355 :無名草子さん:03/10/07 02:49
泉鏡花賞受賞おめあげ。

356 :無名草子さん:03/10/07 20:23
「グロテスク」のように実際の事件を元にした小説って
遺族に許可とって書いてるんでしょうか?
佐野眞一のドキュメントと付きあわせると
かなり細かいプロフィールまで再現してるよね。
アイススケート部所属とか。
「すけべっこ」→「ふとももっこ」はワラタが。
これだけ細部がリアルだと例えヒロインの心情などは創作でも
遺族としては複雑だろうな。

357 :無名草子さん:03/10/09 23:49
鏡花賞の選考委員てまだ金井美恵子がやってんの?

358 :無名草子さん:03/10/10 01:08
■選考委員
 五木寛之、泉名月、村田喜代子、村松友視、金井美恵子 

359 :無名草子さん:03/10/21 20:03
ゴビンダ 無期確定か…

360 :無名草子さん:03/10/22 02:25
実際のところはどうなんだろうか。


361 :無名草子さん:03/10/22 07:27
新聞で読みますた。
ショックあった。
佐野氏の本は、偏った見方をしてる印象も強かったのだが、
素人にもわかりやすい決め手になる証拠が出てないのは確かだ。
それに、定期券の謎がひっかかる。


362 :無名草子さん:03/10/23 16:58
>>359
まだ再審の望みがあります。


363 :無名草子さん:03/10/31 17:46
今日の朝日夕刊でトミーノがグロを絶賛してますた。
ただし、女子高パートのみ。

364 :女子高og:03/11/01 03:57
グロテスク、残り三分の一くらいです。
うーん…女子高の描写は、なにげにリアル過ぎる場面が怖いですねえ。
花ちゃん誕生日とか……w

365 :無名草子さん:03/11/06 17:40
弁当工場=わらべや

366 :無名草子さん:03/11/09 02:41
主人公の一人称だけ面白かった。
あとはダルダル……総合的に面白かったけど、
少し長すぎる気がした。ひっぱりすぎというか。

367 :日本雀観察協会会長:03/11/16 19:20
こういうの書いてて、
娘さんにどういう影響与えるだろうか?

368 :無名草子さん:03/11/17 14:08
ストーリー、ディテールの描き方等面白かった。
一貫教育の私立出身の自分は「ある、ある」と笑いながら読めた。
成績トップは実は中学入学組がとる。高校入学組はおとなしい優等生で
最後までなじめない人も多い。高校入学組で医学部に行きたい子が私立には
お金がなくて行けず国立には成績が少々足りなくて行けないのに、小学入学の
あまり成績の良くない子が私立医学部に行く、なんて構図はよくあった。
小説ほどドロドロしていないが、私立一貫には階級差を感じるシーンは
時々存在した。作者はよくわかっていると思う。
本質は優越感を得るための女の戦いだろう。美・学業・仕事・金何れにおいても
中途半端な和恵が、自分より恵まれている周囲の人間がけしてできない娼婦をする
ことで優越感を得るのは納得だ。また、優越感を得る戦いから早々におりた
(ふりをする)姉と、最後まで戦いながら死ぬ和恵の対比は面白い。
チャンの話は不要だ。あと、すべての登場人物が同じような話し方をするのは
物足りない。性格や境遇でしゃべり方は違ってくるはず。



369 :日本雀観察協会会長:03/11/17 20:01
>>368
ホントにああいう感じなんだ。
女の世界って陰湿。

370 :無名草子さん:03/11/18 20:05
>>369
ああいうのは、自分の学校が特別なんだってことをアピールしたい
とりえの無い女が広めている都市伝説。

371 :無名草子さん:03/11/18 20:50
いや、ああいうガッコほんとにあるよ。

372 :日本雀観察協会会長:03/11/19 18:29
ないぼ!

373 :無名草子さん:03/11/19 23:20
↑あるって。
あんた、いなかもんだね。
地方の人だろ。
スタバいったことある?


374 :無名草子さん:03/11/20 02:55
>>368
ほぼ同意。学校描写についても文体書き分けもだが、
文体はそこまで要求しなくてもいいんじゃないかとも思う。

>本質は優越感を得るための女の戦いだろう。美・学業・仕事・金何れにおいても
>中途半端な和恵が、自分より恵まれている周囲の人間がけしてできない娼婦をする
>ことで優越感を得るのは納得だ。
しかしほとんどの人間は中途半端=凡庸であり平凡なまま一生を過ごす
ことが多い筈。、それにそこまで突出しなければ自己を保てないのであろうか。
ミツルの「皆で虚しいことに囚われていたのよ、あたし達人から
どう見えるかってね」の台詞につきる。

375 :無名草子さん:03/11/20 11:54
>>373
あるよね。だからって、スタバとか出すのって恥ずかしいよ(イナカモンくさい)

376 :無名草子さん:03/11/20 14:02
>374
>しかしほとんどの人間は中途半端=凡庸であり平凡なまま一生を過ごす
>ことが多い筈。、それにそこまで突出しなければ自己を保てないのであろうか。
もちろん普通かつ大多数の人間は現実との折り合いの中で生きていくと思う。
また家族や恋人に本当に愛されていれば、特定の人にとっては
凡庸でない特別な存在、という位置付けを得られ、救われる。姉や和恵が
人間関係をまともに作れなかった点にも注目したい。
しかし立ち位置をうまく把握できない人も少数だがいるだろう。
例えば、地方公立高校トップで神童のように言われてきた高校生が、
東大では優秀な人はいくらでもいるのだから、平凡な存在となり、
ノイローゼのような状態になってしまうことは珍しいことではない。
>370、2それにしても、自分の知らないものを「無い」と言ってしまう神経には
恐れ入る。ふと思ったが、そういう人はスクールリングなどももしかしたら
知らないのだろうか?その意味するところも理解できないのではないだろうか。
ミツルが姉のスクールリングを指摘する場面は、自分にとっては思わず
笑みが出てしまうような・・・、姉の人物像がいきなり輪郭をもって浮き上がって
くるようなシーンだったのだが。



377 :無名草子さん:03/11/20 19:04
>スクールリング
うんうん、それまでは姉はつかみどころが無いというか
「傍流」にすらなれずに、けれど内部の真似をしたり身の丈にあわない行為に
専心する傍流をさめた目で見てて、
ある意味カコイイと思ってたんですが・・・
実は本人もスカート丈をあげた一人だったり、スクールリングのくだりで
タイプこそ和恵とは違うけれど姉も「ダサい」一人だったんだなと思った。

スクールリングしたままバイトし続けてたということは、
単なるダサい高校生からグロテスクに変貌していった和恵とは対照的に、
姉は ずっとダサいまま何も変わらず歳だけとったんだなあと思う。

378 :無名草子さん:03/11/21 09:11
桐野夏生が好きな人に質問!
他にお気に入りの作家は誰?

379 :日本雀観察協会会長:03/11/21 19:20
奥田英郎

スレになんか書き込め!

380 :無名草子さん:03/11/21 19:38
>>376-377
スクールリングのこと忘れてた。裁判所でお茶したときに
出たんだったか。週刊誌で読んだきりだったから忘れてたけど
376さんと同じく笑ってしまったし、実際に卒業後そういう子が
いてバカにされていたことを思い出してドキドキしたよ。
自分は結構気に入っていたんだけど、何となくいやな予感が
して同窓の友達と会うときには使ったことなかった。でも違う学校の
子たちとは見せ合いっこしてた。← ある意味姉よりダサいかも(w
グロテスクは、私立の一貫出た読者にはお得なのかもね。
370さん、372さんには悪いけど。
>「ある、ある」と笑いながら読めた。
は本当でつ。
一番笑えたのはスクールリングより外出の花ちゃんの誕生日かな。

381 :無名草子さん:03/11/22 08:08
>368
俺、チャンの中国の話にリアリィティ感じたけどな。
中国の内情なんてほとんど知らんかったから、ちょっと驚いたね。
沿岸部と内陸部の格差については、経済のホンとかで知ってはいたけど、10年ほど前に
生活レベルであれほどなのか?と驚いた。

最近でも野球(オリンピック対策)のピッチャーを発掘するのに、どこでやったか忘れたけど(地方)
身長2m以上の人間対象にして募集かけたら、各地から200人集まってきたって記事
読んで、ああこの本の中国の話はガチなのかと度肝抜かれた。



382 :無名草子さん:03/11/22 11:22
>>381
中国へバックパック旅行するといいよ。
もちろん、内陸部の移動は二等鉄道とバスのみで。
当然チケット入手も大変だけどな。
色々経験して、人生観変わることもあるさ。

383 :【占有屋】 ◇zGQNHDP.Wk:03/11/24 00:19
夏生タン、いいとしして金髪にしないでよ。

384 :無名草子さん:03/11/26 17:23
>>381
中国の内情にあっているかどうかとは別のことになるけど、
チャンの話については、
スティーブン・キングがよくやるみたいに、
新聞や雑誌の記事からの抜粋みたいな形にしたほうが
よかったと思った。



385 :無名草子さん:03/12/08 20:17
グロテスク、単行本で再読したけど面白かった。
文春で飛ばし飛ばし読んで結末も知ってたから
面白いところだけ再読したってのもあって後味の悪さとかは感じなかったな。
知り合いで昼は普通に働いて夜はキャバクラで働いてるって子がいて
金に困ってるわけでもないのに理解できないって思ってたけど
和恵みたいな感じだったのならちょっと分かるかも・・とか思ってみた。

>>374
文体とは別に日記の中の和恵とユリコの姉のぶっきらぼうな喋り方・・というか
反応が似てるのはちょっと変だなって気はした。

386 :無名草子さん:03/12/18 01:12
グロテスク読んだんで来てみたけど、何て伸びないスレ。
@書籍版ってことは、他にも桐野さんのスレあるのかな。
作中で語り尽くされているから、掲示板で語る必要もないのかねえ。

個人的には、木島先生が好き。マトモな大人って感じだから。

387 :無名草子さん:04/01/01 03:44
グロテスクのラストって 一応主人公の未来に希望のある終わり方なのかなあ
ミツルが新興宗教の幹部になって夫が大量殺人をおこしてしまうあたりだけ
日常レベルの問題から離れすぎてて 冷めた

それと、ユリコは主人公がバカダバカだと言ってただけで実は頭も良かったってこと?
じゃあユリコはカオも良くて頭もいいというキャラだったのか…
日記の文章はかなり知性を感じさせる文章だった

388 :無名草子さん:04/01/01 03:48
あと日記形式はやはり無理があったと思う。
日記にしては周囲の人の状況とか不自然に説明しすぎだよ。

389 :無名草子さん:04/01/01 14:18
>>386 今ごろ読んだからって・・・話は終わってるんだよね


390 :無名草子さん:04/01/01 20:23
ミツル萌えー
は私だけじゃないはずだ

391 :無名草子さん:04/01/01 21:45
>>390
モデルは林りらですよ。

392 :無名草子さん:04/01/02 00:24
今完読。読みごたえは十分ありますた。

393 :無名草子さん:04/01/06 01:08


394 :無名草子さん:04/01/07 00:49
今更何だが、
>>225 >>233 >>247を書いたヤシ、
「東電OL殺人事件」第4部第6章「滑落」を読んでみ。
そこ読んでもそんな生意気がホザケるかどうか。
こんな連中を相手にしなきゃならないなんて桐野も大変だな、ププッ



395 :無名草子さん:04/01/08 02:26
>>387
「頭がいい」というのをどういう意味で捉えるかだと思います。
わたしはユリコの自分の立ち位置を弁えているトコロを「頭がいい」なあ、
と思いました。姉もそういう意味で言ったのだと思いましたし。

396 :無名草子さん:04/01/08 02:44
>>388
たしかに日記というか手記の部分は、みんな揃いも揃って小説体の文章なので、
不自然ちゃあ不自然。けど、百合子の日記だと「冷静さ」、張の部分だと
「そこまでする必死さ」、和恵の部分だと「現実認識のなさ」、
がそれぞれ強調されてて面白くなってたんでイイんでないかと。
もちろん違う書き方もあったのではと思うものの。

397 :無名草子さん:04/01/10 22:20
「グロテスク」ようやく最近になって読みました。
オチは微妙だけど、やはり面白い。
これと「OUT」は読んだのだけど、他にどれがおすすめですかね?

398 :無名草子さん:04/01/12 00:14
ローズガーデンと天使に〜を読んだんだけど、ミロの夫って
どうして自殺したの?
ローズガーデンの中で東南アジアにミロから逃げるように
仕事しに行ってたのに、天使〜では自殺したってなっていた
ので。
どの本読めば出てくるのかな?

399 :無名草子さん:04/01/18 12:02
>>397
柔らかな頬は楽しめると思う。
俺は一番好きというか、一番小説としてまとまってると思った。
ミロシリーズ最初から読んで、ダークでぶっとぶのも楽しい。
最近の桐野は、OUT->ダーク->グロテスクと、すげー壊れっぷりだな。
次はどんなのが来るか楽しみだ。

400 :無名草子さん:04/01/26 00:56
ユリオの存在意義が分からなかった。

401 :無名草子さん:04/01/26 16:13
ふぁ〜 グロテスクいっき読みしましたー。
小説読み慣れてないので、なんだか頭の中混乱してまつ。
どこまでがホントの話なのか、レスに出てくる「東電OL」の本も
読んでみたくなりました。

402 :無名草子さん:04/01/31 17:56
>397
「錆びる心」が入りやすい。
桐野の金髪格好いいと思う。光源も玉欄もいい!
でも桐野と友達になるのは嫌だな。恋人になるのも。
知人程度なら大丈夫かも。友達の家の母ちゃんとか。そんなかんじ。
親戚の叔母さんとかでもグー。

403 :無名草子さん:04/02/04 03:40
桐野夏生さん「OUT」、米エドガー賞最優秀作品候補に

404 :無名草子さん:04/02/04 13:59

[米エドガー賞] 桐野さんの犯罪小説「OUT」が候補に
2004 年 2 月 4 日


--------------------------------------------------------------------------------

 今年のエドガー賞(米探偵作家クラブ主催)の最優秀作品賞候補に桐野夏生さんの犯罪小説「OUT」(講談社インターナショナル)が選ばれた。

 同賞は米国最大のミステリー賞で、受賞者にはエドガー・アラン・ポー像が与えられる。候補は4作品で、桐野さんの事務所によると、日本人作家が同賞にノミネートされたのは初めてで、選考結果は4月末に発表される。



405 :無名草子さん:04/02/04 17:31
日本のミステリはやっぱ世界レベルでしたな。

406 :無名草子さん:04/02/04 19:29
今、桐野さん金髪なんだ。
守りにはらずカッコイイなー。
エドガー賞、すごいね。
男性ミステリー作家達、嫉妬してると思う。

407 :無名草子さん:04/02/05 09:54
俺の中では最近の桐野は別格って感じになってたから、
こういう感じで認められるのは自分のことのように嬉しいね。
世間はあまり興味ないようだが・・

408 :無名草子さん:04/02/05 11:52
>>407
自分は「OUT」は桐野作品の中で図抜けて面白いと思ってるんで、
この記事読んで快哉。
しかし正直他の作品はOUTを越える物は無いと思うな。


409 :無名草子さん:04/02/17 01:52
いまごろ”グロテスク”呼んで萌え〜とかオタっぽくゴロゴロしてても
誰も共感してくれる人がいなくて寂しいです。
地蔵前で座ってグロテスク読んでる人いるのかな?

410 :無名草子さん:04/02/17 10:21
グロテスクが面白かったので、佐野某の「東電OL略」も読んでみたけど、
こちらはルポルタージュとは言いがたいほどに著者の余計な想いが入りすぎてて
熱く語られれば語られるほど、どんどんしらけていきました・・・
ジャンルも違うけれど才能が違うんだろうなと思いました。

411 :無名草子さん:04/02/23 07:06
グロテスク読んだけど
女子高シーンと和恵の転落と最終章以外はいらないね。
あそこまで分厚い意味が全くない。
読みながらつまんねーなと思うことが多かったよ。
無駄なのがいっぱいあるから、散漫になったという印象。
OUTや柔らかな頬よりは数段落ちる。
なぜ書評であんな絶賛もらったのかわからないぐらい。

412 :無名草子さん:04/02/23 22:51
「柔らかな頬」の方がまとまっていて染み入る心理描写だった。
でもグロテスクって高度成長期以降の女性たちがそれぞれの
年代立場で持つ迷い・憤りが怖いくらいストレートに描かれ
てると思う。
残念なことに先に東電OL読んでいたから、文春の連載を
見たとき入り込みやすく、新鮮味が欠けてしまったんだよねぇ・・。

413 :無名草子さん:04/02/29 01:34
新刊あげ。

414 :無名草子さん:04/02/29 04:30
上の女子高とかのくだりでだいぶ前に書き込んだものですが、
今日新刊の広告を新聞で見て覗いてみたんだけど、閑散としてますね。。

今回の新刊は少女誘拐監禁事件に取材した小説(連載はちょうど二年前)
みたいですが、今のところ、どうも買ってまで読む気にはなれないので
(なんかあまりに直接すぎる)、読んだ方のインプレを聞きたいです。

415 :無名草子さん:04/03/01 00:25
新刊読みました。題材は直接的だけど(読む前は私もちょっとどうかなと思いました)
読後はなるほど、こういう話が書きたかったのかーと納得できました。
特に、事件を先入観をもってしか見ない周りの人間の書き方がすごく冷たくて
桐野らしいと思いましたw

416 :無名草子さん:04/03/01 23:35
残虐記発売記念あげ


んで、この作品どうなんですか?読み終わった人いる?

417 :無名草子さん:04/03/01 23:46
取材して事件とリンクしなきゃかけない雑魚。消えうせてほしい。

418 :無名草子さん:04/03/02 22:29
残虐記、読んだー。
>417さんも言ってるけど、桐野って、現実に起きた事件を使ってしか
キャラが作れないんかね。
これって、事件に巻きこまれた立場の実在の人はかなり傷つかない?

419 :無名草子さん:04/03/02 22:44
私小説とか書けなそう。

420 :無名草子さん:04/03/02 22:51
>418
私もそういう点では残念。
例の事件は詮索するのをためらう。特に性的な面で。
桐野は登場人物や読者に冷たいと思うけど、参考にしている事件の対象者には慎重であってほしい。

421 :無名草子さん:04/03/02 23:40
残虐記て性的な描写あるのですか?

422 :無名草子さん:04/03/06 23:33
作品より新聞広告の著者近影が不自然で怖いです。
リフトアップでもしてるの?

423 :無名草子さん:04/03/07 07:41
毎日新聞夕刊の連載「魂燃え」が面白い。今までと題材が違って、夫が急死した専業主婦の話。今のとこホームドラマみたいですが、どう展開してくか楽しみ

424 :無名草子さん:04/03/07 23:03
この人のコバルト時代とかの本って、ほとんど古本屋でも手に入らないのは
どうして????

425 :無名草子さん:04/03/07 23:07
>>422 リフトアップよりも凄いことしてえるでしょ。
フォトショップでレタッチ。w

426 :無名草子さん:04/03/08 19:27
コバルトで書いてたんだ…コバルト出身の中では読みごたえあるよね。 昔のコバルト文庫て、この人のに限らず手に入らないよ。

427 :無名草子さん:04/03/12 19:32
文春の連載では主人公の本当の父親のこと書いてあったのに
本には載ってなかった。なんで?
グロテスク、誰も主人公の名前言わないよね。
百合子の姉さんとしか覚えてないのかな。さみしすぎる。

428 :無名草子さん:04/03/13 02:23
427さん、ユリコ姉の本当のお父さんって文春では誰と書かれていたのですか?
文春は読んでなくて・・・教えてください。
本だと、百合子姉一人の思い込みで父親を疑っているようにも解釈できてしまいますが、
連載中はどうだったのですか?

主人公の名前が最後まで出てこないのは、
私は百合子姉らしいなあと思いました。
百合子なしでは存在しえない、あくまでも百合子の影としての存在という意味で。
独立した名前さえ与えられないのか、って。

429 :無名草子さん:04/03/13 22:36
427です。
本になると思って文春連載中はさらっとしか読まなかったので
うろ覚えですが、主人公の父と百合子の父は違いました。
そのあたりの話がチャンの裁判の裁判記録みたいなとこに
最初の百合子や和恵の生い立ちと一緒に姉のもちらっと書いてあった
覚えがあります。
図書館で文春探してみようかな。

430 :無名草子さん:04/03/15 17:53
>>429
おおう、ありがとうございます。
父親が違うとはっきり記述されていたのですね。
ユリコ姉は実際にはハーフではなかったのか。

文庫になるときにその部分、復活してくれないかなーと思いますが
わざわざ削ったくらいだからあり得ないか。

完全版が読みたくなると同時に、
もう一回グロテスクを楽しめると思うとわくわくします、サンクス

431 :無名草子さん:04/03/21 00:37
新刊の感想よろしくです

432 :無名草子さん:04/03/21 00:52
426-430、読んでない人のことも考えようよ

433 :無名草子さん:04/03/21 03:39
>>418,420
そんな常識論言って・・つまらん人たちだね。
「事実」だって我々には僅かしか提示されないのにさ。
「残虐記」・・私は、もっとハードな展開を期待してましたけど・・。
「例の事件は詮索するのをためらう。特に性的な面で。」・・こんな事
を思う人は、毒のある小説は読みなさんな!
で、この小説は密閉された世界の中で、愛と権力関係がどのように
変容するか、が描かれていてとても幻想的でした。
主人公の夫の内面をもっと読みたかったかな(理由は未読の方に失礼なので
言いませんが・・)




434 :無名草子さん:04/03/21 12:08
屈折した女性を描くのがうまいね。

435 :無名草子さん:04/03/23 11:39
この人が以前「新潮」であげてた映画のベストスリーがばらばら過ぎて笑えた.
「マルホランドドライブ」に「地獄の黙示禄」に「仁義なき戦い 広島死闘編」
全然共通するとこのない三本だけど、でもこの三本をシェイクすると
桐野さんの作品に近くなるような・・・。


436 :無名草子さん:04/03/24 04:54
>>435
「マルホ〜」のラスト30分の味が好きなんだが、その辺が出てる桐野作品は??

437 :無名草子さん:04/03/30 01:19
残虐記読みました。
感想は…なんか桐野の作品にしては薄っぺらいような…

438 :無名草子さん:04/04/08 13:42
そう?
「残虐記」は桐野モノ初読だけど、リアルでどきどきしたよ。
善意を装った(装っているという意識じたいない)悪意のひとたちって、
わりといるからね。
で、かなり気に入ったので「グロテスク」を購入、今読むところ。
東電OL事件を扱ったものって、詩集でもあるよ。
柴田千晶の「空室」というやつ。
「私」と「母」と被害者、そして働く女たちの孤独が入れ子状態になって、
都会をさまようような、そんな詩集だった。

439 :無名草子さん:04/04/17 01:18
minaっていう雑誌に桐野タソのインタビューが!
「残虐記」についていろいろ語ってました。

主人公が外界と断たれてからこそ内部で言葉が増殖していった
という本人の解説はなるほどという感じ。

それにしても52才とは思えないくらい若いですね〜

440 :無名草子さん:04/04/17 17:19
グロテスクは怖いなぁ(w

軽蔑する客に「私は調査室副室長よ」と必ず名刺を渡したり告げたりして客の反応を見る。
和恵はわかっていたのかなぁ
「地位と名誉とブランドしか人は興味ない」ということを(間違ってるんだが)」

だから余計に名刺を渡し続けた。
「あんたらは私をアホな女と思ってるだろうけど、私が、実は
あんたらをアホな人間だと思ってるからこそ名刺を渡してんだよ
という事実を知ったらなんと思うだろうね」
みたいな

ギムネマ?かなんか?の栄養補助を噛み砕くあたりも
「え?なんで太らないのって?世の中の男がそうさしたんだよ。
だから痩せ細ってやる。キレイでしょ?ほれほれ、キレイと言え」

って見えてしょうがない

会社でも、本当は男にもてたいのに、モテナイ現実を上手くひん曲げて、
心配してくれる父繋がりの上司をもバカにし、
「本当は私をバカだと思ってんでしょ?女は役立たないと思ってんでしょ?
東大卒の女も結婚したしね。でも東大卒でさえ女は主婦になるしかないんだ。
でも私は結婚さえできないんだ。だからどっちにもつけない私は
男が「たとえ見るに絶えない女でも、極度に性欲が高まってどうしようもなかったら
その女を抱くしかないという現実を思い知らせてやる。
男がいくら女を蔑んだところで、おまえらが産まれてきたのはどこからだ?
いくら男が女を蔑んだところで、女がいなければおまえらは産まれないという
現実の惨たらしさを教えてやる」

みたいな

441 :無名草子さん:04/04/23 12:21
週刊文春の林真理子との対談、桐野は林に対して完全に優位に立っているようであった。
林のことを暗にデブだと言わんばかりに。

442 :無名草子さん:04/04/23 14:14
ローズガーデン読む気しなかったけど
よんでみよっかなって思った

443 :無名草子さん:04/04/23 18:25
リニュアルした「旅」にエッセイ書かれてますよん

来月は恩田陸が書いてるみたいだし、面白い旅雑誌になりそー。

444 :無名草子さん:04/04/24 01:08
残虐記、グロテスクと比べるとかなり短いのであっさりした印象も受けますが
やはり、緊張感・深い人物描写、桐野ワールドを充分堪能できました

445 :無名草子さん :04/04/24 01:25
陰陰滅滅な女の話し書かせたらこの人の右に出る人はいないよね。
鬱病患者に優しくない作家だ。

446 :無名草子さん:04/04/28 22:15
>>417
おまえが読まなきゃいいだけ。

447 :無名草子さん:04/04/30 08:06
>>440
その辺のエピソードはほとんど実際にあったことなのですが…。
自分の場合は「和恵」じゃなく「泰子」として読んでしまった。

448 :無名草子さん:04/04/30 11:54
エドガー賞受賞者決まる

ttp://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/wadai/news/20040430k0000e040032000c.html

449 :無名草子さん:04/05/03 15:43
「リアルワールド」読了

エロのない「センチメントの季節」って感じ
桐野サンはああいう女子高生の考え方が「思春期の不安定な思想」とでも
思っているんだろうか?

テラウチの「ろまんす〜」は和田勉のダジャレより凍りついた

450 :無名草子さん:04/05/08 10:40
般書板でこういうことかくのもあれですが
新潮で書いてる短編連作『東京島』は笑えます。
早く単行本にしてほしいけど、おそらく出るのは来年くらい?

123 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)