5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【関川夏央について】

1 :無名草子さん:02/05/19 00:58
よるべなきルポライターが、いまや一流知識人。

メジャー指向なのにマイナー体質な
関川夏央の作品や人柄などについて語ってください。

2 :戦後派ただの人中年:02/05/19 01:03
いろいろな仕事をやっています。
海外放浪ルポを書いたり、マンガ原作を書いたり、
自虐エッセイを書いたり、南北コリアに行ったり、
人の悪口いったり、深夜のファミレスを彷徨したり、
漱石論を書いたり……などなど

3 :無名草子さん:02/05/19 01:07
今は亡き山田風太郎のインタヴューが面白かったのですが、
この人の主な活動場所(媒体)ってどこ?

4 :無名草子さん:02/05/19 01:09
大好きだす。

でもそれ以上言うことがないだす。

5 :無名草子さん:02/05/19 01:16
一作だけ選べといわれたら
『退屈な迷宮/「北朝鮮」とは何だったのか』かな。
「北朝鮮」を描きながら見えてくるのは日本。
しかしこの本読むと、北朝鮮ツアーに参加したくてたまらなくなる。

6 :無名草子さん:02/05/19 01:20
しばらく何もやっていないのかな?
と思っていると、
阿川・壇 両女史と仲良くなっていたりする。
しばらく何もやっていないのかな?
と思っていると、
大学のセンセイになっていたりする。
多様性と行動力に富む人ですね。



7 :無名草子さん:02/05/19 01:25
いしいひさいちの似顔絵がひでえなぁと思っていたが、
最近の写真を見て妙に納得しました。

8 :無名草子さん:02/05/19 02:02
ドライな文体の隙間に情感が漂っている。
魅力的な文章を書く人。


9 :無名草子さん:02/05/19 02:22
「マチョな書き方なのに、内容はマチョでない?」
「……女々しい」
という会話のくだりは笑った。

10 :無名草子さん:02/05/19 02:26
故井田真木子への追悼文は何かに収録されているのか?


11 :無名草子さん:02/05/19 03:05
私も読みたいと思って探しています。
追悼文読んだ人によると、とても感じの良いものだったそうです。

12 :無名草子さん:02/05/19 08:17
ただなー、夏ちゃん、最近なにげにスタンスが狂ってきてない?
2・3年前、故オブチの私的審議会のメンバーに名前があったり、最近の有事法制
への意見を見るとさ。これが事件屋稼業を書いた人のやることなのかな?
数年前、ウワシンに伊藤整「日本文壇史」の記述を無防備に流用し過ぎていること
を指摘されたときも、歯切れが悪かったし。
自在な教養に裏打ちされた、やや自虐入った洒脱な文章が持ち味の人だと思うんだけど、
トシ喰ってメジャー昇格しちゃったのはまずかったかもね。

13 :無名草子さん:02/05/19 11:49
シングル中年の悲哀に溺れず、いい仕事してほしいです。
「ソウルの練習問題」には、本当に感動したんだけどな。

14 :無名草子さん:02/05/19 14:51
本人は否定するだろうけど、やっぱりいまや
「ノンフィクション界の横綱」の一人だからね。
年齢相応の「責任」も考えてんのかも。
難しいことに首つっこんんで憂うつにならずに
時々面白い文章も書いて下さいね。

15 :無名草子さん:02/05/19 16:15
この人の書評plus評伝、温かいのが多いよね。
顔、ごついけどもてるのかなぁ、エッセイ読んでたら結構何気にそれらしいのが
出てくるが。


16 :無名草子さん:02/05/19 16:20
待ってたのよ。関川夏央のスレ。

17 :無名草子さん:02/05/19 16:36
そこそこもてるみたい。
なにしろアルゼンチン版「舞姫」事件起こしたらしいし。
結構有名な人と噂になったこともある。

18 :無名草子さん:02/05/19 16:45
>>17
ほ・ほ・本当ですか、
南米板「舞姫」事件は朋友山口文憲氏が云ってたが。結構有名な人って誰?
固有名詞求む!!!

19 :無名草子さん:02/05/19 16:58
こういう(にちゃんねる)所ですから固有名詞は×。
もちろん私も正確には知りません。
でもこの人の書いたものとか、対談した人の書いたものとかを
追っていくとなんとなくわかる。同じ業界の人。

南米版「舞姫」が誰かは(昔の海外放浪ルポとか読めば)
なんとなくわかります。こちらは普通の人。
ただし日本まで来て「事件」になったかどうかは
定かではないです。

20 :無名草子さん:02/05/19 17:01
sageられんぞ

21 :無名草子さん:02/05/19 17:11
今でもbikeに乗って、夜のファミレスで書いてんのかな。

22 :無名草子さん:02/05/19 17:28
>>21
ヘルメット、頭に入るの?

23 :無名草子さん:02/05/19 17:34
>>22 ワラタ
関川夏央って珍しい名前だな…と
最近までペンネームだと知らなかった漏れ。

24 :無名草子さん:02/05/19 20:02
>>22
確かに微妙。
黒と赤のをもってた筈。87年現在。 でも顔でかくなってるから、、微妙。

25 :無名草子さん:02/05/19 20:05
>>14
[横綱]にはまだ早いと思われ。

26 :無名草子さん:02/05/19 20:27
なっちゃんのCMに起用されてほしい。

27 :無名草子さん:02/05/19 20:33
数年前、新聞のテレビ欄で、「NHKスペシャル 韓国の漫画事情」みたいな
ことが書いてあって、
「漫画と韓国か、いかにも関川さんが出てきそうなテーマだな」
と思ってたら、ほんとに出てきました。

28 :無名草子さん:02/05/19 20:38
「知的大衆諸君、これもマンガだ」に収録されてる
「となりのトトロ」に関する文章の、この部分に泣いた。

「ところで、私は猫バスに乗れるだろうか。」

29 :無名草子さん:02/05/19 21:26
NHKの「その時歴史が動いた」で
漱石とりあげた時、もしかしたら?と思ったら
出演なさってました。
緊張してるのか顔がひきつってるように見えました。

30 :無名草子さん:02/05/19 22:18
週刊ブックレビューに出てました。緊張してるのか、怒ってるようにも見えました。

31 :無名草子さん:02/05/19 23:48
テレビに出ると、かなり緊張してます、いつも。
基本的にいつも不機嫌です。でも実は小心者。
年をとってどんどん「偏屈ジジイ」になってきてますが、あれでお茶目な団塊おじちゃんなのです。



32 :無名草子さん:02/05/20 00:08
早大でしたよね、客員やってるの。誰か授業受けたことある人いませんか?
どんな授業するか、教えて。

33 :無名草子さん:02/05/20 00:19
32です。
続キデス。サイン会とか行った事有る人もリポートして下さい。
サイン会でもTVみたく、不機嫌(うわべ)ですか?

34 :無名草子さん:02/05/20 01:08
この人の作品の読者はどのくらいの年齢なんでしょう。
やはり「団塊の世代」の人が中心なんでしょうか。
私はいわゆる「団塊ジュニア」の年齢なので
色々な意味でとても興味があります。

35 :無名草子さん:02/05/20 01:10
わたすは20代前半どえす。熱心な読者ではありません
ぐわ。

36 :無名草子さん:02/05/20 01:22
>>34
40代だけど、昔、この人のエッセイはよく読んでいた。
でもだんだん文章の臭みが鼻につくようになった。

団塊の世代って、「屈折した自分がカッコイイ」という価値観で
人生を無駄にしているようなところがありません?

37 :無名草子さん:02/05/20 13:36
団塊世代は 中退(又は何年もかけて卒業)−放浪ーライター(特にノンフィクション系)が
一つのパターンみたいですね。 
文章が上手い人(沢木・関川etc.) 昭和軽薄体を引きずってる人とかいるけど、上手い文章って
確かに厭味に思えてくることありますね。
>「屈折した自分がカッコイイ」 いつまでも若いままのつもり。ナルシストも多そう、この世代。


38 :無名草子さん:02/05/20 15:18
「噂の真相」の一行情報によると、ガンでヤバイらしいのだが…。
これってガセ? じっさいの病状とか知ってる人いる?


39 :無名草子さん:02/05/20 15:25
顔ががん細胞っぽい。ゴメン

40 :無名草子さん:02/05/20 16:37
病気で入院したと雑誌では何度か書いてたけど
癌なのかな?少し心配?

41 :無名草子さん:02/05/20 17:30
何年か前から、書く内容も文体もヒジョーに色濃く山本夏彦的になっておる。

42 :無名草子さん:02/05/20 17:48
ガンのわりには、太ってると思われ。
ところで皆さん、来月の『文学サロン』には行くんすか?

43 :無名草子さん:02/05/20 17:59
>>36
くさみ。。。わかる気がするな。
俺はまだそのくさみが嫌になるほどは読んでないんだが、
鼻につき始めたらきついだろうねぇ。

44 :無名草子さん:02/05/22 23:01
関川節といわれるくらいだから、文章には確かにクセがある。
意図的に文章にクセをつけてる感もある。
そのせいで正直読みにくいこともあるのだが、
そのクセが好きだったりする。
ところで『文学サロン』って何?


45 :無名草子さん:02/05/22 23:12
>>44
6月9日  世田谷文学館 文学の集い  詳しくはHPで

46 :無名草子さん:02/05/22 23:26
小説なのかエッセイなのか、わからぬまま最後まで読んでしまったものがある。

47 :無名草子さん:02/05/22 23:28
「水のように笑う」
「砂のように眠る」
「「ただの人」の人生」

いい書名だな。

48 :無名草子さん:02/05/23 00:02
北朝鮮に対する批判の刃はするどい。印象に残るのは、小田実の北礼賛垂れ流し
文章を引用し、

「小田氏に聞きたいのは、北朝鮮は「むかしは」まともだったが今はだめなのか、
それとも昔からダメだったのかということである」

49 :無名草子さん:02/05/23 00:04
小田実ってほんっっとに馬鹿だよね。

50 :無名草子さん:02/05/23 00:13
最高の仕事は谷口ジローと組んだ漫画だと思うが、どうか。

51 :無名草子さん:02/05/23 01:08
「それを思うと暗澹たらざるを得ない」

おっ、またでたなって感じでにやりとしてしまう。

>50 あれ、いいですね。島崎藤村などが脇役的にでてくるのは、
  山田風太郎の影響ですか?


52 :無名草子さん:02/05/23 08:25
最近、ノンフィクション書いてんのか。

53 :無名草子さん:02/05/23 09:29
この人の本とか、「東京的日常」とかを読んで
小田実、ベ平連、”新潟港から帰国”などの意味がわからず、
高校の教師に何気なくきいたら、えらい目にあったことがある。
でも勉強にはなりましたよ。

54 :無名草子さん:02/05/23 22:24
もう漫画原作やらないのかなあ。
深町ジョータローのその後を見たい気もするんだが。

55 :無名草子さん:02/05/23 23:10
やむにやまれず嘘をつく
(「小説現代」連載時のタイトル)

56 :無名草子さん:02/05/23 23:13
こういうのをフェイクエンディングっていうんだ
覚えといてくれ

って、この人の原作だったっけ?

57 :無名草子さん:02/05/23 23:23
集英社から新刊「石ころだって役に立つ」
こんなアホなタイトル、ぜったい関川さんはつけない。
と思う。
ちなみに「本の旅人」連載時のタイトルは
「置き忘れてきたものたち」。
こっちは関川さんっぽい。
中身はおもしろいですよー。

58 :無名草子さん:02/05/23 23:56
>>57
新刊、なんか「私は団塊の世代です」ってかんじの内容だよね。

59 :無名草子さん:02/05/24 00:04
いや、むしろ「団塊の世代」とは何者か、を
身をもって(意識的に)体現しているのが関川夏央という人だと思います。
わたしは団塊ジュニアなので、そこが面白いと思ってますけど。

60 :無名草子さん:02/05/24 00:07
>>57
「海岸行きの電車」の最後の方で関川が年下の女友達に鋭い指摘をされて
「図星だ。」と思う所が好き。

61 :無名草子さん:02/05/24 00:14
>>59
君の両親と関川氏は共通点が多く見られるって事?

62 :59:02/05/24 00:22
ちょっと似てないかな。
親はあまり語りたがらない。
でも親が関川さんの本を読むと深く共感する部分はあるような気がする。
例えば「砂のように眠る」を読ませて、感想を聞いてみたいと思う。

63 :59:02/05/24 00:25
>60
面白い一節ですね。
正直な人なんだろうな、きっと。

64 :無名草子さん:02/05/24 01:06
この人へ山本夏彦が与えた影響というのはもっと注目されていい

65 :無名草子さん:02/05/24 10:57
「石ころだって役に立つ」は”買い”ですか?
そうでもないですか?

66 :無名草子さん:02/05/24 20:55
たまたま昨日「ソウルの練習」問題読んだんだけど
後書きの赤瀬川さんの「ひそかに右翼思想をもった左翼青年」ってのが
なんとなくいい得てみょうなかんじがした。

中身自体は結構面白かったけど、あんま知り会いにはなりたくなさそうなタイプ
薀蓄たれられそうで。私見だが。

67 :無名草子さん:02/05/24 21:00
最近劇画の原作(当人はこの言い方を嫌がっていますが)をやらないね。
もうやらないのかな?

68 :無名草子さん:02/05/24 21:05
>>65
買って損ではないと思うけど。いつもの出来って感じかな。
しいていえば、関川氏の若い頃をベースにしたエッセイが多い。

69 :無名草子さん:02/05/24 21:31
>>68
ありがとです。
この人の本の装丁はだいたい奇麗だから買いたくなってしまう。
だけど高いんだよね…
(一番好きな表紙は「やむにやまれず」。どうしても笑ってしまう)

70 :無名草子さん:02/05/26 15:53
今ごろはNK会で忙しいのかな。

71 :無名草子さん:02/05/26 16:00
NK会?

72 :無名草子さん:02/05/26 17:24
司馬遼太郎の愛読者

73 :無名草子さん:02/05/26 18:58
北朝鮮研究家グループなんだ

74 :無名草子さん:02/05/26 19:28
NK会
:ノースコリア研究会の略称。70年代末より、数人の同学の人士がつどって
北朝鮮の実証学的研究をはじめ、現在に至る。

75 :無名草子さん:02/05/28 20:49
大学で何を教えてるんですか?文学?

76 :無名草子さん:02/05/28 22:13
5月28日朝日新聞より
第6回手塚治虫文化賞
大賞「バガボンド」
優秀賞「ベルセルク」

一次選考結果において、各審査員がどれに何点つけたか示されてます。
(持ち点15点、一作品には最高5点まで。)
さて関川氏は…

「バガボンド」(井上雄彦)5点(一次選考1位、最終選考1位)
「あたしンち」(けらえいこ)5点(一次選考9位)
…一次選考16位以下については公表されてません。

また、最終選考における、各選考委員の配点は公表されてません。

「あたしンち」って、面白いですかね?
「ハーイあっこです」に5点を投じた呉智英も心配だが…

77 :無名草子さん:02/05/29 00:02
それより「バガボンド」のほうが疑問。

78 :無名草子さん:02/05/31 18:37
おっさんが劇画原作を手がけていた時代、矢作俊彦に対する対抗意識全開でしたわ。
「貧民夜奏会」でもバンコクの三悪人の中で、”殺し屋小説のYめ、今度会ったら
コート引っかけて上から蹴り入れてやる”ちゅー記述がありますな。
矢作に対するコンプレックスが解消している今、劇画原作をやる必要性が本人にも
さらさら無いでしょうや、今や有識者で研究者。新崎サトシ君と共に手を取り合って
喜んでいらっしゃる事でしょうとも。
それに伴い漫画の趣味も変わりました。
サライイネス[大阪豆語ゴハン]とか、秋月りす[OL進化論]をベタ誉めのおっさん。
80年代には「変化が無いと言う事の退屈さ」を持ち出してこの手の漫画を糾弾してたのに
さすが群ようこの(以下略、、

79 :無名草子さん:02/05/31 19:59
6.9世田谷文学館、当たったので行ってきます。


80 :無名草子さん:02/06/01 23:52
>>79
報告お願いします。

81 :無名草子さん:02/06/02 00:32
>おっさんが劇画原作を手がけていた時代、矢作俊彦に対する対抗意識全開でしたわ。
>「貧民夜奏会」でもバンコクの三悪人の中で、”殺し屋小説のYめ、今度会ったら
>コート引っかけて上から蹴り入れてやる”ちゅー記述がありますな。

あれは悪友だから気兼ねなく楽屋落ちに使えた、ということでしょ。

82 :無名草子さん:02/06/04 23:19
「バンコクの三悪人」は面白かった。懐かしい。
ところで関川夏央と組んでマンガ描いた人は、
谷口ジロー、上村一夫 以外にいるんですか?

83 : :02/06/05 17:45
中年シングルにこだわりすぎ。
寂しい寂しいってさぁ・・・。

ルックスは渋いよね。声もメチャクチャ良い。
浮気したいどす。

84 :無名草子さん:02/06/06 02:31
>ルックスは渋いよね。

 ンなぁ、ことは無い。

85 :無名草子さん:02/06/08 21:51
>82
ほんまりう、松森正がいる。

86 :無名草子さん:02/06/08 23:01
最近は漫画の仕事してないでしょ。
ちゃんと漫画読んでるのかね。
活字の方が好きみたいだし。

87 :無名草子さん:02/06/09 22:36
今日の講演、誰か報告してください。

88 :無名草子さん:02/06/09 22:40
世田谷文学館の講演会に行ってきましたので、ご報告。
「『本読みの虫干し』を語る」という題目でしたが、
直接関連する話ではありませんでした。
書き手が読み手を数において上回るという状況をどう考えるか、
また、文学は連続した歴史の上に成立するもので、近代文学で
問われた問題は現在もなお有効である、
というのが主題でした。
夏目漱石に題材を借りて、読者の発見についても語られました。
参加者は思った以上に中高年が多く、20〜30代は数えるほど。
若いファンを増やして、新しい分野での仕事に期待しましょう。

89 :無名草子さん:02/06/09 22:51
>>88
 はヤ〜。Thanksです。
 何か、小難しぃ感じですね。もし行ってたとしても、ついていけなかったかも。
 やはり、不機嫌そう(=緊張)でしたか?

90 :無名草子さん:02/06/10 00:28
>>64
そうなんだよね。
関川ファンの中で、あんまり山本夏彦さんが知られてないのかな。関川ファンなら山本翁の本を読んでみるのはおもしろいのでは?

91 :無名草子さん:02/06/11 10:04
しょせん、盗作五里羅です。

92 :無名草子さん:02/06/11 10:17
>>91
あ〜、分かる分かる
人のアイディアをパチッておいて
内容をグダグダにカモフラージュしてから
さも自分の作品のように提示すると

93 :無名草子さん:02/06/11 15:02
みんなやってるコトでしょ。

94 :無名草子さん:02/06/11 19:29
そして、それに気づくたびにキッズはルーツをさかのぼり、やがては
いっぱしの本読みになると。

95 :無名草子さん:02/06/11 19:57
しかし、よりにもよって6月9日に講演会をするとは…
洗っても落ちない虎の縞のように、
マイナー体質は抜けませんかね。


96 :無名草子さん:02/06/11 22:02
昨日発売の「文藝春秋」7月号に登場。

対談特集 贅沢な時間
■黒川博行/関川夏央 異次元ゾーン北朝鮮


97 :無名草子さん:02/06/11 22:17
関川原作・谷口ジロー画の「『坊ちゃん』の時代」シリーズ、文庫化!
(双葉文庫)

11月「『坊ちゃん』の時代」

11月「『坊ちゃん』の時代A 秋の舞姫」

12月「『坊ちゃん』の時代B かの蒼空に」

以上、「ダ・ヴィンチ」6月号にて。

98 :無名草子さん:02/06/11 22:50
ついにメジャー昇格か?
文庫は誰が解説を書くかが楽しみ。

99 :無名草子さん:02/06/12 10:06
数年前、藤作がばれて噂真にたたかれたが、
版元の文春にもみけしてもらいました(藁

100 :無名草子さん:02/06/14 23:27

        ∧_∧∩   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       ( ´∀`)/  <歴史的100!!
  __ / /   /     \____________
  \ ⊂ノ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
  ||\           \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||




101 :無名草子さん:02/06/15 01:48
http://www.kinokuniya.co.jp/05f/d_01/back/no15/tokushu/image/hito1.gif

千昌夫に似ている?

102 :無名草子さん:02/06/18 11:51
桂三枝にも似てる

103 :無名草子さん:02/06/18 15:10
ほんまりうと組んだ『真夜中のイヌ』が好きだったな。あとでその中の一編を
小説に書き直したりしていた(『「名探偵」に名前はいらない』で)から、き
っと当人も気に入っているのだろう。またああいう原作書いてほしい。

104 :無名草子さん:02/06/22 11:15
探偵ものの原作が多いね。これも時代というやつか。

105 :無名草子さん:02/06/22 16:44
文芸春秋で北朝鮮の旅について言及してたね。
あの国の情報機関を過大評価する必要はない、
なぜなら横のつながりがないから情報の共有がないからだ・・・

この分析はさすが

106 :無名草子さん:02/06/24 03:39
W杯、観てんのかなぁ。韓国寄りのジャッジのことかなり別スレで盛り上がってるが
関川どう観てんのかなぁ。

107 :無名草子さん:02/06/24 15:38
関川は典型的な「田舎者」だよ。田中角栄や寺山修司などには
「田舎者」であることの「矜持」のようなものが感じられて僕は
大好きだけど(ちなみにおれも東北出身者)、関川のような人間は、
僕の一番きらいなタイプ。矢作は関川と友達なの?矢作のような本物
の「スノッブ」が関川を認めるとは思えないんだけどな。僕が関川
が「田舎者」であるとする根拠をいくつかあげよう・・・
まず、さかしらに「教養」について云々するところ。えらそうな喋り
方をして、意識的に威厳のある態度をみせようとしているところ。
なんだかんだで権威が大好きなところ(本物の美意識をもつ矢作ならば、
例え朝日の論説委員や、早稲田の客員教授やってくれなんていわれても、
即座に一蹴するだろう)。これらの背景には、彼が吃音であることや
(エッセイには書かれていないが、彼が中学を変わったのは、おそらく
「イジメ」が原因ではなかろうか?「在日」をテーマにした作品が多いのも、
おそらく彼らに「愛されなかった自分」の姿をみて、共感をおぼえるからだろ
う)、最終的な学歴が大学中退であることのコンプレックスがあるのだろうけ
ど・・・それにしても、なんというか、一言でいって「醜い」よな(おれは
東大を「受験」したことがある、なんてエッセイに書いてたのを読んだとき
は爆笑したw)矢作や、あるいは寺山のように、本当の意味でスマートでは
ないと思う。

108 :無名草子さん:02/06/24 15:47
>>107
うぅーん・・・
田舎者であることの根拠を「美意識のなさ」に求めるか・・・・
それこそ田舎っぽい発想だと思うが・・・


109 :無名草子さん:02/06/24 15:51
あれっ、久しぶりであがってるじゃん(W
>>107
辛辣だねえ(w
でもうなずけるところが多々あるな。確かにナツオには
権威主義てきなところがある。まあナツオにかぎらず
団塊世代の人間は基本的にみんな胡散くさいんだがなW
「イジメ」なんて推理もするどい。もしかしてあたってるかも。
エッセイではカッコイイ自分(「情けなさ」は隠し味w)を演出
してるけど。

110 :無名草子さん:02/06/24 15:54
>>108
??言ってることがわからないYO!
一言レスじゃなくて>>107くらいの分量でおねがい。

111 :無名草子さん:02/06/24 16:01
>>107
そういえば矢作も角栄は認めてるような・・


112 :無名草子さん:02/06/24 16:24
美意識があるかないかってのは重要問題。

113 :無名草子さん:02/06/25 00:30
>あるいは寺山のように、本当の意味でスマートでは
>ないと思う。

寺山がホンモノの江戸っ子、山藤章二や小林信彦にどれだけバカに
されてたか・・・・

山藤章二は、「オール読物」を持ってただけで、「なんでそんな通俗的な
ものを喜んで読んでいるんだ」と寺山に言われたんだそうだ。

関川は「寺山と同様」田舎者、のほうが意味通じやすいんじゃない??

114 :無名草子さん:02/06/26 00:26
僕は寺山も関川も大好きです。
田舎だからどうしたんだ?
と思ってしまいます。


115 :無名草子さん:02/06/26 07:54
新潟県の出身者として一言いわせてもらうと、関川が通っていた
新大の付属中ね、あれ、いわゆる「名門校」でもなんでもないから。
関川は長岡の出身だが、普通に進学しようと考えている人はみんな
長岡高校にいくんだよね(基本的にそれしか選択肢がない)。でも
長高には、ほんとフツーに勉強していればはいれるんだよ(おれの
高校時代の体育を担当してた教師も長高出身)。そもそも新潟県は
教育県じゃないから。大学進学率どべから2番だぜw
関川がいく必要もない学校に入学したのは・・・>>107がいうように
「いじめ」だった可能性は多いにある(あのバルネラヴィリティ丸出し
のルックスじゃあな・・)それに、関川が進学した上智ってのは、当時
は本当にもうはっきりと「二流校」だろ。しかも奴は中退。相当の学歴
コンプレックスがあると思われ。>>107のいうように、そうしたコンプレックス
が、関川を権威主義的な人間にしているのだろうと思う。

116 :無名草子さん:02/06/26 07:58
地方出身+学歴コンプレックス→権威主義的虚勢

これは猪瀬直樹にも当てはまるね。

117 :無名草子さん:02/06/26 08:03
顔がデカイよな
関川って

118 :無名草子さん:02/06/26 08:05
>>116猪瀬は学歴低いんですか?朝まででてるのに?

119 :無名草子さん:02/06/26 09:29
>>118
猪瀬はルポライターとしての力量のみならず、実際に政治を動かしている点や、
その立ち居振舞い、加えて学歴においても、関川よりよほど優れている。彼が
かいた天皇関係の本や、三島の本、「マガジン青春譜」などは、のちのちまで
読み継がれていくだろうし、「日本国の研究」についてはいまさら語ることは
ないよね。かれは信州大学で学生運動のボスをやっていたんだ。その後、法大の
大学院に橋川文三をしたって入学、ナショナリズムについて研究した。関川とは
学問的な素養がちがう。関川はいろいろかきちらしてるけど、後世に残るような
作品がひとつでもあるのかなあ?あのデタラメで衒学趣味的な明治マンガ?

120 :無名草子さん:02/06/26 09:32
味噌ラーメンと天ぷらうどんを比べてもなぁ

121 :無名草子さん:02/06/26 09:32
>>119別に学歴低くないやん。法政の大学淫でてるんやし。

122 :無名草子さん:02/06/26 09:35
>>119
猪瀬には太宰と井伏との関係を描いたなんとかって本もあったよね。
あれもスゴイ。

123 :無名草子さん:02/06/26 09:37
>>121
>>119じゃなくて>>116のまちがいでしょ?

124 :無名草子さん:02/06/26 09:44
>>120
激しくワラタw

125 :無名草子さん:02/06/26 11:43
>>119
>のちのちまで読み継がれていくだろうし
うーん? 微妙だな。というのも、猪瀬が書いたミカド・シリーズは、歴史学会からは
目の仇なのよ。学会のアタマが固いだけかもしれないが、はっきり「現に存在する日本
の権力構造・差別構造から、目を逸らすモノでしかない」と怒っている人もいたよ。
猪瀬と対談していた山口昌男も、偉大なエンサイクロペディストだが、学会的には
評価が微妙な人だしね。「マガジン青春譜」は、坪内祐三が、はっきりと批判してい
たよね。歴史認識がずさんだと。オレには、どっちが正しいかはよくわからんが。
それと、橋川文三がいたのは、明治だったはずだよ。
猪瀬は、天下国家を相手にしたり、思想史がかる以前の、「日本凡人伝」シリーズ、
「死者たちのロッキード事件」「天皇の影法師」あたりの方が面白いと思うけどね。

126 :無名草子さん:02/06/26 12:14
坪内と猪瀬のケンカはどっちが勝ったんだ?

って、猪瀬のスレじゃねぇわなココ

127 :無名草子さん:02/06/26 15:21
大宅壮一は30過ぎたら顔は自分の責任だとかなんとか
言ってたはずだが、関川の顔からはいっこうに「知性」
とか「教養」が感じられんなあ。村役場に勤めている公務員みたい。
>>125
ん?橋川はおれも法大だったと思うが・・
松本健一とかもたしか法大の大学院で彼に師事していた
はずだけど?

128 :無名草子さん:02/06/26 15:26
>107
や、矢作俊彦が「本物の『スノッブ』」??
ご冗談を。


129 :無名草子さん:02/06/26 15:29
盛り上がってまいりました!(w

130 :無名草子さん:02/06/26 15:44
>>107
>>107が「本物のスノッブ」として認めているのは
例えばだれ?


131 :無名草子さん:02/06/26 16:06
>>83
あなたの美的センスを疑います。

132 :無名草子さん:02/06/26 17:02
田中角栄が田舎者としての「矜持」を持ってるってか。
なにかというと「雪深い越後から裸一貫」というのを「売り」にしていた
男のそれを「矜持」というのか。

うーん、>>107はほかにもずいぶんおかしな物言いがあるねぇ。
スノッブって間違って憶えてないだろねぇ(w

133 :無名草子さん:02/06/26 17:56
猪瀬は信用できない。「ここが変だよ、日本人」に何回か出た彼の発言を聞いて。

134 :無名草子さん:02/06/26 19:27
>>133 「国歌」の歌詞なんてみんな、
どうでもいいコトしかいってないんだよ!のような発言をして、
一部のガイジンの強烈な反発をくらう。
猪瀬さん渋い顔。ただし絶対に謝らなかった。

――ってココ猪瀬スレじゃないよな。
最近のこのスレの盛り上がり?にびっくり

135 :無名草子さん:02/06/26 22:58
>>127その他
橋川は明治だろうが、ヴォケ!
法政にいた丸山学派(左派)は藤田省三でしょ。
それでも、当時ですでに、信州大より上智のほうが偏差値高いYO!
関川は盗作野郎で終わり。
猪瀬もロラン・バルトをわけも分からず引用したりして無教養以前。
二人とも、「単なる」ヴァッカな田舎者だYO!
おれは、別に田舎差別してないが。

136 :無名草子さん:02/06/27 04:12
>>129
ハゲ胴w

137 :無名草子さん:02/06/27 15:42
>>132
「スノッブ」は普通「偽紳士」といった否定的な意味でつかわれるが、
肯定的な意味で使われる事もある。>>107の使い方は別におかしくないよ。

>>135
信大より上智のほうが偏差値高かったのってほんと?当時は皆、国公立ねらいで
私大にいくやつは露骨に馬鹿にされてたはず。おれは猪瀬はすきだが関川が「ヴァッカ
な田舎者」てのには激しく同意。「水の中のなんとか」ってくだらない小説があるだろ。
そのなかの一遍に、主人公がゴダールについて云々している「在日」の人物に、「鋭いな」
って感心するってシーンがあるんだけど(主人公は映研で、彼らはいつも議論している。
ちなみにこの「在日」のひとは、当時の慣習にしたがってのちに「自殺」します(激藁))
・・・>>107ふうにいうなら、やはり「本物のスノッブ」のひとりである村上春樹は
「ノルウエイの森」でこんなふうなセリフを書いていたはず。「どうせみんなゴダールや
パゾリーニやゲンズブールについて話してるのよ」春樹と同級生だった芦原すなおの
証言によれば、春樹は吉本隆明らについて云々している級友たちの仲間の輪には、絶対
加わろうとしなかったらしい。関川のような「田舎者」が心底きらいだったんだろう。
やはり「本物のスノッブ」である高田文夫は、学生運動のときはいっつも麻雀してたそうだw
田舎者はきらいだったってハッキリいってるよw

138 :無名草子さん:02/06/27 15:54
>>137
世の中には「良い田舎者」と「悪い(ハズイ)田舎者」
てのがあるのさw
関川は前者。>芦原すなおの証言によれば
これって「鳩よ」の芦原インタビューのことだろ。芦原と春樹の
あいだの感動的なエピソードが紹介されていたよな。すなお「ストーン
ズとビートルズ、どっちが好き?」春樹「う〜ん、ストーンズの方が
マシだな」(w
おれも田舎の出身だが「悪い(ハズイ)田舎者」は大嫌いだ。おれのなかでは
「良い田舎者」の代表はすなお。みんなすなおのような田舎者ならいいのに!

139 :失敗した:02/06/27 16:03
>>138
>関川は前者
もちろん>関川は後者のまちがい。

140 :無名草子さん:02/06/27 19:59
>「スノッブ」は普通「偽紳士」といった否定的な意味でつかわれるが、
>肯定的な意味で使われる事もある。

わからん

141 :無名草子さん:02/06/28 15:36
田舎もん論争は終わりました?

142 :無名草子さん:02/06/28 16:21
田舎者より町人根性のほうが恥ずかしい。

143 :無名草子さん:02/06/28 18:23
「明治四十一年の二葉亭四迷」読んだ方いらっしゃいますか?
最近,何かの賞をもらったと思うので,文庫化は遠そう。
買う価値あるのだろうか。

144 :無名草子さん:02/06/29 10:05
この人、むかし一人称に「ぼく」をつかってたんだよなw

>>140

たとえば「ファッキン」てな言葉もいまやもとの意味と違った
使い方をされてる。「クール」っていみになってるだろ。


145 :144:02/06/29 10:13
>「クール」
訂正。
>「すげえ」

146 :無名草子さん:02/07/11 03:42
じゃあここまでの結論として、関川夏央は横柄で尊大ぶった
実にイヤミな上昇志向の強い田舎者、とゆー事でいいですね?

何だ結構イイ奴じゃん、俺は好きだな判り易くて。



147 :無名草子さん:02/07/11 18:41
ここで関川の悪口を書いているのは、裏日本出身者かな?
なんだか、みんなウエッティだね。
いやだ、いやだ・・・
関川が逃げ出したのも、理解できる気がする。

148 :無名草子さん:02/07/16 00:40
>>146
実に簡潔にまとめましたな。

149 :無名草子さん:02/07/16 16:34
>>146
俺は好きだな判り易くて
「屈折」をウリにしている彼には、耐えられない
言葉ではないだろうか・・・・

150 :無名草子さん:02/07/19 17:26
山本夏彦、少しは読んでます。
関係があると思って読んだのではなく、
においに共通するものがあって
嗅ぎわけたんでしょうね。きっと。
それぞれ鼻につくところはありますが、
どなたかが指摘されている「屈折した自分がカッコイイ」
という価値観に共感するところがあるのでしょうね。
もっとも、カッコイイなんて吹けば飛ぶような
プライドでしかないですが。それが反吐が出るくらい
嫌な人もいるでしょう。
天に唾して書くのがもの書きなのだと思います。
関川さんもそういう一人だろうという「思いこみ」で
読んでます。


151 :無名草子さん:02/07/19 18:16
彼は新潟出身ですよね?空襲があった町だから長岡と思われるが出身を語る時一貫して『北陸のある地方都市』と書くのはなぜだろう?

152 :無名草子さん:02/07/20 08:11
はっきりいって山本夏彦と関川夏夫がおなじレベル
の作家とは思わないけどね。山本の場合、死後全集、選集
が組まれるだろうが関川は・・山本はほんとの「頑固じじい」
って感じで好感をもつが、関川の場合は、前のひとの表現で言えば
「権威主義的虚勢」が感じられてイヤ〜な気分になるんだけど。
みえすいた「自己演出」が鼻につくんだけど。

153 :無名草子さん:02/07/21 02:29
>>152
ようするに夏彦は江戸っ子で夏夫はイナカモノってことですね、って
これじゃ堂々巡りか(w

154 :無名草子さん:02/07/22 18:25
>>1
そもそも関川は一流知識人なのかしら?

155 :無名草子さん:02/07/23 04:06
山本夏彦って、単なる頑迷な爺さんだよ。
みんな、頭がどうにかなってるんじゃぁ・・・?

156 :無名草子さん:02/07/23 05:39
>>155
確かに、言ってることはけっこうムチャクチャだったりするな。
「健康保険をなくせ」とか、レトリックかと思いきや、本気で信じてる節が
ある。世間やサヨク的言論への難癖も、読んでてヘドが出るくらいしつこい
ときがある。なんであのおっさんが生き延びてこられたかと言うと、要するに、
日本の言論状況がヘロヘロ過ぎたんで、相対的に価値があったってことだろうね。
ただ、「室内」を経営してこれたんだから、計算して営業用に頑迷キャラやってる
ような気もするんだけど・・・

157 :無名草子さん:02/07/26 02:01
じゃあ、そのような二流の物書きに影響をうけてしまう
関川は、三流の物書きということでよろしいか?

158 :関川夏夫:02/07/27 19:17
田舎もんだからってばかにするなや!おらはもうポンチ絵に
吹きだしかいてた人間じゃねんだ。大新聞で原稿かいたり
大学で学生相手に講義したり、、おらは一流知識人だど。
もうすっかり「都会人」だど。馬鹿にするでねえっつの。だいたいおら、
田舎もんはきらいなんだ。長岡にいるときも、雪かきなんかしたこたねえ。
カッコわりいもん。そげなこと。おらはもっとスマートな生活がしたかった。
ひたすら「おら、こんな村いやだ!おら、こんな村いやだ!」そればっかり
考えてた。成功してやる成功してやる。おらを馬鹿にしたやつを見返してやる。
そればっかり考えてた。そして、おらは成功したんだ!マリブカレイ?だれだべ
それは?そんなのとおらをいっしょにしないでくれ(怒)

159 :無名草子さん:02/07/29 00:53
関川さん、W杯の決勝横浜のスタンドで観たんでしょ。
正直うらやましい。しかも隣が脚本家の三谷さん。
トーナツてるのこの島は…

160 :無名草子さん:02/07/29 01:22
長年のファンです。
初めて読んだのは高校生の頃だったと思うけど、
漫画アクションではなく「mimi」だったかな、
少女漫画系の雑誌にエッセイ書いてらっしゃいました。
アルゼンチン版「舞姫」事件はこの頃のことが下地?
当たり前ですが、とても若々しくてみずみずしくて、
今と同じ苦さがあった。
あのエッセイ郡、詳しくご存知の方いませんか?

161 :無名草子さん:02/07/30 00:05
>>157
二流三流のネタから一流の作品をつくるのが優れた作家だ。
一般論としては。

162 :無名草子さん:02/07/30 00:32
関川はあくまで真摯だ。

↑高橋源一郎の、週刊朝日のコラムより。
確か「国境を越えたホームラン」(関川)と
「お笑い北朝鮮」(テリー伊藤)を取り上げたときだったと思う。
ちなみにテリーの著作については↓

冗談きついよな

163 :無名草子さん:02/07/30 01:26
山本夏彦の人となりをうかがいしるには
久世光彦の「ひと恋しくて」中公文庫がいいと思うよ。
独特の存在感否、非存在感があるらしい。

話変わるが、「普通の人の哲学」の上原隆の新刊がいま書店で平積み中。
関川に一章割いて論じてます。

164 :無名草子さん:02/07/30 15:32
>>162
源一郎は完全なサヨクだからな。朝日新聞とも縁が深いし。
おれは関川の仕事よりテリーのほうが優れているとおもうな。関川は現実を
ロマンティックに歪めて描いてるんじゃないの。
まあ、なんにせよ韓国モノで一番すごいのは根本敬の「ディープコリア」
だよ。これがいちばん「真摯」だね。そういえば朝日で関川が田中のこと
をカントリーボーイ呼ばわりしていたが(自分のこともカントリーボーイ
とよんでいたが)おれはおなじカントリーボーイでも関川みたいにえらぶった
人間より、徹底して軽薄な田中康夫のが好きだ。田中のほうが(ずっと)ハンサム
で知性的な顔してるしな。

165 :無名草子さん:02/07/30 16:27
高橋と関川は仲がいいんだよね。でも「馴れ合い」
はどうかと思うよ。ちなみに彼らが仲がいいのは
高橋が関川を誉めたからなのだが、どうだろう、関川は
「さようなら、ギャングたち」とかを理解できたのだろうか。
僕はあやしいと思うな・・

166 :無名草子さん:02/07/30 22:15
>>164
テリーの北朝鮮モノは関川を意識してる(テリーが自分で言ってた)。
最近の関川は韓国・北朝鮮論をあまり書かなくなったな。

167 :無名草子さん:02/08/01 00:25
>>164
「ディープコリア」は凄すぎる。
あれは最強の韓国論だよ・・・
とにかく「凄い」としかいいようが・・

168 :無名草子さん:02/08/01 00:26
この板のやつらって
韓国に関心あるやつ多いな。

169 :無名草子さん:02/08/01 00:28
>>166
関川の韓国論にどこか「ウソ」を感じたのかしら?

170 :無名草子さん:02/08/02 10:51
>>169
テリーは評価していて自分にはああいうのは書けない。だから敢えて…
というスタンスらしい。

関川は外国を研究する日本人というのは集まるとその国について楽しそうに
語るのに、朝鮮研究者があつまると憂鬱そうにあの国を語る。何故な
んだということを書いていたね。
だんだん韓国について書くのが憂鬱になったのかもしれない。
中国にも興味があるらしいけど本格的には書いてないな。
(中国に長期滞在してむこうの学校で中国語でスピーチしてたそうだ。)
中央公論で台湾の飯島愛ブームと将来の中国情勢についてちょっと書いてたが、
何か興味のありどころが伺えて面白かった。

171 :無名草子さん:02/08/07 23:44
>中央公論で台湾の飯島愛ブームと将来の中国情勢

何だそりゃ、で詳細キボン

172 :無名草子さん:02/08/08 20:36
台湾でプラトニックセックスがベストセラーになったのを受けて、ああいう
サクセスストーリーに共感する段階に入ってる(これは大衆化社会の成熟
を示す)。将来、中国沿海部の住人も似た感じの意識になるだろう。そのとき中国の
沿海部と内陸の貧困層との意識の乖離はどうなるのか?といった話。

エリート文化が経済成長とともに壁にぶつかり、知識的大衆文化が…を
良く書いてたから、中国に目が行くのはわかるな。

173 :無名草子さん:02/08/13 21:39
>>172
前段が関川文体だねぇ。

174 : 83:02/08/21 09:36
>>131
BSマンガ夜話に出てるの見たけど、
いいなぁ、って思ったよ。

175 :無名草子さん:02/08/26 09:28
なんか関川、こんどの新潟での補欠選挙に出馬するんじゃないか?
地元のテレビ(新潟)でいってたんだけど、いま、長岡出身で50代、
アジア関係に詳しい男性文化人に出馬の要請をしているっていってたが、
これ、もろ関川のことだろw ま〜関川がほんとうにこのスレで語られてい
るような性格の人間だったら出馬の可能性はあるな。だれかニュー速板に
スレたててみれば?でも、候補者が本当に関川かどうかはわからないんだけどね。

176 :無名草子さん:02/08/26 11:48
「退屈な迷宮〜」は数ある北朝鮮本の中で、屈指の出来。

177 :無名草子さん:02/09/01 02:59
「昔、昭和という時代があった」だっけ。
あれも名著だと思うよ。
関川夏央の方法論は正当に評価されていないと思うなあ。

178 :無名草子さん:02/09/08 18:23
「石ころだって役に立つ」(集英社)¥1,300を読んだ。
けっこう良いじゃないの。
こういった本を読んでいると、失われた時代がよみがえるよね。
といっても30代なんだが・・・

179 :無名草子さん:02/09/11 02:33
北朝鮮とのことが急展開。
そろそろ出番じゃないですか?
最近なにかのメディアに出ましたか?

180 :無名草子さん:02/09/23 08:19
age

181 :無名草子さん:02/10/09 17:03
NK会としてなにか動いてんの?

182 :無名草子さん:02/10/09 18:26
関川は呉智英との組み合わせで光る。
呉が論理を積み重ねて突っ走る時に
「ま、そうは言っても」とわが身を振り返るボケ方がいい。

谷岡ヤスジの背景に指定したグラデを見てみたい。

183 :無名草子さん:02/10/10 00:07
紙面審議会で朝日の論説委員のエライ衆になぶられてましたな。
しかし私は、気取り屋のくせに愚直な関川さんが好きだ。
それにしてもよりによって関川さんに
「退屈な迷宮」について講釈たれるかね>朝日

184 :無名草子さん:02/10/10 11:55
”紙面審議会”ってなんですか?詳細キボン。

この時期に「退屈な迷宮」を読み直すと面白いかも。
「北朝鮮の延命戦争」を古本屋に売ってしまったのが、
今となってはとても悔やまれる。


185 :無名草子さん:02/10/31 11:20
久しぶりに雑誌にのった文章読んだ。
あいかわらずチェックのシャツ……

186 :無名草子さん:02/11/02 17:51
いやーーほんとにあの審議会、(彼らにとっては)いやなときにいやな人を
選んでしまいましたな。しかし「退屈な迷宮」刊行ってすでに89年なのに、
まだあの時擁護派も元気だったんだから信じられねえ


187 :無名草子さん:02/11/02 22:05
102 :吾輩は名無しである :02/10/31 07:32

関川氏の「文学的事件」っていうのも、まだ読んでいないので詳細は
わからないけれど、あまり内容はない予感がする。水村氏が「批評家には
もう期待しない」と言っているのだから、それでいい、のかもしれない。
もちろん彼女の言葉は「長い長い話」も含めて、批評家への挑発、鼓舞
なんだけど。

104 :吾輩は名無しである :02/10/31 13:55
関川夏央は、朝日新聞の「文芸時評」の冒頭と末尾両方に『本格小説』のことを書いています。
一部を引用します。

**************

水村美苗の『本格小説』(新潮社)はチャレンジング名タイトルだが、まさに名にし負う。
<食べ物屋さんなんかはありますよね。「めしや」とか「くいものや」とか(笑)>(「最初で最後の<本格小説>」高橋源一郎との対談、新潮11月号)
 こちらは笑っていられない。愕きはいまもあたらしい。

『本格小説』は『嵐が丘』を、また『桜の園』を本歌にとっている。しかし(略)日本のネリーは物語そのものに深く介入している。日本のヒースクリフも(略)ただ復讐心に燃えたぎるだけではない。

日本近代文学の「大きな流れを継承」しつつ、この作品が雄大にして独特である理由はこれに尽きる。
 『本格小説』の主人公は「時」である。
 それは、「洋館」が憧れの対象となり得た時代、避暑地に「恋愛、近代、外国の入り口」のみならず(略)時代、適度に貧しく、適度に下品で、適度に階級的、しかし向上心にだけはこと欠かなかった時代、「戦前」の残照としての昭和三十年代である。

そうして、夢のようでいてリアルな小説、ウソのようでいて真実みのある小説が書かれた。日本の「風景」の緻密な描写(写真との協同が成功している)にあふれたこの長編の読後に味わうものは、歴史を軽んじた日本人への悲傷の思いである。「文学的事件」というほかはない。

(以下、荒山徹の「故郷忘じたく候」と、菅野昭正、高橋源一郎の文芸時評について)


188 :無名草子さん:02/11/02 22:07
新聞文芸時評がまだ上下2回あった95年以前、彼の時評は出色だった。出色すぎて一年三ヶ月で終わった(91年1月〜92年3月)。彼はそこで、文学界における1990年の「事件」として「夏目漱石・水村美苗共作による『明暗』2部作(正・続)の完結」をあげていたのである。
 「で、『本格小説』を読んで、僕が一番感じたのは、口はばったいんですが、小説への愛情ですね」と今月の対談で語った高橋源一郎と水村美苗は「初恋関係」にあった。「タロちゃんとよう子ちゃん」が通ったそのおなじ小学校でのことだ。
 輝ける昭和三十年代。「本格小説」の片鱗はここにもあった。(おわり)

**************

105 :吾輩は名無しである :02/10/31 13:58
訂正

チャレンジング名タイトル
       ↓
      『な』

109 :吾輩は名無しである :02/11/01 00:26
関川氏の書評、毒にも薬にもならないみたいですね。で、「本歌」
(って言い方もどうかと思うが)から『三人姉妹』が抜けてるのは
忘れただけなのか、まさかと思うが章のタイトルに「桜の園」が
あるってだけで「本歌」だと言っているのか、きわめて重要な
物語の要素として「三人姉妹」が引用されていることに気づいて
いないとしたら、プロとしての自覚に欠けるとしか言いようがないと
思う。

189 :無名草子さん:02/11/02 22:08
110 :吾輩は名無しである :02/11/01 01:21
関川氏は、『続明暗』を「事件」とした高橋氏の評や、彼と水村氏との対談を安易に「本歌取り」しているだけに思います。
深い内容が無いように思います。

*参考*
対談(冒頭のみ)
http://www.shinchosha.co.jp/shincho/200211/honkaku_taidan.html

インタビュー
http://www.asahi.com/culture/book/K2002101501489.html

112 :吾輩は名無しである :02/11/01 12:58
てゆーか、関川の文芸時評自体が面白くない。
津島祐子のほうがずっとよかった。

114 :吾輩は名無しである :02/11/01 15:11
>>112
に同感

*****
文学板より

190 :無名草子さん:02/11/04 18:01
見事、老人ホームを作ることはできるのかっ

191 :無名草子さん:02/11/07 23:50
「坊ちゃんの時代」双葉文庫刊行開始記念age

192 :無名草子さん:02/11/08 01:09
>>191
その時を待ってた!
情報サンクスコ

193 : :02/11/08 08:36
やったー。

194 :無名草子さん:02/11/08 08:58
花摘むにゃんこ

195 :無名草子さん:02/11/09 22:57
文庫化キター━(゚∀゚)━ !!
ってゆうか遅すぎ

196 :無名草子さん:02/11/19 01:49
平成14年度防衛庁オピニオンリーダー富士学校来校記念
のメンバー写真なんだけどこれ関川(早川)氏だよね?
http://www8.plala.or.jp/scheherazade/siryou/photo-file/photo-o-2.html
全来校者の名前が知りたい!検索しても出てこない!

197 :無名草子さん:02/11/20 23:18
きょう本屋で買ってきた。

「坊ちゃんの時代」の解説が高橋源一郎で
「秋の舞姫」の解説は川上弘美。微妙
双葉社では出色に装丁が小奇麗だから
未読の人に勧めるのにはいいかも。

198 :無名草子さん:02/12/04 19:46
 おっちゃん、年寄りライダーは危険だよ。

199 :無名草子さん:02/12/16 00:13
関川氏のエセーイ読み過ぎて深夜のファミレス巡りが止められなくなった貧乏ライターでち。

200 :無名草子さん:02/12/23 14:39
200ゲト(´∇`)〜゜
ちなみに「森に降る雨」が好き

201 :無名草子さん:02/12/23 14:49
>>196
いまいち写真が不鮮明だけど、違うんじゃないかと…。
関川さんはもう少し男前のような気がします。

202 :無名草子さん :02/12/23 15:09
キーワードは「エスノセントリズム」だよね。「ナショナリズム」よりは
「エスノセントリズム」を多用する。
「枕言葉になっている「元寇」には触れないが、」てなふうにサラリと
流すやらしさがこの人の特長だ。ホントにやらしい。こだわりがなさそうに
見えるぶん、余計にいやみったらしい。

203 :無名草子さん:02/12/23 15:35
朝日の文藝批評は最低

204 :無名草子さん:03/01/03 02:39
>>203
どこが?具体的に言ってみな

205 :無名草子さん:03/01/03 04:22
>>196
自分で調べてみたらやっぱり関川(早川)氏でした
いろんなことやってるね

206 :無名草子さん:03/01/06 00:23
つーかさ、関川氏とNHKの山本アナ(スポーツ中継のベテラン)
がソックリだと思うのは俺だけ?

207 :無名草子さん:03/01/06 18:07
>>206
私は、同じNHKの末田正雄アナに似ていると思いまつが。

208 :無名草子さん:03/01/08 02:45
「昭和が明るかった頃」読みました。
昭和30年代って、もはや古き良き時代なんですね。

209 :山崎渉:03/01/12 18:34
(^^)

210 :無名草子さん:03/01/19 03:32
ふと気がつくと、うかがわせるもの周りにないもんね←昭和30年代
末田正雄アナ好きです〜。午前中のニュース担当だったころ、主婦でよく見てました。
輪郭が特に似ているのかな?
関川氏がしばらく中国に行ってたとき、宿にあった「大阪豆ゴハン」がココロに沁みた、
みたいなこと書いていて、私も好きだったので嬉しかったな〜。
最近復刊されて、講談社漫画文庫で読めます(回し者じゃないよ)

211 :無名草子さん:03/01/22 16:26
季刊「本とコンピュータ」で「最近の若者は本読まないね。樋口一葉さえ
知らないんだ」とか言う発言、あいかわらず「団塊の世代」らしい頭の悪さ、嫌らしさ
を感じさせてくれるわけだが・・・(まあ、ヤツの場合「文学」しか自分の特権意識の
支えになってくれるもんもないからな。大学中退=高卒だし・・)。
関川さんよ〜。じゃあアンタはカート・コバーンとかノエル・ギャラガーとか
知ってんのかよw ちなみに同じ世代の春樹は「ラジオ頭」まで知ってるぜ。
くだらん薀蓄たれないし。舞城王太郎とかもお仲間の源ちゃんが誉めるまで
あんたは知らなかったんだろ?(そしてホントは理解できてないんだろ?)
でも、若者は一葉は読まないが舞城は読んでたんだぜ。批評家だって福田は
はじめっから評価してたしな。なにがいいたいかって〜と、「古い教養」
は知らなくても「新しい教養」(関川には思いも寄らないものだろう)
を身に付けている若者は沢山いるんだってこと。自分の発言の陳腐さを恥じて猛省してくれ。 
若者に説教するまえにまず「ラジオ頭」でも聴いてみたら(しかし、春樹と関川って
本当に対照的だよな)。

212 :無名草子さん:03/01/22 16:42
「熊の場所」誉めるのはちょっとアザトイ感じするね。
本当にわかってるの?とは思いました。

213 :山崎渉:03/01/23 04:07
(^^)

214 :無名草子さん:03/01/29 02:20
age

215 :無名草子さん:03/01/30 11:47
新聞の文芸批評見て書き込むような方はいませんか。私もなんもないしな

216 :無名草子さん:03/02/12 11:48
ageてみようかな

217 :無名草子さん:03/02/14 20:33
アサヒ以外で仕事してる?

218 :無名草子さん:03/02/24 08:40
いしかわじゅん「秘密の手帖」を読んで、
え!関川ってこんな人だったのかと知った。

219 :無名草子さん:03/02/27 07:22
本名は何というのでしょう。

220 :無名草子きん:03/03/01 19:50
「リンド3」は傑作。
「18階の男」もね。

221 :無名草子さん:03/03/01 23:36
山田風太郎のインタビューは良かった。

222 :やわらちゃん:03/03/03 05:08
「事件屋稼業」巻末の「原作屋稼業」は自身のバイオグラフィーか?
内容がちょっと、信じられんのだが・・・

223 :無名草子さん:03/03/03 08:34
なんと言っても「退屈な迷宮」につきる。
しかし89年で、まだあれに対して風当たりが強かったんだから

224 :無名草子さん:03/03/03 08:50
いしかわじゅんが「尊敬できる作家」と書いていた。

225 :無名草子きん:03/03/03 16:58
TVタックルにもでたね。
90年前後に、漫画をテーマにした内容の。
あんまり喋らなかった、というか、意見をふられなかった。

226 :無名草子さん:03/03/03 20:00
>222
あれは70%フィクション、30%ノンフィクションです。
面白いからああいうの、やってくんないかなあ。

227 :無名草子きん:03/03/15 04:09
さて、ドキュソ中学校時代の部活は何だったんだろう。
彼の記述を真に受ければ
1.柔道部2.ハンドボール部3.水泳部(高校)?

でも、DQN中にはそんな部活動なんてないんだよね。
市内大会に出ると負け、しかし一度でも勝てば中越大会に進出できるのはサッカー部だけ。

田舎者故に野球ネタ(今井雄太郎)しか出てこないのか、
思い入れの深さ故にサッカーネタを巧妙に避けているのか。
中学時代のサッカーがきっかけで半島マニアになったってんなら、
そりゃ、しおかんじゃないですか。


228 :無名草子きん:03/03/15 04:29
>>224
80年代初頭の売り出しのころ、角川の雑誌でちっちゃなスポットライトを浴びてた。
新進気鋭のルポライター件劇画原作者って扱い。
硬軟含めて100項目のアンケートに答えやがれ!って内容だったんだけど、
ほとんどの回答が「いしかわじゅんに聞いてくれ(いしかわは当時その雑誌で連載をしていた)」・・・。

ほかに取り上げられていたメンツ─セントルイス(今の爆笑問題相当)─は妙にまじめな回答だったから
変なオヤジもいるもんだって感じは強烈。
しかも他メンは顔写真が出てたのに関川だけはバニーガール姿のいしかわのイラスト。異彩を放っていたね。

229 : :03/03/15 23:54
梶原一騎シンパ、アンチ小池一夫の理由はなぜに?

230 :無名草子さん:03/03/22 00:14
「ただの人」の人生




231 :無名草子さん:03/03/22 08:38
家があれども・・・




232 :無名草子さん:03/03/23 05:45
>>228
それって読んでるかも。読んだ気がしてきた。バニーガール姿って、いし〇わじゅんの
いるとこで女装でもしたんか? バニーにいれあげたりしてたのか? って20年前の
ことをどうこう言ってもしかたないが。


233 :無名草子さん:03/03/23 11:49
まあ、山道山でも読んでくれ>>232


234 :無名草子さん:03/03/25 15:10
なるほど。
我が家の3歳児はでぶの筋肉質なんで、黒スパッツをはかせると、まんま「力道山」。
「星野監督の柔道家の兄弟」(by対談本の相方)の弟子になれるか?

235 :山崎渉:03/04/17 12:17
(^^)

236 :無名草子さん:03/04/19 09:51
ここにも現れたか…


237 :無名草子さん:03/04/20 01:08
セキカワ教授
http://www.asahi-net.or.jp/~eb9y-tmok/sonna/sonna23-6.html

238 :山崎渉:03/04/20 05:44
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

239 :無名草子さん:03/04/20 13:58
いしい被災地 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
ついにセキカワも準レギュラー!
しかも”教授”だ!

240 :無名草子さん:03/04/22 00:04
明日、TBSラジオのデイキャッチ(15:30〜)に出るみたいだね。
最近「退屈な迷宮」も新装の文庫本になったし、北朝鮮関係の話になるんだろうか。

241 :無名草子さん:03/04/22 15:31
双葉社「女優男優」購入。
装丁、非常に(・∀・)イイ!
でも、ソフトカバーで1800円は(・A・)イクナイ!
なかみは、 楽しい (・∀・)ニヤニヤ

242 :無名草子さん:03/04/22 15:33
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/
これは安いアダルトDVD一枚900円!!
http://www.net-de-dvd.com/


243 :無名草子さん:03/04/23 10:56
ネットに批判だったよな印象あったが、「退屈な〜」新装版ではネット情報を引用してるね。
コリア批判とネットは切り放せないから当然かな。
あと、ワールドカップ当時はサッカーに詳しくない感じがした。まわりに言われて軌道修正したんだろうか。

244 :無名草子さん:03/04/23 11:49
批判→批判的だな。
退屈な迷宮ではよど号メンバーが書かれてる。今になると皮肉だ。

245 :無名草子さん:03/04/23 23:00
脚本家の三谷某と顔見知りらしいが本当か?

246 :無名草子さん:03/04/25 17:20
ワールドカップの決勝戦で隣り合わせたけど話もしなかった、っつうんでしょ。
関川氏はそれをえんえん雑誌に書いて原稿料稼いだけど、三谷はそのネタの朝日の
コラムに関川氏の描写をすることはなかった。関川氏の片思いでは

247 :湯金庫:03/05/01 09:50
「18階の男」は傑作だねえ。
十数年来の愛読書さ。
漫画だけんども。

248 :山崎渉:03/05/22 02:08
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

249 :無名草子さん:03/05/22 20:00
「昭和が明るかった頃」読了。
俺は、どちらかというと本人がでてくる、うだうだ話の方が好きなんだが、
いやあ、これは面白かった。
吉永小百合と裕次郎を軸に、日活の盛衰とその頃の社会を語るのだが、
気のせいか、司馬と風太郎が憑いてるような描きようだった。
この調子で1964年以降も語ってほしいなあ。

250 :山崎渉:03/05/28 16:44
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

251 :無名草子さん:03/06/05 15:15
「事件屋稼業」好きな人いますか

252 :無名草子さん:03/06/05 18:38
海峡を越えたホームラン

新浦懐かしい

253 :無名草子さん:03/06/06 09:06
>>251

超すきでごわす。

「黒崎ぃーっ!」

結構きわどい設定あったですね。
マッチや故・竹下さんがモデルと思わしきキャラ出したり。

254 :無名草子さん:03/06/06 09:12
AKIRAをパクってモロすべったSFとか忘れ難いね。

255 :無名草子きん:03/06/07 01:33
無防備都市のヘタレていたジロータンの絵がみたい。誰かうpして!
ブレーブスファンの同郷(窓?)職業婦人って写真館の女主人?
今日の出来事の元祖美熟女穴?

256 :無名草子さん:03/06/08 11:00
>>255

なんかよくわからんです。

漫画って、あの未来の氷河期でなんたらて奴かな?

あとあれだ、谷口じろーの作品で、矢作俊彦原作のもあったね。
主人公がドーピングしてるっちゅうか。

「坊ちゃんの時代」の啄木は張り倒したくなるね。


257 :無名草子さん:03/06/08 23:59
>「坊ちゃんの時代」の啄木は張り倒したくなるね。
啄木の書簡とか読むと、もっと張り倒したくなりますよ。
偉そうなこと言って、オメーは何様だと。

今となっては生前の汚点は洗い流され、独自の叙情的な名歌を残した
歌人石川啄木が後の世に残ったのだから、世の中面白い。

258 :無名草子さん:03/06/09 18:57
関川さん、呉チエイ先生、山口文憲さん(週刊文春連載中)達とで知多半島に住む
んじゃなかったの?
そういえば、関川さん、凶暴なのはまだそのままですか?

259 :シャークふかまち:03/06/10 21:20
ぱっと見、ワニみたいな顔つうか(笑)。
怒らせたら噛みつかれそう。

260 :無名草子さん:03/06/10 23:55
>259
『親日派の弁明』を書いたキムワンソブにも似てると思ふ。

261 :無名草子さん:03/06/11 00:31
ここと呉智英スレ見比べると面白いですね。
呉先生のほうが純情なファンが多いよね。
本人と読者はやっぱり似てると思うわ。

262 :無名草子きん:03/06/12 03:33
え、呉智英スレの住人って糖尿病を患っていて
印刷所でバイトの経験があって、キャベツばっかり食ってる
自称封建主義者ばかりなの?

つーか呉と関川、いしかわスレの住人って思いっきりかぶってるのでは?
呉はストレートすぎて結果ひねくれてて、
いしかわは浅いから偉そうなこと言おうとするとひねた言い方しかできなくて、
関川は純情な本性を隠したいが故に屈折していて。で関川スレの住人は表面なぞって屈折レス。

ま、ボクはスタイリッシュな矢作スレの某コテハンだからここの醜悪さとは無縁だけど。
文句があるなら、いつでもボクのジャケットの中で踊ってもらうよ。

でもボクのウィングティップを不潔なキミタチの体液で汚しちゃだめだよ。メッ!

263 :無名草子さん:03/06/12 19:09

あ、漫画の原作でしか盛り上がらない矢作スレのヒトだ!

264 :無名草子さん:03/06/12 20:06
大友克洋が絵を担当した 「気分はもう戦争」 は、おもしろかった。
けど、矢作氏の他の仕事はしらぬ。
それでいい。

265 :無名草子さん:03/06/13 00:54
>264
矢作=ダディグース(最近『少年レボリューション』を発刊)は定説。
『気分はもう戦争2』も原作やってなかったっけ?

266 :狩舞麻隷:03/06/13 03:17
定説じゃなくって矢作とダディは同一人物。ドイツ連邦裁判所に訊ねるまでもない。

所詮ダディは小刀細工。
佐々木マキ>>>>>>>>>>>>ダディグースは定説。

それからマンガにもマンガ評論にも革命を起こせなかった関川はもっと
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>
なんだろうけどね。結局草文壇評論と草講師が最終型だなんてがっくり。
グース崩れ>>>>38度線>>>>関川は金剛不壊の真理。

あの時、よど号グループにオルグされちまったらよかったのに。老醜無惨・・・

267 :無名草子さん:03/06/14 05:48
なにがなんだか・・・

関川氏は「事件屋稼業」の作者ってだけで、ワシ的にOKです。
読み切りやらんかなあ・・・・

268 :無名草子さん:03/06/21 15:11
谷口ジローさんの原作つきの単行本を100円でゲトしてしまいました...。
ゴメンナサイ...。やっぱりブクオフはまちがっとーる! 
仕事先でいきあたりばったり食事するという短編連作。
原作者の名前覚えられない...。
スレ違いついでに、 須賀敦子って、かっこよかったんだろうなあ


269 :THE HIGH MASTER ◆IFQSknf/N. :03/06/22 00:25
>>268

「孤独のグルメ」ではないでしょうか?
久住昌之原作の.

270 :無名草子さん:03/07/04 14:08
269さんありがとう。
そうでした。ねだんと作者で買ってしまったのですが、しばらく持っていようと思います。


271 :無名草子さん:03/07/04 22:37
関川氏。
含蓄にとむ、文章家なり。
これからは、もっと、私小説的随筆で、己の恥を
さらしてください。 1ファンより。

272 :無名草子さん:03/07/04 22:54
よく神楽坂の○ャノアールでおみかけします

273 :無名草子さん:03/07/04 23:21
あ、ちがった。○ローチェだった。

274 :無名草子さん:03/07/05 08:10
ファミレスが好きな人かね?>関川氏

275 :無名草子さん:03/07/11 14:04
>>274
それはちょっと前かな。自動車免許を取るときは早起きして教習所に通った、
っての読んだ記憶が。

276 :無名草子さん:03/07/12 00:22
また漫画の原作やらないかなあ。
ジャンル問わず。

277 :山崎 渉:03/07/15 11:38

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

278 :無名草子さん:03/07/17 17:07
さげあげ

279 :無名草子さん:03/07/19 02:34
一度だけ、あげてみる。

280 :無名草子さん:03/07/19 12:02
さらしあげ

281 :無名草子さん:03/07/23 01:13
福田が批評家のリトマス試験紙に指定した
丸谷の新作を激賞したのは酷かったな。この人の本性がハッキリでた。
丸谷は関川がしがない「マンガ原作者」であることのコンプレックス
に悶々としていたころ、鼎談で関川の処女作を取り上げてくれた「恩人」
だとは言え。。。
書評にはとりあげても誉めてるやつなどいないのに、「激賞」するとは!

282 :無名草子さん:03/07/23 13:39
「白樺たちの大正」はいいじゃんか。
この人は、よぶんな批評なんかよして、明治・大正・戦前ものを書けばよろし。
朝鮮半島からも足を洗うべし。

幸田露伴の漫画の原作でも書いてみんかい!



283 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:53
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

284 :無名草子さん:03/08/09 12:41
この人のサイン入りの本を持っている。
どれくらいの価値があるのかなあ。

285 :無名草子さん:03/08/15 18:23
>>284
いっぱい持ってる。
価値なんかない。

286 :山崎 渉:03/08/15 21:35
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

287 :山崎 渉:03/08/15 23:21
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

288 :無名草子さん:03/09/01 11:12
どこを探しても見つからない文庫がある。
「森に降る雨」「東京からきたナグネ」など
誰か目撃情報ください。

289 :無名草子さん:03/09/01 14:25
うちの家で目撃しますた。
森は文春文庫じゃなかったっけ?


290 :無名草子さん:03/09/03 04:16
なんとなく独特の匂いが鼻につく感じがして、今まで本にまとまったものを
読んだことはなかったんだけど「昭和が明るかった頃」読んだら
面白かったんで、白樺派の奴も読んだよ。こっちは普通だった。
あと一冊小説とエッセイの文体が混ざったみたいな奴(須賀敦子とか壇ふみ
のこととかがチラッと出てきたりする。タイトル度忘れ)も読んだ。

やっぱりある種の匂いがある人だなあと思った。それが上で指摘されてる
団塊特有のウザさみたいなものなんでしょうか。
「東京山の手」とか「エスタブリッシュメント」みたいなものに対する
屈折も、少し度を越しているようで時々鼻につく。
朝日新聞に出ていた四方田犬彦の「1968」の書評でも、教駒(ツクコマ)に
対する過剰なまでの偶像化がなんだかな、って感じした。

でも今図書館に次々リクエストしてます。




291 :無名草子さん:03/09/03 04:24
今月号の『諸君!』

292 :無名草子さん :03/09/10 05:26
何か言ってるの?

293 :無名草子さん:03/09/14 21:18
賞をとってひゃくまんゲットって本当なんですか?

294 :無名草子さん:03/09/25 23:48
>292
『韓国は一個の哲学である』等、朱子学の理気の考えを通して朝鮮民族を分析した小倉紀蔵との対談。
小倉の視点をマンセーしながらも、最後の最後で朱子学の観念が先鋭化したことが李氏朝鮮の滅びた
原因、という説を取る田中明氏や司馬遼太郎の考えは違うんじゃないか、と小倉が口を滑らせたのに対し
「でも、それは明治日本(=西洋文明)には通用しなかった」とピシャリ。

俺もあの小中華思想は明や清にしか通用しないから李氏朝鮮は滅びたと思う。

295 :無名草子さん:03/09/28 04:54
>>290

まー都会にあこがれてる田舎者ですから。

296 :園遊会は惜しかった!:03/10/14 23:31
現代人の論語

呉 智英 (著) 単行本
近日発売 予約可
単行本: 216 p ; サイズ(cm):
出版社: 文藝春秋 ; ISBN: 4163655700 ; (2003/11/25)
価格: ¥1,200


297 :無名草子さん:03/10/25 23:30
そういうことはありえないとおもうが

298 :無名草子さん:03/10/26 22:30
現代詩手帳の別冊だったかな。
今でてる高橋源一郎特集に関川が寄せている文章もヒドイ。
田舎に産まれたことの「ウラミ」と都市の選良に対する
「ヒガミ」にみちみちている。恥ずかしいなー。
地方出身者がみんな彼のような人間ではないことだけは
わかって欲しいものだ。純朴で誠実な人間も多いんだよ。
小林秀雄賞の選考委員になって得意気になっているような
人間ばかりではないのです。
今回は岩井克人が受賞したが、そこになんか「含み」を感じるのは
俺だけでしょうか(岩井は作家の水内早苗と夫婦。水内は早くから
高橋源一郎が褒めていた。水内と高橋は小学校の同級生だったか?
高橋は関川のマンガも褒めている。)

299 :無名草子さん:03/11/11 22:23
文学が好きでないと公言するが、
その周辺を周回する複雑な人とお見受けする

300 :無名草子さん:03/11/12 19:32
坪内祐三が「関川夏央なんか絶対小林秀雄なんか読んでないよ」
って言ったのは、文字通り読んでないという意味ではなくて、
おそらく徹底した美意識の人、孤独は晒すものだと語った
孤高の文人小林秀雄を本当に理解しているなら、
関川のように権力、地位、名声を求めて文壇を遊泳することなぞ
本来できるはずがないってことだろう。
そういや、前は斎藤美奈子に賞あげてたよな。これも、なんかなー。

301 :無名草子さん:03/11/21 23:42
鄭大均「韓国のイメージ」に関川の韓国ものが上げられているのだが、何となく記述が否定的な印象を受けた。
ところが、その後出た「在日朝鮮人の終焉」の謝辞に関川の名前があがっている。
「執筆の機会を仲立ちしてくれた」云々と。
どんな経過があったのかしら。

302 :無名草子さん:03/11/30 19:54
最近、関川本を本屋でみない。
本を出しているのか?どーよ?

303 :無名草子さん:03/11/30 20:35
>302
http://ex.2ch.net/test/read.cgi/korea/1066934985/l50

304 :無名草子さん:03/11/30 23:06
また漫画原作やらぬかな。

305 :無名草子さん:03/12/25 07:23
加藤典洋を激賞するのが意味不明。

306 :無名草子さん:04/01/10 03:31
年末に某芝居を見に行ったら、この人がパンフに文章を寄せてた。
もっと斜に構えた書き方をするのかと思ったら、素直にヽ(´ー`)ノマンセーで意外だった(w

307 :無名草子さん:04/01/30 22:20
朝日の文芸時評。内容を要約するだけのレベルの低い
文章に毎回うんざりするが、今回はとくにひどかったな。
「芥川賞選考委員」を批判して、委員ってなんで年取ったやつばっかなの?
文学が五年もてばいいといった意識の人間ではこまる。(自分は)新しい
才能に対してひらかれていたい、とか抜かしてたが・・
バカヤロウ、小林秀雄賞でいかにも文壇政治的な、党派性まるだしの選考してるのはだれだよ。
今回の時評でも加藤典洋の本をすけべったらしく激賞してるじゃねえか
(内容は実のところ理解できないのか、「すごい」とかそういうレベルの
言葉で)。さらに芥川賞選考委員を批判するのに、またぞろ「団塊の
世代」なる言葉を持ち出しているが、いいかげんそれを批判するふりを
して自分と自分の時代を特化するようなインチキな身振りはやめろ。
 それに関川に新しい才能を評価する能力があるなんて
だれも思っちゃいねえよ。岡崎京子を褒めることができたのも、関川が
現在にいたるまで「都会的なもの」に対する羨望とルサンチマンを抱えている恥ずかしい
田舎者だったからであって、彼のアンテナが優れていたわけではない。
関川は舞上や阿部を褒めているが(ただし具体的な言葉では語れない)、
やつが彼らの文学を理解しているとは思えない。というのも(これは
本当は岡崎京子についてもあてはまるのだが)、彼らの文学を理解するには、
幅広い、サブカルチャーを含む新しい形の「教養」が必須なのだが、
関川にその素養はゼロだからだ。本来旧式の教養=権威にべったりの
人間のくせして変に媚を売りやがって。一言でいって関川は「インチキ」な人間だと思う。



308 :無名草子さん:04/01/30 23:22
インチキが嫌いなら本物だけを選んで読んでりゃいいんじゃねー?
腐してるだけじゃインチキとそうレベルは変わらない訳だが


309 :無名草子さん:04/01/30 23:31
クリシェだね

310 :無名草子さん :04/02/07 09:03
きちんとした言葉で評することができなくたって、もう関川氏自身がなにかを
体現するとこまで行っちゃってるんだから、いいじゃん。
それだけじゃ持たなくて、評とかしなきゃいられないところがちと寂しいが。

311 :無名草子さん:04/02/21 15:41
「マイナーにはマイナーなフアンがつく」
蓋し名言ですな。

312 :無名草子さん:04/03/04 01:04
今日NHK見てたらいきなり出てたからびっくりしたよ

313 :無名草子さん:04/03/04 22:28
マジ?
どういう番組ですか?

314 :312:04/03/04 23:26
「その時歴史が動いた」のゲストだった。
再放送の予定があるみたいです。

3月10日(水) 16:15〜16:58 S2 全国
3月12日(金)※木曜深夜 00:15〜00:58 総合 全国(近畿を除く)
3月14日(日) 08:00〜08:43 総合 近畿のみ 

315 :洩れ車:04/03/06 17:24
>>312-314 情報有難うさんです。

316 :無名草子さん:04/03/07 21:47
情報ありがとうございます。
そういえば「その時歴史が動いた」の第一回?に出てましたね。
漱石が小説家になったという回の時。
いきなり出てるのでビックリした。

317 :無名草子さん:04/03/21 13:32
近所の本屋の文庫コーナーに
帯付きの文庫版「豪雨の前兆」が、5冊も並べてあった。
大丈夫?

318 :無名草子さん:04/03/22 00:57
文芸春秋の芥川賞コメント、もろオヤジ丸出しだな。
ボクはキミたちの理解者だよってかw

319 :無名草子さん:04/03/22 01:42
北朝鮮の情報機関はなぜあんなに杜撰なのか
このひとを3回も入国させたのは何たる不覚
この国のダメダメさを
1から10まで書かれてしまった。

320 :無名草子さん:04/03/22 15:57
橋爪大三郎が書いた北朝鮮本では資料として
扱われてないけどね<関川本

321 :無名草子さん:04/03/24 23:39
最近は資料として扱われることも多い「退屈な迷宮」

322 :無名草子さん:04/04/02 21:23
坪内の批判、関川は絶対に根に持つとおもうよ。
断言するw

323 :無名草子さん:04/04/10 21:26
最近 週間文春で何か書いてあるから読んでみたら、
電話のインタヴューみたいな内容だった がっかり

324 :無名草子さん:04/04/11 05:05
>>322
どこに書いてるの?

325 :無名草子さん:04/05/02 22:48
かなり遅いが「旅」関係の新雑誌に寄稿。
鉄道オタ関連?

72 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)