5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

最近本読み出した高校生はなによめばいい?

1 :無名草子さん:02/03/19 02:32
春休みなんでほんよみたいんですが
なんかいいのありますか
村上ドラゴンはひととおりよんだけど
漏れはけっこうおもしろかったと感じたんだけど
いろんな系統で教えてください


2 :無名草子さん:02/03/19 02:40


3 :無名草子さん:02/03/19 04:07
>>1
赤いロウソクと人魚、オツベルと象辺りはいかがでしょう?

4 :無名草子さん:02/03/19 04:26
椎名誠の「白い手」「岳物語」

5 :無名草子さん:02/03/19 06:20
カラマーゾフの兄弟

6 :無名草子さん:02/03/19 12:41
>>1
投稿熱写ボーイ

7 :無名草子さん :02/03/19 12:49
とりあえず「このミステリーがすごい」等のガイド本を読んで、
自分の好みにひっかかりそうな作家を発見することをお勧めします。

あとは作家や評論家が出している書評集ね。
男性なら小林信彦、女性なら中野翠の書評が私の好みですが。

8 :無名草子さん:02/03/19 13:04
北杜夫

9 ::02/03/19 13:12
ズバリ小説はつまらないし時間の無駄ですので
受験参考書をよむ事をお薦めします
それ以外でしたらノンフィクションやら思想などをよむように

10 :無名草子さん:02/03/19 13:20
まず出版社の解説目録を集めまくって、読みまくってくれ。
出版社や書店の担当者を煩わせる痛みがあるけど、全部タダ。
読書論もいろいろ出ているだろうから、それらも読んでみれば?
本っちゅうてもいろいろ種類があるし、読む目的もいろいろだし。
私としては、流行の軽薄な本よりも、若いときに頭を使って考えつつ
読む本に当たる方がいいと思う。

ただし、特定著者の信者になるのは考え物。
どうせ一般人が背伸びしてもたかが知れてる。
現在流行の作家だの言論人だの、いろいろいるだろう。
でも、どういう風にしてそれらの人達の名前や分布地図を
入手するか?
また、これらの人たちは、売名や内ゲバ、足の引っ張り合い、
こき下ろし、平気で間違う、極論を吐く、等悪いクセがある。
彼らの中に加担しない事か。自分の心がみにくくなる。


物語って分け方したらいろいろある。
小説(岩波の赤版とか)・漫画・演劇・映画・ゲームって。

自分としてのお薦めは、
@『日本残酷物語』。何冊か出ている。宮本 常一らが関与している。
A『カラマーゾフの兄弟』『白痴』『悪霊』『罪と罰』のどれか。
B『アローン収容所』(中公文庫)
C『ぼくんち』『はれた日は学校を休んで』(これは漫画)

あとゲームだと、
プレステ(2だっけ?)で出た
D『果てしなく青い、この空の下で…』が、傑作。

11 :無名草子さん:02/03/19 13:22
俺の好きな本だが

林房雄「大東亜戦争肯定論」
平井和正「狼の紋章」「狼の怨歌」「狼のレクイエム」
ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」


12 :無名草子さん:02/03/19 13:31
春休みの間に毎日彼女とSEXしろ!
高校生のうちに十分にやっておくべきなのは、1に恋愛とSEX、2に受験
勉強だ!
受験勉強は、実は将来(大学生、社会人になってから)の読書におおいに
役立つ。
本を読むのは良いことだ。この板や文学板でよくみかける「アンチ読書スレ」
に惑わされてはいけない。
しかし、基礎知識がなければ文学にしろ哲学にしろ、いまいち理解できなか
ったりする。学校教育を十分にマスターすることが、大学受験にも役立ち、
将来の読書にも役立つのだ。

13 :無名草子さん:02/03/19 13:37
精神と物質

14 :無名草子さん:02/03/19 13:49
>13
それつまんなかったぞ

15 :無名草子さん:02/03/19 14:16
SFなら石原藤夫『ハイウェイ惑星』(デュアル文庫)が面白い。

16 :無名草子さん:02/03/19 14:47
本は自分で自由に読めても、女は誰とでもSEXする訳ないだろう。
一方では平気でグチュグチュ汁垂らして「アンッ」とかハメまくるくせに、
他方では強姦された、とか言う。ホント、女って嫌な生き物だよ。

若いうちは、欲望を敢えて我慢する練習もしとく方がいいんでないか?
1に読書、2に受験勉強だろ。本の女は現実の女と違って
汁もアカもクソも出さないけど、イイ(゚∀゚)!!!!

17 :無名草子さん:02/03/19 14:48
つまり女はクソするし、男のえり好みもするし、自分勝手なの!

18 :無名草子さん:02/03/19 14:49
だからヤなの。以上。

19 :無名草子さん:02/03/19 14:51
わ け わ か ら ん よ う に ス レ を も っ て く な

20 :無名草子さん:02/03/19 14:54
ミニミニドラゴン山川健一でも読んでろ!

21 :無名草子さん:02/03/19 15:27
小林よしのり「戦争論」を読みましょう。
難しそうに思われてるけど漫画だから読みやすいし、頭もよくなります。

22 :無名草子さん:02/03/19 16:14
マジレスだが、世界(日本)文学名作全集みたいのを一通り読むことを薦めます。
名作という定評のあるものを、
作家、時代、地域を限定せずに幅広く読んだ方がよい。
そういうことが可能な時間と意欲のある時期は、
高校生くらいを逃したら一生ないよ。
そして、そういう体験がなければ後々きっと後悔するはず。
そのあと何を読むべきか、あるいは読みたいかという応用問題は、
自ずと解答が見えてくるはず。

23 :無名草子さん:02/03/19 16:41
福田和也の作家の値打ちは、いろいろ問題あるかもしれないけど、ガイドとしては価値があるんじゃないかな

24 :マジレスするよ?:02/03/19 16:45
>>21
その通り。
日本人なら誰でも読むべき本だと思う。

25 :24:02/03/19 16:46
をおおおぉぉぉぉぉ名前欄に書いてしまった!

26 :無名草子さん:02/03/19 16:59
いまさらと言われても、ヘルマン・ヘッセは読んでおいたほうが良いと思う。
この人の本には、静かに人を刺す刃物がある。

27 :無名草子さん:02/03/19 17:09
>>23
ああいうエエカゲンな通知票本で先入観をもってしまっては悲劇だ。
高校生にはお勧めできない。

それよっか、たしか最近、日本SF学会(だったかな)が
『SF入門』っていう本を出しはず。これは小説だけでなく
映画なんかのガイドにもなっているらしいから、読むと
面白いと思うよ。

28 :無名草子さん:02/03/19 18:04
司馬遼太郎「竜馬がゆく」

29 :無名草子さん:02/03/19 18:09
バガヴァッド・ギーター

若いうちに読んで損はない。
俺は大学時代にこれに出会い結果を恐れて弱気になった時世話になったものだ。

これを経典とした妙な宗教団体もあるがそれは無視してよし。

30 :無名草子さん:02/03/19 20:39
女の悦ばせかた

31 :無名草子さん:02/03/19 20:48
マジにおすすめ。
「GO」

32 :無名草子さん:02/03/19 20:58
マジにおすすめ。
「私も朝鮮人になりたい!」

33 :1:02/03/19 21:28
>>4
岳物語読破
読みやすかったけど内容的には10点中3点ぐらいです
子供がいたらまた違うと思うけど・・・
続岳物語はお勧めですか?
あと「白い手」は

尚勝手な感想なので点数は参考にならないとおもわれ。

34 :無名草子さん:02/03/19 21:46
>>33
椎名スレの下半身はおいといて。
椎名スレに出てたけど岳のその後を知るとかなり萎える作品では有る。
出たときは私もいい作品とおもったんだが。


35 :無名草子さん:02/03/19 22:13
マジにおすすめ
アルジャーノンに花束を
有名すぎると逆に読まず嫌いしてそうな人多いし。
これはオススメだぞ。
個人的に、長編よりも短編(「心の鏡」収録)のがすっきりしてて読みやすい。
でももっと泣きたいなら長編をどうぞ。

36 :無名草子さん:02/03/19 22:41
北杜夫はお勧め。
特にユーモラスで切ない「どくとるマンボウ青春記」が一押しだな。
小説なら「楡家のひとびと」も良いよ〜。

37 :無名草子さん:02/03/19 22:59
学校教育ではほとんど無視されている「世界文学史」をきっちり勉強しておきま
しょう。
新書館「世界文学101物語」がおすすめ。

だけど学校では日本文学史は教えるし受験にも出るのに、世界文学史は「国語便
覧」に2〜3ページ載ってるだけだね。

38 :無名草子さん:02/03/20 00:13
オレは以前、哲学や思想の入門的な知識をコンパクトにまとめた本がないかと探し
たことがあったが、イマイチちょうど良いのがなかった。
最近、斎藤美奈子(だいぶ前の文藝賞受賞者)の「読者は踊る」を読んで、「へた
な『哲学入門』の本よりレッスンプロの本だ。チャート式『倫理』をすすめる」み
たいなことが書いてあったので買って読んでいる。
チャート式、というのはあの「チャート式数学T」とかいうのと同じシリーズの受験
参考書のチャート式だ。

オレはもう30過ぎだが、いまさらながら受験参考書を買ってよんだりしているわけ
だ。小説を読んでいても、古文をちゃんと勉強していたら明治以前の作品も現代語訳
ではなく読めただろうとか、歴史も勉強しておくべきだったとか、小・中・高で全然
勉強していなかったことを後悔している。

オレは9が言うような小説は役立たないといった考えには反対だし、小説はすばらし
いものだとは思うが、高校生とかだったら「受験のため、大学入学のため」の勉強に
徹することが結局は小説・文学を読むためにも役立つと思う。

オレは、「学校の勉強以外の本は読むな」「学校の教科書だけ読め」ということを子
供のころに言われ、それに猛反発して、コソコソ隠れて太宰を読んだりした。今でも
「子供は本をよむな!」というあの言葉はムカつくし、思い出しただけで頭にくる。
ただ、それとは別に、やはり小・中・高の勉強はしっかりやっておくべきだったとも
思う。文系ではなく、数学・理科といった理系の科目も。オレは大学は文学部だった
が、理系の大学に行きながら文学青年をやる、というのも良かったかもと思っている。

39 :無名草子さん:02/03/20 00:31
ヴァレリーの「テスト氏」

40 :´_* <書評してくれ!:02/03/20 00:54

自分の知ってる本のタイトルばかり紹介されても、分からんヨ。
ちゃんと紹介もしてくれ!他の人の紹介でも、何か言ってやってよ!

41 :無名草子さん:02/03/20 01:49
>>27 :無名草子さん :02/03/19 17:09
早川書房から発売された『SF入門』ですね。日本SF作家クラブ編。
SF板でもスレが立ったけど、マニアックな記事にページを割きすぎて、
初心者さんにはあまりお勧めできません。どこが入門や、ゴラァ!って感じで。

ただ国内、海外のベスト10作品は古典がメインのリストになっているので、
このページだけ図書館ででもコピーして使ってください(藁

>>38
斎藤美奈子さんの新作、「文章読本さん江」も文学評論としては秀逸。
だけど読み手も一連の有名小説を既読であることを前提として書かれているから、
初心者さんのブックガイドになるかはちと疑問なり。

高校生なら「文豪」と呼ばれる人たちの名作を読んでおこうよ。
とっつきにくい印象があるけれど、100年経っても読み続けられる力があるだけ、
やはり面白い。先ずは夏目漱石の「我輩は猫である」から。
実はユーモア小説なんだよ。飼い主の先生のボヤキや猫のへへんとした視線が笑えるよ。
これ。

42 :ジャッコ:02/03/20 01:54
「シャーロットのおくりもの」

児童書ですが・・・べいぶ よりは泣けるかもよ

43 :無名草子さん:02/03/20 02:11
開高健の「白いページ」を腹を空かせた状態で読め

44 :無名草子さん:02/03/20 02:24
平松伸二のブラックエンジェルスおすすめです。

45 :マジレス:02/03/20 02:35
正法眼蔵


46 :無名草子さん:02/03/20 02:47
>23 遅レスだが激しく同意。俺は福田さんと会ったことあって
どっちかというとファンでもあるが、「作家の値打ち」は、日本の
代表的な作家を一通り読んだ人が「うはは、確かにインザミソスープはXX点!」
とかやって笑う本だと思われ。

高校生が読んだら変な先入観ついちゃうよねぇ。

47 :46:02/03/20 02:54
>高校生が読んだら

訂正。「あまり色んな作家の本を読んだことのない1のような人が読んだら」に訂正して。
別に高校生がどうこうではないです。

48 :無名草子さん:02/03/21 23:28
あげ    

49 :無名草子さん:02/03/22 00:32
「失われた世界」(コナン・ドイル)
「23分間の奇跡」(ジェームズ・クラベル)
「戒厳令の夜」(五木寛之)
「5分後の世界」(村上ドラゴン)

高校生に限らずこれらは幅広い世代の方に読んで欲しい。
そう考えます。

50 :無名草子さん:02/03/22 00:39
児童書でいいならダールのでも読んでみ。
スッキリするよ〜〜〜〜。

51 :無名草子さん:02/04/03 12:14
age

52 :無名草子さん:02/04/03 12:57
バカはサイレンで鳴く

53 :最近本読み出した現役高校生:02/04/08 21:14
私が今まで読んだ中で面白いと思った物

後藤竜二「のんびり転校生事件」
森絵都「カラフル」 「つきのふね」
ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」
北杜夫「船乗りクプクプの冒険」(だっけ?)
中島らも「ぷるぷる・ぴぃぷる」

あくまで私個人の意見なので、まぁ参考程度にどうぞ。

54 :無名草子さん:02/04/08 23:31
春休み終わったよ。

55 :無名草子さん:02/04/08 23:35
是岡秀樹
「惨敗道書店」
隠れた名作

56 :無名草子さん:02/04/08 23:37
「竜馬がゆく」司馬遼太郎は高校時代に読みたかった

57 :無名草子さん:02/04/08 23:37
室積 光「都立 水商!」

58 :わかぎえふ? :02/04/08 23:38
中島らもの著書すべて読みなさい

59 :文責:名無しさん:02/04/09 00:04
江戸川乱歩全集
全部読んだ場合トリックの使い回しが多くて、これ以上推理物を読みたく無くなる。

60 :・・・:02/04/09 18:27
ダレン・シャン!!!
泣けるし感動するし・・・・もう、たっくさんの感情があふれ出す・・・
ぜひよんで!映画化もするし。6月に著者が来日するからきっとどこかで宣伝されるはず。

61 :無名草子さん:02/04/09 18:36
>>60
おまえ氏ねよ。

62 :・・・:02/04/09 22:07
>>61
はァ?なにいってんの??
なにが「氏ね」だよ。字まちがえてんじゃねーょ。
おめーは幼稚園児か?(笑い)        △  △
               キャハハハハ(^▼^)クソヤロウ


63 :無名草子さん:02/04/09 22:10
あれ。
とりあえず>>62さんは、初心者板行った方がいいかも・・・・。

64 :無名草子さん:02/04/09 22:16
>>41
遅レスですが、あなたの文章を拝見すると、わたしの知り合いか?と思えてきた。
違うかもしれないけどね。

65 :無名草子さん:02/04/09 22:20
>>63
2ちゃんねるも来月で3年だからねえ。
間口が広がりすぎというか。
仕方ないけど(藁

66 :無名草子さん :02/04/09 22:41
>>65
ていうか、ネタだろ?

67 :無名草子さん:02/04/12 20:57
あげ

68 :無名草子さん:02/04/12 21:33
自分が高校生の時は、
鴻上尚史の戯曲やエッセイばっか読んでた。
すごい影響された割に、コレ!って内容をあまり覚えてないが
「朝日のような夕日をつれて」の冒頭とラストの台詞は、好きだ。

ともあれ偏読せずに、エロ本、新聞、漫画、週刊誌、小説、エッセイ等、
ちょっとでも興味のあるものは、なんでも読んでみるだわね。
得るものは何かしらあることでしょう。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/12 21:53
>>1

高校生として読んだほうが良い本を挙げる。

1.『めちゃ2 イケてる』 ナインティナイン:岡村隆史著

2.『日本民族主義』 爆笑問題:太田光著

3.『人生論』 トルストイ著

4.『新資本論』 大前研一著

70 :無名草子さん:02/04/12 22:19
SFを読みなさい。SFはいいぞう。

71 :無名草子さん:02/04/12 23:03
有斐閣の民法・刑法の入門書あたりからスタート。
(経済系でもいいけど)
将来、法曹か会計士になれるよ。

72 :タッカー:02/04/12 23:34
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1016597400/l50
サヨナライツカを読みましょう。


73 :文責:名無しさん:02/04/13 00:02
>>69
3.以外はやめたほうが・・・

74 :無名草子さん:02/04/13 00:47
塩狩峠と氷点はこの多感な年頃に読むと考えさせられていいよ。

75 :蔵原:02/04/13 01:54
罪と罰

76 :無名草子さん:02/04/13 02:05
『深夜特急』沢木耕太郎著(新潮文庫)全6巻。
以前、あるテレビ番組で、お笑い芸人二人が、ヒッチハイクでユーラシア大陸を横断するというのが放送された。
その企画の土台となっている。
沢木氏は、インドからイギリスまでの旅程を、路線バスや鉄道、船舶などの公共機関を使って、旅行した。
その旅行記が、この『深夜特急』である。
必読の一冊であると思う。


77 :無名草子さん:02/04/13 02:19
http://www.eurus.dti.ne.jp/~hiroya

http://www.maromaro.com
ここらへんが書評のってるよ

78 :無名草子さん:02/04/13 04:48
>>1
マジレスすると夢野久作の「ドグラマグラ」読むと良いよ。
この時期に読むと考えさせられる。

79 :無名草子さん:02/04/13 05:10
こういうスレって定期的に立っては消えていくよな…。
春休みは終わったけど、とりあえず
このスレでも読め。↓

屁理屈ぬきで一番おもしろかった小説は?Part2
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1003495679/-100

80 :無名草子さん:02/04/13 05:22
高校生なら、国語や社会科の教科書および便覧とかどうよ。
中学のときからのやつ、授業や勉強とかの縛りなしにマターリ読むと結構面白いぞ。
それで、面白そうだなとか、続きが気になる話があったら、
本屋行ってその本や関連の本を買う。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:02/04/13 18:16
高校生なら、

『ぬれぬれ妻の午後』
『28歳OLの悲劇』

『家出少女の悲劇』

『朝鮮民族性奴隷』

とか読めよ。

82 :文責:名無しさん:02/04/13 23:33
>>81
そんな本あるんか?
「発情期 ブルマ検査」松平龍樹
エヴァンゲリオンについて作者の思いをヒロインがあえぎながら語ってくれます。

「アイドル声優 僕の童貞喪失」睦月影郎
オタクがアイドル声優の車にひかれそうな美少女を助けて
美少女の母親も含めて3人食っちゃって、イケメンになって就職する
というある意味極めた内容です。

83 :無名草子さん:02/04/16 23:46
>>82
>イケメンになって就職

何処に就職するんだ〜(藁
睦月影郎、名前は知ってるけど未読だし、読んでみたい。

84 :無名草子さん:02/04/17 10:29
☆★☆中高生にオススメの本☆★☆
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/books/1002010507/-100

85 :無名草子さん:02/04/17 13:06
村山由佳の作品を読んで下さい。

86 :無名草子さん:02/04/17 13:10
とりあえず☆新一読めや!

87 :無名草子さん:02/04/17 13:12
神曲がいい。

88 :無名草子さん:02/04/17 13:29
橋本治『青空人生相談所』

89 :無名草子さん:02/04/17 13:54
もうすぐ受験だろ? すぐじゃなくても2年後には受験だろ?
対策として『受験慰安母』(フランス書院)を読みなさい。
読みやすくてなおかつ重厚な物が好きならば、
遠藤周作とか北杜夫あたりの代表作を幾つか読んでみなさい。
でもフランス書院読まずに純文学ってのは良くないよな。

90 :無名草子さん:02/04/18 00:38
>>36
同意
北杜夫「どくとるマンボウ青春記」いいよ。

>>80
これも同意
便覧の類はとりあえず必読かも。
読み物としてかなり面白いかと。

91 :無名草子さん:02/04/18 01:30
「虎よ、虎よ!」(アルフレッド・ベスター、ハヤカワ文庫SF)は絶対おすすめ。
結構昔に書かれたSFだが全然古くささを感じさせない、エンターテイメントの傑作。
あとは「スキズマトリックス」(ブルース・スターリング、ハヤカワ文庫SF)かな。この二つは
自分の中で双璧。

92 :無名草子さん:02/04/18 01:45
ベタに太宰とかドストエフスキーとか読んでください。
短い話が好きなら、これまたベタに芥川でも……。

93 :無名草子さん:02/04/18 03:21
バロウズを読もう。高校生らしく

94 :無名草子さん:02/04/18 03:45
>1
バトルロワイヤル(小説)
マジで。

95 :無名草子さん:02/04/18 19:59
ここで挙げられている以外の本。マジで。

96 :無名草子さん:02/04/18 20:01
>>95が挙げた以外の本。マジで。

97 :無名草子さん:02/04/18 20:09
エリアス・カネッティ

98 :ニセ親父:02/04/18 20:52
これからの若人は、すべからく国際人にならなければならない。
国際人に必要なのは、「世界情勢」「経済」「英語」の3つだ。

まずは、落合信彦の主著作で国際情勢に関する知識を得、さらに長谷川慶太郎
の本で経済を極め、そして渡部昇一センセの英語本とNOVAで英語ペラペラにな
る!さらに渡部昇一センセのめいちょ「知的生活の方法」を読めばあなたもはれて
国際人の仲間入りです!

99 :似非ムスコ:02/04/18 20:54
>>98
そんなの読んだら、きなくさい人になりそうだな。

100 :無名草子さん:02/04/18 21:02
国際人になる必要のある人とない人がいて
すみわけをする必要が、あるということをこの際高校生諸君は頭に叩き込みましょう。
やっぱり・・・ヘッセとか?小説関係は青年向けのが結構あるからね。
世間から張られてるレッテルどおりの選択してもよいかと。
高校生だったら面白い科目の延長線上の本を読むとか、ありだと思います。
特に社会理科。歴史好きの人が読んでおいたほうがいい本とか
生物好きな人は進化論とか遺伝とか、そういうの読んでみるのもよいかもね。

101 :無名草子さん:02/04/18 21:08
窓際のトットちゃん

以外とおもしろい。

102 :ニセ親父:02/04/18 21:20
国際人になるには、ある程度の日本史の知識も必要だ。

まずは、日本史のおおまかな流れを汁には西尾幹二「国民の歴史」と
井沢元彦「逆説の日本史シリーズ」、古代史は「はじめ人間ギャートルズ」で
バッチリさ!

103 :無名草子さん:02/04/18 21:21
「陰獣」

104 :無名草子さん:02/04/18 21:29
歴史はあまり偏ったものから読みはじめないほうがいいですね、一般的にいって。
というよりむしろ、歴史というものは常に権力の支配手段として、
大衆のナショナリズム形成手段として、また外交カードとして利用されるものであり
情におぼれたりする対象ではないという認識を身につけるのもよいかもしれませんね。

105 :無名草子さん:02/04/18 21:33
102と104二人ともコワー

106 :無名草子さん:02/04/18 21:39
筒井康隆の「大いなる助走」
小説にのめりこむ前にこれを読んで
文壇がいかにドロドロしているか・・・に想像を膨らませるのも
一興ですね。
筒井は毒が強いので好みが分かれるところです。
しかし作品も多様なので、一概には言えません。
高校生なら文庫本手にとって一読してみるというのもいいと思います。

107 :ともチャン:02/04/18 21:50
テリー・イーグルトン

108 :無名草子さん:02/04/19 12:45
>>106いいかも。
筒井なら短編『御手淫船』。
オナニーに目覚めた高校生のキミに!

あと、とっても鬼畜な『村井長庵』もオススメです。

109 :無名草子さん:02/04/23 23:05
アメリ・・・映画化されたあれです。実に読みやすい。主人公のアメリかわいいよ。

原田宗典のエッセイ・・・くだらなく面白い。読んでて愉快。この人は小説よりエッセイの方がいいと思う。

宮本武蔵・・・バガボンド原作の吉川英治の奴。バガボンド読んでりゃ面白く感じるはず。

桜井亜美の本・・・女子高生なら共感できる部分あんじゃないかなぁ。個人的に「ガール」「エヴリシング」「ヴァ−ミリオン」がお勧め。

110 :無名草子さん:02/04/23 23:12
山田詠美の「ぼくは勉強ができない」
は教科書にのっているのかな?
全部よんで、いい男になってね。
意外と「罪と罰」もお薦めよ。

111 :無名草子さん:02/04/23 23:14
呉智英「封建主義者かく語りき」
西部邁の諸著作
オルテガ「大衆の反逆」
これ最凶。

112 :無名草子さん:02/04/23 23:16
山本文緒のプラナリア

113 :文責:名無しさん:02/04/24 00:43
>>111
呉作品はいいけど、西部やオルテガは最近本読み出した高校生には読めないよ。
罪と罰も原作はよっぽど読書になれた人で無いと無理。

だいぶ路線は変わるけど、竹内靖雄「経済思想の巨人たち」新潮選書。
古今東西の経済学者の略歴、思想についてかいつまんで紹介。
著者がハイエキアンなんで自由経済派びいきでマルクスボロクサに書いてるところも
いいと思ったりする。

114 :無名草子さん:02/04/24 00:46
意図的な奴がいるな

115 :無名草子さん:02/04/24 01:31
大槻ケンジのリンダ・リンダ・ラバーソウルは結構面白かった。
バンドマンの苦労が結構面白かったね。
最後はチョット切なくなった。

1日で読めるような本だから読んでみても良いんじゃない?

116 :無名草子さん:02/04/24 02:05
マドンナ文庫

117 :無名草子さん:02/04/24 02:11
教科書でも読んでればいいんじゃないのか?

118 :無名草子さん:02/04/24 02:27
田口ランディと辻仁成は最低でも読んでおけ
あとグインサーガを最初から全部


119 :無名草子さん:02/04/24 02:33
>118
ボケとしては微妙

120 :無名草子さん:02/04/24 03:05
>>118
漏れはチョットワラタ

121 :無名草子さん:02/04/24 03:10
霊界日記。

122 :無名草子さん:02/04/24 04:15
北欧神話

123 :無名草子さん:02/04/24 10:11
(∵)ホェホェホェェェェェ.........

124 :無名草子さん:02/04/25 21:15
村上ドラゴンの69は読んどけ

125 :無名草子さん:02/04/25 21:49
ウェストールの『かかし』読んで

126 :無名草子さん:02/04/26 01:01
ダン鬼E

127 :無名草子さん:02/04/26 08:36
吉田松陰『留魂録』

128 :無名草子さん:02/04/26 09:06
トニーパーカー
「アメリカの小さな町」(晶文社)正直、文学部にでも入って文学スノッブと
つるんで人生をこじらせようととしないかぎり「世界文学全集」みたいなものは
読まなくていいんじゃないかな。
翻訳の場合、何十年も前のものが改訂もされずにそのままになって
いる場合もあるし。
はっきりいって「カラマーゾフの兄弟」が人にすすめるほどおもしろいか
どうか漏れにとっては大疑問。もちろん読んで悪いことはないのだが。


129 :とりあえず嫁。:02/04/26 09:55

歴史を偽造する韓国―韓国併合と搾取された日本
中川 八洋
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198615055/qid%3D1019782122/249-4294824-1250739
黄文雄
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/249-4294824-1250739
稲垣武
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index%3Dbooks-jp%26field-author%3D%E6%AD%A6%2C%20%E7%A8%B2%E5%9E%A3/249-4294824-1250739
ポール・ボネ
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-url/index%3Dbooks-jp%26field-author%3D%E3%83%9C%E3%83%8D%2C%20%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB/249-4294824-1250739


130 :ai:02/04/27 12:45
星新一か原田宗典から入って、
カフカ,カミュ,夏目漱石,太宰治,ゲーテ......
受験を控えてるんなら立花隆,加藤周一なんて合間に入れても損はない筈。

まぁ有名どころから読んでってみれば。
そのうち自分の好みもわかってくるだろうし。

131 :無名草子さん:02/04/27 23:23
age

132 :文責:名無しさん:02/04/27 23:35
立花隆はウソが多いんでやめたほがいいです。

133 :無名草子さん:02/04/28 08:19
広瀬隆

134 :無名草子さん:02/04/28 08:22
大槻ケンヂの「グミチョコ」と言いたいが、
安穏としつつそれでいて焦燥感を感じている盆暗学生には刺激が強すぎて素人にはお勧めできない。


135 :1:02/04/28 08:35
僕は村上春樹氏の作品が好きで、小説、エッセイ、翻訳、対談など、
ほとんど読んできました。また、村上氏が影響を受けたであろう作家の
作品もある程度読みました。
 村上氏の作品の魅力を端的に言うと、文章から得られるリアル感である
と思います。特に、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」まで
の作品については、どの文章も、読んですぐ頭に状景が浮かびます。
映画を観ているような感覚があります。登場人物の会話など、その場で
聞いているように感じます。読んでいて言葉がとても活き活きしている
のです。
 また、村上氏の作品は明と暗の部分がはっきりしていて、それが絶妙の
タイミングで配置されています。そのため、スラスラと読めるのです。
 さらに、言葉の発想がユニークであるのも魅力です。
変な例ですが、「ノルウェイの森」における『僕』と『緑』の会話に出てくる
『春の熊』の例え話が最高です。こんなことをサラッと言われると
女の子はステキと思うだろうなーと、感心させられます。なかなかこんな
発想は出てきません。
 しかし、「国境の南、太陽の西」以降の作品は、主人公の家族の話があるなど
他者とのかかわりが広くなっています。そのため、それ以前の活き活き感や
言葉のユニーク性があまり感じられなくなっています。おそらく村上氏は
内向的傾向の強い作家なのだと思います。多数人間のコミュニケーションや
血縁関係内での人のつながり等の表現に弱いところがあります。
『ねじまき鳥クロニクル』は最近の作品のなかでは良く書けていると
思いますが、やはり流れのスムーズさやユニークさにやや欠けている点が
あります。良いところと悪いところがあるのです。ノモンハンの話はとても
リアルですが・・・。でも、やはり個々的でも魅力はあります。
 村上氏の作品をずっと読んできた所為か、人を好きになるのといっしょで、
良いところも悪いところも好きになっているようです。作品の雰囲気が僕自身に
合っているとでも言いましょうか、そんな感じなのです。


136 :無名草子さん:02/04/30 01:50
>こんなことをサラッと言われると 女の子はステキと思うだろうなーと、感心させられます。

・・・・・・勘違い甚だしいと思われますが。

137 :無名草子さん:02/04/30 02:00
>>129
ウヨ拡大運動ご苦労様です.

138 :無名草子さん:02/04/30 02:07
本読むのは好きなのに、模試の現代文のテストで点が取れない、何故だ!
とお思いならば

石原千秋の著作
「秘伝 中学入試国語読解法」新潮選書
「小説入門としての高校入試国語」NHKブックス
「教養としての大学受験国語」ちくま新書
を薦めます。

点数悪いともっと勉強しろとか言われて面倒だからね。そうならないようにね。

139 :無名草子さん:02/04/30 02:30
小説作法の類を読むと、また違った視点で楽しめる。

シリーズ番号: 39
プロ作家養成塾―小説の書き方すべて教えます ベスト新書
若桜木 虔 (著)
2002/03/01

物語の作り方―ガルシア=マルケスのシナリオ教室
G.ガルシア=マルケス (著), 木村 栄一 (翻訳)
2002/02/01

小説の技巧
デイヴィッド ロッジ (著), DaVid Lodge (原著),
柴田 元幸 (翻訳), 斎藤 兆史 (翻訳)
1997/06/01

140 :無名草子さん:02/04/30 02:57
カミュはわけわからんかったなぁ
ワイルドやバルザック面白かった。
カフカだったらやっぱり変身がおすすめ。

141 :無名草子さん:02/04/30 19:02
>>139
若桜木 虔 (著)

ヌゥ…

142 :無名草子さん:02/04/30 21:16
オーウェル

143 :無名草子さん:02/04/30 23:43
なんか上のほうで小説は読む価値がないといった内容のレスが
あったけど、そういう風に思ってる人って映画とかドラマとかまったく
見ないんでしょうかね

144 :無名草子さん:02/05/01 02:13
指輪物語

145 :無名草子さん:02/05/01 02:15
>>143
読む奴が照れとかその他諸々から言ってると思いますけど、俺は。
正直俺も「読まないでいい」って言うし…

ただ、本気で読まない人には勧めまくりますが(w

146 :無名草子さん:02/05/01 03:27
真面目に質問ですが、
カラマーゾフの兄弟はどこがおもしろいんでしょうか?
これから読もうと思ってるのですが。
罪と罰よりおもしろいですか?

147 :無名草子さん:02/05/01 05:29
「深夜特急」がいいよ。んで大学生になったら旅に出よ。

148 :無名草子さん:02/05/01 06:01
>>134
そうかな?高校生にこそ読んで欲しいと思うけどな。
俺も大槻ケンヂの「グミ・チョコレート・パイン」オススメ。

これに限らず大槻ケンヂの本はどれも読みやすくて面白いよ。

149 :無名草子さん:02/05/01 21:23
トマス・M・ディッシュの「人類皆殺し」
ヒトがゴミのようだ。

150 :無名草子さん:02/05/02 01:10
「わが闘争」
「機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ」
「竜馬がゆく」
「プリズンホテル」
だな。うむ。

151 :無名草子さん:02/05/02 01:38
科学好きな高校生は毛利さんの本がおすすめ。
最新刊『果てしない宇宙のなかで思う未来のこと』
この前、はなまるマーケットでも紹介されてた。
坂本龍一とかも出てくるよ。

152 :無名草子さん:02/05/02 01:39
遠藤周作のエッセイがいいと思う。
読みやすいし。
曽野綾子や河合隼雄は好きになれなかった。
受験あるなら立花はやめたほうがよいかと。
疑問に思う点が絶対出てくると思うから。
高校教師が「太宰は読むな」とか言ってたのが懐かしい。

153 :無名草子さん:02/05/02 03:42
当然ガイシュツだろうけど、カート・ヴォネガットかな。

154 :無名草子さん:02/05/02 04:12
タニス・リーですな

155 :無名草子さん:02/05/02 18:55
とりあえず星新一をよみゃ
他のはいろんな作家の本の後ろに書いてある概略を呼んで、よさそうと思ったのを読んでみれば気に入った作家が見つかる
たまに同じ作家でもそれ以外は大して気に入らないとか言うのもあるが

156 :無名草子さん:02/05/02 22:55
恋愛系だけど、村山由佳(かな?)の「天使の涙」は良いよ。

それより最近飽きっぽくて読書が最後まで続かない。
「白い犬とワルツを」も読み終わらない…

157 :文責:名無しさん:02/05/02 23:42
>>149
今ごろめったに手に入らない、マニア向けSFを持ってこないでください。

158 :無名草子さん:02/05/02 23:50
田口ランディ「コンセント」

159 :ai:02/05/03 23:12
本屋をぶらついて運命に賭ける、という手はどうだろう。
タイトルからインスピレーションで選ぶとか。
や、何度も失敗したけどね…。

でも当たった時の感動は倍になるし。

>>156
「白い犬」どうにも良さが理解できずに読み終われなかったです。

160 :無名草子さん:02/05/03 23:13
いつのまにかマジレスしてる人が多くなってる。

161 :無名草子さん:02/05/04 00:11
 読みやすく、面白い本から読んだ方が良いと思う。
 というわけで、
三谷幸喜「オンリー.ミー」幻冬舎文庫
土屋賢二「われ笑う、ゆえにわれあり」文春文庫
 

162 :無名草子さん:02/05/04 00:11
笑傲江湖

163 :活字?:02/05/04 00:18
◇十字路◇
 どちらも深刻、「無読者」と「不読者」
 33年間の警察官人生を刑事畑一筋に歩み、3月に県警の部長を
最後に退職したO氏と読書談義で盛り上がったことがある。
読書家である氏の愛読書は学生時代から何度も読み返している
ドストエフスキーの『罪と罰』。池波正太郎さんの『鬼平犯科帳』
を「刑事の教科書だよ」といっていたのが印象に残る。

 http://www.sankei.co.jp/edit/kenban/saitama/

ということらしいよ

164 :sankeiって:02/05/04 00:18
産経かい?

165 :無名草子さん:02/05/04 00:19
「銀河英雄伝説」
「ブギーポップ」シリーズ
「飛龍伝」
「マリカのソファー」
「浅間山荘連合赤軍事件 突入せよ!」(タイトルはこんなかんじ)


166 :無名草子さん:02/05/04 00:24
ハイブロー武蔵 「読書力」


167 :無名草子さん:02/05/04 01:30
谷沢永一「人間通」

168 :無名草子さん:02/05/04 01:31
サリンジャーだ。
サリンジャー読め。

169 :無名草子さん:02/05/11 17:33


170 : :02/05/11 18:31
俺も白い犬には挫折した

171 :無名草子さん:02/05/11 22:41
中島らもの「僕に踏まれた町と僕が踏まれた町」。
著者の学生時代の話が中心。
笑いと鬱が同居してる。読みやすいし,おもしろい。


172 :無名草子さん:02/05/11 23:32
松浦里英子「葬儀の日」
夢野久作「ドグマ・マグラ」
澁澤龍彦「高岡親王航海記」
荒俣宏「地球暗黒記」「世界大博物図鑑」
ニコルソン・ベーカー「フェルマータ」
メルシェ「十八世紀パリ生活誌」
野阿梓「バベルの薫り」
小林恭二「ゼウスガーデン衰亡記」
マルグリッド・デュラス「北の愛人」

番外「危ない28号」
世の中には、こういうモノもあることを知っていた方がよいかも・・・

173 :無名草子さん:02/05/12 00:41
ドグママグラってどんな話っすか?
漫画でこの名前がついた惑星がでてきたことある。

174 :見せかけ社会:02/05/12 02:04
>>173
素人にはおすすめできない

太宰だったら「津軽」は是非  
もし暗いイメージを太宰に抱いているのだったら、そんな印象などふっとんじゃうよ

原田宗典もおすすめ  特に「しょうがないひと」「19・20」を

遠藤周作いいよ。読んで

175 :無名草子さん:02/05/12 09:07
age

176 :無名草子さん:02/05/12 10:17
綿矢りさ「インストール」を読んでハァハァしときなさい

177 :カルーソ:02/05/12 11:11
ダンテ「神曲」
ボッカチオ「デカメロン」
チョーサー「カンタベリー物語」


178 :無名草子さん:02/05/12 11:29
>>173
レベルEですか。主人公の名前とかも作家のパロだったよね。

>>177
そのラインナップをみて映画「セブン」を思い出した。

で、漏れは金城一紀「レボリューションNo.3」がオススメな訳だが。

179 :無名草子さん:02/05/12 11:45
ちくま文学の森ってどうよ?

180 :無名草紙:02/05/12 12:54
高校生諸君は、古典や漢文を読むことをお勧めする。理由は;

(1) たくさんの文字・言葉・言い回しを覚えることが出来る(超重要)
(2) わからない時には教師に聞くことが出来る(←大人になるとこれが出来ない!)
(3) そして当然ながら、面白い。

古典は対訳つきの文庫本がたくさんあるし、
漢文はメジャーな作品が朝日文庫で読める。
高校の図書館をあたれば、漢文大系とか日本文学大系のような
本格的な参考書も利用できると思う。

個人的なお勧めは、古典では『徒然草』『奥の細道』『雨月物語』、
漢文では『論語』『史記列伝』『唐詩選』あたりか。


181 :無名草子さん:02/05/25 23:57
北杜夫となんてどーお?
マンボウ物お勧めだよ。

それか、司馬遼、遠藤周作は?

182 :無名草子さん:02/05/26 00:18
竜馬が逝く 坂の上の雲 これは読んどけ

183 :無名草子さん:02/05/30 22:43
宮本輝の本。「彗星物語」とか家族の絆を描いています。


184 :無名草子さん:02/07/02 21:05
夏厨対策にageとくか

185 :無名草子さん:02/07/02 21:28
>>182
おいおい竜馬が死んでるよ。

186 :無名草子さん:02/07/05 14:30
曽野綾子読むといい「太郎物語」か、たくさん出てるエッセイ。
これからの人生が、生きやすくなる。


187 :無名草子さん :02/07/15 21:57
現役工房っす。
最近読んで面白かった本…
城山三郎「落日燃ゆ」「男子の本懐」←高校日本史程度の知識だけで非常に面白く読める。
立花隆with東大立花ゼミ「二十歳の頃」←様々な人間の生き様が描かれていて、非常に面白い。
野島博之「謎解き日本近現代史」←非常に分かりやすく、受験生向き。本当に「謎が解かれた」

188 :無名草子さん:02/07/22 06:56
桜井亜美


189 :無名草子さん:02/07/22 07:54
今読み終わったけど、夏目漱石のこころはマジでイイ
読んでおいたほうがいいと思う



190 :無名草子さん:02/07/22 08:08
浅羽通明は、ものの見方が体系的にわかるのと、
90年代論客のさきがけらしく、漫画、映画を例にあげた議論をしてくれる、
議論の中でいくつもの本を紹介してくれるのでそこから広げやすい、
という点で薦めるぞえ

191 :無名草子さん:02/07/22 09:44
>>21
戦争論は読んだけど、あれ読むんなら戦争論争戦も読まないと
歴史を曲解したまま理解しちまう。 
>>147
深夜特急って良かった?ちょっと話がダラダラしてたなぁ。
ドラマは面白かったけど。
>>187
二十歳の頃はまぁまぁだな。ちょっと年代が上の人が多いから
ちょっと実感しにくい個所もチラホラ。
>>189
こころより三四郎の方があたしゃ好き。
>>190
何とかとしての教養って読んだ?あたしゃ読んでない。読まにゃと
思ってるんだが、なかなか。

192 :無名草子さん:02/07/23 01:58
いま読み終わった「樹上のゆりかご」荻原規子
女の子におすすめ。(ってか、完全に女の子向けかな?)よかった。
まぁ人を選ぶとは思うので、ぱらぱら読んでよさそうだったらどうぞ。

193 :無名草子さん:02/07/28 23:54
黒井千次「春の道標」・・・・・・青春だわぁ〜。

194 :無名草子さん:02/07/29 00:23
私の趣味でいくつかあげると.
>>180が言っているように,漢文も面白いと思う.

手始めに,
「漢文の読み方」 奥平 卓 /著 岩波ジュニア新書
 を読んでおくと,漢文(漢文化)の世界に親しみを持てると思う.
 あとは,>>180が薦めているように,原典にあたった方がいいで
しょう.この本は入門ということで.
# 個人的には,岩波ジュニア新書で他に薦められるものはない.
# あくまで個人的にだけれど

随筆だけれど.
「中谷宇吉郎随筆集」 岩波文庫
 戦前の科学者だった中谷氏の随筆
 別に高度な専門的知識が必要ではなく,面白く読めると思う.

 板違いだと思うけれど,敢えて.
「日本の仏教」 渡辺照宏 /著 岩波新書
 昨今の宗教ブームというか,失礼ながら怪しげなものに引
っかかる前にこの本くらいは読んでおいてもいいと思う.
 私がこの本を読んだのも高校生の時でした.

 岩波の本が並んだので,他の出版社からのものを.
>>183でもあげられていたけれど,宮本 輝さんの本は
いい.個人的には,
「青が散る」 宮本 輝 /著 文春文庫
をお薦め.






195 :無名草子さん:02/07/29 00:43
ダ・ヴィンチと言う雑誌で同じ世代の人が読んでるのを知るのもいいよ。
基本的に入手しやすいものが紹介されてるし。
HPもあるよ。


196 :無名草子さん:02/07/29 20:57
京極夏彦の妖怪シリーズでも買って
その分厚さと、それ故に持って読むと腕がだるくなる、というイライラした
感情を本ごと壁にぶつけて穴をあけて親とケンカして

197 :ken:02/07/30 04:23
個人的な経験で言うと、
サリンジャー 「ライ麦畑でつかまえて」
ロバート.B.パーカー「愛と名誉のために」
ゲーテ「若きウェルテルの悩み」
太宰治「人間失格」
かな?

198 :無名草子さん:02/07/30 04:27
三国志を極めるまで読め。
吉川、北里、その他文献もだ。人物辞典も買え。
演技の人間性と正史の人間性の違いや、
善とは何で悪とは何か、国家の唱える正義はどういうものか、
ひとつの事象を掘下げ、君自身の成長の糧とする喜びに触れてほしい。

199 :無名草子さん:02/07/30 05:02
グリムウッド「リプレイ」(新潮)は?
どっちかいうと、中年向きかなあ。 面白いよ。

200 :sdf:02/07/30 05:04
基本。村上春樹の「沈黙」

201 :無名草子さん:02/07/30 05:14
>>1
『噂の真相』毎号欠かさず読め。

202 :無名草子さん:02/07/30 05:54
『ナイン・ストーリーズ」を読め!十代のうちに読め!!

203 :無名草子さん:02/07/31 03:39
「池袋ウェストゲートパーク」
ドラマより全然イイ!
短編つながりだから読みやすいし。
確か、続刊もでてた。「人間計数器」だっけ?
オススメ

204 :無名草子さん:02/07/31 05:16
岡嶋 二人『クラインの壷』(新潮文庫)
アガサ・クリスティ『春にして君を離れ』(ハヤカワ文庫)
永井均『翔太と猫のインサイトの夏休み』(ナカニシヤ出版)

等はあまり年とらないうちに読んで揺さぶられておくと面白い。
上記を全部笑い飛ばせる奴は豪傑。

205 :無名草子さん:02/07/31 07:46
大藪春彦「餓狼の弾痕」

206 :高校生:02/08/03 20:38
「スタンド・バイ・ミー」みたいな、少年達の友情を描いた名作を読みたいんですが、
ええのを教えてください。
できれば、日本よりも、アメリカが舞台のがいいです

207 :無名草子さん:02/08/10 10:28
とりあえず、サンクチュアリ出版の本、あたってみれば?
若い、活字が苦手な人たちをターゲットにしてるらしいよ。



208 :無名草子さん:02/08/10 15:34
武者小路実篤は高校の頃に読んでおけばよかったと心底思う。
名前のわりに文章は簡潔明瞭。それでいてテーマは結構深い。
題名的にはクサイのが多いが、本屋に行って、
気に入った題の本を読むといい。

209 :無名草子さん:02/08/10 16:28
高校生でしたら、やはり、これから大学に進学するさいに必要な、学部の先生の本を
読んでおくべきです。進学してから困りますよ。学科選びのときに。

210 :現役工房:02/08/10 17:01
村山由佳の『おいしいコーヒーの入れ方』シリーズが良かったです。
読み始めたら止まらない止まらない。

既出ですが、『天使の卵』もオススメです。

211 :無名草子さん:02/08/14 01:20
読書感想文を書かなきゃいけないんですがおもしろくて書きやすい本ないですか?
普段から本はよく読むんですが読書感想文のネタになるような本じゃないんです・・・


212 : :02/08/14 01:22
↑69

213 :211:02/08/14 01:29
>>212
違いますけど

214 :212:02/08/14 01:43
ドラゴン「69」ね

215 :211:02/08/14 01:45
本のタイトルなんですか?失礼しました。
内容はどんな感じですか?

216 :212:02/08/14 01:47
ドラの自伝的小説

217 :無名草子さん:02/08/14 01:55
倉木麻衣の曲を聴け!

218 :ななし:02/08/14 02:54
あきゃんふぃーるふぁいん♪
こんな糞歌聞いてハァハァする位なら、今すぐCreamの「クリームの素晴らしい世界」を買い、
家に帰って風と共にさりぬを一日で全巻読むくらいの気持ちで毎日生きろ!
高校生の時には路傍の石とグリーソマイルとリンドバーグ、○○年宇宙の旅シリーズを読んどけ。真剣に
あと、推理モノもちょっとかじっとくと、あとあとお得。

219 :無名草子さん:02/08/16 18:26
今まで出てきてないのにまずビクーリしたんだが
庄司薫「赤頭巾ちゃん気を付けて」
某遊べる本屋で『日本語版・ライ麦畑で捕まえて』と称されていましたが
あながち間違ってもいないと思う。
とりあえずコレは高校生のうちに読んでホスィ。
私の大好きな本です。

220 :無名草子さん:02/08/16 18:45
中学・高校時代に「坂の上の雲」(司馬遼太郎)を読んでいたら、多分
防衛大学を目指していただろうな、と読了して思った。
正直、少年時代にこの本に出会えなかったことを激しく後悔した。
損はないから読んでみて。

221 :無名草子さん:02/08/16 18:51
>211
高校生向けではない、いわゆる児童書か絵本のジャンルになるけど、
「あらしのよるに」シリーズ6巻・きむらゆういち作
がおすすめ。泣く。こんなに短い絵本なのに感動するよ。

妹(20)が泣いて読んでた。





222 :無名草子さん:02/08/19 17:27
ライラの冒険シリーズ
子供向けだけど以外と奥が深い

223 :無名草子さん:02/09/11 01:36

高橋和巳
「悲の器」
ほか

224 :無名草子さん:02/09/11 01:55
やっぱりサリンジャーかな。
ちなみに俺は「フラニーとゾーイー」で感想文書いたよ

225 :奈奈氏:02/09/11 17:06
どんな名作でも、趣味に合う、合わないはある。
1ページ目を読んで、なんじゃこりゃ、と思った本を読むのは危険だし、10ページ読んで面白くないと思ったら、即刻読むのはやめるべし。
時いたれば、面白くなるかもしれない。ならないかもしれない。
読みたい本を読むこと。でないと、読書嫌いになる。
…別に嫌いでもいいような気がする時もあるけど。

226 :無名草子さん:02/09/13 21:46
あー。糸井重里の家族解散とか。古本屋に置いてるし。
中島らもとかもおすすめしてみる。

227 :無名草子さん:02/09/13 21:58
乙一

228 :無名草子さん:02/09/13 23:11
桜井亜美はいい。

229 :無名草子さん:02/09/14 00:33
アメリカンサイコ
社会に出る前に読んどくのも一興。
大した山場も無く主人公の狂った日常が淡々と描かれている
だけなので、飽きっぽい人は1日数ページづつ追体験しながら
読み進んでくのも良し。

230 :無名草子さん:02/09/24 14:31
もう終わり?

231 :無名草子さん:02/09/24 15:14
カミュ 「異邦人」
山本直樹「ありがとう」

ぐらいかな

232 :無名草子さん:02/09/24 15:19
>>231

あと
カフカ「変身」もね!



233 : :02/09/24 15:20
男は默って福田恆存全集


234 :無名草子さん:02/09/24 15:22
本は自分で探すものだ

235 :無名草子さん:02/09/24 15:24
やはりドラゴソの最笑傑作「69」だろ

236 :無名草子さん:02/09/24 16:57
>>233 (・∀・)イイ!!

237 :無名草子さん:02/09/24 17:17
ここまで来て、1の人が読んでるかわかんないけど、
もし読んでるなら。

今、生きてる人の本は後になっても読むチャンスはあるから、
死んだ人、古典を読んだほうがいいよ。そうなると、
歴史の知識も必要になるから、学校の勉強もしたほうがいいよ。
文庫や全集になってる昔の本を読むと、今の時代との違いも見えてくるし、
古典にも(自分にとって)しょうもないものもあるとわかる。
で、それが後年になってしょうもなかったのは自分だとわかったりするし。
読んでないと、そういう展開もないからね。
で、現役作家は少々遅れてもあまり失うものはないからご安心。

238 :無名草子さん:02/09/24 20:10
「データハウス1号」「危ない1号」「危ない28号」
「悪の手口」「悪い薬」

熟読して鬼畜になれ!

239 :無名草子さん:02/09/24 21:05
教養を積むというなら、聖書でしょう。
創世記と、出エジプト記、あと福音書の一つ二つ読んでおくと将来欧米の古典を読むときに便利。
解説書としては芥川の「西方の人」がお勧め。

240 :無名草子さん:02/09/25 00:48
ついでに仏典とクラーン(コーラン)も読んだらいいよ。

241 :無名草子さん:02/09/25 10:08
国枝史郎 『神州纐纈城』

242 :無名草子さん:02/09/25 13:40
http://www.kawade.co.jp/bungei/bu38.htm
この駄作でも読んどけ。

243 :無名草子さん:02/09/25 14:50
>239-240
あやしい事件などの影響で、宗教は嫌いなんですが

244 :無名草子さん:02/09/25 17:08
>>243
宗教ではなく文学として。
宗教ではなく倫理として。
宗教ではなく思想として。
宗教ではなく哲学として。


245 :無名草子さん:02/09/25 17:11
身を滅ぼしたいのならマルクスをどうぞ。

246 :無名草子さん:02/09/25 22:05
「源氏物語」=中学の時に読んで以来、現在もハマってます。
「燃えよ剣」=私的には、男の美学を学んだ感じ。
「三国志」=この本を読んだときには、本当にもっとはやく学生時代に
であっていればっ!!と後悔先に立たずでした。もし、学生時代に出会っていたら
大学は絶対、中国文学か東洋史のほうへ進んでいましたが、悪あがきの中国語を
勉強するきっかけになりました。

247 :無名草子さん:02/09/30 21:33
夢野久作でも読んどけ。「ドグラマグラ」なんかイイぞ。

248 :無名草子さん:02/10/02 00:15
ドグラマグライイ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!

249 :無名草子さん:02/10/02 01:08
きぃちぃがいじごくぅ〜

250 :無名草子さん:02/10/02 01:09
ライ麦

251 :無名草子さん:02/10/02 01:09
既出かもしれんが、山本七平「空気の研究」
は高校位で読むんだろう。たぶん。

252 :無名草子さん:02/10/02 01:42
戸梶圭太「未確認家族」

253 :無名草子さん:02/10/03 16:48
ネクストソサエティ

254 :無名草子さん:02/10/03 20:16
池波正太郎「剣客商売」

255 :無名草子さん:02/10/04 00:01
町田康「きれぎれ」「夫婦茶碗」
ホントは詩集の方がいいとは思うんだけど、俺にはあれ難しすぎる。
でも高校生のやわらか脳だったらいけるかもと思って。
期待sage


256 :無名草子さん:02/10/05 08:11
「戦争と平和」

 ちゃんと登場人物メモしてノートにまとめておかないとわけわかんなくなるよ。

257 :無名草子さん:02/10/05 10:27
罪と罰:ドストエフスキー。

258 :無名草子さん:02/10/05 11:40
バシャール

259 :無名草子さん:02/10/05 11:56
「人間失格」

260 :無名草子さん:02/10/05 20:25
「風とともに去りぬ」
 続編だという「スカーレット」は駄作。


261 :無名草子さん:02/10/09 12:07
既出だが
「竜馬がゆく」 司馬遼太郎
それと
「零戦」 堀越二朗・奥宮正武

そのまま設計の道に進んだ自分。

262 :無名草子さん:02/10/09 12:15
変に文学ばっかり読んでると、空理空論を振りかざして
偏狭な世界観で物事を断罪するような痛い大人になります。

まず最初に、
ソルジェニーツィン   収容所群島
アナトール フランス  神々は渇く
シュテファン ツバイク ジョセフ フーシェ

を読んで、空論が社会を支配することの恐ろしさを理解しよう。

263 :無名草子さん:02/10/09 12:27
青少年向きに書かれているが作者がキチガイなので
青少年に悪影響を与えてしまうジュブナイル小説

田中芳樹 銀河英雄伝説 創竜伝
(偏狭な左翼思想、独善的なドクマを繰り返すだけの痛い主人公)

山田詠美 ぼくは勉強が出来ない
(バカがバカを認められずにセックスに逃げ込んで自己肯定することを礼賛
自分のバカを認められずにニガーとのセックスに逃げ込んだ作者の自己投影
山田とおなじ道を歩んだら作家以外の逃げ道はない。)

桜井亜美 イノセントワールド
(四十を超えた痛いおばさんが、女子高生になりきって
「あたしは・・・なんたらかんたら」という痛い文体で
援助交際だの近親相姦だのを語る・・・ひたすらイタイ。ある意味爆笑もの)


 

264 :おえrkふぉ:02/10/13 01:02
永遠のリーマンか無能経営者になりたいなら司馬遼太郎、

と、佐高信風に言ってみるスレ



265 :無名草子さん:02/10/13 20:17
>>264

佐高を読んでる奴こそが、無能リーマンの典型。

266 : :02/10/14 18:24
そえGがいいでしょう。

副島隆彦『属国日本論』『属国日本論を超えて』(五月書房)

副島隆彦の学問道場 http://soejima.to/

267 :無名草子さん:02/10/16 23:33
はげしく外出かもしれませんが、書店でタダでくれる
文庫目録、あれ自分の高校時代は重宝しました。
面白そうなあらすじだなと思ったら、図書館で借りたり。
期待以上も、期待通りも、スカもあったけど、自分の好みとか、
好みの本がどのあたりにあるか見当がつくようになったよ。

268 :無名草子さん:02/10/17 00:56
睦月影郎の「Gのカンバス」(原題『レッツゴー!童貞時代』)
青春時代の悶々とした気持ちがうまく描かれていて、自己に投影できると思う。



269 :無名草子さん:02/10/17 01:00
グインサーガ

270 :無名草子さん:02/10/18 13:23
新聞よめ

271 :無名草子さん:02/10/26 21:56
自分工房なんだけど
最近友達に借りた「塩狩峠」がよかったです。
ちょっと、いいかもしれません。

272 :無名草子さん:02/10/26 22:33
どんなに馬鹿でも高橋歩は理解できるはず。って小説じゃねーな。
中学のとき現国の先生が『蠅』横光利一
を教科書にも無いのにわざわざ授業でやってた
すげー面白かった。

273 :無名草子さん:02/10/26 22:48
厨房あたりなら星新一→筒井康隆が黄金ラインて時代があったんだけど。
高校から読んでも別に悪いというわけではない。

若いうちから政治・社会問題関係にかぶれるのはどうかと思うけどね。
そんな話は年食ってからいくらでも出来るんだから

274 :無名草子さん:02/10/27 21:58
>271さま。「塩狩峠」を攻防の時に読まれたのは、いいですね。
自分三十路前半女で、今年のはじめくらいに読んで、
感動しました。
高校生のときは、渋沢龍彦とか耽美系と少女マンガずぶずぶで
きちんとした現代作品って読んでなかったので、これは「光芒の時に
読んでたらよかったな」と後悔したくらい。
三浦綾子さんは力量派でスカがないようだし、
イデオロギーうんたら以前に人間とドラマがきちんと描けているしね。

275 :無名草子さん:02/11/02 04:24
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1036136180/l50
にたようなスレ


276 :無名草子さん:02/11/02 21:23
「アルケミスト」良いよ 
パウロ・コレーリョっていうブラジル人の書いた話。
ちょっと哲学っぽいかな。

リア工の私は学校でこれを読んで泣いて恥ずかしい思いをしました(ニガワラ

277 :無名草子さん:02/11/02 21:52
電話帳と地図。
地図帳は昭文社。

278 :無名草子さん:02/11/02 21:52
http://www.i-chubu.ne.jp/~tomomi-h/marion/navi/navi.cgi?links=20107

279 :無名草子さん:02/11/02 22:08
っていうかもうそろそろ冬だよな
長い春休み?

280 :無名草子さん:02/11/04 17:48
ツヴァイクのフーシェは具体的描写が少なくてペケ。

281 :無名草子さん:02/11/04 19:09
山田詠美 「放課後の音符(キーノート)」

282 :無名草子さん:02/11/04 19:12
♪♯
言うこと聞きます。

283 :エビ:02/11/04 19:15
ダニエル・キイス シリーズがオススメ。
・24人のビリー・ミリガン
・5番目のサリー
・アルジャーノンに花束を
・心の鏡

どれも心理学をテーマにした本で、とっても面白いですよ

284 :無名草子さん:02/11/04 19:32
ただし、ビリー・ミリガンを読んだあとに中公新書「精神鑑定の事件史」も
併読のこと。

285 :無名草子さん:02/11/04 20:06
もし自分が高校生に戻れるなら、知識よりも感性で読める小説を読みたい。
宮本輝「青が散る」「蛍川」
ゲーテ「若きウェルテルの悩み」
司馬遼太郎「燃えよ剣」「竜馬がゆく」
吉本ばなな「キッチン」
遠藤周作「私が・棄てた・女」

286 :無名草子さん:02/11/04 23:17
江國香織 「デューク」
(新潮文庫「つめたいよるに」に収録されてます)

287 :無名草子さん:02/11/05 12:20
井上靖の一連の自伝的小説。
昔の18歳がどんなに大人だったかがよくわかる。

288 :無名草子さん:02/11/10 13:40
吉田武『虚数の情緒』東海大学出版会
おなじく吉田武『オイラーの贈り物』ちくま学芸文庫
じっくり時間をかけて味読すると、数学の「わかり方」がわかる

289 :無名草子さん:02/11/11 16:19
本読みたいけど

新品買うのは金が無くて大変だし
古本は欲しいの売ってないし
図書館はいつも貸出中だし

290 :無名草子さん:02/11/14 16:41
読みやすいのでミステリーばかり読んでたら
「死」というものが近く感じられて気味が悪くなってしまいました。
今度は歴史ものにしようと思いますが、司馬遼太郎とか読みやすいでしょうか

291 :無名草子さん:02/11/14 17:36
昨日中学生が「坊ちゃん」を電車の中で夢中になって読んでる姿を目撃
なんかうらやましかったぞ

読めよ、青年!
読書だ、青年!


292 :無名草子さん:02/11/14 18:42
堺屋太一氏は近未来予測小説「平成三十年」にて、16年後の日本に、信長のような
革命家が現れ、21世紀版の楽市楽座(大規制緩和)に着手するという"予言"を発表
しています。 氏の予測どおりだとすると、主人公の「織田信介」に相当する人物は
すでにIT業界で起業し、成長軌道に乗せているものと思われます。

この書は、もし信長が現代に生まれてきたらどうなるか?というシミュレーション
でもあり、信長ならばこうやって官僚機構に切り込んでいくのか、と感心させられ
ました。ただし、中長期の経済見通しはあまりにも暗いので読後は虚無感も覚えました。

それでも、やはり信長ファンならば読んでみて損はないと言える一冊だと思います。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/
 

293 :無名草子さん:02/11/16 19:19
とりあえず、面白い映画を見なさい
そして、面白いと思った映画に関連する本を読みなさい

294 :1:02/11/26 20:09
このスレの1です。(信じなくてもいいけど)
とても参考にさせてもらってます。
読んだ本の中ではドストエフスキーの「罪と罰」がおもしろかったです。

>>279
ここまで続くとはおもってなかったので・・・




295 :無名草子さん:02/11/27 01:20
そうだね。文庫でショーペンハウアーもいいね

296 :無名草子さん:02/11/27 01:42
一つ本を読んだら、違う立場から描かれてるものを読んでみると面白いんじゃないかな?
あんまりいい例浮かばないけど、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読んだら「燃えよ剣」
を読むみたいな。この板のひとだったらそういうのいっぱい知ってそうだしね。
ていうか俺が教えてほしい・・・

297 :無名草子さん:02/11/27 02:17
世界大戦を両陣営から読むといいよ

298 :無名草子さん:02/11/27 22:46
>>297
おすすめの本とかありますか?

299 :無名草子さん:02/11/27 22:50
例えばミッドウエーにテーマを置いて検索をかけるとか?
一つの図書の参考文献からどんどん派生するとか?

300 :無名草子さん:02/12/10 12:48
冬休みなんでほんよみたいんですが
なんかいいのありますか
村上ドラゴンはひととおりよんだけど
漏れはけっこうおもしろかったと感じたんだけど
いろんな系統で教えてください


301 :無名草子さん:02/12/10 14:48
マンガなんだけど「坊ちゃんの時代」谷口ジローを読むと、あの時代の文学が身近に感じられて、良いです。

302 :無名草子さん:02/12/10 20:56
マジ話で
ロバート・ハリスの「エグザイルス」がいいんでは?
高校生の頃位に読むと、いろんな意味で価値観に影響を与えてくれると思う。

内容紹介として、
著者自身の自伝で、80年代の頃の世界各国の放浪記。
放浪先でいろんな人との出会いなどなど

303 :無名草子さん:02/12/10 20:57
70年代だったかもしれん。
くだらん、ごめん

304 :無名草子さん:02/12/16 00:01
ピアニシモくらいは読め!!

305 :C'est la vie. ◆1sx3TITwTo :02/12/16 00:19
放浪紀なら藤原新也なんかも良いですよ。

306 :無名草子さん:02/12/17 22:10
リチャード・パック
「イリュージョン」
べたなんかなこれ…、かもめよりぜんぜん好きなんだけど

というかこれだけの無数の助言に1は応えることができるのだろうか

307 :無名草子さん:02/12/18 21:04
私も高校生なんですけど、
「こころの処方箋」はかなりおもしろかったです。
これを読んでると、現実についてしみじみ考えさせられました。


308 :こえび:02/12/18 22:49
貴志「青の炎」
ともかく映画公開前に読め(w 絶対おすすめだ。若いうちに。
漏れはあの「坂」と「鐘」のあるところに行ってみたくなった。内容と関係ないけど。

309 :無名草子さん:02/12/19 23:40
小野不由美さんの『十二国記』シリーズがお勧め。
講談社から出てます。挿し絵あるのと無いのと両方。
主上(=小野さん)の本は読みやすいのでオススメします。
新潮文庫からもいろいろ出てるし読んでみて下さい。

あとは、女の子向けの本はいっぱい知ってるけど。。。とりあえず主上の本だけ紹介しときます。

好きな作家さんが選ぶ影響を受けた本(あとがきに書いてあったり)を読みあさるとかすれば、いい本に出逢えるかもしれませんね。

310 :無名草子さん:02/12/20 16:49
http://bibi.s15.xrea.com/hon.html
よかったら遊びにきてくださいね。

311 :無名草子さん:03/01/07 16:10
「最近本を読み出した」高校生には難しい本が多いですねえ。

私、似たような経験があるんですけど、とりあえず原作のある映画を見に行ったら、その原作を読んでみては(ノべライズはダメよ)。

また、興味のある音楽家や歴史上の人物がいれば、それについて書かれた本などよろしいかと。

入り口で食わず嫌いになっちゃあ、もったいないです。興味の入口の先には広大な活字世界が待ってますよ。

312 :無名草子さん:03/01/07 21:36
少女漫画、それもいわゆる24年組と90年代前半までの白癬系、と現在のネムキ系が大好きの私におすすめの本ないですか?
消防の頃児童書、特に洋物(ダール、ケストナー、リンドグレーン、ナルニアシリーズ等)はよく読んでたんだけど、
中学入った頃から少女漫画に傾倒して以来全くといっていい程本を読んでません
国語の成績は結構いいから読解力はまあまあなんじゃないかと思っています。
少女漫画で好きなのは竹宮惠子、山岸凉子、木原敏江、名香智子、佐藤史生、川原由美子、三原順、成田美名子、山口美由紀、桑田乃梨子、坂田靖子などです
とりあえずゲド戦記の続きが出たら読む予定なのでそれ以外でお願いします。

313 :高校生男子:03/01/09 01:23
最近本を読み出した友人は「カラフル」に感動したと言っていました、同感。

314 :無名草子さん:03/01/09 01:30
エンデュアランス号漂流
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4102222219/ref%3Dpd%5Fsim%5Fdp%5F4/250-3235550-7964228

「求む男子、至難の旅。
 僅かな報酬、極寒、暗黒の長い日々。絶えざる危険、生還の保証なし。
 成功の暁には名誉と賞賛を得る。」

至難どころか99.999999%は死ぬしか無いような遭難を南極でしてしまい
27人の隊員を率いて17ヶ月間氷の海を漂流し、それでも全員生還してしまう話。
実話。

激しく感動。

315 :まきろん:03/01/09 01:51
そうだねぇ。原田宗理の『十九、二十』(二十歳だっけ?)なんかよくってよ。
親からの自立なんかを考えられるかもしんない。

316 :無名草子さん:03/01/09 02:05
>>291
一昨年、漏れは富士見文庫「大菩薩峠」を歩きながら読む女子高生を豊島区要町でハケーン。
すれちがいざま、横尾忠則デザインのあのカバーにはっとして、その女子高生を
振り返った。顔は(略)の星の左門(略)ったが。

317 :♪ころにゃん♪ ◆5Kj9EAvOZQ :03/01/09 18:10
>>1

明日から「高校教師」やるよ!!
高校生なら、タイムリーに抜けるね!!

318 :山崎渉:03/01/12 18:30
(^^)

319 :無名草子さん:03/01/19 03:48
官能小説!

320 :無名草子さん:03/01/19 04:17
アンネの日記 完全版
はどうかな?
既出かな?
十代後半のほうで読み返しておくと、いいかも。

321 :二十歳:03/01/19 04:33
>>1
「悪童日記」「ふたりの証拠」「第三の嘘」を強くお薦めしたい。

いずれも、アゴタ・クリストフ(KRISTOF,Agota)作。私は、これらを読んで
世界観が変わりました。これらを読んで以来、他の小説を読む気がしなくなり
ました。古典的名作とされている小説が陳腐に思えてきて(現代文学は
もとから論外)。

趣味がすっかり変わって哲学書とかノンフィクションを読むようになった。
「罪と罰」なら、まだ読めそうだ。

322 :無名草子さん:03/01/19 04:43
自分の好きな作家を早く見つけて、その作家の推薦する
作家とかの本を読んでどんどん広げていくのがいいよ。
他人がどんなに推薦しても、自分が好きになる作家ってのは
ほとんどいないから。

323 :無名草子さん:03/01/19 04:57
>>322
あー、それ分かるなあ。
高校のとき村上春樹読んで、
フィッツジェラルド、カーヴァー、ヴォネガットと読んでいったなあ。
ほんで夏目漱石読んで。


324 :無名草子さん:03/01/19 13:26
長野まゆみと森絵都あたりが好きな私に良い本はありませんか?

325 :無名草子さん:03/01/19 17:45
>>305
藤原信也いいよね。人は犬に食われるほど自由なんだよ。ミスチルの
花−メメントモリーって、ここからとられてるんですよ.

326 :.:03/01/21 00:33


327 :無名草子さん:03/01/21 00:59
面白くなくてもいいから古典。東西問わず。
いつか燃料になる日がくるかもしんない。
あと、年取ってからじゃあ考え方が変わっちまうので、
若い頃に一度読んでおくと、年をとってから読み返す時に
自分の変化を実感することができる。
更に、自らの若い頃をありありと思い出せる。
本がタイムカプセルになってくれる…
ってこれは別に古典に限らずあらゆる本に言えることか。

328 :山崎渉:03/01/23 04:10
(^^)

329 :無名草子さん:03/01/23 21:00
高校生ならデラベッピン

330 :無名草子さん:03/01/29 06:03
>>115
東京から名古屋へいく高速でラジオの「悪童日記」を聞いた。
あんまりトンネル多いんで、むかつくから横に止めて聞いたよ。
助手席の奴は「なんで止めんだよ〜!」と騒いでいたが。

331 :無名草子さん:03/01/29 06:11
>高校のとき村上春樹読んで、
>フィッツジェラルド、カーヴァー、ヴォネガットと読んでいったなあ。
フッツジェラルド・・つまんねえよ。
カーヴァー面白いか? 「夜になるとイクラちゃんは」とか
「僕が電話ボックスでコイてる場所」とか駄作ばっかだよ。でもヴァイタミンとか
は良かったな。
ヴォネガットは村上春樹自身、薦めていたか?

332 :無名草子さん:03/01/30 03:05
良スレ発見。
まだ見てるかワカンナイけど>>1、わたし去年まで高校生だったのね。
んで岩波文庫って有るじゃん、背表紙がキレ〜に揃ってて難しそうな
古典とか大量に出版してるやつ。ちょっと頭よさそうじゃん?
かっこいいじゃんとか思って買って、買ったことをその年最大の幸運と感じたよ。
    ショウペンハウエル「読書について」
すごいペラくて500円でお釣りくるくらいの勢いなんだけど、
中身はもう、スンマセン…脱帽っす…って感じ。一言で言うと、
「書物を読む=他人の思考をトレースする行為だ。読みすぎると自分で考えることが億劫になる」
「良い本読みたいなら悪い本読むな!人生は悪書にも目を通せるほど長くない」
みたいな、哲学なんだけどね。それ以来読書マンセーだけど内容に気をつけるようになった。
良書を読むために悪書を読まない。(本だけじゃないよねコレは)
これに気付けたらだいぶ読書内容変わるかもね。
(あ、でも娯楽小説がダメとか言わないよー。そういうのもたまにはヨイ)

あと>>321の3冊なら「悪童日記」だけでも十分。
評論家もほとんどが「1作目は秀作だが2,3作目はいらない」って
言ってるしハゲドー。あとあと、高校生なら模試・入試で頻出の
鷲田清一氏なんかもオモシロイよー。アマゾンでチェキってー。

333 :無名草子さん:03/01/30 03:21
龍が好きなら中上健次読んでみれ。

334 : :03/02/09 18:44
高校生なら花村萬月の作品を読んでみてもらいたいね。
「鬱」、「二進法の犬」とか「皆月」なんかも面白いよ。

趣味が分かれるとは思うけど、船戸与一かな。
「猛き箱舟」「山猫の夏」なんか楽しく読めると思うけど。

335 :無名草子さん:03/02/20 18:53
国語(最近はなんて教科名になってんだ)の教科書の後ろについている
文学史に紹介されている作品をチェックしながら、全部読もうとした。
3分の1くらいしか達成できなかった。
ほかのエンターテイメントや新書やらをあわせて3年間で300冊を
読了したと思う。多読、濫読できる時期(人生にとって唯一になりかねない)
だから、たくさん読んでくださいな。がんがれよ。

336 :無名草子さん:03/02/25 23:52
アガサ・クリスティの
「そして誰もいなくなった」
いいと思う。

337 :無名草子さん:03/02/26 01:18
男は黙って宮城島昌光読め。

「宮城島昌光ってどうっすか?」
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1022516398/l50

338 :無名草子さん:03/03/10 12:49
>335
速読できるんですか?

339 :山崎渉:03/03/13 16:22
(^^)

340 :無名草子さん:03/03/20 23:09
>>337
宮城谷昌光だろ(´,_ゝ`)プッ


341 :無名草子さん:03/04/02 18:39
高校生なら、「考えさせられる」本よりも、「視野が広がる」本の方が良いかもね
感受性豊かな子、洞察力の深い子は、マンガからでも多くを読み取るし
すると哲学系、純文学系よりは、歴史物、紀行物等の方が良いかも

342 :無名草子さん:03/04/06 07:03
とりあえずヘルマンヘッセの車輪の下でも読んでよ
若きウェルテルの悩みもいいかも

343 :無名草子さん:03/04/06 08:19
おっちゃんとしては十代のうちにアンネの日記を読んでほしいべ

344 :無名草子さん:03/04/06 08:58
1)深夜特急
2)百鬼園先生の旅行随筆
3)どくとるman某の諸作品

これらの作品読んで感化されてしまい、旅にでた。
親兄弟に一言もいわずに出たので家出あつかい。

怒られた。
殴られた。
歯が折れた。

345 :無名草子さん:03/04/06 11:35
とりあえず新潮文庫の百冊。

346 :無名草子さん:03/04/10 01:02
何のかんの考えているよりも、
取り敢えず、最初の一冊に手を伸ばすべし。

347 :無名草子さん:03/04/10 01:06
太宰だ

348 :無名草子さん:03/04/10 01:23
漱石と芥川かな。

349 :無名草子さん:03/04/10 14:35
『星を継ぐもの』

350 :山崎渉:03/04/17 11:59
(^^)

351 :無名草子さん:03/04/18 20:27
『Itと呼ばれた子』
幼児虐待のお話。本が嫌いな同級生も
一気に読んでしまったらしいです。


352 :無名草子さん:03/04/18 22:27
永井路子や杉本苑子。
ちょうど高校の古文の授業で習った所(大伴家持?とかの短歌)の
話だったので、読みやすかった。

353 :山崎渉:03/04/20 05:47
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

354 :無名草子さん:03/04/22 21:40
坂口安吾「堕落論」「続堕落論」を勧めます。

355 :無名草子さん:03/04/26 22:47
アンドレ・ジイド 狭き門
太宰治 斜陽
坂口安吾 白痴
夏目漱石 こころ 三四郎 草枕
ヘルマン・ヘッセ 車輪の下 シッダールタ 荒野のおおかみ

軽く読みたいときは
椎名誠 幸田文 ねじめ正一 なんかがいいかも

ブラックが好きなら
絵本だがエドワード・ゴーリー(少々大人向け

個人的には京極がいいと思うのだが初心者にはすすめておかない。


356 :無名草子さん:03/04/29 02:24
最近、初恋でのぼせている中学3年生男子が、
現実の厳しさを思い知るのにいい本はありませんか?
できれば文庫で。

それとも、「相手はきっと俺のことを好きになるはずだ」と
勝手に思わせておけばいいですか。

357 :無名草子さん:03/04/29 02:33
らも

358 :356:03/04/29 02:37
意気地なしの臆病者のくせに、
「スポーツができると女にモテる」
みたいなことをほざいて、自分だけはかっこいいつもりの高校1年男子に
「お前じゃ無理だよ」
と教えるためのいい本はありませんか?

それとも、「いつか女の子から黄色い声援をあびてやるぅ〜」
みたいに勝手に思わせとけばいいですか。

359 :山形県民:03/04/29 09:09
岩波新書;斎籐孝著「読書力」がおすすめ。中学生の俺でも楽しく読めた。

360 :無名草子さん:03/04/29 12:57
漏れは現在高校3年生だけんど、
読書にハマるきっかけになったのは
筒井康隆の「ロートレック荘事件」だよ。
それからその人の七瀬シリーズ読んでのめり込んで
貴志祐介の「青の炎」で抜け出せなくなりました・・・。
って読書始めたのつい最近なんだけどね。

361 :無名草子さん:03/04/29 15:33
私もいま高1だけど、いままで読んだ本は
  「Itと呼ばれた子」、夏目漱石のこころ、
  ダレンシャン、「青の炎」などなど・・です。
ダレンシャンはかなりおすすめですが、やっぱ「青の炎」は
衝撃でした・・。でも、全部おすすめ☆★!!!

362 :無名草子さん:03/04/29 17:28
ゲド戦記とかはどう?

363 :無名草子さん:03/04/30 20:26
伊藤たかみ ミカ!
        ミカ×ミカ
        アンダーマイサム

藤沢周   オレンジアンドタール
        奇跡のようなこと 

高校生ならめさくさおすすめ

364 :無名草子さん:03/05/05 21:43
筒井康隆から読書デビューする高校生はいまもいるのか。嬉しいね

365 :無名草子さん:03/05/05 22:30
よし!ここに書いてある本全部読むぞ!
しばらく本から離れてたけど明日から図書館通います。

366 :無名草子さん:03/05/05 23:03
ナボコフ「ロリータ」嫁。
笑えて抜ける小説。想像してたのより5倍くらい面白かった。

367 :無名草子さん:03/05/06 00:02
橋本治の「貧乏は正しい!」シリーズはいいよ

368 :無名草子さん:03/05/06 00:26
   ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ( ´∀`)< 小中学生最高
  (    )  \_____
  | | |
  (__)_)


369 :あっぷりけ:03/05/08 21:03
赤川次郎の小説はとても読みやすいYO!!

370 :ぽっと:03/05/08 21:06
明日コンビニで買う小説が楽しみだYO!!

371 :無名草子さん:03/05/08 23:41
コンビニで売ってる小説て官能小説くらいしかないでしょ

372 :無名草子さん:03/05/18 06:49
内田樹著「寝ながら学ぶ構造主義」
下らん本に夢中になって時間を浪費するよりも、
深遠な思想をカンタンに書いた本を読んだ方が後々のためになります。高校生ならば
受験勉強を兼ねて石原千秋著「教養としての大学受験国語」を読むのもおすすめです。


373 :無名草子さん:03/05/18 10:34
一ヶ月100万円も夢じゃない!
1クリック10円が貰えるリンクスタッフ☆無料登録で1000円貰えます。
更にリンクスタッフに登録してくれた人から25%貰える仕組みです。
仮に1日200件アクセスがあったとします I×200×30日=6万円です
リンクスタッフ三人で 100件 200件 300件 クリック数が毎日合ったとします。
100件の場合7500円 200件の場合15000円 300件の場合は22500円です。
そうすれば毎月10万円は確実に入ってきます。HPや掲示板で宣伝して
行けば100万円なんかすぐでしょう。詳しくはスタッフ詳細を見てください。
無料簡単登録なので気軽にどうぞ。(フリーアドレスでの登録可)
http://accessplus.jp/staff/in.cgi?id=11379

374 :山崎渉:03/05/22 01:52
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

375 :山崎渉:03/05/28 17:02
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

376 :無名草子さん:03/05/31 03:07
age

377 :無名草子さん:03/05/31 03:20
あまり有名じゃないけど充実してて好きだ
http://www.geocities.jp/torotoro73/


378 :無名草子さん:03/05/31 03:37
キリキリジン

379 :_:03/05/31 03:43
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku01.html

380 :ケイ:03/06/01 18:47
太宰!太宰!太宰!高校生には太宰がオススメ!太宰を読めばあなたも受験勉強なんて投げ出して玉川上水に身を投げたくなりますよ!

381 :無名草子さん:03/06/02 00:57
このあいだ女子生徒に勧められて読んだのが「DeepLove」
おっさんの漏れには大して良いとは思えなかったが
彼女たちには泣けるらしい
2ちゃんねるで少しは叩かれてるかと思って探したけどスレも何も無いね
帯に10万部ってあったのは煽りだったのかな

382 :無名草子さん :03/06/02 03:03
みうらじゅん、伊集院光 『DT』

童貞を大切にしてほしいから

383 :無名草子さん:03/06/02 03:08
舞城王太郎の「阿修羅ガール」

 率直な感想をきいてみたい

384 :無名草子さん:03/06/02 03:19
んっとねぇー笙野頼子

385 :直リン:03/06/02 03:25
http://homepage.mac.com/yuuka20/

386 :無名草子さん:03/06/02 23:04
ヘミングウェイ。「武器よさらば」、「日はまた昇る」
とりあえず読んどくべきかと。

387 :無名草子さん:03/06/03 00:07
真保裕一「ボーダーライン」
俺が高校の時ホワイトアウトに続いて読んだら
しばらくこの人のばっかり読んだよ
ちなみにいま20

388 :無名草子さん:03/06/03 00:15
福沢諭吉「福翁自伝」
明治の文章って小気味いいね。けっこう笑えた。

389 :無名草子さん:03/06/03 01:56
>>386
「日はまた昇る」は大人になってから読んだ方が面白い気がしまつ。

390 :無名草子さん:03/06/03 02:06
最近になって活字に親しみ始めて、このスレを参考にしている方へ。

【有名】あっさり読める名著【でも短編】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1050165983/l50

↑このスレも参考になりますよ。

391 :デスマスク:03/06/03 11:12
スティーブンキング「IT」。
これはすごくいい。

392 :無名草子さん:03/06/06 21:05
海       岸       列       車

393 :無名草子さん:03/06/06 21:52
遠藤周作なんかどうよ。

394 :無名草子さん:03/06/06 21:56
今おれ遠藤周作の「留学生」(新潮文庫)読んでますが
う〜ん何とも言えんなあ。

395 :無名草子さん:03/06/06 22:02
やっぱりカミュの『異邦人』は外せないかと。
長さ的にも手軽なので、文学に親しむ第一歩になるのでは。

396 :無名草子さん:03/06/06 22:28
久保田早紀「異邦人」は名作だと思う。


397 :無名草子さん:03/06/06 22:45
>>396
( ゚д゚)、ペッ

398 :無名草子さん:03/06/06 22:46
ブブカ

399 :無名草子さん:03/06/06 22:51
自分が中1くらいの頃は文庫目録を見て
面白そうな題名の物を片っ端から読んだな。
お陰で平気で知らずに「O嬢の物語」とか買っちゃったよ。
まぁ、面白かったけどw。
レコードCDのジャケ買いみたいなもんかな。

400 :無名草子さん:03/06/06 22:54
400

401 :無名草子さん:03/06/06 22:58
俺も高校生だけど寺山修司いいよ。

402 :無名草子さん:03/06/06 23:09
読みやすさで言うとO.ヘンリー短編集とかどう?
あと星新一とかさ。

403 :無名草子さん:03/06/06 23:21
>>399
若い人に本屋の棚の片っ端から読むのを勧める人がいるけど
高校生が勝目梓なんか読んでしまったらやっぱしマズイと思うね。マズイよ。


404 :無名草子さん:03/06/07 01:12
確かに読む本を選ぶのも大事だけど、
それでも若い人には貪るように色々な本を読んでほしいなぁ。

405 :無名草子さん:03/06/07 01:53
>>404
だよね。

406 :無名草子さん:03/06/07 17:48
ショートショートの広場。
何より読みやすくて笑える。

407 :_:03/06/07 17:51
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz09.html

408 :無名草子さん:03/06/07 18:00
聖書 
日下公人の本(特に日本関連)
渡部昇一の本(特に日本関連)
あと、仏教やキリスト教の大まかな説明がされている本


409 :無名草子さん:03/06/07 18:05
渡辺昇一?
高校生に?それは疑問でつ

410 :408@ウヨ:03/06/07 18:36
>409
なんで?サヨ教育受けているんだから、
ウヨの本も読まないとバランス取れないでしょう。
まっ、たしかに内容が難しすぎかもね。

でも、聖書や日下の本(日本関連)や仏教やキリスト教の大まかな説明の
本は、読んどけ。

411 :無名草子さん:03/06/09 10:50
>395
読んでみたけどよく分かんなかった・・・
自分には文学を理解できる頭がないのか・・・(;´Д`)

412 :無名草子さん:03/06/09 17:49
『異邦人』て本を読む人でも難しくないか?

413 :無名草子さん:03/06/09 18:02
マスコミの盗聴、盗撮は許されるのか?http://natto.2ch.net/mass/kako/974/974478132.html

489 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 2001/04/11(水) 17:25
一般人なのに盗聴される、じゃなくて、「一般人だから盗聴される」んじゃないのかな?
基本的にネタ集めのためにやってんなら、有名人のネタを盗むと、有名人は告発できるし、
そんなことされても当たり前だと思われるので告発しても信じてもらえる。
そうでない人は、ここの途中の書き込みにもあったように「電波」扱いされるだけ。

ただで、ネタを仕入れるんなら、一般人に限るでしょう。
マスコミは自分らの無能さを恥じてほしいです。

ちなみに私が盗聴されはじめたのは、芸能人にストーカーされ始めてからでした。
そこからマスコミに広がって行った。
だから余計「妄想」とか思われそう。
友人に話したら完全に病気扱いされた。ストーカーって言葉がない時代だったしね。
書いておいておいた小説のネタが、他人の原作でドラマ化されたときにはきれまくっ
たなあ。(一度や二度のことじゃないけど)

414 :無名草子さん:03/06/10 02:32
>>411
読書の趣味・嗜好なんて人それぞれですからね。
『異邦人』が合わないと思ったのなら、自分に合う本を探せばいいのでは。
411さんが面白い、あるいは興味深いと思える作品に出会える頃には、
すっかり読書の習慣が身に付いていることだと思いますよ。

415 :無名草子さん:03/06/10 19:19
>>395
入院経験のある俺は「満潮の時刻」が忘れられない。

416 :無名草子さん:03/06/11 16:47
自動起床装置

417 :無名草子さん:03/06/11 16:48
ベタだけど
O.ヘンリー短編集

418 :無名草子さん:03/06/11 23:55
寺山修司に出会うのは早ければ早いほうが良い。
高校生ぐらいが最適。
と何かに書いてあった覚えがある。
俺もそう思うけど。

あと、個人的な意見を言えば「深夜特急」
これ最高です。

419 :無名草子さん:03/06/12 21:38
新潮文庫のO.ヘンリー短編集って悪訳じゃないか?
平均的高校生の英語能力なら原文も読めると思うし、
そっちチャレンジした方がいい。
英語の力もつくし。

420 :無名草子さん:03/06/12 23:33
社会へ出るということを真剣に考えていれば夏目漱石ほど万人に訴える作家はいないと最近思う
あと宮沢賢治

421 :無名草子さん:03/06/13 00:36
試すな危険・冒険野郎ハンドブック
一緒にくだらない知識増やそうぜ

422 :無名草子さん:03/06/13 18:46
自分的には池澤夏樹の「スティルライフ」なんだけど
高校生には今いちか。
べたなところで「きゃっtちゃあいんざらい」
自分が高校生の時は
ミステりぃと漫画ばかりだったが。

423 :無名草子さん:03/06/13 18:55
太宰治「人間失格」は教育上よろしくないので絶対読んじゃダメ!(・∀・)

424 :無名草子さん:03/06/13 20:23
>>423
そうなんでつか?
どうして?

425 :無名草子さん:03/06/13 20:32
>>423
中学の時推薦図書になってたきがする。
読んだ香具師にすすめられたよ。



426 :無名草子さん:03/06/13 20:57
工房は人生のモデルを一人作っておいたほうが絶対にいい!
大人になってから詰まらん人間なるタイプは、学生時代バラエティ番組を見てガハガハ笑い、
ひたすらマンガのみを読み、ひっきりなしに携帯をいじっているような生活を送ってきた香具師なのだ。
そういう香具師は、浜崎あゆみとかマンガの主人公くらいしか人生の
モデルにできないからつまらない人間ばかりなのだ。
工房よ。司馬遼太郎を読め。多くの偉人の話を読み、日本人であることの誇りを持ち
人生のモデルを早いうちに作り上げたまえ。

427 :無名草子さん:03/06/13 21:10
当のあなたがつまらない人間に思える。断定してる所なんか特に

428 :無名草子さん:03/06/13 21:10
「2chからきました」ってコメントに書いたら値引きしちゃうよ(^_^)v
↓↓↓
 http://www.dvd-yuis.com/

429 :無名草子さん:03/06/13 21:11
みてね〜♪
http://www1.free-city.net/home/s-rf9/page003.html

430 :無名草子さん:03/06/13 21:15
司馬ファンが2ちゃんで厨房扱いされる理由が今わかったような気がする

431 :無名草子さん:03/06/13 21:28
人生のモデル(プを日本人に限定してるなんて、小さい人間ですね。

432 :無名草子さん:03/06/13 21:54
>>424 >>425
理由は、読めばわかりますw
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/301.html
というか子供はあんなイヤラシイ本読んじゃダメ!(・∀・)
大人はあんな恥ずかしい本読んじゃダメ!(・∀・)

つーか走れメロスでも読もーよ。教科書にも載ってるか
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/1567.html

433 :無名草子さん:03/06/13 22:14
走れメロスの隠れたテーマは同性愛です

434 :無名草子さん:03/06/13 22:18
>>402さんに賛成。星新一ボッコちゃん。阿部公房『砂の女』『密会』10年後に再び読んだら重みが違いました。

435 :無名草子さん:03/06/13 22:22
安部公房は初心者向きか…?

436 :無名草子さん:03/06/13 22:46

『セブンティーン』大江健三郎


437 :無名草子さん:03/06/13 23:01

『日本近代文学の起源』柄谷行人


438 :無名草子さん:03/06/13 23:08

『因果鉄道の旅』根本敬


439 :無名草子さん:03/06/13 23:32
426の意見に賛成!!
工房よ。日本人としての誇りを持て!
在日の意見には耳を傾けるなよ。

440 :無名草子さん:03/06/14 01:49
金城一紀『レボリューションNo.3』(GOより好き。)
村上ドラゴン『69』

高校生のうちに読むべきかと。サラッと読めるし。

441 :無名草子さん:03/06/14 04:20
>>440漏れと好み一緒だな。
とりあえず工房の時は春樹はやめとけ。理由?工房時から共感してたら受験失敗するぞ。
現代社会に対する中毒のような諦観が強いし。
工房から「やれやれ」が口癖ではやってけんだろうよ。

442 :無名草子さん:03/06/14 05:28
やれ!やれ!ならよし

443 :無名草子さん:03/06/14 07:00
『エクリ』ジャック・ラカン

444 :無名草子さん:03/06/14 07:08
存命してる作家の本を読む暇はない、というのが指針だろ。

445 :無名草子さん:03/06/14 09:40
マリア様がみてる

446 :無名草子さん:03/06/14 11:32
「亡国のイージス」
本当に感動する!
素晴らしい作品だよ。

447 :無名草子さん:03/06/14 13:46
大槻ケンヂ

448 :無名草子さん:03/06/21 11:05
草原の椅子

449 :無名草子さん:03/06/21 11:20
飯島愛の本てどうもゴーストライターがかいたっぽい。。。

450 :無名草子さん:03/06/21 14:23
おまいらは一冊を何日かけて読む?
通算して何時間かもおしえて

451 :直リン:03/06/21 14:25
http://homepage.mac.com/yuuka20/

452 :無名草子さん:03/06/21 15:23
実際読んでた本ってなんだっけ、って思い出してみた。

吉川英治「三国志」「新平家物語」
ウェーバー「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」
黒岩涙香「死美人」
ドストエフスキー「白痴」
島崎藤村「夜明け前」
広瀬正「マイナスゼロ」

ここらかな

453 :無名草子さん:03/07/03 11:55
悪童日記
高校生に影響大。

454 :無名草子さん:03/07/06 08:42
ノンフィクションってのも面白いでっせ。
「シンドラーのリスト」              T・キニーリー
「プラハの春」「ベルリンの秋」         春江 一也


読書感想文のネタにもなる上に読んでて面白いもの。
「白い牙」                     ジャック・ロンドン
「かもめのジョナサン」             リチャード・バック


個人的オススメ。
サッカーよく知らないがノンフィクションとして普通に面白かった。
「誇り―ドラガン・ストイコビッチの軌跡」   木村 元彦

455 :無名草子さん:03/07/06 08:44
>>388
夏目は普通に面白いから。

456 :無名草子さん:03/07/06 08:45
>>362
むしろ中学生男子にお勧めしたい。

457 :無名草子さん:03/07/06 10:24
寺山修司は高校の頃に読んだほうがいい。
大人になってから読んで、もっと若い頃に読みたかった・・・、と哀しくなった。

458 :無名草子さん:03/07/09 01:53
遠藤周作はよいよ。
おすすめ

459 :無名草子さん:03/07/12 19:17
宮本輝

460 :無名草子さん:03/07/14 02:29
わかりにくいと思うのですが、
聖剣伝説レジェンドオブマナに出てくる
賢者ポキールと月夜の町ロアの町並みを彷彿するような
本ってありませんか?ポキールとロアにはかなり感動したんで。

461 :無名草子さん:03/07/14 02:30
あと、「マナに抱かれて」を読んだ人いれば感想聞かせてください。

462 :山崎 渉:03/07/15 11:24

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

463 :無名草子さん:03/07/25 05:56
もっと高校生に読書してもらいたいage

464 :無名草子さん:03/07/25 06:12
高校のときは国語の教科書ばっかり繰り返し読んでいた。
いちど読んだだけでは作者のいいたいことが何かがあやふやで、
そのせいで、何度も何十回も繰り返し読まざるを得なかったのだ。
今おもうと、それだけ気に掛かる作品が所収されていたということ
なのだろう。漱石の「こころ」なんて、何回読み直したって、先生が
なぜ、親友から奪い取った奥さんを捨てて自殺したのかわからなかったよ。

1さんは国語の教科書をどう読んでいるのかすこし気になった。
つまんないから、別の本を読もうと思ったのかな。まあ、今の国語の
教科書はあまり難解な作品をのせていないのかもしれないけど。

「山月記」「舞姫」「汚れちまった悲しみに」「長恨歌」「源氏物語」
「枕草子」「夕焼け」……こんなのを読んでたな。いま思い出しても強烈だ。
日本語の原体験になってる感じがする。


465 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:52
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

466 :無名草子さん:03/08/02 23:48
アルセーヌ・ルパン

467 :無名草子さん:03/08/07 06:25
松本清張

468 :無名草子さん:03/08/08 06:11
『痴人の愛』 谷崎潤一郎

28歳の男が、15歳の美少女を家に匿って、
溺愛し、翻弄されていく様子を描いた話。

比較的読みやすいので、読書感想文にお薦め。

469 :無名草子さん:03/08/08 07:13
ナット・ヘントフ「ジャズ・カントリー」復刊されたね。こういうまっすぐな
青春小説も楽しいよ。

470 :無名草子さん:03/08/09 17:12
鏡の中の少女・鏡の中の孤独  NY在住の拒食症の女の子の話

471 :無名草子さん:03/08/13 23:35
あんぱんまん


472 :無名草子さん:03/08/15 03:17
澁澤龍彦「快楽主義の哲学」(文春文庫)
三島由紀夫「不道徳教育講座」(角川文庫)


473 :無名草子さん:03/08/15 07:22
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c42852019

これがいいよ
地理はこれで受験バッチリ
・・・だと思う

474 :無名草子さん:03/08/15 11:18
加納朋子のスレないね
おもしろいと思うんだけど
『ななつのこ』と『魔法飛行』

475 :山崎 渉:03/08/15 21:45
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

476 :山崎 渉:03/08/15 23:08
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

477 :無名草子さん:03/08/16 11:47
山崎パンだとおおお

478 :無名草子さん:03/08/16 15:59
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/448005880X/ref=cm_mp_wli_/249-8770184-0537127
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1034251748/

479 :無名草子さん:03/08/16 16:11
原田宗典の「平成トム・ソーヤー」はどうよ。
主人公は天才的なスリの才能を持った高校生とその友人。
その才能を活かして、ヤクザが手に入れた大学入試の問題を
スリ取ろうとするが……

480 :無名草子さん:03/08/16 17:09
加納朋子はミステリーのほうにあった
すいません

481 :無名草子さん:03/08/16 19:32
日本文学全集
世界文学全集を読んどけば良いかと。

個人的にお勧めなのは、
「人間失格」太宰治
「車輪の下」ヘッセ
「坊ちゃん」夏目漱石
「罪と罰」ドフトエフスキー
「大学で何を学ぶか」浅羽通明

ちょっとむずかしいものに挑戦したいなら、(個人的な趣味だけど)
「人間の条件」ハンナ・アーレント です。



482 :無名草子さん:03/08/21 14:08
アーレントはちょっと高校生には難しくないですか。
もちろん高校生ぐらいの年で、一度触れておくのは良いかもしれませんが。
大学生には文句無しでおすすめします。


483 :481:03/08/21 19:00
頭の良い高校生なら読めるんじゃないかと。
俺は馬鹿だから大学で読んだけど。

484 :482:03/08/21 19:34
>>483 頭の良い
確かに。ただ、最近読み始めた高校生には無理かと思われ。
これが読めるくらい頭の良い高校生なら、フーコーとかヴィトゲンシュタイン
あたりも、考えるとっかかりになると思う。

485 :無名草子さん:03/08/22 14:20
頭悪くても、太宰は
読みやすいのでは?
と個人的に思います。。


486 :482:03/08/22 21:20
太宰はおすすめ。ただし俺は感応して死にたくなるだろうからと
周りからとめられてた。w
あと薦めていいものかはわからないが、高校生ぐらいで辻潤あたりに傾倒すると、
相当変で、面白い人間になってしまえると思う。オススメ。
・・・日本語めちゃくちゃ。

487 :無名草子さん:03/08/23 18:57
ノンフィクションもイイですよ
『毒蛇』    小林照幸
『美味礼賛』  海老沢泰久





488 :無名草子さん:03/08/23 19:06
パトリシア・コーンウェルのシリーズは
文章の書き方がとても面白いし独特な雰囲気を持っているので
面白いですよ。ハマかハマらないかは別れそうなところですが。

489 :481:03/08/23 22:34
うおお!
仕事辞めたから小遣いの足しにと
今まで買った本売ってます。
読書家にとってこれほど辛いことはねえ!
しかも古本屋のオヤジに
「これは買い取れないねえ」
とか言われると・・・(涙)

490 :無名草子さん:03/08/24 03:09
それはもったいない。
本当に好きな本は、自分だけしか判らないシミを覚えていたりするもの。
収入が早く安定するよう頑張ってください。

491 :無名草子さん:03/08/24 17:16
>春休みなんでほんよみたいんですがなんかいいのありますか

かんじがかけないこうこうせいによめるほんはない!

ハリポタぐらいか?たしかルビうってあったよな?読んだことないけど。

ちょっと意地悪だったかな。とりあえず図書館にでも行きなさい。

492 :481:03/08/26 11:06
ハリポタなんて面白くないもん勧めたらいけません。

493 :無名草子さん:03/08/26 12:00
高校生は江國で充分。

494 :無名草子さん:03/08/26 12:10
>>488
最初から2,3作は面白いけどね。
あとは駄作だな。時間の無駄。

495 :無名草子さん:03/08/26 12:21
本当に読む価値のある本ってのは何十年何百年何千年も
淘汰され続け、そして今でも残っている本
残ってるということはその本に残り続ける何かがあるわけだし
最近の作家が書いたものはハズレを引く確率が実に高い
だからこそ古書を読むべきです

496 :無名草子さん:03/08/26 12:40
カラマーゾフの兄弟 罪と罰 アンナ・カレーニナ
ヒマと体力と感性のある間に読んどけ


497 :無名草子さん:03/08/26 14:16
ハリポタくそ面白いじゃん

498 :無名草子さん:03/08/27 19:28
高校生は車輪の下でも読んどけガキが

499 :無名草子さん:03/08/27 19:32
要するに>>498こそ、ガキ。

500 :無名草子さん:03/08/27 21:09
>>78
高校の頃あとがきまで読んだら作者が一年後に死亡したとあって、
当時の読者も理解しようとして死んだことも知ってて
怖くて眠れず、考えるどころじゃなかった。w

501 :無名草子さん:03/08/27 21:09
>>499
僕はもうすでに二十歳ですよ
高校生のような小便臭いガキなんかと一緒にされては堪りません

そして500GET

502 :無名草子さん:03/08/27 21:12
>>500
氏ねカス
凄まじい遅レスすんなハゲが

503 :499:03/08/27 21:18
>>502
車輪の下大好きなんですか?

そして501さんは車輪の下を読んでいた小便くさいガキだったのですか?

504 :無名草子さん:03/08/27 22:21
501はネタじゃないんならおもしろいね

505 :無名草子さん:03/08/27 22:32
ただのDQN

506 :無名草子さん:03/08/28 00:02
このスレってオサーンばっかなの?
勘弁してくださいよ。オサーンはあとは朽ちるだけだから本読んでもしょうもないでしょ
俺のような将来有望な若者のためにおまいらが持ってる本全部寄付しる


507 :無名草子さん:03/08/28 01:05
>>1
マヂレスすると、高校から読み始めるんじゃ手遅れ。
読むヤシは小学校入学前から読んでるのよ。

508 :無名草子さん:03/08/28 01:06
>>507
そういう頭悪すぎるレスはしないでねおバカさん

509 :無名草子さん:03/08/28 01:26
ここまで読んで驚いた。
下村湖人の「次郎物語」を誰もあげてないなんて……

510 :無名草子さん:03/08/28 01:30
最初から全部読んだの?基地外だな

511 :無名草子さん:03/08/28 01:31
>>508
自分が手遅れだからって、人のことオバカさん呼ばわりするなよ。

512 :無名草子さん:03/08/28 01:32
>>510
……お前よっぽど暇なんだな、かわいそうに。

513 :無名草子さん:03/08/28 01:36
>>511
知能遅れがほざくな

>>512
僕は一分一秒も無駄にせず自己の向上に努めてますよ
暇な時間など少しもありません

514 :510:03/08/28 01:50
>>513
2chでの煽り技術の向上に努めてるのか、そりゃすごいや(・∀・)ニヤニヤ
まあ、煽りでもやらない限り、誰からも相手にしてもらえないもんな(w

515 :無名草子さん:03/08/28 01:56
>>514
君自身のことを述べてるレスのようだね、それ見ると
まあ僕に関して言わしてもらうと、確かに今は世間的に見たら屑でしょう
なぜならば引きこもりであるから。しかし学力は今でも旧帝大クラス
本格的に勉強始めれば、1年で東大レベルまで戻すのも苦ではないはずです
僕は今、多岐にわたる道の中から引きこもりを一つの選択肢として選びました
しかしこれはあくまで雌伏の時に過ぎません
雌伏の時に腐らずにジッと耐え忍べば、その反動で飛び立つ高さもまた高い
例えて言うなら、そう、今の僕は諸葛孔明のようだ

516 :無名草子さん:03/08/28 02:02
>>515
あなたみたいな人、勉強しかできない学者バカっていうんですよ。

517 :無名草子さん:03/08/28 02:05
>>506
おいおい君の住所おしえろよ。
うちにある数千冊の書物、全部、
送りつけてやるよ。遠慮すんなよ。

518 :510:03/08/28 02:07
>>515
〜〜すれば〜〜のはず……厨臭くて何も言えませーん(藁

そういうことはね、やってから言うもんだよ、おバカちゃん♪
引きこもりを選んだんじゃなくて、それ以外の選択肢がなかったんだろ?(・∀・)ニヤニヤ
かわいそうにねー、世の中が怖いのかな〜?

まー、俺は明日があるからもう寝るが、まだ言いたいことがあるならメールでもくれ。
514のメアド欄に書いてあるからさ。
おやすみ、おバカちゃん♪

519 :無名草子さん:03/08/28 02:08
>>517
じゃあ証拠の数千冊の画像をうpしろオサーン
話はそれからだ

520 :無名草子さん:03/08/28 02:14
>>510>>518
はたから見れば、お前も立派に厨なわけだが。

521 :無名草子さん:03/08/28 02:16
>>514
東大に入るには1年くらい必要と言っただけです
旧帝大の力は今もあります。こないだ昔取ってたZ会の東工大の問題をしたので
引きこもってるという事実に関しては僕の意思によるもので
選択肢に窮し已む無く引きこもったというわけではありません
そもそもこの選択が将来的に見て必ずしも負になるとは思ってません
大学に入ったところで、遊びやバイトに躍起になってれば本末転倒であり
ただ無駄に学費を費やしてるとしか思えないですから
じっくり読書してる僕の時間の方が有意義でしょう。まだ若いからより効果的のはずです
実を言うとこれは引きこもってる時間に対して、何らかの利点を見出したいとの結果
強引に結論付けたものかも知れないですが。しかし実際問題として無意義にはならないでしょう

522 :無名草子さん:03/08/28 02:19
>>521
>>518

523 :無名草子さん:03/08/28 02:23
確かにやたらと『やればできる』と言う奴って駄目人間が多いよね。

524 :無名草子さん:03/08/28 02:25
低学歴の方がやたら喰いついて来ますが
僕は高校3年で退学するまで死ぬほど勉強してたんです
ですから、『やれば』ではなく既に『やってある』わけです

525 :無名草子さん:03/08/28 02:28
最初は馬鹿同士の煽り合いかと思ってROMしてたが、
524って本当に頭が悪いみたいだね。
他人のレスを文字どおりにしか理解できないみたいだ。

526 :無名草子さん:03/08/28 02:30
>>525
頭が悪いか良いかは分かりませんが偏差値は高いですよ

527 : :03/08/28 02:31
実は全て自作自演だった、に1000ペリカ

528 :無名草子さん:03/08/28 02:37
僕は自演してませんよ
人の問いには常に誠実に応えるのが僕のモットーですから

529 :無名草子さん:03/08/28 02:45
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`) ちょっと気になったのでしばらくここに居さしてもらいますよ・・・
  |    /
  | /| |
  // | |
 U  .U
   /⌒ヽ
  / ´_ゝ`)
  |    /
  と__)__) 旦

530 :無名草子さん:03/08/28 02:48
やればできるなら明日からでもやればいいじゃん
お前、誰の金で飯食って本読んでるんだ?
大学行きたいんだったら、一度社会に出て稼いで
学費溜めて行けよと小一時(ry

531 :無名草子さん:03/08/28 02:51
.       ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       (;´Д`)< スンマセン、直ぐに片付けます
  -=≡  /    ヽ  \_______
.      /| |   |. |
 -=≡ /. \ヽ/\\_
    /    ヽ⌒)==ヽ_)=  /⌒ヽ
-=   / /⌒\.\ ||  ||  / ´_ゝ`)
  / /    > ) ||   ||  |    /
 / /     / /_||_ || と_)_) 旦_.
 し'     (_つ ̄(_)) ̄ (.)) ̄ (_)) ̄(.))

532 :無名草子さん:03/08/28 23:10
>>523
おれのことだ

533 :無名草子さん:03/08/29 07:00
あっ、おれも

534 :無名草子さん:03/09/17 18:30
やろうと思ってもできないから俺はダメ人間。

>>1
灰谷健次郎でも読んどけ

535 :無名草子さん:03/09/18 18:11
「俺はやればできるんだけど、やろうと思わないんだよな」と言い続ける
30半ばのフリーターが、いまのバイト先にいる。

ああはなりたくないものだ。

536 :無名草子さん:03/09/18 18:15
山田詠美の「ぼくは勉強ができない」と「放課後の音符」。
ちょうど高校生の男子&女子の視点で見てるから読みやすい。

537 :無名草子さん:03/10/19 03:35
今高校2年生です!
山田詠美の「放課後の音符」「晩年の子供」「色彩の息子」「蝶々の纏足・風葬の教室」
江國香織の「きらきらひかる」が好きです。
心の奥底の、自分じゃ言葉にできない気持ちをうまく表現してるような不思議な感動を覚える本が好きです。
あと、短編がとくに。
こんな私にオススメの本あったら教えて下さい!




538 :無名草子さん:03/10/19 15:54
>>528
政治家になれる!

539 :無名草子さん:03/10/19 16:27
ドグラマグラ!

540 :無名草子さん:03/10/19 17:20
「本」という括りで無条件に小説を想定するのもどうかと思うが。

541 :無名草子さん:03/10/20 00:52
『車輪の下』に決まってまつ。

542 :無名草子さん:03/10/21 15:27
>>541
いきなり下巻を勧めるのはいかがなものか。
まずは車輪の上を読むべし。

543 :無名草子さん:03/10/22 05:24
『車輪に踏まれた』小学6年生の思い出・・

544 :無名草子さん:03/10/23 01:10
内村鑑三『後世への最大遺物』(岩波文庫)。
これは基本でつな。( ̄ー ̄)・・・

545 :無名草子さん:03/10/23 01:22
「斜陽」 太宰治
高校の頃に読んで、ブルーになった

546 :無名草子さん:03/10/23 01:27
高校くらいの時にニーチェとか読むと自分も賢くなったような
妄想に捉われて、痛い発言を友達にしちゃったりするのも思い出だよね!w

547 :無名草子さん:03/10/23 21:15
>>1
「金持ち父さんのキャッシュフロークワドラント」

  これ読まないと将来死亡する。

548 :無名草子さん:03/10/30 20:16
人間失格嫁w

549 :無名草子さん:03/11/06 23:53
>>1
リングらせんループ

550 :無名草子さん:03/11/07 00:05
>>537
マジレスで「二人がここにいる不思議」
(レイ・ブラッドベリ、新潮文庫)
なんかようわからんエピソードばっかりですが、
不思議な読後感については保証できます。

551 :無名草子さん:03/11/07 09:58
本の読み方だってさ
http://www.maromaro.com/marocolumn.html#marocolumn2


552 :無名草子さん:03/11/12 18:06
村上ドラゴンの作品全般

553 :無名草子さん:03/11/13 06:05
北斗の拳←男の教科書
マーク・トゥエイン後期←痛面白い
宮本輝ー泥の河←ついで

554 :無名草子さん:03/11/13 23:44
森絵都の「カラフル」いろいろ考えられるし、面白いです!
他に「月のふね」や「DIVE(ダイブ)」ともに同作者)も面白いですよvv
今中3ですけど高校生でも十分楽しめると思います☆

555 :無名草子さん:03/11/13 23:50
カラフルは好きだけど、途中でネタがわかっちゃうのと
結末が予測できちゃうのが、まぁ、欠点だよなぁ。

556 :無名草子さん:03/11/14 00:59
軽い本から読んでけばいいだろ。何でもいいから。

557 :無名草子さん:03/11/14 16:22
「赤と黒」スタンダール
「肉体の悪魔」ラディゲ
「地獄の季節」ランボー

558 :無名草子さん:03/11/14 17:14
>>515,521
先輩がホントに賢く見えてきたよ。
ふむふむ。
レスのレベルはこの板の住人のそれより高いようだね。

しか〜し、
諸葛亮様の様だという所には納得いかないゾ!!!
俺の大好きな軍師様だ!!軽々しく例えられたら困るぜ。



559 :無名草子さん:03/11/14 17:56
古いエサに釣られてんじゃないよ。ったく

560 :無名草子さん:03/11/14 18:53
ドラゴンに影響を与えた作家。
谷崎潤一郎
中上健次
ヘンリー・ミラー
ランボー
ミック・ジャガー

561 :無名草子さん:03/11/14 19:01
高校生ならSFやホラーやファンタジーやミステリを読みなさい

562 :無名草子さん:03/11/14 19:42
エロティシズム、死、幻想という観点から
坂口安吾「桜の森の満開の下」
澁沢龍彦「高丘親王航海記」
野坂昭如「姦」

563 :無名草子さん:03/11/14 20:31
小池真理子の『恋』が好きです。。
そういう系統のオススメ教えてください!!

564 :無名草子さん:03/11/15 12:21
「あなたの子供を多重債務者にしないために」
           横田濱夫

10代にこれ読んどくとその後の人生が随分違ってくるよ。


565 :無名草子さん:03/11/15 12:23
井上靖なんかは十代のうちに読んでおくといいかもね。
「夏草冬なみ(漢字忘れた)」「しろばんば」等。

566 :無名草子さん:03/11/15 23:57
泣ける恋愛小説を買いたいのですが、なんかおすすめないですか?

567 :無名草子さん:03/11/16 17:50
ズッコケ三人組

568 :ミ* ゚−゚)ミ<バンビ:03/11/18 05:23
結局、馬鹿を装ってることに気づけっつー話だと思うよ。

みなさん、小説とか完璧に理解できますか?作者の言わんとしてることが。
それともなんとなくですか?僕は後者ですが。

569 :無名草子さん:03/11/18 11:10
17歳の誕生日になったら原田宗典の「17歳だった!」を買ってみよう
高校生の時に一度読んでいつか大人になったら読み返してみるといい
全然堅苦しくないし笑えるし色々学べるいい一冊だと思う

570 :無名草子さん:03/11/18 11:12
>>566
世界の中心で、愛をさけぶ
片山恭一

なんてどうだろう

571 :無名草子さん:03/11/18 13:39
人生とか哲学とか青春とかに悩んじゃってる房は、どんな本読むと良いですか?

572 :無名草子さん:03/11/18 16:50
>>571
ポジティブな方向へふっ飛ばしてくれるのは上ででてるけど
原田宗典がいいよ
あの人のはまず笑えるからね

573 :無名草子さん:03/11/18 17:02
>>571 何年よ?

574 :無名草子さん:03/11/19 11:52
せっかく図書室があるんだから本棚全部眺めてみて気に入ったの手に取ってみることから始めるといいよ
何冊読んでるうちに自分の好きな傾向がわかる

575 :無名草子さん:03/11/20 04:25
>>574
だな

576 :無名草子さん:03/11/21 01:55
あの、高校生くらいの年齢で、レズってわけじゃないけど・・・
たまたま好きになったのが女の子だっていう話ありませんか?

577 :無名草子さん:03/11/21 07:30
>>576
あ〜あった気がするなぁ
村上春樹の「スプートニクの恋人」だったかな
でも大学生だし純恋愛モノとはちょっとちがうかな

578 :無名草子さん:03/11/21 07:54
>>576
確信はないが桜井亜美とかならレズモノ書いてるかも
あの人は高校生とか大学生とか10代を舞台にしてたと思う
性的描写多いし登場人物もみんなすれてて現実離れしてるが、
ああ言った本は高校生のうちに読んでおかないと後々読めなくなるタイプだから読んでみるといいかも
レズモノなかったらごめん

579 :無名草子さん:03/11/21 12:41
工房なんですが、人生失敗したくありません。
何読めば良いですか?

580 :無名草子さん:03/11/21 12:45
age

581 :無名草子さん:03/11/21 12:48
>>579
教科書

582 :無名草子さん:03/11/21 12:52
>579
『論語』

583 :無名草子さん:03/11/21 12:58
>>579
これ
http://www.sansaibooks.co.jp/temps/moetan.html

584 :無名草子さん:03/11/22 00:44
>>187
野島博之氏の本はホントにわかりやすかった。ども。

585 :無名草子さん:03/11/22 06:12
>>568
完璧に理解できる人なんてそうそういないから安心おし。

586 :無名草子さん:03/11/22 09:29
貴志祐介「クリムゾンの迷宮」
荻原浩「ハードボイルド・エッグ」
清水義範「永遠のジャック&ベティ」
シドニィ・シェルダン「ゲームの達人」

高校生あたりは間違いなく面白いんじゃ

587 :無名草子さん:03/12/05 00:23
宮尾登美子
「蔵」上下
「櫂」
「春灯」   などなど。。。
  


588 :無名草子さん:03/12/13 16:52
学園ものと戦争もので読みやすくて面白い本を教えて下さい

589 :無名草子さん:03/12/13 17:20
>>1


        脳  内   革   命


                 読め

590 :さとし:03/12/13 17:36
>>588
日本朝鮮戦争   

やたら滅多に長いけど、それなりにおもしろかった
・・・と思っているのは自分だけ?

金正日が出てきます

591 :無名草子さん:03/12/13 17:37
終戦のローレライってどうですか?

592 :無名草子さん:03/12/17 00:17
恩田陸作品なんかいいかも。
俺が好きなのは「六番目の小夜子」「光の帝国」「象と耳鳴り」かなぁ。
すらっと読めるし、感受性がすごい。登場人物の親父キャラがいけてる。
ミステリーファンにはたまらん作家さんだとおもわれ

593 :無名草子さん:03/12/23 05:13
東野圭吾とかから入るといいかも

594 :無名草子さん:03/12/26 11:50
平野啓一郎ってどうなんでしょうか・・?

595 :無名草子さん:04/01/09 18:53
悪童日記
読後に怖さが離れない。

596 :無名草子さん:04/01/09 20:36
SFや下ネタや精神分析や狂気に興味があったら、筒井康隆を読むべし。

597 :無名草子さん:04/01/09 21:18
>>594
読む必要なし。

598 :無名草子さん:04/01/10 00:41
アルジャーノンに花束を
これいかが?

599 :無名草子さん:04/01/10 00:44
最近シャーロック・ホームズ読み出しました☆堅苦しそうだと思って今まで推理小説は避けてたけどあれは面白いです。あと意外に嵐が丘なんかも読むとハマリマスヨ〜

600 :無名草子さん:04/01/10 03:36
>579みんな大人は、多かれ少なかれ失敗や苦労や挫折を経験してきたと思うよ。真面目に生きてれば、失敗を恐れることはないんじゃないかな。そんな自分は『レ・ミゼラブル』と『老人と海』がおすすめ。「うるせ〜ババア!」とか言われたらどうしよ・・。

601 :無名草子さん:04/01/10 07:44
若くて体力のあるうちに、分厚い名作は読んでおけ。
オサーンになると読み通す体力そのものがなくなるぞ

602 :無名草子さん:04/01/10 10:13
ガリア戦記、ラテン語で。

603 :無名草子さん:04/01/10 14:30
>>602
釣りましたね
高校生でラテン語知ってるやつはいない
ラテン語習得したらすでにジジイになってる
ところで、あなた読んだの



604 :無名草子さん:04/01/10 15:12
サブカルチャーや昨今のくだらない作家の書いた小説づらは読んでも
いいだろうが、読まない方がいい。
それより古典、教養書を読むがよろしい。
『世界の歴史』シリーズや『日本の歴史』シリーズ。『中公クラシックス』
などはぜひとも苦労してでも読破すべきだ。
そうやって、立派な人間になりたいのなら、おれの勧めるものをよめ。
三十過ぎると、体力がおち、病気になったり体にがたが来るので、
それまではがんがん古典や高尚やものを読め。
学者の書いたものでも、事実や知識をただ書き並べるものよりも、
知性の飛翔が感じられるもの、なから好きで書いたものなどがよろしいが、
それは何冊も読んで見ないと分かってこない。
いずれにせよ、サブカルチャーに若きときにはまると視野が狭くなり、
また、本当の学問を身に付けられない。
もちろん以上述べたことは人生を立派で豊かにしたいと願う、理想の
高い高校生に向けたものなので、そうでない普通に生きたいと思う人には
おすすめできない。

605 :無名草子さん:04/01/10 15:13
>>603
>>602はつりではないと思うが。ちょっとしたジョークだと思う。

といったわけで私のおすすめ
ソクラテスの弁明、ギリシャ語で

606 :浪子:04/01/10 16:35
弁明をギリシャ語で読むのは辛そうw

まずはキケロ全集から読みなさい。

607 :無名草子さん:04/01/10 16:39
学校で漢文習うと糞つまらんだろうが、オレは
大人になってから「老子」にハマった。
最近は呉智英の「現代人の論語」が面白かった。オススメ

608 :無名草子さん:04/01/10 18:01
「僕は勉強が出来ない」
本当にお薦め

609 :無名草子さん:04/01/10 20:06
>>604
文学しか読まないのも視野が狭くなると思うがね。

610 :無名草子さん:04/01/10 21:16
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi/3e78670a92e910102759?aid=&bibid=02400302&volno=0000

611 :無名草子さん:04/01/11 00:23
孤島の鬼

612 :無名草子さん:04/01/15 22:37
なんか、このスレ見てると勉強になるな。
いわれてみると漢文や古典を読むのもなんだか面白い。
いろんな本を読んで、視野の広い大人になりたいと思う。

613 :無名草子さん:04/01/18 23:11
「ツァラトゥストラはこう言った」

614 :無名草子さん:04/01/19 00:30
桜井亜美はハマると抜けられなくなる。
他だとDeep Loveの作者が書いたDear Friendsってやつ。

615 :無名草子さん:04/01/19 00:49
デニス・ロッドマンとマドンナのSEX本

616 :無名草子さん:04/01/19 02:47
村山由佳とか
山田詠美とか
桜井亜美とか
中谷彰宏とか
辻仁成とか、書くのやめなさい。
ネタでも本気して買ってしまう高校生がいるかもしれません。
あまり残酷なことはしないように。


617 :無名草子さん:04/01/19 22:44
古いけれども
川端康成「山の音」「古都」「みずうみ」
などはいかか?

618 :無名草子さん:04/01/24 16:49
エロ本でも読んどけ。

619 :無名草子さん:04/01/24 17:25
なんか説明しにくいんですが、ノスタルジックで、月夜が似合うというか
そんな感じで、性的描写がなくて、魔法とか悪魔とかが出てきて、人生を悟った賢者が
主人公が悩んでる時突然どっかから示現して答えを仄めかす、的で、なんとも不思議な
世界観を楽しめるような作品ってありますか?
上の条件全部を満たしていなくてもおkなので、なんかレトロ漂う不思議な、
本当に不思議な世界観を味わいたいのです。
この「不思議」は、「世にも奇妙な物語」とか「ミステリー小説」とかの「不思議」のコンセプトじゃなくて
「千と千尋の神隠し」のキャッチフレーズの「トンネルの向こうは不思議の国でした」の意味の
「不思議」です。謎解きのように最後に答えがあるような不思議ではなく、
ちょっと哲学的な、それでいて決して哲学だけに偏ってない、みたいな。
ゲームの「聖剣伝説レジェンドオブマナ」みたいな不思議な世界観を希望します。
なんか長々とすいませんね。なんせ今興奮してるんで。

620 :無名草子さん:04/01/24 17:30
>>619
ベッタベッタだけど「指輪物語」でも読んどけば。
漏れは読んだこと無いけど。

621 :無名草子さん:04/01/24 17:31
>616
山田詠美は結構いいと思うが。
ていうか、他人を皮肉るのはよそうぜ。感じが悪いから。


622 :無名草子さん:04/01/24 17:35
小松左京、星新一、筒井康隆、山田正紀、山田風太郎

623 :無名草子さん:04/01/24 17:50
松本人志「愛」

624 :無名草子さん:04/01/24 20:38
>>621
同意。人が何読もうが勝手だと思う。

625 :無名草子さん:04/01/25 00:21
本ってなんか苦手でめったに読まないけど
このまえ兄から借りた本でアラン・シリトーと
アーウィン・ウェルシュはちょっとヒットだった
同じような小説書く人を知ってたら教えて下さい

626 :619:04/01/25 03:50
>>620 ありがたい推薦なんですが、残念ながら映画見ちゃったので
   他のを希望。だれかおしえてクレクレ

627 :無名草子さん:04/01/25 15:29
閉鎖病棟読もうと思ってるんですけど
面白いですか?

628 :無名草子さん:04/01/25 22:42
>619
620じゃないけど映画を見た上で読んでも面白いと思うけどな。
とりあえずアーシュラ・ル・グウィンの「ゲド戦記」と
マキリップの「妖女サイベルの呼び声」を勧めとく。

629 :無名草子さん:04/01/26 00:37
清水義範「国語入試問題必勝法」「学問ノススメ」
山際淳司「スローカーブを、もう1球」
坂口安吾「堕落論」

630 :無名草子さん:04/01/26 01:03
>>626
「ゲド戦記」や「鏡の国のアリス」とかはどうよ?
これも読んだことないけどw

631 :無名草子さん:04/01/26 01:04
『フランダースの犬』ウィーダ

632 :無名草子さん:04/01/26 01:52
休み時間に本読んでると、隣の奴が話し掛けてきたりチンコ触ってきたりして集中できない。

633 :無名草子さん:04/01/26 01:58
自分の席で読むやつが悪い。
体育館倉庫か理科実験室か美術室か地学室か、
いっそ屋上とか中庭か保健室とか非常階段とか、
それでもだめならこのさい女子トイレの個室で嫁。

634 :無名草子さん:04/01/26 09:03
>626MOMOーモモーは?時間泥棒を捕まえる話。作者誰だったけな・・。読みやすくておもしろかったんだけど。

635 :無名草子さん:04/01/26 13:29
>>634
ミヒャエルだっけ?

636 :無名草子さん:04/01/26 16:42
ところで>>1は卒業したんじゃないか?

637 :無名草子さん:04/01/26 20:49
>>636
まあ、そうだろうな。
でも、この手の相談をする人は他にもいるだろうから
このまま続くのもありだと思う。
>>1が何を読んだか報告するのも一興。

638 :無名草子さん:04/01/26 20:51
シラー

639 :無名草子さん:04/01/26 21:01
>>1
村上ドラゴン読んだなら次はウルティモドラゴンだな

640 :無名草子さん:04/01/26 21:01
>>636だけど、こうしましよう。
私の高校生活は、あと一年。
目指す大学は文系。

残り一年、読むべき本を教えて下さい。

641 :無名草子さん:04/01/26 21:34
>>640
デカルトの「方法序説」

642 :無名草子さん:04/01/27 00:01
>>640
九鬼周造『「いき」の構造』

643 :無名草子さん:04/01/27 01:27
時間泥棒?おもしろそうだな。詳細きぼんぬ

644 :無名草子さん:04/01/27 07:51
>>325

トルーマン・カポーティ

645 :644:04/01/27 07:52
あ、>>625だった失礼

646 :無名草子さん:04/01/27 08:33
>>619
水野良の「ロードス島戦記」は?
漏れが厨房の時にはまったファンタジー作品でつ。。
あと、628さんも推薦してますが「ゲド戦記」も(・∀・) イイ!よ。
これは、学校の図書館にあって友達と競うように読みあっていた思い出がありまつ。。
他には・・・「ルナル・サーガ」かな、確か著者は友野祥だったと思いまつ。。

647 :無名草子さん:04/01/27 08:52
「池袋ウェストゲートパーク」の、石田さんが、
爆笑問題の番組で、十代の頃に読んだ本が、
自分のすべてだというようなことを、言ってませんでした?

このくらいの年齢の時期って、自分の考え方とかが、
しっかりと出来てきたっていう、時期だと思ってます。
だから、読んだ本によって、自分の考え方などにも影響し、
自分が出来ていくってことなのかなぁ?って、思ったんですが、

ここで紹介されてる作品は、ただ面白いというだけでなく、
そういった面でもいい作品って、どれくらい紹介されてるんでしょうか?

648 :無名草子さん:04/01/27 10:17
>647
逆に若気の至りで読むような、背伸びして読む本も
20代だと気恥ずかしくて読めないからいいと思うんだけどね。

山田詠美とか太宰の人間失格とか。

つまんなくてもいいから古典作品と言われるものを通読しておいて
年くってからまた読むと違う感動があるよ。

649 :無名草子さん:04/01/27 11:47
古いけど「銀河英雄伝説」を読んで民主主義の基礎を学べ。

650 :無名草子さん:04/01/27 15:24
清水義範『蕎麦ときしめん』
これさえよんどきゃ馬鹿にされない。


651 :無名草子さん:04/01/27 16:04
雇用・利子および貨幣の一般理論

652 :無名草子さん:04/01/27 23:40
星新一の「声の網」とかは?

653 :無名草子さん:04/01/28 00:44
>>627
閉鎖病棟面白かったよ。なんかオチが甘い気もしないでもないけど、
じんわり良い話かと。

654 :無名草子さん:04/01/28 13:19
>>649
そんな餌でこの俺がクマ(ry

655 :無名草子さん:04/01/29 01:47
>625 
ソール・ベロー「この日をつかめ」。
ちょっと違うかもしれないけど、アガタ・クリストフの「悪童日記」なんかを
勧めてみたりして。マジだけど。

でもアー「ヴ」ィンだろう、てのはおいといて、
フィリップ・K・ディックを勧めてみたくなった漏れは悪魔カモ?

656 :無名草子さん:04/01/30 10:29
うえのほうにも出てたけど、河合隼雄「こころの処方箋」はオススメ。

本を読む習慣がなかった高校生の私にもさっくり読めて、面白かった。
2〜3ページのコラムを集めて本にしてあるから
タイトル見てオモシロそうなのだけ読めばいいしね

わたしが好きなのは「善は微に入り細にわたって行わねばならない」


657 :ビル:04/01/31 00:28
スティーヴン・キングを読み尽くせ。

658 :無名草子さん:04/01/31 17:15
症例Aって面白いと聞いたんですがどうでしょう?
読んだ人いますか?

659 :無名草子さん:04/01/31 23:00
荒俣宏を読むべし

660 :無名草子さん:04/02/01 01:03
ライトノベル(SF)
「銀河英雄伝説」田中芳樹…RPGとか好きな子にはお勧め。高校生までならハマレルと思う。

軽めの読み物
「プリズンホテル」「天切松シリーズ」「きんぴかシリーズ」浅田次郎…読みやすくて面白い。長編を読んで疲れた後にどうぞ。

ちょっと重め
「白い巨塔」山崎豊子…ドラマ化されてるし。とっつきやすいと思う。財前センセー悪の魅力満載です。

歴史もの
「壬生義史伝」浅田次郎…新撰組の一武士のお話。とっても泣ける。下巻はずーっと泣いて読んでた。
「三国志」吉川英治…自分も高2の時読んだ。面白いよ。劉備玄徳が死んだらつまらなくなったかなぁ。
「竜馬がゆく」司馬遼太郎…坂本竜馬がカッコイイ!もし竜馬が生きてたら明治時代どうなったんだろーと思ってしまった。
「大地の子」山崎豊子…中国残留孤児のお話。長くてちょっと重いけど、おもしろい。

ミステリー
「火車」宮部みゆき…カード破産とか絡めたミステリー。宮部みゆきのミステリーで一番好き。
「ナイルに死す」アガサクリスティ…ゴージャスなナイル川の船旅で起こる殺人事件。女達の悲しさがつのるなぁ。
「アクロイド殺し」アガサクリスティ…犯人のどんでん返しが凄いと思う。賛美両論だけど私はこれは有り。



661 :無名草子さん:04/02/01 01:49
子供のころあまり本を読んでないなら以下もお勧め

「宝島」スティーブンソン
「十五少年漂流記」ジュール・ヴェルヌ
「三銃士」デュマ
「モンテ・クリスト伯」デュマ(児童文学では岩窟王かな?)

本を読む楽しさを教えてくれる本だと思う。

662 :無名草子さん:04/02/01 03:42
読みたい本はいっぱいあるんだけどさ、最近音楽の方にハマっちゃって
本の方まで出費が回りません。小遣いはもらってないし…。
バイトもやりたいけど、高校に入ったら部活入るつもりだからできないし…。
こんな僕はどうしたらいいんでしょうか?

663 :無名草子さん:04/02/01 03:44
図書館に行きましょう。
学校の図書館は利用者少ないから結構新刊でも借りやすいと思うよ。
メジャーどころは大体おいてあるし。

664 :662:04/02/01 04:14
>>663
ありがとうございます。しかし、
僕も昔は図書館に行ってよく本を借りていたのですが、2年ほど前に
「まだ返していない本がありますので、それを返さないと貸せません」
と言われてしまったのです。でも借りた本は全て返したハズだったので、
それ以来図書館には行かなくなってしまいました。

学校の図書室はあまり新刊を入荷しないし、係の人がめったにいないから
なかなか借りられません。休み時間にわざわざ図書室で読むのもなんですし…。

665 :ガノン・ガイラー:04/02/01 04:49
>>663>>1
綿矢りさ。京都市(柴野高校)出身、今日はたち。彼女の作品は「インストール」「蹴りたい背中」(第130回芥川賞受賞=史上最年少の19歳で芥川賞受賞)

666 :ガノン・ガイラー:04/02/01 04:52
私に勝てるかな?

667 :無名草子さん:04/02/01 12:32
十五少年漂流記は俺もはまった。

668 :無名草子さん:04/02/01 14:16
高野悦子(だっけ?)「二十歳の原点」
若くして逝った彼女の日記を本にしたもの。チョト鬱になりますが。

669 :無名草子さん:04/02/01 14:46
太宰は暗然とした私小説ばかり取り上げられがちだけど、
中期の短編集は、小気味よい日本語の流暢さと美文、
そして機知とユーモアに圧倒されるので高校生にもお勧めです。
「ろまん燈篭」「愛と美について」「女の決闘」など。

スティー文そんの「宝島」
夏目漱石「三四郎」
丸谷才一のエッセイなども良い。
北杜夫のエッセーも内容は古いが好きだ。
小説は「楡家の人々」「さびしい王様」など。

670 :無名草子さん:04/02/01 23:06
金持ち父さん貧乏父さん
こんな時代だからこそお金について考えてみよう。

金持ち父さん板もよろしく
http://www.vivis.jp/kiyosaki/

671 :無名草子さん:04/02/01 23:12
三浦綾子読んだら?
氷点でも塩狩峠でも。自分も今リア高だけど
中学生の時から三浦さんの本読み始めて止まりません。
あと「道ありき」は読んでおいたほうがいいと思う。
今はアンドレ・ジイド?とかそういう文学に手を出してみたいです。

672 :無名草子さん:04/02/02 01:15
>>658
症例Aはいまいちかも・・・
多島さんだったら汚名か追憶列車の方をお奨めします

それにしても、この人の本は絶版になりすぎ

673 :無名草子さん:04/02/02 01:22
>662
ブックオフとか古本屋さんなら本屋で買うより安いと思うよ。

三浦綾子の氷点と続氷点はいいね。
ちょっと優等生くさいけど。

自分が高校生の時はかたっぱしからよんでたなー
赤川次郎、シドニィシェルダンという娯楽小説から
太宰治、安部公房、司馬遼太郎、吉川英治、ベストセラー本、
アガサクリスティ、エラリィクイーン、スティーブンキング等々

ジャンルは固定せず色んなものを読むと楽しいよー

674 :無名草子さん:04/02/02 01:42
>>630
ゲド戦記いいねぇ。書店では売ってるの見たことないけど、大きめの図書館に
ならありそう。個人的にはハリポタなんかより何倍もいいと思う。
あ〜あとファンタジーならミヒャエル・エンデもいいねぇ。

高校生なら村上ドラゴンより春樹の方が響くものがあるかも。
読みやすいから1ヶ月あれば出てる長編全部読めちゃうし、おすすめ。

そうそうジャンルは固定せずに。森博嗣なんかも面白いけど、あれは
タメにはならんなぁ。

675 :無名草子さん:04/02/02 01:45
>662
ホントはいけないんだけど、
親や兄弟の図書館カードを使ってたくさん借りてた。
一気にたくさん読みたかったし、一気に貸借したかったから。
めちゃくちゃたくさん借りれますよ。
一時期1日に2〜5冊ペースだったから期限内に返せたけど、
無理そうなら期限内に読めるだけ借りてね。

一般書籍板だけど、漫画もいいよ。
「あさきゆめみし」大和和紀→「源氏物語」瀬戸内寂静→古文に強くなる
「ざ・ちぇんじ」山内直美→「とりかえばや物語」訳文→古文に強くなる
「天上の虹」里中美智子→日本史の教科書が面白くなる(w

司馬遼太郎の本も歴史が好きになる。「竜馬がゆく」が一番とっつきやすい。「坂の上の雲」もいいけど。

676 :無名草子さん :04/02/02 01:46
実用書。気分転換にはいいけど。ファンタジーとか小説は所詮脳内。年取ってから読め。

677 :無名草子さん:04/02/02 01:49
どういう人間を目指すかによりますな。

678 :無名草子さん:04/02/02 02:12
>677 確かに。


荻原規子の「空色勾玉」にはじまる三部作も日本古典好きにつながるかも?
歴史つうより日本書紀の世界だけどね。

679 :無名草子さん:04/02/02 16:15
村上ドラゴン「希望の国のエクソダス」
経済用語や経済観念に躓かなければ結構楽しめる。
マネー運用に興味があるなら読んでみるといいよ。
近未来SFファンタジーかな?

オタキングの「ぼくたちの洗脳社会」
思考の仕方が発見できるかも。
簡単に言えばメディアリテラシーを語ってる本。

上の二冊は自分が高校生の頃読んでいればよかったなぁ、と思う本でし。
金の使い方と思考方法は若いうちに覚えた方がいいよなぁ。良きにせよ悪きにせよ。
つーか漏れもまだ若いんだけどなw

680 :無名草子さん:04/02/03 16:38
ふたりエッチ。

681 :無名草子さん:04/02/05 17:08
>>664
隣町の図書館に行くという手もある。

682 :無名草子さん:04/02/06 05:23
売ってるかわからないけど

あれ、あの航海中に食料がなくなったから、くじではずれをひいた奴が
食べられるって話の。なんか出版後に実際に起こったぽいからアンビリバボーで
やってた。その本読んだことないし、検索してもヒットしない。
タイトルも忘れた。誰か覚えてる人いる?

683 :無名草子さん:04/02/06 06:16
多目的掲示板
どんなに下らなくてもいいから、なんでもどんどん書き込んで。
http://www.geocities.jp/jyont/index.html

684 :無名草子さん:04/02/06 10:10
  最近何を読んだらよいか悩んでいます。
 就学前は、『レ・ミゼラブル(児童書)』『イワンのバカ』『コロボックル』『家なき子』
 小学生で、『三国志』『宮沢賢治全集』『ホームズ』『ポアロ』『十五少年漂流記』
 中学生で、吉本ばなな、宮城谷昌光 芥川龍之介、『我輩は猫である』『燃えよ剣』
などを読んでいました。現在高1です。お奨めの本など有りますでしょうか。

685 :無名草子さん:04/02/06 10:14
>>684
そんだけ読んでりゃ好きな作家もいるだろうに。

686 :無名草子さん:04/02/06 10:17
あえて薦めるとしたら、
徐々に現代に近づいてるっぽいから、中上健次とか
宮本輝とか、70〜80年代の作家がいいんでねぇかい?

687 :684:04/02/06 12:18
 レス有り難う御座いました。
>>685 さん
 まだ、特別作家を好きになることが無いので、
はやく好きな作家を探したいです。
>>686 さん
 中上健次… 不勉強で、この作家知りませんでした。
「十九歳の地図」とか面白そうなので、読んでみます。
 宮本輝…「蛍川」あたりからはいってみます。すごく楽しみです。

688 :無名草子さん:04/02/06 14:55
作風はスティーブンキングに似てて洋書なんだけど
T.O.Gがお勧め

689 :無名草子さん:04/02/06 16:06
>>684
太宰や公房なんてどうよ?

690 :684:04/02/06 17:43
 ありがとうございました。参考にさせていただきます。
>>687 さん
T・O・G…誰の略称になるんでしょうか?宜しければ御教授ください。
     キングに似た作風 期待大です。
>>689 さん
太宰治… 国語の教科書で「走れメロス」を読んで以来です。
(遺書とか心中とか青森とかイメージがありますが)「人間失格」あたりから…
安部公房…「壁」がおもしろそうです。

691 :無名草子さん:04/02/06 18:06
赤川次郎読破とか面白そう。

692 :無名草子さん:04/02/06 23:12
>684
ホントに子供っつうか青年なんだなあ。なんか感動しちゃったよ。純なんだね。

大江健三郎の「M/Tと森のフシギの物語」とか「キルプの軍団」、

戯曲でもよければ別役実や唐十郎はどうだろう。
文章の美しさでは、太宰「斜陽」、志水辰夫「背いて故郷」なんかも勧めたい。
増田みず子の「シングル・セル」とか吉野せいの「洟をたらした神」とか、
マルタン・デュ・ガールの「チボー家の人々」とかサリンジャーの「ライ麦畑でつかまえて」とか
面白い本はいたるところに山ほどある。
ライトノベルだって侮れないし。乙一とか上遠野とか小野不由美とか。

うらやましいよほんと。これからどんどん楽しめる。
あんまり分野とか形式に囚われずに、思う存分楽しんでくれ。


693 :無名草子さん:04/02/07 00:02
私は今、中三なのですが、かなり偏った読書をしていて
いわゆる名作と呼ばれるようなものを全然読んでいません。
言葉が古めかしいものだと、拒否反応が出てしまうのか、
読みきれず脱落してしまいがちです。
好きな作家は、小野不由美や、恩田陸、乙一、山本詠美、石田衣良
など、軽めの文章の人が多いのですが、
そんな私にも読めるような本はないでしょうか?
古いものは面白くないという良くない先入観もあるので、
克服したいと思っています。
ミステリーや、サスペンスも好きですし、
恋愛系なども好きです。
是非、面白いものを教えてください。

694 :無名草子さん:04/02/07 00:37
ライム畑で捕まえて〜がいいよ
あとクリトリスにバターを

695 :無名草子さん:04/02/07 16:00
>>693
古典名作を読んでないのはまずいかも、ってのはだれでも持つものです。
今はやりの、あらすじ紹介本とか、ちくまの作家ごとのアンソロジー文庫とかで合いそうな
ものを見つければいいんではないでしょうか。
若いもんは一度は太宰にはまるもんなので、太宰からはじめてみては。

696 :無名草子さん:04/02/07 20:58
>693
古めの名作で読みやすいものっていうと夏目漱石の「我輩は猫である」とか。
笑いの要素があるから楽しんで読めると思う。
(同時代だけど森鴎外なんかは文章が古めかしいんだよね。格調高い美しい文体なんだけど)
芥川龍之介の「鼻」とか梶井基次郎の「檸檬」なんかは短編だから読みやすいんじゃないかな。
芥川の「藪の中」はミステリーというかサスペンスだし。
太宰では「斜陽」がお勧め。冒頭の文章は今でも暗誦できるくらいだ。
それから井伏鱒二の「山椒魚」。最後にグッとくる。作者自身は納得してなかったみたいだが。

697 :無名草子さん:04/02/07 21:56
雪国ってどうや?

698 :無名草子さん:04/02/07 22:33
何読めばいいっていうか、今高2なんですけど
高村薫とか乃南アサとか貴志裕介とかのミステリーかホラーばっかり
読むのはやっぱりいくら活字といえど、漫画読むのと変わりませんか?
新書は好きで色々読むんですが。
中学生のときは女検死官のシリーズとか、好きでした。
最近読んで面白かったのは、安部公房の「砂の女」とか
大岡昇平の「野火」とか柳田國男の「山の人生」です。

勢いのあるものしか読めないというか、純文学は苦手で、
昨日今日で「蹴りたい背中」「蛇にピアス」も読んだんですけど、
いまいちでした。
あと恋愛要素のあるものも・・・。

何読めばいいですか?

699 :無名草子さん:04/02/08 00:15
>>698
>漫画読むのと変わりませんか?
いったいダレにんなこと言われたのか知らないが、それはぜんぜん違うと思う。
絵つきのものより文章のみのほうが想像力ってか思い浮かべる能力を必要とするじゃん。
自分で情報を補完する力とでもいいましょか。
漫画は与えられるイメージの量が桁違いだもんね。良くも悪くも。
漫画は漫画で、いいものはいい。悪いものは悪い。玉石混交はどっちも同じ。
どうも漫画は文学に劣ると思ってるようだが、私はそうは思わない。

>新書
文脈からして講談社ノベルスとか角川ノベルスとかのたぐいだろうか?
ブルーバックスとか岩波新書、中公新書じゃないよな。と仮定して。
やや俗っぽい印象はあるけど、いいんじゃないかと思いマス。
読みやすいサイズだし、文庫よりは挿絵があって息抜きできるし。

「砂の女」「野火」が楽しめるのに純文学が苦手というのはよくわからない。
なんかいろいろ、思い込んでるんじゃないか?モタイナーイ
コーンウェルが読めるなら根気はあると思うし、公房が面白いならヴァカじゃないっしょ?
あと最近の芥川・直木賞は正直あんましアテにならん(私見ですが)。
でもって、なんかやや重めのが好きでホラーミステリー以外のがお望みみたいだから、
とりあえず武田泰淳「ひかりごけ」、大江健三郎「死者の奢り」、
古処誠二「ルール」(ミステリかも?)、埴谷雄高の「死霊」、
吉野せい「洟をたらした神」、増田みず子「シングル・セル」などはどうかと。

700 :無名草子さん:04/02/08 00:28
deeploveのシリーズはやめろ。
あんなの読むのは時間の無駄になるから

701 :無名草子さん:04/02/08 00:45
>700 キリ番すな。それはともかく、>616すか?
やめとけというならば、せめて理由くらい書いたらどうかと
時間の無駄ちゅうなら2ちゃん ry

702 :無名草子さん:04/02/08 08:42
新書、文芸書、ノベルス、ビジネス書、エッセイの意味を教えてくれませんか?
なんかノベルスが小説じゃないようなんで焦った次第。
あと、上のほかにまだあったらお願いメカドック

703 :無名草子さん:04/02/08 09:33
>702
ノベルスは小説でしょう。
新書は正しくは新書版で本の形式、文庫版とかハードカバーとか言うようなもの。
ナントカノベルスとかナントカ新書は同じくくりになる。

ノベルスは文芸書の一分野だと思う。大雑把過ぎるかもだけど新書版で出ている小説の大部分。
あえて文芸書というときは、なんとなく高尚なイメージを受けるんだけど。正直差がわからん。
エッセイも文芸書だけど、創作ではなく日々の出来事や自分の考えを書き綴ったもの。
ビジネス本は実用書の一分野でいわゆる役に立つ情報を並べた本だと思うが。

間違ってたら突っ込んでくれー

704 :無名草子さん:04/02/08 12:13
>>699
ご回答ありがとうございました。
とりあえず、お勧めいただいたものは今読みかけのが
終わったら順番に読んでいこうかなーと思います。
あと、新書というのは岩波新書、講談社現代新書とか家にあるのを
適当に読んでいる感じです。国語力つけようと思って。
今「吉里吉里人」を読んでます。文庫版で上・中・下って
正直しんどいし、でも中途半端に読むのは嫌なんですけど、
面白いですか?

705 :無名草子さん:04/02/08 12:21
高校生は読書ノートとかつけたほうがいいですか?
メモとかしながら読んだ方がいいですか。
それともだらーだらーって読んでっても良いですか。
結構内容とか読んだ端から忘れるタイプなんですが

706 :無名草子さん:04/02/08 12:37
私は経済小説をオススメします。社会に出る前に
読んでおくと良いのではないでしょうか?
変に理想ばかりを持って社会に出ると禿しく挫折
することもあると思うので。
大学へ行くとしてもやっぱり今ぐらいから読んでおくと
いいと思う。高杉良の「欲望産業」武富士のことを
書いたらしい、かなり面白かった。
清水一行とかも切り口するどいぞ。
辛口評論家の佐高信の本もかなり勉強になる。
>>705
読書ノートつけるのはかなり良いことだと思うよ。
印象に残る部分に線を引くのもいいかもしれない。
あとあと楽しいよ。

707 :無名草子さん:04/02/08 12:49
野村進「アジア新しい物語」
アジアの国々で頑張っている日本人達の話。
不動産やだったり花屋だったり柔道指導者だったり、
職業サマザマ。かなり勉強になるよ。

708 :無名草子さん:04/02/08 14:49
>>626
映画観ちゃったから原作読まないとかぬかす馬鹿が多すぎる。
小説と映画は別物だ。

709 :無名草子さん:04/02/08 15:12
ふーん

710 :無名草子さん:04/02/08 15:39
>>701
おぉごめん。
なんていうか、文章力が小学生レベルで
表現とかもガキ臭くて
展開も10ページくらいよんだら分かるし
無駄にエロイいし
とにかくつまらない!!
友達に借りた本だけど、つまらなすぎて、ゴミ箱に投げそうになった。

711 :無名草子さん:04/02/08 20:09
辻仁成とかでいいんじゃないの

712 :無名草子さん:04/02/08 23:49
小遣いも乏しいので図書館で借りて読もうかと思ってます
小説は興味ないんで歴史関係のノンフィクション中心に
読書しようかと思うんですが、皆さん読書ノートとかつけてますか?
本読んでもすぐ忘れるんですが、買った本じゃないので線引いたり
ページ折ったりできないので

713 :無名草子さん:04/02/08 23:58
>>712
俺は、2年位前からつけてる。印象に残ったところとか、ちょっとした感想を書いてる。
文字にすると頭が整理されるし、後々ノートを見直すと結構面白い。
そんなに気合入れて長く書かなくても、ほんの一言、二言で色々と思い出せるよ。

714 :無名草子さん:04/02/09 00:02
三島由紀夫の作品をまだ見た事ないんですが、
どんな作品がお勧めですかね?ってか、ぶっちゃけ
作品を一つも知らないんですが、いろいろ三島由紀夫自体の名前は
聞いたりするので、是非一度読んで見たいと思ったので

715 :無名草子さん:04/02/09 00:04
>714

「奔馬」を読んでだめならほかもだめだと思う。


716 :無名草子さん:04/02/09 00:06
「金閣寺」とかのメジャー辺りがいいと思う。
話題に上った時に話できるし。
マニアックなのを読んでツウぶるのも良いけど(良かねえよ)、
相手にしてもらえない可能性も。

いや、普通に「金閣寺」良いよ。大好きだ。すごい。

717 :無名草子さん:04/02/09 00:11
>>715
ありがとうございます。「奔馬」、読んでみます

あと、最近花村萬月にハマッているんですが、
この人みたいなやくざ、暴力、エロ、同性愛みたいな
テーマが入っている作品を書く作家さん教えて下さい!!
ちょっとアウトロー?的な主人公が出てくるような・・・

718 :無名草子さん:04/02/09 00:14
>>716
金閣寺ですね、ありがとうございます
あ、なんか金閣寺って聞いた事あるかも!


719 :無名草子さん:04/02/09 01:44
綿「……挿れて下さい」
龍「主語と述語が足りないよ」
綿「……おちんちんを……りさのお、おまんこに挿れて下さい……」
龍「ボキャブラリーが貧弱だなあ。君も一応芥川賞作家だろ?
二流官能小説みたいに『おちんちんをおまんこに挿れてください』なんて表現じゃ駄目だよ。
もっと文学的な表現で言ってごらん?」
綿「……あなたの男根を……りさの秘所に挿れてください……」
龍「うんうん、基本だね。悪くないよ。他の表現はない?」
綿「えっ?ちゃんと私、言ったのに……」
龍「1パターンじゃ駄目だよ。君は一生、ひとつの表現だけで
小説を書き続けるつもりなのかい?」
綿「うう……あなたの出刃包丁を……りさの切り身に挿れてください……」
龍「その調子だ。さあ、続けて!」
綿「……あなたのサンタクロースで……りさの……りさの煙突をかき回してくださいっ……!」
龍「他には?もうひとつ言えたら、今度こそこれをあげるよ」
綿「あ……あなたの雪まみれの蒸気機関車を、りさの国境の長いトンネルにっっ…… 」

というレスを見て、非常に感動しました。
そんな私にぴったりな、小説を教えてください。


720 :無名草子さん:04/02/09 17:13
アンインストール

721 :無名草子さん:04/02/09 19:15
>>714
「美しい星」だな

722 :無名草子さん:04/02/09 19:19
「嫌われ松子の一生」
 


723 :無名草子さん:04/02/09 19:29
高校生にはやはり団鬼六ですね

724 :無名草子さん:04/02/10 23:41
ちょっと目先を変えてクラフト・エヴィング商會なんかどうでしょ。

725 :無名草子さん:04/02/12 09:17
漫画だけどハンターハンターのキメラアント編がおもしろい。
そんな僕にお薦めはありますか?

726 :無名草子さん:04/02/12 11:31
>714
金閣寺とか仮面の告白とか正当派を読んだら
ちくま文庫の「レター教室」も一読おすすめ〜
軽く読めるしちょっと三島のイメージが変わった。

727 :無名草子さん:04/02/12 11:43
好きな作家ってどうやって見付けるものなんですか?
色々な本を手当り次第に読んで自然とできるもの?

728 :無名草子さん:04/02/12 12:49
好きなジャンルで売れている本、有名な本、
古典的なものを読んでいけばいいかと。
いいものから読めば、自然と見つけられると思うよ。
ほら、刀の目利きには最初から、名刀ばっかりしか
見ないことが重要っていうでしょ。


729 :無名草子さん:04/02/12 13:43
くだらん。
好きな本よみゃいいだけに決まってんだろ

名作とか駄作って言う批評は
本キチガイだけがやってりゃいいだけの話

730 :無名草子さん:04/02/12 18:25
安部公房の砂の女を読んで、文章がきれいで読みやすかったんですが
他に文章が上手い作家さんってだれがいますか?

731 :無名草子さん:04/02/12 23:02
>>725
俺とおんなじ様なやつだなw


732 :無名草子さん:04/02/12 23:22
>>730
村上春樹とか?

733 :無名草子さん:04/02/12 23:52
>>732
レスどうもです
村上春樹は確かに読みやすかったです
羊3部+ダンス+ノルウェイあたりは読みました。
読んでいてつっかかったり、戻り読みすることがほとんどない。
ただ少しくせがありますよね。もう少し普通の文体のものがいいです。


734 :730:04/02/13 22:11
>>730なんですがageさせてください

今、辻仁成のピアニシモを読んでるんですが、
イライラしてしょうがない。
「〜のような」って比喩表現が多すぎて
結局何が言いたいのかさっぱり。文が不自然に感じた。


何かオススメないでしょうか?
他には宮本輝もとても読みやすかった。


735 :無名草子さん:04/02/13 23:25
志水辰夫の文章の描写がとても好きだ。
素材には合う合わないがあるけど。
試してみる価値はあるかと。「いまひとたびの」とか。あんまし子供向きじゃないが。
あと川端康成なんかは定評があるからはずれはないだろけど。読んだ?

736 :無名草子さん:04/02/14 07:13
俺も本読もうと思った高校生ですが、何を読めばいいか全くわからない。
これまで本を読んでこなかったから、どんな作家がいて、どんな本が自分の好みかすらわかりません。

何かお勧めありませんか?
「漠然とお勧めを教えろと言われても困る」という声が聞こえてきそうですが、ほんとうに何でも良いので
お勧めを教えて下さい。

737 :無名草子さん:04/02/14 09:37
>730
系統は全然違うが、内田百間(門がまえに月、が正しい字)。

>736
名作と言われているものでも薄いものか、軽いエッセイから入るとか。
国語の教科書で面白いと思ったのは小説?論説文?エッセイ?
スポーツ・音楽・料理・旅行とか自分の趣味があったら、
それ関係の本を読むとか。読書以外ではどういうことが好きなの?

738 :無名草子さん:04/02/14 10:26
獅子文六の「箱根山」です。
これは、大人の心を持った高校生の読む本です。
図書館で 検索して捜してみてください。
ここから芋づる式に獅子文六を読む。。。人生の至福。

739 :736:04/02/14 10:44
>>737
名作ですが・・・
有名な小説家とかなら知ってるんですけどね、夏目漱石とか森鴎外とか。
作品名まではわかりませんね。

読書以外と言われると・・・何でしょう。
基本的に引きこもりなんで(学校には行ってる)ネットばっかりしてますね。
最近は時間が潰れるのみで有意義でないので、興味の方向を読書に向けてるんですけど。

スポーツは中学の頃に剣道を、音楽はQueenとか(プライド以前からのファン)古めのロックか
古いヘヴィメタ、料理できない、旅行どころか外出もろくにしない。
テレビでやってたらアニメとかも見ますね。ビデオ買ったり、キャラグッズに手を出すまでには
いかないですけど。
引きこもりの古いもの好き+オタクって感じですかね?

ああ、自分の駄目人間具合を再確認・・・

740 :無名草子さん:04/02/14 15:40
>>736
夏目漱石「草枕」とかどうよ?

741 :無名草子さん:04/02/14 19:04
>736
日本の古典というか名作で面白かったのは、自分は芥川くらいかな…。
あと賢治とかね。
鴎外は昼メロみたいで私は駄目だ…。

私(18)は漫画とライトノベル少しと最近の直木賞作家数人程度しか読んだことが
なかったんだけど、どうやら海外作品の方が自分に合ってるかな、と思い始めた。
ちなみに好きな漫画家は三浦健太郎、萩尾望都など。映画はSF、日本映画はジブリ程度。
自分は純文学や人の内面を身近に描写する作品は、「現実逃避としてのフィクション」に慣れてる身と
すると妙に心にズカズカ入ってきて気に障って楽しめない。
漫画世代に多いんじゃないかなぁ、こういう人。あまり上手くは言えないけど。
ドラゴンボールのゴクウとかに慣れてると、ゴクウが家庭不和抱えて仕事のない劣等感感じて
たりっていうリアルな心の描写をされても辛い、というか。
多くの漫画作品ってリアルな心の描写をしつつも、言葉が悪いけど「しみったれた」感じも
アクセントでしかない。私は本には娯楽性+心に触れるものを求めるので。
海外作品ならすでに舞台や登場人物が自分自信とは壁一枚隔ててるから、安心して「キャラクター」
として読むことができる。
長々とごめん…。レイ・ブラッドベリとか、スティーブン・キングなんかどうでしょう。
前者は「たんぽぽのお酒」、後者はとりあえず「グリーン・マイル」とか。

742 :無名草子さん:04/02/15 10:17
マジレスしよう。
高校生はまず、本屋に言って
岩波新書の「読書力」(斉藤孝)を買いましょう。
値段は700円くらい。
そしてそれを、前半部分だけでもいいから読む。
巻末を見ると、お勧め本100冊がリストになってるから、
紹介文見て面白そうだと思うやつから読むとよろし。

743 :無名草子さん:04/02/15 10:48
ついでに漏れが面白かった本挙げときます。

『我らが隣人の犯罪』(宮部みゆき)意外なオチと発想でほのぼのした気分になれる。
『文学部唯野教授』(筒井康隆)大学の内幕が暴露される。途中何度も挿入される講義の部分は難しければすっとばしてもよい。
『霧越邸殺人事件』(綾辻行人)犯人が誰なのか、6番目の住人はいるのか、「暗号」は何を意味するのか、気になって眠れない。
『ホワイトアウト』(真保裕一)映画になったから有名かも。普通に面白い。
『ぼくは勉強ができない』(山田詠美)高校生・中学生は絶対読みましょう。
『若き数学者のアメリカ』(藤原正彦)名エッセイ。一気に読める。アメリカに行きたくなる。
あと星新一のショートショートはたいてい面白いので買って損はない。

744 :無名草子さん:04/02/15 10:52
>741
18だろ?不思議なもんで働き出したりすると世間の荒波に揉まれるから、
ゴクウとかが馬鹿らしくなってくるよ、というか浅すぎて読み応えがなく
なってくる。で、若いから純文学とかのエッセンスなんかもアザトク見える
かもしれないけど、歳とってゴクウなんかが浅くなってきたら、若い頃の自分
の視点なんかと比較できて、為になったりもするから君はいい経験してるよ。
自分の気に入らないものを読んどくってのも結構役に立つと思うな。

まあでも、ドラゴンボールは歳とってもおもろいけどな。

745 :高校2年生:04/02/15 11:29
青が散る読み終わった。
図書館で借りたんだけど普通に面白かったYO


746 :737:04/02/15 11:45
>737
個人的には読書以前に若者らしくスポーツでもしろと言いたいけど
スレチガイなので。

私は音楽のことは全然分からないんだけど、音楽好きの人が勧めてくれた
ヤァ!ヤァ!ヤァ!ビートルズがやって来た―伝説の呼び屋・永島達司の生涯
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4877283277/ref=lm_lb_23/249-7333650-2133116
はおもろかったよ。

747 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

748 :直子二十八:04/02/15 16:55
最近の同世代に近い綿谷りさ、金原ひとみの作品を読みなさい。
それから、村上龍、村上春樹を読みなさい。
最後には、司馬遼太郎を。

749 :無名草子さん:04/02/15 17:19
高校生は純文学を読んでオナニーをしていればそれでよし!

750 :無名草子さん:04/02/15 18:48
小説じゃないが、高島俊男『お言葉ですが』や呉智英『ホントの話』なんかもいいよ。

751 :741:04/02/15 19:39
いっそ私にオススメを下さい。

>744
まあ、ゴクウは例えなんだけどw そら浅いわと思うし。
感覚としては、例えば映画「自転車泥棒」なんかも凄く心に響くし感動もするのだけど、
登場人物と自分の間にすき間がなさすぎて、辛すぎる感がまだある。
社会に出るのと自分の空想との狭間にいるからなんだろうけど。
だから京極なんかはキャラクター小説として好きだし、石田衣良あたりも有る程度記号
化してるから平気なんだけど、宮部となるとあの日常感に苛立ちがあります。
例えば模倣犯の、老婆を殴り倒すシーンとか、あまりにネチネチしてて最悪の気分に
なった。
というか有る程度エンターテイメントな作品の方がもう好きなのかもしれないな、と思ってる。
純文学と言われる物も海外作品ならさほど抵抗はないんだけど…。ヘッセとかは好き。
変わるかな…。
綿屋も金原もあとリトルバイ…も立ち読みしたけど、あの程度の内容なら少女漫画の
方が全然高度だなあと思ってしまったし(モヨコや小野塚、南やいくえみの勝ちだと思う)。

ちなみに743のは大体既読ですが、「感動した!」ってほど面白くなかった。
ていうか日本作品でまだ感動したことない。

752 :無名草子さん :04/02/15 20:28
山本弘の「神は沈黙せず」角川書店1900円がものすごく面白いので
とにかく読め 読め 読め 高校生ならすごくはまる

753 :無名草子さん:04/02/15 23:10
>>752
とりあえず落ち着け

754 :無名草子さん:04/02/17 00:32
村上龍の中では何が一番いいですか?

755 :無名草子さん:04/02/17 01:19
村上龍私は料理小説集が好き。別に高校生向けとも主湾が…

756 :無名草子さん:04/02/17 02:36
マジホントに本を読むのが初めてで、
他人の目を気にする必要がないんだったら、いっそコドモ向けの本を読んでみるのもいいと思う。
実は絵本とか児童書のほうが深いかも、と思う今日この頃。ナメたらあかんで。
40近い自分が今も楽しめる本をいくつか。

「エルマーとりゅう」ルース・スタイルス・ガネット
「ももいろのきりん」中川李枝子
「大地の冬の仲間たち」後藤竜二
「車のいろは空のいろ」あまんきみこ
「きつねの窓」安房直子
「だれも知らない小さな国」 佐藤 さとる
「セロ弾きのゴーシュ」宮沢賢治
「賢者の贈り物」O・ヘンリー
「モモ」ミヒャエル・エンデ
「点子ちゃんとアントン」エーリヒ・ケストナー
「チョコレート工場の秘密」ロアルド・ダール

まあまだまだあるがまあこの辺で。
もし気に入った作品があったら同じ作者の作品とか、
同じシリーズだとか、その作者がホメてるヤツとか、
そういう感じで芋づる式に手繰ってみると一興なのではないかと。
ヒット率はそれほど高くはないけど試してみる価値はあり。
それから、昔話のたぐいも結構おもしろい。
北欧神話とかギリシャ神話とか、いろんな漫画やゲームなんかにも使われてるし。
アンテナに引っかかったら、とりあえず調べて読んでみるってのも手。

757 :無名草子さん:04/02/18 15:56
不夜城、凶気の桜、ホワイトアウト
を読んで面白いと思ったのですが、こういった感じの本はありますか?

758 :無名草子さん:04/02/18 16:27
コインロッカーベイベーズ

759 :無名草子さん:04/02/18 16:46
>752は
と学会関係者の自己宣伝。w

キモイぞ、ゴルァ!!! ヽ(‘Д´)ノ

760 :無名草子さん:04/02/18 17:05
>>693
尾崎士郎『人生劇場』を勧めておこう。すらすら読める文章で面白いよ。

761 :無名草子さん:04/02/18 21:05
「限りなく透明に近いブルー」
「死者の奢り」
「夢十夜」
「謎の物語」
「世界幻想小説集4小学館版」
「真ッ赤な東京」
「初めてのSEX」
「PAPE OF 南京」
「漢字検定準1級練習帳」
「前夜祭 〜キミをいじめたい〜」


762 :無名草子さん:04/02/18 21:38
>761
高校生じゃないが、なんか傾向がわからんぞそれ・・・
ちょこっと説明入れてみれば?

763 :無名草子さん:04/02/18 22:00
たぶん、愛読書を1つでも良いから、手元においておくと良いよ。
何でも良いから・・。

若いときに何回も何回も読んで、
年をとって目の前に道が無くなったときに
読み直すと忘れていた若いときの思い出を
ふと思い出すよ


っという感じの言葉を誰かが書いていたな・・。

764 :無名草子さん:04/02/19 21:33
761はたぶん、
高校生でとにかくヤリタイ子が多いからちょっとエロめな本で想像力を
豊かにし、尚且つ漢字検定の本で学力アーップ!

765 :無名草子さん:04/02/20 23:56
活字のエロで想像力鍛えておかないと早く駄目になるらしいよ。
そういえば俺の友達は「くびれ」って単語見ただけで興奮するって言ってた。
今みたいに視覚情報が溢れてる時代だと、エロ小説読むにも主体的な意思が要るな。

766 :無名草子さん:04/02/21 05:02
北杜夫(超有名作家)
「さびしい王様」
「さびしい姫君」
「さびしい乞食」
『大人の童話三部作』と言えば書店員が知ってるはずだと思う。
 読みやすくて深い。ちょっぴり切ない。
マークトゥェイン(超有名作家)
「ハックルベリーフィンの冒険」
 読みやすくて深い。
島田雅彦(有名作家)
 天才肌の作家。ハマる人はハマる。少し読みづらい。
池澤夏樹(有名作家)
 読みやすくて透明で温かい。
中園直樹(無名作家)
 切なくて読みやすくて透明で深い。

 上記は入門として読みやすい作家中心で挙げた。
 ちなみに、村上春樹は読みやすいが、島田雅彦氏に「馬鹿な女子大生の読む小説」とけなされているため却下。
 やはり、読み初めにはできるだけ良い作品や、感動できる作品に触れてもらいたいと思うため。
 芥川賞の二作品は読まない方が無難。
 あれは高校生向けではなく、読書量の多い大人向け。
 いきなりあれから入ると混乱する可能性が高い。
 また、ドストエフスキーはいい作家だが、大人になってから読んでもらいたい。

767 :無名草子さん:04/02/21 15:38
思春期独特のダウナー気分全開状態に陥った時に
「人間失格」を読むことをおすすめ!

乙一「ZOO」はあんまり本読まない高校生でも楽しめると思うからおすすめ。
内容的に合わなかったり理解できねー、って可能性もあるが。
ZOO収録の「陽だまりの詩」が漏れとしては一番のおすすめ。

768 :無名草子さん:04/02/21 16:19
いま、会いにゆきます
という本がとても人気だったらしいのですが
皆さんよんだことありますか?
私も、最近本読み出した高校生です。

769 :無名草子さん:04/02/21 17:29
とりあえずドストよんどきゃ通ぶれる

770 :無名草子さん:04/02/21 17:41
>>767
そうですね。
乙一は基本的に読みやすい。
微妙にグロ描写があったりする作品もあるから、苦手な人は苦手だけど。
「GOTH」「暗黒童話」以外は割りと大丈夫。多分。
ちょっと値がはるけど、「失はれる物語」とかは読みやすいし切ない話。

771 :まねきねこ ◆ntIiEamS16 :04/02/21 17:42
自分が読みたいと思う本を見つける旅をするのもよい

772 :無名草子さん:04/02/21 17:52
東野圭吾とか文章力ないなぁって思う。
会話が多いような小説を読んでも読みやすいだけで文章力とかはつかない。
町田康とか鈴木光司は表現力がある。リングは小説の方が映画よりはるかに怖い。
映像演出のみに頼って、原作を無視した映画(中谷みきとか出る方)は陳腐極まりなかった。
マンガだと日本橋ヨヲコの「プラスチック解体高校」「G戦場〜」、みうらじゅん
「アイデン&ティティ」がおすすめ。主体性を持てるようになる。
こういう本に影響受ける人が増えれば「なんてったってこ〜いずみ♪」とか歌ってるアホ首相を崇めて
税金や年金で不利益うけても全然気にしない国民性は生まれないと思うな。小泉なんて税金の引き上げばっかしてんのにね。
森首相なんかよりずっと害だよ



773 :無名草子さん:04/02/21 19:40
↓ そっとしといてやれ

774 :無名草子さん:04/02/22 04:58
らじゃー
(しいっ、あっち見ちゃいけません)

775 :619:04/02/22 11:58
あれですね、あんま戦いものじゃないのがいいんですよね。
頭を使って考えるようなのが好き。
そうなると、やはり、キーワードは「賢者」に落ち着く。
でも賢者が使う魔法は攻撃系ではなくて、空間を変える的な。
そうすると、やっぱ具体例としてもってこいなのが「聖剣伝説LOM」ですね。
でもってあの西洋的な画のイメージも崩さないような。
ちなみにハンターハンターではヨークシンの旅団編が好きです。次にキメラアント。


776 :619:04/02/22 12:00
罪と罰、読む価値ありますかね?


777 :無名草子さん:04/02/22 12:50
>>776
大有り

778 :無名草子さん:04/02/22 18:32
まずは図書館に行って、人気のある作家から読んでいけばいい。
文芸を理解しようと思えば、一冊で挫折する。

779 :無名草子さん:04/02/23 08:53
>>また、ドストエフスキーはいい作家だが、大人になってから読んでもらいたい。

若いうちに読むとなにか問題あるんでしょうか?


780 :無名草子さん:04/02/23 09:46
「罪と罰」は若いうちに読んでもたぶん苦痛。


781 :無名草子さん:04/02/23 12:17
別になにか悪影響があるわけじゃないんだねよかった

地下室の手記とか高校生なら十分共感できると思う

782 :無名草子さん:04/02/25 13:23
まず「あ」から読め。
赤川次郎、秋元康あたりがいい。
次は「い」なんだが・・・
間違っても井上靖には手をだすな。
ここはスルーして「う」に進め。
内田康夫がオススメだ。

783 :無名草子さん:04/02/26 18:40
結構本好きになってきたみたいだね。

古典なんかも手を出してみるのもいいんじゃない?
何回も読み返せる愛読書を作るといいね。
バルザックなど、読む価値は十分にあり。

よかったらどうぞ。

784 :無名草子さん:04/02/26 18:45
俺もジェーン・エアとかなんかそういうの読んでみたい。

785 :無名草子さん:04/02/26 19:52
「悪童日記」読んで欲しい。
あまりに面白くて一日で読んだ。

786 :無名草子さん:04/02/26 21:37
>>782 なんで井上靖ダメなの? 「しろばんば」読んでるけどおもしろいよ

787 :無名草子さん:04/02/26 22:15
昔塾の本棚にしろばんばが置いてあって、当時消防だった
俺と友人はその意味が分からず、なんか「しろいばばあ」
と解釈してしまった。で、塾の講師(22才♀)に
しろばんばしろばんばと言って追い掛け回した事がアル。








                      先生半泣きだったなぁ


788 :無名草子さん:04/02/26 22:55
太宰治

789 :無名草子さん:04/02/26 22:57
星新一

790 :無名草子さん:04/02/26 23:19
宮部みゆきの模倣犯。
中だるみがなく、緊張感が最初から最後まで続く。
いったん読み出したら、止めるのが困難なので
用事がある時は注意。

791 :無名草子さん:04/02/26 23:38
宮沢賢治

792 :無名草子さん:04/02/27 04:39
「あすなろ物語」「しろばんば」「路傍の石」

793 :無名草子さん:04/02/27 04:51
ドスト「貧しき人々」「地下室の手記」「罪と罰」

794 :無名草子さん:04/02/27 05:54
立花隆編「二十歳のころ」二十歳になる前に読んどくといいかも。

795 :無名草子さん:04/02/27 11:20
立花隆は読まなくてもいい

796 :無名草子さん:04/02/27 15:11
佐高信の「青春読書ノート」は、内容ぺらぺら。

797 :無名草子さん:04/02/27 18:50
ヴィクトル・ユーゴー
「ああ無情」(=「レ・ミゼラブル」)
これで泣ける人間は真人間だ
ちょっと歴史に関して知識が欲しいけど

798 :無名草子さん:04/02/27 21:48
藤沢周平

799 :無名草子さん:04/02/27 21:54
鈴木光司のリング、らせん、ループ。
リングは並だが、らせん、ループはかなりの名作。
リングを飛ばしてらせんから読むと
9合目まで車で行って、そこから山を登りきったぐらいに感動できるよ!


800 :無名草子さん:04/02/27 21:58
立花隆、科学系のは読まなくていいけど青春漂流と二十歳のころはいいよ。

801 :無名草子さん:04/02/27 22:10
宮本輝「青が散る」

802 :無名草子さん:04/02/28 10:30
青が散るってどのくらい面白いの?

803 :無名草子さん:04/02/28 11:22
むなしい気持ちになります

804 :無名草子さん:04/02/28 15:38
なんかそこに神秘性が感じられた高2の夏

805 :無名草子さん:04/02/28 15:41
13歳のハローワーク、オススメ。ためになるよ。

806 :無名草子さん:04/02/28 16:02
はやりものはなるべく読まないこと。
中学、高校の教科書に出てきたもので興味を持った作家の他の作品を読みましょう。
ベストセラーは現在たくさん売れているというだけの本なので、内容の良し悪しとは関係ない。
ただ話題性のみで売れている本もあるし。今年の芥○賞を見ればわかるでしょう。
内容的に偏ったものや現代の風俗を面白おかしく取り上げてるだけのものを読んで、おかしな傾向を身に付けないためにも、高校生のうちは評価の固まった古典を読みましょう。
乱読は大学生、社会人になってからで十分。

807 :無名草子さん:04/02/28 16:51
活字に親しむことが大事。

808 :無名草子さん:04/02/28 18:27
>>797
かったるいと思う高校生もいるかも。

809 :無名草子さん:04/02/28 20:57
自分自身大学に入ってから読書に目覚めた活字中毒者
(それまで小説なんぞ全く読んだことがなく、教科書すらも目を通さなかった)
だから思うけど、初っ端から夏目や森や三島なんかの文豪や
外国の著名な文学には手を出さないほうがいい。
はっきり言って単語の意味すらわからんし、前提条件として知ってるべき
諸知識がなく、読書を楽しむ素養がないので只苦痛なだけ。嫌いになる。
これは小学校の頃から活字に親しんでいて小中学校から難易な純文に
親しんできた人には分からんこと。外国文学なんてもってのほか。
最初はエンターテイメント性の高い大衆文学のほうがいい。
そこで読書の楽しさをおぼえてだんだん難解なものに進むほうが楽。
星新一やここでは叩かれているけど宮部みゆきなんかがいいと思う。
歴史が好きなら司馬遼太郎が読みやすい。
ちなみに自分は酒見賢一の「後宮小説」が読書経験皆無ながら面白かった。
とにかく古典的名作は退屈に感じるだけだから避けたほうがベター。

810 :無名草子さん:04/02/28 21:22
評価の高い本なんかセレクトするから教科書的な制服的な人間がはぐくまれる。W

811 :無名草子さん:04/02/28 21:25
グーグルで「オススメ本」とでも検索して1、2冊みつくろえば

812 :無名草子さん:04/02/28 21:32
邪道だが、古典物は映画化されているのが多いから1度観てから
原作にいくのも一つの手だと思う。

813 :無名草子さん:04/02/29 16:57
>>809がいいこと言った。
小さい頃に読んだって言う奴の殆どは本の奥深さを分かっちゃいない。
語っても全く自分についてこれない。

814 :無名草子さん:04/02/29 23:55
「世界の中心で愛を叫ぶ」って激しく意見が別れるんですが、
実際どうなんですか?

815 :無名草子さん:04/03/01 00:47
意見は全然分かれてないと思うが

816 :無名草子さん:04/03/01 14:39
柴崎コウと読者で別れてます。

817 :無名草子さん:04/03/01 17:44
>>814
運子

818 :無名草子さん:04/03/02 19:09
シドニィシェルダンの「ゲームの達人」がいいよ。
本の楽しさがわかるの間違いなし!

819 :無名草子さん:04/03/03 20:37
スティーブンキングだな。まずは「骸骨乗組員」あたりの短編集から始めて
面白かったら初期の長編に挑むべし。これからキングを初めて読めるなんざ
幸せ者だ。

820 :無名草子さん:04/03/04 09:16
>>716
遅レスだが、「金閣寺」は黛敏郎のオペラもぜひ観るべし。

821 :無名草子さん:04/03/05 23:43
>813
>小さい頃に読んだって言う奴の殆どは本の奥深さを分かっちゃいない。

30歳だけど、今まで読んだ本の奥深さを理解できてるか自信ない。
読書って、その時の自分にとって都合のいいことしか読み取ってない、と思う。

高校生のとき背伸びして古典読んでワケワカランかったけど、
古典読んだって意味不明な自信がついたし、今読み返して新たな感動が
あったりしてそれはそれでいいと思うが。

>814
普段本を読まない人・お涙頂戴が好き → 感動した!
普段本を読む人・ひねくれた人 → なんじゃこりゃ

コバルトとかハーレクインロマンスの変形版と思えばいいんじゃないでしょうか。

822 :無名草子さん:04/03/06 00:23
>814
SF読みの私はタイトルを見た瞬間に拒絶反応を起こした。
内容以前の問題。

ダメなんだよなぁこういう感覚の人そのものが。
(他人の褌で自分の頭を飾るようなタイプっつうか)
せめて某にたいして詞でも送っていればまだしも……

823 :無名草子さん:04/03/08 00:59
ここで推されてる村上ドラゴンの69やっと読みました。
もう、まじ面白かった。
村上さんの本をこれから中心に読んでいくつもりです。

厨房臭いレスですいません。

824 :無名草子さん:04/03/08 06:09
69は村上龍の中では変わっているからなぁ。
でも他のも面白いと感じた。特にコインロッカーズと五分後の世界が。
漫画読んでるみたいだった。僕も公房です。

825 :エロい人:04/03/08 14:00
龍なら、愛と幻想のファシズム読みなさい

826 :無名草子さん:04/03/08 14:27
赤川次郎読みなさい。読みやすくて感動できる。

827 :無名草子さん:04/03/08 16:38
三毛猫系はいいね。当時は斬新だったよ、犯人が冒頭のとこで出てくる。

828 :無名草子さん:04/03/08 17:35
結局何部売れたの?????????

829 :無名草子さん:04/03/10 17:30
赤川なんか読んだら頭が悪くなるぞ。サザエさんか少年ジャンプを読んだ方がマシだ!

830 :無名草子さん:04/03/10 19:37
藤原伊織のテロリストのパラソルが面白かったんですが、
何かおすすめありますか?宮部みゆきは読みました

831 :無名草子さん:04/03/10 19:57
>>809
同意する。
俺も大学入りたてのころ何か読まなければならない衝動に駆られ
文学作品を読もうと思った。そこで罪と罰を読もうと思ったんだが、
あまりにも長すぎるし、言い回しなどよくわからなくて挫折した。
それから軽めの小説から読み始め最近になってやっと罪と罰を
読了した。

軽めのエンタメ小説 −> 生きてる人の短編小説 −>
生きてる人の長編エンタメ小説 −> 日本文学短編物 −> 日本文学長編
ー>海外文学(古典)短編 ー> 海外文学(古典)長編

とレベルアップしていくのがいいと思う。


832 :さをり。 ◆DQN69KNxeg :04/03/10 20:33
大槻ケンヂのグミ・チョコレート・パインはいいよ。面白いしおすすめ☆ 80年代の話が多くて読みづらいかもしれないけど高校生の話だし共感出きると思います♪

833 :無名草子さん:04/03/10 21:29
堺屋太一「平成三十年」
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/7553/

「油断!」    →オイルショックを予測し、的中
「団塊の世代」 →90年代の中高年のリストラ、財政赤字の急拡大などを予測し、的中

・・・そして堺屋氏は、また新たに長期の未来予測を描いた問題小説を放った・・・

――平成三十年(2018年)に一体何が起こるのか?――  

834 :無名草子さん:04/03/11 00:07
工房の時、澁澤龍彦の『快楽主義の哲学』を読んだけど、
あれはなんか良かったな。
つか工房じゃないと楽しめないっつーか。

835 :無名草子さん:04/03/11 01:05
「生きる屍の死」。
ちょっと、長いけど、オススメ。創元文庫なり。

836 :無名草子さん:04/03/11 02:53
名無シネマさん :04/03/10 01:28 ID:isgylACW
正常な人間ならこんな感じである。異論は認めない。

3〜6歳:おじょうちゃん ←ストライクゾーン
7〜9歳:おじょうさん  ←外郭高め
10〜13歳:お姉さん  ←ボール
14〜17歳:オバサン  ←大暴投
18〜24歳:ババア   ←危険球
25〜29歳:産業廃棄物 ←デッドボール
30〜:核廃棄物      ←乱闘


837 :無名草子さん:04/03/11 03:47
フランス書院

838 :無名草子さん:04/03/16 17:32
age

839 :無名草子さん:04/03/16 19:49
すげーなこのスレ。立ったの2年前かよ。
俺が2chで見たスレで一番長寿。


840 :無名草子さん:04/03/16 20:18
まあ、高校生が読むのなら「ボボボーボ・ボーボボ」がおすすめかな。
今就職活動中に暇を見つけては読んでるけど、現実がいかに厳しいのか
思い知らされるよ。就職活動うまくいかないことや、親父が癌で死ぬことや
親戚との遺産トラブルなんて何でもないことに思える。
絶対に若いうちに読んでほしい!読んでぜひとも悟りを開いてほしい。

841 :1:04/03/16 22:02
1です。

>>839
早いものでこの春大学進学が決まりました。
大学では課題として本を読まされるというのに(((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブルですが、
これからは時間もたくさんあると思うのでこのスレを参考に読書に打ち込んでいきたいです。


842 :無名草子さん:04/03/16 22:40
既出かもしれませんが私は高校生になって山田詠美を読んでかなり憧れました。

843 :無名草子さん:04/03/19 14:58
age

844 :無名草子さん:04/03/19 22:19
「世界の中心で、愛を叫ぶ」を読んで初めて読書の良さが分かりました。
もっとこういう本が読みたい!
なんか教えてください。

845 :無名草子さん:04/03/19 23:52
>>844
本気で言ってるなら、どんな本でもその条件を満たせるだろう。
というか、今まで何を読んだのか聞きたいぐらいだ

本気じゃないなら、釣りの本でも読むべきだ

846 :無名草子さん:04/03/20 10:47
売れてる本は読みやすいって事だもんね。
だったら東野圭吾とか読めば?とても易しいわよ

847 :無名草子さん:04/03/20 20:53
>844
最近芥川賞取ったやつでも読めば?
ちょっとタイトル忘れちゃったけど。

848 :無名草子さん:04/03/21 08:59
>>845 サンクス
>>846 サンクス
>>847 サンクス

849 :無名草子さん:04/03/22 16:21
若竹七海の「スクランブル」
部活行くのが嫌で、何気なく図書館に行って、何気なく手に取った。
迷わず部活サボって読みふけったよ。

高校生でいるあいだに読むのがいいですな。特に女の子の方が楽しめるかと。

850 :無名草子さん:04/03/22 17:24
>>1
太宰治を全部読むと良い。出来れば受験に突入してから。
模試で悪い点とって鬱発症したら「人間失格」読むと良い。
楽になれるよ

851 :無名草子さん:04/03/22 17:27
>>850
全然ラクになれませんでしたが何か?

852 :無名草子さん:04/03/22 17:33
年齢に関係なく書店に行って漫画でも雑誌でも小説でも、
なんでもいいから気に入った本を探して読めばいい。

853 :無名草子さん:04/03/22 18:38
>>850
あんた、ホントの鬱を知らないね?
それにあれはボーダーが読んだ方が楽になるはず

854 :無名草子さん:04/03/22 19:07
http://www.nsjap.com/marco/marco0.html

855 :無名草子さん:04/03/23 09:31
単純に岩井俊二は?高校生の時にラヴレター読んだけど、すごい良かった。

856 :無名草子さん:04/03/24 12:25
age

857 :無名草子さん:04/03/25 17:24
岩井って中学高校で読んでもくそにしか見えなかった19歳

858 :無名草子さん:04/03/28 00:32
>>805の「6 何も好きなことがないとがっかりした子のための特別編」がお薦め。



859 :無名草子さん:04/03/30 18:20
有名な本を読もうと思っているのですが
赤毛のアン
アルジャーノンに花束を
白い犬とワルツを
はどうでしょうか?おもしろいですか?


860 :無名草子さん:04/03/30 18:36
「アルジャーノンに花束を」ぐらいでよし。暇だったら赤毛のアンでもいい。
白い犬はやめとけ。

861 :無名草子さん:04/03/30 19:13
>>859
おもしろいかどうかは自分で読んで決めるんだよ。
おもしろさのツボも人それぞれだしな。
横着せずに、3冊とも読み始めてみれ。
読んでみておもしろくなかったら放り投げればいいさ。

862 :無名草子さん:04/03/30 21:03
高校生なんだから自分で探せ!

863 :無名草子さん:04/03/30 22:29
白い犬とワルツは古本屋行くと何冊か置いてあることが良くあるな
買う人は多いみたい


864 :無名草子さん:04/03/31 13:46
白い犬とワルツ買おうと思ってるけど
楽しい?

865 :無名草子さん:04/03/31 16:04
>>841
おめでとうございます。
高2の夏、もっと本読んでおけばよかったと思います。
今年受験生ですからね、ほとんど暇はなくなります。



866 :無名草子さん:04/03/31 16:15
>>865
大学に入れば時間できるよ。

867 :無名草子さん:04/03/31 21:58
大学生ってヒマなの?

868 :無名草子さん:04/03/31 22:07
文系で親が金持ちならかなり時間はある。

869 :無名草子さん:04/03/31 23:14
理系の国立なら?

870 :無名草子さん:04/04/01 12:15
>>868
そ、それはどういう意味??
国立の文系ですけど。


871 :無名草子さん:04/04/01 16:43
>>868それくらい理解しろよ。金持ちならバイトしなくても、小遣いもらえば金も時間もあるだろ。理系は実験やレポ―トやらで忙しいらしい

872 :871:04/04/01 16:48
あ〜>>870だったね、ごめん。
乙一の作品はさらっと読めていい

873 :無名草子さん:04/04/01 18:51
理系でも文系でもあまり変わらんと思うけど。
理系か文系かよりも真面目に勉強してるかどうかが重要だと思う。
少なくとも俺の大学では1回生では実験はなかったし、
2回生でも週に決まった時間にみんな一斉に実験してただけ。
研究室で時間が掛かる実験なんてやってたのは4回生の時限定。
それでも就活やるだけの時間はあったし。
将来研究者になりたいとか思ってる奴は別かもしれないけど
ただ卒業すりゃいいと思ってりゃそんなもん。

874 :無名草子さん:04/04/04 22:26
>>867
文系なら腐る程自由に使える時間できるよ。
一人暮らしで仕送り生活だったらもっと持て余す程の時間を得られるよ。

875 :無名草子さん:04/04/12 02:01
現役の高校生ですが、
図書館で表紙や背表紙の装丁が気に入ったものを探して
とりあえず読んでみるのもおすすめです。
蔵書検索で適当に好きな言葉で検索掛けて、探して見るのも良いかもです。

あとは、ライトノベルから読み始めるとかかな。

876 :無名草子さん:04/04/15 00:45
浪人にオススメな本は?毎

877 : :04/04/15 03:57
ここで紹介されてる本おすすめ
http://d.hatena.ne.jp/shaberiba-nhk/

878 :無名草子さん:04/04/15 06:04
やっぱヌードを見なさい。

879 :無名草子さん:04/04/15 13:56
>>876
「赤頭巾ちゃん気をつけて」

880 :無名草子さん:04/04/16 09:56
ここは小説ものが多いな。

881 :無名草子さん:04/04/17 02:39
知価革命 堺屋太一・著

15年程前に出された本だけど今読むとしっくり理解できる本。
高校生でも読める・・・と思う。
古本屋で100円くらいで投げ売りされているのを拾うといいかもw

882 :無名草子さん:04/04/17 07:47
>>880そんな君におススメしたい本があるんだけど、題名忘れちゃった。だいぶ前、明治生命のCMに出た、ダウン症の男の子とその父親についての本。その子が死ぬまでの事を両親が日記風に書いている。

883 :無名草子さん:04/04/17 09:52
小説以外をお望みなら――
谷川俊太郎の「うつむく青年」
茨木のりこの「自分の感受性くらい」
高村光太郎「智恵子抄」
石垣りん「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」
八木重吉「八木重吉詩集」
吉野弘の「吉野弘詩集」
全部詩集。気まぐれに拾い読みもできる。短いから根気がなくても大丈夫。

884 :無名草子さん:04/04/17 10:59
しかしさ高校生で本を読む習慣を持つ人の数ってかなり少ないよね
年に一冊でも小説を読むって人は全体の半分もいないだろうね

885 :無名草子さん:04/04/17 11:06
本読む人間は本当に少なくなってきているな。

886 :無名草子さん:04/04/17 11:45
>>1
年齢から比較的受け入れられやすいと思われるものを一つ上げておく。
「小説 地下銀行(車田康明著:新風舎)」が良い。ノートパソコン持ち
寄って「ネットカフェ内の無線LANを利用して商談する様子」や、ホーム
ページでのマーケティング拡大。さらには、
「債権回収の詐欺メール」の具体的な実例もあり、ついでに外国に金を
不正に持ち出す手段などが豊富に述べられているため、パソコン触るのに
抵抗のない若者であればお勧めする。パソコンいじれない奴には読む気も
しなくなるだろうが、いじれる奴は一読すれば参考になる。

887 :寝書:04/04/17 12:11
ベタですが、
沢木耕太郎の「一瞬の夏」(文春文庫)。

888 :寝書:04/04/17 15:49
887
新潮文庫でした。

889 :無名草子さん:04/04/17 19:58
「死」や人間の奥底にある恐怖などの感情を感じさせる本や、人間の体の神秘などの本を読みたいのですがお勧めは無いですか?

890 :無名草子さん:04/04/17 21:34
埴谷雄高の「死霊」
大江健三郎の「死者の奢り」

891 :無名草子さん:04/04/18 10:34
フェデリコ・アングーシ
「解剖学者」(角川書店)
人間の身体の神秘について書かれた小説。
南米で発禁処分となり話題に。
クリトリスの存在を世界で最初に発見した男の
不思議な物語。

892 :無名草子さん:04/04/18 22:08
>>882
如何にもお涙頂戴系であざとい本とも言えるかも。

893 :無名草子さん:04/04/18 23:57
http://www.utp.or.jp/bulletin/up0404/0404kyoushi.html

目指せ東大

894 :無名草子さん:04/04/19 06:45
このスレってもう2年経つのか・・・。
春休みがあったってことはあの時点で春から高2か高3だから今は大学生か浪人生か。
>>1
2年間でいろいろ読めたか?

895 :882:04/04/19 08:16
>>892すいません。ここ暫く無感動だった自分が久しぶりに涙を流した本で、つい。
高校時代読んだ本→酒井順子、「青の炎」喜志祐介くらいだなぁ

896 :無名草子さん:04/04/23 01:14
高校生は活字なれと日本語を学ぶために、
娯楽小説はもちろん読むべきだけど
苦労して純文学ばかり読まずに
思春期の価値観の外堀固めるために(またはそうする材料に)
何冊か思想系の本とか、ノンフィクション系を読むべきでしょう。

現在、僕は浪人中ですが、小論文の練習のために
そういった類の本をいくつか読んでいて、
ある程度、物事を俯瞰できるようになったり
とかいろいろとものの見方が変わってきました。

897 :無名草子さん:04/04/23 07:10
ここ最近下手な本に載ってるようなノンフィクションよりえげつない体験をリアルでしたけど、
それこそ恋愛小説の悲劇のヒロインも顔負けなくらい。
それから3日間でなんか自分でも成長したような気がする・・・
はぐれメタル3匹くらい同時jに倒して一気にレベルが5くらい上がったときみたいな。
この3日間自分が考えたこと全部書き留めたら本1冊書けそうだ。

ちなみに俺も浪人生だったり。

898 :無名草子さん:04/04/23 19:57
>>897悪いけど、意味分からないよ(゜Д゜)

899 :無名草子さん:04/04/23 21:52
「武士道」原書or翻訳本でもいいから読んでみ。日本人ならすんなり共感できるはず。思想系の本でお薦めだよ。

900 :無名草子さん:04/04/24 06:19
それだけ経験は大事ってことだ。

901 :無名草子さん:04/04/24 11:30
図書館とか書店とかをふらついて、
ふっと目に付いた本を手にとってみて、
ぱらぱらめくっておもしろそうだったら読んでみたらいいじゃん。

902 :無名草子さん:04/04/24 21:19
>>897
ライ麦の冒頭みたいだな

903 :無名草子さん:04/04/24 21:25
「話題にのってみる」ことをしてみるといいかも。
売れてるやつを読んじゃう。
今だと、「蹴りたい背中」とか「世界の中心で〜」とかかな。
たとえその本の内容・質がどうあれ、
みんなが読んでるから俺も読もうっていうキッカケで本の世界に踏み込んできてもらいたい。
それから、自分にぴったりの本探しに行きましょうや。

という考えの高校3年生の図書委員でしたぁ。

904 :無名草子さん:04/04/26 06:56
売れてる本を読むと、周りに知ってる人が多いし話題も多いもんね。
たとえ感動しても、あるいは余りのつまらなさにムカついても、
誰も知らない本では誰にも話せずにストレスがたまる。

というわけでナイスアドバイスだと思うよ>903

905 :無名草子さん:04/04/26 19:00
小論文作成な高校生
→小林秀雄著作物

くそったれの日常上等!!な高校生
→チャールズブコウスキー著「勝手に生きろ!」「くそったれ少年時代」
「ブコウスキー・ノート」

痛いラヴストーリーラヴな高校生
→チャールズブコウスキー著「町でいちばんの美女」

80年代を享受できなかったサブカルな高校生
→椹木 野衣著「平坦な戦場でぼくらが生き延びること」

養老孟司を押さえておく必要がある高校生
→養老孟司著「身体の文学史」

906 :無名草子さん:04/04/26 19:08
高校生ならこれ読んどけ。
自分と同世代の香具師が何を考えているのかがわかる。

冨増寛和「ある10代の日記」

907 :無名草子さん:04/04/26 20:54
心理療法・精神医学の素養を身につけたいなら、これだ。
水島恵一「人間性心理学大系」
筆者の半生をかけた臨床の道ともども、人の精神の奥深さを知るよすがとなるかもしれない。
数巻読むのも大変だが、気合を入れて読み進めば慣れてくるだろう。
叢書になってるから買うのは大変かも知れないが、図書館を渡り歩いて探すだけの価値はある。

少々完成度の高い学園ラブコメディを読みたいなら、これだ。
今野緒雪「マリア様がみてる」
登場人物の純粋さ、健気さに涙し、ありそうで無さそうな学園生活の数々の事件にワクワクすること請け合いだ。
現在17巻まで出ているが、気合を入れればあっという間に読み終わるだろう。
小型の書店でも並んでいて一冊500円もしないから、下校途中で簡単に手に入れられる。


908 :無名草子さん:04/04/26 21:26
>最近本読み出した高校生はなによめばいい?
Deep Loveに決まってるじゃん。ってかそれ以外読んでもゴミ程の価値もないやつばっかりだよ!

909 :無名草子さん:04/04/26 22:53
Deep Love あれは冊子にする程のものじゃなかったね。

つか誤字くらい校正して欲しいよ…。

910 :無名草子さん:04/04/27 17:26
なによめばいい?
読まなくていいから、俺の代わりに仕事やってくれ。
たっぷり読んでおいてやる。

だけどな、オサーンになると経験が邪魔をして
本途に楽しめるかというと、それは難しいとこなのだよ。
だから、やっぱり、高校生くらいのうちは乱読しても足りないくらいか。
あらゆる書物を、視力を犠牲にしてでも読むのだ!

911 :無名草子さん:04/04/27 18:35
やっぱ、スリル満点の「鷲は舞い降りた」でしょ。
ホント、ぐいぐい物語りに引き込まれていく。
あの書き出しも最高。

912 :無名草子さん:04/04/27 22:39
あえて自分の趣味で勧めてしまう。
「極大射程」スティーヴン・ハンター
「ストリートキッズ」ドン・ウィンズロウ
いいよ!

913 :無名草子さん:04/04/27 22:43
何を読めばいい?と聞いてる段階じゃ読まなくてもいいんじゃない?
読み出すにはきっかけがあるはずだからそれまで待っていたほうがいいよ。
人に薦められたのを鵜呑みにして「なんだ、面白くないじゃん」ってなるよりいいと思うよ。

914 :無名草子さん:04/04/28 03:37
まず、本屋に行って、気になった本を買ってみる
それを読んでみる
それを繰り返す。
読みたいんだったら、なんでも読んでみればいいよ。
そのうち、好きなものが見つかるから、そうしたら
好きなものをたくさん読めばいい。
読みたいんだったら、気になったものを読んでみて
きつかったらやめてもいいし。
読書体力ってあると思うんだけど、読んでるうちに身に付くし
そうすると持ち上がらなかったバーベルがある日、


915 :無名草子さん:04/04/28 12:53
急にぐぐっと持ち上がるようになって、
ああ読書の世界はこんなにも奥深く、滋養に満ちていたかと、
感慨を深くすることになるかもしれない。
健闘を祈る。

916 :無名草子さん:04/04/28 14:04
面白い、高校生(青春真っ只中の人)向け、その後の広がりが期待できる。
という視点から、

筒井康孝『七瀬シリーズ』
曽野綾子『太郎物語』
橋本治『桃尻娘』
司馬遼太郎『竜馬が行く』
山田詠美『僕は勉強ができない』
椎名誠『哀愁の町に霧が降るのだ』

とか薦めてみる。
ちなみにその後の展開としては、

筒井→SF系
曽野→宗教、思想系
橋本→現代思想系
司馬遼太郎→歴史小説系
山田→文学系
椎名→エッセイ系、もしくは本の雑誌周辺

などを予定している。
どうだろう。

917 :無名草子さん:04/04/28 14:13
ハリポタもお勧めしちゃおっかな。ファンタジー系って事で。
俺読んでないけど、面白いらしいし。
いややっぱゲド戦記のほうが・・・いや、ナルニア国物語か?
指輪物語、は無理か。グインサー(略

918 :無名草子さん:04/04/28 14:23
あとあれ、
アイザックアシモフ『銀河帝国興亡史』
SF系でかぶるけど。面白いよー。

今日はこの辺で勘弁しといてやる。

919 :無名草子さん:04/04/28 22:39
>>916
曽野→宗教、思想系
橋本→現代思想系
山田→文学系
ってカテゴリーの仕方が微妙

920 :1:04/05/01 11:52
大学入ったら好きなだけ時間あって本読めると思ってたらそうでもない。
正直、いろんな本を読まないと勉強ついていけそうにない。
とか言いつつ今読んでる本はドストエフスキーの「貧しき人々」だが。

921 :無名草子さん:04/05/01 12:10
おまい誰?

922 :無名草子さん:04/05/01 16:13
ゲーテの「ヴィルヘルム・マイスター」

923 :無名草子さん:04/05/01 23:53
>>916
どうって何がよ

924 :無名草子さん:04/05/02 07:48
まあ自分の高校生の頃は学校がこれを読め、といくつか指定して
きたのを覚えている。今でも読んでみて無難なのはモームの作品
「月と6ペンス」、カフカの「変身」、カミュの「異邦人」だっ
たかな。外国モノとしてはジョイスの「ダブリン市民」サキの短
編集なんかを覚えている。
まあこのへんはアタリサワリがなかったかな。

925 :無名草子さん:04/05/02 21:24
>今でも読んでみて無難なのはモームの作品
>「月と6ペンス」、カフカの「変身」、カミュの「異邦人」だっ
>たかな。外国モノとしてはジョイスの「ダブリン市民」サキの短
>編集なんかを覚えている。

モームとカフカとカミュは外国モノじゃなかったのか。
名前がカタカナだからてっきり外国人だと思いこんでた。

926 :無名草子さん:04/05/02 22:26
許してやれよw

927 :無名草子さん:04/05/03 17:47
異邦人は訳のせいで、読むのがきつくて、リタイアしてしまった。
それにいまいち何が良いのか伝わってこなかった。

同じドイツ文学でもヘッセ カフカとかは訳もそこそこまともだし、
(英語圏の文学に比べれば、やっぱり劣るけど)
城とかデミアンは内容もおもしろかったからすらすら読めた。

日本の大衆文学→アメリカの大衆文学→
日本の純文学って流れできたから、変に文章に気を使ってしまう。
特に流麗な文体の日本文学を読んだ後に、
そういう類のに取り掛かろうとすると、
かなりつっかえながら読んでしまう。

もう少し、間を開けてから、再チャレンジはしたい・・・。

みなさんは、リタイアしてしまった名作ってない??



928 :無名草子さん:04/05/04 01:39
>>927
>日本の大衆文学→アメリカの大衆文学→
>日本の純文学って流れできたから、変に文章に気を使ってしまう。

これって具体的にどういう作家からどういう影響がでているのかわかれば
教えて欲しい。


929 :無名草子さん:04/05/04 17:30
天国の本屋。
新潮文庫で安く出たからオススメ。
そして感動。


930 :無名草子さん:04/05/04 22:07
石田衣良の「うつくしこども」
村上春樹の「中国行きのスロウボート」
東野圭吾の「毒笑小説」「怪笑小説」
山田詠美の「僕は勉強ができない」
この5作品が高校生にはお勧めだと思う、実際に高校の頃読んだものです。

931 :無名草子さん:04/05/04 23:54
青臭い理屈を詰め込んで大人たちに嘲笑される存在であって欲しい。>高校生
というわけで、『構造と力』とか『唯脳論』とかをオススメ。

932 :無名草子さん:04/05/04 23:55
  

933 :無名草子さん:04/05/05 00:09
>>932失敗スマン。
俺の薦める読書方法は自分の好きな映画監督やミュージシャン、
漫画家などが紹介している本を読むことだ。
例)  宮崎駿......司馬遼太郎、堀田善衛、サンテグジュペリ 
          ロアルドダール、ルグィン、吉田聡
好きな人の好きな人は好きな人である可能性が高いと思う。
        

934 :無名草子さん:04/05/05 00:13
「僕って何」三田誠広
「外国語上達法」千野なんちゃらという教授(既に故人)
原田宗典モノ
森鴎外の短編
芥川龍之介のとししゅんとか入っている新潮文庫
「銀の匙」中勘介
などなど
綿矢りさも入門としてはいいよ

935 :無名草子さん:04/05/05 00:48
>好きな人の好きな人は好きな人である可能性が高いと思う。

激しく正論だ。メモしとこう。

936 :無名草子さん:04/05/08 05:19
>935
はげどう

189 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)