5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

〒 重松清 〒

1 :無名草子さん:02/02/03 11:58
最近はまってるんですが何かおすすめありますか?
今読んでるのはカカシの夏休みです。

2 :無名草子さん:02/02/03 14:21
「ナイフ」や「エイジ」「見張りの塔の上から」なんかは面白かった。
「舞姫通信」は女子高校生には受けるかもしれないけど、大人には
つまらないかも。

3 :無名草子さん:02/02/03 15:52
>>2
ナイフ エイジ 定年ゴジラ は読みました。
どれも面白かったです。
この人の作品って読んでる時はそう面白いとはおもわないけど
読み終わった後がいいよね。

4 :無名草子さん:02/02/04 12:14
あげ

5 :無名草子さん:02/02/05 23:45
かなり好きです。
「四十回目のまばたき」や「幼な子われらに生まれ」もおもしろかったな。
思春期主人公よりも、こういった中年主人公の方が好き。
「定年ゴジラ」は微妙に狙った感じがするけど。
「見張り塔から〜」はホラーとして怖かった。

6 :通りすがり:02/02/06 02:57
『半パン・デイズ』に一票

7 :無名草子さん:02/02/09 17:45
>>6
どんな話しっすか?
ってか直木賞とってるわりに地味だね。


8 :無名草子さん:02/02/14 21:40
「かかしの夏休み」と「ビフォアラン」と「ナイフ」と「エイジ」読みました。

「エイジ」以外は結構オススメ。「かかしの夏休み」は泣けたなぁ・・・

9 :無名草子さん:02/02/19 09:58
>>8
さりげに泣かせるんだよね。
わざとらしい浅田次朗と違って

10 :無名草子さん:02/02/19 13:49
友人がウチにあったナイフを読んでいて、急に「これ、だめだ」
とか言い出すので 理由を聞いたら
「オヤジがナイフで刺し殺さないんだもん、がんがん殺しちまえよ」
だと、
アホか…

11 :無名草子さん:02/02/19 16:32
>10
ああ、でもなんかわかる気がする。
そこでがんがん刺してしまうのが
日常の逸脱という、小説の一つのパターンだと思うから。
重松清はあくまで現実を貫き通し、逸脱もせず、淡々と描写を重ねる
それがよさでもあるけど、地味さでもあると思う。

12 :無名草子さん:02/03/03 01:05
age

13 :プー:02/03/08 01:41
いじめられっ子のブリーフ姿萌え〜

14 :無名草子さん:02/03/08 02:00
この人、エッセイもなかなかいいよ。
「セカンドライン」もよいし、
直木賞第一作「隣人」の『夜明け前、孤独な犬が街を駆ける』はよかった。泣いたよ。


15 :無名草子さん:02/03/08 02:06
隣人に武富士の彼も追加して

16 :無名草子さん:02/03/08 04:09
重松さんで、俺は泣きます!

17 :無名草子さん:02/03/14 01:43
ジジ臭い名前で損してるな。。。このスレの寂れっぷり見てもわかるよ

18 :無名草子さん:02/03/14 06:24
おもまつきよし?

19 :無名草子さん:02/03/21 23:24
かなり好き。
最近は浅田さんばっか読んでるけど。
俺は「私が嫌いな私」とか「隣人」、「さつき断景」なんかが結構面白かった。

20 :無名草子さん:02/03/21 23:38
確かに名前で損してる。
実際に手にとる気になかなかならなかった。
読んだらはまった。

21 :無名草子さん:02/03/22 23:38
「見張塔からずっと」の1番最後のやつ
みどりさんがむかつくしかわいそうにも思える

22 :無名草子さん:02/04/03 15:14
流星ワゴンいいね。
熱球 買ってしまったよ

23 :無名草子さん:02/04/10 22:24
ごめん、詳細知らないんだけど、
教科書に載るらしいね。
めざましテレビで言ってた。

24 :無名草子さん:02/04/18 18:08
地味なところが良いと思う。
舞姫通信の、主人公の兄貴が死んだ理由を
一週間くらい考え込んでしまった。
若いうちにこの作家を知ってよかったと思ったよ。

25 :無名草子さん:02/04/23 18:37
>>23
まじで??
なんの話がのるんだろう,やっぱイジメネタかな?
個人的にセッちゃんがイイ!テストも作りやすそう

26 :無名草子さん:02/04/23 23:48
流星ワゴンってマジカルミステリーワゴン?
文芸誌で連載していたやつかね?

27 :無名草子さん:02/04/23 23:51
いまの薄い教科書にぴったりのものを意識して書いてるのかな。
まったく「いまの教科書」て感じのものしか書かないよね。
そういう路線をあみだした人なの?

28 :無名草子さん:02/04/24 00:10
「見張り塔〜」コワー(((゚Д゚)))だよね。
「ナイフ」かなんかに入ってた「エビスくん」がかなり好き。

29 :無名草子さん:02/04/24 19:46
>28
エビスくん良いよね
なんか読んだあとに不思議な気持ちになったよ

30 :無名草子さん:02/04/25 19:24
age

31 :無名草子さん:02/04/25 22:36
>27
「見張り塔」はそーでもないと思う。
「幼な子」「四十回の」も微妙。

週刊誌の記事を書いていたという先入観があるせいか、
「エイジ」のようないかにもな話でも、教科書的というより
週刊誌的(オヤジ的)視点を感じるんだよな。
だいぶ洗練されているとは思うけど、なんか団塊臭いつうか。

32 :無名草子さん:02/04/27 18:22
age


33 :無名草子さん:02/05/06 01:41
age

34 :無名草子さん:02/05/15 23:24
僕とほぼ同じ年代の人物がリストラや家庭崩壊に苦しむ小説を
立て続けに読んでしまい(「流星ワゴン」と
「トワイライト」(←こちらは雑誌連載中))、
純粋な好き嫌いとは関係のない部分で、
なんだかこの人の名前を見たくなくなってしまった…

35 :無名草子さん:02/05/15 23:44
でも上手いよ。この人。

36 :無名草子さん:02/05/16 14:38
早稲田大学教育学部卒

37 :無名草子さん:02/05/16 15:15
私は「ナイフ」に入ってる、ダイスケって男の子の話で感動した。
「覇気とか根性とか、最初からない子っているんだよ」みたいなとこ。
こういうことをこういう形で、当たり前に書けるおじさんって
あんまりいないよなあという感銘でした。

38 :無名草子さん:02/05/16 19:33
俺は「エイジ」しか読んだこと無いけど
俺の他にも「エイジ」読んで、「思春期のころの自分」を思い出したり、たまらなくなった奴はいるだろ?

言っちゃいな!

39 :無名草子さん:02/05/16 23:28
「ナイフ」の中のワニの話、
元ネタは一時有名だった練馬区石神井公園池のワニ騒動ですが
私はちょうど主人公の女の子と同じ年頃に石神井池の側のマンションに住んでいたので
余計親近感を持って読めました。おばさんがいいね。
重松清は石神井に住んでいたのだろうか

40 :無名草子さん:02/05/18 17:23
想像力や表現力がすごいと思う
ただ最近はマンネリしてるような

41 :無名草子さん:02/06/03 17:15
age

42 :無名草子さん:02/06/03 18:55
ゴーストライターで、凄腕で有名なんでしょ。

浅草キッドが誉めてた。
http://www.asakusakid.com/diary/0205-ge.html

43 :無名草子さん:02/06/03 19:05
エイジってあるじゃん!あれって文庫あるの?

44 :うひょ:02/06/03 19:11
重松って
コンビーフをくるんでる脂紙みたいな
顔した人?

45 :無名草子さん:02/06/08 10:52
age

46 :無名草子さん:02/06/13 18:49
age

47 :無名草子さん:02/06/14 19:54
そういや、エイジってNHKでドラマ化してたらしいね
見た人いる?
俺は、その頃エイジ知らなかったからよく見てなかったんだけど
なんか自転車のシーンだけは今でも覚えてるんだよなぁ

48 :無名草子さん:02/06/17 04:17
なぜ「ビタミンF」を誰も挙げないさ!?
なんか、どーしようもないバカに恋して処女を捧げてしまう(んだっけな?)
女の子とその両親を描いた話で大泣きした。(でもタイトル失念;)


49 :無名草子さん:02/06/17 04:25
そういえば NHKでドラマ化されるらしい…<ビタミンF
オムニバス形式で、役所コウジなど出てるんだっけな?確か。
7月のあたま(1日?)から放送予定だったような。
(情報ソース…Jフォンのステーション)

うろ覚えで申し訳ない。


50 :無名草子さん:02/06/17 09:53
父親を鬱にさせる作者だよなあ・・・・・・

51 :無名草子さん:02/06/17 15:44
田村章さん

52 :無名草子さん:02/06/17 16:58
定年ゴジラは良かったよ

53 :無名草子さん:02/06/17 17:29
全部読んだけど「半パン デイズ」が最強だと思う。
いささかあざとい父子モノ系と違って、本気で涙がドボドボ出た。
これ読んで、この先10冊つまらなくても重松清を買いつづけようと思った。

54 :無名草子さん:02/06/17 17:44
文が巧いと思う

55 :無名草子さん:02/06/18 01:40
オフ会が開催されます。みなさんよろしく。
  ■読書家よ、集まれ!オフ 2冊目■
 http://natto.2ch.net/test/read.cgi/off/1023336162/l50

開催場所は都内近郊という事以外、具体的に何をするかなどはまだ
決まっていません。参加希望の方は勿論のこと、会の次第についての
ご提案またはご質問など、何か興味を持たれたら奮って発言なさるよう
お願いします。

       ※関連リンク※
 【本好きよ、集まれ! オフ(漫画以外)】(前スレ)
 http://natto.2ch.net/test/read.cgi/off/1019010543/
 【この板ってオフ会あるの?】(文学板よりOFF開催以前〜以後)
 http://mentai.2ch.net/book/kako/964/964763030.html
 【●文学板オフ●】(上記OFF終了以後。かなり荒れ気味)
 http://mentai.2ch.net/off/kako/967/967442980.html


56 :無名草子さん:02/06/22 12:29
>>49
majide?!


57 :無名草子さん:02/06/25 00:36
>>49 です。

で、「ビタミンF」ドラマ化の話はmajiでした♪>56さん
だいぶあやふやな状態で書込みをしてしまいましたが、
詳細が分かりましたのでお知らせします。

[放送日]平成14年7月1日(月)〜5日(金
[ 時間 ]20時00分〜20時43分(7/1〜7/4)
    19時30分〜20時13分、引き続き20時14分〜20時57分(7/5)
(↑どういう意味だ!?)

やはりオムニバス形式で、役所広司さんは「セッちゃん」に出演とのことです。
その他さらに詳しい事は以下を参考になさって下さい。

↓NHK(日本放送協会)<ドラマニュース>
http://www.nhk.or.jp/drama/




58 :49:02/06/25 00:52
あ、上記アドレスだと直接は行けないのか…。

今ならとりあえず、ページ左側「最近のトピックス」が情報にリンクしてます。

59 :無名草子さん:02/06/25 18:16
第1章「セッちゃん」
  役所広司、森下愛子、谷口沙耶香、光石 研、利重 剛、水橋研二、藤谷文子ほか

第2章「パンドラ」
  温水洋一、内田春菊、利重 剛、田中愛里、役所広司ほか(敬称略)

第3章「はずれくじ」

  大杉 漣、りりィ、市原隼人、唯野味歩子、清水ひとみ、光石 研、山内明日、
  温水洋一ほか

第4章「ゲンコツ」
  石橋 凌、石野真子、大江千里、小島 聖、藤間宇宙、蛍雪次朗、
  三田村周三、タイヘイ夢路ほか
第5章「なぎさホテルにて」
  光石 研、洞口依子、水橋研二、藤谷文子、國村 隼、渡辺一志、李麗仙、渡辺文雄ほか

第6章「母帰る」
  三上博史、忍足亜希子、利重 剛、広岡由里子、小島 聖、李麗仙、渡辺文雄ほか


60 :無名草子さん:02/06/25 18:17
地味,すごく地味。

61 :無名草子さん:02/07/04 06:58
いや、渋いんだよ。

62 :無名草子さん:02/07/09 21:49
今日この板の存在を知った。ドラマ見たかったな。
ただいま「かっぽん屋」読書中。見つけたとき「私の知らない本が文庫に!」とか思ってびっくりしてしまったよ。文庫書き下ろしなのね。

63 :無名草子さん:02/07/10 17:59
ぜんぜん盛り上がらないね。ここ数年私の中で「人に薦めても大丈夫な作家ナンバー1」なのに。

64 :無名草子さん:02/07/10 22:40
良質な、という言葉が似合うなあと思う。
「定年ゴジラ」の第三章はいつ読み返しても泣く。

65 :62:02/07/10 23:41
かっぽん屋読了。
前半のほうが面白かった(趣味の問題だろうけど)。
ほかの方の感想も聞きたいな〜(などとねたふり)。

66 :無名草子さん:02/07/10 23:48
すごく良いんだけど、もうすこし濁りもないと飽きるべ。
教科書には最適だと思うが。


67 :無名草子さん:02/07/17 15:06
浅田次郎程ではないけどちょっとあざとさが残るというか・・・
良いんだけど、私とはあんまり合わないのかも。

といっても「ナイフ」しか読んでないのだけどね。
ナイフのいじめの場面は読むのが辛かった。
ナイフの中では「エビスくん」が良いなと思った。
次は「エイジ」読んでみます。



68 :無名草子さん:02/07/29 20:36
あげるよ

69 :ヒロキ:02/08/04 02:03
重松清を読んでから本を読むのが苦にならなくなった。

70 :無名草子さん:02/08/04 16:04
「熱球」
けっきょく主人公にとって、今の周高の野球部員ってなんなんだよ。
「僕たちが高校球児のときは、こんなんではなかった」と自分勝手なノスタルジーを
押し付ける対象としてしか見ていないではないか。
「時代は変わったけど、彼らは彼らなりの一生懸命さで野球にとりくんでいるんだ」ということを
主人公は最後まで認めようとはしない。(頭では理解しているようだけれども)
そんなOBに高校生が心を開くわけもなく、
主人公は、小学生を相手に野球のコーチをする時間をとるようになり、
「自分がそうであったような高校球児に君もなれ」と吹き込もうとする。
要は、高校生に相手にしてもらえないから小学生を相手にしてるだけ。
アホか。
重松の小説って、みんなこんなレベルなの? それともこれが特に出来の悪い小説なの?

71 :無名草子さん:02/08/04 17:09
一年位前にわぁーっと文庫を全部読んだけど。あと続かない。
悪い印象はないけど、 Extra Light 。
読み応えを感じないのは、上手に世情を反映している結果なんですかね。

72 :無名草子さん:02/08/05 15:18
俺はリア房なんだけど、重松清の小説読んでるとリア房の行動に
「そんあわけねぇ」とか思ってしまう。ガキのことをわかったふりしてるだけかとおもうよ

73 :無名草子さん:02/08/05 16:02
>>72
禿堂

74 :無名草子さん:02/08/06 18:51
>>70
熱球は出来悪いと思う。つまんなかった。君の読み方も
多分に偏ってる気もするが。
一呼吸おいて冷静になってから、他の作品も読んでみて、
それでも肌に合わなかったら相性が悪かったと思えばいいんじゃない。

75 :無名草子さん:02/08/06 23:51
「日曜日の夕刊」(文庫本)に入ってる
「後藤を待ちながら」と「卒業ホームラン」は、
なんだか泣けた......。

76 :無名草子さん:02/08/10 11:53
結局、オヤジくささプンプンの作家。


77 :無名草子さん:02/08/10 11:57
>>1
〒マークの意味って何?

78 :無名草子さん:02/08/12 04:30
>75
卒業ホームランは来年から使われる高校の教科書に載ってます。
結構割愛されてますた。

そのうち出版社もかきます。

79 :無名草子さん:02/08/13 12:02
>76
同意。オヤジが無理して青春小説書いてる感じがする。
浅田次郎以上にあざといよ。

80 :無名草子さん:02/08/19 22:42
「エビスくん」が一番好き。

81 :無名草子さん:02/08/24 22:30
>72
漏れはエイジを中2の時に読んでめちゃくちゃ共感したクチですが何か?(´ー`)
人それぞれだろうけどね

82 :無名草子さん:02/09/14 18:01
セカンドライン読んで重松清好きになっちまったよ。
なんかとてもいい感じ。
文章のプロとしての実力は凄いでしょ。でも最近マンネリ…

83 :無名草子さん:02/09/23 10:12
セカンドラインきのう買った。
これから読むところ。

84 :無名草子さん:02/09/23 15:49
セカンドライン今読み終わった。
一応面白く読めたが、この人の場合小説の方がいいね。
学生時代のこととか、個人的事情はよく分かったけど。

85 :無名草子さん:02/09/25 23:32
age

86 :無名草子さん:02/09/28 23:08
舞姫通信暗そう…読んだほうがいいかな


87 :無名草子さん:02/09/29 15:15
舞姫通信は、重松らしい味はあまりでていないと
思う。高校生ぐらいが読むにはいいかも知れない
けどね。

88 :無名草子さん:02/10/19 01:08
ETV2002でサイパン行ってたの
臭かったぞ。

89 :無名草子さん:02/10/25 16:18
あげ

90 :無名草子さん:02/10/25 19:49
親父の本棚にあったので、最近、興味持ってます。
初心者が読むには、まずはどれがいいですか?
皆さんにとってのベスト作は?
また、文庫になっているものと出版社を教えてください。

91 :無名草子さん:02/10/27 01:59
osieteちゃんウッザ!
スレ読んで良さそうなタイトルでぐぐるくらいしなされや。


エビスくんが好きだー。文庫のナイフにはいってたんだけど
エビスくんを読んでからあとがき読むと泣き二倍増。

92 :無名草子さん:02/11/06 02:15
ageage

93 :無名草子さん:02/11/06 21:43
吉田修一と似てませんか?
意見求む。

94 :無名草子さん:02/11/07 18:58
俺おっさんモノより少年モノの方が好きだ。


95 :無名草子さん:02/11/17 21:18
鳥取県米子市にいらっしゃったときの情報キボんぬ。

96 :無名草子さん:02/11/18 01:51
「定年ゴジラ」文庫で読んだが、「帰ってきた定年ゴジラ」の章は
艶消しだな。

97 :無名草子さん:02/11/23 22:27
後藤を待ちながらが(・∀・)イイ!!
自分、リア房だから良くわかるよ…。

98 :無名草子さん:02/11/24 20:46
「小さき者へ」を読んでいます。
中年の私としては、あまりにも身近に感じさせられる物語です。

99 :無名草子さん:02/11/24 22:55
この人のエッセイを図書館で見つけて読んでみたけど、偽善者で、小心者で、
こずるい、という印象を受けたぞ。「女性の権利を守る会」みたいなシンポ
ジウムにも参加して、わかったようなこと口走っているし、ライターっ気の
抜けない三流作家だな。
自分の想像した少年像は読者のそれと隔たりが無い、そこが売れる理由なん
だろうけど、どの作品も、もう一つ物足りないんだよな。

100 :無名草子さん:02/11/27 19:31
100

101 :無名草子さん:02/12/08 18:46
やっぱし『エイジ』の新聞連載時verだな。
うちは朝日なのでこの作品で重松清をはじめて知った。
当時は夕刊のほうの作家が病気で書けなくなってしまい
「新人短編競作」と称しいろんな短編作品が読めたのだが、これが群を抜いてよかった。
俺は小学生だったのだが他の作品に較べ読みやすかったのを覚えている。


102 :茨城陸 ◆WgohBatObk :02/12/08 18:52
ナイフよかったな。最高
えいじはNHKのドラマで見た。
ビタミンFも衛星放送でやってたが原作とイメージ違くて萎えた。

定年ゴジラは個人的にいまいちだった。が椎名林檎的な名前だと思った


103 :無名草子さん:02/12/08 21:06
>102
明日からは「ビタミンF」を総合テレビで放送するらしい。
映画もそうだけれど、具象化されるとつまらなくなるもんです。
浅田次郎の「ぽっぽや」なんか正に。

104 :無名草子さん:02/12/10 00:27
「エビスくん」信者です。何度読んでも絶対泣きます。

「熱球」と「サマーキャンプへようこそ」は以前、模試に出題されました。

105 :無名草子さん:02/12/10 05:41
『小さき者へ』って題名はさすがにやりすぎだろう。

106 :無名草子さん:02/12/19 01:32
あげます。

107 :無名草子さん:02/12/19 02:45
こいつの登場人物って、オトナが頭の中で考えた最近のこどもってかんじがする
現学生の感想

108 :無名草子さん:02/12/19 03:12
こどもが頭の中で考えたこどもよりはいいだろ


109 :無名草子さん:02/12/28 18:05
今朝、NHKで最近の子供について
しゃべっていたが。

110 :無名草子さん:03/01/05 11:32
ドラマ良かったね。
利重剛がやってた役が小説にも出てくるのかな。
読んでみよう。

111 :無名草子さん:03/01/08 07:55
ageます。

112 :無名草子さん:03/01/09 14:42
どうしてもライター上がりの感がぬぐえない。
読ませるのは上手いんだけど、そこどまり。
作者が作品を過不足無くコントロールしちゃってるから退屈。

113 :無名草子さん:03/01/11 19:13
>>112
あほくせぇー(爆笑

114 :山崎渉:03/01/12 18:30
(^^)

115 :無名草子さん:03/01/12 22:00
『流星ワゴン』えがったー。
それまでの作品とちょっと雰囲気が違う気がするのですが。

116 :無名草子さん:03/01/13 06:34
今NHKで特集やってるねえ。再放送かな

117 :無名草子さん:03/01/13 22:34
NHKの見た人どうだった?
見れんかった・・

118 :無名草子さん:03/01/21 21:51
「本の雑誌」の年間ベスト10で1位になった『流星ワゴン』を今ごろ読んでみた。
半分くらいの所で、なんかかったるいかなと思ったけど、
パチンコの場面から後は一気だった。なかなか良かった。
しかし、同じ「タイムスリップ+父親もの」の話なら、
浅田次郎の『地下鉄(メトロ)に乗って』の方が上かな。

119 :山崎渉:03/01/23 04:17
(^^)

120 :無名草子さん:03/02/17 08:03
age

121 :無名草子さん:03/03/02 08:53
tu-ka、活字好きなら読めるかもしれんが
この程度の内容の話ならTVドラマやマンガで読んだほうが楽
というかマンガのほうが面白い作家いっぱいいるじゃん
わざわざ小説として読む気にならんな

122 :無名草子さん:03/03/03 01:42
121 :無名草子さん :03/03/02 08:53
tu-ka、活字好きなら読めるかもしれんが
この程度の内容の話ならTVドラマやマンガで読んだほうが楽
というかマンガのほうが面白い作家いっぱいいるじゃん
わざわざ小説として読む気にならんな

123 :無名草子さん:03/03/05 13:12
>>121
もともと活字には縁がないんだよ、お前は。

124 :無名草子さん:03/03/06 02:05
いや、この程度の小説を読んでるほうが
活字に縁がない人間だろ。
真の活字好きなら、他に読むべき小説が沢山あるからな。

125 :無名草子さん:03/03/06 10:36
>>124
厨の好む言葉『真の○○』

126 :無名草子さん:03/03/08 18:18
カワイイね。「読むべき小説」だってw


127 :無名草子さん:03/03/12 01:26
朝日に、Eメール何たらって連載してるけど
何故かこの人の回だけは読んでしまう。
毒たっぷりで面白い。

128 :山崎渉:03/03/13 16:51
(^^)

129 :無名草子さん:03/03/17 17:30
保守。

130 :無名草子さん:03/04/12 17:11
朝日新聞のサイトで小説連載してるけど
有料コンテンツなので迷ってる。

>127
同じだ。私もなぜか重松清の回のみ読んでいる。



131 :無名草子さん:03/04/16 18:00
エイジ

読んで不覚にも泣いた20歳ですが何か?やっぱうまいよ普通に、この人。
下げて上げる、のやり方が過不足ない感じ。全然角がなくて、お洒落(?)な文体が好き。

石田衣良「うつくしい子ども」とよく比べられるけど、自分はエイジが好きかも。

132 :山崎渉:03/04/17 11:30
(^^)

133 :名無しのオプ:03/04/19 11:27
半パン・デイズでおお泣きしそうになった工房です。
あれってどこが泣き所なのかわからないのに、終わったとたんに泣いてしまうんだよなあ・・・。

134 :山崎渉:03/04/20 05:44
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

135 :無名草子さん:03/04/22 22:07
『後藤を待ちながら』の解説で
「語呂合わせ」って書いてあったんですが
何のことですか?

136 :動画直リン:03/04/22 22:09
http://homepage.mac.com/hitomi18/

137 :重松清で何度も泣いた:03/04/23 00:42
>>135
サミュエル・ベケットの「ゴドーを待ちながら」

138 :無名草子さん:03/04/23 05:47
ここ面白いね
http://plaza16.mbn.or.jp/~satchel/


139 :135:03/04/23 23:14
>>137
うおー!それってもしかして有名ですか?
無知を晒してしまった・・・。

140 :重松清で何度も泣いた:03/04/24 00:28
>>139
知識としてはそれほどマイナーでもないと思う。
でも別に知らなくても恥じることはないと思う。

141 :無名草子さん:03/04/24 00:51
浅田次郎と比較している人が多いね。あざとさで言えば、浅田はほっかむりして、風呂敷を背負っている泥棒。誰が見ても一目瞭然。重松は隠そうとしている。

142 :無名草子さん:03/05/02 17:00
「見張り塔」に出てきた佐和子さん(2番目の話)は死んじゃったんだろうか

143 :無名草子さん :03/05/10 12:19
>>142
俺は死んだと思う派

144 :重松清で何度もかいた:03/05/10 14:44
(;´∀`)ハァー

145 :無名草子さん:03/05/10 15:02


  ∧_∧   なんだか
 ( ;´∀`) ちんこ勃ってきた。
 人 Y /
( ヽ し
(_)_)


146 :無名草子さん:03/05/15 22:32
遅レスだけど
>>38
誕生日の名前書いてあるチョコレート、めちゃくちゃにしたいっていうところですごい共感しますた

147 :無名草子さん:03/05/21 10:15
カカシ読んでる。
カカシはあんまりだったけどライオン先生は結構よかったな。

148 :山崎渉:03/05/22 01:36
━―━―━―━―━―━―━―━―━[JR山崎駅(^^)]━―━―━―━―━―━―━―━―━―

149 :山崎渉:03/05/28 17:06
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

150 :無名草子さん:03/05/29 02:03
ライオン先生よかった。
やっぱり被るんだ。の所にぐっ!

151 :無名草子さん:03/06/01 21:12
「小さき者へ」に入ってる「海まで」が好きだったなぁ。
無性に泣けてきた。
あと、日曜日の夕刊だっけ?あの本も割と好き。

152 :無名草子さん:03/06/04 19:01
>>151
なんで祖母は兄貴のこと嫌ってたの?
理由は?

153 :無名草子さん:03/06/05 01:08
ナイフ、日曜日の夕刊以外でおもしろいのある?

154 :無名草子さん:03/06/05 21:44
>>153
小さき物へ,カカシの夏休み

155 :無名草子さん:03/06/05 21:49
            ___∧_∧____
          /  ( ̄(´∀` ) ̄0   ,) < 寝る。オヤスミ。
        /~ ̄ ̄ ̄⌒⌒⌒⌒ ̄ ̄ ̄)'
        / ※※※※※※※※  /
      / ※※※※※※※※  /
    / ※※※※※※※※  /
  / ※※※※※※※※   /
  (____________ノ



156 :無名草子さん:03/06/11 00:10
>>153
半パンデイズ
これは良かった〜

自分の子供のころと微妙にダブるところがあって泣けた〜

重松氏の作品って自殺をテーマにしたの多くない?

157 :無名草子さん:03/06/17 02:05
あげ

158 :無名草子さん:03/06/17 22:21
見張り塔の非常扉の話消化不良だね

159 :無名草子さん:03/06/18 00:13
奥さんは投身だろ?
旦那とサッカー少年のその後が気になるなぁ

160 :無名草子さん:03/06/18 20:51
ナイフと見張り塔とトワイライト読みました。完成度の高い作品はどれでつか?
カカシとかに行くべきですかね?

161 :無名草子さん:03/06/19 00:37
age

162 :無名草子さん:03/06/22 15:22
泣けるほんのスレで割と好評です。いいですね。でも、やっぱ軽さは感じる

163 :無名草子さん:03/06/23 03:00
たしか今日、早稲田の大隈講堂で講演だったハズです。

もちろんタダ。曜日違うかも。でも今日だったような。

164 :無名草子さん:03/06/27 04:25
>>163
昨日でしたよ。今日このスレあるのに気づきました。
内容は1963年(彼の生まれた年)から現在までの
歴史をニュースや流行とともに振り返るというものでした。

165 :無名草子さん:03/06/29 01:04
「人間的にできていない奥さん」
を読んでみたい。
この人が書く奥さん,みんな同じ。
俺も欲しいな,あんな奥さん。

166 :無名草子さん:03/06/29 19:32
>160
とりあえず、きよしこ読んでみたら?

167 :無名草子さん:03/06/29 23:44
ビタミンF文庫になりましたね。読みます。

168 :無名草子さん:03/06/29 23:57
ビタミンFはそれまでの作品の焼き増しみたいで
自分は面白くなかったけど

169 :いろいろ読んだ感想:03/06/30 01:11
「エビスくん」イイ!って言っている人が多いみたいだけど、何か、ただの嫌な
奴にしか思えなかったなぁ・・突然、主人公の妹の前で、善人ぶるしねぇ・・
「トワイライト」「流星ワゴン」「熱球」も読んだけど、出てくる子どもがどれも
同じ性格に思えた。大人の頭の中で拵えた現代の子どもって感じで。
あと、「ナイフ」の中の短編「キャッチボール日和」で、大輔っていう子が苛めら
れるシーンでの、射精は、「そりゃあねぇだろう!」ってな感じだった。あんな状
況で、射精するはずがない。
それと「トワイライト」での、のび太が会社の派遣社員と飲みに行ったときの、
派遣社員のメール!そりゃひどすぎるよ。悪意に満ちている。
けど、「流星ワゴン」は、かなり泣かされました。自分の父親もあの方言を使う
地方出身なので尚更。
以上、感想でした。でも作品はどれも、あっという間に読んでしまいました。


170 :無名草子さん:03/06/30 23:00
昨日子供の塾の講演会(奈良市)になぜか来てた。話はおもしろかったけど、子供の教育についてはあまり役には立たんような内容だったな。実はこの人知らなかったんだけど、このスレ読んでなにか本を読んでみなくなった。
サイン本(日曜日の夕刊とあとなにか忘れた)売ってたけど買えばよかったかな。


171 :無名草子さん:03/06/30 23:14
ゴジラの人

172 :無名草子さん:03/07/06 19:53
流星ワゴンで初めてこの人を知ったんですが、
すごくいい話だったので他のも読んでみようと思いました

173 :無名草子さん:03/07/06 23:52
人間らしいとは思うが、あまりアタマはよくないんだろーな、
と思わせる人。文章は下手ではないが、惹きつけられるような
魅力は感じないな。

174 :無名草子さん:03/07/07 10:09
定年ゴジラ買おうか迷ってるんだけど
どうですか?
重松のそれ以外の本はほとんど読みました。

175 :無名草子さん:03/07/07 11:56
173

気になってるくせに。ばか。

176 :名無し草子さん:03/07/07 15:00
>>174
ほとんど読んでまだ迷ってるなら止めれば?
100円で迷うなよ!!

177 :無名草子さん:03/07/07 21:46
今週のアエラに早大出身者が職業別に羅列されてるなかに
宮崎学はあり重松清はなかった。いいのやらわるいのやら。

178 :無名草子さん:03/07/08 13:56
5ヶ月で170レス。

179 :無名草子さん:03/07/08 20:41
なぎさホテル
意外と良かった。でも、どこかで見たような話

180 :新井宣 :03/07/08 22:59
個人情報の、告発の、特集本、保護は介入することは、そのとうりだよね。だから、反対だね。個人情報保護法案。

181 :無名草子さん:03/07/09 14:09
朋輩につきる!

182 :無名草子さん:03/07/12 01:44
「幼な子われらに生まれ」、「トワイライト」が(・∀・)イイ!
読者の年齢層ってどのくらいなんだろう?
やっぱり、30代の人が多いのかな?

183 :無名草子さん:03/07/12 03:26
俺30代。共鳴するところが多くてすっかりハマリしすた

184 :山崎 渉:03/07/12 08:06
ドラゴンボール完全版 1〜16巻 絶賛発売中!!
ドラゴンボールZ フジ(関東)で毎週月曜16:30〜放送中!!
                           ┏━━━━━━━━━━━━━━┓
―――――――――――――――.┃  ドラゴンボール@2ch掲示板  ┃
これからも僕とドラゴンボール板を  ┃.  http://pc2.2ch.net/db/    ┃
応援して下さいね(^^).           ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
────────┐ r───── .┃;;;;:: ::: ::::...  .: . . _.∩_  .:;;;:; ┃
 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   ∨         ┃::::::...         ヽヘ;;. 人丿ス    ::┃
 | ぬるぽ(^^)                 ┃;;;;;;;;.   从    θ斤:エh u    .:┃
 \                        ┃:::.  __ 《Y》_   ∪レ..... 弋|   :::┃
    ̄ ̄∨ ̄ ̄∧_∧   。..    ┃...  .uヘ人iイ  .  (. .」_ ノ   ....:┃
    ∧_∧  (  ^^ ) / ..    ┃..     (∨ヘ      |....|: .)   .:::::┃
 ̄\(  ^^ ) (つ  つ / ̄ ̄  ┃....    .|;|レ'      .(_;);;.| -〜、 .┃
|\  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /| ̄   ┃. ::;〜⌒^^⌒⌒´⌒` ̄ ̄ ....:: , ⌒~┃
|::::.| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .|    ┣━━━━━━━━━━━━━━┫
|::::.| . 山崎渉ニュース (^^) | .|_  ┃..と〜けたこおりのな〜かに〜♪ ┃
\.|__________|/  ......┗━━━━━━━━━━━━━━┛

185 :無名草子さん:03/07/13 22:58
『見張り塔』は?だったけど、『ビタミンF』はくるな。
年のせいかな。つらいとこつかれてる感じ。

186 :山崎 渉:03/07/15 11:25

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

187 :無名草子さん:03/07/16 12:34
家族有りにはグッときます。

188 :無名草子さん:03/07/20 20:43
今日きよしこ買ってきますた

189 :無名草子さん:03/07/24 23:54
ビタミンFの『母帰る』はきく。
3人の子供と離れたバツイチには辛い話や。
子供に会いたくて仕方ない。

190 :無名草子さん:03/07/25 17:12
>>182
私は20代前半だが、「おやじくさいな」と思って世代の差を感じることもしばし。
でも好きなんだけどね。「ビタミンF」は上記のせいであまりのれなかった。
「幼な子われらに生まれ」や「見張り塔から」のほうが好き。

「エイジ」か「ナイフ」が夏休み読書指定図書になっていたと思うけど、どうなのかな。

191 :無名草子さん:03/07/26 23:24
>「エイジ」か「ナイフ」が夏休み読書指定図書になっていたと思うけど

マジで? 

192 :190:03/07/28 16:21
すまん、ぐぐって見たが証拠は出てこなかった。
夏休み推薦図書や課題図書って県ごととか学校ごととか沢山あるのね。

でも本屋で「夏休み推薦図書」のところに平積みしてあったのを見た記憶がある。

193 :無名草子さん:03/07/31 00:21
「age」と、ひとりごちた。

194 :無名草子さん:03/07/31 11:52
すし食いねぇ,は大好きな作品です。
寿司屋の店主憎たらしかったな。
日曜日の夕刊はどれも良い!!

ナイフで初めて重松読んだけど衝撃受けたもんな。
でも勝手な想像であんなイジメシーン造りだしたんだったらちょっと引く。
ちゃんと取材とか調べたりしたんだろうか?
射精はやりすぎでしょ。

195 :無名草子さん:03/07/31 22:24
射精の話は昔、聞いたことあるなぁ

196 :無名草子さん:03/07/31 22:27
新潮ケータイ文庫で読んだ「気をつけ,礼」ではまりました。
「ナイフ」も面白かったです。
いじめは生々しいのに読み終わった後,満ち足りた気分になれるのがイイ!
でも,最初のワニの話は同級生の行動に一貫性が欠けてるような気が…。

197 :無名草子さん:03/08/01 19:17
俺が一番すきなのは『ナイフ』の最後に入っている「ビタースィート・ホーム」


198 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/08/02 05:26
     ∧_∧  ∧_∧
ピュ.ー (  ・3・) (  ^^ ) <これからも僕たちを応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄ ̄∪ ̄ ̄〕
  = ◎――――――◎                      山崎渉&ぼるじょあ

199 :無名草子さん:03/08/03 23:11
ナイフは新潮社夏の100選になってた。

こないだ結構本を読む友達に、重松どーよ?的なことを言ってみたら
「あーあの人の話って、いつも今の時点と違う所で何か起こってるよねマンネリ」
って・・・マンネリって・・・セッちゃんとかライオンで泣いたんですが、自分。

200 :無名草子さん:03/08/05 00:42
今『ナイフ』のエビスくん読んで泣いちゃった。
それにしてもきついなぁ、『ナイフ』って。
いじめられたことも、いじめたこともあるから
嫌な思い出ばかりが思い出されるよ。

201 :無名草子さん:03/08/05 07:31
ライオン先生、竹中直人でドラマ化だって。

202 :無名草子さん:03/08/05 20:36
>>201
私の好きな話のひとつだ!
いつ?どの放送局?

203 :無名草子さん:03/08/08 23:34
やっぱりちょっとクサクねぇ?
嫌いじゃないし、読んでしまうのがいかにもやられてる感じだ・・・

204 :無名草子さん:03/08/09 00:31
人情噺に落とす所が惜しい。

このひとはいつか大化けするんじゃないかと思って読み続けてるが、
なかなか化けてくれない。

つか、このままかも。

205 :無名草子さん:03/08/09 09:03
新作出版記念カキコ

206 :無名草子さん:03/08/09 11:32
アソシエの課長連載を
楽しみに

ストーリーテラーというより
有能なライターのイメージがアル
私にとってはそのほうが尊敬も出来る

207 :_:03/08/09 11:33
http://homepage.mac.com/hiroyuki45/

208 :無名草子さん :03/08/12 19:30
誰か「疾走」読んでないのか?

209 :無名草子さん:03/08/12 19:53
哀愁的東京(タイトルあってます?)なんてのも出るみたいですね。

210 :無名草子さん:03/08/12 20:39
(^o^)/...
http://pleasant.e-city.tv/


211 :無名草子さん:03/08/13 15:05
『疾走』本屋で立ち読み。
よせばいいのに、二人称なんだよ。
普通の長編が読みたかったよ。
まったく。

212 :無名草子さん:03/08/15 13:55
この人のペンネーム知ってる方、ばらしちゃってください。お願いします。
(田村章、岡田幸四郎以外で)

213 :無名草子さん:03/08/15 14:35
疾走読みました。
重松清はじめて読んだんだけど、圧倒されてしまった。
二人称も思ったほど読みづらくはなかったな。

214 :無名草子さん:03/08/15 20:58
『疾走』今日一気に読み終わりました。
初・重松でした。

こうなるだろうな、という読者の予想を裏切ってしまって、面白いと感じました。
時たま、ご都合主義的に感じるところもありましたが。
理解しやすい文章で、頭使うのに疲れたけど本読みたかった私にはとてもよかった。
>>213
みたく圧倒されました。

他の重松作品も読んでみたいと思います。ナイフかビタミンFあたりかな?

215 :山崎 渉:03/08/15 21:29
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

216 :山崎 渉:03/08/15 23:28
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

217 :無名草子さん:03/08/19 13:17
『疾走』は山田宗樹の「嫌われ松子の一生」に
インスパイヤされたんでしょうか?
などと考える人は俺だけかな…。

218 :無名草子さん:03/08/19 14:01
>>217
才能に嫉妬したとか言ってるからね。


219 :無名草子さん:03/08/19 15:57
「疾走」の二人称には意味があるんだよ。
あれはやはり二人称で語られるべき話。3人称では薄くなり1人称では濃すぎる。
いずれにしても傑作。読んで損はないと思う。


220 :無名草子さん:03/08/19 23:24
>>219
あ、重松さん。こんばんわ。

221 :無名草子さん:03/08/21 00:09
疾走の新田さんは松重豊のイメージ。

222 :無名草子さん:03/08/23 19:17
疾走良かった。
エロ部分がちょっと読むの辛かったけども。

つか、流星ワゴンが一番好きなんだけども
あれは、この人ん中では異色作なんだよね?

223 :無名草子さん:03/08/26 23:11
古谷実の「ヒミズ」て、「疾走」の影響うけてんべ。
連載してた頃の。

224 :無名草子さん:03/09/03 01:15
感動とか面白いとかじゃなく、「すげぇ・…」って感じだよな。
ただただ、「すげぇ・・・・・・」って感じ。<疾走

225 :無名草子さん:03/09/03 01:25
>>212
あと3つあるべ。
他にもあるかもしれんが、知らない。


226 :八氏 ◆NOFXxv7d7Q :03/09/03 01:45
「すげぇ」て良くわかる。
読後しばらく他の本読めなかったよ。

227 :無名草子さん:03/09/03 01:54
また変なコテハンが出てきたな

228 :無名草子さん:03/09/03 08:56
>>225
そうなんでつか。

229 :八氏 ◆NOFXxv7d7Q :03/09/03 22:55
「変な」とは何だ!
名前消し忘れただけじゃんよ。

230 :無名草子さん:03/09/04 00:41
>>224
>>226
「嫌われ松子の一生」読んでみたら?

231 :八氏 ◆NOFXxv7d7Q :03/09/04 01:09
>>230
ちょっと紹介文読んでみたけども、感触違うっぽくない?
単純に不幸度で「すげぇ」て思ったわけではないのだけども
せっかくなんで読んでみますわ。
あんがと。

232 :無名草子さん:03/09/04 01:16
コテうざい。板の雰囲気読めカス。

233 :無名草子さん:03/09/04 01:19
はあ、どうもすんませんな。
板全体見てる訳じゃねんで。

234 :無名草子さん:03/09/04 06:16
この板、ほとんど固定ハンドルいないからねぇ。
他の板と違ってうざがられることは確か。
まあ気にしなさんな。

235 :無名草子さん:03/09/05 10:33
疾走のラストどうよ?陳腐じゃね?

236 :無名草子さん:03/09/05 11:01
>>235
この人は全部陳腐だよ。
そういう終わりを好む人が多いので、人気はあります。
「哀愁的東京」なんてタイトルを平気でつけれるセンスが
マジョリティーに合致する。

237 :無名草子さん:03/09/05 18:36
>235
確かに陳腐。個人的にはおっさんさしたところで終わってくれても良かった。
あんな簡単に発砲されて死ぬなんてありないだろw
けど傑作だとは思うけど…

238 :無名草子さん:03/09/05 20:09
いやでも「哀愁的東京」は良かったよ。
さすがに上手いなとしみじみ。

239 :無名草子さん:03/09/05 20:12
いや、全然良くなかったよ。
24時間テレビみて感動できる人には良いかもね……私は無理☆

240 :無名草子さん:03/09/05 21:39
24時間テレビて。。やな対比だな。

>>237
それ云ったら、新聞屋で働きだしたとことかもありないだろw
つか、「疾走」は、最後に救いがあって助かった感じなんだけどな。


241 :無名草子さん:03/09/05 21:59
ライター時代に、ガンガン書きまくって鍛えられている人だそうで。
ま、芸術志向じゃない職人芸の人ですな。

242 :無名草子さん:03/09/06 00:41
現役のライターですがw

243 :無名草子さん:03/09/06 14:35
尾崎豊のゴーストとかしてたんかな?

244 :無名草子さん:03/09/08 21:30
ライオン先生がドラマ化ですか(ソースはダヴィンチね)
竹中直人が主演って……
いや、あまりにもハマリ役かなと。

245 : :03/09/12 02:11
「疾走」ではじめて重松清読みました。率直に「圧倒された」ってのが
最初の感想ですね。それから既出のタイトルをあらかた読みましたが、
やっぱり「疾走」が特殊なんですね。ラストの甘さは、やはりこの人ら
しさなんだと思いました。

今年は「哀愁的東京」以降、3〜4冊出るようですよ。

246 :無名草子さん:03/09/12 04:06
>>245
去年も年の暮れに何冊か出たしね。

247 :無名草子さん:03/09/12 10:17
疾走、読み終わって二週間くらい経ってるのに未だに余韻引きずってる・・・
なんとかしてくれ。
傾いたまま放置されてるタワーの描写とか、すごく怖い。
なんだろうこの気持ちは。

248 :無名草子さん:03/09/14 17:00
「疾走」読了。
やっぱこのひと悪趣味だわ。
とても人には勧められない。

249 :無名草子さん:03/09/14 23:54
「流星ワゴン」でも薦めとけ。

250 :無名草子さん:03/09/15 09:49
「哀愁的東京」は、いまいち。
40歳くらいのおっさんだったら共感できんのかな。

251 :そーせき:03/09/20 22:18
いままで読んだ中では一番ハードな重松作品
         ”疾走”
丸山健二を思い出す。というか、比べてしまった・・。少年物って事だけだけど。
ラストでその違いが、アカラサマになるけど・・。
でも今までの重松作品と比べて、”聖書”なんか出した分だけ
いいたい事が薄まってる感じがする。
どうよ・・・?

252 :無名草子さん:03/09/20 23:53
まあ、でもある意味、聖書は話しの核と云ってもいいくらいの柱なんで薄まってはいないでしょ。
引用長いとこはちょっとアレだけども。

253 :無名草子さん:03/09/21 19:02
疾走のラストさぁ・・・






















しょぼすぎ。プッ

254 :無名草子さん:03/09/21 20:07
疾走は読むのがつらかった・・・・。
なんでここでは評判がいいのか不思議です。

255 :無名草子さん:03/09/22 23:03
>>254
10年振りくらいに彼がミステリを出したってことに意義があるんじゃない?

256 :無名草子さん:03/09/24 12:37
疾走でミステリだったのか(._.) φメモメモ

257 :無名草子さん:03/09/24 15:04
>>256
連載はカドカワミステリ なんとかってところに
してたはず。

258 :無名草子さん:03/09/28 00:25
今年のミステリ・ベストテンに顔を出すのは確実ですぜ『疾走』
ノワールだしw
救いのないだけの物語、とみせかけて、ラストで思いっきりひっくり返してくれるし


259 :無名草子さん:03/09/28 12:27
>>258
単なる人情噺だろ。

260 :無名草子さん:03/09/28 13:35
ライオン先生の竹中直人、ズラ丸出しすぎ

261 :無名草子さん:03/09/29 00:46
>>259
に、人情話ぃぃ?どこをどう読めば、そうなるんだ?

262 :無名草子さん:03/09/29 00:59
>>259
http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&oe=UTF-8&q=%E3%81%8A%E5%89%8D%E3%81%AF%E9%A6%AC%E9%B9%BF%E3%81%8B%EF%BC%9F

263 :無名草子さん:03/09/29 21:57
『アメイジング グレース』いいですね。

264 : ◆AkiCfyCai6 :03/10/01 00:05
疾走すごーく(・∀・)イイ!!

265 :無名草子さん:03/10/01 18:06
すいません、ちょっと気になったので質問させてください。

流星ワゴンで出てくるテレビドラマの中で(単行本p297-299)
「あと二ヶ月もすれば恋人と密会する写真がスクープされる
 ・・・
 半年後には「旬を過ぎたアイドル」の仲間入り・・・」
って書かれてるショートカットのアイドルって広末涼子のことだと思うんですが
(ドラマはおやじぃかな?)

そのドラマの脇役で出演していて、7月から始まる別のドラマで主役、
そのドラマが大ヒットして秋には雑誌のグラビアを毎週飾る 云々

・・・の女優って誰がモデルだか分かりますか?

2ch初心者でよく書き方分からなかったんですが
長すぎたらすいません。

266 :無名草子さん:03/10/01 22:40
>>265
片瀬那奈とか国仲涼子あたり?(別に根拠はないですけど、、)

自分も初めて読んだ時、広末のことを
思い浮かべました。先輩から後輩への
きつい言葉なのかなと。


267 :きよしこ:03/10/04 02:45
はじめてこのスレを見つけました。
私のオススメは「きよしこ」。(実はこれと舞姫通信しか読んでない。)
前書きからあとがきまで、(もちろん)収録作すべて感動。
電車のなかや、ドトールなどで読んで泣くのを必死にこらえてました。
ここでは、この作品についてほとんど触れられてないですね。なぜだ?

NHKのHP、<ひきこもり応援キャンペーン>に彼のコラム(メッセージ)が
掲載されています。これだけでも泣けます。まだ見てない方はどうぞ。
もう掲載してないかな。。。

それと私が次に読むべき彼の作品、ハッピーエンドのもので何かオススメください。

268 :無名草子さん:03/10/04 11:41
>>267
流星ワゴン

269 :きよしこ:03/10/04 19:07
>>268
ありがとうございます。このすれで見ていて気になってた作品です。
ビンボーなので図書館で借りてきます。

270 :無名草子さん:03/10/05 18:12
矢沢永吉の公式HPで重松さんの
コラムを読んで、興味を持ちました。
明日、何か一冊買って読んでみます。

271 :無名草子さん:03/10/10 20:58
11月10日に新作発売ってアマゾンに出てるわけだが、1ヶ月も
先だと待つのが辛いな。

272 :無名草子さん:03/10/12 13:17
ぬ の話が面白かった。



273 :無名草子さん:03/10/12 21:22
>>272
面白いね。「失われた文字を求めて」だったかな?

274 :無名草子さん:03/10/13 16:31
本日ライオン先生放送age

275 :無名草子さん:03/10/13 16:42
このスレッドが3にあるのなんか始めてみたな。
図書館の貸し出し状況とか見てると、けっこう
人気あるみたいなんだけど、2chなんか見ない
世代の人たちに読まれるのかな?

276 :無名草子さん:03/10/13 17:10
よくある学園ドラマになる予感。

277 :無名草子さん:03/10/13 20:17
ライオン先生まだ読んでないから今から買ってきて読むかなぁ。

278 :無名草子さん:03/10/14 00:25
ドラマ版見た人いないの?

279 :無名草子さん:03/10/14 03:30
「疾走」読了。
ラストはあれで良かった。あれじゃなきゃ、それこそ陳腐な不幸話で終わったと思う。

280 :無名草子さん:03/10/14 11:45
ドラマ版ライオン先生 駄目だ こりゃ・・・

281 :無名草子さん:03/10/14 16:22
トワイライト読んだ方いますか?
なんとも暗くて読後感のすっきりしない嫌な作品でした。
20台で読んだから?

282 :無名草子さん:03/10/15 22:07
誰もいない?過去見たら少しの記述はあったけど・・・

283 :無名草子さん:03/10/16 21:20
けっこうおもしろいと思うんだけど、いろんな作品にちょいちょい出てくる
「いじめが起こる理由」ってのがどうも解せない。
いじめってそんな単純で軽薄なもんじゃねえだろ、って思う。
この人、あんまりいじめられる人のこと知らないんじゃないかな。
どっちかっていうと、いじめる側の人っぽいんだよな。

284 :無名草子さん:03/10/16 23:33
>>283
「いじめの現場」っていう本に寄稿してるから読んでみれば?

君の予想はズバリ当たってるよ。

285 :無名草子さん:03/10/18 21:08
ライオソ先生ってどの本に入っているんだっけ?
前に読んだのだが忘れてもーた。
ドラマ観たけど原作とはぜんぜん視点が違うような気がした。
うろ覚えでスマソだが中年男性の葛藤と親子の絆を描いていたように思うのだけど。
普通に観てる分には楽しめるけどねー。

286 :無名草子さん:03/10/18 21:27
>>285
「かかしの夏休み」に入ってます。まぁドラマはあれですが…

287 :無名草子さん:03/10/19 01:16
かかしいいね。

288 :283:03/10/19 13:39
>>284
情報、ありがとうございました。
それ知らなかったです。
読んでみようかな。

289 :無名草子さん:03/10/20 22:08
ライオン先生放送age

290 :無名草子さん:03/10/20 22:36
ライオン先生ダメポ

291 :無名草子さん:03/10/21 01:37
ドラマ版のノベライズを田村章にやって欲しい、絶対無理だけど。

292 :無名草子さん:03/10/21 01:47
それ面白いね

293 :無名草子さん:03/10/23 21:59
ようやく「疾走」を読んだ。
感想 ・お好み焼き屋の「みよし」は、パチンコ店の名前から取ったはず。間違いない。
    ・重松清はいつも通り重松清だった。この作品がターニングポイントだとかいうの
     は、角川の宣伝に乗せられた感想だろう。
    ・でも、ふつーに面白かった。

294 :無名草子さん:03/10/23 22:06
いつも通りか?
この手の長編かいて無いだろ。

295 :無名草子さん:03/10/24 00:37
>この手の長編かいて無いだろ。

確かに。でも、雰囲気は「舞姫通信」っぽい感じだった。

長編になったのは、連載中に直木賞取ったから、もうすこし引っ張って
連載してもらいたい、という角川の思惑もあったんだと思う。

296 :無名草子さん:03/10/24 00:51
舞姫かあ。なるほど。
そう云われると、主人公が淡々としてるとこなんかは似てるかも。


297 :無名草子さん:03/10/24 13:14
>>293
>重松清はいつも通り重松清だった。

俺はそうは思わない。
30年くらい後退しちゃった感じがした。

298 :無名草子さん:03/10/24 22:14
金銭的につらいから1冊だけにしようと思ってるんだけど
半パンデイズかカカシの夏休みどっちを買うべきでしょうか?
この板ではこの2つが好評なので(ナイフは読了、エイジは文庫落ちまだ)

299 :無名草子さん:03/10/24 22:26
エイジは文庫になってますよ

300 :無名草子さん:03/10/24 23:52
ようやく、「哀愁的東京」も読んだ。

なんか、重松清を知っていればいるほど、「あのエピソードがもとなのかな?」
とか詮索したくなる箇所が出てくる1冊だった。

でも、やっぱり面白いんだよな。重松清じたいがひとつのジャンルみたいな
感じ。

>>298
図書館とかで借りるのは、好きじゃないんでしょうか?

301 :無名草子さん:03/10/25 00:27
>>299
エイジ文庫なってました?探してみます。
半パンにしようかな。

>>300
図書館とか古本ダメな人です。ごめんなさい


302 :無名草子さん:03/10/25 23:50
『疾走』読み終わりました。
心が重たく切なくなる1冊です。
読んで良かったです。
またこんな作品に出会いたい。

303 :無名草子さん:03/10/27 13:30
『扉を開けて』を読みました。最後みなさんどう解釈しました?
ネタバレ禁止だったらごめんなさい。

304 :無名草子さん:03/10/27 23:37
>>303
ゆうべ、鍵を掛け忘れた。一瞬よぎった思いは、すぐに別の、もっと
鋭い断面を持つ言葉にすり変わった。

とあるからね…。

偶然ですね。自分も、今日、見張り塔を読みました。

305 :無名草子さん:03/10/28 00:50
>>303
いやもう、最悪な方のパターンでしょ。


306 :無名草子さん:03/10/28 09:32
>>303
投身だろう。

307 :無名草子さん:03/10/28 21:28
私は健太君が・・・と思いました。

308 :無名草子さん:03/10/28 22:28
見張り塔はいい。後の作品は偽善者丸出しだ。

309 :305:03/10/29 01:36
ああ、俺も健太君派。

310 :無名草子さん:03/10/29 22:14
奥さんが・・・と思ってたよ。
一番最初に読んだけど確かに見張り塔は良かった。
「カラス」にグッときてしまった自分は少数派なのかな。

311 :無名草子さん:03/10/30 15:29
カラス怖かったーー。

312 :無名草子さん:03/10/30 20:43
TVドラマでありそうなストーリーだったけど
カラスはすげぇ印象的だった〜

313 :無名草子さん:03/11/01 00:10
今日PM2:00から福井県立図書館多目的ホールで重松氏の講演会があります。

たのしみだ〜

314 :無名草子さん:03/11/01 00:27
トワイライトも面白かった。


315 :無名草子さん:03/11/01 01:02
>>313
いいなあ。

自分も3日は、神田で重松清×泉麻人の対談を聞きに行って来ます。

316 :無名草子さん:03/11/01 08:18
>>315
3日ってどこですか?もちろん予約制とかでしょうね・・行ってみたい!

317 :無名草子さん:03/11/01 19:47
>>316
東京都千代田区神田の三省堂です。最寄り駅は御茶ノ水。
http://www.books-sanseido.co.jp/120thssd/kanda/kanda_sign.html?MBR_NO=&SESSION=#sigematsu
整理券必要ですが、当日でも大丈夫だと思います。
木曜日に貰いに行きましたが、まだまだ余裕ありました。

318 :無名草子さん:03/11/01 20:04
>>317
ありがとうございます。ダメもとで行ってみよっかなー

319 :無名草子さん:03/11/01 20:13
「負けたという事実に負けてはいけない」という先生のお言葉が印象的だったというか、
励まされました。
学生は俺以外にほとんどいなかったのですが、講演後に学校の先生にばったり会って
びっくりしました。(今日はテストがあったのだけど用事があるといって午後のテストはうけていないんですw)

320 :313=319です:03/11/01 20:14
あしからず

321 :無名草子さん:03/11/01 23:42
>>319
なんか、先生とばったりっていうのが必然っぽいですね。
よりによってテスト受けてない時に遭ってしまうあたり。

やっぱ、重松清の読者層は学生少ないのかな?

322 :無名草子さん:03/11/03 18:27
トークショー行って来ました。
1時間笑いっぱなしでした。
最高の雨宿りでした。
今日は、午前中に、『ビフォア・ラン』と『幼な子われらに生まれ』
の文庫2冊が見つかったりして、最高の1日でした。

323 :無名草子さん:03/11/03 21:42
あ、いいな。
予定が無ければ行きたかった。。

324 :無名草子さん:03/11/03 22:18
>>322さん
トークショーの様子を教えていただけませんか?
すごく気になります。


325 :無名草子さん:03/11/04 00:02
>>324
タイトルは『昭和の東京(笑)』
最初に重松登場。前説を始める。
「光文社から、誰かひとり対談をしたい人を選べ、って言われた時に
真っ先に浮かんだのが泉(麻人)さんだったんだよね。私はあまり
作家に友達がいない人なんで」

「大学に入る頃に、泉さんのエッセイを読んで何がすごいと思ったか
というと、こんな普通のことを書いていいんだっていうことなんだよね。
今日はみなさんには悪いけど、僕が泉さんに聞きたいことを一方的に
聞くという形にさせていただきますんで。ほら、あの別にお金払ってる
わけじゃないんだから。外も雨降ってるんで、雨宿りの気持ちで聞いて
くださいよ。」

「それでは泉さんをお迎えしますんで、大きな拍手でお迎えください」

泉登場。




326 :無名草子さん:03/11/04 00:13
以下、覚えてるところのピックアップです。ご了承ください。
重松「なんで、昔の思い出話をエッセイで書こうと思ったの?」

泉「いや、僕そういうの好きだったの。小学生の頃から幼稚園
の時のことを思い出すのが趣味だったの」

泉「オレ自分で原稿書いてて面白いのが、昭和30年代までは
昭和で書いてて、昭和45年になると1970年て書いてるんですよ。
あれって何でなんですかね?」

重松「EXPO'70って言う言い方が大きかったよね」

泉「僕、万博っていうと新宿の西口とかで、あと何日とか出てる
時の方が印象に残ってるね」

327 :無名草子さん:03/11/04 00:29
泉「重松さんなんかが、東京に出て来た80年代初頭って、地元
の風景と違いってありました?」

重松「僕ね、受験の時に新幹線乗って、東京で中央線に乗り換えた
んですよ。そしたら、しゃべってる人間がみんなアナウンサーみたい
なんですよ。おいおい、なんだよーみたいな。スネオみたいなしゃべり方
のやつばっかりで」

泉「高校2年の時に、初めてディスコ行ったんですよ。そしたら
ニューヨークみたいんなんですよ。まあ、ニューヨーク行った
わけじゃないんですけど。行ったことないけど、ニューヨーク
みたいってあるじゃないですか」

重松「のぞき部屋とか、当時(80年代)どうでした?」

泉「当時はもう書き始めてたんで、エッチな気分には
ならなかったですね」

重松「書き始めると、エロ本とか買っても恥ずかしくなくなるんだよね。
領収書貰わなきゃいけないから、オレは取材で買ってるんだ、と」

328 :無名草子さん:03/11/04 00:51
重松「あの頃さあ、無精ひげ生やしてる男子大学生って、単なる不精だったよね」

泉「今って不精じゃないんすよ。不精っぽいひげなんですよ」

重松「東京には、哀愁っていうのはあるけど、郷愁っていうのは
ないんですよ。だから、やっぱり哀愁っていうのが今後の僕の
キーワードになっていくんじゃないかな、と。泉さんはどうですか?
キーワードとしては」

泉「いや、考えてこなかったんですけど…」

重松「泉さんは先日、大腸ポリープを取って、僕は今日、始まる前に
胃薬を飲んで」

泉「大腸ポリープ取るのって面白いんですよ。お尻から内視鏡入れて。
あの辺神経ないから、あまり痛くないんですよ。カメラの先に輪っかを
つけて取るんですけど、その様子がモニターで眺められるんですよ。
で、先生ほら、もうちょっと上の方かな?なんて言いながら取るんですよ。
で、もっと驚いたのが、先を網みたいのに付け替えるんですよ。
はがれたポリープをUFOキャッチャーみたいにピューっと取るんですよ」

329 :無名草子さん:03/11/04 00:54
重松「そんなわけで、泉さんの大腸ポリープ全快を祈って拍手でお送りください」

重松「えー、泉さんでした。まだ雨が降っております。まったく雨宿りにならなかった。
激しく降ってますけど。まあ、この後サイン会もあるみたいなんで、もう少しいたら
雨も上がるかもしれないんで、よろしくお願いします。今日はどうもありがとう
ございました」

330 :324:03/11/04 01:31
322さん
乙です。詳しく書いてくださってどうもありがとうございました。
7・80年代が青春の人にはたまらない内容みたいですね。
思わずこの前TVで見てしまった、「クレヨンしんちゃん」を
思い出しちゃいました。 
雨が降っていたので、人が少なくなければいいと思ってましたが、
盛り上がったようで何よりです。
ブックフェアには、サイン本や珍しい本も蔵出しすると聞いていますが、
欲しかった本が見つかってよかったですね。


331 :無名草子さん:03/11/04 22:22
昨日、行ってわかったんですが、『哀愁的東京』って

あいしゅうてきとうきょう とではなく抑揚をつけずに読むんですね。
↑       ↑
(↑はアクセントのつもりです)

332 :無名草子さん:03/11/12 00:27
まだエイジとカカシの夏休みしか読んでないけど好きです
おすすめありますか?

333 :無名草子さん:03/11/12 05:59
>>332
そういう流れ読んできたなら、ナイフや日曜日の夕刊あたり
がお薦め。

334 :無名草子さん:03/11/12 20:34
「疾走」読み終わりました。
県庁所在地がO市、その隣がK市、競輪場があるT市、
そして舞台は干拓地、さらには作者の出身地が・・・・と
どうも自分の実家がある小さな町と重なりすぎて
妙なリアリティが最後までつきまとい泣いてしまいました。

二人称で話を進めるスタイルも自分にとっては斬新でおもしろくもあり残酷でした。
たとえ陳腐と言われようと最後に救いを用意してくれていてよかったっす。



335 :無名草子さん:03/11/13 11:31
12/12 講談社文庫 世紀末の隣人たち

何これ?

336 :無名草子さん:03/11/13 22:47
>>335
『隣人』の文庫化かな?
>>334
この人に出身地はないと思う。
岡山生まれで大阪、広島、山口その他もろもろで
住んでたみたいだから。

337 :無名草子さん :03/11/14 11:26
「ビフォア・ラン」を探しているんですがどうしても見つかりません
手に入った人はどうやって入手しましたか?

338 :無名草子さん:03/11/14 18:38
自分は近くの古本屋にたまたまありました。
文庫化に際しての版元替えでトラブルがあったらしく
『幼な子…』と『ビフォア・ラン』は回収されたみたいです。
新刊書店にはまずないです。
楽天フリマやヤーフーオークションでアラート設定しておくのは
当然として、アマゾンマーケットプレイスで予約注文
(どうしてもほしいなら1000円以上に設定するのがいいでしょう)
もしてました。あとはブックオフやブックマーケットなんかの
幻冬舎文庫のところを探す地道な努力です。がんばって見つけてください。
余談ですが、幼な子の方はハードカバーなら出版社在庫1冊だけある
みたいですね。






339 :無名草子さん:03/11/14 23:25
講談社 講談社文庫
世紀末の隣人たち 重松 清 未定 12 4062739127

これか…。

340 :無名草子さん:03/11/15 13:33
>>333
サンクス

341 :無名草子さん:03/11/15 14:05
「送り火」読んでいるんだけれど……なんだか玉石混淆な印象だな。
題材の集め方なんかはやはり上手いと思うんだが。

この路線、どう思います?

342 :無名草子さん:03/11/15 14:06
>>336
でもいちおう出身地のとこは岡山県になってるよね。
んで俺の出身地でもある小さな町も干拓地なもので。
しかも何年か前の池袋通り魔連続殺傷事件の犯人も同じ町出身なんだけど
「疾走」はその事件を元ネタに話ふくらませたのかなぁ?って妄想してて。
歳とかは全然違うけど生い立ちとかはかぶるものがあったりするし。

343 :無名草子さん:03/11/15 16:55
>>342
なるほどね。

344 :無名草子さん:03/11/17 04:38
「鼻白む」、「かぶりを振る」をやけに使ってる。
でも好きw

345 :無名草子さん:03/11/18 00:04
『送り火』の表紙写真が『隣人』を取った人と
同じかと思ったら違かった。

>>335ですけど、『隣人』の連載時のタイトルが
「世紀末の隣人」だったみたいです。 

346 :無名草子さん:03/11/18 03:00
息子白書はいい話だった。。。

母親のシャワーがいつもより長かったってところも、最後の最後も。

347 :無名草子さん:03/11/18 03:33
「ひとりごちる」もよく使ってるな

348 :無名草子さん:03/11/18 06:46
>>344
「かぶりを振る」はよく使ってるね。

349 :無名草子さん:03/11/18 15:18
英訳の読み過ぎ?

350 :無名草子さん:03/11/18 19:44
自分が>>338を書いたからかどうかは知らないけど、『幼な子…』のハード
カバーの方の最後の一冊がなくなりましたね。
それとビフォア・ラン入手法の続きですけど、富士山.コムというところには
在庫あるみたいですね。ただし、日本国内には配達してくれないから、海外
の友人の住所を借りるか、輸入代行業者に頼むかしないとだめですが…。




351 :無名草子さん:03/11/19 21:17
クローズアップ現代に出てたね。

352 :無名草子さん:03/11/20 05:53
「啜る」もよく使ってません?

353 :無名草子さん:03/11/21 23:46
今気付いたんだけど

何でスレタイに「〒」マークついてんの?

354 :無名草子さん:03/11/22 01:48
>>353
>>1でカカシの話が出てる所から考えてみると〒はカカシをイメージしたのではないかと推測したり。。

355 :無名草子さん:03/11/22 11:21
>>354
おお!なるほど!

356 :無名草子さん:03/11/22 14:20
>>39
1年以上あけてのレスだけど、大学時代は中野あたりに住んでた
そうです。その時バイトをしていたのは高円寺の…。有名ですよね。

357 :無名草子さん:03/11/23 00:51
>>354
ほほう
なんていうか、>>1の意図はともかくあなたの想像力に感服しますた

358 :無名草子さん:03/11/23 01:30
「いっとう〜」もちょくちょく使うよね。

359 :無名草子さん:03/11/23 11:28
多摩センターで進学塾講師やってたとも

360 :無名草子さん:03/11/23 23:17
>>359
そのときは調布に住んでたとも。

『送り火』読んだ。世にも奇妙な物語みたいな感じで
始まったかと思いきや、途中で重松清の王道的調子に
なるも、最後にまた奇妙に戻ってお終い。

たぶん、文藝春秋側が王道的なものを要求したんだろうな。

361 :無名草子さん:03/11/24 01:17
私立の雄、早稲川大学!!!!!!!!!!!!

362 :えびせん:03/11/29 08:00
息子と一緒に重松作品愛読してます。書店で手に入るものはほとんど読んでしまって,次に何読んだらいいのかなって感じ。重松風の作品書く人って,他にどんな作家がいるんでしょうかね。

363 :無名草子さん:03/11/29 10:09
>>362
ナイフとかエイジとか、少年を扱った作品の方向性では
角田光代さんがまさに重松風という感じ。
ちなみに『キッドナップツアー』の文庫解説は重松清です。

あと、これは田村章のノベライズだけど、ビートたけしの
『キッズ・リターン』も重松清の描く少年像に近いですね。

『見張り塔からずっと』や『定年ゴジラ』みたいな、上の世代
を描く作家は誰がいるのか、自分にはよくわからないです。

364 :無名草子さん:03/11/29 21:41
>>363
『キッズリターン』は名作だよね。俺も5年くらい前よく読んでた。
確かに重松作品と同じような匂いがしないでもないですね。

365 :えびせん:03/11/30 11:55
どーもありがと!早速読んでみます。私は「ナイフ」から入ったんだけど,仕事柄子どもと接することが多く,ああ,こういうのありだよな,と思うところがいくつかありました。読んだ後に何となくほっとする感じが好き。

366 :無名草子さん:03/11/30 15:10
よく、作品のタイトルが間違えられているのを見かける。
ex.「中年ゴジラ」「さつき断章」「さつき情景」「見晴らし塔からずっと」
記憶があいまいなまま、読み捨てられていくのが筆者の望むところ
なのかもしれないけどね。

367 :無名草子さん:03/12/02 07:38
99連敗中の国内最強駄馬、「ハルウララ」と
その駄馬を支える人々の話を小説化するらしいですね。

368 :無名草子さん:03/12/05 01:06
>>367
重松清、2ch で検索して、ハルウララを応援する重松清特別 と
出てきたときには、「ああ、作家以外にも重松清っているのね」
なんてとんだ勘違いをしてしまいました。中学生向けってこと
だけど、やっぱ買っちゃいそう。


図書館に早稲田文学があったから見てみたら、1984年の
この人の文章(小説じゃないけど)があった。

369 :無名草子さん:03/12/05 23:58
ビフォア・ランが手に入らない方々へ

こんなところでアピールしてみてはいかがでしょうか?
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=16610

370 :無名草子さん:03/12/06 16:33
12/14に練馬で重松さんの講演会とサイン会があるので行ってきます。
定員200名でまだ席に余裕があるそうですよ。

http://www.hikarigaoka.jp/bbs/c-board.cgi?cmd=one;no=3816;id=freetalk

371 :無名草子さん:03/12/06 16:47
>370
金とって、しかもそのような場所での講演会って、重松らしくないと
いうか、何かもにょるなぁ。

372 :無名草子さん:03/12/06 17:56
>>370
おお!素晴らしい情報をどうも。

373 :無名草子さん:03/12/06 18:04
http://www.city.shinjuku.tokyo.jp/division/231900josei/center/kouza.htm

前日の12/13にも講演会(無料)

374 :無名草子さん:03/12/10 19:03
疾走ってバブル期の話なの?
今ケツの穴にバイブ突っ込まれてるとこ読んでます。

375 :374:03/12/12 00:13
前言撤回です。ただの馬鹿でした






みゆき

376 :無名草子さん:03/12/12 22:57
>>374
俺はその辺から、止まらなくなって朝方まで読み耽った。


377 :無名草子さん:03/12/13 00:47
走って、負けて、愛されて ハルウララ号物語刊行直前
ハルウララ100戦前日あげ

378 :無名草子さん:03/12/13 10:01
TV出演age

12/13 (土) 21:00〜22:15(75分)
NHK総合 最後の言葉 作家・重松清が見つめた戦争

▽アメリカに保管されていた日本軍将兵の日記や遺書▽手記が語る戦争の現実▽60年ぶりに妻に届いた夫の言葉 筒井道隆ほか

【出演】 重松清/筒井道隆

379 :無名草子さん:03/12/13 16:44
セッちゃんで号泣しました。

380 :無名草子さん:03/12/13 16:59
愛妻日記発売少々おくれさげ

381 :374:03/12/13 21:02
>>376
ここまで読み終えたのが朝6:00時だったんです。
おかげでT限目遅刻してしまったw

382 :無名草子さん:03/12/13 22:26
>>381
疾走すれば間に合ったはず。

NHKスペシャルはなかなか面白かった。

383 :無名草子さん:03/12/15 00:13
フセインも拘束されたことなんで、誰にも頼まれてないのに昨日(日曜)の講演会の
レポートをさせていただきます。
場所は都営地下鉄大江戸線の光が丘駅から、徒歩15分ほどのところにあるところ。
光が丘は見渡す限り団地でなかなか素敵。施設の中の講堂で、仏様を前にしての
講演でした。
近くの文教堂が、サインをもらうための重松書籍の販売をしていました。ハードカバー
は、『流星ワゴン』、『ビタミンF』、『疾走』、『哀愁的東京』、『お父さん…』、『送り火』が
あり、文庫は『世紀末の隣人』、『ビタミンF』他、全10種くらいあったと思います。(『ビ
フォア・ラン』、『幼な子…』はなかったですけど。)
あとでサインを貰うために並んでいる時に周りを見渡すと、圧倒的に『疾走』が売れて
いて、他は『エイジ』の文庫、『送り火』、男性の方だと『お父さん…』なんかがぱらぱら
と、という感じでしょうか?自分は未読が『リビング』と『世紀末…』の両文庫だけだった
ので、後者にサインを頂いてきました。

384 :無名草子さん:03/12/15 00:27
講演の論題は「学校と家族と子供と」で、幅広い話が聞けました。
客層は、自分(20男)と同じぐらいから、重松さんと同年代くらいの
30台半ばから40歳ぐらいの女性が一番多く、また場所がら60歳以上
の方もたくさんいらっしゃいました。三省堂とか青山ブックセンターでの
サイン会とは違って、一目でわかる転売目的の古本屋がいないのは
うれしかったですね。まあわざわざ1000円も払ってますからね。
受付に「ニュータウン物語」という映画のビラが置いてあり、重松さんが
推薦文というか解説というかを書いてありました。

冒頭いきなり興味深い話が聞けました。NHKで少年をテーマにした番組
を重松さんは作っていて、その第一回目の収録がこの講演会のあとに
あるんだそうです。放送は年明けになるとのこと。

385 :無名草子さん:03/12/15 01:19
話があっちこっちいって申し訳ないですけど、終了後にサイン待ちの列に並んでいたら
自分の前の人が、『愛妻日記』の発売はどうなってるのか、と聞いていました。もう出る
みたいな答えだったんで、今週中には出るのでしょうか?
その人のさらに前の人(30代半ばくらいの女性)は、重松さんに会えるのがうれしくて
仕方ないといった様子で、自分の番が来るとお手紙を渡していらっしゃいました。
それを見た自分は、「ああ、重松清って人気あるんだなあ」と思いました。
そういわれてみると、ブリオみたいな雑誌の表紙が似合いそうな風体ではあるし。

講演会の話の中身については気が向いたら書きます。

386 :無名草子さん:03/12/15 20:26

なんだこいつは!!?

387 :無名草子さん:03/12/15 22:23
お気に触りました?

388 :無名草子さん:03/12/16 00:56
>>387
煽りはスルーしとけよw

389 :無名草子さん:03/12/16 22:52
>>384-385
おつかれです。
レポはありがたいです。
一回くらい行ってみたいなあ。

390 :無名草子さん:03/12/17 00:36
http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=r0021202

ウララの新刊は平凡社から。

391 :無名草子さん:03/12/19 23:33
「疾走」読んだ。「カラス」に良く似た読んでいて人間がいやになる話。もう重松はいいや、かもしれない。

392 :無名草子さん:03/12/20 01:37
異色  ビフォア・ラン、私が嫌いな私、四十回のまばたき、舞姫通信、かっぽん屋、疾走、送り火
こういうのが定番からはずれた部類の作品かな。

393 :無名草子さん:03/12/20 13:47
『疾走』を評価してる奴ってどうかしてるとおもうけどね。

394 :無名草子さん:03/12/20 20:45
>>393
一気に読ませる力のある作品とは思う。
読んだ後にしみじみと読まなければよかったと思うが。

395 :無名草子さん:03/12/21 01:02
読みやすい作品を書くのが彼の持ち味だからね。一応、中学入試出題率ナンバー1なんて肩書きもあるw

396 :無名草子さん:03/12/28 11:00
きよし読んでると、核家族っていいなあとか思ったりしますなあ。
独身の身としては。

397 :無名草子さん:03/12/29 18:37
週刊ポストの連載も変なカンジになってまいりますた!!

398 :無名草子さん:03/12/30 02:24
今テレビ出てます。(教育)
話の中心にいないと気がすまないらしい。

399 :無名草子さん:03/12/30 03:32
なかなか面白かった。
自分が紹介する本は、予想通りに『成り上がり』

400 :無名草子さん:03/12/30 23:15
今さっきやってたのは、深夜に放映されてたやつの
続編だったわけか…。神戸みゆきだけは両方出てた。
台本棒読みじゃないの、彼女だけだもんな。

401 :無名草子さん:03/12/31 22:36
疾走、好きだな。

402 :無名草子さん:04/01/03 22:22
疾走買ってみようかと思ったけど激しく読み辛かったのでやめた。
主人公のことを「おまえ」って書いてるのが

403 :無名草子さん:04/01/04 00:17
>>402
一読した本じゃないと買わない人ですか?

404 :無名草子さん:04/01/04 01:21
定年ゴジラはじめつまんないと思ってたけど結局最後まで読んだ
漏れには程遠い世界に感じた

405 :無名草子さん:04/01/04 08:55
>>403
いやいや、金がないもんで。他にも読みたい本がもっさりあるし。
でも表紙とキャッチコピーにひかれる

406 :無名草子さん:04/01/04 09:40
二人称にしては読みやすいよ>疾走

407 :出品者:04/01/04 21:33
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b46805980
このたびヤフーオークションで、重松清さんの新刊、『愛妻日記』を出品させていただきます。
『世紀末の隣人』もサービスで付けます。お安い価格からの開始としましたので、みなさん
ぜひご入札をお願いします。

408 :無名草子さん:04/01/05 13:52
読んでるうちに気にならなくなったけどな、二人称。
だいいちあのストーリーを一人称で描いていくとしたら
その方が精神的に読みづらくなりそうだ・・・。
ラストも二人称だからこそできる終わり方だしねえ。


409 :無名草子さん:04/01/05 18:56
世紀末の隣人本屋に売ってねぇぞぉ。

410 :無名草子さん:04/01/06 01:48
通販生活のCM出てるね。

411 :無名草子さん:04/01/06 23:35
日経エンタテインメント出てるね。

412 :無名草子さん:04/01/08 07:29
重松って何年か前に早稲田の文学部で演習受け持ってたでしょ。

当時出席してたやつって、このスレにいる?
どんな授業だった?

413 :無名草子さん:04/01/08 08:30
>>412
98、99年度に第二文学部で「雑誌ライティング講座」と「エンターテインメント文芸」
をやってたそうです。自分もどんな授業だったのか知りたいですね。

414 :無名草子さん:04/01/08 13:15
セッちゃんとかナイフのワニの子とかいいなあ。。・゚・(ノД`)
情けない人々の描写も好きだけど。

415 :無名草子さん:04/01/10 00:43
幼な子…を探している人(いるのかどうか知らんが)
↓にありますよ。
http://www.kosho.or.jp/servlet/bookselect.Syousai?p_shop_id=12041580&p_bk_tourokubi=2003%2F12%2F09+19%3A54%3A23&p_bk_seq=163





416 :無名草子さん:04/01/11 13:58
http://page2.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/b47256600
帯をよく確認せず購入したため、ほとんど未読のままの出品になります。

ワロタ



417 :無名草子さん:04/01/11 20:38
『愛妻日記』を読みおわった。
饗宴と童心と愛妻日記が萌えたけました。

418 :勝手に応援隊:04/01/11 22:29

【題 名】ストリート・チルドレン
【著者名】盛田隆二
【出版社】新風舎文庫(590円)

「重松清絶賛」の帯に惹かれて読んだ。
あとがきによれば、この小説が「早稲田文学」に連載されたときの
編集担当者は、若き日の重松清だという。

巻末の解説では「柄谷行人」と「吉本隆明」の2人が揃って絶賛している。
新宿を舞台に、ある一族の300年にわたる「生」と「性」の軌跡を描く
異色長編。野間文芸新人賞候補作。おすすめします!


419 :無名草子さん:04/01/12 12:21
もうすぐ疾走を読み終わる

420 :無名草子さん:04/01/12 13:26
読み終わってしまった。
結局語り部は神父さんのことだったの?

421 :無名草子さん:04/01/12 13:31
みゆきが殺されたのが結構ショックだった

422 :無名草子さん:04/01/12 16:46
疾走って後半があんまり良くない気がする

423 :無名草子さん:04/01/12 17:09
>>420
そうでつが、どうかしますたか?

424 :無名草子さん:04/01/13 05:22
http://page6.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/f14929451
重松清のパークライフ。うむ、作風似てるだろうか?

425 :無名草子さん:04/01/13 20:38
名前が売れてここぞとばかりに稼ぎに走ってるな・・・・
正直鬱陶しい

426 :無名草子さん:04/01/14 13:56
最近、重松作品を頻繁に読む様になったんですけど、ライオン先生泣けた〜
この作品をあんまり推す人いないけど、努力なんてアホらしいとか
学校がツマンナイとか今の自分を見ている様でマジ泣けてくる。
ドラマ観とけば良かったよ〜〜〜(悔)
安藤の親父の昔の学校の先生の話の所なんて胸が詰まって読めなかったよ。
やっぱ努力って素敵な事なんだなって改めて思った。マジお勧め!

427 :無名草子さん:04/01/14 18:06
          _Y_
            r'。∧。y.
         ゝ∨ノ                    
          )~~(                
         ,i   i,                        
         ,i>   <i        
         i>   <i.               
`=.,,ー- ...,,,__  |,r'''"7ヽ、|  __,,,... -ー,,.='             
  ~''':x.,,  ~"|{ G ゝG }|"~  ,,z:''"                    
      ~"'=| ゝ、.3 _ノ |=''"~            
        .|))    ((|        
             ))|  

誰か疾走のAAください

428 :無名草子さん:04/01/14 23:04
>>425
最近ヤフオクの重松作品の入札が異様に多い。
>>426
いやいや、ドラマは見なくて正解だと思いますよ。
記録的低視聴率でいかにクソだったかがわかる
と思います。
Lyricoのエンディングテーマだけが良かった。

429 :無名草子さん:04/01/15 18:08
ETV見逃した・・・

430 :無名草子さん:04/01/15 18:20
疾走の映画化きぼん。

431 :無名草子さん:04/01/15 21:59
>>430
長編だから中途半端になりそう。バトロワも小説だと良かったけど600ページ以上の長編を
映画にするのはやっぱ無理があったって感じだったし。
でも北野武なんかが監督するんならおもしろそう

432 :無名草子さん:04/01/15 22:09
お、いいね。武が監督。でも、もうちょい本の売り上げがないと
話題性の面で物足りないな。


433 :無名草子さん:04/01/15 22:11
北野武の映画はほとんどがバッドエンドだからね。疾走ちょうどいいかも

434 :無名草子さん:04/01/16 09:04
もし映画化するなら主題歌はTHE BACK HORNの「未来」希望。

「小さな革命だった 君が肩に触れた
 抱きしめて 恋をした それが全てだった」って歌詞があるんだけど
あのホテルでのシーンともろリンクした。私事で申し訳ない。
まあすでに他の映画の主題歌で使われてたりするんだが・・・。

ただ映画化するとなると配役が難しそう。ジャニタレとかがシュウジの役だったりしたら(ry


435 :無名草子さん:04/01/16 16:13
アカルイミライね。あれも似たような暗い映画だった。 ところでナイフってドラマ化されてるよね?見たような覚えがあるんだけど

436 :無名草子さん:04/01/16 19:55
189 名前:名無しさんは見た! 投稿日:2003/12/16(火) 18:34 ID:i9AY8cHY
「疾走」重松清

シュウジ = 勝地涼
エリ = 思いつかない・・・
神父さん = オダギリ
あかね = 永作博美
徹夫 = 金八のノブタ役の子
新田 = 松重豊
鬼ケン = 哀川翔
これでもかというくらい重く重く作って欲しい。
  
  

↑ドラマ板の「ドラマ化してほしい漫画・小説」っていうスレで探してきた。

437 :無名草子さん:04/01/16 23:48
書いたもん読んだ事ないけど
他メディアでの言動があそこまで無能っぽいなら
読まなくていいや、と思ってた
このスレでの評判が結構高いので今疑心暗鬼中

438 :無名草子さん:04/01/17 00:18
>>437
読みやすい文章を書くことにかけては定評あるよ。

439 :435:04/01/18 11:36
誰か教えてくれ。イジメられっ子の父親が子供と教室に来て無言電話をかけたのは誰だっていって
子供が吐いてしまう特別ドラマみたいなの見たことあるんだけどあれはナイフのドラマ化だったのか?

440 :無名草子さん:04/01/18 11:47
385 名前:名無しさんは見た! 投稿日:2004/01/18(日) 11:46 ID:M4cOCr4H
「疾走」重松清

シュウジ = 安藤政信
シュウイチ =  思いつかない
エリ = 前田愛 or 柴咲コウ
神父さん = 吉岡秀隆
あかね = 永作博美
徹夫 = 辻本祐樹
新田 = 松重豊
鬼ケン = 哀川翔

441 :無名草子さん:04/01/18 15:21
疾走の主人公は「青の炎」の主役やったジャニーズを重ねながら読んだな。

442 :無名草子さん:04/01/18 16:08
>440
自分で書いて自分でコピペ?

443 :無名草子さん:04/01/18 16:26
>>442
ここで書きたかったけどスレ違いだから

444 :無名草子さん:04/01/18 16:27
でもシュウジも徹夫も坊主なんだよね…

445 :無名草子さん:04/01/18 16:35
>>439
調べましたよ。ナイフの3編目の『キャッチボール日和』がまさにそのストーリーです。
1999年にフジで放映されたみたいです。
ドラマ化は『定年ゴジラ』、『エイジ』とライオン先生に使われた
2編『カカシの夏休み』(ライオン先生)『口笛吹いて』(タンタン)
ですかね。

446 :無名草子さん:04/01/20 01:05
『疾走』は、このミスとかで一定の評価をされたけど(ベスト13ぐらいだったかな?)
なんで重松絶賛の『嫌われ松子…』が年間ベストとかから完全にスルーされてるのかわからん。
やっぱ知名度とかコネとかあるのかな?

447 :無名草子さん:04/01/23 00:22
カラスこわい

448 :無名草子さん:04/01/23 08:23
「疾走」今読了。

茜がシュウジにおっぱい吸わせながら手コキするとこで
ボロボロ泣いたんだが、同じ人いないかな・・
正直これ書くの躊躇したんだけど・・・

ラストはたしかにしょぼいが
あれがあるから、おしまい。って区切りをつけてくれて少しほっとした。
立読みで拒絶感を覚えつつ半年巡って結局買った本だったけど
読んでよかった。

449 :無名草子さん:04/01/23 16:29
レスだけ読んだら(;´Д`)ハァハァするところだと思ってしまう

450 :無名草子さん:04/01/23 21:45
おまえら『愛妻日記』読めや。

451 :無名草子さん:04/01/23 22:19
読んだけど、「おまんこ」と書く重松の顔が浮かんできてしもうた。


452 :無名草子さん:04/01/23 23:31
ごめんね、ごめんね、ごめんね……。
妻を辱めたことではなく、妻をいままで辱めなかったことを詫びたのでした。

453 :無名草子さん:04/01/24 22:16
『疾走』読了。
あの世界から抜け出せない。

454 :無名草子さん:04/01/25 00:33
>>453
俺も再開発云々とかいう話を小耳に挟むと
あの世界がよみがえって_| ̄|○

455 :無名草子さん:04/01/27 00:13
今頃でスマソが扉を開けてのラスト佐和子はどこへ逝ったんでしょうか?落ちたのは健太でしょうか
漏れは佐和子が落ちて健太を呼んだんだと思ってるけど
みなさんはどうですか

456 :無名草子さん:04/01/27 00:17
>>455
>>303-310で結論は出ていません。


457 :無名草子さん:04/01/27 21:57
>>456
サンクスこ

458 :無名草子さん:04/01/30 19:05
ミユキはアカネと一緒に捕まってたら殺されなかったんだよなぁ…

459 :無名草子さん:04/01/30 19:39
>>458
アカネは捕まりそうになった時に警察に駆け込めとか
指示するべきだったと思う。
あと、私は、疾走の最後が納得いかないので
脳内で勝手に変えてます。

460 :民俗学者・大月隆寛:04/02/01 09:24
「走って、負けて、愛されて。」重松清著

去年の秋口からワイドショーなどで一気に盛り上がったハルウララ人気。
赤字経営で地方競馬がバタバタつぶれるこのご時世に、未だ踏ん張って
全国最低の賞金水準でなお競馬を続ける高知競馬場所属の八歳牝馬。
戦績は現在102戦未勝利。「負け続けても頑張る馬」といった煽りも効いて、
国内の新聞やテレビはもちろん、なんと海外メディアにまで大きく報道される始末で、
ちょっとしたブームではある。

当然、商売にしようと目論む手合いは跡を絶たず、本に限っても、
動物+癒し系美談でいっちょあがり、な企画がいくつも出ている。
ブームとはそんなもの、商売するのも渡世のひとつでそれはそれ、なのだが、
さて、中でも一番槍と目されるこの一冊、デキはいかがなものか。



461 :民俗学者・大月隆寛:04/02/01 09:25
競馬通の某作家が断ったものを敢えて引き受けたとも聞くが、
限られた時間で頼まれ仕事をソツなくこなすライターとしての技量はなるほど確かだが、
ピンで通るコクのある「おはなし」には正直、ほど遠い。
ルビまで振って一般向けを狙う意図も、直木賞作家の看板掲げた売らんかなのオビも、
肝心要の文章が引き受けきれなきゃ、敢えてブームで商売する意味はない。

しかしこの本、写真に救われている。クレジットを見ると平凡社の社カメらしいが、
それこそ雑誌「太陽」このかたの社会派写真な直球一本、
かつての土門拳ばりのコントラストのきついモノクロで切り取られた厩舎を始め、
高知競馬を仕事とする人たちのシーンがいい。
いまの地方競馬の現場がどれだけ厳しいものか、どうしてハルウララみたいな馬が
まだ現役でいられるのか、それらの背景について具体的な予備知識がなくても、
人と人が生きる場についてのまっとうな視線さえ備わっていれば、
見る者にきちんとそれらを察することをさせるだけの仕事になることを教えてくれる。

商売の間尺で、奇しくも〈いま・ここ〉を切り取る器量を測られちまったこの勝負、
情けないが活字の負け、だ。
(平凡社・一四〇〇円)

462 :無名草子さん:04/02/01 22:02
>>362
もう見てないだろうけど、文藝のバックナンバー読んでたら
永江氏が重松、角田に吉田修一を並べていた。けど、吉田修一
って何もない日常を書くイメージがあるから、果たして重松と近い
のかどうか。

463 :無名草子さん:04/02/02 05:41
「ニッポンの課長」が単行本になった。紀ノ国屋でサイン会やってたね。

464 :無名草子さん:04/02/02 05:59
ページ数多いけど、紙質落として値段
抑えてくれたのがうれしい。<課長
サラリーマンに衝動買いしてもらうには
1500円が限度だったのかな?

465 :無名草子さん:04/02/03 23:29
ニッポンの課長名作だよ、ホント。

466 :無名草子さん:04/02/03 23:34
重松好きの人がはまる他の作家ってだれですか?

467 :無名草子さん:04/02/04 00:03
>>466
石田衣良、吉田修一、池永陽。

468 :無名草子さん:04/02/04 13:30
高橋しんの漫画、「最終兵器彼女」の主人公もシュウジだったりするんだけど、
(苗字が無いのも一緒だし、しかもテツも出てくる)何か親交でもあるんかな?

「最終兵器彼女」の構想資料のとこになぜか「エイジ」が載ってたりするし。


469 :無名草子さん:04/02/04 22:02
>>468
最終兵器彼女の方が確か先だろ。この漫画もバッドエンドで読んだ後沈む内容なわけだが

470 :無名草子さん:04/02/04 23:15
そうっすね。疾走の第一回が2000年7月で、彼女は5月にはコミックス出てますからねえ。

471 :無名草子さん:04/02/05 20:05
高校生にとってはシュウジの兄の話はつらかった。
読み終わったばかりの時は勉強中に彼の事を思い出して集中できなかった。
軽い心の傷になりました。

一番つらかったのは兄があっさりカンニングの事を暴露されたところ。
あのクラスメートのシュウイチに対する関心のなさというか、
生きようが死のうがどうでもいいんだなって感じで。
なんかうまく言えないけど。

472 :無名草子さん:04/02/05 20:20
「トワイライト」良かったです。まだ26才の自分には少し先の話しになるけど、
人生に必ずやってくる落日にいかに仲間が支えになるかを感じながら読みました。


473 :無名草子さん:04/02/05 21:00
>>471
俺はミユキがトラウマになった。生きて欲しかった。

474 :無名草子さん:04/02/06 00:22
>471
電車の中で友達の輪の中に入れない描写とか可哀想だったな。

475 :無名草子さん:04/02/06 18:45
>>474
でもよくある光景だよな

476 :無名草子さん:04/02/07 17:05
重松ってやや左よりですか?
なんとなくそんな匂いを感じるんですが

477 :無名草子さん:04/02/07 17:11
小説家って、少なからず左寄りのイメージがあるな

478 :無名草子さん:04/02/07 22:06
右利きの男なら大抵左寄りになっちゃうけどな

479 :無名草子さん:04/02/08 02:28
>>472
5年おきに再読してごらん。

詳しくは忘れたんだけど、
予備校の人気落とした講師が、
ジャイアンの娘(妹)を抱きしめるシーンに、
思わず泣きそうになった。

読後、人にやさしくなれる本ですね。

480 :無名草子さん:04/02/09 23:15
http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/200402.html#2
『卒業』の表紙 ↑ かっこいい

481 :無名草子さん:04/02/09 23:32
流星ワゴンとトワイライトは、忘れた頃に再読したいね。
疾走は、どうだろう。

482 :無名草子さん:04/02/10 03:00
どうだろうね・・うーん。

483 :無名草子さん:04/02/10 20:24
卒業って新作ですか?さつき断景ってのが新作?

484 :無名草子さん:04/02/10 22:40
>>483
さつき断景は文庫化ですよ。卒業は新作。

485 :無名草子さん:04/02/11 14:35
リビング(・∀・)イイ!!

486 :無名草子さん:04/02/12 10:30
疾走読みました。後半がうまく運べてない感じがしましたが
全体としてみたらすごく良い部類に入ると思う。
悪趣味かなとは思うけど。
>>479
トワイライトよかったですか?私が27だからかもしれませんが
読後感が悪い作品に思いました。

487 :無名草子さん:04/02/12 21:37
疾走映画化の話ないかなぁ?
シュウイチ、シュウジ、エリは新人にやってもらいたいね。
神父さん = 吉岡秀隆
あかね = 杉本彩
徹夫 = そこらの子役
新田 = 板尾創路
鬼ケン = 鬼丸

488 :無名草子さん:04/02/13 00:01
シュウイチ、シュウジ、エリは新人にやってもらいたいね。
神父さん = オダギリジョー
あかね = 田畑智子
徹夫 = そこらの子役
鬼けん = そこらのチンピラ
新田 =  新田恵理

489 :無名草子さん:04/02/13 19:51
リビングも読んでみた。いまいちかな。
似たようなの読んだことあるような気がする。

490 :無名草子さん:04/02/15 02:43
>>486
ちょっと前に読んだので忘れましたが
同窓会というシチュエーションっていろいろ複雑なのです
35すぎるととくに

自分の読後感は、普通でした
文章はそんな上手じゃないとおもったけど、
人物像の描き方が非常にうまなーと。
重松さんの書くシナリオのドラマが見たい。

491 :無名草子さん:04/02/15 17:24
>>490
そうですか。
僕は重松の本はすごくおもしろいと思うんですが
なんか鼻に付く時がある作品が多々あるように感じます。
それがもっともでてるのがトワイライトかなと思いまして。
その感覚は自分に対する歯がゆさと似たようなものであったり
して非常に不愉快になりました。

492 :無名草子さん:04/02/15 21:14
卒業ってどういうストーリー?ほのぼの系?

493 :無名草子さん:04/02/16 01:48
重松の作品には
現状がどうあれ「それでも生きろ」というメッセージが色濃く感じられ、好きだ。



494 :無名草子さん:04/02/16 01:55
トワイライト読んだ。凡作、かな。可もなく不可もなく、ってとこか。
てか、今の重松なら、この程度の作品は、右から左へ量産できるんじゃないか。
やっつけ仕事ってカンジ。

二、三時間で読み飛ばすにはちょうどいい読み物かもね。

495 :無名草子さん:04/02/16 21:56
『舞姫通信』の最後の方で(文庫版346ページ)主人公と坂本が二人で舞姫通信をワープロで作るシーンについて。舞姫通信って変換した瞬間が何なの?あれは何を意味してるの??

496 :無名草子さん:04/02/16 22:23
わからん。岸田と坂本の間では気持ちを共有できているらしいが。

497 :無名草子さん:04/02/17 02:37
>>495
おまえはそんなつまらんことでスレまで立てやがって。
本あんまり読んだことないだろ?
全てに意味付けしないと納得できないんだろ?
アホだろ?

498 :495:04/02/18 01:49
気になったから、知ってる人いたら教えて欲しいなーって思いまして。それが正しい答えじゃなくても、読んだ他の人はどう思ったのかなとも思いまして。

499 :無名草子さん:04/02/18 09:16
>>498
>>497はレスアンカーだけ変えてマルチポストでコピペ
してるだけだよ。

500 :無名草子さん:04/02/18 21:33
ttp://www.cnn.co.jp/business/CNN200402170006.html

501 :無名草子さん:04/02/19 14:39
最低のハルウララ商法, 2004/02/14
レビュアー: カスタマー   茨城県阿見
著名な作者がブームに乗っただけの、競馬をまったく理解していない
著書です。

一生懸命走って死んでいった馬たちにも失礼なこの負け馬ハルウララブーム。
負け犬どもが傷の舐めあいとまでは言いませんが、かなり競馬関係者には
しかめっ面で迎えられてることを覚えてください。


こいつはバカか?競馬を理解していないのは確かかもしれないが
平凡社は他の作家に断られたから重松のところに行ったわけで
決してブームに乗ったなんてこたあない。

502 :無名草子さん:04/02/20 19:04
疾走読んだ。読まなきゃ良かった
主要人物ばっかりひたむきだったけど
そう思えるっていうのが重松さんの凄さだと思った。
でも、出てくる人物像がいつも一緒。ってのも作風なのか。
しばらくお別れ。


503 :無名草子さん:04/02/22 08:37
『卒業』を読んだ。俺の中では重松清のベストになった。
>>502
『卒業』が文庫になったら、読んでみれば?
テーマがテーマだけに誰にでも通じるところが
あると思うよ。

504 :無名草子さん:04/02/23 20:01
疾走読了。

評価がまっぷたつに分かれる作品だと思った。好きだが、オススメは確かにできない。
妙にうそ臭いラストも、読んでる最中は気にならなかったけど、
個人的にはエリとふるさとでも新宿でもない、どこかへ逃げてほしかった。

アカネに「セックスしたい」と言ったシーンでシンクロしてしまったよ・・・。
誰かと繋がりたい欲求があまりにも直球で表現されてて。
「こんな描写は必要無い、これならシュウジは孤独でいたほうがよかった」と
言ってた人がいたけれど、それじゃあまりにも面白くない展開だよなぁ。

505 :502:04/02/24 00:24
>>503
そうしてみる。
なんか、清さん好みなのか知らんが、お馴染みの少女像にもちょっと辟易
それにしても出版ペースが凄いね

506 :無名草子さん:04/02/24 17:01
卒業良かったのか。
欲しいけど高いなぁ。

507 :無名草子さん:04/02/24 22:42
疾走読了。
俺的には
エリ=上戸彩
あかね=瀬戸朝香
シュウジの父=大杉漣
シュウジの母=深浦加奈子
新田=岸部一徳

508 :無名草子さん:04/02/25 00:40
>507
おお
エリ、新田イメージぴったり

509 :無名草子さん:04/02/25 22:56
卒業ってどんなストーリー?

510 :無名草子さん:04/02/25 23:07
>>505
出版社退職して、ライター稼業(ゴーストラターもやりつつ)
していたころから、凄い量の原稿書いていたんだって。
だから元々多作量産体制の人だよ。

511 :無名草子さん:04/02/25 23:24
>>509
全部で4編
一行で紹介すると
@死に間際の父を前にして
Aほぼ同上
B昔自殺した親友の子どもが訪ねてきた
C血のつながってない母の元で育つ

『卒業』を超える作品を書くのは難しいと思う。
間違いなく今後重松清の代表作になるかと。

512 :無名草子さん:04/02/26 07:55
流星ワゴンで泣かないやつは嫌いだ。

513 :無名草子さん:04/02/27 12:48
俺の中では『疾走』のテツは
リップスライムのちっこい奴だったりする。
自分的にははまり役w

514 :無名草子さん:04/02/27 21:35
卒業ゲト!!!
読むぞ。

515 :無名草子さん:04/02/27 22:04
http://www.shinchosha.co.jp/shinkan/nami/shoseki/407505-1.html
永江朗は「まゆみのマーチ」(一編目)を気に入ってるらしい。
俺は四編目の「追伸」がスキだけどな。

516 :無名草子さん:04/02/28 00:17
『愛妻日記』読んだ?どんな本?

517 :無名草子さん:04/02/28 00:49
>>516
エロ本

518 :無名草子さん:04/02/29 09:49
いわゆる官能小説ってことか?

519 :無名草子さん:04/02/29 17:31
>>518
いわゆる官能小説ってことです。

520 :無名草子さん:04/02/29 23:27
かっぽん屋も疾走もそうだけど
この人のエロシーンなんかえぐい

521 :無名草子さん:04/03/01 18:44
まゆみのマーチでマジ泣きしてしまったよ。

522 :無名草子さん:04/03/03 00:23
>>521
くさいと思いつつも泣いてしまった
あおげば尊しも・・

523 :無名草子さん:04/03/03 08:38
まゆみのマーチと追伸で泣いたよ・・・
母モノは反則!

524 :無名草子さん:04/03/03 21:57
>>511
そこまで言い切るほどいい作品なのか。
早く買いたい

525 :無名草子さん:04/03/05 10:59
何気に過去レスをロムってたら
田村章って重松のペンネームだったのか・・・。
どーりでキッズリターンは重松臭がすると思った・・・。

526 :無名草子さん:04/03/05 19:11
あーあ 哀愁的東京あったから借りて来てしまった
絶対読むんだろうな
そんでまたなんとなく凹むんだろうな
罪な読みやすさだ


527 :無名草子さん:04/03/07 12:13
このスレで薦められていた「嫌われ松子の一生」を読みました。

「疾走」>>「嫌われ〜」ですね俺は。

淡々とストーリーが進んでいって、気づいたら終わってたって感じだ。
山田宗樹スレがないのでとりあえずここにレス。

528 :無名草子さん:04/03/07 14:21
俺は定年ゴジラが一番面白かった。
次は見張り塔。あとは何となく文章や内容がはなについて好きになれなかったな。

529 :無名草子さん:04/03/07 19:39
送り火の表紙が好き

530 :無名草子さん:04/03/08 00:17
キャッチボール日和は文庫化されてますか?

531 :無名草子さん:04/03/08 10:22
重松の記事が朝日新聞に載ってたよ。
下に著書の広告もあったから、その記事自体が広告かもしれない。

532 :無名草子さん:04/03/08 11:22
>>530
されてる。新潮文庫の『ナイフ』ね。

533 :無名草子さん:04/03/09 06:35
>>525 え〜? どういうこと?
詳しく知りたいです。

534 :無名草子さん:04/03/09 15:02
>>533 >>212参照。

『卒業』読了。個人的ベストは「追伸」かな。
「まゆみのマーチ」もかなりヤバイね。
なんとも濃い重松味のする一品だな。

535 :無名草子さん:04/03/09 16:24
中年のおっさんが好き好んで読んでそう。

536 :無名草子さん:04/03/11 14:13
『きよしこ』読んだんだけどめちゃくちゃ良かった。
このスレではあんまり人気ないなぁ?
「乗り換え案内」で、自分でもびっくりするくらい泣けた。
吃音のクラスメイトをからかっていた小学校の時の自分にバックドロップ喰らわせてやりたい。

537 :無名草子さん:04/03/11 17:07
重松のベストって何?
最近、出版しまくりでついていけなくなった。
俺が読んだのは、「ナイフ」「ビタミンF」「疾走」「トワイライト」「熱球」「日曜日の夕刊」
「流星ワゴン」「幼子われらに生まれ」で、そんなかでは「ナイフ」か「流星ワゴン」がベスト。

評判がいいらしい「卒業」は読んでみようと思いますけど。



538 :無名草子さん:04/03/11 18:55
疾走とナイフが良かった。

539 :無名草子さん:04/03/12 01:44
愛妻日記が良かった。

540 :無名草子さん:04/03/12 23:21
エイジがやたら良かった。
そう言えばきよしこも好きだったなぁ

541 :無名草子さん:04/03/13 00:59
「疾走」と「流星ワゴン」が良かった。

542 :無名草子さん:04/03/13 09:31
疾走
悪人=小さいちんぽ

543 :無名草子さん:04/03/13 22:51
ブロードキャスターに出たね

544 :無名草子さん:04/03/16 00:42
きよしこ読んだ。よかった。
本読んでて初めて泣きそうになった


545 :無名草子さん:04/03/17 02:14
>>541 同意!
疾走の一緒に生きようの落書きに泣くよね。
でもあれは読み終わった後もずっしり心に重たいものが。。
流星ワゴンは「泣きながら一気に読みました」

546 :無名草子さん:04/03/17 13:20
>>537
俺は「疾走」と「きよしこ」と「キッズリターン」。
「疾走」の20章の最後のページはやばすぎる。

それと「世紀末の隣人たち」を本屋で立ち読みしたんだけど
池袋通り魔事件のとこを読んでやっぱり「疾走」はこの殺人犯を元ネタに
作ったんだと確信した。かぶり杉。

547 :545:04/03/17 13:52
>>546
へえ。知らなかった。
個人的に哀愁的東京も良かったけど人気ないみたいだね。

548 :無名草子さん:04/03/20 18:07
なんとかっていう小学生モデルが重松清を愛読してるらしいぞ。

549 :無名草子さん:04/03/20 18:09
>>548
hanaeって子だね。
小学生日記、けっこう面白かった。

550 :無名草子さん:04/03/23 22:40
>>546
本人はそのことについて触れてないけど
書評の中には池袋通り魔事件に言及した
ものもあったね。

551 :無名草子さん:04/03/23 23:35
ナイフとエイジを読んで面白かったから他のを買いに行ったらおいてなかった
学校いったときに買ってこようと思うけどおすすめある?

552 :無名草子さん:04/03/24 00:04
>>551
文庫化されているものなら、『定年ゴジラ』
ハードカバーでもいいなら『卒業』をおすすめします。

553 :無名草子さん:04/03/24 12:48
>>551
「流星ワゴン」も(・∀・)イイヨイイヨー

「ナイフ」「エイジ」が面白い・学校行ってる
ってことは君は学生だよね。
若い人だと「定年ゴジラ」はキツイかもしれない。

554 :無名草子さん:04/03/25 20:20
世紀末の隣人
読みました。ルポタージュものにしては、ちと感傷的すぎるような・・・
でも、重松氏の感じ方、捕らえ方が分かってなかなか良かった。
池袋通り魔事件は本当に「疾走」の原型って感じだね。
ただ、「誰かとつながっていたい」と願っていた疾走の主人公とは正反対に
池袋〜の犯人のことを描いていたけれどね。

555 :無名草子さん:04/04/01 23:41
555

556 :無名草子さん:04/04/02 01:52
さっき卒業と隣人読みました。
隣人はやっぱり読みにくかった。卒業は追伸にヤラレました。
やっぱり疾走と流星ワゴンが好きです。

557 :無名草子さん:04/04/03 02:31
あのさ、僕たち作家がインタビューを受けると
必ずこういう質問するやつがいるんだよね。
「この作品のテーマは何ですか?」
テーマが一言で語れるもんなら、こんな長い作品
書いてないって。

558 :無名草子さん:04/04/03 16:03
重松氏ご降臨。

559 :無名草子さん:04/04/03 17:18
田舎に親というお荷物置いて都会で勝手にやる という田舎を出たがっている人の理想そのもの

560 :無名草子さん:04/04/04 00:42
Q.あなたにとって家族とは?
「一口に言えないので沢山のドラマを書いて来ました」

に似てるな。こっちは山田太一だけども。
この人の導きで重松読むようになった。


561 :無名草子さん:04/04/07 15:34
>>548-549
http://book.asahi.com/topics/index.php?c_id=119

本のあとがきによると、hanaeのお母さんは自分用と
モトイ用と二冊、重松清の本を買うらしい。こんな
ファンがいてくれるとありがたいよな、重松氏。

562 :無名草子さん:04/04/08 18:35
口笛吹いてを読みました。
あまりの悪趣味さに驚愕しました。
読みやすいけど、あんな話読みたい人がいるのが不思議

563 :無名草子さん:04/04/10 16:10
口笛吹いては解説(嘉門達夫)がよかった。

564 :無名草子さん:04/04/13 10:30
この人って、実際どれくらい売れてるの
疾走とかエイジ、流星ワゴンとかめちゃくちゃよかったんだけど


565 :緑の松:04/04/13 11:30
ビタミンFも良かったですよ。

566 :無名草子さん:04/04/13 22:24
>>564
とりあえず、疾走は現在6刷です。
流星ワゴンは20刷ぐらい?

角川の野性時代(重松清も書いてる)に執筆してる
人は全員、単行本初版5万部以上クラスだとか。

567 :無名草子さん:04/04/14 10:15
おれは、小説よみはじめのころは、乙一や滝本に、感動してたんだけど
流星ワゴンに出会って、それから重松さんの作品をほとんど読破した
いま、あらためて二人の本を読んでみるとレベルの低さに驚いたよ
重松さんは、すごい作家だよ。本当に

568 :無名草子さん:04/04/16 00:52
『ナイフ』解説如月小春→くも膜下出血
『定年ゴジラ』解説鷺沢めぐむ→自殺
次はだーれ?

569 :無名草子さん:04/04/16 21:29
エイジの解説は誰?

570 :無名草子さん:04/04/16 22:24
>>569
斎藤美奈子

571 :無名草子さん:04/04/17 13:31
生きてるのか?

572 :無名草子さん:04/04/17 22:15
>>568
やめときなされ。ホントに死ぬ気がしてくるじゃないか。

573 :無名草子さん:04/04/19 21:24
「とんび」読んでない
我ながら勿体無い。ついつい忘れるんだ

574 :無名草子さん:04/04/21 23:52
文庫本でしかかわないのですが(お金がないので)、
「流星ワゴン」は文庫版出てますか?

575 :無名草子さん:04/04/22 00:19
出てません

576 :無名草子さん:04/04/26 21:39
ワニとハブとひょうたん池

577 :無名草子さん:04/04/27 02:18
疾走読了。このスレでもあんま評判よくないのかな?

重松清だからこそ単なるセックスバイオレンスに終わらなかったんじゃないかなーって気がする。
二人称も必要なものだったと思う。『家族』に対する語りかけを地の文で表すのとか、重松清の武器だと思うし。
個人的に不必要なのはセックル描写。やっぱオサーンっぽい。

ところで、疾走と失踪ってやっぱかけてます?(やっぱりおっさんくさい)

578 :無名草子さん:04/04/27 08:13
>疾走と失踪ってやっぱかけてます?
そうだと思います。
↓関係ないけど昨日朝日新聞朝刊に載ってたやつ。
http://www.asahi.com/sympo/kodomo/index.html

579 :無名草子さん:04/04/27 08:44
日本テレビ系 5月3日(月)
24:10-24:40(地域によって時間違うところがあるかも?)
「爆笑問題のススメ」
ゲスト:直木賞作家の重松清さんです
ttp://www.stv.ne.jp/tv/susume/index.html

580 :無名草子さん:04/04/27 11:11
送り火良かった

581 :無名草子さん:04/04/27 18:46
5月5日(水)19:30〜20:45 NHK総合
こどもの日特集  ▽スーパー10代大集合▽小学4年生の天才カンフー少年
▽女子高生のガ博士ほか
地井武男デーブ大久保 重松清西村知美ほか

582 :無名草子さん:04/04/27 23:17
おまえら今物知り一夜漬けに出てますよ

583 :無名草子さん:04/04/29 03:53
>>579 ありがと 必ず見るよ

584 :無名草子さん:04/04/29 23:30
今日たまたまラジオ出てた
娘にサザン道を説いてるらしい ウケタ

585 :無名草子さん:04/05/04 01:11
重松タンのオススメの本教えてください

586 :無名草子さん :04/05/05 08:23
『流星ワゴン』よかったけど、妻があまりに酷過ぎない?
某俳優がすすめたので、プチブームになってるみたい。


587 :無名草子さん:04/05/05 20:19
爆笑問題のススメに出てた。
太田が邪魔しなければもっと面白そうな話が聞けたのに。

でも、最近、重松ってメディアに出杉じゃない?

588 :無名草子さん:04/05/05 21:16
>>586
その某俳優が誰だか知りたい

589 :無名草子さん:04/05/05 22:56
>>587
BS2あたりでよく目にするね 番組組んだり特集されたり
爆問はなかなか楽しんだ オナーニオナーニ言い過ぎだったけど
吃音症の面影はみじんもない

590 :無名草子さん:04/05/05 23:50
>>588
新撰組(舞台)の人。和製ヨンサマって感じなのかな?
ママさんに人気みたい。

591 :無名草子さん:04/05/06 00:08
金曜かきこみTV  
▽友だち、親、ゲームお金…価値観に迫る重松清ほか
「一番大切なもの」
放送日時 5月14日(金)19:00〜19:50 NHK教育
>>587
編集者、ライター、作家とこなしてきて、もうこの業界は
ある程度わかったから、別の業界を知りたいんだとさ。
まあ連載終了して、単行本になってないのが多々あるから
出版のペースはおとろえないと思います。
 



592 :無名草子さん:04/05/06 03:50
泣きっ面にハチみたいな顔してるよね。
いじけづらというか、いじめられて急に鳴きながら遠心力パンチくりだすやつの顔。
大人の顔じゃないんだよね。
そこはやはり重要。

109 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)