5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ラン、ラン、ランディ!田口ランディ本スレ2

1 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:03
私は、ランディマンセーではありませんが、
一個人を「汚物」と呼ぶようなスレには、書きこみたくありません。
ランディの作品について、冷静な議論を望みます。
コピペはなるべくやめてじぶんの言葉で語ってください。

2 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:06
天才作家の二階堂黎人が>>2ゲットだ!

>>3はどうしてそんなことお申しになりますの?
>>4は、何と凄まじい告発であっただろう!
我々に与えたその衝撃は、まさに>>5が鳴動し、>>6がひっくり返る
ほどの大変動であった。白日の下にさらけ出された>>7は、実に凄惨、
酸鼻を極めた事柄であったことか! これは、>>8の言うとおり、
二重にも三重にも考え抜かれた、まさに地獄さながらの大犯罪だったのだ!
>>9 ゲドババァ!!

3 ::04/05/04 08:07
前スレです。アンチランディがおもしろ半分に立てたスレですが
後半は、有意義な議論で盛り上がったと思います。
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1081266653/



4 ::04/05/04 08:08
こちらが「汚物スレ」です。このスレが出来てから、全く
伸びなくなってしまいました。どうしてでしょう?

http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1082889068/

5 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:36
綿矢りさよりよっぽど可愛いよーーー。

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

6 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:38
無断引用:田口ランディさんが著書「モザイク」で (毎日新聞・2002年04月01日)
http://www.mainichi.co.jp/news/selection/archive/200204/01/20020402k0000m040138000c.html

人気女性作家の田口ランディさん(42)は1日、小説の版元である幻冬舎のホームページで、
自作の小説「アンテナ」と直木賞候補になった「モザイク」の一部の表現について、他人の著作物
の無断使用があると認め、謝罪した。これを受けて、幻冬舎は2冊の単行本を絶版にするとともに、
改稿したうえで文庫化することを決めた。
田口さんは、ホームページ上に掲載した「お知らせ 改稿にあたって」と題した文章で、「アン
テナ」の構想はメールを通じて知り合った女性のホームページの日記から得たことを明らかにし、
その一部を無断で引用したことを謝罪した。田口さんは無断引用の理由を自身の著作権に関する
認識不足と認めている。
また、「モザイク」については、小説の主人公の性格を描写する際に、整体師の著作から身体に
関する表現を無断使用した。その著作の版元の指摘を受けて、田口さんは、単行本を絶版にし、
文庫化する時には改稿することで整体師と合意書を交わした。
田口さんは「モザイク」については、指摘された個所を訂正し、「アンテナ」については、
ストーリーを含めて全面的に書き換えるとしている。
田口さんはメールマガジンに連載したエッセーで注目され、00年に「コンセント」で小説家
デビューした。メールマガジンを通じてのファンが多く、メールのやりとりで知った人たちの体験
やアイデアから大きな影響を受けていることを認めている。(以下略)


7 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:40
竹信悦夫の「ワンコイン悦楽堂」 December 25, 2002(朝日新聞)
http://www.asahi.com/column/aic/Wed/d_coin/20021225.html

スカートの中の秘密の生活
田口ランディ 洋泉社1999年、元の定価1400円+税
(中略)

今年4月、本書の著者の「盗作」騒ぎが、新聞やテレビで報じられました。見出しで示すと
こんな具合だったようです。
・毎日新聞「無断引用: 田口ランディさんが著書「モザイク」で」
・読売新聞 「作家・田口ランディ氏が2作で無断使用を認める」
・NHK 「他人の日記を無断使用 絶版に」
・日本経済新聞社 「田口ランディが無断引用、小説『アンテナ』改稿へ」
・産経Webニュース速報 22:56 田口ランディさんまた無断引用。小説「アンテナ」に。知人
のライターがHPで公表する日記の一部を。単行本絶版に。
・共同通信ニュース速報 23:22 ランディさんが無断引用 小説「アンテナ」改稿へ
毎日新聞の記事は、今も読めます。(中略)
ちょっと驚いたのは、著者が「私はけっこう人の比喩をパクル人です」なんて自分で認めて
いたりすることです。
http://oliinkai.hypermart.net/randay-c.shtml (中略)
やはりこの検証本に収録されている「田口ランディの『謝罪文』……幻冬舎ホームページから
一ヶ月で削除されたもの」によると、著者は、「モザイク」でクレームがつくまで、著作権法
というものを知らなかったと書いています。
(「謝罪文」は、http://www.mailux.com/ mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020403200603 でも読めます)。

《以下略》

8 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:41
竹信悦夫の「ワンコイン悦楽堂」 December 25, 2002(朝日新聞)
http://www.asahi.com/column/aic/Wed/d_coin/20021225.html

>この検証本に目を通してしまうと
>「スカートの中の秘密の生活」というタイトルが、上野千鶴子「スカートの
>下の劇場」(河出文庫)に似ているなんてことは、ほんのご愛敬にすぎない
>とわかる。
>他人の作品と同じ、または似た題名だとの指摘は、この例を含め7件ある。

>ちょっと驚いたのは、著者が「私はけっこう人の比喩をパクル人です」なん
>て自分で認めていたりすることです。
http://oliinkai.hypermart.net/randay-c.shtml

>「(前略)
>比喩、ううう比喩は苦手です。ほめられたので心苦しいからバラしてしまう
>と、この比喩は野坂昭之氏のパクリです。もう十年も前に野坂さんが『処女
>という言葉を聞くと、黄身についた血を見たような気分になる』ということ
>を何かで書いていて、おおっすげえなあ、と感心したのでありました。
>『うますぎる』というおほめのお言葉はそっくり野坂大先生にお返しします。
>お恥ずかしい。えんえん。
>私はけっこう人の比喩をパクル人です。宮本輝の『手招きするような夕暮れ』
> なんて比喩は、もうしびれてしまいました。比喩というのに著作権って発
>生するのかなあ? 太宰治が波の音を『どたんどたん』と表現していて、こ
>れもすごい!とか思って『強い風、短い帰省』の中で使ってしまった。(後略)」

>こんな風だから、タイトルや比喩だけでなく、テキストの内容についても、
>ていねいに調べていけば、無断利用の疑いのある箇所が、次々に出てくるのも
>不思議はありません。

9 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:42
「アンテナ」メイキング映画製作者のぼやき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
http://aoisango.hp.infoseek.co.jp/cgi-bin/note/nyaponika.cgi
----------------------------------------------------------------
..11/09(Sat) 03:15[74]
「アンテナ」という映画のメイキングを撮った。撮ったとはいっても、途中まで。
周知の事実だが、「アンテナ」は幻冬舎から刊行された田口ランディの原作で、
盗作問題になっている。そういう映画を作るということにたいして、製作プロ
ダクションのオフィスシロウズには、批判を寄せる人々もいる。一応関わったもの
としてのスタンスを明らかにすると、盗作と知りつつ撮る精神は理解に苦しむし、
またその騒動が、興行にいい影響を与えるとは思えない。つまり駄作で、駄作の
上に原作が盗作で は、だれにも救いはないと思っている。いうなれば、だからこそ
メイキングをやってみるのはおもしろいかなと思っていた。本編には大衆の興味は
向かないだろうが、むしろ現場の様子などは気になるだ ろうと思った。しかし、
突っ込んだことをした結果、現場に居づらくなって途中で辞めた。ぼくとしては
映画は公開しないべきだと思っている。シロウズの意図はわかるし、製作会社
して作ることが大事なの もわかるし、シロウズの社長や幻冬舎の社長が立てた
企画を最後までやり遂げようというのもわかる し、監督の熊切さんが原作とは
脚本を変えて、なんとか盗作問題をくぐり抜けようとしているのもわかる。
《つづく》

10 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:43
《つづき:「アンテナ」メイキング映画製作者のぼやき》

だが、肝心なのはそういうことではないと思っている。映画は夢を売っている。
まぎれもなく、ショウビジネスだ。人々は現実からの逃避として、娯楽として映画を
見る。そこには夢や空想が広がってい る。だから楽しめる。幸せになれる。が。盗作は、
盗作された、たった一人かもしれないけれど、その誰 かを確実に傷つけている。
そういった原作を映画化することで、その人はまたもや傷つく。夢や空想は、 人を
傷つけるものなのか。人を傷つけるとわかっているのに、作る夢や空想があるのか。
そして、それを 売るのか。すべての人を楽しませてやろうと思って作っても、そうは
いかない。が、すでに傷つく人がいるとわ かっている上で作ったら、誰かを楽しませる
ことなどできるのだろうか。そういうものが、お金を取って、見てもらうべきものである
といえるのだろうか。誰も傷つけたくなくても、世の中、勝手に傷つけたり、傷ついたり
している。それはそうだが、意図するかしないかは違うし、認識しているならば、
やめるべき だ。もしぼくがその立場だったら、失望を覚える。夢も希望もない、薄汚い
算段だけが目に余る映画業界 に。ディズニーランドは、見方を変えれば、子どもたちから
多額の金をまきあげている企業だといえる。だ が悪徳でないのは、完全なる「夢」を提供
できているからだ。夢に酔えれば、その対価としての入場料 はみな、払う。
映画が1800円という価値を有しているのかどうなのか。答えはすでに出ている。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

11 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:44
『モザイク』は、『気ウォッチング』からのパクりが、2002年2月に
報道されています。http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#ki

『Fuckin' Blue Firm』からも、指さし一人称などの描写などをパクり。
http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#FBF2
これらの部分は、文庫版『モザイク』から削除されています。

http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020403200603
インデプスに引用されている“■お知らせ? 「アンテナ」「モザイク」改稿にあたって? ※文責 田口 ランディ”
> 「アンテナ」では藤森さんの日記の文章と同じ表現が使われているし、「モザイク」
>においても指さし一人称の青年に同様の形容を使っている。
〈略〉
> 「モザイク」に関しては、指定箇所の訂正であるが、「アンテナ」に
>関してはストーリーも含めて全面的に改稿を施した。

12 :社会板からです:04/05/04 08:46

523 名前:抑うつ症の男 :04/04/02 23:55

>>522
>パソコン通信時代からの
>ニフティーの文芸小屋で仲間(すでに現役作家として活躍していた)を
>集団で追いつめてノイローゼに追い込んで最終的に自殺に追い込んだ。
これほんとですか? 田口ランディさんについてあまり詳しくないので、初めて聞きました。
詳細を教えて下さい。
----------------------------------------------------------------
525 名前:名無しさんの主張 :04/04/25 20:12

>>523
すでに、書籍板かどこかで回答してもらっているかもだけど、
http://sv3.inacs.jp/bn/?2002030011350116031199.cybazzi
を参照のこと、です。

13 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:47
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/dokusho/news/20040425ddm015070129000c.html
先々週日曜日の毎日新聞の読書ページ下隅の、珍しい人が本を出すと「話題の著者」と
して紹介する(だから職業作家なんか滅多に登場しない)コラムに盗作猿が紹介されて
いたので、毎日新聞文化部は狂ったかなと思ってたんだけど、案の定、盗作猿をもてはやす
ほどの「盗作病」に蝕まれていたことが発覚しますた。w

----------------------------------------------------------------
毎日新聞(2004年5月1日朝刊、22面)
【おわび】
別刷り「日曜くらぶ」に連載した「ロバート・キャパ 知られざるその素顔」
の2月8日付第17回《崩れ落ちる兵士》から《身を置き切れなかった……》
までの29行、3月21日付第23回《もちろん、これは自らの死を》から
《「つぶやき」だったに違いない》までの10行は、沢木耕太郎の著書
「不思議の果実 象が空をU」(文春文庫)所収のエッセー「三枚の写真」
からの引用に基づくものでした。引用の事実および出所を明示しなかったこと
について、沢木氏および文藝春秋、読者の皆様にご迷惑をおかけしたことを
おわびいたします。
----------------------------------------------------------------

14 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:48
また文壇の産廃汚物猿が精薄オトナ相手にウソ吐いてるよ。(苦笑

----------------------------------------------------------------
http://www.randy.jp/goreturn.html
2004年3月30日
■言葉で伝えるってこと
田口ランディ
今泉さま
(中略)
「プレゼント」って言葉、あるでしょ。
これって不思議だなあって思うの。プレゼントって、ようするに「pre- sent 」っ
ことなのだよ。
「プレ-あらかじめ」「セント-送る」
私が、手にするプレゼントは、つまり誰かが私の知らないところで、
私のために選んで送ってくれたもの。それが私が手にすることのできる「プレゼント」。
つまりさ、すべて私が受け取るものは、「あらかじめ」「送られている」んだよ。
----------------------------------------------------------------

ハア? present =「プレ-あらかじめ」+「セント-送る」だって〜?w
だからバカは救いようがない。高校英語のレベルでも充分トンデモだってわかることなのに、
怠け者でウソ吐きだから、平気でウソをつく猿。w
大体「セント-送る」ってなんじゃ?> 中学英語からやりなおしだよ、こいつは。w
語源をその辺の辞書で比べりゃ一目瞭然だっての。
presentはラテン語 praesens (pres.p.) に由来し、「プレ」は「とりあえず空間的に前、目の前」
を意味し、「セント」は「存在する(esse)」の過去分詞「sun」、つまり「現にここに存在する」と
いう意味の「praeesse →praesent」が本旨なわけで、だから現物呈示や「表象」を「presentation」
と言い、現在形を「present tense」というのに、猿には想像もできないんだろーな。w
一方、send は古英語の「sendan」に由来する北方系の言葉で原義は「前に出す、前にいく」だし、
同系の言葉としてはドイツ語の「senden」が「送る」という意味で今も使われている。
……「“あらかじめ送られてる”んだよ」とは、ウソ吐き妄想猿のとんでもない勘違いってわけダヨ。w

15 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:52
●ランディさんの歪んだ子供観や育児観にあらためて注目が……
----------------------------------------------------------------
275 :無名草子さん :04/03/23 00:47
ランディ先生によると、幼稚園で行なわれていることは調教、保育園は飼育。
http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/19991102.html
>でも、この「飼育」し「調教」し「闘う」というのは、人間の本能だとも
>思う。

>人間は長い歴史の中で、動物を飼育し調教してきた。
>そしてもっと以前には、敵と闘い、食べ物を獲得してきた。

>2歳の娘にも、すでに「生物」を家畜化して「調教」し「戦わせる」ことへ
>の快感があるのだろうか。
>対象が倒錯すれば、人間を家畜科して調教し戦わせることも快感である。
>そのような遊びも現実に存在する。

>考えてみると保育園は「飼育」だけど、幼稚園では「調教」している。
>そんで受験で「戦わせる」
>教育ってのは理性で本能を押さえる試みだけど、教育機関と本能は紙一重
>だなあ。
娘さんがポケモンにハマっているというだけで、ここまで電波受信しなくても
いいんじゃないかなとは思います。
-----------------------------------------------------------

16 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:55
子どもを殺された親が出した手記の感想を、
「不快」「不愉快」だとメルマガでわめき散らし、あげくの果てに
本にして出版してしまった田口ランディおよび角川出版というのもいる
わけだが。加害者の方じゃなくて被害者いじめ。しかも理由が、
暗い話を読んでいると自分の子どもの身になにかあったらどうしようと
不安になるからだの、自分の子どもを盾に平気で暴言を吐くのが田口
ランディという人(猿)。

http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000096.html
> この本のタイトルは『話を、聞いてください』だった。でも、私は本当に正直に言
>うと、聞きたくないと思った。このような話を自分に聞かせないでほしい、そう思っ
>て耳を塞ぎたくなったのだ。

> もし聞いてしまったら「もしかして自分の子が……」という不安が必ずよぎる。そ
>のような不安を持ちたくない、という、気持が本能的にわき起こってしまう。そし
>て、不安をもたらすものに「不快」な感情を感じてしまうのだ。

> 手記のなかで、多くの被害当事者の親ごさんたちが「自分たちが被害者なのに、自
>分たちの方が近所から白い目で見られ、辛い仕打ちを受けている」と訴えておられ
>た。

> でも、私にはその構造がわかるような気がした。私は弱い人間だ。だから、自分を
>不安にさせる存在を無意識に遠ざけてしまう。たかだか本で文章を読んだだけなの
>に、もう、自分のなかに、このような現実を知りたくない、という気持が起こり、そ
>れは、あと少しで、その現実をつきつけてくる相手への怒りに変わりそうなのだ。

17 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:58
松沢呉一さんの日記を紹介させていただきます

*************************************************
お部屋554/新連載のお知らせ [2002年11月18日]
http://www.pot.co.jp/matsukuro/021118_554_shinrensai.html
(中略)
先週、「噂の真相」で『田口ランディ その「盗作=万引き」の研究』(鹿砦社)の広告
を見て、「田口ランディ 盗作」で検索して調べているうちに丸1日ネットを見続ける
はめになりました。それでもとても全部は読めない量ですから、読むものがないと
お嘆きの方はハマッてみるとよろしいでしょう(関連のURLは「産廃物&盗作屋 田口
ランディについて」http://oliinkai.hypermart.net/randay.shtml#uraを参照のこと)。
ネットをあんなに見続けたのは初めてですし、「2ちゃんねる」の可能性をこれほど
までに認識させられたのも初めてです。ちゅうか、「可能性」なんてもんがあると
さえ今まで思ってなかったかもしれん。失礼しますた。
相変わらずネットのことをよくわかっていない私は、初めてづくしのついでに
「ブラクラ」なんてものも知って、ブラクラを体験できるサイトに行ってやってみたら
フリーズしました。ホントにフリーズしてどうするって話です。あのサイトが悪いん
じゃないんでしょうけど、パソコンのことをよくわかってないので、原因は見極められ
ません。でも、おかげでブラクラについてはよーく理解できました。
それでもまだわからん用語がいくつかあって、ネット用語解説のサイトを探さなきゃ。
で、田口ランディですけど、この人を持ち上げてきた出版社、編集者、批評家たちが
なんら見解を表明できていないことは、いつものこととは言え、情けないです。出版界
の無責任体質をえぐりだすかもしれないという意味で、「田口ランディ問題」はホント
に興味深い。
出版界は、本が売れない理由を図書館や新古書店に押しつける醜態を見せていますけど、
そんなことより、こういう無責任な体質が読者離れを加速させているのではないか。
「2ゃんねる」程度には議論を深めないとマズいと思われ。
こういったメディアの問題点なんぞを取り上げる連載を来年3月創刊になる「月刊あれこれ」
で始めますので、興味を失ってなければそちらでもこれについては書こうと思ってます。

18 :吾輩は名無しである:04/05/04 08:59
ランディ愛読者の憤りと嘆きは、おおむねこのようなものかと……

----------------------------------------------------------------
http://homepage2.nifty.com/yama-a/rhplus06.htm
第6章もう読みたくない(その3)
田口ランディにはあんなに熱中していたのに全く読まなくなってしまった。
ひとことで言って「飽きた」ということもあるが、それだけではない。
僕はあの盗作事件に失望したのである。
盗作してはいけない。それは言うまでもないことである。しかし現実には、
文学の世界でも音楽の世界でも「あれは盗作ではないか」と噂になったり、
訴訟問題に発展したりすることがままある。
ただ、音楽における「盗作」と文学における盗作とではちょっと意味合いが違うのである。
(中略)
ところで、文学の場合は音楽のように無意識のうちに「盗作」してしまうというような
ことはありえない。
文章に関して言えば(ごく短いものは別として)音楽のように自然に覚えてしまっている
ということはありえないのである。
従って何頁何行にもわたって他の書物とほぼ同じ文章が続いていたとしたら、それは
「できてしまったら似ていた」という訳ではない。それは「よし、盗んでやろう」と
いう悪意をもって書き写したものに他ならない。
田口ランディが「盗作」だと指摘された部分は何頁何行にも及んでいたはずである。
それ以来僕は彼女の小説を読む気が失せてしまったのである。

19 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:01
吉本ばななのサイトをパクったのかな?【1】

盗作ランディの公死期サイト( http://www.randy.jp/ )が、
吉本ばななのサイト( http://www.yoshimotobanana.com/jp/index.html
と似すぎてますが……。ウェブサイトの構成もパクったか?

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
田口ランディ公式サイト
2003年1月1日にオープンします
こんにちは、田口ランデイです:
製作者急病のため?遅れている公式サイトですが、2003年の元旦にオープンいたします。
このサイトは田口ランディの執筆活動に関する最も新しい正確な情報を
読者のみなさまにお伝えすることを目的に制作しております。
目次
「このサイトについてのご説明」
「ごあいさつ」 BY 田口ランディ
プロフィール
質問集
出版著作一覧
最新情報
コラム
海外出版物
旅のたより
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

20 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:02
吉本ばななのサイトをパクったのかな?【2】

……ランディの公死期サイトに「海外出版物」や「ごあいさつ」「このサイトについて」などの
一風変わった言い回しが出てくる謎が簡単に解けますた。(w

▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼
よしもとばなな(のウェブサイト)
http://www.yoshimotobanana.com/jp/index.html
ごあいさつ
プロフィール
最新情報
近況
日記
著作本一覧
海外出版物
よくある質問
(Q&A)←―メールとバナナのアイコンです
リンク
このサイトについて
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
>>31>製作者急病のため? なんか公式サイトも製作者がひとりしかいないの?
普通急病人が出ても誰かがフォローするだろうに。
----------------------------------------------------------------
それも、病気というのが、「サイト作れない病」だそうだから、ほんと何から何までレベル低い。(w
HTMLソースにこういうこと書いて、ちゃんとしたお詫びになっているとは、まさか制作者も思って
いないだろうと信じたいけど……書くならちゃんと、ソース以外の、普通の閲覧者の目に触れるところ
に書きましょう、ですわ。
以下、http://www.randy.jp/ のソースに埋め込まれているコメント↓
<!-- すみません、急病(サイト作れない病)が慢性病になり -->
<!-- 12/24には予告編(しかも画像だけ)までしかできませんでした -->
<!-- 訪れて来たみなさま、ごめんなさい -->

21 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:04
ばななサイトとランディサイトをくらべてみたら……(唖然茫然)【1】

●比較対象は下記の二つ
【ばなな】[よしもとばなな公式サイトの「はじめにお読みください」
http://www.yoshimotobanana.com/jp/directions.html
【ランディ】田口ランディ公式サイトの「このサイトについてのご説明」
http://www.randy.jp/first.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●前振り
【ばなな】はじめにお読みください
こちらは「よしもとばなな公式サイト」です。
よしもとばななの著作に関する正確な情報や、よしもと自身の声をすみやかに皆様に
お伝えすることを目的としています。
サイトをご利用にしていただくにあたって、以下のことをご理解ください。
----------------------------------------------------------------
【ランディ】このサイトについてのご説明 ご利用前に必ずお読み下さい。
このサイトは「田口ランディの公式サイト」です。
田口ランディの執筆活動に関する最も新しい正確な情報を読者のみなさまに
お伝えすることを目的としています。
このサイトを読んでいただくにあたって、以下のことをご理解くださいますようお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

22 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:05
ばななサイトとランディサイトをくらべてみたら……(唖然茫然)【2】

●比較対象は下記の二つ
【ばなな】[よしもとばなな公式サイトの「はじめにお読みください」
http://www.yoshimotobanana.com/jp/directions.html
【ランディ】田口ランディ公式サイトの「このサイトについてのご説明」
http://www.randy.jp/first.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●メールのあつかい
【ばなな】メール:
よしもとへのメッセージや著作についての感想、このサイトに対するご意見などは
info@yoshimotobanana.com までお願いします。
誹謗・中傷、公序良俗に反する等の悪質なメールはよしもと本人には転送いたしません。
よしもとへの仕事の依頼も受け付けておりませんのでご了承ください。
お送りいただいたメールは、送信者への事前確認なしにページ上で紹介することがあります。
転載を希望されない方は、予めその旨をお書き添えください。
また、Q&Aのページではよしもとが皆さまからの質問に直接お答えしています。
よしもとへの質問がありましたら、そちらにお寄せください。
----------------------------------------------------------------
【ランディ】メールについて
・田口ランディの著作についての感想および、取材申込み、仕事依頼はこのサイトでは受け付けておりません。
このサイト上に書かれた内容に関する問い合わせはrandy@hokuhokusei.comまでお願いします。
・お問い合わせの際には連絡先を明記下さい。メールアドレスのみの場合はお答えできない場合があります。
・またお送りいただいたメールは、送信者への事前確認なしにページ上でご紹介することがあります。
転載を希望されない方は、予めその旨をお書き添えください。

23 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:05
ばななサイトとランディサイトをくらべてみたら……(唖然茫然)【3】

●比較対象は下記の二つ
【ばなな】[よしもとばなな公式サイトの「はじめにお読みください」
http://www.yoshimotobanana.com/jp/directions.html
【ランディ】田口ランディ公式サイトの「このサイトについてのご説明」
http://www.randy.jp/first.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●リンクについて
【ばなな】リンク:
このサイトへリンクをはる場合には、作業後にinfo@yoshimotobanana.comまで、そちらのURLを必ずお知らせください。
確認させていただいた後、特に問題がなければ、こちらからはご連絡さしあげません。
また、リンクしていただくページはトップページ のみでお願いいたします。
----------------------------------------------------------------
【ランディ】リンクについて
・サイトが改編される場合がございますので、リンクはトップページhttp://www.randy.jp/にお願いします。
・リンクをする場合はrandy@hokuhokusei.comまでご一報ください。
・当サイトや個人に対する誹謗中傷を行う目的でのリンクや公序良俗に反する意図からのリンクはお断りいたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●著作権について
【ばなな】著作権:
このサイトで公開されている文章や画像の著作権は「よしもとばなな公式サイト」に帰属しますので、
無断転載はお断りいたします。
このサイトを雑誌など他のメディアでご紹介いただく場合は、必ず事前にinfo@yoshimotobanana.comまでご連絡ください。
----------------------------------------------------------------
【ランディ】著作権
・このサイトで公開されている文章や画像の著作権は「田口ランディ公式サイト」に帰属します。
無断転載はお断りいたします。
・このサイトを雑誌など他のメディアでご紹介いただく場合は、必ず事前にrandy@hokuhokusei.comまでご連絡ください。

24 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:06
ばななサイトの間違いまでも見事に丸ごとパックンチョ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
[よしもとばなな公式サイトの「はじめにお読みください」
http://www.yoshimotobanana.com/jp/directions.html
ばななのほうは、
>著作権:
>このサイトで公開されている文章や画像の著作権は「よしもとばなな公式サイト」に帰属しますので、
>無断転載はお断りいたします。
>このサイトを雑誌など他のメディアでご紹介いただく場合は、
>必ず事前にinfo@yoshimotobanana.comまでご連絡ください。
----------------------------------------------------------------
[田口ランディ公式サイトの「このサイトについてのご説明」
http://www.randy.jp/first.html
ランディのほうは、
>著作権
>・このサイトで公開されている文章や画像の著作権は「田口ランディ公式サイト」に帰属します。
>無断転載はお断りいたします。
>・このサイトを雑誌など他のメディアでご紹介いただく場合は、
>必ず事前にrandy@hokuhokusei.comまでご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ランディサイトの上記の断り書きは法的に間違っていて無意味なので守る必要はありません。
しかしその根源が腐れバナナのサイトにあることまでは気が付きませんでした。
上記のばななのサイトの著作権についての説明がそもそも法的に間違っています。
ランディはそれを一字一句そのままパクってしまったので、ばななと全く同じ間違いをしでかして
しまったわけです。 ……つまり、学校のテストでばななの答案用紙をカンニングしてそのまま
書き写した能なしお猿が、ばななと全く同じ部分で間違って減点を喰らい、カンニングまで
ばれてしまった……というわけですな。(爆

25 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:07
松沢呉一さんが盗作猿をかばうバカ出版界をあざ笑っております

-----------------------------------------------------------
「東京トップレス」で松沢呉一氏がやってる対談。
著作権についての中で田口ランディの名前が出てます。
http://tokyotopless.com/text/matsuzawa/interview/38.html
対談全体の目次
http://tokyotopless.com/text/matsuzawa/
-----------------------------------------------------------
803 :無名草子さん :03/02/01 13:00
>>788
http://tokyotopless.com/text/matsuzawa/interview/38.html の 2つ前、
http://tokyotopless.com/text/matsuzawa/interview/36.html に書かれて
いることも興味深いです。ネットというものへの侮蔑または敵視が出版界の
人のベースにあるから、田口ランディのような物件に引っ掛かった(いくら
何でももっとマシなのがあるだろうなどとは思わなかった)り、ネットでの
自浄作用 (w すなわち盗作や文章力の不備が指摘されても、所詮ネットで
騒いでいるだけだから活字畑の住人になった田口ランディは大丈夫だろうと
甘く見たりしていたのかな、などと思いました。
>松沢: ちょっと話は戻るんだけど、出版社がネットの対応ができていないの
>は、どこかでそういう驕りもあるんだと思う。「なんのかんの言っても出版
>界は大丈夫」って、根拠のない自信。「ポッと出のネットに、歴史ある出版
>界が負けるわけがない」とか。

>工藤: 編集者と話していても、どっかでネットを敵視していて、自分たちの
>商売の邪魔をする存在みたいにしか考えてないんじゃないかとも思うことが
>あります。敵じゃなくて、それを取り込んで、出版とうまくリンクすると
>か、ネットは独立した商売のツールとしてとらえるとか考えてもいいと思う
>んだけど。

26 :吾輩は名無しである:04/05/04 09:09
今までに田口ランディの盗作癖や作家としての無能ぶりを堂々と批判した人々。
1 金井美恵子(作家)
2 宮沢章夫(作家)
3 矢玉四郎(絵本作家)
4 斉藤美奈子(評論家)
5 山形浩生(評論&翻訳)
6 松沢呉一(ライター)
7 下関マグロ(ライター)
8 竹信悦夫(朝日新聞記者)
9 栗原裕一郎(ライター)
10 大月隆寛(評論家でよろしい?)
11 石井政之(ライター)
新たにライターの石井政之氏を追加させていただきます。
http://homepage2.nifty.com/masaishii/sashitome2.htm
http://homepage2.nifty.com/masaishii/index.htm

-----------------------------------------------------------
バカワン(bk1)にも『田口ランディ その「盗作=万引き」の研究』の書評が。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_detail.cgi?bibid=02236524
一部引用↓
読了後の印象は、火のないところに煙は……という言葉どおり。
岡崎京子の「チワワちゃん」をパクって賞を受賞したという「ポチの魂」などは
、明らかにヤリスギ。著作権で儲けている本人には、他人の著作権の意識はない
のだろう。
-----------------------------------------------------------

27 :吾輩は名無しである:04/05/04 10:16
>>3
「アンチランディ」が立てた? 嘘つき。

1000 :993 :04/05/04 02:50
>書き込むのはやめますね。
とは書いたものの、新スレに協力というのも、スレ乱立を助長するようで
マズいような気が、だんだんと……。文学板のローカルルールでは、
重複スレは禁止じゃなかったんだっけ?
そもそもタチの悪い荒らしがスレ立て宣言していて作ったスレだし。
まあ、でも埋め立てるのも迷うから、後の人の判断にまかせますわ。

http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1080642140/
580 :吾輩は名無しである :04/04/05 23:47
俺ここのage粘着をムカつかせる為にランディスレを立てようかと思ってるんだけど
でこのスレ上がったら一緒に上げてランディ先生の宣伝するの。
2ちゃんで作家のスレ立てたって宣伝にしかならないって事を
教えてやろうかと思うわけ。
ここの粘着キチガイはランディの本が売れたら嫌なわけだろ
スレ乱立してランディの宣伝してやるよ
お前らムカつかせる為だけに。

653 :吾輩は名無しである :04/04/07 00:54
約束どおりスレ立てました!
ラン、ラン、ランディ!田口ランディ本スレ
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1081266653/
皆さん盛り上がってランディを宣伝していきましょう!
もう一本ぐらいは建てたいと思ってます!

654 :吾輩は名無しである :04/04/07 00:55
いや〜
もう酔っ払ってスレ立てで限界!
あとはよろしく粘着キチガイども!

28 :吾輩は名無しである:04/05/04 10:22
前スレより

318 :吾輩は名無しである :04/04/29 00:57
>>308
>あと、作家叩きスレの証拠提出はリンク先を読めと煽るのではなくて、論文にまとめ
>てください。

論文って……。まあ、>>307のようにリンク先を見ろというのはお気に召さない
ようなので、ご要望にお応えしてリンク先の文章を貼ってみましょう。

http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#dafune
1-14. 最新刊『7days in BALI』と山岸氏『ダフネー』との類似
どちらも夢の中、主人公の身体から植物の芽が生えてくる場面が酷似。

- 田口ランディ『7days in BALI』 P.92
  どういうわけか顔のあちこちに、小さな植物の芽がふいているのだ。
  ひょろひょろしたカイワレダイコンのようで、芽の先がうっすら双葉
  になっている。それが、頬や、鼻の下や、口元から伸びている。

山岸凉子氏の『ダフネー』では、顔からではなく手から蔦が生えてくるの
ですが、生え始めたばかりの、双葉のついた芽の様子が「ひょろひょろした
カイワレダイコン」のように描かれています。


29 :吾輩は名無しである:04/05/04 10:24
>>28の続き

また、主人公の笑いながらの独白も類似。

- 田口ランディ『7days in BALI』 P.92
  くくくくく……。こらえきれなくて一人で笑った。笑っている自分が
  さらに可笑しくて、ついには声を出して笑った。(中略)私はやっぱり
  頭がどうかしてる。でも、一人で笑ったっていいのだ、泣いても、
  怒ってもいいのだ。

- 山岸凉子『ダフネー』 P.224
  うふふふ…/なぜいけないの/蔦になって/しまうのが
  楽よ/このままのほうが/気持ちがいいわ

主人公の境遇も、熱心な母親に小さい頃からピアノを習わせられたこと、
いいところまでいったが行き詰まってしまったこと、心因性の病(『ダフ
ネー』では手が震え、『7days in BALI』では解離の症状)に苦しんでいる
ことが共通。

30 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:37
http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#UnderGround

1-11. 『モザイク』の下水道の場面は写真集『Underground』の文章から?
『Underground』と『モザイク』の文章比較
『Underground』の帯に書かれているのは、
  東京・渋谷。地底5メートルにひそかに流れる闇の川がある。

『モザイク』P.272には、
  そしてこの川は忘れられ、渋谷の地下五メートルの闇の中に封印された。


31 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:38
>>30の続き。

渋谷の地下五メートルの川、という題材の選択自体が畠山氏のオリジナリティ
を示すものですが、写真集の中の文章も、『モザイク』の中でパクられています。

- 畠山直哉『Underground』P.28
  傲慢にも光は母なる闇に闘いを挑み
  地位の来歴を争い、空間の取り合いをやっていますが
  光に勝ち目なしです。〈略〉
  ゲーテ「ファウスト」 前田富士男訳

- 田口ランディ『モザイク』P.270
  光が闇に飲み込まれていく。
  ほんとの闇の中では懐中電灯なんて役に立たないんだ。足下を照らし出す
  のがやっと。なんて弱い光。あっという間に闇に塗りこめられてる。闇の
  力を私は初めて知った。闇は光を食らう怪物みたいだ。

32 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:40
>>31の続き。

- 畠山直哉『Underground』P.3
  長靴のゴム越しに水の冷たさを感じながら、一人で川を遡っていく。水は
  薄くゆっくりと流れている。〈略〉
  川の上流には洞窟があった。〈略〉僕は灯りも持たずに、 興味本位でその
  ままゆっくり洞窟に入って行く。僕の目は次第に役に立たなくなってくるが、
  それでも長靴はまだ大丈夫だ。足元に集中しながら、少しずつ闇の中を行く
  と、ふと何か弾力のある「壁」のようなものを体の前に感じ始め、それ以上
  は何となく進めなくなってしまう。
  真っ暗な空洞にぼんやりと立ち、辺りを見回してみるが、視野のすべて、
  光の刺激は完全にゼロで、目を開けているのに、つぶっているような。

- 田口ランディ『モザイク』P.270
  足下を浅く水が流れている。ショートブーツの中に水が染み込んできて
  冷たい。ときおり、遠くの方からごおごおと水音が響く。 この川の上流、
  はるかかなたで水門と繋がっているのだろうか。振り返ると、コンクリー
  ト・トンネルの入り口の方には渋谷の明かりが見える。ヘドロの膜が張っ
  た濁った水面に高速道路の電球が反射している。だが、ここから先は正真
  正銘の真っ暗闇だった。

 そして『Underground』の P.8には、上半分が歩道橋と高速道路、下半分に
渋谷のビルやその灯りを映す川面、中央に「闇の川」の入り口らしい黒い穴の
ようなものが写っている写真があります。

33 ::04/05/04 12:42
十分、粘着の基地街ぶりが明らかになったね(藁

しかし、どぶねずみがこんなにとれるとは思わなかった。
特許庁に申請しようか?

34 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:43
>>32の続き。

それから、コウモリやドブネズミの糞から生えるカビの描写も似ています。

- 畠山直哉『Underground』P.5
  ガラスを溶かして空中に何度も引き伸ばしたような形のそのカビは

- 畠山直哉『Underground』P.7
  光を当てるとガラスのようにキラキラと光るこのカビは、自分がそんな
  美しい姿をしているということを、知らないままだ。

- 田口ランディ『モザイク』P.273
  近寄ってみると、そこには奇妙な植物が棲息していた。菌なのだろうか、
  植物なのだろうか。長い茎の先に銀色の細い繊維がたくさん生えている。

畠山氏が「ガラスのようにキラキラと光るこのカビ」というのは、写真集 P.57
の写真のカビのことのようで、「銀色の細い繊維がたくさん生えている」ものが
写っています。

35 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:45
>>34の続き。

- 畠山直哉『Underground』P.4
  足元の水も僕の両手両足も、こうもすべてが真っ黒で見えないと、それが
  在るかどうかさえわからなくなる。いまかろうじて僕が「在る」と信じる
  ことができるものは、こうしてものを想う僕自身の「意識」のみというこ
  とになるのだろうか?
  僕には光が必要だった。自分の体と空間を取り戻すために。

- 田口ランディ『モザイク』P.274
  不思議な気分だった。闇の中にいると、自分の肉体は消されてしまう。
  光があるから物質が見える。光によって物質は存在させられている。
  いま、この地下五メートルの深い闇にあって、私はもう私ではないような
  気がした。自分の身体が見えないと自分を空間の中に位置づけ、イメージ
  することができなくなる。

36 ::04/05/04 12:46
>>26
だから、何だって言うんだろう?
「有名人がランディの悪口を言ってるから、ランディはひどい奴で
プライバシーも人格も否定してもいいんですよー」って言いたいのかな?
自分の言葉を持たず、人の尻馬に乗ってしか行動できない連中って
何なのかね。

親分大月をそろっと7位に入れているところが、何ともみじめったらしい。

37 ::04/05/04 12:48
粘着どぶねずみよ。ここまで貼りつけるのにどれくらい時間を浪費した?
どのコピペもすでに手垢にまみれたものばかりだろう。
ランディに対する攻撃に「劣化コピー」というのがあったが、さすが
ランディに粘着するだけあって、「手口」は一緒なんだな(藁

38 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:51
これは盗作報道済み

http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#ki
『気ウォッチング』と『モザイク』の文章比較
-  『気ウォッチング』 P.30
  社会のシステムが巨大化するほど情報量が増え、知覚的に眩惑されている
  けれども、身体の共鳴は生きているし、より必要とされている。人と人と
  の間に成立する「妥当」は、“共鳴”を暗黙の前提とした上での知覚、言
  語上の儀式であって、“共鳴”というつながりに裏打ちされていなければ
  何の力もないのである。
  言語的コミュニケーションは、共鳴的な場を保たせるための表技であり、
  共鳴的な場を創り出す“間合い”をつかむ裏技としての“体術”が必要と
  されているのだと思う。

-  『モザイク』 P.208
  人が人として生きていくためには、他者との共鳴が必要だ。他者と関係し
  ないでこの社会を生きていくことは困難だ。言語的コミュニケーションは
  確かに有効だが、それは他者との約束事を共有するための、いわば表技だ。
  早い話が場を保つために必要なものであり、本質的な他者との共鳴的には
  身体感覚をベースにした非言語的なコミュニケーションが必要となるのだ。


39 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:53
>>38続き。

以下に挙げる分が、報道された「エネルギーの集中が持続できず発散しやすい」
などを含む箇所。

-  『気ウォッチング』 P.32-33
  共鳴性の高い人には次のような特徴がある。
  〈身体の特徴〉
  ・関節が柔らかい(とくに手首)、幼児の手首の感じ
  ・乳、幼児のときにあまり泣かなかった=サイレントベビー
  ・とくに幼児期は親からみて、おとなしくて手がかからない子どもである
  ・持久力がない(疲れやすい)
  ・エネルギーの集中が持続せず発散しやすい
  ・アレルギー体質である場合が多い
  ・身体症状が過敏である

-  『モザイク』 P.156
  具体的にねえ、そうだなあ。俺らの特徴は、まず、赤ん坊のときはあまり
  泣かないってことだな。生理的欲求が低い。おとなしくて手がかからない
  赤ん坊だったと言われる。昔はいい子だったのにねえ、と母親がよく言う。
  持久力がなくやたらと疲れやすい。運動会でパッとしない奴だ。エネルギー
  の集中が持続せず発散しやすい。ちょっと没頭すると知恵熱とか出す。ア
  レルギー体質で、すぐに蕁麻疹がでる

40 :吾輩は名無しである:04/05/04 12:58
http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#chiwawa より
------------------------------
1-1. 田口ランディ「ポチの魂」と岡崎京子「チワワちゃん」の酷似
主人公の名前は、同じく岡崎の 「私は貴兄のオモチャなの(主人公の通称:
ポチ)」からのパクリか? 「ポチの魂」は、「鳩よ!」で賞を受賞し、
4月号に掲載。 「鳩よ!」のサイトから、内容チェック可能。
(http://www.magazine.co.jp/magamix/hatoyo/short9808.html)
鳩よ!掌編小説コンクール第二期七月号発表 -- 今月の当選作 ポチの魂
岡崎京子「チワワちゃん」の初出は1994年、ランディ「ポチの魂」の初出は
1998年。

類似点:
1.主人公の名前が通称ポチ 岡崎作品→「チワワ」
2.地方出身者。だらしない色気があって男運が悪い。 新宿でヤクザにシャブ
 を打たれてソープで働いていた。
 岡崎作品→モデル志望で、お色気担当からAV嬢に。
3.宿を提供してくれる人のところを渡り歩く
 (ポチは男の部屋ばかり。岡崎のチワワは男女問わず)
4.行方不明になった挙句、身元不明の遺体となって水辺で発見される
 (ポチは市ヶ谷の釣り堀。シンナー中毒で事故死。
 岡崎のチワワはバラバラにされて東京都推薦の白いビニールのゴミ袋に
 詰められた)


41 :吾輩は名無しである:04/05/04 13:00
>>40続き。

5.ポチの遺骨を海か山に散骨しようか、という話になる。
「ポチは、泳げないから海は嫌いだと言っていた」と山へ。
 岡崎作品→ 「かわいそうに、海に捨てられて。犬かきもできなかったカナ
 ヅチのチワワだったのに」という描写あり
6.富士山の樹海へみんなで行こう、ということになり遺骨を砕いてローソンの
 ビニール袋へ。ほかに袋がなかったし、
「ポチ、ローソンのおやつ好きだったから」と言い訳する。
 岡崎作品→ みんなで車を出して、遺体発見現場の海へ向かう。途中で花と
 お酒を買い、そこで「チワワ、白ワイン好きだったから」というセリフあり。
 ちなみに移動時刻が夜明けであるのも類似。
7.朝焼けの樹海で散骨
 岡崎作品→持ってきたワインと花を海へ投げる

その他の共通点:
*亡くなった主人公を見送る人間の中に小劇団の脚本家がいる。
(岡崎作品では自主制作のビデオを作っている人とぴあのシネマコンテ
 ストに入賞経験者)
*まるで酔っ払っているかのような勢いでこの思い付きを実行する点。
--------------------------------------------------------------
これが、もっと長い作品ならともかく、わずか原稿用紙10枚程度の
短い作品でここまで類似点が列挙できるなんて。
田口ランディ先生にしかできないワザでありましょう。


42 :やられたら徹底的にやり返すのよっ、の田口先生:04/05/04 13:06
http://web.archive.org/web/20010212145031/http://www.interq.or.jp/japan/eco-vil/kita-no-tabibitotachi.htm

>「船井幸雄ってコンプレックスから生まれるパワーを感じるって最初に俺に
>書いてよこしたでしょ。」
>「だって、そう感じたんだもん。」
>「でさあ、俺も田口さんに会った時におんなじ事を感じたんだよ。コンプレ
>ックスに裏付けられたパワーって奴を。思わず笑っちゃったよね。他人の姿
>ってのは自分の投影でしかないんだなってあらためて思ったよ。」
> 《中略》
>「ああ、そう。ネットで名指しで人を非難するのやめなよ。Tさんって人可愛
>そうじゃない。」
>「あんた、分かったような事言うんじゃないよ!一体、私がどれだけ酷いこ
>と言われたか分かんないでしょ。あんなの営業妨害よ。私は平和主義者でも
>何でもないの。やられたら徹底的にやり返すのよ!」

43 :吾輩は名無しである:04/05/04 13:43
>>8
>他人の作品と同じ、または似た題名だとの指摘は、この例を含め7件ある。

この時点から、少なくとも1件は増えたから、現在は8件かな。
*萩尾望都『海のアリア』……
 田口ランディ『海のアリア』(月刊Diverで連載されていたが打ち切り)
*ユーミン『昨晩お会いしましょう』……
 田口ランディ『昨晩お会いしましょう』
*ユーミン『恋人はサンタクロース』……
 田口ランディ「恋人はサンタクロース」 (『その夜、ぼくは奇跡を祈った』に収録)
*ユーミン『リインカーネーション』……
 田口ランディ「リインカーネーション」 (書籍として出版された本の題名は『転生』)
*上野千鶴子『スカートの下の劇場』……
 田口ランディ『スカートの中の秘密の生活』
*赤坂真理『コーリング』……
 田口ランディ『calling』(Webちくまで連載されていたが打ち切り)
*真木悠介『気流の鳴る音』の章題「根をもつことと翼をもつこと」……
 田口ランディ『根をもつこと、翼をもつこと』
*金井美恵子『書くことのはじまりに向かって』……
 田口ランディ「書くことの始まりを見つめて」(「婦人公論文芸賞」受賞記念のエッセイ)


44 :吾輩は名無しである:04/05/04 13:57
http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#kishi
-2. 田口ランディ『コンセント(2000年6月発行)』における貴志祐介からのパクリ疑惑
1) 冒頭の株式市場の描写について「感情が渦巻く件」 パクリ元->『天使の囀り』1998年6月発行

- 貴志祐介『天使の囀り』 角川ホラー文庫 P.55-56 より抜粋
 「ううん……もちろん比喩なんでしょうけど、感情的な表現が多いですね」
 「ところが、単なる比喩とばかりも言えないんです。実際に、株式 市場で
 の値動きを見ていると、きわめて情緒に流されやすく、衝動的に行動する
 女性ばかりが売買しているように見えてくるから不思議です。……いや、
 女性蔑視のつもりはありませんけどね」
  早苗は軽く高梨をにらんだ。
 「女性イコール感情的だというのは、偏見ですよ」
 「その通りです。実際、株式投資を行っているのは、大部分が男性ですから。
 それも、かなりの知識と経験を積んだ人々が多いはずなんです。にもかかわ
 らず、彼らの行動は、非常にヒステリックで気まぐれです。まるで、暗闇の
 中で右往左往している群衆のような感じですね。ちょっとしたデマが飛んだ
 だけでも、たちまちパニックに陥る」
  人間というのは、一人一人は賢くても、群衆になったとたんに愚かな行動
 をとる傾向がある。株式市場の熱気は、人の理性を麻痺させる効果があるの
 かもしれないと、早苗は思った。

- 『コンセント』P.4 より抜粋
 「株って、俺、全然わからないけれど。面白い?」
  よく聞かれる質問だ。株って面白いの? 面白いに決まっている。この世
 界の裏側を動かしているシステムなのだ。それを知らずに平気で生きている
 ほうが私には不思議だ。
 「面白いっていうか、変だよ、すごく。相場って動かしているのは男の人な
 のに、ヒステリックな女みたいに感情的なの。上がり下がりが激しくて少し
 の刺激でカッとなって、そのくせ勘がよくて未来を予知したり、世界規模の
 シンクロニシティを起こしたりする。経済って結構オカルトかも。

45 :吾輩は名無しである:04/05/04 13:58
>>44の続き。

2) 結末の風俗嬢になって疲れたサラリーマンを癒す主人公の設定   
パクリ元->『十三番目の人格(ペルソナ)-ISOLA-』1996年4月発行


株式相場を「感情的」「ヒステリック」と表現したのは貴志のオリジナル。
――文学板のカキコミから
----------
>株式市場のエピソードだけなら、まあよくある描写だと思うんですけど
>結末に至ってのISOLAとの相似はちょっと真似が過ぎたように、かねてから
>思っていたんです。
----------
>じつは私、株で生計を立てておりまして、相場関連の本は毎月3冊程度は
>コンスタントに読んでおります。
>で、相場に心理的な分析を用いた例を紹介した本は
>NHK出版「マネー革命」(テレビで特集されました)のビクター・ニーダフォッファーと
>その弟の相場テクニック。(一日で50億失った男、の回)
>でも、それには心理的に動くとは書かれていても、貴志さんの描写にソックリなのは
>読んだことがありません。たぶん貴志さんオリジナルではないかと。
>じつはまあ、この描写が特に気に入ったワケで「天使の囀り」を読んだわけです。



46 :吾輩は名無しである:04/05/04 15:49
http://bunshun.topica.ne.jp/z_funado/funado02.htm
http://web.archive.org/web/20020806035436/http://bunshun.topica.ne.jp/z_funado/funado02.htm
で参照可能↓
---------------------------------------------------------------
http://mentai.2ch.net/book/kako/996/996562069.html

780 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 01/09/25 16:25
http://www.peace2001.org/inpaku/randy_rupo/randy_0720.html
「リサイクルはさせない」ですか、これもある意味ひどい。
船戸与一さんの言葉の引用は、「去年、数ヶ月に渡って〈略〉フン・セン政府
の説明はない」「ヘイローのようなNGOも、〈略〉縮小している」の二ケ所だけ
かと思ったら、

> それはカンボジア政府が「地雷撤去」という人道的名目で、世界の先進国
>からお金を自分の懐に集めたいからだろう。経済の復興の見通しが遠いカン
>ボジアにとって、地雷は半永久的に埋まっていて欲しいものなのかもしれない。

http://bunshun.topica.ne.jp/z_funado/funado02.htm に書かれていること
の焼き直しみたいなもんじゃないですか。

》 もっと意地悪く言えば、フン・セン政府にとって地雷撤去を急いではなら
》ないという事情があるのだろう。一年に何十人かが地雷を踏んで死ぬか負傷
》してもらわなければ困る。地雷撤去のための国際的な援助金はいまやカンボ
》ジアにとって重要な収入源なのだ。完全撤去はその断絶を意味する。カンボ
》ジアには人口と同じ量の地雷が埋まっていると発表したフン・セン政府に
》とって地雷の悲惨さは半永久的につづいて欲しいのかも知れない。

47 :吾輩は名無しである:04/05/04 15:52
http://bunshun.topica.ne.jp/z_funado/funado02.htm
http://web.archive.org/web/20020806035436/http://bunshun.topica.ne.jp/z_funado/funado02.htm
で参照可能↓
---------------------------------------------------------------
http://mentai.2ch.net/book/kako/996/996562069.html

781 名前: 吾輩は名無しである 投稿日: 01/09/25 16:32
http://www.peace2001.org/inpaku/randy_rupo/randy_0720.html
については、前半の明示的に「」でくくっていない部分も、船戸与一氏の
文章の引用っぽい。

> 地雷撤去によって回収された地雷が、再び別の場所で(クメール・ルー
>ジュなどに)地雷として使用されたりするのを怖れて、カンボジア政府は
>シーマックという政府の地雷撤去機関以外の者が地雷撤去をすることを禁止
>したそうだ(ヘイローのようなNGOを除く)。

は、http://bunshun.topica.ne.jp/z_funado/funado02.htm

》 現在、カンボジアでは撤去技術を持つ人間が地雷を発見したとしても、
》勝手に撤去してはならないことになっている。それは法律違反なのだ。
》強行して逮捕されたクメール人もシェムリアップにいる。撤去した地雷が
》クメール・ルージュのような連中に渡ったら、どうなる? その地雷が
》ふたたびどこかに敷設されたら、カンボジアの危機は永久につづく。これ
》がシーマック以外の地雷撤去禁止の理由だった。

を稚拙にリライトしたように見えてしまいます。

48 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:24
何なのこのコピペ厨は?

49 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:26
ランディ叩きがやりたかったら汚物スレ行けよ

50 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:29
豪快なパクり(劣化コピーを伴う)の文例
http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#FBF1
――――――――
- 藤森直子著『Fuckin' Blue Film』(ヒヨコ舎刊) P.132より抜粋。
 拡張は何もアナルに限らない。尿道だって拡張できるのだ。今日は久しぶりに
 尿道プレイを満喫。
 やっぱりボールペンの芯じゃなくて本体ごとずっぽり見事に入ると、M男も女
 王様も共に満足感を覚えるな。「ボクはヘンタイです」と、尿道に入ったまま
 のボールペンでお習字をさせてみた。これって、男版花電車か? いやー、愉
 快愉快。思わず、自分が女王様ということを忘れて拍手しそうになってしまっ
 た。チンコで字を書くんだからすげえわ。
 せっかくなのでアナルにマジックペンも入れさせた。こんどはケツ習字だ。
 「これは、ケツの穴にマジックペンを突っ込んでかいた字です。ボクは恥ずか
 しいヘンタイです」と書かせる。けっこう達筆なのが笑える。

- 田口ランディ著『アンテナ』(幻冬舎刊) P.114 より抜粋。
 女王様は罵倒し続ける。ようやく男は、筆ペンを自分のアナルに押し込んだ。
 僕は思わず覗き窓に目をくっつける。筆ペンは、なんとその三分の二も男のア
 ナルに吸い込まれていた。再び笑いの発作が僕を襲ってくる。僕は自分の腕に
 爪を立てて痛みで笑いをこらえた。
 「ふっふっふ。なんて醜い格好かしら。お前は正真正銘の変態だわね。じゃあ、
 お前、この紙にその筆ペンで『変態』と書いてごらん」
 男は女王様が投げ捨てた半紙のところにがに股で歩み寄る。筆ペンが尻の穴に
 入っているのでカニみたいな歩き方になるのだ。そして、半紙の上に腰を落と
 し、ヒンズースクワットのような体勢で字を書き始めた。『ヘンタイ』とカタ
 カナで書いたようだ。


51 :吾輩は名無しである:04/05/04 17:31
○ランディ本人も著作権侵害を認めた『アンテナ』盗作問題での例文その2:

- 藤森直子著『Fuckin' Blue Film』(ヒヨコ舎刊) P.23より抜粋。
 こんなんでお金をもらっていいのかなあと思ってしまう。二時間コースの最中、
 私はほとんど何もしない。鞭もバイブも出番がない。最初にM男をロープで縛
 って、そのまま時間いっぱい放置する。それだけ。
 このお客さんは常連で、いつもこれしか希望しない。ラクといえばこんなラク
 なフレイはないが、あまりにもラクすぎる。
 「おまえなんか、かまってあげないよ。ここで一人さみしく、ねっ転がってな。
 だーれも助けになんか来てくれないんだからね。一人ぼっちで、ずーっとここ
 にいな。私ももう戻って来ないかもね。おまえのことなんか忘れちゃうかもし
 れないなぁ(微笑)。忘れちゃったらごめんね」と、私は部屋を出る。
 冷房なんて奴隷の分際で贅沢よね、とクーラーのスイッチも切ってしまう。
 わー、すげーイジワルー。でも、こういうイジワルが私の仕事なのである。
 《中略》
 残り時間が三十分になったら、部屋に戻る。ボンレスハムのように無様なぐる
 ぐる巻きのM男のロープを解く。ロープがぐっしょりと汗を吸っている。もと
 もと太っている人なので汗をかきやすい体質なのだ。

52 :コピペ厨――それこそが田口ランディ先生の本質です:04/05/04 17:33
>>51続き

- 田口ランディ著『アンテナ』(幻冬舎刊) P.116 より抜粋。
 女王様は男の体を縄で縛りあげる。さすがに素早い。男はボンレスハム状態に
 なって床に転がる。肉に縄が食い込んで皮膚がパンパンに盛り上がる。
 「さあ、これでよし。もう金輪際、お前みたいな出来の悪い子にはかまってあ
 げないよ。お前は独りぼっち。独りぼっちの悲しい変態」
 ボンレスハムになった男は、それでもまだアナルに筆ペンを差している。
 「お願いです、一人にしないでください」
 「ふんっ、偉そうな口をきくんじゃない。ここで一人で寝っころがってな。
 いいかい、お前がここにいることは誰も知らないんだよ。誰も助けになんか来
 てくれない。ずーっとここに一人でいるのさ、ふふふふ。私も忘れちゃうかも
 しれないから、お前はここでひからびて死んでしまうかもねえ、ほほほほほほ。
 誰にも知られずひっそりとお前が死んだら、お前のおケツに赤い薔薇の花でも
 差してあげるわ。じゃあね、バイバイ」
 泣きべそをかいている男を置いて、高笑いをしながら女王様は部屋を出ていっ
 てしまった。
 《中略》
 女王様はクーラーの電源を切ってしまったらしい。これもお仕置きなのか。
 部屋の温度は急激に上昇していた。

53 :吾輩は名無しである:04/05/04 19:21
連休だというのに大変だね。
コピペ厨がランディの本質なら、この粘着クンはランディの本質
に限りなく良く似た人間なんだね、おっと粘着の世界では、こういうのを
「劣化コピー」っていうんだったけな。


54 :吾輩は名無しである:04/05/04 19:22
もしかしたら、粘着は大月の「劣化コピー」かな?

55 :吾輩は名無しである:04/05/04 19:35
大月隆寛ってBSマンガ夜話の司会者?
あの人ランディ叩きなんてやってるんだ
BSでしかみたことないけど
わりかし普通の人っぽかったけどな

56 :吾輩は名無しである:04/05/04 21:06
○ランディ本人も著作権侵害を認めた『モザイク』盗作問題での例文その2:

http://oliinkai.hypermart.net/randay-a.shtml#FBF2

『Fuckin' Blue Film』と『モザイク』の比較

○一人称で自分を呼べない人の比較

- 藤森直子著『Fuckin' Blue Film』(ヒヨコ舎刊) P.72より抜粋。
   そのM男は、一人称を使わない。自分のことを「俺」とも「僕」とも
  「私」とも呼ばない。
   「僕は」「私は」と言うかわりに、彼は自分を指さす。例えば、「あ、
  僕もそう思います」と言う時には、人さし指で自分を指さしながら、
  「あ、そう思います」と言うのである。彼の一人称は常に「指」なのだ。
  「ね、前から気になっていたんだけど、あなたは自分を一人称で呼んだ
  ことないよね? いつも指で自分をさすよね?」と訊いてみた。
  「昔から、小さい時からそうなんですけど、『僕は』とか『俺は』とか
  言うのが恥ずかしいんです。こんなの(指一人称)だけだと思うんです
  けど、何かとても エラソーな気がしてしまって」と彼は言った。

- 田口ランディ著『モザイク』(幻冬舎刊) P.39 より抜粋。
   一切の一人称を使わない軽度の分裂症患者がいた。
   彼は自分を示す言葉を使わない。自分のことを表現するときは無言で
  自分を指さす。恥ずかしそうに、まるで存在するのがおこがましくて申
  し訳ないと思っているみたいに俯いて自分を指さす。
   私は青年が決して「私」とか「僕」とか「俺」という一人称を使わず
  に、ごっくんと言葉を飲み込んで黙って自分を指さすのを、とても好ま
  しく思っていた。

※ランディはなぜか、オウムについてのコラムに、彼らは一人称を使わない
人たちだという珍説を披露してもいる。


57 :吾輩は名無しである:04/05/04 21:10
>>56続き。

○冷蔵庫に時計をしまう

- 藤森直子著『Fuckin' Blue Film』(ヒヨコ舎刊) P.41 (「八月の冷蔵庫」八月十五日) より抜粋。
   私はジイチャンのことを思い出した。晩年のジイチャンは完全にボケて
  しまった。家の中のありとあらゆる小物をジイチャンはせっせと冷蔵庫に
  しまう。冷蔵庫を開けると、目覚し時計は出てくるわ、スリッパは出てく
  るわ、クマの置物はでてくるわ、まるでマジックショーだった。でも、そ
  こから出て来る冷えた目覚まし時計私はなんだか大好きだったな。

- 田口ランディ著『モザイク』(幻冬舎刊) P.86 より抜粋。
   気にするなと言われても、祖母の行動は日増しに異様さを増していた。
   冷蔵庫の中に時計や枕をしまい込む。


58 :吾輩は名無しである:04/05/04 21:12
>>57
そう、張本人というか、ランディに渦巻いていた憎悪をある意味では
うまく先導したとも言えるね。その集大成が、鹿砦社から出ている
『検証本』(通称、正式な名称は長くて忘れた)。
右翼のスタンスをとっている大月が珍しく左翼系の出版社から出した
本なんだけど、中には読んでも損はない論文(記事)はないではないが
最初から、ランディのプライバシーを暴きまくっている代物。

ところで、粘着クン、この本がヨーロッパのさる大学でテキストに採用
されたんだって?そのあたりの真偽のほどがわかる資料をコピペしなさいよ。

59 :吾輩は名無しである:04/05/04 21:15
http://www.bungeisanmyaku.com/cgi/hidenBBS/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=662;id=
>ウチ=「文芸山脈」のOGであるNAOちゃん(=藤森直子)の作品が田口
>ランディ女史に盗作された事件がありましたが、あれは田口女史がNAO
>ちゃんの本そのものの解説を書いていたから読んでいないわけがないとい
>う稀な事情だったわけですが(これは長期戦になって結局絶版改変)、そ
>ういう特殊例を除けばB作者が知らないですと言えばQ1の答に関わらず、
>知っていたとも知らなかったとも第三者が決めつけることはかなりの無理
>が生じるわけです。実質上不可能と言ってもいい。

60 :吾輩は名無しである:04/05/04 21:33
コピペ厨は、他者との係わりを一切遮断しているところに病的な感じがする。
かつて、汚物スレをにぎわしていた「AA荒し」とほとんど同じ病気なんだろう
ね。あ、これも「劣化コピー」か・・(藁


61 :吾輩は名無しである:04/05/04 21:40
http://web.archive.org/web/20021225182429/http://www.asahi.com/column/aic/Wed/d_coin/20021225.html
スカートの中の秘密の生活
田口ランディ 洋泉社1999年、元の定価1400円+税
(中略)
今年4月、本書の著者の「盗作」騒ぎが、新聞やテレビで報じられました。見出しで示すと
こんな具合だったようです。
・毎日新聞「無断引用: 田口ランディさんが著書「モザイク」で」
・読売新聞 「作家・田口ランディ氏が2作で無断使用を認める」
・NHK 「他人の日記を無断使用 絶版に」
・日本経済新聞社 「田口ランディが無断引用、小説『アンテナ』改稿へ」
・産経Webニュース速報 22:56 田口ランディさんまた無断引用。小説「アンテナ」に。知人
のライターがHPで公表する日記の一部を。単行本絶版に。
・共同通信ニュース速報 23:22 ランディさんが無断引用 小説「アンテナ」改稿へ
毎日新聞の記事は、今も読めます。(中略)
ちょっと驚いたのは、著者が「私はけっこう人の比喩をパクル人です」なんて自分で認めて
いたりすることです。
http://oliinkai.hypermart.net/randay-c.shtml (中略)
やはりこの検証本に収録されている「田口ランディの『謝罪文』……幻冬舎ホームページから
一ヶ月で削除されたもの」によると、著者は、「モザイク」でクレームがつくまで、著作権法
というものを知らなかったと書いています。
(「謝罪文」は、http://www.mailux.com/ mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020403200603 でも読めます)。

62 :吾輩は名無しである:04/05/05 00:21
当時の新聞記事には、田口ランディが著作権侵害を認めて謝罪しましたと
書かれていたけど、幻冬舎のウェブにアップされた「文責:田口ランディ」の
文章は、謝罪しているようにはあまり見えなくて、盗作被害者が怒ってしまい
自分と会ってくれなかったという愚痴や非難、ネット上の著作権は確立されて
いないとホザく謎の第三者のご意見の紹介、自分はデビューしたてで著作権に
ついて何もわからなかったという言い訳(エッセイストとしてのデビューは
何年も前だったのにかかわらず)など、ノイズが多過ぎてわけわからないです。

文章がわけわからなくなっている原因のどこまでが、ランディの必死かつ卑しい
自己正当化のあがきから来ているのが、単にランディが文章が下手だからなのかも
判断がつきにくいです。

http://news.2ch.net/newsplus/kako/1017/10172/1017242679.html に、
被害者がサイトにアップした文章などもコピペされていますので、こちらを
参照してみたらどうでしょう。このスレもいろいろとノイズが多いですけど、
当時の雰囲気はつかめるかと。

63 :吾輩は名無しである:04/05/05 07:29
なんだなんだこのコピペ嵐は。いやがらせだね

64 :吾輩は名無しである:04/05/05 07:32
>>1がよっぽど気に障る人がいたんだろうね
くだらねー
隔離スレでやれ

65 :吾輩は名無しである:04/05/05 07:40
アンチランディってまるで「テロリスト撲滅」という掛け声の元に
イラクをベトナム化しイスラエルを正当化するアメリカのようだと思う。
思考停止状態なんじゃないか。
そういえば大月たかひろはランディ叩きで飯食った後は
イラク人質叩きをしまくっているね。

66 :吾輩は名無しである:04/05/05 08:20
そういえばイスラエルを正当化したエッセイをかいてたね、ランディも。

67 :吾輩は名無しである:04/05/05 08:26
>>64
隔離スレはすでにあるんだけど、閑古鳥が鳴いているみたいね。

何か、粘着クンたちは、もっともらしいことを言っていたけど
結局、受け売りするネタがなくなったら、引きこもりの
ストーカーになっちゃったみたいだね。

68 :吾輩は名無しである:04/05/05 08:26
>>64
>くだらねー
>隔離スレでやれ

まさにここが
万引きグセの治らない類人猿のお話をする
「隔離スレ」ですけど、なにか?w

69 :吾輩は名無しである:04/05/05 08:28
類人猿じゃないよーーー。
綿矢りさよりよっぽど可愛いよーーー。

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

70 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:27
>>68
そのお猿さんに執着するどぶねずみの隔離スレはこちら

http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1082889068/


71 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:29
ところで、晶文社の連載って、何を見ても母子癒着に見えるランディさんの
妄想炸裂色ボケの回(http://www.shobunsha.co.jp/html/randy/09.html)と、
題名からしてマンガのパクりの月刊Diver「海のアリア」を連載打ち切りの
原因になった?の回(http://www.shobunsha.co.jp/html/randy/08.html)も
スゴかったけど、トンデモさんの王道、ユダヤ陰謀論ですか?の回もあったね。

http://www.shobunsha.co.jp/html/randy/02.html
> もしかして、その「土地から追われた人々」の怨念がものすごく強くて、
>全世界をくるみこんでいるとしたら、恐ろしいようだと思う。私たちにとっ
>て、大して必要もなかったものを、必要だと思い込ませてしまう力は、その
>「業」あるいは「呪い」なのか……と、文系の私はすぐにオカルトに走って
>しまうわけだ。

文系だからオカルト、というのもあんまりな決めつけだけど。


72 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:33
>>71
うん。俺も晶文社のあの連載は問題だと思う。自分の言葉で議論する
つもりなら、相手にしてあげてもいいが・・どうする?
まだ、コピーの貼りつけを続ける?

73 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:37
>>72
>自分の言葉で

田口ランディ先生に言えば?

>相手にしてあげてもいい

何様?

74 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:42
自分でここまで書いておいて、オカルトライターと言われるのを嫌がる理由は不明。

http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/20000121.html
> 友人の本藤さんは子供の頃からオ−ラと霊が見える人で「私は頭が変なん
>ですよ」が口癖の人だ。その彼女がいきなり「もう黙っていられません、田
>口さんのオ−ラが以前と全然違う、輝き方がまるで違う」と言い出した。
> そりゃあそうだろう。これだけ神様に会ってるんだからオ−ラも違うだろ
>うよと驚きもしなかったが、へ−この人って本当にオ−ラが見えてたんだ、
>と今さらながらに納得した。

ベスト1は、「蛇っぽや」のこれかなあ。(w
http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/19991005.html
>ところで、このお教室、蛇くさくてしょうがない。一歩部屋に入った
>ときから生臭い蛇の匂いがする。大蛇か龍がいるな、と思った。どう
>も先生の後ろに蛇がとぐろを巻いているようだ。こいつがここの神様
>か、と思った。臭い。三輪大社の神様と同じ匂いだ。さすが古代の神
>様である。

>そういや先生の顔もちょっと蛇っぽや。あたしは蛇系の神様はあまり
>得意ではない。なにより臭くてたまらん。「先生、ここは龍臭いです」
>と言ったら、先生は「あら、わかる人がいてうれしいわ」と言った。
>何がうれしいんだか。あたしは臭くて嫌だと言ったのだ。でも、せっ
>かく大蛇がいたんだから、なんか神様に質問してみればよかった。惜
>しいことをしたなと思った。

75 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:55
>>73
自分の言葉を持たないんだもんな。ここまでコピペで荒らしておいて
「何様」もないけれど、人格障害の粘着クンにとっては、コピペ命
だもんな。まともな自己表現をしたらどう?

76 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:57
粘着って、本当に責めに弱いね。
いままで、人の罵詈雑言を引用し過ぎたせいで、ついに
自分の言葉をなくしちゃったのね。カワイソ・・

77 :吾輩は名無しである:04/05/05 09:58
http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/20000121.html
>なんにせよ、私はオ−ラ美人らしい。しかし、私はやっぱりオ−ラを褒めら
>れるよりも三次元的に美人と言われた方が嬉しい。こんな狭い了見なので、
>私にはオ−ラが見えないのだろうか?

http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000074.html
> 「田口ランディの写真見たけど、ブスなただのオバさん」
> とあるインターネットのサイトで、このように私のことを評している
>男性がいた。なんだよっ。もちろん、私は美人じゃない。だが、自分で
>はけっこうかわいいと思って暮しているのだ。自己認識はめっちゃ甘い
>のだ。それなのに、この男性は、インターネット上で私の顔を「ブス」
>と言っているのである。なんて失礼なんだ。

> 私はたいへんに頭にきて抗議のメールを書いた。
> するとほどなく返事が来た。
>「申し訳ありませんでした。全文削除しました」そして、「言いわけに
>なるかもしれないけど、メールをいただいてやっと、あなたを傷つけた
>ことに気がつきました」そう、つけ足してある。

>「私はあなたを傷つけていました」と言うのは「あなたはブスと言われ
>て傷つく本当のブスだったんですよね」ということに等しい……と私の
>心は感じるのである。冗談じゃない。私はブスと言われて傷ついたので
>はなく、他人を平気でブスという言動にムカついたのだ。勝手に人を傷
>つけるんじゃねーよ。こんな私はいじけているのだろうか?

いじけまくっているし、しつこ過ぎます。(w




78 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:01
他人にブスと書かれると、猛然とメールで抗議したりしますが、
ご自分は、林真理子さんや廃虚の観音さんのことを、平気でブスと書き散らす
お茶目なランディさんです。

http://www.hotwired.co.jp/opendiary/randy/20000618.html
> それで私にこう言うのである。「あのさあ、なんで林真理子が
>売れてるかわかる?彼女はね、脱ぎっぷりが違うんだよ。脱ぎっ
>ぷりが。もう物凄くコンプレックスが強くて、ブスで、でも有名
>になりたいっていう向上心が人とケタ外れにデカイのね。だから
>あそこまで書けるわけですよ。

↑編集者のお言葉として書いてますけど、フォローのひとつも書いて
いないのは、同性として凄いと言いますか呆れると言いますか。(藁

http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000032.html
> 私は観音様を見上げた。正直なところ、その観音様はとても美人とは
>言い難かった。ブタマンのような顔である。観音様の顔をブスだと行っ
>たら罰が当たるだろうか。だけど、ケバくて品のないお顔だった。


79 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:06
しかし、コピペ厨の暴れぶりは凄いね。かつて、「汚物スレ」で
AA貼り付けられて、批判していたのは粘着クンたちじゃなかった
かな(藁
まあ、どんどん、やって馬鹿を天下に示してくれよ。
ランディも見てるかもよ。

80 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:36
>アンチランディってまるで「テロリスト撲滅」という掛け声の元に
>イラクをベトナム化しイスラエルを正当化するアメリカのようだと思う。
>思考停止状態なんじゃないか。
>そういえば大月たかひろはランディ叩きで飯食った後は
>イラク人質叩きをしまくっているね。

もっともだ。
ランディがパレスチナほど気の毒だとはひっくりかえっても思わんがな。
スレ違いの攻撃を続けるアンチは国際法違反の植民を続ける
イスラエル並にガイキチだな
あるいは、大東亜帝国軍人並みにあふぉなだけか

81 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:37
コピちゃんも後にひけないんだろうね。
誰も読んでないとは思うけどw

82 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:39
>>79
>ランディも見てるかもよ。

それだけがネンチャックの夢。
ストーカーですな。というかおうちまで行ったって検証本に
書いてあったしw

83 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:41
>>73
ランディが自分の言葉を持っていないとしたら、コピーを
貼りつけることは、ランディの「猿真似」じゃないのかな?
ランディを本当に批判したいのなら、『検証本』他にすでに
書かれたことでも構わないから、自分の言葉で批判してごらん。

84 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:41
オカルトライターとしても、昔は比較的マトモな文章を書いていたみたい。

http://web.archive.org/web/20030212170321/http://pcweb.mycom.co.jp/column/dream/dream002.html
>「でも、UFOに乗って来たのは宇宙人ですよ」
>「そうかなあ、本当は地求人が開発してるってことだって考えられるじゃない」

でも、「地求人」って何ですか? 地上げ屋ですか?

85 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:43
盗作を卑しむ心は、テロを憎む心同様に立派だと思うんだけど
なんか手段が違うんだよな。
ここまで粘着質に批判し続ける陣営に違和感を感じずにおれようか。

ところでこんなんあったよ。

http://www.asahi.com/national/update/0504/016.html


86 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:46
>>84
そういう誤字って結構見るけどな、ネットじゃ。
それはともかくあなたはランディを「汚物」と思ってらっしゃるんでしょ?
その場合は適切なスレが、既にあるんですよ。
どうかわかってください。


87 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:49
>>82
ピザ屋のふりして、家を突きとめた理由は、「プール」を
見たかったんだって。で、ビニールプールしかないって言って
威張ってた。ランディもなぜ110番をしなかったのかな?

『検証本』は、そんなに悪い本じゃないと思う。実はランディを
批判しているようで、容姿や年齢にまで及んでいるランディ批判を
やんわりとたしなめている論文もあるし、ランディのインパクでの
やっつけ仕事のレポートは読ませる。
ただ、最初の最初が卑劣な手を使ったプライバシーの暴露だからなあ。
良識ある執筆者が重版を拒否してもおかしくないよなあ。

88 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:51
プールがあるって威張ったことでもあったのか?
なんでそんなもんに過剰反応すんの?
子供がいてビニールプールがあって、幸せじゃない。

結 局 、嫉 妬 で す か ?

89 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:54
>>86
誤字も『検証本』や盗作騒動があった時にすべて出尽くして
いるんだよ。ネタ元があるものだから、そればっかりなんだよね。
ただ、ランディの誤字・脱字は、プロとして目に余るものはあるし
人名(好き嫌いはともかく)を間違えてもしばらく訂正しない
鈍感さは批判の対象になっても仕方がないと思うよ。

まあ、こう書いておかないと、コピ厨は狂ったばかりにランディの
誤字・脱字を貼りつけるからね。

90 :むしろ難しいのは、田口ランディが書いたミスなしの文章を探すこと:04/05/05 10:56
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000115.html
> 昔は、ただの異物感だけだったから、自分が傷つていることにも気がつかなかった
>ので、気持のもってき場がわかんなくて、棘にある人が怖くて、とてもしんどかった。

「傷つている」「気持のもってき場」「棘にある人」(w。

91 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:58
>>88
それが威張ったことがあったんだよ。エッセイに「自宅のプールでピンクの
シャンペンをのんだ」(このあたりはコピ厨が勢い込んで検索していると思うけど)
なんて書いたもんだから、下司連中にとっては、ランディの家にプールがあるか
どうかって重大問題だったらしい。別にどうでもいいことだけどね。

コピ厨、一応言っておいたから、大喜びで検索しなくてもいいよ(藁

92 :吾輩は名無しである:04/05/05 10:59
>>90
さすが、どぶねずみ。やることが早いねえ。

93 :2003年以降も名作を続々発表のランディ:04/05/05 11:01
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000116.html
>確か、春夏秋冬のそれぞれの意味について書いた詩たっだように思う。

「詩たっだ」。

> あの柳行李の中に入っていた詩のがどんな内容であったのか、私はわからないのに、
>わかっている。その「わからないけど、わかっている」そのなにかが、私をずっと支
>えてくれてきた。

「詩のがどんな内容」
「その『わからないけど、わかっている』そのなにか。(w

94 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:02
まあこのスレは>>1で煽っちゃってるからなあ。
まあ、キモチはよーーーーくわかる。ほんとこいつら邪魔だからなあ。
しかも蛆虫を自認しているもんだからうざいっていっても
こたえないんだよね。
大月批判はなぜかコタえるようなんだけど。

次スレは>>1でネンチャックを刺激しないようにして脊髄反射を避けてあげる
気配りが必要なのかもしらんな。
前スレの>>1程度にね。

というわけで今回はとっとと消費してもいいのかも
すでに元気に盛り上げて下さっているアンチさんがいるしww

95 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:03
>エッセイに「自宅のプールでピンクの
>シャンペンをのんだ」

本当?

96 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:04
コピペ厨、おそいぞ!はやくさがちて

97 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:05
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000117.html
>『人間の盾』という言葉にぎょっとた。なんなんだ『人間の盾』って。

なんなんだ「ぎょっとた」って。


98 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:07
蛆虫を自認しているんじゃどぶねずみにはこたえないだろうね。
むしろブルーハーツあたり連想して誇らしく思ってそうで激しくうざい。

お前の脳は認知科学的にねずみだっていいたいんだけどね(w

99 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:07
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000123.html
> アルジャンさんさんは『体育大の鈴木君』という雰囲気の青年だった。

「アルジャンさんさん」?

100 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:10
http://web.archive.org/web/20021225182429/http://www.asahi.com/column/aic/Wed/d_coin/20021225.html
>検証本の面白さについ引き込まれて、コイン2個で買ってきた「スカート
>の下の秘密の生活」「コンセント」のことをすっかり忘れていた。
>で、あわてて読んでみると、おっと、こんなくだりがあったぞ。
>1)セックスした後、男はチンポが寒くなったりするのだろうか?
>女は穴が寒い。
>これは本当にそうなのだ。
>なぜだかわからない。なんかスースーするんだよね。
>最初、穴が寒いなんて、私だけなのかなあって思ってた。
>そしたら、友人に聞いても、
>「うーん、そうね、寒いことあるわね。なんかスウスウするような感じ」
>と言うのである。
>「やっぱり、そうだよね。スウスウるよね」
>(「スカートの中の秘密の生活」104〜105ページ。最後の「スウスウ
>るよね」は原文のまま)

>2)駅に向かって歩き出すと下半身がすうすうする。空気が染みるような感
>じ。激しい性交をした後はいつもパンツを穿き忘れたような気分になる。ス
>カートの中がひどく無防備で剥き出しな感じだ。
>(「コンセント」6ページ)

>反復が多く緊張感の欠けたインターネットエッセイ調と、肩に力の入った
>書き下ろし小説調の違いはあるけど、要は「スースー」「スウスウ」「すう
>すう」ですね。
>この話は、どこからか持ってきたんでないとすると、自作を使い回し、して
>いるわけでしょうか。
>きっとお気に入りなんでしょう。

101 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:11
>>95
ピンクのシャンペンは勘違いだったかな?
ただ、自宅にプールがあるって書いたエッセイはあったよな。
こういう時には行動が遅いんだな、粘着クンは。

102 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:11
というか自宅のプールでシャンペンに反応するやつってよくわからん。
嘲笑しこそすれ事実確認に自宅まで行くっていうのはどういうわけだ?
そんなにコンプレックス刺激されるほど貧乏なのか?
戦中派か?
デパ地下で「ここには兵隊さんの霊がいるね」って言っちゃう感じか?
それとも単なるランディファンの追っかけ?

103 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:12
500くらいまでコピペしてくれたらあぼーん依頼できるかもしれませんね。

104 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:13
>ただ、自宅にプールがあるって書いたエッセイはあったよな。

ほんと??
嫉妬に狂ったアンチの早合点ではなくて?

105 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:15
http://www.shobunsha.co.jp/html/randy/04.html
> 松井教授にそう言われてはっとしたんだ。そうだよね。地球の創世記、
>地球には酸素もなくて、どろどろのマグマの海だんだ。

「海だんだ」(w。

106 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:16
コピちゃん遅い…

107 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:17
今、粘着クンは「誤字・脱字」の検索で精一杯だそうです。
おい、早くしろよ。俺の記憶力が疑われているんだからさ!

108 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:19
もう、爆風スランプとか、沖縄のCDとか、富士山ネタはいいから
早く、プールのエッセイを検索しなさい。

109 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:21
コピちゃん、そろそろお疲れ?

110 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:21
http://www.shobunsha.co.jp/html/randy/07.html
>ものすごい数の花、花、花。メヒコの人たちは本当に花が好きないんだ。

花が好きなのか好きじゃないのか、はっきりさせてください。(w


111 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:21
プール云々は多分アンチの勘違いだと思う。コピペ厨も探せないみたいだし。
あるいは一部表現に過剰反応しているっていういつものパターン?
比喩で言っただけだったとか。

アンチ田口のいうことは信用できんよ、とにかく。

112 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:25
馬鹿だね、このコピペ厨は・・
必要とされているとき、きっちりとコピーしてくる心意気はない
のかね。早く、プールのエッセイを探して来なさい。
エッセイを探してこないうちは、家に入れてあげません(藁

113 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:26
http://www.randy.jp/goreturn0401.html
> 引っ越し祝いにいただいたポニーテールという観葉植物が元気がないんです。
>それもみてみらいました。

「みらいました」ですか。相手の今泉さんは、ほんと、このレベルのちょんぽ
ってやらないんですけど、ランディさんはしょっちゅうですね♪

>リラックスっていうのにも、思い込みがあって、緊張している人にとって
>リラックスって「だよ〜ん」となることなんだよね。だけど、それは
>「弛緩」しているのであって、リラックスっていうのはもっと多義的だと
>思うのね。

“「だよ〜ん」となること”って何ですか。

114 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:26
あ、もう「しずる感」とかわかっているからね。持ってこなくていいよ。

115 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:26
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000047.html

↑このエッセイ読んで「田口ランディは娘を虐待している!」と
青くなる方々ですからね〜

116 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:28
http://www.randy.jp/goreturn0401.html
http://www.randy.jp/goreturn.html#0123
>注意して観察しているとずいぶんと幹がもろくなっていて、ボロボロと
>こそげ落ちてしまう。

落ちるのは幹じゃなくて皮のことじゃないかとか、こそげ落とすとは言うけど
こそげ落ちると言うかどうかは微妙とか、あれこれ考えさせられる文ですね。(w

117 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:32
> 私はこの世界が大好きです。愛してます。どうか私の呪いよ、すべて
消えてなくなれ。<

ここの部分は全く無視だからね、粘着は・・

イラクで人質になって酷い目にあった女性が解放されて、まもなく
「イラクの国が嫌いになれない」といったことを叩く卑しい心性に
よく似ていると思う。つまり、話の一部だけ切りとって都合良く
罵倒するところがね。それが意識的にやっていたら、怖いけど
アンチランディの場合は、ただの馬鹿。


118 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:32
この誤字リスト面白いんだけどw既出ネタのコピペは普通にやめてほしい。
汚物スレのほうで読んであげるからさあ。
こっちに寄生しないで!

というか、前のほうのレスを流したいのかも??
大月のイラク人質叩きネタとか?

119 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:36
コピペ厨も役立たずだからね。早く、プールのエッセイを探してこいよ。
駄犬以下だね、こりゃ・・

プールのエッセイがないとこのスレでは、あのエッセイは妄想になっちゃうよ。



120 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:38
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000116.html
>ふと右手を見ると、右手になにかくっついている、驚いてひっぺがすと、
>それはキドラのような形のヒトデみたいな不気味は生物が自分の右腕に
>取り憑いていて、体の中に入り込もうとしているのである。

「不気味は生物が」?
ところで、「キドラ」って、どういう生物なんでしょうか。


121 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:44
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000127.html
>音質なんてひどいもんで、ソノシートの童謡と聴くようなプレイヤーだった。

「童謡を聴くような」と書きたかった?

>だって「ニーナとピアノ」の歌もピアノもすごくへったぴな感じでたどたどしい
>んだ。

「へったぴな感じ」? 他人を汚い言葉で貶そうとするから……。

> 「春がまた来る」という歌があった。

うーん、amazonでもjbookでも「春がまた来た」になっているんだけど。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005UD3A/
http://www.jbook.co.jp/product.asp?PRODUCT=1888121
ランディの手持ちのレコードは「春がまた来る」になっているのかしら。

122 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:45
悪いのは盗作作家だとスレ違いコピペ荒らしを繰り返す安置は
悪いのはテロだとパレスチナ攻撃を繰り返すイスラエルに似ている。
こんなもんが支持されてるなんてさすが2ちゃんやなー。



123 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:45
>>122
ていうか支持されてもないみたいよ(^^;

124 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:48
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000128.html
>お腹がすくのでやむえず下りてくるのだろう。
>私のお気楽な人間認識を真っ二つにびりびりと切り裂く内蔵からの声だ。

「を」抜き、そして「内臓」が「内蔵」に化けるのは、「またか」で終わりっすね。

> ヤドカリが自分の住んでいる貝を取り換える様子など、何度見ても変である。彼ら
>は本能に従って行動しているのだろうが、私の常識とはとてつもなくズレる。どうし
>てそんなに出たり入ったりしてるのだ?これ女がブティックで買い物するときに、同
>じ服を繰り返し試着するようなもの?

「同じ服を繰り返し試着する」人はそんないないだろうから、「ようなもの?」と
聞かれても。ヤドカリは「貝を取り換える」と書いているんだから、違う貝に
「出たり入ったり」しているんだよね? なんか同じ貝に出たり入ったりしているか
のように読めてしまうけども。

>アザラシのタマちゃんは、タマちゃんという名前がつけられた時点で、
>人間の認識世界に組み込まれて徹底的に擬人化されたと思う。
>だからタマちゃんは私にとっては、タマちゃんの着ぐるみを着ているが
>実は中身は人間なのだ。

  ↑っつーのに「中に人などいない!」という突っ込みしたをした人は
   多数と思われますw


125 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:49
イラク戦争を批判するとテロリストを擁護する気か!って
いわれちゃうというあれね。
それにしても数年前の作る会騒動の当時は、
まさか大月がコバよりもダメウヨになるとは予想もしなかったなあww

126 :この頃になると発行部数が10万を切っていた、と:04/05/05 11:51
http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000133.html
> 窓から覗くと、下の道路をたくさんの人々が行き来していた。思い思いの服を来て、
>それぞれの事情で、一人だったり、二人だったり、三人だったり。ゆっくりだったり、
>早歩きだったり、自転車だったり。笑ったいたり、むすっとしていたり、俯いていた
>り。
似ているけど違う、「若気の至り」と「笑ったいたり」。
若くもないのに、こういうミスをするランディ先生ってしょうもないですね。

127 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:54
富士山は今でも平積みだけどねえ
嫉妬すんなよアンチッチ

128 :吾輩は名無しである:04/05/05 11:57
プールネタ本気で出てこないね。
当時のアンチの勢いにまかせたウソだったのかね。

129 :吾輩は名無しである:04/05/05 12:01
> 私はこの世界が大好きです。愛してます。どうか私の呪いよ、すべて
消えてなくなれ。<

なにこの気持ち悪いポエム・・。

130 :吾輩は名無しである:04/05/05 12:07
「ちぬぐすい」だったり、「ぬちぐすい」だったり。
紹介してもらった側もがっかりするのでは。有料広告だったら、金返せですな。

http://backno.mag2.com/reader/BackBody?id=200309101530000000104973000
>■沖縄のスローミュージックを集めたCD「ちぬぐすい(命の薬)」が発売されました。
> 聞いてるとほわーんとするCDです。
> 私がちょこっとだけ、解説を書いてます。
>Okinawa Slow Music
>「ぬちぐすい」
>2003年8月27日発売
>UICZ-4074 \2,500(税込み)
http://www.universal-music.co.jp/um3/nuchigusui/index.html


131 :吾輩は名無しである:04/05/05 12:17
http://www.randy.jp/goreturn0402.html
>いくつもの価値観をもっていると「いい加減や奴」みたいな。

何もわざわざ「」で区切った分を間違えなくても。

> 四十歳が見えたんだよね。てくてくと峠を越えて四十歳がやって来たって
>感じだった

「感じだった」の後の「。」が、なぜか抜けてます。

> それを見て今の延長に自分がなりたい自分がない……ってことに
>気づかざるえなかった。

得意の「を」抜きってだけだけど、「ざるえなかった」って、響きがちょっと
日本語離れしていて素敵かも。

>私が好きなのは、大正ロマンの前後、明治時代の油絵調か、昭和モダンの
>アンディウォーホールみたいな感じ。

「昭和モダンのアンディウォーホール」?

132 :吾輩は名無しである:04/05/05 13:14
>>91
自宅のプールでピンクのシャンパンというのはエッセイではなく2ちゃんの
盗作監視スレへのカキコじゃなかったっけ?
「おまえら必死で盗作だと騒いでいるけどランディは優雅に自宅でシャンパン
飲んでいる」とかなんとか監視スレの住人を嘲るカキコ。
住人は、その時は意味がわからなかったのだが。
しばらくして、ランディの友人のなんとかという作家がホームページで、
「ランディさんの自宅でシャンパンを飲んだ」と日記に書いているのが発見された。
ああ、やっぱりランディ本人(あるいはランディの身近にいる人間)がスレに降臨
していたんだな、とお祭り騒ぎになった(w。


133 :吾輩は名無しである:04/05/05 13:17
>>132
プールについて書き落とした。
「自宅でシャンパン飲んでいる」ではなくて
「自宅のプールサイドでシャンパン飲んでいる」ね。


134 :吾輩は名無しである:04/05/05 13:54
猿よ、むなしくはないか?
自分で書いたもんに自分でレスつけて。
まあ、猿だからむなしいとか高度な感情はないのか。

135 :吾輩は名無しである:04/05/05 16:48
>>134
お前、もう『汚物』スレに逝けよ。
もう、ここにレスをつけているのは猿=ランディだと思っている
人間は誰もいないんだからさ。コピペも疲れて、今度は「自作自演」かい?
相変わらず、自分の考えを開示してモノがいえない連中なんだな。

やっぱり、粘着は「人格障害」か?

136 :吾輩は名無しである:04/05/05 16:59
粘着の実態(『汚物スレ』より)

まず、アンチ粘着が粘着を批判
116 :吾輩は名無しである :04/05/04 18:42
たしかに盗作と言われれば、その通りである
それにしても粘着の文章は下品な文章だ。さぞや人品骨柄の卑しい人なのだろう

これに対して粘着がすかさず応酬
120 :吾輩は名無しである :04/05/05 00:02
>>116
粘着が下品だというなら、その粘着に粘着している藻前はもっと下品だぜ(W

ここまでのまとめ。
「粘着の中には、自分たちが粘着であるということをみとめている
やや賢い粘着もいる」


137 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:06
コピペしか出来ない粘着は
粘着のなかでも最低ランクなのですね

138 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:07
粘着の実態(『汚物スレ』より)2

さて、下品と批判されたアンチ粘着は当然疑問を投げかける
124 :吾輩は名無しである :04/05/05 08:31
>>120
なぜ、粘着を批判することが「下品」なんですか?

ところがずっとこの単純な質問にレスはなく、時間がたって
から別人物?から珍妙なレス

127 :吾輩は名無しである :04/05/05 09:42
粘着を批判するのが下品だと誰が言ったんだろ。
自分で言ってるだけに見えるけどな

ここでのまとめ
・粘着は責めに弱い(SMじゃないよ)
・粘着は数個前の発言も読み取ることができない
やや賢い粘着がいる一方、限りなく馬鹿な粘着もいるということ


139 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:09
コピペ厨は汚物スレでよく「前スレからのサルベージ」とかいって
同じネタ何度も貼り付けてる奴と一緒かな?

140 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:14
粘着の実態(『汚物スレ』より)3
当然、数個前の発言なので、アンチ粘着は、粘着をたしなめる
と同時に粘着の答えを予想するレスも登場
129 :吾輩は名無しである :04/05/05 10:02
>>127
さて、わずか前の発言さえ見落としている粘着クンはどんな発言をする
のかな?

・やっぱり、例によって都合の悪いことは無視
・この発言は、「粘着を批判するのを下品といってるわけではない、やっぱり
ランディを庇う奴は猿だな」と逆ギレ
・この発言は、ランディの「自作自演」と妄想

さてどれでしょう?

粘着は例によってしばらく沈黙して、また珍妙な理屈で反論
133 :吾輩は名無しである :04/05/05 10:51
要するに>>120の書き込みをした人が、「もし〜ならば」
「仮に〜だとすると」のような猿にもわかる書き方(?)をしなかったから、
田口ランディ先生の小説に出てくるエリート(医者とか)のような嫌らしい
口調のバカにからまれているのだな。

ここでのまとめ
・ランディの日本語がいい加減だと逝っている以上に粘着の中には
日本語が読めず、また解釈もできない。




141 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:18
粘着の実態(『汚物スレ』より)4
珍妙な理論にアンチランディから、再反論
135 :吾輩は名無しである :04/05/05 11:07
>>133
あのさ、御本人じゃない限り、この文章が「もし〜ならば」なのか「仮に
〜だとすると」なのかわからないじゃない。あんたは、「仮に〜だとすると」
にしたいみたいだけど、この文章を読む限り「もし〜ならば」にどうしても
読めてしまうんじゃない?
それは、別に猿でもわかる書き方云々の問題じゃなくて、>>120が猿にも
わからない文章を書いている馬鹿っていうことが問題なんじゃないのかな?

やはり、これに対してもどういう反応があるか予想するレスが入る
137 :吾輩は名無しである :04/05/05 11:14
>>133
反応の予想
・無視
・だれが読んでも>>116の文章には「仮に〜だとすると」で結ばれる。
そういう読解力がないのは猿の証拠
・ランディ、暇なんだね、ご苦労さん
・連休なのにこんなこと書いていて空しくない?

その後、粘着からの反論はしばらく途絶える。

ここまでのまとめ
・同一人物説、自作自演説をよく立てる粘着も人数は限られているのでは
ないか。あるいは、このスレを荒らすのにいそがしく、本スレに人が
割けなかったのでは?

142 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:27
粘着の実態(『汚物スレ』より)5(完結篇)
「粘着に粘着する」というのは、「粘着を批判する」という意味では
ないとやはり、珍妙な理論が展開された後、じゃ、あなたはどう思う
という発言で、しばし粘着は沈黙。

そして・・
143 :吾輩は名無しである :04/05/05 13:01
途方もなく頭の悪いキチガイが約1匹いるな


144 :吾輩は名無しである :04/05/05 13:56
いますねえ。約1匹。どうやっても自作自演がバレちゃうってのが
わからない頭の悪い基地害。

まとめ
粘着って、まともに他者と話し合いとかしたことがあるのかな?
あと、なぜ「自作自演」にあくまでもこだわるのかなあ、どうしてかなあ?

143 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:34
粘着には、ここまで時間を費やして、ランディに反応されないというのが
一種の恐怖に近いものなのだろうか?
だったら、可哀想な存在ともいえるかもしれない。

ランディを叩いていた連中の多くは、笛吹き大月の笛とともに日本人
人質に流れていった。この場合も「自作自演」が大月側のキーワードに
なっているのは、偶然ではないだろう。
大月に着いてもいけず、いまだランディに粘着し続けることは、ある意味
では、人質問題に流れていった連中よりも良心的かもしれない。なにせ
元人質たちは、完全な民間人でありながら、うすぎたない連中にプライバシー
を暴かれている。

だから、ランディに粘着する者たちよ。ある意味では、君らはまだそういう
連中よりはましといえるかもしれない。ただ、都合が悪くなっても、引きこもらず
自分自身の言葉でランディを語ろう。そうすれば、このスレも有意義なもの
になっていくと思うよ。

144 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:47
>>136,>>138,>>140,>>141,>>142
無い知恵絞って必死に書いたのかもしれんが、全く意味不明。
どれが引用で、どれがオマエのレスなのか全くわからない。
せめて引用箇所の頭には">"をつけるとか工夫すれば?
まあ、そういう気配りができるだけの知能すらないのかもしれんが。

145 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:55
>>144
意味不明って他者から閉じているところが、粘着の典型。
しかし、粘着って、形式に拘るんだなあ・・

146 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:57
>>144
ない知恵を絞るだけいいじゃん。
あんたの仲間のコピペ厨は、それこそ「猿」みたいに
ひたすら、コピペをしていたが、それはどう思う?

って答えられないよな(藁

147 :吾輩は名無しである:04/05/05 18:35
>>145
「他者から閉じている」のは誰にも理解できない妄想を
垂れ流す>>136-142でしょ。
つまらない分析してる暇があったら>>136-142
わかりやすいように書き直してよ。
こんな意味不明じゃ、煽ることすらできないじゃないかw

148 :吾輩は名無しである:04/05/05 18:41
>>147
粘着仲間の能がないコピペはどう思うの?相変わらず都合の悪い
質問には答えないね、粘着クン。
それに>>136−142の発言は、『汚物スレ』でやったならともかく
このスレでは、煽りにあたらないと思うよ。
「煽り」の定義をもう一度勉強しておいで。

149 :吾輩は名無しである:04/05/05 18:45
>>147
あと「妄想」の定義もお勉強するんですよ(藁

150 :吾輩は名無しである:04/05/05 19:03
>>148
>粘着仲間の能がないコピペはどう思うの?

興味がない。っていうか、そんな質問が何故「都合が悪い」と思うのか全くわからない。
後半部分も意味がわからない。でもいいよ。説明してくれなくても。
もうキミみたいなキチガイの事なんてどうでもいいから。
キチガイ煽れば暇つぶしになると思ったのが間違いだったよ(反省

151 :吾輩は名無しである:04/05/05 19:46
>>150
だからさ、俺も>>136−142については、その通りだと思うわけよ。
あれじゃ、何が書きたいかわかりにくいものね。ただ、わかりにくい
っていう範疇であって、意味不明とまでは行かないと思うんだ。
だけど、このスレの大半を占めているコピペに関しては、本当に
意味がわからない。
それから、後半の意味をわかりやすく説明してやるな。

>>136からのスレは俺が書いたんじゃないからわからないが、内容的には
アンチ粘着だと思うわけだよ。だから、あの発言を『汚物』スレでやった
んだったら、立派な煽りになるわけだが、アンチ粘着のこのスレでやった
としても煽りにはならないと思うんだがな・・

まあ、人を基地街扱いして、捨て台詞を吐いている150は、「煽り」の
定義だけはわかっているみたいね(藁

152 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:02
>>151
「煽る」っていうのは粘着基地街が、こんなややこしい発言では、頭が
悪いから、「煽る」こともできないって意味だとおもうんだが・・

まあ、粘着が煽るっていっても、「基地街」だとか「自作自演」だとか
「猿降臨」だとか、そんな程度だと思うんだけどね。あとコピペか(w

153 :151:04/05/05 20:06
>>152
あ、そうかそういう意味か・・・スマン

154 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:25
>>152
「粘着」という言葉無しじゃ何も言えないバカがよく言うよ…
自分が書たレスをよく読んでみな。
キチガイだから「キチガイ」と言われるんだよ。
「キチガイを煽る者は全員がランディ粘着」っていう発想が
まさにキチガイそのものじゃないか。
おまえほどキモけりゃ、通りすがりの無関係のヤツだってバカにするだろ。

155 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:33
>>154
>「キチガイを煽る者は全員がランディ粘着」っていう発想が
まさにキチガイそのものじゃないか。

はい、世の中の誰にも入れられない可哀想な「人格障害」が吼えて
います(藁


156 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:34
>>154
>おまえほどキモけりゃ、通りすがりの無関係のヤツだってバカにするだろ。

うん、そういう経験が君にはあるんだね。辛かったね。
こんなスレでいいんだったら、何でも吐き出していいからね。
明日はちゃんと仕事に行こうね(w

157 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:43
>>132

ば っ か じ ゃ な い の?1から10までひとりよがり。
ランディがスレに書き込んでる証拠が こ れ ?
「プールサイドでシャンパン」とかって普通に慣用句じゃん。ここのアンチ
みたいな貧乏ライターを煽るための。
というか何、2chのスレに「プールサイドでシャンパン」という匿名の
書き込みがあって、それをランディだとして、自宅をストーキングして
ビニールプールじゃんって安心したってわけ?
ていうか
ラ ン デ ィ が 自 宅 に プ ー ル が あ る と
言 っ た と い う の は 捏 造 決 定 じ ゃ ん

ばかですか?>ねんちゃっく

158 :吾輩は名無しである:04/05/05 21:44
まさか、言うに事欠いて

>「プールサイドでシャンパン」とかって普通に慣用句じゃん。

という書き込みが来るとは思わなかった。いやぁ、すごいすごい。

色々な意味で予想外だったなあ。
いや、アンチランディ叩きはそこそこにして(やめるとも思わなかったけど)、
本スレでちらっと指摘された不自然な箇所を訂正してくるんだろうとばかり
思っていたのに。
アンチをムカつかせるための宣伝スレとして機能させることを忘れているのが、
いとをかし。(w

159 :吾輩は名無しである:04/05/05 21:58
>アンチをムカつかせるための宣伝スレとして機能させることを忘れているのが、
>いとをかし。(w

全然意味がわからないけど、わからなくていいのよね?
君の目的は話の腰を折ることだものね。

話を元に戻そうか、

ラ ン デ ィ が 自 宅 に プ ー ル が あ る と
言 っ た と い う の は 捏 造 決 定 じ ゃ ん

160 :吾輩は名無しである:04/05/05 21:59
>>158
あの〜
色々な意味で予想外だったなあの後の意味がよくわからないので
教えてくれませんか?いろいろ、補足して。

161 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:03
自作自演疑惑 (w については、ランディ先生が盗作報道後に
バリ旅行に言った途端に、前日まで荒れ狂っていた荒らしがピタリと
いなくなった(いやもう関連スレ全部から)ことから、
ええっ、本当にランディ本人が荒らしていたんだ!という感動の
書き込みが多数寄せられてしまったというのが一番笑えたのですが。

後笑えたのは、通りすがりの人が、「作家本人が書き込んでいるわけだろ」と
書き込んで来て、「そりゃ本人じゃだと断定はできないが、本人じゃないとも
断言できないでしょ」と返されていたということも。
その人は荒らしの日本語があんまり変なので「作家本人のわけない」と思った
そうなんだけど、http://oliinkai.hypermart.net/randay-d.shtml を教えて
もらったら、ああ、これじゃあランディ本人ということもありうるかも――
と納得してくれたけど。

162 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:05
>しばらくして、ランディの友人のなんとかという作家がホームページで、
>「ランディさんの自宅でシャンパンを飲んだ」と日記に書いているのが発見された。

>プールについて書き落とした。
>「自宅でシャンパン飲んでいる」ではなくて
>「自宅のプールサイドでシャンパン飲んでいる」ね。

これも捏造?それとも本当?
本当だとしたらその作家はビーチプールを誇張して
「自宅のプールサイドでシャンパン」みたいな話にしたの?

思うんだけど、アンチちゃんの考えすぎじゃない?
何が何でもランディがいらぬ見栄をはっているかのような
印象を生み出したいがために、あるいはオツムがちょっとアレなために
いつものごとく激しく誤読&曲解したんじゃないのお〜?(www

163 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:08
ピンクシャンパンのネタについては、
http://oliinkai.hypermart.net/randay-e.shtml
にまとまっているけど。

164 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:11
>>161
で、何?
2chの「通りすがりの人」が「納得してくれた」から、ランディ本人が
自作自演で書き込んでいる説の信憑性が増すとでも?
「通りすがりの人」というのがアンチの自演とはいわないにしてもw

165 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:16
>>163
>>163
要約すると>>132なんでしょ?

ヴ ァ カ す ぎ w。

つーかそれで事実確認のため自宅に押しかけるとはファン過ぎ。

166 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:20
>>158
この書き込み、平静を装っているがあからさまに乱心してないか。
大丈夫か。意味がわからんぞ。

167 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:29
>>166
きっと妄想の上の人物と対話してるんだよ
放っておいた方がいいかも…

168 :158:04/05/05 22:36
意味不明なら意味不明でもいいですわ。
宣伝スレとしても機能するような、お勧め本の紹介書き込みでも
増えているかなと予想していただけですから。(w

169 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:39
>>161
>「そりゃ本人じゃだと断定はできないが、

あなたの日本語もかなり変なんですが

170 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:41
>>168
おまえきもい

171 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:48
アンチはどうしてこう馬鹿ぶりを自ら晒してくれるのかw

172 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:55
>>168ってあれだよ、

http://www.melma.com/mag/26/m00001926/a00000047.html

↑このコラム読んで「ランディはダブルバインドで娘を虐待している」説を
標榜していた人だよ。間違いない。
何を読んでも文意が取れず、都合のいいように?曲解してしまう人
なんじゃないかな。
自前の表現はというと>>158のごとく意味不明になる。
だから発言といえばついコピペに頼ってしまう、かわいそうな方ですよ。

173 :吾輩は名無しである:04/05/05 22:57
「本スレ2」になってるけど「1」はどこかにあるんですか?

174 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:04
>もう、ここにレスをつけているのは猿=ランディだと思っている
>人間は誰もいないんだからさ。

いや、ここにも一人。(w
いくら何でもムキになって否定するのはいいけど必死過ぎってのと、
口調がどんどん「いつもの」人(猿?)のそれに一本化されてきている
ってだけで、そう思っていたり。

175 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:09
>>173
dat落ちしたんじゃないかな
今は読めないけどしばらくすると
過去ログ倉庫で読めるようになるよ
それか2ちゃんねるに金を払うとすぐに読めるけど

http://2ch.tora3.net/about.html

176 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:11
>>1
>ランディの作品について、冷静な議論を望みます。

このスレの結論。「ランディの作品について、冷静な議論」は望むべくもない、
ということでFA?

作品について語れるやつが文学板にはいないようだから、
書籍板にでもスレ立て直したらどうよ >>1



177 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:15
>>172
そうも見えませんが。

178 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:24
>>175さん、レスありがとうございます。

179 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:34
>>176
このままじゃそういわれても仕方がないところはあるよね。
はっきりいってアンチが余計なコピペとかしなければ(してもいいが
別にそれ用のスレがある)、2chとはいえ文学板だし
「田口ランディの文ってどこが文学よ?」とか「村上龍の誉め方って
どうなのよ?書評の才能なし?」とかいろいろ有意義というか猥雑に
語れて面白かったと思うんだ。だから>>176がのいうことも一理あるよ。

なんだが、うわさの>>174氏が、スレにランディが書き込んでいるんじゃないか
といういつもの白昼夢を見始めるのは、どうも話をそらしたいときみたいだね。

というわけで、

ラ ン デ ィ が 自 宅 に プ ー ル が あ る と
言 っ た と い う の は 捏 造 決 定 じ ゃ ん

180 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:37
そうそう、自分に都合悪くなったときのみ
喪前ランディだろ?とかスレうざいとか言い始めるんだよな。
まあ止めませんから、汚物スレに帰ってちょうだい。

181 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:44
>>179
ランディといい超能力山岸といい
龍のほめる人ってどういう基準よ?とかね(笑)
いまだったら金谷ひとみもかな。
放っておいたっていまどき田口ランディのスレがそんなに
盛り上がるわけもなく、ほかの過疎スレ同様、たまのレスも
好きだ面白かったいや最悪だ消えろと賛否両論になるに決まってるのに。
神経質に出張ってコピペ荒らしする必要なんか全くないよ、
ランディ読者を生暖かく観察する、くらいの余裕をもとう、
アンチ田口は。

182 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:52
>>181
この泥沼状態の中で正論吐いてもプッカリ浮きまくり

183 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:53
>>181
まあそんな余裕があったらいつまでも汚物スレなんかやってない罠

184 :吾輩は名無しである:04/05/05 23:57
>>179
ここまでくると、このスレがプールの話ばっかりなのは、
作品について語れる人がいないからじゃなくて、プールの
話がおもしろいからなのかもしれない……と思えてきます。

185 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:01
そろそろ夏だもんなあ。暑い日、太陽の下で飛び散る水しぶきが恋しい・・・

186 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:01
>>184
そういうあなたは>>168氏と同一人物とは申しませんが
作品についての語りをこのタイミングで切望していらっしゃるように
お見受けします。
まあ確かにそれが>>1氏の本意でもあるでせう。
双方の意見がプール話はアンチの捏造説をきっかけにはからずも一致しましたな。

てなわけで作品。

187 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:07
このスレに引用されてたメルマのコラムよいですね。
呪いの話。ランディの文ってなんか、日常生活していてふとしたきっかけに
思い出すというよりは、割と次の日どっぷりそのことばかり考えたり
させられるんです。ちょっと、電波系なのかな、やっぱり(笑)
インターネットでデビューした作家ということですし。

188 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:09
>プールの
>話がおもしろいからなのかもしれない

確かに面白いですね

189 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:16
>>186
「それを曲解と言うのじゃないか世間では」
とは冷静な頭のなかの声です。

190 :186:04/05/06 00:29
>>189
おっと。かもしれません。ごめんなさいです。
せっかくアンチの方も「お勧め本の紹介書き込み」を待ってくださっているの
ですから、細々と語っていきましょう。おそろしく過疎スレ化するという
気もしますが、「宣伝スレ」でもないわけなのでいいですよね。

191 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:32
ランディスレじゃなくて粘着ヲチスレじゃないか
これじゃまるで
でもこれが面白いw

192 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:43
村上龍との対談おもしろかったよ。
「龍さんは今まで異物を取り込むという作業を小説でしてきたんだと思う」
みたいな(大分表現は違うと思いますが現物なし、すみません)ことを
田口が言ってて、龍が「そう言われると嬉しいです」と言っていたけど、龍は
なかなか感じ入ってたんじゃないかなあと思いました。

193 :大月隆寛ってこんな奴だったのか…:04/05/06 00:51
 しりあがり寿の最近出た本に『瀕死のエッセイスト』(角川書店)ってのが
あるんですが、そいつの解説が、ななななんと! あの万引きババアなんですねえ。

 たまたま先日、NHKBS−2『BSマンガ夜話』の収録で、あたしゃ、
しりあがり氏と一緒になる機会があったので、あんたなんでまたあんなキチガイに
自著の解説書かせたのよ、と尋ねたところ、え、あ、あ、あれですか、あ、あれは
そのう……と、なぜか口ごもりやんの。なんかうしろめたいところがあるんじゃ
ないのかとさらに問い詰めたところ、じ、実はあれはインパクつながりで……と
白状しやがった。そうかあ、糸井のインパクがらみで紹介されたってかあ、
このバカタレがぁ、ってわけで、スタジオで一発蹴り入れちゃいました(笑) 

 あんた大体あれがどれだけヤバいやつか知ってんの? と聞いたら、
え、あのシトそんなにまずいんですか? と、彼はまるでハトが豆鉄砲状態。
会ったことがあるんかいと尋ねたら、一度会いましたけど、てな返事。
会ってあれがキチガイだ、ってわからなかったんかい、とたたみかけたら、
うううう、なんか元気いいシトとは思いましたが、ゴニョゴニョゴニョ……だと
(苦笑)う〜ん、わからないってのはある種シアワセなんだろうけど、こういうのが
連鎖してゆくとそりゃあオトロシいよなあ。次はきっとコビコビモードですり寄って
きて、そのうちどこぞの日記か糞エッセイ(もうそんなに場所もないけど)に、
しりあがり寿サンがぁ〜、と百年来の親友のごとき扱いでご登場になる、に、
あたしゃ5000ユガワラ。
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020406080619

194 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:51
>>190さん、まじめないい人みたいですね。

195 :吾輩は名無しである:04/05/06 00:53
なんだかんだあってもコンセントが好き。
公衆トイレで浮浪者の外国人だったっけかとセックスしてる時
空にはブラックホールのような赤い渦巻きが轟々鳴ってるというエピソード
が好き。共感した。スゲーかもこの人と思った。
でも読み返すときは一息にしか読み返さない。開いたページをなんとなく読む
という楽しさはない、文体の雑さが目につくから。勢いで読みます(w

196 :大月隆寛ってこんな奴だったのか…:04/05/06 00:55
一度会っただけで相手をキチガイと見抜けなんて
どっちがキチガイだか分からないこと言ってますね。
可哀相なのは理不尽なことで怒られるしりあがり寿

197 :吾輩は名無しである:04/05/06 02:01
ランディさんは一時期、しりあがり寿さんと組んで魂についての本を出すとか
おっしゃっていましたが、ボツになったようなので、彼も大月さんに叱られなくて
済みそうです。

198 :吾輩は名無しである:04/05/06 02:39
>>195
>空にはブラックホールのような赤い渦巻きが轟々鳴ってるというエピソード

ブラックホールのような赤い渦巻きって。それじゃレッドホールじゃねえか(w
田口ランディってこんなこと書いてるの?


199 :吾輩は名無しである:04/05/06 08:55
綿矢りさよりよっぽど可愛いよーーー。
年齢は3倍ちかいけどさーー。

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

200 :吾輩は名無しである:04/05/06 09:01
>>181
>いまどき田口ランディのスレがそんなに盛り上がるわけもなく、

2ちゃんのスレどころか、ファンサイトの掲示板の過疎ぶりがすごいと
驚かれたりしていましたが。(w

なのに他スレの荒らしが嫌がらせで立てたこのスレ方に、ランディの本が
好きなファンが集まってくるという、不自然な展開ですね。

201 :吾輩は名無しである:04/05/06 09:04
>スゲーかもこの人と思った。

たしかにランディはすごいね。
代表作の「3部作」のうちの3つが盗作ばれて全国報道されて絶版だし、
兄貴と同僚のプロ作家をいびり殺してるんですから。

すごいよすごいよ〜、お〜こわ。

202 :吾輩は名無しである:04/05/06 09:12
>>195
>公衆トイレで浮浪者の外国人だったっけかとセックスしてる時

ランディさん自身、10万円で援助交際したことを自慢していたことがありましたよね。
相手の男の名前をパソ通の掲示板で連呼していたのには苦笑したけど。

203 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:19
お、荒れなくなってきたねー。
荒れはじめたらプールの話をすればいいんだね。

それにしてもパソ通時代からランディのファンの方の書き込みまであるなんで
結構盛り上がりそうだね。この刷れ。

204 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:21
>兄貴と同僚のプロ作家をいびり殺してるんですから。

本当だとしたらこわい。本当?それとも言いがかり?

205 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:25
>他スレの荒らしが嫌がらせで立てたこのスレ方に、ランディの本が
>好きなファンが集まってくるという、不自然な展開ですね。

その「他スレ」の方がご苦労にも集結しているわけでは
ないですよねw
冒頭のコピペはまさしく「荒らし」に見えますが、プールの
おもしろい話題以来おとなしくなりましたね。

縁切り神社が好き。一気に読みました。

206 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:29
>>204
ランディが兄貴のことでウソをついてなきゃ、兄貴をイビリ殺したのは本当の話。

プロ作家をイビリ殺した件は、その作家と親しかったのがサイバッチ大月氏で、
ランディがニフでイビリ殺しをやったのに憤慨してサイバッチで盗作追及を
やったんだよ。

207 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:33
アンテナが好き。一気に盗みました。
そして一気に絶版にされました。

208 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:33
>同僚のプロ作家をいびり殺してる

ほんと?だったら訴えればいいんじゃないかな。協力したいですね。
過労で死んだサラリーマンやイジメを苦に自殺した生徒の家族は
訴えるよね。でも立証しにくいのかしらね。因果関係はあるんですよね。
プロ作家がプロ作家に「いびり殺」されるなんて、あるんですね。
その同僚の方のご家族はやはりランディが原因であることを
ご存知でいらしゃるのでしょうか。
ところで死因は?自殺ですか?

209 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:35
>ランディが兄貴のことでウソをついてなきゃ、兄貴をイビリ殺したのは本当の話。

おお、関係者以外には知りようのない事実。

210 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:35
アンテナ絶版なの?どおりで本屋で見ないと思った。

211 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:38
>ランディがニフでイビリ殺しをやった

ああ、そういうことになっているんですか・・・
アンチランディスレが粘着と言われるほどにしつこい
一因がわかるような気がしますね。
それにしても、我が子がイビリ殺されたと世間に信じられているご家族って
なんかお気の毒。いい年の大人なんでしょ?まあ、いじめにトシは関係ないかな。

212 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:43
引きこもりとかメンヘルをネタにする人は叩かれるよ。
神経過敏な人から命を賭けた嫌がらせを受けるんだよ。
それくらいは乗り越えなきゃね。どうも最近へたっているようで
心配だぞ。まあ私生活が充実していればいいのかもしれないけれどね。
ランディがんばれよ。

213 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:45
>>208
殺された被害者はたしか塚原さんという人で、ランディがプロデビューする
以前から、文庫などでエロ小説を量産していたプロ作家だったそうです。
ニフの文芸関係の会議室を仕切っていたのがランディで、そこで女王様かぜを
吹かせて、教祖様みたいに参加者たちを従属させようとワガママしほうだい
だったのを、塚原さんが苦々しく思って意見したところ、ランディの指図で
集団いじめ状態になって、それで塚原さんは精神的に追いつめられたそうです。
たしか大月さんがサイバッチで、その辺の経過の概略を書いていたと思う。

214 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:49
>>198は小説を読む権利なし

215 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:50
>>212
おいおい、嫌がらせで人を死に至らしめたのはランディだろ。
それを「がんばれよ」というのは、アンタ、人殺しの応援団かよ?

大月氏が語ったランディの塚原いびりの顛末↓
http://sv3.inacs.jp/bn/?2002030011350116031199.cybazzi

216 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:54
>214
「小説を読む権利」って、あなたはケンリオバケですか。(苦笑
あなたの言い分でいけば、こうなりますね。
「常習万引きには小説を書く権利なし。」
権利うんぬん以前に、ランディは小説を書く才能なし、資格なしですけどね。



217 :吾輩は名無しである:04/05/06 11:58
>>173
ここで読めない?

http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1081266653/l50

218 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:00
>>216
小説を読む能力もなく、ずっとスレに張り付いてる引きこもり単純バカ

219 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:06
田口ランディがあちこちから追及を受けるのは、
周囲の何人かを心理的に追いつめて死なせただけでは
すまないからだ。
盗作だって、それで版元や編集者にどれだけの迷惑を
かけたか、この人はまったく自覚がない。
それどころか盗作の責任を担当編集者に転嫁して
逃げたからね。
あれはこの狭い業界ではかなり話題になったよ。

220 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:08
この狭い業界

プッ

221 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:08
「ケンリオバケ」デター
イラク人質叩きの大月はじめネットウヨの常套句
本性あらわるだね

222 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:10
>>219の交際の及ぶ業界はかなり狭そうと感じる業界人がここにひとり

223 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:11
>>218
>小説を読む能力もなく、ずっとスレに張り付いてる引きこもり単純バカ

頭を使わない1行レスの“自己紹介”ごくろーさん。w
見当識がないようだから、松沢病院にでも入院したほうがいいぞ。

224 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:15
>ニフの文芸関係の会議室を仕切っていたのがランディで、そこで女王様かぜを
>吹かせて、教祖様みたいに参加者たちを従属させようとワガママしほうだい
>だったのを、塚原さんが苦々しく思って意見したところ、ランディの指図で
>集団いじめ状態になって、それで塚原さんは精神的に追いつめられたそうです。

うーんニフのことってよくわからないんだけど、集団いじめって
まさかとは思うが掲示板(会議室っていうの?)内の書き込みで?
それとも好きで出かけたオフ会で?
その会議室ってランディが開いていたものじゃないの?
不満なら自分で会議室を開くとか回線切って現実界で気の合う文芸仲間を
作るとかできなかったのかな。

どうも、死ぬほど幼稚な話のような気がしてならん。大月がこんな話に
のっかってんのは、やっぱりオヤジだからネットの出現に距離感
狂わされて珍走しちゃったとしか思えん。もともと都市伝説の
研究をしていた人だし、ネットのうわさに過剰反応しちゃったんだろう。

225 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:16
なんか発作的に反応してるけど、
いったい何が気にさわったヤラ?(藁

それにしても盗作専門家の交際範囲ってのは
おどろくほど狭いんだね〜。湯河原の小汚い生息状況を
けっこうな数の人が笑いながら話してますよ。
しらぬは本人ばかりなり〜っと。




226 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:18
>>225

なんか発作的に反応してるけど、
いったい何が気にさわったヤラ?(藁

さあ交際範囲が狭いのは検証本ライターかランディかどちらだと思いますか、
みなさんwww


227 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:19
>>226
御本人のようなくさーい猿カキコキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━ッ!!

228 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:20
>>213
ご家族の方が死因をご存知なんですか?
こうして2chあたりで息子の死因を集団イジメだとか言われた日にゃ
一番気の毒なのはご家族だと思いますけれど、大月さん側はそのへん
ちゃんとご家族とお話していらっしゃるのかしら。

229 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:22
>>226って、こんな形相で書き込んでそうで、こっこわい!
         ↓
●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

230 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:22
>>227
おちついて。

>>198
ところでレッドホールって何?スレ違いで悪いけど。
コンセントのその部分は読んだけど、ブラックホールとは
書いていなかったような。

231 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:24
アンチよかったね、ランディとお話してもらっているんだね。
夢だったんだもんねランディとお話するのが。
うん、脳内じゃないよ、きっと本当にランディ本人だよ、そうだよ。

232 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:26
塚原さんがらみでいえば、マタギを紹介した人に
一言注意を受けたら、ランディが物凄い顔で怒って
「あんなの営業妨害よ! 徹底的に復讐してやる!」みたいなことを
言って、って話がWebのどこかのサイトに残っていたと思うんだけど、
どこだったかは忘れた。まさに基地害に刃物状態。やだねー。

233 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:31
>マタギを紹介した人に
>一言注意を受けたら

意味がわからないしソースもない、と。
死んだ人をいいように使ってよくやるわ。ほんとかわいそう。
塚原さんのご家族とか、このスレみたら悲しいだろうな。みないだろうけど。

234 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:32
>>232
もう少しよく考えてから書いたら?

235 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:32
>>228
イジメによる自殺は、リストラ職場などでも少なくないので、
「息子の死因を集団イジメだとか言われた日にゃ
一番気の毒なのはご家族だと思います」ということにはならないでしょ。
そういう言い方は、死んだ人とその家族に失礼だと思いますよ。
自殺の原因というのは、仕事仲間のような人でないと理解できないと
思いますよ。家族でも理解できないことが多いから。
Tさんの場合は、死に至る危機的な状況のなかで、たまたま友だちの介護が
あり、その友だちが自分の体験として、Tさんとの状況を世に発表できたわけで、
イビリやイジメで追いつめられて死んでいく子供や大人でこういう機会を
得ることができた人はあまりいないと思います。
Tさんの死についても、ランディが死んだ後で「Tは死んだけどじつは
あたしが好きだったんだ」などという挑発的な発言を書き散らさなければ、
どういう経緯でTさんが死んだかは、それほど明瞭な輪郭が出てこなかった
かもしれません。そういう意味では「語るにおちる」というか、まさに加害者の
舌禍、天に唾吐く行為だったわけでしょう。しかしけろりと加害状況について
歴史の改竄を企てることができる精神というのは、サイコパスと呼ぶべきか、
あるいは犯罪性とか加害者としての自覚が微塵もないことの証しなのかもしれません。

236 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:33
誰か名前欄にランディと入れてランディそっくり文体でアンチをからかってくり。
俺はランディの本は読んだことないから無理だw

237 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:37
この人たちのほうがランディよりもよほど死者に失礼という気がするね。
>ランディの指図で
>集団いじめ状態になって、それで塚原さんは精神的に追いつめられた
っていうけど、仮にこれが本当だとしてもネット内での話でしょ?
ほんとうにそれが原因で自殺したの????
それほどに弱い人だったと他人が決め付けているだけだとしたら、
死者への冒涜だと思う。確かに、死者の家族はかわいそうだ。

238 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:37
>>233
>死んだ人をいいように使ってよくやるわ。ほんとかわいそう。

これはランディがやってきたことだろ。
塚原氏だけでなく、そのまえに死に追い込んだニフ関係(?)の知人や、
お兄さんや、お母さんについても、死人にくちなしをいいことに、
さんざん死者の人格を貶めるようなことを書いてきたくせに。
お兄さんを死に追い込んでおきながら、それを商売に『コンセント』の
宣伝やったくせに。 そういうことばかりしてると祟られるぞ。

239 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:39
>>237
>それほどに弱い人だったと他人が決め付けているだけだとしたら、
死者への冒涜だと思う。

ランディが兄貴のことをそう描いていたね。死者の冒涜かもね。
しかも身内の死者の冒涜だ。

240 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:40
>>236
お前ランディだな、との脳内認定を受けるには
そっくり文体の必要さえないかもw。

241 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:47
>イジメによる自殺は、リストラ職場などでも少なくないので、

>自殺の原因というのは、仕事仲間のような人でないと理解できないと
>思いますよ。家族でも理解できないことが多いから。

一見正しいのだが。
でも、Tさんの場合は、いじめがあったにせよネット内でしょ?
職場やクラスの人間関係と同等に考えること自体についていけない。
金銭が発生しているわけでもないし、
大体職場やクラスならばいじめから逃れるのが難しいわけだけど、
この人にとっては簡単でしょ?

回線切るか、つないでもランディの会議室には行かないか。

パソ通もネットも、接続は「自己責任」じゃないでしょうか。

でも、アンチが粘着する原因はなんとなくわかりました。
亡くなった方のご冥福をお祈りします。

242 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:49
大月はイラク人質事件で自己責任論の名の元に人質叩きまくっているけど
かんじんな部分で自己責任というものを理解していないと思う。
いかにも、いかにも日本人的な共同幻想の持ち主。

243 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:51
>>239
身内の死者への冒涜だったら他人の死者への冒涜よりはいいんじゃないか、普通に


244 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:52
大月はどこまで本気なのか分からんところがある。
本気なんだとしたらドキュソ。

245 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:53
>でも、Tさんの場合は、いじめがあったにせよネット内でしょ?
>職場やクラスの人間関係と同等に考えること自体についていけない。

同感。

246 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:55
>>238
なんでランディがお兄さんを死に追いやった、ってわかるの?
引きこもりさんの気持ちがわかるから、コンセントを読んで
そう思われたわけですか?
それともご本人たちを知っていらしたの?

247 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:57
アンチはネットの中だけで生きてる人なんでしょ。職場の人間関係を経験したことないよ。


248 :吾輩は名無しである:04/05/06 12:58
それもつらいなあ

249 :吾輩は名無しである:04/05/06 13:00
経験したことないなら辛いも辛くないもないだろう。
それが当たり前の世界だと信じてるわけだから。

250 :吾輩は名無しである:04/05/06 13:01
そういえば、

>>201
>同僚のプロ作家

↑この表現もへんだよねw。文学板的にいうと「文壇」みたいな
共同体を信じているタイプなのかな。
文壇ったってニフティ内だけどww

251 :吾輩は名無しである:04/05/06 13:05
ニフの人間関係をいまだに引きずってるのかね?

252 :吾輩は名無しである:04/05/06 13:07
らしいね

253 :吾輩は名無しである:04/05/06 13:14
まさに
>ネットの中だけで生きてる人
だな

254 :吾輩は名無しである:04/05/06 14:36
[16]
船井幸雄のオカルトパワーは、劣等感に裏付けられたパワーだった&「やられたら徹底的にやり返すのよ!」
メイキング オブ 「マタギの里を旅する」

「船井幸雄ってコンプレックスから生まれるパワーを感じるって最初に俺に書いてよこしたでしょ。」
「だって、そう感じたんだもん。」
「でさあ、俺も田口さんに会った時におんなじ事を感じたんだよ。コンプレックスに裏付けられたパワーって奴を。思わず笑っちゃったよね。他人の姿ってのは自分の投影でしかないんだなってあらためて思ったよ。」
 《中略》
「ああ、そう。ネットで名指しで人を非難するのやめなよ。Tさんって人可愛そうじゃない。」
「あんた、分かったような事言うんじゃないよ!一体、私がどれだけ酷いこと言われたか分かんないでしょ。あんなの営業妨害よ。私は平和主義者でも何でもないの。やられたら徹底的にやり返すのよ!」



255 :吾輩は名無しである:04/05/06 14:38
おらよ。ソースソースとうるせー馬鹿がいるから
示してやったぞ。なんならインターネットアーカイブも
使うか?

256 :吾輩は名無しである:04/05/06 15:17
少なくとも俺は仕事の片手間に遊んでやってるだけなんで、ソースと言われても何のことか分からない。
過去ログ読むつもりもないし。
その何とかっていうのも使わなくていいから、早くまた笑えること言ってくれよ。

257 :吾輩は名無しである:04/05/06 15:37
ゴミのような1行レスで自分がバカだという証拠を垂れ流す事が「遊び」か…
ホントは無職の乞食なんでしょ?

258 :吾輩は名無しである:04/05/06 16:03
だから過去ログ読んでないから、何のことか分かんないって言ってんだろ。
早く笑えること言えよ。

259 :吾輩は名無しである:04/05/06 16:10
綿矢りさよりよっぽど可愛いよーーー。

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

260 :吾輩は名無しである:04/05/06 16:13
>>259

たしかに笑えるな。
人工生命M1号か、できそこないのピグモンみたいで。w

261 :吾輩は名無しである:04/05/06 16:16
>>260
田口ランディより年上なんでしょう?

262 :吾輩は名無しである:04/05/06 18:47
アンチがここまでランディに粘着するのは本当に塚本さんの仇討ちのため?
ネット上でランディとその取り巻きに苛められたから精神的に追い詰められて
半分自殺みたいな形で死んでしまったと大月みたく信じてる?
なんだか呆れるね。上でも出てたけど塚本さんを馬鹿にしてるよ大月は。

263 :262:04/05/06 18:57
もちろん本当に塚本さんって人はネット上の苛めを苦に自殺したかもしれないけどさ
そんなの誰にも分からないでしょ。
それをどうして大月が断定できるんだろ
しかも直接そのフォーラムに参加していたわけでもなく
人づてにしか事情を聞いていない人間が。

264 :262:04/05/06 19:00
塚本さんじゃなくて塚原さんでした。大変失礼しました。

265 :吾輩は名無しである:04/05/06 22:53
『検証本』で薄汚い手を使って、ランディの家を突き止めた
「星野陽平」っていうライターもどきは今何をやっているのかな?
自分には目線を入れて、卑怯な奴だなと思う。こやつのその後の
動向を知っている人はいる?
なにせ、狭い業界でしょ(藁

266 :吾輩は名無しである:04/05/06 22:56
ここの粘着の教祖が大月だということがわかっただけでも
このスレが立った甲斐があったと思う。
何でもかんでもソースは、「大月さん」だからね(藁

しかし、なんで大月にくっついて、日本人人質いじめに
走らなかったのかな?その辺の善良さは評価できるような
気がするな。まだ、ランディの方が「公人」の度合いは
強いし、粘着には、ランディに対する愛情が感じられるものな。

267 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:17
こんなにランディの本読んでるのはこの粘着アンチだけだよね

268 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:22
>>267
いや、粘着には負けると思うよ。

269 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:23
>>232さんの言っているのは、これのことですね。
やられたら徹底的にやり返すのよっ、の田口先生。

http://web.archive.org/web/20010212145031/http://www.interq.or.jp/japan/eco-vil/kita-no-tabibitotachi.htm
>「船井幸雄ってコンプレックスから生まれるパワーを感じるって最初に俺に
>書いてよこしたでしょ。」
>「だって、そう感じたんだもん。」
>「でさあ、俺も田口さんに会った時におんなじ事を感じたんだよ。コンプレ
>ックスに裏付けられたパワーって奴を。思わず笑っちゃったよね。他人の姿
>ってのは自分の投影でしかないんだなってあらためて思ったよ。」
> 《中略》
>「ああ、そう。ネットで名指しで人を非難するのやめなよ。Tさんって人可愛
>そうじゃない。」
>「あんた、分かったような事言うんじゃないよ!一体、私がどれだけ酷いこ
>と言われたか分かんないでしょ。あんなの営業妨害よ。私は平和主義者でも
>何でもないの。やられたら徹底的にやり返すのよ!」


270 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:24
ところで、星野陽平は、大月の覚え目出度く、
イラクの日本人元人質の周辺を嗅ぎまわっているのかな?

271 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:26
ちなみに、>>269の引用元には、こんなことも書かれています。
若いつもりなのは本人だけ、というオチでしょうか。

http://web.archive.org/web/20010212145031/http://www.interq.or.jp/japan/eco-vil/kita-no-tabibitotachi.htm
>「ほんと、田口さんって子供のようだね。」

>「よく言われるの。本当に私って年齢不詳らしいよ。子供を連れてると子供
>が子供を連れてるって見えるみたい。」

>「でも、肌は荒れてるな。」


272 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:30
それにしても、ここでムキになって大月先生を叩く人の気持ちがわかりません。
サイバッチを見る限り、ランディ先生は検証本にサインしてくださったりして
いるではありませんか。
実はお二人は仲良しなのかもしれませんよ?

http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20030622195601
>あの田口=盗作&万引き検証本の……
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3EF5588473A92
>ここのところにサインもろたよ(笑)
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3EF5589BBA763
>こんな感じでつ……
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3EF558B158CDF
>サインをしてくれる田口センセ
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3EF5558673AA9

273 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:39
>>262-264
もしかしたら、http://oliinkai.hypermart.net/randay-d.shtml#tsuka
ご覧になっていて、ついつられて、ランディ先生と同じく「塚本さん」と
書いてしまいました? 違っていたら、ごめんなさい。

>塚本さん
>出典は、「ケリがいいもんな」(http://oliinkai.hypermart.net/randay-d.shtml#keri)と同じ業界人日記 /
>1999年 12月05日(http://hwj-test.hotwired.co.jp/opendiary/randy/19991205.html)

>昔のスレでは「わざと?」という説もあったが、数々の人名間違い発覚後は、
>単なる間違えという説が濃厚になりました。

>  で、なんでも塚本さんというライターが中心になって「なんでお前らは
>  田口ランディの文章にそんなにコロっとハマるのだ、あんなののどこが
>  いいのだ」という論争になったそうである。

>なお、この塚本さんならぬ塚原さんは、ここ(http://web.archive.org/web/20010212145031/http://www.interq.or.jp/japan/eco-vil/kita-no-tabibitotachi.htm)
>「あんなの営業妨害よ。私は平和主義者でも何でもないの。やられたら徹底的に
>やり返すのよ!」と標的にされた「T さん」でもあり、筑摩の日記では、彼は私の
>文章が好きだったのかも――と亡くなった後もランディに冒涜されてしまっています。

274 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:47
http://hwj-test.hotwired.co.jp/opendiary/randy/19991205.html には
このようなことも書かれています。
http://oliinkai.hypermart.net/randay-f.shtml
http://book.2ch.net/books/kako/1019/10190/1019094905.html
http://oliinkai.hypermart.net/1029236005.html
などと、あわせて読むと面白いですね♪)

>で、過去の私の文章を引用してきて、それを細切れに分断しながらいちいち
>分析し「田口の文章は、文章ではなく、その文章の構造に読み手がフィード
>バックしたくなる仕掛けがあるのだ」と言い、それを「ランディマジック」
>と呼んだそうだ。

>そして、わざわざ、私の文体と文章の構造分析にのっとって、私に真似た
>文章を書き、「ほら、誰でもこうやって書けば田口ランディの文章になる
>のだ」と証明して見せたそうなんである。

275 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:58
また、コピペ厨の降臨か・・やれやれだな

276 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:59
山形先生の分析もありましたわね。

http://oliinkai.hypermart.net/randay-f.shtml#hiroo
> これに対して田口の口走る神秘は、神秘ではありません。まず、もとと
>なる現象を事実としてきちんと理解できていない。そのうえ、その現象そ
>のものに対して実は何も神秘を感じていないため、無理矢理ことばを弄し
>て、ちょっとした言葉尻の一致をもとに、なにか神秘っぽいもの(魂とか
>曼陀羅とか霊とかガイアとか)に無理矢理話をこじつけて持っていき、そ
>っちのほうで神秘ぶってみせた上で、実はあまり関係のない両者をくっつ
>けたまったくの思いつきに自己陶酔してみせる。それが田口式のお手軽神
>秘でございます。


277 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:01
なあ、コピ厨の粘着よ。これは、俺(私)が発見した
オリジナルだぞって凄いブツを貼り付けてよ。
といってもブラクラはごめんだぞ。

いつまでも、人まねばかりしてると、ランディと同じように
「猿」って言われるぞ(藁

278 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:02
どうせこの話題も出るでしょうから……。
鬱の人を罵倒して自殺に追い込んだというコラム。(罵倒したことについては、
単行本ではこっそり削除)。

http://web.archive.org/web/20021219102425/http://pcweb.mycom.co.jp/column/dream/dream026.html
>ドリーミングの時代を読む 【第26回】キモチイイコト
>〈略〉
>死ぬ前に、彼は私に言った。
>「おまえには、おれの苦しみはわからないよ」

>私はその時、なぜだか猛烈に腹がたった。彼に対して自分は精一杯理解者に
>なるつもりだった。そのために自分を押さえて無理をしていた。理屈っぽい
>話につきあってやった。いっしょにいるだけでこっちまで暗くなるような、
>そういう彼といっしょに過ごしてきた。

>その無理が重なってストレスになっていることに自分では気がつかなかった。
>つもりつもった彼への鬱憤「こんなにしてやってるのに」という気持ち。そ
>れにいきなり火がついてしまった。自分を押さえられなかった。

>「わからないに決まってるじゃない、あたりまえじゃない、甘ったれたこと
>言わないでよ、誰も他人の痛みなんかわかるわけないじゃない、みんなそれ
>ぞれに苦しいのよ、いっしょうけんめい生きてるのよ、あんただけじゃない
>わよ、ふざけないでよ、自分だけ苦しいような顔をしなでよ、えらそうなこ
>と言う前に、働きなさいよ、理屈ばっかこねてないで、自分から世界に出て
>いってみなさいよ」

>彼は反論しなかった。
>ただ、黙って死んでいったのだ。


279 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:04
>>278
もう100回は越えてるよ。
そうだ!かつて、粘着クンの誰かが言ってた『検証本』が
ヨーロッパの大学でテキストとして使われたってビックニュース
のソースをキボンヌ

280 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:05
>>272のこれって、精神的ブラクラになっちゃうのかな……。

>サインをしてくれる田口センセ
http://great.mailux.com/file_view.php?id=UP3EF5558673AA9


281 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:05
>>272
あ、ほんとうだ! すごく嬉しそうにたぐちせんせいは
おおつきせんせいの監修したごほんにサインしてるよ!
とってもうれしかそうだね、たぐちせんせえ。
こんなに注目してもらえて! これもおおつきせんせえのおかげだね!
「やあねえ、おおつきタン、これって、ほめごろし?」
なんていいながら、きっとサインしてたんだよ。
そのしょうこに、らんでぃせんせえの鼻のあたまがテカテカひかってるよ!

282 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:10
とにかく、このスレで大人気の大月先生ですし、
せっかくだから、原文にあたるためのリンクは、あった方がいいと思います。

【サイバッチ!】インデプス リニューアル新創刊号 [02/19/02]18:45
(やったぜ! 稀代の盗癖持ちの万引きババア田口ランディ、ついに公式に「パクリ」を認める!)
http://www.emaga.com/bn/?2002020062601366015355.cybazzi
【サイバッチ!】インデプス 持ってけドロボウのリニューアル後0002号
http://www.emaga.com/bn/?2002020070713141030243.cybazzi
【サイバッチ!】インデプス 緊急特別寄稿だゴルァ! の003号 [03/01/02]
http://www.emaga.com/bn/?2002030000078031031928.cybazzi
【サイバッチ!】インデプス 田口が[殺した]塚原尚人、の004号[03/05/02]
http://www.emaga.com/bn/?2002030011350116031199.cybazzi
【サイバッチ!】インデプス 「シャケ」さんに会った、の005号 [03/24/02]
http://www.emaga.com/bn/?2002030062171770025020.cybazzi
【サイバッチ!】インデプス 田口二発目の万引き発覚!! の007号[02/04/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020403200603
【サイバッチ!】インデプス 田口恐喝!背景とキーボードリテラシーの魔力 008号[08/04/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020406080619
【サイバッチ!】インデプス 恥ずかしい未発掘資料の棚卸し特集・1 011号 [05/01/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020501004032
【サイバッチ!】インデプス 恥ずかしい未発掘資料の棚卸し特集・2 012号 [05/02/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020502154052


283 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:12
(>>282続き)。

【サイバッチ!】インデプス 田口ランディ「売春」告白&吉本ばななの悪口まで014号[05/18/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020518143251
【サイバッチ!】インデプス 田口ランディから内容証明もらいますた(笑)017号 [09/28/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020928091847
【サイバッチ!】インデプス(盗作猿追及の件で)副島隆彦センセに叱られますた(泣)018号 [09/30/ 02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20020930173815
【サイバッチ!】インデプス 田口「盗作=万引き」検証本情報 続報です 019号 [10/16/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20021016020756
【サイバッチ!】インデプス 配本確定!田口「盗作=万引き」検証本目次公開です020号 [10/21/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20021021200058
【サイバッチ!】インデプス 速報!在庫払底 お早めに〜田口「盗作=万引き」検証本 021号 [10/24/ 02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20021024150552
【サイバッチ!】インデプス 速報!田口@万引き猿が同志社大学でご講演だと! 022号 [11/11/02]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20021111123258
【サイバッチ!】インデプス 速報!「万引き猿」田口が性懲りもなくまたまぐまぐで 025号 [02/20/03]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20030220190723
【サイバッチ!】インデプス 速報!田口ランディ、ついに出版社に前借り…… 026号 [03/13/03]
http://www.mailux.com/mm_bno_dsp.php?mm_id=MM3CA6B2367053B&bno=20030313183746


284 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:19
コピペ貼るのは何も言い返せなくなった時w

285 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:25
これで確定。田口ランディは大月隆寛に追っかけられて
喜んでいた。よかったね、日の出るところに出られて>田口ら

286 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:32
山形せんせいや大月せんせいをマンセーしている人がいるようですが
ランディ叩きしていたんだねこの人たち。ところでランディ叩きしている人って
イラク人質叩きするんだろう。非常に興味深い。



287 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:34
>>284
んだね。なんか、大月批判が出てきたら、またコピペだよ。
コピペ以外に自己表現する手立てがないんなね。可哀想な粘着。

288 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:34
>>266
>粘着には、ランディに対する愛情が感じられるものな。

言ってはいけないことを言ってしまいましたねw
実は私もそう思っていました。

289 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:36
コピペ嵐しかいなくなってきたねこのスレのネンチャックw
おとなしく自スレに帰ってくれたのかな。
確かに誰かもいっているように、まだ良識は残っている人たちなのかもね、
一部以外はw

290 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:36
>>286
いや、ここに残ってる粘着はそこまで悪逆非道ではないでしょう。
可愛い人たちだと思いますよ。だって、ランディをこんなにも
愛しているんだから(マジで)

291 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:39
>>281
ちょっと文章を工夫してみたんですね。
コピペよりは、少し進化したようです。
もう、一息ですね。あなたたちが愛するお猿さんにまで
進化を遂げるのは・・

292 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:46
ところで大月っていまだにランディ叩きをやってるの?

293 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:49
ランディ、この愛に応えて、粘着アンチを小説化してくれないかな。
「自殺した塚原さん(?)はあたしのこと好きだったんだ!」路線で。
(この物言いは挑発的だけど正直当たっていたのだと個人的に思う。
アンチや大月がああまで反発するという事実からそう思うw)
そしてアンチが憤慨しまくって2chが荒れまくってこそ
引きこもりで餓死した兄を小説化した田口ランディだ。
彼女はネガティブな心性に寄り添っているほうがいいものが書けるのだw

sage。

294 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:50
>>290
確かに。まぁ筋が通ったキチガイというか。
時勢に乗って叩くだけ叩いて去っていった奴らよりは骨があると思う。




でもいいかげんうざいから文学板から出て行ってね♪ >汚物スレ住人

295 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:51
冗談抜きで、ここまでやったら尊敬してやってもいい>>293
頭ひとつ飛びぬけた畸形として(精神的な、ね)。

296 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:53
>>294
ランディに読んでもらっていると信じているんだものね。
最近、粘着クンたちが可愛いとすら思えてきた。
まあ、しばらく夢をみさせてあげても俺はいいと思うよ。


297 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:56
>>281
大月がランディと仲良くしていたら、粘着クンたちは「裏切られた」って
思わないのかな?あれだけ、ランディを叩いていた大月がだよ。
そんな現実を突きつけられても、君たちは大月を信じて着いていくのかな
いや、もう置いていかれているか(w

298 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:59
サイバッチ貼ってるよ。それってアンチ活動になっていないね。
あらゆる意味でランディを助ける行為だよね。
サイバッチがイタイタなのは、さすがの2chでも常識っす。
イラク人質叩きのほか、ほとんどのネタが2chの引き写しってとこで
グルメフロンティア事件を踏襲しまくり。普通に脳なし。

299 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:59
>>296
そうだね。実は俺もアンチ観察が面白くなってきたw
次はどんな電波飛ばしてくれるんだろうって
正直言うとランディよりアンチランディの方が興味あるわw

300 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:03
本屋のサブカルチャーコーナーに西村博之監修(だったと思う)の
「2典」2があった。
「お」の欄に「オオツキ」があったw。
「ネタに騙される人のことを総じてオオツキと呼ぶ」らしい。
すげーワラタ。

301 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:03
>>298
そうだよねえ。あんなの貼ったらランディ叩きやってる奴は
ちょっと頭ゆるい奴だっていってるようなもんだからねえ。
ひょっとしてランディファンが自演で貼り付けてるんじゃないかって思うぐらい。
端から見てるとそれぐらい大月とかの文章って馬鹿っぽい。

302 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:05
>>300
まじで?
笑えるwww そういう位置づけなんだ大月って

303 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:16
>>254って何?対談かなんかですか?

このなかのランディの「やられたら徹底的にやり帰すのよ!」ってくだりは
>>254を読む限りでも、話者のサービス精神の現れというか、おおオモロイこと
いってくれるじゃんおばちゃん、やれやれー、ってだけの話じゃないのか。
まともに不愉快になるモラリストも中にはいるのだろうが。
にしてもこういうのが原因でTさんなるライターが自殺したって、
ちょっとそれは死者にヒツレイのような気がして読んでいて不愉快。
いくら2chとはいえ死者を冒涜するような決め付けは慎んでほしい。

304 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:19
2chで仕入れたネタを鵜呑みにして原稿書いたら
ほんとにネタだったってやつだろ。
ここじゃそういう位置づけだから、大月に心から
期待してるやつなんていないさ。



305 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:21
>>303

いや、大月がネタにしたから(田口ランディ検証本内で)、
アンチは例によって思考停止状態でそれに追従しているだけに見えます。
検証本のスキャンダラスな側面を煽るため、つまりはメシのタネに
大月が死んだ友人を侮辱したようなもん、に見える。
本人のつもりはともかくとしてね。まあ悪気はなかったんだろうけどね・・
(このネタってなんか鬱になるのであまり誰のことも悪く言いたくない。
と言いつつ言ってるけどw)

306 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:26
2ちゃんねるガイドにランディが乗っていた時期も
あったなー。かなり……な扱いだったよ。
遠い昔のお話でしたとさ。

307 :吾輩は名無しである:04/05/07 12:58
綿矢りさよりよっぽど可愛いよーーー。

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

308 :吾輩は名無しである:04/05/07 14:12
ランディが最近毎日新聞に載っていたときの顔が
激しく……すごかったという話を聞いたんで、
(もうね、又聞きだけど、本気で凄かったらしいんですわ)
だれかスキャンしてどっかのサイトにうpしてくれんかなー。
めちゃくちゃ下品な面構えだったっつー噂ですが。
毎日新聞、取ってないからわからん。

309 :173:04/05/07 14:14
>>217
読めました。ありがとうございます。

310 :吾輩は名無しである:04/05/07 14:54
>>307
何度同じリンクを貼っているのですか?
あなたの行っていることは荒らし行為ですよ。

311 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:38
>>310
本当にこのコピペ厨は、綿谷よりランディの方が好きなんだろ。
ランディは脳内で、自分の発言を読んでくれるんじゃないかという
妄想をかきたてることができるもんな(藁

312 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:40
>>308
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1082889068/ でも話題になっていた
毎日の記事ですか。文章はウェブで読めるけど、写真はアップされていません。
「姿も〈略〉ふくよか」と書いてあるくらいですから、けっこうスゴかったんじゃ
ないかと思いますが。(w

>63 :吾輩は名無しである :04/04/30 08:15
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/gakugei/dokusho/news/20040425ddm015070129000c.html
>>昨夏以来、着物を着ることが増えた。その姿も本書も、ふくよかで鮮やか。

>「着物を着ることが増えた。その姿も〈略〉ふくよか」って、
>ある意味容赦ないですねえ。
>歳もくっているし、もう現役を降りているだろうから、ふくよかと
>書いちゃってもいいよね、って感じ?

313 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:46
>>1
>コピペはなるべくやめてじぶんの言葉で語ってください。

が既出ネタのコピペしか脳のないアンチを刺激したんだろうね。


314 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:54
田口ランディって着物にはまってるんだよね。
着物エッセイとか書くのかな。着物、はやっているよね。
週末とか普通に街中で見る。

315 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:57
かすりのやつとかね。洗える着物ね。
でも着物を書くのはもう少し枯れてる人のがいいかも。
ランディにはコンセントみたいにイタイ世界を書いてほしいよ。

316 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:06
着物姿もなあ……。
着崩れしているわ、髪型はだらしないわじゃあ、
堤灯記事を書く人だって、あまり褒めようがないわな。

317 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:12
92 :吾輩は名無しである :04/03/19 12:12
先日の日本テレビ「きょうの出来事」の特集が「若い女性の着物ブームにせまる」。

いま若い女性(←これがポイント)の間でなぜ着物がブームかというと、
二束三文の値段で大正時代や昭和初期の中古着物が大量に流通し始めて
いるから、というのが真相だとのこと。某呉服商がブックオフに入ったときに
「この商法を着物でやれば大当たりするぞ!」とひらめいて、ジジババの
タンスのコヤシになっていた着物をまったくの二束三文で買い取って
それに若干のマージンをつけて大量に売りさばいているのが実態。
つまり、盗作猿がいまごろになって猿踊りしている「昭和モダンの着物」
というのは、まともに呉服を揃える経済力とは無縁の、ゴスロリには
なれないけどチョット変身したい平凡少女たちが、貧乏故に群がっている
という、じつは浅ましい現象なのであった。w
つまり食文化における(10年前の不況突入期に大ブームになった「モツ鍋」
フィーバーと本質的には変わらない、チョット情けない現象だというわけです。)

ランディ、おまい40代も半ばなんだから、貧乏な女学生みたいに昭和モダンの
中古布まとって喜んでんじゃねえよ。w

318 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:37
>>317
そんな普通の分析をありがたがるお前が普通にすごい。驚いた。
田舎もんか、街出てないかどっちかだろ。

誰に言われるまでもなくいまはやりのかすりの着物って
ラフォーレとかに売ってるんだよ。
お金がなくてもおしゃれしたい子が楽しんで着たりできる値段にしてる。
二束三文であろうがそれも込みで価値なのよ。
ファッソンってそんなもの。

319 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:39
>>317
なんとか「ランディ」(脳内)を貶めたい涙ぐましい努力でつね
といいつつ、このスレの人たちは結構釣れるからw

>街出てないか

シッ!

320 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:42
>>317
あのもしもし、大月さん、ファッションを語らないでください(w

321 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:45
>>317
というかまたコピペだね。
ほんとーに、自分の言葉がないんだね。
他人のレスに同感を示すしか出来ないだったら、えらそうなコメント
つけんなって。寒いから。

322 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:56
ホームページを見る限りはランディの着物結構イケてると俺は思うんだけど
釣りじゃないよw

323 :吾輩は名無しである:04/05/08 02:05
>>318
今着物着てる若い子ってそのへんわかってるよねー。
日テレ分析は間違ってるわけじゃないけどテレビだから
マス向けにストーリー仕立てで語ってるわけじゃん。
それをへんなとこだけ真に受けちゃって、貧乏を楽しんでいる人に
「貧乏!」とおたけぶ>>317あわれ。
ちうか洗脳されやすいタイプなんだろうね。

…と釣られてみました。アンチおもしろいんだもんw
つうかモツ鍋フィーバーって何?^^;

324 :吾輩は名無しである:04/05/08 02:12
まとめるとアンチはちったあ外でろ
あるいはランディ以外の本も読め、ってとこだな
バルトの「モードの体系」あたりをお勧めしておく

325 :吾輩は名無しである:04/05/08 08:13
>>324
アンチって、「アンチランディ」?「アンチ粘着」?

326 :吾輩は名無しである:04/05/08 09:18
なんか猿の安物着物の話題で
ゲキコーしてる野生くさい香具師がいますね〜。
ゴリラに着物きせてもゴリラだっての。w

327 :吾輩は名無しである:04/05/08 09:52
煽り返すにしても>>326のように的外れだから絶対に論争にならない。
…というところが面白い(w
でも、一度くらいは話を逸らさないで反論してみたら?
取り敢えず
>まとめるとアンチはちったあ外でろ
>あるいはランディ以外の本も読め
これに対して何か言ってみてよ。

328 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:32
若い子が、値段の安い服を買って精一杯お洒落するのは、
可愛気があっていいんだけどね。
たとえ安物だろうと、若さでカバーできるというのはあるし。
齢45歳になって、そういう若い子向けの着物に手を出しまくる
ランディさんは醜悪でしかないけど。標準よりかなーり太めの
老けた色黒オバさんが着ても格好いいよ♪なんていうので売られて
いるものでは、もともとないんだから。
それをランディオバさんは、わかっていないのが哀れ。

329 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:45
ラフォーレ (w で売っているような、若い子向けの安い服を
たまに買うことがあります――だったら、まだいいんだけど。
そういうのばっかりを、箪笥を埋め尽くすまで買いまくるというのは恐い。
うさぎの買い物依存症を、とことん情けなくスケールダウンさせた感じ?
真似が好きなランディさんだから、次は場末のホストクラブにハマるのかな。

330 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:50
>>328-329
こいつらにまともに議論なんかする気はないよ。
あるのは、ランディに対する憎悪と愛情がいりまじった複雑な
感情があるだけ。
場末のホストクラブ?はあ?何言ってるの、粘着どぶねずみ

331 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:56
>>329
>うさぎの買い物依存症を、とことん情けなくスケールダウンさせた感じ?
真似が好きなランディさんだから、次は場末のホストクラブにハマるのかな。

なぜ、粘着は関係ない方向へ話を誘導しようとするのかな?
もしかしたら、ランディの次に好きなのが中村うさぎなの?
なぜ、この流れで「買い物依存症」や「場末のホストクラブ」が
出てくるのか?電波でも飛んできたか?粘着よ。

332 :吾輩は名無しである:04/05/08 12:00
場末のホストクラブなんか行かなくても、10万円でエンコーさせる
化け物ババアだから、デブ専とかサル専とかのグロテスク趣味の
香具師を相手に売春するくらいは考えるんじゃないの?
それで味を占めた婆さんなんだからさ。
若き日の夢をもーいちど、とか言ってさ。(…嘔吐

333 :吾輩は名無しである:04/05/08 15:56
綿矢りさよりよっぽど可愛いよーーー。

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

334 :吾輩は名無しである:04/05/08 16:02
>>332
なぜか、嘔吐するくらい嫌悪感をランディに持っているのに関心は持ちつづけて
いるんだな。このあたりが、粘着を考えるには重要な手がかりになるのでは
ないかと思う。
>>333
潜在的に本気でそう考えているんじゃないのかな(藁

335 :吾輩は名無しである:04/05/08 16:03
都合の悪くなった粘着

コピペ
罵倒
電波な飛躍
脳内での「自作自演」


336 :吾輩は名無しである:04/05/08 16:57
誰も売春の話なんかしてないのに
自分から話題を持ち出して勝手な想像膨らまして
気持ち悪がってる変態がいますね。
ランディのセックスライフによほど関心があるようで。

337 :吾輩は名無しである:04/05/08 17:02
粘着はランディをオナネタにしたことがあるに 300ネンチャック

338 :吾輩は名無しである:04/05/08 17:12
506 名前:無名草子さん[] 投稿日:04/05/08 12:07
文学板の自称「本スレ」で、安物の中古着物を買い漁っている万引きランディの
醜態を嗤ったら、たちまち激昂した反応があったよ。
猿もその辺の恥ずかしさを気にしているのかもね。w


一般書籍板で泣きべそかきながらこんなこと書いてる奴がいましたw

339 :吾輩は名無しである:04/05/08 21:56
188 名前:吾輩は名無しである [] 投稿日:04/05/08 18:49
ここ数日どうして擁護は一生懸命なのかな…
猿にヨワミでも握られている?


189 名前:吾輩は名無しである[] 投稿日:04/05/08 19:07
擁護というか口調が誰かに似てるような


汚物スレからも良質の電波が採集できました。

340 :吾輩は名無しである:04/05/08 23:30
売春ネタって、あれのことか。
私は10万円払ってもらいましたとか、
嘘をつくにも程があると評判になったやつ。(w

341 :吾輩は名無しである:04/05/08 23:52
>>340
ズリネタだから、よーく覚えているんだね。ランディ命の粘着クン

342 :吾輩は名無しである:04/05/08 23:55
このスレでも『汚物スレ』でも、どーも粘着クンは、ランディの女性
にかかわる部分に触れたがってるね。場末のホストクラブの後は、
売春で、デブ専、サル専と来たか・・そんなに愛されているランディは
幸せ者だね。

343 :吾輩は名無しである:04/05/09 00:19
>>342
売春についてはランディ自身がニフ時代に告白してたんじゃなかったっけ?
盗作がばれた当時、この板でも話題になっていた。

プロ作家になってからエッセイで書いているのかどうかは知らない。教えてファンの人。


344 :吾輩は名無しである:04/05/09 00:53
>>342
本当に>>341みたいな気持ち悪い奴はどうしようもないですよね。

345 :吾輩は名無しである:04/05/09 01:49
田口の盗作問題を語ろうぜ。

346 :吾輩は名無しである:04/05/09 01:57
ファンのみなさんは、盗作についてどう思うわけ?

347 :吾輩は名無しである:04/05/09 02:07
猿、とにかくさ、着物着るなら、林真理子クラスの
贅沢ができるようになってから着ろ。……無理だろうけどさ。
中古の着物、どう頑張って反論しても、
金がないのがひしひしと伝わってくるだけで、痛いんだよ。
絹を取り寄せて染めさせて〜みたいな話を語れるようになってから
着物着ろ。頼むから。年が年なんだからさ。もうね、貧乏臭くてみてらんない。

348 :吾輩は名無しである:04/05/09 02:25
絹は正絹って書くべきだったな。まあそれはさておき、
聞いてくれよ、猿。毎日の写真な、見てないんだがさ、
たまたま目にした友達が電話してきて言うわけよ。
「なんていったらいいか解んないほど下品。下品にも
いろいろ種類はあると思うけど、なんて言えばいいかわからない」と
ワーワー騒ぐからさ、しょうがなく想像力を働かせて言ったのよ。
猿のこれまでの風貌だと、こんな感じに見えたんじゃないかと
思って。「それはアレかな。戦時中、お百姓のおばさんがさ、
買出しに来た都会の奥さんから芋と交換で取り上げた着物を
似合いもしないのに着ているような感じかな?」と言ったら、
「表現力あるわー」と感動されたぞ。ンなことで感動されたくないって。
こっちまで情けなくなるんだって。わかんねーかなー。

349 :吾輩は名無しである:04/05/09 07:45
ランディに読んでもらえると思って必死にラブレター書いてる人がいますね。
あなたの想い、ランディに届くといいですね。

350 :吾輩は名無しである:04/05/09 08:28
>>349
(1)ランディはかつて「インターネットの女王」を売り文句にしていた。
(2)インパク編集長を2期務めている。
(3)エッセイで「2ちゃんねる」についてふれている。
(4)ランディは2ちゃんでスレ立てした過去があるらしい

(4)は監視スレ住人の推測だが、(1)〜(3)だけでもランディは2ちゃんねるを
読んでいるとみなしてよいのでは?

読んでるんじゃないっすか、このスレも。
書いてるかもしれませんぜ、このスレにも。


351 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:07
綿矢りさよりよっぽど可愛いよーーー。ゲロゲローー♪

●2001年6月、カンボジアにネタあさりに行っていた時のランディさん。
(オカルト業界でちょっと有名な「和尚」というタレントさんと一緒に撮影。)
http://www.peace2001.org/mine/cam_report/200106cam_pics/osyo_n_randy.jpg
★2002年の「コンセント」上映会でマイクパフォーマンスをする赤だるまランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_01.jpg
左より田口ランディさん、中原俊監督、佐々木史朗プロデューサー
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg
★佐々木史朗プロデューサーに「アンテナも映画化しろよな」と吠えていたランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_02.jpg

352 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:11
>>350
それ、粘着に対する皮肉だったら、ナイスだね。

353 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:18
いちばんの粘着は>>351の写真に出ているダルマ女でしょ。
これなんか、ストーカー気質が顔ばかりか全身から噴き出しているよ。
   ↓
★不敵な笑いで映画関係者にガンをつける盗作赤だるまのランディさん
http://forum.nifty.com/fjmovie/jpeg/topics/2002/concent/0302_taguchi.jpg


354 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:19
>>345
俺は、ランディファンじゃなくて、アンチどぶねずみ粘着なんだけど
「盗作」は悪いと思うよ。ただ、「盗作」された藤森嬢にも隙はあった
んじゃない?「盗作」された本か何かにランディのあとがきだか解説
だかを載せるというのもあまりに中途半端だし、彼女ははっきりと
裁判で損害賠償を求めるべきだったと思う。だからといって、自宅や
当時、子どもが通っている保育園というプライバシーを暴かれるべき
ではないと思うし、容姿や年齢に対する誹謗中傷もひどいんじゃないかな?
おそらく、そのことを批判した論者は、粘着たちの「バイブル」=『検証本』
にもいたんじゃないか?

355 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:33
「盗作」被害にあったのは藤森さんだけじゃないでしょ。
ランディの盗作被害者はけっこうな人数になるよ。
それを藤森さんだけ言挙げするのは、どういう魂胆なのかな?
あと、>>345の書き方では藤森さんがランディの自宅暴いたみたいな
ミスリーディングな記述なので、気を付けたまえ。
それから、子供の詳細(名前やら健康状態なら言動やらいろいろと)ばかりで
なく、自宅のプールの件まで、ランディが自分で言いふらしたことでしょ。
検証本の製作者が自宅訪問したら、その「プール」がビニールプールだった
ことがばれちゃった・・・という顛末だったけどね。自分や家族の情報を
垂れ流していたのはランディ本人だよ。

356 :355:04/05/09 09:38
>>354で記入ミスあり。
下記のように訂正します。(345でなく354への批判ですよ)

【誤】あと、>>345の書き方では藤森さんがランディの自宅暴いたみたいな
ミスリーディングな記述なので、気を付けたまえ。

【正】あと、>>354の書き方では藤森さんがランディの自宅暴いたみたいな
ミスリーディングな記述なので、気を付けたまえ。

357 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:40
>>355
ミスリーディングのつもりじゃないよ。ただ、舌足らずだったね。
別にこのスレでミスリーディングしたって、読んでいる人間が
限定されているんだから、ムキにならなくてもいいんじゃない?

「プール」に関しては、このスレでは、粘着、アンチ粘着ともに
「2chでのランディらしい書きこみ」という実にあやしいソース
であることが共通見解なんだけど、ランディがはっきりとエッセイか
なにかでプールのことを書いていたら、悪いが貼りつけてくれたまえ。

子どもの病気をエッセイのネタにするのと、子どもが通っている保育園
が暴露されることにはあきらかに質的な違いがあることは明瞭でしょ。
こういうのもミスリーディングっていうんじゃないの?気をつけたまえ(藁


358 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:41
>>356
気をつけたまえ(藁藁

359 :355:04/05/09 09:42
またも356で記入ミスしますた。
書き出しの>>「354で記入ミスあり」は「355で記入ミスあり」に訂正します。
私は354じゃないですので念のため。

360 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:47
>>354
時系列が変だよ。
ランディは藤森氏の本の解説でべた褒めして、その誉めた本からパクった。
盗作したランディに藤森氏(あるいは出版社)がわざわざ頼んで後から解説を
載せたわけではない。

ランディは自分が解説を書いた本からパクったために
「そんな作品があるとは知らなかった。似ているところがあっても偶然の一致だ」
という言い逃れができないという極めて珍しい盗作例となった。


361 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:47
>>357
こどもが公立保育園に通ってることを不注意に吹聴していたのはランディ自身だよ。
プライバシー云々をいうなら、家族やまして子供のことは自分のエッセイなどで
言及しないのが原則でしょ。
だれか田口に言ってやれよ、「気をつけたまえ」って。(藁

362 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:48
『検証本』やその元となった2chの書きこみでは、文章や構想が
似ているということだけで「盗作」扱いされていた。
『検証本』(実は、俺も持っているんだな、はずかし・・)を読むと
その比較だけで、一章が費やされているが、俺が見て、似ているやつ
もあったし、これは強引だろって奴もあった。ただ、「盗作被害者」って
いうのは、あくまでも盗作された本人の主観もあって「被害者」という
ことになるのではないか?病気療養中の岡崎京子は措くとしても、
赤坂真理や貴志祐介なんかが被害を訴えたという話は寡聞にしていまだ
聞いていないが・・・

363 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:49
>>360
>ランディは藤森氏の本の解説でべた褒めして、その誉めた本からパクった。

これは変質者みたいで薄気味悪い行動ですね。
ランディってほかにもこういうことしてたの?

364 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:52
>>362
法的手段をとれるのは被害者である著作権者(著者・出版社)だけだが、
仮に被害者が抗議や告発をしないとしても、盗作は盗作ではないのか?



365 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:53
>>355
いい加減にしろよ(藁
>>361
だからって、通っている公立保育園の写真を公開するのは
犯罪じゃないかい?自分の家族や子どもをテーマにエッセイや
作品を書いている表現者はプライバシーが認められないのかい?
ほお、そりゃ、いつどこの裁判所が出した判例か、すまんがコピペ
してくれや。粘着得意の脳内裁判所かい?

366 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:56
>>365
保育園に関しては、ランディ家が資格審査で不正をしたとかいう疑惑が
あったからじゃなかったっけ?


367 :吾輩は名無しである:04/05/09 09:59
>>362
よほどのことがないと、自分の作品をパクられているなんて、作家自身も
気づかないだろ。作家は自分の作品を考えるのに精一杯で、よその作品を
読んでいるヒマなんかないかもしれないし。だから赤坂や貴志が「被害を
訴える」とかいう以前の問題だろ。それに、個々のフレーズがたとえ偶然
似ていることがあっても、それが不自然なほど集積しているランディってのは
一体なんなのか?(藁 
ランディ本人が気づかぬうちに夢遊病で万引きしているのかね?(藁
なによりランディは野坂昭如などから表現をパクっていることを、友人に
自慢してるんだから、申し開きはできないですよ。
客観的な状況証拠として言えるのは、【1】「モザイク」と「アンテナ」で
パクリが判明して絶版になり、自分でも犯行を認めながら、幻冬舎の編集者に
その責任をなすりつけた、【2】野坂昭如などからレトリックを盗んだことを
嬉々として自慢していたことがある、【3】テキスト比較により、盗作したと
推測される作品名、作品設定、情景描写などが、山のように発見された。
ほかにもあるかもしれないので、気が付いた人は補足してね。(藁


368 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:03
>>365は壊れたにゃ。あんた頭から臭い湯気がでてまっせ。

>>366
>保育園に関しては、ランディ家が資格審査で不正をしたとかいう疑惑が
あったからじゃなかったっけ?

ほうほう、そんな疑惑があったんだ。
それはどんな疑惑? 

369 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:04
>>367
あの〜悪いんですが『検証本』は持っているんで、それ以外の
部分で(あなたの頭で)盗作問題を論じてください。
>>366
なあ、「疑惑」でプライバシーが暴かれたらたまらんだろう。

370 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:12
>>368
「臭い湯気」とか「壊れた」っていうのも脳内妄想デスカ?
粘着クンは便利ですね。

盗作問題を論じようというので相手をしてあげても、結局
コピペか『検証本』の受け売りなんだものね。
自分の頭でどれが盗作でどれが盗作でないか判断してよって
いっても無理か。

俺は、ランディファンじゃないから、別にすべて盗作ではないとは
言っていない。岡崎京子への盗作(というかあれは剽窃だな)は
酷いと思ったよ。でも、その他はね・・主観の問題なんじゃない?

プライバシーに関しては、こっちの勝ち。
粘着クン、脳内でなってなさい。

371 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:17
>>361
友人にも注意しておかないと。
ランディの友だちのAKIRAさんが、彼のウェブ日記に、
ランディの旦那さんは「専業主婦」だとさえ書かなければ、
そういう人が家にいるのに公立保育園に通う資格あるの?って
突っ込み入れられることはなかったんだから。

372 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:23
>>365の脳内裁判所では、「通っている公立保育園の写真を公開するのは
犯罪」と判決が出たの? よちよち、よかったねえ。
保育園の写真は、マジで_ランディの_プライバシーなの? なんか変。
むしろ、ランディは保育園の方に働きかけて、そちらから検証本の製作者に
抗議してもらうのがよかったんじゃないかと。ウチの写真を勝手に撮って
載せるんじゃない!とか。
あと、ランディは内容証明で文句を言ってきていたけど、その時にちゃんと、
検証本には保育園の写真などは載せてくれるなとは言ってなかったような。

373 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:35
真面目な話になってて面白くないや。
ランディの本も読んだことない俺としては、もっと単純に粘着を馬鹿にして楽しみたい。

374 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:40
>>373
粘着に粘着してゴールデンウィークを締めくくりたいんだね!

375 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:43
>>373
盗作問題をやろうって粘着が珍しく前向きなことを逝って来たんで
相手をしたんだけど、結局、ネタはコピペと一緒なんだもん。
しかも、プライバシーに関しても頭が悪すぎだし、理屈も通らない。
なあ、ランディがどんなことを書いたとしても、その家族、ましてや
その子どもには罪はないんだよ。たとえ、ランディが自分の子どもを
不正に申告して保育園にいれたとしても、その保育園の場所や外観を
暴露して、本物のキチガイが子どもを襲ったらどうするわけ?
しかも、それがキチガイの勘違いでランディの子どもじゃなかったら
こんなことは言ってはいられないんだよ。プライバシーっていうのは
それだけ危険な問題を含んでいるわけ。っていっても脳内ランドで生きている
粘着クンたちには通じないだろうなあ・・

376 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:46
一般書籍板に粘着の教祖、大月大先生のスレがあがっていました。
粘着クンたち、大月が危機に陥ってるぞ。

http://book2.2ch.net/test/read.cgi/books/1052304251/

377 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:50
>>375
だから、「その保育園の場所や外観を暴露して、本物のキチガイが
子どもを襲ったら」なんてことは、当のランディ先生が本気で心配
していなかったんだから、しょうがないでしょ?
内容証明を送りつけるくらいの行動力はあったけど、保育園の写真に
ついてはスルーしちゃったんだから。保育園の園長さんか誰かに
まじめに相談して、そっちからも抗議してもらうなり、やりようは
あったんじゃないの?

378 :吾輩は名無しである:04/05/09 10:59
内容証明に携わった弁護士事務所もよくないよね。
出来上がった本をチェックして、この幼稚園の写真はまずい、
差し止め請求に動きましょうとか何とかランディにすすめるなりして、
断固プライバシーの保護のため支援してあげればよかったんだよ。

まあランディ本人が、子どもを危険にさらすのもいとわず、子どもの
プライバシーを垂れ流し続けているというのは、それとは別の困った
問題だけど。お子さん本人が訴える/訴えないの判断ができる頃には、
時効になっちゃうのかな、あれって。

379 :吾輩は名無しである:04/05/09 11:23
5年も経てば、ランディ本体の手によるプライバシー暴露エッセイなんて、
どこを探しても見つからない――ということになってたら、いいな。
ランディのお子さんのためにも、そう思う。
図書館に昔のランディ本がいつまでも残っていたりすると、そうもいかないのかな……。

380 :吾輩は名無しである:04/05/09 11:30
>>378
子どものプライバシーをどのようにどんな形で垂れ流しにしたの?
エッセイで保育園の名前まで書いたわけ?

381 :吾輩は名無しである:04/05/09 11:50
おい猿、子供を盾に使うなよ。

もし本気で子供をかばいたいのなら、盗作検証本など
この世にないという態度を取るべきだし、
ランディの子供が通っている保育園など
そのものズバリ当たりだったというような言動を取るのは
差し控えるべきだろう? 言えば言うほど、「ああ、
あの推測は当たりだったんだな」っていうのが
バレちゃうんだからさ。自分が親ならばそうするがね?
違うか?
お前が怒っているのは、自宅が貧相だとバレた、そっちのほうだろ?
プールサイドでシャンパンを飲んでいることにしておきたかったんだろ?
いい加減、みっともないからやめとけや。

382 :吾輩は名無しである:04/05/09 12:09
>>381
え、俺、ランディじゃないんですが・・

383 :吾輩は名無しである:04/05/09 12:11
>>381
君の中のランディは、プールサイドでシャンペンを飲んでいる姿で
常に脳内に在住しているんだね(藁


384 :吾輩は名無しである:04/05/09 12:24
http://mini.mailux.com/upload/UP3EAF4D96E8D91.jpg

385 :吾輩は名無しである:04/05/09 12:28
検証本に保育園の名前なんて書いてあったっけ?

そもそも湯河原にある保育園とか、ランディが日記に書いた記述だけで、
その気になれば保育園なんて特定できちゃうのでは?
坂道の途中とか、子どもは○○組にいてとか。

386 :吾輩は名無しである:04/05/09 12:29
大月クンも、ただいま、こんな状態ですか? ↑
ウーーン、ソコノトコ、泣かせマスモンネー。


387 :吾輩は名無しである:04/05/09 16:02
>>381
いい!いいよ粘着その書き込み!
久々の妄想爆発って感じじゃないか!
その調子でもっと俺を笑わせてくれw

388 :吾輩は名無しである:04/05/09 16:39
>>385
書いてなくても、写真で外観をとったり、地図で場所を示したり
したらいけないんですよ。わかりまちたか、粘着クン

389 :吾輩は名無しである:04/05/09 19:21
>>388
はいはい、いけないんですね。
でも、ランディ先生も、ランディ先生の内容証明を担当した弁護士も、
知らんぷりで何の手も打たなかった、と。
本が出ることも知らなくて、知ったときは後の祭りって場合ならともかく、
わかっていて放置だからタチが悪いですね。(w

189 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)