5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

浅田彰と星野智幸にラヴコールを!Part2

1 :吾輩は名無しである:04/04/21 21:13
前スレ
浅田彰と星野智幸にラヴコールを!
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1081584176/

浅田彰
イラク人質問題をめぐる緊急発言
ttp://dw.diamond.ne.jp/yukoku_hodan/20040410/index.html

星野智幸
イラク人質問題をめぐる発言
ttp://www.hoshinot.jp/diary.html

まったり議論どぞ。

651 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:02
>>648
文春の懐の深さは侮れないよ。
浅田彰の「土人」発言が出たのは、「文学界」
の対談だから。

652 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:08
「縦書き」だけが日本語である
石川九楊
(書家・京都精華大学文字文明研究所所長)
パソコンによる横書きの狂瀾が日本人の精神を弛緩させ、自制と自省を剥奪しつつある


と、横書きでwebにあるのはおもろい。

653 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:13
>パソコンによる横書きの狂瀾が日本人の精神を弛緩させ、自制と自省を剥奪しつつある

すごくいや、こういうの。

654 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:16
横に書いたぐらいで弛緩する精神の方が駄目なんだよw

655 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:17
まさしく。

656 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:23
「諸君」は、極端であることを売りにしてる雑誌だから。
ミヤテツが、右に諸君、左にウワシンでバランスを取るとか書いてたが。

657 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:24
なるほど。

658 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:29
しかし世の中が右傾化してきたらそのバランス感覚を変える必要が
あるんじゃないか。噂の真相も無くなったし。

659 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:30
ここに書きこんでる馬鹿者よりは諸君の方がましだよ
気づかないんだろうな、きっと
正義感溢れてるつもりかしらんが

660 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:32
うん、あると思うね。

661 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:33
だから「諸君」については、まあいつも通りだなといった感じ。
元々ミニコミみたいな感じだし。
オウムの時は、浅田と中沢の対談を載せたり、結構面白いこともやるし。

週刊新潮はやっぱり酷い。

662 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:33
おっと諸君の愛読者が現れたぞ

663 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:33
>>660>>658へのレス

664 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:35
662は659へのレス

665 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:37
週刊新潮と言うよりも、週刊誌にああいう記事を載せる新潮社が酷い
と言った方が良いか。

666 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:45
>>665
うん、出版社の内部ではマトモな人もかなりいるわけだから、その人たちを
力づけるためにも批評なり不買運動なりが必要だと思うよ。

667 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:49
そうだね。

668 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:54
>>666
不買運動で社内のマトモな人とやらが力づけられんの?
バカじゃない?

669 :吾輩は名無しである:04/05/05 17:57
>>668
出版社への圧力が強まれば編集方針も変えなきゃならんでしょう。

670 :吾輩は名無しである:04/05/05 18:07
>>668
あんた組織の中で働いたことある?

671 :吾輩は名無しである:04/05/05 18:35
おめでたいな

672 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:23
社会が悪いんじゃないよ。
お前らが悪いから貧乏なんだよ

673 :吾輩は名無しである:04/05/05 20:34
貧乏じゃないけど。

674 ::04/05/06 01:24
>>632-633
このスレッドを立てたのは、イラク人質事件に関する世論があまりにもひどく、
その発信地でもあった2ch上にもっと正常さを、と願ったからです。
浅田氏と星野氏の名前と発言を引用させてもらったのも、影響力のある彼らの
発言によって正常な意見が増え、人質解放に向けて実際行動する人達が一人
でも増えれば、と願っての事です。
もし同様の発言をしたのが、例えば大江氏や島田氏であったとしたら、スレッド
のタイトルに大江氏と島田氏の名前を使っていたでしょう。
もっとも、日頃から尊敬している人達の発言でなければ取り入れることはなかった
でしょうが。

そういう意味で、星野氏の小説について掘り下げていくことはこのスレの趣旨から
ズレると感じていたわけですが、それはあくまでも私の意見であって、強制でも
なんでもありません。

ラヴコールを!というのは確かにこのスレの趣旨からズレてますね。以前浅田氏
のラヴコールスレが立っていて、比較的まともな意見が寄せられていたのを記憶
していたのでそのタイトルを借りたのですが、私自身、スレを立てた直後にかなり
ズレてるな、と感じ、ちょっと後悔しました。

675 ::04/05/06 02:24
>>513>>526は勝谷氏のコメントですね。この人は何なんでしょうね?
自分もイラクで拉致されかけたくせにやたらと三人の判断の甘さを糾弾したがる
ようですが。拉致されたかされなかったかって紙一重ですよね。彼はもし拉致
されていたら救出にかかったに違いない数億の費用を自主的に負担するか、拉致
されると同時に日本政府に分かるような形で自決したとでもいうのでしょうか?
後からであれば、何とでも言えます。

もっともプロの人達が口をそろえて言うように、三人の判断は確かに甘すぎたのか
もしれません(私には判断のしようがありませんが)。でも判断ミスというのは
どんなベテランでも犯しうることなのではないでしょうか?あるいは判断ミスという
のは後からの反省であって、ああいう戦地ではその場その場が綱渡り状態なのでは?

いずれにしても、今回のような事件をあらかじめ想定し、政府が負う責任の範囲の
ガイドラインをきちんと設けておけなかったのは政府の落ち度であって、今後も
相応のガイドラインを設ける事ができない以上、イラク入りする人達の責任を追求
するような女々しいまねはするなと言いたい。
勝谷なんかが責任を追及しようとするなんて言語道断。

676 ::04/05/06 02:28
>>675の続き

>今井クン郡山さんに対する「訓練」は壮絶なものだったらしい。

状況説明の記者会見は一種のプレゼンであり、練習するのは当たり前。
なにをごたごた言ってるんだろう。

677 :吾輩は名無しである:04/05/06 06:41
確固たる信念によって考えたはずの意見が
実はマスメディアに影響されていたことに気付き
少数派であったはずの反対意見がしだいに多数になってゆく。
自分の信念は変えたくない、間違ってるわけがない、だから無理矢理にも筋が通る理屈をならべてゆく。
しかしやはり間違った意見には矛盾がみえはじめ、相手の罵倒か忘却しかなくなる。
おお自己責任派の哀れさよ。それも自己責任だと呼ぶのか。


678 :吾輩は名無しである:04/05/06 09:41
ま、まだやってたのか。
こんな訳の分からない事件もないと思うんだが、よくまあ皆分かったような振りで何か言えるもんだ。

結局、普段の政治的意見を披瀝しているだけ。事件に関しては、批判派も擁護派も
自分の見たいものだけを見ているとしか言いようがない。
政治思想は急速に精神を老化させ、視野を狭めるから、何事にもマジになるような余裕のない人は
触らんほうがいいね。毒物を弄ぶ大人の遊びだという自覚がないと、政治思想は精神を荒廃させるだけだ。

ほらほら、そこでサヨだかウヨだかを罵倒して悦に入っているあなた。あなたもそうですよ。

679 :吾輩は名無しである:04/05/06 10:03

そういうあなたも同類ですよw

680 :吾輩は名無しである:04/05/06 10:15
W←これに硬直が表れています。

681 :678:04/05/06 10:33
>>679
批判があるなら一行レスではなく、ちゃんと纏まった文章を書くように。
あとwは品性を疑われるから、あんまり使わんほうがいいね。

682 :吾輩は名無しである:04/05/06 10:59
また一人わかったようなことをいうやつが

683 :    :04/05/06 12:41
浅田彰なんてどこがいいんでしょう。
植X一秀みたいに京阪電車の中で御用になったりして。

684 :吾輩は名無しである:04/05/06 13:55
女のパンツに興味なし

685 :吾輩は名無しである:04/05/06 15:14
>>678
>政治思想は急速に精神を老化させ、視野を狭めるから、何事にもマジになるような余裕のない人は
>触らんほうがいいね。毒物を弄ぶ大人の遊びだという自覚がないと、政治思想は精神を荒廃させるだけだ。

こういうのが一つの政治的態度だという自覚が無い。

>ほらほら、そこでサヨだかウヨだかを罵倒して悦に入っているあなた。

過去レスをまともに読めないということを示している。
こんな奴が何か言った気になってるんだから、めでたいな。


686 :吾輩は名無しである:04/05/06 20:30
日本でいうところの「世間」「世論」を分析することってかなーり重要では?
世界から批判を受けることが多いってことは
そのへんが特殊ってことだから。
そこで訊きたいんだけど、
浅田や星野そのへんのは精緻な分析してるの?

687 :吾輩は名無しである:04/05/06 20:41
>>686
80年代後半(具体的には昭和が終わる辺り)から浅田と柄谷の仕事は
そればっかり。

688 :吾輩は名無しである:04/05/06 20:51
でも、浅田とか柄谷ってその特殊性の成立過程の分析とかやってる?
天皇制とか共同体とかって程度の大雑把な話じゃなくてさ。

689 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:00
「日本精神分析」とか、そういう話なんじゃない。

690 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:33
そういうのは「得体の知れない悪意」ってことで

691 :吾輩は名無しである:04/05/06 21:39
講演とかエッセイでも、江戸の朱子学を対象にしたりして、色々やってる。
「言葉と悲劇」とか、「ヒューモアとしての唯物論」とか。
もっとも、柄谷の江戸思想は、哲板のどこかのスレでかなり叩かれてたな。

692 :吾輩は名無しである :04/05/06 22:15
大東亜戦争の美名のもとに国内の戦争反対論を「非国民」として封じ込めて
第二次世界大戦に突入し何千万人もの犠牲者を出した日本。
敗戦後は戦争責任を明らかにすることもなく民主主義国家の顔をしてアメリカ
の属国として生き延びてきた日本。
そして今、イラクで支援活動をしている民間人を自己責任論で執拗に叩きつ
ずける政府とそのお先棒担ぎ達、何時になったら日本は民主主義国家になる
のだろう。


693 :吾輩は名無しである:04/05/06 22:16
収容所での胸くそ悪くなるような虐待事件が、いま世界中の非難を浴びている。

だが、もっと酷い虐待事件のことも、忘れてはいけない。
アルカイダの仲間(かもしれない)という疑いだけで、当時
国民全員が戦闘員化していたアフガンから、多数のアフガニスタン国民を拘束し、
キューバ沖の島に移送、
まるで家畜を飼うように、柵で囲っただけの屋外収容場に鎖でつないで虐待中。

戦争捕虜でもなく、同時多発テロに直接関わったわけでもなく、
アルカイダにつながる疑いありと裁判もなく拘束し拉致、
誰の眼も届かないキューバの孤島で、同じ時代に生きるにんげんを
米国の下級兵士らが無惨に虐待し放題。

国際アムネスティすら把握できない密室状態で、、、
はたして何人がすでに惨殺されたものか、、、、、、、、、

694 :吾輩は名無しである:04/05/06 22:53
アメリカのワシントンポスト紙が、威信を掛けて米軍の捕虜虐待写真を
9枚ネットで公開している。
本日の日刊ゲンダイは、「アメリカのやっていること、ナチス・ドイツ
と同じ」と書いている。
原油は高騰するし、中東の政情不安は、国際経済に今後、ボディーブロー
のように効いてきそうだ。

ワシントンポスト
http://www.washingtonpost.com/


695 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:20
米兵による殺害映像がニュースでいまあった。
そういうテレビゲームよりもゲーム的で、リアリティは気薄なのに、これは現実映像。
むしろゲームよりも簡単に人を殺してる。そっけない命令、撃つ。おわり。
すえおそろしくなった。

696 :吾輩は名無しである:04/05/06 23:47
アメリカは凋落するな・・
こんなこと続けてたら国際社会から締め出されるよ。
こんな国と心中する必要はない。

697 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:04
↑コヴァ

698 :吾輩は名無しである:04/05/07 00:32
コヴァってなに?はっきり言えよ

699 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:08
>>698
コヴァ【こう゛ぁ】[名]
漫画家の小林よしのり氏の支持者の蔑称。
数年前社会現象になったアニメ「エヴァンゲリオン」が「エヴァ」と略されたところからきたと思われる。
熱狂的な支持者を「真性コヴァ」と呼ぶこともある。コヴァ厨。

だって。この種のターミノロジーに精通した>>697って・・・ヒキコ?

700 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:21
小林よしのりがこう言ってるってこと?こんなこと誰しも思うだろう・・
3行ぐらいでレッテル貼らないでくれよ。最近、小林がどういうこと言ってるか
知らないけど、朝生で観た時は、人質問題の本質を良く分かってると思ったよ。
ただ、昔『ゴー宣』読んだ印象で言うと、公共心を持てっていうのは分かるけど、
それが国家にしか向かわないのは違うんじゃないか、って感じた。

701 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:27
何でこんなところに突然生えてくるんだろ、>>697みたいなの。

702 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:53
>>693-695
正常な人間でも頭がイカレてくるんだろうな。ドイツの心理学の実験で大問題に
なり映画化までされた事件あったでしょ。学生が看守と囚人に分かれて行った実験。
捕虜への虐待や拷問を考察する上で、あの事件はいまだ興味深い。

703 :吾輩は名無しである:04/05/07 02:06
空想に過ぎないけど、この人の言ってることってなんとなく分かるな。

http://www.videonews.jp/index.php?itemid=42


704 :678:04/05/07 09:26
>>685
あ、レスが付いてるね。
俺は事情があってクロストークのような議論はできないんだが、「批判するなら纏った文章出せ」
と言った手前、一回はレスするよ。

>過去レスをまともに読めないということを示している。
>こんな奴が何か言った気になってるんだから、めでたいな。

これは間違い。実は過去レスを「まともに読めない」のではなく、実際に全く読んでない(^^;
昨日ひさしぶりに2chに来て、このスレを見つけただけなので、浮いたことを言っちゃったかもしれない。
今日も読めそうもない。今度来るときは読むことにするよ。この点に関しては、まことにスマソm(_ _)m

>こういうのが一つの政治的態度だという自覚が無い。

「やっぱりこういう反応か」というのが正直な感想。悪い方向に予想が当たって、ガッカリして力が抜けた。
政治的に透明な言葉というのはありえないから、文学的な「反政治」的言論であっても、政治的側面を持つ
のは事実だよ。でも、ある文章の内容を蔑ろにして、政治的側面「だけ」見てしまうのは病気だね。
あなたの住んでいる世界は、全ての価値観の基準が政治に一元化した、狭苦しい世界なのだろう。
煽りでも皮肉でもなく、心底同情するよ。

もうちょっとマシなことを言うつもりだったが、ガッカリして根気がでないので込入ったことが言えない。
とりあえず今度は、過去レス読んでから来ることにするよ。

705 :吾輩は名無しである:04/05/07 11:29
>>678
ほらほら、そこでサヨだかウヨだかを罵倒して悦に入っているあなた。あなたもそうですよ。

「あなた」と言っても具体的に固有名(レス番)を指しているわけではない。
このスレの書き込みすべて罵倒したと思われてもしようがない。

浅田彰と星野智幸にラヴコールを!Part2 スレ=罵倒して悦に入っているあなた(人達)

一元化している。

706 :吾輩は名無しである:04/05/07 14:05
アメリカのイラク人虐待を見て、思ったこと、
南京事件もこんな感じだったんだろうなあ、、、、
人間ってこわひ。

707 :吾輩は名無しである:04/05/07 19:19
戦争だからね

708 :吾輩は名無しである:04/05/07 19:38
週刊現代に今井のインタビューが出てるよ。
家族も含めて、「露悪趣味的共同体」と戦う決心が付いたようだね。

709 :吾輩は名無しである :04/05/07 21:22
>>570、575、577、579、608
引用わざわざありがとう。
リンク先は読んでたけど、その本未読でした。
タイトル変わって文庫になっているんですよね、早く読んでみます。

710 :吾輩は名無しである:04/05/07 21:35
>>709
リアルタイムで読んだときには、正直そんなにピンと来なかった。
読み物としての面白みはもちろんあったけれど。
これだけありとあらゆる情報が入る時代に、日本がファシズムに染まるなんて事は
あり得ないと思ってたから。今改めて読むと、彼らの先見性に驚くことばかり。
911の頃はそれほど感じなかったけど、今NAMみたいな駆け込み寺があったら、
自分は迷わず飛び込むと思う。もっとも、末期の惨状を知っているから、今
無くて良かったとも思うけどw

711 :吾輩は名無しである:04/05/07 22:18
>>678
 >結局、普段の政治的意見を披瀝しているだけ。

そういう人ももちろんいたでしょうが、むしろ普段全く政治的でない人達も
政治的にならざるをえなかった事件だったのでは? 私なんかそうですが。

>>707
うん。繰り返しになるけど、それが戦争って気がする。


712 :吾輩は名無しである:04/05/07 22:38
>>708
共同体と戦うと悲惨な結末が待ってる予感。

713 :吾輩は名無しである:04/05/07 22:46
源ちゃんが、こんな国は見放した方が良い、というのはそういう意味でしょう。
能力も開拓精神もあるんだから、いざとなったら亡命すればいい。

今井が「テロリスト」という言葉を使わなかった理由は、なるほどなといった感じ。
月刊の方で立花隆も高遠さんの言葉を引いて似たようなことを書いていたが、
今のイラクは普通の人が戦わざる得ない状況といったことらしい。

714 ::04/05/07 22:52
>>711 HN入れ忘れた。

ただ、>>678の「分かったような振りで何か言えるもんだ」というのにはチクリ
とくるものがあるのも確か。
被害者達への理不尽な攻撃、批判に対し、こちらも対抗せざるを得なかったと
いうか・・・   >>323の星野氏の言葉が身にしみる。
世論が正常であれば、五人が解放された段階でコメディーでも見ながら穏やかで
いられたのに・・。 少し被害妄想っぽいけど。

715 :吾輩は名無しである:04/05/07 22:53
>これだけありとあらゆる情報が入る時代に、日本がファシズムに染まるなんて事は
あり得ないと思ってたから。

同感。「まさか本当にこうなるとは」って感じ。

716 ::04/05/07 22:57
>>713
うん。今井君は直接状況を知っている者として、テロリストなんて言葉
は使わなかったんでしょうね。
それにしてもひどい状況ですね。

717 :吾輩は名無しである:04/05/07 22:58
そりゃそうだろ。
夜中にパジャマ着て寝てたら武装した強盗が突然押し入って来た。
パジャマ姿でバットとか持って応戦したら、
相手から「民兵」だとか「テロリスト」と呼ばれた。
それじゃあ、こっちは昼間も夜中も絶えず武装してなくちゃならんのか!
極端な喩えだけど。

718 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:15
>>717
気持ちはわかるけど、少し極端なのでは・・・
テロリストではないけど、民兵ではあるんじゃないかな。
でも拘束していた犯人達のほとんどが農民っていうのはショックだね。

719 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:19
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040506-00000151-kyodo-int
こうゆうのは、日本のテレビ局は流さないよね。
>>706 まぁ、軍の末端がやったことだしな。ただ、人数とかに関しては誇張があるとかいわれてるね。

720 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:28
この住民の期待は、反転すると恐ろしい。
現地の人は、自衛隊は軍隊じゃなくて、企業だと思っている人が多いらしいから。

721 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:41
>柄谷・浅田の共同体論
日本的共同体の批判はいいけど
自由主義をまんせーしたのは誤りだったな
本音=悪意の共同体ってのが今、
弱者は死ねみたいな
新自由主義=市場原理主義の温床になってるわけだから
バランス上、今こそ社会主義的なものが必要だと思う


722 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:52
>>721
だから、自由主義マンセーから変わった。
俺もしばらく彼らの言説を追ってなかったから、NAM
みたいなことを言い出したときは、いつの間に!
と思った。このあたり、山形あたりにも、NGOなんか
グローバル化を前提としていたのに、敵対してどうするんだ
みたいなこともいわれてたけど。

岩井との対談では、「警察も民営化すればいい」
みたいなことをいってたぐらいだったのに。

723 :吾輩は名無しである:04/05/07 23:56
トラクリは読んでないからよく知らないけど、おそらく地域通貨と
アソシエーションを柄谷のテーマ、「単独にして普遍」というのとかけたん
だと思う(実際は失敗したけど)。このあたり、どうなんでしょ。
トラクリは近所の図書館にないんだよね。

724 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:06
>>721
 >バランス上、今こそ社会主義的なものが必要だと思う

そう思う。

725 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:07
福田がやっと辞めた!これでなにか変わるかな。
変わらないだろうなあ

726 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:12
福田がやめたのも自民の恐ろしい計算って気が・・
それにしても今回のラディンの声明は恐ろしい。
こんな国に誰がした?

727 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:16
>>726
俺も、民主党にとっての傷手の方が大きいし、それを見越した計算があったと思う。
先に菅が辞めておけば、「菅が身を挺して正しい道を示した」
となるけど、この手が使えなくなった。
だから小沢は辞任を要求したんだろうけど、そういった先の読めない
菅はアホ。

728 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:24
まあ、概ねそのとおり。なんだけど、
あえていうなら、今回の判断はむずかしい。
管が辞めても後釜がいないから。大混乱になって
参院選を戦えなくなる恐れがあるとね。
民主党の年寄りどもはいってる。かつて鳩山が
やめたら混乱したときのことを考えたってわけ。
もちろん、若手ははよやめろといってたけどさ。

729 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:32
>トラクリは近所の図書館にないんだよね。

岩波版の「トラクリ」を買ったけど、いいよ。息子の柄谷祐人
のアイデアも入っているしねw

730 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:33
「自衛隊人権ホットライン」に鶴見俊輔のメッセージがあった。
www.jca.apc.org/gi-heisi/heiwakoe.html
派遣を違憲として地裁に提訴、とあるけどどうなるんだろう。
www.kyoto-np.co.jp/kp/topics/2004apr/ 15/K20040415MKB2O100000002.html
アフガンにも自衛隊を送ることを検討、とあるし気になる。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20040505it01.htm

上野千鶴子も4月30日に朝日の「私の視点」に載っていたけど
あれって投稿欄だよね?明石康に反論していた。
開戦前か後にも「非力の思想」というのを書いてたね。
ああいう書き方をする理由はよく分からなかったけど…。

22日付の田中康夫の文章。(勝谷スレより。勝谷と大違い…)
自衛隊員のことも神聖視せず言及しているのがいいと思った。
自衛隊員に考えろ、というのはかえって彼らへの愛を感じるかも。
http://gendai.net/contents.asp?c=025&id=48

731 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:35
>>729
息子って何してるの?

732 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:40
>>730
上野千鶴子のコメント読んでみたいな。

733 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:40
>息子って何してるの?

柄谷が所長をしている近畿大の研究所にいた。
市民通貨プログラムで特許を申請とある。
http://wsb.cc.kindai.ac.jp/ichs-html/home/staff.html

今何しているかは不明。


734 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:43
>>733
ありがとう。柄谷の子というだけで頭よさそうだよね。

735 :吾輩は名無しである:04/05/08 00:46
>>734
ttp://f13.aaacafe.ne.jp/~gckansai/bbs/
ここのコテハンEMKというのが、柄谷の息子。
今は地域通貨による革命については、完全に諦めている。
大学も辞めて、今は予備校の講師をしているらしい。

736 :吾輩は名無しである :04/05/08 01:09
>>735
へえー、それほんと?どうして知ってるの?とにかく読んでみる。

737 :吾輩は名無しである:04/05/08 01:21
>>736
哲板の柄谷スレに常駐していれば判る情報。
そこにいる攝津正は、元NAM関係者。
2chでNAM末期の惨状を暴露していた人。
これは、鎌田など、Qを巻き込んだ騒動に発展した。
その人が柄谷の息子(というか、新通貨Lの提唱者として)扱っているし、
自らもそう振る舞っているのでまず本物。
予備校講師については、柄谷スレで受講生の情報があった。

そこの掲示板を読めば、彼が地域通貨による市民運動みたいなものを
諦めた理由が分かるよ。以前、山形が書いたのと殆ど同じ内容。

というか、一番肝心の市民通貨のスレが削除されてるw

738 :吾輩は名無しである:04/05/08 02:08
ttp://society.2ch.net/test/read.cgi/mass/1082540224/677-678
677 名前:文責・名無しさん 投稿日:04/04/30 11:40 g4G2aze3
4/30 朝日 オピニオン欄 私の視点

◆人質事件 「国家と区別 市民を解放」

 東京大学教授(社会学) 上野千鶴子

 「戦争」の歴史のなかで事件が起きた。日本という国を「敵」と見なした
イラクの武装勢力が、市民は「敵」としなかったのだ。高遠菜穂子さん、郡山総一郎さん、
今井紀明さんの日本人3人を拘束した行為は許されるものではない。しかし、
武装勢力が国家と市民を区別して扱ったことは記憶しておきたい。
 高遠さんと今井さんはNGO、郡山さんも民間のカメラマンで、いずれも国家を背負う立場にない。
NGOは読んで字のごとく「非政府」の組織。そこで動く市民は国家の代表ではないし、代弁もしない。
 仮に人質が国家を背負う人だったら事態は別の展開をみせたかもしれない。現に、日本政府の
外交官は殺害されている。
 戦争は国家と国家の争いである。これまで国家に所属する国民は、敵対した国家の国民から自動的に
「敵」と見なされた。イラクの敵となったアメリカの国民は、世界のどこにいても、テロリストの
標的になる危険性にさらされている。
 アメリカという国家は太平洋戦争の最中、日系アメリカ人を、アメリカ市民であるにもかかわらず、
「敵性外国人」として強制収容所に拉致し、拘束した。当時のアメリカは国家と市民を区別しなかった。
 高遠さんらにとって、イラクの市民は敵ではない。解放された後「また行きたい」「イラクの人たちを
嫌いになれない」という発言が出るのも理解できる。市民と市民の関係だからだ。
 なのに、彼らはうなだれて帰国した。韓国の東亜日報は20日付けでこう書いている。
「手錠をしていないだけで、彼らの様子は海外から移送された犯罪人と変わらなかった」。そう、3人は
国家の「囚人(とらわれびと)」として戻ってきた。


739 :吾輩は名無しである:04/05/08 02:09
678 名前:文責・名無しさん 投稿日:04/04/30 11:41 g4G2aze3
>>677の続き)

 23日付の朝日新聞で日本紛争予防センターの明石康さんは、家族が政府に救出を要求した点について
「政府とは異なる目的で行動しているはずの個人が、危機状況では国家に頼るという日本的構造が残っている」
と批判している。
 そうだろうか。武装勢力が交渉相手としたのは日本政府なのだから、家族が政府に交渉に応じるよう
要求するのは当然だろう。そもそも、3人の生命を危険にさらしたのは、ほかならぬ自衛隊派遣という
政府の行動だ。政府は危険を増幅した責任がある。
 彼らにとどまらない。私たちの危険もまた、政府の行動のせいで、高まっている。テロのグローバル化の
おかげで、国外、国内を問わず、日本人だというだけで、危険がふりかかってくるかもしれない。
 武装勢力は市民を人質に、日本という国家と交渉した。国家は早々に、交渉に応じることを拒否した。
にもかかわらず、武装勢力は市民と国家を区別し、人質を解放した。血で血を洗う戦闘状態のなか、
多くの人々の関与で、これほどまでに理性的な判断が成立したことが、事件でなくてなんだろうか。
 高遠さん、郡山さん、今井さん。どうぞ顔を上げて、胸を張って、堂々と、私たちの前に出てきてほしい。
そこで、あなたたちのためにたくさんの人たちが動いたことに、心から感謝すればよい。
 しかし、決して謝罪などしないでほしい。あなたたちは被害者でこそあれ、何一つ悪いことをしていないのだから。
わたしはあなたたちのような勇気のある市民を持ったことを、誇りに思う。

740 :吾輩は名無しである:04/05/08 03:17
>>737
予備校ではなくてお受験専門の塾ですよ。
関西では有名な●学園で理科の専任教師。

741 :吾輩は名無しである:04/05/08 06:39
なんだか惨めったらしいシッタカ君がいるな

742 :734:04/05/08 10:22
>735>>737
情報ありがとう♪

743 :732:04/05/08 10:28
>>738-739
コピーありがとう。
こういう知性と人間性の両方を兼ね備えた人ってやっぱりいいね。

744 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:40
自作自演惨めだなw

745 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:41
病人がここまで出張してるんだと
もう想像しただけで、
見てはいけないものを見てしまった気分(闇、絶望)

746 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:42
祐人君も泣いてます

747 :吾輩は名無しである:04/05/08 10:46
>>744-746
???

748 :吾輩は名無しである:04/05/08 11:18
祐人君は泣いてます


749 :吾輩は名無しである:04/05/08 11:28
なぜ?

750 :吾輩は名無しである:04/05/08 11:53
出てくる情報があまりに下らぬ低レベルなのに
チクッテルつもりのアフォはさぞ自慢げだから、そのギャップにでしょ

751 :吾輩は名無しである:04/05/08 11:54
他者がないんだなw

252 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.04.09 2022/06/21 Walang Kapalit ★
FOX ★