5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◆◇◆翻訳文学総合スレッド◆◇◆

1 :吾輩は名無しである:04/03/21 20:18
名訳・迷訳、文化的差異、翻訳理論、政治性、出版事情・・・
翻訳をめぐるさまざまな話題を扱いましょう。


2 :吾輩は名無しである:04/03/21 21:00
2get!

3 :吾輩は名無しである:04/03/21 21:26
同言語内翻訳については?

4 :吾輩は名無しである:04/03/23 19:24
ヤコブソンか・・・

5 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/23 19:37
渡辺利雄「『クレイジーな崖』ってどんな崖なのだろう」

カタカナ語の多用が気になった。・・・その「崖」を修飾する形容詞がcrazy。
それが村上訳ではそのまま「クレイジーな崖」とされている。
野崎訳では「あぶない崖」となっていて、これも芸がないと言えば芸がないが、
しかし日本語で「クレイジーな崖」とはどんな崖なのだろうか?
このcrazyという俗語の形容詞はさまざまな意味があって訳し分けるのはむずかしいが、
それをただ「クレイジーな」と訳したのでは翻訳の丸投げ方式と言われても仕方がないだろう。
それにしても「クレイジーな崖」ってどんな崖なのだろう。

 

6 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/23 19:51
>>5に同じ。

ホールデンは判で押したように「いきなり(all of a sudden)」と口走る。
・・・翻訳では単調さを避けるためか場面場面でその言葉を訳し分け、
読者には同じ言葉が使われていることが伝わってこない。


7 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/23 19:53
渡辺という人のこの意見はどうなのか?
ちょっと「ん?」と思ったので引いておきます。

8 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/25 21:06
この渡辺氏の意見に関し、思うことを書きます。

まず>>6で、原文で同じ言葉が使われている場合、
訳文でも同じ言葉を使わなければならないのかという点。
逆に日本語の小説を、英語に訳した例だが、漱石の『こころ』。
漱石のテクストには、次のような場面がある。

私は先生と一所に、郊外の植木屋の広い庭の奥で話した、あの躑躅の咲いている五月の初めを思い出した。
あの時帰り途に、先生が昂奮した語気で、私に物語った強い言葉を、再び耳の底で繰り返した。
それは強いばかりでなく、寧ろ凄い言葉であった。
けれども事実を知らない私には同時に徹底しない言葉でもあった。









9 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/25 21:20
>>8の続き。

これが英語(McClellan訳)では、こう訳されています。

Then I remembered our conversation in the tree nursery,
that day in early May when the azaleas were in bloom.
And I remembered his words spoken in agitation on our way back from there.
They had momentarily frightened me, but I, being ignorant of Sensei's past,
had not given them much thought since.





10 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/25 21:39
>>9の続き。原文ではまず、先生の言葉が「強い言葉」とされ、
次に「寧ろ凄い言葉であった」とされたあと、
更に「同時に徹底しない言葉であった」とされます。
ここで「言葉」は3回繰り返され、
また「〜言葉であった」という言い回しも、2回繰り返されています。
こうして、同じ事柄に繰り返しこだわり続ける感じが、
繰り返しのリズムからも、伝わってくることになります。
しかし英語では、ごく簡潔にまとめられてしまいます。この場合、
英語で同じように繰り返せば、リズム感が生まれるどころか、
逆に凄く稚拙な感じに響いて、あまり効果は期待できないと思われますので、
この処置は、仕方がないものだと感じられます。





11 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/25 21:43
あ…時間。このスレ、このまま落ちると勿体無い気がしたんで…
どなたか何とか、してくれませんか?
では。


12 :吾輩は名無しである:04/03/25 22:25
もしかしたら前スレ

良い翻訳家、悪い翻訳家
http://makimo.to/2ch/book_book/992/992803279.html

13 :吾輩は名無しである:04/03/26 02:05
柴田元幸はなぜ村上春樹とつるむのか?

14 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/26 21:09
翻訳論の本を挙げときます。

Contemporary Translation Theories
Edwin Gentzler


15 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/26 21:11
>>14の続き。

Post-Colonial Translation: Theory & Practice
Susan Bassnett, Harish Trivedi


16 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/26 21:12
>>15の続き。

Rethinking Translation: Discourse, Subjectivity, Ideology
Lawrence Venuti

17 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/26 21:19
>>16の続き。

Translation, Rewriting, and the Manipulation of Literary Fame
Andre Lefevre







18 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/26 21:20
>>17の続き。

Theories of Translation: An Anthology of Essays from Dryden to Derrida
Rainer Schulte, John Biguenet




19 :吾輩は名無しである:04/03/27 00:05
>>1

 じゃここの皆様といろいろ議論したスレッドのリンクなど。
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/movie/2592/1049541910/10-

 ここでやるのもいいんですが、この板、ユニコード書けないんです。

 外国語板なら書けるんですけどね。


20 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/03/27 00:06
 しまったごめんなさい>>19はあたし。

21 :吾輩は名無しである:04/03/29 19:10
すみません。テクスト・サイトって何ですか?
どこかに説明はありませんか?

22 :21:04/03/29 19:11
>>19でつ

23 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/29 19:49
>>18の続き。

Difference in Translation
Joseph F. Graham



24 :吾輩は名無しである:04/03/29 22:18
>>9
矢部さん、お久しぶりです。
ひどい訳ですね。簡略化されているだけではなく、大幅に意訳していて
下手すると誤訳ともとれます。
 
 >しかし英語では、ごく簡潔にまとめられてしまいます。この場合、
 >英語で同じように繰り返せば、リズム感が生まれるどころか、
 >逆に凄く稚拙な感じに響いて、あまり効果は期待できないと思われますので、
 >この処置は、仕方がないものだと感じられます。

ということですが、英語でも忠実に訳そうと思えば訳すことができるはずです。
この訳には全く誠意が感じられない(というか技術の問題?)のですが、
なぜこの文を引用されたのですか?

25 :吾輩は名無しである:04/03/29 22:34
クレイジーな崖っていいね
詩的で。
想像する余地を残す村上春樹らしい訳だと思うよ。


26 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/29 22:36
とりあえず25いくと、脱兎落ちしないんでしたっけ?
前スレの愛読者だったんで、何とか残って欲しいです、このスレ。

あそこを引用したのは、訳者個人の態度、能力の問題とは別の、
構造的な要因が読み取れるのではないか、と思ったからです。
問題は忠実に訳した場合、原文におけるのと同じ効果が得られるか、
ということだと思いますが、この場合、なかなか微妙なところかもしれません。

>お久しぶりです。

けっこう最近はよく来てて、ここのほか、
  ・がんばって生きてる人って、見てると笑っちゃう
  ・ラカン派精神分析と文学 
  ・「私小説」って何ですか?
  ・ジョイスって面白い?
などに現れてます。今、ジョイス・スレに長文書いてて、時間になったので、落ちます。


27 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/29 22:39
>>26>>24へのレス。漱石の英訳の件。

>>25 かなり同感。渡辺氏の言う「丸投げ」ではなく、
いちおう、効果も計算されてるように感じました。

28 :白石昇 ◆T9hpXq3U/6 :04/03/31 22:26
>>21

 ほぼ一年前、ここ文学板でこのような↓
http://book.2ch.net/book/kako/1039/10398/1039889911.html
イベントなどがあったわけです。

 主旨とか目的とかよくわからなかったのですが、とりあえずネタ振られてるみ
たいなんであたしもボケてみたわけです。

 で、その残骸が一年経った今、わたくしの本の誤訳その他突っ込みスレッドと
して機能しているわけなのです。

29 :吾輩は名無しである:04/04/03 14:47
モンテクリスト伯を読んでみたいのですが、
岩波文庫版(訳・山内義雄)と岩波少年文庫版(訳・竹村猛)では
どちらがお薦めとかありますか?

主観に左右される部分が大きいのは承知の上で、
どなたか意見を聞かせていただけると嬉しいです。

30 :吾輩は名無しである:04/04/05 13:02
小笠原豊樹が最高の翻訳家
間違いない

9 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)