5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

牛の涎の如く雑談を垂れ流すが好い 30

1 :1:04/01/01 09:43
とぎれることなく垂れ流せ

前スレ
牛の涎の如く雑談を垂れ流すが好い 29
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062078601/

2 :吾輩は名無しである:04/01/01 10:29
 今だ!チキンナゲットォォォォ!!
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄       (´´
      ∧∧   )      (´⌒(´
○  ⊂(゚Д゚⊂⌒`つ≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
         ̄ ̄  (´⌒(´⌒;;
       ズザーーーーーッ

3 :長井秀和:04/01/01 10:32
ほとんどの2GETは駆動であるのは、間違いナイ!

4 :吾輩は名無しである:04/01/01 13:16
前スレ >>921
>ところで、2003年も残り僅かなわけだが、
>今年一番の良スレって何だ?

個別の作家へのオマージュとなっているスレは比較的どれもよかったよ。
コテハンの幼稚な自意識垂れ流しスレはいい加減終わって欲しいね。

5 :吾輩は名無しである:04/01/03 14:20
今日、ようやく年賀状を出した。35枚。友達少ないのオ。
プリンタで作るようになって10年以上だけど、
1枚も失敗しなかったのは今年が初めて。エンギがよろしい。

6 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/01/03 16:55
>>5
35枚もあればいいと思いますよ。
だいたい、僕はリアルの友人、35人もいないです。
知り合いという程度の関係の人はかなりいますけど。

今年はまだ、自宅の郵便受けすら見ていません。
年賀メールはちょっとだけ来てたので返信しました。

7 :karaage:04/01/03 18:02
工藤さんて、小説家いてらっしゃるんですか?まだ。

8 :β:04/01/04 00:52
>tar baby
煽られるのはきらいだから煽ったりなんかしないよ。
品性を上げるために本を読んでずっと勉強してきた
ようなものだから、ああいう捉え方をされたのは
かなり残念です。

9 :吾輩は名無しである:04/01/04 01:20
下品な主婦が何か言ってます(憐

10 :吾輩は名無しである:04/01/04 08:55
海よりも広い心で
口うつしに愛をください……っとくらあ。

「よりも広い心で」をぐぐったら、海のほか
空、大地、宇宙、コスモ、異次元空間、琵琶湖、黄河、教会の扉、デラックス(何?)

11 :吾輩は名無しである:04/01/04 16:17
口うつしでいいの?
じゃ、はい、あーーーん! 
愛って何人にでも注げるものだからフシギね。瞬間にでも注げるし…。

車のシートの幅とか連想する<デラックス



12 :おさむ ◆UtjVc/v2e. :04/01/05 02:33
日本国憲法第19条【思想及び良心の自由】

思想及び良心の自由は、これを侵してはならない


覚えておけ!!!

13 :吾輩は名無しである:04/01/05 17:09
少年はどこへ向かってボールを投げているのだろう?

14 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/05 22:43
やあやあ、君達はまだ正月ボケしているのかね?

15 :吾輩は名無しである:04/01/05 22:50
な〜んとなく・・・寂しかったから書いただけだよw
ごめんね。

16 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/05 22:50
正月って去年も人が少なかったな。そういえば。

17 :吾輩は名無しである:04/01/05 23:21
今更ながら>>1
打倒文壇BARでがんばって!

18 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/06 01:11
バカやろう!!ロマンスで萌えるためには下準備がいるんだYO!!

19 :吾輩は名無しである:04/01/06 01:12
あれ?
バカのおさむにバカと言われたのかな?

下準備、それはつまりマニュアルとの突き合わせ?

20 :吾輩は名無しである:04/01/06 01:12
>>18
貴様は文壇バーへお帰り

21 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/01/06 01:36
>>7
日々の生活上の些事に追われるばかりで、
構想メモは綴っていますが、作品は書いていません。

22 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/06 01:42
ぼくは書いています。慎重にだすつもりです。

23 :トリビア:04/01/13 21:34
今日は月曜じゃなくて火曜日

24 :吾輩は名無しである:04/01/13 22:59
牛、ちょっと沈んでたね、おかえりなさい。

25 :吾輩は名無しである:04/01/13 23:08
>>21-22
文壇バーへすみやかにお帰り

26 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/16 12:25
気づいたら芥川賞が発表になっていた^^;

みんなもりあがってるねぇ。

27 :未来からの遠隔操作:04/01/17 01:47
盛り上がり方が何だかなあ・・・。
でも芥川賞でこれだけレスが入るとは予想外。
昨日の文学板のカウンター16,855だって。

28 :吾輩は名無しである:04/01/17 02:06
レスが山ほど入っても誰もまともに読んでないだろうね

29 :吾輩は名無しである:04/01/17 02:16
読んでないと思う。ほとんどが書き捨てだろうね。

30 :吾輩は名無しである:04/01/17 03:40
書き捨て未読。まさに現在文学。

31 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 09:57
今回の候補作のうち、綿矢と島本の作品は読んだけど、
金原は読んでない。綿矢に関しては例によって「だから
どうした?」というシロモノで、結局素直さだとか無理して
いないだとか、そんな程度の肯定的評価しか下せない。

あと、「作品読んでないけど、この2人の受賞がきっかけに
文学が盛り上がればいい」とか言ってる奴らの、「文学」
に対するいい加減な気持ちにムカつく。本は売れれば
いいとか、文学はもっと盛り上がるべきだとか、一冊の
本を手に取るときに考える必要はないし、そんなことを
声高に言う奴はただの馬鹿だ。
(とこうやってまた俺は嫌われていくわけだ^^;)

まー、ゴシップ嫉妬羨望の「綯い交ぜ」では、狂言とは
違って新たな「筋」は出てこないよ。

32 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/01/17 10:13
>>31
ちゃんと読んだ?
読む前に感想を考えてから、ページを開いたんだろ。w

33 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/01/17 11:00
>>31
終わりの始まりという意味では悪いことじゃない。
これに続く若い野心的な娘さん達が文学の終わりを完成させるだろぉよ。

無駄な延命を図るよりは、一回殺したほうがいい。

34 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:07
まず文学の繁栄とは自分が優れた現役作家の作品を読めることである
今回の受賞によって出版社が潤えば余技としての文学にある程度手を出す事ができる
そこにもし優れた作家が来れば世に迎えられる事ができる
これは一方では売文によって資金を蓄え一方では大衆に受けないが良い作家を養うための
長期的な戦略ではないだろうか。
少なくとも俺は「もっと多くの人が文学に触れるように」という目的で今回の賞をやったという
ようにはとてもおもえない。どう考えても普段本を読まない人間をひきつけるだけの魅力がかの二作に
あるとは思えないからだ。またそんな「大衆の啓蒙」みたいなことはいらない。ただ自分が読めればいい。

35 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 11:08
ちゃんと、がどの程度か知らんけどね。まぁ、良し悪しは
人によりけりじゃないの。
あなたが良いと思うんなら、人の感想など気にせずに
「良い」と大声で言い続ければよい>>32

>>33
俺その"the beginning of the end"ってな考え方が
凄く嫌い。いちいち何でも区切らんと先に行けないのか、と。
ていうか、文学を一度しか生きられない人体に喩えるのが
見当違い。「終わり」に飛びつき「始まり」に遡ることは
理性の誘惑だが、いちいちそんな誘惑に屈していたら
毎年文学は終わって始まっちまう。

なんて愚だ愚だ書いてるとまた無用な煽りが来るだろうなぁ^^;


36 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:11
芥川賞は貰うと恥ずかしい賞に成り下がりつつあるな。

37 : ◆GiTmRUKFvw :04/01/17 11:13
突っ返すのも恥ずかしいというジレンマ
相当体力なくちゃやっていけないぜ

38 ::04/01/17 11:16
書物に書かれることで不死の性質を与えられた文学に衰退も反映もないにょ。
ただバベルの図書館が順次実在のものとして累積されていくだけだにょ。

39 : ◆GiTmRUKFvw :04/01/17 11:17
中身が空っぽの図書館なんてことはないだろうよ

40 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:20
イクシオンも小説を書けばいいじゃん。

41 :レゾンデートル:04/01/17 11:21
31さんがいうように、作品自体の評価はそうかもしれない。
でも、作品外での「効果」というものはあるわけだし、
それを「声高に言」わないまでも、パフォーマティヴとして
作品の内容とともに考え合わせてもいいんじゃないのかな?
実際にこれまで以上にマスコミでの露出は高かったわけで
一過的にせよ文学への関心(その深浅は問わないとして)は
高まりを見せたわけで、特に僕ら十代の人間にとってこれは
とても印象的なことだった。文学人口が増えればやっぱり
そこから凄いものが生み出される確率は高まると思うし。
サッカー人口が増えて優秀な一握りの選手が輩出されるのと同じで。

42 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:31
ぶっちゃけ金原を読んでみたいと、、、図書館で借りるつもり。

43 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 11:35
そうかねぇ。入り口が何であるかによって、その後に生み出されるものが
決定されたりはしないと言い切れるかい?>>41

俺も気持ちとしては「契機と高まり」を信じたいのだけれども、ね。

何度もつまづき立ち止まりながら作品を「磨く」方向に、こうした作品を
「契機」をした新しい人たちが本当に向かっていくのか、
それとも
「これなら俺も/私も」と、動機だけが先行して勢いだけ、もしくは
知識肥大型の作品を急ごしらえしてしまうのか、

さぁ、どっちなのかはこれから数十年生きてみたら分かることだから、
気長に待つさ。

44 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 11:37
ごめん、訂正

こうした作品を 「契機」をした
→こうした作品を「契機」として通過した

まー、みんなもう少しモチツケ。人生は長いし、本もたくさんある。

45 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:45
どんな効果があるのかは誰にもわからんよ

46 :レゾンデートル:04/01/17 11:46
芥川賞などは「契機」として考えればいいんじゃないかと。
納得できる作家・作品が選ばれた事もあればそうでない時もあり
かつても論議があったみたいだし(石原慎太郎のときなど)。
読売文学賞についてはもちろん同じ考え方は通用しないと思う。

47 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 11:50
まぁ、でも

>一過的にせよ文学への関心(その深浅は問わないとして)は
>高まりを見せたわけで、特に僕ら十代の人間にとってこれは
>とても印象的なことだった。

という言葉は心強いね。その印象が、文学に立ち向かうときの
「強度」として若い心に定着してくれることを祈る。

何だかんだ言って、俺ももうあと数年で30歳になっちまうわけ
だから、「素晴らしい作家が誕生する瞬間」には死ぬまでに
出会いたいわけで。それは本読みの夢。

48 :レゾンデートル:04/01/17 11:55
馬鹿め。素晴らしい作家はおまえの死後に出るぞ。やーいやーい

49 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 12:00
くそう、それはくやしい。

50 :レゾンデートル ◆.s1VHQ2FZo :04/01/17 12:00
>>48
名前を勝手に騙るな!

51 :レゾンデートル ◆.s1VHQ2FZo :04/01/17 12:03
ちなみに読売文学賞(小説賞)
●第四十一回(平成元年度)
「夜の蟻」高井有一、「仮往生伝試文」古井由吉
●第四十二回(平成二年度)
「氷河が来るまでに」森内俊雄
●第四十三回(平成三年度)
「優しい碇泊地」坂上弘、「母よ」青野聰
●第四十四回(平成四年度)
「北京飯店旧館にて」中薗英助
●第四十五回(平成五年度)
小説賞 なし
●第四十六回(平成六年度)
「幻の朱い実」石井桃子、「カーテンコール」黒井千次
●第四十七回(平成七年度)
「光」日野啓三、「ねじまき鳥クロニクル」村上春樹
●第四十八回(平成八年度)
小説賞 なし
●第四十九回(平成九年度)
「イン・ザ・ミソスープ」村上龍、「うるわしき日々」小島信夫
●第五十回(平成十年度)
「ハシッシ・ギャング」小川国夫
●第五十一回(平成十一年度)
「わたしのグランパ」筒井康隆、「裸足と貝殻」三木卓
●第五十二回(平成十二年度)
「濁った激流にかかる橋」伊井直行、「A2Z」山田詠美
●第五十三回(平成十三年度)
「ホラ吹きアンリの冒険」荻野アンナ

52 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 12:03
あー、分かってるから大丈夫よ^^;<騙り

こういうものは、からかって楽しむのが良い。

でも、死んだ後には本が読めないというのは、本当に残念だ。うむ。

53 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:07
今まで蓄積された文学だけでも十分に楽しめるのに
さらに新しい物が生み出されれるのを待つのはどうしてだ?>いくしおそ

54 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 12:11
分からん。確かに、既に存在する膨大な両の本のうちの
ほんの2、3冊に、もしかしたら世界は凝縮されているかもしれない。
けど、
そう考えはじめたらその瞬間に自分にとっての文学は
ただの「死ぬまでの暇つぶし」に転じるような気がする。

で、この「死ぬまでの暇つぶし」って言葉も大っ嫌いなわけで。
そんなこと呟いてカッコつける奴の気が知れないわけで。

だから期待もしてしまうんじゃないかな。たぶん。

55 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/01/17 12:12
あー、また訂正: 両→量ね。しかも本を「量」で数えるとは
何事じゃ!! てことで、「膨大な数」に訂正。

なんか、ひさびさにチャットみたいな感じで楽しいのだが、
そろそろ仕事に行くので失礼。

56 :レゾンデートル ◆.s1VHQ2FZo :04/01/17 12:13
51の受賞者リストで芥川賞の選考委員は何人かいるけれど・・・。
で、●第五十四回(平成十四年度)は「本格小説」水村美苗。

57 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:21
「素晴らしい作家」、生まれて欲しいと思います。
新作を首を長くして待ち、飛びつく楽しみを味わいたい。

58 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:22
それに気づく才能もないくせに

59 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:23
素晴らしい作家なんて生まれねーよ、馬鹿が
たとえ生まれてもおまえにはわかんねーよ、たこが

60 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:24
村上龍、山田詠美あたりは作品は書けても評価ができないのかもね。

61 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:25
気付く能力の無い読者が大半なんだから、気付かせてやるために文学賞があるんだろ。
読む人間に読解力があるんならいちいち選考なんてしてやる必要無い。
文学賞が増えたってのは、読む(読める)人間が減ったからなんだよ。

62 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:26
文学のつまらなさを語る自分らに永遠に酔ってなよ。

63 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:27
>>61
とりあえず基本的な文学史の知識を身につけて来い
はなしはそれからだ

64 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:30
カキコに必死になって本読む時間削ってるからな(w

65 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:31
今日は名無しで来ているオバサンの
煽り大会が勃発しますた!

66 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:33
>>62
読解力がないんで気づきませんでした。

67 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:37
醜い大会、一抜けた。

68 :吾輩は名無しである:04/01/17 12:37
2はなかなか抜けられないいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

69 :吾輩は名無しである:04/01/17 14:18
本屋に並んでいる本よりも、まだ発表されてない未来の小説に期待か。

70 :吾輩は名無しである:04/01/17 14:24
知的ぶって「相撲は知的ではない」と言ったはいいが、
そんな発言がかえって知的でないことを証明するようなもんだ。

71 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/01/17 21:37
どうしようか迷ったけど、ここはお言葉に甘えて。

   綿矢イイ! 最高。

72 :吾輩は名無しである:04/01/17 23:04
カウンター数が多いほどDQNレスの確率も高い気がするけどどうよ。

言語学@2ch掲示板 gengoカウンター
今日は956です。 昨日は 1,162です。

社会学@2ch掲示板 sociologyカウンター
今日は1,619です。 昨日は 1,560です。

SF・ファンタジー・ホラー@2ch掲示板 sfカウンター
今日は2,125です。 昨日は 2,225です。

哲学@2ch掲示板 philoカウンター
今日は4,217です。 昨日は 5,043です。

一般書籍@2ch掲示板 booksカウンター
今日は7,863です。 昨日は 10,513です。

文学@2ch掲示板 bookカウンター
今日は11,115です。 昨日は 16,855です。

73 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/01/17 23:14
オレのせいか。。。ごめんよ。

74 :吾輩は名無しである:04/01/17 23:24
>>72
このところサーバーが重くなって板が見れなかったり、
「人多杉」状態があったりしたよ。
>>73
きみも一役かってるとは思うが・・・なんか憎めんなあ。

75 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/01/17 23:28
age(♪

76 :吾輩は名無しである:04/01/18 00:29
http://jbbs.shitaraba.com/bbs/read.cgi/movie/2592/1074140759/

テキストUP
1 名前: tar baby 投稿日: 2004/01/15(木) 13:25

http://bungakuita.fc2web.com/

上のURLにてUPしました。

77 :吾輩は名無しである:04/01/18 00:45
海外の短編小説についてのスレはどこでしょうか?

78 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/01/18 07:51
>>77
個別作家スレ、ヘミングウェイとかなら見かけた。

>>35
どうも、我々は「文学」の意味するものを共有してないようですな。

私はこれから始まる下劣なゴールドラッシュが終わった後に、
跡地が核実験場になるのを楽しみにしております。

79 :アサシン:04/01/18 10:05
>>77
【有名】あっさり読める名著【でも短編】
http://book.2ch.net/book/#3
あと一般書籍板にも何かあったよ。

>>46>>51
読売文学賞がそれほど話題にならず
有象無象が芥川賞をこれほど話題にするのは
この板に作家志望という淡い夢にしがみついている
ただのモラトリアム無職が多いからだと思う。

80 :吾輩は名無しである:04/01/18 22:39
「綿矢りさ」とか「田口ランディ」とかが入ったスレッド名を
NGにするような方法ってあるの?

81 :吾輩は名無しである:04/01/18 22:52
文学板のアクセスカウンター、他の学問系の板と比べると
ヒトケタ違うじゃん・・・w

82 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:01
これでまともな文学好きも戻ってきてくれればいいんだが・・・・・・

83 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:06
人数が増えたのではなく、特定のファンが日に何回も来ている
だけのような感じが……

84 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:15
>>80
マジレスすると自分の気の持ち様一つだと思う。

85 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:18
てゆうか、何で芥川賞ってこれだけ騒がれるんだろう?
要は新人の登竜門でしかないわけでしょ?

86 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:20
>>85
まぁマジレスすると、
それは日本人が権威に弱い俗物民族だからだね

87 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:25
糞スレ立てたり荒らしたりしてる奴の半分は自暴自棄になってる文学好きじゃないかな
今まではまだ文学の権威の防壁としてなんとか機能してたのが、今回のあからさまな受賞だからね

88 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:44
108 :大学への名無しさん :04/01/17 19:16 ID:iv9mKK6R
去年の事で恐縮だが…

化学の時間、試験ギリギリで俺の右斜め前に座った奴が
試験開始30分後くらいに
「パッパッ、パッ…パァ〜」とか呟き出して
そのままウンコとションベン撒き散らしてくれました。

周りが呆気に取られてると
その後ラリった目で「ホォ〜ヤホォォォォ」とか続けながら
彼は試験官二人に連れていかれますた。
もうあれは二度と人間には戻れないんじゃないかって言うほどの精神崩壊っぷりだった。
場所は早稲田大学だった。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
綿矢じゃね?

89 :吾輩は名無しである:04/01/18 23:44
>>87
あなたは?

90 :80:04/01/19 08:47
>84
サンクス
それしかないかと思いつつ、何とかならんものかと思ったもんで。
そもそも騒ぎが収まったころ、来ればいいんだよね。

>88
そういう人はバブル期の大手証券会社にもいたらしい。
自分のしていることがあまりに詐欺まがいと自覚してのこと。
まあ、いつでもどこでも有り得ることさね。

91 :未来からの遠隔操作:04/01/22 23:58
452 :吾輩は名無しである :04/01/20 12:20
歴史とは、ひとつの逸脱の軌跡というか蓄積にすぎないものだから、
今までとは違う傾向とニュアンスを持った「芥川賞作家」が登場することは
少しもかまわないし、むしろそれは当然のことなのでしょう。
それよりも重要なのは「未来」から照射されてくる『現在』進行形ingですね。

92 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:07
聡明ないいレスを見かけたので91に貼ったよ。
良い悪いは別にして何事の歴史においてもズレ=差異は生じるものだよね。
で、何かこれまでと違うもの、新しいものを求める気持ちは誰にでもありながら
反面ではそういう異質さや新奇さを思わず排除しようとしてしまうのも
人間の、「悲しい佐賀♪」なのかどうか。
つまり上に書いたような反応をしてしまうのは視野が狭いと思うよ。
現在しか見えていない。
過去、そしてまた未来をもひとつのパースペクティヴに収めて考えること。
そして定住民的ではなく遊牧民的=ノマドな柔軟性をもって感じること。
そしてまた、ある夢を未来にイメージして、そこから現在を見つめること。

93 :吾輩は名無しである:04/01/23 00:11
今19歳なんだけどあまり活字に触れてこなかった。
ここは押さえておけって古典や作家を教えて。

94 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:13
>>93
もう少し具体的な好みをきかないと。

95 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:14
たとえば、文学は「なぜ」衰退するのか、という問い。
「なぜ」という問いは衰退の原因の方にベクトルを向けるわけで
それはやはり現在から過去のほうへ視線を向けてしまう。
もちろんそうした視線も大事ではあるんだけれども
もし現在から未来へとベクトルを向けようとしたときには
それだけじゃ足りない。じゃあどうしたらいいのか―。

96 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:15
たとえば、まず文学は衰退していっていると仮定してみるのもひとつ、
で、その上でどうしますか、という問い方。

97 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:19
未来という未知なる場所に一度身を置いてみた上で
そこから現在を眺め返すという視点は有効かなと思った。
それによって現在中心の視点を脱臼させ、広く長い視野を獲得。
その上で、現在を見つめなおし、考え、行動する。

98 :吾輩は名無しである:04/01/23 00:23
>>95>>96
こんなとこにいないで衰退スレへおいで。

99 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:29
うーん。自分でもよくわかってないままに書き散らかした。

>>98
招待ありがとう。でも「衰退」にはあまり関心が向かなくて。

100 :吾輩は名無しである:04/01/23 00:32
>>99
衰退は今荒らされてるしね。
じゃあ彰スレにおいで。

101 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:36
>>100
浅田氏は昔はドゥルーズ>デリダだったのが
いつのまにかデリダ>ドゥルーズになっているような。

102 :吾輩は名無しである:04/01/23 00:40
>>101
だから浅田スレでそれやってってば。

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1074436195/l50

103 :吾輩は名無しである:04/01/23 00:44
文学部系で地獄変読んでない人がクラスの半分以上だった。
泣きそうになりまつた・・・。

104 :吾輩は名無しである:04/01/23 00:45
雲の糸は読んだよ。たぶんあれが最初の文学体験なんだろうなァ。

105 :未来からの遠隔操作:04/01/23 00:45
>>102
ごめんよ。ドゥルーズが好きなんだ。
彼のいうマイナー文学には「未来からの触手」を感じるよ。
ノマディスムも空気の通りをよくしてくれるし。
もっと日本人は遊牧民(ノマド)の感覚が必要なんじゃない?

106 :吾輩は名無しである:04/01/23 01:37
>>105
日本人にはもっと遊牧民の感覚が必要だと思うよ。島田雅彦の初期小説
「アルマジロ王」や「預言者の名前」にはそれがあったといったら、君に
失礼だろうか?

107 :吾輩は名無しである:04/01/23 01:53
>>105->>106
それってバブルの頃からずっとやってきたことじゃん
いいかげん無理がきてる気がすっけどね〜

108 :90:04/01/23 09:13
>>92
>反面ではそういう異質さや新奇さを思わず排除しようとしてしまうのも
>人間の、「悲しい佐賀♪」なのかどうか。

上の流れをこういうパターンでしか解釈できないことが、すなわち
視野の狭さと思われ。文学板は多義的な読みができない人が多いように
感じるのは気のせい?
いつもそれで悲しい思いをする。


109 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:00
金スマのストーカー女の話、
望月峯太郎の『座敷女』丸パクじゃねえか。
テレビってすごいことするよなあ。

110 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:16
ところでさ、町蔵っておさむ?

111 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:19
>>109
マジ?
座敷女のドラマ化してたのかよ!

112 :ジギー・スターダスト ◆yJ0qmb8yh. :04/01/24 01:41
偶然だけど初めて1000をとったよ。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1072070695/l50

113 :吾輩は名無しである:04/01/24 01:48
>>112
さすがジギー。

    ジニーより

114 :ジギー・スターダスト ◆yJ0qmb8yh. :04/01/24 01:52
>>113
グッドナイト! 楽しい夢でも見れるといいね。
「夢を見ているという夢をみるとき、我々は目ざめに近い」
といっていたのはノヴァーリスだったかな。関係ないけれど。


115 :吾輩は名無しである:04/01/24 01:53
そのスレでジギーとジニーを登場させたのは俺だ!!

116 :吾輩は名無しである:04/01/24 01:55
>>114
デビットボーイ野郎め。

ハンキー・ドリーが最高なんだろ?

117 :ジギー・スターダスト ◆yJ0qmb8yh. :04/01/24 01:55
>>115
中尉殿? Ziggyは二人を結びつけただけだから。グッドナイト!

118 :ジギー・スターダスト ◆yJ0qmb8yh. :04/01/24 01:59
>>116
やっぱレディ・スターダストかな。グッドナイト!

119 :吾輩は名無しである:04/01/24 02:12
>>118
あの曲、ありがとう。グッドナイト&グッドパイ!

120 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:13
>112
けっこう楽しく遊べたね、あのスレ。
おさむが思いっきしぶちこわしてたけれど。

121 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:37
例のスレの↓

995 :吾輩は名無しである :04/01/24 01:36
「おさむいるなら、ある書き出しを批評してくんないかな」


http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1074776614/l50
ここに貼っておいてくれれば漏れなく批評するよ♪

122 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:43
おさむは試験シーズンだから勉強すれ。

123 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:44
美大は修士とか博士は論文? 制作?


124 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:45
>>120>>112
結構みんな才能あったよ。
おさむが思いっきしぶちこわしてたけれど。

125 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:46
タマ美なら港千尋の講義出たことあるよね?

126 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:46
>>123
美大はたぶん卒制だよ。

>>122
終わったYO!


127 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:47
>>125
ないよ

128 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:47
才能って便利なことばだ。

あそこで必要なのは、前の流れを読み込んだシャレの才能だ。
文才は






                      いらない。

129 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:49
>127
ださい。

130 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:51
>>124
あんなクソスレ完膚なきまでぶち壊してやるよwww

131 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:52
>>129
ださいくない。

132 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:53
おさむではまだ力不足だ。

133 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:54
AA貼るのが関の山だ。

134 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:54
おさむのいるところ、すべてが糞スレだよ。

135 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:55
少しは良スレと呼ばれるところで、「文学」を語ってみな。

136 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:56
正直、折れの新作をうpすれば潰せる。はず。

137 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:56
港千尋の写真はいいな。小瀧達郎の方が好きだが。
彼の評論も難解そうに書かれているが、取り上げている素材がカコイイ

138 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:57
>>135

「文学」は語るものではない。馬鹿だな。呆れるよ(プゲラ

139 :吾輩は名無しである:04/01/24 12:58
みんな、おさむに文学を語らせるなんてナンセンスだ。
おさむは文学を演じていればいい。
リアル社会でも、ここでも。

140 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:59
港千尋って折れ氏らね。作品のリンク張って!
でも漏れは写真は女の裸意外に興味ないけど。

>>135
おまえらは文学にかこつけておしゃべりがしたいだけなんじゃないのか?w

141 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:01
まあ、漏れの文学的なスレッド「とりスレ」をゴミ箱逝きにしたいただから名。
ばかばっか。

142 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:02
234 名前:おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 12:48
ニーチェって馬鹿そうだけど偉そうだね。


235 名前:吾輩は名無しである :04/01/24 12:50
>234
まんまチミのこと。

きょうはおさむでもいたぶりたい気分だ。
それで、午前中の疲れを晴らす。



折れは文学だから、馬鹿でも態度がでかくても、そのもっともな理由があるのさ。

143 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:03
>140
悪いが、いまチミに奉仕する気がない。
港先生は今、ヨーロッパで研究中だったと思う。

かっこつけなくても、チミは「写真」に限らず女の裸好き
じゃないか。

144 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:04
>もっともな理由

説明できるかな♪

145 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:05
俺と遊ぶんならチャット状態にするのが大前提だ。
そうでないなら、漏れは外出しちゃうよ。>>235

忙しいんだ、俺は。

146 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:07
>>144

漏れは「文学」である→「文学」はエライ!→折れはエライ!!!!


>>143
裸の女がすきですが、それよりも脱ぎかけの女性がもっと好きであります!

147 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:08
おさむは文学板という崩れかかった荘園に取り残された
ガチョウのようなものだ。

みんなでエサをときどきあげてかわいがってあげないと
飢えて死ぬ。でも、そんなガチョウは死んでもいいと
思う者が多いのが世間というものだ。

148 :誘導員:04/01/24 13:08
おさむくんはこちらへ
http://book.2ch.net/book/index.html#2

149 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/01/24 13:09
>>147
本人は醜いガチョウの子だと言い張っている。

150 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/01/24 13:10
>>148
IEの場合はいったんスレを開いて⇒
右クリック⇒ショートカットをコピー。
それだと二番目のスレが開くだけだ。

151 :235:04/01/24 13:10
>145
そんな忙しがらないでも、用事があるなら遠慮せず
出かけなさい。

152 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:10


いま、1bがうまいこといった!座布団二枚ほど

153 :235:04/01/24 13:12
ちなみに自分はガチョウはいないよりいた方がいいと思う。
たまに遊ぶとかわいいところもあるから。

154 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:13
>>151
用事はあるのではない。作るものだ!

155 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:14
みんなでエサをときどきあげてかわいがってあげないと
飢えて死ぬ。でも、そんなガチョウは死んでもいいと
思う者が多いのが世間というものだ。


これは芸術一般に当てはまることだ。ゆえに導き出されるのは漏れは芸術だってこと。

156 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:15
おさむと1bはこちらへ↓
【ブタ】100店目!文壇BAR【先生】

157 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:16
やっぱ、おさむはうざい。

158 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:17
おさむは早く適当に結婚でもして、どんどんいろんなものを
しょい込んだ方がよさそうだな。

そのまますきほーだいやってるとじぶんをもてあまして
はんざいにはしる。というより東電OLみたいになりそうな
きがするが、それほどだいたんでもないきもする。

159 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:21
いろいろ背負い込むのはいやだ。文章も貧乏ったらしくなっちゃう。
すき放題に制作したい!!

ところで東電OLって何したの?

160 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:25
渋谷の坂の上の方で身をひさいでいた。
しかし、最後はお金が目的でもなく、はした金で応じて
いたというから、いわば自傷行為というか、堕落する
自分を楽しんでいたというやつなのかな。

161 :吾輩は名無しである:04/01/24 13:32
>159
お嬢と結婚すれば貧乏くさくならないよ。
仕事もしなくてもいいかもしれない。

162 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/24 13:43
それはとても良い。

163 :吾輩は名無しである:04/01/24 15:07
馬鹿キャラじゃなくて、まんま馬鹿。

164 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/01/25 04:10
だがそこがいい。

165 :吾輩は名無しである:04/01/25 07:39
>>164
こういう自演にむなしくならないところはばかそのもの。

166 :吾輩は名無しである:04/01/25 07:43
だがそこがいい。

167 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/01/25 17:56
おい馬鹿者、私は自演などしていない。濡れ衣だ。

168 :吾輩は名無しである:04/01/25 19:05
自演がどうとか言うやつは頭のおかしい妄想狂だからほっとけ

169 :吾輩は名無しである:04/01/25 20:59
おさむが馬鹿だと思っているやつは多いので、
自演だと指摘するだけ無駄だ。
それを信じたくないのは、おさむ本人以外にはいない。

170 :吾輩は名無しである:04/01/26 00:12
おさむのせいで矢部氏が衰退スレから去ってしまった。
おさむ、責任取れ。

171 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/26 01:19
>>170
話をすりかえてんじゃねーよ!それはかんけーねーだろ!!
>>169
お前もすりかえてる!!このインチキ・ポルノ野郎が!!
>>165はおさむ叩きのことを言ってんじゃねーだろ?
もしかしたらてめえか、おさむ叩きやってんのは?
ああん?「思ってるやつは多い」とか、他人の陰に隠れてもの言ってんじゃねーよ!
チンポの腐ったハクサイ以下、ゴキブリ以下、おれ以下だな!!
おめえみたいなのを、淳1bって言うんだよ!!!
(この「淳1b」は実在する淳一氏や1b氏とは関係がありません)
>>169-170
とりあえずお前ら運動場百周してだな、
それから県庁までマラソンして屋上に整列して服脱いで「おかあちゃーん!」て絶叫して来い!

疲れたから寝る!!!


172 :吾輩は名無しである:04/01/26 01:41
つーかコテの醜い争いを他スレに持ち込まないでほしい。
文壇バーで好きなだけやれよ。
いい加減糞コテにはうんざりだ。

173 :吾輩は名無しである:04/01/26 02:39
>チンポの腐ったハクサイ

    ?????

174 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/26 06:22
>>171
淳1bは地下に帰ったので、もう放置してあげてください。
見かけても、声をかけないでね!
(この「淳1b」は実在する淳一氏や1b氏とは関係がありません)

175 :吾輩は名無しである:04/01/26 15:10
>>174
淳1bといっしょに地下にお帰り。
もう声をかけないですむようにね。

176 :吾輩は名無しである:04/01/26 18:35
あのね、この間「ブリジッドジョーンズの日記」てビデオを見たんですよ。
そしたらその中でヴォネガッドがカフカと並び称さる作家みたいな
感じで会話の中で出てきたんですね。
欧米でのヴォネガッドの評価ってかなり高いんですかね?
僕はね一冊しか読んだこと無いんですけどぶっちゃけつまんなかったんですね。
ヴォネガッド。あれはどの辺りが評価されてるんですかね。
ちなみに僕が読んだのはガラパゴスに行って遭難して変な日本人があざらしに
なっちゃうというなんともはやという内容だったような気がします。

177 :吾輩は名無しである:04/01/26 20:53
>>176
「カフカと並び称さる」ってのはガクッだけど。
でも『スローター5』は面白いからヲススメ。

178 :吾輩は名無しである:04/01/27 00:57
 

179 :ロム者:04/01/27 10:01
>>176
ちなみにヴォネガッドではなくヴォネガットVonnegutね。

180 :吾輩は名無しである:04/01/27 14:09
俺ずっとヴォネガットのことをヴォガネットと間違えて覚えていた

181 :吾輩は名無しである:04/01/27 14:21
やめてくれ!
こっちまで間違えそうになる。

182 :吾輩は名無しである:04/01/27 20:42
作者名読み間違い覚えの定番は

折口信夫
大佛次郎


183 :吾輩は名無しである:04/01/27 20:50
俺小学生の頃、赤川次郎ってすごい文豪で
もうこの世にはいない人だと思ってた。

184 :吾輩は名無しである:04/01/27 20:53
TVにかぶりついてたら餃子が丸焦げになりますた

185 :吾輩は名無しである:04/01/27 20:55
ほんまに雑談やね、それ。

186 :吾輩は名無しである:04/01/27 20:55
>>184
なんのテレビ見てます?

187 :吾輩は名無しである:04/01/27 20:56
>>185
まぁ、ここ雑談スレだから。

188 :  :04/01/27 20:59
プライド見逃したし。ぜったい見るつもりなのに。全部見てない。
あと白い巨塔も見逃した。

189 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:03
おさむちゃん、もうヘロヘロだおっ♪♪

190 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:06
プライドってキムタクのやつかな?
白い巨塔もみたことないや。

191 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:07
おさむ君、最近ころにゃんの芸風ぱくってるね

192 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:08
おさむのお勧めのテレビ番組は?

193 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:09
今日、漏れ夕飯抜きで呑んでるからかなりキテル!スゲー!!

みんな、文学話してくれよ1!!

194 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:10
>>191
くそころ来なくて寂しいよ。

>>192
TV最近見てないよ。

195 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:10
ついでに美香の酔っ払い芸風もぱくってるね

196 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:12
そういやさ、ころにゃんホントに見かけないよな。
マジで卒業しちゃったのかな。
ころにゃん好きだったのに。

197 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:16
>>195
だれでも文学板を夜見てるときには呑んでいるオッ♪

>>196
この前見かけたけど、めちゃくちゃ下手糞な小説書いてたよ。

198 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:17
ちなみに今折れ、勘弁パクッてセルジュ・ゲンズブール聞いてるよ。


199 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:17
>>197
お前が言うなよ >下手糞な小説

200 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:19
>>199
折れの小説はうまいからね。最高だよ。

ちなみにジンロ呑んでるよ。

201 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:19
ゲンズブールっておさむのイメージと合わないな…

202 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:20
ジンロっておさむのイメージにぴったりだな…

203 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:21
俺はオーストラリア産の白ワインを飲んでるぜー

204 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:22
>>201
ゲンスブールはすきだおッ♪エロオヤジだからね。

>>202
普段は いいちこ だおっ♪♪

205 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:23
ゲンズブールは短銃で自殺願望が合ったらしいけど、漏れと一緒だね♪
もれも自殺するなら短銃が良いよ♪

206 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:25
おさむは死にたいのか?
理由は?

207 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:25
今日は何も読まず、何も書いていません。
作家たるもの、一日ニ時間は執筆しなきゃいけないと源一郎先生が言っていました。
僕も頑張ります。応援ありがとう!!!

208 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:26
>>206
理由なんてなくて、時たま死にたくなります。
目下死にたい理由ナンバーワンをあげるとしたら、初恋の彼女からメールが来ないからです。

209 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:27
おさむはさ、官能小説家になったほうがいいよ。

210 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:27
死の願望・・か。おさむは鳥インフルエンザを名乗ってるくらいだからね。


211 :ライチ ◆R.PXZXcgOE :04/01/27 21:27
死ぬなら死ぬ前にひとこと言ってください。
黙ってしなないでくれ。頼む。

212 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:28
なんでこんなに不自由なく何でも揃ってる漏れが辛いのでしょう!?
世間一般の下々どもはもっと辛い人生なのかな?想像つきません!!!

213 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:29
>>211
見ず知らずの他人にこれから死にますって言われてもなぁ
はぁそうですかとしか言えんわな

214 :ライチ ◆R.PXZXcgOE :04/01/27 21:30
止めないけど、その前におごってやるからメールよこせ。

215 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:31
ああ、ライチってごはんなのか

216 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:31
>>209
もれは別に性欲が多摩ttるわけじゃないよ。

>>210
名乗ってないよ。まじで。

>>211ライチ
漏れは自殺は短銃しかやだけど、短銃は手に入れてないからまだダイジョウブです。
白石の奴レスしといたよ。べつに白石が嫌いなわけじゃないんだよ。

217 :プラッシー ◆HL/WZGGPYY :04/01/27 21:33
おさむガンガレ!

218 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:33
ライチのメアド、執筆中にMSN二週間以上見なかったら消えちゃったよ。
スマンコ。
そのうち、小説公募の結果が出たら漏れのメアド晒すから、そのときよろ^>>ライチ

219 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:35
また変なコテがきた

220 :ライチ ◆R.PXZXcgOE :04/01/27 21:35
>>215
ライス→ライチw

>>216
>漏れは自殺は短銃しかやだけど、短銃は手に入れてないからまだダイジョウブです。

そっか。まあ何かあったらメールくれ。
何もしてやれないけど話ならいくらでも聞くから。

>白石の奴レスしといたよ。べつに白石が嫌いなわけじゃないんだよ。

おう、わかってるよ。
たぶん白石自身が一番わかってる。
俺のレスよりおさむの方が面白いから、あれは俺の負け。
まあ、あとでレスはつけとくけどねw


221 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:36
>>218
何の雑誌に応募したんだ
おしえてえろいひと

222 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:36
どうでもいいけど、小説書くってマジ神経擦り切れる。
妄想とか激しくなるし。ヤバイ。人と話さないとヤバイ。


223 :ライチ ◆R.PXZXcgOE :04/01/27 21:36
>>218
うん。あまり飲み過ぎないようにね。


224 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:39
>>221
群像だよ。
はやく電話来ないかなーーー♪

225 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:42
ちなみに昨日人と話したらちょっとダイジョウブになった。
缶詰はマジやばい。コンビニ店員しか鼻最愛から、



226 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:42
一次の連絡いつぐらにくるの?

227 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:45
やっと文学板の雰囲気もとの戻ったね。
酒がすすんでいい感じ。芥川所うんと木は酷かったからね。

ちなみに漏れは結構もてるけど、好きな人からはもてないんだよね。
意味なく、オナニー青年だね。

228 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:46
>>226
文芸板によると二月の下旬らしい。電話は。


229 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:49
>>227 ちなみに漏れは結構もてるけど、好きな人からはもてないんだよね。

もてない人はみんなそう言うね。

230 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:49
はうーーーー♪

231 :吾輩は名無しである:04/01/27 21:51
>>228
ワープロ原稿って 20×20?
フォントはいくつ?

232 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:52
>>229
もてる人はみんなそういうよ。だって、確率的にも好きじゃない人が好いてくれるほうが多いしね。
さいあくだね。おっぱい!!!

233 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:55
>>231
四百字詰めで、百五十〜二百くらいでつ。
漏れ的には気に入っているんだよ!!結構♪♪

234 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 21:58
それにしてもゲンズブールはカコイイね。漏れの次くらいに。

235 :吾輩は名無しである:04/01/27 22:00
>>233
何がテーマ?
落選歴はあるの?

236 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/27 22:02
>>235
あい、じゆう、友情だおっ♪
落選歴はないっす!!!

237 :ライチ ◆R.PXZXcgOE :04/01/27 22:03
>>236
おさむそれじゃ少年マンガだよw

238 :りさの写真見ながら:04/01/27 22:35
牛の涎の如く精液を垂れ流すが........

239 :吾輩は名無しである:04/01/27 22:42
>>236
最初のほうだけちょっと書いてみてくれない?


240 :吾輩は名無しである:04/01/27 22:46
おさむって、ただの馬鹿から、モノホンのキチガイの領域に達してない?

241 :吾輩は名無しである:04/01/27 22:58
おさむ=238

242 :吾輩は名無しである:04/01/27 23:00
しかし、リサタンの芥川賞は結構な祭りになったな
やっぱ芥川賞って未だに権威があるということか。

243 :吾輩は名無しである:04/01/27 23:03
またランディスレが立ったか・・
あいつらもよく飽きないよな

244 :吾輩は名無しである:04/01/28 04:46

分娩時に うんち 出ちゃった人いる?
http://life.2ch.net/baby/kako/994/994649305.html

245 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/28 05:53
>>240
酔ってたとはいえウンコみたいな言葉を垂れ流しているね。
己の事ながら恥ずかしい。反省!!

>>239
それは勘bennn!!

今起きた。ネットしながら寝てました。

246 :吾輩は名無しである:04/01/28 19:31
オマイら何を垂れ流す?

247 :吾輩は名無しである:04/01/28 21:40
全集の価値ってあるのかなあ?
重いし、読みにくいし、かさばるし・・・

248 :馬鹿者:04/01/28 21:47
>>247
単行本に収録されず、全集の巻でしか読めない作品もあるしね。
ただ筑摩と講談社は結構全集から文庫化してるからなぁ。
集英社の「世界の文学」だったかは学生のとき結構買ったな。

249 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/01/28 22:13
最近、一日に六、七個新スレが建っているような……。

>>248
>全集の巻でしか読めない作品
これに釣られて高い全集を買ったらあとでそれが単行本化されたことがある。
「遠藤周作文学全集14」に収録された「満潮の時刻」。
あとでこともあろうか文庫化されてしまった。

250 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/01/28 22:28
やぁ、みんな。

251 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/28 22:42
どうもどうも!

252 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/28 22:46
つまらんね。

253 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/01/28 22:48
今日は僕の上には少なくともミラーボールがない。

254 :吾輩は名無しである:04/01/28 23:13
ミラーボールがあってもライトがなきゃ意味ないよ、発光してないんだから。

255 :吾輩は名無しである:04/01/29 00:13
ミート・ボールをホールにぶらさげ。。
ミラー・ボールを肉叉で串刺し

256 :吾輩は名無しである:04/01/29 17:08
最近美香とおさむの文学板における立場が逆転しつつあるような・・

257 :吾輩は名無しである:04/01/29 17:43
美香に代わって、おさむが嫌われているという意味なら同意見だ。

258 :朝目が覚めたときぼくは・・・:04/01/30 10:51
ぼくは時々水族館に行くんだ。
そこでナポレオンフィッシュなんかが泳ぐのを見る。
なぜか泳ぐ魚たちを見ると自由な気分に浸れるんだ。
ぼくは友達はいないことはないけど少ない。実をいうとホストやってる。
世の中の汚いものも随分目にしてきたし、女の陰の部分も目にしてきた。
でも、一度汚いものを見てしまうとただ幻滅を味わうだけじゃなく、
美しさにも新鮮な感覚を味わいやすくなるという面もあるよ。
スレを汚してしまったかもしれないけど、ごめん。
でも、ぼくのレスが他の人のレスを輝かせることができれば
それはそれで役目があったかな、と思うことにして、消えるよ。

259 :吾輩は名無しである:04/01/30 11:00
粘着の数
おさむ<美香

260 :吾輩は名無しである:04/01/30 15:09
>>258
いや、消えないでくれ。女の陰の部分についてもう少し詳しく話してくれないか?

261 :吾輩は名無しである:04/01/30 19:05
>>258
というか、禿げしくネタくさいんだが

262 :吾輩は名無しである:04/01/31 06:04
朝だ。さあ今日は休みだ。

263 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 10:28
>おさむ

女の脚の奴読んだ。技術的にはかなりかも。
描写がくどいとか言われてたけど、あえてそこを描写していくという「意思」が、
文体に宿っていた。時に擦れるけどきちんと推敲すればよくなるでしょう。
でも気になるのは、おれにはすべて見せてない的な感懐が二回入るとこ。
なんかそこが唐突で甘くなるような気が・・・描写なら描写で押す。
感懐を入れるなら、それに必然性を持たせるように、全体を組み立てを工夫したらどうかな。
余計なこと言ったかもしれない。すまん。

あと気になってたんだけど、もし受賞したら、2chとの関係はどうするの?
私は「おさむ」でしたって表で言うのか、それとも知らんふりするか。
受賞後も「おさむ」は続けるのか、続けるなら受賞のことバラすか、黙ってるか。
今は答えられないかもしれないけど、悩ましい問題だよね。




264 :吾輩は名無しである:04/01/31 10:33
これで、「おさむ=鳥インフルエンザ」であることが明らかになったな。

265 :鳥インフルエンザ ◆c0RZqMDFxs :04/01/31 10:53
とか言う奴が出てくるから、おさむにはすまないね。
でもいいとこはいいと言える奴だけが、悪いとこを悪いと言えるからね。
おれには見せてないというとこも、その感じそのものは面白い。
でも描写の中でなんか浮く気がしたんだよな。
誰も言ってない鋭い指摘だと思うぞ。



266 :吾輩は名無しである:04/01/31 17:01
KANIのジャージ着た若いカップルがアイフルから出て
パチンコ屋に直行するのを目撃したときぐらい寂しい。

267 :吾輩は名無しである:04/01/31 22:36
なるほどなあ・・・。

268 :吾輩は名無しである:04/01/31 23:31
何が?

269 :吾輩は名無しである:04/02/01 00:02
あれが。

270 :吾輩は名無しである:04/02/01 01:16

このスレ、ふいんき(←なぜか変換できない)いいですね。

271 :吾輩は名無しである:04/02/01 01:55
このスレ、うましか(←なぜか変換できない)っぽいですね。

272 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/01 01:56
ふんいきだよ。
ふいんきではない。

>>鳥インフルエンザ
とりスレの元住人だけあって、僕の意図を理解してもらえたようで嬉しいです。

>でも気になるのは、おれにはすべて見せてない的な感懐が二回入るとこ。
というのも、この部分はストーリの都合だからです。
ラブストーリー(ではないんだけど、その類の事を扱う)の一部で、の
主人公の思い悩み、みたいなものです。
言い訳っぽくてガッカリするかな。

もし受賞したらメール交換の経験のあるコテには言うつもりです。
ここではきっと発表しないよ。でも文体や内容で漏れだとわかる人にはきっとわかっちゃうなぁ。
といっても全編こんな文体ではないけど。それでもわかっちゃうっぽい。
ここでバレるのは良いんだけど、身近な人間にばれるのはいやだなぁ。

273 :吾輩は名無しである:04/02/01 01:57
このスレ、たいく(←なぜか変換できない)会系ですね。

274 :吾輩は名無しである:04/02/01 02:00
このスレ、おさむ(←なぜか受賞できない)がいいですね。

275 :吾輩は名無しである:04/02/01 05:31
つ、つ、つ、つられてる人がいる〜!!
いまどきっ、こんなネタにっ!

←なぜか変換できないのガイドライン
http://that.2ch.net/test/read.cgi/gline/1074839941/

276 :258:04/02/01 10:17
ひとりでもぼくの話に、もし耳を傾けてくれるのなら
もう少しだけくだらない話をさせてもらっていいかな。
もちろん虚構だと思って読んでもらってかまわないから。
ぼくの店に来る客の大半はキャバ嬢やホステス。
彼女たちは男=客に対してたまったストレスを
今度は自分が女=客になって立場を入れ替える事で
精神的なバランスをとろうとするんだ。
それはもうしっちゃかめっちゃかのお祭り騒ぎ。
そういうのはきらいじゃないけどね。
でもオヤジに貢がせた金でぼくらに貢いでるんだから世話ないよ。

277 :失望した人:04/02/01 20:19
テロに対してテロを返す報復行為が最近見られました。
もっと別の方法・手段はなかったのでしょうか?
コテVSコテの争いで犠牲になる人たちがいます。
国VS国の戦争でそれぞれの無実の国民が犠牲になるように。
最初にテロ行為をしたものが悪いのだとしても
そのテロ行為をさらに拡大した人も立派なテロリストです。

278 :吾輩は名無しである:04/02/01 21:39
最初にテロを起こした奴が書いているなら興ざめ。

279 :277 ◆To5AEHU3OY :04/02/01 22:07
>>278
違いますよ。どうか勘ぐらないでください。
雑談コテの人たちはみんなどうしようもない人たちだと思っています。
しかしそういう人たちは叩けば逃げ去っていくと思いますか?
叩くことがますますテロ行為をエスカレートさせるのではありませんか?

280 :吾輩は名無しである:04/02/01 22:17
雑談コテもケースバイケースだろうね
スレ違いの雑談でそのすれを荒らしてるコテは殺してもいいけど
スレの話題に沿ってカキコしてるところに
粘着して荒らしてる名無しもどうかと思うよ

281 :吾輩は名無しである:04/02/01 22:28
作家スレで名無しで荒らしているのが雑談コテの人でしょう。
ジョイススレや高橋源一郎スレを見ればそれがわかりますよ。
雑談コテでマシなのはファルスマンと鳥インフルだけでしょう。

282 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

283 :吾輩は名無しである:04/02/01 23:15
国家資格の政府学及び政府法及び情報処理学及び情報処理法及び通信処理学及び通信処理法及び処理情報学及び処理情報法及び処
理通信学及び処理通信法及び情報学及び情報法及び通信学通信法及び情報通信学及び情報通信法及び通信情報学及び通信情報法奨
学及び奨法及び伝えたい学伝えたい法及び謙遜学及び謙遜法及び相手学及び相手法及び挨拶学及び挨拶法及び謝罪学及び謝罪法及
びわび学及びわび法及び言葉学及び言葉法及弾劾学及び弾劾法及び怒号学怒号法及び表現学及び表現法及び疎通学及び疎通法及び
電話学及び電話法及び電波学及び電波法及び会話学及び会話法及び家族学及び家族法及び親族学及び親族法及び遺族学及び遺族法
及び逮捕学及び逮捕法及び検挙学及び検挙法及び警察学及び警察法等を最優秀に履修し終えた謙遜御方々に助けられたい。あなた
さまの国家資格学術にも助けられたい。魔学及び魔法及び魔法学及び魔法法で法律の自由平等平和に致します。今現在の法律の表
現での自由平等平和に魔学及び魔法及び魔法学及び魔法法で致します。 あなたさまの国家資格学術にも助けられたい。

284 :吾輩は名無しである:04/02/01 23:36
一番悪いのは最初にテロを起こした人でしょう。
傍目で見ている分には、冷たい様だけど自業自得だと思ってる。

イタチごっこの根っこが解消されない限り、治安は良くならないでしょう。
愚かな行為で愚かな返り討ちに遭い続ける愚かさを自覚しなければ
何年経ってもずーっとこのままだと思う。

285 :吾輩は名無しである:04/02/02 14:51
199 :吾輩は名無しである :03/09/05 22:18
「美香」というのは最低最悪のジエン糞コテなんだよ。
あれほど醜悪で低劣なコテハンは、2ちゃんでも珍しいんじゃないか?
豚だよまさに、自己中の豚。
「2ch」が一種公道のような公共掲示板であることを頭から無視。
臭すぎる自分語りジエンの涎と糞をそこら中に垂れ流し、
見境なく薄汚い糞スレをたてまくり…
紙屑ほどの価値もない糞レスで、文学板を屑箱のようにした。
くだらなさを通り越して、
病院に隔離の方が似合うキモさ。一片の同情にも値しない<糞コテ

286 :吾輩は名無しである:04/02/02 15:46
スルー出来ない馬鹿がおる限り(以下ry

287 :吾輩は名無しである:04/02/02 20:54
北朝鮮国民の様に泣き寝入りするしか(以下ry


288 :美香 ◆.tAAWy53to :04/02/02 21:04
北朝鮮国民のように泣き寝入りしてほしいのだ、わたしは!

289 :吾輩は名無しである:04/02/02 21:17
美香さんのファンです。頑張ってください。
美香さんを邪魔する淳一bは徹底的に叩きます


290 :吾輩は名無しである:04/02/02 21:23
せいぜい自分で自分を励まして(w


291 :吾輩は名無しである:04/02/02 21:24
文学板の私物化を図る淳一1bは、
美香嫌いの私から見てもうざい存在です。
気にいらなければ反論すればいいのに、
スレそのものの抹殺をもくろむ淳一1bは、文学板の恥でもあります。

292 :吾輩は名無しである:04/02/02 21:26
>「美香」というのは最低最悪のジエン糞コテ
同意します

293 :吾輩は名無しである:04/02/02 21:51
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1074229507/l50


294 :牛BSE ◆g7v7Ij2cLg :04/02/02 21:55
ここは私向きのスレだよなあ。
これで牛、豚、鳥が出揃ったわけだね。
で、準いちびいと美香はわたしの家畜です。
みなさんどうもご迷惑をかけてすいません。
でもどうかエサを与えないでください。
ホントは二人とも良い子なんです。
二人とも弱い子なんです。
みなさんどうか、どうか・・・。

295 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/02 23:31
文壇バーへ行きたいのですが……道に迷ってしまって。

296 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/02/03 07:40
>>276
オレも大学時代メンズパブでバーテンをやっていた事があって、客層はそんな感じでした。
もっとも、うちは店の中だけで遊べば良く、ノルマもなくてぎりぎりホストではなかったけども。

店長は三回結婚して八人の子供がいるロクデナシで、夜の町でだけ生きていけるような男でした。
松っちゃん似で場を盛り上げるのが天才的に上手かったけども、一人の時の寂しい顔の方がオレは好きだった。
呑み帰りのおじさんと歌い、夜のお姉さんと馬鹿笑いをしてボトルの酒で潰れるのがオレ達の仕事で
昼頃目が覚めたら店のソファーだというのは日常茶飯事だったし、
知らない県の知らない駅で、課題作品の講評会まで一時間という事もあった。
あれはまさに乱痴気騒ぎだった。当時の彼女はよく許してたよなぁと思う。

そういうカオスの中で、呑んでる人たちを見てると女も男もないね。
精神は消えて、感情は失せて、純粋にそこにあるのは一個の肉だけになってしまう。
いくら綺麗な女に色目つかわれても、誘われても、ちっとも感じない。
携帯番号すら教えずに適当にかわしいたし、おじさんの愚痴や体験談を聞いてたほうが全然たのしかった。
フェミニズムというのが女性をいたずらに奉るという事でなく、男女の差を無くすという事ならば、
これはひょっとして永遠のフェミニズムなのかもしれないと、酒気と嬌声のまんなかで思っていました。

結局バーテンは、酔った店長と夜中の繁華街でストリートファイトしてやめてしまったけども
色んな事を教わったし、まぁおもしろい日々だったなあと今になればそうおもいます。
つい二、三年前の事ですが、レスを見て懐かしく思い出しました。

>>285
邪魔した事は一度もないが、やるなら雑談スレッドだけにしときなね。
作家スレとかに迷惑はかけんようにしなよ。

297 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/02/03 09:04
上記は>>285じゃなく、>>289さんへ。
レスにつられて久々の自分語り返信してしまいました。
お嫌いな方は、スルーしてやってください。


298 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:13
>>296
いままで見たきた淳一のレスの中で一番面白く読めた。
何故、面白いと思ったのか自分なりに考えてみると
そこはリアリティがあり、ストーリーが有ったからだろう。

大学時代のバイトということにリアリティがあるし
まっちゃん似の店長てのもそこはかとなくリアリティがあるし
酒を飲んだ乱痴気騒ぎの中では性欲は減退するというのも
そうかもしれないと思わせるものがあった。
小説の面白さもそういう面に負うところも多いだろう。

でも淳一は嫌いだけどな。

299 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:32
リアリティというものについて考えてみたい。
事実をそのまま書けばリアリティなのか。
たしかに事実は小説より奇なりという言葉の通り
現実が描く絵は個人の糞みたいな脳が作り出す
小説よりはるかに凌駕する感動をもたらすことが多い。

しかし現実が持ち得ないリアリティがあるからこそ
人は小説を読み、映画を見るのではないか。
いや、そうではない。私が言いたいのそうではない。
淳一のレスは事実であるとは限らない
しかし、彼のテキストからは確かに現実(リアル)の匂いがした。
テキストによって相手を信じ込ませること
確かにそうかもしれないと思わせることこそ小説の真髄ではないのか

酔っ払って自分でも脈絡のない文章を書いてしまった
ただ一つ、別に淳一をほめたわけではないということを強調しておきたい。

300 :◆c0RZqMDFxs :04/02/04 01:30
俺も釣られま〜す。・・・で、やっぱそれは文章の力が大きいと思う。特に

>店長は三回結婚して八人の子供がいるロクデナシで、夜の町でだけ生きていけるような男でした。
>松っちゃん似で場を盛り上げるのが天才的に上手かったけども、一人の時の寂しい顔の方がオレは好きだった。
>呑み帰りのおじさんと歌い、夜のお姉さんと馬鹿笑いをしてボトルの酒で潰れるのがオレ達の仕事で

の辺り。流れにダイナミズムがあり、コンパクトにある「世界」の情感を伝えている。
「三回結婚して八人の子供がいる」という現実の事実を、強引に「ロクデナシ」という形容に繋げる。
「・・・ボトルの酒で潰れる」という具体的な状態を、端的に「俺の仕事」とまとめる。
そこでリズムが生まれる。事実の描写と、ある価値判断(の転倒)を感じさせる言葉との繋げ方がポイント。
「課題作品の講評会」は美大の話か?




301 :◆c0RZqMDFxs :04/02/04 02:00
「確かにそうかもしれないと思わせること」
=Versimilitudeとかvresamblance(たぶん綴り違う)て奴だな

何が表現に「リアリティ」を与えるか、というのは
やっぱいわゆる「構造主義」で大きく出てきた問題ですね。
Jonathan CullerのStructuralist Poeticsに、“Naturalization and Convention”という章があります。
(日本語訳があると思う。日本語で書かないのは訳書を読んでなくてどういう訳語になってるか知らないから。)
文学の「リアル」とは、文学の外側にある「現実」から来るのではない。
ある表現を「リアル」と感じさせる=Naturalize(自然なものと感じさせる)するような
観念と発想の「慣習」=Conventionから来るのだ、ということですね。

で、この文章の場合、ある「デカダン」神話みたいなものが
読み手の側に共有されていることが、「リアル」と感じさせる前提条件になるのではないでしょうか。
魅力的な「ロクデナシ」の世界。普通は堅いマジメな行動をさす「仕事」という言葉が
全く逆の文脈で使われる・・・その空気感が「リアル」と感じられるのは、
なんかそういうものがカコイイと思う、文学的な「慣習」の作用と思われます。

・・・とか、不必要に薀蓄を傾けて、暇つぶしをしている、やるべきことは
たくさんあるのに手がつかない、自称文芸評論家の鳥インフルエンザさんでした。おじゃま〜☆








302 :1b™ ◆1bBtQE5sBo :04/02/04 13:17
大漁だね。

芥川龍之介の『侏儒の言葉』「小説」に
「本当らしい小説とは単に事件の発展に偶然性の少ないばかりではない。恐らく
は人生に於けるよりも偶然性の少ない小説である。」というのがあったりして。
「小説よりも奇なる」現実に対して、小説におけるリアリティーとは何かという
ことの深い洞察であると思います。

レポートをやらなければならない1b™でした。さいなら〜♣

303 :258:04/02/05 14:14
ぼくの店にはいろんな人間がやってくる。
現実と虚構の境界がわからなくなった人たち。
嘘をつくことでしか何も言えない人たち。
その虚構を見抜くことのできない人たち。
他人を担ぐことしかできない人たち。
自分の惨めさを直視できない人たち。
いつも金と女のことしか頭にない人たち。

本当のリアリティというのはここにはないよ。
本当のリアリティはもっと言葉に穴を穿つものだし、
あまり饒舌なところにはないんじゃないのかな。
もっと言葉を少なくさせるものなんだと思う。

304 :吾輩は名無しである:04/02/05 19:38
虚構かどうかなんて問題じゃない。
ようは、おまえの自意識レスに比べて100倍くらい
ジュンイチの文章が上手くて面白かったというだけだ。

305 :ロカンタン:04/02/05 23:01
「上手くて面白かった」か・・・おれは奴の文章に吐き気しか催さないが。

306 :吾輩は名無しである:04/02/06 00:13
普段スルーされまくってるだけに
いま淳一はそうとう戸惑っています。

307 :吾輩は名無しである:04/02/06 20:36
淳一はヘタではないがウマクもない。
258のはなんかアレゴリカルだなあ。

308 :吾輩は名無しである:04/02/06 20:44
>>306
そうかホメごろしというテがあったか・・・

309 :吾輩は名無しである:04/02/06 22:20
非常に手の込んだ丁寧な誉め殺しやね。

310 :吾輩は名無しである:04/02/06 22:57
鳥インフル=ファロスマン

311 :吾輩は名無しである:04/02/07 14:18
最近粘着の荒らしがいくつかの作家スレなどで見られるね。
こういうときは放置してインターバルをおいやほうがいい。

312 :吾輩は名無しである:04/02/07 17:43
2ちゃんが3月で終わっちゃうていうのは本当ですか?
本当に2ちゃんがなくなったらみんなどこ行くの

313 :吾輩は名無しである:04/02/07 17:44
     2ちゃん
      ∩_∩    
     ( ・(ェ)・ )  
    /人  人\  
   // / \.\\
 ⊂__/  / と__.) ヽ__⊃
      | .|
      | .|
     (_ノ


314 :吾輩は名無しである:04/02/07 19:18
私は本をかなり読むけど、どんなに感動しても他の人には薦めないのね。どうせ自分が感動したのと同じ感動をしてもらえないから。
というより、別に他人に感動してもらいたいと思わないし。本に対する崇高な気持ちが、全く違うので。

・・・・で、普段本を全く読まない人からある日、本を突然薦められるんですよね。
その人は全く普段読まないから何か読んだ時の感動が大きいらしいのね。別に貴方1人で感動してたらいいじゃないですかと思うんだけど、
どういうわけか私に薦めてくるのですよ。貴方が今感じたその多大なる感動は、もう何百回も既に私は感じているのですよ。
と言いたいのですが、そんなこと言うのも疲れるんですよね。

どうして普段本を読まない人は、読んだ時に異常に興奮し、それを普段から読んでいる私に薦めるのですか?こういう経験ありますよね?

315 :吾輩は名無しである:04/02/07 19:26
読むという行為自体に対する恍惚みたいなのも作用するとは思うけどね。
薦めるのは「感動してほしい」という押し付けではなくって、
感動した自分を人に認知してもらうことで二次的な恍惚を得たいと思う
ものではないだろうか。

316 :吾輩は名無しである:04/02/07 20:02
なんかコピペぽいけど釣られとこ

それであなたはどう反応したの?
似た経験あるけど
昔だけど、窓際のトットちゃんとか
すごいベストセラーすすめてくれた
読んでないというと
本は読むといいよいいもんだよと言われた
こちとら1日1冊ペースで読んどんじゃあ!
そんなタレント本読んでる暇ないんじゃあ!
と込み上げる怒りを抑えて「そう?ありがとう」と答えてしまうわたしって・・・





317 :吾輩は名無しである:04/02/07 20:44
ちょうど貴方と同じ感じですね。張り合う必要を感じないから、へぇいい本なんだね、みたいに言っておきます。
その人は、私に対して本を読まない人なんですね、と思っているようですが、それもどうでもいい気がします。

318 :ころにゃん ◆yxnU6MROKk :04/02/07 21:28
で、こんなとこでソイツを見下しながら溜飲を下げるってか。


319 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/07 21:47
>>318
ひさしぶり

320 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/02/07 22:52
おー。誉め殺しですかw
オレはわりと簡単に木に登ります。注意。

>>319
高山さん、トリップに注目。

321 :吾輩は名無しである:04/02/07 23:53
dsd

322 :吾輩は名無しである:04/02/08 00:34
一日一冊かァ
よほどの暇か
一日で読めてしまう程度の本なんだろうな

323 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 21:17
あーたらしーい、よるがきたー
きぼーうのよーるーーーー♪

どうもおさむちゃんです。

324 :ミステリ板住人 ◆hr24ALqEXE :04/02/08 21:19
おっす!

325 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 21:19
夜が怖い。夜が怖い。
押し潰されてしまいそうだ!!

326 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 21:23
変なのが帰ってきましたね。
雑談スレならいいけど、個別作家スレにはナナシでな。

327 :吾輩は名無しである:04/02/08 21:39
ミス板ってこんなノリだったっけ?

328 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/08 21:41
今夜の雑談スレはここですか? だれかかまってください。

329 :吾輩は名無しである:04/02/08 21:50
>>328
ランディスレにでも行けば?
誰かがかまってくれるよ

330 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/08 21:51
>>329
それちがうぜんぜん。

331 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 21:58
最近は結婚願望が出てきました。
もう一人はいやです。
なんか子供でも作って、営業外回りでもして、日銭を稼ぐことでいっぱいいっぱいになって
今みたいに過剰な時間と才能を昇華させることを考えずに、
その日暮でありがちで倒錯した幸福をむさぼりたいです。
でも相手がいない。
悲しいかな、今日もお酒が止まりません。

332 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 22:04
さあ、ウルルンでもみながら酒飲もうぜ!

333 :吾輩は名無しである :04/02/08 22:07
>>331
まともな考えだ。
日々の雑務に追われるって結構いい。
とりあえず外に出てみることだな。



334 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 22:11
雑務はやっぱ肉体労働系がいいかな。
ナカガミ、マルケンやゲンチャンも肉体系だったね。
数ある職業のなかでは肉体系は文学的だもの

335 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/08 22:13
相田翔子が、「正解ルールはコマーシャルのあとです」とか言うんだけど、
何かおかしい。おれの聞き間違いだと思う。
正確には何と言っているのか、おさむでもいいから教えて欲しい。

336 :吾輩は名無しである:04/02/08 22:16
危険の伴わない肉体労働だったらいいかもな。
単純作業であればあるほどいいかもしれない。
その間別のことを考えてりゃいいからな。
本を読むのとは別の方法で想像力も自然ときたわれる可能性がある。



337 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 22:23
正解ルールっていった。

職業は何がいいかな。その前に女房子供がいないから
その日暮でありがちで倒錯した幸福をむさぼれないんだけど。

>>335
なんの仕事してる?

338 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 22:25
こっちはあげで

339 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/08 22:26
さっき言ったけど、正解ルールかなあ。

私の職業は旅人です。

340 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/08 22:28
相田翔子&正解、でググってみたら・・・。
「正解ウルルン」だってさ。

341 :吾輩は名無しである:04/02/08 22:28
おさむにはお見合いの話とか入らないの?
誰かのところに婿養子に入るのがいちばんだと思うぞ。

342 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 22:30
ああ、だるいなぁ。
日曜だってのに人もいないし。
バレンタインチョコ何個もらえるだろうか。
そんなこと考えながらワイン一本あけちゃった。だるーい

343 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 22:33
お見合いってちがくね?考えたこともねーよ。
だいたい漏れ若いし。漏れの好きではない相手なら資産家の娘ともけこん出来るっぽいけど
それってちがくね?

344 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/08 22:41
さあ夜もふけてきたことだし、川辺でも歩いてなみだ流してスッキリしてきます。
ごきげんよう。

観かはどうでもいいけど寝ちゃったのね。ぷぷ

345 :吾輩は名無しである:04/02/08 23:26
おさむはもう出かけてしまったか。
ブランデーのみながら今日はまったりしようと思ったんだが・・

346 :吾輩は名無しである:04/02/08 23:35
で、今は住人って何人ぐらいいるんだろ?

347 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/02/08 23:36
10人ぐらい。

348 :    :04/02/08 23:39
んー。俺でしょ?346でしょ?おさむでしょ?美香でしょ?
ころにゃんでしょ。とりいんふるでしょ?ファロスでしょ。
ターベイビーでしょ?イクシでしょ?純一にーちぇ、ミス住
あと各スレにコテ2名づつくらいと考えて、名無しが各スレに7人
くらいと考えてざっと見積もっても1000人はいるね。


349 :吾輩は名無しである:04/02/08 23:41
カウンター見ればいいじゃん。
少なくともカウント数の1%はいるだろ。

350 :吾輩は名無しである:04/02/08 23:45
>>347->>349
ありがとうです。

351 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

352 : ◆GiTmRUKFvw :04/02/10 11:54
かしこまりました

353 :吾輩は名無しである:04/02/10 16:27
*************************
予告! 2月11日午後6時〜深夜ぶっ倒れるまで

いつもナンチャッテなおれたちわたしたちだけど
マジモードでやれば、こんなにできるんだぜ、ってとこ、
見せちゃいます。だから名無しさんも大歓迎。
今ここで語る「わたしにとって文学とはこれだ!」
*************************

354 :吾輩は名無しである:04/02/13 05:00
何だったんだ?そのコピペは。

355 :吾輩は名無しである:04/02/13 05:29
どうでもいい

356 :吾輩は名無しである:04/02/13 10:21
「千と千尋の神隠し」
湯婆と銭婆が双子の姉妹で、
湯婆に部屋に閉じこもってばかりの息子がいるていう設定が
「秘密の花園」の設定とそっくりだ……

357 :吾輩は名無しである:04/02/13 21:29
あげ

358 :吾輩は名無しである:04/02/14 00:57
空揚げをする奴は自らの無能を宣言しているに等しい

359 :吾輩は名無しである:04/02/14 02:10
あげw

360 :吾輩は名無しである:04/02/14 11:12
おさむ、がんばっとけ

361 :団長 ◆xyX.vGXBSY :04/02/14 17:35
久々に文学板に来た。

362 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/02/14 17:36
たれにでも言われるのだが、大層なHNだなw

363 :純文学皇帝 ◆VeP9xU.feU :04/02/14 17:40
そうでもないだろ

364 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/14 18:20
>>361-362
チョコの収穫はどれほど(w


365 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/14 18:22
ちなみに牛涎スレの創始者は工藤伸一。
わたしが建てた文壇バーとは永遠のライバル。
たまには敵に塩でも送ろう。
パリーグ的なふいんきも悪くない。

366 :春は浪人か大学生か:04/02/14 18:30
今日立教の試験が終りました。
1問目は清水幾太郎の日本語についての論文で
ドストエフスキーやアランの名前が出てきました。
2問目は近松門左衛門についての評論。
3問目は『蜻蛉日記』からの出題でしたよ。

367 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/14 18:33
>>366
池袋はいいね。本屋も多いし。

368 :春は浪人か大学生か:04/02/14 18:40
>>367
滑り止めですから(w

369 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/14 18:41
>>368
どこ本命は?

370 :春は浪人か大学生か:04/02/14 18:48
国立です。家が貧しいので。

371 :吾輩は名無しである:04/02/14 19:31
ジュンク堂は図書館みたいなもんだよね。
近いからよく行ってるよ。

372 :吾輩は名無しである:04/02/14 19:42
ジュンク堂で週刊誌を二冊ぐらいテーブルに置いて、
けだるそうに読んでるやつ、超むかつく。

373 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/02/15 23:21
>>372
わかります。

374 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/02/15 23:31
・・・。

375 :吾輩は名無しである:04/02/16 00:03
なあ……何で今日はクソスレが乱立してるんだ?

376 :吾輩は名無しである:04/02/16 00:15
>>375

荒らしが文学板に集結中。
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/philo/1075550325/

19 :考える名無しさん :04/02/15 11:27
みんなで文学板を荒らそう!
これからの戦略
1糞スレを乱立し皆で保守する
2文学板の生命力は個別作家スレにある。そこで、活動中の作家スレで
 うまく嫌な感じの煽りを入れる。食いつかなかったら自作自演で馬鹿の振り。
 博学があきれてこなくなるまで続け、とどめにAAで荒らそう。
3コテ粘着を続けよう
さあ、文学板を廃墟にしよう!!
いざ文学板へ!!

23 :考える名無しさん :04/02/15 13:09

これからの破壊工作予定
カフカ ドストエフスキー 中島敦 現代詩 後藤明生 小島信夫 吉行
とりあえずこのへんから崩していこう!!

24 :考える名無しさん :04/02/15 13:18
おっけー じゃあ俺は糞スレ立てる


377 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:27
あぁぁぁぁ最近サッカー見るぐらいしか楽しみがねぇえええええええ

378 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/17 21:35
雑談しましょうよ。

379 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:38
誰かいないかな〜

380 :吾輩は名無しである:04/02/17 21:58
>>378
雑談してもいいけど美香はもう飽きた
もっとこうさぁ、清楚で恥じらいがあってそれでいて
フェロモン漂わせてるような女コテキボン

381 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:04
働いてて、酒飲んでない人がいい。

382 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:06
>>342
おさむはどこでそんなに女の子と知り合うの?
バイトもしてないんでしょ?
絵画系の学校通ってるんだっけ?

383 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/02/17 22:08
>>382
頭の中で知り合うのだよw

384 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:11
鰯はなかなか良かったんだけどなぁ
長谷川京子似の美人らしいし
でももうちょっとぶりっ子キャラでも良かったな

385 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:17
ま、こんなもんでしょ。

386 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:52




羽田圭介君17歳の『黒冷水』も買ってね!





387 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/17 22:57
>>382
学校は史上最大の出会いの場だよ。
まあ、チョコはたいしてもらえなかったけどね。w

388 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:57
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん
みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん みかりん




389 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:58
みかりんかわいいよみかりん

390 :吾輩は名無しである:04/02/17 22:58
>>387
まあな、お前の顔は抽象画だから。親近感があるんだろ。

391 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/17 23:01
ぼくけっこうもてるだよ。

392 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/17 23:03
>>384
ブリッコしてたらネカマっぽい。
アレくらいが一番ハァハァできる。

393 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:03
そうかい? おれは全然だよ。w

394 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:16
1000 名前:ミステリ板住人 ◆hr24ALqEXE [] 投稿日:04/02/17 23:13
>工房の頃だけどクリスティはだいたい三読くらいはしたな。

>87分署シリーズとかほとんどボロボロになるまで読み返してるけどな。

アガサもエドも多作ゆえ、具体的な作品名を教えてくれ。

−−−−−−−−−−−−−−−
さすがミステリ住人文壇バーの1000をげっとしました

395 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/02/17 23:31
なんで今日こんなに荒れてるの?

396 :吾輩は名無しである:04/02/17 23:38
というか書籍板でやるような内容のスレが妙にあがってる。
羽田スレもそうだしいきなり海外文学スレ(読んだものを挙げるだけ)とか立ってるし。
煽りあいばかりだし。

397 :吾輩は名無しである:04/02/19 06:01
単純に糞スレに好んで書き込みするバカが
この板を荒らしまくっているんだよ

398 :吾輩は名無しである:04/02/19 06:28
この板の疑問。
毎日毎日よく糞レスの削除依頼を直にしてくれる人は何で
ついでに糞スレの削除依頼も、一緒にしてくれねーのかな。
それがまじ分かんね。何でだろ?
依頼されてない糞スレは、てんこ盛りに板に残ってるんだが。

399 :吾輩は名無しである:04/02/19 11:40
ハードディスク使用量 75% (book) もういいかげんおなかいっぱいです。

oyster5(旧tv2) 争奪戦 (〆切りは二月21日午後3時かな?)
http://tubo000.ninki.net/idol/oys/oyster5/

book系に投票してください。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
鯖争奪戦の投票には2ちゃんねるターボ「壷」が必要です。
http://tubo.80.kg/

 投票ボタンを押したら1時間は投票できません。1時間以上の間隔をあけて投票
しましょう。投票ボタンを押してから例えば30分後に再度ボタンを押すと、それから
また1時間たたないと投票できません。

※正しい手順で投票しても、「投票ありがとうございました。」の画面が出たあとに
票数が更新されないことがありますが、数分経ってから更新される場合もあります。
票が入らないからといって諦めずに、気が向いたときに投票をお願いします。

※壷初回起動時に「IE自動設定」の画面が出ます。このとき「起動/終了時に設定/
解除するオプションも設定」にチェックを入れて「はい」を押しておけば、壷起動時に
自動Proxy設定されて、壷終了時にProxy設定が解除されます。(要IE再起動)

-----------------------------------------------------------------------
Q:2ちゃんねるターボを起動しないとインターネットが出来なくなりました。
-----------------------------------------------------------------------
A:IEのプロキシの設定が原因だと思われます。
 2ちゃんねるターボを起動したときに自動でIEにlocalhost 8095をセットし、終了時に自動で
 localhost 8095 をOFFにしてくれるオプションがございますので、こちらをご利用ください。
 2ちゃんねるターボを起動、終了するだけで localHost の設定が行えます。
 詳しくは http://tubo.80.kg/step2.html を参照してください。

400 :吾輩は名無しである:04/02/19 14:16
>>399
何これ?サーバーの容量を増やしてくれんの?
つか、これ以上いらないでしょbookサーバは
前みたいに500ぐらいリミットでいいよ
容量増えたらいつまでも糞スレ残っちゃうし

401 :吾輩は名無しである:04/02/19 17:16
設定とかは今までのままですよ。

402 :吾輩は名無しである:04/02/23 15:29
綿谷スレの次は美香おさむスレかよ
相変わらずだなこの板は。

403 :吾輩は名無しである:04/02/23 17:12
ほかにもさいきん糞スレたちすぎ

404 :吾輩は名無しである:04/02/26 23:27
そういえばこのスレを忘れていたよ

405 :吾輩は名無しである:04/02/27 01:08
また糞スレたちすぎ

406 :吾輩は名無しである:04/02/27 07:58
経験(見聞)を語るのはまだ許される。ただ憶測で結論を出す
輩と対話して何を得るんだ?井戸端での話に、陶の欠片を投
げることができるほどの賢者か、おまいは。くだらん。

407 :吾輩は名無しである:04/02/27 08:22
素晴らしい

408 :吾輩は名無しである:04/02/28 22:35
綿谷と金谷が芥川取ったっつーのは、文学界全体が変革を期待していると同時に、
既成の小説に対する懐疑が臨界点に達しつつあるという、明らかな証拠だろうと思ったが、
この現象をネガティブに捉えてる香具師が多いらしいな。

ixionとかJPBとか居ればもう少し突っ込んだ話ができると思って来たんだが、
あんまり「論争」してる輩もいない。

中堅小説家と言われる連中でさえ、綿谷や金谷と言う若さを
受け入れざるを得ない(受け入れなければならない)と考えたのに、
そいつらより若いはずの文学版ネラーがこいつらを論じられないのが問題だろ。

久しぶりに来て、まだ探しきれて無いんだが、
「論争」してる関連スレがあったら貼ってくれ。

409 :吾輩は名無しである:04/02/28 23:53
綿谷と金谷

410 :さすらいホープ ◆j60cMdfKiE :04/03/01 00:33
かまってやることにしよう。
結局美香ってのは似非無頼派をきどった
そして自分語りが熱のある言葉だと勘違いしてるDQNだな。

411 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/01 04:08
>>408
>綿谷と金谷が芥川取ったっつーのは、文学界全体が変革を期待していると同時に、
>既成の小説に対する懐疑が臨界点に達しつつあるという、明らかな証拠だろうと思ったが、
>この現象をネガティブに捉えてる香具師が多いらしいな。

 俺は作品自体に対する評価は「面白くない」の一言。構成や言葉の
置き方は上手だし、どちらも冷たい目をしているが、ただそれだけ。
受け入れざるを得ない、というか、巧いねぇ、で選んでいるのでは?
一方はきちんと整理された昆虫採集みたいな小説だし、他方は
ジャンクオブジェみたいな小説で、まぁどちらも作りは巧いしね。

 まぁ「文学イベント」は嫌いじゃないので10年後が楽しみである。
イベントを「仕掛ける」奴らは最低だが、結果として生じたイベントが
どこまで続く効果を及ぼすものか…暇なんだからじっくり見守りましょう^^;

 そーいや、辻人生や平野のときもイベント化しかけたが、ここまでは
行かなかったし、まぁ、その後は今のような情況な訳だ。J文学も
「ムーヴメント」として定着させようとして失速したしねぇ。

 また、既成に対する懐疑は、今この瞬間に限ったことではなく、「文学」
(もっと狭義に「小説」といっても構わないかもしれないが、詩でも戯曲
でもそうなんだよね、結局)というものに内在されているわけで、
二人の物書きがどーたらで「変革」などという大それたものになるわけ
ではない。出版・流通に影響があるぐらいのものだ。既成に対する
臨界点は、常に更新されていくものだしね。

長文失礼。

412 :【矢部】 ◆pIzFRdQNI. :04/03/01 06:04
 お呼びでないけど、偶然プロバイダ規制が解けてたので、出てきてしまった。

 僕はこの二作品は、またえらく「既成」のエッセンスを詰め込んだような作品だなあと思った。
だから「既成」を超える、「変革」というのは、いまいち感じなかった。ただ新しい点があると
すれば、「既成」のラインがこれまでにないほど、ぎりぎりのとこまで広げられた、ということ。

 僕も「巧い、よく出来てる」と感じた。と同時に、「巧い、よく出来てる」モードに仕上げ
る「主体」というのが、何というか、作品の中で、サイボーグ化してるというか、そういう輪
郭で浮いて見えてくる。作品にまず、〈感受性豊かな女子高生の日記〉の書き手みたいな主体
があって、その主体が提供した素材を、別の「巧い、よく出来てる」モードの主体が、無表情
に自動的に加工していく、なんかそんな作り方を思わせたんですね。
 
 必ずしも、別人が手を入れているという意味ではなくて、同じ人の中に二つの人格がある、とい
うことでもいい。島本はこの二つが、綿矢や金原のように分離せず、わかちがたく混じり合ってる
分、作品には破綻が多い。でも綿矢と金原のは、素材や言葉の側からの抵抗感を全くシャットアウ
トして、「巧い、よく出来てる」モードで、自動的に加工し、コーティングされてる。これほどま
でに「既成」の文学装置が、形式化、というかフォーマット化された、という新しさは感じた。

 だからそこまで「既成」のウィングが広がった以上、飽和して破裂して別の軸が別の人の手で、
大きく前に出てくるかもしれない、そんな根拠のないおぼろな期待、予感は感じてます。

 まえ僕が休止する時、あるスレで、この二作品をお前はどう読んだか?みたいなレスをもらってその
ままにしてたんですが、いちおうそれは果たせたかな。なんか変な論理ですけど。ではまた冬眠します。
あと、ixionさんという人のかきこみは、よく感嘆してみてましたが、この人なんだ・・・・







413 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/01 10:21
昨日あるところでチャットをしてたら、たまたま笙野頼子の話題になった
が、そういやこの作家もムーヴメント的な10年を沈黙(実際は作品を発表
してはいたが)し、その後に浮上したのであった。

「80年代の純文学が受け入れたフィクションを私は拒否した。私は
ポップでもなく物語性もなく若者らしくもなく文章も平易でなく、最初の
本の題名も「なにもしてない」だ。自分の性別や現実や時代を肯定
しても否定しても、行き止まりの、十年がたった。その間も三枝和子
氏や桶谷秀昭氏、菅野昭正氏や川村二郎氏や三田誠広氏が
新聞や雑誌で取り上げてくれた。木下順二氏も励ましてくださった。
そして「まだ若いのだから」という藤枝さんの言葉の重みが判った時、
現実と幻想の接点という、私の戦場とも言える「外」へと、ついに抜け出た」
(笙野頼子「著者から読者へ」『極楽・大祭・皇帝』講談社文芸文庫より)

10年の始まりにスターである者よりも、その10年を「行き止まり」として
通過しながら、最後に抜け出る者に期待する。

>だからそこまで「既成」のウィングが広がった以上、飽和して
>破裂して別の軸が別の人の手で、 大きく前に出てくるかもしれない、
>そんな根拠のないおぼろな期待、予感は感じてます。

すぐにA; therefore Bのような形では現れないだろうし、「すぐ」があり
えたとしたら、それは「即席」でしかないかもしれない。編集や組み立て
作業をスマートにこなして出来上がったものはなめらか、そんな
「つまらない」ものではない、10年かけて歪んだ焼き物をつくる作家が
出てくるといいね。

414 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/01 15:20
だって、あのピーター・ジャクソンがアカデミー賞取ることだって
あるわけだしねぇ…。10年前、俺がまだ高校生だったときに
ピーターがアカデミー賞取る、なんてこと言ったら精神病院
行きだったぞ^^;

だから、今年の芥川賞で文学どうこう言うよりも、10年たったら
どんなすごいことが起こるか、それが楽しみでしょう?
「既成」なんて言葉がいかに信用ならないか、誰だって
分かっている訳だしね。

415 :吾輩は名無しである:04/03/01 21:12
ixionはやけに笙野頼子を賞賛というか、共感を覚えるみたいだな。
俺は一度彼女がテレビで喋ってる姿を見たがどうにも
オタクっぽくてそれ以来かの女の著作には手が伸びない。
典型的な読まず嫌いなんだが。

アカデミー賞日本勢は駄目だったね。
ラストサムライすら見てない映画音痴だけど
コッポラの娘が東京を舞台に撮った映画はちょっと見てみたい。

416 :吾輩は名無しである:04/03/01 21:45
性別は違っても、不細工どうし通じ合うもんがあるんだろ。

417 :吾輩は名無しである:04/03/01 21:53
>>416
煽るなよ。だらだらいこうぜ

418 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/01 22:14
オタクっぽい、かぁ…やたらスマートに決めている奴の方が
信用ならないんだが、どうよ?>>415

うーん、不細工同士、というか、鬱屈を創作に転ずる態度は
好きだ>>416

「純粋培養された、だれの息も掛っていないだれのものでも
ないがすべての人間の共有しうる”完全な憎悪”を描こうと
志した」(笙野頼子『極楽』)

鬱屈を小説的ドライヴに変える、ってのは、相当の力が
いると思うし、その点で笙野はすごいと思う。

アカデミー賞は衝撃でした。つーかありえない。

419 :吾輩は名無しである:04/03/01 23:43
>>418
なぜ俺が彼女の姿勢がオタクっぽいと感じたかというと
一言で言えばコミュニケーション不全なんだよね
確かに彼女は司会者の言葉の意味を解しているし
それに沿った返答をしているんだけど
その意味するところは直ちに彼女の脳内世界の言語に変換されて
彼女自身の世界の文脈に於いてしか語られないんだよ。
この場の雰囲気やあなたの聞きたいことはどうでも良いから
私の鬱屈を聞いてくれ!!って感じ。

でもこの問題の根本は小説に対する立場の違いまでに行き着きそうだから
早めに白旗を揚げとくよ
俺ははっきり言って文学というか小説にそれほど期待してないから。
小説に何かを教えてもらおうなんて思ってないし
人生に於いて大事なのは実体験からしか学びえないと思ってるから。
でも、ixionの文学に対する姿勢は尊敬してるよ。
ixionみたく熱く文学に対してのめり込んでる奴は初めて見たよ

420 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 00:07
>この場の雰囲気やあなたの聞きたいことはどうでも良いから
>私の鬱屈を聞いてくれ!!って感じ。

あー、さもありなん。言葉の冒険、脳内の戦いだしねぇ。

>小説に何かを教えてもらおうなんて思ってないし
>人生に於いて大事なのは実体験からしか学びえないと思ってるから。

いや、それを否定するつもりはないよ。
ただ、俺は実人生と文学を対立項と考えてないだけ。
毎日毎日、本を読みながら生きているということは、
「読む」と「生きる」が地続きになっちゃう、ってことなもんで。

421 :吾輩は名無しである:04/03/02 00:45
哲学におけるイギリス経験主義vsドイツ観念論みたいな感じだね。

422 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 01:50
いや、というよりトーマス・マン的な単純な問題だと思う。

実生活と芸術。

ただ、いまはどちらに対しても「気恥ずかしさ」を覚えるような
「斜目」が定着しているし、それは今回のニ作品からも
感じ取られる「冷たさ」にも通じている。地味に生活でも、
カッコつけた芸術でもなく…。

まー、構造=冷たい、なんて10〜20年前の議論をする気は
ないが、文学に「熱さ」を求めることがカコワルイと思われているのは、
それこそがカコワルイと思う。その点で受賞者のコメントの「幼さ」
は気になった。でも、文学を「神聖」とするカンチガイ者たち
も、それはそれで「なぜ文学が選ばれねばならないか」を通過
しないまま、文学をお堀の内側に「奉れ」なーんてことをしちゃい
そうで怖い。
 ということで、なんでも二点があったら、その両方を中心として
「楕円」を描きましょう、っつー後藤明生の態度を、俺は信頼してる
けどね。


423 :吾輩は名無しである:04/03/02 08:49
直前打ち消し文体健在ですね。

424 :吾輩は名無しである:04/03/02 11:17
>直前打消し文体
それ、にゃぁに?

425 :吾輩は名無しである:04/03/02 13:18
「直前打ち消し」といっても、直前の文体を打ち消すというわけではなく、
かといって打ち消さないかといえば、そうとも限らない。

こんな感じ。


426 :吾輩は名無しである:04/03/02 16:24
ほーほー。
言ったそばから否定したり否定するそぶりを見せたり、
韜晦的な文体ということですな。
問題をばらまいていく雑談には向いていると思う。


427 :吾輩は名無しである:04/03/02 16:43
文学に「熱さ」を求めることが格好悪いと思われているのは、
それこそが格好悪いが、でも、文学を「神聖」とするカンチガイ者たちも、
それはそれで文学をお堀の内側に「奉れ」なーんてことをしちゃいそうで怖い。

ixion氏の文章を勝手に切り貼りするとこうなるわけだ。
文体というよりも思考形態がそうなっているのであろう。
矛盾をことほぐ文章とでも言えるか。




428 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 17:23
いやいや、これは参った^^;<直前打ち消し文体

意識してやっているわけではないんだが、といってもたまに
意識したりはするけど、思考は何かを打ち消すところから
一番簡単に始められるもので、こういう掲示板で「勢い」で
書くと「でも」「だが」「しかし」「まぁ」が必然的に多くなる。

今日は沖縄短編文学賞受賞作を読んで、それから斉藤環
『文脈病』を読んでいるんだが、歴史や現実を「コンテクスト」
と単純に捉えてみると、そこから離れて「テクスト」の洗練を
目指す審美的な方向と、コンテクストにテクストを投企する
政治的な方向と、まぁ両方が「文学」と思われていたわけだ。

文学作品ってものは斉藤環が分析(なのか、あれは?)する
「顔」ほど外的なコンテクストに依拠する/を作り上げるわけ
ではないが、例えば琉球文学のような「問題意識文学」の
場合には、外的なコンテクストとしての歴史を照らし、
照り返されることは当然でもある。

今回の芥川賞イベントで何かが明確になるとしたら(まぁ、俺は
明確になったとは思わないが)、こういう審美と政治のような
「基準」や、そこから生まれる「審級」みたいなものを、若い書き
手はつまづいて考えなくても文学を選び取っている、ってこと
かな。いまさら大江健三郎のように「なぜ文学が選ばれねば
ならないか」と考えたりはしない。

そんなの当然だって?でも矢部が言うように、「自動的に書く/
書ける私」の巧さが、ある意味不気味でもあるのは、こういう
出発点の不在が「当然」となっていることも一因なのでは
ないか…。

429 :吾輩は名無しである:04/03/02 17:39
>>428
>意識してやっているわけではないんだが、といってもたまに
>意識したりはするけど、

これはわざとだろ!

430 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 17:50
まぁね(笑)

あー、文学のコンテクスト性が下がってる、って書けばよかったな。
(…より適切な表現には、常に書いた後、遅れて気づくものだ)

文学の衰退、ってのも、「これは文学だ」と認知できる文脈としての
文学確定度が下がってるからやたらと声高に叫ぶ人がいるわけで。

でも、そんなこと「芥川賞と直木賞のクロスオーヴァー」やらのとき
にも言われてたし、ずっと前から同じ議論が繰り返されてる。

よーするに、もともと「文学」ってコンテクスト性の高/低を論じられない
んじゃないの?これは文学だ、っていう瞬時の認知は訪れない…。

だから、あと10年は頑張って生きましょう、読みましょう(笑)

431 :吾輩は名無しである:04/03/02 18:19
>「自動的に書く/書ける私」の巧さ

昔みたいに誰も見てくれないものをノートにこそこそ書いている時代じゃ
ないからね。
思いついたことをすぐにメールで送ったりブログで流したり、こういう
ところに書き込みしたり、そういうのの洪水が新人文学賞という場所にも
あふれ出したのだろう。「わが魂にも及び」の前に…。

そのような溢れさせ方をよしとするか、それでは不十分として作品応募
以外のところに留めておくかは個人の選択次第。
だが、そのような現象を意識してかせずか作品として認知して社会的地位を
与えたのが、今回の大騒ぎにつづく一連の現象と分析もできる。
その意味では地殻変動が起こっていると言えるかもしれない。

しかし、「聖女作家」という妄想肩書きを与えたポストの記者の
見出しが秀逸だ。作家や選者のコメントも含め、一連の騒ぎで
あれを超えるものはないな。


432 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 18:24
( ゚д゚)ノ ハイ!質問!

なにそれ?<聖女作家

教えて教えて!面白そう。

433 :吾輩は名無しである:04/03/02 18:33
今出ている3月12日号「週刊ポスト」の記事見出し。

<文壇に異常事態/芥川賞贈呈式は厳戒――/「豊乳アイコラ」はひどすぎる/
聖女作家綿矢りさ(20)に「悪質ストーカー」被害!>

昨日の新聞広告に出た。車内吊り広告にもでかでか。
ちなみに、週刊誌などの新聞広告は右と左にその号の柱2本を大きく
立てるのが常套だが、彼女の記事は左に…。右は<久米宏が殺された!>

434 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 19:01
≧∇≦<聖女作家

 あの作品のどこに「聖性」があるのか、いやそれ以前に
この作家に果たして「聖女」たる後光(それは菩薩か)でも
差しているかといったら、全くもって疑問を禁じえないわけだが、
まぁそれはいいとして、「文壇」という言葉が見出しに踊ったこと
がまたさらに驚きだ。たとえ諧謔としてでさえ、いまだそれだけ
の強度を持っているとは…。

 なーんて真面目に考える奴がいそうで面白い。まぁ可愛い子
ではあるが。

ありがとう>>433

電車の広告といえば、「合格してグシャグシャになろう」という
のがJR山手線のドア直上部に貼られていることがあって、
栄光ゼミナールかどこかの広告らしいのだが、あれには笑った。
合格した後に崖から車ごと落下してグシャグシャになるのか、
それとも合格通知をひけらかしていたら周りの奴らに僻まれて
殴られ蹴られグシャグシャに折りたたまれるのか、それとも
合格に思わず性的興奮が兆して陰部からの分泌液で下着が
グシャグシャになるのか。

435 :吾輩は名無しである:04/03/02 19:03
>>434
♪♪ixionを待ちながら♪♪
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1078194504/l50

待ってるらしいぞ。

436 :吾輩は名無しである:04/03/02 19:04
すまん、ミスった。sage忘れ。

437 :吾輩は名無しである:04/03/02 19:15
>>433
綿谷ってストーカーされてんの?
まぁこれだけ騒がれればいるだろうね、思いつめちゃった変な奴が。
しかし「聖女作家」かぁ
考えてみれば彼女も可哀想だね。
自分の預かり知らぬところで様々なレッテルを貼られ
褒められたり貶されたりアイコラ作られたり
挙げ句の果てには「聖女作家」と来たよ。
ほんと彼女の十年後はどうなってんだろう。

438 :吾輩は名無しである:04/03/02 19:19
>>437
見出しはともかく、写真は綺麗に撮れていた。


439 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 19:23
韓国の「美人強盗」みたいだよな^^;>>437

それより「○○かわいいよ○○」っていう言葉が面白いなぁ、
とこの騒動で改めて思った。最初の○○が「呼びかけ」なのに、
「かわいいよ」という一言を挟んで反復された○○は「所有物の
確認」に転じている。恐ろしい。出来ることなら視線は一点に
結んだまま、俯き加減で早口に、口端に唾液を溜めて
呟いて欲しい…「○○かわいいよ○○」

440 :吾輩は名無しである:04/03/02 19:28
>437
清濁併せ呑んで、作家も女性も大きく成長するものだ。
心配せんで良い。作品読んでその資質があると感じた人は。

441 :吾輩は名無しである:04/03/02 19:33
それと、たぶん本などろくに読んでもいない記者か編集デスクか
編集長が、騒いでいる人びとの空気から「文壇に現れた救いの聖女」
という皆の内に眠る期待感みたいなのを汲み取った、そのような
エクリチュールの広がりが楽しいね。

エッセイの新刊がまさか小学館から出る、その前宣伝ではないかと
まで読んだりしてみたよ。

442 :吾輩は名無しである:04/03/02 19:51
>>439
あー俺もあのタイトル気になった。
なんか心に残るよな。全部ひらがなっていうのもまた
あと、最近のスレタイで面白かったのは
「ベニスの商人だが、おまえらにいいたいことがある。 」だな
1を読んだときの脱力といい、やられたって感じだった。

443 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 20:00
(笑)<ベニスの商人だが、おまえらにいいたいことがある。

こういうタイトルの小説を誰かに書いてほしいね。
中原昌也っぽいか。

444 :吾輩は名無しである:04/03/02 20:13
>>443
ixionが書けばいいじゃん。

文学板コテハンのixionだが、おまえらにいいたいことがある。

↑こんな本が出たら絶対買うよ       いや嘘。買わない。

445 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/02 21:28
>最初の○○が「呼びかけ」なのに、
>「かわいいよ」という一言を挟んで反復された○○は「所有物の
>確認」に転じている。

「ixionかわいいよixion」…………おえっ。

446 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/02 21:30
やめろよ、 (;´Д`)ゲロゲロ>>445

447 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/03 19:06
いっくんと馴れ合ってしまった。
数多いixionファンから嫉妬されそうで怖い……。
が、あえてふたたび言う。
「ixionかわいいよixion」

448 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/03 20:40
綿矢の評価について真っ向対立している私は、
いつも揚げ足を取りたいと思いつつ、それが果たせないでいる。

449 :吾輩は名無しである:04/03/03 21:43
福田も駄目だね。あんなのを評価するようじゃ。

450 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/03 22:03
>>449
前田塁に心酔でもして、人生を棒にするという選択もある。

451 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/03 22:03
いかん。名無しで書くつもりだったのに。
まあ、無視してくださいね。

452 :吾輩は名無しである:04/03/04 01:07
>>412
矢部氏、来たなら来たといってくれよな。ってまた冬眠か・・・

453 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/04 11:55
>>428 ixion ◆ySh2j8IPDg 様:04/03/02 17:23

 いくたんかわいいよいくたん。

 ひさしぶりだねいくたん。

 ごめんねさびしかったね僕のいくたん。

> 今日は沖縄短編文学賞受賞作を読んで、

 いやマジで沖縄の人の短篇って面白いですよねえ。三年くらい連続で読んでた
んですけど、総合的に段違いなの、どれも。

 ちなみになんて人の作品ですか? 知ってる人かもしれない。

454 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/04 11:56
>>430
> あー、文学のコンテクスト性が下がってる、って書けばよかったな。
> (…より適切な表現には、常に書いた後、遅れて気づくものだ)
>
> 文学の衰退、ってのも、「これは文学だ」と認知できる文脈としての
> 文学確定度が下がってるからやたらと声高に叫ぶ人がいるわけで。

 僕は、いくたんが、これは文学だ、なんてそんなこと言う子じゃないって思っ
てたの。

 いくたんはちゃんと、文学、ってにっぽん語が、literatureと言う概念が明治
期に輸入されたときに中国語に無理矢理意味後付けされた胡散臭い言葉だとわかっ
て使ってると思ってたの。

 だからいくたんが、文学、っていう言葉を使うときには、時代に耐えてきた古
典や、価値ある文献、きっちりはっきりちゃんと残る力がある書物のことを指し
て使ってると思ってたの。あくまでliteratureの延長線上で。

 だから確定度なんてそもそもちゃんとしたものは無い、って発言してくれると
思ってたのにい。そんないくたんいくたんじゃないっ。

455 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/04 11:57
> でも、そんなこと「芥川賞と直木賞のクロスオーヴァー」やらのとき
> にも言われてたし、ずっと前から同じ議論が繰り返されてる。

 その僕から見たら馬鹿馬鹿しい議論にもちゃんといくたんなりの結論を出して
くれてると思ってたのにい。

> よーするに、もともと「文学」ってコンテクスト性の高/低を論じられない
> んじゃないの?これは文学だ、っていう瞬時の認知は訪れない…。

 そうなの。もともとそんなものないの。そんなもの提示できるわけがないんだ
よ。それでこそ僕の知ってるいくたんだよ。

> だから、あと10年は頑張って生きましょう、読みましょう(笑)

 よかった。いくたんは僕のいくたんでいてくれて。

456 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/04 11:57
>>439
 ちなみに中華系のトポスには『美人床屋』などと言うものが存在します。




 あ、久しぶりついでにいくたんにお願い。

 神保町に行くことがあったら、ウチの本立ち読みしてきて。

 四秒くらいでいいから。

 いくたんみたいな本好きの人にちょっとくらい触ってもらえないと、わざわざ
お金と労力使って東京に搬入した意味がないもの。

457 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :04/03/04 11:58
>>447 美香 ◆FE5qBZxQnw 様:04/03/03 19:06
 ちょっとあんたあたしのいくたんに馴れ馴れしすぎるんじゃないの?
----
>>448 旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI 様:04/03/03 20:40
 いますぐ価値が定まるものでもないと思うのです。

 こっちじゃ泰語訳、苦戦してるみたいだし。

458 :吾輩は名無しである:04/03/04 16:24
旭橋ワタルって、泪橋は出世して逆からワタルとあしたのジョーだけど、
旭橋は逆からワタルとどーなるの?

459 :吾輩は名無しである:04/03/05 01:43
白石昇は隔離スレにゴーホーム。

460 :吾輩は名無しである:04/03/07 01:20
いくたん白石をシカトすんなよ!

461 :吾輩は名無しである:04/03/07 01:53
はぁー。最近あんまり酒を飲んでなかったから
ワイン一本でかなり酔っ払ってしまった。。。
もう寝よ。もう永遠の眠りに就きたい。。。

462 :吾輩は名無しである:04/03/07 20:09
いくたん消えちゃったのいくたん

463 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/07 23:07
>>457
それはたいへん失礼いたしました。
ノボルかわいいよノボル。

>最初の○○が「呼びかけ」なのに、
>「かわいいよ」という一言を挟んで反復された○○は「所有物の
>確認」に転じている。
じつはこのレスがはじめて。いくたんがおもしろいと気づいたのは。

464 :吾輩は名無しである:04/03/08 00:06
俺は未だに美香のおもしろさを感じられない

465 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/08 00:31
いっくんいっくんいっくん。ぼくのこてんにきてください。おしりをさわらせてください

466 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/08 10:04
全く、君たちは日常においては無口で陰鬱な生活を送っているのだ
と考えると、僕はその二重性に対して崇高な物に対する様に頭を
垂れざるをえない>白石、美香、おさむ

冗談です。

>>456 神保町ね、書店の名前は?

さて、浅田農産会長の自殺なんていう凡庸な勘違い劇を見ていて
思いついたのは、日本における小説の行く末です。国がこれから
どんどんアニメを文化事業として奨励していくはずなので、その
原作を量産する「下請け」として頑張るのはどうでしょう。いや、
それ自体がアニメ的な想像力に支えられた小説群を、どこかの
編集者がすでに企画として押し出していることを考えれば、その先
を目指さなければいけませんね。では、「文学賞受賞作品はすべて
アニメ化される」ということをある時点で明言するべきでしょう。

くだらね^^;

467 :吾輩は名無しである:04/03/08 11:43
何言ってるのイクは?
東浩紀より感度悪そうなこと言ってるような感じ。(苦笑)

「砂の器」ってドラマたまに観るけど案外、面白いし、視聴率もいいんでしょ?
fu・fu・fu 中居くんって演技上手いよね、ホントに。。。
だから、文学的にディープな作品であれば、それはまだ現代でもアニメの下請け
なんていう被虐的レベルの発想ではなくって、単体としてのみならず、ドラマや
映画の優れたベースとして享受・体験可能なものでもあるのです。
10代だって、文学は読むヒトは読んでいるんだから、がんばってね。
って、何が?でしょうか。(微笑)


468 :吾輩は名無しである:04/03/08 11:58
「ベニスの商人だが、おまえらにいいたいことがある。」とか
「聖女作家」「○○かわいいよ○○」

というタイトルが気に入るという感覚は、
私から見ると基本的に老人・ファントム(亡霊)の感性なんだよね。
うわぁーダサい、キショィよね、としか感じられない。
だから、このスレに書き込むのも相当嫌なんだけど、仕方なくね。
意味分からないでしょうけど、とりあえずいいや。
どうして、そんなに錆付いた感受性を無自覚に身に付けてしまうのか、
かなり不思議系です。


469 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/08 12:37
>>467
本気で書いてるわけないでしょ、全く^^;

ここは「文学板」のくせに、他ジャンルに「合わせる」か
「対抗する」って視点ばかりが目立つので、いい加減
うんざりしていたところ。で、馬鹿げた意見の代表例
を考えてみようとして、ああなったわけです。

>>468
おいおい、「気に入る」っていうのは、全人的な感覚として
「気に入る」ではないのよ。「感受性」なんてのは収束性
ではありません…。

なんだかなー。どんどん「冗談」が通じなくなっていく。
あぁ、「老人」だからか。

470 :吾輩は名無しである:04/03/08 13:38
>さて、浅田農産会長の自殺なんていう凡庸な勘違い劇を見ていて
>思いついたのは、日本における小説の行く末です。国がこれから
>どんどんアニメを文化事業として奨励していくはずなので、その
>原作を量産する「下請け」として頑張るのはどうでしょう。

この辺の話題の振り方と論の進め方は、
チンピラおさむのパスティーシュみたいで笑えた。
コンピラ読了したら、書き込みよろしく>いくたん

471 :吾輩は名無しである:04/03/08 21:20
>>468
こういう人がなぜ2ちゃんねるなんかにアクセスしようと思ったのか。
かなり不思議系です。

472 :吾輩は名無しである:04/03/08 21:26
>>465
あの程度の画力で個展が開けるのかね。
日本絵画界の程度が知れるね。
てゆうか、金さえ出せば誰でも開けるものなのか個展て。

473 :吾輩は名無しである:04/03/08 21:50
>>466
>浅田農産会長の自殺なんていう凡庸な勘違い劇

確かに浅田農産の対処の仕方には常識では考えられないモラル的にも
許されないような面があったのは確かだが、苦労して積み上げたもの
を一瞬にして失う苦しさはお前らには到底わからないよ。
人間には希望的観測をしてしまう側面があり、彼らにも最初は
事の重大さがほんとに分かっていなかったのかもしれない。
数週間前までは多分食卓で笑い合っていたに違いない人間が、自らの
命を絶つほど追いつめられたということだよ。

474 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/08 21:54
>>473
まさか自分たちがお茶の間で笑いながら見ていたテレビ(や新聞=マスゴミ)に
殺されるだろうだなんて、たしかに想像していなかったでしょうね。

475 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/08 21:59
>>466

文学至上主義の人に道理を説いたところで、
「常識かぶれ」とか言われて終わるのがオチ。

とも思ったが、結局二人は言い方が違うだけで、
同じようなことを語っているような気がしないでもない。

476 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/08 22:19
>数週間前までは多分食卓で笑い合っていたに違いない人間が、自らの
>命を絶つほど追いつめられたということだよ。

で、それがどうした?
「メディアが殺した」というのと同じくらい当たり前の意見。
あと、いちいち「人間とは」「人間が」と言う必然性を感じない。
「浅田農産の会長」が自殺した、っていうだけ。下の名前も
すぐには浮かばない、ましてやその食卓を想像することなど
できない。よって、それを想像するのは勘違いの伝染か、
もしくは自己幻想でしかない。「苦労して積み上げた」という
美談もしくは被害者至上主義へと差し戻そうとする形容の
危うさ。

どーでもいいけど。それでは。

477 :吾輩は名無しである:04/03/08 22:23
いくたんおこったのいくたん

478 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/08 22:27
>>472
金さえ出せば、開けたりする。

479 :吾輩は名無しである:04/03/08 22:46
>>476
話がずれるかもしれないけど
そもそも小説自体が勘違いの伝染や自己幻想で成り立ってるとは
いえないだろうか。

480 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/08 23:02
煽ったらどうなるかなーと思って。

>そもそも小説自体が勘違いの伝染や自己幻想で
>成り立ってるとはいえないだろうか。

そこに批評眼がないと小説にはならないと思います。

ねます。

481 :吾輩は名無しである:04/03/08 23:10
>>476
「凡庸な勘違い劇」というのも君の凡庸な想像の産物以外のなにものでもない。
それに被害者意識というのも見当違いだろうね。
メーカーなんかに勤めてみれば分かると思うよ。
これ以上議論するつもりはないが、気になったので。

482 :吾輩は名無しである:04/03/08 23:12
雑多なニュースの断片から物語を再構築する能力がないので、
構成美も麗しき創作の世界に逃げ込むのです。

483 :チンピラおさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/08 23:12
しねやカスども

484 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/08 23:14
そうまでして君は参加したいの?

485 :吾輩は名無しである:04/03/08 23:14
おさむおこったのおさむ

486 :吾輩は名無しである:04/03/08 23:15
おさむさんかしたいのおさむ

487 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/08 23:25
おれも参加しちゃだめかな?

488 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/08 23:25
ixion氏の「直前打消し」だっけ?
カウンターアイデンティティ的な文学アプローチを否定する割りには、
結構自分の意見に反論されると、そのような行動をとってしまう。
短い文脈の中だけでなく、彼の思考形態が止揚型なので、
そのような「直前打消し」的な発言は長い文脈の中に見つけ出すことも可能。
しかも、今回は自分で振ったネタである!

489 :チンピラおさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/08 23:26
死んだ奴が可哀想だなんて、なんて甘い奴らだ。
死ぬなんて楽チン。日本に死刑はあっても拷問刑がないのはなぜだろう。

490 :チンピラおさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/08 23:27
ファロスマン大好き!!

だって頭が良くてやさしくて、ユーモアまであるんだもの。

491 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/08 23:27
>>489
だから君は他人に対して、容易に「死ね」とか言えるんだろうね。
言われてあんまり気分のいいもんじゃない。

492 :チンピラおさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/08 23:29
ファロスマンは文章を読んだ感じ、ぼくのであったコテの中では一番の才能がある。

いや、まいったまいった。
見習わなきゃ。

493 :チンピラおさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/08 23:33
>>491
きみはぼくのであったこての中で一番才能がない。工藤よりも全然ダメ
第一、2ちゃんで死ねなんて言われていちいち気分を害するくらい2ちゃんねるに
のめりこんでること自体、既に負け組み。

拷問はバタイユの本に出てくる、阿片吸わせて削ぐ奴がいいね。
麻原とかはそれがいい。で、みんなで休日見物するの。


494 :吾輩は名無しである:04/03/08 23:34
今日のおさむはチンピラバージョンか。

495 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/08 23:44
ウィトゲンシュタインの次はバタイユか。
読書熱心、博覧強記のおさむにかなう人などいませんね♪

496 :チンピラおさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/08 23:45
それか、へびにぴあすでアマさんがやられていた殺し方でもいい。
とにかく首吊りなんて、古臭い。
少なくとも公衆の面前で殺すべき!
おらが総理大臣になったら、凶悪事件の犯人は公開刑で、さらに拷問で
1週間かけて殺すよ。

497 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/08 23:50
>>496
お前から、「首吊れ」て何度も書かれたけど、気のせいかな?
まあ、キミは忘れっぽいからね。
群像取れなきゃ、2ちゃん引退もそうだけど。
忘れっぽいというよりも、立派な嘘つきだと思うこともある。

498 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/09 07:35
ワタルがんばれ! わたしが味方だ!

499 :吾輩は名無しである:04/03/09 08:26
>>483-497
おさむじえんうざいようざいよじえんおさむ
マーケットでじぶんをたかくうりだしてみたら?

500 :吾輩は名無しである:04/03/09 09:05
>>469
イクのレスは焦点が嘘みたいにぼやけてるので、答えようがないんだけど。。。
そうゆう曖昧なエクリが文学的とか思っていますか?とか言ってみた。(笑)

>ここは「文学板」のくせに、他ジャンルに「合わせる」か「対抗する」って
視点ばかりが目立つので、いい加減うんざりしていたところ。

うんざりする理由が全然分かりませんけど。。っていうか、このスレのコテレス一覧
を見れば分かるんだけど、養老院とかにお見舞いに行くと、きっとこんな雰囲気なのか
なぁ?と思えるほど、相当狭いセカイでユルゆるの馴れ合い話をしているようだから、
他ジャンルなどをもっと積極的に参照項に組み込んで欲しいぐらいだよね。

イクは精神的にもっと成熟したオトナだと思っていたんだけど、どうやら
小児的な全能感をまだどこか拭えないでいる、永遠の不満状態にあるんだね。
じゃ、その理由を教えてあげます。
youは、今の文学的な環境に苛ついているのではなくって、自分がそこに
『作家or批評家』として具体的に参画し得ないことの無力感に本当はムカついて
いるだけだと思うんだよね。ネタにマジレスみたいな返しはダルいのでやめてネ☆


501 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/09 09:33
すまん、昨日で休みが終りなのでいらついていただけなのだ。
まーそんなことはここの書き込みだけでは分からんだろうが。
ということで、>>500 はずれです。残念。

メーカーが頑張って作り上げたものが相手の意向ひとつで
「なし」になって、自分が自殺しているなら発言にも説得力が
あるのだが(大変ですね、としかいえないけど…どんな仕事
でもその程度の「大変」はあるんだよ、それも想像しようね)。

もしくは、ある特定の死に集中せず、「何人も一島嶼にては
あらず」ぐらいまで行ってくれるなら。しかし、それが本当に
出来るのなら、いちいち「苦しさ」や「希望」と分かりやすい
言葉にはしないだろう。誰が為に…。

>他ジャンルなどをもっと積極的に参照項に組み込んで欲しい
ここ同意。参照した上で文学の広さとは何かを考える。

502 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/09 09:47
ところで、俺が「勘違い劇」っていったのは、またもや「責任」
=「迷惑をかけない」って枠組みでしかものを考えてない
自殺だからです。責任―応答可能性を引き受けるのであれば、
死ぬことは応答の放棄でしかない。そんな「当たり前」の
ことを理解していない自殺というのは、その「苦しみ」だか
「希望」だかを「想像」しても仕方ないおなじみの自閉でしか
ない。

ま、これも俺の考え方でしかないけどね。

503 :吾輩は名無しである:04/03/09 10:33
>>502の意見は、哲学的な文脈では正論だと思います。
できれば、みんなそのように考えられるといいよね。
ただ、死に行く人間の心理学的なプロセスには対しては
かなり無知な意見なんだけど。

きっと死に逃走した訳じゃなくて、
死へと自動的に追い詰められたのでしょう。
ヒロイズムに浸る、または「勘違い劇」を演じているような心理的余裕は、
たぶん、その人のどこにも無かったんじゃない?
マスコミで、あれだけ大々的に諸悪の根源扱いされれば、一般人の普通
の神経の持ち主であれば、その異常な重圧「刑事訴訟なども含めて」に
精神的な錯乱状態に追い込まれていたのは、想像するに難くないのです。

イクは他人事だから、そうしたクールな感想を言えるのだろうけど、
文学好きの割には、他者性に対する想像力が足りないような気がします。



504 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/09 10:50
あー「勘違い」は主観、「劇」は客観の話だよ、一応。

「劇」ってのは観客がいないと成り立たない(まぁ、自己観客化
っつ−ナルシシズムの極地もあって、青年期の自殺にはこういう
のもある)。

「勘違い」ってのは、死へと自動的に追い詰められる、なんて
のが勘違い。「自動的」というシステムを受容して、その外部との
応答を自分で絶ったのよ。自殺を考えたことがある人なら誰でも
そういう自動性が勝手に死を呼び込むのではなく、切断する
瞬間があるんだってのが分かるんじゃない?(503がどうかは
俺の知ったこっちゃない)

>文学好きの割には、他者性に対する想像力が足りない
他者については、想像しうる限りでは想像します。
責任についても考えます(これ考えずに生きられる/死ねる
奴はすごい)
でも、死者は絶対的な他者であるので、想像が及ばず、その
想像は自分の内側へとひっくり返されてしまうことも多いのです。
だから、死者についてあれこれ言うのなら、ジョン・ダンぐらいの
大きなことを言って欲しい。それは「想像力」といえるかもしれない。
死者がどう追い詰められたのか、なんていうのは想像力じゃない、
ただの自己幻想だって言ってるわけです。

と言い続けても、俺のこうした考え方はあまり共有されそうに
ないですけどね。いいところ
1.「文学的想像力が足りない」(おいおい、意味分かってんのか^^;)
2.「倫理観が欠如している」(下手の想像の方がよっぽど…)
3.「そういう考え方自体が自閉的だ」(他人の死と無邪気に「繋がる」のは
  どーよ?)
ってところですかね。ま、ご勝手に。クソ仕事だ。では。

505 :吾輩は名無しである:04/03/09 11:11
自殺した作家なんてカス人間の最たるものなんだな。

506 :吾輩は名無しである:04/03/09 11:41
そもそもixionがいう自己幻想と想像力の違いが分からん。
感想文と批評文みたいなものか。
自己幻想のより高次の存在が想像力ってこと?
だとしたらどんな想像力でも始めは自己幻想から始まるのだから
あながち自己幻想というものを否定することもないと思うのだが。

507 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/09 12:26
群像の侃侃諤諤を読んだところ、
やはりおさむみたいなのが2ちゃんねらーの典型と見なされているのか、と思った。

508 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/09 12:35
・すばるから芥川賞は久しぶり、とか
・りおおの立場は? でも、最後まで残るのはこいつ、とか。
2ちゃんねるでに書かれてあるようなことを語っておきながら、
最後、おさむみたいなのが出て来て、引っ掻き回して終わる。

文芸誌から匿名批評欄が消えたのは、
巨大匿名掲示板の振興によるものかいな。

509 :吾輩は名無しである:04/03/09 13:25
>500
何でそんなにixionに執着してるの?

510 :吾輩は名無しである:04/03/09 16:39
情ってもんがないよ情ってもんが。

511 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:08
>>503
あと金銭的な問題もあったかもしれない。従業員の給料を払うには生命保険金
しかなかったとかね。様々な複雑な要素が絡みあったんだね。
ともあれ、事の真相は周りの人間には分からないし、当人たちでさえ自分がなぜ
自殺までしたのか説明はつかないのかもしれない。

512 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:46
こういう流れを読んでいるとさ、いい情報をキャッチしたいと
やってきて、いい情報もらったら自分も置いて帰るみたいな
気概がすっかり減ったようで残念だ、文学板。

不思議なのは、自分からいいものを引き出してくれない相手にも
丁寧に対応していることだな、ixionが。
その意味では、必要以上に他者のことを気にしすぎる。
前みたいに思い切りスルーしてもいいと思うんだが。

513 :吾輩は名無しである:04/03/09 18:58
>512
>残念だ、文学板
私は新参者ですが、同意します。

514 :吾輩は名無しである:04/03/09 19:13
自分と考えの異なる意見に対して、反駁するなり何なりすれば、
本人の意見が純化されるとか、そんな楽しみがあるのでは?

515 :吾輩は名無しである:04/03/09 19:30
>>512-513
こういう書き込みから「情報」を得たつもりになれない私。

516 :513:04/03/09 20:22
>515
そうだね、手土産はなしということで。

517 :吾輩は名無しである:04/03/09 21:08
>>512
イクシオンは長文に対しては以前から律儀にレスをしていたよ。

518 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/09 21:18
いくたんは劇評家としては舞台をうまく説明する(=自殺した会長がどうのこうのと)
かもしれないけれども(わたしにはかならずしもそうとは思われないが)、
いざ自分が舞台(なんらかの事件の渦中)に立ったらば、
まずあの会長ほどうまくは演技をできない大根役者だから、
うーん、なんか笑っちゃう、ほほえましくて。
わたしにはいくたんを非難したひとの気持ちがよくわかるけど、
まあ、決して舞台に立てない(運命的に・素質的に)プチ劇評家のいうことだから、
わたしのこのレスに免じていくたんを許してあげてください>>473

なんてことをトム・ストットパードの「ほんとうのハウンド警部」を読んで思った。
いくたんがこの戯曲を読んでいたら話が早いんですけれども。

519 :吾輩は名無しである:04/03/09 21:29
あの会長こそ大根役者だと思うけどね
知らない他人の死にむやみやたらに感情移入することは
解消されるはずのない差異が解消されたという幻想をもつことであり
不当な行為である…

ixionをうまく煽ると面白い話がきけることが最近わかったよ

520 :吾輩は名無しである:04/03/10 00:35
>>519
>ixionをうまく煽ると面白い話がきけることが最近わかったよ

今回は逆だろ。ixionが煽って名無しが引っかかったんだよ。
煽った理由は自ら語った様に休みが終わるからイライラしてってことだろ。
まぁ煽り煽られいいじゃないの。少なくとも会話として成立してるんだから。

521 :吾輩は名無しである:04/03/10 02:08
どっちだってなんだっていいじゃん。不毛なスレだね、相変わらず。
イクちゃん、プライド高すぎ。


522 :吾輩は名無しである:04/03/10 02:55
>>521
雑談スレに何を求めてるんだろう…
てゆうか、なぜスレを覗いてなおかつ書き込んでいるんだろう…
しかもageて

523 :吾輩は名無しである:04/03/10 02:57
さみしかったんじゃ・・・

524 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:00
いくたんかまってよいくたん

って感じか

525 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:05
>>524
正直言う。眠れない。かまってくれ。

526 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:06
>>525
ぶっちゃけ俺はもう眠いのだが

527 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:07
俺がかまってやる
かかってこい 
ウラーー


528 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:09
まだ目がギンギンしてる。風呂に入りたいんだが節電式なのでもうちょっと
またないと湯がでないんだ。

529 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:10
>>527
そんな話きいてないよ。どこの誰?

530 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:10
不眠症って辛いらしいね。
俺は全然経験無いけど。
いつでもどこでも寝られるよ。

531 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:12
>>530
すごくきついよ。ちょっと興奮するともう眠れないね。


532 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:14
>>531
でもさ、素人考えで人より多く活動できるわけだから
お得な人生送ってると考えちゃダメ?

533 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:18
>>532
有効に時間を使ってればね。昼間3時間ぐらい頭がぼーっとしてるから
むしろ効率悪いよ。
いつでもどこでも寝れるってそれこそお得だよ。

534 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:21
話し変わるけどアンチトルストイとかアンチドストエフスキーとかいうスレ立てたの
君たち?>>527>>528

535 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:26
>>533
寝ようと思ったら普通に12時間ぐらいは寝られるけど
寝すぎでまた眠くなるからやっぱ損してるよ
寝るのにも結構体力使ってるのかもね、真面目な話。

536 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:27
と書いていたら眠くなってきた…。
お休み。不眠症の人もよく眠れますように…。

537 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:29
>>534
眠るのって体力使ってるよね。夏の昼寝とかものすごく体力消費すると思う。


538 :吾輩は名無しである:04/03/10 03:30
>>535-536
短い間だったけど付き合ってくれてありがとう。おかげで眠れそうな予感がする。
おやすみ。

539 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 07:42
>>518
自己レス。名前間違えた。
トム・ストッパード「ほんとうのハウンド警部」。
Tom Stoppard「THE REAL INSPECTOR HOUND」。
いくたん読んでそう。それも英語で。

540 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 09:09
「ほんとうのハウンド警部」の感想文です。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1058920850/624n

役者と劇評家と観客、きみがなりたいのは何か?
……わたしは劇作家かな。

541 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 09:26
ストッパードはそんなに読んでないのだ、たぶん。

不条理演劇ならオールビーとかイヨネスコが好きだ。
オールビーは『動物園公園』一作だけでも良いと思うん
だが(『ヴァージニア・ウルフなんて怖くない』は少し冗長)、
イヨネスコはどれも好き(だから、多分美香は嫌いだろう)。
『現代世界演劇』なら、『殺戮ゲーム』が入ってたような
気がする。

あ、てことは俺はストッパード読んでるな…全く覚えてない。

そういや『喪服の似合うエレクトラ』『夜への長い旅路』
も読んでみ、オニール。こいつは凄い劇作家だよ。
大学時代、思わず全集買ってしまったし(それで分かった
のは、結構ムラが多い劇作家だってことだけど^^;)。

542 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 09:28
あ、あと俺は「第四の壁」のあちらにもこちらにもいません>>518

劇場の外で看板を見てつぶやくタイプだね、自虐的に言えば。

543 :吾輩は名無しである:04/03/10 09:50
>>504
死者がどう追い詰められたのか、なんていうのは想像力じゃない、
ただの自己幻想だって言ってるわけです。

それで他者の死に対して、こんなチープな感覚で意識から切断処理をしてしまう
人間が言う文学の話なんて、わたしには基本的にエンプティだとしか思えない。
文学の役割のひとつに、沈黙者の声を拾いあげる、救い上げるというのがある
ような気がします。だから、それに携わるヒトにはそれを聞き取る良い心の耳が
必要なんだけど、イクは固有名詞を羅列することしかできないようです。

それは、もちろん死者の声だけでなくて、
目立たないながらも、公園の片隅で花のように生きている人の声だったり、
その他大勢に埋没しそうなただのリーマン声だったり、犯罪者の悲鳴だったり、
まぁ、色々ある訳ですよね、沈黙者の声というのが。
そこへ視線を向けたり、それを想像したりできる人が、すなわち文学していること
でもあるのです。☆




544 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 10:18
死者の声を救い上げる? よくもそんな、それこそ「チープ」な
ことを言えたもんだ。生者の特権だな。

俺が言ってるのは、目の前に与えられた、もしくはマスコミで
伝えられた「劇」としての死者の苦悩だか何だかに応じて
単純な想像をめぐらす前に、死者と「向き合う」だけでも
大変な苦労なんだ、っていうことだよ。あんたが言ってるような
「チープ」な死者の声なんていうものを、それこそまがい物の
イタコみたいに聞き取ることじゃない。それが「良い耳」だなんて
ばかげた話があるんだったら、俺はそうした死者を自分に
「取り込む」ような身振りや態度をいっさい拒絶する。

それは「文学」でもなんでもない、ただの個人的な感傷である。
死者の利用にしかすぎない。

ったく、何のためにパウル・ツェランや原民喜が苦悩して、
それでも死ななきゃいけなかったのか、考えたこともないん
だろうなこういう「死者の声倫理馬鹿」は…。

視線を向けるなんてのは誰だってできるの、いまは出来合い
の想像キットが横溢しているんだから。それこそ、>>543
みたいな「公園の片隅で花のように」なんて馬鹿なことも
いくらでも言える訳だ。他者を自分の範疇に納/収/治めて
満足する奴ね。はいはい、そういう作家もいくらでもいますね。

545 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 10:19
死者の声を救い上げる? よくもそんな、それこそ「チープ」な
ことを言えたもんだ。生者の特権だな。

ナルシシズムの呪縛から逃れて、自分ではないもの、つまり
生きている他人や死んでいる他人、自分自身の過去の記憶
や未来の死といったものに「向き合う」ところに辿りつくだけでも、
本当は一生かかるぐらい苦悩するべきなんじゃないの?

そういうこと考えるのが「批評的想像力(他を他として想像すること)」
であって、それがないとただの「自己幻想(自のおさめる他)」に
終始するんだよ。

ま、俺にとっては馬鹿げた言葉でしかないし、たぶんこんなこと
マトモに書く奴はいないだろうから煽りだろうけど、一応ネタにマジレス
してみました。つまらん「声」至上論(・へ・)ヨクナイ!

(どう、ちゃんと煽られてる感じする?)

546 :吾輩は名無しである:04/03/10 10:56
かなり、怒ってますね。悪いこと言っちゃたようで。(苦笑)
まぁ、あなたの言うように安易にマスコミ的に加工された悲劇は
チープで鈍感ゆえに拒絶するという態度はいいと思います。

まぁ、あなたには批評的想像力があって、文学的想像力が欠落している
ヒトだというのは、なんとなく分かりました。
あと、死って言うのは、かなたや外部のどこかにあるのではなくって、
生きている人間の生命に内属されているものだから、あなたがそれを
「取り込むor取り込まない」の話ではなくって、
いつも手元にあるものなんです。

つまり、自分の死はそれを体験・認知できないという意味で、
すべての死は『他者の死』になるのだから、俺とは関係ないもんね!
というあなたの態度が、わたしには軽率で幼稚な意見に思えたので
レスしました。(笑)☆







547 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 11:11
怒ってないってば。いい加減2ch慣れしなさいよ(苦笑)

死は自分の内にある、ってのも安易な意見だね。死が「ある」
って実感できるの?現実を想像しろ、とかいっときながら、
そこだけ妙に抽象的だねっ☆
実のところ、体感とか認知なんていうのは関係ないの、そんな
こといったら「内属」なんてのも実感できないでしょ。死は彼方
にあるってことでもないし、生が死に徐々に変身するわけでも
ない。
「死」についてもう少し文学を読んで考えてみたらどうだい?
なんかあまり文学を読んでなさそうなことばかり書いてるけど。
(読んでるならそんな簡単に「生と死を自らのものとして想像
する=文学的想像力」みたいな馬鹿図式は書けないはず…
だよね(* ^ー゚) )

生と死は地続きだ、なんていう借り物の思想で武装している
んなら、なんて脆弱な「文学」なんでしょ、あなたの「文学」は。

死を手元においておいたら安心だろうね。「メメント・モリ」なんて
したり顔に言いながら、まるでヴァニタス画のような安心感。

>すべての死は『他者の死』になるのだから、俺とは関係ないもんね!
誰も「関係ない」とは書いていないよ。そもそも、俺はある固有の
死を自分のもののように語る態度を一貫して批判してるんだけど
(まぁ、いつものように俺の書き方が悪いから読めない人もでてくる
んだろう…反省(*_ _)人ゴメンナサイ )

言いたいことはたった一言:
そんなに簡単に「関係」できると思うな、ガキめ。

(さーて、これも怒っているように見えるかな、素人精神分析君?)

548 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 11:13
>>541
>オールビーは『動物園物語』一作だけでも良いと思うん
>だが(『ヴァージニア・ウルフなんて怖くない』は少し冗長)
ほんと? じつは全集を買おうか迷っていたり……なら買わないぞ。
オールビーって不条理劇なんだいわゆる。
「不条理劇=カタルシスのない劇」という構図でいいの基本的には?

>『現代世界演劇』なら、『殺戮ゲーム』が入ってたような気がする。
その巻には「ハウンド警部」は入っていない。
>あ、てことは俺はストッパード読んでるな…
てことは読んでいないかと、べつにいいんだけど。
わたしも「現代世界演劇」を全そろいでは持っていない。
安く売っていたときにバラで買うようにしている。
イヨネスコは「二人で狂う」しか持っていない(「現代劇集」)。
読んだことある? うわ、短いな……。今から読もうかな(w

>大学時代、思わず全集買ってしまったし
「全集」はでていないと思うけど。それって白水社の「オニール名作集」のこと?
だったらすごいうらやましい。いまそれ一万円くらいする。いくらで買ったんだろう。
>オニール。こいつは凄い劇作家だよ。
今から「奇妙な幕間狂言」「毛猿」「喪服の似合うエレクトラ」「夜への長い旅路」
と読んでいく予定。楽しみ。

549 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 11:16
そうか、俺が長文レスすると怒っていると思われんのか。

実は短レスの方が怒っていることが多いです。


550 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 11:18
>イヨネスコはどれも好き(だから、多分美香は嫌いだろう)
今後の読書の参考になる。
よほど安い金額ででていなければイヨネスコは買わないようにする。
ベケットの「ゴドー」なんかはそれなりにおもしろかったけどな。
ただし「ゴドー」を積極的に声高に大好きと叫んで回るような読者は大嫌い。

>劇場の外で看板を見てつぶやくタイプだね、自虐的に言えば。
切り返しがうまいね。だからいくたんかわいいよいくたん。

551 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 11:20
>「不条理劇=カタルシスのない劇」という構図でいいの基本的には?

『動物園物語』は、後味は悪いが、カタルシスと言えないこともない
何かがある。そこがうまく掴めない。いろんな批評を読んで納得
はできるかもしれないが、ありゃ何かひっかかるんだよね。

>わたしも「現代世界演劇」を全そろいでは持っていない。
>安く売っていたときにバラで買うようにしている。

あー同じ同じ。やっぱりストッパードの巻あったわ、これから
読んでみる。本当に、全く覚えてないよ。オールビーの方は
覚えてるのに。

>「全集」はでていないと思うけど
ごめん、英語^^; シェイクスピアみたく、分厚いデッカイ一冊本
全集がでてるんだよ。

552 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 11:26
>希少コテのいくたんへ

不条理劇をじっさいに舞台で見た観客ってどんな反応をするんだろう。
笑うのかな。いや、笑わないよな。

ブレヒトの提唱した演劇観というのは、
舞台と観客の実生活が離れていてはだめというもの。
舞台を見て家に帰ったら、
そこから社会を「より良く」w変えていこうという。
ブレヒトもカタルシスを否定している。

じゃあ、不条理劇を観にいく観客はどういう態度でのぞむべき?
不条理な社会を象徴する「結晶」(舞台)のようなものをなんのために見る(読む)?
わたしのいちばん嫌いな知的満足(=自己満足)のためかな……。
まだ読んでいないけど(買いためてはいる)ウェスカーという劇作家は、
「不条理劇の時代は終わった」とどこかで語ったらしいけど。

553 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 11:35
俺が観に行ったベケット(フランス語上演)では、みんな真面目
だった。気持ち悪いぐらい。でもあれはフランス語上演だった
からかな…『幸せな日々』

あと、いくつか不条理劇を観たけど:
『ローゼンクランツと(以下略)』 → 笑ってる人もいた。
『動物園物語』 → なんか、みんな沈欝だった(苦笑)
『椅子』 → 演技がつまらなかった。じゃなくて、観客の反応
        覚えてない。

って感じです。今度『ダム・ウェイター』やるけど、観に行くの?

>不条理な社会を象徴する「結晶」(舞台)のようなものを
>なんのために見る(読む)?
いやー、そんなに構えて観に行かないよ。俺の場合は
知的満足もあるけど、奇妙なものが見たいからだろうなぁ。

554 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 11:41
>>551
>ごめん、英語^^; シェイクスピアみたく、分厚いデッカイ一冊本
>全集がでてるんだよ。
……。そうかい、そうかい。英語が日本語とおなじスピードで読めたらなわたしも。

ところで質問。わからなかったら放置でいい。
どこを調べてもわからなかったんだけど。ピーター・シェーファーの邦訳全作品。
「五重奏」「自分の耳 他人の目」「ザ・ロイヤル・ハント・オブ・ザ・サン」
「ブラックコメディ」「エクウス」「アマデウス」「レティスとラベッジ」。
これでぜんぶかわからない?
ほら日本語表記がまちまちだから調べにくい。
シェイファーだの、シェファーだの、シェーファーだの。
ということは「レティスとラベッジ」以降は邦訳されていないのかな……。
まだ生きているかご存知? かれに戯曲のおもしろさを教わったようなものだからわたし。

555 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 11:51
いきてるいきてる。
確か「ナイト」の称号貰ったんじゃないっけ?
(別人の勘違いだったらごめん)

もう10年近くは書いてないんじゃないの…知らんけど。

邦訳作品は分からん。

556 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 11:58
>>553
いくたん、けっこう舞台観にいっているんだ。驚いた。お金持ち。

>みんな真面目だった。気持ち悪いぐらい。
不条理劇は観客の男女比率がふつうの芝居とは逆転しそう。

『ローゼン(以下略)』なんて観にいったんだ!
もちろん戯曲をあらかじめ読んでからだよね、いくたんなら。
よくあんな退屈な戯曲を読んでから、うーん、ひとの趣味はまちまちだ。
でもなんであのストッパードが「恋におちたシェイクスピア」なんて書いたのかふしぎ。
アイディアだけでじっさいに書いたのはもうひとりのほうなのかな。 

>今度『ダム・ウェイター』やるけど、観に行くの?
演劇は金券ショップで割引チケットを発見したときだけ、よほどのことがないと。
このまえ「エドガーさんは行方不明」というのを東京グローブ座まで観にいった。
おもしろかったな。英米演劇に「はずれ」はほとんどないと実感。
チケットも半額以下だっし。
つぎいくのは「ドリー・ウェストのキッチン」というやつ。三百人劇場。
このまえの「エドガー」で戯曲で読んでいないお芝居を観る楽しみを知ったから。
シェイクスピアを見るのとはべつのおもしろさがある。

>俺の場合は知的満足もあるけど、奇妙なものが見たいからだろうなぁ。
ちがうねわたしとは。とにかく元を取ろうと考えるわたしは。
笑いたい、泣きたい、感動したい、生きていて良かったと思いたいから。
これをカタルシスというのかはわからないけど、まあ、低級な排泄行為かも。

557 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 12:04
>>555
>もう10年近くは書いてないんじゃないの…知らんけど。
そうなんだ。それでも食べていけるのが外国。日本は違う。
ブロードウェイなんかすごいんだろうな実際に行ったら。

「レティスとラベッジ」を持っているのは自慢。
ネット上、どこを探してもないと思う。
これが実際、ものすごくおもしろかった。
バブル全盛期に黒柳徹子主演、銀座セゾン劇場でやったらしい。
最新作、あれば見たい読みたい日本語で。

558 :吾輩は名無しである:04/03/10 12:08
美香は演劇観るより実際に恋をした方がいいんじゃないのか

559 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/10 12:18
>>558
わたしは舞台に立ちたいのです。
なまはんかなメロドラマなどこちらから願い下げ。
いでよハムレットという心境です。

>>551
>やっぱりストッパードの巻あったわ、これから読んでみる。
べつに読まなくても、いやixionの感想も聞きたいからむしろ嬉しい。
じゃあ「箱と毛沢東語録」はおもしろいのかな。
わたしは「ハウンド警部」と「管理人」がお目当てで買ったのだけど。
「罪なき告発」や「ベアトリーチェ・チェンチ」なんて読んだ(読む気する)?
作者の名前も聞いたことがない……。

560 :吾輩は名無しである:04/03/10 12:32
しかしixionって何でも読んでるな
一日に何冊ぐらい読んでんだろう。
読むスピードも速そうだし。

561 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 13:36
読んだ。ストッパードらしい構成<『本当のハウンド警部』

ストッパードって、常に「三極」と「二重性」に取り憑かれてる
んだよね。真っ直ぐな対峙を書きたくない、もしくは書けない。
例えば舞台と観客が「第四の壁」を通して隔てられていて、
その実、舞台で演じられていることを現実のように観客に
捉えさせようとするリアリズムに、矛盾を感じている。
不条理劇、ってのは、多かれ少なかれそういう直線に対する
反発として生じてるんだけど、ストッパードは異様に図式的で
明確な形で反発する。

この劇も「三竦みの力関係ってのはいい」って台詞でも分かる
ように、舞台上の客席・舞台・客席(劇評家・役者・観客)と三極
を設定している。で、劇評家は二人だが、それぞれの頭にもう
一人の人物が取り付いている(自分よりやり手の劇評家・自分の
愛する対象)。だけどそのもう一人の人物は不在であるか、
または自分とは離れた極にいる(バードブートから見た舞台上の
シンシア/フェリシティ)。でも、突然その不在/離極に自分が
埋め込まれるわけだ。そうすると、伝統的な「演劇」(つまり、
客席と舞台を「切り離す」もの)ってものが機能しなくなって、
必然的に劇評家は「死ぬ」羽目になる。最後には過剰に劇的な
役割を担わされたマグナス―アルバート―ハウンド警部、または
代理の代理劇評家マキャフィティが舞台の主役となる。

ってのが「劇評」的書き方。感想は「あーいつものストッパードだ。
またちょっと素人じみた、しかしめちゃくちゃ構成がうまい変な劇
書いてるよ。現実の観客を空白項にするってのも面白いよなぁ。
でもウィリアムズのTwo-Character Playの方が叙情があって
好きだな、この系統なら」って感じです。おわり

562 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 13:45
あと、美香が誤解しているようなので書いておく。

>考えさせられる。私たちはテレビで見るニュースに劇評家
>よろしくいろいろと注文をつける。
>代議士の謝罪を見たら芝居がかりすぎだの、浅野養鶏場の
>会長の自殺を見たら演技が下手だの。

俺はこういうものが演技とか芝居とかで「ある」と言ってるんじゃない。
観客がそれを演技や芝居の問題に「する」ことが問題なんだ、
と言ってるわけ。固有名を関した現実と、テレビやらメディアを
通じてすぐに「関係」しちゃうのはどうなの?ってことで、>>466
の戯言を書いたら、それに真面目に突っ込んでくる奴らがいたから、
俺もある程度真面目に「責任に関する勘違い」と「劇化」、そして
「他人の死に共感しまくる観客型人間」を論じたわけです。

別に自殺の演技が下手だ、なんて一言も書いてない。これだから
俺の文はわかり辛くていかんのだ。シネ!!(・∀・∀・)イキロ!!>俺



563 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 13:46
あと最後に一言:モラヴィアぐらい知っとけ!!>美香

(あこれはちょっと怒ってますねどうでしょう)

564 :吾輩は名無しである:04/03/10 14:39
>>562
このスレに関して言えば一番最初にマスメディアを通じて
養鶏所の会長に「関係」しちゃったのはixionじゃないのか?
自ら話題を持ち出しておいて人の死をそんな軽々しく語るなよ馬鹿ども
っていう態度はどうかと思うけどな。
パロディでも戯言でも皮肉でも
そもそも会長の自殺なんて持ち出さなければ良かったんだよ。

565 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/10 14:41
その通り。反省。

でもちょっとは「雑談」ができて良かった^^;

566 :吾輩は名無しである:04/03/10 14:47







                     ねぇねぇ、ixionに絡んでいる
                     名無しの☆って、おさむなの?

567 :吾輩は名無しである:04/03/10 14:51
>>566
おさむじゃないだろ。
なんとなく女性っぽい気がするんだが
まぁどうでもいいや。

568 :吾輩は名無しである:04/03/10 16:58
ルサンチマンでいっぱい

569 :吾輩は名無しである:04/03/10 18:54
美香さんへ:
カタルシスってなんですか?

570 :吾輩は名無しである:04/03/10 19:14
あいつが自己を問い直すにはちょうど良い問いかけだな(ゲラゲラ

571 :白石昇 ◆yAVJKqLKn2 :04/03/11 00:00
 いくたんかわいいよいくたん。








 ごめんなさいリアルタイムで書き込んでみたかっただけです。

572 :吾輩は名無しである:04/03/11 05:50
>>547
>生と死は地続きだ、なんていう借り物の思想で武装している
んなら、なんて脆弱な「文学」なんでしょ、あなたの「文学」は。

こういう思想こそ、数百年前から言われ続けている『借り物の思想』の
代表例なのが分からないのかなぁ?(苦笑)
あと、生と死は地続きなんてこと言ってないです。
生命の中に、それはいつも内属されていると言ってんだけど。。

>「内属」なんてのも実感できないでしょ

だから私のレスに、>つまり、自分の死はそれを体験・認知できないという意味で、
すべての死は『他者の死』になるのだから

って、書いてあるでしょ?ホントにイクはどこかが弱っているようですね



573 :吾輩は名無しである:04/03/11 06:08
あと、精神的な次元として考えても「死」や「他者」って、
私たちにいつも作用し続けているんですよね。
だって、たとえば現存してない作家の言葉に、今、生きている人が
何らかの感銘を受けるとしたら、それは『死者の言葉』に触れて、
つまり、いま・ここにいない死者と間接的に拘わっていることにもなるんだから、
人格システムや脳機能が著しく欠損しているらしいイクが、いくら死や
他者の近親性を自分の中に認知できなくても、それは誰の実存の中にも
時には優しく、時には悲しく息づいているのです。☆

574 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 08:44
いい加減飽きた(苦笑)>>572-573

自分の知らない死者の声を勝手に想像するのと、
作家の作品を読むことを同列に並べている
あなたの「他者」ってやつは、とってもあいまいに
「自分でないものから影響を受けること」を語っている
だけです。論点がずれてきています。「影響」
についてはまぁいろんな人が書いているので、
それらを読むと良いでしょう☆

ところで、あなたは「養鶏場の会長の自殺」について
何を言いたいわけ?俺は「自分の語りえないものに
ついては、何も言うな」と言ってるだけなんだが。
勝手に他者の死から「ああ、この人は○○だったん
だろうなぁ…そんなことも想像できない奴は文学性
が欠如しているよ」と考えるのが「死者の声を救う」
とかいうことなわけ?

575 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 08:54
俺がジョン・ダンの例を出して「こういうのは認める」と言ったのは、
例えば大江健三郎が『叫び声』の冒頭で引用するサルトルの
言葉のような、「全的な他者に向けて共感する」という、ナルシ
シズムの呪縛を振り切って他に没入するような「共感」のこと。

「ひとつの恐怖の時代を生きたフランスの哲学者の回想によれば、
人間みなが遅すぎる救助をまちこがれている恐怖の時代には、
誰かひとり遥かな救いを求めて叫び声をあげる時、それを聞く
者はみな、その叫びが自分自身の声でなかったかと、わが耳を
疑うということだ」(大江健三郎『叫び声』)

No man is an island, entire of itself; every man is a piece of
the continent, a part of the main.
If a clod be washed away by the sea, Europe is the less,
as well as if a promontory were, as well as if a manor of
thy friend's or of thine own were.
Any man's death diminishes me, because I am involved in
mankind. And therefore never send to know for whom the bell
tolls; it tolls for thee.
(John Donne)

あなたが言ってるのは単なる「影響」であって、「観客」ってのは
やたらと影響されるんだな、これが。文学的な「他を他として」
と言うのは、自分を他に変えるようなやり方で没入するか、
もしくは他と向かい合うために考慮をつくすことなの。まー
分からんかもしれないけど、それは俺のせいではないからね^^;

576 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 08:58
しかし、この煽りもワンパターン化してきたな。誰か第三極
的な視点を提示してくださいな。Devil's Advocateだけでは、
善悪対決に転じてしまって、安易な倫理性の話になってしまう。

煽り君が「人格システムや脳機能が著しく欠損しているらしい」
と、まぁ他人を重んじろと言いながら人格攻撃を始めている
のは、こういう流れでの必然ですね。人類は愛しているが隣人は
殺したい、みたいな(苦笑)

こういう「対決」(と俺は思っていないが)というのは、第三極が
登場すると途端におもしろい「絡み合い」になるんだけどねぇ。

ではでは。

577 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 09:10
あ、>>575ってのは、「全人的没入」ってな感じで、まぁ
ちょっと間違うとこれを教義化して宗教となってしまう
わけだが、これは認めても良いと思うってだけね。

俺が強行に反対しているのはある特定の個人の
死を知って、そこからいろいろ想像をめぐらしていく
ことね。「こういう苦労があったんだろうなぁ」とか、
そういうもの。

一応。

578 :我輩は名無しである:04/03/11 13:06
ixion、もうちょっとがんばって文章力を磨け!!ひどすぎるぞ
即興が効かないのも問題だな あとちゃんと飯を食って運動しなさい


579 :吾輩は名無しである:04/03/11 13:43
ixionは「死」や「他者」をあくまで現実としてみてるけど
煽りの人は「死」とか「他者」を自分の手のとどく範囲の場所に
とどめておき愛でていたいだけであって
(それが「文学」だとこの人は本気で信じている)
(もちろんそんなものが本当に「死」や「他者」足りえるはずがない)
さいごには>>543みたいな反吐が出そうな弱者救済思想におちつくんだろうな
って思いました…

580 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 13:46
いくたんいくたん。
おしゃべりばっかりじゃなくて、ちゃんと小説かこうYO!!

581 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 13:58
ちがうちがう。
死は僕たちの内側にあるんだ。
だからね僕らは興奮する。人が死ぬ場面を見ると。


582 :我輩は名無しである:04/03/11 14:18
>>580
ようやく、しおらしくなってきたおさむたんは文章がixionより(・∀・)イイ!! 
即興もまずまず、そしてインポじゃないのはスバラシイ
だけど、知識ではixionに天と地ほどの差があり遠く及ばないなぁ まずはファルス並になってね♪
>>581
死は誰ひとりとして経験することができないんだから偉そうな事言わないの!!
他人の死で(*´д`*)ハァハァしても、結局は自分の死とはまったく関係ないYO

583 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 14:25
今日はお休みなので精神が安定しております。

文章が下手なのはなぁ…別にそれで稼いでいるわけでは
ないから仕方ない。考えたことをそのまま文にすると
こうなってしまうのだ。悪いね。

こらおさむ、お前こそちゃんと書いてるか?

>死は僕たちの内側にあるんだ。
>だからね僕らは興奮する。人が死ぬ場面を見ると。

そういう興奮は「観客的な興奮」でしかない。

584 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 14:26
>>582
ファルスじゃなくてファロスだろ?彼の天才っぷりったらもうね。ビックリ。
「学は丹田に据えるもの」を見事に体現しているよ。
イクシオンはちょっと碩学ぶっているからどこかコンプレックスがあるんだろう。


僕らは死なない。
だから死を見て興奮する。
僕らは死体に感情移入できない。だからハァハァするしかないんだ。

585 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 14:31
いくたんいくたん。

僕は磐石です。
アフリカの象だっけ?あれ読んでないけど調べたらミルハウザーみたいなの?
ミルハウザーは好きだけど、やっぱりセリーヌとかとはジャンルがちがく内?

586 :吾輩は名無しである:04/03/11 14:34
おさむちゃんはixionの書いた小説読ませてもらったんでしょ?
どうだったの?面白かった?

587 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 14:35

僕がお勧めして欲しいのは、ジョイス―バーセルミ みたいなやつです。
セリーヌもちょっといい感じがします。
他いるかな、プルーストとかあんなのはダメ。
ピンチョンはちょっとイイ。
破壊力抜群の奴をお勧めしてくれ。

588 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 14:39
>>586
掌編ばっかりでちょっと実力は計れなかった。
言葉の選び方は、う〜ん。微妙。
第一、小説はある程度の長さがなければ、強度を得られないものなんだ。

589 :吾輩は名無しである:04/03/11 14:53
私はおさむが文学板にうpした掌編を読んで、
「こいつはダメだな」と見切りをつけることが出来たが、何か?
絵になるとさらに悲惨だった。

590 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 14:57
ふむふむ。針から魚は逃げて逝ってしまった。
二匹もいたのに。

いっくん
>イクシオンはちょっと碩学ぶっているからどこかコンプレックスがあるんだろう。
これは気にしないでくれたまへ。学者はみんなそうだから。

591 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 15:03
おさむは磐石か、そいつはいいや。

『アフリカの印象』!! ミルハウザーかぁ…カタログ的ってことかな?
でも言葉を選んで置くその慎重さが、描写を超えたものを獲得
してるんだよ、ルーセルの場合。ミルハウザーも面白いんだけど、
時々妙に箱庭チックに思える。

セリーヌとは、そりゃ違うよ。セリーヌは言葉の掃射…そして…
言い表す…意味…そんなものは後から来る…冗談じゃない!…

うーん、ハロルド・ジャフィとかは?

592 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 15:06
やっぱやめ、ジャフィじゃちょっと…だな^^;<ジョイス・バーセルミ

じゃあ…アンドレイ・ベールイがいいな。

593 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 15:17
そうそう。僕がイクシオンにやって欲しいのは、作品をけなすことじゃなくて、
よき選者としていて欲しいってね。これはまあ僕だけのことだけど。

でも白水らしいし、読んでみるよルーセル。
あと、ハロルド・ジャフィ、アンドレイ・ベールイね。

んじゃサンクス。
これから外にでてきます。マンドクセー。

594 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 16:31
>>561
ixionほど文章がへたくそなコテハンを知らない。百科事典でいいのか。
「考えていること」→「書く」→「文章」→「読まれる」→「他者の考えを推測する」。
ixionはさ「文章」を軽視している。毎度のように俺の「考えていること」は違うんだと逃げる。
私たちは少なくともこの2ちゃんでは「文章」を通してしかきみを理解できない。
で、「文章」を読んできみにレスをしたら「考えていること」を持ち出してごまかす。
「文章」を舐めるな! 独り善がりに堕するな! ここには「文章」しかない! 

595 :吾輩は名無しである:04/03/11 16:36
2ちゃんねるでは文章がす・べ・て☆なんて言ってるようですけど、
どちらかというと、文章の量が全て。だから、文章がへたくそでも意味が通ってなくても
一日中リロードを繰り返して書き込みを続ければ、何とか構ってもらえる。
ほら、みんなやさしいから。

596 :吾輩は名無しである:04/03/11 16:39
>>美香
 ねぇねぇ、半年くらい前と文体変わってない? 
こんなこというおれもかなーりねんちゃくなんだけどさ。
前の方が読みやすかったよ。誰の影響を受けたのかちょっとわからないけれど、
いまの美香の文章は生がたくてちょっと消化不良気味・・・


597 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 16:48
>>561(添削)
>ストッパードって、常に「三極」と「二重性」に取り憑かれてるんだよね
「三極」と「二重性」という言葉をだすだけで何かを語った気になっていないか?
何が言いたいのか他人(少なくともわたしには)さっぱりわからないぞ。

>真っ直ぐな対峙を書きたくない、もしくは書けない。
何と何との対峙のことを言おうとしているのかさっぱりわからない。
ドラマに必要な「ハムレット−クローディアス」「マクベス−マクダフ」
のような対立のことかと推測できなくもないが、どこにも書かれてはいない=わからない。

>例えば舞台と観客が「第四の壁」を通して隔てられていて、
>その実、舞台で演じられていることを現実のように観客に
>捉えさせようとするリアリズムに、矛盾を感じている。
「例えば」というのは、まえの文章を具体的に説明するときに使うもの。
説明になっていない。本来ならここで「モーツァルト−サリエリ」
のような例をあげて説明しなければならない、ひとにわかってほしいならば。
また「その実」の使い方がおかしい。
まったく関係のないふたつの文章を「その実」でくっつけているようにしか思えない。
さらに「第四の壁」とixionはいう。もうこれでカッコ(「」)つきの言葉を
使うのは「三極」「二重性」に続き三回目。この短い文章で。
そしてどれにも説明がなされていない。
ixionの文脈の中での「三極」「二重性」「第四の壁」なんだから誰にもその意味はわからない。
カッコづきの言葉を説明もなしに了解事項のごとくに使わないこと!

598 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/11 16:52
二極とか三極とかいうことばが出て来ると、「真空管の話かな?」と思って、
ちょっとときめいてしまう。

599 :我輩は名無しである:04/03/11 16:53
>>美香
文壇BARの評価にある体力と即興の意味を説明してくれ

600 :吾輩は名無しである:04/03/11 16:55
この人は、ixionになんか恨みでもあるんだろうか。なんか必死すぎて悲しくなる。
なんかもう、必死。必死に偉そう。

601 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 16:59
>>561(添削)
>不条理劇、ってのは、多かれ少なかれそういう直線に対する
>反発として生じてるんだけど、ストッパードは異様に図式的で
>明確な形で反発する。
だから「そういう直線」とは何かどこにも以前に書いていない=わからない。
好意的な読者なら「真っ直ぐな対峙」との関連性を読み取ってくれるかもしれない。
しかしそこまでの努力を読者に要する書き手というのはいかがなものか。
「真っ直ぐな対峙」→「そういう直線」だと気がついた読者でさえも、
けっきょくは唐突な「真っ直ぐな対峙」という言葉から先には進むことができない。
日本語の基礎について。(その中でも)を入れなさい。
>不条理劇、ってのは、多かれ少なかれ「ドラマにおける」直線「的な葛藤」に対する
>反発として生じてるんだけど、「その中でも」ストッパードは異様に図式的で
>明確な形で「既存のドラマ構造に」反発する。
省略が多すぎる。わからないのがバカではない。わからせないのがバカなのである!

602 :吾輩は名無しである:04/03/11 17:01
作家になれず、劇作家にもなれず、2ちゃんねらーの次は、オンライン編集者か?

603 :吾輩は名無しである:04/03/11 17:03
読む本の選択の問題。

604 :吾輩は名無しである:04/03/11 17:12
まぁ美香は赤川次郎でも読んでなさいってことだ。

605 :吾輩は名無しである:04/03/11 17:12
age

606 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 17:14
>>561(添削)
>ってのが「劇評」的書き方。
この上12行がixionの考える「劇評」というものらしい。
殴りつけたくなる、まともな劇評を読んだことなどあるのかと!
どの劇評もストーリーを知らない読者に配慮して書くもの。
対象となった「ほんとうのハウンド警部」を読んだわたしでさえ、
ixion氏によるところの自称「劇評」はさっぱり意味がわからない。

相手の文章を非難するだけなら楽だというでしょう。
おなじ戯曲について書いたわたしの文章をだします。
比較してみてください。どちらがわかりやすいか。この戯曲を読みたくなるか。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1058920850/624n

わたしは舞台上で「劇評家」を演じている役者が、
唐突に「俳優」を演じるようになる、この不条理さにおもしろみを感じた。
ですから、この(わたしが感じた)楽しさを中心に伝えようと思った。
そこから目の向きを自分たちのほうへ向けている。
この舞台上で行なわれているのとおなじことを私たちもやっているのではないかと。
自分のある意味、感動からスタートしているわけです。
言うまでもない、ixion氏は分析からスタートしている、その違いです。

607 :我輩は名無しである:04/03/11 17:17
あら、おさむは出かけちゃってるのか
せっかくおさむがテレビに出てるのに(´・ω・`)ショボーン  
ttp://www.sanspo.com/soccer/top/st200403/st2004031101.html

608 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 17:37
>>596
自分では上達したつもりなんだけど。
相手の言うことを決めつけて攻撃する2ちゃんの流儀を覚えてしまったせいかな。
>いまの美香の文章は生がたくてちょっと消化不良気味・・・
ナマなのにカタいという指摘か。自分から離れているということかな。
それは時間のせいだと思う。時間がわたしの傷を癒しているから時とともに。

>>600
すべてはいくたんへの「愛」です。
いくたん流にカッコをつけることで、この愛はとくべつな「愛」になる(w

ixionがわたしからの悪意を感じたとしたらわたしも抗義したいな。
わたしの「考えていること」は違うのだと。
そして自嘲します。
わたしの文はわかり辛くていかんのだ。シネ!!(・∀・∀・)イキロ!!>美香QNW

いまオニールの「奇妙な幕間狂言」を読んでいるけど無駄に長くないこれ?
旧字旧仮名でつらい。原文の英語で読むよりはまだましだけれども。
ほんとにこれを英語で読んだの、いくたん……。いくたんかしこいよいくたん。

609 :吾輩は名無しである:04/03/11 17:50
光の中 空高く
しなやかな床に歩を運ぶ 浄福の霊たちよ!
きらめく神の微風は
霊たちへ 軽やかにそそぐ
楽を奏でる乙女の指が
神聖な絃に触れるように。

運命にかかわりなく 天上の者らは
眠る乳呑児のように息づく。
ささやかな蕾のうちに
清らかに守られて
永遠に花咲く
天上の者らの精神は。
浄福の眼には浮ぶ
静かな永遠の
明るさが。

しかし我らの運命は
いずこにも休らわぬこと。
苦しむ人間は
消える 亡びる
見境もなく 一刻から
また一刻へ
さながら水が岩から
岩へ打ちやられ
はては有耶無耶の際へ落ち入るように

610 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 18:53
「劇評」って書いたからまずかったか。劇の批評ですな。
美香ってあんまり批評読まないでしょ、嫌いだから。
だから、ああいう言葉遣いにすぐ拒否反応示すよね、
面白い。すまん、劇評は褒めてるかけなしてるか
ハッキリさせれば良いんだった。もっと楽に書けたな。

>「文章」を舐めるな! 独り善がりに堕するな!

んじゃあ、簡単に書いてみせようか?これやると長くなるし、別に
宣伝でも授業でもないからやらないようにしてるんだけど…。

611 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 18:54
(1)
 このストッパードの奇妙な劇を論じる前に、まずは私たちが
「不条理劇」という名前で知っている劇が、どういう歴史をたどって
生まれてきたのかを考えてみよう。

 伝統的な劇においては、舞台上の俳優同士が言葉、感情もしくは
行動などでぶつかり合う。この場合、観客は舞台と客席を隔てる
いわゆる「第四の壁」(舞台奥と両手側の三つの壁ではない、透明
な壁を表す用語)を隔てて舞台からは切り離されている。しかし、
それでも舞台上の人物や、そこで演じられていることに共感したり
反発したりすることで、ある感動を得る。
 例えば、『楡の木陰の欲望』におけるキャボットとエビン、アビーと
エビンのぶつかり合い、罪と報いが演じられるのを観て、最後の:

  Eben: "Now. Sun's a-risin'. Purty, hain't it?"
  Abbie: "Ay-eh."

という言葉を聞いたときに味わう感動は、舞台から「与えられる」
ことで観客が得た感動である。この場合、観客は意識していないが、
舞台は切り離されることによって完成している。観客が劇に乱入して
しまえば、伝統劇は崩されてしまう。だから、観客は第四の壁がある
ことで、ある意味で安心して感動を与えられるのである。

612 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/03/11 19:02
いっくんいっくん
セリーヌについて薀蓄とか垂れちゃって
彼はスゴイネ!

613 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 19:06
(2)
 だが時が経つにつれ、そうした伝統的な劇空間が、劇作家に
ある苛立ちを与えるようになる。それは伝統劇は舞台を特権化
しているのではないか、という苛立ちである。
 もちろん、舞台上に物語があり、それが観客に感動を与える
というのが劇の本質であろうが、観客は決してその物語を
自分個人の「現実」と受け止めることはない。日常から切り離され、
第四の壁で隔てられているからこそ、安心して非日常の感動を
与えられるのである。
 しかし、例えばテネシー・ウィリアムズなどは、「我々一人一人が
牢獄の壁を叩いてコミュニケーションしている」と書いているように、
個人の悲劇が普遍の悲劇であると考え、またリアリズムは舞台上
だけではなく、それを見ている観客にとっても現実的な悲劇として
受け止められるべきだと考えていた。『ガラスの動物園』のトムが
観客に向かって話しかけるのも、また『わが町』に「ステージ・
マネージャー」が登場するのも、伝統的な手法からさらに一歩
進んで、舞台と観客個人を結びつけようとする試みである。
 第四の壁は取り払われても良いのではないか。それをどう取り
払うか?

614 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 19:08
いっくんいっくん
ロムっているからね
楽しみ楽しみ♪
生まれてはじめて他者のために文章を書くixion氏(言い過ぎ?

615 :吾輩は名無しである:04/03/11 19:10
理解できないけど考えるのも嫌だから
バカにもわかるように丁寧に解説して!って
ほんとうに本読んでる奴の言う事じゃないよな

616 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 19:15
 多くの劇作家は、舞台上の物語が深く真実を突くものであれば、
それだけで舞台と観客はつながるのであり、第四の壁などという
小理屈は必要ない、と考えるであろうし、もちろんこの意見には
同意すべきであろう。だが、伝統に対する反抗というものは演劇
にある種の(時に無軌道な)若さを呼び込んだ。その一例として、
ハプニングを重視し、観客を舞台上にのせる劇などが現れた。
これは非常にアカラサマな反発であり、形式としても稚拙な
ものであったため、一部で熱狂的な反応を引き起こしたものの、
長くは続かなかった。
 しかし、これよりももっと内面的な形で、観客に伝統的な物語
ではないものを提示し、「筋」が通らない不安を与えることで
舞台と観客の間の空間的な隔たりを解消しようとする劇も
あった。こういう劇をエスリンは「不条理の演劇」と呼んだ(この
呼称には今でも異論や反論があるが、ここでは便宜上用いる
ことにする)

617 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/11 19:19
ふむふむ〜♪

618 :第七舞台:04/03/11 19:31
ふむふむ2。で、流れがよくわからないのだが
イヨネスコや別役みたいなのが「不条理劇」であれば
現代ではそれらも「筋が通らない不安を与えること」は
できなくなっているわけで、そこんとこどうなの?>616


619 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 19:35
>>618
とりあえずぜんぶ語ってもらってからにしません?
なかなか的を射た指摘ですけれども。

いくたん。今までのところわかりやすいです。
やればできる、能あるタカはつめを隠していたのか?
ごめん。その鋭利なつめでわたしを引っかいて。顔以外なら……。

620 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 19:36
(俺は前にもこれと同趣旨の「解説」をどこかで書いたぞ、
全く面倒だ…このぐらいはどんな演劇の解説にも載っている)

(3)
 さて、「不条理の演劇」の中でも、ストッパードの劇は形式的な
洗練と内容の不条理を合わせたような、高い完成度を誇るもの
が多い。『ほんとうのハウンド警部』も、劇と観客、さらには
作品と批評という関係を「形式」として舞台上に提示する。
つまり、劇中劇という形にするだけではなく、舞台上に客席を
作り、そこに二人の劇評家が座っているという設定によって、
伝統的な舞台[対]観客、物語[対]受け手という二項対立を
解消している。簡単に言えば:

「現実の」観客 → [ 「舞台上の」観客=劇評家 → [劇中劇] ]
 A → [ A’(B) → [ B’(C)] ]

という明確な図式ができあがっているのだ。そして、この
記号において「A→A’]は現実の舞台における観客と役者
(二人の劇評家)のことであり、[B→B’]は舞台上の舞台
における観客と役者(劇中劇の役者)のことを表している。
つまり、「現実の」観客は舞台と舞台上の舞台を観ていること
になる、というAとBの「二重性」がここにはあるのだ。
 そして、伝統的な葛藤や対立、和解やカタルシスというものも、
この劇には存在しない。というのも、対立すべき相手が不在で
あるという設定になっているからだ。一方の劇評家は自分より
格上の劇評家の「代わり」であり、対立すべきその相手は今
ここにはいない(同様に、この劇評家の地位を狙う格下の
劇評家も不在である)。もう一方の劇評家は、妻に隠れて浮気を
しているが、その妻は劇が嫌いであり一緒には来ていない。
劇中劇においても、既に殺された後の死体が舞台上に存在して
いるが、それは途中まで気づかれず、さらに誰がなぜ殺したのか
ということも特には重視されない。

621 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 19:37
あ、ちょっと家事をやらなきゃいけないので小休止。

こーゆーの、( ゚Д゚)マンドクセーからもうやらないように
していたのだが…。

622 :ミスターX:04/03/11 19:51
おつかれ>イクシ
それで雑談にはもったいないんで、
大きなお世話だろうけど↓作っといた。

世界演劇総合スレッド
http://book.2ch.net/book/index.html#3

623 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 20:00
しっかりせんかい>>622
正しくは↓
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1079001938/l50

わたしの常駐スレになりそう。

624 :吾輩は名無しである:04/03/11 20:21
こんなしょうもないことしてないで
ちょっとはホームページ更新してくれよ

625 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 21:07
料理して食後にふ菓子食ったらやる気が失せた。

ということで、あとは作品を読んでみてね♪

626 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 22:13
明らかに>>620でixionの緊張がゆるんでいる。
だけどわたしは水をさしてはと指摘しなかった。
その結果がこれかixion>>625
きみは文学板最低のコテハンである。
まとまりがつかなそうだと察したらさっと逃げる。

>(俺は前にもこれと同趣旨の「解説」をどこかで書いたぞ、
>全く面倒だ…このぐらいはどんな演劇の解説にも載っている)
そのときも途中で逃げたんだろうね。きみ最低!
今回、書き込んだぶんも添削してあげようか?
思わせぶりなでかいことを書いて、さあこれからというときに逃げる。
こんなバカに崇拝者がいるんだから文学板はおめでてーな♪

627 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 22:17
>「現実の」観客 → [ 「舞台上の」観客=劇評家 → [劇中劇] ]
> A → [ A’(B) → [ B’(C)] ]

こんな図式化しないと文章が書けないの?
こみのくらい言葉で表現できるでしょう。
図式化することでかえってわかりにくくなっている。
期待を高めておいて、さて自分が役不足だと気づいてさっそうと逃げるixion。
文学板最低のコテハンではありませんか>ノボル、ワタル、おさむ、淳一!

628 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/11 22:18
→このくらい言葉で表現できるでしょう。


629 :吾輩は名無しである:04/03/11 22:29
>>626-627
要約すると
いくたんつづきかいてよいくたん
ってことですか?

630 :吾輩は名無しである:04/03/11 22:37
食後のおやつがふ菓子とはな
ixionには失望した。
2ちゃんねらだったらそこでうまい棒だろ
ふ菓子なんて甘ったるいもん食ってんじゃねーよ!!

631 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 22:57
添削してして☆>美香

収拾なんていくらでも付けられるんだよ、でも
そんなことして何になるの?

美香はさ、2chの書き込みで作家(もしくは編集者)にでも
なったつもりかもしれないけど、2chだよ、ここ?

「さあこれから」を書いて欲しいわけ?面倒だけど
やってほしいならやりましょうか。

>>630
あー、うまい棒か。って、人のネタ元ちゃんと分かってん
じゃねーか(苦笑)



632 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 23:29
 あ、あと図式化したのはそうでもしないと美香はまた「分からない」
とか言うのかなーと思ってさ。A'とBが二重化していて、B'とCも二重化
しているっていうことを説明したの。
「二重化」って分かった?「三極」もちゃんと分かるかな…。

 さて、

(4)
 さらに「不在」については、劇中劇の主人アルバートも行方不明
であり、また「直線的な対立の拒否」ということに関しても、二人の
女性を股にかける男サイモンが、その女性の一人シンシアと激しい
喧嘩になりそうになると、途端に劇中劇の幕が閉じられることにも
注意しておくべきであろう。

 劇中劇はさらに進行し、「エセックスに潜伏中の危険な精神異常
者」を捜索しているハウンド警部がついに登場する(ところで、この
精神異常者について報じているラジオ放送中の「行くえ不明者が
出ないように注意してください」という言葉は興味を引く)。

633 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 23:30
 「ハウンド(猟犬)」という名前からして記号的であるこの警部は
一体何者なのか。それは『本当のハウンド警部』という題名の「劇」
を観ている「現実の」観客が当然抱く疑問であろう。その警部は、
先ほどまではいたはずのサイモンこそが捜索中の精神異常者で
あり、舞台上の死体は行方不明のアルバートだと断言する。だが、
その直後に死体はアルバートではないと確かめられ、死体の身元
は不明になる。そして、一瞬だけ劇中劇の舞台上に誰もいなくなった
瞬間に、サイモンが現れ、銃で撃ち殺される。これも誰による犯行か
分からないまま、劇中劇の舞台は再び幕を閉じる。
 そして二人の劇評家が、いわば「劇中劇の舞台内舞台」にあがる
ことになる。少し前から、二人の台詞は「頭のなかで考えていること
が」「声に出るといったぐあい」のものになっていた。つまり、外的な
言葉と内的な思考の「壁」が無くなりつつあったのだが、劇中劇の
小道具としての電話が鳴ったとき、それをこの劇評家(たち)が
取り上げたことにより、劇中劇の「観客」から今度は「役者」へと
転じることになる。

634 :第七舞台:04/03/11 23:32
とりあえず「ふ菓子」と「うまい棒」だけでも説明して欲しいのでR。

635 :第七舞台:04/03/11 23:33
あ、ごめん。また途中で割り込んだみたい。引っ込む。

636 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/11 23:52
 もう少し簡単に整理すると、

(1) 劇中劇は犯罪にかかわる劇であるにもかかわらず、誰が
    犯人かは明確にならない(中心の不在)。

(2) 二人の劇評家は、現実の観客からすると舞台上の役者で
   あり(A’)、同時に劇中劇の観客である(B)という役割を
   負わされていた(二重性)

(3) その二人が劇中劇の「役者」になることで、さらにCという
   「奥の」舞台、もしくは舞台内舞台に移動する。このとき、
   もはや現実の観客は「不在」であるかのように扱われている
   ことになる(現実の不在)

 そして、全てが「舞台」となっていく。劇中劇でサイモンとハウンド
警部であったはずの役者は、舞台上の客席に座って二人の劇評家
に成り変わり、二人の劇評家はそれぞれサイモンとハウンド警部と
いう役を負わされる。
 ここで、劇評家のお粗末な演技という面白さに着目して、役者と
劇評家を単純に対立させることもできるが、そういった二項対立を
際立たせることはストッパードの目的ではないだろう("The truth
is always a compound of two half-truths, and you never reach it,
because there is always something more to say."と皮肉っぽく
語る彼の劇作家としての姿勢を忘れてはならない)。


637 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 00:09
(5)

 そういえば、ローゼンクランツとギルデンスターンも、
結局「舞台」から逃れることはできなかったのだが…。

 さて、現実と舞台の境界がなくなった途端に、「不在」であった
者たちが現れてくる。もちろん、舞台上で鳴った電話は一方の
劇評家バードブートの妻からのものである。そして舞台上の
死体は、もう一方の劇評家ムーンが敵にしていた格上の劇評家
であると分かる。そして、舞台と不在に逆襲されて、二人の劇評家
は死んでいく(これを劇が批評に逆襲したのだと考えるのは、
あまりに短絡的であろう)。
 ここで問題になるのは、バードブートの死に際の台詞「そうか――
とうとう――なにもかもわかった――」である。無論、この台詞を
どう理解するかによって、この劇の「ほんとうの」犯人が誰なのか
ということに「解答」を与えることになるだろう。ここからはひとつの
仮説である。
 伝統的な演劇の観客は、対立の不在や複雑な二重性を嫌う。
もしそうしたものが「物語」に組み込まれた場合、最後にはそれが
解き明かされることを期待しながら観劇することになる。それは
デウス・エクス・マキナ的な予定調和になることもあれば、流血の
悲劇という死のカタルシスに終わるときもある。いずれにしても、
何らかの「結末」を望ますにはいられない、「不在」や「不可解な
点」があってはいけない、というのが、物語を重視する伝統的な
観客の態度であった。

638 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 00:23
 ここまで書けば言わんとすることは明確であると思うが、
要するに劇中劇から見て置き去りにされていた「現実の」観客、
しかも「第四の壁を挟んだ伝統的な物語」を求める観客こそが、
この劇評家たちを殺していくのである。つまり、見る側こそが
生殺与奪の権を握るのである。
 ストッパードは"the single assumption that makes our
existence viable - that somebody is watching.... "と述べている
が、観客の眼差しがあるものを存在せしめるのが演劇である。
そして、"Reality"を求める観客はそれ以外のものを殺すことも
あるのだ。「こんなものは演劇じゃない」「リアリティがない」と、
常に複雑さや不在や二重性などを認めない伝統的演劇保守
論者は、劇をどう生かして/殺していくのか…ここで最初の
ト書きに立ち戻ってみよう。

「まず最初に観客は、巨大な鏡に映るおのれの姿を正面から
見ているのかと思う。まさか。だが、奥の薄暗がりのなか――
フットライトの反対側――には、絹綿ビロードを張った座席が
並び、人びとの顔がぼんやりと浮かんでいる」



639 :吾輩は名無しである:04/03/12 00:26
そういえば漫画の世界にも不条理漫画ってあるね
思想や背景は違うかもしれないけどやってることは似たようなものだよね。
ある文化が成熟してくると必然的に出てくる手法なのかな。

640 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 00:34
 この劇の題名"The Real Inspector Hound"というのは、
『本当のハウンド警部』でありながら、同時に「現実的なもの
(The Real)を詳しく見る(inspect)しつこい猟犬(Hound)」
と読むこともできる。

 劇の終り、ハウンド警部を演じさせられていたムーンは、
「するとあんただったのね/気違いは!」と糾弾される。
そして、劇中劇の役者の一人が「わたしがほんとうの
ハウンド警部だ!」といって仮面を剥ぎ取り(何のパロディ
かは明確である)、ムーンを撃ち殺す。最後の部分から
引用しよう:

シンシア: するとあなたがほんとうのハウンド警部
マグナス: それだけじゃない!――私の人生は二重に
       なってる――少なくとも!(「少なくとも」に傍点)
シンシア: するとあなたは――?
マグナス: そのとおり!――わたしだ、アルバートだよ!

 このThe Real Inspector Houndの役者ぶりには、死にゆく
ムーンと同じく観客も感嘆してしまうかもしれない。もし
そうだとしたら…あなたは鏡を覗き込んでいるのである。

まーこんな感じでどうですか>美香様

641 :我輩は名無しである:04/03/12 00:38
↑乙です 
あの人はケツ毛食いにレスしてましたよ

642 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 00:45
いやいや、久々に何か面白いね、こういうのも。

作品読んでない人、興味ない人はごめん。だらだら
書いてしまった。短く書くと「分からん」と言われ、
長く書くと「(゚Д゚)ウゼェェェ 」と言われる^^;

失礼しました。あと、上の奴はあくまで「演劇批評」
だからね、あまり真面目に受け取らないように。
俺の中で批評と創作って分離していないので。

643 :吾輩は名無しである:04/03/12 04:03
>>642
今度は雑談スレじゃなく作家スレに爆撃お願いしまつ
笙野頼子論とかはどないですか

644 :吾輩は名無しである:04/03/12 05:50
名前欄のixionがなければただの荒らしだよな。

645 :おさむ:04/03/12 06:58
イクちゃん、おさむちゃんにもわかるようにお願い。

646 :吾輩は名無しである:04/03/12 08:53
>>627
「役不足」という言葉は誤用する人が多い。
まったく逆の意味になっている。
しっかり確認しておくように…。

647 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 10:13
>>646
ごめんなさい。なにしろ泥酔時に書いたのでと言い訳。

朝いちでixionのレスを読もうと思ったけど、
あまりの文章のまずさに途中で挫折。
こんな短い文章でひとに読む気をなくさせるなんてさすがixion!
わたしが批評を読みなれてないからだとは言わせない。
それは「読了報告スレ」のログにざっと目を通してもらえればわかるはずです。
朝食を食べコーヒーを飲みながら再度チャレンジ……うーん。
なんでこんなにまずい文章しかixionは書けないのだろう。
「内容」と「形式」、ふたつに分ける考え方がある。
ixionのレスは「内容」がそこそこおもしろいことを言っていても「形式」がだめ。、
「愛」があっても「赤面症」や「吃音」で恋人を振り向かせられないようなもの。
結果、どうなるか。ixionは女のコに振られてしまう――。

648 :吾輩は名無しである:04/03/12 10:15
なかなかだなw

649 :吾輩は名無しである:04/03/12 10:24
抽象語句が分からないのか

650 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 10:30
「愛」があるならいいじゃないかとixionは言うのかもしれない。
伝わらない「愛」ゆえに美しいと思っているふしさえある(ナルシズム)。
が、伝わらない「愛」はやすやすとレイプに転じてしまう。
「愛」があるからいいじゃないか、と。
そのようながさつさをixionのレスから感じてしまう、
だからこんなに短い文章でもわたしの感性は悲鳴をあげてしまう、
わたしが言いたいのはそういうことなのである。

ixionの文章はレイプ的です。赤面症の吃音者による性的暴行事件!
犯人は「愛」があったというかもしれない、被害者をこころから愛していた結果だと。
しかし被害者に「愛」は通じたのか、わたしにixionのレスは通じたのか。
わたしが言いたいのはそういうことなのである。

わたしの文章はじつにわかりやすいでしょうixionくん?
「愛」はこういうふうに伝えなさいと言っているのです。

651 :吾輩は名無しである:04/03/12 10:46
んん〜♪
今日の美香は割といいこと書いてるじゃ〜ん。

652 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/12 10:47
なんて思った、淳一でした♪

653 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 10:50
ixionに「愛」の伝え方を教えてやるか。口説き方講座!

>>632
>さらに「不在」については、劇中劇の主人アルバートも行方不明
>であり、また「直線的な対立の拒否」ということに関しても、二人の
>女性を股にかける男サイモンが、その女性の一人シンシアと激しい
>喧嘩になりそうになると、途端に劇中劇の幕が閉じられることにも
>注意しておくべきであろう。

いくたんの文章がだめなのはハキハキしていないところ。
まったく関連のない文章を「さらに」「また」「、」でくっつけてしまう。
いくたんを百科事典だとわたしが言っているゆえんです。
箇条書きしか本来きみはできないタイプなの。
なのに文章にしようとするから、ここまでひどい文章になってしまう。
どう直したらいいのか。

「ほんとうのハウンド警部」の特徴。
ひとつは「不在」。劇中劇の主人アルバートも行方不明。
(「も」というのなら、ここで他の「不在」のものを明示せよバカixion!)
もうひとつは「直線的な対立の拒否」。
二人の女性を股にかける男サイモンが、その女性の一人シンシアと激しい
喧嘩になりそうになると、途端に劇中劇の幕が閉じられる。

こう直せばまだ読める文章になる。
ふつうのひとだったら>>632できみの文章を読む気をなくすよ。
それでも「愛」があるからいいのだとixionは暗い自室でオナニーですか?w
こうやって延々と添削していくのも疲れるな……。

654 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 11:06
>>633
ちがう角度からixionの文章のまずさを指摘しよう。
いちいち書き直すのは骨が折れる。
この>>633を読んでみなさん何かに似ていると記憶を刺激されませんか?
そう英文和訳。直訳。それもあたまの悪い同級生の(w
>「それは」「だが、」「そして、」「そして」「つまり、」
ひろいあげてみたけれども、文章初心者が必死になって
文章の断片をくっつけようとする意思しか感じられない。

655 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 11:10
あ、やっぱり怒ってる。
途中から書いたのは美香に「分からない」ように書いてるからね。
あれ、美香への皮肉だってことも多分気づいてないだろう。

さて、んじゃあ「美香にも分かる」書き方をしてみせようか:


 劇評家なんて奴らは、空っぽな言葉でほめたりけなしたり、
そのくせ舞台で演じている役者の熱意や、劇が伝えたい
ことを感じ取ろうともしない! わたしも何度「劇評」なんて
ものを当てにしてむだにお金を使わされたことか。

 客席の最前列にいるくせにぺちゃくちゃおしゃべりをする。
自分の地位を守ることに必死になる。美しい女優をどうやって
自分のものにするか考える。そんなことばかりのくせに、
うわべだけの言葉で劇に評価を下すなんて。

 そんな奴らをまな板の上ではなく、舞台の上にのせて、その
こっけいさを浮き彫りにしているのがこの劇。ハウンド警部が
実は失踪していたアルバートだと分かり、最後に妻と抱き合う
場面は、批評に対する劇の勝利なのだ! 

なーんてね。

656 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 11:17
>>636
>もう少し簡単に整理すると、
ほら、ね。もうここまで書いてixionは疲れてしまったわけです。
むりやりに文章をつなぎあわせることに。
だからixionは唐突に箇条書きをはじめる。
かれ本来の持ち味。百科事典的な項目羅列。

見てごらんなさい、箇条書きが終わって次に何がくるか。
笑えませんか? またもや「そして、」です。
かれはやれやれと内心つぶやいていたことでしょう。
箇条書きで終わらせられたらいいのにと。
プロの批評家だったらぜったいにここで「そして、」は使わない。
1)2)3)と項目をあげてから、いくらなんでも「そして、」はないでしょう。
「そして、」なら、4)と項目をひとつ増やしたのとなんら変わりはない。
批評というのは項目を羅列することではない。
いつになったらixionはそのことに気づくのか。

657 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 11:18
まぁ、"The Real Inspector Hound"はどこにでもいる。

「地に足が着いていない」と言って、抽象的な言葉を批判する。

「文に艶やかさがない」と言って、他人の文を自分に分かる
レベルに無理やり引き込もうとする。

「分析ばかりで愛が感じられない」と言って、個人的な感想を
垂れ流す。

なぜこんなことになってしまうのか…。

もちろん、自分にとってのThe Realこそが「基準」だと
思い込んでしまうから。

ここが自分の舞台であり、自分が主演だと思っているが、
掲示板には主演がいない。そして、掲示板の言葉は
「感動」ではなく、「符牒」であることに決して気づかないまま
「ほんもの」を追求し続ける…。

なんていうと、ますます怒るのかな。それとも、また文を
添削してくれるの?

658 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 11:20
あ、箇条書きとか図式は、もちろん「わざと」です。
そこは添削しなくても良いよ。

あなたも疲れるだろうし^^;

659 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 11:23
>>655
>あ、やっぱり怒ってる。
薄笑いしながら書いています。
ひとの文章のまずさをいびるのって楽しい。
お手本にしたものがある。
福田恒存が小田島雄志のシェイクスピア訳をこれでもかとバカにするくだり。
そのことだけで何十ページも使っていたからよほど楽しかったのかと。
ほんで、今回ちょいと真似を。

ところで、うまくない? 
「愛」を例にあげたところなんて。
淳一にもほめられてちょっと嬉しい。

660 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 11:33
>>657
わたしの添削にレスをしてほしいな。
このままだと学力はあがらないぞ!
Z会(ixionは進研ゼミしか知らないかな?)でもなんでも、
添削が返ってきて、それをどう復習するかが勝負なのです!
がんばれ、いくたん。めざせ東大!

>さらに「不在」については、劇中劇の主人アルバートも行方不明
>であり、また「直線的な対立の拒否」ということに関しても、二人の
>女性を股にかける男サイモンが、その女性の一人シンシアと激しい
>喧嘩になりそうになると、途端に劇中劇の幕が閉じられることにも
>注意しておくべきであろう。
自分で読み返してみなさい。
>「地に足が着いていない」と言って、抽象的な言葉を批判する。
>「文に艶やかさがない」と言って、他人の文を自分に分かる
>レベルに無理やり引き込もうとする。
そういうことよりもっと下のレベルの話です。
日本語がおかしいといっているのだ!

661 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 11:38
>日本語がおかしいといっているのだ!

うん。わかりづらく変な批評文体で書いたから。

そして、日本語は難しいのである。しかも、添削は
大変であろう。

(笑)





662 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 11:45
いくたん、ごめんなさい。
わたしはいくたんの「形式」の未熟さを指摘(嘲笑かな…)しているだけで、
「内容」はおもしろかった(ような気がする、だって「内容」を伝える「形式」が・…)
というのは、これからレスしようと思っていたところなのです。

>ここで、劇評家のお粗末な演技という面白さに着目して、役者と
>劇評家を単純に対立させることもできるが、そういった二項対立を
>際立たせることはストッパードの目的ではないだろう("The truth
>is always a compound of two half-truths, and you never reach it,
>because there is always something more to say."と皮肉っぽく
>語る彼の劇作家としての姿勢を忘れてはならない)。

ここなんて、わたしの感想へのうまい(痛い)当てこすりだなと感心した。
たしかにわたしも単純な二項対立としてとらえることに躊躇があった。
でもさ、ほら読了報告スレだから、ひとがわかりやすいように書きたかったから。
うん、ここかな。いくたんのレスでいちばん「ひゃー参った」と思ったのは。

663 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 11:53
ていうか、いいかげん俺の性格の悪さに気づけ^^;

種明かし:

歴史を語る部分は平明な文体で、美香が読んだ戯曲だけを
例として挙げながら書いた。

『ハウンド警部』論(らしきもの)に突入したところで、少しだけ
美香が拒絶反応を示しそうな書き方にした。

ここで中絶。

続きは、美香が絶対に認めないような書き方にして、美香の
「現実」や「愛」ばかりを重んじる文学観を皮肉った。

これをやろうと思った動機は、仮にも文学好きの癖に
前衛や形式主義をやたらと毛嫌いしている美香の態度。

ということでした。

664 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/12 11:56
>>611>>613>>616なんかはふつうだったのにな。

これ以上、いくたんを怒らせたくないからもう添削はやめる。
怒ってないといくたんはやさしいから言ってくれると思うけど。
わざと「美香にだけ」わからないような文章を書けるいくたんなんだから、
わざと「わかりづらい変な批評文体」を用いることのできるいくたんなんだから、
きっとわたしのことなどすべてお見通しなのでしょう。
ためになるレスをありがとう、いくたん。
いくたんかわいいよいくたん。

そして、友達――。
そして、
そして、
そして、

665 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:00
こいつらは舞台も観ずに芝居を語ってやがる。Cに怒られるぞw

666 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:24
美香がixionを怒らせてるんじゃなくて
美香の頭の悪さにixionが怒っているようにしか見えませんが

667 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:30
ixionの虚飾にも問題はあると思うぞ。
器だけで中身が無い。

668 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:34
ixionの文章力がないとか中身がないとかいってる人って
哲学とか思想とか批評とか読むとき一体どうしてるの?
まったく読めないでしょ?
そんな人はここにはあまりいないのか

669 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:35
ixionは2ちゃん引退した方がいいな。
書き込みの楽しみは減るけどガマンするよ。

そのかわり、ホムペにきっちりした成果を黙々と
上げていってほしい。

もったいなくてイライラしまつ

670 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:38
でも、>>669みたいなこと書くと、「どうせ俺は」とボヘミアン
気取って違う方へ自分を追い込んでいってしまう。
ますます雑談の量を増やしたりする。

それにもイライラしまつ

671 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:40
美香たんがバイトでもいいから働き始め、
いくたんが腹を据えて何かをまとめようとして、
文学板は大きなステップを上がることができまつ

672 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:42
>>671
人に頼ってないで自分でやってください♪

673 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/12 12:50
ぼくは説明したくない、これが《愛》についての答えだ

それらの高慢な《言葉》のために失われてしまうことこそぼくなのさ

機会があったらまた会うだろう、君こそ《愛》なのかもしれない

鈴木志郎康「ステンレス・キスマークの女・洪水」

674 :吾輩は名無しである:04/03/12 12:54
文学の朗読のテープを聞くのは読んだ気分になりますか?
あれ結構興味あるんだけど、死ぬほど高い。

もし読んだことになるのなら、満員電車の中無理して本持たなくてもいいわけだし、
アホどもの話す携帯電話での声に苛々させられることもないだろうし(外部と自分を遮断できる)。
騒がしく鬱陶しい中でどれだけ自分の世界を構築できるかに力を注いでるのです。

で、そういうことしている人います?



675 :吾輩は名無しである:04/03/12 13:00
愛には答えなどない。
朗読には立ち止まる暇がない。

676 :吾輩は名無しである:04/03/12 13:06
哲学は虚飾ではないよ。結論をこじつける気概がある。
ixionにはそれがないんだよ。借り物の概念を弄んで
自分自身が存在しないんだ。

677 :吾輩は名無しである:04/03/12 13:10
文学板でちゃんと自分のことばを話してる人は
ixionくらいしかみたことないよ
あとは676みたいなのばっかりだな、おれも含めて

678 :吾輩は名無しである:04/03/12 13:25
>哲学は虚飾ではないよ。結論をこじつける気概がある。
こういうのをまさにカラッポっていうんだと思ってたけど

679 :吾輩は名無しである:04/03/12 13:41
>>677=>>678=ixion

680 :我輩は名無しである:04/03/12 14:48
>>669 
ホムペの場所を教えてください 二人とも持ってるの? 今、ちょっと検索したけど見つからなくて

>>671
ixionって人は作家を目指してて、美香って人は就職目指してるの?
名無しから期待されてるなんてすごいね 



681 :吾輩は名無しである:04/03/12 16:36
「我輩」ってあの毒舌の我輩かな?もしそうなら随分しおらしくなったね。

682 :吾輩は名無しである:04/03/12 17:09
文学板から作家デビューする人が出てほしいけど
ixionはやる気なさそうだし美香は口だけ番長だしおさむは作品がいまいちだし
案外淳一みたいな勘違い君がぽこっと入賞しちゃったりするかもね

683 :吾輩は名無しである:04/03/12 17:50
誰かにデビューしてほしいって人はたいがい自分もデビューしたいんだよね。
>>682君、自分で頑張れよ。

684 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/12 18:03
ぽこっと。あはは。

685 :吾輩は名無しである:04/03/12 18:56
自演して自分をもちあげるのは10代のやること。

686 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/12 19:17
オレ?しませんw


687 :吾輩は名無しである:04/03/12 19:49
パチンコで一万すった…
ああああああギャンブルなんてやるもんじゃないね

688 :吾輩は名無しである:04/03/12 22:08
えーと、流れに入り損ねて呆然としている者ですがね、
ここはどういう劇が演じられていた舞台なんでしょう?
イクシ氏も美香氏も何が言いたいのか第三者には明瞭でない。
美香氏演出「対話はできないが添削はできるZ会へようこそ」か?
イクシ氏脚本「皮肉と自己弁明は論理的批判のヤヌスの鏡」か?
名無し氏「野次も声援も既に台本に書いてある」か?
さてさて第2幕に期待!

689 :吾輩は名無しである:04/03/12 23:19
茶番劇の幕間はお客さん方の退場のためにあるのです。

690 :観客688:04/03/12 23:44
688氏が指摘した通り(わたしのことであるが)、
イクシ氏は舞台に上がれない脚本家なのだし
美香氏は脚本の書けない演出家なのであるから
これは「演出家と脚本家の不条理劇」なのであろう。
喜劇でも悲劇でもなく。ストッパードから遠く離れて。


691 :吾輩は名無しである:04/03/13 00:16
この劇場空間は入りは悪くなさそうです。

692 :幕間劇:04/03/13 09:30
ixionPDg
つうか、俺は脚本家でなくて批評家ね^^;
美香は演出家ではなく役者じゃないの?

美香Qnw
わたしは「役者」じゃなく本当はZ会の塾講師なのである。
専門は「愛」学。サディスティックな愛じゃないか、って?
そう、わたしはサディストにして塾講師。

ixionPDg
「愛」についてなら語る資格があると思ってるふしさえある。
そのようなナルシズムを美香のレスから感じてしまう。
俺がロゴスなら美香はパトス(アポロンとディオニュソス?)。
ってことは俺が美香を操らないとダメってことね^^;

美香Qnw
エリスンだのブルックだの何とかだの、
すぐに理論を持ち出すところがixionらしい。
理屈っぽい文章はすべてうけ売りに見えてしまう美香Qnw。
そして、そして、いくたんかわいいよいくたん。

ixionPDg
あ、そんな煽りには乗らないから^^;

美香Qnw
ごめんなさい。なにしろ泥酔してたのでと言い訳。

693 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/14 13:38
>>692
あなた流に第一幕を説明してみます。

ixionPDg
浅田農場の会長、自殺なんてバカちゃいますか。演技へたくそね。

美香Qnw
ま、ixionなど所詮はプチ劇評家。「ほんとうのハウンド警部」を読みなはれ。

ixionPDg
(英米演劇ネタで美香と馴れ合ったあと)「ハウンド警部」読んだよ、これ感想ね。

美香Qnw
ixion日本語がへたね。小学生ちゃいますか?

694 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/14 13:38
ixionPDg
本気になっちゃうぞ^^; とわかりやすい演劇のプチ歴史を書き込む。

美香&淳一&名無し
やればできるじゃんixionさーん!

ixionPDg
おまえらバカですかアホですか。こんなものどの演劇書にも書いあるぜ^^;
深夜、またへたくそな文章を荒らしのごとく書きなぐる。

美香Qnw
その内容には触れず、文章のまずさをこれでもかと指摘する。

ixionPDg
気づけ美香^^; わざとへたくそな文章で書いたんだぞボケ。

美香Qnw
それ後だしジャンケンいいます……、とふてくされる。

そして、そして、そして、ふたりの友情はさらに深まったのです。

695 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/14 13:44
>>692のほうがおもしろいのは仕方がない。
いつだって事実は虚構に負けるものなのだから。

いくたんへ招待状。
ノボルと美香の奇妙な同棲生活へ。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1062505778/240n

696 :吾輩は名無しである:04/03/14 15:32
>いつだって事実は虚構に負けるものなのだから。

美香みたいなのがそんなこと書くと本当に寂しくなってくるんだから止めてよ止めてよ。




697 :吾輩は名無しである:04/03/14 15:38
引きつった笑いを浮かべて口論する二人。
日本独特。

698 :吾輩は名無しである:04/03/14 15:47

引きつった笑いを浮かべて口論する二人をイメージして寂しくなっちゃったじゃないか。



しょぼーん


699 :吾輩は名無しである:04/03/14 18:27
さてと、第2幕のさわやかな風が漂ってきたようだぞぉ。
ショボーンする前に、当劇場のVIPシートにご案内しよう。
ここでは〈ボジョレヌーヴォー〉も飲み放題だ。
さぁ諸君、グラスを取り上げ芳醇なワインをなみなみと注ぎたまえ。
(アク禁で昨日は書き込みができなかった。。。)

700 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/14 19:12
第一幕を省みると、役者として楽しかった。
これだけいっぱい本がある中で、
誰かとおなじ本を一緒に読むというのはめったにできるものではない。
楽しかった。へえ、ixionはこう読むのかと。
「ほんとうのハウンド警部」を読んでくれたixionには感謝する、今ではね。
争っていた当時は、後だしジャンケンするんじゃねーと顔がひきつっていたけど。

第二幕は素人(名無しさん)を舞台にあげたい。
さあ、ギリシア悲劇じゃないけど仮面(コテハン)をつけて舞台にあがってみないか?

701 :吾輩は名無しである:04/03/14 19:36
どうも好感が持てない書き込みだな。

文章力というのは文法をはじめとする国語力でなく、
その人のもっている味というのが大きい。
嫌悪を抱くような内容であっても、その人らしい味のある
文章で読ませてしまうというケースもあるし、文章が下手でも
何か惹きつけられて読まされてしまうということがある。

ixionの文章はうまくないな、流れが悪いな…というときでも、
読む気にさせられるんだけど。

「人品」が出てしまうということなのかな、やっぱり。

702 :吾輩は名無しである:04/03/14 19:52
ixionは雑談して馴れ合いたいなら
レスのレベル落とすしかない
本気の文章はホムペでやってくれー

703 :癒し板住民:04/03/14 21:16
をたくのところの住民と思われる「しっぽ ◆sVcmOmcGj6」が糞スレを
たててしまったので、こっちで引き取ってください。

http://life3.2ch.net/test/read.cgi/healing/1076307471/

704 :吾輩は名無しである:04/03/14 21:36
をたくのところでなんとかしてくださいね

705 :旭橋ワタル ◆7QiFPoq.LI :04/03/14 21:40
たぶん、そいつは創作板

706 :吾輩は名無しである:04/03/14 22:34
しかし、癒し板とかあんのか…
どんな奴が住人になるんだろう

707 :吾輩は名無しである:04/03/14 22:40
ああああああ日本負けた
何で平山と大久保を出さないんだ

708 :吾輩は名無しである:04/03/14 23:39
かわいいよいくたんかわいいよ

709 :吾輩は名無しである:04/03/15 15:02
ixionはさっさとマダム引き取ってくれよ。
マダムが美香に嫉妬してんだよ。
マダムにもたまにはレスしてやってくれよお願いだから頼むから。

710 :吾輩は名無しである:04/03/15 16:49
何?まだマダムいるのか?どこに??

711 :吾輩は名無しである:04/03/15 16:57
いないですね

712 :haxion:04/03/15 19:22
みんな、おれと語らないか?

713 :haxion:04/03/15 20:02
>>712
偽者!

714 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/15 20:04
>>713
偽者!

715 :haxion:04/03/15 20:08
>>714
いくたん、このまえの舞台は楽しかったね。
haxionはいくたんの妹キャラとしてやっていこうとわたしが考え出した新コテ。
オニールの「喪服の似合うエレクトラ」は明日読む予定。
で、オニールシーズンが終わったら「危機一髪」でも読もうかと。
美香もあきたのでこれからはhaxionでいこうかな。
けっしていくたんに屈服したわけではないけれども。

716 :haxion:04/03/15 20:12
衝撃のデビューシーン↓
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1078210049/471n

717 :haxion:04/03/15 20:13
鼻のあたりがむずむずする。は、は、は、haxion!

718 :haxion:04/03/15 20:16
いくたんは>>701みたいなファンにレスしない主義なの?

どーせわたしのレスにはゆがんだ性格が現れていますよとひれくれてみるのも一興。

719 :haxion:04/03/15 20:20
花粉が飛び交う季節限定のコテハン、haxionをよろしくお願いします。
トリップはつけないので、なりたいひとはご自由にどーぞ。どーぞ。押し売り、どーぞ。
芥川賞バブルがはじけたあとの閑散とした文学板の救世主、haxionをたたえよ!

720 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/15 20:24
レスを求められていないものにはレスしない。

問いかけや、なんだかしらんけど一生懸命煽っているもの
にはレスする、気が向けば。

721 :吾輩は名無しである:04/03/15 20:42
ねえ、haxion、今度新潮クレスト・ブックスで出る
ゼイディ・スミスの「直筆商の哀しみ」はもう
原書で読んでる?
おもしろかった?

722 :吾輩は名無しである:04/03/15 21:11
Ha,ha,ha,ha,haaaaaxiiooooooooooooooon!!!

haxionまだー?

723 :haxion:04/03/15 21:19
>>722
ロムっていますけど、何か?
ここんとこ、めっきり過疎化した文学板……。

724 :haxion:04/03/15 21:25
ふふふ。花粉よ飛べ騒げ荒らせ!

725 :吾輩は名無しである:04/03/15 21:29
・・・・・・haxionじゃだめだ。

ixion, >>721に答えて。
お願いします。

726 :吾輩は名無しである:04/03/15 21:38
なんだか美香がかわいそうになってきた

727 :観客A:04/03/15 22:16
プロバイダーあっきんがとけない

728 :観客A:04/03/15 22:17
あ、とけてた。。。

729 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/15 22:27
>>726
ありがとう。
>>728
おめでとう。

730 :観客A:04/03/15 22:32
>>720イクシオン
>なんだかしらんけど一生懸命煽っているもの にはレスする
のか、そうかそうか、じゃあ一生懸命煽ってみるかな?
意図的に「気が向けば」は抹消。
それはそうとファロスマンやCはいないのかな?

731 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:32
ところで工藤って最近どうしてるの?

732 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:35
いやあ藤井隆いい演技するわ、タイガースの一人も

733 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:40
ところでころにゃんて最近どうしてるの?

734 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:42
ところで勘弁って最近どうしてるの?

735 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:42
ところで鰯って最近どうしてるの?

736 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:42
演劇「不条理の演劇」
小説「ヌーヴォー・ロマン」
映画「ヌーヴェル・ヴァーグ」
批評「ヌーヴェル・クリティック」
これってみんな関係あんの?

737 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:43
ところで美香論って最近どうしてるの?

738 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:46
ところで美香だけがまだいるのか?

739 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:46
文学って全然エンタメしてないよね。いやあ明智小五郎の父親がまさか、、、、

740 :観客B:04/03/15 22:55
でもあれだな、なんだかんだの次はあきはばらといっても
イクシオンも美香も華があるよな。
それに何より長文書ける時間があるってのがいい。

741 :吾輩は名無しである:04/03/15 22:56
このスレの最初の方読んでみたら
50レスの間に結構コテが書き込んでるね。
つかこのすれ立ったのが今年の元旦なのか…

742 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/16 21:10
こらixion! 「喪服の似合うエレクトラ」すごいじゃない!
今年読んだ小説・戯曲のなかでいちばんおもしろかった。
ixionのお薦めだから、どこかバカにしていたけど……。
ごめんなさい。でも、ごめんついでにいらぬひとことを。
えー、ixionごときにこの戯曲のすごさがわかるのかねえ?
おっと翻訳でしか読んでいない人間のいうことではなかった。
それにしてもオニールがこれを書くために要した(人生の上での)苦悩の量を考えると寒気がする。
これを読んで生きていて良かったと思った。
そとにでた。いつもは通行人はすべて「敵」に見えるのだけど今日はちがった。
世界に微笑みかけたい気分。ありがとうオニール、文学、芸術、人間♪

743 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/03/16 22:26
あ、俺は「美香ごときに」って思ってた^^;

よかったよかった。

744 :観客B:04/03/16 22:51
美香やixionごときに演劇がわかってたまるかよw

745 :吾輩は名無しである:04/03/16 23:31
Cもな

746 :吾輩は名無しである:04/03/17 00:16
>>730>>745

http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1078754991/

Cさんは上のスレで◆OQomYzRHWkさんと興味深い対話をしてるから
読んだほうがいいよ。演劇の世界の裏側や実像が見えてくる。
それにしても◆OQomYzRHWkさんは何者なんだろう。演劇もやってたのか。

747 :吾輩は名無しである:04/03/17 12:04
実学書が売れる時代に小説を読んで、どのような知識を得ようとしているのだろう。
漢字のお勉強のために読んでるのかい?
おまえらは一体、小説を読むことで何を学んでいるのか?
それを答えてくれ。


748 :吾輩は名無しである:04/03/17 12:05
>>747
なんで、おまえは多重書き込みをしているのか問いたい。
答えてくれ。


749 :吾輩は名無しである:04/03/17 19:07
>>748
定期的にこういうのが出るのさ。2ちゃんってとこは。

750 :吾輩は名無しである:04/03/17 19:48
実学書が売れる時代に小説を読んで、どのような知識を得ようとしているのだろう。
漢字のお勉強のために読んでるのかい?
おまえらは一体、小説を読むことで何を学んでいるのか?
それを答えてくれ答えてくれ答えてくれ

751 :吾輩は名無しである:04/03/17 20:59
まず人にものを尋ねるマナーを学校で学んで来い>750

752 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:09
>>751マナーなんかいらねーよ。文学にマナー?宮本輝でも読んでろ

753 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:11
>>752
きみのは文学じゃないからね。だからマナーを学ぶように。

754 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:13
>752
あんたの書き方はキース・リチャーズのインタヴューみたいで好きだ!

755 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:16
つうか、「ただの厨房みたいで好きだ!」じゃないの?

756 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:19
>>753
ああ、そうかよ。わかってるくせにわかんねえフリするのは一体どういうことだ?
何かを学んでるのか?
ちゃちぃ質問なんだぜ、答えてみろよ。

757 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:23
>>756
残念ながらきみにくれてやるヒマと言葉はない。
野良犬にでもやったほうがマシだ。あばよ。
別の人間ならこたえてくれるかもしれんがね。

758 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/17 21:27
学んでるっていうか、楽しんでるw
恩師曰く、「芸術は結果でなく、その過程こそが重要だ」だそうな。
これは、至言だと思う。


759 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:30
>>758
楽しむだけかよw

760 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:31
>>758
おまえ、もっとビシッと答えてみろよ。

761 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/17 21:37
>>759-760
楽しむだけw
それでいいんだと思う。
芸術とは、学ばずとも、触れれば得るものだと思う。

762 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:39
>>761
おまえ、そんな幼稚な答えで芸術を楽しんでるのか?
哀れだな。もういいや。聞いて損した。

763 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/17 21:47
そりゃどうもw

764 :吾輩は名無しである:04/03/17 21:55
でさ、究極の答えを誰かに聞きたいんだけど、
文学ばかりやっていると愚鈍な人間(廃人)になると考えればいいの?
【美香・おさむ・1b・c・淳一・イクシオン・どっかの演劇マニア?】

これって、阿呆の見本市としては完全に成立しているから、
芥川も喜んでいるよね、きっと

765 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:12
人に生理的な嫌悪感を与えるようなスレタイ付けたりさー
ランスレ住人とかも真性の病気だと思うけど、
貴方達、頭がおかしい!!んじゃない?と
誰かが言ってあげないと、本人達は死ぬまで気付かないもの。

766 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:34
∧_∧
( ・ω・)  2ch初心者ですが、
( つ旦 O  こての方々のハイブリッドなユーモアのセンスと、
と_)_)  壊れそうで壊れているところか、
      刺し合いながら絆創膏を持ち寄らないところとか、
      本気になりそうで本気なところとか、
      あほらしいとおもったらあほなところとか、
      そのあたりを理解できたら、
      このすれ鯛は面白いと思います。
      
      >>765の人は、「人」なのでつね。。。
      文学界は人界ではないです。

      「頭がおかしい」と気付かせてどうするのですか。
      自殺しろとでも言うのですか。(ふざけるな)
      もとい、誰の頭ならおかしくないというのですか。

                       (あ、ふだん寛大なわたくしが。。。。)


767 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:45
>>766
きみって面白い文章書くね。気に入った。
でも初心者じゃなさそうね。

768 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/17 22:55
こらixion! オニール「夜への長い旅路」読了。殺す気かわたしを? 
こんな最初から最後まで登場人物がウイスキーを飲んでいたら禁酒なんて無理。
今日はさすがに禁酒しようと思っていたのに……うまいですウイスキーつまみなし。
読みながらずっと「やめてください」とつぶやいていた。
やめてくださいユージン・オニールやめてくださいやめてください。
こんなものを書かなくてもいいです、自らを傷つけるのはやめてください。
でもページをめくる手はとまらない、やめてください痛々しいからやめてください。
オニール最強!
テネシー・ウィリアムズもアーサー・ミラーもピーター・シェファーも
シェイクスピアもチェーホフもイプセンもショーもストリンドベリも、
このユージン・オニールという天才をまえにしては色あせる。
オニールはわたしだ、わたしは日本のオニールになる、女オニールだ!

769 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/17 23:01
>いくたん
読んでいるきみにしかわからないでしょうけど。
第四幕。終わり近く。麻薬中毒の母親が現れたときに長男がいう言葉。
「オフィーリアの登場だ」
大笑いした。直後、大泣きした。笑いながら泣いた――。

オニールのほかの作品はどうなのixion?
「オニール名作集」は買ったほうがいいのかな。
一万円近くするから、安いのと出会うのを待つしかないのですが。
でもまえにいくたん、当たり外れが大きいと書いていたよね。
バーナード・ショーも「ピグマリオン」に感動して、
高いお金をはらって名作集を買ったらほかのはぜんぶつまらなかった……。

770 :吾輩は名無しである:04/03/18 19:10
>>767
ネットとホムペジは初心者ではないけど、(たぶん)
2chは初めてなのです。

771 :吾輩は名無しである:04/03/19 20:36
>>770
いやあきみはものを見抜く力があるよ。

772 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/19 20:41
>>771
きみもなかなかのものだよ、それに気づいたのなら。

773 :吾輩は名無しである:04/03/19 23:44

どうして週刊文春は田中真紀子の娘について記事にしようなどという
しょーもないことを思い付いたのかね?

どう考えてもくだらない、余計なことだとしか思えないのだが。

 

774 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/19 23:46
マスコミも政治もすべて八百長。週刊文春ひさしぶりの完売おめ♪

775 :吾輩は名無しである:04/03/20 00:02
通りすがりにランディスレに書き込んだら意味不明のレスが返ってきて
本気で怖くなりますた。こわ〜。

776 : :04/03/20 00:04
>775
あそこは行かない読まない書き込まないが鉄則です。

777 :吾輩は名無しである:04/03/20 00:09
>>776
文壇バースレとかで噂に聞いてたけど本気でびっくりしますた。
ずっと昔からあの調子なんですか?

778 : :04/03/20 00:12
>>777
いや、一度ちらっと覗いたことがあるだけで
詳しい事は知らないんだけどね。

779 :吾輩は名無しである:04/03/20 00:18
>>778
あの人たちは本気で田口ランディが荒らしてると思い込み抱いてるんですかね。

780 :吾輩は名無しである:04/03/20 00:28
気にする奴もバカ。…以上! あのスレに関してはそれ以外にないよ。

781 :吾輩は名無しである:04/03/20 01:06
あー、俺も文学板に来た当初は気になったなランディスレ
で覗いてるうちにこいつらキモイと思って荒らした経験もある(時効
まぁあのスレに関しては>>780以外にないね。
関わってるとこっちまでおかしくなっちゃうよ。人生無駄にしないように。>>777

782 :吾輩は名無しである:04/03/20 03:53
そおいうこと言ってると田口ランディ本人が自作自演してるっと叫び出すぞ(w

783 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/03/21 05:46
ババンバ・バンバンバン

ババンバ・バンバンバン

さよならするのは辛いけど

時間だよ

仕方がない

次の回まで

ごきげんよう

・・・・・・いかりやスレで一番、泣ける書き込みでした。

784 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/03/21 05:48
仲本「兄ちゃーん! お前ホントに兄ちゃんか?」

仲本「兄ちゃーん! おーい、そこにいるんだろ、兄ちゃーん!」

仲本「兄ちゃーん! 早く合言葉言ってくれよぉー!」

仲本「兄ちゃーん! もう合言葉言わなくていいから、返事しておくれよぉ、兄ちゃーん!」

仲本「兄ちゃーん……」

ガラガラガラ……

仲本「兄ちゃんどっかいっちゃったのかい? 兄ちゃーん……」

・・・・・・これも良かったです。

785 :吾輩は名無しである:04/03/21 11:29
演劇「不条理の演劇」
>>736
>小説「ヌーヴォー・ロマン」
>映画「ヌーヴェル・ヴァーグ」
>批評「ヌーヴェル・クリティック」
>これってみんな関係あんの?
どれも1950、60年代のフランスでのムーブメントで
相互に連携しているというよりも
同じ時代の「空気」から出てきた、ということはいえる。

あと、やっぱドリフってある年齢以上の人には
文学よりも影響力あるんだなぁ、と思った。

786 : :04/03/21 23:12
「1950、60年代のフランス」ってやっぱすごいよ。
関係ないけど、そういえば中村光夫のスレってないね。
是も関係ないけど、ドリフのあとのGメン75も良かったし、
ドリフの前の「名作アニメ」も影響受けたっけ。
フランダースの犬には泣けました。

787 :吾輩は名無しである:04/03/21 23:43
わたしはアルプスの少女ハイジでした。

788 :吾輩は名無しである:04/03/21 23:49
ん?名作アニメってカルピス劇場じゃないの?あれってフジテレビ・・。
TBSだとその前は「日本昔話」とかじゃない?

789 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:15
キムタクのドラマ見てるけど
画面割りたくなってるね

790 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:29
美香氏は、文筆業(で生計を立てている方)なのでつか?
差し障りありましたら申し訳ない。
スルーしてください。。。


791 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:39
>>790
無職です。親の遺産で暮らしているそうです。

792 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 22:43
>>789
同感。プライド最終回を見てこの国の文化は終わったと思った。
こんなもんでおまえらは満足するんだろうと差し出された映像。
それに視聴率25%。うちらの世代では2人に1人おそらくは。
もう文学なんてどこにもない、だれも必要としていない、だれも書こうと思わない。
2004年3月22日、文学は終わりました日本では――。

793 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:46
>>792
なんて言いつつ全部録画してたりしてw
ハルぅぅぅぅーーーなんてw

794 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:47
>>792
そもそもあんなドラマ見てる時点で文学板住人失格。

795 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 22:48
>>790
できたら文筆でと願うものであります。
戯曲をことさら読んでいるのも、いざお金がなくなったらのことを考えて。
人間を人生をバカにしている。
お金が必要になったら、ウソを書いて稼ごうと。
愛は勝つだの、正義は永遠だの、そんなものをうまく書けたらとりあえずは食べられるかと。
が、わたしのしたいのは違う。この国に革命を起こしてやる、それだけが目標。

796 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:51

美香って酔うと同じ話繰り返してウザがられるタイプだな。

797 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:52
>>796
それじゃ、おやじだ。

798 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:53
野島はお前らの何倍も努力してる。

799 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:53
>>795
どんな革命でつか。。。

800 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:54
>>798
のじまあざとい。

801 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 22:55
シナリオライター講座が流行っているのは、
人生経験も読書量も必要なくて書けるのはこれだと、
いまのテレビドラマを見て主婦やOLが思うからである。

>>793
酔ってしか見ていない。

>>794
わたしを失格にできるひとなど文学板にはいまい。

802 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:55
>>800
期待されてる人間のプレッシャーも考えよ。

803 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:57
>>802
のじまねらいすぎ。

804 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:57
>>801
たれか酌を。。。

805 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:58
>>801
もっと飲ませろ。

806 :吾輩は名無しである:04/03/22 22:59
飲んだら乗るな、乗るなら飲むな♪

807 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 22:59
>>796
もう2年以上もここにいるんだから。
>>797
それはちがう!
>>798
努力とかじゃないんだって、きみ高校生?
>>799
たとえばきみが自殺したくなるような。そしてきみの家族が困るような。
>>800
今回はあざとさも感じられない。ただへたくそなドラマです>「プライド」

808 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:01
ひょっとして美香ってキムタクファン?

809 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:01
>>807
革命とクーデターの区別、ついてるの?

810 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 23:02
>>804-805
飲め飲めウォッカでもストレートで。
救いはお酒にしかない。
いいかい? 私たちの人生はいつまでも永遠に退屈なのだから。

811 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:02
>>809
ミーハーなところが、奥が深いと思うぞ。

812 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 23:04
>>808
イケメンは嫌いではない。野島は許さない。
>>809
とりあえず退屈がまぎれるならなんでもいいかと。ちがうかおまえは!

813 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:05
訂正。
811の>>809は、>>808のまちがい。


814 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:07
美香って中学高校時代はジャニーズのポスター部屋に張ってたりして
ごくごく平凡な女の子だったんだろうなぁ…。
酒の力で大きいこと言ってるだけなんだろうなぁ…。

815 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/22 23:07
お や す み な さ い !

816 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:09
>>812
おまえじゃねえー。
ルーマニアのは、クーデターじゃなくて革命だったね。
革命じゃないとね。
だから、何から政権を奪うのさ!
「政権」は適宜置き換えのこと。


817 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:10
>>815
酔っぱらって、おやすみになられたのでせうか。。。ね?

818 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:15
>>817
いや、キムタクファソがバレて恥ずかしくなっての不貞寝だと思う。
たぶん今回のドラマも全部録画してると思う。

819 :ハル ◆8DJG7S.Zq. :04/03/22 23:32
あっ、録画してくれてさんきゅ。メイビ。

820 :吾輩は名無しである:04/03/22 23:54
>>815
難しいこと聞いたら、寝ちまうのか。
奥が深いようで、底が浅いのか。

821 :吾輩は名無しである:04/03/23 16:46
くそ、寒いんだよ!ぼけが!
なんで冬に逆戻りなんだ!死ねよ天気
あったけー服持ってねーんだよくそが
俺に氏ねってか?お前が死ね糞天気

822 :吾輩は名無しである:04/03/23 22:15
俺とか書いてるけど女みたいな文だね

823 :吾輩は名無しである:04/03/23 22:23
中学生(おこちゃま)みたいでつよ。。。

>>822
もとい、<女みたいな文>のコンセンサスを述べよ。


824 :吾輩は名無しである:04/03/23 23:06
>>822-823
    ___
   /     \
  /   ∧ ∧ \   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 |     ・ ・   | <  うるせーばか
 |     )●(  |   \________
 \     ー   ノ
   \____/



825 :吾輩は名無しである:04/03/23 23:12
  |
  !         ___
  ノ      /     \     ___________________
  |      /   / \ \  /
  |     |     ・ ・   | < ま、おめーらには俺の文章は高度過ぎて
  !     |     )●(  |  \ 良さが分からないかもな
  i     .\   ー   ノ     \__________________
   ) rヽ_,,-  \___/L
  (::ニニニ,,,r-つ'     ' / j'..ヽ_
 r'",,r''" ,,r''つヽ''--''" ノ'.::::::;!::
 !, " ,r''" ,,rユ::::r^!'  /.::::::;r':::::
. l'i,  ,,r''"/l:::::!,_  /.:::::::;r':::::::::
. ヽ'ヽ,,,ィ"::::!7'ヽ'i, /.::::::::;r'::::::::::::::

826 :吾輩は名無しである:04/03/23 23:29
>823
いや、遊び心がなく子宮でイッキに書いてるように思えたから
しいて言えば、
>なんで冬に逆戻りなんだ
>あったけー服
のニュアンスと語尾の「くそ」の変換。

827 :吾輩は名無しである:04/03/25 03:36
しかし

828 :イエローキャバ社長:04/03/25 05:34
ねえちょっと聞いてよあたし今日伊勢丹で証明写真とったんだけどあっ勿論
仕事の為だよ履歴書に写真はろうと思ってさそれで出来た写真なんだけどチョー
いい写真なんだよねこんど見せてあげるそれをお店に持ってったらあいつ
キャバ嬢なんていらないとかゆうんだよねあたしカチーンきちゃってその場で
ならいいですってゆって帰ってきちゃっただってチョーわがままじゃない?
多分あいつ奥さんとマンネリなのよ絶対そうよところでこの写真いいでしょ
あげないわよ

これが女の会話だ。お前ら勉強になったか??

829 :吾輩は名無しである:04/03/25 10:15
普通男が「あったけー服」なんていうか?
年齢が低いかぼっちゃん、ようは世間知らずの自己中

830 :吾輩は名無しである:04/03/25 19:32
知っちゃ過めっちゃか支離滅裂が
美香の魅力

831 :吾輩は名無しである:04/03/25 20:05

  |
  !         ___        __________________
  ノ      /     \     /
  |      /   / \ \  / >>829
  |     |     ・ ・   | < 友達のスーパーハッカーに頼んどいたから。
  !     |     )●(  |  \ 謝っても無駄だよ。IPぼっこ抜くから。
  i     .\   ー   ノ     \__________________
   ) rヽ_,,-  \___/L
  (::ニニニ,,,r-つ'     ' / j'..ヽ_
 r'",,r''" ,,r''つヽ''--''" ノ'.::::::;!::
 !, " ,r''" ,,rユ::::r^!'  /.::::::;r':::::
. l'i,  ,,r''"/l:::::!,_  /.:::::::;r':::::::::
. ヽ'ヽ,,,ィ"::::!7'ヽ'i, /.::::::::;r'::::::::::::::


832 :吾輩は名無しである:04/03/25 20:54
ワナビか・・

833 :吾輩は名無しである:04/03/25 21:00
  |
  !         ___        __________________
  ノ      /     \     /
  |      /   / \ \  / 
  |     |     ・ ・   | < お前らジャムパンかってこいや
  !     |     )●(  |  \ 
  i     .\   ー   ノ     \__________________
   ) rヽ_,,-  \___/L
  (::ニニニ,,,r-つ'     ' / j'..ヽ_
 r'",,r''" ,,r''つヽ''--''" ノ'.::::::;!::
 !, " ,r''" ,,rユ::::r^!'  /.::::::;r':::::
. l'i,  ,,r''"/l:::::!,_  /.:::::::;r':::::::::
. ヽ'ヽ,,,ィ"::::!7'ヽ'i, /.::::::::;r'::::::::::::::


834 :吾輩は名無しである:04/04/01 12:39
盛りあがらねえ雑談スレだな。

835 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/01 23:15
>>834
ごめんなさい。わたしのせいですわたしわたしわたし。

>ixionへ
ワイルダーの「結婚仲介人」と「サン・ルイス・レイ橋」を購入。
近日中に読む予定あり。ひまなら語り合おうわたしと、わたしわたし。

836 :吾輩は名無しである:04/04/02 00:05
美香の読書量のすさまじさには敬服する。
しかし、そんなに読んでも未だ救われない美香。
文学に人を救う力がないことがよく分かった。
だからといって他に救いがあるわけではないけどね(プ

837 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/02 00:12
>>836
>文学に人を救う力がないことがよく分かった。
わたしがもし2ちゃんの書き込みで主張したいことがあるとすればそのことだけ。
わかってくれたのなら嬉しい。文学など空腹の足しにも精神の糧にもならない。
不幸な人間に救いなどない。そのことが真にわかったとき人は書くのかもしれない。
なにを? ――文学を。

838 :吾輩は名無しである:04/04/02 00:20
ヽ(´ー`)ノ

839 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:48
ドイツ文学総合スレって落ちちゃったのかな?

840 :吾輩は名無しである:04/04/03 11:04
>>839
まだ落ちてないよ今270番台にある

http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1060439563/

ちょっと覗いてみたけど落ち着いた感じで進行してて
なかなかの良スレだね。ドイツとか鉄道とか硬い感じのスレには
やっぱ真面目な人が集まってくるのかな。

841 :吾輩は名無しである:04/04/03 13:52
運命的な不幸に苦しむ人間は文学なんど書きまへん。
肥大した自意識の地獄にいる自業自得な馬鹿者どもが
文学を書こうとするのれす。

842 :吾輩は名無しである:04/04/03 14:28
>840
感謝、感謝!

良い感じで展開していたもんで、落ちていたら残念だと
思っていたところ。
確かに、テーマが狭いスレは専門的な情報をもった人が
集まってくるから良いもの拾えるんだよね。

843 :吾輩は名無しである:04/04/03 23:01
人を救う力

お金>>>>>>>>>精神分析>>哲学>>>(超えられない壁)>>>文学>>>>宗教

844 :吾輩は名無しである:04/04/03 23:33
>>843
それはどうかなぁ
宗教に嵌る奴とかはかなり精神的に追い詰められてる奴だろ
だからギリギリの人間を救うのはその不等式が逆になるんじゃないのかなぁ
あ、でもそうした場合文学と精神分析は入れ替えてもいいかも

845 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/04/03 23:38
人を救う力

愛>>両親>兄弟>異性との肉体関係>友人親族>(越えられない壁)>文学

846 :おーさむっ ◆2tajBL3Q4s :04/04/03 23:57
>>843
たしかにそうだ。
で、そのお金で文学の本をしこたま買うんだろ?
いわゆる「メビウスの輪」の無限ループって奴だ。

847 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/04/04 00:01
うーん、友人が不当に低かったかな。

愛>恋人>両親>異性との肉体関係愛>友人>兄弟>親族>音楽>(越えられない壁)>文学 >テレビ


ってところ

848 :吾輩は名無しである:04/04/04 00:06
おさむのは実体とその実体の間の関係がごっちゃになってるな

849 :おーさむっ ◆2tajBL3Q4s :04/04/04 00:07
>>847
真実を教えてやろう。
友愛>恋>愛>異性との肉体関係愛>両親兄弟>友情>肉親愛>音楽>文学>テレビ
(越えられない壁)>2ちゃんねる>自分のHP

850 :おーさむっ ◆2tajBL3Q4s :04/04/04 00:08
友愛と友情の違いに中尉ねっ。

851 :おーさむっ ◆2tajBL3Q4s :04/04/04 00:10
ま、上のレスに大尉はないけど。。。

852 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/04/04 00:10
お金はあったらあったで困るし。
僕が一番救われるのはスポーツと戦争だ。

853 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/04/04 00:13
友愛って友愛のポリテックスだね、デリダの!
それにしても君のHPはどこに在るの?

854 :吾輩は名無しである:04/04/04 00:37
おさむはホント楽天的というかなんというか。。。
両親に殺されたり、精神をメチャクチャにされたりする子供もいるんだぞ。


855 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/04/04 00:49
僕子供のことADHDだったから精神むちゃくちゃだよ。

856 :吾輩は名無しである:04/04/04 01:50
>>855
ADHDは結構いるから・・で、掃除はできるようになった?

857 :吾輩は名無しである:04/04/04 02:57
注意欠陥多動性障害(Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder) ならまだまし

858 :吾輩は名無しである:04/04/04 04:29
人を救う力

2ch>ネトゲ>タバコ>コーヒー>エビチリ

859 :おさむ ◆UvGJoaFDw6 :04/04/04 21:19
>>856
掃除はもとから出来ます。
でも高校までの学校の授業が苦痛でたまりませんでした。
小さい頃は癇癪もちでは超ハイテンションで喧嘩もよくしていました。
今でもあの頃の精神状態を思い出せませんが、
小学校からの知人に会うと、今の僕はまるで別人のようだと言います。
でも今も人の話を座って長時間聞くのが出来なくて、
僕の精神構造に関する恐怖が残っていて、まともに社会生活できるのかとても心配です。


860 :吾輩は名無しである:04/04/05 15:30
じゃあ株もギャンブルも止めとくんだな。タイ逝け。

861 :吾輩は名無しである:04/04/06 10:30
;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン  

862 :吾輩は名無しである:04/04/06 16:59
ひさしぶりに来てみたら糞スレがいっぱい立ってる・・・
いったいなにがあったんですか?

863 :吾輩は名無しである:04/04/06 20:59
ひどい荒廃ぶりだな…

864 :THE グル:04/04/07 06:43
                \ │ /
                 / ̄\  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
               ─( ゚ ∀ ゚ )< ていせつていせつ!
                 \_/  \_________
                / │ \
                    ∩ ∧ ∧∩ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ ∩∧ ∧∩\( ゚∀゚)< 定説!定説!定説!
ていせつ〜〜〜〜! >( ゚∀゚ )/ |    / \__________
________/ |    〈 |   |
              / /\_」 / /\」
               ̄     / /
                    ̄



865 :吾輩は名無しである:04/04/07 07:46
;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン  


866 :吾輩は名無しである:04/04/07 07:47
;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン  

867 :おさむ ◆h7NQeWzSz6 :04/04/07 14:42
>>864
やあ!遊びにきてくれたんだね♪

868 :THE グル:04/04/07 16:12
>>867
いいですか、
いえ、ココに来たのはババの・・・サイババの勝手なんですよ。
まあ、
おさむ ◆h7NQeWzSz6 さんもまた哲板においでください。
これが定説です。
どうかしましたか?

869 :吾輩は名無しである:04/04/08 00:43
ふたりの証拠よんだことあるひとー

870 :ixion ◆ySh2j8IPDg :04/04/08 10:06
はーい>>869

871 :ミスターX ◆sJh8mwqDUo :04/04/08 22:51
はーい、too>>869

872 :869:04/04/08 23:33
おお! 良ければ教えてくれないかな。
つまりさ、リュカとクラウスは同一人物?
まだ第三の嘘は全部読んでないから何とも言えないんだけど、
ふたりの証拠がイマイチ分かってないもので、余計に混乱しちゃうんだー。
さらっとふたりの証拠について説明してくれないか?

873 :吾輩は名無しである:04/04/09 11:18
l

874 :吾輩は名無しである:04/04/12 21:06
ランディスレ、荒らしのせいで基地外が衰弱してるのがザマミロって感じ。
荒らしもキモイし糞スレ乱立も困るがこの勢いで共倒れになれ。

875 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/15 19:35
鷺沢萠スレを荒らすのは本意ではない。
だれかいません?
工藤伸一さーん♪
最近、生活がいきづまっていると日雇いくんが書いていたけど、
そこんとこ、かるーく、いや牛の涎のごとく垂れ流してほしいんだわたし。
白石さんも気にしていたことだし。
いまの文学板はシンイチの不在に満たされている(寺山風)。

876 :吾輩は名無しである:04/04/16 00:05
く、くそぉ・・・だから評価は要らないって言ったのに・・・

877 :吾輩は名無しである:04/04/16 20:26
美香いません?
わたしがわたしが言えよ。
鷺沢みたいになるなよ。

878 :吾輩は名無しである:04/04/16 21:16
>>875
それは変。
だって、鷺沢萠スレを荒らしていたわけではないでしょ。
それともそうなの?

879 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/16 21:23
>>878
もちろん荒らしたという意識はない。
だけれどもレスのなかにはわたしを荒らし扱いするものもいたから。

>>877
わたしは意地汚いからたぶん大丈夫。

例によって風呂落ちします。
戻ってくるかは不明だけど今日は金曜日でひとが多そうだからたぶん。

880 :吾輩は名無しである:04/04/18 02:53
新サーバ争奪戦に●1コース book2 money2 love2 food3 travel that2 society
の連合としてエントリーされ、争奪戦が開始されたようです。

【oyster争奪戦】新サーバ情報スレッド 8
http://qb3.2ch.net/test/read.cgi/operate/1081081879/416

>416 :見習い▲ ★ :04/04/17 23:28 ID:???
>oyster245 は live12 で、

>引き続き
>oyster246 争奪戦かいしー

http://tubo001.ninki.net/idol/oys/oyst246/

246争奪戦のエントリー
●1コース book2 money2 love2 food3 travel that2 society
●2コース comic2 comic3 academy2 science2
●3コース hobby hobby3 hobby4 bubble
●4コース tv2 tv3 tv4 music2 music3
●5コース school2 aa3 etc(include entrance)
●6コース human2 human4 life2 life3 life4

なお、この投票は、Windoes上でのみ動く禁断の壷というソフトが必要です。
こちらからダウンロードできます。

http://tubo.80.kg/

881 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :04/04/18 03:58
>>879
お久しぶりです。

ここ最近は割と忙しいですが、淡々と生活しています。
仕事は平日週5日勤務で、退勤時間は殆ど定時通りですが、
僕の場合、もともと時間にルーズなところがあるため、
生活リズムを崩してしまうわけにもいかず、
パソコンに張り付いていることができないのです。

今日はたまたま遅くまで起きていましたが、
明日も色々と予定があるので、もうそろそろ寝ます。

おやすみなさい。

882 :吾輩は名無しである:04/04/18 07:23
救ってー

883 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/18 09:31
>>881
おはようございます。
最近、ちらほら他スレで見かけたので気になってつい。
レスありがとうございます。
元気そうで何よりです。

884 :◆RABK4KAJgA :04/04/19 21:02
唐十郎の『泥人魚』は傑作だぞ!
どっかで話題になってるかな?
まさか読売文学賞と戯曲・シナリオ賞をとっただけのことはある。

885 :◆RABK4KAJgA :04/04/19 21:04
>>884の「まさか」は意味不明だったな。。。鬱。

886 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/19 21:51
>>884
いま新刊平積みになっているね。
そんな傑作だったら掲載された「新潮」を買っておくべきだったか。
どこかのブックオフでその「新潮」、百円で落ちてないかな。

あれ「新潮」だったかな。「文学界」?

887 :〆? ◆RABK4KAJgA :04/04/19 21:56
それにしても芥川賞に比較して読売文学賞がこれほど注目されないのはなぜだ?

888 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/19 22:04
経験的に読売文学賞作品のほうが芥川賞作品よりおもしろいのは確か。

889 :吾輩は名無しである:04/04/19 22:05
黄泉瓜文学賞はいつ発表でつか

890 :吾輩は名無しである:04/04/19 22:06
読売文学賞で思いつく近年の作品って、なんだろう?
「ねじまき鳥〜」 「うるわしき日々」 「インザミソスープ」(?違うか?)
むー・・・
津島佑子も「笑いオオカミ」かなんかで取ってたね〜?
むー、これ以上出てこない・・

891 :〆? ◆RABK4KAJgA :04/04/19 22:12
2003年では
読売文学賞(小説賞)は『博士の愛した数式』小川洋子で
読売文学賞(戯曲・シナリオ賞)が今回の唐十郎。
最近の読売文学賞は質が落ちてるのはいなめないが
昔のラインナップはすごいよ。

892 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/04/19 22:16
戯曲では福田恒存「龍を撫てた男」、山崎正和「オイディプス昇天」をヨンダ。
どちらもすんばらしくおもしろかった。
読売文学賞戯曲部門を信用しているゆえんです。

893 :〆? ◆RABK4KAJgA :04/04/19 22:17
1980年代の読売文学賞は
『仮往生伝試文』古井由吉
『狂人日記』色川武大
『高丘親王航海記』澁澤龍彦
『「雨の木」を聴く女たち』大江健三郎
『吉里吉里人』井上ひさし
などなど。

894 :吾輩は名無しである:04/04/19 22:25
>>893
おお。なんと濃厚な
調べたら津島は「夜の光に追われて」だった
結構歴史があるのね、この賞。
「金閣寺」 「本日休診」 「砂の女」なんかも取ってた

895 :吾輩は名無しである:04/04/27 23:55
●●●●●●●●文学板ってなにげに人多くねえ?
http://book2.2ch.net/test/read.cgi/book/1077489045/

このスレ、スレスト食らってたけど
削除依頼でてた?
どういう基準でストップかけてんのかよく分からんな

896 :吾輩は名無しである:04/04/30 21:13
読売の朝刊連載小説を読んで・・・

   ∧_∧  デストローイ!!
 |\ΦДΦ)   /|
 ○ <  ζ) <  ○                  
 | >  旦  > |               

897 :吾輩は名無しである:04/05/02 16:03
わら

898 :吾輩は名無しである:04/05/09 00:27
美香板ができててビクーリした!!

899 :吾輩は名無しである:04/05/09 14:06
美香板いって記念パピコしてきました。
http://www.2ch2.net/bbs/mika/index2.html

900 :吾輩は名無しである:04/05/09 17:32
>>899
管理人って誰よ?
美香論?閑話休題?
釣られた美香はIP抜かれちまった罠


901 : :04/05/09 20:42
管理人はたぶん名無しだろうな。
IPぐらいで「ちまった」というほどじゃ。。。

247 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)