5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

◇◇◇◇タゴール2◇◇◇◇

19 :吾輩は名無しである:03/11/30 16:19
ジャン=リュック21歳のときの神秘体験。この後、作風が大きく変わる。
それはまさしくゴダールが映画をやめて社会派集団を結成したかのようだ。


 「ある朝、わたしはたまたまヴェランダに立って、その方角を見ていた。
太陽がちょうどそれらの樹々の葉の茂った梢をぬけて昇ってゆくところだった。
わたしが見つづけていたとき、突然にわたしの眼から覆いが落ちたらしく、
わたしは世界がある不思議な光輝に浴し、同時に美と歓喜の波が四方に高まってゆくのを見た。
この光輝は一瞬にして、わたしの心に欝積していた悲哀と意気消沈の壁をつき破り、
心を普遍的な光で満たしたのだった。 」

 「私がバルコニーに立っていると、通行人のそれぞれの歩きぶりや姿や顔つきが、
それが誰であろうと、すべて異常なまでにすばらしく見えた――宇宙の海の波の上をみんなが流れて過ぎてゆくように、
子供の時から私はただ自分の眼だけで見ていたのに、今や私は自分の意識全体で見はじめたのだ。
 私は一方が相手の肩に腕をかけて無頓着に道を歩いてゆく二人の笑っている若者の姿を、
些細の出来事と見なすことはできなかった――それを通して私は、
そこから無数の笑いの飛沫が世界中に踊り出る、永遠の喜びをたたえた泉の底知れぬ深みを見ることができたのだから」
(『わが回想』)

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)