5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

Salman Rushdie

1 :吾輩は名無しである:03/10/25 21:35

ホメイニを待ちながら


2 :アサシン:03/10/25 21:45
1はやばいよ

3 :吾輩は名無しである:03/10/25 22:10
1ですが、書き込み規制がきつく(すぐ「騙されてますよ?」表示)
自作自演があまりできません。どうか落とさないように盛り上げてください。
ちなみに「真夜中の子供たち」は絶版中です。

4 :アサシン:03/10/25 22:18
書き込み規制って?
ホメイニの陰謀?
自作自演で頑張ってください。
援護射撃は検討します。

5 :吾輩は名無しである:03/10/25 22:56
ひろゆきや夜勤さんが実はイスラム教徒で、1に規制かけてたら面白いな。

6 :吾輩は名無しである:03/10/25 23:35
ってか1はマジで殺されるかもしれない。
くれぐれも気をつけて。
後「真夜中の子供たち」を復刊して。

7 :吾輩は名無しである:03/10/26 00:17
このひとはえいごでほんをかいてるの?

8 :吾輩は名無しである:03/10/26 09:53
ノーベル賞いつになったら取るんだ?
悪魔の詩は最高。最近出た東と西もおすすめ。

9 :吾輩は名無しである:03/10/27 01:22
ノーベル賞はもらえないだろうな

10 :吾輩は名無しである:03/10/27 08:23
ラシュディーにノーベル賞出すのは政治的配慮からしばらくはないでしょう。

11 :アサシン:03/10/27 15:24
ラシュディの主な著作ね
1975『グリマス』
1981『真夜中の子供たち』Midnight's Children
1983『恥』Shame
1987『ジャガーの微笑』
1988『悪魔の詩』The Satanic Verses
1990『ハルーンと物語の海』
1991『想像の故郷──エッセイと批評1981−1991』
1994『東と西』
1995『ムアーの最後のため息』
1997『ヴィンテージブック インド文学』
1999『彼女の足下の土地』

>1さん
スレ立て人ならこれくらいやんないと暗殺されるよ。

12 :村上の龍:03/10/27 20:12
ブッカー賞を取った「真夜中の子供たち」は面白いよ。インド風味溢れる濃密な文体、
マジックリアリズムの系譜を汲んだ夢幻的な世界。ラストまで一気に読める。
ラシュディの著作を読んでて思うのは彼がとても生真面目な、まるでカミュやコンラッドみたいな
モラリストであるということ。またそうでありながらユーモアのセンスもある。

スピーチより「世の中の出来事が国境を越えるようになったのに併せて、個人
個人が国境を越えるのが当たり前になったことも文学に変化をもたらしている。
かつては、人々が同じ文化背景を共有していることが当然の前提として文章を
書くことができた。でも今は、別の国へ移住をする人した人がたくさんいる。
ひとりで複数の文化を持ち合わせている人がたくさんいる世の中になってきた
ため、昔のような前提でものを書けなくなってきている」

人間が社会に与える影響を凝視する彼の淡々とした言葉は、筆禍により長年の潜伏生活を続けてきた彼の人生も相まって
大きな説得力を持って私達の胸に迫ってくる。ポストコロニアル世界が生んだ私の最も好きな作家。
これからもどんどん良い作物をつくってほしい。

13 :吾輩は名無しである:03/10/28 20:11
「悪魔の詩」は百年の孤独に匹敵した

14 :吾輩は名無しである:03/10/28 20:36
ガルシア=マルケス好きなら
ラシュディも面白い?

15 :吾輩は名無しである:03/10/28 21:23
そういえば「悪魔の詩」を日本語訳した筑波大かどっかの先生、殺されたよね。
かなり前の事件だけど、あれ、犯人つかまったのかな。
いまだったら大騒ぎだろうね。当時ほとんど取り上げられてなかったような気が
するけど、とんでもない話だよね。

16 :吾輩は名無しである:03/10/28 21:25
小説 『悪魔の詩』訳者殺人事件
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/syousetu.htm

17 :アサシン:03/10/29 00:37
結構有名な事件だと思うけれど。
風流夢譚事件ほどじゃないにしても。
おれも1と同様にやばいかな?

18 :吾輩は名無しである:03/10/29 01:01
2月15日、イランのホルダホ財団(貧困者の救済を目的とする財団)の
責任者のサナイ師はラシュディを「処刑」した者に、巨額の賞金を与えると発表した。

貧困者の救済を目的とする財団
貧困者の救済を目的とする財団
貧困者の救済を目的とする財団

19 :吾輩は名無しである:03/10/29 17:38
>7月、トルコで行われたトルコ語翻訳者の集会が襲撃を受け、37人の死亡者が出た。
これも凄い。ラシュディは生きる事が命懸けだな。まさに。
>>14
面白い。ラシュディの小説も現実と非現実が混交した世界を持ってる。

20 :1:03/10/29 21:54
もう、書き込むことができなくなりました。
ただもっとたくさん本を読んでいれば良かった。
ラシュディのスレを立てるべきではありませんでした。ですが

21 :吾輩は名無しである:03/10/30 16:15
おい1よ、どうした!
「ですが」で終るなー!

22 :吾輩は名無しである:03/10/30 16:22
>>21
1は殺されたってこと?

23 :吾輩は名無しである:03/10/30 18:44
カキコ中にスナイパーに殺られたか?

24 :吾輩は名無しである:03/10/30 18:57
真夜中の子供たち、読みたいのに売ってない・・・・・・
古本屋も回ってみたがなかったし

25 :吾輩は名無しである:03/10/30 18:58
amazonやbk1など、ネットで買うのはやめとけ。

26 :吾輩は名無しである:03/10/30 20:04
どうして?

27 :アサシン:03/10/30 23:17
やはり1はやられたか‥ 忠告してやったのに‥
きっと1991年の五十嵐教授のときと同じ犯人だろう。
ところで

28 :吾輩は名無しである:03/10/31 00:29
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 
サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! サラマン・ラシュディより田口ランディ! 

29 :吾輩は名無しである:03/11/09 18:15
ところで、オックスフォード固有名詞発音事典では「ルシュディ」なのだが

30 :校長が強盗:03/11/09 18:19
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


31 :吾輩は名無しである:03/11/26 21:41
ガンジーあげ

32 :吾輩は名無しである:03/12/04 19:26
悪魔の詩 本当に読んだ人いるの?どこがおもしろかったの?

33 :吾輩は名無しである:03/12/27 21:11
保守

34 :吾輩は名無しである:03/12/29 04:54
>>32
読んだ人は皆刺し殺されました

35 :吾輩は名無しである:03/12/30 08:56
まとまった翻訳が出ればねえ・・・・・・
読める人は英語で読んでるだろうし

36 :12345梨789:04/01/01 23:46
『恥』は以前に三浦雅士が誉めてたな。入手してみっか。

37 :吾輩は名無しである:04/01/26 18:43
武田泰淳が生前目をつけてたよ

38 :吾輩は名無しである:04/01/26 18:55
midnight's children,単語厳しい・・・
最近,インド系の英語文学の躍進が目覚しいよな。
ブッカー賞では、おととし"life of Pi"だっけ?で取った人とか。
arundhtai roy なんかかなりよい。
ノーベル賞取ったnaipaulはいわずもがな。
ピューリッツァー賞受賞者のjhumpa lahiriはまあまあ。
なかでも、ラシュディは別格だが,いかんせん,読みにくい・・・
プロットも入り組んでる上,モチーフ・エピソードも超現実的なので
想像で読みきれないところがある。
日本語で読めって?ペーパーバックのほうが安いし早いし種類が多いので。

39 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:51
ゴシップ・ネタで2、3日前に新聞に出てた。
若い女優と結婚とか何とか…

40 :吾輩は名無しである:04/03/05 19:26
最近新しいのでたけどおもしろい?
読んだ人感想みして

41 :吾輩は名無しである:04/03/05 21:22
>39
確か映画「ブリジット・ジョーンズの日記」
に出演してたよね。
案外華やかな生活してるのか?


42 :吾輩は名無しである:04/03/24 16:30
>>38
禿しく同意
俺も翻訳探してうろつきまわるの疲れて原書で読んでるんだが
筋が入り組みすぎててね・・・むちゃくちゃ面白いんだけど。
あと多少インド現代史の知識があったほうがいいかも。
知らなくても大いに楽しめるだろうけどね。

43 :ガディワッツ:04/03/30 18:18
イラン政府による懸賞金は今既に解除されていますね。
ただ、死刑宣告をだした者しかファトワの解除をできないという理由から、
宗教関係の高官たちには未だに狙われているラシュディ。
おとろしい。

44 : ◆W8wHf8QLzQ :04/04/09 13:34
というわけで、イスラムについて話すなら今が旬。
サルマンラシュディ「悪魔の詩」はイスラム今日の知識がないと読めません。
さまざまな隠喩がわけわからんちんですからね。
たとえば、水が都市を崩していくあの表現についても、実際にムハンマドが歴史的に行った行為をもとにしております。
日本人にはあまりなじみがないイスラム教について理解を深めませう。
たとえば、今話題のシーア派は、典拠と類推(コーランで対応できない問題に神学者が後付で結論を出したもの)による解釈を認めないので
スンナ派(さらに、シャーフィイー派、ハナフィー派、マーリク派、ハンバル派)と対立してるんですよ。
よりよい理解のために、情報の持ち寄りきぼん。


45 : ◆W8wHf8QLzQ :04/04/09 13:42
自衛隊は給水活動をしているということだが、これはある意味ヤヴァイ名目なのですよ。
なぜなら、


                                ああ、かくのめんどくせ。


46 : ◆W8wHf8QLzQ :04/04/09 18:57
あげる。おまえらに聞きたいのだが、この本読みましたか?


47 :吾輩は名無しである:04/04/14 01:00
age

48 :ガディワッツ:04/04/26 06:41
上でちょっと話題にのぼっていたけれども、
どちらかといえば、悪魔の詩よりも真夜中の子供たちの方が「百年の孤独」に近いと思う。
だって、自動ピアノが出てきたり、不吉なことばかり言う予言者が出てきたりするんだよ。
絶対、狙ってる。

11 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)