5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

お前らの人生に影響を与えた本を教えろや!

1 :M.M:03/10/25 13:49
僕はトルストイの「人生論」。


2 :吾輩は名無しである:03/10/25 13:50
俺もトルストイの「人生論」。

3 :吾輩は名無しである:03/10/25 13:53
俺も「人生論」だな

4 :吾輩は名無しである:03/10/25 13:57
おれもトルストイの「人生論」だ。

5 :吾輩は名無しである:03/10/25 14:05
『ノストラダムスの大予言』五島勉
『脳内革命』春山茂雄
『アメリカよ!あめりかよ!』落合信彦
『一杯のかけそば』栗良平
『愛される理由』二谷友里恵

6 :吾輩は名無しである:03/10/25 14:12
永井豪の原作をジュブナイルにした「デビルマン」

7 :吾輩は名無しである:03/10/25 14:38
皆と同じように
初期ズッコケ3人組シリーズだな、やっぱり

8 :吾輩は名無しである:03/10/25 15:49
「人生論」で続けようと思ったのに。
これじゃあただの良スレ候補じゃん。

9 :吾輩は名無しである:03/10/25 15:56
国富論

10 :吾輩は名無しである:03/10/25 16:17
ドラゴンボール

11 :吾輩は名無しである:03/10/25 16:52
オレも「ドラゴンボール」だな

12 :吾輩は名無しである:03/10/25 17:11
ドラゴンボールしか考えられない。

13 :吾輩は名無しである:03/10/25 17:13
>>10-12
ドラゴンボール?(プッ





























ドラゴンボールZ

14 :M.M:03/10/25 17:32
なんだ、馬鹿者しか書き込んでないのか。残念だな。
「人生論」のほかにはA.カミュの「シューシュポスの神話」にもやられた。
実際、無神論の僕には人生論よりも頷ける箇所が多かったな。

15 :吾輩は名無しである:03/10/25 17:36
ハイハイ エライエライ...

16 :吾輩は名無しである:03/10/25 17:47
なんだ、馬鹿者しか書き込んでないのか。残念だな。
「ドラゴンボール」のほかには和月の「るろうに剣心」にもやられた。

17 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:04
>>14
おまえのスレの立て方が悪いから馬鹿しか釣れないんだろ?


18 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:06
じゃあ俺は見栄張って高尚なとこひとつ・・
あ、でもやっぱドラゴンボールだな

19 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:08
何はともあれ、>>1の愛読書がすべて「文庫本」っていうのが、
庶民的でいいよな。下町の天才文学少年ってとこか。

20 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:08
ドラゴンボール!

21 :M.M:03/10/25 18:14
まったくまともなユーモアの一つも持ち合わせていない連中ばかりだな。
馬鹿の一つ覚えのようにドラゴンボールドラゴンボールってさ。
せめて、「魁!!男塾」か「友子の場合」を出すくらいの機転も君らは持ち合わせていないのかね?
話しついで書くが俺の好きな漫画は諸星大二郎の「暗黒神話」だ。


22 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:16
もう、削除依頼を出せ。>>1がうざすぎ。

23 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:17
>>21
お手本みせてよ
ユーモアのあるレス(プッ

24 :M.M:03/10/25 18:18
おっと一つ書き忘れた。ドラゴンボールは僕も好きだよ。
毎週月曜が楽しみだった小学生時分の気持ちは今でも忘れてないつもりだ。

25 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:19
シューシュポスの神話って
字が細かいし小難しから
ヒプノティック効果抜群
就寝前に数ページづつ読んだ記憶がある
内容は記憶にない




26 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:19
>>24
1さんは読書家なんですね。
カミュ、トルストイ以外では他にどんな作家が好きですか?

27 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:20
星新一「ボッコちゃん」

28 :M.M:03/10/25 18:20
>>26
鳥山明

29 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:22
ミステリヲタの俺は「十角館の殺人」
ミステリ板行って来るね。ほしたら〜♪

30 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:23
そうだな
トルスイト「人性論」
烏山明「トラゴンボール」
カュミ「シーシュポスの親和」

31 :M.M:03/10/25 18:26
>>25 僕もはじめはそうでした。なんだこのわけの解らない本は!って。
恥ずかしい話ですが今でも理解しているとは絶対に言えません。

>>26 ドストエフスキー、アーヴィンウェルシュ、シュトルム、シャルル ルイ フィリップ
手塚治、カフカ ETC、、、


32 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:27
>>31
1さんファンになりました。
食べ物は何が好きですか?


33 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:28
>>31
童貞を捨てたいと思ったことは?

34 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:28
僕は逆に
トルスイト「人性論」
烏山明「トラゴンボール」
カュミ「シーシュポスの神話」


35 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:28
>>31
妹は何人いますか?

36 :M.M:03/10/25 18:31
>>32 カオソーイですね。
>>33 12年前にすでに喪失してますが、、、
>>35 妹はいません。

37 :吾輩は名無しである:03/10/25 20:29
「我が闘争」
「罪と罰」「悪霊」

38 :吾輩は名無しである:03/10/25 20:33
吉行淳之介
「すれすれ」

39 :吾輩は名無しである:03/10/25 20:39
孔子の『論語』

40 :吾輩は名無しである:03/10/25 21:45
>>38
中上健次ですか?

41 :吾輩は名無しである:03/10/25 22:44
中上健次が吉行好きだったとは知らなんだよ

42 :吾輩は名無しである:03/10/25 23:50
『銀河英雄伝説』(ちょっとマジw)

43 :吾輩は名無しである:03/10/26 09:18
蒼天航路

44 :吾輩は名無しである:03/10/26 14:50
「キリマンジャロの雪」

45 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:26
村上龍!!!!!!!!!!!!!!!
コインロッカーベイビーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

46 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:29
>>39
論語はいいよね!マジで


47 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:34
村上龍!!!!!!!!!!!!!!!
コインロッカーベイビーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!


48 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:35
村上龍!!!!!!!!!!!!!!!
コインロッカーベイビーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

49 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:36
村上龍!!!!!!!!!!!!!!!
コインロッカーベイビーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

50 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:38
村上龍!!!!!!!!!!!!!!!
コインロッカーベイビーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

51 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:39
村上龍!!!!!!!!!!!!!!!
コインロッカーベイビーズ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

52 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:57
酒鬼薔薇聖斗「懲役13年」

53 :吾輩は名無しである:03/10/26 16:25
藤子不二雄!!!!!!!!!!!!!!!
ドラえもん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!


54 :吾輩は名無しである:03/10/26 16:36
三好達治!!!!!!!!!!!!!!!
測量船!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!!!!

55 :吾輩は名無しである:03/10/26 16:41
ドラゴンボールと言い出したのは私です。


謝罪します。

56 :吾輩は名無しである:03/10/26 17:35
花子の愛

57 :M.M:03/10/26 18:59
>>55 ご丁寧にどうもです。
>>45 厨房時代に読んだコインロッカーベイビーズは衝撃でした。
>>56 初めて聞くタイトルですね。検索しても大助花子しか出てこない。




58 :吾輩は名無しである:03/10/26 20:57
うぶめのなつ

59 :吾輩は名無しである:03/10/27 01:38
漏れは
ドストエフスキー
小林秀雄
三島由紀夫
柄谷行人
鳥山明
      だな

60 :吾輩は名無しである:03/10/27 02:17
ティッシュっていう漫画

61 :吾輩は名無しである:03/10/27 02:23
親父の買う、ヌード写真の載った週刊現代

62 :吾輩は名無しである:03/10/27 02:34
影響されたかどうかは知らないけど、
活字に目覚めたのは親父の愛読してたエロ小説だったな。(月刊もの)
下手したら、今よりも真剣に活字と向き合ってた気がする。
谷崎で純文目覚めたのも、そんな幼年期を過ごしたせいか?

63 :火烏 ◆lXZBPVO3GQ :03/10/27 19:54
1、向山貴彦 『童話物語』
2、ニーチェ  『ツァラトゥストラはかく語りき』
3、アラン  『幸福論』
4、トルストイ  『人生論』
5、ドストエフスキー  『罪と罰』

あとは夢野久作とゲーテと『ジョジョの奇妙な冒険』。

64 :吾輩は名無しである:03/10/27 19:55
ほんとレベル低いねここ・・・

65 :吾輩は名無しである:03/10/27 19:58
それが2ちゃんねるの売りだろうが!アホか

66 :吾輩は名無しである:03/10/27 20:16
>>63
こうゆう微妙にまじっぽいのってきもいじゃんw

67 :火烏 ◆lXZBPVO3GQ :03/10/27 20:38
>>66
いや・・・・・・マジ・・・・・・なんですけどもね・・・・・・。

68 :吾輩は名無しである:03/10/27 20:41
なにやら崇高な人生を歩んでおられるのですね。

69 :吾輩は名無しである:03/10/27 22:03
レベルってなんだよ しね

70 :吾輩は名無しである:03/10/27 22:14
エロ本

71 :吾輩は名無しである:03/10/27 22:19
おまえらネタの寄せ鍋大会じゃねんだよここは。
渾身のマジレスしてなんぼだろが文学板ってとこは。

まあエロ本もマジレスだろうけどな。

俺は本なんかに影響うけたことなんてない。
俺が影響を受けたのは音楽だからだ。


72 :吾輩は名無しである:03/10/27 22:39
まあ、本当におまえらが影響受けてるのはテレビだけどな。

73 :吾輩は名無しである:03/10/27 23:02
まあ、本当におまえらが影響受けてるのは2チャネルだけどな。

74 :吾輩は名無しである:03/10/28 05:49
2ちゃんをやる頃、あるいは文学に触れる頃には情報に対する耐性がついています。
家庭でなにげなく点いているテレビは怖いです。
現在の日本の中央集権制が維持されているのもテレビによるものです。

75 :吾輩は名無しである:03/10/28 06:56
日本シリーズの第7戦のことを言ってるの?

76 :吾輩は名無しである:03/10/29 00:04
ショウペンハウエル 「自殺について」

77 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :03/10/30 20:40
>>36 名前:M.M :03/10/25 18:31

 すいません今インスタントしかないんですけどいいですか?
http://hp.vector.co.jp/authors/VA028485/h140102tantan.jpg
(マーマーhttp://www.mama.th.com/ カオソーイ味使用)

 ちなみにカオソーイなら、ランパーンの国道1号線筋にある「カオソーイ・スー
パー」のが絶品だそうです。




 あ、やばいそこはかとなくスレ違い発言したような気が……。




 というわけで僕は『空手バカ一代』梶原一騎著と言うことでお願いします。

78 :M.M:03/11/02 05:27
だいぶ良スレに近づいてきましたね。私が定期的に見回ってDAT落ちを阻止するので
マジレス、ネタ共々はりきって書き込んでください。

>>71 自分では特別意識していないだけで日常の些細なものから影響を受けている可能性は
絶対にあると思われます。本は思考を限定するのにはもってこいの作業ですから
何かしらの影響は避けきれないのでは?
僕も音楽からインスピレーションを得ることは多々ありますけれど。
最近はダークアンビエント物が心地よいですね。

79 :M.M:03/11/02 05:29
>>77 インスタントはすきじゃないですね。やっぱチェンマイかラオスのカオソーイが最高。
激しくスレ違いでした、御免。



80 :吾輩は名無しである:03/11/02 05:45
方法序説
この人を見よ
人間失格
溺レる
戦争と平和

人生論は今途中。

81 : ◆mooN.KttY. :03/11/02 10:47
小田実    「何でも見てやろう」

梅棹忠男   「文明の生態史観」

諏訪野しおり 「君はキラリ」

82 :吾輩は名無しである:03/11/02 10:56
>>81
君キラ(;´Д`)ハァハァ

83 :西城ヒデヒコ:03/11/03 05:47
大薮春彦   「汚れた英雄」
黒岩重吾   「さらば星座」
ロバート・B・パーカー   「初秋」

84 :吾輩は名無しである:03/11/03 06:29
花子の愛

85 :吾輩は名無しである:03/11/03 07:47
∧_∧
<''`∀´''> チンコ勃ってハムニダ
(    )
| つ|
〈_フ__フ




86 :白石昇 ◆Kjrx9yfSYM :03/11/05 21:30
>>70 :吾輩は名無しである様
> エロ本

 多分わたくしに関係があると言うことはまず無いとは思いますが、万一あった
場合のことを考えるとお礼など言っておかなければならないような気がするので
す。
----
>>71 :吾輩は名無しである様

> まあエロ本もマジレスだろうけどな。

 エロ本のベクトル次第では個人的に捨て置けないマジレスなのであります。

87 :M.M:03/11/06 19:04
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1050144745/l50
このスレと結構ダブってますね。

88 :吾輩は名無しである:03/11/07 07:45
奇譚クラブ

89 :狂読家:03/11/07 20:23
氾高凛  「恋のカニクリームコロッケ」

90 :吾輩は名無しである:03/11/07 21:13
大江健三郎「新しい人よ目覚めよ」

91 :吾輩は名無しである:03/11/08 22:32
山本有三  (路傍の石)金だよ、、



92 :吾輩は名無しである:03/11/10 20:28
畑山博「いつか汽笛を鳴らして」

93 :吾輩は名無しである:03/11/10 20:32
本ごときに人生変えられているようじゃ。

94 :吾輩は名無しである:03/11/10 23:48
はいはいすごいすごい
あんたは他人より洞察力がすごいんだね。
わかったわかった。

95 :吾輩は名無しである:03/11/11 00:39
じゃあ参考までに。

平家物語(原文)だ。

坊さんなんだろうけど、恐ろしい奴だ。ほぼ一人で書いてる。
怖いマジで。

96 :吾輩は名無しである:03/11/11 10:51
>>93
本て一体なんでしょう。どういった存在でしょう。

エンターテイメントの延長でしょうか
それとも学問の延長でしょうか
生活の情報でしょうか
他の人生の情報でしょうか
違う時代の思想でしょうか
別時代の人間との対話でしょうか

本てなんでしょう。
あなたの人生の全ては本と全く関係のないものなんですよね?
そう言ってるのと同義なんですが、その根拠ってなんですか?
純粋に興味ある。

97 :吾輩は名無しである:03/11/12 12:39
あげ

98 :吾輩は名無しである:03/11/12 15:11
ごめんね

99 :吾輩は名無しである:03/11/12 15:23
セカイ系の本。

100 :吾輩は名無しである:03/11/12 16:14
小島功画伯「ヒゲとボイン」
私はこれで、大人は子供には無い密やかな愉しみを持っている事を知りました。

101 :吾輩は名無しである:03/11/12 16:16
聖書

102 :吾輩は名無しである:03/11/13 22:03
>>96
おちつけ。

関係ないけど、無能な人間と喋るより有能な著者が書いた本を読むほうが有意義だとは思う。
人生はさまざまな瞬間に常に選択と決定を繰り返しているものだから
本を読んだり映画を見たり、極論、寝て起きるだけで未来は現在から想像不可な模様に変わる
つまり本を読む事で人生が変わると言えば大げさに聞こえるが実際には世の読書家の全ては
本によってなんらかの影響を受けている。その逆を肯定するならその不可能なまでの確率論から見ても
単純に説明不可であるだろうね。

103 :吾輩は名無しである:03/11/15 00:35
ま、ただの強がりだったってことさ。

104 :名無し:03/11/15 01:06
高井有一「北の河」


105 :吾輩は名無しである:03/11/15 16:21
僕は「キース・リチャーズ 彼こそローリングストーンズ」だ。

106 :吾輩は名無しである:03/11/16 17:31
Wittgenstein「論理哲学論考」
これはマジ衝撃受けたな。

107 :吾輩は名無しである:03/11/16 18:13
昔話や童話だろうな。餓鬼の頃に見聞きしてたやつ。
「アリとキリギリス」で勤勉に働くのが良いとか、
「鶴の恩返し」で他人との約束は守れとか、
嘘をついたら閻魔大王に舌を抜かれるとか、
行動規範や価値観みたいなもんを刷り込まれるだろ。

108 :吾輩は名無しである:03/11/16 18:19
菱田きとら「殺戮詩集」

109 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:44
Minsky 「心の社会」

110 :吾輩は名無しである:03/11/17 00:38
ゲップ

111 :吾輩は名無しである:03/11/20 12:49
コリンウィルソン アウトサイダー

112 :吾輩は名無しである:03/11/20 15:43
キルケゴール「死に至る病」


113 :吾輩は名無しである:03/11/20 17:35
リア厨時代に読んだ澁澤龍彦のエッセイ(少女コレクション序説とか)かな。
当時意味なんかよくわからなかったけど、とにかく文体がかっこよくて興奮した。
そういうフェチは10年経った今でもある。

114 :吾輩は名無しである:03/11/21 05:01
サミュエル・スマイルズの「自助論」
この本はすごいね、これは子供から大人まで皆読むべき
ちなみに俺は2冊持ってる

115 :吾輩は名無しである:03/11/24 22:43
やっぱ人性論だな。カントも影響うけたらしいし。

116 :吾輩は名無しである:03/11/25 17:41
ねじまき鳥クロニクル

117 :2m:03/11/25 18:59
「ズボラ健康術 これでカラダだいじょうぶだぁ〜!」

118 :航海士:03/11/25 21:30
他人と自分が分かり合えることなんてありえない
ある本を理解しているようで、実は、作者の意図とは違った捕らえ方をしている
人生を変える本などありえない
あったとしても、ただの思い込みにすぎん

119 :吾輩は名無しである:03/11/26 21:42
誰か>118に釣られてやってくれ。航海士に。

120 :吾輩は名無しである:03/12/02 03:26
手短に申し上げると、その思い込みが影響を受けるということです。

121 :吾輩は名無しである:03/12/13 21:52
砂の女 カラマーゾフの兄弟 異邦人 城
俺今高ニなんだけど学校で文学の話するやつがいない
現代文学についてみなさん不満なようですがこの後の
時代のほうがやばいので覚悟しておいて下さい

122 :吾輩は名無しである:03/12/13 22:07
>>121
よく覘くスレッドでは、あまり不満を聞かないが。まあいいや。

ひとつ質問。高校の図書館にはどんな本がありますか。
その、現代文学の範疇の書目では。

123 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :03/12/13 22:44
高校でこてんぶんがく読んでるヤツって絶対周りを馬鹿にしてるのなんでだろ〜
いいツールになったもんだ。ぶんがくも

124 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :03/12/13 22:47
ぼくも高校のときこてんぶんがく読みまくったけど
同学年の太宰好きがほんと周り馬鹿にしてばっかいる仮鬱やろうだったなぁ。

125 :122:03/12/13 23:28
僕の場合は太宰好きをバカにしていたわけです。
ファルスマンさんあなたもまた、そうしていたとは言いませんけど。
今は、地下室の手記より人間失格の方が深くエゴをあらわしてるぜ
なんてことさえ平気で言いかねない。参った参った。

126 :122:03/12/13 23:29
それで、至急高校の図書館事情を知りたいってのに、
どうしてレスがないんだろう。

127 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :03/12/13 23:33
優越感は人間性に付随する普遍的なものですね。
そういう突っ込みをされると堂々巡りですね。
参った参った。

128 :吾輩は名無しである:03/12/13 23:35
>>127
おまえが読むべき本ではないか?→『バカの壁』

別スレを瞥見しての感想w

129 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :03/12/13 23:37
もっと広げれる振りをお願い。


130 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :03/12/13 23:38
広げてみよう自分から、
>>128
そのレスの真意を述べてください。

131 :122:03/12/13 23:41
あーあーあー。

どんどん高校図書館事情をきける流れから遠ざかっていく……。

132 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :03/12/13 23:43
一応、ぼくのなかで養老は糞っていう評価なの。


133 :吾輩は名無しである:03/12/13 23:43
カミュの異邦人

134 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :03/12/14 00:09
つまらん。。レスがつかん。。>>128よ。
どうでもいいと知りたくないは違うよ。
というよりバカの壁って当たり前のこと言ってるだけジャン!

135 :吾輩は名無しである:03/12/14 04:13
ユルスナールの本全部。


136 :吾輩は名無しである:03/12/14 04:20
>>134
>つまらん。。レスがつかん。。

本を読む人間が極端に減ったからね。
仕方ない…
俺が助けを出そう


  『こころ』夏目漱石



137 :吾輩は名無しである:03/12/14 05:07
>>136
それだけ大見得きって

「こころ」

かよっ!

138 :122:03/12/15 09:48
高校の図書館は岩波文庫とかはつねに一応揃ってる(裏返しに言えば誰も読んでな
い)
太宰治全集みたいなハードカバーみたいのはおいてないですよ

139 :吾輩は名無しである:03/12/15 10:02
↑言葉の使い方を酷く間違えているよ。

140 :吾輩は名無しである:03/12/15 17:09
damare

141 :吾輩は名無しである:03/12/15 20:24
ベタだが「ライ麦畑でつかまえて(訳:野崎)」
鬱になった時、目を閉じるとライ麦畑とホールデンが見える…

142 :吾輩は名無しである:03/12/15 23:46
いや、黙れって言われてもここは掲示板だし。
ちょっと指摘したつもりだったんだけど。
あなたの不用意(下手)な発言は自分の立場を不利にすると思う。私も同様ですが。

143 :吾輩は名無しである:03/12/15 23:55
マジレスでアランの『幸福論』
これ読んで「読書って楽しいんだなー頭いい奴って凄いんだなー」
って思った高校一年の頃の冬。
当時好きだった人に『幸福論』を薦められて、初めて読書というものをしてみたんだよね。
これがなかったら文学板にこなかったかも。

144 :吾輩は名無しである:03/12/15 23:56
今更なんだけど

トルストイ「人生論」

145 :吾輩は名無しである:03/12/16 00:04
122は俺なのに。ちくしょう詐称だ。あんまりだ。
なーにが壁だ、シジフォだ、白痴だ。それ以前の問題だ。

>>121=>>138(現役高校生)

   でつ <死刑!

146 :暇な442:03/12/16 00:30
銀河英雄伝説

英雄になるのが、嫌になった。

147 :吾輩は名無しである:03/12/16 05:44
「さぶ」

148 :吾輩は名無しである:03/12/16 05:45
「さぶ」

149 :吾輩は名無しである:03/12/16 08:17
「青べか物語」

150 :吾輩は名無しである:03/12/16 12:12
遠藤周作「侍」(ラスト・サムライとは関係ない)
司馬遼太郎「草原の記」

151 :吾輩は名無しである:03/12/17 00:08
トマス・モア「ユートピア」

152 :ネズミーランド:03/12/17 00:30
ダンテの「神曲」。
岩波の三巻揃いはある意味文学研究の結晶だと思うが、
抄訳版の九鬼出版のほうがいいね。ドレの挿絵もあるし。
最後にダンテが導かれていくのは初めて本読んで泣いたね。
ダンテの人生も清水書院の本読んですげぇって思った。

153 :吾輩は名無しである:03/12/17 04:07
矢祭「真夜中のムチムチコヴタ」

154 :吾輩は名無しである:03/12/21 12:09
なにわ小吉 王様はロバ

155 :tar baby ◆7pcTvobAhE :03/12/21 15:16
ブラック・ボーイ

156 :吾輩は名無しである:04/01/02 02:16
J・ケルアック 路上

157 :プロファイラーおさむ ◆UtjVc/v2e. :04/01/02 02:31
デラ・べっぴん

158 :吾輩は名無しである:04/01/02 03:05
夏目漱石の「こころ」
芥川龍之介の「侏儒の言葉」
三浦綾子の「塩狩峠」

159 :吾輩は名無しである:04/01/02 05:18
見栄はって「存在と時間」と言いたいところだが、
本当は、高校のころ図書館で読んだハイデガーのごく簡単な解説書(タイトル忘れた)

「シーシュポスの神話」は同意。
最初は意味不明だったが、ありがたがって何度も読んでるうちに感化された。

160 :吾輩は名無しである:04/01/02 12:17
11ぴきのねこ

161 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/02 15:36
文学は娯楽なので
影響は受けないな。

162 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/02 15:38
子供のときだったら影響受ける作品もあるんだろうけど
大人になったらなに読んでも思うことはない。

163 :吾輩は名無しである:04/01/02 15:41
娯楽の奴は一般書籍板逝け

164 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/02 16:10
娯楽で文学読んじゃいけませんか??

165 :吾輩は名無しである:04/01/02 19:54
いけなくはない。そのために一般書籍板があるのだから。

166 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/02 20:39
お前、生意気だな
口の利き方に気をつけろよ
だれに話してると思ってんだ?
知らぬが仏とは言うが、たいがいにしとけよ


167 :横レスガール:04/01/02 20:42
横レスだけど「35歳 主婦」ってファルさんでしょ?

168 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/02 20:49
お前、生意気だな
口の利き方に気をつけろよ
だれに話してると思ってんだ?
知らぬが仏とは言うが、たいがいにしとけよ


169 :吾輩は名無しである:04/01/02 20:51
>>167
道理で低能だと思ったよ

170 :生意気ガール :04/01/02 20:52
図星でしたか?

171 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/02 20:53
ファルって誰??

文学板結構前から見てるけどそんな固定見たことないよ。

172 :生意気ガール:04/01/02 20:53
でも、文学を娯楽として楽しむのはイイんじゃないの?

173 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/02 20:56
大人になったら文学で学ぶことなんてほとんど無いよ。

「戦争と平和」も「カラマーゾフ」読んでも感想は
すごい面白かったぐらい。


174 :生意気ガール:04/01/02 21:02
>>173
そんなこともないと思いますです。
20世紀の文学には(一握りかもしれないけど)
大人になってからもインスパイアされる本ってありますよ。


175 :吾輩は名無しである:04/01/02 21:08
おれも同感
学ぶことがないって言った時点で完全に思考停止する
学ぶことがないのはあんたがつまらない人間だからじゃないのか

176 :吾輩は名無しである:04/01/04 18:08
百万回生きた猫

177 :吾輩は名無しである:04/01/05 22:02
間違いなく吉川英治の宮本武蔵

178 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/01/05 23:53
このスレ久しぶりに見たけど俺は35歳主婦じゃないよ。
>>175
同感。でもさ。
共感は若いうちじゃないと出来ないこと多々ありだよ。
俺は15歳くらいから20前半まで毎年100冊くらい読んでたけどさ。
文学は毒な面もあるよ。その文学の毒にあてられて何か生み出すなら凄いけどね。
俺は生み出す方にゃ興味なかったからさ。趣味と割り切ってたし。
それに今思えば、大学の時に出会った文学、哲学通は痛いやつ多かったと思う(創作してて尚且つ批評家面してるようなヤツ。)
なんかもう目がね。確信を持ってるっちゅーかね。自分には何か生み出せる確信を持ってるんだね。
それはそれでいいんだけどさ。若いうちの特権だとも思うし。
人が驚くような知識があれば、そりゃ目も輝くッちゅう話でね。
しかし、挫折したときが凄かったね。ほとんどが自殺未遂したりうつ病っぽくなったりね。中にはホントに自殺したヤツもいる。
でもま、はっきり言って、俺は同情できなかったな。
親や周りのこと考えないでメランコリーに飲まれて死ぬのは。

自己劇化ははたから見るとやっぱ痛いね。
それで何か残せるなら評価してくれるヤツもいるんだろうけどさ。

以上思いつくままに書いてみた〜♪。



179 :吾輩は名無しである:04/01/06 00:01
>178
けど、きみも躁鬱っぽいよね。

180 :吾輩は名無しである:04/01/06 00:02
でもっておさむは分裂症ぎみ。

181 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/01/06 00:05
>>179
だってそういうのが俺の狙いだもの。
面倒くさいよ、一貫した姿勢とか態度とか。


182 :吾輩は名無しである:04/01/06 00:10
でも、きみも「一貫した姿勢や態度が面倒くさい」という確信は
もっているわけだ。。。

183 :吾輩は名無しである:04/01/06 00:13
態度が一貫するのと、精神状態の安定は別問題だね。

184 :吾輩は名無しである:04/01/07 14:36
∧_∧
( ・ω・) 文学話も一息にどうぞ→http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/
( つ旦 O 
と_)_)


185 :吾輩は名無しである:04/01/09 00:48
「罪と罰」「クリスマスカロル」「斜陽」

だけど僕が文学にはまったきっかけは「南京の基督」映画だけど(w


186 :吾輩は名無しである:04/01/10 05:20
ノストラダムスの大予言

187 :吾輩は名無しである:04/01/11 14:05
ヤマトフの逃亡はいいよ。

188 :TUSEKO:04/01/19 13:45
無花果ボーイと瓜売り坊や(橋本 治)
アンネフランク関連の本
堕落論(坂口 安吾)
片思いの発見(小谷野 敦)
等など

189 :AA:04/01/19 22:40
<血液型O型の一般的な特徴>( すべて許していると調子にのってつけこんでくるぞ!! )
■その道の達人をコケにして安心しようとする。多数対少数のときだけやたら強気。才能ある人間を歪んだ目でしか見れない。
■顔が見えない相手に対しては毒舌かつ強気。面と向かった相手にはやたら弱気で人が言ったことにする ( 俺が言ったんじゃないんだけど、Aさんがあなたをアホかとバカかと… )
■場所が変わると手のひらを返すように態度が豹変する ( あの連中の中じゃヘコヘコさせられてきたが、うちに来たら見ていろ! 礼儀を教えてやるぜ。 )
■カッコイイ人に注目したがるが自分を磨こうとしない。なぜか、カッコイイ人は自分にソックリだと信じ込む
■読みが浅い。粘着に睨まれる事を言っておきながら関係ない人に振り向けようとする ( どうせ>>1さんはヒッキーでしょ? /  大阪人だってジサクジエンしてるぜ )
■早とちりが多く、誤爆と気付いても釈明できない。イイ人を装って忘れる ( そういう土地柄だったのさ )
■話題と関係ない個人攻撃で場の空気を陰険にする。次第に耐え切れなくなりあきれかえる。( どうなってるんだ? 間違ってる! )
■恩を貸してるように振舞うが、自分のためであるということを見抜かれる。それに気付いて恥ずかしさをごまかすために大袈裟にキレる。相手がキレると今度はビビる。
■似たもの同士でしか共感できないわりに人気者ぶる。
■人の真似を勝手にしておいてケチだけつけ、批判される所には現れない。自分が観察される側になると極度に焦る
■自分が企んでいるのに相手を悪人に仕立て上げ、己の為に餌食にする。攻撃を誘って自分の憎悪に酔いしれる。人の裏切りを許せないわりに自分の裏切りは覚えていない鈍感さ。
■世間に通用しないような事ばかり繰り返して自分に課した目標から逃げる。あげくに人のせいにして相手に伝わらない方法でキレる。
■半端な人生経験により集団的にばかり相手を気にする ( 君のような人はウチでは…  / ○さんによく似てるから駄目だろうね… )


190 :吾輩は名無しである:04/01/23 06:05
サリンジャー『フラニーとゾーイー』
大江健三郎『セブンティーン』
ブコウスキー『ポスト・オフィス』
シリトー『土曜の夜と日曜の朝』
ジュネ『泥棒日記』

191 :吾輩は名無しである:04/01/23 09:32
>>185
いやあ映画は失敗じゃないの? それともあのシーンに・・

192 :吾輩は名無しである:04/01/31 03:25
ドラゴンの映画って実際どんな出来になってんだろーね?

スレタイに沿って影響を与えられた本。
「悪童日記」

193 :吾輩は名無しである:04/01/31 04:20
石井竜也スレ逝ってキタ━━━━━━\(T▽T)/━━━━━━ !!!!! 
たまに脳の軟化もいいもんだ(藁


194 :吾輩は名無しである:04/01/31 04:22
↑藻前バカかよ
219www

195 :吾輩は名無しである:04/01/31 05:53
↑このように本も読まない哀しい人間もいる現実。
「車輪の下」も知らんおばさんに涙。

196 :吾輩は名無しである:04/02/05 18:55
罪と罰
20過ぎまで本と言えば漫画かミステリしか読まなかった俺を
文学に目覚めませてくれた。
初めてまともに読んだ文学作品ということもあるだろうが
今でも衝撃度は一番。

197 :吾輩は名無しである:04/02/16 19:52
読みたい本を見つけるならこの三つは最強だと思う

http://www.isis.ne.jp/

http://www.maromaro.com/

http://www.tomita.net/


198 :吾輩は名無しである:04/02/16 23:35
「ルバイヤート」
むふぅーって感じ。しかし、俺はあそこまで厭世的にはなれない。
まだまだ夢も希望も欲望もいっぱいだもんよ。

199 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:12
死にいたる病

200 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:16
サローヤンの『パパ・ユーア・クレイジー』の最後のほうの会話がよかった。
あと池澤夏樹の『スティル・ライフ』。

201 :吾輩は名無しである:04/03/02 23:12
自省録 マルクス・アウレーリウス

202 :吾輩は名無しである:04/03/03 01:44
今までに読んだ全ての本

203 :吾輩は名無しである:04/03/23 17:57
「箱男」安部公房
「鏡の中の鏡」ミヒャエル・エンデ
「絶対矛盾的自己同一」西田幾多郎

どの本も論理と不条理で捩れまくってる。



204 :吾輩は名無しである:04/04/29 00:44
小説では無く、漫画ですが
梅図かずおの『漂流教室』

205 :VON・トーマス・マン:04/05/08 22:24
同じトルストイでも「クロイツェル・ソナタ」がいい作品。
小説の中でもモーパッサンが絶賛。恐らくはトルストイ
最高の作品ともいわれた。
彼はここで指摘することとなったことには、結婚と人生との
両立にまで言及していることだ。
結婚すれば人生は家庭の奴隷となる。しかし独身であれば、
人生の事業を成し遂げることもできる。
先見性は極めて高い。

33 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)