5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

シャーウッド・アンダーソン

1 :吾輩は名無しである:03/09/06 07:27
どうせすぐ沈むだろうけど

2 :吾輩は名無しである:03/09/06 07:29
アンダーソン君か

3 :吾輩は名無しである:03/09/06 07:29
昔の新潮文庫の表記だと、アンダスンだよね。

4 :吾輩は名無しである:03/09/06 07:31
ワインズバーグ・おはよう!

5 :吾輩は名無しである:03/09/06 21:39
良くも悪くも「アメリカの小説家」という感じがして好きです。

6 :吾輩は名無しである:03/09/07 00:28
激シブ。アメリカの小説の起源のひとつって感じがする。


7 :吾輩は名無しである:03/09/07 07:27
古本屋でちょくちょく捜してるんだけど、ワインズバーグ・オハイオが手に入らない。

8 :吾輩は名無しである:03/09/07 09:13
>>7
ちょっと高いけど、普通の本屋で講談社文芸文庫のやつを買えば?
訳も小島信夫だし。

9 :吾輩は名無しである:03/09/07 12:56
神父が隣の家を覗き見する話が記憶に残ってる。

10 :吾輩は名無しである:03/09/11 07:24


11 :吾輩は名無しである:03/09/14 21:42
「樫の茂る丘へ―アメリカ昔語り」あたりなんてどうだろう

12 :tar baby ◆7pcTvobAhE :03/09/17 11:35
アメリカ文学の中でフォークナーが言うには自分が子供なら
アンダーソンは父親、トウェインがその祖父にあたるらしい。
中西部ってこともあってフォークナーとはちょい違うけど
自分的にはどちらかと言えばフォークナーよりも潔い(っていうか
あまり深く考えて読まなくていい)ように思う。

ワインズバーグが24章の短編?から成り立ってるとおり
アンダーソンはやっぱ短編作家だなぁ〜。長編よりも短編の
方が切れ味があるし、Etextでほとんど拾い読みができるし。
  _, ._
( ゚ Д゚)<しかしやっぱアメ文は人気ないのか・・・


13 :吾輩は名無しである:03/09/17 21:57
翻訳のせいかも知れないけど、
一般的にイメージするアメリカ文学って、
アメリカンジョークの文体に似てるよね。
いや、逆なのかな?

14 :吾輩は名無しである:03/09/17 22:06
アメリカのは人気ないの?やっぱ。
そうだよねえ、歴史浅い国でかなり昔の本になるし、
立場が中途半端、話も庶民的でそこが浅い。

 つながるところが少なければ、支持者はやっぱり少なくなるようですね。
読んでる人も実際あったことない。

15 :吾輩は名無しである:03/09/17 22:27
「ワインズバーグ」の中の「手」がお気に入り。
ある教師がその優しさを誤解されちゃう話。
救いようないけど不思議に感動した。

16 :吾輩は名無しである:03/09/17 22:30
ウディ・アレンとか好きな人なら好きなんじゃないのかな。

17 :tar baby ◆7pcTvobAhE :03/09/17 23:53
>14
この板だとアメリカ文学はオースターとかヘミングウェイぐらいしか
レスが伸びてないよね(って言ってもいいのだろうか・・・)
アメリカ文学は人気がないというのは否めないけど、ノーマン・メイラーが
The White Negroで言う「不条理の形成」としてアメリカ文学は世界の縮図
として一歩リードしていると思うので手短な手本・見本として読んで欲しい
と思うんだけどなぁ

アンダーソンの短編ならI want to know whyなんていいよ。
どこかで拾えたかな?

18 :吾輩は名無しである:03/09/17 23:59
アンダスンのほうが風情があって(・∀・)イイ

19 :tar baby ◆7pcTvobAhE :03/09/18 00:01
うん、書いててちょっと思った(爆笑)>アンダスン

20 :吾輩は名無しである:03/09/18 00:52
なんか好き
>16

21 :吾輩は名無しである:03/09/18 02:12
>>15
俺も「手」が好きだ。あれは本当、いいよね。
救いようはないし”グロテスク”なんだけど、彼らを見つめる作者の目がやさしくて、切なくなる。
そういえば、アンダスン好きって何となくサローヤン好きとかぶってるような気がするな。

・・・あ、小島信夫つながりになるのか。

22 :吾輩は名無しである:03/11/03 22:39
★保守☆

23 :吾輩は名無しである:03/12/03 18:19
あげ

24 :吾輩は名無しである:03/12/27 19:39
保守

25 :吾輩は名無しである:04/01/16 21:00
アメリカ文学史では、アンダーソン的なものが、
よく「アメリカ」を語るナショナルな言説の装置の中で、償還されるようですが、
これとは異なる「アメリカ」の再構築を考えるとき、
アンダーソン及びアンダーソン神話を、批判的に対象化していく必要がありそうです。


26 :吾輩は名無しである:04/01/17 11:50
批判するよりも別物として孤立させたいわな、個人的には。

27 :吾輩は名無しである:04/02/24 14:26
セックスで疎外から回復するってとこが、アメリカ的かな

28 :吾輩は名無しである:04/02/24 19:08
>>25
アンダーソン神話って何ですか?
アメリカ初のモダニズム作家とか、フォークナーとの繋がりとかはよく聞くけど。

29 :吾輩は名無しである:04/02/24 19:10
>>28
孤独と苦悩、再生と希望みたいな物語?

30 :吾輩は名無しである:04/02/26 20:14
裸になって、外に出ちゃう女の話が好き。
あと、グロテスクのついての文章は、漏れのバイブル。

31 :吾輩は名無しである:04/04/25 05:43
手だな

5 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)