5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

坂口安吾 part3

1 :吾輩は名無しである:03/03/30 18:53
坂口安吾 part2、突然消えちゃいましたが、なぜなのでしょうか?

前スレ↓
坂口安吾
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/951496162/
坂口安吾 part 2
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1047023986/

安吾関連サイト
ANGO.NET - 坂口安吾関連のリンク集。
http://ango.net/
安吾探索マップ - 略年譜、作品に登場する新潟や新津等の地名探訪、安吾の会の
案内。
http://www.wingz.co.jp/ango/
安吾のいる風景 - 長男、坂口綱男が新聞に連載していた「安吾のいる風景」を
掲載。
http://www.kiryu.co.jp/ango/
坂口安吾研究会 - 活動内容、最近の安吾関連文献。
http://page.freett.com/angoken/
坂口安吾研究 - 関連論文の一覧、「風博士」の評釈。
http://members.tripod.com/~ango/
坂口安吾を読みまくる! - 坂口安吾全集の作品感想、コレクション、関連
ニュース。
http://y-terada.com/Ango/ango.htm
坂口安吾作品索引 - ちくま文庫版「坂口安吾全集」と冬樹社版「定本
坂口安吾全集」の作品対照索引集。
http://member.nifty.ne.jp/holmes/ango.htm
白痴 - 手塚眞監督、浅野忠信主演の同作の紹介や制作秘話等。
http://www.neontetra.co.jp/hakuchi/index.html
游邑工房 - 坂口安吾全集の全巻構成。冬樹社版、ちくま文庫版、筑摩書房版の
相違点。安吾関連の希少本の紹介。
http://homepage3.nifty.com/u2kobo/

2 :吾輩は名無しである:03/03/30 19:04
>>1
長すぎ

3 : :03/03/30 19:40
一般書籍板にもあったよな、安吾スレ。
良スレの予感がしたが、そこの1がきちがいだっために台無しになってしまった

4 :吾輩は名無しである:03/03/30 20:03
「終わりのない青春とは無残なものだ」
という意味のことを、安吾はどこかで書いていたけれど
彼こそがまさに、そう生きてしまった作家だと思う。
純情可憐、直線的な内省を、その並外れた体力で支え
自己撞着に到る不潔と無縁の真摯さ故に、
自然と観念の相克が生む「果てのない」屈託を抱えきり
果てるまで走り抜いた作家を、他に知らない。

その思考は健康で普遍性を持つけれど
理知的にして、大きな赤ん坊のような純情を通してしまったその個性は
地上の処世の参考とするには、風を掴もうとするごとくに、手がかりが無い。

5 :吾輩は名無しである:03/03/31 20:20
あ、新スレたってる。乙です〜。
part2は即死判定で落ちちゃったみたい。
一般書籍板のはふつうにDAT落ち、かな?
このスレも、最初のうちにがんばってカキコしないとまた落ちちゃうかも!

6 :吾輩は名無しである:03/04/01 21:29
とりあえず、即死しないように、保守カキコ。
大型AAとかはればいいんだろけど・・・。

7 :sage:03/04/03 21:38
ほしゆ

8 :吾輩は名無しである:03/04/03 21:52
>果てるまで走り抜いた作家

最後はストリーキング状態で走ってましたけどねえ。
安吾作品も大好きですけど、
クラクラ日記を読むとなお楽しめる。

9 :吾輩は名無しである:03/04/06 08:10
クラクラ日記、読んでみたい〜。

10 :吾輩は名無しである:03/04/09 14:18
次落ちたら、もう立てるなよ。

11 :吾輩は名無しである:03/04/13 00:12
安吾って,自分の本が再版されるとき,著者だけじゃなくて
デザイナー(装幀者)にも初版の時と同じようにデザイン料を
払えって出版社に掛け合ったそうだ。
実現はしなかったようだが,安吾らしい逸話だねえ。

12 : :03/04/14 22:40


13 :吾輩は名無しである:03/04/16 00:24
クラクラ日記は今でも、というか現在の方が手間をかけずに注文できまつ。
(何を手間と見るかは個人によるところが大きいのですが)

なんだろうな。世紀末までは安吾の思想が生きていたように
感じられたんだけどね。最近は自分の中でリンクしなくなった。


14 :吾輩は名無しである:03/04/17 15:30
だれが安吾の英訳とか仏訳とかしたことある人いますか?『ファルスについて』をアルバイトで頼まれて訳したけど、あんなの、訳せないよね。繰り返しが多くて、くどい。ところで、安吾が訳したフランス語の文献って何があるの?

15 :山崎渉:03/04/19 22:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

16 :吾輩は名無しである:03/04/20 14:59
ぬるぽ?

17 :あぼーん:03/04/20 15:00
( ´Д`)/< 先生!!こんなのを見つけました。
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku09.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku10.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku07.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku08.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku05.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku06.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku03.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku04.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku01.html
http://www.web2001.kakiko.com/koma/hankaku/hankaku02.html

18 :吾輩は名無しである:03/04/20 15:36
スゴイ。俺スゴイ。まじでヤバイよ、マジすごい。
俺ヤバイ。
まずひとり。もうひとりなんてもんじゃない。超孤独。
「ある朝虫になっていた男くらい?」
とか、もう、そういうレベルに到達してないけど。
何しろオタク。すげえ。なんか本が友達なの。何冊とか数量の概念超越してる。棚から溢れて床になってる。
しかもまだ増大してるし。ヤバイよ、一冊が人との1メートルだよ。
だって普通の人はいらない本捨てるじゃん。だって読みもしない本で寝るとこなくなった困るじゃん。来客が部屋見て超帰るとか困るっしょ。
そればかりか本の重量だけで床抜けて、初めて話した階下の人に対する第一声が「申し訳ありません」とか泣くっしょ。
だから普通の人は本とか溜めない。要領を心得た人たちだ。
けど俺はヤバイ。そんなの気になるけど、すごく気になるけど、本買いまくり。止まらない。活字中毒。
オタクって言ったけど、趣味的にはそうじゃないかもしれない。でもマトモって言うには
「他人のたった一言一言に嘆き悩み苦しみ、裏を探って一言も発せなくなるような対人恐怖症だろお前は」
って内なる声が絶えない。分かって欲しい。誰にも理解されて放置されたい。でもそれも寂しすぎる。
あと超小声。聾唖者通り越して最近おしの症状まで出てきた。ヤバイ。大江的後天性おし。家族とかよく見えすぎる。怖い。
極めつけに超何もない。超ガラガラ。人を疑いののしる自分をののしる毎日。自傷癖まで。小学生のころから兆候があった。
なんつっても生きる資格は凄い。俺には到底満たせない。
俺らなんて無限に広がる宇宙の前では塵芥に過ぎないとか逃避口を見つけた先から、だが社会からは逃れようがない現実に立ち返ったりして、
逃避した自分の弱さは俺自身扱いきれない。そんな俺とは関係なく流れ行く世情に絶望して、見えない壁であがくように、
嗚咽混じりのため息を吐く。
とにかく貴様ら、坂口とか太宰とか読んで自分の命だけが軽いと実感してるつもりのイタい俺を見ないでください。
こんなヤバイ世界で生きてるあんたらとか超偉い。がんばれ。がんばって。どうか、がんばってください。がんばれえぇぇえーえええ……

19 :吾輩は名無しである:03/04/20 15:40
>>14
ボクシング小説「人心収攬術」
ジャン・コクトオ「エリック・サティ」


20 :吾輩は名無しである:03/04/20 18:07
安吾が代用教員をしていたころの『新青年』を片っ端から
当たってみたことがあったけど「人心収攬術」という訳文は
見当たらなかった。
ボツか,それとも題名を変えて掲載されたのか?
誰か詳細知っていますか?

21 :吾輩は名無しである:03/04/20 18:17
>>18は、一応下の方に安吾出てくるんだね。最初の3行しか読んでなかったw

>>20
訳したのに、他の人の名前で掲載されて、しかもお金がもらえなかったとか、
大分はねられたとか、そんなんじゃなかったっけ?

22 :吾輩は名無しである:03/04/24 04:37
新潟人として保守はせんとな。
つっても安吾って新潟人ぽくないと思う。

23 :吾輩は名無しである:03/04/30 02:30
6日経ってもカキコなし。
さりとて提供できるネタもなし。

24 :テポドン (・∀・)アヒャッ ◆ddz1P0D0Nc :03/05/02 00:26
いま高校の教科書で日本文化私観を習っています。
でも、ゴー宣の小林よしのりを読んでいるせいか、どうも受け入れれない(内容ではない)。これを現代に読ませる教育にしっくりこないというか。
当時の、天皇や文化の名を借り、国家総動員で戦争一筋だった時代背景(昭和17年だっけ?)においては非常に新鮮だったと思う。で、これはこれでイイと思う。
でも現代においては、これを教育に用い入ることは自虐的すぎではないだろうか?(つまり、ウヨのいう自虐的なプロパガンダ反対というモノかな。)

25 :吾輩は名無しである:03/05/02 01:13
「模倣ではなく、発見だ」のどこが自虐的なんでしょう?

26 :吾輩は名無しである:03/05/02 03:45
同級生に安吾の孫がいます



27 :吾輩は名無しである:03/05/02 15:07
>>26
似てますか?

28 :吾輩は名無しである:03/05/02 19:33
綱男氏のご子息?
そっとしといてやれ。親の七光りとかとは無縁の、ごくまっとうな生活を営んでいるはずだ。

そういや、おれの高校の国語のクラス担任が安吾の親戚筋(たぶん兄弟の孫か子あたり)だった。
少し容貌が似ていた。
とても冷静な方だったが「ラムネ氏のこと」を授業でやったとき、少し講義のトーンが違った気がした。
なんか微熱を帯びていたような気がした。




29 :吾輩は名無しである:03/05/02 19:35
綱男はなんかヤだ。

30 :吾輩は名無しである:03/05/03 19:55
>>27
顔がなんとなく似てます。

>>28
本当に、すごくまっとうな普通の人です。真面目で。
本人も周りも全然それに触れないし。


31 :吾輩は名無しである:03/05/03 20:04
>>30
>本人も周りも全然それに触れないし。
本人はまだしも、周りもとは、安吾愛読者としてはちょっと寂しいような。
もちろん、いろいろ言われたら本人は迷惑だろうけどさ。

32 :吾輩は名無しである:03/05/03 23:08
part2みじかい命だったね 1は3年持ったというのに

33 :美人OL:03/05/03 23:13
20代OLです毎日上司のセクハラや通勤電車での痴漢でストレスがたまっていた
そのときにネットで見つけたアダルトDVDショップ以前からオナニー用にDVD
が欲しかったのですぐ注文しました、とても安くてびっくりしましたが次の日には
もう届きました私が買ったのは、オナニー、レズ、レイプです毎日オナニーしてま
す。
http://www.net-de-dvd.com/


34 :吾輩は名無しである:03/05/04 23:44
>>31
というか、皆その事実を知らないんだと思う。
(安吾を知らない可能性もある・・・。)
自分はたまたまそうなんだってことを知っただけで、本人は全く口にしない。
自分も色々、聞いてみたいけど、なんとなく聞けない。

35 :吾輩は名無しである:03/05/06 13:11
聞かれたら、怒涛のようにしゃべりだしたりして・・・。

36 :吾輩は名無しである:03/05/08 04:09
>>24
どこらへんが載ってるのん?
おそらくタウト氏のくだりあたりじゃないかとと推測してみる。
とりあえず全体を通して読んでみることをお薦めする。

37 :吾輩は名無しである:03/05/08 13:57
ていうか安吾が載ってる教科書なんてあるのかよ!
小中高通して一回も出会わなかったぞ。

38 :吾輩は名無しである:03/05/09 01:05
>>32
なんとなく安吾スレらしいとオモタのは漏れだけだろうか。

>>37
漏れも見たことねぇな。
たぶん、載せてる教科書すんげぇ少ないんだろうなぁ。
なんでだろな。安吾の作品は教科書向きじゃないのかな。
でも、太宰なんか、なにかと安吾と似たとこ多いのにイパーイ載ってるんだよな。
知名度の差か。それとも、他に何か違いがあるのか。

39 :イラストに騙された名無しさん:03/05/09 09:57
健全さで行けば安吾はダントツだと思うけどな。

高校生の頃、進学校で学歴第一主義に凝り固まったような学校で「舞姫」とか
読まされるのには凄い抵抗があったことを思い出した・・・アレって社会のレー
ルから外れようと望んで外れられなかった人の葛藤を書いた話じゃん、どんな
皮肉だよって。

だとすると「教科書向き」の作品っていったい何なんだろう(w

40 :吾輩は名無しである:03/05/11 22:54
私はアンチ「舞姫」と「こころ」。教科書にのせるなよ。
中島敦なんかはいいと思う。
安吾作品で「教科書向き」ってある?

小学校の教員時代の話で、一人の女生徒を女中にして結婚してもいいかと思った…てやつはまずいよな。今は。

41 :吾輩は名無しである:03/05/11 23:02
今高三だけど現代文に日本文化史観載ってるわ。
あと、はにやも載ってる。
だからおそらく「教科書に載る作家=物理的もしくは作家として死んだ人」
だと思う。小林恭二も入ってるし。

>>24
あれは別に日本そのものを貶めたもんじゃないでしょう
安易にゴー宣鵜呑みにしすぎ

42 :吾輩は名無しである:03/05/13 14:06
ゴー宣って斜めから読むもんだと思ってました。
真面目に読んでる人もいるのか・・・
全否定はしないけど、鵜呑みにするのもどうかと思う。

でも、「その作品が書かれた時代背景まで含めて国語の授業は教えるべき」って
意見には賛成。

43 :吾輩は名無しである:03/05/13 14:14
(ゴー宣を見なくなって何年になるかなぁ…)


44 :吾輩は名無しである:03/05/13 18:20
信仰という宗教的内実を喪失しているのにも関わらず、
外部から“日本的”と呼称される寺社仏閣を国民精神にすり替えて
実生活やその合理的運営を軽視した態度を批判しているだけ。
どちらかというと精神的で実存的な主張だ。
だから石原慎太郎によって評価されたりもする。
それに建築物が破壊された位で壊滅する仏教なんか意味が無いんですが。
小林(よしのりの方)の廃仏毀釈運動批判だって建築物の破壊行為ではなく、
仏教思想の理解度が対象だったはずだ。
まぁ、日本仏教が仏教と言えるのかどうかは置いといて。
主張の是非はともかく、その内容把握はキチンとしないと。

45 :吾輩は名無しである:03/05/15 05:36
>>44
君のレスには肉体が感じられない

46 :吾輩は名無しである:03/05/15 06:19
まぁ、なんだ、いつでも誰にもいえる意見なのかどうか、という点なんだよな。

47 :動画直リン:03/05/15 06:21
http://homepage.mac.com/hitomi18/

48 :吾輩は名無しである:03/05/15 18:03
「人心撹乱術」って読んだことのある人、いる?どこかで「安吾のフランス文献の訳はいい加減だった」っていうのを読んだ覚えがあるけど、もし今手に入る安吾訳の文献があったら誰か教えてください。

49 :吾輩は名無しである:03/05/15 18:48
安吾、素晴らしいよね。ところでもしもさ、
「法隆寺のあたりで駐車場が不足して困ってます。なので、法隆寺つぶして
更地にします」ってなことにホントになったら、皆さん賛成できる?
荒唐無稽でアホな問いかけだとは思うが、あの「日本文化私観」を読む度に
素晴らしいと思いつつ、「でも法隆寺は残さんとマズいだろ?」と思ってしまう。
賢明なる安吾ファンの諸兄、どう思う? ご意見・ご批判くだされ。


50 :吾輩は名無しである:03/05/15 19:39
>>49
法隆寺あたりの駐車場不足は観光客のせいで、
観光客がなぜ来るのかというと、
それは法隆寺見物の為であって…。
さすがに安吾はそういう本末転倒の話をしてはいないと思いますが?

51 :49:03/05/15 20:14
>>50
さっそくのレス、感謝です。本末転倒は承知のつもりなんです(←ホンマかいな)
安吾自身が法隆寺と駐車場という喩えを使っているので、愚直にそれをなぞってみたのです。
要は「必要」ということを安吾は言ったわけですよね? 「必要」が文化を作るのであり
「必要」のためには「伝統」などつぶせと。しかしその時代になにが「必要」かは
なかなか難問だと思うわけです。特に今のような時代、むしろ「必要」こそ
見えなくなっている。ところで何が「必要」かをどうやって見極めるか、
ということになると、「日本文化私観」にはそれが書いてあるとは漏れには思えんのですよ。
ただ頭が悪いだけかもしれないですが。

52 :吾輩は名無しである:03/05/15 20:37
要は、「テクスト」になりうるか、なりえないか、だね。

53 :吾輩は名無しである:03/05/15 20:56
>>51
あの場合は実用性が必要性だった。
だから安吾プラグマティズムと言われたりもする。
別に普遍的ことを言っているわけでも無いし、
本人もそのつもりはないだろう。
戦争中に飛行機を作らないで明治神宮の社殿再建を第一とするような
悪しき精神主義を叩いているだけの話で。

54 :吾輩は名無しである:03/05/15 21:58
最近坂口安吾に興味持ったんですが、今出ている文庫
で「これだけは押さえとけ」ていうラインナップがあるのは、
どれがおすすめでしょうか?

55 :吾輩は名無しである:03/05/15 22:23
安吾って代表作が絞りにくいからなあ。
俺としては、ちくまの文庫全集の4巻から8巻あたりまでのどれか1冊と
(ここら辺は小説)14巻(エッセイ。何かと引き合いに出される「日本文化私観」
も収録されている)あたりから入るのがいいんじゃないかと思うけど。

56 :吾輩は名無しである:03/05/15 22:40
まあほんとうにプラグマティックに考えれば
飛行機じゃなくて明治神宮の社殿建てた方がいいわな。
どうせ負けるんだし。

57 :吾輩は名無しである:03/05/15 23:04
逆説の達人

58 :吾輩は名無しである:03/05/15 23:31
安吾の著作はだめ人間の聖典でしょ。
毎日電車の中で読ませていただいてます(笑

59 :暗号:03/05/16 02:06
>>49
問題の立て方がおかしいと思う。安吾の考えは「壊れたあと」、「無くなったあと」に「何を」作るかであって、今ある建物をわざわざ壊して新しい建物を作れ、っているんじゃないと思う。

60 :暗号:03/05/16 02:07
戦後の焼け野原や、熱海温泉が火災で焼失した「あと」に何を建てるか。火事を想定してわざわざ木造建物を壊してコンクリートの建物を作れ、っているわけじゃないと思う。バブルの時みたいに古い町並みを壊してビルを建てたのとは訳が違う。

61 :49:03/05/16 10:26
>>59

 >安吾の考えは「壊れたあと」、「無くなったあと」に「何を」作るかであって

なるほどね。漏れの悪い頭でも、なんか少しわかってきました。
安吾にとって重要なのは「いま」であり「あと」であって、そこで自分で考えて
「必要」だと思うものを作れと。
雑な問題の立て方をして失礼しました。しかし今後も安吾についてはいろいろ
問い掛けてみたいことがあるので、ちょくちょくおじゃまします。

62 :吾輩は名無しである:03/05/16 11:25
まったくだ
金が稼げました。
1クリック10円で仕事あがりに2ちゃんねるにリンクを貼り付けるだけで・・・
なんと先月分154036円入金されました。
【リンクスタッフの登録方法】【スタッフ詳細】からメアドと任意のパスワード
を入力すれば完了。メアドは無料メールでも可。
今なら登録するだけで1000円(σ・∀・)σ<ゲッツ!
ちょっとしたお小遣い稼ぎにどうですか?

http://accessplus.jp/staff/in.cgi?id=11141
(現在リンク先にジャンプできないので、コピーペストでジャンプしてください)
       
                       
            ∧ ∧         
           ∩*^ヮ^).         ∧ ∧  
    (○)     ヽ,. ⊂ )          .(゚ー゚*/)   (○)
     ヽ|〃   〜(_つ ノ         ⊂   /   ヽ|〃
             し'         〜|  _つ  
   .....                     U"         .....


63 :吾輩は名無しである:03/05/16 14:58
安吾の考えに対する漏れの解釈は>>59-60とは違って、
「木造建築は焼けやすくて困るから、さっさと壊してコンクリ造りに建て直せ」
って感じなんだが、どうだろう。

安吾少年が日本一の木橋がなくなるのを悲しむのも、>>49が「法隆寺は残さんとマズいだろ?」と思ってしまうのも、
んなことしたら日本の文化や伝統が亡んじゃうんじゃねーかと考えるから。
でも、その心配は無い。なぜなら、日本人の「必要」に従う限り、日本の文化・伝統は健康だから。
つまり、「古いものを残すか」「新しいものに代えるか」の判断基準は、「必要」性の大小以外にない。
よって、より新しいものが「必要」ならば、今ある建物は積極的に壊すべきである、と。
ならば、消極的に「壊れたあと」「無くなったあと」になるのを待つことはないんじゃね?

的外れなツッコミだったらスマソ。

64 :49:03/05/16 16:44
>>63
的外れどころか、とても面白いよ。「木造建築は焼けやすくて困るから、さっさと壊してコンクリ造りに建て直せ」
っていうこの一文は、安吾に非常にフィットすると思います。(w
でもそのうえでまた「必要」にこだわりたいんだけど、「必要」に従うことで文化は常に健康だってのは漏れも
その通りだと思うんだけど、なにが「必要」かについての判断はかなり難しくないかい? 
特に、人間がどうしても抱え込んでしまう「共同幻想」と「必要」の弁別は難しいよ。戦後の日本建築、特に
田中角栄以降の日本列島のどうしようもない均質化は、あれは「必要」に従ったものなのか、それとも
豊かさへの「共同幻想」だったのか? 何を言いたいかというと、安吾にはこの人間が業のように持ってしまう
「共同幻想」についての視点が、少なくとも漏れにはあまり見えてこないのです。長文スマソ。


65 :暗号:03/05/16 18:05
>63、64
勿論「必要」をどこにおくかが問題さ。
ただ、火事に備えて木造建築をコンクリート建築に変えろというほど積極性はないだろ。安碁はもっとずぼらだと思うね。
壊れたら今まで以上によいモノをつくればいいだけで、古くても「必要」を満たしてればそれでいい、っていうのが安吾じゃない?
今手元に一冊も安吾の本がないんで記憶で書くけど、『肝臓先生』に出てくる漁師たちは栄養に偏りがあって、畸形で不健康だけれども、別にそれでいいじゃないか、っていうようなくだりがあったと思う。
機能性を重視して、積極的に何でも新しくしていく安吾なんて、俺は想像つかないけど。

いいスレ、みんなに感謝。

66 :吾輩は名無しである:03/05/16 18:30
でも、「国宝消亡結構論」では尾瀬沼の湿原保護よりも
政府のダム開発策を支持しているからね。
あと、観光資源としては金閣寺よりも
広島・長崎の爆心地の方が上だとさえ言っている。
さすが河井継之介や田中角栄の同郷人だ。

67 :暗号:03/05/16 20:27
ダムが「必要」なら作らなくちゃいけない。
ただ、観光資源のために燃えた金閣を元のように作るのがいいのか。それは偽りの「伝統」保護でしかないと考えてたんじゃない?
角栄にも安吾的なあっけらかんとしたところがあるよね。

68 :吾輩は名無しである:03/05/16 20:40

「共同幻想」という言葉の用い方がおかしいんじゃないの?

69 :吾輩は名無しである:03/05/16 23:11
>>67
先ずは不要/必要の検討があるけれど、
仮に「必要」とした場合、
ダムの建設は尾瀬沼の環境や希少種保護に優先する、という立場。
何故かというと安吾の考える「文化」とは
人間生活の向上とその安定を目的としているから。
ところで新潟は佐渡で絶滅の危機に瀕している希少品種といえば…。

金閣寺については木造建造物なのだから燃えて当たり前だし、
消滅の美にしてもタカが知れているという立場です。
だいたい、ヴェルサイユの宝物でも下らないという位の御仁だから(w

70 :暗号:03/05/17 05:29
トキもタカ知れてるさ。焼き鳥の美味さにはかなわない。
必要を満たせばそれ以上は言わない。帝国ホテルのディナーなんて要らない、新鮮な魚が食えればいいさ。三つ揃いのスーツなんて要らない、寒さを防げるどてらがあれば充分さ。

>>68 俺にも何で「共同幻想」が出てくるのか分らない。

71 :吾輩は名無しである:03/05/17 06:18
ん?

72 :吾輩は名無しである:03/05/17 07:20
漏れは(漏れが感じるところの)情緒のある街並みは残しておいて欲しいと思うが、
高層マンションは止むを得ないと思っている。密度高すぎ。

とりあえず最初に読んだ時はこの文章は反語的意図によって書かれたのだな、と思った。
安吾はそこまで革新的思考だったのだろうか。己の中の伝統と戦っていたのでは?

73 :吾輩は名無しである:03/05/17 16:10
当該地域住民の生活水準向上の為なら躊躇わず開発の旗振りをするでしょう。
説得材料としては木造建築の通気性や震災に際しての二次被害(圧死など)防止
程度であって、古都の風情といった感傷性はどうでも良い。
枯淡の境地やいわゆる日本主義などは安吾が最も憎む所のものだ。

それに大空襲を「偉大な破壊」と呼ぶ人間が
伝統規範に対する内的葛藤で悩むわけがない。
どちらかと言うと外国に対する劣等感をしみったれた伝統文化で拭い去ろうとした
国民を愛情を込めて罵倒しているのであって。

74 :暗号:03/05/17 17:14
>>73
いい感じ。戦後の安吾は劣等感無くていいよね。うじうじした荷風の正反対。
今の日本には彼のような余裕のアル御仁がいないのが残念。
不況、不況というけれど、精神の不況がイチバンヤバイ。
安吾ぐらいあっけらかんとした人に会えると嬉しい。まあ、いないけどね。

75 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:00
坂口安吾って外見もかっこいいですよね。
初めて写真を拝見した時、こんなにかっこよかったなんてと驚きました。

76 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:11
>>75
そ、そうだったっけ?
すんごい汚い部屋で座ってる写真しか、今すぐは浮かばないけど・・・

77 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:13
>>76
あ、でも私、すごい好みが変だって言われるので、
一般的にはかっこよくないのかも・・・。
でも魅力的な人ですよね。あんな人と結婚したい。
ちなみに最近かっこいいなと思うのは福田官房長官です。

78 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:19
>福田官房長官です。
わろた

79 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:20
趣味悪杉

80 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:34
>>77
Σ(゚Д゚; そういうオチかよ!

81 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:36
やっぱり趣味悪いかなあ・・・。
あの自信満々で挫折しらずみたいなところが結構好きなんだけど。

ひと昔前ならあったような、着物を着て旦那様にも敬語を使うみたいな
結婚生活にちょっと憧れている所があって、
それに福田官房長官はばっちり当てはまるんだよね〜。

82 :吾輩は名無しである:03/05/18 20:57
役者で言えば佐分利信とかの系統かなあ。
まあ、昭和は遠くなりにけりですな。

83 :吾輩は名無しである:03/05/18 21:59
TV「クラクラ日記」で安吾やったのは藤岡琢也だよね
これに、いゃーイメージ違う『安吾はもっと屹立してなきゃ。』とあえて文句つけたのが
山口瞳だったか安岡章太郎だったか
藤岡琢也、いいと思うけど若い頃はちょっと大物感はなかったのかもね

84 :吾輩は名無しである:03/05/18 22:01
>>75さんが見た写真というのは
バー「ルパン」でウイスキーグラスを片手に議論していた時の写真でしょう。
一般的に無頼派として受け入れられている安吾だが、
実際は非常に礼儀正しく理知的な人だったそうだけどね。

85 :吾輩は名無しである:03/05/18 22:16
>>84

ヲイヲイ、俺はアンチじゃなくてファンだけど、安吾の武勇伝は
若い頃から晩年まで色々あるぞ。
一番印象的だったのは、編集者に金を借りに、その人の親の
葬式にまで押しかけて行き、「俺が金がいるということとアンタ
の親が死んだことと何の関係がある」とまで言い切って金を
ふんだくったことかな。

86 :吾輩は名無しである:03/05/18 22:31
感動しますた

87 :吾輩は名無しである:03/05/19 00:58
>>85
面白いです。
もっとお願いします!

88 :吾輩は名無しである:03/05/19 01:39
>>84
あの写真より、汚い部屋の有名な写真の安吾の方が10倍は男前だと思うが。


89 :吾輩は名無しである:03/05/19 03:10
汚い部屋の写真はヒジョーに格好良い。
顔が格好良いわけではないが。

90 :吾輩は名無しである:03/05/19 05:26
75ですが、坂口安吾の写真は何枚か見ましたが、一番印象に残っているのは、
奥さんと海辺の船にもたれ掛かって写っている写真です。
あれを見て、なんて素敵な人なんだろうと思いました。

91 :吾輩は名無しである:03/05/19 06:55
安吾はスポーツ選手だっただけあってガタイがいいんだよな
田中英光のように他者を威圧するほどではないが立派なもんだと誰か書いていた。
チビの三島は憧れただろうな。

92 :吾輩は名無しである:03/05/19 07:11
ルパンでの写真を見ると蛭子サソとかぶるのは漏れだけか?
開襟シャツの安吾+ホットパンツの三千代サンは (・∀・)イイ!かも

93 :暗号:03/05/19 14:37
>>89
うん。安吾のイメージって、あの格好か、どてら姿がすぐに浮かんでくる。ネクタイしている写真てあまり無いよね。
奥さんの三千代さんもいいね。

94 :吾輩は名無しである:03/05/19 23:29
安吾はあまりに頑健だったのであんな死に方をしたのだと思う。

睡眠薬と覚醒剤を交互に飲んで仕事をするなんて
普通の人じゃ考えられない。
すぐに身体がまいっちゃうからな。

おのれの体力を過信したんだろうね。

95 :吾輩は名無しである:03/05/20 03:25
坂口さんは奥さん殴っちゃダメだよ。今だったら刑務所行きだよ。

96 :暗号:03/05/20 04:38
>>95
薬入っていたときでしょ?本人もわかってなかったらしい。石川淳が奥さんに呼ばれて看病に来てたって。
素面で暴れたわけじゃないと。まあ、俺の知る限りだけど。

97 :吾輩は名無しである:03/05/21 03:06
あのねぇ、坂口安吾は、とっても真面目な人だったんだよ。実際に見た人から聞いたよ。
真面目だから、過労死するまで打ち込んだんだし、徹底したわけだよ。
あれこれの武勇伝だって、そこから発した結果なんだよね。
ルパンでだって、太宰や織田みたいに酔いつぶれてたわけではなく、
普通の人のように紳士的に飲んでた、と上記の目撃した人から聞いたよ。

あと、必要が先だ、みたいな議論だが、本当に必要なのか、を徹底的に考える、
というプロセスをバイパスしちゃうと、安吾の議論は片手落ちになるよね。

で、81さんみたいな人だったら、すぐにでも嫁に来てくれていいよ。
って、安吾みたいな態度だな。

98 :81:03/05/21 04:19
うおっ、プロポーズされてしまった。

仕事している時に隣でうちわであおがせてくれますか?(もちろん浴衣で)
縁側で、風鈴の音を聞きながら一緒にすいか食べたりしてくれますか?

だったら、いいかも・・・。ぽ。


99 :49:03/05/21 10:52
>>97
「必要」の議論を持ち出したのは僕なんですが、どうもうまく展開できなくて…
 安吾が「日本文化私観」を書いたモチーフとしては、「必要」というものを深く見つめるというよりも、
 つまりは生活ということをシンプルに言ったのかな、と思います。あれが書かれたのはまさに戦争中ですから
 それを考えると、「文化財や国宝が失われようが、生活があれば「日本」は滅びない」ということを
 しかしその「滅びない」という所に別に力を込めているわけでもなくて、淡々と冷静に、そして97さんが
 言うように「真面目」に言ったんだと思います。

 また蒸し返してすいません。「必要」についてはこれでやめます。

100 :吾輩は名無しである:03/05/21 11:00
100円ペットショップ

101 :吾輩は名無しである:03/05/22 00:21
97だけど、81さん、いいですねぇ。
団扇、浴衣、風鈴、縁側、西瓜、・・・全てがウェルカムですだ。
って、連絡なんて取れないんだけどね。

安吾の写真はかなり見たけど、大人だなぁ、と思う写真もありますよ。


102 :暗号:03/05/22 03:27
>>97、99

無視還すけど、「必要」っていうのは、要するに「無い」ものだったり「無くなったもの」で、生きていくのに「必要な」もんでしょ?そうすると結構限られてくると思うんだけど。
文化財や国宝は生活には直接「必要」じゃないというのがアンゴの考えだろうね。

虫孵して五面。

103 :97:03/05/22 07:18
>>102
無視は還さずに、蒸し返すが、それじゃ定義が循環してるよ。
最後の部分の『生きていくのに「必要な」』とは何か、についての
徹底的な思考が大切なんでしょ。

余興ながら101に追加。蚊遣り、縁台、簾、蚊帳。

104 :49:03/05/22 11:17
このスレに刺激されて、何年ぶりかで安吾の短編を読み返してます。
あのヒリヒリする感覚やユーモア、突き放した感じが甦ってきました。
切ない場面を書くのが、やっぱりうまいですね。
その反面ちょっと気になったのは、昔はあれほど傑作だと思った「夜長姫と耳男」なんかが
妙に観念的というか図式的に見えてしまうこと。ちょっと当惑してます。

105 :吾輩は名無しである:03/05/22 12:51
安吾はコンプレックスの塊に思うけど。

売れ出す前と売れてからの文章って
全然違いませんか。
根底にあるものが誠実なものでも、
作家ってのは文を売る人でしょ。

106 :吾輩は名無しである:03/05/22 13:02
「日本文化私観」の「必要」ってのは頭で何が必要か
と考えるのはインテリたちの自由だけど、庶民は自分
たちに大切な「必要」ってのは決して手放したことは
ない、と言ってるんじゃないの。

お祭りのお太鼓だって面白いからやっているのであって、
ワッショイワッショイやるのが楽しいから捨てないだけでしょ。
それが必要かどうか考える前に要らないものは必然的にやらなく
なってくるし要るものはよせといってもやってしまう。

文化ってのは生きた人間が編み出した人生の楽しみ方なのだから、
人間は決してそういう文化を捨てては生きないということでしょ。



107 :吾輩は名無しである:03/05/22 13:44
保護されて変化のなくなった伝統文化はもはやレーニンの保存死体に等しい

108 :吾輩は名無しである:03/05/22 14:01
☆★☆★♪大人の玩具激安販売店♪ ☆★☆★
ピンクローター190円から〜
オリジナル商品や新商品をどこの店よりも早く発売いたします!!
イスラエル軍も使用している本物ガスマスク!!
バイブ、ローター何でも大安売り!! 下着やコスプレなども大安売り!!
個人データも秘密厳守!!偽名で購入OK!
郵便局止め、営業所止めOK!
http://www.king-one.com/


109 :吾輩は名無しである:03/05/22 16:29
坂口安吾好きの芸能人って誰かいますかね?

110 :吾輩は名無しである:03/05/22 16:53
>>106
97だけど、まったくそのとおりなんだよね。
ただ、公的な決定、政治的決定については、それ以外の思惑も入り込む。
いつの世にもある、人間のまっとうな発想からのそうした乖離について
警告を発したということでしょう。いつの世も庶民の頭には、
自分が生き残ることしかないから、それはそれでいいわけだし、
(そうあってはならん、と言ったって、言うこと聞くわけじゃないし)
そこに潜む「ずるさ」まで、安吾は見通していたと思うけどな。
いったいに、庶民は健康だし、ずるいよ。小人は小人なりに、ということさ。

>>105
安吾ヲタに見られるかもしれんが、売れ出す前は思想統制の世の中だぜ。
前後で筆致に違いがあって当然だと思うけど。世の中は変わったのだから。


111 :吾輩は名無しである:03/05/22 23:35
>>109
武田鉄矢w

112 :厨房:03/05/23 02:43
漏れが安吾が好きなのは、故人であり会えない以上はありえないことだけれど、
この人だったら俺をわかってくれるのではないかと、俺を見抜いて見抜いて見抜いてくれるのではと夢想できるからなのかも。
「長島の死」の長島も、病床に至ってまで安吾にこだわり続けたのは、
安吾の鋭い目で自分のことを正しく見抜いて欲しいという想いが有ったからなのではないとか思う。

頭の悪い餓鬼なんで頭の悪いことかいてたらもうしわけありませーん。

113 :吾輩は名無しである:03/05/23 03:01
>>106
>庶民は自分たちに大切な「必要」ってのは決して手放したことは
>ない、と言ってるんじゃないの。

唯そういう風に片づけると「堕落論」で展開された天皇制批判は成立しなくなります。
庶民の狡さは認めていても、それが社会制度に転化して建前/本音に分化すると
自己欺瞞になり、生活の否定に陥りやすくなりますから。
だからといって象徴的な部分を全否定している訳でもありません。
優先順位や起源を明らかにしているのだけの話です。
天皇制だって批判はしていますが、全否定はしていないでしょう?
要するに人間や自分をよく見つめ直せ、と言っているだけの話です。

114 :吾輩は名無しである:03/05/23 03:10
天皇制については、あんなのはなから認めないから、どうでもいいや、
というスタンスではなかったっけ?

115 :吾輩は名無しである:03/05/23 03:34
個人としては認めないというか相手にしないが(といっても相手にしていますが)
国家の象徴としてはいったん廃位にした上で必要とあれば復活させれば良い、
という立場。

116 :吾輩は名無しである:03/05/23 14:03
あぁ、そうだった。相手にしないのは個人だった。
で、制度としては、どうせ日本人はまた祭り上げるんだろ、と書いてたなぁ。

117 :吾輩は名無しである:03/05/23 15:18
この人長生きしないでよかった
松本清張になってた

118 :ヤイ、アンゴ:03/05/23 16:16
>とびかかつたとはふものの、実は三米(m)離れてをり、彼は髪をふりみだしてピストン
>の連続、ストレート、アッパーカット、スイング、フック、息をきらして影にむかつて乱
>闘してゐる。中也はたぶん本当に私と渡り合つてゐるつもりでゐたのだらう――『二十七歳』


119 :吾輩は名無しである:03/05/23 18:08
>>112
>この人だったら俺をわかってくれるのではないかと、
>俺を見抜いて見抜いて見抜いてくれるのではと夢想できるからなのかも。

鋭いな。若い時安吾に惹かれるのは、たしかにそうだよな、
つーか、人間はいつでもそういう他者を求めているのかもしれんけど。
謙遜してガード張ってるところなど、ただものじゃないなw 頭いい。

120 :吾輩は名無しである:03/05/23 21:30
同感。厨房にもいろんな人がいるんだね。w

121 :吾輩は名無しである:03/05/24 20:19
初代安吾スレって、●1000レス到達までの時間が最も長いスレで
2ちゃんねるギネスブック入りできそうじゃない?

http://members.tripod.co.jp/maruheso/index/g_main.html

122 :吾輩は名無しである:03/05/27 09:01
>>119 >>120

徒党について
徒党は、政治である。そうして、政治は、力だそうである。そんなら、徒党も、力という目標を以て発明せられた機関かも知れない。しかもその力の、頼みの綱とするところは、やはり「多数」というところにあるらしく思われる。

123 :吾輩は名無しである:03/05/27 09:04
ところが、政治の場合に於いては、二百票よりも、三百票が絶対の、ほとんど神の審判の前に於けるがごとき勝利にもなるだろうが、文学の場合に於いては少しちがうようにも思われる。
孤高。それは、昔から下手なお世辞の言葉として使い古され、そのお世辞を奉られている人にお目にかかってみると、ただいやな人間で、誰でもその人につき合うのはご免、そのような質(たち)の人が多いようである。

124 :吾輩は名無しである:03/05/27 09:09
そうして、その所謂「孤高」の人は、やたらと口をゆがめて「群」をののしり、己の所謂「孤高」を誇るのが、外国にも、日本にも昔はみな偉い人たちが「孤高」であったという伝説に便乗して、以て吾が身の侘びしさをごまかしている様子のようにも思われる。

125 :吾輩は名無しである:03/05/27 09:14
「孤高」と自らを号しているものには注意をしなければならぬ。第一、それは、キザである。ほとんど例外なく、「見破られかけたタルチュフ」である。どだい、この世の中に、「孤高」ということは、無いのである。孤独ということは、あり得るかもしれない。

126 :吾輩は名無しである:03/05/27 09:17
むしろ、「孤低」の人こそ多いように思われる。
私の現在の立場から言うならば、私は、いい友達が欲しくてならぬけれども、誰も私と遊んでくれないから、勢い、「孤低」にならざるを得ないのだ。


127 :吾輩は名無しである:03/05/27 09:18
と言っても、それも嘘で、私は私なりに「徒党」の苦しさが予感せられ、むしろ「孤低」を選んだほうが、それだって決して結構なものではないが、むしろそのほうに住んでいたほうが、気楽だと思われるから、敢えて親友交歓を行わないだけのことなのである。


128 :吾輩は名無しである:03/05/28 00:45
サヨクにとっては、安吾は素晴らしい教材なんだろな。と思う

129 :吾輩は名無しである:03/05/28 01:10
けど安吾はけっこう右な事も言う時があるし、
共産党に攻撃されてなかったっけか?

130 :山崎渉:03/05/28 08:49
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

131 :吾輩は名無しである:03/05/28 09:53
おいおい、文学板のスレッドの順番、おかしくない?
このスレ、すでに500番台だったよ。ヤバいのでage。

132 :吾輩は名無しである:03/05/29 01:06
>>129
民衆の生活向上を二の次にして
党派的戦略の観点から抽象概念を弄ぶので
品性下劣だと批難したわけです。
中国共産党は毛沢東の農村政策を民衆生活向上の観点から支持しています。
長生きして大躍進政策の失敗や文化大革命を目にした場合
どういった感想を抱いていたことやら。
死んだのが55年体制成立直前だったから、
絶妙な時期に逝ったと思いますね。
ある種「幸福な死」だったのかも。

133 :吾輩は名無しである:03/05/29 01:31
白井明って林房雄だったんだね。

134 :borobudur ◆V71rK62RAc :03/05/29 20:06
>>128
島田雅彦がお好きなようでw

135 :吾輩は名無しである:03/05/29 21:40
安吾は明らかに反・共産党だよ。
「自惚れ屋の暇人」とからかってる。

136 :吾輩は名無しである:03/05/29 23:32
>>128
>>134
三島も安吾大好きなんですが・・・。

137 :吾輩は名無しである:03/05/30 00:16
左翼=安吾好き
三島=安吾好き
三島=左翼
三 島 は 左 翼 だ っ た の か !!

138 :吾輩は名無しである:03/05/30 03:08
論理的におかしいことに早く気づいてね。

139 :吾輩は名無しである:03/05/30 13:07
ネタでしょ。

140 :吾輩は名無しである:03/05/31 00:19
澁澤の安吾についての文章、ちょっとムカつく。


141 :直リン:03/05/31 00:21
http://homepage.mac.com/yuuka20/

142 :吾輩は名無しである:03/05/31 01:43
>>140
どういうの?


143 :吾輩は名無しである:03/05/31 05:45
安吾を今まで右だとおもってた。



144 :吾輩は名無しである:03/05/31 07:09
徹底した個人主義者で、
左翼的党派性や右翼的精神主義に対して批判力を保有し得た。
右派も左派も自分の都合のよい部分だけを利用している。
カミュのような所があるが、
あそこまでスタイリッシュではない。

145 :吾輩は名無しである:03/06/08 12:18
あげ

146 :吾輩は名無しである:03/06/08 15:33
>142 小林秀雄と安吾の対談について、小林が勝ってる的なこと言って、
さらに安吾より石川淳のほうが上だっていうのさ。

私は石川淳も読むけどさ。別口で安吾・石川両方良いと思ってる。

147 : :03/06/12 16:32


148 :吾輩は名無しである:03/06/12 17:34
>>146
39。澁龍が石川淳を評価していたのは知っていた。だけど澁龍と小林もウマ合いそうにないけどね。安吾とはさらにだけど・・・。
二人ともフランス語をやって、シュルレアリスムを読んだけれど、安吾は現実の方に戻ってきて、澁龍は超現実から幻想の方にいっちゃったから。


149 :吾輩は名無しである:03/06/12 22:32
146はすさまじいばかりの誤読だな。
渋沢はドライフールたる坂口安吾とスライフールたる石川淳の資質の違いを述べただけで、
優劣を論じた訳じゃないぞ。
ちゃんと自分で書いてあるじゃないか。

「……私としても、べつだん、淳と安吾の進化における優劣を論じるというがごとき、愚かしい意図は最初からなかったのだということを強調しておかねばならぬ」

ちなみに渋沢は青年期に愛読した作家として、三島由紀夫、坂口安吾、石川淳の三人を挙げている。
俺のような70年代からの渋沢ファンには常識に属することだが、きみたちは高校生か?

150 :吾輩は名無しである:03/06/12 23:01
以前話題になっていた対談集が収録されている全集はけーん。
一冊7000円以上するんですね・・・
ふだん全集なんてものにはとんと縁が無く相場をしらないうえ、
筑摩の文庫版全集全巻セットを中古7000で購入していたものでちょっと驚きました。
ちょうど1万5千円ほど貸している先輩から取り立てて終わり二巻だけでも買おうかなと。

151 :吾輩は名無しである:03/06/12 23:38
>>149

>俺のような70年代からの渋沢ファンには常識に属することだが、きみたちは高校生か?

そう澁龍ファンであることをエラぶられてもここは安吾板だから痛違い。
ところで、澁龍の引用はどこからですか?「ドライフール」と「スライフール」ってなに?

おじさん、教えて。

152 :吾輩は名無しである:03/06/12 23:42
>>150
その全集の詳細教えて

>>151
>そう澁龍ファンであることをエラぶられても
こういう風な解釈はキミの見識を狭くすると思う。と横槍w

153 :吾輩は名無しである:03/06/12 23:42
149は何歳なんだろう。

154 :吾輩は名無しである:03/06/12 23:59
>俺のような70年代からの渋沢ファンには

少なくとも10歳以上でないと渋沢は読めないだろう?
10+33=… よりも上ということ??

155 :吾輩は名無しである:03/06/13 00:14
>151
別にエラぶってるわけではないし、レスの誤りを訂正しただけから板違いとも思わないが、
そういう発想をし、なおかつ色々聞きたがる君の厚かましさには恐れ入るねw

初出は昭和50年5月に「国文学」に掲載された「石川淳と坂口安吾」
おれは「偏愛的作家論」という評論集で読んだが、いまは全集で調べればいいだろう。
自分で読んでみな。

>150
冬樹社版の全集だよ。ちくま文庫との違いは「対談集」だろうね。
無頼派の放談では、意外にも小林秀雄を弁護している。
「小林を常識家だといって批判するやつがいるが、常識のないやつに文学がわかるものか。
文学をやらせたらあいつが一番偉い。なんでモーツァルトなんて書きやがるんだ」
太宰は泥酔していて、支離滅裂なことしか言っていない。

156 :吾輩は名無しである:03/06/13 00:23
>154
おれの歳が気になるの。40になったばかりだよ。
70年代中ごろは、桃源社等のシブサワ本は、神田の古本屋ではゾッキ本として
店頭で投売りされていた。2〜300円で集められたよ。
出帆社版のポトマック上製本も500円だった。
これこそ板違いだけれど。


157 :吾輩は名無しである:03/06/13 00:30
40歳だというのに2chにいて全然違和感ないのがすごいな(;´д`)

158 :吾輩は名無しである:03/06/13 00:40
>157
編集者だからね。若いお客さんの好みも知らなくっちゃならないわけ。

159 :吾輩は名無しである:03/06/13 00:49
>>158
へ〜っ、そうなんだ。
どこの社?とか訊きませんからw しっかり若いモンの動向を
市場調査してってください。「平野〜〜」スレとか、見て。

160 :_:03/06/13 00:50
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz03.html

161 :重大な問題と思います。:03/06/13 00:52
●●●マスコミの 「盗聴/盗撮」 は許されるの?その8●●●
http://natto.2ch.net/mass/kako/1011/10115/1011522150.html

444 名前: 文責:名無しさん 投稿日: 02/02/25 12:59 ID:IMWP7PDy
かつて、この盗聴から逃れるためにそれまで賃貸をしていた物件を
夜逃げ同然で退去し、他には選び様もなく転がり込んだ部屋がある。
しかし転がり込んで数日もしないうちに、世帯主が仕事先から帰宅した
開口いちばんの発言からしておかしいのだ。『またか』と私は唖然と
させられた。それからはテレビも、その人が取っていたS教新聞の紙面も、
例のキーワードのほのめかしの再開だ。

堪りかねて、その借り主にどうしてそんなことを言うのか問い詰めた。
が、自分は何も知らないという限り。誰もお前のことを言いに来る者
なんていやしないとシラを切る。で、その上で、なおもほのめかしを
してみたりする。

疑いたくなる。でも嘘ではないようだ。盗聴集団は、自分らと同じ
キーワードを被盗聴者の周囲の誰にも彼にも言わせることで、
それを言う誰も彼もが共謀した盗聴・盗撮集団の一員だと被盗聴者に
思わせようとしている。被盗聴者の挙動は全て筒抜けなのだと本人に
思わせ、神経を衰弱させる為にそういう追い込みをかける。

ここで以前、思考盗聴ということが言われていたが、被盗聴者にそういう     
錯覚を起させるために意外なほどに単純な方法が効果的に使われている。



162 :吾輩は名無しである:03/06/13 01:00

>>155
冬樹社って、良い本出してるとこでしょ、たしか。

163 :吾輩は名無しである:03/06/13 01:21
あなたでしたか、こんばんは

164 :吾輩は名無しである:03/06/13 02:44
>>162
そうですね。冬樹社は春樹と糸井重里の共著なども出している屑です。

165 :151:03/06/13 10:13
>>158

編集者でこんな単純な論理のすりかえしてちゃヤバイよ。
それで納得する奴がいるのも2ちゃんならではだけど。
おじさんの文章がおかしいのは、その論理が全くなっていないから。
たとえばこうも言えるわけじゃない。

>ちなみに楳図かずおは青年期に愛読した作家として、三島由紀夫、坂口安吾、石川淳の三人を挙げている。
俺のような70年代からの楳図かずおファンには常識に属することだが、きみたちは高校生か?

おじさんのいう「常識」が別に安吾スレ住人に直接関係ないか、分る?

166 :151:03/06/13 10:17
あと、165に書ききれなかったけど、出典を教えてもらったことは感謝してる。

167 :吾輩は名無しである:03/06/13 10:35
シブサワは安吾認めてなかったなんてヨタ書いた香具師がいて、
それを元にしてレスが伸びてたから、訂正してくれたんだろ。
オレにはすごく参考になった。いろんな情報書いてくれたし。

おまえ、なに無意味に必死こいてんの?
頭も性格も悪杉、歪み杉
馬鹿丸出しの糞レスでつっかかって、これ以上板汚すなよ
おまえの屁理屈の方が、ホントどーーーーーーーーだっていいんだよ
うぜーからレス返すなよ!!!!!!


168 :吾輩は名無しである:03/06/13 11:07
>>167
頭も性格も悪杉、歪み杉
馬鹿丸出しの糞レスでつっかかって、これ以上板汚すなよ
おまえの屁理屈の方が、ホントどーーーーーーーーだっていいんだよ
うぜーからレス返すなよ!!!!!!


169 :吾輩は名無しである:03/06/13 11:41
ttp://homepage3.nifty.com/u2kobo/
全集に関してはここが結構いいです。
僕が言っている全集は筑摩書房版で、ちくま文庫版には入っていない
書簡・来簡・往復書簡・対談等が後ろの方の巻に収録されています。

170 :吾輩は名無しである:03/06/13 11:51
最新の全集は高いよな。
冬樹社版全集の端本で対談集だけブクオフ100円ゲットなんて、
奇跡みたいなこと期待できないかな。

171 :おすすめ:03/06/13 12:21
☆Hなサンプルムービー有ります☆ 〜まずは無料です〜
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkv/linkv.html

172 :吾輩は名無しである:03/06/13 16:55
学生運動が終息した70年代前半には大変な安吾ブームが起きて、角川文庫でも20冊近く出たと思う。
渋沢龍彦も機会あるごとに安吾を称揚し、自ら編纂するアンソロジーにも必ず安吾作品を入れ、安吾復活に尽力していた。
だから、当時の雰囲気を知っている者なら渋沢が安吾ファンなのは自明の理なので、149のいう意味はよくわかる。

165の喩えはさっぱりわからない。なんで楳図かずおが出てくる?
>たとえばこうも言えるわけじゃない
いえねーよw

それから最後の文、せめて
おじさんのいう「常識」がいかに安吾スレ住人に直接関係ないか、分る?
おじさんのいう「常識」が別に安吾スレ住人に直接関係ないことが分る? 
のどちらかに直さないと、そもそも日本語として通じない。
もしかして知障?


173 :吾輩は名無しである:03/06/13 17:05
>>172
こいつ、バカ丸出しだなw
>自明の理なので
常識勘違いはおまえじゃん

174 :吾輩は名無しである:03/06/13 17:09

完全な低脳ヒッキーヲタがこの板に張り付いていることハケーン
以後、放置ってことでwww

175 :吾輩は名無しである:03/06/13 17:16
まずは学校にいけ。着いたらちゃんとワン切りしろよ。
就業後に俺が合図を出すから、おまえはおもむろにファスナーを下ろせ。
いいか。出来るだけ自然に振舞うんだぞ。
そしたら教卓に登れ。んでベルトをはずせ。
おまえの黄ばんだブリーフに女子の熱い視線が集まるだろう。
次の合図でブリーフの上から股間をまさぐれ。
ちょっとくらい脇からポロリとはみ出てもかまわん。
そしてためらいながらはじらいながら
くねくねとブリーフを脱げ。
もしかするととキモがられる可能性もあるがまあ大したことはない。
そしてあらわになったおちんこを右手で隠しながら
おまえが気持ちよくなる所にあてがうがいい。
しかし、ギャラリーには決して触らせるなよ。
ときどき声をあげたりしてテンションを高めていけ。
ギャラリーの食い付きもよくなるはずだ。
この頃には我慢汁も垂れている事だろう。
そろそろおかずが欲しいところだ。


176 :吾輩は名無しである:03/06/13 17:16
こんなこともあろうかと、お前のカバンにでらべっぴんの94年5月号を入れておいた。
存分に使ってくれたまえ。
そろそろだな。
もう恥も外聞もなく大きな声が出せるんじゃないか?
構うことはない。適当に叫んでみなさい。
さて、フィニッシュだが。
そのまま自分の手でイクなんて芸がないだろう?
教卓からものすごい勢いで飛び降り、
好きな子のカバンを奪ってきなさい。
そしてそのまま男子トイレに駆け込み
カバンの隙間におちんこをぶちこんでこすれ。
さぞ気持ちよかろう。

さあいけ。新しい世界は見えた。




177 :吾輩は名無しである:03/06/13 17:20
151=165=173は真性基地であることが判明しますたwww

178 :吾輩は名無しである:03/06/13 17:34
151の糞馬鹿蛆虫うぜーんだよ
これ以上板汚すなって今朝言っただろ
おまえの糞レスなんて、このスレになーーーーーーんの貢献もしてないの!!
永久に、完全に、消滅汁!!!!!!!!!!!!!!!!!!

179 :吾輩は名無しである:03/06/13 20:57
編集者さん、余裕こいて2ch書き込んだら叩かれたからって幼稚な荒らしはやめなよ。
岡田克彦みたい。坂口スレからはやく出てけ。低脳おっさん。

180 :吾輩は名無しである:03/06/13 21:12
151=165=173=179=その他多数の糞レスの山

真性妄想基地のヒッキーが一人で荒らしている。

きのうの編集者の人は今日はまだ来てねーよww

みんなに叩かれてるのはお・ま・え

それさえ自覚できないのだから完全に狂ってる。

まじで病院いけや。



181 :吾輩は名無しである:03/06/13 21:16
>>180
同意


同意


同意



同意



どいう

182 :吾輩は名無しである:03/06/13 21:35
151さん!
こんなこと続けて恥ずかしくないのですか?
自分がミジメになりませんか?
部屋に引きこもって妄想を広げてないで、
少しは社会に貢献したらどうなんですか?
っていうより、勇気を出して病院行ったらどうなんですか?
あなたのカキコは完全に正気を失っています!
分裂症で除籍になった同級生と思考回路が酷似しています!
自分の思い込みがひょっとしたら間違ってるかもしれないとか
ぜんぜん考えられないのですか?
近くに友人とか家族とかいないのですか?
かなり危険な状態だと認識した方がいいですよ!

183 :吾輩は名無しである:03/06/13 21:46
私は146(リア工ですが。
>149 >167
誤読だった!…というか勝手に記憶作ってた。読み直してきました。すいません。

ギャー 恥ズカシイ
ねころびながら文学読むのは私には難しかったか

184 :吾輩は名無しである:03/06/13 22:24
これが四十過ぎの編集者かw
きちがいって怖いな〜

185 :吾輩は名無しである:03/06/13 22:39
151のカキコって名前なくてもわかるねw

186 :吾輩は名無しである:03/06/13 22:53
>185

そうだね "( ´,_ゝ`)


187 :吾輩は名無しである:03/06/14 00:04
つーかどっちもしつこい。
とっとと出てってよ

188 :吾輩は名無しである:03/06/14 00:07
いったい何を論じているんだ?

189 :吾輩は名無しである:03/06/14 00:19
>>478 専業主婦だと少し辛いだろうけど、公務員の基本は2馬力、それなりの生活ができる。

彼も私も公務員。20代後半だけど、550万+500万で1000万超えてる。
結婚したら直ぐにマンションを買って二人ですんで子供ができたら一戸建て買います。
二人とも頑張って定年まで勤めるつもり。彼に扶養してもらおうとは思わない。
地味な暮らしでもDQN民間より全然いいし、やりたいことは余暇時間を最大限に使ってとことんやりたい。

>そんなぬるま湯に漬かっていたんじゃ、人生がつまらんと想う。
>後悔する前に自分の人生を描くべきだと想う。刺激がない人生ってあっという間に終わっちゃうよ。

自分の「人生の満足度」は客観的な物差しではかるよりも、
主観的に自分がどれだけ満足できてるかとういこと。
他人の生き方がつまらないとか言ってるけど、本人がその生きかたに満足してば良いことでしょ(w。
っていうかなんで公務員になることが後悔なの?。刺激?趣味を満喫して十二分に楽しんでますが。

残業とか休日出勤やらで毎日仕事に追われてるサラリーマン。
強制的にいやいや働かされているようにしか見えない。
ろくに給料も貰えないし退職金もなし。自分の好きなことも満足に出来やしない。
その上(たとえ大企業でも)いつリストラされるかわからない。
これがあんたのいう刺激? どう考えても負け犬の遠吠えでしょ(w
定年退職するまで必死で働き続きますか?今を楽しめなくてどうするの?
明日死ぬかもしれないのに、DQN会社だから老後を無事送れるかどうかもわからないのに・・

あんたみたいな考えの人が実際いたとしたら何も話せないね。
それが本当なら誰も公務員にならずに民間に行くでしょう。
そうじゃない現実をどう見るの?転職板とか見てきたら?
自分の人生を描いている、刺激を求めて生きている、そんな社会人がこのご時世どれくらいいるかな(w
言わなくてもわかってるよねぇ?現実を見つめたくないだけか・・
自分と全く逆で公務員がいい思いしてるから腹が立って仕方ないんだよね。
だから無理にでもそういう発言が出てくるんでしょ?
心の奥底で本当は公務員が羨ましいっていうのが見て取れる。
あんた、ケツからなんか出てるよ(w

190 :吾輩は名無しである:03/06/14 01:10
安吾追想で安吾が死んだ時の話を読んだら泣けてきた。
最後は家で死んだというのが・・・

191 :151:03/06/14 01:57
>>182
ご忠告ありがとうございます。ただ、173、179は私ではないです。
ちなみに私はヒッキーではありません。今家に帰ってきました。
148、151にあるように、まず私は渋龍が安吾を評価していることに興味を持ち、その文を読みたいなと思いました。
ただ、渋龍が安吾を評価していることを知っているのが「常識」で、それを知らない安吾ファンはみな「中学生」なのか、疑問をもったまでです(安吾が渋龍を評価している、というのなら別だけど)。
ここには自称編集おじさんの論理のすり替えがあるので茶化し半分に指摘したまでです。
まともなこと、特に論理的な議論をすると基地外さんや電波君がヒステリーを起こすのは知っていますが、少なくともおじさんは論理の分る方と思い付け足しました。
安吾板のまともな住人の方々にはお騒がせしてすいませんでした。
とりあえずこれが私の見解です。

192 :吾輩は名無しである:03/06/14 02:02
荒れるとみんな出てくんのね・・・
普段からもっと安吾をかたりませう。

193 :吾輩は名無しである:03/06/14 08:29
>>191=151=糞レスの山の妄想ヲタ

おまえウザ杉、きも杉。
書けば書くほど頭悪いのよく判る。

落ち着いて183=146のリアル高校生のレス読んでみろ。
こういう素直でまともな香具師はぐんぐん成長する。
いい歳して恥ずかしくないのか。

閑古鳥のこの板ずいぶん伸びてると思って読み返してみりゃ、お前ひとりで荒らしてるのか。

>それを知らない安吾ファンはみな「中学生」
いまチェックしてみたけどそんなことどこにも書いてないぞ。
172のフォロー読んだら、83年生まれの俺にもよーく意味がわかったし、勉強になった。角川文庫版集めたくなった。

>148、151にあるように
日本語不自由なのか? 「148、151で(自分が)書いたように」だろw
でたらめ書いて訂正してもらったんだから感謝汁! 183の潔さを見習え!

リテラシー能力皆無なくせに、勝手な妄想で板荒らしやがって、おまえのレスは安吾とまったく無関係じゃねーか。
自分の妄想についての見解書いたって、俺たちには何の興味もない。迷惑なだけ!!!



194 :吾輩は名無しである:03/06/14 08:40
久々に縦読みみたなあ。

195 :吾輩は名無しである:03/06/14 09:12
>193
もう、かまうな。

安吾が愛読したフランス文学って何?

196 :吾輩は名無しである:03/06/14 09:52
195=粘着荒らし

>安吾が愛読したフランス文学って何?
ばかだな〜こいつ。自分で調べろよ、低学歴

197 :吾輩は名無しである:03/06/14 09:52
>195

絶賛は「危険な関係」(ラクロ)と「泥棒日記」(ジュネ)
スタンダールは退屈らしい。

198 :吾輩は名無しである:03/06/14 10:05
論理的な議論をすると基地外さんや電波君がヒステリーを起こす<151=191



ぷっ、本人は論理的な議論をしているつもりらしいwww

199 :吾輩は名無しである:03/06/14 13:43
>>198
荒らし


荒らし


荒らし

荒らし



荒らし

200 :吾輩は名無しである:03/06/14 15:13
151のレスって名前なくてもすぐわかるねw



201 :吾輩は名無しである:03/06/14 15:22
>>200
うん、そうだね プププ↑

202 :_:03/06/14 15:23
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

203 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:13
安吾って童貞長かったんでしょ?
筆おろし何歳の時なの?


204 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:36
あと、やりまくりだから、もと取ってお釣りくる

205 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:37
いい女ばっか・・・チクショウ!

206 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:37
>>203
そうなの?ていうことは、やだつやこと別れてからのご乱交時代が筆おろし?

207 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:37
27歳

208 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:38
つせこ

209 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:41
>208

やたとやったのか?
ソースきぼんぬ

210 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:42
ジエンしないように ウザいからw

211 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:43
つせこって読むんだ。。。素でずっとまちがいてた。

212 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:43
どれとどれが自演なんだ?
少なくとも3人はいるぞ。

213 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:44
ごめ、>210じゃないから、
レスがあるとスグにひっついてくる粘着構ってちゃんに言った<ジエン
文学板に常駐している豚か?    <  ↑

214 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:45
おじゃま。ばいちゃ

215 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:45
ぷっ、みょーに盛り上がってやがるw

216 :208=212:03/06/14 20:50
>>213
粘着って俺にいってんの?
画像貼ろうと思ったけどやめた。
なんかここ怖ええや。
さいならっ。

217 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:10
210のヴォケが騒ぐもんで、とっちらかったまま終わっちゃったじゃねーか
ジエンって意味わかって使ってんのか!

>208
本当に矢田とやった証拠あるの?

218 :真相は:03/06/14 21:11
自作自演厨VS自作自演厨
と見た。

219 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:20

     バカ
おれは矢田とやったか知りたいだけだよ。
たしか接吻だけだと思っていたけど。

220 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:23
接吻も創作じゃないかな。単なる感だけど。


221 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:27
おれも相手が死んでることをいいことにカッコよく書きすぎてる気がしていた。
それほど惚れられそうにない罠w

222 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:35
安吾が夜も眠られぬ恋愛病で苦しんでいる
時に矢田つやこは和田というパトロンと
日曜デートしてたんでしょ。

223 :吾輩は名無しである:03/06/16 02:51
若かったんだよ。あんまりいじめたら安吾が可哀想だよ。w

224 :吾輩は名無しである:03/06/16 06:24
矢田さんとはなんもなかっただろうね。
本当に屋根裏のキスだけで終わっちまったんだろうと思う。

肉体と精神の問題は安吾にとって一生しっくりくることはなかったんじゃないのだろうか。

225 :吾輩は名無しである:03/06/17 17:51
その問題を超越しようとした人だからね。
でも、超えられなかった、と。
肉体を帯びている以上、その点は
まぁ、寛恕しようや、というとこですな。

226 :吾輩は名無しである:03/06/26 06:27
まぁ、その問題に陥るのはある意味文学的な訳で。

今の子達ってどーなんだろうね、そのへん。

227 :吾輩は名無しである:03/06/29 14:25
文学的なんじゃなくて、単なる思春期なんじゃないの?

228 :吾輩は名無しである:03/06/29 21:00
チクマの全集、全部揃ってるとこ見つけた。
今日は、自分がどれを持ってないかわかんなかったから買えなかったけど、
今度行ったら大人買いしよう。
家に帰ってから調べたら、2・3・11がなかった。
3と11は誰かに貸してるような気もするんだが、まあよしとするか。
ところで、安吾捕物帖、ひそかになかなかいいと思わないか?
おれは、ストーリーがおもろいうえに、安吾的な要素もつまってて、
その上一遍々が読みやすい長さ、カナーリ好きなのだが・・・

229 :吾輩は名無しである:03/06/29 21:34
七北数人の評論は良いよ。

230 :吾輩は名無しである:03/06/30 09:26
肉体と精神、感性と理性、どれもいやと言うほど問題になってきた事柄、
マルクスの資本論もこの構図からきているといっても過言ではない
>>227は馬鹿。

231 :林彪 ◆0RbUzIT0To :03/06/30 17:33
安吾は逆説の達人だ

232 :吾輩は名無しである:03/06/30 21:31
>>230
言いたい事もわかるぬではないが、230は童貞。

233 :吾輩は名無しである:03/07/03 06:07
>>232
いいなあ、そのレス。当たってそうだね。

234 :吾輩は名無しである:03/07/03 13:32
>>222
よい話だ。
俺も結構あるけど。
文学のふるさとのような、つきはなされた感覚。
この救いのなさを乗り越える日はくるのだろうか?

235 :吾輩は名無しである:03/07/03 15:33
いやぁ、あの救いのなさが救いってのは、今はよくわかるよ。

236 :吾輩は名無しである:03/07/03 17:22
惚れた者の弱みだよね。惚れられた方はかなり意地悪だったり。

237 :吾輩は名無しである:03/07/03 20:36
ここ終わってんな

238 :吾輩は名無しである:03/07/05 01:17
>>236
惚れた腫れたのはなしじゃないよ。人生の救い、だよ。

239 :230:03/07/05 04:12
>>232,233
失敬だな、ヒキコモリ諸君。誰でも同類だと思うな。

240 : :03/07/15 12:22
   

241 :吾輩は名無しである:03/07/22 22:02
絲山なんとかっていう人のこと調べようと久々に文学板に来たら
坂口スレ復活してるじゃないすか!




っつっても今は特に語る事が無いのでageるだけにしときますw

242 :吾輩は名無しである:03/07/23 01:53

       2ちゃんねる遂に閉鎖か?

こっちが本スレですよ!
(閑散とした板にスレッドを立てました!)

【緊急】法務省強制的に閉鎖を検討!【緊急】
http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/kobun/1026769846/
                                     

243 :_:03/07/23 01:53
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/hankaku05.html

244 :_:03/07/23 01:55
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

245 :吾輩は名無しである:03/07/23 02:54
安吾は生き方がかっこいいね

246 :吾輩は名無しである:03/07/24 04:41
漏れは逆にどんどん安吾離れが進んでいる。
特に中年以降の作品は読まなくなった。
Farce論だけあればいいや。

247 :吾輩は名無しである:03/07/30 21:26
また戻ってくるだろうよ。

248 :吾輩は名無しである:03/07/31 08:44
そうかなあ?10代の終わり〜20代前半にかけては読み飽きなかったのにな。
単純なんだけどさ、前世紀末過ぎてから読まなくなってるわw

249 :吾輩は名無しである:03/08/01 21:25
この人の代表作って何なんですか?
小説よりもエッセイのほうが評判いいみたいだけど。

250 :吾輩は名無しである:03/08/01 23:04
ただ単に趣向が変わってきたってだけだろ。248のは
つまり老成し始めたってことだ。いい意味でも悪い意味でも。
安吾の青春論を思い出せw
つまり白樺派でも読んで暗夜行路に感動しとけってこった。

251 :吾輩は名無しである:03/08/01 23:23
安吾の歴史小説が凄く面白いと思う。本当に、語りという感じがする。

252 :山崎 渉:03/08/01 23:47
(^^)

253 :吾輩は名無しである:03/08/02 07:11
>>249
エッセイなら、「堕落論」「日本文化私観」「FARCEについて」
小説なら、「桜の森の満開の下」「吹雪物語」「風博士」
あたりが代表作と言われていますね。
私見ですが、安吾の場合、小説だけ読もうとするとつまらないかも。
なんというか、随筆小説ひっくるめての安吾というか。
「FARCEについて」「ピエロ伝道者」と「風博士」は併せて読んだ方が理解が早かったり。

>>251
講談口調でやることを意識していたんじゃなかったっけ。漏れは「信長」が好き。

254 :249:03/08/02 21:21
>>253
どーも。読んでみます。

255 :吾輩は名無しである:03/08/03 21:38
おれも250に同意だな。
何か、心に決めて守り通すだのをやると、空元気が戻って、
同じような気分になるような気はするけどね。

256 :吾輩は名無しである:03/08/03 21:59
>>255
いみわからん

257 :吾輩は名無しである:03/08/03 23:44
>>249
「夜長姫と耳男」も。
これが一番感動した。
変なのかな?

258 :吾輩は名無しである:03/08/04 14:08
>>257
安心しろ。オレもだ。て云うかその作品で完全に安吾信者と化した。

259 :吾輩は名無しである:03/08/05 05:18
〜話題のアフィリエイト 名前とアドレスだけで登録可能〜

まずIDを取得(無料)
すると宣伝用の専用リンクURLが送られてくるので、これをBBSに貼る 
一ヶ月で、〜10万くらい稼げる・・・人もいるらしい。実際は一万くらい?
興味のある人は↓

ttp://www.adultshoping.com/addclickport.cgi?pid=1060023175
ttp://www.adultshoping.com/index.cgi?id=1060023175

260 :_:03/08/05 05:20
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

261 :吾輩は名無しである:03/08/05 22:02
上手い下手のあるものに賭けをするのは邪道だといっていた。


262 :吾輩は名無しである:03/08/06 02:02
いつも安部公房と混同してしまう

263 :吾輩は名無しである:03/08/08 23:46
>>257
ラストでいつも鳥肌が立つよ。ヒメの言葉

264 :山崎 渉:03/08/15 10:12
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

265 :吾輩は名無しである:03/08/17 19:00
「風博士」は面白い。「吹雪物語」は骨折れたけど。

266 :吾輩は名無しである:03/08/23 01:39
>>255の言ってる意味がよくわからんので誰か説明きぼんぬ。



267 :吾輩は名無しである:03/08/25 01:47
255なんだけど、自分で何書いたかわかんなくなってるよ。すまん。
わかったらわかりやすく書くので、ほっといて待ってて。

268 :吾輩は名無しである:03/08/26 11:36
やっと自分の書いたことが理解できた。

>何か、心に決めて守り通すだのをやると、空元気が戻って、
>同じような気分になるような気はするけどね。

老成(元気がなくなってきた)したというのに対して、
生きている証しとして、何か自分の信条を貫くような行いをしてみることで、
自分の人生が活性化されて見えてくるし、自分自身の精神が活性化することで、
安吾が生の様々な局面(現場)に見せた執念と同じような感覚が甦ってくる
んじゃないだろうか。

つまり、安吾が過去のものになったのではないんだよ、という意味ですな。

269 :吾輩は名無しである:03/08/28 11:45
しかし無頼派といわれながら友達好き家族好きな人ですな。

270 :吾輩は名無しである:03/08/28 13:26
ここのスレの住人は本当に安吾に対する愛があっていいなあ。
昨日「教祖の文学」読んで、やっぱり面白いことを
しみじみ再確認したので書き込んでおく。

271 :吾輩は名無しである:03/08/28 22:02
>>269
そう云われていただけで、本当のところは人なつっこい普通の人だったんだよね。
真面目すぎるから締め切りの一ヶ月も前から机に座りきりで苦労して、
来る仕事も断れない。そうやって過労死したわけだし。

「可愛らしいバカ」というところじゃないかな。

272 :吾輩は名無しである:03/08/28 22:07
酔っ払いw

273 :吾輩は名無しである:03/09/03 02:28
洋楽板にこのようなスレが・・・

坂口安吾ですが何か質問は?
http://tv3.2ch.net/test/read.cgi/musice/1062512538/l50

274 : :03/09/16 22:14


275 :吾輩は名無しである:03/09/27 22:20
ほしゅ

276 :吾輩は名無しである:03/09/28 15:04
安吾が保守とはなんだ!

277 :吾輩は名無しである:03/09/28 15:20
坂口安吾を文庫で読めるようにした角川春樹は偉かった。

278 :吾輩は名無しである:03/09/29 02:20
なんか新作が読みたいぜ

279 :吾輩は名無しである:03/09/29 19:48
無茶言うなw
しかし今の時代に安吾が生きていたら何を書くか興味があるね。

280 :吾輩は名無しである:03/09/29 23:11
続々堕落論

281 :吾輩は名無しである:03/09/29 23:12
吹雪物語完結編

282 :吾輩は名無しである:03/10/05 01:57
合作じゃない安吾だけの「復員殺人事件」が読みたい。

283 :吾輩は名無しである:03/10/05 08:45
「桜の森の満開の下」みたいなヤツがいい。

284 :吾輩は名無しである:03/10/16 15:52
結局『風博士』がわからない・・・。
全て助手の虚言なのか・・・?彼が恐ろしい。

285 :吾輩は名無しである:03/10/16 16:09
おれは、安吾の小説を地でいってるようなもんだと思う?

286 :284:03/10/16 23:47
>285
思う?んですかw
なるほど・・・安吾は助手ってことですか?

287 :吾輩は名無しである:03/10/18 01:04
女性の安吾ファンの好きな作品と
男性のファンのそれとはなんか違うね。
俺の女友達は「戦争と一人の女」
「私は海を抱きしめていたい」が
どうしようもなく好きらしいです。
女にとってのデカダンとはこういうものらしい。

288 :吾輩は名無しである:03/10/18 03:38
安吾はやっぱりエッセイの方が面白い。小説はどうも好きになれない。
彼の批判する漱石のほうがよっぽど面白い。

289 :吾輩は名無しである:03/10/18 15:20
漏れも小説は好かんな。
っつーか、安吾の書く男と女が好かん。
「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」だけは好きだけどな。
他と何が違うのか分からんけど。

290 :吾輩は名無しである:03/10/19 00:35
小説は「桜の森の満開の下」「夜長姫と耳男」がずば抜けてるね。

291 :吾輩は名無しである:03/10/19 00:58
「桜の森の満開の下」はいいね。
想像力を掻き立てられる。

292 :島田雅彦:03/10/19 02:13
「坂口安吾と中上健次」柄谷行人
は名著です。読みなさい。

293 :吾輩は名無しである:03/10/19 10:31
1955年没ってことは作品の著作権全部切れてるってこと?

294 :吾輩は名無しである:03/10/19 22:45
「あの頃、私は、何度死のうと思ったかも知れないのだ。
私の才能に絶望した。
こんなものしか、こんな嘘しか、心にもないことしか、書けないのかと思ったから。
私は私の小説を破るよりも、私の身体を殺したかった」――昭和12年頃

「殆んど一時、このまま発狂するかと思ったこともあった。
僕は、その今にも狂おうとし、今や狂いつつある心もちを、手をこまねいて、
ふし倒れて、ああ、俺程の人間が、
何も仕事をせずに死ぬのか、たった百ばかりの歌で死ぬのは残念だ、と考えていた。
俺は、その頃、毎日ただ涙がこぼれた」――安吾21歳の頃



295 :吾輩は名無しである:03/10/21 07:48
誰もシンポジウムのことには触れないのなw

296 :吾輩は名無しである:03/10/23 01:48
きのう「白痴」読んだ。
「青鬼〜」いまから読もうかな。
はっきりいって太宰よりいいっす。

297 :吾輩は名無しである:03/10/23 02:14
探偵小説はおもしろい。

298 :吾輩は名無しである:03/11/09 00:59
>287
ドゥエエエェェェ((((((((;゚Д゚))))))))))ェェェエエエ


私は青春論と堕落論、二流の人が好きです(´ρ`)

299 :吾輩は名無しである:03/11/11 00:10
>>298
不連続はよかったよ。ところで昨日、寝る前に青春論読んでたら・・・
なんか坂口安吾を読むことが辛くなってきた・・・こんな事初めてだった。
なんだろう??武蔵への言説はいいんだけど、自分の生き方(淪落云々)についての
の部分は。。。頭がいいってのも大変だなぁと。俺みたいな馬鹿は自分の愚かさに
気付かずに死んでいけるという意味では幸せだなぁと。
安吾読むのもうやめようかなと思ってしまった。でもやっぱり読んじゃうけどね。

ところで、平泉成っていう役者さん、安吾に似てるなぁ・・・。


300 :吾輩は名無しである:03/11/11 14:44
>299
私も最近、青春論がズッシリくる。
前読んだときはピンとこなかったけど…
いつまでも青春、老いがないって救いがないな。
私ももう28なのに全然だめだー

もっと歳いったら肉体の声ってのがより鮮明に聞こえてくるんだろうか

301 :吾輩は名無しである:03/11/12 02:31
>>300
だぁいじょぶ。
そのうち、体力が落ちてくると、必ずそういう気分になる。
自省をする人なら、という限定つきだけど。

302 :吾輩は名無しである:03/11/12 22:21
安吾って運動できたらしいけど身長体重はどのくらいあったの?

303 :吾輩は名無しである:03/11/12 22:28
安吾新日本地理しか読んでないけど、あの文章はキライだなぁ。

304 :吾輩は名無しである:03/11/13 01:49
個人的に安吾の文章を最も美しく感じる自分にとって、そう云われたら何とも云えません。

305 :吾輩は名無しである:03/11/13 13:07
ハキハキしてて個人的には一番好き>安吾講談口調

306 :吾輩は名無しである:03/11/18 02:47
>>288
安吾の漱石批判って何で読める?

307 :いもねえ:03/11/18 22:44
淪落=地獄界、超越=天国はなりたつのか
何方か詳しい方ご説明お願いします。

308 :吾輩は名無しである:03/11/19 18:27
>>302
とりあえず180センチくらいあったらしい。体重は75キロ程度でないの?

309 :吾輩は名無しである:03/11/21 02:03
>308
でかっ!ってことは檀さんもでかいんでしょうね。

310 :吾輩は名無しである:03/11/21 04:32
>>307
IMEには入っていないが倫落だろうね。
モラルは時代性の中で継承されるものなので
社会教育がズタズタになれば殺人=悪でさえも継承されなくなる。
社会通念として機能しなくなることさえも
ある意味超越と呼べるならば
必ずしも超越=天国とはなりえない。
モラルの染みついている人間にとっては超越もまた地獄ではないのか。
モラルが継承されなければ、ハナからその行為に善悪の概念は付随しない。
「なぜ悪いのかわからない」「悪いこととは知らなかった」「人を殺してみたかった」
↑は超越ではないよなぁ・・・


311 :吾輩は名無しである:03/11/21 06:23
>>310
おまえの言ってることがよくわからない。
もっとかみくだけ。
また、安吾とどういうつながりがあるのかも書け。

312 :吾輩は名無しである:03/11/21 10:42
>>306
戯作者文学論

313 :吾輩は名無しである:03/11/21 16:21
俺は某大学の学生だけど、
ほとんどの奴らは「堕落論」を知らない。
ほとんどの奴らはゴー宣を知ってる。
この事実が、時勢の理解を試みる俺に端的な示唆を与えました。

どーよ。くだらねーでしょう?みなさん


314 :吾輩は名無しである:03/11/21 16:31
>>313ハ神


315 :吾輩は名無しである:03/11/21 17:50
>>313
優越感味わえて羨ましいなあ。

316 :吾輩は名無しである:03/11/21 23:03
>>313
いや、>>310よりは見込みあるよ。

317 :288:03/11/22 01:37
>>312
おお、代わりに答えてくださってたみたい、サンクス。
確かに漱石の登場人物は安吾にしてみればリアリティーなさすぎるのかもね。
何十年も前の罪を引きずって、結果自殺してしまう。
しかし漱石の心理分析力はやはり素晴らしいと思う。


318 :吾輩は名無しである:03/11/23 00:36


319 :吾輩は名無しである:03/11/23 05:13
ん?

320 :吾輩は名無しである:03/11/23 05:59


321 :吾輩は名無しである:03/11/23 13:08
がスカルファック。

322 :吾輩は名無しである:03/11/29 01:45
「風博士」は素晴らしいなあ。

323 :吾輩は名無しである:03/11/29 12:18
風博士は泣けました。そして怖くなりました。

324 :吾輩は名無しである:03/12/02 00:48
安吾が首相だったら…
派遣かな。

325 :吾輩は名無しである:03/12/04 09:44
このひと頭良いけど文章書きには向いてなかったんじゃないかな?
体で表現できてしまう人

326 :吾輩は名無しである:03/12/04 15:53
ばかやろう!文章書きじゃない安吾なんて安吾じゃねえよ!

327 :吾輩は名無しである:03/12/04 18:56
アフォリアの多い文章なので
実際に会ったりしたほうが安吾は面白そうじゃん

328 :吾輩は名無しである:03/12/04 20:23
警察が酔っ払ってパトの屋根で踊ってたらつかまったんだろ?
これがデカダンスってか。ガッハッハッハハ

329 :吾輩は名無しである:03/12/05 20:07
風博士ってどんな話?

330 :吾輩は名無しである:03/12/05 20:09
>>329

http://members.tripod.com/~ango/kaze/text.html

331 :吾輩は名無しである:03/12/06 03:54
無頼派って言葉今使わないねえ

332 :吾輩は名無しである:03/12/06 09:16
>>330
風博士ってこんなに深読みできるもんっだったんだ・・・・・・

333 :吾輩は名無しである:03/12/06 12:00
>>330
杳としてが沓としてになってる。

334 :TUSEKO:03/12/13 09:06
「あなたを愛しています・・・。」

335 :吾輩は名無しである:03/12/19 16:17
風と光と二十の私と が好きです。

336 :吾輩は名無しである:03/12/20 00:37
↑初版本ある


337 :吾輩は名無しである:03/12/24 02:09
過去はいつも青空

338 :吾輩は名無しである:03/12/25 17:20
ブームが来る事を願ってsage

339 :吾輩は名無しである:04/01/03 01:47
私も『風と光と二十歳の私と』が一番好きです。
友達に貰って初めて坂口安吾を読んだ本です。
それからすっかり安吾のトリコ。

340 :吾輩は名無しである:04/01/03 13:42
紫大納言いい
読むたびに泪泪

341 :吾輩は名無しである:04/01/05 05:35
2ちゃんでレスが延びないのは、その作家が本物である証拠。
特に、文学板ではね。
盛り上がってるスレのレベルをみてみな。
実感するするから。


342 :吾輩は名無しである:04/01/05 05:37
この瞬間急激にこのスレのレベルが低下しました

343 :吾輩は名無しである:04/01/06 20:26
風と光と二十歳の私と がテストに出たときはニヤニヤしてしまいました。
大好きです。

344 :吾輩は名無しである:04/01/15 01:31
>>306>>312
デカダン文学論ではなかったか?今手元にない。ちごてたらスマソ。
漏れはピエロ伝道者好きだなあ。これ読むとアンゴの貫徹した生き方がよくわかる。
ってこれも手元にねえや。。。


345 :吾輩は名無しである:04/01/15 02:04
>アンゴ
カタカナで書かれると無性に食いたくなってしまうんだが。

346 :吾輩は名無しである:04/01/15 21:25
高校の教科書か参考書で「ラムネ氏のこと」を読んで
坂口安吾の名前を知りました。もうずいぶん昔ですが… 
いまだに「青鬼の褌を洗う女」「紫大納言」「夜長姫と耳男」などの短編は
ときどき読み返します。日本の小説家では一番好きかも。

347 :吾輩は名無しである:04/01/18 04:19
安吾忌なんかしたい〜
いまからかんがえてる


348 :吾輩は名無しである:04/01/19 02:08
『堕落論』とニーチェの没落って同じようじゃないか?
この人の評論を幾つか読んだが、思想とかまあ本人の実体験であるとか、
(当然のごとく)戦中戦後独特の時代性が色濃い。
にもかかわらず信者だからなのかなんなのか知らんが、
>>313みたくいまだにミョーに持ち上げる輩がいるのがちょっと腑に落ちない。
時代を選ばない普遍性みないなもんは、著者自身も意識してないらしいが、
戦後物質主義・合理主義的日本人の魁?というか。やっぱり今読むと古い感じがする。
でも読んでいて痛快だし、この人のものの見方は良いとおもいました。

349 :吾輩は名無しである:04/01/22 07:37
最後の行で流れ変える文章ってなんにしろ嫌みだな。


350 :吾輩は名無しである:04/01/24 02:29
テレビ業界とかマスコミ関係とか
表現に関わる仕事に就いてる
オヤジどもが未だに愛読してそうだなあ。
堕落論。

351 :吾輩は名無しである:04/01/24 04:39
>>350
あと、サラリーマンとかサービス業とか教員とか。
スポーツや音楽やってる奴らも愛読してそう。

352 :吾輩は名無しである:04/01/24 07:27
>>348
安吾の評論読んでて時代性を感じた事は一度も無いな。
考え方が時代に依存してないもの。

堕落論はモラルや世間などの”優れたもの”に適うように
思考し行動することが、自己の真っ当さや優越に実感を与えており、
それを原則として生活が組み上がっている事実を指摘して、
”優れたもの”に適わなくなって堕落するありのままの自分を見つめる所から、
思考し生活を組み上げていかなければ人間は救われない、という事を言ってる。
これは時代を選ばない普遍性を持っていると思うぞ。

ところで、ニーチェの没落ってどんな物なの?

353 :吾輩は名無しである:04/01/24 15:08
安吾をニーチェに重ね合わせるのを誰かが始めたか分からないけど、
違うと思うよ。むしろ、俺はフランス啓蒙思想家と彼を重ねてしまう。
実際、彼は修行時代にそれらの思想家を読みまくってたんだよ。

354 :吾輩は名無しである:04/01/24 15:11
補足。
なぜこんなことを書いたかというと、
ニーチェの亜流に過ぎないなら、俺はニーチェを読むよ。
でも、安吾はニーチェを越えてる。

『堕落論』に時代性を感じないなんて信じられん。

355 :吾輩は名無しである:04/01/24 17:09
時代性は感じるけど時代を超えているということでは?

最近なんで彼が仏教にはまってたのかわかってきた。
(わかるつもりになってきた?)
周りがほとんど無宗教だったからその哲学性とかしらんかったのよね。

356 :吾輩は名無しである:04/01/24 21:08
安吾の文章のウマさってちょっと凄すぎると思うんだけど、
悲しいかな、安吾って小説よりエッセイの方が面白いんだよね。
小説もエッセイくらい出来が良かったらきっと
三島なみに世界的に有名になってたと思うよ。

357 :吾輩は名無しである:04/01/25 01:12
>>356
『夜長姫・・・』や『桜の森の・・・』を読んでもそう思う?

358 :吾輩は名無しである:04/01/25 01:13
>>355
>最近なんで彼が仏教にはまってたのかわかってきた。
>(わかるつもりになってきた?)

どんな風にわかったのかレスきぼん。
煽りじゃないから、軽い気持ちで書いてみて。


359 :吾輩は名無しである:04/01/25 01:41
手塚の映画「白痴」で銀河(だっけ?)
夜長姫みたく耳切りやった役の女優を
最近よくCMでみるんだが
映画のイメージで
すごく高飛車な嘲笑をしているとしか見えない…


360 :348:04/01/25 02:43
>>353
じゃなくて安吾の堕落論とニーチェの没落を比較しただけのことよ。
“生命の発動を妨げる”「社会規範」を否定する限りにおいて方向性が同一らしいことと
安吾の曰く“奇怪な力”「生」にまず真正面から向かい合うべしとする姿勢は、
非合理主義的境地に近いか?そのあたりくらいまでの類似性。
フランス啓蒙思想からの強力な影響云々は、よく本の付録に書いてあるから知ってるけど
俺はといえば、フランス啓蒙思想なんか全然知らないわけで、
単に安吾の堕落論とニーチェを少し齧ってただけのドシロウト。

361 :吾輩は名無しである:04/01/25 09:07
安吾、好きだな。
桜の森の満開の下でが一番好き。
これのフラッシュあるの知ってた?
ガイシュツだったらごめんね。

http://www.nurs.or.jp/~gorua/flash/sakura.html

362 :吾輩は名無しである:04/01/25 12:35
>>361
サンクス。
おもしろかった。保存したいけど、できないのが悲しい。

>>360
うんうん、よくわかるよ。
ただ、ニーチェとの一番の違いは、
安吾には宗教的なビジョンがあることかな。


363 :吾輩は名無しである:04/01/25 17:53
>>362
リンク見たらこんなものが
ttp://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Cupertino/4245/hozon.html

364 :362:04/01/25 20:04
>>363
スペシャルサンクス!
保存できました!!

俺は>>1じゃないけど、
少しずつみんなでここ盛り上げていきましょうや。

365 :☆キキ+キ゚Д゚ ◆qpmo.OOqAo :04/01/25 20:05
哲板最強のカリスマ・☆キキ+キ゚Д゚♪が満を持して再登場!

物事に表面上の美しさを求めるな、
深く掘り下げれば真実が見えてくる、、、

そんな☆キキ+キ゚Д゚♪の哲学HPはココ↓ (キキキの即興ピアノ演奏あり!)

http://www.geocities.co.jp/HeartLand/8862/

僕の哲学は、学問ではない。
人間が生きていく中、背負うべき道徳なのだ。(HPより抜粋)

孤独を越え、闇から光を見出した☆キキ+キ゚Д゚♪だからこそ言える!
もう何も迷う事は無い、、、

☆キキ+キ゚Д゚♪に触れ、明日への一歩を踏み出すのだ!

366 :吾輩は名無しである:04/01/26 21:27
俺のアサリがコレラでたまるけぇ

367 :吾輩は名無しである:04/01/27 18:26
「堕落」にしても「没落」にしても、ゆるぎ無い向上心が契機となっている。
つまり、人類はまっとうに進化すべく、まずは堕ちなさいということだからね。
でもいまどきの堕落状態から向上心は感じられない。
とにかく、人間が弱っちいし、だらしないだけだから、堕ちるだけ堕ちておしまいだろう。
このまま行けば破滅して終わりか、或いは愚かな人類史をもういちど1からやり直すだけだな。
我々は堕ちながらも堕ちていく過程から我々自身のことを知らなければならないのに。
だから滑稽っつうか腹立つんだよね。目先の私利私欲のことしか頭にないような連中が、
表現の自由だの反権力だのもっともらしいこと抜かして安吾マンセーしてると。

368 :吾輩は名無しである:04/01/28 00:12
表現の自由だの反権力だのもっともらしいこと抜かして安吾マンセー

糞ほどいるよなあ。。。この手の奴って

369 :吾輩は名無しである:04/01/28 00:54
ううむ
そのへん誤解しやすいし実際多くの誤解を与えてきたと思われる
悪用する奴もネ

370 :吾輩は名無しである:04/01/30 16:33
安吾スキーで公務員になりますがなにか?
単純な反権力とかそんな狭い人じゃにゃい

371 :吾輩は名無しである:04/01/31 20:36
空の体当たり

372 :吾輩は名無しである:04/02/03 15:38
文学とか安吾とか好きな奴って真面目っぽい

373 :吾輩は名無しである:04/02/03 18:05
本人は真面目に生きているつもりなのですが、周囲からすれば不真面目に見える様です。

374 :TUSEKO:04/02/03 21:03
>>>356
確かに。


375 :TUSEKO:04/02/03 21:04
>>>373
それは、正に私です。そのため、専門学校の先生達に私生活を不思議がられ、
ほぼストーカーに近い行為や質問までしてきて困りました。

376 :吾輩は名無しである:04/02/04 01:42
若くして安吾を読む人は、良いとこのお嬢様かお坊ちゃんではないでしょうか
決して貧乏人は巡り会えない安吾
そんなわけで真面目に見えるのでは

若くなくして読む人は、貧乏でも明るく真面目に生きてきてふと安吾に出会う
こんな生き方もあるんだと気づき与太者になるも若いときの真面目さが向けない


377 :吾輩は名無しである:04/02/04 13:13
若いけど貧乏人ですよ………。

378 :吾輩は名無しである:04/02/05 02:49
わたしも貧乏人ですが

379 :吾輩は名無しである:04/02/05 04:37
尤も、お金持ちでも「俺は金持ちだ」という人は居ないしね
貧乏だと言い切れる余裕がある人が羨ましい

ぎりぎりの生活の中から本を買うということができるでしょうか
娯楽のための漫画本なら買えるでしょうけれども

可哀想に、貧乏だと言った人に問う
親元離れて大学行ったときに仕送りしてもらえますか

安吾ファンのみなさまごめんなさい少しばかりずれてしまいました
数年前初めてNETデビューしたとき坂口安吾で検索しましたら
西郷さんのHPとちえこさんのHPともう一つ忘れましたが三件しかヒットしなかった
今は凄い数ヒット

380 :吾輩は名無しである:04/02/05 11:12
赤貧以上小金持ち以下ですらあなたにとっては金持ちで良いとこの嬢ちゃん坊ちゃんなんですかい。

どうでも良いがそこいらの漫画よりも一冊の文庫本の方が安い事も多い。
そして図書館という存在も忘れてはならない。

381 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/02/06 01:05
379は自分が貧乏だったから安吾知らなかった。
金持ってれば自分だって教養ある文学青年になっていたはずだと
意味不明な主張してるコンプレックスバカだろ。
あと漫画本なら買えて300円くらいの文庫本が買えないってバカじゃねーの?
どうせ30代無職低学歴野朗なんだろうが。

382 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/02/06 01:07
単に自分が無知(あとは友人が低脳)だっただけの癖に、
いちいちつまんねー理由つけてんじゃねーよ木瓜。

383 :吾輩は名無しである:04/02/06 02:02
安吾の推理小説、俺は犯人当てたぞ。
当時だったら有名になってただろうに。

384 :吾輩は名無しである:04/02/06 10:25
『堕落論』や『桜〜』は
一般に読まれるでしょう。
教科書や自分の家にあるでしょう。

ただ、全集がほちい。

385 :吾輩は名無しである:04/02/06 12:58
>>380
>>赤貧以上小金持ち以下ですらあなたにとっては金持ちで良いとこの嬢ちゃん坊ちゃんなんですかい。

これには同意だが、379は漫画と文庫本の価格差を問題にしていないと思うが。
「同じ様な値段でも漫画ではなく文庫本を選ぶ」教養がどこからやってくるか、
を問題にしているのではないか?



381は、380の読み違いの尻馬に乗って、無様を晒すクソコテハンの図だな。

386 :吾輩は名無しである:04/02/06 13:40
「生活に余裕がないと、漫画はともかく普通の本にはふれあえない」
なんてしょっぱい発想は、突っ込まれるのが当たり前。

387 :吾輩は名無しである:04/02/06 15:08
「どうでも良いが」って書いてある

388 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/02/06 18:28
>>385
もう少し頭良くなってから喋れ。問題外のバカだな。

389 :ファルスマン ◆yxnU6MROKk :04/02/06 18:30
やっぱ2ちゃんじゃ安吾スレもバカばっかか。

390 :吾輩は名無しである:04/02/06 18:33
おまえが来るスレだから仕方ないよ。

391 :吾輩は名無しである:04/02/06 20:06
言ったモン勝ちの低脳が集うスレはここですか?

392 :吾輩は名無しである:04/02/06 23:27
まぁあれだ福田恒存はどうよ?

393 :吾輩は名無しである:04/02/09 21:32
安吾の書いたもの、小説はあんまり面白くないんだが
評論関係がすばらしく気にいっている。
文化の形を文字でたたき出してるって印象かな。
いろんな読み方してるヤシがいてとってもうれすい。
安吾に2chみせたかったなー。


394 :吾輩は名無しである:04/02/14 05:36
白痴って面白いよね

395 :393:04/02/14 07:23
>>394
めんご。同意します。

風博士、口に合わなかったもので...

396 :吾輩は名無しである:04/02/14 20:46
>「堕落」にしても「没落」にしても、ゆるぎ無い向上心が契機となっている。
って何処に書いてあるんですかマジレス。

397 :吾輩は名無しである:04/02/17 11:15
今日は安吾忌だ。今日の6時半から。
赤坂のサントリービルでだ。
申し込みしてない奴は一万円もってこい。
サントリービルの前を安吾の本見えるようにしてウロチョロしていろ。
見つけ次第入れてやるから。

398 :吾輩は名無しである:04/02/17 18:11
>>397
まだ間に合いますか?

399 :新潟市民:04/02/17 23:50
仕事休みだったから行けばよかったかな…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040217-00000192-kyodo-ent

400 :吾輩は名無しである:04/02/18 00:25
50怪奇ってことは著作権切れ?

401 :吾輩は名無しである:04/02/18 11:09
>>398
>>399
ルパン(太宰とか坂口がカウンターであぐらかいてる写真で有名)のマスター
による、安吾カクテル実演試飲会。
安吾の初版本プレゼント(当然全員ではない)などと
スゴイ企画めじろ押しであった。
こんなに景気のよい企画は来年はないと思いますが、来年来て下さい。

402 :吾輩は名無しである:04/02/19 13:55
>397
これこれ、一応申し込みしといたほうがいいんでね?
人数把握できなかったら運営側の人困るじゃん。

でもあの中の人たちは若い人が来てくれたら喜ぶだろうけど

403 :吾輩は名無しである:04/02/19 13:58
桐生の安吾忌ならまだ間に合うよ。今週末。
気合はいってるみたいだからこちらも興味のあるやつは調べてみるといいよ

404 :吾輩は名無しである:04/02/19 16:59
>>402
立食パーテー形式だから、飛び込みが多い方が
実入りがあるだろ。運営は極貧らしいぞ。

405 :吾輩は名無しである:04/02/19 17:12
もう終わってるし

406 :吾輩は名無しである:04/02/21 01:54
安吾の最高傑作は「狂人遺書」だ!
彼が「因果物」、「蒙昧」という言葉で撃ち続けた田舎百姓の奴隷根性
がこれでもか!と書き出されている。
最近の日本の胸糞悪いニュースの大抵は、これで腑に落ちると思うです。

407 :吾輩は名無しである:04/02/29 12:27
今まで読んだ安吾の中だと、桜の森の満開の下が
一番傑作だと思った。
好きなのは夜長姫と耳男でこれも凄いと思うけど、
小説としては、桜〜の方が出来は大分上な感じがする。

408 :吾輩は名無しである:04/02/29 21:54
本当の傑作は黒谷村

409 :吾輩は名無しである:04/02/29 22:05
安吾が芥川賞の選考員?だった時、安部公房氏の「Sカルマ氏の犯罪」を酷評していた
らしいですけど本当でしょうか?どなたか教えて頂けないでしょうか。
どちらも好きな作家なので気になります。


410 :吾輩は名無しである:04/02/29 23:38
読んだことあるな。筑摩のデカイ全集に載ってたと思う。
一言「ああいうのは評価すべきじゃない」みたいな事を書いてた。

411 :吾輩は名無しである:04/03/01 00:17
>>410
ありがとう!!

412 :吾輩は名無しである:04/03/02 23:45
俺は、青鬼の褌を洗う女が好きだ。

413 :吾輩は名無しである:04/03/03 00:10
>>412
俺も。
安吾の最高傑作ではないけど、
ひどく読み手の感情に訴えてくるものがある。

高校の時、好きだった子が安吾好きだったんだよな・・
その子はSonic Youthのコピーバンドやってたけど、
一浪で東大行った。
今何をしているのか・・

414 :412:04/03/03 00:20
ソニックユース懐かしい。
ベルベットとかも好きだ。関係なくてすまん。
東大ってすげえな・・。

415 :吾輩は名無しである:04/03/03 23:42
一応「堕落論」等有名作品読んだけどあまり面白いとは思わなかった。
太宰と違って無骨な文章は親しみが湧かなかった。けど文庫の「暗い青春」に収録
されている「石の思い」を読んで考えが変わった。安吾の父親に対する複雑な思い
が妙にせつなくてたまらなかった。それ以来安吾が好きになった。

416 :吾輩は名無しである:04/03/04 16:31
>>393
エッセイ等は面白いけど、小説は読む気が起こりませんね。
特に女の人が出てくるともうだめ!!妙に恥ずかしくなる。


417 :吾輩は名無しである:04/03/05 02:16
「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」くらいは読んでおけよ。

418 :吾輩は名無しである:04/03/05 09:32
>>417
二作共読んでませんでした。今度チャレンジしてみる。

419 :362:04/03/05 23:41
>>416
津島裕子いわく、
安吾のように女性を描く作家はいない、
女性の立場として救われた、だとさ。

420 :吾輩は名無しである:04/03/06 02:15
自分は女性ですが、
女性の立場として救われたというのには、
かなり共感できます。

421 :吾輩は名無しである:04/03/06 10:19
安吾のエッセイは全然古びてないよね。
現在の日本の事を批判してるみたいで。

422 :吾輩は名無しである:04/03/10 17:31
>420
同意。
青鬼〜と戦争と一人の女とかおみなあたりいいよ
暇があったら読んでみ>416

423 :吾輩は名無しである:04/04/13 01:52
hoshu

424 :吾輩は名無しである :04/04/28 19:02
日本文化私観のなかの美についてってのは機能主義のことを言っての?


425 :吾輩は名無しである:04/04/29 22:31
あんご はタバコ何を吸ってたの?

99 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)