5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

文学作品の一節をエキサイト翻訳(日→英→日)するスレ

1 :吾輩は名無しである:03/03/06 16:33
エキサイト怪訳スレ文学板上陸

http://www.excite.co.jp/world/text/
で、日本語→英語→日本語翻訳しる



親譲りの無鉄砲で小供の時から損ばかりしている。小学校にいる時分学校の二階から飛びおりて一週間ほど腰を抜かした事がある。
  ↓
Inheritance from a parent is rash and only loss is carried out from the time of small 供. It jumps down from the second floor of the time school which is present in an elementary school, and the waist has been omitted about one week.
  ↓
親からの継承は無謀です。また、ロスだけが小さな供の時間から実行されます。それは、小学校の中にある時間学校の2階から下降してジャンプします。また、ウエストは約1週省略されました。
  ↓
 ( ゚д゚)ポカーン

2 :吾輩は名無しである:03/03/06 16:36
ワラた

3 :吾輩は名無しである:03/03/06 16:37
まるでシュルレアリスムの詩のようだ……!!!

4 :吾輩は名無しである:03/03/06 16:49
いくらヒマだからって…

5 : ◆Lain/ckS/w :03/03/06 16:49
国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。夜の底が白くなった。信号所に汽車が止まった。
向側の座席から娘が立って来て、島村の前のガラス窓を落した。雪の冷気が流れこんだ。娘は窓いっぱい
に乗り出して、遠くへ叫ぶように、
「駅長さあん、駅長さあん。」
 明りをさげてゆっくり雪を踏んで来た男は、襟巻で鼻の上まで包み、耳に帽子の毛皮を垂れていた。

It was a snowy country when escaped from the long tunnel of the border. The bottom of night
became white. The train stopped at the signal cabin.
The daughter stood from the seat of 向側 and the glass window in front of Shimamura was dropped.
Snowy cold flowed in. As [ shout / a daughter sets
about to the limit of a window, and / daughter / to a distance ]
"Station length あん, station length あん".
The man who lowered the light, stepped on snow slowly and came wrapped on the nose with the muffler, and was hanging down the fur of a hat to the ear.

境界の長いトンネルから回避された時、それは雪の国でした。夜の底は白くなりました。列車は信号のキャビンで止まりました。
娘は向側の座席から立っていました。また、Shimamuraの前のグラス・ウィンドウが落とされました。雪の寒さは中へ流れました。
として[叫ぶ/娘はセットします、に関して、ウィンドウの限界および/娘へ/距離に]
「ステーション長さあん(ステーション長さあん")。
光を低下させて、雪をゆっくり踏みつけて、来た人は、消音器で鼻の上で包み、耳への帽子の毛皮を下へ掛けていました。



6 : ◆Lain/ckS/w :03/03/06 16:50
英文の改行まちがえちまった。

7 :吾輩は名無しである:03/03/06 16:56
「ステーション長さあん(ステーション長さあん") ←激藁

8 :吾輩は名無しである:03/03/06 16:59
面白いなこれ

9 :吾輩は名無しである:03/03/06 17:06
月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也。舟の上に生涯をうかべ、
馬の口をとらへて老いをむかふる物は、日々旅にして旅を栖とす。古人も
多く旅に死せるあり。

日と月の間、それはMomoyoの過客およびラインになります。あるいは、さらに、
ふ年は又旅Hitoyaです。船トップ--浮かぶという生涯、馬の口――と--むの中
のて老いを振るもの--毎日--旅行--実行――旅行--栖--さらに、すはそこで多
くの古代文明諸国およびそれらです、旅行への死せるを備えたものです。

10 :吾輩は名無しである:03/03/06 17:07
省略されないくらいの長さにおさめろや

11 :吾輩は名無しである:03/03/06 17:36
わらえる!


12 :吾輩は名無しである:03/03/06 18:19
そのとき、人は言った。
「これこそ、ついにわたしの骨の骨、わたしの肉の肉。男から取ったものだから、これを女と名づけよう」
それで人はその父と母を離れて、妻と結び合い、一体となるのである。
人とその妻とは、ふたりとも裸であったが、恥ずかしいとは思わなかった。

人々はそのとき言いました。
「これは単に骨の肉です、その、私の骨の、そして私の肉、ついに。それが人を落とすので、私がこれを女性と命名すること。」
その後人、父親および母親を残し、妻と提携し、結合されます。
人々の人およびその妻の両方は裸でしたが、私はそれが恥ずべきであると思いませんでした。

13 :吾輩は名無しである:03/03/06 21:30
>12
変換後が妙にえっちい感じ

14 :吾輩は名無しである:03/03/06 22:30
激ワロタ腹いてー

15 :吾輩は名無しである:03/03/06 23:00
ひとひら、眠気を誘って流れていく。気がつくとまたひとひら、またひとひらと
目を惹きよせて、数を増していくが、樹全体としてはまだ散るけしきもなく、満
開の飽和感だけがある。咲ききわまった花の色がしかし、その上にもうひと
きわ桜色になり、花芯のひとつひとつが、ひらいた目のように見えてくる。

1ひらおよび眠気が招待されます。また、それは流れます。それが気づく場合、
さらに惹きよせておよび数は1ひら、1ひおよび他のものに関して増加させられ
ますが、樹全体としてまだ解散するけしきはありません、そして目、また、満開
に飽和の感じだけが再びあります。それは栄えます。きわまった花の色だけが
実行し、それが既に特にその上でピンクになり、各々の花芯が開いた目のよう
に目に見えます。

16 :吾輩は名無しである:03/03/06 23:02
15なんか原文のいろっぽさにもだえる姿が目に見えるようでしょう。
エキサイト、必死だな(藁

17 :吾輩は名無しである:03/03/06 23:13
(「悪霊」キリーロフの台詞)


「背伸びをするのはおやめなさい。あなたは強者じゃない。お茶でも飲みに寄ってください」
  ↓
「ストレッチングを止めてください。あなたは強い人ではありません。さらに飲用に
適した茶に接近してください」

18 :吾輩は名無しである:03/03/06 23:33
「万延元年のフットボール」冒頭

夜明けまえの暗闇に眼ざめながら、熱い「期待」の感覚をもとめて、
辛い夢の気分の残っている意識を手さぐりする。
内臓を燃えあがらせて嚥下されるウイスキーの存在感のように、
熱い「期待」の感覚が確実に躰の内奥に回復してきているのを、
おちつかぬ気持で望んでいる手さぐりは、いつまでもむなしいままだ。

暗さは夜明けの前に、眼ざで熱い「期待」の感じを求められます。
また、それは意識を手探りで探します。落ちる感覚の中で望まれて、
手探りすること、またそれを付けない、熱い「期待」の感じは、
[内部の]躰の内部の部分で確かに回復されています、
ウイスキーのその存在が好きである、その内臓はひだを入れられる、
また嚥の下で実行される、まだ、永久に空です。

19 :吾輩は名無しである:03/03/07 04:33
>>12
さすがは聖書。
味のある原文なのに変換後も意味を取りやすい、まさしく名文。
>>17
ワラタ

20 :吾輩は名無しである:03/03/07 11:18
太宰治、『斜陽』より。

夜が明けて来ました。永いこと苦労をおかけしました。さようなら。
ゆうべのお酒の酔いは、すっかり醒めています。僕は、素面で死ぬんです。
もういちど、さようなら。姉さん。僕は、貴族です。

その日は変わりました。私は長いもの障害を適用しました。
さようなら。
昨夜のアルコール中の酩酊は完全に起きました。私は素面で死にます。
それらは既にいちどです、そしてさようなら。姉。私は貴族です。

21 :吾輩は名無しである:03/03/07 11:31
マルコ福音書第11章14節

イエスはその木に言われた、
「もはやいつまでも、誰もお前の実を食べることのないように!」
弟子たちは聞いていた。

「それとしてはいは木に言われていました
(既に)永久に(皆)あなたの果物は食べられません――として――!――"
――生徒はそれを聞いていました。

やっぱり「イエス」は「はい」になるのか・・・。

22 :横光利一『家族会議』:03/03/07 17:33
無理じゃないわ。あの人、弱り切っているの、眼に見えてるんですもの。
それにあなたはあんまり男らしくないわ。
そんなあなたと思わなかったわ。勝手になさいよ。

それは不可能ではありません。その人、弱まったこと、目に見えるもの。
そこに、ない、あなた、その中で男らしく。
私はあなたを思いませんでした。不足に自由にあってください。

23 :芥川竜之介/ピアノ:03/03/07 18:10
或雨のふる秋の日、わたしは或人を訪ねる為に横浜の山手を歩いて行った。
この辺の荒廃は震災当時と殆ど変っていなかった。
若し少しでも変っているとすれば、それは一面にスレエトの屋根や煉瓦の壁の
落ち重なった中に藜の伸びているだけだった。

秋のその日、その或雨は震動する、また、私はともに歩くことにより実行しました、
その、或人々を訪問するために横浜で山の手に。
この近隣の荒廃はその時間震災とともにほとんど変化していませんでした。
それが変わった場合、スレートの屋根およびレンガの壁が全体の表面へ落ちたところで、
藜は内部まで単に延長されました。また、それはそれでオーバーラップしました。

24 :太宰治 『斜陽』:03/03/07 18:23
朝、食堂でスウプを一さじ、すっと吸ってお母さまが、
「あ」
とかすかな叫び声をお挙げになった。
「髪の毛?」
スウプに何か、イヤなものでも入っていたのかしら、と思った。
「いいえ」

朝仮名叫びに言及しました。どれに、スープを速く吸入する。
また、母親"あ"はそれを溶かします。食堂の1本のスプーン。
いくつかの嫌なものも中へ含まれていました。
「髪の毛」「髪の毛の」
私が「少しもなく」考慮したスープ(それはそうです)。

25 :吾輩は名無しである:03/03/07 19:55
>>24
大変な場面だな、おい(w

26 :芥川龍之介『奉教人の死』:03/03/07 20:13
おう、「ろおれんぞ」は女じゃ。「ろおれんぞ」は女じゃ。
見られい。猛火を後にして、垣のように佇んでいる奉教人集。
邪淫の戒を破ったに由って「さんた・るちや」を逐われた
「ろおれんぞ」は、傘張の娘と同じ、眼なざしのあでやかなこの国の女じゃ。

「続く」ために(ろおれん)――女じゃ
「――ろおれん――"――女じゃは見ます、また、それはあり、です。
猛火を後ろに作る奉教人々の収集およびスタンドはまだ囲いが好きです。
邪淫の戒--壊れたこと--基づくこと--氏
「――「それはたとるちを持っていた、そして"続いた(ろおれん)"――傘張--同じ--の娘、
眼なざしの--この魅惑的な国の女じゃ--

27 :太宰治『走れメロス』:03/03/07 20:38
ひとりの少女が、緋のマントをメロスにささげた。メロスは、まごついた。
佳き友は、気をきかせて教えてやった。「メロス、君は、まっぱだかじゃないか。
早くそのマントを着るがいい。このかわいい娘さんは、メロスの裸体を、
皆に見られるのが、たまらなくくやしいのだ。」勇者は、ひどく赤面した。

1人の少女は、MEROSUに緋のマントルを提供しました。MEROSUは困りました。
佳き友はそれに心を聞かせ教えられました。「MEROSUとあなたはまっぱではありませんか。
マントルを初期に身につけていますが、それはよい。
MEROSUの裸の身体中の皆によって見られたisのこのいとしい娘
--耐えられない--く――それは実行することによります
――それは."勇人です、ひどく恥じていました。

28 :新美南吉 『ごん狐』:03/03/07 20:43
「おや」と兵十は、びっくりしてごんに目を落しました。
「ごん、お前だったのか。いつも栗をくれたのは」
ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。
兵十は火縄銃をばたりと、とり落しました。
青い煙が、まだ筒口から細く出ていました。

「や」および兵10は、ごんに驚いて目を落としました。
「あなたはごんとあなたでしたか。与える常に褐色」
ごんは、同意中のその頭を下げました。ぐったりでその目を閉じました。
ばたりで、兵10は火縄銃をとりませんでした。
青い煙は、筒口からまだ希薄に来ました。

29 :吾輩は名無しである:03/03/07 20:43
訳文から書名を当てるクイズとかできそう(w

30 :宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」:03/03/07 20:55
ゴーシュは町の活動写真館でセロを弾く係りでした。
けれどもあんまり上手でないという評判でした。
上手でないどころではなく実は仲間の楽手のなかではいちばん下手でしたから、
いつでも楽長にいじめられるのでした。

ゴーシュは町の映画ホールでチェロを弾くチャージでした。
しかしながら、それはあまり熟練していないことの評判でした。
友達の楽手がちょうどよく実際最も不足していたので、
それは容易な長さまでに常に悩まされました。

不可解な部分の英文は
[It was teased by easy length always.]

31 :泉鏡花『歌行灯』:03/03/07 21:14
舞いも舞うた、謡いも謡う。はた雪叟が自得の秘曲に、桑名の海も、
トトと大鼓の拍子を添え、川浪近くタタと鳴って、太鼓の響に汀を打てば、
多度山の霜の頂、月の御在所ヶ獄の影、鎌ヶ獄、冠ヶ獄も冠着て、
客座に並ぶ気勢あり。

さらにダンスをすること(ダンスをするた)さらに、述べる――それは、
桑名の海がさらにトトと自己満足の秘曲に大きな困難なドラムのリズムを付ける場合、
冠着てと客座を備えたラインにTado山の霜、月の在所kA刑務所の影、
小鎌kA刑務所および王冠kA刑務所のトップも位置する力を備えたものを述べます、
TATAを備えたそれへの音はKawanamiに近づきます。また、はた雪叟は、
ドラムの響でそれへの海岸を打ちます。

32 :梶井「檸檬」:03/03/07 21:33
えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終|圧えつけていた。
焦躁と言おうか、嫌悪と言おうか――酒を飲んだあとに宿酔があるように、
酒を毎日飲んでいると宿酔に相当した時期がやって来る。
それが来たのだ。これはちょっといけなかった。
結果した肺尖カタルや神経衰弱がいけないのではない。

奇妙な不吉な塊-- 私の心、常に|圧え--価格--ていた
[あるいは、私は呼びましょう/それはそれを短気と呼ぶでしょうか、
あるいは/それ、嫌う]――アルコールが毎日同じようにそこに飲まれる場合、
アルコールを飲んだ後に宿酔である、時間は相当な宿酔に進行するでしょう、
底。
それは来ました。これは、ちょうどしばらく整えられませんでした。
結果--実行したこと--肺の頂点--ノイローゼ--のカタル--悪いこと--もの。

33 :宮沢賢治『銀河鉄道の夜』:03/03/08 15:01
「僕もうあんな大きな暗の中だってこわくない。
きっとみんなのほんとうのさいわいをさがしに行く。
どこまでもどこまでも僕たち一緒に進んで行こう。」
「ああきっと行くよ。ああ、あすこの野原はなんてきれいだろう。
みんな集ってるねえ。あすこがほんとうの天上なんだ。
あっあすこにいるのぼくのお母さんだよ。」
カムパネルラは俄かに窓の遠くに見えるきれいな野原を指して叫びました。

「――さらに、私は得ます、また、それは、皆のほんで確実に得る場合、
そのような大きな日暮れの内部においてまた恐ろしくありません、
それは行きます、わいは探索します、私は進歩しましょう、に、私、1つの手掛かり、に、へ(どこ)ところで。
""おお、それは確実に行きます。おお、それは明日この分野などで美しくなります。それは全く集まります--て。
あすこはそれを得るためにほんおよび天の上にあります、
あっあすこにある――それは私の母親です」カムPANERURAは、
突然に見える美しいフィールドを指摘し叫びました、に、その、ウィンドウに長距離電話で。


34 :檸檬は、:03/03/10 18:54
>奇妙な不吉な塊-- 私の心、常に|圧え--価格--ていた
>[あるいは、私は呼びましょう/それはそれを短気と呼ぶでしょうか、
>あるいは/それ、嫌う]――アルコールが毎日同じようにそこに飲まれる場合、
>アルコールを飲んだ後に宿酔である、時間は相当な宿酔に進行するでしょう、
>底。
>それは来ました。これは、ちょうどしばらく整えられませんでした。
>結果--実行したこと--肺の頂点--ノイローゼ--のカタル--悪いこと--もの。

バロウズのカットアップみたいでちょっとイイな。

35 :吾輩は名無しである:03/03/10 22:31
>>24

>いくつかの嫌なものも中へ含まれていました。
>「髪の毛」「髪の毛の」
>私が「少しもなく」考慮したスープ(それはそうです)。

状況が想像できるよ(w

36 :吾輩は名無しである:03/03/11 00:38
おもしろくなるかどうかわかんないけど、いままで読んだなかで最も長い書き
出しの一文をやってみる。


寝具の汚れを嫌って、傍らの小卓の隅で昨夜からの多量の吸殻に埋もれた灰皿
の底に、風化する軽金属の膚に増殖し脆く盛りあがった灰白色の錆めいて見え
る、煙草の先端でどのように微かな振動にも呆気なく崩壊し去るほど成長した
棒状の灰を誤りなく落とすための、注意深く抑制された腕そして肩の微細な動
きにさえ、硬い発条の軋む耳障りな金属質の呻き声で克明に反応する、時代が
かった大型の寝台の上に怠惰な姿勢で横たわりながら、一様に煤、脂、埃で汚
らしく黒ずんだ天井と壁の交差する部屋の隅の窪みを漠として眺めあげ、頭蓋
の仄暗い内奥にいつしか確かな存在感をもって凝固し終えた想念をあらためて
、その意味の重さを噛みしめるように低い声で呟いてみる。

層理の汚れを嫌っており、小さなテーブルの隅に昨夜から多くのたばこ終了に
埋められた灰皿の底に、その、灰のさび姪て見えるに賛成する、風化する軽金
属の皮膚に増加し、それをそこに崩壊させた円筒状の灰を誤るために容易に起
きた白は、さらに振動中の呆気ではありません、気絶する[どのように、また最
後の程度を育てた]また、たばこの先端でそれをそこに落とすことは何ではあり
ません、アンティーク上の使用されていない姿勢の役目であること、腕の詳細
な運動にさえ反応する、大きく分類するベッドは、注意深くコントロールしま
した、そして肩、激しいスプリングがきしる金属のぎーぎーいう質のうめき声
によって良心的に、部屋の角の穴、どこで、すす、脂肪およびほこりで不潔に
一様に黒っぽくなった天井および壁クロス――曖昧に(見ること)上げること(頭
蓋の仄)それが終了した概念、明瞭な存在低い声での意味の重量を評価するとと
もに

あぁ・・つまんなかった。

37 :吾輩は名無しである:03/03/12 03:59
佐助痛くはなかったかと春琴が云ったいいえ痛いことはござりませなんだ御師
匠様の大難に比べましたらこれしきのことが何でござりましょうあの晩曲者が
忍び入り辛き目をおさせ申したのを知らずに睡っておりましたのは返す返すも
私の不調法毎夜お次の間に寝させて頂くのはこう云う時の用心でござりますの
にこのような大事を惹き起こしお師匠様を苦しめて自分が無事でおりましては
何としても心が済まず罰が当たってくれたらよいと存じまして何卒わたくしに
も災難をお授け下さりませこうしていては申訳の道が立ちませぬと御霊様に祈
願をかけ朝夕拝んでおりました効があって有難や望みが叶い今朝起きましたら
この通り両眼が潰れておりました定めし神様も私の志を憐れみ願いを聞き届け
て下すったのでござりましょうお師匠様お師匠様私にはお師匠様のお変わりな
されたお姿は見えませぬ今も見えておりますのは三十年来眼の底に沁みついた
あのなつかしいお顔ばかりでござります何卒今まで通りお心置きのうお側に使
って下さりませ俄盲目の悲しさには立ち居も儘ならず御用を勤めますのにもた
どたどしゅうござりましょうがせめて御身の周りのお世話だけは人手を借りと
うござりませぬと、春琴の顔のありかと思われる仄白い円光の射している方へ
盲いた眼を向けるとよくも決心してくれました嬉しゅう思うぞえ、私は誰の恨
みを受けてこのような目に遭うたのか知れぬがほんとうの心を打ち明けるなら
今の姿を外の人には見られてもお前にだけは見られとうないそれをようこそ察
してくれました。


38 :吾輩は名無しである:03/03/12 04:03
琴はいくらかの佐助痛くおよびスプリングがあったかどうかに言いました――
いいえ、痛いものは存在するべきです――それはそうです、何――教師――そ
れ、等しくすること、いつ、これ、中へ実行される、また、きのこは存在する
べきです、何で、大規模な困難と比較して場合[のように]――凶漢は中へ盗む
必要があり、それに問題、教師、また眠りますが[作る/持っている、あなた/
それ]このように言う場合注意によって存在する、彼は安全です、また、彼は
それに降ります。さらに、私がそれと思うは何として、心臓は固定していませ
ん。しかし、罰はちょうど招かれるべきです。喜ばせる、さらに私に不運を親
切に与える(それがこのようにあり、説明の方法が立っていない場合)精神、そ
の、死んでいる--祈願がどのように適用されたか、また、どれが毎朝崇拝され
ていたかへの結果および夜があります、また、所有者困難および希望が生じま
す、叶い、今朝――両方の目が砕かれ、、それがそれをセットし、実行するっ
た'sおよび神によって、さらに私の心を哀れむ、またそ??aそれタラ・コジカ
であるとともに、希望を与えて与える、教師、氏、存在する必要のある(私)教
師、教師――それはそうです[それは目に見えない、に関しては、その、図/の
ように/どれ、奇妙な分割された、また作られた]まだ目に見える、30年--今ま
で通行--以来目の底に染められたノスタルジアの顔によってのみ存在する、す
べての心臓--うお--側のために使用してください――少なくともそれに、もし
ず御用は突然の無分別の悲嘆のために動かされますが、あなたの健康の周囲の
注意がローンを備えた支援を得て、さらに、移動が儘である場合、たどたどし
ゅうござりましょうがそれに存在しなければ、それ、嬉しゅう思うぞえ。仄、
春(さらに、よく、それは、盲いた眼を白い円光を置いている方向に向けるこ
とを決定しました)に琴の顔の行方であると考えられた、私が悪?モに応じてそ
のような目に遭遇するた、誰の、あるいはそれ、それはあなただけによって見
られ、ほんおよび得るべきそれらの心臓が開かれる場合、外部の人が現在の光
景を捕らえても、、とうではない、であるが、ない、見つけた――ようこそ!、
それは推測しました。

39 :吾輩は名無しである:03/03/12 04:07
>また、きのこは存在するべきです

>周囲の注意がローンを備えた支援を得て


・・・・・・・・・。


40 :吾輩は名無しである:03/03/12 05:01
おもろいなー

41 :芥川龍之介『好色』:03/03/14 18:41
まず原文

平中は殆ど気違いのように、とうとう筐の蓋を取った。
筐には薄い香色の水が、たっぷり半分程はいった中に、
これは濃い香色の物が、二つ三つ底へ沈んでいる。
と思うと夢のように、丁子の匂が鼻を打った。これが侍従の糞であろうか? 
いや、吉祥天女にしてもこんな糞はする筈がない。
平中は眉をひそめながら、一番上に浮いていた、二寸程の物をつまみ上げた。

42 :芥川龍之介『好色』:03/03/14 18:44
で、翻訳後

Hiranakaは、ほとんど狂気のようについに筐の蓋をとりました。
この深いものは香色に、香色の薄い水が筐で半分のように完全に言った内部への2 3底に低下します。
考慮された時、クローブの匂いは鼻を夢のようにしました。
これはH.M.への侍従のですか、皇帝排泄物?
いいえ、それがそれをSrimahadevi女性にしても、そのような排泄物は実行されてはなりません。
Hiranakaはその指の間に増加しました、
その、眉をしかめて、トップで浮かんだ2-太陽ものに関して。

「へいちゅう」だっつうのに。

43 :新美南吉『手袋を買いに』:03/03/14 19:08
間もなく洞穴へ帰って来た子狐は、
「お母ちゃん、お手々が冷たい、お手々がちんちんする」と言って、
濡れて牡丹色になった両手を母さん狐の前にさしだしました。

洞穴にすぐに?゚った子狐は、言った両方の手を置き始めました、
「手、で、寒い、私の母親および手ちんちん"、ぬれて、母親狐の前にシャクヤク色になった。

44 :吾輩は名無しである:03/04/01 14:58
ここ最高

45 :吾輩は名無しである:03/04/01 16:45
おれの名前はケンジ。 わたしの名前はケンジと申します。 ぼくはケンジ。
あたしケンジっていうのよ。 日本語にはいろいろ言い方はあるが
それは何のためなんだろうな。 と思いながらおれはそのアメリカ人に、
マイネーム イズ ケンジ と言った。 おお、君がケンジか、とそのアメリカ人は
大げさな身ぶりで喜んで見せた。 よろしく、と言って、おれはその太った
アメリカ人旅行者と握手をした。 西武新宿駅のすぐ近くにある、
外国だったら二つ星と三つ星の中間にランクされそうなホテル、
それがおれとフランクの記念すべき出会いの瞬間だった。
(イン ザ・ミソスープ/ 村上龍)

46 :吾輩は名無しである:03/04/01 16:49
れの名前はKENJIです。My名はKENJIと呼ばれます。私はKENJIです。
IつのKENJI--っていう。それはそうでしょう、何のために、
日本語で話す様々な方法がありますが。
壊れる、考慮――はそ--私の名前IZU KENJIと--のアメリカ人、
それはおおと言いました――身振りで、で、その、誇張されたとともに、
アメリカ、として、それがKENJIでも、嬉しく、よく示した(と)言い壊れる
――手[旅行者/アメリカ人/それには
あなたがSeibu新宿ステーションおよびホテルの近くで直ちに外国で、
2つの星および3つの星の最中に並べられるそれが壊れるべきだった時、
それは率直な記憶すべき遭遇の瞬間でした。
 ( ゚д゚)ポカーン にやっぱりなってしまいました


47 :吾輩は名無しである:03/04/18 19:34








48 :吾輩は名無しである:03/04/18 23:55
皇帝排泄物

49 :山崎渉:03/04/19 22:43
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

50 :夏目漱石『こころ』:03/05/15 22:03
こういう過去を二人の間に通り抜けて来ているのですから、
精神的に向上心のないものは馬鹿だという言葉は、Kに取って痛いに違いなかったのです。
しかし前にもいった通り、私はこの一言で、彼が折角積み上げた過去を蹴散らしたつもりではありません。
かえってそれを今まで通り積み重ねて行かせようとしたのです。
それが道に達しようが、天に届こうが、私は構いません。
私はただKが急に生活の方向を転換して、私の利害と衝突するのを恐れたのです。
要するに私の言葉は単なる利己心の発現でした。
「精神的に向上心のないものは、馬鹿だ」
 私は二度同じ言葉を繰り返しました。そうして、その言葉がKの上にどう影響するかを見詰めていました。
「馬鹿だ」とやがてKが答えました。「僕は馬鹿だ」


51 :夏目漱石『こころ』:03/05/15 22:05
それが2人の間でそのようなものによってそばを過ぎて交わされているので、
大望を持っていないものが精神的に愚かであるという言葉は、Kを好きになるに違いないし痛かったに違いありません。
しかしながら、私はこの単語で、以前に言われているような多くの問題で
彼が蓄積した過去に関する蹴散らしたつもりではありません。
それは、以前のように蓄積される傾向がありました。
また、それはそれをこれに反して行かせるでしょう。であるが、
どのように、それがどれに到着するかに依存すること、
方法は天に達するでしょう、私は重要ではありません。
私は、生活の方向を急に変換し、私の興味と衝突するKを単に心配しました。
要するに、私の言葉は単なる利己主義の発見でした。
「大望を持っていないものは精神的に愚かです。」
私は2度同じ言語を繰り返しました。
その後、それは言語がすぐに答えられたK.Kにどのように上に影響を及ぼすだろうかを見つめていました
「それは愚かである。」「私は愚かです。」

52 :吾輩は名無しである:03/05/15 22:05
さやかだけどさっきの話なんだけどどうする?

http://www.net-de-dvd.com/


53 :山崎渉:03/05/28 09:13
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

54 :吾輩は名無しである:03/06/20 19:38
保守



55 :吾輩は名無しである:03/06/24 02:16
自分だって四六時中、こんな面白い顔を見て暮らすのは嫌だ。
だって、つい、笑ってしまって真面目なことを
考えることができないではないか。
妻だってきっとそうに違いない。
もともとあの女は、いたって生真面目なところがあったのだもの。

一日中そのような面白い顔を見て、住んでいることは嫌です。
(さらに)笑うことができずに、何もありませんか、
そしてだっておよび重大なものを考慮することができること?
(ちょうど)それは、確実にさらに妻の中で会うでしょう。
女性は、1番目からの非常に熱心な場所を持っていました――
もの、確かに、私はついに理解します。


56 :_:03/06/24 02:18
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/

57 :吾輩は名無しである:03/06/24 13:20
ある日の暮方の事である。一人の下人(げにん)が、羅生門(らしようもん)の下で雨やみを待っていた。
 広い門の下には、この男のほかに誰もいない。ただ、所々丹塗(にぬり)の剥(は)げた、
大きな円柱(まるばしら)に、蟋蟀(きりぎりす)が一匹とまっている。
羅生門が、朱雀大路(すざくおおじ)にある以上は、
この男のほかにも、雨やみをする市女笠(いちめがさ)や揉烏帽子(もみえぼし)が、
もう二三人はありそうなものである。それが、この男のほかには誰もいない。


It is the thing of the method of twilight of a certain day.
The one lower man (げにん) was waiting for rain darkness under Rashoumon Gate
(it needs も??aもん. Under a large gate, nobody is besides this man. however,
one 蟋蟀 (only as す) has stopped at the 剥 (は) wooden clogs of 丹塗 (coating),
and the big pillar (まるばしら) in some places If Rashoumon Gate is in Suzaku-Oji
(すざく uncle) at all, 23 more persons are likely to have 市女笠 (eye いち is さ)
and 揉烏帽子 (it being visible and ぼ(ing)) which carry out the rain darkness other
than this man. It is in nobody besides this man.

それはある日の薄明かりの方法のものです。
Rashoumonゲート(それはもを必要とします?)の下の雨暗さのために、
より低い人(げにん)が遅らせていたもの?aもん。大きなゲートの下では、
誰もこの人に加えていません。
しかしながら、RashoumonゲートがSuzaku-Oji(すざくおじ)に少しでもある場合、
1蟋蟀(すとしてののみ)は丹塗(コーティング)の剥(は)の木製の障害物およびいくつかの
場所の大きな柱(まるばしら)で止まりました、
もう23人が、実行する市女笠(目いちはさです)および揉烏帽子
(それ、目に見えること、またぼ(ing))を持つでしょう、
この人以外の雨暗さ。それはこの人に加えて誰にもあります。

58 :吾輩は名無しである:03/06/24 13:26
寒い冬が北方から、狐(きつね)の親子の棲(す)んでいる森へもやって来ました。
 或朝(あるあさ)洞穴(ほらあな)から子供の狐が出ようとしましたが、
 「あっ」と叫んで眼(め)を抑(おさ)えながら母さん狐のところへころげて来ました。
 「母ちゃん、眼に何か刺さった、ぬいて頂戴(ちょうだい)早く早く」と言いました。


Cold winter came on also to the woods which are by 棲 (す) ん of the parent
and child of a fox (fox) from the north direction.
although a child's fox tended to come out from the 或朝 (a certain あさ)
cave (a big talk -- あな) It has fallen to the place of a mother fox,
shouting, "あっ" and obtaining an eye (め) 抑 (さ). "
-- it was stuck in my mother and the eye by something
-- it extracted and was early called " early [ receive (receive) ]




寒冬は、さらに北の方向から狐(狐)の親および子供の棲(す)んによる森へ近づきました。
子供の狐は、或朝(あるあさ)洞穴(大言壮語--あな--)から現われる傾向がありましたが
それは、母親狐、シャウティング、"あっ"および目(め)抑(さ)を得ることの場所へ落ちました。
"-- それは何かによって私の母親および目に差し込まれました-- それは抽出し、初期に呼ばれました
"初期に[受け取る](受け取る)


59 :吾輩は名無しである:03/06/24 13:29
「ではみなさんは、そういうふうに川だと云(い)われたり、
乳の流れたあとだと云われたりしていたこのぼんやりと白いものがほんとうは何かご承知ですか。」
先生は、黒板に吊(つる)した大きな黒い星座の図の、上から下へ白くけぶった
銀河帯のようなところを指(さ)しながら、みんなに問(とい)をかけました。
 カムパネルラが手をあげました。それから四五人手をあげました。


Is anything knowledge?
this vacantly white thing from which you were said to such
ふう that it is 云 (being) after it is divided or milk flows in
" when you were rivers -- ほん -- obtaining -- The question (being)
was applied to everybody, turning the finger of a white place like a けぶった
Galaxy belt (さ) down from on the figure of the big black constellation
which carried out 吊 (vine) to the blackboard. Cam PANERURA raised the hand.
And 45 helps were raised.


何かは知識ですか。分割された後、それが云(である)であるふうあるいはミルクに言われていた、
この空虚に白いものは流れます、の中で"あなたが川だった時――得るというほん、
質問(である)は白い場所の指を回して、皆に適用されました、けぶった銀河ベルト(さ)が好きである、
から下降して、黒板に吊(ブドウの木)を実行した、大きな暗い星座の図の上で。
カム川PANERURAは手を上げました。また、45の支援が上げられました。


60 :吾輩は名無しである:03/06/24 13:32
谷川の岸に小さな学校がありました。
 教室はたった一つでしたが生徒は三年生がないだけで、
あとは一年から六年までみんなありました。
運動場もテニスコートのくらいでしたが、
すぐうしろは栗(くり)の木のあるきれいな草の山でしたし、
運動場のすみにはごぼごぼつめたい水を噴(ふ)く岩穴もあったのです。


The small school was located in the shore of a mountain stream.
Although the number of classrooms was only one,
a student does not only have a third grader, and there was the
rest wholly from 1 to 6. a playground -- a tennis court -- about -- it was --
although -- immediately back was the mountain of beautiful
grass with a chestnut (くり) tree -- carrying out -- a playground ends --
ぼごぼ -- there was also 噴 (ふ) く岩穴 about cold water



小さな学校は山流れの海岸に位置しました。
教室の数は1だけでしたが、学生には3年生が単にいません。
また、全く1から6までの残りがありました。運動場-- テニスコート、
に関して――それはそうでした――であるが――後ろにクリ(くり)木を備えた山のような美しい芝だった
――実行――運動場は終了します(ぼごぼ)冷水に関してさらに噴(ふ)く岩穴がありました。




61 :ノルウェイの森。緑の会話:03/06/24 13:53
「恥かしがったりしちゃ駄目よ。すごくいやらしいこと考えていいから。
ね、私がいいって言うからいいんじゃない。そうだ、今度電話で言って
あげるわよ。ああ……そこいい……すごく感じる……駄目、私、
いっちゃう……ああ、そんなことしちゃいやっ…とかそういうの。
それを聞きながらあなたがやるの」


非常に嫌なもの考えてよいので、それが役立たなくて内気です(ちゃ)。
ねと私があり、いい、言うので、それは言っていません。それは、
それが正しいであると電話でぶっきらぼうに言います。そのようなもの
..よい、そこに..異様なフェルト--無用、私およびいっちゃう
..そのようなもの(そのようなもの、この年ちゃいやっ)言うこと
[それは溶かされるだろう]それを聞くことを行います。


62 :最悪の接触。筒井康隆:03/06/24 17:24
「専門かね。ずいぶん長かったよ。ちょうど区画整理があってね。みじめなものさ。
いやもう、二度とあんなおこぼれにはありつけないだろうよ。あんたや私以外
にはね。しかしまあ、それがいわゆる、専門の、専門らしいところだろうけどね。
あははは」
何が何やらさっぱりわからない。


「あるいは[専門]。それは適正に長かった。どれでも正確に再区分していますか。
哀れなものさ。嫌--既に(再び)そのようなものであること――落ちることにより
来る――恐らく、それはあなたになりません、そして私――以外は、しかしながら、
けど、外見は、よく専門のいわゆる専門であるために行くことは、ちょうど[けど]
でしょう。あ-- は"
――いくらか少しも理解しないもの

63 :歌と饒舌の戦記(筒井康隆):03/06/24 18:26
ええ。そりゃもうね、どうせわたしゃ馬鹿でござんすよ。マルクス主義者であることを
やめた日からついでに知の解体まではじまってわたしゃ死んだ。そうじゃ。
わしゃ死んだのじゃ。おや。また瘤でござんすかい。そうでしょうそうでしょう。
がっかりなどせんですよ。平気すよ。平気すよ。何も信用せんのですからね。
わたしゃ死んどるから。眼は見えんし痔は出とるしね。そこに山があるから
ただ登っとるだけでして。(以下略)

Yes. そりゃ -- うね -- at any rate -- わたしゃ -- foolish --
ざんす . the occasion from a day which stopped being a Marxist
-- up to demolition of 知 -- starting -- me -- it is ゃ死ん
そうじゃ. It is じゃ in わしゃ死ん. や. It is a wen. Moreover,
is it ざんす? It will meet right [ that ]. It does not など
disappointedly. calm -- す . calm -- す . Since nothing is
trusted. From I ゃ死んどる. し [ an eye is not visible and
hemorrhoids comes out ]. Since a mountain is there,
they are merely only 登っ and る. (Following abbreviation)

はい。そりゃ--うね--はどれででも評価します(わたしゃ)--愚かです--ざんす。
マルクス主義者であることをやめた一日からの場合--倒壊まで、の
「スタートするというm、私――それはゃ死んそうじゃです。それはわしゃ死んの中のじゃです。
や。それははれ物です。さらに、それはざんすですか。それは右[それ]に会うでしょう。
それはしません、など、がっかりして。平静--す。平静--す。何も信頼されないので。
から、私、ゃ死んどる。し[目は目に見えません、そして痔疾、現われる]。山がそこにあるので、
それらは単に単に登っおよびるです。(次の省略)

64 :もいっちょ筒井(脱走と追跡のサンバ):03/06/24 23:53
おお、初夜のデリカシーよ今いずこ。ポチはほんとに可愛いな。可愛さあまって
憎さが百倍。生臭坊主の南京木綿、百鬼夜行の味がする。那落迦の底の清教徒、
蜘蛛の糸さえお釈迦の陰毛。正直者が馬鹿を見りゃ、馬鹿の頭に神宿り、神も
馬鹿なら人も馬鹿。同じ馬鹿なら踊ろうじゃないか。神も仏も踊ろうじゃないか。


ポーチがほんにとって大切なところで、おお。(初日の微妙さよ今)愛らしさあまって
憎悪は100回です。そこで、世俗的な聖職者の南京綿および地獄の味はあります。
那落迦の底の清教徒およびクモの糸さえ、浪費家の陰毛です。さらに、正直が
払わず、さらに、神宿りと神がりゃおよび愚かな頭の上で愚かなように場合、
人々は愚かです。同じ--愚かな場合、ダンスをしましょう、神およびブッダを
ダンスをしましょう。

65 :吾輩は名無しである:03/06/25 18:04
どんな訳し方したら
お釈迦→浪費家
になるんだ・・・?

66 :吾輩は名無しである:03/06/25 18:54
小説じゃないが・・・

死に至る病(キェルケゴール)

自己とは、一つの関係、その関係それ自身と関係する関係である。あるいは、
その関係において、その関係がそれ自身に関係するということ、そのことである。
自己とは関係そのものではなくして、関係がそれ自身に関係するということなの
である。


Selves are one relation and a relation related to the related itself.
Or in the relation, the relation is being related to itself, and its
thing. I hear that it carries out by self not being the relation
itself, and a relation is related to itself.


自己は1つの関係および関係です、関係があった、その、それ自体関連づけられ
ました。あるいは、関係では、関係がそれ自体およびその所持品と関係があります。
私は、関係自体でない自己によってそれが実行すると聞いています。また、関係は
それ自体と関係があります。

67 :仏説摩訶般若波羅蜜多心経:03/06/28 18:16
観自在菩薩  行深般若波羅蜜多時  照見五蘊皆空
度一切苦厄  舎利子  色不異空  空不異色  色即是空  空即是色
受想行識亦復如是  舎利子  是諸法空相
無色  無受想行識   無眼耳鼻舌身意  無色声香味触法
無眼界  乃至無意識界  無無明亦  無無明尽
乃至無老死  亦無老死尽  無苦集滅道  無智亦無得
以無所得故  菩提薩?  依般若波羅蜜多故
心無礙  無礙故  無有恐怖  遠離一切顛倒夢想
究竟涅槃  三世諸仏  依般若波羅蜜多故
得阿耨多羅三藐三菩提  故知般若波羅蜜多
是大神呪  是大明呪  是無上呪  是無等等呪
能除一切苦  真実不虚  故説般若波羅蜜多呪
即説呪日  羯諦  羯諦  波羅羯諦  波羅僧羯諦
菩提薩婆訶  般若心経

視界自由な菩薩行深--ねたむ女性の精神--1つの程度当たり原蜜多照見5蘊
皆空の時間--完全に――苦厄舎利子色不異空、1つの、ユニークな空不--
虚栄の虚栄;すべては虚栄の虚栄虚栄です;すべては虚栄受想行識亦復如是
舎利子是諸法空相無色Non-受想行識Non-です、眼耳鼻舌身意、無色の声香
味触方法Non-眼界あるいは無意識のコミュニティーNon-無明亦Non-無明尽
あるいは無老死亦無老死尽Non-苦集滅道無智亦、増加[ない]。以無収入理
性菩提薩。依般若原蜜多故心無礙Non(礙故無有恐れ遠離はすべて夢究竟の
ニルヴァーナになります、第3の仏教徒イメージ依般若原蜜多故、得阿耨多
羅3藐3魂故知--ねたむ女性の精神--原蜜多Ogami[これ]呪是大明呪是無上呪
等呪、是無能除のように、すべての苦痛真実non)虚(--原蜜多--)故説--
ねたむ女性の精神--??即説呪日羯諦羯諦原羯諦原僧羯諦魂薩婆訶般若心経

68 :吾輩は名無しである:03/07/01 15:36
眼界あるいは無意識のコミュニティー



69 :吾輩は名無しである:03/07/01 19:19
ttp://www.bigmelons.tv/ja/index_800.php?PGID=75&WMID=6100&WMEC=5&LGID=ja&PID=1&LID=45994&aufloesung=2&cvp=Wj0wJlM9Jkxhc3RMSUQ9NDU5OTQ%253D&KTM=az&AC=1

絶対的な小鳥小鳥および胸の豊かな世間知らずより熱い何かが
ありますか、で、覆われた小鳥兼私たちは少しもなく
推測します。そのため、私たちは、関連する小鳥をすべて
にちょうど供給します:自由な小鳥絵、小鳥ビデオおよび熱
い小鳥映画-ない、外にチェックすることを怠る、私たちの
小鳥、カム・エリアを生活に実行し、活動している大きな
いまいましい小鳥を備えた大きな小鳥アジアを見ることを
楽しむ 私たちは、小鳥、熱い小鳥および小鳥を持った角製
のだらしない女より他のものは何も得ませんでし
た。これは単に小鳥の最上です、生きている、他の誰も、あ
なたにウェブ上のこれほど多くの小鳥楽しみを与えること
ができません。さて、私たちは次のことができます 小鳥
画廊へ単にクリックし、胸の豊かなアマチュアおよび小鳥
カムと楽しむ、あなたまで活動している黒い小鳥を見る、
兼。私たちの小鳥ページよりより熱いものは何も外にそこに
ありません、そうすると、何を待っていますか。
bigmelons.tvの小鳥

↑「小鳥」ってまさかchicksの訳なのか・・・?!

70 :山崎 渉:03/07/15 09:14

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

71 :吾輩は名無しである:03/07/27 18:24
 渋谷に行って映画『マトリックス・リローデッド』を見る。
現在、住んでいるマンションの部屋から渋谷まではたった10分ほどしかかからない。
だから映画を見ようと思ったらひとまず渋谷へ行く。
これはすごいことである。
小生はかつて福岡県の片田舎に住んでいた。
どれほどの田舎だったかというと、
近所の光景をモデルに書いた小説に対して「ひと昔前の日本の風土がよく描かれている」という感想がよせられるほどの農村である。
本当は一昔前ではなくばりばりの現在だったので小生の心中は複雑であった。


彼は渋谷へ行き、映画「マトリックス」を見ます。
さて、それが生きているアパートの部屋から渋谷まで約10分だけだけかかります。
したがって、彼が映画を見るだろうとそれが思う場合、それは渋谷へしばらくの間行くでしょう。
これは異様なものです。
私は、福岡県のKata国に以前住んでいました。
それに関して、どのように多くの国、それは程度まで農村です、
それ、コメント「日本の気候は10年前にしばしば引かれる」
モデルに近隣の光景を書いた小説に送られます。
それが10年前になかったので、しかし非常に困難、実際現在、
私の心は?サうでした、複雑にしました。

72 :山崎 渉:03/08/02 00:34
(^^)

73 :山崎 渉:03/08/15 11:21
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

74 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

75 :吾輩は名無しである:03/09/09 14:10
旧約聖書 詩篇 第一篇 第一章
          
悪しき者のはかりごとに歩まず、
罪びとの道に立たず、
あざける者の座にすわらぬ人はさいわいである。
        ↓

 間違っていて、行い、着物のプロットで続かず、罪びを備えた方法上に立っておらず、嘲る人々としての地位に座らない人々--時間--わい--それはそうです

76 :吾輩は名無しである:03/09/09 14:21
ゆく川の水はたえずして、しかももとの水にあらず

死ぬ川の水は連続的に実行され、さらに、基礎の水の中にありません。

77 :吾輩は名無しである:03/09/09 14:30
   五輪の書

底を抜くというは、敵とたたかふに、其道の利を以て、
上は勝つと見ゆれ共、心をたへさざるによつて、上にてはまけ、
下の心はまけぬ事あり。
        ↓
底が抽出される(いう)場合、敵、たたあるいはふ--其道の利--で――1つの、トップ、勝つ(参照こと)振動--心臓--た--さ水切り--したがって――1つの、トップ--場合――底[それ、風]心臓--ぬ事を備えたもの--を巻くべきである。

78 :吾輩は名無しである:03/09/09 14:39
聖書 ルカ伝 15−10

斯のごとく悔改むる一人の罪人のために神の使たちの前に歓喜あるべし。
         ↓
斯のように、喜びあるべは、1人の悔改むる人の罪人のための神の使および他のものの前に実行されます。また、それは。です。

79 :吾輩は名無しである:03/09/14 10:38
 機械 横光利一
初めの間は私は私の家の主人が狂人ではないのかとときどき思った。
観察しているとまだ三つにもならない彼の子供が彼をいやがるからとい
って親父をいやがる法があるかといって怒っている。畳の上をよちよち
歩いているその子供がばったり倒れるといきなり自分の細君を殴りつけ
ながらお前が番をしていて子供を倒すということがあるかという。見てい
るとまるで喜劇だが本人がそれで正気だから反対にこれは狂人ではな
いのかと思うのだ。

80 :吾輩は名無しである:03/09/14 10:38
 機械の水平のMitsutoshi 1
私はスタート間の精神異常者である家の主人と時々見なされました。
それが観察している場合、3にまだセットされない彼の子供--彼――
嫌ながる――だけで――父親は叱られます、しかし、嫌ながる方法
があります、あなたが監視を行っており、畳の上でよろめいて歩いて
いる子供が急に落ちれば、その妻を急にぶって、子供をぶつことが言
えるかもしれないかと言われています。完全にそれが見ている場合、
それはコメディーですが、彼がそれで健全であるので、私は、これが
これに反して精神異常者であるというを抱きます。

81 :吾輩は名無しである:03/10/25 23:13
>>76
私がやってみたらこうなりました。

行く川の流れは絶えずして、しかももとの水に非ず。
淀みに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しく留まりたるためしなし。
世の中にある人とすみかと又かくのごとし。

It carries out continuously and, moreover, the flow of the river which goes is non-ず
to the water of a basis. the evanescence which appears on stagnation -- and -- disappearing
-- and -- connecting -- て -- long -- a stop -- with no trial it ends as the person in
a world and writes with か again -- と -- carrying out -- 。

それは連続的に実行します。また、さらに、行く川のフローは基礎の水へのnon―ず
です。沈滞に現われる消散--そして――消えること――そして――接続すること(て)
長い--停止――試みなしで、それは世界の人として終わり、かで再び書く(と)実行。

82 :宮沢賢治「鹿おどりのはじまり」:03/10/29 00:56
 そのとき西のぎらぎらのちぢれた雲のあいだから、夕陽は赤くななめに苔の野原に注ぎ、
すすきはみんな白い火のようにゆれて光りました。わたくしが疲れてそこに睡りますと、
ざあざあ吹いていた風が、だんだん人のことばにきこえ、やがてそれは、いま北上の
山の方や、野原に行われていた鹿踊りの、ほんとうの精神を語りました。

Pouring out the setting sun aslant from between the frizzled west glaring clouds red
then in the field of moss, all Japanese pampas grass shook like white fire, and shone.
me -- getting tired -- there -- 睡ります and ざあざあ吹いていた -- a style --
it came to people's words gradually, and surpassed, and it told the soul to acquire
soon to the direction of the mountain of northing, and ほん of the deer dance
currently performed in the field now

夕日を斜めに注ぐこと、から、縮らされた西の間で、まばゆい雲、赤い、その後、
苔の分野で、日本のパンパスグラスはすべて白い火のように震動し光りました。
私――疲れていること(そこに)睡りますおよびざあざあ吹いていた--スタイル--
それは、人々の言葉に徐々に来ました、また越された、また、それは、山のような
北航の方向にすぐに得る魂および鹿のほんに伝えました、今分野で現在実行されてダンスをする。

83 :吾輩は名無しである:03/11/04 22:48
>>77
あ、長嶋シゲヲだ

84 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:12
 「寿限無(じゅげむ)」

「あらまあ、金ちゃん、すまなかったねえ。じゃなにかい、うちの寿限無寿限無、五劫のすりきれ、
海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、
パイポパイポ、パイポのシューリンガン、シューリンガンのグーリンダイ、
グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命の長助が、おまえの頭にこぶをこしらえたって、
まあ、とんでもない子じゃあないか。ちょいと、おまえさん、聞いたかい?
うちの、寿限無寿限無、五劫のすりきれ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、
食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、
シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命の長助が、
金ちゃんのあたまへこぶをこしらえたんだとさ」

「じゃあなにか、うちの寿限無寿限無、五劫のすりきれ、海砂利水魚の水行末、雲来末、風来末、
食う寝るところに住むところ、やぶらこうじのぶらこうじ、パイポパイポ、パイポのシューリンガン、
シューリンガンのグーリンダイ、グーリンダイのポンポコピーのポンポコナの長久命の長助が、
金坊のあたまへこぶをこしらえたっていうのか。金坊、どれ、みせてみな、
あたまを・・・・・なーんだこぶなんざあねえじゃあねえか」

「あんまり長い名前だから、こぶがひっこんじゃった」



85 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:13
"Jugemu (じゅげむ)" "あらまあ and my gold -- having not ended . じゃ
-- a what paddle, inner Jugemu Jugemu, and pickpocket きれ of 5 劫
the place where it has lived in the place to consume, and which goes
to sleep since a wind at last since the water end of the sentence of
sea gravel 水魚, and clouds -- ぶらこうじ of bush こうじ Good RINDAI of
shoe RINGAN of pie POPAIPO and PAIPO, and shoe RINGAN, Chosuke of
the Osahisa life of methamphetamine POKONA of the POMPO copy of
good RINDAI -- my head -- a wen -- making -- earnestly -- Isn't there
any Slightly, they are Mr. me and the heard paddle. at last since inner
Jugemu Jugemu, pickpocket きれ of 5 劫, the water end of the
sentence of sea gravel 水魚, and clouds over [ wind ] an end It ぶらこう
じ. bush こうじ the place where it lives in the place to consume, and
which goes to sleep Shoe RINGAN of pie POPAIPO and PAIPO Good
RINDAI of shoe RINGAN, Chosuke of the Osahisa life of
methamphetamine POKONA of the POMPO copy of good RINDAI It is さ
" to have made the wen to my gold's head. じゃあ something, at last
since inner Jugemu Jugemu, pickpocket きれ of 5 劫, the water end of
the sentence of sea gravel 水魚, and clouds over [ wind ] an end It ぶら
こうじ. bush こうじ the place where it lives in the place to consume,
and which goes to sleep Shoe RINGAN of pie POPAIPO and PAIPO
Chosuke of the Osahisa life of methamphetamine POKONA of the
POMPO copy of good RINDAI of shoe RINGAN and good RINDAI Is a wen
made and said to the head of 金坊? 金坊 and which -- showing --
everybody it is ..... - ん about the head -- a wen -- what -- ざあ -- じゃあ
-- か" "-- since it is an excessive long name -- a wen -- ひっこんじゃった
"


86 :吾輩は名無しである:03/11/18 19:15

「Jugemu(じゅげむ)」"あらまあおよび私の金--終了していなかったこ
と。じゃ――1つの、どんなかい、内部のJugemu Jugemuおよび5劫のす
りきれ、その場所、それが消費するために場所に住んでいたところで、そ
してそれは海の文の水終了以来風以来ついに眠りにつく、水魚と雲に砂利
を敷く――潅木こうじのぶらこうじ、パイPOPAIPOおよびPAIPOの靴
RINGANおよび靴RINGANのよいRINDAI、よいRINDAI--私の頭--のPOMPOコ
ピーのメタンフェタミンPOKONAのOsahisa生活――そこでわずかにどれ
でない、それらはそうです、氏、私、また聞かれたかい。内部のJugemu
Jugemu(5劫(海小石水魚の文の水終了)のすりきれ)以来ついに、また[風]
に関して終了に暗い影を投げかける、それ、ぶらこうじ。潅木こうじ、そ
の場所、どこで、それは消費するために場所に住んでいます、どれ、靴
RINGANのパイPOPAIPOおよびPAIPOよいRINDAIの睡眠靴RINGANに行く、
よいRINDAIのPOMPOコピーのメタンフェタミンPOKONAのOsahisa生活の
Chosuke、それ、私の金の頭へのはれ物を作ったさ"です。じゃあ、何
か、?熾狽フJugemu Jugemu(5劫(海小石水魚の文の水終了)のすりきれ)以
来ついに、また[風]に関して終了に暗い影を投げかける、それ、ぶらこう
じ。潅木こうじ、その場所、どこで、それは消費するために場所に住んで
います、また、どれが靴RINGANおよびよいRINDAIのよいRINDAIのPOMPO
コピーのメタンフェタミンPOKONAのOsahisa生活のパイPOPAIPOおよび
PAIPO Chosukeの睡眠靴RINGANに行くか、はれ物は作られており、ま
た、金坊の頭に言ったか。金坊、そしてどれ(展示)それがそうである皆.....
頭--はれ物--に関する―ん、何――?エあ--じゃあ--か"----「――それが過度
の長い名前--はれ物--ひっこんじゃった"----であるので


87 :吾輩は名無しである:03/12/26 00:33
ワラタ

88 :吾輩は名無しである:04/01/01 14:20
マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや

ま of match 擦るつ It is made the sea in 霧ふ,
there is a homeland like a 身捨 vine, and it is や.

マッチ擦るつのま、それは霧ふの中で海になります、
母国があります、身捨ブドウの木が好きである、また、それはやです。

89 :吾輩は名無しである:04/01/01 16:21
古池や 蛙飛び込む 水の音
     ↓
蛙の古い池および音は込む水をジャンプします。

90 :吾輩は名無しである:04/01/01 17:38
聞くともなしに伝へ聞くその明けの日は信如が何がしの学校に袖の色かへぬべき当日なりしとぞ。

それを聞くこと--その日のべき、いつ、何、終了する日を通じての[信如]を渡さない、どれ、しの学校への袖の色の中の仲介人に聞かれる--実行--と。

91 :吾輩は名無しである:04/01/23 12:12
僕たちは月より細く光りつつ死ぬ、と誰かが呟く真昼

私が月より希薄に光って死ぬこととして、誰かがささやくのは正午です。

92 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

93 :吾輩は名無しである:04/02/11 18:53
↑のコピペ自動翻訳

All boards will be made to know the influence of 美香尊王. Please use
by this KOPIPE. [announcement] today -- a literary board -- best His
Majesty Mika -- it needs -- completeness -- it went into the bottom of
rule 至 quantity principle of a literary board The world exists for one
Mika Mr. person. If one Mika Mr. person is comfortable, all the
remaining persons may die. It says. Please all KAKIKO aims at pleasing
Mika. Mika sees all RESU of all SURE, and decide and allow RESU which
is not pleased. ん. Why is a certain RESU abused by large number of
people's namelessness (it is visible) suddenly? It is [ why ] ruined. ? It
is Mika so. Mika -- certain SURE which touched Imperial wrath [ like ]
was 殲滅(ed) It is KAKIKO with care so that this SURE may not offend
Mika, either. Please carry out. <<notes>> ERA which has foreseen the
society of 1. now -- don't carry out RESU with that right other than Mr.
[ Mika ] 2. don't carry out long-letter RESU which hangs down merit
and describes く自説 other than Mr. [ Mika ] 3. Mika -- RESU exceeding
understanding capability [ like ] and Mika -- it separates from liking [
like ] -- RESU


94 :吾輩は名無しである:04/02/11 18:55
ボードはすべて美香尊王の影響を知るために作られるでしょう。この
KOPIPEによって使用してください。[発表]今日――文学のボード--破陛下
Mika--それは必要とします(完全)それは世界が存在する文学のボードの支
配至量原理の底に入りました、1つのMika、氏、人。場合、1つのMika、
氏、人は快適です、残りの人はみな死ぬかもしれません。それは言いま
す。Mikaを喜ばせることでKAKIKO目的をすべてお願い。Mikaは、すべて
のSUREのRESUをすべて見ます、また喜ばないRESUを決定し許可します。
ん。なぜあるRESUは、人々の無名(それは目に見えます)の多数によって急
に乱用されますか。それはそうです[なぜ、破滅した]。?それはそのようにMikaです。Mika--インペリアル激怒に触れたあるSURE[のように]殲滅(ed)
だった。このSUREがMikaをまた立腹させないように、それは注意して
KAKIKOです。実行してください。1の社会を予知した<<ノート>>ERA。
今――それを備えたRESUをちょうど実行しない、以外に、氏[Mika]2.長所
を下へ掛けて、く自説について記述する、長い文字のRESUを実行しない、以外に、氏[Mika]3.Mika--理解能力を超過するRESU[のように]そしてMika
――それは性向から分離します[のように]――RESU


95 :吾輩は名無しである:04/02/29 23:32
age

96 :漱石 『草枕』:04/03/21 12:38
山路を登りながら、こう考えた。
智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。とかくに人の世は住みにくい。

                     ↓

It thought like this, reaching a mountain path. If it works to 智, bitter feelings will create. It will pass, if 情 is punted. It is narrow if it lets temper pass. This world cannot live easily for writing.

                     ↓

それは山パスに達して、このように考えました。それが作動する場合、に「q、苦しい感情は作成するでしょう。情がパントされる場合、それは通過するでしょう。それは、それが気質パスをさせる場合、狭い。この世界は、記述のために容易に生きることができません。 

97 :綿矢りさ『蹴りたい背中』:04/04/12 18:48
Lonesomeness sounds.
Since it resounds to the sound of the bell which became clear so highly that
an ear becomes painful and a breast is bound tight,
I tear a print with a finger so that the surroundings
may not hear at least. It is long and slender and
is long and slender.
A jarring sound which tears paper absorbs a solitary sound.
し [ it carries out having shown enough languidly ].
Chloroplast ? OOKANADAMO ? HATSU. Stance of っていうこ.
although it comes out and becomes empty (bitter smile),
し I also get だって which you look at a microbe and is
frolicking and which withholds just for a moment to
see and I am a high school student the print is
also torn looking sideways at ま and you -- languid .
Stance of っていうこ.

98 :綿矢りさ『蹴りたい背中』:04/04/12 18:50
心細さ音。
それが、非常に高度に明らかになったので、耳が痛くなる、
ベルの音に反響し、胸がしっかりと境界であるので、
環境が少なくとも聞かないように、私は指を備えた印刷を裂きます。
それは長く、細く、長く、細い。
涙が紙に包むぎーぎーいう音はただ一つの音を吸収します。
し[それは実行します、不活発に十分に見えた]こと。
葉緑体?OOKANADAMO?HATSU。っていうこのスタンス。
それは現われて、空に(苦しい微笑)なりますが、さらに、私が得るし、
見るだって、微生物、また戯れている、
そしてそれは見るためにちょうどしばらく保留する、
また、私は高校生です、印刷もまで側面に見て、裂かれます、
またあなた--不活発。っていうこのスタンス。

99 :↑原文:04/04/12 18:52
さびしさは鳴る。
耳が痛くなるほど高く澄んだ鈴の音で鳴り響いて、胸を締めつけるから、せめて周りには聞こえないように、私はプリントを指で千切る。
細長く、細長く。
紙を裂く耳障りな音は、孤独の音を消してくれる。
気怠げに見せてくれたりもするしね。
葉緑体?オオカナダモ?ハッ。
っていうこのスタンス。
あなたたちは微生物を見てはしゃいでいるみたいですけど(苦笑)、私はちょっと遠慮しておく、だってもう高校生だし。
ま、あなたたちを横目で見ながらプリントでも千切ってますよ、気怠く。っていうこのスタンス。


100 :坂口安吾『桜の森の満開の下』:04/04/12 22:26
桜の花が咲くと人々は酒をぶらさげたり団子をたべて花の下を歩いて絶景だの春ランマンだのと浮かれて陽気になりますが、
これは嘘です。なぜ嘘かと申しますと、桜の花の下へ人がより集って酔っ払ってゲロを吐いて喧嘩して、
これは江戸時代からの話で、大昔は桜の花の下は怖しいと思っても、
絶景だなどとは誰も思いませんでした。



人々はアルコール用のぶらさ木製の障害物り団子を食べるが、
これは嘘です、彼は花の下で歩くでしょう、それは作るでしょう、
春の無比の視界中の実行人およびそれと陽気、陽気になるだろう、場合、
桜の木の花、それが嘘であるべきかどうか言った時、花、なぜ、桜の木の花まで、
人々はもっと集めて酔っていました、GEROは噴出されました、
また、それは口論しました、また、これはEdo期間からの話です。
また、誰も、桜の木の花の底が怖しいを思っても、
原始時代は無比の見解ではないと思いました。

101 :吾輩は名無しである:04/04/12 22:29
GEROは噴出されました←いいねぇ

102 :スティル・ライフ:04/04/13 17:54
 この世界がきみのために存在すると思ってはいけない。世界はきみを入れる容器ではない。
 世界ときみは、二本の木が並んで立つように、どちらも寄りかかることなく、それぞれまっすぐ
に立っている。
 きみは自分のそばに世界という立派なきがあることを知っている。それを喜んでいる。世界は
あまりきみのことを考えていないかもしれない。

この世界があなたのために存在すると思わないでください。世界は入れられるコンテナーでは
ありません。2本の木が1列に置くように両方傾かず、かつスタンドの、率直にそれぞれ立って
います。あなたの中でそれ自体の近くで世界を呼ばれ、それは素晴らしくないがある――事態
は知られています、それはそれに満足します。世界はあなたの所持品をめったに考慮しない
かもしれません。

わりとまともかな

103 :吾輩は名無しである:04/04/17 10:36
やれやれ

It can do and can do.

それはできてできます。

104 :吾輩は名無しである:04/04/18 21:18
人生は競技だってさ、クソくらえ。たいした競技だよ。もしも優秀な奴らがずらっと揃ってる側についてるんなら、人生は競技で結構だろうよ──そいつは僕も認めるさ。
ところが、優秀な奴なんか一人もいない相手側についていたらどうなるんだ。そのときは、人生、何が競技だい?
とんでもない。競技でなんかあるもんか。

生命はさらにゲームでのさおよびKUSOくらえです。
それは大きなゲームです。(ずらっ)それがちょうど側に光る場合、ゲームは終身壮麗でしょう
――もし優れた男などの中の1人にいない別のパーティーに付けられれば、しかしながら、
その男がさらに私を受理するさ、それはなるでしょう、何。
その後生命、およびゲーム(それはそうです)であるもの?――それは驚かしています、
それはゲームによって存在するもんですか。

59 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)