5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

鬱の時に読む小説

1 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:30
私としては、坂口安吾の堕落論。
他に良いのある?

2 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:31
石原慎太郎「老いてこそ人生」

3 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:35
「英語屋さん」

4 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:39
小説が読めるくらいなら、たいした鬱ではない。
私に鬱病の最初の波が来たとき、目で活字を追うのもつらくて
一冊の本も読みとおせなく。
馬鹿になってしまったのかとさらに絶望の淵に沈んだものです。

5 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:40
>>4
まだ余裕があるな。俺は気づいたら病院にいた。

6 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:43
不幸自慢大会が始まりますた。


7 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:48
鬱になんかなるなてめえら!
操になれや!

8 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:48
まだまだ甘いな
俺なんて気が付くたびに手首から血が噴き出してる始末。


9 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:49
PHP研究所から出てる本。

10 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:50
鬱のやつなんか、他人の釜のメシ食わすと一発で治りますよ。
鬱の子供は施設にでも入れたれや。

11 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:52
最近スレ乱立してるのはどういう現象でしょうか。

12 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:54
新陳代謝がいいのは、悪いことじゃない(多分)

13 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:54
鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱
鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱
鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱
鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱
鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱
鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱
鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱鬱鬱欝鬱鬱鬱

14 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:56
>>13
漢字圏じゃない人間が見たら、まさかこれが「文字」だとは思えないだろうな。

15 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:56
>>7
操・・・
ハァハァ

16 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:58
13は海苔に見える。

17 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:58
ん?藤村操になれ?
そりゃやべえっ!!

18 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:58
鬱のときは本なんか読めないよ

19 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:59
>>1
早寝早起きしろ

20 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:59
ってゆーか、おまいら、1がかわいそうなのでそろそろマジレスしてもいい?

21 :吾輩は名無しである:03/02/24 19:59
虚栄心が肥大して収拾つかなくなっているだけだろうが。
ばかばかしいんだよ。乾布摩擦でもしれ!

22 :吾輩は名無しである:03/02/24 20:00
ぷぷっ・・・くすくす

23 :吾輩は名無しである:03/02/24 20:06
あははははははっははははっははははっははっははははははっは

24 :吾輩は名無しである:03/02/24 20:07
らも

25 :ウキウキ:03/02/24 20:17
(*゚∀゚)アホウ!

1さんがどういうものが好きなのか判らないけど、
『堕落論』と同系列のものとして、織田作之助「可能性の文学」(エッセイ)がまずおすすめ。
『ちくま日本文学全集』に入っています。
続いて「世相」(小説)を読むことをおすすめします。面白いよー。

それから、安吾の好きな作家で牧野信一、この作家の中期作品がおすすめ。
1さんの好みによっては、初期の方がいいかも知んない。
初期はらりらり私小説。中期はそこから脱して、独特な幻想小説に移行します。
作品でいえば、「ゼローン」等。これもある意味らりらり。
岩波文庫、講談社文芸文庫で入手可能。
因みに牧野は最後に首吊って逝ってしまわれました。アーメン

26 :吾輩は名無しである:03/02/24 20:44
>>1は本当の鬱を知らんのだろう・・・。
鬱のときに坂口安吾なんて読めるか。
幼児向けの絵本でも苦しいぞ。

27 :Edit1:03/02/24 20:49
aaa

28 :吾輩は名無しである:03/02/24 20:49
色川武大「狂人日記」。
己の卑小さ加減が身に沁みる。

29 :吾輩は名無しである:03/02/24 20:52
「ゼーロン」ですた!

30 :吾輩は名無しである:03/02/24 21:52
周五郎はカルーイ鬱だったら効果あるかも。でも本格的な鬱のときは知らん。

31 :吾輩は名無しである:03/02/24 21:55
>30
1は鬱病じゃないだろ、どーみても。
25、28の路線で行った方がいいと思われ。

32 :吾輩は名無しである:03/02/24 22:05
要するに1は退廃的な雰囲気をなんとなく「鬱」と言ってるだけ。

33 :吾輩は名無しである:03/02/24 22:23
ま、>>1は「落ち込んだ」ときとか「気が滅入ってる」ときの状態を
「鬱」という言葉に置換えてしまったのだろうな。

一般の認識はこんなもんか。
だから、うつ病は怠惰だと思われる・・・

って折れも良く知らんが。
でもさ、うつ病の奴らって、なんか威張るよな。
「おれはうつ病なんだよ!傷つけるようなこと言うなよ」みたいなこと言って。
そのことで、逆に相手を少なからず傷つけているのに。。

34 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/02/24 23:16
>>33
私は「慢性うつ病」者である。傷つけるようなことなど何を言われても
平気のへいさである。病気自慢などしていばったことなど一度もない。
原因が病気なのではなく、病気の原因は他にあるのである。理由はいえ
ない。

>そのことで、逆に相手を少なからず傷つけているのに。。

そのような相手は、病人に限らず、まったくの他人まで含めて、いずれ
どこかでいつものように、人を「言葉」で傷付けているのだろう。とこ
ろで、「傷付いたもん勝ち」みたいに考えている>>33よ。それは高度成
長期の「言ったもん勝ち」「やったもん勝ち」哲学をただ単にひっくり
返しただけで、なんら進歩なしと、私はなかば以上呆れつつ日々を送っ
ている。読書量は以前は3〜4冊程度であった。今は「抗うつ剤」の世
話になりながらも一冊が限度である。日によっては新聞すら大見出しを
眺めてみるくらいがせめてもの慰めなどということもある。人によって
症状は違うもの。一括に語るなど迷惑千万です。

>一般の認識はこんなもんか。 だから、うつ病は怠惰だと思われる・・・

この意見には賛同する。「うつ病」への道がどのようなものであったか。
世間の側こそ心底「世間知らず」であると私は考えてやまないでいる。

35 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:05
鬱に陥りたいときに読む本は?

36 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:20
>35
ロシア文学かな

>>33
>でもさ、うつ病の奴らって、なんか威張るよな。

鬱経験あるくせに、病気について詳しくしらないのだが、
他の神経症と同様に、鬱も、他の病気を併発している場合が多いんだ。
パニック障害とか不安神経症とかね。
おそらく鬱だけでは攻撃性は発生しないのだが、
他の病気を併発した場合に、それが理由で攻撃的になったり
威張ったりということはじゅうぶん考えられる。

37 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:22
>>35
透谷「我牢獄」(だっけ?「おさらばなり〜」で終るやつ)

本気で生きるの辞めようと思ったのはコレだけ。


38 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:24
>>36
要は不安のバリエーションなんだよ。

39 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:27
地下室の手記読むね。仲間意識w

40 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:28
まあ、威張るぐらいになったら、鬱も治りかけてる証拠なんで、
我慢してやれやw

41 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:29
立松和平「光の雨」
陰鬱な気分に浸るにはもってこい。

42 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:39
小僧。鬱については俺に聞け。

43 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:42
>42
ケッ
睡眠薬を致死量飲んでも眠れなかったワシの方が上じゃい

44 :吾輩は名無しである:03/02/25 01:43
>43
小僧。俺は鬱になったためしがない。だから鬱については俺に聞け。

45 :43:03/02/25 01:47
ま、このように、駄レスさえも真に受けちゃうのが鬱気質の人間の特徴です。

46 :吾輩は名無しである:03/02/25 02:30
本格的な糞スレだな

47 :吾輩は名無しである:03/02/25 02:35
本格的な糞レスだな

48 :    :03/02/25 11:41
欝っていうか暗いときなんとなく安部公房読みたくなる。

49 :吾輩は名無しである:03/02/25 11:42
>>43
何千錠だよw

50 :吾輩は名無しである:03/02/26 23:44
ねえねえうちのオカンが神経症でオカンの兄(故)が精神病で
オジイチャ−ンが狂人だったけど漏れもそろそろ鬱な気配醸し出してんだけど
こういうのって血筋も関係あるの?家庭自体は代々荒れてるんだけど。

51 :吾輩は名無しである:03/03/15 16:07
>>50
血筋だね。
気の毒だがもうだめぽ。

52 :吾輩は名無しである:03/03/22 03:39
>>50
鬱な気配でも、そのままでイイって言う風に、楽に生きられたらいいな。
そんなのムリかな? でもね、そうなって欲しいなって、とっても思います。
血筋とか・・・気になるでしょうが、あんまり気にしないでね。

53 :吾輩は名無しである:03/03/25 02:02
何も 読めない

54 :吾輩は名無しである:03/04/14 23:41
堕落論は躁

55 :吾輩は名無しである:03/04/15 00:30
>>46
同意。age荒らしも同じく糞!

56 :吾輩は名無しである:03/04/15 03:18
本物の鬱病者はこんなところに書き込んでいない


57 :吾輩は名無しである:03/04/15 03:26
京極夏彦『覗き小平次』

我慢して全編読んだが、駄作

58 :吾輩は名無しである:03/04/15 04:02
>>53
hagedoh

59 :吾輩は名無しである:03/04/15 04:58
鬱のときはどうやって死ぬかしか考えられなかったな

60 :吾輩は名無しである:03/04/15 09:27
慢性的に欝傾向にある自分としては、矢場目の症状をきたす以前に「低位安定型」
という感じなので激しく欝になって死にたくなるようなことはない。
ときどき(年に1回程度)ハイになりなにもなかったようにまた、欝になる。


61 :吾輩は名無しである:03/04/17 15:16
華倫変が死んだね。HPを観ると鬱で悩んでいたことが良くわかる。
心不全とのことだけど抗鬱剤の飲みすぎ?


62 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/04/17 15:37
え!?死んだの?<華倫変

自殺…?

63 :吾輩は名無しである:03/04/17 15:40
>>62
http://comic.2ch.net/test/read.cgi/comic/1050349159/

64 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/04/17 15:57
心不全ねぇ……。

ありがと>63

65 :吾輩は名無しである:03/04/17 16:06
本当は自殺なんだけど世間体を気にして心不全ってことにしたとでも
いいたそうですね?>イクシオンさん

66 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/04/17 23:46
(そこいらは「……」から読み取ってくれ)

とりあえず、合掌。

「でもね、あなたたちの方がカルトだってことに早く気づきなよ」
はいい言葉だった。うん、そう思った。

67 :山崎渉:03/04/19 22:57
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

68 :吾輩は名無しである:03/05/20 08:58
ixion ◆ySh2j8IPDg  あげ

69 :吾輩は名無しである:03/05/20 16:04
石原慎太郎 『太陽の季節』
田中康夫  『なんとなく、クリスタル』
田口ランディ 『コンセント』
村上龍    『希望の国のエクソダス』
辻仁成    『ピアニシモ』
柳美里    『命』
平野啓一郎 『日蝕』
花村萬月  『ゲルマニウムの夜』
五木寛之  『大河の一滴』
乙武広匡  『五体不満足』



70 :吾輩は名無しである:03/05/21 01:13
鬱の時に読む本って差、鬱を直すようなホンのことかね?

71 :吾輩は名無しである:03/05/21 09:12
>>18


72 :S-ist:03/05/22 18:50
人間失格

73 :吾輩は名無しである:03/05/22 19:03
>>72
厨房の読み物すすめんなよ

74 :S-ist:03/05/22 19:30
>>73
スマソ

75 :吾輩は名無しである:03/05/22 19:34
>>1

フラダンスの犬

76 :吾輩は名無しである:03/05/22 21:37
フラダンスの太

77 :吾輩は名無しである:03/05/22 23:51
メンヘル板にあたりでは、うつ病は統合失調に比べると
"高級"な病になっているという話だけど、ホントか??
だとしたら……バカじゃん!!(w

78 :吾輩は名無しである:03/05/23 00:13
花村萬月『鬱』双葉文庫

79 : ◆cGzh2MXi7E :03/06/04 04:32
test

80 :吾輩は名無しである:03/06/06 02:54
気分が落ち込んだときには暗い音楽と暗い文章に接するべきだよな。
鬱なときには『人間失格』とかカフカの作品がお薦めだな(σ・∀・)σゲッツ!!

81 :吾輩は名無しである:03/06/06 02:59
SFだけど、P・K・ディックの著作を読むことが多い。


82 :吾輩は名無しである:03/06/06 04:10
鬱したら寝る。

83 :吾輩は名無しである:03/06/08 00:24
欝の時に人間失格は心にしみる。てか欝になってはじめて太宰の有り難さがわかりますた

84 :吾輩は名無しである:03/06/08 00:26
読書できるなんて鬱じゃないよ。

85 :吾輩は名無しである:03/06/08 00:26
鬱の時に本が読めるかアホ

86 :吾輩は名無しである:03/06/08 00:39
もっと打つになって落ち込みたくなるから 平岩弓枝の彩の女とか
あの変のシリーズを日本酒片手に読みふける

でひとこと あほ〜と叫ぶかなぁ

87 :吾輩は名無しである:03/06/08 02:07
>>84-85
もっともだ。
絵が好きなヤシは画集を見ろ。映画が好きならDVD。
それもいやなら、手塚治虫のマンガを嫁。そこらの文学よりよほどいい。

88 :吾輩は名無しである:03/06/09 23:13
マダム・エドワルダかな

89 :我輩は名無しである:03/06/11 19:29
ケロールだな

90 :吾輩は名無しである:03/06/12 11:09
村上龍
愛と幻想のファシズム

弱者は死ぬとよい

91 :吾輩は名無しである:03/06/12 11:22
ドグラマグラ

鬱から分裂へシフトチェンジ

92 :吾輩は名無しである:03/06/12 11:29
長塚節     「土」
小林多喜二  「蟹工船」

93 :吾輩は名無しである:03/06/12 12:29
「沈黙」遠藤周作

特に宣教師がキリシタンを救うために踏み絵を踏むシーンね。マジ感動。

94 :吾輩は名無しである:03/06/15 13:18
「死に至る病」 キェルケゴール

95 :鬱の地平線:03/06/15 14:17
なんだここは精神病棟か?
おまえら悩んだらソープに行け!
             by北方謙三

96 :吾輩は名無しである:03/06/15 14:35
「堕落論」のどこが「小説」なんだよ。

97 :吾輩は名無しである:03/06/15 15:12

96の直後に「ふるさとに寄する讃歌」と書いてみるテスト

98 :吾輩は名無しである:03/06/15 17:33
>1
ドストエフスキー「地下生活者の手記」 w

99 :吾輩は名無しである:03/06/20 17:48
地下室の手記は最高だな

100 :吾輩は名無しである:03/06/28 03:16
100get

101 :吾輩は名無しである:03/07/04 01:56
ヘルダーリン

102 :吾輩は名無しである:03/07/04 02:01
てゆうか、鬱の時は小説なんか読まないで、
2ちゃんに、いーぱい2カキコしよう!

あ〜、鬱だ、氏のう・・(終了)

103 :山崎 渉:03/07/15 09:11

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

104 :山崎 渉:03/08/02 00:35
(^^)

105 :山崎 渉:03/08/15 11:21
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

106 :吾輩は名無しである:03/10/17 13:41
鬱で本が読めないのですが、
リハビリに読むのによい本があったら教えてください。


107 :吾輩は名無しである:03/10/17 13:47
完全自殺マニュアル

108 :106:03/10/17 13:49
>>107
数年前に自殺目的で購入しましたが、今は持っていません。
できればもっと普通の本がいいです。

109 :吾輩は名無しである:03/10/17 14:05
鬱って要するに、ニヒリズムじゃなにの?

110 :106:03/10/17 14:11
病院逝ってないから「鬱病」ではないかもしれません。
しかし本読んでて頭にまったく入ってこない、というか読めない。
リハビリにいいものないですか。

ニヒリズムではないと思うが。



111 ::03/10/17 14:18
小説ではないが、「夷斎筆談」は強力にきくぞ。
どうしても小説というなら、やはり石川淳の「紫苑物語」。

112 :106:03/10/17 14:22
>>111
ありがとう。本棚にあるから試してみます。
しかし今の頭で読めるかな。

113 :吾輩は名無しである:03/10/17 14:24
ヘミングウェイ短編。
「ふたつの心臓の大きな川」とかいいです。

114 :106:03/10/17 14:51
みんなありがとう。久々に2ちゃんで優しくしていただきました。

>>113
いいですね。それにしようかな。

>>111
石川はもう少し経ってからにします。
『紫苑物語』はいいですね。でも『修羅』の方が好きかも。



115 :吾輩は名無しである:03/10/17 16:29
鬱の時に本なんて読まないでいいよ

116 :吾輩は名無しである:03/10/18 02:36
戦記ものと棋類(囲碁・将棋・チェス)の本と色川武大だった。

117 :吾輩は名無しである:03/10/18 09:28
鬱の時は
ドリトル先生シリーズ、コレが定番
スメル男、もイイ

118 :吾輩は名無しである:03/10/18 09:33
文学がどうとか言ってる馬鹿煽ろうと思って
初めてココ居てこのスレ見たら、アンマリ普通なんで
拍子抜けした。


119 :吾輩は名無しである:03/10/18 10:05
>>118 そういう人はライトノベル板にいるよ

120 :吾輩は名無しである:03/10/18 12:50
>>106
わたしも一時期、活字に拒否反応が出て何も読めない時期があった。
そんなとき高橋源一郎の80年代初期の小説がリハビリになった。

121 :吾輩は名無しである:03/10/30 02:38
やっぱり「ウツ」には坂口安吾先生なんですね。私もそんな時期に「堕落論」
で乗り越えまして、今では「バイブル」だと思っています。そして、そんな
状況でクタクタになって入院した際に読んでいたのは、「七北数人氏 坂口安吾
魂の事件簿」でした。正に、私が精神的に一番参っていたときにそっくりなんで
びっくりしましたよ!! 結局理解者のほとんどなくなった私はいつも
「孤独は文学のふるさとである」を胸に抱いていましたね。
確かに、頭が痛くて奇妙なご飯の出来た時もありました。
 ちなみに坂口氏の永遠の恋人、矢田津世子の出身地は、私の出身県です。


122 :吾輩は名無しである:03/11/03 05:39
風博士。 自分がそんなに重症じゃないことが確認できる。

123 :吾輩は名無しである:03/11/10 23:32
江戸川乱歩傑作集

124 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/11/12 19:12
文学じゃないけど、中村彰彦『新撰組全史』
「あ。オレ全然余裕。」って思う。なんかしたくなる。

125 :吾輩は名無しである:03/12/24 08:55
age

126 :吾輩は名無しである:03/12/24 11:20
「NHKにようこそ!」

127 :吾輩は名無しである:04/01/09 18:02
いぜん漱石の『坑夫』を鬱のとき読んだら
太宰の『人間失格』とおなじようなカタルシスが得られた

128 :吾輩は名無しである:04/01/19 03:46
「鬱の一年」吉行淳之介


129 :吾輩は名無しである:04/01/19 16:40
快楽主義の哲学

130 :吾輩は名無しである:04/01/19 19:01
ほんとうに鬱病だったら無理して本なんか読まないほうが良くないかい。
俺は暗くて悲惨な曲なんかを聴いて癒されたのだが、本はきつくて読めんかったよ。

131 :吾輩は名無しである:04/01/19 21:25
「堕落論」って鬱な人が読む鬱な作品だっけ?
単に天皇制反対の書じゃなかった?

132 :吾輩は名無しである:04/01/19 22:43
漏れは鬱の時にリルケの「マルテの手記」を読んで死にそうになった。

133 :神経症休職中:04/02/19 13:08
神経症のときに読む小説も教えて下さい。

134 :吾輩は名無しである:04/02/19 16:00
カタルシスを語るシスター
       ~~~~~~~~

135 :吾輩は名無しである:04/02/19 23:36
トーマス・マン「魔の山」なんてどうよ?

136 :吾輩は名無しである:04/03/24 01:02
「トレイン・スッポティング」

137 :吾輩は名無しである:04/04/09 19:05
欝なのでリハビリage

138 :吾輩は名無しである:04/04/09 19:08
>>137
漏れもリハビリ中。
何読んでる?

139 :吾輩は名無しである:04/04/09 19:17
>>138
ちくま文庫猟奇文学館『監禁淫楽』とか、ホラー・ドラコニア少女小説
集成『ジェローム神父』とか。

140 :吾輩は名無しである:04/04/09 20:46
鬱というか憂鬱なときには「村上春樹」読めば?
一般的には読者に憂鬱感を与えるといわれたりしてるけど、
それを逆手にとって、村上春樹を読んだせいで憂鬱だって、
責任転嫁してしまえば。
そしてそれをばねに憂鬱の原因である村上春樹から離れ
他の作者のたとえば「ぼくらの七日間戦争でも読めばw、
少しは前向きになれるかもよ。

141 :吾輩は名無しである:04/04/09 20:56
マジかネタか知らんが、「ぼくらの七日間戦争」なんてタイトル聞いた
だけで(゚听)ペッって感じだね

142 :吾輩は名無しである:04/04/10 14:04
池田大作「人間革命」

143 :吾輩は名無しである:04/05/07 14:34
太宰さんの「パンドラのはこ」の、ぶんこのやつ。

21 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)