5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

これを読んで泣いた

1 : ◆9ZsYQBm7ME :03/02/24 15:20
貴方の、「これを読んで泣いた」という作品を教えて下さい。

私は「小さい潜水艦に恋をしたでかすぎるクジラの話」で泣きました。
切ない。

2 :吾輩は名無しである:03/02/24 15:30
>1
それは野坂昭如ですね。
感想どうぞ。


3 :吾輩は名無しである:03/02/24 15:52
いえ、知りませんが何か?

4 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:16
不夜城

5 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:19
>4
東京不夜城、田村泰次郎ですね。
感想をどうぞ。


6 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:41
いえ、知りませんが何か?

7 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:41
デミアン

8 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:46
大いに泣いた。そして笑った。夢があった。愛があった。

9 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:47
>7
デミアン、ヘルマン=ヘッセですね。
感想をどうぞ。


10 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:47
>8
・・・。

11 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:55
高校生の頃、加賀乙彦の「宣告」を読んで泣いたが
今だったらもうそういう反応はしないだろうな。

主人公の死刑囚の自意識や思索に対して
勝手に感情移入していただけなんだろうと思う。

12 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:57
そういえば加賀乙彦の「帰らざる夏」で泣いたな、と便乗

13 :吾輩は名無しである:03/02/24 16:57
>11
加賀ってカミュの影響受けてるの?
11はどう感じました?

14 :吾輩は名無しである:03/02/24 17:02
>>13
カミュは読んだことないので
わからないけれど
ドストエフスキーの影響は
ありそうでした>加賀

15 :吾輩は名無しである:03/02/24 17:05
>14
ありがd

16 :吾輩は名無しである:03/02/24 17:36
メジャーなとこで赤川次郎の「ふたり」てやつ

17 :ミリオンゴッド:03/02/24 18:49
三浦綾子の塩狩峠

18 :吾輩は名無しである:03/02/27 22:35
谷崎潤一郎「痴人の愛」

19 :吾輩は名無しである:03/02/27 22:38
猟奇的彼女と黄泉がえり

20 :ミステリ板住人 ◆ExGQrDul2E :03/02/27 22:49
糞スレかと思い来てみました。

新美南吉「ごんぎつね」、これに尽きます。
「ごん、おみゃあだったのか・・・」

21 :ミステリ板住人 ◇ExGQrDul2E :03/02/27 22:50
<               ヽ
  ∠ハハハハハハハ_      ゝ
   /          ∠_     |    この板の住人ってさぁ・・・
  /           ∠_    |
  |  ̄\  / ̄ ̄ ̄  /      |    なんかそこら辺の一般人と
.  |__   ____  | |⌒l. |    匂い違いますよね・・・・・・
  | ̄o /   ̄ ̄o/  | l⌒| . |
   |. ̄/     ̄ ̄    | |〇|  |    やる気がないというか
.   | /            |,|_ノ   |    極度にめんどくさがりっていうか・・・
.   /__, -ヽ        ||     |    もっとはっきり言うと・・・
.   ヽ――――一    /\   |\
    /ヽ ≡       /   \_|  \ 駄目人間の匂いがするっていうか・・・・・・
   / ヽ      /      |   |ー―
   /   ヽ    /        |    | ̄ ̄
      /ヽ_,/        /|     |

22 :吾輩は名無しである:03/02/27 23:20
ゴリオ爺さん・狭き門・楢山節考・海辺の光景・忍ぶ川
星と祭・リツ子その愛・聖職の碑・・・

23 :吾輩は名無しである:03/02/27 23:30
『ああ無常』
感動しすぎて何度も読み返した。

24 :吾輩は名無しである:03/02/28 14:03
>>18
あ、あの作品のどこらへんが泣けましたか?
詳細お願いします

25 :吾輩は名無しである:03/02/28 17:41
松岡圭介「後催眠」

26 :吾輩は名無しである:03/03/02 00:31
レオ=レオニ
『スイミー』

27 :吾輩は名無しである:03/03/02 00:33
>24
禿同
ワラタ

28 :吾輩は名無しである:03/03/02 00:40
カラマーゾフの最後。

29 :吾輩は名無しである:03/03/02 01:29
神尾観鈴の最後。

30 :吾輩は名無しである:03/03/02 02:06
あ〜あ〜、危険な思想だがw病みつきになります。
http://ime.nu/zone.cside.com/asobi/kiken/a/a2.htm








31 :吾輩は名無しである:03/03/02 02:08
部落等

32 :有為転変 ◆EKIOnJHZ0g :03/03/06 00:22
名スレのヨカーン

33 :吾輩は名無しである:03/03/06 10:28
三浦綾子「海領」
室生犀星「あにいもうと」
谷崎「痴人の愛」
山田詠美「姫君」



34 :吾輩は名無しである:03/03/06 17:42
谷崎「痴人の愛」

35 :吾輩は名無しである:03/03/06 18:24
新聞の読者のおたより欄

36 :カップヌードル3個分:03/03/06 18:47
一杯のかけそば

37 :吾輩は名無しである:03/03/06 22:23
町田康 夫婦茶碗

38 :有為転変 ◆EKIOnJHZ0g :03/03/07 05:41
プライベート・ライアン

39 :吾輩は名無しである:03/03/09 10:16
「存在の耐えられない軽さ」の最後の方。
犬好きなもので。



40 :吾輩は名無しである:03/03/14 22:29
吉村 昭 の温泉で養生した頃の話。題は忘れたけどヨカッタヨ…。
今日図書館で読んでたら、うるうるしてきちゃった。



41 :吾輩は名無しである:03/03/14 23:13
 ドストエフスキーの「貧しき人々」
 暖かい国の貧乏は底抜けの明るさを感じるけど、寒い国のそれには
        絶望感を感じてしまう。俺だけかな?



42 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/03/14 23:22
>>41
「虐げられた人々」では泣けたけれども・・・

43 :吾輩は名無しである:03/03/14 23:37
マジレスで「最終兵器彼女」

44 :吾輩は名無しである:03/03/26 23:19
「アルジャーノンに花束を」
なんとなく読んでみただけだったけど
最後の方で急に泣いてしまい我ながらびっくりした

45 :吾輩は名無しである:03/03/26 23:21
車谷長吉『贋世捨人』
……作者の思う壺。
しかし、このフェイクでジャンクな「私小説」は、読ませます。

46 :吾輩は名無しである:03/03/27 14:18
本好きちゃんねるにもどうぞ

http://jbbs.shitaraba.com/movie/1973/

47 :吾輩は名無しである:03/03/28 00:53
>>18-34
それ読んで本を投げたよ…マジで。

48 :吾輩は名無しである:03/04/08 20:51
綾部 二夕見の『夢と現実の境界線』
これ、最強。

49 :吾輩は名無しである:03/04/08 21:01
>>48
そんなにいいの?

50 :吾輩は名無しである:03/04/10 01:58
逮捕状読まれて号泣

51 :吾輩は名無しである:03/04/10 02:34
遠藤周作 ファーストレディ

52 :無名草子さん:03/04/10 02:43
スタンダールの赤と黒。
泣いた、ううっ。

53 :吾輩は名無しである:03/04/10 03:56
野菊の墓
かなり純情入ってるけどイイ!

54 :吾輩は名無しである:03/04/10 17:24
中上健次 岬

55 :吾輩は名無しである:03/04/10 17:37
何何はこうでどうして、どう思って、どう感じて、どう行動して、どう考えて、どうなって
どうなった。みたいなことをつらつら書かれても、知ったこっちゃないわけ。言いたい事を
ズバット言えよ。遠回しに下手な描写ばっかしやがって。
銀色の食器はまばやく〜〜とか、部屋の片隅には、木目調の〜〜 そんなんいらねーよ
眠くなるわ 


56 :出会いNO1:03/04/10 17:39
http://kadokado.h.fc2.com/
18歳未満禁止です!
ヌキヌキ部屋に直行
ぽっちゃりさん掲示板
http://asamade.net/web/
 無料WEB代理店募集
http://asamade.net/asaasa/fff16.html
  メルマガ無料投書受付中
http://asamade.net/asaasa/fff26.html
ちょっぴりHな出会いランキング

57 :吾輩は名無しである:03/04/10 18:03
チグリスとユーフラテス

58 :吾輩は名無しである:03/04/10 18:10
Dosto Karama

59 :吾輩は名無しである:03/04/10 18:27
q@;?


60 :吾輩は名無しである:03/04/10 19:23
三島由紀夫ので泣けるのある?
俺は全部読んだわけじゃないけど泣けるのはないかな。でも好き。
太宰治の斜陽、女生徒、ヘッセのアウグスツスは最近読んで泣けた。


61 :吾輩は名無しである :03/04/10 19:34
女生徒好きだけど、「泣ける」かな〜?

マジレスで「野の花」、あと「チップス先生さようなら」でしょ。

62 :バッカス:03/04/10 19:39
ガキのころ「幸福な王子」「小鹿物語」「フランダースの犬」「夜だかの星」に泣いた。
さいきん久しぶりに泣いたのが「センセイの鞄」

63 :吾輩は名無しである:03/04/10 20:42
女生徒は、実家の家族を思い出して泣けた。

64 :吾輩は名無しである:03/04/10 22:27
「マノン・レスコオ」
「谷間の百合」
「ジェーン・エア」
「椿姫」
「若きウェルテルの悩み」

65 :吾輩は名無しである:03/04/10 22:41
マノン
アンリエット
ジェーン
マルグリット
ロッテ

66 :吾輩は名無しである:03/04/10 23:04
>>55
剥げ銅
俺はそれがいじょうにうざくていまだに完読できないよ

67 :66:03/04/10 23:05
って、スタンダールのことだよな?

68 :吾輩は名無しである:03/04/10 23:24
不倫物は緊張感があって泣けるナア

不倫と純情

69 :吾輩は名無しである:03/04/10 23:28
>>48
まてまて。そんな作家いないぞ。てかそんな小説ないぞ。

70 :吾輩は名無しである:03/04/10 23:57
不倫といっても、「ボヴァリー夫人」や「アンナ・カレーニナ」では泣けなかった。

71 :吾輩は名無しである:03/04/17 19:10
母子手帳で自分の小さい頃の育成記録とかを見ていたら泣けてきた。


72 :bloom:03/04/17 19:11
http://www2.leverage.jp/start/

73 :吾輩は名無しである:03/04/17 19:30
ノルウェイの森

74 :吾輩は名無しである:03/04/17 19:39
『人間失格』にはマジで泣いたね。



笑い過ぎて。

75 :山崎渉:03/04/19 22:54
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

76 :吾輩は名無しである:03/04/25 22:47
石原慎太郎 『太陽の季節』
田中康夫  『なんとなく、クリスタル』
田口ランディ 『コンセント』
村上龍    『希望の国のエクソダス』
辻仁成    『ピアニシモ』
柳美里    『命』
平野啓一郎 『日蝕』
花村萬月  『ゲルマニウムの夜』
五木寛之  『大河の一滴』
乙武広匡  『五体不満足』


77 :吾輩は名無しである:03/04/25 22:48
自分のうんこをじっと眺めてたらなんだか泣けてきた。
いや俺がレバーを引いたらもう二度と会えなくなると思うと・・・

78 :吾輩は名無しである:03/04/26 04:01
詩だけど智恵子抄で泣きますた。

79 :吾輩は名無しである:03/04/26 04:32
むく鳥の夢

あと、タイトル忘れたが日航ジャンボ機犠牲者の家族の手記を集めた本。
本屋で立ち読みしてて涙が出て困った


80 :吾輩は名無しである:03/04/26 12:43
椿姫

81 :吾輩は名無しである:03/05/05 11:57
若きウェルテルの悩みはどうだい?

82 :吾輩は名無しである:03/05/05 12:06
友人で、春樹を読んでいることなど一言も言っていなかったヤツが
、雑談中に「羊をめぐる冒険」よんでいる最中、鼠が死んだところで
泣いた、と言った。それを聞いたときは本当にビックリした。

83 :吾輩は名無しである:03/05/05 12:11
太宰治の「きりぎりす」

あれは感動じゃなく、なにか淋しさを感じて涙を流した。
なんて淋しい小説なんだ…………おわかれいたします。

84 :葉子:03/05/05 12:48
太宰治の黄金風景はいいですよ

85 :葉子:03/05/05 12:49
キリギリスっていいですか?

86 :86:03/05/05 12:55

  宮本 輝

  錦繍(きんしゅう)
 しゅうは字が違うかも知れんけど
 泣けたというより、感動した。


 

87 :吾輩は名無しである:03/05/05 14:07
草の花 を読んで泣いた。最初は描かれてある孤独がなんなのかわからなかったけど、三ヶ月読み返したら死ぬほどないた。

88 :S-ist:03/05/05 14:07
>>84
今度、読んでみます。「青空文庫」(いんたーねっと図書館)に登録されてますかね?
まぁ、自分で調べてみるけど。
>>85
いいですよ。きりぎりす。読みやすいしね。
>>86
宮本輝、僕は「五千回の生死」が好きですね。次に「青が散る」ね。

89 :吾輩は名無しである:03/05/05 14:13
筒井康隆「母子像」
まさかこの人の小説で泣くとは思わなかった。
好きな作家だけどね。

90 :吾輩は名無しである:03/05/05 14:34
>>84
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/2257.html
これ?

91 :吾輩は名無しである:03/05/05 15:04
「フランダースの犬」泣きました
本でネルロがアニメでなんでネロなんだ暴君ネロみたいじゃんか

92 :吾輩は名無しである:03/05/05 15:24
寺田寅彦の随筆「どんぐり」

93 :吾輩は名無しである:03/05/05 16:47
ないねぇ。
なんでだろう。

94 :吾輩は名無しである:03/05/05 17:37
江藤淳
「妻と私」

この本には愛の本質が書いてある。

95 :吾輩は名無しである:03/05/05 17:40
中原昌也
「あらゆる場所に花束が・・・」

96 :吾輩は名無しである:03/05/06 23:42
>>93
きっと泣かせる側なのでしょう。

97 :吾輩は名無しである:03/05/06 23:48

http://aa.2ch.net/test/read.cgi/aastory/1048160940/126-131

これで泣きマスター

98 :吾輩は名無しである:03/05/06 23:53
いっぱいのかけそば

99 :吾輩は名無しである:03/05/06 23:54
おっぱいのかけざーめん

100 :吾輩は名無しである:03/05/06 23:56
100                     
           

101 :吾輩は名無しである:03/05/07 00:04
うああああああああああああああ!!!!!
http://members.tripod.co.jp/ricego/index.html


102 :吾輩は名無しである:03/05/08 16:44
安部公房の「壁」で泣いた俺は異常

103 :吾輩は名無しである:03/05/09 20:18
北方謙三の『風葬』
涙がとまらねぇ

104 :吾輩は名無しである:03/05/10 19:02
坂の上の雲

105 :吾輩は名無しである:03/05/14 00:40
ちいちゃんのかげおくり

106 :吾輩は名無しである:03/05/14 20:56
>>105 。・゚・(ノД`)・゚・。

ヘミングウェイでしたっけ、「老人と海」
あと「アルジャーノンに花束を」

107 :吾輩は名無しである:03/05/14 23:07
村上春樹「ノルウェイの森」

ベタ過ぎていやになるけど、本当に泣いたんだから仕方ない

108 :吾輩は名無しである:03/05/15 00:21
横光利一「機械」を読んで泣きました。

109 :吾輩は名無しである:03/05/15 01:08
>>107
純粋に質問なんですが
具体的にどのシーンで泣くんですか?

110 :吾輩は名無しである:03/05/15 01:16
>109
直子の姉が首つってたところ。
主人公が緑の父ときゅうりをポリポリするところ。

二回目に読んだときは蛍が飛ぶところ。

111 :吾輩は名無しである:03/05/15 01:42
筒井康隆「睡魔のいる夏」「七瀬ふたたび」

112 :吾輩は名無しである:03/05/15 01:43
あ〜あと「敵」
老人が死んだ妻を思い出してる寂しさが泣けた・・
筒井ばかりでスマソ

113 :吾輩は名無しである:03/05/15 03:58
「夏の庭」はほんとに泣いた

114 :吾輩は名無しである:03/05/15 23:13
いしいしんじの「ぶらんこ乗り」
号泣。

115 :吾輩は名無しである:03/05/16 16:32
>>110
女性?

116 : ◆uaYejoOYtk :03/05/24 23:01
ヤン川の舟歌

117 :山崎渉:03/05/28 09:12
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

118 :t-akiyama:03/06/15 09:28
携帯ゲーム機"プレイステーションポータブル(PSP)

 このPSPは、新規格UMD(ユニバーサルメディアディスク)というディスクを利用しており、そのサイズは直径6cmととても小さい(CDの半分程度)。 容量は1.8GBとなっている。
画面は4.5インチのTFT液晶で、480px x 272px(16:9)。MPEG4の再生やポリゴンも表示可能。外部端子として、USB2.0とメモリースティックコネクタが用意されているという。

この際、スク・エニもGBAからPSPに乗り換えたらどうでしょう。スク・エニの場合、PSPの方が実力を出しやすいような気がするんですが。
任天堂が携帯ゲーム機で圧倒的なシェアをもってるなら、スク・エニがそれを崩してみるのもおもしろいですし。かつて、PS人気の引き金となったFF7のように。

119 :山崎 渉:03/07/15 09:33

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

120 :吾輩は名無しである:03/08/01 02:08
福永武彦の「忘却の河」さっきまで読んでた。
祖父が死んだばかりなので、物語中での一家の母親の死と、それに絡む心理描写に泣けた。
あと、父親と娘の間の葛藤にも。

121 :山崎 渉:03/08/01 23:54
(^^)

122 :吾輩は名無しである:03/08/05 18:30
三田誠広『いちご同盟』
鷺沢萌『大統領のクリスマスツリー』
堀辰雄『風立ちぬ』
あと、>>53でガイシュツだけど『野菊の墓』

123 :山崎 渉:03/08/15 10:26
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

124 :吾輩は名無しである :03/08/26 00:17
「アルジャーノンに花束を」
10代の頃、読みました。
日本ではSFとして紹介されているので、早くタイムマシンが出てこないか、
早く宇宙船が出てこないか、と読み続けていたら、
そんなものとはほど遠い物語であることに気づいて、
それでも読み続けていたら、
泣いてしまった。

125 :吾輩は名無しである:03/09/09 00:51
久しぶりに書き込みしようと思ったら、
124は俺でやんの。
それ以降、本を読んで泣いたことは無い。
「金閣寺」のように美しい小説で涙が出そうになったことはあるが。

126 :吾輩は名無しである:03/09/09 01:04
泣いた本

ヴェルレーヌ「サテュルニアン詩集」
ポール・ヴァレリー「テスト氏」
太宰治「眉山」
室生犀星「われはうたへどやぶれかぶれ」


127 : :03/09/09 01:45
太宰の「眉山」は良い。人前でなければ泣いていた。
「津軽」のラストは電車の中で号泣しまつた。

あとあまり有名じゃないけれど、
「葉桜と魔笛」や「花燭」もきゅーんってなります。
ちなみに男です。すいません。

128 :吾輩は名無しである:03/09/09 02:18
俺も号泣し嗚咽をもらしながら柱に頭を何度もぶつけ額が割れ血がどぼどぼ
流れ失神したよ津軽じょんがら節

129 :吾輩は名無しである:03/09/09 04:46
>>97
リアルで涙が・・

130 :吾輩は名無しである:03/09/09 23:22
>>97
まじで号泣してしまいました。

131 :吾輩は名無しである:03/10/03 17:47
浅田次郎「鉄道員」


132 :吾輩は名無しである:03/10/03 17:57
珍しくヤフーが紹介する2ちゃんねる。ホントに泣けるw

「泣ける2ちゃんねる」↓
 http://tear.maxs.jp/

133 :吾輩は名無しである:03/10/03 18:17
眉山はちょっと後味わるし

134 :吾輩は名無しである:03/10/03 19:08
「豊饒の海」

一生を懸けて松枝の残像を追い続けた本多の最期があれでは…

135 :吾輩は名無しである:03/10/03 19:52
戦争

136 :吾輩は名無しである:03/10/04 18:51
ワンピース16巻

137 :たーちゃん ◆b5.0SF1OyQ :03/10/04 19:52
記憶にある範囲で。

 ・ガルシン『あかい花』
 ・ 同  『アッタレーア・プリンケプス』
 ・井上ひさし『吉里吉里人』
 ・ハーディ『テス』
 ・筒井康隆『佇むひと』
 ・アンデルセン『即興詩人』
 ・ラスプーチン『生きよそして記憶せよ』
 ・トーマス・マン『ヴェニスに死す』『トニオ・クレーゲル』
 ・小デュマ『椿姫』
 ・室生犀星『或る少女の死まで』
 ・ビューヒナー『レンツ』

138 :たーちゃん ◆b5.0SF1OyQ :03/10/04 21:33
>>137の続きです。

 ・ギャリコ『雪のひとひら』 矢川澄子の訳文がとにかく美しい。
               雨のしずくに先立たれるあたりから泣きっぱなしでした。
 ・夏目漱石『吾輩は猫である』 自分では覚えていませんが、小学生の頃これを読んで、
                猫が死んで可哀そうだと大泣きした、と今でも親に
                藁われます。

139 :吾輩は名無しである:03/10/07 02:17
伊井直行「草のかんむり」で泣きまスタ

140 :人間は地球のダニ:03/10/07 02:27
 日本は世界最悪の木材輸入国である。
生命の宝庫である熱帯雨林を、もうこれ以上伐採するな!
それにはまず割り箸を使わないことである。
木材の輸入を止め、国産材を有効利用する必要がある。
車に乗るな!自転車に乗れ!割り箸使うな!空気汚すな!水を汚すな!ゴミ捨てるな!
何億年もかけて生物が住めるようになった今の環境を
一瞬で壊してしまうなんて傲慢すぎる!自然に敬意を払え!
今の人間は地球にとってダニ(寄生虫)以外の何者でもない。
やりたい放題かよ!自分で自分の首を絞めている事に気が付かないのか?
 自然あってこその人間なんだ!
なぜそんなに挙って大気汚染や温暖化に貢献したがるのか?
一人で移動するのに車が必要なのか?自分の脚を使え!
10km以内なら余裕、気合入れれば50kmは走れる!
その方が自然の為でもあるし、自分の為でもあるのに!
なぜそんなに楽して汚したがるのか?心が痛まないのか?
偉そうに窓からヒジ出して騒音撒き散らしてる場合じゃない!
お前らのようなクソの為に山が削られ水辺が埋め立てられてるんだよ!
悪質な改造していい気なもんだよ!何とも思わないのか!
 温暖化の影響は地球全体に及んでいる。
世界中で自然環境や生態系のバランスが崩れている事に気付かないのか?
文明社会は自然破壊の上に成り立っている。全て人間が悪い!
自然に対して横暴・無頓着・無神経な奴に生きる価値はない!
ティッシュガバガバ使うな!洗剤ガバガバ使うな!
水出しっ放し、電気つけっ放しで平気な奴 死んでくれ!
ゴミのポイ捨て平気でするようなクソ野郎は今すぐ死ね!!
空き缶 空き瓶 ペットボトル位持ち帰ってリサイクルに廻せ!
粗大ゴミ捨てるような奴!お前がゴミだ!埋めてやる!

141 :吾輩は名無しである:03/10/07 02:31
江夏の21球

142 :吾輩は名無しである:03/10/08 01:11
「Kanon」
「AIR」
「月 姫」
「君が望む永遠」
「ONE」
「みずいろ」
「銀 色」
「SAKURA−雪月花−」
「水 月」
「家族計画」
「D.C.−ダ・カーポ−」
「それは舞い散る桜のように」
「SNOW」

143 :吾輩は名無しである:03/10/08 01:13
銀英伝でヤンが死ぬとこ

144 :吾輩は名無しである:03/10/08 02:15
おれはムージルの「黒つぐみ」。
>>139
なつかしいですね。おれも小学生のころ、
母親が買ってきたのを読みました。

145 :吾輩は名無しである:03/10/08 05:51
山本周五郎。
言葉が、信じられないほど美しい。

146 :吾輩は名無しである:03/10/08 11:27
「聖の青春」 大崎 善生/著

ボロボロに泣いた

147 :吾輩は名無しである:03/10/09 00:59
>>139
確かに懐かしい。伊井直行の初期作品って、今では入手しづらいような・・・。「草のかんむり」は、麦子がかんむりを川に流す場面で俺も泣いた。

148 :吾輩は名無しである:03/10/13 02:24

江夏の21球
http://sports5.2ch.net/test/read.cgi/base/1064481525/42-85

149 :吾輩は名無しである:03/11/07 21:29
浅田次郎の「蒼穹の昴」
完徹で読んで、一晩中泣いてた。

150 :吾輩は名無しである:03/12/01 18:57
「こころ」「椿姫」「グレートギャツビー」「アルジャーノンに花束を」

151 :吾輩は名無しである:03/12/01 21:38
ダンサーインザダーク
モンスターズインク
風の谷のナウシカ
A.I
時のオカリナ
ワンダープロジェクトJ
みつめてナイト


152 :吾輩は名無しである:03/12/01 21:41
精子くさい

153 :吾輩は名無しである:03/12/06 18:09
ゴールズワージー『林檎の樹』。
高校時分、原書を少しわかりやすい英文に書き改めたものを翻訳する課題が出て、
色んな意味で泣きそうになった。

154 :吾輩は名無しである:03/12/06 18:21
遠藤周作「女の一生 第一部・キクの場合」でマジ泣きした。第二部はイマイチ。

155 :KONAYUKI:03/12/06 20:53
>>14
泣けた泣けた、死に際の台詞もヤンらしいし・・・・。


156 :吾輩は名無しである:03/12/06 21:49
深沢七朗『楢山節考』
泣きました。


157 :吾輩は名無しである:03/12/06 21:53
>>151
場違いだ逝ってよし

158 :唖坊(・c_・` ) ◆aboujWIDGA :03/12/06 23:47
よだかの星

泣いてないけど泣きそうになった

159 :吾輩は名無しである:03/12/07 00:00
有島武郎「小さき者へ」

160 :吾輩は名無しである:03/12/07 00:21
スタインベック「二十日鼠と人間」


161 :吾輩は名無しである:03/12/15 01:13
北村薫 「秋の花」
だめ?

162 :吾輩は名無しである:03/12/15 11:54
三浦哲郎「白夜を旅する人々」
後半特に。

163 :吾輩は名無しである:03/12/15 12:11
「家畜人ヤプー」
息子の本棚に隠してあるのを発見して
情けなくて泣きました(M男の母)

164 :吾輩は名無しである:03/12/15 22:30
男が「赤毛のアン」で泣いて悪いか!ヽ(`Д´)ノ

あ、あと吉川「宮本武蔵」の母から息子への手紙のとこで号泣しました。

165 :吾輩は名無しである:03/12/16 22:41
「坊ちゃん」
おばあちゃんとの別れのところで。
中学生くらいの時に読んだけど、それ以来は思いつかないなあ。
このスレに出てくる本、何か読んでみようかな。

166 :吾輩は名無しである:03/12/24 13:21
 >>165で思い出したんだけど、おばあちゃんとの別れといえば、しろばんばだな。りある厨房の時泣いた。

167 :吾輩は名無しである:04/01/04 11:44
あげ

168 :吾輩は名無しである:04/01/04 13:46
エロ指定だから、本来なら板違いだろうけど、

小説版「同級生」

中山 文十郎という人が書いたエロゲーのノベライズ化作品。
とにかく、どこを読んでも泣けて、泣けて・・・。

169 :吾輩は名無しである:04/01/04 14:28
「Deep Love」と「世界の中心で愛をさけぶ」

170 :吾輩は名無しである:04/01/04 17:17
ひのなごり

171 :吾輩は名無しである:04/01/04 17:30
おーなり由子『モモ』


172 :吾輩は名無しである:04/01/04 22:23
 >>169 まじかよ?

173 :吾輩は名無しである:04/01/04 22:42
>>172
ええ。涙で自分が溺れてしまうかと思うくらい。

174 :吾輩は名無しである:04/01/04 23:33
 そうか、、、

175 :吾輩は名無しである:04/01/05 01:17
『アルジャーノンに花束を』の最後、チャーリーが「本を読めなく
なるのが怖い」みたいなことを言うとこでキたね、本好きとして
『存在の耐えられない軽さ』の犬の話も良かったけど涙が出るとこ
まではいかなかった。

漫画の方が泣くのは多いな。小説はむしろ本を持つ手が震える感じ。


176 :吾輩は名無しである:04/01/05 23:01
レ・ミゼラブル



177 :吾輩は名無しである:04/01/05 23:30
「スーホの白い馬」

馬頭琴の由来の物語


178 :吾輩は名無しである:04/01/06 04:15
「坊ちゃん」


179 :吾輩は名無しである:04/01/07 08:17
ごんぎつね。子供の頃だけど。

180 :吾輩は名無しである:04/01/08 16:17
「嬢ちゃん」

181 :吾輩は名無しである:04/01/17 21:17
あげ

182 :吾輩は名無しである:04/01/17 21:28
>>1
私は「小さいオマンコに恋をしたでかすぎるチンポの話」で泣きました。
切ない。


183 :吾輩は名無しである:04/01/17 21:29
>>179
オレは同じ新美南吉の「手袋を買いに」だな。最後の所が泣ける。

「ほんとうに人間はいいものかしら。ほんとうに人間はいいものかしら」
とつぶやきました。


184 :吾輩は名無しである:04/01/17 21:32
レ・ミゼラブル
小学生のとき号泣した覚えがある。

185 :吾輩は名無しである:04/01/17 21:32
>>183
きもい


186 :吾輩は名無しである:04/01/17 22:02
>>184
小学生で読んだのか!?

187 :吾輩は名無しである:04/01/17 22:06
処女だったあのころ、結婚とは、出産とはこういうものと
紅涙をしぼりました。

芹沢光?良 「パリに死す」  そこのお嬢さんにおすすめ。

読みやすく飽きず、ぼろ泣きです。

親になった今はすっかりその純情な感覚も忘れて子供苛めてますw

188 :吾輩は名無しである:04/01/17 22:20
>>184
『ああ無情』と『レ・ミゼラブル』じゃ全然違うけど、本当に後者か?

189 :吾輩は名無しである:04/01/17 22:30
>>136
16巻も泣いたけど17巻も泣いた・・・
チョッパーの話すきー



190 :吾輩は名無しである:04/01/18 02:07
なにがチョップだ!

191 :吾輩は名無しである:04/01/18 02:32
ハムレットは泣けるよ

192 :吾輩は名無しである:04/01/18 02:36
『野菊の墓』よんで泣かないヤシ、嫌いだ!!

193 :吾輩は名無しである:04/01/18 02:50
>>187
アホか、ブタ女

194 :吾輩は名無しである:04/01/18 03:12
「若きウェルテルの悩み」


195 :吾輩は名無しである:04/01/18 05:29
三島由紀夫の「禁色」。
最後の偽りの涙を流す所で。

196 :35歳 主婦 ◆baeGuFHffI :04/01/18 16:06
本読んで泣くなんてありえない

197 :吾輩は名無しである:04/01/18 20:29
>>196
お前それでよくこの板に常駐していられるな

198 :吾輩は名無しである:04/01/18 20:48
この板に常駐している人は
世界という名の書物を読んで泣くべきだと思います。

199 :吾輩は名無しである:04/01/18 21:28
>>186
児童用のじゃない?

200 :吾輩は名無しである:04/01/18 22:09
200get

201 :吾輩は名無しである:04/01/19 03:42
石垣りん 「くらし」

詩を挙げている人が見当たらないね。
自分の場合小説で泣くことはあまり無いなぁ

202 :吾輩は名無しである:04/01/19 03:50
武者小路実篤
『友情』


203 :TUSEKO:04/01/19 13:54
「だからあなたも生きぬいて」


204 :吾輩は名無しである:04/01/21 21:17
エグイ香り著「強姦する準備はできていた」

205 :吾輩は名無しである:04/01/21 23:45
ベストセラー系で恥ですが・・・

『永遠の仔』 天童荒太

幼児虐待を経験した訳ではないが、どの台詞も魂こもってる。
『生きていてもいいんだよ・・・』は胸がつかえて嗚咽して
してしまった。


206 :吾輩は名無しである:04/01/21 23:53
泣いた赤鬼

207 :吾輩は名無しである:04/01/22 00:22
>>206
俺も泣いた。

208 :吾輩は名無しである:04/01/22 00:35
>>153
俺も高校の頃に『林檎の樹』を読んで泣いた。


209 :吾輩は名無しである:04/01/23 20:48
age

210 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:02
ドラゴンボール9巻

211 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:48
井上靖「敦煌」

敵が迫ってくるので早く逃げろという主人公に、寺の若い僧たちが
「俺たちはもっと読みたいのだ」と黙々と経典を整理しているシーンに
衝撃を受けました。
人間に生まれて良かった、と。(本、よめる)

212 :吾輩は名無しである:04/01/23 23:43
百年の孤独は最後に泣いた。怖くて泣いた。

213 :吾輩は名無しである:04/01/23 23:49
>>153 >>208
『林檎の樹』で泣けるってすごいな。
学生の時、語学の授業で読まされたよ。映画も見させられた。
そんな俺は厨房時分、武者小路実篤の『愛と死』でヤバかったですが。
『林檎の樹』VS『愛と死』。いい勝負じゃないですか?w

214 :吾輩は名無しである:04/01/24 22:00
すみません
本じゃありませんが
さっきこれ見て泣きそうになりました

ttp://www.syabi.com/level-x/Determination_03.html


215 :吾輩は名無しである:04/01/26 01:06
age

216 :吾輩は名無しである:04/01/26 01:20
一度だけ本当の恋がありまして
南天の実が知っております

山崎方代

217 :吾輩は名無しである:04/01/26 01:48
りさたんをテレビで見て泣いた
あまりの可愛さに涙が止まらなかった

218 :吾輩は名無しである:04/01/26 21:38
泣いた赤鬼で思い出した。
小学校の工作の時間に四角い板を切ったり繋げたりして
一つの作品を作りなさいって言われて泣いた赤鬼を作ったんだ。
そしたら先生に「鬼は泣き顔じゃなくて怒った顔だ。」って
怒られたなぁ。。。結局直さずに泣いた赤鬼でだしたけど。

スレ違いはおろか板違いなのでさげ。。。

219 :吾輩は名無しである:04/01/27 22:46
 >>218 そりゃ悲しいね。

220 :吾輩は名無しである:04/01/28 01:24
昨日の新聞かな。親に一年半もの間、虐待されていた15歳の少年。
汚物まみれて皮膚が壊死してて、志望する寸前だったとか。
何のために生きてきたのか判らなかったろうな。クソッ!

221 :吾輩は名無しである:04/02/06 18:20
>>218
俺も何度かそういう経験ある。
子供心をわかっちゃいない馬鹿教師は多いな。昔も今も。

222 :吾輩は名無しである:04/02/11 09:44
森絵都
『月のふね』

223 :吾輩は名無しである:04/02/11 12:08
「カポンをはいたケンジ」、これが一番泣ける本に決まってるだろ?

224 :吾輩は名無しである:04/02/13 17:08
age

225 :吾輩は名無しである:04/02/13 22:40
「手ぶくろを買いに」「ごんぎつね」
は今の小学生にも人気がある。両方とも、時代背景は
現代とまったく違うのに。
今の小学生が大人になったときの子供たちも、この本を好きだといいなあ。

226 :吾輩は名無しである:04/03/17 10:59
アンデルセンの人魚の姫
軽く読もうと思ったらうるうるきて困った

227 :吾輩は名無しである :04/03/17 22:32
高3のとき現代文の教科書で読んだ小説で、どうしても
誰のなんという小説か思い出せないものがあります。

登場人物はお金持ちの夫婦1組と、その家に書生(だったかな?^^;
もしかして旦那の部下とか親戚とかだったかも・・・)として
出入りしている男です。
男は夫婦との会食の席でつい酔ってハメはずし過ぎてしまいます。
最後にアサリ(しじみだったかも・・・)の味噌汁が出されて、
男は当然のようにアサリ(orしじみ)を貝殻からほじくって
食べるのですが、奥さんに「そんなもの食べてなんともないんです
か?」みたいなこと言われて屈辱を受けます。お金持ちの家では
味噌汁の貝の肉は食べないものなのです。
 その奥さんの趣味が絵画で、その絵がひょんなことから
売れてしまって、それが元に色々な波乱を巻き起こして
果てには奥さんは家を出てしまう・・みたいな話だった
と思うのですが・・・。
よく覚えてはいないんですけど、なんだか考えさせられる
話で、涙腺刺激だったなぁというのは覚えてます。
これは誰のなんという作品かおわかりの方、是非教えて下さい


228 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:35
松江に住んでいたけど、しじみの中身を食べる事に関して、
うだうだ言う人はいなかった。

229 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:44
>>227
太宰治の「水仙」です。

230 :229:04/03/17 22:48
>>227
ちなみにここでも読めます。どうぞ。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000035/card2272.html

231 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:52
『家なき子』泣けた〜

232 :227:04/03/17 23:24
そうだ、これだぁー
ありがとう、長年のつっかえが取れました

233 :吾輩は名無しである:04/03/17 23:50
『ペスト』 カミュ

234 :吾輩は名無しである:04/03/18 18:46
パンチ佐藤「芸人キック松本論」

235 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/18 19:28
ユージン・オニール「喪服の似合うエレクトラ」「夜への長い旅路」で泣いた。

236 :吾輩は名無しである:04/03/19 09:45
帚木蓬生「ヒトラーの防具」
目頭が熱くなった。

237 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:18
キック松本 『野球人(やきゅうびと)パンチ佐藤論』で歓喜の涙。

238 :吾輩は名無しである:04/03/19 23:12
ウィリアム・スタイロン「ソフィーの選択」
三島 由紀夫「春の雪」
遠藤 周作「沈黙」
ドストエフスキー「貧しき人々」

239 :吾輩は名無しである:04/03/19 23:17
佐藤春夫の「美しき町」か「美しい町」
老人の設計士の後日談に泣きそうになった。
久世光彦「陛下」
女が昔を思い出すシーンなどに。

240 :吾輩は名無しである:04/03/19 23:22
三島由紀夫「憂国」

241 :吾輩は名無しである:04/03/22 03:12
中島敦「山月記」

242 :吾輩は名無しである:04/03/22 11:12
いまだかつて本で泣いた事なんて一度もない。
そんな強豪の俺でも泣けるような作品ってありますか?

243 :吾輩は名無しである:04/03/22 17:25
おしん

244 :吾輩は名無しである:04/03/22 18:16
菊池寛『忠直卿行状記』

245 :吾輩は名無しである:04/03/22 18:25
ところでさ、泣きたがるやつっているよね。

246 :吾輩は名無しである:04/03/22 18:27
それは女というやつだ

247 :吾輩は名無しである:04/03/24 09:34
w

248 :吾輩は名無しである:04/03/25 03:38
アンデルセン童話集
「マッチ売りの少女」は生まれて初めて涙した作品。

249 :   吾輩は名無しである :04/03/25 04:34
家なき子(安達)

250 :せばすちゃん・ないと ◆xMK/F0Rq8c :04/03/25 10:56
ひげよさらば。

251 :吾輩は名無しである:04/03/25 11:03
嬉し泣き
感動泣き
もらい泣き

252 :吾輩は名無しである:04/03/25 14:43
難病の女の子が死ぬ直前まで書いてた日記

253 :鬼子:04/03/25 16:19
バトル・ロワイアルは泣けました。

254 :吾輩は名無しである:04/03/25 16:27
綿谷さんは美しい。

255 :吾輩は名無しである:04/03/26 11:41
リアル鬼ごっこやな。
読みきった自分の馬鹿さかげんに一升瓶持つ手も震えたで。

256 :吾輩は名無しである:04/03/29 19:09
ドラマの砂の器






















はまったく泣けんかった。。。。

257 :吾輩は名無しである:04/03/29 19:24
ドラマの砂の器って話が結構変えられているのか?

258 :吾輩は名無しである:04/03/29 20:13
世紀末の詩

101回目のプロポーズ

人間・失格

259 :吾輩は名無しである:04/03/30 01:03
>>169
どっちも大嫌いだ…苦笑
Deep Loveなんて笑が止まらなかったよ。30ページでやめたけど。
世界の中心で、は読んでる途中で寝た…

実際本を読んで泣くってのは私には有り得ないんだけど、
泣いてもおかしくないかなってのならある。
>>16と一緒で赤川次郎「ふたり」
乙一「BLUE」「Calling you」
村山由佳「もう一度デジャ・ヴ」

260 :吾輩は名無しである:04/03/30 02:24
>>259
「CALLING YOU」は泣くと言うよりも、なるほどという気持ちのほうが強かった。
「傷」は泣いた。

261 :吾輩は名無しである:04/03/30 02:26
村上由佳で泣くなよ
気持ち悪いよ



262 :吾輩は名無しである:04/03/30 02:32
くそまん   

263 :吾輩は名無しである:04/03/30 22:12
>>260
傷は良いけど最後の文章ひどいねw
>>261
だから泣いてないってw

264 :吾輩は名無しである:04/03/30 22:26
大原まり子「ハイブリッドチャイルド」
中勘助「銀の匙」


265 :吾輩は名無しである:04/03/30 22:52
泣いた赤鬼

266 :吾輩は名無しである:04/03/30 23:00
>>263
最後の文章ってなに?

267 :吾輩は名無しである:04/03/30 23:03
>>266
終わりの方の文章。脈絡がないw
著者も自覚してるらしいしw

268 :吾輩は名無しである:04/03/31 00:41
三島由紀夫『豊饒の海』特に「春の雪」
ドストエフスキー『白痴』
ユゴー『レ・ミゼラブル』
フォークナー『響きと怒り』の第2章
サン=ピエール『ポールとヴィルジニー』
サローヤン『ディア・ベイビー』のタイトル作

269 :吾輩は名無しである:04/03/31 01:27
エミリー・ブロンテの「嵐が丘」。
あと「史記」で項羽が死んじゃうシーン。

270 :吾輩は名無しである:04/03/31 01:45
>>242
>>いまだかつて本で泣いた事なんて一度もない。
>>そんな強豪の俺でも泣けるような作品ってありますか?
ある。徳冨蘆花の「不如帰」。
大杉栄の自叙伝によれば、友人の豪傑君も、
最初は難しい顔をして読んでいたが、読み進みうちに涙が止まらなくなったという。
もちろん、俺も、泣いたな。


271 :吾輩は名無しである:04/03/31 01:53
>>267
主人公の独り言みたいなやつか。

272 :吾輩は名無しである:04/03/31 04:46
佐野洋子「100万回生きたねこ」
ベタでみえみえだけど泣けるもんはしょうがない。

273 :吾輩は名無しである:04/03/31 12:24
これ読んだ。
http://www25.tok2.com/home2/ghfsaydefsy/1/

274 :吾輩は名無しである:04/03/31 21:09
>>271
そうそう、そのへんw
2回目からはそこだけ読み飛ばしt(ry

275 :吾輩は名無しである:04/05/03 21:17
age

276 :吾輩は名無しである:04/05/04 03:56
十二
国記




ま ち が い な い !

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)