5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【幻視者】スティーヴ・エリクスン【ヴィジョナー】

1 :吾輩は名無しである:03/01/19 17:49
この作家好きなんだけど、いまいち知られていないんだよね。


2 :吾輩は名無しである:03/01/19 17:55
文庫絶版

3 :吾輩は名無しである:03/01/19 18:15
いや、知られているけど、デブ龍とか雅彦にプロモートさせちゃったのが、運のつきなわけだ

4 :吾輩は名無しである:03/01/20 00:04
「黒い時計の旅」を初めて読んだときは面白さの余り、徹夜したものだ。
「Xのアーチ」も面白かった。基本的に文章がとても綺麗だから、内容が
掴みにくくても、雰囲気で読み進めることが出来る。

5 :吾輩は名無しである:03/01/20 00:06
ルビコンは読みにくかった。訳文が。

6 :吾輩は名無しである:03/01/20 00:07
島田の訳文は結構いいかげんらしいという話を聞いたことがあります。
自分は原文にあたっていないんで何とも言えませんが・・・

7 :吾輩は名無しである :03/01/20 02:00
「黒い時計の旅」を古本屋で350円で購入したばかり。
高かったのか、安かったのか、ちょっと微妙。
まだ読んでません。

8 :吾輩は名無しである:03/01/20 02:23
ルビコン・ビーチの第二部は、こないだ見たペネロペ・クルスタンの映画
”ウーマン・オン・トップ”を思い起こさせる。
ルビコン・ビーチの第三部で、主人公が汽車に乗って到達した
世界は、恐ろして、いまだに思い出す。

9 :吾輩は名無しである:03/01/21 01:28
リープイヤーを読んでいる。面白いんだけど、当時の候補者についての智識が
あんまりないから、理解しがたい。でも文章は綺麗。

>7
読みなさい。面白いから。

10 :吾輩は名無しである:03/01/21 23:14
アムネジアスコープって訳はいつでるんだ?


11 :吾輩は名無しである:03/01/21 23:49
ビジョビジョ

12 :吾輩は名無しである:03/01/22 10:16
>7
すぐ嫁。ただ最初の50ページくらいはちょっと冗長なんで、退屈するかも
だが、いきなり目の前が拓けるんでガマンしてでも読んでくれ。
そして風を感じてくれ。

13 :吾輩は名無しである:03/01/24 02:05
リープイヤー読了。
面白い。後半からは一気に読めてしまう。エリクソンは政治家が大っ嫌いな
んだろうな。あまりに辛口なんで読んでて笑ってしまった。ブッシュとデュカキス
のどちらも大統領に相応しくないが、どちらかを選ばなければならないことに
いらだっているんだろう。ラストは大統領選なんてどうでもよくなっていたみたいだし。

14 :かおりん祭 ◆VqKAORinK6 :03/01/24 02:27
∋oノハo∈  新スレおめでとうございまーす♪
 ( ^▽^)ノ ゚゚・*:.。..。.:*゚゚・*:..。.:*
 ノノノノハ  ホイミ

15 :吾輩は名無しである:03/01/24 13:26
>>11
って言うかヴィジョヴィジョ?

16 :吾輩は名無しである:03/01/24 14:58
>>15
って言うか
いわゆる一つのヴィジュォヴィジュォ??

17 :吾輩は名無しである:03/01/24 15:34
http://mentai.2ch.net/book/kako/958/958158173.html
http://mentai.2ch.net/book/kako/987/987851618.html
http://mentai.2ch.net/book/kako/996/996787220.html

18 :吾輩は名無しである:03/01/27 04:27
こんなに過去スレがあったのか・・・ってようみたら俺の書き込みがあったわ。

さぁ「さまよう日々」でも読もう。今夜は鬱でしょうがない。

19 :吾輩は名無しである:03/01/27 23:37
「黒い時計の旅」ってひょっとして絶版になってたりする?
最近見ないんだけど・・・

20 :吾輩は名無しである:03/01/27 23:44
それは単に売れな・・・

このまえ行った新宿のABCには置いてありましたけど。




21 :吾輩は名無しである:03/01/28 10:49
>19
絶版になってた気が。
昔持ってたんだけど、紛失してしまって、
それ以来探しているのだが見つからない。

>20
をを情報ありがと。見てみます。

22 :吾輩は名無しである:03/01/29 05:08
やはり絶版になっていたか・・・
こんな傑作でも絶版になるんだなぁ。

23 :オースターと比べるとこの扱いの雲泥の差は……:03/01/29 14:34
>>5
彩流社から出てたエリクソン研究本で、島田雅彦が
巽孝之や越川芳明との鼎談で言ってるんだけど、
下訳を読んだ段階で結構冗長に表現が反復されることに
驚いて、その箇所を大胆に切り刻んだそうだ。

だから、訳文はいい加減というよりは島田の持ち味で
成り立っている部分が大きい。原書を持ってないから
対比は出来ないが。
これに関しては、故・安原顕も激怒していた。

とは言うものの恥を忍んで言えば、私は島田が訳者名義を
名乗ってなければ多分『ルビコン・ビーチ』は
読まなかったと思う。この際、山形浩生みたいな人が
もう一度本格的に訳してくれないかな。

『黒い時計の旅』は版元の福武/ベネッセが文庫で出してたのが、
文庫を扱わなくなったせいで絶版なんじゃないかと思う。
だから、エリクソンとは関係ないけど、同じベネッセの
ジョン・クロウリー『エンジン・サマー』も多分もう絶版……。

24 :吾輩は名無しである:03/01/29 14:38
ルビコンビーチを読むと部分・状況を、村上が「海辺のカフカ」の為に
盗みとった箇所が多々ある気がするのですが・・・。
俺の気のせいか!?

25 :吾輩は名無しである:03/01/31 02:22
アメリカに行くので「砂の本」「路上」「さまよう日々」を持っていこう。
本当は「リープイヤー」にしたいけどもう読んじゃったしなぁ・・・。

26 :吾輩は名無しである:03/02/06 22:26
「彷徨う日々」を読んでいる。面白いわ。内容つかみ難いけど、これほど
美しく、幻想的な文章を書く人はざらにはいない。

ちょっと鬱な文章だけどね。

27 :吾輩は名無しである:03/02/12 20:00
こないだ修学旅行でロスに行ったときに「黒い時計の旅」をもって
エリクソンの家を訪ねたのだが、半端じゃなく怖いところにすんでいた。
ちなみに本人には遭えなかったけどね・・・

28 :吾輩は名無しである:03/02/12 20:20
修学旅行ですか・・・

29 :吾輩は名無しである:03/02/13 21:28
>28
専門学校だけどね・・・

30 :吾輩は名無しである:03/02/22 20:29
話題すくねぇな

31 :吾輩は名無しである:03/02/23 23:22
「黒い時計の旅」ブックオフで800円で買ったぜ!

32 :吾輩は名無しである:03/02/24 23:10
>>31
をを〜〜いい買い物したね。って元値より高くないか??
漏れは彩流社のエリクソン本を読んでるよ。なかなかいいわ。

33 :31:03/02/25 01:01
単行本だよ。普通に定価の半額だったのさ。


34 :吾輩は名無しである:03/02/28 01:03
ほう、単行本だったか。出てたんだ。知らなかったよ。
文庫本と何か違うところある?

35 :吾輩は名無しである:03/02/28 01:13
エリクソンは周りに読んでる人少ない。
現代的テーマを正面から扱ってる作家が、日本だとどうも正当に評価されない
んだよね。
出版関係の人間は何やってんだろ?

エリクソンは重要な作家として宮内勝典なんかもかなり押してたね。
池沢夏樹あたりが紹介すれば、もっとポピュラーに読まれるんじゃないか?
あとは、坂本龍一とか(笑

36 :吾輩は名無しである:03/02/28 05:17
どうでもいいけど「ヴィジョネア」じゃね?

37 :吾輩は名無しである:03/03/03 03:44
ポール・オイスターの扱いとは余りに差があるな。
もっとプッシュされてもいい作家だとおもうんだがなぁ

38 :乙葉 ◆.5wljPk1.c :03/03/03 06:13
>>35
> 日本だとどうも正当に評価されないんだよね。

そうでもないと思うけどな。
黒い時計の旅なんかアメリカ本国より売れたし、
文庫にまでなって、本人もびっくりしてたよ。

39 :吾輩は名無しである:03/03/05 21:52
禿

40 :吾輩は名無しである:03/03/08 09:59
禿

41 : :03/03/09 05:57
>>23
知らんかった。。。ヤスハラ氏んでたのか・・・

42 :吾輩は名無しである:03/03/09 07:50
つーかずっとヤスケンスレでカウントダウン(まあそう怒るな)していたYO!
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1036947408/l50

43 :41:03/03/11 07:58
ただ、うちにいるときにもほとんど歩きませんでしたし、
一ヶ月入院していましたから足が萎えちゃって、
90、100歳の老人のような歩き方しかできない。
移動するときには、小型酸素ボンベを
ゴロゴロ引っ張りながら歩いています。
これも、家族に引っ張ってもらわないと、


ハアハアしちゃって、とっても無理ですね。


それというのも、ぼくのうちは、マンションの7階と3階に
部屋があるという変則的で、その移動がとても大変なんですね。

不謹慎なんだが・・・AAが浮かんで来てしまった。。。

44 :吾輩は名無しである:03/03/14 22:51
ギブスンがエリクソンのファンというのはホントですか?

45 :吾輩は名無しである:03/04/05 19:02
なんで島田なんかに訳させたんだろうか
無知なやつに

46 :吾輩は名無しである:03/04/09 09:47
「真夜中に海がやってきた」を読んで他のも
読みたいと思ったのですが、サイバーパンク、
複雑系がらみで紹介されているのが気になります。
旧作は時代を感じずに読めるのでしょうか?




47 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/04/09 10:03
>ギブスンがエリクソンのファンというのはホントですか?
まぁ、ギブスンは結構現代文学を意識しているからねぇ…。
テッド・ムーニーなんかにも「俺らの分野に切り込まれたっ!!」って
感じの感想を持ってたらしいし。でもエリクソンに関しては、SF
というよりやっぱmainstreamのものとして捉えているんじゃないかな。

>旧作は時代を感じずに読めるのでしょうか?
読める読める。面白いよ。

48 :walter murch37:03/04/19 03:49
http://www.penguin.co.uk/Book/BookFrame/0,1007,,00.html?0670875597

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0670875597/qid=1050691457/sr=1-27/ref=sr_1_0_27/250-1171200-0941069

新しいのから読もうぜ!

49 :山崎渉:03/04/19 23:26
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

50 :吾輩は名無しである:03/05/22 19:00
  _..                ,,.-'ヽ
   ヽ "゙ー-、、         / : :!
    i 、 :. ヽヽ_,,.....、,,,....._;/ ,;'   ;,.!
     i.,  ..;;;ヽ       ヾ ,,;_ , /
     ヾ_:::,:'           -,ノ
     ヾ;.              、;,
       ;;   ● , ... 、, ● ;:
       `;.       黒  ,; '
       ,;'     '.、 -‐-ノ ,;'、
      ;'            ;:
       ;:            ';;


51 :山崎渉:03/05/28 09:29
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

52 :吾輩は名無しである:03/07/03 10:31
チャック・パラニューク スレはないの??


53 :吾輩は名無しである:03/07/05 19:47
>>52立ててつかぁさい。

アムネジアスコープの邦訳はいつんなったら出るのだろう。

54 :山崎 渉:03/07/15 09:10

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

55 :吾輩は名無しである:03/07/25 00:17


56 :吾輩は名無しである:03/08/04 10:39
エリクソンに「マルホランドドライブ」のノベライズやってほしかった。

57 :吾輩は名無しである:03/08/08 00:32
「黒い時計の旅」を読みたいのですが、ブックオフにはどれくらいの確率で置いてある
ものなんでしょうか?
ヤフオクだと高くて・・・

58 :吾輩は名無しである:03/08/08 01:56
>>57
私も捜しているのですが、まだ見たことはありません。
福武文庫のコーナー「黒い兄弟」ってのを見かける度にぬか喜び、、、

「マラ−の死」観てみたいなあ


59 :吾輩は名無しである:03/08/08 21:30
>>57
easy seekに時々出てるよ。
800円のが売れてしまったから、今は3000円のしかないね。

http://www.easyseek.net/i_index.php3?m=i&c_no=10

60 :57:03/08/09 00:37
>59
ありがとうございます。さっそくそこに行ってみました。
2000円台のが2冊ほどありましたが、状態のほうが気になります。
手に取って確かめることが出来ないのがオークションの痛いところですね。
もう少し、ブックオフをまわってみようと思います。

61 :山崎 渉:03/08/15 10:02
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

62 :吾輩は名無しである:03/08/16 00:27


63 :吾輩は名無しである:03/08/28 23:51


64 :吾輩は名無しである:03/09/05 01:56


65 :吾輩は名無しである:03/09/06 00:55
ベネッセがハードカバーの海外文学から撤退して久しいけど、カルヴィーノとか
ボルヘスも岩波文庫から出てるし、最近はミルハウザーが他所から出たりもしてる。
「黒い時計の旅」が絶版かどうかは知らないけど、版権持ったまま出さず終い
にはしないだろうから今手に入らなくても望みはあるさ。

66 :吾輩は名無しである:03/09/23 19:01
版元、新潮社じゃなかったっけ?

67 :吾輩は名無しである:03/09/23 19:10
いいえ違います

68 :吾輩は名無しである:03/10/02 00:30
新刊は出ないんかのう

69 :吾輩は名無しである:03/10/02 01:00
>65

出版社がないんだから絶版です。版権は、どこかほかのところが買って
ない限り、宙に浮いているでしょう。とはいえ、まあ望みだけは
いつでもあります。

70 :吾輩は名無しである:03/10/02 01:22
>>69
おいおい、出版社はあるじゃん。
勝手に潰すなよん

71 :吾輩は名無しである:03/10/02 01:30
>>70
出版事業からは撤退してるけどな。

72 :吾輩は名無しである:03/10/17 19:49


73 :吾輩は名無しである:03/12/01 22:54
『黒い時計の旅』手に入れたよ!!

74 :吾輩は名無しである:03/12/05 19:05
>>73
おめ。感想カキコしる

75 :吾輩は名無しである:03/12/07 01:35
あげとこう

76 :我輩は名無しである:03/12/07 12:25
「黒い時計の旅」あんまり面白くなかったのだが、、。
これが初エリクソン体験だったのですが、あれですか?、
彼はエンターテインメント作家であると考えればよろしいのでしょうか?

77 :吾輩は名無しである:03/12/07 13:22
>>76
彼自身、「文学の新しい形式の追求」をとりたてて標榜していないから、そういう
意味で「純文学」の作家ではないのかも、しれない。
でもそんなこといったらコーマック・マッカーシーもブレット・イーストン・エリス
もエンタメ作家になるような気がします。

「黒い時計の旅」が面白くなかったら、エリクソンとは相性イマイチと思われます。

78 :76:03/12/07 23:35
両方とも初耳です。知りません。
まぁ、相性がいまいちだったということにしておきましょう。
ところで、黒の時計の旅は出来のいい作品な方なのですか?
他のがいいってのなら、そっちも一応読んでみようかと思うのですが、、。
教えてください。

79 :吾輩は名無しである:03/12/08 20:09
翻訳したやつがバカだから

80 :吾輩は名無しである:03/12/08 20:16
>>78
「黒い時計の旅」がイチバンという声も多いけど。
「Xのアーチ」かな。「ルビコン・ビーチ」は短めでよい、けど、訳者がなあ。

コーマック・マッカーシーの「すべての美しい馬」からはじまる三部作は
かなり面白いですよ。ブレット・イーストン・エリスはとりあえず「アメリカン・サイコ」
読んでおきましょう。あと、僕は好きじゃないんだけど、スティーブン・
ミルハウザーなんかもいいかもしれないですね、エリクソンに興味をもったのなら。


81 :吾輩は名無しである:03/12/12 20:38
>>76
個人的には、エリクソンは「黒い時計の旅」が最高。もう読むのやめた方がいい。
これまでアメリカ文学ではどの作品が面白かったですか?

82 :吾輩は名無しである:04/01/10 00:55
「黒い時計の旅」にはガツンとやられて一週間ぐらい他の本が読めなくなった。
でも一番思い入れがあるのは"Days between Stations"だけど。

83 :吾輩は名無しである:04/01/14 23:27


84 :吾輩は名無しである:04/01/19 12:12
〓★〓現代アメリカ文学総合スレ Part 2〓★〓
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1074481159/l50

85 :吾輩は名無しである:04/01/29 02:10
黒い時計の旅を読み直した。

やはりこの作家は稀有だ、と思った。

86 :吾輩は名無しである:04/02/04 23:36
もう大統領選の追っかけはやってないのかねえ

87 :吾輩は名無しである:04/02/19 00:40
で、新刊マダー?

88 :吾輩は名無しである:04/02/21 22:31
パワーズもいいけど、やっぱりエリクソンの「熱さ」が好きなんだよなあ。
あむにじあは翻訳でないのかよう。

89 :吾輩は名無しである:04/02/23 11:45
>88
読んだけど、私小説風地味話だからなあ。
Xのアーチとかの大技を期待してるとあてが外れるかも。

90 :吾輩は名無しである:04/03/06 16:52
新作でナイト話につまるな

91 :吾輩は名無しである:04/03/09 06:42
真夜中海しか読んだこと無いけどいまいち。

92 :吾輩は名無しである:04/03/10 08:32
真夜中〜はなんか俗っぽい気がするな。
新作は黒い時計やXのアーチみたいなめくるめくような世界をキボン。

93 :吾輩は名無しである:04/03/12 00:47
真夜中海は原書で読んだけど、ちょうど国内で拉致監禁みたいな事件が
あった時期と重なって複雑だった。
まあでもエリクスン作品の中ではあんまり面白くない方。

94 :吾輩は名無しである:04/03/24 22:27


17 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)