5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

■■日本近現代文学・学会スレ■■

1 :吾輩は名無しである:02/10/12 13:26
昭和文学会、日本近代文学会、日本文学協会等、
日本の近現代文学の学会に関する情報交換をしましょう。
ドキュンな報告・研究者のチクリ歓迎。

2 :吾輩は名無しである:02/10/15 23:59
46 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/15 23:56
>>1
そんなものがあるのならわたしも知りたいよ。

3 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:19
3

4 :天之御名無主:02/10/16 00:20
あ〜あ、書き込んじゃったw。

5 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:20
1000

6 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:22
1000

7 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:23
1000

8 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:25


9 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:26
と千尋の

10 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:30
1000

11 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:30





12 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:31


13 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:34
夜一夜

14 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:35
はやさし

15 :気狂いピエロ:02/10/16 00:37
それは恋愛小説

16 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:37


17 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:38
連載終了

18 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:39
再会

19 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:40
の時

20 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:41
我が人生の時の時

21 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:42
空の旅人

22 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:43
ドナウの旅人

23 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:45
心は孤独な旅人

24 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:46
百年の孤独

25 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:47
>>2-24
文学板のために全員回線切って首吊って。

26 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:47
長距離ランナーの孤独

27 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:48
ピンチランナー調書

28 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:48
>>25
そんなこと書き込む暇があったら削除依頼出してくればいいのにwww

29 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:49
神様のピンチヒッター

30 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:49
鯨神

31 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:50
神様溺れて蛇を踏む

32 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:51
花と蛇

33 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:51
彼岸花

34 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:52
彼岸先生

35 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:53
赤シャツ うらなり マドンナ

36 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:53
レディマドンナ

37 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:54
レディジョーカー

38 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:54
ジョーカー

39 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:56
ディスクン・カー

40 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:58
川上宗薫

41 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:59
PFドラッガー

42 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:59
河上徹太郎

43 :吾輩は名無しである:02/10/16 01:01
太郎冠者 

44 :吾輩は名無しである:02/10/16 01:29
しりとりよりROMってて面白いな、これ。

45 :1(本物):02/10/16 14:24
このスレまだあったのか・・・
誰も書き込んでくれないから消えたと思ってたよ。


46 :吾輩は名無しである:02/10/16 14:30
>>45
学会に関するネタを振ってくれよ本物なら。

47 :1(本物):02/10/16 14:35
>>46
それを振るとどの学会所属かバレちゃうじゃん(w
そのうちナナシで書こうと思ってた。
いろいろと忙しくって行きたい大会でも出席できないこともあるし、
(みんなそうでしょう?)お互い情報だせたらいいかなって。
それから例会なんかもあるでしょ。
そういう情報交換もしたいなあ、と思ったんだけど。

48 :吾輩は名無しである:02/10/16 14:38
ああ、そういや学会シーズンだよな〜


49 :吾輩は名無しである :02/10/17 00:05
日本近代文学会の秋季大会は10月26日だぴょ〜ん。

50 :吾輩は名無しである:02/11/11 04:53
学会の機関誌て、けっこうショボイですね。
この前はじめて投稿したらアッサリ採用されてしまいました。

51 :吾輩は名無しである:02/11/11 11:35
>>50
まじっすか?
確かにあまりレヴェル高くないとは思ってたけど・・・
出身大学って関係あるんですかね?
一般に他の分野では、東大しか載せないってあったりするでしょう。
国文系はどうなのかな?

52 :吾輩は名無しである:02/11/11 11:50
はじめて投稿したって内容がよけりゃ採用されるだろ。
本人がショボイと感じても、募集期間内の論文との相対評価なんだし。
それを「レヴェル高くない」って最初から決めてかかる>>51も失礼だな。

53 :吾輩は名無しである:02/11/11 11:56
>>52
失礼いたしました。
小生、別に50氏の論文のレヴェルが低いなんて言ったつもりはありません。
ただ、たいしたことないものもあるのは事実。
もちろん、面白いものありますよ。
小生も投稿には関心があるんですが、出身大学が関係あるだろうって、
友人に言われたもので。
で、実際どうなのかなあ、と。

54 :吾輩は名無しである:02/11/11 11:58
えへ、52は煽りだから気にしないでネ!

55 :吾輩は名無しである:02/11/11 12:03
>>54
そうかな?
でも確かに失礼だったと思う。
実際平均何本ぐらい出て、そのうちどのくらい採用されるんだろうね。
知り合いに聞いてもいいんだが、なんか恥ずかしいし。

56 :吾輩は名無しである:02/11/11 12:57
例えば日本文学協会の『日本文学』の場合だと、年度末には投稿数と
採用率が時代・分野別(上代とか近代とか国語学とか)に掲載されて
いるよ。

57 :吾輩は名無しである:02/11/11 13:06
56補足。
2000.10〜2001.9までの論文内訳見ると、投稿総数91本に対し
採用論文は25本。つまり採用比率は27.5%だって。

58 :吾輩は名無しである:02/11/11 17:07
ってことは、50は神!

59 :ジーザス・アンド・ザ・メリーチェイン:02/11/11 17:14
4人に1人が神と呼ばれる現代。

60 :吾輩は名無しである:02/11/11 17:37
>>59
「ザ」はいらない

61 :吾輩は名無しである:02/11/11 17:38
>>60
サイコキャンディあげるから許して

62 :50(本物):02/11/12 03:48
>>51
出身大学はあまり関係が無いと思います。それが関係あるのは特定の大学関係者のみで作られている学会。
例えば日本比較文学会(機関誌『比較文学』)はオープンで、東大比較文学会(機関誌『比較文学研究』)は
東大比較文学比較文化講座出身者と教官のみで構成されています。
ちなみに私は東大出身ではありません(某中堅私大出身)。

まだ、採用率は分野によって差があるようです。日文協を例にすると、やはり近現代の分野は投稿数自体が
多いので、採用率は悪くなるようです。逆に近世は特に投稿層の中心である院生・若手研究者が少ないので、
投稿数も少なく、採用率は高くなるそうです。

63 :吾輩は名無しである:02/11/12 03:53
なんだよ!中堅私大ってのはよ!
しかも某とかつけやがって!
かなりはずかしいぞ!
そういうんならなんで東大は
はっきりいってんだよ!
本当にはずかしい・・!
むかつく

64 :50(本物):02/11/12 04:01
>>63
そんな風に反応されるとは思いませんでした。
ほんと、他意はないんですよ、「某」には(ただ、狭い業界なんでね、この世界は)。
また、東大に対しても特に意識はしてませんよ。あくまで例です。
でも、気に障ったなら謝ります。ゴメンナサイ。


65 :吾輩は名無しである:02/11/12 04:14
>>63
あんたのほうがはずかしいという罠

66 :吾輩は名無しである:02/11/14 11:43
age

67 :吾輩は名無しである:02/11/14 11:50
>>59-60
The Jesus and Mary Chain が正解。

68 :51(本物):02/11/14 11:52
>>62
ありがとう。そういう情報が欲しかったんだ。
俺もがんばってみるよ、難しいだろうけど。
一足早く、デビューおめでとうな!


69 :吾輩は名無しである:02/11/14 12:22
>>68
てめーが「実際平均何本ぐらい出て、そのうちどのくらい採用されるんだろう
ね」って聞くから>>56-57で答えてやったのに、こっちには礼なしかよ。レス
を順を追って読めねぇ奴に、先行論文を丹念に追うような作業ができるのか?
せいぜい自分の意見の書き散らしがせきの山だろ。二度とてめぇーにレスする
か、バカ。

70 :吾輩は名無しである:02/11/14 12:38
2ちゃんねらーって怖い・・・

71 :51(偽者でない):02/11/14 18:34
>>69
せっかくご親切にレスをいただきましたのに、申しわけございませんでした。
これもすべて、わたくしの読解力のなさのせいです。
不愉快な思いをさせましたこと、深くお詫び申しあげます。

ところで69様は立派な研究者で、2ちゃんなどには滅多に来ない方だと推察いたします。
実はこの板の67パーセントはわたくしの書き込みから成り立っているのです。
ですから、もし今後わたくしの書き込みにレスをつけないとなると……、
いや、わたくしの杞憂でございますね。
では、とり急ぎお詫びまで。


72 :吾輩は名無しである:02/11/14 18:41
>>71
ワラタ

73 :吾輩は名無しである :02/11/14 20:09
この板の67パーセント…つまりあなたは美香か工藤か田口ランディのいずれ
かですね?


74 :吾輩は名無しである:02/11/14 20:19
>>71
すいませんでした。私は52=69でした。
文学研究とは無縁の衆生ですが、ほんの悪戯心で書き込んだところが、
71さんが釣れたので…もといあまりに紳士的な態度を取られたことに
感銘を受けました。明日からは真面目に働き、御国のお役に立ちます。
あどけない空の話である(あるよ、またはあることだなぁ)。

75 :吾輩は名無しである:02/11/14 20:28
74って、結局いい人なんだなあ・・・しみじみ

76 :74:02/11/14 20:35
75の発言がむかついたのでキレた!
今から文学板の質を67パーセントダウン(当社比較)させるから
そう思へ!!両手をついて謝ったって許してあげない♪

77 :吾輩は名無しである:02/11/14 20:38
うん、74はいい人だよ〜☆

78 :吾輩は名無しである:02/11/14 20:43
ってゆーか、74ってころにゃんだよね

79 :74:02/11/14 20:46
くそー、71め笑っているな!?奴はこの板の67%にいる…
この板に今574スレあるから約385スレは奴の息がかかっていることになる

…くそぉー!負けんぞぉ!だって…女の子だもン…♪

80 :吾輩は名無しである:02/11/14 20:47
ってゆーか、74ってかわいいよね

81 :吾輩は名無しである:02/11/14 20:51
ってゆーか、74に惚れたんだけど、つきあって♪

82 :51:02/11/18 11:44
なっ!?

83 :吾輩は名無しである:02/11/26 03:37
学会とかに入ってるヤツは想像以上にアホだな。

84 :吾輩は名無しである:02/11/28 02:34
『日本文学』12月号は名簿付だぞ。
アホをさがそう。

85 :吾輩は名無しである:02/11/28 09:20
>>84
それを知ってるオマイも院生だろ?(w

86 :吾輩は名無しである :02/11/28 10:17
>>85
院生っつーか学会員であることがここでは問題なんだろ?

87 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:08
>>85
実は大学教員だったりして。

88 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:16
創価学会

89 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:20
日文狂

90 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:22
>>88 >>89
はげしくワロタ。

91 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:26
でも日文狂ってすごいよな。
金さえ払えば誰でも入れるんだから。
しかも雑誌は月刊。
どこからカネが出てくるんだろう。
文部省かな、でも左翼系の学会だったはず…

92 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:32
日文狂は日本学術振興会からの援助金を受けてる。つーことは要するに
文科省の援助を受けてるってことだな…バリバリの左なのにな。

93 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:49
>金さえ払えば誰でも入れる
国文学系の学会ってみんなそうでしょ

94 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:54
なんだかんだ言いながら、これだけ話題が出るんだから、
日文狂って、やっぱ愛されてますね。

95 :吾輩は名無しである:02/11/28 11:54
>>93
日本近代文学会みたいに、会員(2名の場合も)の推薦状が必要なところ
もある。

96 :吾輩は名無しである:02/11/28 12:00
>>95
あっそうか。
昭和文学会はどうなの?

97 :吾輩は名無しである:02/11/28 12:02
>94
ワラタ

98 :吾輩は名無しである:02/11/28 12:03
>>94
基本的に学会には入らんが、
日文狂にだけは入るという人が
けっこういるそうです。

99 :吾輩は名無しである:02/11/28 12:08
とかいいながら、このスレッド書き込んでいるのは
全員、日文狂会員です。

100 :吾輩は名無しである:02/11/28 12:16
>>98
単に推薦者が見つからんだけだろう。

101 :吾輩は名無しである:02/11/28 12:47
昭和文学もいらないだろ

102 :吾輩は名無しである:02/11/28 12:52
昭和文学会の間違いですた。

103 :吾輩は名無しである:02/11/29 01:59
お、今度は昭和文学会ネタですか。

104 :吾輩は名無しである :02/11/29 09:58
昭和文学会は、会の名前が時代にそぐわないのではないか?ということで
改名するかどうか、またするとしたらどういうのにすればいいか会員全員
からアンケート取ったけど、結局は現状維持ってことになった。

105 :吾輩は名無しである:02/12/01 09:00
昨日(11.30)、日本近代文学会の例会行った人いる?
少女小説がテーマだったらしいんだけど。

106 :M1:02/12/01 13:14
>>105
それ、私も聞きたいです。

日本近代文学会か、昭和文学会のどちらかに入りたいのですが、
どちらの例会が面白いんでしょうか。
会の雰囲気とかも知りたいです。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。


107 :吾輩は名無しである:02/12/01 13:25
近代文学会にしても昭和文学会にしても日本文学協会にしても、HP
作って欲しいよな(近代〜は関西支部のがあるけど)。
大会の報告等を会報でくれるのもいいけど、HPならより早く、別の形
(音声・画像付とか)で提供ができるだろう。あと会誌所収論文一覧
をWeb上で公開とかさー。
HP持ってる現代文学会とか芸術至上主義文学会は会自体がいまいち
ヘタレっぽいし…。

108 :吾輩は名無しである:02/12/01 15:14
>>106
ほんとに知りたいんだったら、こういうところで聞くより、院の先輩とかに聞いた方が実情はよくわかると思うよ。

109 :吾輩は名無しである :02/12/01 15:44
近代や昭和の例会・大会の時は、文学関係専門の出版社がブースみたい
のを作ってるから、そこでチラシ・カタログ類を集めるのが楽しみ。
解釈と鑑賞のバックNOが安く買えたりもする。八木書店とか、アンケー
トに答えると毎年古書目録送ってくれる所もあるので、そういうのには
積極的に答えるのが吉。

110 :吾輩は名無しである:02/12/01 21:03
>>109
古書目録って、最初は便利でありがたいんだけど、
何年も続くとめんどくさくなるんだよね。
俺に所も毎月何らかの目録が送られてくるけど、
ホント置き場所に困る。


111 :吾輩は名無しである:02/12/01 21:06
おれのところにはしょっちゅう八木書店から目録や
パンフレットが来るけど、それがお笑いなんだよ。
雑誌『太陽』復刻のCD−ROM版のお知らせが
来たんだけど、なんと値段が約250万。
個人で買えるか!

112 :吾輩は名無しである:02/12/01 21:10
正直、俺宛に来る郵便物の殆どは文学関係のチラシ、目録の類か、
ネットで注文した新書・古書の類ばかり。


113 :吾輩は名無しである:02/12/01 21:14
基本的にあの手のパンフレット類って、先方は「大学の図書館に置
いてくれるよう、先生(教授)の方から掛け合って下さい」って願
いを込めて送ってくる場合が多い。だから宛名がM1相手でも「先
生」になってたりする。


114 :M1:02/12/01 21:15
>>108
例会に行っている先輩がいないんです。
それで、もしご存知の方がいらっしゃれば……と思ったんですが。
>>107さんもおっしゃる通り、ホーム・ページがあると便利ですね。

115 :吾輩は名無しである:02/12/01 21:18
例会は漏れもあんまり行かないな(入会し立ての頃は律儀に
行ってたけど)。
大会は…テーマが気に入れば、行ったり行かなかったり。

116 :吾輩は名無しである:02/12/01 21:21
>>113
おれも院生の頃、研究室で50代とおぼしき出版者の
部長さんに「先生、先生」とペコペコされたことが
ある。

117 :吾輩は名無しである:02/12/01 21:24
>>111
でも八木書店はときどきゾッキで新古本を廉く放出
してくれる。あれは一寸便利だ。

118 :吾輩は名無しである:02/12/02 01:51
古本談義はもういいよ!

119 :吾輩は名無しである:02/12/03 00:52
八木書店てすごいぞ! なんたって八木一族だからな。
日本の裏金融界と古書業界を繋ぐ八木一族。
恐るべし。

120 :吾輩は名無しである:02/12/03 00:56
高山書店はどうですか?

121 :吾輩は名無しである:02/12/03 12:16
12月の学会発表

○東洋大学東洋学研究所 公開講演会
 12月7日(土) 14時より16時まで
 会場:東洋大学白山校舎 1号館3階 1307教室
[講演]
三田英彬:忘れられた満州文学
     −五族共和に徹した作家・大滝重直の『劉家の人々』を軸に−

○川端文学研究会 第128回例会
 10月12日(土) 午後2時より午後5時まで
 会場:東大島文化センター
[研究発表]
吉田秀樹:年報『川端文学への視界 17』について
森本平 :川端康成と中城ふみ子

○昭和文学会 第31回研究集会
 12月14日(土) 午後1時30分より
 会場:法政大学 58年館833教室
[研究発表]
高根沢紀子:小川洋子『妊娠カレンダー』論
河合修  :在日朝鮮人二世作家李恢成の表現−『砧をうつ女』を中心に−
波潟剛  :高度成長期のアヴァンギャルド−安部公房と『砂の女』−
兪在真  :堀辰雄の文学方法論とピカソ−『眠つてゐる男』を中心に−

○第38回 泉鏡花研究会
 12月14日(土) 午後2時〜5時
 会場:専修大学 神田校舎1号館・2階 201教室
[研究発表]
奥田久美子:『紅玉』論
[講演]
小池正胤:犬江親兵衛と鏡花の少年(仮題)

122 :121:02/12/03 12:19
あ、川端研のは終わってた。

123 :吾輩は名無しである:02/12/03 13:10
121は神!

124 :吾輩は名無しである:02/12/03 13:12
>>121
昭和文学会のは、会員じゃないと聞けませんか?

125 :吾輩は名無しである:02/12/03 17:14
>>124
漏れは昭和文学会には入ってないけど、何度も例会・大会に行ってる。
一応「ご芳名」を求められる場合があるけど強制ではないし、別に会員番号
とかを照合されるわけではないので、何食わぬ顔で参加するのが吉。

126 :124:02/12/04 13:37
>>125
ありがとうございます。
こんど行ってみます。

127 :吾輩は名無しである:02/12/04 13:38
昭和文学会の例会の日時や内容を知るには、何を見ればいいのですか?


128 :吾輩は名無しである:02/12/04 13:41
833教室かよ!
李恢成か…。
潜り込んでみようかな…。

129 :無名草子さん:02/12/04 14:24
>>127
昭和文学会に限らず、学燈社『国文学』巻末の「学界教育界の動向」に、
その月の研究発表会の一覧があるよ。

130 :127:02/12/05 11:08
>129
ありがとうございました。

131 :吾輩は名無しである:02/12/05 11:24
>>1さん
私は障碍歴約40年の男です。前からこのホームペイジを見ていて不思議に思い
また、憤りをおぼえていた者です。
この掲示板では、feelさん、前の大野氏いずれも障害者としての正当な権利や意
見の主張をしたに過ぎず、それを受け入れないばかりか他の主張も、健常者に媚
び諂い、同じ障害者を援護するどころか、貶めている傾向がある。
過去と現在の障碍者を取り巻く扱いは明らかに不当であり、差別であった事は
火を見るより明らかな事実であってそれを改善するという正義の革命は
今以上に性急に行わねばならない障害者の権利は、これを健常者が無条件で
受け入れねばならず、それに異論を唱えるものはすべて差別主義者であると言
わざるを得ない。
あらゆる物事、結婚、就職、就学などに障碍を理由にして断わられる事はあっ
てはならない
もしそれらを行った場合、その個人または団体に対し、刑事または民事で訴え
られるような法律の整備こそが最優先で、また、障碍者差別をなくす唯一の方
法であると確信しています。
障碍、健常のお互いの理解などは不可能です
健常である事は暴君であり、障碍を得ている者は市民であり、強者と弱者、お
互いにお互いの心など酌みようがないのはあたりまえと言えばあたりまえであり
仕方のないことである。
小生も40代にして、いまだに独身なのは障碍のせいではなく障碍を差別視する
世の中の風潮や、世の中の女性の悪しき思想のせいであることは言うまでもなく、
今まで何人もの女性に自分の偽りのない愛を告白して来たが、みな障碍を理由に
断わられてきたという、あからさまな差別を受けてきたのである。
真のバリアフリーや真に差別をなくすという事は健常者と障碍者が話し合い行う
ものではなく、障害者の要求と要望をすべて健常者と社会が受け入れるべき
なのである、現在のような差別発言や、差別発言を行う者への援護の書き込みは
厳に慎まれたい。

障害者特別性交特権の早期実現を!


132 :吾輩は名無しである:02/12/06 13:49
今日も八木書店から最新在庫情報案内が来たぜ!

133 :吾輩は名無しである:02/12/06 16:04
俺のところにはまだ来ていない。どうなっているんだ

134 :吾輩は名無しである:02/12/09 09:03
有志で2ちゃんねる学会を発足させようぜ!

135 :吾輩は名無しである:02/12/09 11:04
>>129
その情報だとぎりぎりで困るんだよなあ。
もっと早くいろんな情報がわかれば、都合もつけやすいんだけど。
日本近代文学会の例会情報求む。

136 :吾輩は名無しである:02/12/09 13:24
「国文学」の学会・例会の一覧は、発売月の3ケ月先くらいまでのは載ってる
と思う。

137 :吾輩は名無しである:02/12/10 01:38
>>135
学会に入れば簡単に解決するじゃない。
まあ、年会費が高いのが悩みの種だな。

138 :吾輩は名無しである:02/12/10 01:49
今日、八木書店から目録が届いた。
でも高いな。

139 :吾輩は名無しである:02/12/10 11:08
学会の入会費は高い。
故に貧乏院生である私は2つも3つも入りたくない。
無料で参加できればいうことない。
・・・ってみんな思わない?

140 :吾輩は名無しである:02/12/10 11:14
思う。思うけど、なんだかんだで5つくらい入ってる…。
で、そのうち3つの会の年会費滞納してる…。

141 :吾輩は名無しである:02/12/10 14:44
>>140
滞納?
それって、大きな学会?
小さなやつだと、事務局からすごく、すごく悪口言われてたりするよ〜。
140はたぶん院生だよね?それなら大丈夫だろうけど、
教授クラスになって平気で滞納する香具師っているよね。
「有名人でお金持ってるのに、ケチだ」なんて言われちゃうんだよ。
悲しいね(w


142 :吾輩は名無しである:02/12/10 14:45
滞納って何年までO・Kなんだろう・・・

143 :吾輩は名無しである:02/12/10 15:06
滞納してても事務局から悪口言われたことないなー
お金払ってないのに名簿に名前載ってるし会誌も来るしなー

144 :吾輩は名無しである:02/12/10 15:31
>>143
どのくらい滞納なさってるんですか?2・3年くらい?
差し支えない限りで、教えていただけないでしょうか?
(日文協、昭和文学会、日本近代文学会について教えていただければ、さらに嬉しいです。)


145 :吾輩は名無しである :02/12/10 15:48
143じゃないけど、さすがにここに書くと特定される(関係者がいれば)
んじゃない?

自分は某「作家名+学会」の例会に時々顔を出してたら、会員扱いされ
て名簿に名前が載ったりしたけど、会費を納めなかったら、催促される
ことなく除籍された。今でも例会の通知は来るけど。

146 :吾輩は名無しである:02/12/10 15:55
>>145
特定・・・そうかな?
私の入ってる某研究会では、滞納者なんかたくさんいますよ。
エライ先生の方が多い(w
日文協、昭和文学会、日本近代文学会なんか、すごい数の滞納者がいますよ、きっと。


147 :吾輩は名無しである:02/12/10 16:00
近代文学会はもし除籍されると、再入会が大変(推薦者必要)だから
滞納しない。他の会は…仮に除籍されても、入会しようと思えば何と
かなるんでない?それともブラックリストに載って復帰は無理とか…

148 :吾輩は名無しである:02/12/10 16:04
>>147
日文協はかなりしつこく催促来るぞ。

149 :吾輩は名無しである:02/12/10 16:20
ところで、学会に入るメリットって何がありそう?
例えば学会誌が欲しいとして、文学部のある大学(院)なら大抵の図書館
に『日本文学』『昭和文学研究』『日本近代文学』のバックナンバーが置
いてあると思う。大会・例会は情報さえあれば潜り込める。
名簿に名前があると、本屋からDMが来て(迷惑と感じる人もいるかも知
れない)新刊情報が掴めるけど、そのために入会する人は少ないだろう。
あとは論文を書いた時の発表の場として必要というのがあるけど…書けて
から入会しても遅くはあるまい。
それ以外に、何かメリットありそう?

150 :吾輩は名無しである:02/12/10 16:25
>それ以外に、何かメリット

・・・ないです。ただ、

>大会・例会は情報さえあれば潜り込める。

入会していないとこの情報が遅い。

>あとは論文を書いた時の発表の場として必要というのがあるけど…書けて
>から入会しても遅くはあるまい。

そう思ってると論文が書けないってことです(苦藁
締め切り追われなくても書ける人は別かモナー


151 :吾輩は名無しである:02/12/10 16:31
そうなんだよねー、学会に所属してお金払って学会誌も定期的に貰わ
ないと、論文って書けないんだよねー(苦笑

『日本文学』って近現代からするとあんまり面白くない雑誌なんだけ
ど、月刊だから論文が書けたらすぐ出してすぐ載りそうな気(あくま
で、気分)がするんで、何となく所属してる。

152 :吾輩は名無しである:02/12/11 00:57
>>151
日文協って、もともと藤村作博士とか、近藤忠雄なんかが
中心になって結成された学会でしょう。だから、もともと
近現代より古典、特に近世が中心なんだよね(森山重雄とか)。
でも、近世はいま人気なしで、投稿するとかなり採用されやすい
そうだよ。俺の友達も近世で採用されました。

153 :吾輩は名無しである:02/12/11 21:01
『日本文学』最新号到着。
自由論文号なのに近現代一本もなしかよ!!!

154 :吾輩は名無しである:02/12/12 01:26
>>153
俺とこにはまだこない。
どうなってるんだ。

155 :吾輩は名無しである:02/12/12 01:33
>>153
おれも専攻は近現代だけど、
近現代文学の研究ってつまらんな。
だって、誰でも出来るじゃん。
やっぱ研究は古典ですよ。
学会誌も近現代は禄なのがない。
古典の論文は読んでて楽しめるよ。

156 :吾輩は名無しである:02/12/12 01:36
>>155
でも明治文学はもう古典なんじゃない?
『新日本古典文學大系』「明治編」出てるし。
誰でも読めないし?
ちなみに俺の専攻は明治。

157 :吾輩は名無しである:02/12/12 07:07
>>155
古典専攻の人って教授・院生に限らずそういうこと言いたがるよね。
近現代文学は研究じゃないとか。
昔は、そんなことあるか!と思ってたけど、最近は…微妙。
でも、古典専攻の人も、自分の研究に何の意味があるのか、時々虚
しくなることがあるらしいよ。きっと他国の文学やってる人もそう
感じる時があるだろう。研究者としての勝負は、その虚しさを乗り
越えられるかどうかなんだろう。乗り越えた先に例え虚無が広がっ
ていようとも…。

158 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:10
>>157
155は自分の専攻は近現代って言ってるよ。
古典好きの近現代文学研究者って結構いるよね。
なんか、自分のやってることの空しさを補完してるのかな?
あと、批評家もけっこう古典をやるよね。
小林秀雄『無常という事』『本居宣長』
吉本隆明『源実朝』
江藤淳『近代以前』
柄谷行人「伊藤仁斎論」
でも、古典専攻の人たちはこれらは全て無視。
けっこういい論考だと思うんだけどな。

159 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:11
『日本文学』まだ来ず。
どうなってるんだ!

160 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:12
>>159
はぁ? おまえバカ?

161 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:13
>>152
森山重雄ってだれ?

162 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:14
>>160
なんでバカなんだ?

163 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:19
>>160
学会誌楽しみにしてる奴もいるんだから
そっとしてあげようよ。

164 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:20
163みたいのを慇懃無礼というんだろうな。

165 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:21
>>160
同意

166 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:22
ここもとうとう厨房の巣か…

167 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:23
160をそっとしておいてやろう。

168 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:25
>>159 どうもなってねーよ厨房!!!

169 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:29
上がるタイミングが悪かった。
つーかわざとあげたんじゃないかな。
良スレ潰す宣言もあったことだし、
いろんな思惑で自治厨と荒らしが混在しているから、
すごくわかりにくいんだけど。

170 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:31
タイミングの問題じゃないと思われ

171 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:34
>>169
質問スレにも、煽り→(自分で)同意という、ここと同じパターンの連続カキコ
があったな。


172 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:39
>>170
タイミングの問題にしときましょう。

173 :吾輩は名無しである:02/12/12 12:41
そう。問題の本質は不良債権処理と住専にある。

174 :吾輩は名無しである:02/12/12 13:05
>>161 webcatなどで検索してみ。

175 :吾輩は名無しである:02/12/12 23:58
>>161
上田秋成の研究で有名な人でしょ。
それでもって、啄木や幸徳秋水に
関する熱い論文も書いているユニークな
近世文学研究者。
なんか政治的なものをかなり背負ってるらしく、
出す本はほとんど三一書房(アナーキズム系の本を
沢山出している出版社)から出ている。

176 :吾輩は名無しである:02/12/13 00:05
>>175
三一書房潰れたって本当?

177 :吾輩は名無しである:02/12/13 20:31
>>175
森山重雄といえば、以前読んだ本多秋吾・瀬沼茂樹編の
『有島武郎研究』に載っていた宣言一つ論はすごかった。
森山は「宣言一つ」を完全に非共産党的党の組織論・戦術論として
読み替えている。
基本的に彼はアナーキストなんでしょう。


178 :吾輩は名無しである:02/12/14 07:36
>>176
三一書房といえば、『アナーキズム叢書』とか、
『日本庶民生活資料集成』『日本庶民文化資料集成』
『近代庶民生活誌』なんかがすごいよね。
今でも頗る便利。

179 :吾輩は名無しである:02/12/14 07:39
>>178
あれはでかくて重いんだよ。
寝転がって読めない。

180 :吾輩は名無しである:02/12/14 12:40
>>178
資料集成→史料集成

181 :吾輩は名無しである:02/12/15 03:13
保守

182 :特報!!:02/12/15 03:41
最近、小森陽一が文学関係学会から逃亡したようです。

183 :吾輩は名無しである:02/12/15 03:43
>>182
て云うか、文芸批評家とか名乗ってたぞ。

184 :吾輩は名無しである:02/12/15 10:06
小森が政界進出を狙っているという噂、あれは嘘だったのか?それとも深く
静かに現在進行形なのか?

185 :吾輩は名無しである:02/12/15 13:12
>>183
大学に職を得てるくせに文芸評論家の肩書きの奴って多いじゃない。

186 :吾輩は名無しである :02/12/15 22:43
今だレジュメ手書きの小森の報告なんか聞きたくないよ。

187 :タバスコ ◆aWFfCao0Sk :02/12/15 22:53
小森さんの論文はまだカルスタ系が多いですか?
最近論文みたいなのを読んでないので。

それから、学会誌などの研究論文でのカルスタ系の割合ってどのくらいでしょうか?
正確な数ではなく大体でいいので(体感的でよいので)教えてください。

188 :吾輩は名無しである:02/12/16 20:24
>>187
名無しにしてください。
おながいします。

189 :吾輩は名無しである:02/12/17 23:03
>>184
まあ、共産党だからな。

190 :吾輩は名無しである:02/12/17 23:05
>>189
小森陽一って共産党なの?

191 :吾輩は名無しである:02/12/17 23:09
カルスタってなんかアレだからCSと言ってみたひ。

192 :吾輩は名無しである:02/12/17 23:10
あんた、なにいってんの。
常識でしょう。
だから彼は北大にしか入れなかったの。
でもって、北大出身なのに東大教授に
なれたのもそのせい。
共産党のネットワークってすごいよ。
以前聞いた話だと、だれだれを東大教授にするぞって
決定されるでしょ。するとだいたいワンクッションおいて
きちっと東大に入り込むわけ。
こもりの場合は北大→成城→東大というカラクリ。

193 :吾輩は名無しである:02/12/17 23:30
>>192
日本史板や社会学板でよく見かけるヴァカ電波を
文学板でも発見!

194 :吾輩は名無しである:02/12/18 02:11
>>193
ヴァカ電波はほっとくとしても、
実際、共産党系の人は多いよ。
聞いた話だと、野口武彦(元神戸大)や
斎藤精一郎(経済学者)も元共産党。
ただ、構改派だったので除名されたそうです。

195 :吾輩は名無しである:02/12/18 02:13
>>194
構改派ってなんですか?

196 :吾輩は名無しである:02/12/18 02:14
構造改革派

197 :吾輩は名無しである:02/12/18 12:41
>>193
おまえの方がデムパじゃないの?小森=共産党というのは常識だよ。
ただ、>>192の言うのは、かなり違うね。
糸圭秀実が批評空間の文芸時評でバクロ証明していたが。

198 :吾輩は名無しである:02/12/18 13:32
そんな事はない。

199 :吾輩は名無しである:02/12/18 13:48
小森チェンチェイが東欧で幼少年期を過ごされたといふのは
有名?でチェンチェイも時折自慢げに回顧しておられますが、
それはチェンチェイの御父君が共産党の幹部で、そのお仕事の関係
で行かれたのでした。
チェンチェイのご両親は、今も共産党の幹部(所感派出身)であらせられます。
そして、おのずからチェンイェイも民青から党員の道をあゆまれております。
チェンチェイが党員をお辞めになったといふのなら、それは何時のことでせう。
実際、スガ秀実が指摘していたように、チェンチェイの大江健三郎論には、
代々木でなければ言わないようなトロ攻撃が記されております。

200 :吾輩は名無しである:02/12/18 14:04
引きコモリが井上ひさしと親しいのも、共産党がらみです。

201 :吾輩は名無しである:02/12/18 19:52
まあ、共産党や創価学会の「闇のネットワーク」説ってのは
いかにも厨房が好きな陰謀ネタだからな。
人権板あたり行くと、
部落や在日でさえその「ネットワーク」とやらが構築されていて、
出世街道が約束されている、
とか寝呆けたことほざいてる厨房いるし(w。
たとえ小森が日共だったとしても
東大教授というポストには直接関係ないだろう。
おれは個人的には認めないだが、
ポストにふさわしい(一般的には)業績積んでるのは確かだし。
だいたい文学者としての小森を一番引き立ててやったのは故・前田愛で、
駒場じゃあの蓮実にも結構気に入られてたんだろう?
そんな人脈の小森が共産人事に支えられてるってこたあねーだろ。

202 :吾輩は名無しである:02/12/18 21:47
ハスミがコモリに多少メをかけたというのは、
東大の日共フラク(チョー強力)対策くさくはないかい?
問題は、最近までは、トロい国文関係者も、ほとんど小森=日共ということに
無知で、むしろカルスタ新左翼だと、漠然と思っていたことであろう(ヴァッカだね)。
おれの知ってる東大若手教官(もちろん、心情新左翼)たちも、小森=日共って聞いてびっくりしてたからね。
それだけ、小森のマヌーヴァーが上手かったということかね。

203 :タバスコ ◆aWFfCao0Sk :02/12/18 21:49

小森氏とは、小林秀雄を差し置いて、「改造」の懸賞論文で一等を取った人ですか?

204 :吾輩は名無しである:02/12/18 22:16
小森ネタ、スレ違いでいいかげんウザイよ。
ほらよ、日本史板におまえらが好きそうなネタスレあるぞ。
「秦郁彦、今度は加藤陽子先生を中傷!」
http://academy.2ch.net/test/read.cgi/history/1038835136/l50

205 :吾輩は名無しである:02/12/19 00:38
「で、もと共産党員で……」と話を振られて「うん」と言っていましたから、
現在は共産党員ではないようですよ。
あと、やっぱり東大には蓮見氏が総長になったおかげで上野千鶴子なんかと共に
引っ張られたと本人も言ってましたけど。

206 :工藤に告ぐ!:02/12/19 00:43
任意整理したければ共産党絡みの弁護士がお勧め!
サヨの弁はこういうときにこそ使えるのだ!

207 :吾輩は名無しである:02/12/19 00:59
>>205
漏れの情報では、端的に共産党員。コレ、小森の友人から聞いたYO。
東大への就職は蓮実の総長就任以前でしょう(上野千鶴子もな)。
もし、そう言ったとしたら、
やはり党員であることを隠したいということ、蓮実シンパと思われたいということだろう。
学会における共産党問題ということで、スレ違いではないと思われ。

208 :吾輩は名無しである:02/12/19 01:24
ええと、そろそろウザイので消えてほしいんすけど。
>>207とか。

209 :吾輩は名無しである:02/12/19 13:53
小森=共産党はもういいとして、
小森を引き立てたのは前田愛というのはうなずけるな。
実際、小森本人も自分たちカルスタ派(小森、高橋、金子etc)
は、前田愛の後継者を任じている。
それに対して、中川成美、林淑美ら立教系の人たちが大反発。
『日本文学』2000年11月号、同2001年11月号で中川成美が
カルスタ批判をしてるけど、よく読むと単に前田愛の後継者は
自分たちだということを言いたいだけというなさけない提言でした。

210 :吾輩は名無しである:02/12/19 13:57
>>209
中川成美や林淑美らの立教出身者は
みんな前田愛の弟子みたいなふりするけど
実は小田切進の弟子という罠。

211 :吾輩は名無しである:02/12/19 13:58
小森が日本近代文学会の大会で発表した前田愛論は秀逸ですた。
秀逸すぎて何を言いたかったのか会場の方々に伝わらなかった様
ですた。
そのせいか質疑応答時間の時、H先生が発表内容と関係なく前田
氏の思い出話を始めてしまい、司会に「要点をお願いします」と
言われてしまいますた。

212 :吾輩は名無しである:02/12/19 14:03
>>210
小田切進先生は偉大だよ。
近代文学館できたのもあの人のお陰(初代専務理事)。
小田切進より、前田愛の方が優秀だと思ってる人がいたら、
お笑いですよ!

213 :吾輩は名無しである:02/12/19 14:05
小田切進と小田切秀雄が紛らわしいので何とかしてください。

214 :吾輩は名無しである:02/12/19 15:24
>>213
兄弟だからしょうがないよ。

215 :吾輩は名無しである:02/12/19 20:07
文学板でも前田愛を女だと思い込んでるヤシが
少なく見積もっても3人はいるという罠。

216 :吾輩は名無しである:02/12/19 20:17
うむ。前田愛・亜季姉妹は漏れのエンジェルだ。
愛タンの『都市空間のなかのはみだし刑事情熱系』は名著だ。

217 :吾輩は名無しである:02/12/20 02:46
前田愛はホモだからな。

218 :吾輩は名無しである:02/12/20 02:51
>>217
マジで?
おれの聞いた話だと門下生の女全員喰っちゃったてことだけど。
両刀使いか?

219 :吾輩は名無しである:02/12/20 02:58
じゃあ、関礼子もやられたってことね。

220 :吾輩は名無しである:02/12/20 03:03
>>217
ホモなのは弟子筋の中川成美の方ですよ。

221 :吾輩は名無しである:02/12/20 03:04
じゃあ、中川成美もやられたってことね。

222 :吾輩は名無しである:02/12/20 03:09
前田愛が女の弟子全てやっちゃうのも
中川成美がホモなのも本当。
おれ、直接関係者から聞いたもん。

223 :吾輩は名無しである:02/12/20 13:29
>>222
誰に聞いたんだよ。
俺は前田先生の弟子の弟子にあたるけど、そんな話は初耳だぞ。


224 :吾輩は名無しである:02/12/22 00:20
前田愛はストリップが好きだったんだって……。
そんな前田先生が好き。

225 :吾輩は名無しである :02/12/22 12:38
それより、みんなちゃんと論文を発表してるか?

226 :吾輩は名無しである:02/12/22 12:44
>>225
書いてるよ。(内容はさておき。)

1月の例会情報キボンヌ

227 :吾輩は名無しである:02/12/22 13:01
1月は「ト学会」の例会があります。ふるって御参加ください。

228 :吾輩は名無しである:02/12/22 13:04
>>227
爆笑!
何日なの?

229 :吾輩は名無しである:02/12/22 13:06
トンデモない日バンザイ!

230 :吾輩は名無しである:02/12/24 12:39
小森=共産党はともかく、小森の盗作疑惑はどうよ。
しつこく行こうぜ。

231 :吾輩は名無しである:02/12/24 15:42
>>230
もういいよ、スガさん。別スレ立てなよ。

232 :吾輩は名無しである:02/12/25 23:12
小森さんて、いつのまにか作品論から作者論に微妙に「転向」してるのですね。
これも「党」の意向が働いた結果ですかね。

233 :吾輩は名無しである:02/12/25 23:48
っていうか、いまどき、「作品論」とか「作家論」みたいな区分って有効?
小森氏がどうどかいうことではなくて。

234 :吾輩は名無しである:02/12/25 23:54
駒場寮問題の時、執行側でニヤニヤと馬鹿面晒してた
小森が共産党員とはね・・・

235 :吾輩は名無しである:02/12/26 00:10
>>233
有効も何も「作家論」がほぼ絶滅したからね
いや、正確には「作家論的作品論」と言うべきか
「作者の意図」なんてことを口にしたら全く相手にされない時代になった
「作家論」というのは現代では作家の伝記研究でしかないよ
そのことを自覚するという意味で区分は有効
作品論の中に「作者」を持ち出さない限りにおいては区分は無効だね

236 :吾輩は名無しである:02/12/28 20:36
小森ネタに終始してるってことは、
結局彼の学会における存在の大きさが証明されてるわけだな。

237 : :02/12/28 22:37
で、昭和文学会はどうだったのよ?

238 :吾輩は名無しである:03/01/04 01:08
小森先生は社民党にはかかせないブレインですっ!

239 :吾輩は名無しである:03/01/17 15:44
1月・2月の例会情報きぼん

240 :吾輩は名無しである:03/01/18 00:18
小森が2.11建国記念日に某所の反対集会でアジ演説やるそうです。
やっぱもうダメだな・・・

241 :吾輩は名無しである:03/01/18 00:19
小森の話題はもういいよ。

242 :山崎渉:03/01/20 01:53
(^^)

243 :吾輩は名無しである:03/01/22 19:31
世織書房の『文学年報』創刊号っていつ出るんだ?
確か昨年の1月10日が投稿論文の締め切りだった筈なんだけど。
投稿した人、いる?

244 :吾輩は名無しである:03/01/22 20:44
>>243
締め切りを守る香具師など(ry

245 :吾輩は名無しである :03/02/11 21:14
さっきNHK7時のニュースで小森先生が映ってますた。
(((;゚д゚))) ガクガクブルブル




246 :吾輩は名無しである:03/02/11 22:36
もう小森の話題はいいよ…

247 :吾輩は名無しである:03/02/28 20:41
どうしてどうしてどうでもいい話題が目立つようになっちゃったの〜♪

248 :吾輩は名無しである:03/03/10 18:43
やっぱり皆むなしさを感じたりするからじゃ?実社会との接点を見出して
満足な先生がうらやましいような、でも自分にはできなさそうな。
そんな自分も最近は実証性という言葉に強く引かれたり…
あー誰も救わないし自分も救われない。

249 :吾輩は名無しである:03/03/10 21:48
>248
そういうのは君の脳内だけで勘been
努力しろ、愚痴るな。

250 :吾輩は名無しである:03/03/15 07:23
今月号の『日本文学』読んだか?
スゲー面白いぞ。
田近委員長が大会発表者に噛み付いて
それに須貝千里が反論をかってでてた。

あと、総会で畑有三が大爆発してた。

日文協はこういうケンカもきちんと討議・議事録として
公開するから面白いよな。

251 :吾輩は名無しである:03/03/15 07:25
しかも畑有三の爆発は3年連続。

252 :吾輩は名無しである:03/03/15 08:16
>>250
ちょうどいい。
ここでも戦ってみるか?

253 :吾輩は名無しである:03/03/15 10:57
252は誰?日本文学協会会員なんだよな?俺もそうだが。

254 :吾輩は名無しである:03/03/15 11:47
>>250
なんてこった!日文協やめちまったからそれ読めねーよ


畑有三から来た愚痴手紙(会員全員に送ったと言われる)
は未だに漏れの宝物です

255 :吾輩は名無しである:03/03/15 13:23
>254
ワラタ
色々噂がたえないな、畑は。
俺も面白ネタ知ってるが、実名バレちまうし。
あー、しゃべりてぇ!

256 :吾輩は名無しである:03/03/15 17:35
田近さんも須貝さんも面白い人だよ
何度も一緒に飲んだことがあるけど怖そうな見た目に反していろいろな武勇伝を持っていたりする
それを話すと>>255ではないけど実名がバレてしまうからダメだな
ものすごく狭い世界だし

257 :吾輩は名無しである:03/03/17 00:45
畑有三が日文協の総会で毎回出してる委員不信任動議の相手は誰なの?
スゲー気になってる。

258 :吾輩は名無しである:03/03/17 00:47
>畑有三から来た愚痴手紙(会員全員に送ったと言われる)

これは、マジ?
ネタじゃないよな。

259 :吾輩は名無しである:03/03/17 09:57
>>257
>>258
新人さんですか?
総会の議事録が載っているバックナンバーをよめば分かりますよ。

260 :吾輩は名無しである:03/03/19 19:04
そもそも、近現代文学・学会ってどれだけの数があるんだ?
作家名+会も含めて、とにかくあるだけ教えてくれ!

261 :吾輩は名無しである:03/03/20 00:35
日本近代文学会
昭和文学会
現代文学会
解釈学会(も入るのか?)
無頼文学会
樋口一葉研究会
横光利一学会
芸術至上主義文学会
キリスト教文学会
北村透谷
川端
田山花袋
田宮
有島
坂口安吾……
つい最近は、石川淳研究会もできましたよ。
でも自分もあまり知らない。
ちなみに太宰治の研究会って、今現在あるんでしょうか。

262 :吾輩は名無しである:03/03/20 02:34
マジ質問だけど
みんなは年間何本くらい論文を発表してる?
俺は今年度は学会誌・紀要合わせて3本なんだけど、
これって少ないかな。

263 :吾輩は名無しである:03/03/20 09:41
>>261
それと、石坂洋二郎文学会も昨年あたりに出来たね。
芥川龍之介研究会もあるようだ。
旅と歴史の会?というのがあった気もする。

>>262
紀要ということはアカポスの方ですか!?それだけで
もう、あなたは勝ったも同然です。

264 :吾輩は名無しである:03/03/20 17:50
>>262
それぐらいが普通なんでしょうね。
しかし実際はなかなか・・・。


265 :吾輩は名無しである:03/03/21 12:44
>>263
院生とかでも投稿できる雑誌じゃない?
ほら、専攻とか、学科が出してる研究誌あるでしょ。

266 :吾輩は名無しである:03/03/21 12:48
265は262さんですか?
私は264ね。

267 :吾輩は名無しである:03/03/21 12:56
>>265
『紀要』って大学の教授・講師が大学内外に研究成果
を示すためにまとめた論集を呼ぶので、院生が投稿
可能な学内誌はそうは呼ばないんじゃないかな。

268 :266:03/03/21 12:59
>267
どうなんでしょう。呼び名の問題は私もよくわからないが……。

ところで267さんのところは『紀要』に院生は出せないんですか?
うちは余裕でO・Kだけど。

269 :267:03/03/21 13:20
>>268
うちは出せません。
それで教授に聞いたら267で書いたような定義を教えられ
ました。
266さんのところは余裕で出せるのか…うらやましい…
となると、『紀要』執筆経験の有無は出身大学によって
違いが出てくるってことなのかな。
そうなると、うちの大学(院)は損だな。


270 :266:03/03/21 13:26
>269
余裕で出せる・・・出せるがしかし、院生の出せる程度の雑誌ってことです。
ですから出す場所はたくさんあるけど、もっとランク上に出したい、とこうなる。

>となると、『紀要』執筆経験の有無は出身大学によって
>違いが出てくるってことなのかな。
>そうなると、うちの大学(院)は損だな。

損得の差はあるでしょうね。

267、学会や研究会入ってます?入った方がいいよ。
出す場が増えるから。

271 :吾輩は名無しである:03/03/21 13:35
>>266
査読論文って何本ありますか?

272 :270:03/03/21 13:40
>271
それをいうと、本名晒しageられないかなぁ。
1〜3本の間です。

273 :吾輩は名無しである:03/03/21 22:25
>余裕で出せる・・・出せるがしかし、院生の出せる程度の雑誌ってことです。
>ですから出す場所はたくさんあるけど、もっとランク上に出したい、とこうなる。

しかし、出さないよりマシ、とも言える。


274 :tantei:03/03/21 22:26
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
●ストーカー対策
社会問題ともなっているストーカーを撃退致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 直通  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   グローバル探偵事務局 



275 :吾輩は名無しである:03/03/21 22:34
>>272
心配するな
査読3本程度の奴が誰なのか詮索するほど我々研究者
は暇ではない。

276 :吾輩は名無しである:03/03/25 15:13
昭和文学会 第32回研究集会
特集:文芸雑誌の現場
4月26日(土)午後1時30分より
会場:東京学芸大学 C棟204教室

[講演]
豊田健次:私の芥川・直木賞物語
近藤信行:文壇黒子ばなし


277 :吾輩は名無しである:03/03/25 15:16
★男はココを見るべし★女と金と???★
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
http://www.pink-angel.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

278 :吾輩は名無しである:03/04/01 02:50
あげる


279 :吾輩は名無しである:03/04/06 00:47
新学期が始まる。
今年もガンバロウ。
目標は査読論文3本。

280 :吾輩は名無しである:03/04/06 00:49
>279
そうだな。お互いにがんばろうな、279。

281 :吾輩は名無しである:03/04/06 00:51
>>279-280
漏れもまぜてくれー!

しかし昨年の今頃も「査読三本」って誓ったはずなのに…
ダメですた…

282 :280:03/04/06 00:52
>281
俺もー!!

283 :279:03/04/06 00:52
俺、去年は2本だった・・・
今年は計画的に書きたい。

284 :280:03/04/06 00:56
なんだか似たような人ってたくさんいるんだな(w

285 :吾輩は名無しである :03/04/06 01:09
まあ、岩波の「文学」あたりから執筆依頼があってこそ一人前だな。
せいぜい頑張れってくれよ>無名研究者諸君

286 :吾輩は名無しである:03/04/06 01:21
>>285
うん。がんばる。みんなもがんばろーぜ!

287 :吾輩は名無しである:03/04/07 01:05
>>285
岩波の『文学』は、投稿できるって聞いたことがある。
真偽の程は知らんが・・・

288 :吾輩は名無しである:03/04/07 01:06
>>287
まじ?

289 :吾輩は名無しである:03/04/07 01:09
まじ。

290 :吾輩は名無しである:03/04/07 01:11
マジ?
スゲーよ。それじゃ投稿して、採用されたら
一発当てた事になるな。

291 :吾輩は名無しである:03/04/08 18:30
○川端文学研究会 第129回例会
 4月19日(土)午後1時30分より午後5時まで
 会場:東大島文化センター

[研究発表]
東雲かやの:「たんぽぽ」論
三田英彬  :川端と伊豆

連絡先:川端文学研究会事務局
    〒104-0031 中央区京橋3-4-1-4F 銀の鈴社内


292 :吾輩は名無しである:03/04/09 23:21
>>291
東大に「島文化センター」なんてのがあるかと勘違いしてしまった。

293 :吾輩は名無しである:03/04/10 09:21
>>292
あるよ。君や僕の心の中にね…。

294 :吾輩は名無しである:03/04/10 18:33
今日は『日本近代文学』投稿論文の上半期の締め切り
だったわけだけど、出した人いる?

295 :吾輩は名無しである:03/04/15 22:40
日本近代文学会から会費請求が来たよーーー!!!
みんな、ちゃんと払えよ!
天網恢恢疎にして漏らさず、滞納者には天罰が下るよ!

296 :吾輩は名無しである:03/04/16 14:22
来月あたりには、日文協の会費請求が来そうだ。
今、金欠なのになー。

297 :吾輩は名無しである:03/04/16 19:19
日本近代文学会 六月例会
 6月28日(土) 
 会場:早稲田大学 小野梓記念講堂

[研究発表]
古郡明子:『金色夜叉』と美文−「一種の文軆」をめぐって−
中村研示:趣味の時代
      −明治四〇年代における「文学」と「趣味」をめぐる言説の状況−
藤木直実:一九一一=明治四四年、欲望する『三越』

連絡先:日本近代文学会事務局
    〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
           早稲田大学教育学部 東郷克美研究室内

298 :吾輩は名無しである:03/04/16 19:19
日本近代文学会 春季大会
 5月24日(土)午後2時より
 会場:和洋女子大学講堂

[研究発表]
兵頭かおり:中野重治「汽車のなか」の方法
       −産み育てることをめぐる国策への対峙として−
木村友彦 :〈小説〉という名の〈批評〉
       −中村光夫「『わが性の白書』」をめぐって−
杉浦晋  :二つの『小島の春』の受容−手記と映画と−


 5月25日(日)午前10時より
 会場:和洋女子大学講堂

[研究発表]
中谷由郁:夏目漱石『文学論』における恋愛感
      −引用・蔵書の書き込みをめぐって−
伊藤佐枝:志賀直哉初期作品に於ける〈恋愛〉

[特集 権力と言葉−大逆事件をめぐって]
柳瀬善治:〈テロル〉の時代における「大逆事件」
北田幸恵:管野須賀子の〈大逆〉における〈ジェンダー〉と〈言葉〉
島村輝 :一九一〇年の「大逆」
      −日本植民地主義と〈死〉の言説構制−
司会 宇佐美毅 山田俊治

連絡先:日本近代文学会事務局
    〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
           早稲田大学教育学部 東郷克美研究室内

299 :吾輩は名無しである:03/04/16 19:21
>>297>>298の順番逆にすりゃよかった…しくった

300 :吾輩は名無しである:03/04/16 19:22
300ゲットォ!!

301 :吾輩は名無しである:03/04/16 19:55
漏れは文学研究者じゃないんだけど、
相変わらずカルスタ風が流行ってるなあ。
「言説の状況」とか「欲望する」ってタイトルがいかにも(w

302 :吾輩は名無しである:03/04/16 20:30
あとフェミ風もつおいですよ。

303 :吾輩は名無しである:03/04/17 00:08
済みません。日本近代文学会に入会するには、上の住所に入会届けを
請求すればいいんですか?

304 :吾輩は名無しである:03/04/17 00:43
>>303
そういうことだね。
ただし、入会には日本近代文学会員2名の推薦が必要なので注意。

305 :吾輩は名無しである:03/04/17 00:49
>>304
推薦者は会員なら誰でもいいのですか?

306 :303:03/04/17 00:50
>>304
レスありがとうございます。
推薦人はいるので、早速手続きしようと思います。

307 :吾輩は名無しである:03/04/17 00:57
>>305
いいんじゃないかなぁ?会員なら。
まー、入会したばかりの院生かなにかを推薦者に立てるよりは、
教授クラスの人にお願いした方が無難とは思うけど…ね

308 :吾輩は名無しである:03/04/17 02:44
>>307
ありがとうございます。そうします。

309 :山崎渉:03/04/19 22:58
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

310 :吾輩は名無しである:03/04/27 00:55
全国大学国語国文学会って、どうなの?
なんか印象では国語国文学会=右翼。日本文学協会=左翼って感じなんだけど。

311 :吾輩は名無しである:03/04/27 21:43
>>310
じゃ、両方入っとけば?

312 :吾輩は名無しである:03/05/06 23:44
5月の学会情報きぼん

313 :吾輩は名無しである:03/05/08 20:32
結局近代文学会は、推薦があればだれでも入れるのかな。


314 :吾輩は名無しである:03/05/08 21:41
>>313
そうです。
だから結局は誰でも入れるというわけ。

315 :吾輩は名無しである:03/05/09 19:48
>>312
>>298参照

316 :吾輩は名無しである:03/05/09 20:43
日本社会文学会ってどうよ?

317 :吾輩は名無しである:03/05/09 20:44
最近大会行ってねえな>社会文学会

318 :吾輩は名無しである:03/05/12 20:43
芸術至上主義文学会ってどうよ?

319 :吾輩は名無しである:03/05/16 01:25
「日本文学」、特集がある号とない号があるのですか?ないときがいつかって
どうやって分るのでしょうか。

320 :名無し:03/05/16 19:18
あげ

321 :吾輩は名無しである:03/05/17 16:22
>>319
背表紙に特集名が書いてないのが自由課題号だとすると、ここ2、3年は
2・6・9月号周期になってる。

322 :吾輩は名無しである:03/05/18 02:17
今月の『日本文学』は「子午線」が面白かった。
愚痴全開で。

323 :吾輩は名無しである:03/05/18 13:11
>321
2,6,9月号の締め切りは実質いつなのだろう。

324 :吾輩は名無しである:03/05/18 18:47
>>323
募集は特集の5〜6ヶ月前なんだけど、自由課題に関してはいつでも
OKなんじゃないのかな?
審査を潜り抜けてプールされたものが自由課題号の時に掲載される
ってことで。

325 :吾輩は名無しである:03/05/19 13:09
どこの機関誌見ても、展望欄とか研究動向欄とかは愚痴っぽいな…。
昔からか、最近の傾向かは知らんが。

326 :吾輩は名無しである:03/05/20 15:12
グチグチ、ブチブチ・・・

327 :吾輩は名無しである:03/05/20 16:11
学会関係の情報を得るのによいサイトを教えてください

328 :吾輩は名無しである:03/05/20 16:47
>>327
とりあえず、こことか。文学会のリンク。
ttp://www.lib.meiji.ac.jp/dg_info/gakkai/9.html

329 :吾輩は名無しである:03/05/20 17:54
学会シーズンですが、
昭和文学会の大会の日程・詳細など知ってる方がいたら教えてください。
お願いします。

330 :吾輩は名無しである:03/05/20 21:40
>>328
ありがとうございました。

331 :吾輩は名無しである:03/05/22 03:39
みんな知ってるとは思うけど、国文学研究資料館のHPの「学会情報」も
使えるよ。
http://www.nijl.ac.jp/

332 :吾輩は名無しである:03/05/23 23:45
近代文学会には行きますか。

333 :吾輩は名無しである:03/05/24 06:55
行きますよ

334 :吾輩は名無しである:03/05/24 11:52
やべ、寝過ごした!
今からじゃ今日の近代文学会の大会に間に合わねーなー…
会場、千葉県だしなぁ
まぁ、明日行けたら行くか…

っつーことで、また寝る。ぐぅ。

335 :吾輩は名無しである:03/05/24 18:03
遠いから行けないよう。
誰かルポよろしくお願い…特に紛糾した場面とかあったら是非!

336 :吾輩は名無しである:03/05/25 20:02
…で…近文の大会はどうだったよ

337 :吾輩は名無しである:03/05/26 02:12
なにせ、大逆事件が特集でしたから。
スガ秀実、渡部直己、大杉重男の三氏のおかげで、少しは盛り上がりましたよ。
とはいえ、発表者への質問も厳しいものがあったわりには、
紛糾するのを微妙にかわして終わってしまったという感じ。
(スガ氏は発表者のレジュメの年代が元号表記「明治」になっているのを怒っていたり……)
「批評空間」Webサイトでちょっと前に論争?になった時に巻き込まれた
小森陽一氏、佐藤泉氏も同じ会場内にいましたが、スガ氏とは特に
なにもありませんでした。
発表者3人への質問に、スガ氏の「『帝国』の文学」をどう評価しますか
っていうのがあったので、もっと論争になるのかなとかちょっと期待したんですけどね。

338 :吾輩は名無しである:03/05/26 14:48
いや〜、近藤ってヤツはすごかったな。
ドキュソナンバー1だった。


339 :吾輩は名無しである:03/05/26 16:21
>>338
そのドキュソっぷりについての詳細きぼんぬ。

340 :吾輩は名無しである:03/05/27 00:46
>>338
あの人は啄木研究で著名な近藤典彦氏だよ。
アマゾンで検索すると共著も含めて6冊出てくる。
ドキュソっていうか、堅物なだけでは。
今は大学の先生だけど、以前はずっと高校に勤めてたから。

341 :山崎渉:03/05/28 08:55
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

342 :吾輩は名無しである:03/05/28 23:56
なんか他に面白い話はない?

343 :レポーター:03/05/29 12:49
質問と称し勝手に演説をはじめた近藤典彦氏。
司会側から数回ストップがかかると、
じゃ、もうこれで本当に止めます、と前置きしながら、こうおっしゃった。

「幸徳秋水は大逆事件の最高責任者であり、アルファでありオメガであって、
それ以外の何者でもない!!!」
で、報告者三人に対し、「幸徳を捉えないとすべてが狂ってしまう
(つまりおまえらみんな狂ってる)」とのたまい、
さらに、それについては俺の本を読め、と言い出す始末。

渡辺・スガ・大杉席あたりから爆笑起こる。
近藤先生、「なんで笑われたかわからないのですが」と不平をもらすと、
会場後方から一際大きな笑い声。
しばしの間、会場は沈黙に包まれたことでした。

344 :吾輩は名無しである:03/05/29 23:45
ほんとうに何で笑われたのか分かってないみたいだった。
そのしばらく後、大杉氏が「9.11のテロに自分はなんのアクチュアリティも
感じなかった」云々の煽り質問をしてる時も、それを本気で言ってると(大杉氏は実際
本気だったのかもしれないけど)受け取って、「どうしようもないな」なんて
隣の人に話しかけたりしてかなりイライラしれた様子だった。

345 :日本史板の住民でもあるのだが:03/05/29 23:55
>>343
つーかさ、今どき秋水を大逆事件の主犯だなんて電波もいいところじゃない?

346 :吾輩は名無しである:03/05/30 13:37
大杉氏、大会のレポ書くって言ってましたね。
どこに載せるんでしょうか。
(近藤氏の件は当然のようにスルーでしょうが。)

347 :_:03/05/30 13:42
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/jaz01.html

348 :_:03/05/30 14:05
http://homepage.mac.com/hiroyuki43/hankaku06.html

349 :吾輩は名無しである:03/05/31 22:29
○昭和文学会 春季大会 特集 敗戦後の文学
 6月14日(土) 午後1時30分より
 会場:早稲田大学 大隈小講堂

山本幸正:完全なるものへの苛立ち
      ―武田泰淳と敗戦後のセクシュアリティ―
谷口基 :『太陽黒点』論−山田風太郎、最後の〈敗戦小説〉−
花崎育代:大岡昇平−俘虜としての戦中戦後−

[講演]
野坂昭如:私説猥褻小説


350 :吾輩は名無しである:03/06/01 22:24
その前に社会文学会なわけだが・・・
誰か逝きますか?

351 :吾輩は名無しである:03/06/01 22:57
>>350
文教大学だよね。漏れはパス。

352 :吾輩は名無しである:03/06/02 17:13
○昭和文学会 春季大会 特集 敗戦後の文学
 6月14日(土) 午後1時30分より
 会場:早稲田大学 大隈小講堂

山本幸正:完全なるものへの苛立ち
      ―武田泰淳と敗戦後のセクシュアリティ―
谷口基 :『太陽黒点』論−山田風太郎、最後の〈敗戦小説〉−
花崎育代:大岡昇平−俘虜としての戦中戦後−

[講演]
野坂昭如:私説猥褻小説

連絡先:昭和文学会
    〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-5 興新ビル 笠間書院内


353 :吾輩は名無しである:03/06/02 17:14
○東洋大学日本文学文化学会 春季研究発表会・講演会
 6月21日(土) 午後1時30分より
 会場:東洋大学 白山校舎1号館2階 1205教室

[研究発表]
平野あや:『日本書紀』の「一書に曰く」に関する考察
       −黄泉国訪問の記述を中心に−
水谷真紀:茨木のり子「わたしが一番きれいだったとき」について
山崎甲一:「坊つちやん」は死んだか

[学術講演]
胡応堅 :中国における洋楽の受容−上海を中心に−

連絡先:東洋大学日本文学文化学会事務局
    〒112-8606 東京都文京区白山5-28-20
    東洋大学日本文学文化学科研究室内


354 :吾輩は名無しである:03/06/02 17:15
○川端文学研究会 第30回大会 特集 掌の小説
 6月22日(日) 10時より16時40分まで
 会場:鶴見大学会館

[研究発表]
 午前の部(10・00〜12・00)
鈴木伸一:「さざん花」
森晴雄 :「人間の足音」−魂の病気

 午後の部(13・30〜16・40)
山崎甲一:「骨拾ひ」
杉井和子:「夏の靴」その他 コントにおけるスケッチ
田村嘉勝:「かけす」と「夏と冬」

連絡先:川端文学研究会事務局
    〒104-0031 中央区京橋3-4-1-4F 銀の鈴社内


355 :吾輩は名無しである:03/06/02 17:15
○日本近代文学会 六月例会
 6月28日(土) 
 会場:早稲田大学 小野梓記念講堂

[研究発表]
古郡明子:『金色夜叉』と美文−「一種の文軆」をめぐって−
中村研示:趣味の時代
      −明治四〇年代における「文学」と「趣味」をめぐる言説の状況−
藤木直実:一九一一=明治四四年、欲望する『三越』

連絡先:日本近代文学会事務局
    〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
    早稲田大学教育学部 東郷克美研究室内


356 :吾輩は名無しである:03/06/02 19:52
野坂昭如倒れたらしいじゃねーかよ(藁。
どうすんだ?>昭和文学会

357 :吾輩は名無しである:03/06/02 19:54
>>356
小沢昭一と永六輔が御三家のよしみでピンチヒッターに。

358 :吾輩は名無しである:03/06/02 21:03
>>356>>357
まじで?
すっげーショック。
楽しみにしてたのに・・・。

倒れたって結構ヤバイのか?

359 :吾輩は名無しである:03/06/02 21:19
野坂昭如氏 脳梗塞で極秘入院
作家でタレント活動も活発な野坂昭如さん(72)が5月27日に脳梗塞(こうそく)のため都内病院に緊急入院していたことが分かった。
対応が早かったため右小脳の軽度梗塞ですんだが、リハビリは必至の状態。
18日に永六輔、小沢昭一と30年ぶりに行う「帰ってきた“中年”御三家コンサート!」(NHKホール)の出演が危ぶまれている。
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2003/06/01/03.html

360 :吾輩は名無しである:03/06/02 22:36
素朴な疑問だが、学会で野坂なんか講演やる場合は
いくらぐらい払うんだろ?
タダってことはねーだろーし、
かといってこんな著名文化人に
普通の相場だったら目ん玉飛び出るぐらいの額になるだろーし。

361 :吾輩は名無しである:03/06/03 00:17
>>360
作家の講演料ってのは、大体30〜50万が相場。
筒井康隆なんかはちょっと高めで80万位。
ちなみに竹村健一の講演料は200万。ほとんど詐欺だな。

362 :吾輩は名無しである:03/06/04 00:11
529 名前:吾輩は名無しである :03/06/02 15:27
中年仲良し三人組より前に昭和文学会での講演
があるよ(六月十四日早稲田大学)。
無理なんだろうか?

534 名前:吾輩は名無しである :03/06/03 12:57
>>529
症状は軽いらしいから、予定通り参加するらしいよ

363 :吾輩は名無しである:03/06/04 11:38
でも野坂、入院前でさえ どもりまくってたからなぁ…

364 :吾輩は名無しである:03/06/09 00:34
そろそろ学会の会費の請求が来そうで、憂鬱。

365 :吾輩は名無しである:03/06/09 00:53
結局、野坂、中止なんだよね。

366 :吾輩は名無しである:03/06/09 09:35
>>365
まじ?

367 :吾輩は名無しである:03/06/09 13:05
まじだよ。講演者交代。

368 :吾輩は名無しである:03/06/09 14:32
野坂の代打はこの人達。
・植光彦:不滅の偶像・野坂昭如―終わらない一九七〇年代
・大槻隆寛:野坂ブンガクは民俗資料だ!


369 :368:03/06/09 14:33
上のは柘植光彦、ね。

370 :366:03/06/09 14:52
ありがとう。

371 :吾輩は名無しである:03/06/10 00:31
大月隆寛か……っていうか、文学者じゃないじゃんね……
柘植センセイは聞いてみたいけど。

372 :昭和文学会改定版:03/06/11 17:13
○昭和文学会 春季大会 特集 敗戦後の文学
 6月14日(土) 午後1時30分より
 会場:早稲田大学 大隈小講堂

山本幸正:完全なるものへの苛立ち
      ―武田泰淳と敗戦後のセクシュアリティ―
谷口基 :『太陽黒点』論−山田風太郎、最後の〈敗戦小説〉−
花崎育代:大岡昇平−俘虜としての戦中戦後−

[講演]
柘植光彦:不滅の偶像・野坂昭如―終わらない一九七〇年代
大槻隆寛:野坂ブンガクは民俗資料だ!

373 :吾輩は名無しである:03/06/12 23:02
よりによって本業の民俗学から破門された大月を代打で呼ぶとは・・・
終わったな>昭和文学会

374 :吾輩は名無しである:03/06/12 23:54
田口ランディの話とかに脱線しそう。
っていうか、BSマンガ夜話の司会だけやってればいいよ。

375 :吾輩は名無しである:03/06/13 00:44
学部生なのですが昭和文学会って聞けるのでしょうか?

376 :吾輩は名無しである:03/06/13 01:36
>>375
聞けると思う。
入り口でご芳名とか求められるかもしれないけど、流せたら流す。
断れないようなら平然と書くのが吉。別にその場で会員番号と照合
して部外者を排除するようなことはないから。
俺は会員じゃないけど、何度も大会・例会に行ってる。

377 :吾輩は名無しである:03/06/13 10:57
>>375
芳名帳に書いても何の問題もなし。
俺も会員じゃないが行ってる。
資料も無料。遠慮せずに必ずもらっとくこと。

378 :吾輩は名無しである:03/06/13 13:49
昭和文学会の大会行く人いるー?
漏れは行くぞーーーー雨でなければ。

379 :吾輩は名無しである:03/06/13 14:21
雨でも行くよ

380 :吾輩は名無しである:03/06/14 01:08
行かない。野坂本人じゃないから。
大月流感など見なくてもいいから。

381 :吾輩は名無しである:03/06/14 09:44
>>380
確かに。
かなり萎えたな。

382 :吾輩は名無しである:03/06/14 12:50
懇親会いくら?

383 :吾輩は名無しである:03/06/14 16:29
どうだった?

384 :吾輩は名無しである:03/06/14 19:09
>>383
大月マンセー!の大合唱とともに、興奮と感動のフィナーレ

385 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:39
>>384
まじで!!!

386 :吾輩は名無しである:03/06/14 20:46
んなわけねーだろw。

387 :吾輩は名無しである:03/06/14 21:49
笹峰愛タンは来たんですか?
夏目フサフサとか、いしかわじゅんとか。

388 :吾輩は名無しである:03/06/15 12:59
武田泰淳、山田風太郎、大岡昇平の報告はどうでしたか?
どなたか行かれた方、レポお願いします。

389 :吾輩は名無しである:03/06/15 17:35
age

390 :吾輩は名無しである:03/06/15 19:34
だ…誰もレポしてくれる御仁はいらっしゃらぬのか…>昭和文学会

391 :吾輩は名無しである:03/06/16 00:12
日本近代文学会、おもしろいかな

392 :吾輩は名無しである:03/06/16 08:10
ぎぼんぬ!

393 :吾輩は名無しである:03/06/16 08:40
379だが結局行かなかった
レポ頼む

394 :吾輩は名無しである:03/06/16 11:18
実は誰も昭和文学会の大会に行かなかった悪寒…

395 :吾輩は名無しである:03/06/16 16:21
近代文学会いく人いるかな?
行けないから、、レポートしてくれや

396 :吾輩は名無しである:03/06/16 17:28
漏れはあんまり例会には行かんのだよね〜

397 :吾輩は名無しである:03/06/16 22:59
小森陽一って最近学会に顔出してる?

398 :吾輩は名無しである:03/06/17 00:13
>>397
>>337参照。

399 :吾輩は名無しである:03/06/17 01:50
東京の方は例会にもちゃんと出席するの?
地方は研究会すら数える程度だから少し
うらやますぃ。レポ希望。

400 :吾輩は名無しである:03/06/19 19:57
400ゲットォ!!!

…結局、昭和文学会のルポなかったね…

401 :吾輩は名無しである:03/06/21 19:14
nanndedayoooo

402 :吾輩は名無しである:03/06/21 21:15
同志社の学会行った人いる?E原氏がなかなかおもしろかったと思うんだけど。

403 :吾輩は名無しである:03/06/21 21:19
リンクスタッフ募集中!完全無料!
http://www.hptouroku.com/cgi-bin/affiliates/clickthru.cgi?id=252

↑そこら辺の掲示版にリンクを貼り付けるだけで
先月135000円振り込まれました。( ゚д゚)ポカーン
マジでおすすめです。バカバカ稼げます!!

404 :吾輩は名無しである:03/06/26 15:00
○第39回 泉鏡花研究会 大会
 7月12日(土) 午後2時〜5時
 会場:昭和女子大学 大学1号館 2階 大会議室(会場変更)

[研究発表]
浅野敏文:「遊行車」をめぐって−講談と泉鏡花−
北岡誠司:語りのレトリック・物語の構造−『歌行燈』の場合−

連絡先:泉鏡花研究会事務局
    〒154-8533 世田谷区太子堂1-7
    昭和女子大学短大部人間文化学科内


405 :吾輩は名無しである:03/06/26 15:00
○日本近代文学会 東北・北海道地区合同研究集会 青森大会
 8月6日(水) 午前10時〜午後4時
 会場:青森県立図書館研修室(4階)(青森市荒川)

[研究発表]
梶谷隆 :挑戦における柳宗悦
高橋啓太:末期と緊張の眼―梅崎春生『桜島』―
大本泉 :正宗白鳥『玉突屋』を読む
高橋菊弥:鴎外の小説「青年」のモデルたち

[講演]
工藤正廣:「雨雀とジイド〜二つのソヴィエト紀行から〜」


 8月7日(木) 
 文学散歩

連絡先:事務局 舘田勝弘 氏
    〒036-8043 弘前市東和徳町十ノ四


406 :吾輩は名無しである:03/06/27 00:50
>>404-405
のソースって「芸術至上主義文芸学会」HPじゃないかと思うん
だけど、あそこって誤植多いよなー
大月流感が大槻になってたり。
柳宗悦のも挑戦じゃなく朝鮮だろ…多分。

407 :吾輩は名無しである:03/06/27 21:20
日本近代文学会行く人
レポートしてくれや。

408 :吾輩は名無しである:03/06/27 21:22
うぃーっす。

409 :吾輩は名無しである:03/06/28 00:41
泉鏡花研究会って、存在自体は昔から知ってたけど、
「大会」やれるほど会員たくさんいたのか・・・
たんなるヲタも多いのかな?
マジな研究者ばっかだったら逆にシェアの食い合いで
苦しいだろうに。

410 :吾輩は名無しである:03/06/28 23:51
昭和女子短大ということは、あの先生が事務局の仕事もやってるんだね。

411 :吾輩は名無しである:03/06/29 09:04
昨日の学会行った奴いる?

412 :吾輩は名無しである:03/06/29 20:03
昨日の学会ってなんだっけ?

413 :吾輩は名無しである:03/06/29 20:15
355 :吾輩は名無しである :03/06/02 17:15
○日本近代文学会 六月例会
 6月28日(土) 
 会場:早稲田大学 小野梓記念講堂

[研究発表]
古郡明子:『金色夜叉』と美文−「一種の文軆」をめぐって−
中村研示:趣味の時代
      −明治四〇年代における「文学」と「趣味」をめぐる言説の状況−
藤木直実:一九一一=明治四四年、欲望する『三越』

連絡先:日本近代文学会事務局
    〒169-8050 新宿区西早稲田1-6-1
    早稲田大学教育学部 東郷克美研究室内


これのことだろ?行ってないけどな。

414 :412:03/06/29 20:59
>>413
Σ( ̄Д ̄;)… う゛ぁ゛、全然忘れてた…!!

でも教えてくれてありがとねー

415 :吾輩は名無しである:03/06/29 21:14
俺も忘れてた。行った人、感想を述べよ

416 :吾輩は名無しである:03/06/30 06:09
アゲ

417 :吾輩は名無しである:03/07/01 15:15
誰も行ってないのか。

418 :吾輩は名無しである:03/07/09 17:32
よいしょあげ

419 :山崎 渉:03/07/15 09:04

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

420 :吾輩は名無しである:03/07/18 22:32
  ,,,,.,.,,,.
 ミ・д・ミ <ほっしゅほっしゅ!
  """"


421 :吾輩は名無しである:03/07/18 22:52
夏の文学教室ってどんな感じですか?
どなたか教えてください。


422 :吾輩は名無しである:03/07/18 22:54
>>421
普通の講演会。
ここ学会スレだから一応スレ違いです。

423 :421:03/07/19 01:40
>>422
ごめんなしゃい・・・

424 :吾輩は名無しである:03/07/22 23:07
スレ違いかも知れないのですが、
日本文学研究者(もしくはその卵)である皆さんから見て、
森まゆみ とか、関川夏央なんかの作品はどう思います?
私は、資料の使い方が上手いと思うのですが。


425 :吾輩は名無しである:03/07/22 23:41
はああ?


426 :吾輩は名無しである:03/07/25 23:57
関川夏央は面白い。
森まゆみは、なんか文体が嫌だ。

427 :吾輩は名無しである:03/07/27 23:48
森まゆみはあれで一応早稲田政経卒だからな。

428 :吾輩は名無しである:03/08/12 23:19
日文協で、また小さな論争が起こりそうな予感。

429 :吾輩は名無しである:03/08/13 00:13
どんな論争?

430 :吾輩は名無しである:03/08/13 10:15
>>428
最新号の座談会(の上○千鶴子批判とか)が波乱を呼びそう、とか?

431 :吾輩は名無しである:03/08/14 10:18
「子午線」読んでみ

432 :吾輩は名無しである :03/08/14 23:25
上野千鶴子一派のフェミズム的戦前文学批評なんて、
ずっと昔からオヤジ文芸評論家に嫌われてるじゃん。

433 :山崎 渉:03/08/15 09:12
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

434 :吾輩は名無しである:03/08/15 13:19


435 :吾輩は名無しである:03/08/19 15:58
風間誠史って、いい人っぽいね。
なんか、文章を読んでてそう思った。

436 :吾輩は名無しである:03/08/28 22:29
保守アゲしとくね。

437 :吾輩は名無しである:03/08/31 23:38
下世話な質問で恐縮しますが、
率直に言って日本近代文学会の力はどれ位なものなのでしょうか。
ここの機関誌に幾つか論文を発表すれば、アカポスにつけると聞いたのですが。
それは真実なのでしょうか。

438 :吾輩は名無しである:03/09/01 00:04
>>437
勿論です!『日本近代文学』に論文が載った途端、アカポスゲットは
当たり前、女の子に必要以上にモテルようになったり、背が50m伸
びたり、宇宙人と交信できるようになったりといいことづくめ!
この奇跡のパワーを信じないなんて、あなた絶対に損をします!!

439 :吾輩は名無しである:03/09/01 01:16
>>438
知りませんでした、そんなにもの凄いなんて。
なんか、無性に泣けてきました。

440 :吾輩は名無しである:03/09/03 00:20
確かに>437の文章は泣けてくる。

441 :吾輩は名無しである:03/09/08 00:30
保守アゲ

442 :吾輩は名無しである:03/09/08 00:38
新日文

443 :吾輩は名無しである:03/09/12 02:48
日本近代文学会の会報来たね。
春季大会やっぱり荒れてたんだね。
批評家三人衆のTKOとかあったけど、本当なの?

444 :吾輩は名無しである:03/09/12 13:37
>>443
>>337-346参照。
346の大杉レポは今回の会報に載りましたね。

445 :吾輩は名無しである:03/09/12 13:38
で、秋の大会金沢だけど、行くく人いる?

446 :吾輩は名無しである:03/09/13 00:16
>>444
ありがとうごさいました。
O氏のレポでカットされた部分、ライブで見たかったです。

447 :吾輩は名無しである:03/09/27 11:55
落ちそう

448 :吾輩は名無しである:03/10/01 00:52
近代文学会、大会開催がちょっと東京偏重。
いまは2年に一度地方であと東京だけど、
せめて、東京・関西・東京・その他地方・・
の順番で回しもらいたいなあ。

帰りの足が気になって、日曜午後のシンポジウム時間延長されると
終わり頃聞けない人間の気分を、もっちょっと東京人も味わってほしいもんだ。

ま、運営なんかに全然関係ないから好き勝手言ってんだけど。

449 :吾輩は名無しである:03/10/01 16:38
(秋季大会金沢なんだけど…春は千葉だったんだけど…)

450 :448:03/10/01 23:16
>449
もちろん今回は金沢なんだけど、それは2年ごとに秋に一度だけある地方大会。
で、千葉は(どー考えたって「地方」ではなく)、「東京」圏。

現状は、2年間で計4回の大会のうち、3回は東京圏、1回地方のサイクルで回してる。
それを、せめて、4回のうち、1回は関西圏、1回その他地方、2回東京圏にしてくれー、
と言いたいのですよ。
(まさか、449も金沢は関西だ!、千葉は地方だ!と言うつもりはないんでしょ?)

451 :吾輩は名無しである:03/10/03 22:27
>>450
関西には大した研究者いないからな
18年に1度ぐらいで丁度いいよ

452 :吾輩は名無しである:03/10/03 23:41
夏にワルシャワだかベルリンだかでやって
研究者が大挙していったらしい「欧州日本文学会」(?)って、
研究者のヴァカンスのためにやってるんじゃないの?
そんなことやったって、マスターベーション以上のののではないでしょう。
どこにも還元されないものだろうし。
詳細キボンヌ

453 :吾輩は名無しである:03/10/04 00:08
啄木研究の例の近藤さん、
文学以外でも初期社会主義研究会とかで相変わらず健在、
大活躍してるみたいよ。

454 :吾輩は名無しである:03/10/16 04:05
>>453
「トリビアの泉」にも登場したね。近藤典彦さん。

455 :吾輩は名無しである:03/10/16 20:07
>>454
何で登場したの?やっぱ啄木ネタ?

456 :吾輩は名無しである:03/10/16 23:52
>>455
カンニングで盛岡中学を退学になった話。
嬉しそうに話してたよ。近藤氏。

457 :吾輩は名無しである:03/10/17 00:02
>>456
またやばいこと言ってましたか?
そういうのはカットされるのかな?

458 :吾輩は名無しである:03/10/30 10:16
どなたか金沢の学会の様子をレポしていただけませんか?
行けなかったもんで、気になる・・

459 :吾輩は名無しである:03/10/30 19:04
酒池肉林の宴

460 :吾輩は名無しである:03/11/02 22:55
学会、講演会も先生しだいでかなり楽しかったりする。

461 :吾輩は名無しである:03/11/04 05:13
実は一応、某作家の学会に入会しました。でも、近頃立ち上げた方から
音沙汰ありません。気でも変わったか、自然消滅か?
 結局文学者って、一個のものにいつまでもこだわってないからね。
(文学者とは程遠い私もだけど。)

462 :吾輩は名無しである:03/11/16 13:14
学会の「例会」てなんですか?
私は某文学学会に入っているのですが、
例会の一ヶ月前に発表しませんかと言われ断れなくて発表しなければなりません。
一ヶ月前に言われたので穴が空いたのかなと思ったら、
私を含めて発表者が2人だったので少し驚きました。
私は哲学の方に傾いていったので文学はほったらかしでした。
だから文学学会に入会してから一度も文学会の学会発表とか例会には出席していません。
例会での発表は実績として書けるのかなとか、文学学会の雰囲気てどんなのかなとか
なにぶん初めてのことなので、ご存知の方は教えてください。


463 :吾輩は名無しである:03/11/18 01:21
>>>462
私事態、そんな発表させていただけるような立場ではありません。ただ、作家の文学館に
勤務していた関係でちょっとクビをつっこまさせていただいたまでです。
研究対象になっている作家の知名度、あるいは主催の方の力量、キャラが大きく作用してくるので
なんともいえませんが、地味なことには間違いないと思います。ただ、首都圏ではご興味がおありの方が
多数お見えになられるかもしれませんが、地方では開催方法を一歩間違えると閑古鳥が鳴き、大赤字になり
主催された方は大変なことになります。有料か無料かで集まる人数もちがってきますし、有料ですと、
発表自体はいいものなのですがともすればうちわの発表会になりかねません。
ただ、その方たちのそばにおりますと何かと勉強にはなりました。
独自性を失わない、すばらしい論文をおかきになられ、当日発表されればそれで
大仕事したとみなされると思いますので、出席等にはあまり神経にならなくてもよろしいかと
思います。それは、いつも出席されていることに越したことはないかと思いますが。
そうですね、お年寄りと、のんびりさ、地味さを嫌う方は耐えられないかもしれませんね。


464 :吾輩は名無しである:03/11/18 01:59
学会かあ、盲点だった(笑)

465 :吾輩は名無しである:03/11/18 02:24
>>>>464
「どなた?」

466 :吾輩は名無しである:03/11/20 04:24
463さん、ためになるアドバイスありがとうございました。
「主催の方の力量、キャラが大きく作用してくるので
なんともいえませんが、地味なことには間違いないと思います」とあるように、
哲学用語などは使わず、文学文学した感想文を
書こうと思い草稿を書いたところですが、
めりはりがなく、同じことの繰り返しになってしまいました。
463さんが言われたようにただ地味にするだけでなく、「独自性を失わない」
論文にしようと思い、現在推敲中です。大幅な書き換えになってしまい、
学会に出席している多数派には受け入れ難いものになるかもしれませんが、
TPOにあわせすぎた論文もどうかと思いましたので、
アグレッシブな論文に結果的にはなりそうです。


467 :吾輩は名無しである:03/11/20 12:55
>>>466
いえ、お役に立ちますかはどうか・・・・・。
ただ、今まで誰も着目しなかった点をドラマティックなあるいは、親しみやすい表現で
あらわした先生の発表なんかは素敵だと思いました。
なにぶん私の意見ですので、吉と出ますかどうか・・・・・。
ちなみに>>>466さんの研究作家、開催地等をよろしければ教えてください。
もしも私にも論文に触れられる機会がありましたらぜひはいけんさせていただきたいのですが??

468 :吾輩は名無しである:03/11/25 07:44
学会発表してきましたが、多くの厳しい批判にあいました。
ああ…記憶から消してしまいたいです。
このような結果になるということはある程度予想はついていたのですが、
現実にそうなるとやはり堪えます。
批判されることに慣れていなかったのでよい経験をしたのだ感謝しようと
自分の心に言い聞かせたり、
3回に1回はたたかれるのも天狗にならないためには必要なことだよ、
と友人は慰めてくれるのですが、やはりきついなあ…。
忘れたい…忘れたい

469 :吾輩は名無しである:03/11/27 00:06
>>>486
私のアドバイス、まずかったでしょうか??ごめんなさい・・・・。
が、確かに文学ってすごく批判を受けるものであることには間違いないです
よね。文学館解説員だった私でさえ、結構な目にあってきましたから・・・・・・。
本を投げつけられるとか、あるいは市民の皆さんにさえなかなかご理解を
得られないとかね。しいといえば、NHKの「夢見る葡萄」の主人公の心情が
よく理解できてしまうようなそんな・・・・・・。
ひょっとしたら、私の元勤務先を明かすと、何かしら気づいてしまう
方もいらっしゃるかもしれませんが、>>>468様にあえて。「石坂洋次郎」の記念館に
私はおりました。多分、おじさんやご年配の方なんかは何気に私とお目にかかっていらっしゃる
事かと思います。機会がございましたら石坂もよろしくお願いいたいます。

470 :吾輩は名無しである:03/11/28 05:19
学会ってそういう場所だから……。
春の近代文学会の大会でも、すでに大学教授になってるような、近代文学研究者の
間では有名な人たちばかりが発表者だったけど、それでもかなり厳しい批判や、
突込みが入ってたしね。それに加えて、会報に「誰々は私の質問に満足に答えられなかった」
みたいな「所感」を書かれたり。それでもまともな「批判」ならいいほう。
ひどいときには「お前の指導教官は誰だ」みたいな、発表とぜんぜん関係ないことを
言ってくる人もいるらしいよ。もちろんそれは院生の発表の場合だけど。
それを生きがいにしてるようなご老体も多いから、「いい経験になった」くらいに考えて、
あまり気にしなくていいんじゃないでしょうか。

471 :吾輩は名無しである:03/11/28 11:01
>>469
俺、石坂洋次郎研究会の発足メンバーなんだよなぁ。
同郷のよしみなんだけど、太宰より評判がいいって本当かなぁ?

472 :TUSEKO:03/11/28 23:11
>>>471
秀晴先生ですか?

473 :TUSEKO:03/11/28 23:14
あっ「学会」ではなく「研究会」ですから私の知らない方のようですね。
どなた??横手市にいらしたことありますか??

474 :TUSEKO:03/11/28 23:19
>>>470
文学界って社会への貢献度が目に見えてないものだから、「遊んでる」「暇」
とか思われがちですけどホント、厳しい世界ですよね。
ソレが理解できない多くの田舎オジサン、友人たち、文学にウトイマスコミちゃんに
いじめられた私・・・・・・。

>>>471
映画化されたこともあり、その関係の方々も集まるので華やかだから評判はいいのかも
しれませんね。

475 :TUSEKO:03/12/03 23:56
マジスレです!!

12月20日(土)午前11時より

埼玉県立さいたま文学館 文学ホール にて

石坂洋次郎学会第二回大会が開催されます。
文学にご興味がおありの文学スレの皆様、よろしく!!

476 :吾輩は名無しである:03/12/04 01:40
468です。最近某哲学会に今回は高みの見物ですが参加してきました。
数名の先生方に某文学会例会で発表した原稿を渡してきました。
そこには好意的な印象を持ってくださる先生方がおられて救われました。
どこを批判されたのかと問われたので、
「発表の形式が読み上げ原稿の形であることが批判されました」、
との旨を伝えました。哲学会は読み上げ原稿のスタイルはよいのですが、
文学会では資料だけを渡して読み上げ原稿は自分の手元に置いておくものなのですね。
私はそういう資料だけ渡すというスタイルは大家がするのとばかり思っていました。
聞いている人は原稿がなくても耳だけで発表内容が理解できるのですね。
発表者には相当なテクニックや表現力が要求されますね。

477 :TUSEKO:03/12/04 05:14
>>>476
そんなに違うものなのですか?私こそ初めて知りました。
こちらこそ「哲学会」のことはまるっきり皆無で失礼いたしました。
「文学学会」「文芸講演会」しか私は間近で聴講したことがないんですよ。
でも、そのせいでしょうか?講演会の質にこだわるようになりました。
「哲学会」は、なんだかすごそうですね。

478 :  :03/12/04 22:19
物語文学の成長について語ってみよう・

479 :TUSEKO:03/12/04 23:48
例えばどんな?

480 :aa:03/12/05 00:16
漠然とで良いんじゃない?

481 :TUSEKO:03/12/05 00:48
「水で書かれた物語」

482 : :03/12/05 00:49
>481簡単すぎ

483 :TUSEKO:03/12/05 00:59
「遠野物語」

484 :吾輩は名無しである:03/12/05 01:09
>483だから短いって、語るんじゃないの?

485 :TUSEKO:03/12/05 01:40
じゃあ、言いだしっぺから語れよ !!

486 :吾輩は名無しである:03/12/06 03:35
まあ、あの小森陽一も「朝生」に出演して
ついにメジャーデビュー果たしたわけだし。
藻前ら、学会なんかで井の蛙になってる場合じゃないぞ。

487 :吾輩は名無しである:03/12/06 23:25
>>486
小森って旬を過ぎてるだろ
朝生に出たところでなんらプラスにはならない

488 :吾輩は名無しである:03/12/16 00:44
ところで東京都立大学って、人文学部廃止らしいね。
今月号の『日本文学』の抗議声明読んではじめて知った。
だれか都立の関係者いたら詳細教えてくれ。

489 :吾輩は名無しである:03/12/16 02:36
>>488
ttp://t-kb.hp.infoseek.co.jp/
近代文学館は潰すし、石原って本当に元作家?

490 :===岸田秀の「幻想の博士号」===:03/12/16 16:22
「恋愛の超克」小谷野 敦 (著) 62ページ
(岸田が2000年に出した本に)「ストラスブールで博士号を取ったつもりでいたが、
調べてみたら名前がなかったとか、文部省から精神分析を教える教授の資格を剥奪されたとか
すごいことが書いてある。」

岸田 曰く「指導教授が届けるのを忘れたのか、ストラスブール大学には
そのようなことは記録されていないらしい」
(『二十世紀を精神分析する』(初版は1996年)所収の「フロイド讃歌」(文春文庫))


491 :吾輩は名無しである:03/12/16 20:13
>>489
こういう時こそ小森大先生の出番だと思うのだが。

492 :吾輩は名無しである:03/12/17 01:19
>>488
関係者ではないが、大杉重男がマジで困ってるという噂は聞いた

493 :吾輩は名無しである:03/12/17 09:49
>>492
近畿大学に拾ってもらうんじゃないか?

494 :吾輩は名無しである:03/12/17 20:27
>489
日本近代文学館じゃなく、東京都近代文学博物館のことね。
あそこ、落ち着いていい感じだったのに残念。
最近駒場には行ってないけど、博物館の跡地(ないし建物)は今は何に
使われてるんでしょう?

495 :吾輩は名無しである:03/12/17 23:54
>>493
それはないだろ

496 :TUSEKO:03/12/19 22:53
>>>494
閉館反対の署名の手紙が来たことあったよ。で、少ししたら、閉館が決定したので、
収蔵品を増やしたくないという事でウチの館から送っていた新聞等も送らないで欲しいとの
手紙がきた。と、思ったら又反対署名の手紙・・・・。これってお役所側(新聞要いらない)と、
文学博物館側(反対署名)、あるいは反対派側(反対署名)での動きが全く別物であるという事を示していたのでしょうか??

497 :吾輩は名無しである:04/01/03 13:25
小谷野敦の学会ネタないの? 面白い発言したとか。

498 :TUSEKO:04/01/25 03:40
>>>497サマ
小谷野敦氏の「片思いの発見」いいですよ。読んでみてください。


499 :吾輩は名無しである:04/01/28 14:28
研究する人生はいつ復活するの?

500 :TUSEKO:04/01/28 18:37
研究?
現在、生身の人間を取材中ざます!

501 :吾輩は名無しである:04/01/31 02:10
また小森陽一が「朝生」で熱弁ふるってます。

502 :吾輩は名無しである:04/01/31 05:00
前回はあまり喋らせてもらえなかったけど、今回は熱かったですね。
ただ、もうちょっと整理して言わないと、言ってることがよく分からない罠。

503 :吾輩は名無しである:04/02/01 23:20
>>499 研究する人生はいつ復活するの?
なぜ休んでるの? はやく見たーい。

>>501 また小森陽一が「朝生」で熱弁ふるってます。
トピックは何?

http://news5.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1074996234/l50
レス数が1000を超えています。残念ながら全部は表示しません。
【社会】「お前は研究に向いてない」 東大助教授、院生に暴力&遅刻罰金10万円徴収★2

という良スレッドがあったんですが、次スレッド情報を以下の3個所のどこかにヨロシク!

http://society.2ch.net/test/read.cgi/soc/1073801632/l50
東大・京大卒の負け組

http://academy2.2ch.net/test/read.cgi/sociology/1060050197/l50
東大副学長が補助金不正 カラ出張、約500万円 (本当は1千300万円)

http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1054583237/l50
岸田秀(ものぐさ 学歴詐称 疑惑)

良スレッドでしたな。もう数日でIEでは読めない状態になるのですか?

ハイライト:
暴力先生の結婚披露宴写真へのリンク
「お前は教育に向いてない」
ヒゲ先生
美人東大院生(理論物理)の美幸ちゃん萌え
マスター学生の名前入れずに指導教授が学会論文発表?
教授がデータ捏造
アカハラ・恫喝教授を告発したい

504 :吾輩は名無しである:04/02/01 23:41
>>503
研究する人生が閉鎖されてるのは、センター試験監督スレで、試験前日
に、ある科目の問題が訂正されることが漏らされたから。
これ、新聞ダネになったから、検索すれば詳しいことがわかると思う。
一応メンテ中ということになってるけど、休止から一週間以上経ってるか
ら、まじでサイト自体あぼんかも…。

505 :吾輩は名無しである:04/02/05 23:48
石坂洋次郎学会大アレの模様。

506 :吾輩は名無しである:04/02/06 10:23
>>505
詳細キボン。

507 :吾輩は名無しである:04/02/07 00:40
会長と、某作家の先生が大喧嘩。
こないだ、某作家サイドについている先生から、その事の顛末の一部始終が
みて取れるような手紙のコピーが送られてきた。
読ませていただいたが、ウソ、でたらめの多い会長側にも問題があると私は思う。
尚、ウソ、でたらめは、手紙の内容のみではなく、会長の場合、その研究発表にも
みられるあたりからして、信用を失ったり、皆に軽々しく見られるようになってしまっても
仕方がないと思う。しかし・・・全国の図書館などにポスターまで貼ったのに、集まったのは
超内輪の一部だけ。10人いたかいないかだな・・・。
文学学会って全体的にこんなにさみしいものなんですか?私は、石坂学会しか知りませんので、
ご存知の方教えてください。

508 :吾輩は名無しである:04/02/07 00:43
>>>506
一応、>>>507で書きましたが、どうでしょう?もう少し詳しいほうがいいでしょうか?
でも、あんまり言うと、私が誰なのか、ばれるかもしれません。

509 :506:04/02/07 09:20
>>507さん
早速のお答え、ありがとうございます!
うーん、たしかにデティールも知りたい気はしますが、507さんのご迷惑
になるようでしたら、これ以上はお尋ねいたしません(^^

私はいくつかの作家名+学会の例会に出席したことがありますが、固定
会員の人数はどこもそれほど多くないようでした。
ただ、石坂学会はかなりの鳴り物入りで出発したという印象があるので、
それがあまりふるっていないというのは、少し寂しいです。

510 :TUSEKO:04/02/07 23:39
>>>509
えっ!「鳴り物入りの出発」だったんですか??ソレって、全国的にって事
ですか?それとも東京近辺での事でしょうか?
実は、発足するまでの成り行きも知ってるんですけど、
そんなに話題になったんですか?実際そうだとしたら、その理由や原因は
どんなですか?

511 :TUSEKO:04/02/08 19:22
>>>506、509様へ

詳しいご質問は、こちらで承ります。

turquoise-blue@jp-h.ne.jp

512 :TUSEKO:04/02/10 14:51
>>>506,509様

通じないかもしれないのでよろしければこちらへ。お話してもいいんですが、
スレに残しておくのはどうも・・・というワケなので・・・。

kosaka29jp@yahoo.co.jp <<石坂学会のご質問等はこちらへ。

513 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

514 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

515 :吾輩は名無しである:04/02/22 07:28
(セクハラ事件)阪大W先生の写真きぼん。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1066289384/l50 小谷野敦スレ

新潮45読んだか?
〈上京物語〉の真相を本人が書いてたな。
問題の人物は・・・・・
  ・イニシャルがW
  ・阪大助教授
  ・言語文化部
  ・阪大で助手の経歴
  ・専門は言語学方面

273
そのWっての、バカだの、ホーケーだの、オメーだの、2ちゃんねらみたいな奴だな

274
先日、本屋でみた新潮45は最新号ではなかったのか?
(細かいことがグジャグジャ寝言のようだったので読まなかった)

個人的な私怨と大学(就職)制度に対する公憤をいつもの はちゃめちゃ文体で書いて本を出すこと激しくきぼん!

275
ついでに2ちゃんねるの卑劣な匿名ヤローどもとの闘いの記録も書いてね。


516 :吾輩は名無しである:04/03/05 01:07
今年度ももう終わりだねー。
みんな今年は論文かけたか?
おれは大学の専攻が出してる雑誌に一本しか書けなかったよ。
来年はもっと学会誌に投稿したいと思ってる。

517 :吾輩は名無しである:04/03/06 12:11

http://jbbs.shitaraba.com/bbs/subject.cgi?CATEGORY=study&BBS=3974
スレッド一覧@「仮に研究する人生」 (全部で69のスレッドがあります。)

元祖の「研究する人生」は見たことがないのですが、ここと違っていた点を教えてください。

県人スレというのがあったのですか?

「ドナ」「ドナ講師」とは何ですか?


518 :吾輩は名無しである:04/03/10 02:34

http://jbbs.shitaraba.com/bbs/subject.cgi?CATEGORY=study&BBS=3974
スレッド一覧@「仮に研究する人生」 (全部で69のスレッドがあります。)

ここをしばらく覗いてみたが、性格の悪い奴が異常に多い。
全く何の情報も意見も出さずに他の人をけなすことしか
しない105みたいな発言が多い。

ここに集まる人間は、平均より少し知能が高い、世間知らず、仕事に不満が多い、
毎日が楽しくない、無能でプライドだけ高い、
「高校・大学と俺は優秀な人間だったはずなのになぜ今は恵まれないのだ」
・・・こういう感じか。


519 :吾輩は名無しである:04/03/28 04:09
保守アゲ

520 :吾輩は名無しである:04/04/07 13:41
あぼーんされてる箇所って何が書いてあったの?

521 :吾輩は名無しである:04/04/13 00:33
日文協『日本文学』の今月号読んで気づいたけど、
この前の大会で小森陽一と大杉重男がやりあったみたいだね。
だれか会場にいた人いる?

522 :hoshu:04/04/30 15:21

--------------------------------------------------------------------------------
最終講議 投稿者:岸田秀  投稿日: 2月 1日(日)21時37分25秒

最終講議にはたくさんの方々にきてもらって、どうもありがとうございました。パーティのあと、研究室でまた多くの人と飲み続け、そのあと場所を替えて、始電車まで飲みました。ではまた、2月22日のパーティで。

--------------------------------------------------------------------------------

岸田は会って話をしたりすると、人当たり的には「いいやつ」「憎めないキャラ」なのかもね。

大学内には敵はいないのだろう。
もし敵がいれば、1996年の詐称発覚時に その人たちが大騒ぎして週刊誌ネタになったはず。

岸田秀 学歴詐称の基礎知識
http://www.geocities.com/kishida_shu/
http://www.geocities.com/kishida_shu/konkyoPRE.htm
http://www.geocities.com/kishida_shu/muyoPRE.htm

http://bbs9.otd.co.jp/981746/bbs_tree?base=201&range=1
http://bbs9.otd.co.jp/981746/bbs_plain?base=208&range=1

いろいろと謎が解けたが今でも疑問なのは・・・
753
今日の一行:岸田本人は自分で「理論」や「学説」を提案したつもりになっているのだろうか?


104 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)