5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

静かなブーム樋口一葉

1 :吾輩は名無しである:02/09/21 14:22
らしいですよ。皆、どう思います?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20020921-00001042-mai-soci

2 :吾輩は名無しである:02/09/21 14:34
般教のセンセとかが行けって言ってるだけじゃないの?
前期のレポートにするネタとか。

3 :吾輩は名無しである:02/09/21 14:41
「たけくらべ」の舞台になった東京都台東区。
区立一葉記念館には、採用発表の翌日、
8月3日から来館者が増えた。
館内のノートは「苦しい生活の中一家を支えながら
すばらしい文学を生み出した生きざまに感動します」
などの感想で埋められている。

お札効果ですな。

4 :吾輩は名無しである:02/09/21 16:40
ブームっていったって、本当に読んでいるのか疑問。
>>1のリンクだって、生き方に共感、とかそんなじゃない(ワラ
たいたい、来館者の大半は暇な主婦じゃないの?
美術館で大声でしゃべってるような。


5 :吾輩は名無しである:02/09/21 18:40
夏目漱石が1000円札になった時は、
今回みたいに、記念館の来場者が増えて、
読者が増えたのかな?

6 : :02/09/21 18:42
福沢諭吉のときは、慶應大学が人気だったそうじゃ。

7 :吾輩は名無しである:02/09/21 18:43
↑へ〜そうなんだ。知らんかった。

8 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:08
豆知識を披露するスレはここですか?

9 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:09
大豆はあずきちゃうで

10 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:12
2000円札の時は、源氏物語がベストセラーになりますた。

11 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:14
新渡戸稲造の時は、国際連盟が応募者殺到。

12 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:20
樋口一葉が静かな大ブームな中、文学はいったい何が出来るのか?

13 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:22
>>12
樋口一葉アンソロジーの出版

14 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:23
>>12
「週刊樋口一葉」(ディアゴスティーニ刊)
創刊号は1/100フィギュアつき。

15 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:25
山本夏彦が静かに女流について薀蓄を垂れる。

16 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:25
>>12
樋口一葉と田口ランディと瀬戸内寂聴の座談会をやる

17 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:25
>>13
もう、カーペンターズとかビーチボーイズが
ドラマの主題歌に採用されたみたいなノリだな(w

18 :吾輩は名無しである:02/09/21 19:27
>14
ちょっとワラタ

19 :吾輩は名無しである:02/09/21 20:49
でも、樋口の擬古文を読もうって人はいるのかな?
文学に興味ない人で。

20 :吾輩は名無しである:02/09/21 21:22
ヘルス「樋口いっちゃおう〜!」

21 :吾輩は名無しである:02/09/21 22:31
そういや、聖徳太子のときは四天王寺も賑わっていたぜ、
あのころは良かったな。

22 :吾輩は名無しである:02/09/22 03:10
>>16
田口ランディや瀬戸内寂聴のような薄汚い輩と一緒に並べるなよ。
いくらネタでも。


23 :Tango:02/09/22 04:34
>>15
そういえば宮尾登美子について書いたのを見たことがないんですが、
ないんでしょうか?

24 :吾輩は名無しである:02/09/22 04:45
>>14
第二号の付録は何だ? それによっては定期購読するぞ。

25 :吾輩は名無しである:02/09/22 05:07
>>19いません。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜終了〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

26 :吾輩は名無しである:02/09/22 05:19
>>23その名前は言うな。吐くよ!

27 :吾輩は名無しである:02/09/22 06:10
樋口一葉について語ってみるスレ
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1030679828/
新札デザインに樋口一葉が!
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1028251859/
【樋口一葉】新札発行【野口英世】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1028299430/

28 :Tango:02/09/25 01:41
>>26
なんつか、勝手な連想で・・すみませんでした。でも何故?

29 :吾輩は名無しである:02/10/05 21:08
宮尾登美子はいかんよ

30 :吾輩は名無しである:02/10/07 01:04
一葉記念館って、吉原の近くにあるのだな。
帰りに迷ってしまった。


31 :吾輩は名無しである:02/10/07 18:11
吉原か…
なんか複雑だな。

32 :吾輩は名無しである:02/10/07 18:58
誰と不倫してたんだっけ?

33 :吾輩は名無しである:02/10/07 19:18
>>32
半井桃水のことなら、不倫じゃないよ。

34 :吾輩は名無しである:02/10/07 20:30
違うの?

35 :吾輩は名無しである:02/10/07 20:31
ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!
ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!
ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!ノーパン!


36 :吾輩は名無しである :02/10/07 23:15
かなり男にもててたことは確かなんだよな。
「樋口一葉日記」では
交友関係があったはずの島崎藤村や泉鏡花のことがほとんど出てこない。
両者は最初に編纂に携わってるはずなので、
ストーカー行為などの記述を抹消した疑惑が拭えない(w。

37 :吾輩は名無しである:02/10/07 23:46
ストーカーかよw
なんか、イメージ違うよな。

38 :吾輩は名無しである:02/10/08 00:08
綺麗な文だからさらさら読めるという感じですが、
そうしてるとだんだん話の内容がわからなくなっていく漏れは阿呆なのでつか?


39 :吾輩は名無しである:02/10/08 00:23
時代錯誤。

40 :吾輩は名無しである:02/10/08 18:03
>>34
一葉の片恋慕で所謂「男と女の関係」は無かったようだよ。

41 :吾輩は名無しである:02/10/08 18:12
「樋口一葉、オサマ・ビンラディンに会いにゆく」

42 :吾輩は名無しである:02/10/08 20:32
>>40
一葉と半井との間に男女の関係があったか否かってのは
研究者の間ではけっこう重大な(w)テーマでずいぶん論争があって
決着はついてないのではないか?
「たけくらべ」での美登利の変節は「初潮」なのかそれとも「初店」なのか、
という点と同様に。
フェミニズム批評の連中が特にうるさいようだ。

43 :吾輩は名無しである:02/10/16 20:31
一葉の有名な研究者に「前田愛」と「和田芳恵」がいたが、
この二人を女性だと勘違いしてるヤシは文学板にもいる必ずいると思う。

44 :吾輩は名無しである:02/10/16 20:35
静かにしろ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

45 :ロリ−タ−と即アポ:02/10/16 20:35
http://wqll.jpn.ch

女子中高生とHな出会い
  ロリロリ児童とHな?
  2チャンネルで超有名

46 :吾輩は名無しである:02/10/16 20:36
樋口一葉とロリータって、すごいな

47 :吾輩は名無しである:02/10/16 20:37
樋口も即アポ!

48 :吾輩は名無しである:02/10/16 20:37
支払いは新札で!

49 :吾輩は名無しである:02/10/16 20:42
ハァハァハァハァ
樋口にゴンゴール
ハァハァハァハァ

50 :吾輩は名無しである:02/10/22 14:11
新札記念に東宝映画「樋口一葉」リバイバルしてくれ。
若き日の山田五十鈴に萌え。でも東映あたりでリメークするかも・・・

51 :吾輩は名無しである:02/10/22 14:12
一葉より乙葉

52 :吾輩は名無しである:02/10/23 01:23
>>42
>「たけくらべ」での美登利の変節は「初潮」なのかそれとも「初店」なのか

11歳頃の初読時には微妙だったんだけど
(というか初潮説を前もって耳にしていた)
数年後に再び読み返したら、これは水揚げ以外ありえないよなあと。
なんか実感をもって確信したというか、
むしろ何で初潮説自体が存在したのかが謎ですらあるよ…。

53 :吾輩は名無しである:02/10/28 23:18
 誰か樋口一葉の小説、読まれた方はいませんか?
  今度¥5000札になるけれど、どうしていまさら明治の作家が?
 (漱石もそうですが)ってかんじです。
 100年以上も前に24で亡くなった女の子が書いた小説が、今だ
支持されてるのが不思議な気がします。
 たいていなら、歴史の中に消えてしまいそうなのに。
この作家、男性ファンも多かったのではないでしょうか?
 本名は「なつこ」という名前ですが、一葉よりも本名の方がカワイイ
気がします。

54 :吾輩は名無しである:02/10/28 23:23
たけくらべ、にごりえを読んだ

55 :吾輩は名無しである:02/10/28 23:29
頭痛肩こり樋口一葉

56 :吾輩は名無しである:02/10/30 01:13
夏目家に縁談断られる風俗嬢ルポを書き始め
ついにお札にまで出世

57 :吾輩は名無しである:02/11/09 04:53
酉の市の季節なのでageておこう。

58 :吾輩は名無しである:02/11/09 09:52
だいたい樋口一葉先生の代表作が「にごりえ・たけくらべ」だと思っている時点で
素人ドキュソ文学初心者です。

59 :カエルくん:02/11/09 09:55
ほんとに静かですねw

60 :吾輩は名無しである:02/11/09 10:09
文京区西片 樋口一葉終焉の地 は訪れる人も少なく閑散としている。
台東区なんぞ1年も住んでないだろ。

61 :吾輩は名無しである:02/11/09 14:43
現代語訳 たけくらべ 松浦理英子訳

62 :吾輩は名無しである:02/11/11 00:13
>>61
私読みました。あまり現代語訳って感じしなかった。

63 :吾輩は名無しである:02/11/11 00:25
一葉の文章のリズムが好きだ。



64 :生まれ出づる名無し:02/11/11 02:02
雪の日…間違いなく最高傑作

65 :吾輩は名無しである:02/11/22 15:51
雪の日しか読んでないよ。
他の読む気なくした、うーん鬱

66 :吾輩は名無しである:02/11/22 19:12
>>52
>>>42
>>「たけくらべ」での美登利の変節は「初潮」なのかそれとも「初店」なのか

>11歳頃の初読時には微妙だったんだけど
>(というか初潮説を前もって耳にしていた)
>数年後に再び読み返したら、これは水揚げ以外ありえないよなあと。

読み返してみました。私は初潮派。

「美登利はかの日を始めにして生まれかはりし(中略)
此処しばらくの怪しみの現象に我れを我れとも思はれず・・・」

「しばらくの怪しみ」は初潮としか思えないのです。

67 :十三夜:02/11/23 21:51
TVニュースだと11/23が一葉まつりだったようだ。
一葉記念館行ってみたい気もする。けど、地図で見るとすぐ近くにYがあるし。
人目が気になってちょっと行きにくいな、
とつまらぬことを考へる我れは実は未成年なり。

68 :吾輩は名無しである:02/11/24 00:39
そうなんです。
私は成年(というより中年)なので、Yの帰りに入谷の
ホームのポスターで知りました。
残念!
でも、まだ5千円札に決まる前に一度記念館を見ております。
十三夜さん、三ノ輪駅からですとYの手前にありますから、
まったく問題ありませんよ。ぜひ。

そういえば、今日の帰り(夕暮れ)、Yの街中で小学生が全速で走って、
通りを横断していました。その通りの両側はずらりとソープが
立ち並んでいます。
たけくらべ(の現代語訳)を読んだばかりだったので、現代の
三五郎かな、とふと思ったしだいです。

一葉記念館はおすすめです。14,5才のころの写真がとてもよい。


69 :吾輩は名無しである:02/11/24 00:43
漱石と鴎外の、一葉へのエールはイイよなぁ・・
同時代に生きてたんだ・・それもさほど遠くない距離に

70 :吾輩は名無しである:02/11/24 00:57
「われはたとい世の人に一葉崇拝の嘲を受けんまでも、此人にまことの
詩人といふ称をおくることを惜しまざるなり」


71 :タバスコ ◆aWFfCao0Sk :02/11/24 01:03

学位論文は一葉だったので、一応全部読みました。
国文専攻の学生でもヒーヒー言いながら読むのに、果たして小中学生が読めるかな?

研究は小森陽一氏たちの文化研究(カルスタ)的アプローチが当時は最先端だったけど、あれからどうなったんだろう・・・。
上でも書いてあったけど、それ以前樋口一葉の研究って一葉が処女だったかどうかみたいなのが多かったんだよね(w
なんかもう、文学の研究自体不要な感じがするけどね。

72 :吾輩は名無しである:02/11/24 01:13
>>71
齋藤孝の本を読む、、つか実践してみるんだなw
小学生で読むのがイイんだよっ

73 :吾輩は名無しである:02/11/24 01:17
>>71
院まで行ったの?

74 :タバスコ ◆aWFfCao0Sk :02/11/24 01:25
>>73
あ、行ってないよ。卒論のことです(w 
失礼。

>>72
斎藤って、『声に出して読みたい日本語』だったっけ?
なんか怪しげな宗教団体みたいで怖いんですが、まともな斎藤さんですか?

75 :吾輩は名無しである:02/11/24 20:32
まともな小説は今全部文庫で手に入るでしょ?
一般人には高価な全集なんて必要ないよなー。

76 :吾輩は名無しである:02/12/10 17:28
asage

77 :吾輩は名無しである:02/12/19 01:58
tabasukosine

78 :吾輩は名無しである:02/12/19 02:12
亀レスだけど、一葉研究は今のところ、亜細亜大の関礼子教授と
お茶の水女子大の菅聡子助教授あたりが中心になってるはず。
関礼子著『語る女たちの時代 樋口一葉と明治女性表現』はけっこう面白かったよ。

79 :吾輩は名無しである:02/12/19 02:52
あ、そ

80 :吾輩は名無しである:02/12/19 14:20
前田愛の『樋口一葉の世界』とかは今でも必読書なんでしょうね。

81 :吾輩は名無しである:02/12/21 10:46
全集はどれがお薦め? 詳しい方、教えてくれ。

おれは小学館版の「全集 樋口一葉」は持ってるし、岩波の古典文学大系
の「樋口一葉集」(これは全集ではない)も持ってはいるが、まだほかの
も読んでみたいんだよね。

82 :吾輩は名無しである:02/12/21 10:48
>>81
単純に『樋口一葉全集』ではだめなの?

83 :吾輩は名無しである:02/12/21 22:54
>>82
どういう意味? 筑摩書房の全集のこと? 評価を乞う。

84 :吾輩は名無しである:02/12/22 00:14
もっとも信頼されてるのは筑摩版全集のはず。
小学館版はどういう理由だったか忘れたけど、よくないらしい。
ま、研究に使うなら、の話だけど。

85 :吾輩は名無しである:02/12/23 21:34
実は一般人に一番読まれてるのは森まゆみ本。

86 :吾輩は名無しである:02/12/29 13:20
森まゆみって誰? 知らないよw

87 :吾輩は名無しである:02/12/29 21:14
>>86
「森まゆみ 樋口一葉」でグーグル検索してみ。

88 :吾輩は名無しである:02/12/29 23:06
>>87
検索してもやっぱり知らないw

89 :吾輩は名無しである:03/01/04 01:12
年末、久しぶりに吉原行ってきますた。
お札に採用されたおかげで、
「先生!吉原って何するところですか?」
と聞かれて困惑する小学校教師が今年続出するに10万ペソ。

90 :吾輩は名無しである:03/01/04 02:18
お金でセックスするところです、と普通に答えますが何か?

91 :吾輩は名無しである:03/01/14 22:20
>学位論文は一葉だったので、一応全部読みました。

ふうん。勉強家だったんだね。


92 :山崎渉:03/01/20 07:39
(^^)

93 :吾輩は名無しである:03/02/07 03:09
>>71
ヒーヒー言いながら・・・?
普通に読めるけど。

94 :吾輩は名無しである:03/02/09 16:40
樋口一葉大嫌い!
 あの人って、単なる男好きの意地汚い小娘じゃん。
薄幸という点でも金子みすゞの方が、薄幸だと思う。

95 :吾輩は名無しである:03/02/09 16:45
で、新五千円札に乗ったことが、今だに気にくわない。
反対運動を起こしてやろうと思った。


96 :吾輩は名無しである:03/02/09 16:48
会ったこともない人に「大嫌い!」とは、すごいねえ。
それに不幸を基準に作家を選ぶのかあ。
一葉より94の人生に興味がある。

97 :吾輩は名無しである:03/02/09 16:50
そんなに、早死にが偉いのならば、水子が一番偉いと思う。
少なくとも金子みすゞよりかは、幸せだったと思う。


98 :吾輩は名無しである:03/02/09 16:50
>>96
恐らく、>>94は学校の宿題かなんかで一葉を読まされたが、まるで理解できず、
その不満をここでぶつけているのだよ。

99 :吾輩は名無しである:03/02/10 09:32
「この子」なら>>94にも読めるかもね。
理解できるかどうかは知らんが。

100 :吾輩は名無しである:03/02/13 17:36
金子みすゞって誰?

101 :吾輩は名無しである:03/02/14 01:29
しかし、このスレも静かだよな。いや、本当に。

102 :吾輩は名無しである:03/02/14 15:22
金子みすゞ
 明治36年4月11日山口県大津郡先崎村790番屋敷に、
 父金子庄之助 母金子ミチの長女
 

103 :吾輩は名無しである:03/02/16 02:17
樋口一葉なんかが難しいと言ってたら半井桃水は読めんな。

104 :吾輩は名無しである:03/02/16 03:52
樋口一葉は後輩である女性作家達には余り評価されてない

105 :吾輩は名無しである:03/02/16 04:35
ひなっちゃん(;´Д`)ハァハア

106 :吾輩は名無しである:03/02/16 05:09
何度読んでも、天賦の才としか言いようがないな。
森鴎外や夏目漱石がその才を愛したのも
むべなるかな。
あの時代にあって、なんかこう清冽な湧き水を想わせる若い才能…
伸展が楽しみだったろうになぁ。死んだ時はさぞ悲しんだろうなぁ。
惜しい才だ。


107 :金子みすゞも知ってくれ。:03/02/17 17:51
金子みすゞ
年表
明治36年山口県大津郡仙崎村に生まれる。
父金子(石津庄之助)←漁師の家から婿養子に入った
母金子ミチ(金子家網本の分家)
の長女
明治38年弟生まれる
明治39年父庄之助清国で、暗殺される。
明治40年弟、叔父上山松蔵の養子となる。
明治43年瀬戸先小学校入学
大正5年大津高等女学校入学
大正7年叔母上山フジ死去
大正8年母ミチ、叔父上山松蔵と再婚
金子家、祖母・兄・テルの三人となる。
大正9年女学校卒・以後母の再婚先
に度々出かける。
大正12年そのころから、みすゞとして童謡
を書き始める。
大正15年、上山文栄堂番頭宮本啓喜と結婚
11月長女生まれる。
昭和2年、下関駅で、西条八十に合う
昭和5年、2月離婚、3月10日服毒自殺
享年26


108 :吾輩は名無しである:03/03/04 11:57
保守しとこう

109 :吾輩は名無しである:03/03/14 03:51
文学板の良心のため、上げときます。

110 :吾輩は名無しである:03/03/28 10:43
保守

111 :吾輩は名無しである:03/04/03 00:52
「樋口一葉の世界」を読んでるよ
結構思い入れの深い人は多いのかなあ

112 :山崎渉:03/04/19 23:35
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

113 :吾輩は名無しである:03/04/24 12:13
大学1回の時の必須教科の教授が一葉ヲタだった。
その先生の授業が好きで、二回の時に般教の残りに一葉とった。
三・四回の専門科目にもその教授が入ってたので、二回ともとった。
卒論は一葉とは全く違うテーマだったのに、なぜか修論は一葉だったよ(藁

114 :吾輩は名無しである:03/04/28 12:17
「たけくらべ」の長吉に萌え

115 :吾輩は名無しである:03/05/13 13:36
保守しときましょ

116 :吾輩は名無しである:03/05/28 02:40
文壇の女王様だったらしいね。かれんな乙女の樋口一葉に
森鴎外は生唾ごっくんの萌え燃えだったんだが漱石さんは
クールだった。

117 :吾輩は名無しである:03/05/28 02:47
かれんな乙女というところが実にいいんだよね。
今の文壇の女王様ときたら・・俺は女王様だと思ってるけど
とんでもないあばずれだと思ってる人が多い罠。
さて、誰でしょう。

118 :山崎渉:03/05/28 09:14
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

119 :吾輩は名無しである:03/06/01 21:29
わかりません。

120 :吾輩は名無しである:03/06/01 22:31
そうでもないよ。一様は。  

121 :吾輩は名無しである:03/06/02 01:52
どこがわからないの?

122 :吾輩は名無しである:03/06/03 22:23
今の文壇の女王様がわかりません

123 :預言者:03/06/04 07:14
http://elife.fam.cx/mfg/




124 :吾輩は名無しである:03/06/04 17:41
一葉って、功なり名を遂げて逝ったんだから、薄倖の天才作家じゃないよね。
当時の大物作家に絶賛されまくりの色んな文芸誌に再録されたんだから。
相当の稿料が入ってきたんじゃない?

125 :吾輩は名無しである:03/06/04 20:08
>>124
稿料って・・・(藁
一葉がまともに認められたのはせいぜい死ぬ数ヶ月前だし、
そもそもあの時代のシステムでは原稿料だけじゃとても喰えないよ。
(実は今もそうなんだが)
だいたい新聞社・出版社に主筆とか論説主幹とかで
抱えられることでまとまった収入得ていたというのが
当時の「賤業」としての「小説家」の現実。
鴎外・漱石は立派な本業持ってたからこそ例外的に尊敬されてたというのは
今さら言うまでもないよね?
小説家が本だけで高収入得られるようになったのは
大正バブル期の円本ブーム以降のこと。

126 :吾輩は名無しである:03/06/07 01:22
>>124

一葉の抱えてた借金に比べたら稿料なんぞ、わずかなもんだ。
もっと長く生きてたらわからんが、あの時点で、一葉にはすぐに
それを返済しようという気はなかったろうよ。

127 :吾輩は名無しである:03/06/07 12:52
「大つごもり」のラストが怖いんですが

128 :吾輩は名無しである:03/06/12 19:14
>126
一葉って借金の天才だろう。
啄木、川端、野口英世等々と同様に。
己を才人と自惚れてる奴は『凡人の金は自分が使うもの』という
精神だったのでは。
後々、成功して儲かっても返済など、考えもしなかったんじゃ?



129 :吾輩は名無しである:03/06/13 19:18
>>126 稿料なんぞ、わずかなもんだ。

それはあんたの憶測だろう・・・
もうちょっと具体的な数字でも挙げんと説得力の欠片もない。






130 :吾輩は名無しである:03/06/14 10:34
>稿料
雑誌に掲載されたが、薄謝程度だったのでガッカリした、という記述を…何処かで読んだw
当時の文芸誌は大体が同人誌みたいなもんで、金にはならなかったはず。

131 :吾輩は名無しである:03/06/19 08:46
>>129は一葉の日記すら読んだことがない。

132 :吾輩は名無しである:03/06/19 22:48
一葉記念館が大幅にリニューアルされるようです!
(具体的じゃなくてスマソ)

133 :吾輩は名無しである:03/06/20 22:11
一葉煎餅ってあるんだね。
買わなかったけど。

134 :吾輩は名無しである:03/07/01 13:28
保守するのだ


135 :吾輩は名無しである:03/07/06 13:38
  ,,,,.,.,,,,
 ミ・д・ミ <ほっしゅほっしゅ!
  """"


136 :吾輩は名無しである:03/07/09 11:22
「にごりえ」
最初の段落の、
「力ちゃん、さっきの手紙お出しか」

誰が書いた手紙をどうすると言っているのですか?

137 :吾輩は名無しである:03/07/10 02:24
>138
これに答えられるようなインテリは2chにはいないよ。

138 :吾輩は名無しである:03/07/10 04:40
え、何か複雑な意味があるの?
お力がさっき書いて、切手まで貼った手紙を
ちゃんと投函したか(郵便局の窓口に出すのかも)
ってことでしょ。

139 :吾輩は名無しである:03/07/12 02:23
>>136はネタだろ。

140 :吾輩は名無しである:03/07/13 21:30
樋口の孫の日記。掘り下げて読めば読むほど・・・
http://www.c-avenue.net/cgi/diary/diary.cgi?mp=0&pp=0

141 :  :03/07/15 12:32
漏れら極悪非道のageブラザーズ!
今日もネタもないのにageてやるからな!
 ̄ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧_∧   ∧_∧    age
 (・∀・∩)(∩・∀・)    age
 (つ  丿 (   ⊂) age
  ( ヽノ   ヽ/  )   age
  し(_)   (_)J


142 :吾輩は名無しである:03/07/21 13:46
>>131は読解力皆無の糞馬鹿です。






143 :吾輩は名無しである:03/07/23 22:52
恥ずかしながら今朝テレビで一葉が新5000円の肖像だと知った。
野口英世も一緒だと知って笑ってもうた。
次は千昌夫あたりかな?


144 :吾輩は名無しである:03/07/24 01:19
 (⌒\ ノノノノ
   \ヽ( ゚∋゚)
    (m   ⌒\
     ノ    / /
     (   ∧ ∧
  ミヘ丿 ∩ ^^ ;)
   (ヽ_ノゝ _ノ ←143


145 :吾輩は名無しである:03/07/25 01:46
>>142は「糞」とか「馬鹿」という詞をつけるしか能がない。

146 :吾輩は名無しである :03/08/05 07:56
ほしゅ!!

147 :吾輩は名無しである:03/08/05 16:52
一葉タンでハァハァしてしまうのはいけないことでせうか?

148 :吾輩は名無しである:03/08/05 16:55
>>147
ハァハァできるほどの顔かなあ

149 :吾輩は名無しである:03/08/06 13:06
一葉かわいい。
賢そうなキリリとした顔つきに萌え。
たけくらべの長吉にも萌え。

150 :吾輩は名無しである:03/08/06 13:17
24歳処女

151 :吾輩は名無しである:03/08/07 19:13
こんなのがお札になるんだから
女は著路位

152 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

153 :吾輩は名無しである:03/08/09 17:28
>>145の様な「馬鹿」には「糞」と言うしかないではないか!!!

と言ってみる






154 :吾輩は名無しである:03/08/10 01:33
最近、幸田弘子の朗読による『たけくらべ』を掛けながら眠りに就いています。
すばらしい朗読です。
ところで、樋口一葉に関して一つ気になることが。
夏目漱石フリークは愛着をこめて「漱石」と呼び捨てしますが、
樋口一葉のファンは、「一葉さん」と呼びますよね?
「鴎外さん」や「藤村さん」はありえない。
樋口一葉にはやはり、「さん」付けしたくなる何かがあるのでしょうか?

155 :吾輩は名無しである:03/08/10 12:41
俺は「なっちゃん」と呼んでいる。

156 :吾輩は名無しである:03/08/10 12:44
俺は「ヒグー」呼ばわりしてる。

157 :吾輩は名無しである:03/08/10 14:42
泣菫の上野で出会った姉妹の様子を描いた随筆が好きだな。

158 :吾輩は名無しである:03/08/11 15:19
仲間由紀恵で一葉を演じてほしい。
桃水は中井貴一
久佐賀義孝=竹中直人
中島歌子=樹木希林

159 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

160 :吾輩は名無しである:03/08/24 01:13
仲間由紀恵か
前髷似合うかな?

161 :吾輩は名無しである:03/08/26 15:08
96年、「没後百年記念」ということで、
河出書房から『現代語訳・樋口一葉』(全五巻)が出ていることを、今日知った。
松浦理英子、多和田葉子、角田光代、島田雅彦、藤沢周、阿部和重、篠原一
といったメンツ。
松浦理英子による『たけくらべ』の冒頭を読んだが、はっきり言って呆れた。
原文には勝てませんね…
今、阿部和重による『わかれ道』を読んでいるが、オーソドックスな「現代語訳」でちょっと残念。

162 :161:03/08/26 15:09
>>161
訂正・97年だった

163 :吾輩は名無しである:03/08/26 17:49
篠原一


はあ?

164 :吾輩は名無しである:03/08/27 02:25
一葉記念館の辺りってそんなにゆかりのある地でも無いと
思うんだけど、一葉と付く店とか多いね。
コインランドリー 一葉泉はやり過ぎだろ

165 :吾輩は名無しである:03/08/29 18:25

思いっきり、ゆかりはあるのですが・・・
164は馬鹿ですか?




166 :吾輩は名無しである:03/08/29 20:12
吉原ソープの店名で「一葉」っていうのがあってもいいと思う。
ちなみに「角海老」は存在する。
(あの時代の店と関係あるかどうかは知らん)

167 :吾輩は名無しである:03/08/30 00:26
「思いっきり」てほどでも無い

168 :吾輩は名無しである:03/10/15 11:25
思いっきり!ほっしゅほしゅ!

169 :漏れも一葉萌え:03/10/17 22:40
一葉の著作一冊くらいしか読んでなかったが、現代語訳日記読んだ。
>>36
日記読んだだけでももてたことはうかがえるね。
馬場孤蝶が一葉のこと思ってることを一葉も孤蝶もいるときに冗談めかして言っちゃったときのエピソードで
困って「それはありがたいことです」と微笑んでたら、弧蝶が黙ってしまったとか。
それからやたら弧蝶の訪問が増えてしょっちゅう手紙くれて花とか送ってきて
「うれしいけれどもまた心苦しい」とか書いてる。私ってもててこまっちゃうって感じでまんざらもなさそう。
ほんで平田禿木が2人の仲を妬んだら、一葉が平田が来ると居留守使ったりしてるのは、なんか禿木が失礼なことでも言ったんだろうか。
居留守つかっても平田がなんどもいろんな手を使って会おうとするのを見て
(さきに自分が訪問し、留守だと言われたら直後時間差で川上媚山を訪問させて居留守がどうか試したり)
「面白い」とか「滑稽だ」とか言って、「あんまり会わないのも気の毒なので会ってやる」とか、この辺ちょっと嫌な女っぽいね。
あと戸川秋骨が頻繁に訪問しては帰らず、「親しく交際してほしい。私をいいかげんに中途半端に扱うのが恨めしい」と手紙書いてきたことに
「ほんとに嫌な哲学者だ」とか書いてるし、どっかの教育者が仰々しいラブレター送ってきたとか、「モテタ話」結構書いてある。


170 :漏れも一葉萌え:03/10/17 22:45
日記読んだひとはわかるだろうけど訂正。
3行目、馬場が一葉のことを思ってることを、2人と一緒にいた秋骨が一葉に言ったって意味ね。

171 :吾輩は名無しである:03/10/19 11:03
一葉の肛門を観察

172 :吾輩は名無しである:03/10/19 22:24
新札は出たんですか

173 :吾輩は名無しである:03/10/20 02:31
一葉タン代筆のラブレター貰いたかったな

174 :樋口 夏子:03/10/20 13:51
>>169のお方へ
わたくしが半井うしの次に愛したる殿方は正直正太夫さまに御坐居ます

175 :吾輩は名無しである:03/10/21 10:24
微妙に山咲千里に似てないか?

176 :樋口 夏子:03/10/22 14:32
いえいえ 微妙に似たるは仲間由紀江ぎみに御坐居万寸

177 :斉藤 緑雨:03/10/22 14:45

浮世は雨降り風吹く是非なきものに候
なつ殿 餘り久敷御無沙汰に相成申候


178 :吾輩は名無しである:03/10/22 22:17
半井と肉体関係があったのならまだ許せるが、久佐賀義孝とあったら許さん。

179 :吾輩は名無しである:03/10/23 00:02
>>178
許さん、って一体どうするんね?ああ?(ヽ゚ロ゚)どーよ

180 :吾輩は名無しである:03/10/24 00:46
”ひなっちゃん”一葉の友人”いなっちゃん”こと伊東夏子が70歳過ぎの昭和20年代に書いた
「一葉の思ひ出」によると、一葉が半井をあれほど恋慕っているとは思わなかったそうで
交際をやめるよう忠告したことを「申し訳ないことをした」とかなり後悔してるようだった。

181 :樋口 夏子:03/10/24 01:20
そうでしたの… 伊夏子ぎみは末永く渡世されたので御坐居ますのね
半井うしも永生されたとか…


182 :吾輩は名無しである:03/10/24 13:04
その伊東夏子の著書には、一葉は24歳のすがたのままあの世にいるとおもうので
自分がもうすぐあの世で会ったら、一葉は「どこのおばあさんですか?」と言うだろう、
というようなことが書いてあった。

183 :吾輩は名無しである:03/10/24 13:06
>181
つーかあなたお盆とかに様子見にこないんすか?

184 :樋口 夏子:03/10/24 14:51
あゝ … 目裡に浮かぶはおぼろげなる伊夏ぎみの姿
猶も懐かしみの泪でにじみ見えるので御坐ゐまする

>>183さま
それは俗世の衆の随分と勝手な見当違ひ 
黄泉の國にては自由な往来の段 ご法度の趣に御坐ゐますのよ

185 :吾輩は名無しである:03/10/24 16:43
>>164
下手すぎて死者の冒涜になりますよ、おやめなさい。
いくら14歳くらいでも、礼儀というものはわきまえていないと。

あまり親に心配かけないようにね

186 :吾輩は名無しである:03/10/24 16:44
ごめんなさい、死者に対するというよりは芸術家に対する、ですね。
樋口一葉は夭折の天才です、無名の子供があしらえるような存在では
ありません、じっくりお読みなさい、その凄さがわかるまで、ね。

187 :吾輩は名無しである:03/10/24 19:03
明治頃まで銭湯は混浴が普通だよね。
あと荒俣宏の著作によると卑しい身分のひとなんかは結構肌を露出していて
「裸体禁止令」がでたとか。(半裸で出歩くのは男だけかな?)

ま、それはともかく日記でも「銭湯での小桶越しの挨拶も知らぬ顔ですましてきた私が」
とあるので、一葉も銭湯行ったみたいだが、ということは男で一葉の裸を見た人がいるんだろうか。

188 :吾輩は名無しである:03/10/25 00:31
一葉タン ハァハァ

189 :吾輩は名無しである:03/10/25 20:48
荒俣宏みたいなエセ作家を盲信してる馬鹿が未だ存在するとは・・・(涙





190 :吾輩は名無しである:03/10/28 03:03
タイムマシンでなっタンに会いに行きたいage

191 :吾輩は名無しである:03/10/28 14:52
>>189
そんなことワザワザ書かなくても・・・
何かおもしろくない事でもあったの?

192 :吾輩は名無しである:03/10/28 21:38
age

193 :吾輩は名無しである:03/10/28 23:44
確かに

194 :吾輩は名無しである:03/10/29 09:59


195 :999:03/11/02 01:08
雑誌ばかり読まないで、まともな本を読め。

196 :吾輩は名無しである:03/11/03 01:35
半井の自宅にあった人形に頬擦りする一葉萌え。

197 :吾輩は名無しである:03/11/08 17:19
【背筋がゾクッとするほど怖いメール】

http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1064458421/

68 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/10/23 03:12
「私は、勿体ないことですが、あなた様を恋しく思って以来何十日になるでしょう
か。絶ち難いこの思いは日ごとにまさって、何ともするすべがないのですが、
この恋はどんなにしたところで成就するものではないと、〜(中略)〜ご覧下さった
あとは引き裂いてお捨て下さい」

75 :一葉萌え。 :03/10/24 00:27
ちなみに>>68は明治時代ある小学校教師が樋口一葉に送った手紙。
小学校の教科書改良の活動をしてるので助言して欲しいと当時すでに人気作家
の一葉に手紙を送り、一葉が了承し、数回あったのちこの手紙を送ってきた。
一葉の日記。「今日会ったときは何も言わず、今更何の用だろうと、封を切っ
てまずこれを見ると全く胸がつぶれるようなことが書いてある」
翌日の日記。「十九日。昨夜は眠れなかったので、今日はひどく頭が痛い。
樋口勘次郎(この教師。たまたま同苗字)宛に手紙を出そうと思ったが、
不都合なことにでもなったらと、取りやめにする」
以後日記にこの教師は出てこないので二度と会わなかったらしい。

79 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/10/24 01:27
いや昔だって68みたいな手紙はびびられるぞ。


※掲示板といえども、どこかしこ投稿すればいいってもんじゃない
おまけに稚拙な自作自演附き・・・ 勘弁してよね


198 :吾輩は名無しである:03/11/11 20:01
誰かにごりえの現代語訳教えてけれ・・・

199 :吾輩は名無しである:03/11/16 21:21
え。別にそのまま読めるじゃん。

200 :吾輩は名無しである :03/11/17 19:10
さぁ もうすぐ一葉忌ですよ。
みなさん準備はいいですか〜。

201 :吾輩は名無しである:03/11/21 22:11

一葉供養の為、吉原の高級店に連荘で通います!
ああ、つらい・・・




202 :吾輩は名無しである:03/11/29 19:11
金が死ぬほど欲しかった一葉が金(お札)になるとは・・・

203 :吾輩は名無しである:03/12/08 23:10
一葉は髪が薄くて色黒で美人じゃなかったみたいなことを書かれてるけど
写真見ると結構美人だよな。

204 :吾輩は名無しである:03/12/11 13:32
樋口なつage

205 :吾輩は名無しである:03/12/12 13:24
>>187
銭湯に行ったという記述はないそうです。
おそらく家で行水程度の風呂に入っていたのでは。

206 :吾輩は名無しである:03/12/20 09:00
ひなっちゃんのお札は来年の秋発行になるそうですよー。

新札発行、秋にずれ込み 5000円デザイン手間取る

 財務省は19日、新しい1万円、5000円、1000円紙幣の発行時期を、
当初予定の来年7月から来年秋に遅らせると発表した。女性作家の樋口一葉を
肖像画に使う新5000円札のデザイン調整に手間取り、年内の印刷開始が
年明けにずれ込むため、と説明している。

※引用元配信記事:http://www.kyoto-np.co.jp/news/flash/2003dec/19/CN2003121901004257E1Z10.html
※京都新聞( http://www.kyoto-np.co.jp/ )2003/12/20配信


207 :吾輩は名無しである:03/12/21 02:07
なんか五千円札の肖像見るたびに、しみじみしそうで嫌だなー。


208 :吾輩は名無しである:04/01/12 05:45
今通ってるYの馴染みの店。
入浴料が25k。
5千円札かぁ〜。

209 :吾輩は名無しである:04/01/12 22:49
今知ったけど
こんなのやってたんだね
http://www.nhk.or.jp/ningenkoza/200312/mon.html

210 :吾輩は名無しである:04/01/13 08:23
人間講座、欠かさず見てまつ。

211 :吾輩は名無しである:04/01/13 21:03
芳恵ちゃんや愛ちゃんのは読んだけど
森さんのてまだ読んでないんだよな。
出てるのって岩波の新書だけ?

212 :吾輩は名無しである:04/01/14 12:58
岩波新書「一葉の四季」ですね。
まゆみたんはその他に「かしこ一葉」(筑摩書房)という本も出してます。
一葉が書いた手紙指南書「通俗書簡文」について書かれたもの。



213 :吾輩は名無しである:04/01/14 19:32
>>212
ありがとう
早速「一葉の四季」注文しました。
「かしこ一葉」もと思ったけど
2月にちくま文庫で出る「樋口一葉の手紙教室」は
これの文庫化臭いですね。


214 :吾輩は名無しである:04/01/14 22:01
森まゆみは喋り下手すぎ!
「えー」って言って、口篭もるな!
出たがり馬鹿デブブスばばあのくせに(w



215 :吾輩は名無しである:04/01/16 17:00

たしかに喋れてないね

216 :吾輩は名無しである:04/01/19 22:32
お力殺害アゲ

217 :吾輩は名無しである:04/01/23 15:16
美登利初店あげ

218 :吾輩は名無しである:04/01/23 22:15
石之助引き出しの分も拝借あげ

219 :吾輩は名無しである:04/01/25 22:45
前スレ:
『デモテープ スレッド。』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1055214558/l50

参考:
『梅☆オーディションについて総合的に話すスレ☆梅』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1053614318/l50
『MTRどれがいいの? TRACK8:::』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1066051226/l50
『メジャーデビューしたいな。』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1075030696/l50

インディーズ板
http://music2.2ch.net/minor/
邦楽板
http://music2.2ch.net/musicj/

>>2>>1000
補足等お願いします。皆様方、
完了でしたら、さあどうぞ。

220 :吾輩は名無しである:04/01/25 22:47
前スレ:
『デモテープ スレッド。』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1055214558/l50

参考:
『梅☆オーディションについて総合的に話すスレ☆梅』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1053614318/l50
『MTRどれがいいの? TRACK8:::』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1066051226/l50
『メジャーデビューしたいな。』
http://music2.2ch.net/test/read.cgi/compose/1075030696/l50

インディーズ板
http://music2.2ch.net/minor/
邦楽板
http://music2.2ch.net/musicj/

>>2
補足等完了でしたらさあどうぞ。

221 :吾輩は名無しである:04/02/02 01:34
五千円札はいつ出るの?

222 :吾輩は名無しである:04/02/02 14:38
>>206
に書いてあるよ。

223 :吾輩は名無しである:04/02/02 23:49
☆ チン マチクタビレタ〜
マチクタビレタ〜
☆ チン 〃 Λ_Λ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
ヽ ___\(\・∀・) < 新札発行まだ〜?
\_/⊂ ⊂_ ) \_____________
/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ /|
| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| |
| |/




224 :吾輩は名無しである:04/02/05 11:37
なんでよりによってこの人なんだろうね。
東郷平八郎とかのほうがいいじゃん。

225 :吾輩は名無しである:04/02/10 18:53

いや、神武皇后と和気の清麻呂が先だ(w

226 :吾輩は名無しである:04/02/11 06:33
静かなブームって・・ブームじゃないですよw

227 :吾輩は名無しである:04/02/11 15:29
1年半がかりの長〜い乗りツッコミだな

228 :吾輩は名無しである:04/02/22 11:58
保守あげ

229 :吾輩は名無しである:04/03/01 15:12
一葉は根っからのヤリマンだったのか?
それとも生活の為、師匠とか質屋と寝たのか?


230 :吾輩は名無しである:04/03/03 01:11
ただいまNHKラジオにて「たけくらべ」
朗読中

231 :吾輩は名無しである:04/03/03 15:25
一葉亡き後、お母さんと妹さんはどうなったの?


232 :吾輩は名無しである:04/03/15 19:34
保守あげ

233 :吾輩は名無しである:04/04/01 23:27
お蘭さま何処へあげ

234 : ◆UvGJoaFDw6 :04/04/06 02:40
テスト

235 :吾輩は名無しである:04/04/07 14:16
;y=ー( ゚д゚)・∵. ターン

236 :吾輩は名無しである:04/04/24 14:46
5千円札発行まで頑張る保守

40 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)