5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

今が瞬!!夢野久作について語ろうかね。

1 :ダントツナウい24歳:02/09/06 23:54
このナウいスレにどんどん着てね

2 :吾輩は名無しである:02/09/06 23:58
瞬って何だよ。瞬って。

3 :吾輩は名無しである:02/09/06 23:59
旬だろ!

4 :吾輩は名無しである:02/09/07 00:02
ドグラマグラの話したいのにナウイスレとかいうなよ

5 :ダントツナウい24歳:02/09/07 00:11
>4
ドグラマグラも勿論だけど、他の佳作についても語りたいよね。
とりあえず長編短編ひっくるめて君の久作ベスト5は?

6 :恵果ミ*・∀-ミ⌒☆13さい ◆5tlQkmQY :02/09/07 00:13
ゆめのきゅうさくサンやね〜

7 :吾輩は名無しである:02/09/07 00:14
じゅうふく?
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1031128947/l50

8 :吾輩は名無しである:02/09/07 00:16
ドグラマグラっておもしろいの?
オーケンが、、、

9 :名無しさん:02/09/07 00:24
・・・オカァァ――サァァ―――ン・・・
・・・・・・・あの顔は・・・・・・・僕が・・・いる・・・

こんな感じ。読んだ事無いなら読んでも損はないとおもうがね。

10 :ダントツナウい24歳:02/09/07 00:26
面白いかつまらないかっていう作品じゃないよ。ドグマグは。
夢久という一個の作家の執念、オブセッションのすべてがゴッチャに
なってあそこにぶち込まれてるって感じかな?

11 :ダントツナウい24歳:02/09/07 00:26
>9
誰それ? 少なくともそれ、久作じゃないよね。


12 :吾輩は名無しである:02/09/07 00:27
今が瞬   っていうのを深読みしてしまって
この人は分かってる!と一瞬思ってしまいました。
久作の作品に通低する一瞬の夢にも似た時間認識を見事喝破しているのかと思ったよ。

ところがすっとこどっこい
単なる変換の間違いであることと
ダントツナウい24歳、このナウいスレにどんどん  とで氏にました。

新手の煽りですか。逝ってよしと言わざるを得ないでしょう。

13 :名無しさん:02/09/07 00:28
久作デス

14 :ダントツナウい24歳:02/09/07 00:34
>12
ハァ? どんな深読みだよ!
それ、負荷読みっつうかぶっちゃけ勘違い?

>久作の作品に通低する一瞬の夢にも似た時間認識を見事喝破しているのかと思ったよ。

そんなん喝破するまでもなく、あやかしとドグマグさえよみゃ誰でも一目瞭然だろが。



15 :吾輩は名無しである:02/09/07 00:52
いや、だからね。  つまり、
私が夢野作品を深く読み解くこと(深読み)をしたから
久作の時間認識=一瞬の夢  といった認識を得たと書いたわけではなく

>>1が旬を瞬と書き記したという行為の底に、久作を理解した上での
故意の漢字の誤用を狙ったのだろうという>>1の意図を深読みしてしまったようだ
書いたまでです。
喝破については、全体に関節外しとなることを狙った文面の効果を高めるために
わざわざ大げさな言葉が用いられたものだと思います。
実際、河童と変換しようとして、意味が取れないと言われたら困るなあと
思って喝破に戻した程度ですので。

16 :吾輩は名無しである:02/09/07 00:54
>>15で真ん中あたり

書いたまでです。 →  と書いたまでです。

17 :吾輩は名無しである:02/09/07 01:00
チャカポコチャカポコ

18 :ダントツナウい24歳:02/09/07 01:04
>15
そうですか。

ところで夢野って言われるほどエロ黒ナンセンスな作家じゃないと
思うんだけど。けっこー生粋のロマンティストっていうか。
そのあたりは堂思います?

19 :吾輩は名無しである:02/09/07 02:11
作品によるな。思いっきりメルヘンもある。

20 :吾輩は名無しである:02/09/07 03:38
ぶっちゃけドグラマグラを理解するには能の知識が必要不可欠だぜ。
さらに言えばどうして夢野久作と泉鏡花が交わらなかったか、だ。
あやかしの鼓、白髪小僧、ドグラマグラは別物として考えた方がいい証明。
でもホント一生懸命探偵小説を書こうとしてこうなったのかなあ、この人。

21 :吾輩は名無しである:02/09/07 09:05
>>20
意味不明。

22 :吾輩は名無しである:02/09/09 14:06
少女地獄っておもしろい?
タイトルに引かれたんだけど。

23 :吾輩は名無しである:02/09/09 18:31
>>22
もうやめてくれぇ〜〜というほど少女が出てきて……


という内容ではない

24 :吾輩は名無しである:02/09/10 10:30
手紙三通の話が好きだな。あれはなんていうか、

25 :吾輩は名無しである:02/09/10 11:27
やっぱ「童貞」だろ。ラストのオンナがバケツに足突っ込んでずっこけながら
ゲロ吐くシーンはワラタヨ。

26 :吾輩は名無しである:02/09/12 10:42
重複スレなんだが・・・>>1氏ね

27 :吾輩は名無しである:02/09/26 14:52
ドグラマグーラで卒論書いてみようかと思うんだが。
おまいら、俺の卒論をこのスレで助けてみないか?

28 :吾輩は名無しである:02/09/27 14:08
晒しあげ

29 :コギャルとH:02/09/27 14:11
http://tigers-fan.com/~pppnn

http://www.tigers-fan.com/~fkijjv

  中高生とHな出会い
    即アポ即H出来る
   超最高なH&Hが・・ 

30 :ユメノ:02/09/27 14:38
浜崎あゆみの新曲PVってドグラマグラだよね?
ちらっとテレビで見ただけだが。

31 :吾輩は名無しである:02/09/28 03:21
瓶詰地獄の、3通目の手紙は何なのでしょう。恐いんですけど。

32 :吾輩は名無しである:02/09/28 03:23
>>31
あれいいよね。俺だいすき。単純で、恐くて。

33 :吾輩は名無しである:02/09/28 09:00
関係ないけれど、
「瓶詰の地獄」という版と、「瓶詰地獄」という版があります。
えらくニュアンスが違う。

34 :芥川を読め馬鹿が:02/09/28 10:18
>>10
ドグマグって何だよ馬鹿が。略す必要なんかないだろ。
大体、過大評価し過ぎだ。あんなものまとまりがなくて猥雑なだけだろ。
夢野久作は短編はシャープで良いが長編はどれも鈍い。読んでいて何だか
理不尽で不可解な感覚になるのは、才や技じゃなくて文章がトロいから
なんだよ。阿呆が。

35 :吾輩は名無しである:02/09/28 10:24
>>18
ロマンティストかどうかは分からんが、自己中だろうとは思う。独り善がりと
いうか。彼の書いた小説は背景がピンボケした写真みたいだよ。

36 :吾輩は名無しである:02/09/28 10:35
>>34
名前からしても短編マンセーなんですね

37 :吾輩は名無しである:02/09/28 13:16
>>35

ピンボケした写真か。「不安」精神が地に足のついてない状態のとき
漏れは、物凄く不鮮明で断片的で可逆的な映像がみえまする。

ドラッグのせいで精神異常をきたしたときに、何故か昔に読んだこの小説が
フラッシュバック。刹那の悪夢だった。

てか、おまいら俺の卒論を・・・

38 :吾輩は名無しである:02/09/29 03:10
やっぱり大槻ケンヂの影響でドグラ・マグラ
読んだ人って多いのかなあ?俺もそうだけど

39 :吾輩は名無しである:02/09/29 03:19
そういえば夢野やら小栗虫太郎の本出してた社会思想社が倒産しましたね。


40 :ixion:02/09/29 11:41
あ、ついにいっちゃったのか…<社会思想社

夢野、小栗、牧、橘、久生、日影、と、文庫選集にしてはすばらしい作家
作品ばかりだったなぁ、現代教養文庫。

「氷の涯」が好き。どこまでも氷の上を…

41 :吾輩は名無しである:02/09/29 13:11
>>39-40
微妙に古い話題してるなぁ…。


42 :マダムB:02/09/29 13:32
ドグマグは松本健一が何かの著書で意味を解いてみせて
いて、「へええ」と思ったのに内容を忘れちゃった。

教養文庫は映画全史とか俳優史なども便利だった。

43 :吾輩は名無しである:02/09/29 18:27
表紙怖すぎ

44 :吾輩は名無しである:02/10/08 23:55
保全しときますか。クソスレ攻勢に不安を憶えたんで

45 :ナベババァ:02/10/09 21:05
いなかの、じけんがすきです



46 :吾輩は名無しである:02/10/09 21:15
いなか、の、じけん
ですな

47 : :02/10/09 23:45
今日ドグラ・マグラ買ってきて10ページほど読んだ。
読み終わったら感想カキコするな。
この作者、父親が右翼の大物らしいけど、詳しい人いたら教えて。
今で言えばどの程度の作家?

48 :吾輩は名無しである:02/10/10 05:05
おまいら、俺の卒論の題名考えてくれや

49 :吾輩は名無しである:02/10/10 10:24
「胎児の夢」しかないだろ

50 :吾輩は名無しである:02/10/10 20:08
>>47
祖父も右翼の大物。
祖父の頭山満は辛亥革命を援助したらしい。

51 :吾輩は名無しである:02/10/10 21:52
>>50
>祖父の頭山満
?????????

52 :吾輩は名無しである:02/10/10 22:09
この人の息子、私財を投じて砂漠の緑地化に力を注いでいたらしい。
孫がその意思をついで...なんてドキュメンタリーを数年前テレビでやっていた。

53 :吾輩は名無しである:02/10/10 23:05
>>47
別に感想いらないし。

54 :吾輩は名無しである:02/10/11 01:03
少女地獄。

死後の恋。



55 :吾輩は名無しである:02/10/11 01:05
死後の恋つまんなかったっす。

56 :吾輩は名無しである:02/10/11 01:06
>>55

ならどれが面白かったの?

57 :_:02/10/11 03:17
ある女の写真の眼玉にペン先の
赤いインキを
注射してみる

よく切れる剃刀を見て
鏡を見て
狂人のごとほゝゑみてみる

かゝる時
人を殺して酒飲みて女からかふ
偉人をうらやむ

春の夜の電柱に
身を寄せて思ふ
人を殺した人のまごゝろ

58 :吾輩は名無しである:02/10/11 09:48
>>40
わたしも「氷の涯」が久作でいちばん好きです。
探偵趣味と文学趣味がぴったり融合してると思う。
思い出しては何度も読み返してしまいます。

59 :吾輩は名無しである:02/10/11 10:26
「氷の涯」は最高ですね。

最後の一頁が特に好きです。

60 :マダムB:02/10/11 22:31
>>47
その右翼の大物の父のことは、猪瀬直樹の『ペルソナ』に
ちらり記述があったっけなあ。

61 :吾輩は名無しである:02/10/12 01:39
>>60

情報ありがとう♪
読んでみよう。

右翼父の著書って
古書店でけっこう高値なのよ。

62 :吾輩は名無しである:02/10/12 16:06
>>61
『百魔』(講談社学術文庫) 面白かったよ。
すでに品切れのようだが。『続百魔』ってのも出てたはずだけど、こっちは未
読。
中公文庫で『児玉大将伝』なんてのも出てる(た?)。これは持ってるけど積ん
読状態。


63 :吾輩は名無しである:02/10/12 17:06
>>62

ますます情報ありがとうございます。
九州の出版社から出ているものしか
読んだことがないので探してみます。

64 :吾輩は名無しである:02/10/12 20:08
睦月影郎の夢野久作の本てどうですか?

65 :吾輩は名無しである:02/10/12 21:00
少女地獄は面白いね。
姫草ユリ子の話が一番お気に入りです。

この人の小説はよく九州帝国大学が出てくるけど
それは作者が九州出身だからという理由なのかな?



66 :吾輩は名無しである:02/10/12 21:09
>>64
エロ小説。

67 :吾輩は名無しである:02/10/13 00:00
睦月影郎ってあの睦月影郎?同姓同名の別人じゃなくて?
こんな本書いてたんだなぁ。もしかして他にも真面目な本書いたりしてるの?


68 :吾輩は名無しである:02/10/25 22:21
>>27
今『ドグラ・マグラ』で書いてる…
もっとよく調べてから決めるんだった…(;´Д`)

69 :吾輩は名無しである:02/11/02 21:43
>>61, >>62
星新一「明治の人物誌」に杉山茂丸のこと、書いてあるよ。
夢父を簡単に知るには、これが最良の資料だと思われ。
折れも「百魔」上下、持ってるよ。すばらしいの一語に尽きる。
読んでみたらよかばい。よかばい。とってもよかっとよぉ?
よかばいよかばい。ほんとによかばい。「星一」について書いてある。

70 :吾輩は名無しである:02/11/02 23:41
桂枝雀が正木博士をやってた映画があったよね?
誰か見た? ビデオになってないかなぁ?

71 :吾輩は名無しである:02/11/02 23:43
>>70
レンタルで観たよ。つたやとかにあるんじゃない?

72 :吾輩は名無しである:02/11/03 07:42
>>71
アリガト!
捜してみます!


73 :吾輩は名無しである:02/11/03 10:48
早く青空文庫にドグラ・マグラでないかな。
今入力中って書いてあったけど。

74 :吾輩は名無しである:02/11/03 22:50
じゃぱん がばめん ふぉるもさ ううろんち わんかぷ てんせんす かみんかみん

75 :吾輩は名無しである:02/11/03 23:26
http://saki.2ch.net/entrance/kako/998/998500094.html

76 :吾輩は名無しである:02/11/03 23:32
>>73
ドグラマグラくらい買いなさいw

77 :吾輩は名無しである:02/11/04 03:45
>>76
なかなか売ってないんだもん。なんか店員にドグラ・マグラありますか?って聞くのも恥ずかしいし・・・・。

78 :吾輩は名無しである:02/11/04 18:38
>>77
角川文庫はまだ流通中だと思うが。

79 :吾輩は名無しである:02/11/04 18:59
>>77
買っても恥ずかしいYO!表紙が。

80 :吾輩は名無しである:02/11/04 20:28
>>79
俺としては角川の米倉斉加年デザインが非常に好きなんだが
それが駄目なら社会思想社・現代教養文庫にも入ってるぞ。

それにしても2chに出入りしてる奴が何をそんなに恥ずかしがってるのかわからんな。
もしや良家のお嬢様なのか? ならば萌えだ。

81 :吾輩は名無しである:02/11/04 22:03
漏れは、ちくま文庫の全集を買いマスタ!

82 :吾輩は名無しである:02/11/04 23:47
うん。米倉さんの表紙が一番ですね。


83 :吾輩は名無しである:02/11/05 17:19
うん、あの絵はすごい。気味悪過ぎる。

84 :吾輩は名無しである:02/11/05 21:13
夢野作品をまだ読んだことがないのですが、
どれから入るのがいいと思われますか?


85 :吾輩は名無しである:02/11/05 22:27
>>84
とりあえず、買えるものから。


86 :吾輩は名無しである:02/11/05 22:27
>>84
短編を読み漁ってみてはどうか

87 :84:02/11/06 19:56
ありがとうございます。
とりあえず短編に手を出してみようと思います


88 :吾輩は名無しである:02/11/10 15:05
「ドグラ・マグラ」読了あげー。

なんて言うか、多分、読んだ事を忘れそうにないだろうな。って感じの本でした。
それくらい印象深かったです。
それと、現実の世界でこの小説の思想がフロイトとかユングの心理学と
どのように繋がってたり関係してたりするのか興味がありました。
その辺はどうなんですか?
フロイトとか作中ちらっと名前出てきましたけど、私は読んだ事ないので。
次は「少女地獄」でも読んでみようと思います。

.........チャカポコ、チャカポコ...スカラカ、チャカポコ。


89 :89:02/11/14 22:03
中学の時から読み始めた。以来32になる今年まで、かなり人格形成に影響を
受けて来た作品群だと思う。
当初は角川文庫版を集め始めた。だが、その当時はもう廃版が出始めており、
完全なる田舎にて生活していた自分にとって、伝手を頼って地道に集めたが、
『押絵の奇蹟』と『人間腸詰』を残して10年以上が経過。
その間、教養文庫、ちくま文庫版を全部購入し、かつ三一書房版の全集も収
集したが、表紙のインパクトはやはり角川版が一番だった。
#中身としてはちくま文庫版が一番だと思った(『爆弾太平記』が伏字無しと
#いうのが一番だった)。
『押絵の奇蹟』は、角川のオンデマンド出版で購入したが、やはり表紙が欲
しい。

今年になって漸く『押絵の奇蹟』を購入した。そして本日、『人間腸詰』を
購入した。

15年程の年月の夢が漸く叶った。今夜はゆっくり『悪魔祈祷書』を読もう。

90 :吾輩は名無しである:02/11/15 16:25
すげえ根性だな


91 :吾輩は名無しである:02/11/15 21:23
姫草ユリ子の頭を撫でたい。

92 :吾輩は名無しである:02/11/16 02:25
眠っている呉モヨ子の蕾のような唇をプニプニしたい。

93 :吾輩は名無しである:02/11/20 06:19
少女地獄

94 :吾輩は名無しである:02/11/20 07:59
ドグラマグラの映画、スカパーでやっていた。
作品のエッセンスをコンパクトにまとめていて
なかなか良かったが、原作を読んでいない人には
訳のわからん映画だったろうな・・・。
故桂枝雀の快演がよかった。

95 :吾輩は名無しである:02/11/20 08:10
堂廻目眩いまよんでるとこ!
主人公の反応がいちいちオオゲサでオモロイ。
「まま正木先生のような偉大な達人とでもいうべき人が自殺する…
そそそんな事が果たしてああああ在り得ようか!」
ってアンタ、その人の名前聞いたばかりじゃナカッタノ。
もっとクールにいけよw

96 :吾輩は名無しである:02/11/20 10:50
たまにカタカナ表記になる所とか、2ちゃんねらーっぽい。(w

97 :吾輩は名無しである:02/11/20 11:50
>>96
おれもそれおもたよ!

98 :吾輩は名無しである:02/11/20 13:33
夢野久作全集、全巻読了したのは20年ほど前です。
最高ですよ、久作は。世界が広いし。技も多い。
ドクラマグラより短編から中編に傑作多し。

主人公の笑い声から始まる話が存在するだけで、もう凄い。

99 :吾輩は名無しである:02/11/20 13:41
「人間腸詰」だったかな。
読んでて葉山よしきの「セメント樽の〜」を思い浮かべました。
久作がパロディ意識してたりしたら面白いですよねぇ。
「ニヤリ」としていたりして。

100 :吾輩は名無しである:02/11/20 14:34
アハアハアハ

101 :マダムB:02/11/20 17:29
>>99
アラマタが出した新書で、プロレタリア文学を
そういう面白いものだとして読みかえているね。

102 :吾輩は名無しである:02/11/20 18:13
荒俣かぁ。好きだけど、あの人、勘違いも多いから嫌なのよね。


103 :吾輩は名無しである:02/11/25 16:36
ドグラ…随所に映画的仕掛けがあるね…。
四方田犬彦が課題図書に選ぶのももっともな感じ。
で、「天然色、浮き出し、発声映画」の「浮き出し」ってナニ?

104 :吾輩は名無しである:02/11/26 14:28
ブゥゥゥゥゥゥ−ン age

105 :吾輩は名無しである:02/11/26 17:55
>101
プロ文って今読むと真剣すぎて、ぷって思っちゃうから
つい、お遊びでいじってやりたくなるきもち
わかるなあ。

106 :吾輩は名無しである:02/11/28 19:44



107 :吾輩は名無しである:02/11/28 19:48



108 :吾輩は名無しである:02/12/01 22:07
保守


109 :吾輩は名無しである:02/12/01 22:13
保守


110 :吾輩は名無しである:02/12/04 19:09



111 :吾輩は名無しである:02/12/09 20:21
111                                

112 :吾輩は名無しである:02/12/13 10:01
保守

113 :吾輩は名無しである:02/12/14 12:01
過疎ですな。
「悪魔祈祷書」がよいかと。

114 :吾輩は名無しである:02/12/16 15:40


      深刻!痛切!

115 :吾輩は名無しである:02/12/16 17:47
イナカノジケン
好きだな。
うすら馬鹿気味悪い。


116 :吾輩は名無しである:02/12/16 19:39
ちゃかぽこ

117 :吾輩は名無しである:02/12/20 01:00
>68
スゲェ!ドグラマグラで卒論するのか・・。ちょっと羨ますぃぞ。
そろそろ卒論佳境か?ガンガレ!
漏れも卒論、来年一月提出だ。
日本文学専攻してたら絶対夢野久作の研究したかったな・・。

ちなみに漏れは「二重心臓」が一番好きだなぁ。
凄くイイネタが沢山詰まりすぎて、綺麗に昇華できてない未完成さにそそられる。


118 :吾輩は名無しである:02/12/28 03:22
久作卒論はうらやましいなあ…
私は久作好きな史学科生だ…無理…
117はなにを専攻しているの?


119 :吾輩は名無しである:02/12/29 01:00
>118
漏れは西洋文学・・。久作に出会ったのは専攻決めた後だったから悔しかった。

史学科でも書こうと思ったら書けないかなぁ?
民俗学の授業でさ昔の日本の風習なんか習ったんだけど
久作の作品の世界とかぶる内容が多くてすごく楽しかったなー。
二重心臓の天川呉羽が男女逆に育てられたってやつ、本当に日本ではそういう
風習があったとか習ったりしてワクワクしたなぁ。
夢野久作と民俗学の見地から書くとか駄目かな?(辛そうだ・・スマソ)
 友達に史学科多いんだけど、史学科の卒論は大変そうだな、ガンガレ〜


120 :吾輩は名無しである:02/12/29 02:27
「氷の涯」って、どの本で読めますか?
青空文庫には入ってなくてがっかりだ。

121 :吾輩は名無しである:02/12/29 03:43
この小説の映像イメージは
どうしても高橋葉介の漫画なんだよなあ。
作者も夢野作品の影響を受けているのが明らかだし。

好きなのは瓶詰の地獄、猟奇歌だけど
氷の涯と犬神博士を読んでみたい。
犬神博士は丸尾末広の漫画があったような。

『オレダヨーウー』
で終わるの、何だったっけ?
「罪と罰」を思わせるような話。

122 : ◆GQgggggggg :02/12/29 04:17
>>120
創元推理文庫の日本探偵小説全集で読める筈。

123 :うぇ:02/12/29 18:20
>121
この小説の映像イメージは
どうしても高橋葉介の漫画なんだよなあ。
作者も夢野作品の影響を受けているのが明らかだし。

それはあるかも。でも俺高橋洋輔の漫画いいよね。
特に昔のが。


124 :89:02/12/31 03:06
>>120
『氷の涯』は、角川の『押絵の奇蹟』に収録されている。
勿論旧版を探すのには下手すると俺のように恐るべき時間が掛かるから、
オンデマンド出版でも入手出来る。本体が2200円だった。時間は1ヶ月ぐ
らい見た方がいい。
http://www.kadokawa.co.jp/neons/00005.html
あぁ、当然米倉斉加年氏のカバーまでは復刻はしない。

まぁ教養文庫を探した方が見付かり易いかもしれない。
社会思想社が潰れたようだから在庫漁りか?
ちくまの全集文庫はまだ手に入るのだろうか。
三一書房全集は入手出来る筈だが。

高橋葉介・・・『夢幻紳士』懐かしいね。文庫で全集出た時には
買い逃した。鬱。

125 :コソーリ…:03/01/05 05:01
夢野久作をそう簡単に全肯定したくない(でもファンではある)
九州or福岡出身者はこのスレにいます?

126 :吾輩は名無しである:03/01/06 17:23
あげてやる。ふんっ!

127 :吾輩は名無しである:03/01/20 01:07
保守age!!

128 :山崎渉:03/01/20 02:21
(^^)

129 :吾輩は名無しである:03/01/20 21:16
>>121
それは「冗談に殺す」だと思います。

ミステリ板では、一人称を利用した叙述トリックか?
という読みも出ていたと思います。
中盤の「殺してもいいのよ」という台詞が、
・あなたは私を殺してもいいのよ
・私はあなたを殺してもいいのよ
と、どちらにも受け取れるからだとか、どうとか…。


130 :吾輩は名無しである:03/02/11 02:16
>>119
夢野久作と民俗学の見地から書くとか駄目かな?(辛そうだ・・スマソ)

亀レスですが民俗学専攻のモノです。
いいなあ!それ、やりたい!!
…って今、3年なのでやるんだったら
ホントにしっかりした構想を立てなきゃだけど。
卒論どーしよ、って思ってる最中なだけにね…。ふうう。

ブンガクと民俗学ってどうやったら同時に成立できるかなあ?



131 :吾輩は名無しである:03/02/13 08:55
アンポンタン・ポカン君

132 :teketeke:03/02/13 19:41
この人実は天才なんだよね。あんましそういう風に言う人は見ないけど。
だって考えてごらん。身辺雑記をつづっただけのような悪しき私小説作家
全盛の時代にあってこの人がいかに超然としていることか。
あくまでも一人称の物語形式にこだわり続け、奇怪な作品を次から次へ。
物語作家としては正直芥川なんか目じゃないね

133 :吾輩は名無しである:03/02/13 22:36
>132
久作>芥川という意見(というより好み)は、
島田荘司の対談集「奇想の源流」でも出てたね。

134 :吾輩は名無しである:03/02/17 10:47
久作も愛読した(「私の好きな読み物」でポーと共に挙げている)ルヴェルの『夜鳥』が
最近文庫で出ましたが、久作ファンにはおすすめ。
狂気と詩情と奇妙な軽さは、通ずるものがあります。ご一読あれ。

135 :吾輩は名無しである:03/02/17 11:04
>>134
買おうかなぁ・・・どうしようかなぁ・・・(;´Д`)

136 :吾輩は名無しである:03/02/20 18:26
創元推理文庫の、日本探偵小説全集4夢野久作集を今日ゲトーしますた。
瓶詰の地獄、氷の涯、ドクラマグラが収録されてます。
ラキー

137 :吾輩は名無しである:03/02/27 11:29
ルヴェルの夜鳥、読んでみた。
なんつうか...
漏れには難しいのかな?
微妙。
でも雰囲気は好きだ。
なんとなく、エドワードゴーリーの絵で想像してますた。

138 :吾輩は名無しである:03/03/05 11:44
今度ドグラマグラ買ってみようと思ってるんだけど
これって難解な小説なの?

139 :ガディワッツ:03/03/05 11:48
難解では有りませんよ。そして、素晴らしい小説です。
夢野久作のあの、世界の裏側を見てしまったような中空を見つめるうつろな表情を
納めた巻末の写真と、最初に書かれているあの詩、それだけで、既に定価ブンの価値は
有ります。


140 :吾輩は名無しである:03/03/08 23:57
創元推理文庫の、日本探偵小説全集4夢野久作集
を最初から買った方が安かったなア
でもドグラマグラは装丁素敵だから、あれはあれで持っててもいいかなア
なんてナ。思うのですよ。
「火星の女」超好き。

141 :吾輩は名無しである:03/03/09 03:28
現代教養文庫(だったかな?うろおぼえ)の
夢野久作集、2/3/4が、500/300/300円でブックオフにあった。
買いですか? 1はドグラでしょうか?
創元推理文庫 夢野久作集だけ持ってます。

142 :吾輩は名無しである:03/03/10 20:28
ちくま文庫の久作全集3・4・6をブクオフで発見。

まっったく関係ないけど、ブクオフのちくまコーナーを
『大菩薩峠』がズラーッと占領してるのが邪魔くさかった。

143 :吾輩は名無しである:03/03/12 06:23
初めてドグラ読みました。ヤバイ
こんな本だしていいの?頭ヘンになりそうです・・・

144 :吾輩は名無しである:03/03/13 01:53
そりゃ楽しまれたようでなによりだ

145 :吾輩は名無しである:03/03/13 11:54
三一書房の夢野久作全集がうちの大学図書館にあったのですが、
いつ見ても誰も借りてなかったな…。

146 :吾輩は名無しである:03/03/13 23:04
うちの最寄りの図書館ではドグラマグラの文庫が盗まれてたけどなあ。
パソコンで検索したら、あるって表示なのに、棚にズット無い。
でも図書館は補充してくれない…。

147 :吾輩は名無しである:03/03/14 21:15
>141
どこのブックオフか教えれ。
私が買いに行く。

148 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :03/03/14 21:19
少女地獄は、映画もけっこう鬼畜系だよ。

149 :吾輩は名無しである:03/03/15 12:29
>>147
今日これから買いに行きます。

150 :アンポンタン・ポカン:03/03/19 22:23
漏れは「瓶詰の地獄」だーい好き。
『ドグラ・マグラ』について卒論書くなら、松山巌『群衆』(読売新聞社)も
参考になると思うよ。

151 :吾輩は名無しである:03/03/20 13:17
お兄様…お兄様…age

152 :吾輩は名無しである:03/03/25 17:53
北村薫が「ミステリは万華鏡」の中で瓶詰地獄について考察した話が良いって話を聞いたんだけど、
読んだ方の感想というか、どんな感じの内容なのか教えて( ゚д゚)ホスィ…
良さそうなら是非買って読みたいのですが…

153 :弧高の鬼才 ◆W7fyJoqOQ. :03/03/25 18:07
>>152
人間腸詰という短編は、読んでいて気持ち悪いです。
角川ホラー文庫から短編集として出てると思います。


154 :吾輩は名無しである:03/03/25 21:12
そうそう、ふつうの文庫の棚で探してて、
無いなと思ったらホラー文庫に置いてあった。
スレッドは文学板なのにね。

155 :吾輩は名無しである:03/03/25 22:27
>152
あの兄妹は幼くして孤島で暮らす事になったのに、
書いた手紙の語彙が豊富すぎるのでは?

という疑問に割と納得のいく回答を出していたと思う。

156 :吾輩は名無しである:03/03/25 22:58
瓶詰には明らかに二つ疑問が残るとかどっかでみたが、
兄妹の語彙の豊富さと、あと一つは?
瓶は三本同時に発見されたはずなのに
なんであの時点で両親が迎えに来れたのか、とかそこら辺?

157 :吾輩は名無しである:03/03/27 02:29
「両親が迎えに来るのは幻覚だったのでは?」
って説を文庫か何かの解説で読んだよ。

近親相姦の罪に苛まれてみた幻覚?
「犯人はつかまりたいと思う」同様、
「罪はばれてしまいたい」と思うって事かね…

158 :吾輩は名無しである:03/03/27 04:23
第三の瓶の拙い手紙は、
島に着いて最初に書かれて流されたように見えるけど
実はそうではない、という説も聞いたことあるよ。

159 :吾輩は名無しである:03/03/27 12:21
あの兄妹の語彙が豊富なのは、聖書と一緒に漂流(それも典雅荘重なる文語訳)して、
毎日あれを読んで言葉を覚えたから、という解釈を読んだことがある。
同時に、阿刀田高か誰だったかが、『瓶詰の地獄』を評して、「子供があんなに語彙が
豊かなのは不自然だ、欠陥だ」というような批判をしたらしいけど、うろ覚えなんで
知ってる人がいたらフォローおねがい。

160 :吾輩は名無しである:03/03/27 12:59
語彙は別に豊富じゃないよ。
誰の批評か忘れたが、「瓶詰」の批評でそれに反論してるやつがあった。
同じ文章表現を多用してるし、正しくない言葉の使い方もしてるそうな。
普通そういう意味では使わない聖書用語を使ってるとか
>>158
第2の手紙で鉛筆が切れかけてるからな。書いた順番は並び順だという見方ができる。
とオモタ

161 :吾輩は名無しである:03/03/27 13:22
>>157
その解説は筑摩の全集8巻に載ってる。


162 :吾輩は名無しである:03/03/29 17:13
久作の本、古本屋で探しているがなかなかないですね。

163 :吾輩は名無しである:03/03/29 17:34
犯人って誰だったの>ドグマ具

164 :吾輩は名無しである:03/03/29 17:38
正木博士

165 :吾輩は名無しである:03/03/29 22:45
ネタバレ キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

166 :吾輩は名無しである:03/04/01 15:09
「日本探偵小説全集4夢野久作集」と
角川の「人間腸詰」を持ってる。
次は何を読むのが順当?
ちくまの全集はどれがいいかわかんないや。
角川の「あやかしの鼓」でもいいかなと考えてるんだけど。


167 :吾輩は名無しである:03/04/01 15:13
ドグラマグラ読んだ
とりあえず単行本のあの表紙絵はなんとかしてほしい
内容と全く関係ないキモイ絵じゃん


168 :吾輩は名無しである:03/04/01 15:14
★賞金が当たる★彼女が出来る★未成年クリック禁止★
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.pink-angel.jp/betu/linkvp2/linkvp.html

169 :吾輩は名無しである:03/04/01 15:51
ドグラマグラ・・・高校の先生に薦めえられて読んだよ。
面白かったけど生徒にこの本薦めるってどうなんだろう?

170 : :03/04/01 19:19
>>162
俺の学校の近くの古本屋に夢野久作全集全巻ある。
8000円。金くれるなら買っといてあげるよ

171 :吾輩は名無しである:03/04/01 19:19
>>169
生徒に勧めるような本じゃないよなあ…(w

172 :吾輩は名無しである:03/04/14 01:03
今、図書館に行って借りてきた夢野久作の本を読んでいるんだけど
物凄く苦痛だ。

瓶詰の地獄は面白かったが、押絵の奇蹟はどうなの?
現在読んでいる途中なんだけど、ひたすらに辛い。
延々と続く説明が読んでいて苦痛だよ。

アーアア
でも読む。

173 :吾輩は名無しである:03/04/14 13:10
難解や〜
諦めかけ!

174 :吾輩は名無しである:03/04/14 19:01
嶋田久作 

175 :吾輩は名無しである:03/04/14 19:53
ラヴクラフト

176 :山崎渉:03/04/19 23:11
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

177 :吾輩は名無しである:03/04/28 00:05
お兄さま!age

178 :___:03/04/28 00:08
 ( ・∀・)/< こんなのみつけたっち♪ 
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku02.html
http://www.yamazaki.90.kg/zenkaku/index.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku08.html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku10.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku05.html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku03.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku07html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku01.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku06.html
http://yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku04.html
http://www.yamazaki.90.kg/hankaku/hankaku09.html

179 :吾輩は名無しである:03/05/04 21:52
少女地獄がつまらなかった。無駄に長くて。

180 :吾輩は名無しである:03/05/06 18:18
日記は買いでしょうか?

181 :吾輩は名無しである:03/05/16 04:21
街頭から見た新東京の裏面〜東京人の堕落時代を読んでます。
小説のイメージ持ってたせいかこれ読むと久作ってなんだか可愛いとオモタ。

182 :吾輩は名無しである:03/05/16 15:16
ドグラマグラ読んだけど

何故正木博士は執拗に「私」が呉一郎ではない、
真相が解決したらモヨ子と結婚しなきゃいけないとか、言い張り続けたのだろうか・・

読者が「私」が呉一郎ではないんじゃないか?
って思わせるためのミスリーディング?

それとも、親として結婚して欲しかったからか?w








キティガイだから?

183 :吾輩は名無しである:03/05/19 00:28
       ファサァッ!!
         ∧_∧
         ( ・∀・)   <学研M文庫は買ったかい?
         /つ( ̄`ヽO_ノ⌒ヽ
        ノ   )        \ ))
       (__丿\ヽ ::    ノ:::: )
           丿        ,:'  ))
        (( (___,,.;:-−''"´``'‐'

            ∧_∧
            ( ・∀・ ) <ドグラマグラの英訳が読めるぜ。
      パンパン /  _ノ⌒⌒⌒`〜、_
       ε( ̄⊂人 //⌒   ノ  ヽ)
       ⊂ニニニニニニニニニニニニニニ⊃


西原の文章は酷いけどな。


184 :吾輩は名無しである:03/05/24 21:44

「木霊」 いつか鉄道路線で轢死するという妄想を抱く数学教師が実際にその通りになるという、パラノイア入った傑作中篇。



185 :我輩は名無しである:03/05/25 21:28
学研M文庫はいいよ。夢野ファンは買うべし。
「傀儡師」やドグマグの短編バージョン、柱時計
など未発表作多数収録。

186 :吾輩は名無しである:03/05/25 21:56
M文庫、コアな夢野ファンには好評みたいだけど、夢野の入門書と
してはどう?イケるなら買おうと思うんだけど…。

187 :吾輩は名無しである:03/05/26 08:04
>>186
『ドグラ・マグラ』を全部読みたいのなら、
創元推理文庫の『夢野久作集』の方がオススメ。値段もこっちの方が安い。
その代わり、その他の収録作品が「瓶詰の地獄」と「氷の涯」しかない。。。
学研版での西原某の解説と創元版での由良君美の解説は雲泥の差。


188 :186:03/05/26 13:06
>>187
ありがとうございましたー
早速、創元推理文庫版を買ってきます(基本的にドグマグ読めれば
いいんです)。解説が由良君美というのに痺れました。


189 :山崎渉:03/05/28 08:56
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

190 :吾輩は名無しである:03/05/29 23:04
誰か角川文庫版のドグラ・マグラの表紙のAA作ってくれないかな。
股間はもちろん「角川文庫」で隠して。

191 :吾輩は名無しである:03/05/29 23:20
あのイラスト描いた米倉斉加年って
世間では役者としての仕事のほうが有名なのかな?

最近、時代劇板に行くようになったけど
あっちでよく名前を見かける。
大河「花神」で桂小五郎役を好演したってさ。結構、大役だと思うんだけど…。

192 :吾輩は名無しである:03/05/29 23:49
漏れは幼い頃米倉斉加年に抱かれたことがある


らすぃ・・


193 :吾輩は名無しである:03/05/30 00:28
漏れは「絵も描ける役者」って把握してるけどな…>米倉斉加年

194 :吾輩は名無しである:03/05/30 15:27
米倉斉加年は絵本作家としても知られているよね。
『多毛留』が絵本板の「トラウマになった絵本」スレで話題になってて、幼い頃あの表紙だけでもう怖くて、
ページが開けなかった人が多かったらしい。
『多毛留』や夢野久作のシリーズは勿論、絵本『人魚物語』や吉行淳之介のエッセイの挿絵みたいな
不気味な絵の印象が強いけど、『おとなになれなかった弟たちに…』みたいな泣ける作品もある。

195 :吾輩は名無しである:03/05/31 01:06
『ドグラ・マグラ』を一回目読んだときは
「読みにく!読破はしてやるけどもう二度と読まんぞ」
って思ったけどまた最近モーレツに読みたくなってきた。

196 :吾輩は名無しである:03/05/31 10:22
『ドクラ・マグラ』以外にも狂気を扱った短編があるけど、皆さんのお気に入り
はどれですか?
私は「狂人は笑う」の『青ネクタイ』。
「ここ(精神病院)の院長さんが思いがけない親切な方で、トテモトテモ
 頭のいい方だったのよ…」がツボ。

197 :吾輩は名無しである:03/05/31 13:19
>>196
「キチガイ地獄」は良かった。ぜひ実写で見てみたい内容でした。
あと、
狂気に引きずり込まれそうな終わり方をしてる「一足お先に」も好き。

198 :吾輩は名無しである:03/05/31 13:40
>>197
「キチガイ地獄」や「崑崙茶」を読んでると、「カリガリ博士」を思い出しますね。

199 :吾輩は名無しである:03/05/31 16:09
狂気を扱った作品は終わりのほうになるとカタカナ文字がどんどん
増えてきて、狂っていく感じがトテモよくでてます。

200 :吾輩は名無しである:03/05/31 21:28
「猟奇歌」を読んで自分自身を小説の主人公にすべし。

201 :吾輩は名無しである:03/05/31 23:07
>198
川端スレで挙がってた、「ドグラ・マグラ」クラスの衝撃があるという無声映画も
見てみたいな。

428 :吾輩は名無しである :03/05/30 18:26
川端が脚本を書いた無声映画『狂った一頁』(監督・衣笠貞之助)観た人いる?

430 :428 :03/05/30 19:05
俺の場合京都の文化博物館で観たんだけど、あまりに強烈な映像だったんで、
一瞬にして”狂人中毒”になってしまった。
その後海外通販でビデオを購入し、お世話になった事のある精神科の先生に
見せたら、その先生から「久作のドグラ・マグラを初めて読了した時と同じ
衝撃を得た」との賛辞を貰った。
精神科医ですら度肝を抜かされたのだから、かなりキてる映画であることは事実。
『新感覚派映画』と銘打ってあるのも頷ける。


202 :吾輩は名無しである:03/05/31 23:47
スマソ…このスレの196と198と川端スレの428は全部俺です…。

「狂った一頁」のスチールは、ココ↓で見られるよ。
 ttp://www2.net-kochi.gr.jp/~kenbunka/museum/meisaku/1page.htm
 ttp://www.midnighteye.com/features/silentfilm_pt1.shtml

203 :吾輩は名無しである:03/05/31 23:57
>196
「キチガイ地獄」の実写って
延々と(メール欄)?
それとも普通のドラマにしておいて、ナレーションが(メール欄)?

204 :吾輩は名無しである:03/06/01 00:37
>202
スチール、サンキュー。
上の写真の怪しさが良い感じなので、ぜひ見てみようと思います。

川端で狂気を扱った作品だと「掌の小説」中の「滝」とかですかねー。
「狂言ときめてしまっては、小説もおしまいだね。」
のセリフにしびれた。

205 :吾輩は名無しである:03/06/06 21:10
俺的ベスト3

1 犬神博士・・・ワクワクハラハラドキドキ
2 氷の涯・・・読み終わった時のため息が一番深かった
3 人間腸詰・・・じゃぱんがばめんふぉるもさううろんち

友人に話してもあまり賛同してもらえないけどね。

206 :吾輩は名無しである:03/06/07 18:47
>>205
 もまえの中でベストならそれでいいじゃないか。他者にとっては、
 もまえに強要する気がなくとも、強要されているように感じると
 思われ。

207 :吾輩は名無しである:03/06/13 13:46
「胎児よ胎児よなぜ踊る
山本の心がわかって恐ろしいのか」

208 :吾輩は名無しである:03/06/18 19:55
押絵の奇跡だけはどうもいただけない、
好きな香具師いるか?

209 :吾輩は名無しである:03/06/18 21:43
>208
読んでいる最中は、無駄に長いところが嫌だった。
妄想系(?)の書簡体小説なら、短い方が好きなので。
同じ夢野の「瓶詰地獄」とか、芥川の「二つの手紙」とかみたいな作品な。

でも、「押絵の奇蹟」でこの長くて電波系の手紙を貰った役者は
さぞかしウザくて不気味だったろうなと考えれば
長さも仕方がないと今では思える。

210 :吾輩は名無しである:03/06/22 17:50
学研M文庫のは良かったけど、
偏っていてこのみではなかった

211 :吾輩は名無しである:03/06/30 23:49
押し絵の奇跡は江戸川乱歩大絶賛。

212 :吾輩は名無しである:03/07/05 21:03
>211
新しい工夫はないが、それでも面白ものは面白いんだよ!!
みたいな褒め方でしたね。

もし久作が、乱歩の「人間椅子」と同じ題材で作品を書いていたら、
とか考えてしまった。
久作だったら、ラストのあからさまなオチは削除しそう…。

213 :吾輩は名無しである:03/07/07 23:09
しかも実はファンの手紙自体が主人公の妄想だったと。

214 :吾輩は名無しである:03/07/09 07:55
>213 ウマイ!久作っぽいね。

215 :山崎 渉:03/07/15 09:18

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

216 :吾輩は名無しである:03/07/16 15:30
骸骨の〜なんとかという話で
水平社と揉め事になったというのは本当?

217 :吾輩は名無しである:03/07/17 06:50
女性の一人称で書いた小説がやたら上手く思います。押し絵の奇跡とか。狂人は笑うの青ネクタイとか。
後、少女地獄の姫野ゆりこなんかも女子高のクラスに居た目立ちたい嘘つきキャラクターだし、少女の心境が分かる男性
作家、女性の一人称が気持ち悪い位に書ける男性作家ってどうなんですか?
外見男で中身は女?でも、猟奇歌集なんか見ているとやっぱりおたくな男って感じがするし、
みなさんは夢野久作ってどんな人だったと捕らえているのですか?

218 :吾輩は名無しである:03/07/17 10:29
若林みたいな人。

219 :吾輩は名無しである:03/07/17 13:52
ちなみに姫草

220 :吾輩は名無しである:03/07/18 03:51
>217 当時の探偵小説で、女性一人称語りがうまいのは久作に限らないのでは?
江戸川乱歩の「ひとでなしの恋」なんかも女性の語りが絶品だし。
他にもそういう作品がけっこうあると思います。
 少女の心境が分かるというか、その少女にしてもやっぱり男性が想像する少女像じゃないかと
私は読んでいて感じましたが…。

とマジレスしてみる。

221 :吾輩は名無しである:03/07/18 13:03
あんなイカれた女の人、会ったことないからわからん。
ちなみにカタカナでしゃべる奴も俺の周りにはいない。
でもどんな感じかわかるよな。きゆさくのそこがすげえ。

222 :217:03/07/23 07:11

 なるほど、ありがとうございます。


223 :吾輩は名無しである:03/07/28 22:14
やっぱカタカナの使い方が絶妙だと思うのです。

あと、アバズレ女の描き方も絶妙だと思うのです。

224 :吾輩は名無しである:03/08/03 13:01
悪魔祈祷書良かったよー
今読み終わったんだけどw

古本屋行ってこよ。
ってブックオフじゃあ泣ける。


225 :吾輩は名無しである:03/08/03 19:09
アワアワアワアワアワアワアワアワアワアワエベエベエベエベエベエベエベエベエベエベ

226 :吾輩は名無しである:03/08/05 02:14
>>223
俺は久作の作品を読んでから所々に片かなを使うようにナッタヨ

227 :吾輩は名無しである:03/08/09 21:16
昨夜、ドグラマグラ完読。
かなり良かったけど、読者を突き放すようではっきりしない部分が多々・・・。
しかもそれを考え出すと頭痛くなってくる・・・。
最後の{メール欄}には思わず感動。そうきたかぁ。

228 :山崎 渉:03/08/15 10:37
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

229 :吾輩は名無しである:03/08/18 00:00
ドグラマグラ買って読もうと思ったんですけれど、解説に
「読むと一度は精神に異常をきたす」旨のことが書いてあって
おののいてしまったんですけど、読んでも大丈夫ですかね?
皆さん読後感はどうでした?

230 :吾輩は名無しである:03/08/18 00:25
>>229
その解説は、例の角川のヤツですね。
俺の読後感は・・・

キィキィキィキィ カヤカヤカヤカヤカヤ・・・

231 :吾輩は名無しである:03/08/18 08:19
>>229
永遠のパラノイア


232 :吾輩は名無しである:03/08/25 17:37

        アァァアァ〜〜ン♪
     \\  基地外地獄じゃ!! //
 +   + \\ 基地外ワッショイ!!/+
                                +
.   +    /■\   /■\    /■\  +
      ( ´∀`∩(´∀`∩)( ´∀`)
 +  (( (つ キ印ノ(つキ印 丿 (つキ印 つ))  +
        ヽ( ノ ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)







233 :吾輩は名無しである:03/08/29 19:12
ドグラ・マグラ
電車の中で上巻を読んでいた時、キチガイ地獄外道祭文のテンポの良さに思わず小さく口ずさんでしまった。
嗚呼、キチガイ。

234 :吾輩は名無しである:03/08/29 20:54
・・・・・・・・・・・・ブウウ―――――ンンン―――――ンンンン・・・・・・・・・・・・・・・。

235 :吾輩は名無しである:03/09/04 01:29
夢野久作読んだら
久生十蘭読まなきゃならんよな
「湖畔」絶品


236 :吾輩は名無しである:03/09/06 19:59
あげ

237 :吾輩は名無しである:03/09/06 20:12
久生十蘭なら「海豹島」が好きだな。
「母子像」は吉田健一が英訳してヘラルド・トリビューンの一等を獲った。
怪奇マニアだけに読ませておくのはもったいない。

238 :吾輩は名無しである:03/09/06 20:16
「キャラコさん」もいいよ。十蘭。


239 :吾輩は名無しである:03/09/06 20:16
骨仏が好きだぉっ♪♪

240 :吾輩は名無しである:03/09/06 20:31
ちくま文庫じゃ雰囲気出ねぇんだよな、十蘭。
やっぱ創元社の文庫。本棚で浮きまくる背表紙w

241 :吾輩は名無しである:03/09/07 20:13
お人形さんの背表紙?

242 :吾輩は名無しである:03/09/08 10:16
短編で、船乗りの話が多くないか?
題名忘れちゃって出せなくて申し訳ないが。


243 :吾輩は名無しである:03/09/08 21:16
難船小僧とか

244 :吾輩は名無しである:03/09/09 13:02
推進器と幽霊とか

245 :吾輩は名無しである:03/09/13 23:10
『微笑』が好きな人っている?
国書刊行会の幻想文学集成で初めて読んだんだけど、人形をメチャクチャに解体
してゆく描写が、ハンス・ベルメールの人形の写真や、所謂「生き人形」(堀佳子
とか)の妖艶な魅力とダブった。

246 :吾輩は名無しである:03/09/14 15:57
月並みだが『氷の涯』が好きだ。美しすぎる。
チャカポコチャカポコアンポンタンポカンを書いたのと同じ人とは思えない。

247 :吾輩は名無しである:03/09/14 16:31




(あのう・・・それで・・・ドグラマグラの作中は・・・10月20日なんですか・・・11月20日なんですか・・・それとも・・・)





248 :吾輩は名無しである:03/09/14 18:09
>>247
日付などに囚われる小説ではありませんよ

249 :吾輩は名無しである:03/09/14 19:42





(いや・・・どれにしても齟齬というか矛盾があるので・・・気になった・・・囚われないとするなら・・・きちんと書いてほしい・・・)






250 :吾輩は名無しである:03/09/16 14:27
>>249
君自身の存在や言説は矛盾を孕んでないのかい?
呉のエクリチュールとしての「ドグラマグラ」として
再読してみると、その矛盾は解決しないかい。
あるいは矛盾とは何かという処まで行ってしまうかも。


251 :吾輩は名無しである:03/09/16 17:05
>>249
 君は、幻惑されてないようだね。

252 :吾輩は名無しである:03/09/19 13:22
ドグラマグラ読了しますた。後半一気によんじゃった。引き込まれるね。
現実的に起こったことを整理してみようとすると絶対疑問が残りますが皆さんはどう考えてますか?
そういう読み方をする小説じゃないのかもしれませんけど…
再帰的な構造がウツクスィと思いますた。


253 :吾輩は名無しである:03/09/19 23:15
>>252
 解毒剤に「黒死館殺人事件」か「虚無への供物」でも読みませう。

254 :吾輩は名無しである:03/09/20 11:47
虚無への供物は、物語の構造としてはさほど興味を惹かれなかったが
女探偵のDQNっぷりがもう愉快で仕方ない

また、読後、伝染してくる透明で、仄あたたかい軽薄さ

道徳でも、倫理でもなく
この軽薄さをもってしか人は生きられないのだ。

そしてこの事件は軽薄さを拭い取ろうとするその刹那に出産され
生長していったのだと思う。

と、感想ですた。
講談社文庫だと1000円くらいで買えるよん。


255 :_:03/09/20 11:51
http://mona.h.fc2.com/

256 :吾輩は名無しである:03/10/14 10:34
age

257 :吾輩は名無しである:03/10/14 12:04
夢野好きなミュージシャンは十中八九キモイ。

258 :吾輩は名無しである:03/10/14 12:49
>>257
 で?

259 :吾輩は名無しである:03/10/14 17:04
元ヒカシューの戸辺哲の『ヒカシュー』というデビューアルバムでの
プロフィールに、愛読書が夢野久作全集とあった。
それを見て私は、夢野久作に興味をもち、読み始めました。

260 :吾輩は名無しである:03/10/14 23:19
>>259
そんな歌手聞いたこともない

261 :吾輩は名無しである:03/10/18 17:27
>260
若いのぉ・・・

262 :吾輩は名無しである:03/10/20 03:45
ドグラマグラ前半終了したけど
あそこに流れている空気というか正木先生のかんじというかが
前に通ってた塾の先生のまんまなんだよね…
「アンポンタン・ポカン君」とか言うところとか。
授業も常軌を逸してるし(急に叫びだしたり歌いだしたり)
始めて授業受けた人は狂った人だと思う。受けて行くうちに慣れるんだけど。

263 :吾輩は名無しである:03/10/23 18:51
角川ホラー文庫やちくま文庫では「瓶詰地獄」だけど、昔の角川文庫(米倉斉加年・表紙)
などでは「瓶詰の地獄」なんだよね。一体何故……。

264 :吾輩は名無しである:03/10/23 18:54
このスレが立って、一年以上経つのかよ!

265 :吾輩は名無しである:03/10/24 22:11
瓶詰地獄の順番
第三→第一→第二

266 :火烏 ◆lXZBPVO3GQ :03/10/25 09:37
ドグラマグラって結局壮大な夢オチだよね。
で、それなのに夢の中でその『夢オチ』が解明されている、っていう。

267 :吾輩は名無しである:03/10/25 18:26
>>253
ソレはどの御本で読めますか?

268 :吾輩は名無しである:03/10/25 23:55
ドグラマグラって幾重にもメタレベルで語られ、時間軸も前後してるから把握できないけど、
やっぱり壮大な目くらまし小説として一大傑作ですね。
短編のほうができはいいけど。「童貞」「木霊」「いなかのじけん」この辺最高。

269 :拙者は名無しでござる:03/10/26 00:00
「木霊」「いなか、の、じけん」いいでござる。

270 :吾輩は名無しである:03/10/26 10:55
>>265
根拠は?
第二の手紙で「鉛筆が残り少ない」とあるから?

271 :吾輩は名無しである:03/10/26 15:26
>>267
 小栗虫太郎『黒死館殺人事件』
 中井英夫『虚無への供物』講談社文庫

272 :吾輩は名無しである:03/10/29 18:59
図書館で『髪切虫』の朗読ビデオを借りた。
ラストの一文は相変わらずキているが、何より戸川純の舌ったらずな朗読が
たまらん。
見たことのある人いる?

ギチギチギチギチギイギイギイギイカヤカヤカヤカヤ

273 :吾輩は名無しである:03/10/31 14:38
>>1の妹のモヨ子です。
……お兄さま。とうとう見つけたわ。
ネエ、お兄さま、最近妾のこと避けていない?
昔はよく一緒に遊んだり、TV見たり、お風呂に入ったりしたのに、
最近は学校から帰るとすぐに出かけるか、部屋にこもっちゃうのよね。
チャントお喋りしたのって、モウいつのことだか忘れちゃったわ。
お兄さま……。妾、ズットお兄さまのこと見てたわ。
勉強してるときも、友達と居るときも、いつでもお兄さまのことが頭から離れなかったわ。
でも、いくらニブいお兄さまでも、ヤット妾の気持ちに気づいていてくれたのか知ら?
だから最近避けてるのか知ら?
でも、ダメ。逢えないほど、お喋り出来ないほど、私の想いは募ってしまうの。
モウ、妾、我慢できない。
だから、悪い子だってわかってるのだけど、お兄さまの部屋、黙って入っちゃったわ。
お兄さま、何時も独りでパソコンに向かってたわね。
パソコンに残ってたデータを見て、妾ショックだったわ。
お兄さまも苦しんでいたのね・・・つらかったのね。
わざと滅茶苦茶なスレッドを立てて、他のみんなと喧嘩して、
フラストレエションを発散さしていたんだってわかって、妾、涙が止まらなくなったわ。
お兄さま。無理しなくていいの。我慢しなくて良くてよ。
妾、モウ心の準備は出来ていてよ。
16年前、お兄さまの妹に生まれてから、ズットお兄さまのことが好きだったんだから。
お兄さま。学校から帰ってきて、この書き込みを読んだら、妾の部屋に来て。
妾、今日はもうお兄さまと離れていたくないの。
だから………お願い………

死んで頂戴。

274 :吾輩は名無しである:03/10/31 21:17
>>272
NHKBSで見たよ。何年前だったかな。

275 :吾輩は名無しである:03/10/31 22:04
夢野って文学板でやる作家か?

276 :吾輩は名無しである:03/10/31 22:14
>>275
何の問題がある?

277 :吾輩は名無しである:03/10/31 23:03
だって文学じゃないじゃん
いや、〜〜は文学か?って良くある煽りじゃなくてさ、
ジャンルがそもそも違うだろ
夢野も文学と思って書いてた訳じゃないと思うんだが。もちろん私見だけど

まぁ、全然問題ないけど、話のネタになるべ

夢野って文学だと思う?もっと哲学よりだと思うんだが
っつーか思いっきり哲学だろ
もしくは脳化学だかなんだか知らんけどその辺

278 :吾輩は名無しである:03/10/31 23:33
>>277
それはドグラマグラの印象が強すぎるからじゃない?
短編はそうでもないと思うけど

279 :吾輩は名無しである:03/11/01 12:20
>>277
>夢野って文学だと思う?もっと哲学よりだと思うんだが
>っつーか思いっきり哲学だろ

では埴谷雄高は文学ではないと。
実存主義文学はすべて板違いで哲板逝けと。

そうおっしゃりたいんですか?

280 :吾輩は名無しである:03/11/01 13:40
ミステリ板の久作スレと掛け持ちしいます…。
あっちの方がスレの伸びは断然よいみたいだが。

本格、新本格ばかり読んでた自分からみたら、
久作は(ミステリよりも)文学寄りに位置する作家という印象だ。

281 :吾輩は名無しである:03/11/02 04:49
>>279
話の種って書いてるじゃないか。
夢野久作がどうかについてだろ。
そんな噛み付こうとするなよ、気違いみたいだぞ。

282 :吾輩は名無しである:03/11/02 06:04
ミステリとしてはトリックが弱いし、文学としても内容が薄い
文学派ぶりたいミステリ読者限定しかたのしめない

283 :吾輩は名無しである:03/11/02 06:37
糞スレあげないようにね

284 :吾輩は名無しである:03/11/02 06:46
つか、
ちょっと文学派ぶりたい香具師が叩くには格好の存在=夢野

285 :吾輩は名無しである:03/11/03 19:20
文学なんて存在しないよ。
ドグラマグラは社会風刺としてだけでも一級品だね。

286 :吾輩は名無しである:03/11/04 20:10
広義の文学は哲学をも内包する、

と聞いた風なことを言ってみる。

287 :吾輩は名無しである:03/11/04 23:27
ところで、小説の形式の芸術と文学って=じゃないよね?

夢野と関係ないけど

288 :吾輩は名無しである:03/11/04 23:46
↑?

289 :287:03/11/04 23:47
文学ではない小説にも芸術作品と呼べるものは星の数ほどあるだろ、ってことです

290 :吾輩は名無しである:03/11/04 23:54
というか文学ではない小説って? 「純文学ではない大衆小説にも」ということですか?

291 :287:03/11/05 00:31
そーです

292 :287:03/11/05 00:32
いや、2chで文学と扱われていない中にも、ってことです

293 :吾輩は名無しである:03/11/05 00:34
了解

294 :吾輩は名無しである:03/11/05 00:40
絵画の例えで悪いんだけど
モネが小説家だったら文学とは思われないと思うし、
反対にゴヤは・・・思われるかも知れない

もしそうだとしたら、何でですかね?

295 :吾輩は名無しである:03/11/05 02:17
ミメーシスがあるか否か、です。

296 :吾輩は名無しである:03/11/05 02:35
>>295
それはモネにミメーシスがない、ということですか?
文学と、芸術ではあるが文学でない小説との違いということですか?

まったく賛成できないけど、もう少し説明してくださいな

297 :吾輩は名無しである:03/11/05 15:43
age

298 :吾輩は名無しである:03/11/08 19:23
はげ

299 :吾輩は名無しである:03/11/09 21:18
「ドグラマグラ」しか読んだことなかったけど、
最近「氷の涯」読んでちょっと感動しちまった。
ドグラ〜より良かったな。

300 :吾輩は名無しである:03/11/11 08:58
こんな板で「300げっと!」とかやらないでくれるかな。たまにこのスレに来る男より

301 :吾輩は名無しである:03/11/15 00:40
じゃぱん がばめん ふぉるもさ ううろんち わんかぷ てんせんす かみんかみん

302 :吾輩は名無しである:03/11/15 01:23
オームシッコ

303 :吾輩は名無しである:03/11/15 01:48
ノスタレ爺

304 :吾輩は名無しである:03/11/15 22:55
蟻と蝿

305 :吾輩は名無しである:03/11/16 01:32
>>299
私も『氷の涯』よんで、あ〜夢野久作すごい!と思いました。
『ドグラマグラ』も面白いけど、あの一気に読ませる展開と、
読後に味わう妙なすっきり感と興奮が、この人ほんとうに
力量のある人だ、と思わせるというか(←なんか新進作家に
対するコメントみたいだなあ…)。

306 :吾輩は名無しである:03/11/23 18:53
書簡体得意な作家って珍しいよね。

307 :吾輩は名無しである:03/12/06 18:15
久作の作品を「にほんごであそぼ」で取り上げてくれないかな。
じゃぱん がばめん ふぉるもさ… とか。

308 :吾輩は名無しである:03/12/06 18:19
>307
いいね。

しかし、あの番組、斎藤孝かなんかが監修だから、
可能性は低いかも。

309 :吾輩は名無しである:03/12/07 00:34
あの番組を見ていたら頭がわいんわいんってなるねw

310 :吾輩は名無しである:03/12/14 04:54
久作先生、はやく新作を書いてください

311 :吾輩は名無しである:03/12/15 23:17
>>310
残念、今世紀中には新作は出ないみたい。

312 :吾輩は名無しである:03/12/18 12:32
「ドグラ・マグラ」を最初に読んだときは、自分自身が
主人公になったような気分にさせられて、クラクラした。
三回目になってようやく一応の全体像がつかめたような。
でも、たぶんもう一回読んだら、またクラっとしそう。

そういえば、久作関連の本で
山本巌『夢野久作の場所』葦書房
が結構手軽で面白かった。図書館にあったら是非。


313 :吾輩は名無しである:03/12/21 16:29
祖先の記憶てモンは残るんですね

314 :吾輩は名無しである:03/12/30 18:52
age

315 :吾輩は名無しである:03/12/30 22:42
ずいぶん青空文庫に入ってるんだな

http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person96.html

316 :吾輩は名無しである:04/01/02 01:22
『猟奇歌』発表した時に、この人(久作)精神病院に連れて行かれたなんてないですよねえ?
異常でしょ。コレ。大好きだけど。

317 :吾輩は名無しである:04/01/03 04:42
>>310 >>311
久作先生にはお子さんやお孫さんはいらっしゃったのですか?
子孫の方の中で「ドグラマグラ」を読んで突然久作さんの
人格が復活して作品を書く人が出て来るかも。

318 :吾輩は名無しである:04/01/03 04:56
猟奇歌をWEBで読むならここがいちばんお気に入り。
夜中に部屋の明かりを消して、いざクリッククリック!
http://www.kjps.net/user/tatsuki_k/q/refukiuta/refukiuta.html

319 :吾輩は名無しである:04/01/03 06:09
映画見た。なるほど・・・

320 :吾輩は名無しである:04/01/14 00:42
卒論久作で書くことにしました。

321 : :04/01/21 17:43
ドグラ読了した

322 :吾輩は名無しである:04/01/25 23:39
>>321
で、どうだった?

323 :吾輩は名無しである:04/01/31 12:43
返事がないね…>>321は壊れちゃったかな

324 :吾輩は名無しである:04/02/03 23:20
エンドレスになってるんでしょうか

325 :吾輩は名無しである:04/02/16 00:34
名前がかわってるよな
モヨ子って…

326 :吾輩は名無しである:04/02/21 22:24
保守カキコ

327 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:44
「犬神博士」ってどーよ?

328 :吾輩は名無しである:04/02/22 00:56
チーちゃんだっけ、あの女の子(男の子?)の名前。
かつての「いなかのじけん」を思い出す。

329 :もよこ:04/02/25 22:22
先日、好きな人にドグラ・マグラをプレゼントしたのですが、暫らく連絡が途絶えがちです。
ハマりだしたから連絡が無いのか、それとも嫌われたのか…少しヘコんでます。

330 :吾輩は名無しである:04/02/25 22:44
知り合いにこの人の短編を進められたんですが
オススメの文庫版を教えていただけないでしょうか?

331 :吾輩は名無しである:04/02/25 23:05
角川の少女地獄デモ買ってみるのは如何かしら…?
エエ、でも青空にも結構ある様ですから……
タダで読みたいのでしたらそちらオススメしますわ。

332 :吾輩は名無しである:04/03/10 09:09
『ドグラ・マグラ』好きの人の中には
「俺はこんな奇書を愛読してるんだ!!」ってな
自分酔いをしてる人が結構いそうな悪寒。
ミステリ板の久作スレ見て思った。

333 :吾輩は名無しである:04/03/10 11:15
「木魂」の心理描写って凄いな。

334 :吾輩は名無しである:04/03/10 11:29
おれはクソ長編マンセー派。あのダラダラ感が好きなんだよ。
ツマンネーと思いながら駄文を読みつづけるあのいやらしさ。
ブス相手の義理セクース。ドグラ・マグラはそんな俺に快楽を
与えてくれたよ。
短編なんて風俗嬢の手コキだろ。気持ちはいいがな。

335 :吾輩は名無しである:04/03/10 12:41
「ドグラマグラ」の映画は物足りなかったなあ。「ユメノ銀河」も。
石井輝男と中川信夫とデビッド・リンチにオムニバスをと脳内妄想。


336 :吾輩は名無しである:04/03/10 20:34
松本俊夫ファンでドグラ・マグラに興味を持ったので
物足りなさはなかったな。
まあでも小説の方が面白いけどね。

337 :吾輩は名無しである:04/03/10 22:05
>>336
いやー薔薇の葬列と比べたらおもしろくないだろー。
あれーと思ったよ。壊し方が違うよなーというか。

338 :吾輩は名無しである:04/03/12 16:56
>>333
あの路線で長編書いてたら面白かったかもな。

339 :吾輩は名無しである:04/03/14 14:34
映画のドグラマグラ、ずっとみたかった。DVDでみた。

個人的には、すごくよかった。

340 :吾輩は名無しである:04/03/14 14:53
今頃になって映画ですか。何年前だよあれ。

341 :吾輩は名無しである:04/03/14 16:46
みんながみんなおまいみたいなオッサンでは無いのですよ
DVD化されてはじめて見る人も少なくないだろう

個人的には、すごくイマイチだったけど。

342 :吾輩は名無しである:04/03/15 01:07
しかし「白菊」は何を言いたい作品なのか疑問。

夢野は九州出身なので、どうも北の果北海道に妙な思い入れがあるようだな。
山の中にあんな洋館などあるわけない、と言いたい。

343 :吾輩は名無しである:04/03/15 01:41
黒龍会と玄洋社

344 :吾輩は名無しである:04/03/15 02:14
「犬神博士」の冒頭、旅芸人の生活風景描写はいいね。この作品が未完なのは
返す返すも残念!
俺もチイちゃんのアネサンマチマチ踊り見たい!

345 :吾輩は名無しである:04/03/17 22:19
ホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホホ…

346 :吾輩は名無しである:04/03/18 17:20
『ドグラマグラ』の「私」は「呉一郎」じゃないのか?
状況証拠はほぼ完璧に揃ってるし、両博士そのものが「私」の
妄想の産物でもない限りは疑う理由もなさそうに思うんだが・・・
前に同じこと知り合いに話すと思い切り馬鹿にされたんだよね。

347 :吾輩は名無しである:04/03/19 12:30
ドグラマグラ、厨房のころ、読もうとしたけど馬鹿だったのかなんなのか
4分の1くらい読んでわけわかんなくて読みにくくて結局それから読まなかった。
すごく気にはなるんだけど、うーん。もう一度読んでみるかな。。

348 :吾輩は名無しである:04/03/19 15:07
当たり前のことだけど狂人の一人称で語られてるんだから
どこまでが幻覚や妄想かとかは分からないっしょ。

349 :吾輩は名無しである:04/03/24 22:58
a

350 :吾輩は名無しである:04/03/24 23:31
シナ式だよ、きみ・・・・・

351 :吾輩は名無しである:04/03/25 01:48
今更ながら学研M文庫の「ドグラマグラ幻戯」購入。
「キチガイ地獄」や「一足お先に」みたいな
入手容易な作品とか、ドグマグ伝奇十景色とか載せるくらいなら
「黒白」掲載の初期作品をもっと載せるとか、「ドグラ・マグラの夢」や
「磯辺偶渉」の他の部分も載せるとか、西原や東のドグマグ論載せるとか
して欲しかった気分。映画脚本もイラネ。

352 :吾輩は名無しである:04/04/05 12:22
一番最後意味が少しわからなかった。




353 :吾輩は名無しである:04/04/15 14:21
折口信夫の死者の書って冒頭ドグラ・マグラの影響ですか?それとも逆ですか?
それとも関係ないですか?

354 :吾輩は名無しである:04/04/25 06:36
ひげ

355 :吾輩は名無しである:04/04/25 20:10
スカラカ チャカポコ

356 :吾輩は名無しである:04/04/29 21:59
「童貞」と「焦点を合わせる」の意味が分からん。
「童貞」の最後は何なの?何ゲロ吐いてんの?

357 :吾輩は名無しである:04/04/29 22:38
>>356
口の中が血だらけだったから

358 :アンポンタンポカン君:04/04/30 18:12
「オイ。ポカン君・・・」と呼ぶと、ビックリしたように振り返る横顔が
タマラなく可愛いよ。

359 :吾輩は名無しである:04/04/30 19:15
キチガイ地獄読みました。
ステキでした。

360 :吾輩は名無しである:04/05/07 01:21
押絵の奇跡って電波ファンの戯言だったん?ひどいや

361 :吾輩は名無しである:04/05/09 14:34
>>339
DVDでたの?
以前ビデオテープダビングしたけど、DVDあるなら欲しいなぁ(*´д`)

65 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)