5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【独歩】山頭火を味ふ【独酒】

1 :吾輩は名無しである:02/08/10 12:02
「歩かない日はさみしい、飲まない日はさみしい、作らない日はさみしい、
ひとりでゐることはさみしいけれど、ひとりで歩き、ひとりで飲み、
ひとりで作つてゐることはさみしくない」

スレタイには書かなかったけれど、尾崎放哉もついでに語っちゃってくださいませ。

2 :山頭火年表:02/08/10 12:03
明治15年(1882)   父・竹治郎、母・フサの長男として生まれる。家は大地主。
明治25年(1892)10歳 母・フサが自宅の井戸に投身自殺。終生のトラウマに。
→原因は夫の女遊びか。父・竹治郎は女遊びをやめず家運しだいに傾く。
明治35年(1902)20歳 早稲田大学文学部に入学。チェーホフ等ロシア文学にはまる。
明治37年(1904)22歳 早稲田大学を神経衰弱のため退学し帰郷。お酒は大好き・・・
明治39年(1906)24歳 実家が種田酒造業を開業。山頭火は無関心で文学に没頭。
明治37年(1909)27歳 無理やり結婚させられる。お相手のサキノさんはかなりの美人。
→ろくに働きもせず、かといって家庭を顧みるでもなく、酒と文学三昧。おいおい。

明治38年(1910)28歳 長男の健くん出生。余談だが彼は堅実な人生を送る。
大正2年(1913)31歳 荻原井泉水に師事し、その主宰誌「層雲」に俳句を投稿。
大正5年(1916)34歳 父は女遊び、山頭火は酒と文学、当然の如く種田家破産。
→山頭火は妻子を連れて熊本へ。妻の実家からの援助で古書店をはじめる。
大正7年(1918)36歳 弟の二郎が故郷・山口県の山中で首つり自殺。けがれた血筋。
大正8年(1919)37歳 自分には文学しかないと思い込み、文学立身を志し単身上京。
大正9年(1920)38歳 妻の実家の計らいで、戸籍上は妻サキノと離婚。
→サキノと離婚後もちゃっかり同棲したり店の金で飲んだりとやりたい放題・・・

大正13年(1924)42歳 酔っ払って電車のまえで通せんぼ。急停車させる。
大正14年(1925)43歳 このままではいかん!と出家してお坊さんに。堂守になる。
大正15年(1926)44歳 すべてを棄てて乞食坊主としての放浪を始める。九州、四国。
→この後、旅に疲れたらサキノの家へ。酒で失敗してまた放浪の繰り返し。
昭和5年(1930)48歳 これが最後とまた放浪の旅へ。以降、綿密な日記が残存。
昭和7年(1932)50歳 山口県の廃屋に独居。「其中庵」(ごちゅうあん)と名づける。
→収入はゼロ。乞食をするか句友にせびるか、それでもダメならサキノに泣きつく。

昭和10年(1935)53歳 何度目かの自殺未遂。薬物を使用。死ねずまた放浪の旅。
→各地の「層雲」同人と飲めや歌えやの大騒ぎ。お小遣いをもらったら移動。
昭和12年(1937)55歳 なぜか突然に材木商店に就職するも5日で逃げ出す。
→同年、泥酔無線飲食で逮捕されるも、これが最後と友人に泣きつきお咎めはなし。
昭和14年(1939)57歳 死に場所を求めて四国へ旅立つ。その後「一草庵」に独居。
昭和15年(1940)58歳 一代句集「草木塔」を刊行。迷惑をかけた各地の句友に配る。
→酒浸り生活の後、10月、脳溢血から心臓麻痺に至り、念願の「ころり往生」を果たす。


3 :山頭火ブックガイド:02/08/10 12:03
【句集】
『山頭火句集』(村上護編・ちくま文庫)>スタンダード。まずこれを。絵がかわいい。
『はぐれ雲 山頭火』(小学館文庫)>新刊。きれいな写真と代表句を併載。
『山頭火大全』(講談社)>名句も駄句も山頭火の全俳句を一挙に掲載。編集に難。
『山頭火文庫全13冊』(春陽堂)>句集と日記を文庫で編集。文庫だから安くていい。
『山頭火随筆集』(講談社文芸文庫)>俳句、随筆、日記から少しずつ。中途半端。
『風呂で読む 山頭火』(世界思想社)>温泉をこよなく愛した山頭火の俳句を風呂で。

【研究本】
『新潮日本文学アルバム 種田山頭火』>酒を呑む山頭火の幸せそうな顔といったら。
『放浪の俳人 山頭火』(村上護・人物文庫)>バイブルだが多少「若書き」が見られる。
『山頭火』(石寒太・文春文庫)>放哉と山頭火の比較あり。全体的に観照が甘い。
『放浪行乞 山頭火120句』(金子兜太・集英社文庫)>距離を置いた視点が秀逸。
『俳人山頭火の生涯』(大山澄太・彌生書房)>山頭火の清濁の「清」しか見ようとしない。
『山頭火の妻』(山田啓代・読売新聞社)>女の立場から敢然と山頭火の「濁」を見通す。

【関連本】
『禅とは何か』(鈴木大拙・角川文庫)>欲望にまみれた山頭火は句の上でのみ禅境へ。
『決定版尾崎放哉全句集』(春秋社)>山頭火も思慕した同時代の自由律俳人。
『駅からお気軽ハイキング東西95コース』(小学館文庫)>山を歩いて山頭火を味ふ。


4 :山頭火の代表句:02/08/10 12:04
というか>>1が好きな句かもしれません。

「分け入つても分け入つても青い山」
「へうへうとして水を味ふ」
「どうしようもない私が歩いてゐる」
「捨てきれない荷物のおもさまへうしろ」
「うしろすがたのしぐれてゆくか」
「日ざかりのお地蔵さまの顔がにこにこ」
「一つもいで御飯にしよう」
「ここにかうしてわたしおいてゐる冬夜」
「しんみり雪ふる小鳥の愛情」
「ふくろうはふくろうでわたしはわたしでねむれない」
「生えて伸びて咲いてゐる幸福」
「蜘蛛は網張る私は私を肯定する」
「なんぼう考へてもおんなじことの落葉ふみあるく」
「どこからともなく散つてくる木の葉の感傷」
「空へ若竹のなやみなし」
「何を求める風の中ゆく」
「みんなかへる家はあるゆふべのゆきき」
「わたしと生れたことが秋ふかうなるわたし」
「風の中おのれを責めつつ歩く」
「また一日がをはるとしてすこし夕焼けて」
「むしあつく生きものが生きものの中に」
「炎天のレールまつすぐ」
「もりもりもりあがる雲へ歩む」


5 :吾輩は名無しである:02/08/10 12:06
>>1
ひとりでやってろ、バーカ

6 :吾輩は名無しである:02/08/10 12:18
>5は山頭火

7 :吾輩は名無しである:02/08/10 12:46
誠に申し訳ございませんが、このスレは1が自己顕示欲を満足させる
ことだけを目的として立てられたものです。
従いまして1以外のかたのカキコは堅くお断りいたします。

8 :吾輩は名無しである:02/08/10 14:28
西田敏行とか北村和夫とか色んな人が山頭火を演ってるけど、
いまキャスティングするとしたら篤郎かなあという気がする。

9 :吾輩は名無しである:02/08/10 14:31

誠に申し訳ございませんが、このスレは1が自己顕示欲を満足させる
ことだけを目的として立てられたものです。
従いまして1以外のかたのカキコは 堅 く お断りいたします。




10 :吾輩は名無しである:02/08/11 22:51
いやあ、名無しだとレスがつかないね。

11 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:06
美香氏ね

12 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/11 23:06
おっと、名無しで書き込もうと思ったら(w

13 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:08

誠に申し訳ございませんが、このスレは1が自己顕示欲を満足させる
ことだけを目的として立てられたものです。
1のかたのカキコ も 
1のかた以外のカキコ も
堅 く お断りいたします。


14 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:09
仏壇とテレビのあいだに3人川の字   美香

15 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:12
どうぞこのスレもよろしくお願いします。

16 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:12
発泡酒の苦味におもわず叫ぶアイゴー  美香




17 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:14
目をつむりてタイコたたく一心不乱  美香

18 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:15
>>8 西田敏行が山頭火演ってたの?一茶じゃなくて?

  

19 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:16

誠に申し訳ございませんが、このスレは1が自己顕示欲を満足させる
ことだけを目的として立てられたものです。
1のかたのカキコ も 
1のかた以外のカキコ も
堅 く お断りいたします。


20 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/11 23:19
学会員って太鼓を叩くの?>>17

山本周五郎の『季節のない街』。
黒沢明監督で映画『どですかでん』になったけど、
あの新興宗教にはまった母親のようなものなの>学会
1000万人ぐらい学会員はいるらしいけど、
ふしぎと今まで会ったことがないんだよね。
友人葬とか見てみたいけど・・・

21 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/11 23:31
アイゴーってどういう意味なの? 韓国語?>>16

22 :吾輩は名無しである:02/08/11 23:33
とぼけんなって!

23 :はなやま ◆sewaWfHE :02/08/12 00:52
山頭火。おもしろそうだ。なんとなく読でもいいような気がした。
ただ手始めになにを読めばいいのやら。わからん。

が、読んだら時代錯誤を意識し鬱になりそう。そしたらいやだな。

24 :吾輩は名無しである:02/08/12 01:30
いもがコテハンできてるよ。
火傷しないうち帰ったほうがいいよ。

25 :吾輩は名無しである:02/08/12 15:50
>>23
本格的に読みたいのなら年譜もついているし
『山頭火句集』(村上護編・ちくま文庫)がお薦めだけど、
雰囲気をかるく味わいたいのならせっかく新刊で平積みになっていることだし
『はぐれ雲 山頭火』(小学館文庫)もいいかもしれない。
山頭火の俳句の中には境涯句というのか、山頭火の人生を知っていたら
よりふかく味わえるものも少なくないから、
『放浪の俳人 山頭火』(村上護・人物文庫 学陽書房)
を先にでも後にでも読むともっと楽しめるよ。
山頭火の俳句は読みなおすごとに味わいが深まるものが多い。

26 :吾輩は名無しである:02/08/13 06:43
        ■■■■■
      ■■■     ■■
     ■■         ■■
   ■■■         ■■■
   ■■■          ■■
   ■■■■         ■■
    ■■■         ■■
                 ■■
                ■■
               ■■
             ■■
            ■■
           ■
         ■■
       ■■
      ■    ∧ ∧      ■  ■■■    ■■■■  ■■■■■
    ■■    (*゚ー゚)     ■  ■       ■       ■  ■  ■  
   ■■     (∩∩)    ■■ ■  ■■■ ■■■       ■
   ■■■■■■■■■■■■ ■    ■   ■          ■
   ■■■■■■■■■■■■  ■■■■   ■■■■     ■


27 :吾輩は名無しである:02/08/13 07:50
                     y' ,.-'"                /、__,/
        _,,. -‐''''''""''''‐-、‐'" -'''""  ̄ ""''- .,, u   ,./
     ,. -'"           /             ヽ、 /
   /   u         ,'                u  ゙v
.   /           ,.   i               ヽ、
  /           ,ノ i l l  l, i              ヽ、
  、_       ⊂ニ -' 人 ij   l l   u            ,.-''"::゙゙'ヽ、
    ゙゙゙'''二ニ'''─‐'''''"ヽ、゙、   J            /:::::::::::::::::::::::゙ヽ、
       ̄`   ノ,. /r‐' ゙il ヽ              /:::::::::::::::::::::::::::,.-'"゙ヽ、
         __,,. J   |i、_<            /;;;:;:::::::::::::;:;:;;;/       ゙ヽ、
     u ニ二 -'" __,,./il゙、 ヽ;          ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/          \
       __,,,,,,. -i''i"/、 __、' i,,.ヽ、     j      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i'              ヽ、
   ̄ ̄`''''-.,, j ゙'J U   ij    ` - .,_      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|             ヽ、
      :::::::::::`ヽ/           ゙゙'''‐- .,,,___i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|        >-─‐-
       :::::::::;;;/                     `ヽ、;;;;;;;;;;;i     ,.-'"




28 :吾輩は名無しである:02/08/13 10:21
20 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/11 23:19
学会員って太鼓を叩くの?>>17

山本周五郎の『季節のない街』。
黒沢明監督で映画『どですかでん』になったけど、
あの新興宗教にはまった母親のようなものなの>学会
1000万人ぐらい学会員はいるらしいけど、
ふしぎと今まで会ったことがないんだよね。
友人葬とか見てみたいけど・・・


29 :吾輩は名無しである:02/08/13 13:30
美香ってゴキブリみたい。。。

30 :吾輩は名無しである:02/08/13 13:46
美香ハゴキブリデス

31 :吾輩は名無しである:02/08/13 14:42
560 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/11 22:57
>>556-557
だって2、3年前の話だけど、まだイッキコールは現役だよ・・・
偏差値のたかい大学だけかもしれんけどさ(にっこり


32 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/13 21:06
あの・・・ここはマジメに山頭火を語るスレですので、
荒らしさんは「おしゃべりスレッド」でお願いします。

33 :吾輩は名無しである:02/08/13 23:07
なんでみんな山頭火を嫌うの?

34 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/13 23:15
>>33
同意。なんでここまで自演しなくてはならないの?

35 :吾輩は名無しである:02/08/13 23:20
>>34
クズ

36 :吾輩は名無しである:02/08/13 23:50
>>34
生ごみ、くさい。

37 :吾輩は名無しである:02/08/14 06:07
>>33
みんな山頭火じゃなくて美香が嫌いなの

38 :吾輩は名無しである:02/08/14 08:02
いじめられっこの本領発揮だね。w

39 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:12
山頭火嫌い。だってつまらないもん。
こんなの読むなんて中年のオバハンでしょ。
で、美香さんは前からうざいババァだと思ってたけど、
山頭火が好きだっていうから、趣味悪いなぁ〜って思って、
ますますうぜぇって思うようになったよ。

40 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:15
みなさま。
美香を嫌うのはわかるが、美香が
好きなものまで否定しなくても
いいだろう。
もっとも輝には興味ないが。

41 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:29
美香が好きだからじゃなくて、単につまらないから、嫌い
で、こんなつまらないもんを面白がってるババァがさらにうざくなっただけ


42 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:29
相田みつをとダブってしょうがないんだけどね

43 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:31
>>42
胴衣!
相田みつを、社会のゴミ、逝ってよし。


44 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:31
相田みつおは、ヤヴァイ。

45 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:40
ゴキブリの呼ばれて43才の夏  美香

46 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:46
放屁して 思はず 振り返る たれもゐない   美香 

47 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:55
>偏差値のたかい大学だけかもしれんけどさ(もっこり

なんで偏差値自慢なんかするの?


48 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:57
47みたいな低偏差値が釣れるから


49 :吾輩は名無しである:02/08/14 11:57
わたしは飛ぶわたしの茶色い羽はうすい  美香

50 :吾輩は名無しである:02/08/14 13:58
>49
最後に美香ってついていなかったら、単純にいいと思ったのにな。


51 :吾輩は名無しである:02/08/14 14:24
>>48
いえいえ、47は単純に疑問に思っただけでしょう。
問題は、何故、美香が偏差値にこだわるのか、こだわらねばならないのか、
ということにあります。

おい、美香、和光中退だからって気にするなよ、そんなことどうでもいいことだろ?


52 :吾輩は名無しである:02/08/14 14:25
609 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/13 23:13
>>607
>シェークスピア
は今日から読みはじめた。
>院生かそれ以上?
ていうか、そういう質問って恥ずかしくない?
第三者に叩かれないうちにわたしが指摘しておくから(w
きっと院へあがることが、さも価値があるように錯覚してるのだろう。
ある意味では幸福きわまりない・・・・・・・・・・


53 :吾輩は名無しである:02/08/14 14:28
学歴コンプレックス丸出し(w


54 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/15 00:45
あした尾崎放哉の代表句を書き込む予定。このスレをごひいきに・・・

55 :美香:02/08/15 10:52
では、これから「国語要覧」にのってた放哉の代表的な句作を書き込みます。

あ、そのまえにわたしの代表的な句を書きます。

放屁して 思はず振り返る たれもゐない 美香
仏壇とテレビのあいだに3人川の字    美香
目をつむりてタイコたたく一心不乱    美香
発泡酒の苦味におもはず叫ぶアイゴー   美香
ゴキブリと呼ばれて43才の夏       美香
わたしは飛ぶわたしの茶色い羽はうすい  美香

56 :吾輩は名無しである:02/08/15 12:01

    亅       丿         亅        ノ           |  \ヽヽ
  ―ナ―     丿        ―ナ―      丿     ー――┼-┐ )
   く       丿         く        丿          丿 │
    \      ム           \      ム          丿  │
  \   )   / \      \.    )    /  \       丿   │
   \ノ  /    \_.ノ    \..ノ    /    \_ノ   丿    _|
                                            
                                                     ____
                                           ┼       / │   \
     ___ ヽヽ       |  \                    ┌┐─┴─     /   |    |
   ̄ ̄  /     ー――┼-┐ )         \     ├┤──┼     |   │    |
      /   .         丿 │   (        ’    └┘ 丶 │     |   │    |
     (            丿  │    \                 」      \__ノ    ノ
     \          丿   │     \/
        ̄       丿    _|

ヽヽ.ノ      ┌─┐┌─┐       |       \    /                         
  ┌┬┐  │ヽ ├─┤├─┤   ー―┼--┐     \ /                           
  ├┼┤─┼  ├─┘└─┤      丿  │       Y                             
  └┼┘  |   │ _    │     丿   │      /                          
  ─┼─  |/   │ 口 ─┼ │    丿    │      /                            
    │  /\  │ | / 丶_.| _|    丿    _|      \____                               
              ̄
                           │           \
          \              ─┼─         │                   
  (        ’               │  ___     │ _
   \            ̄ ̄ ̄\     │     /      レ′ \
     \/             ノ     │                |
                    ̄      │   ̄ ̄          _ノ
    |_
   ̄|   ⌒\         \
   /  |      (       ’
    _|_      \
   (__ノ  \      \/



57 :美香:02/08/15 17:03
遅くなったけど放哉(というかわたしが手をいれて改作したやつ)。

摩羅のうらに廻る
せきをしてもさんにん
入れものがないまんこに入れる
とかげの美しい色があるキムチ
釜山の山のうしろから烟が出だした

58 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/15 20:25
sageでよくやるわ。わたしへの恋文だよね(にっこり

59 :吾輩は名無しである:02/08/16 00:29

誠に申し訳ございませんが、このスレは1が自己顕示欲を満足させる
ことだけを目的として立てられたものです。
1のかたのカキコ も 
1のかた以外のカキコ も
堅 く お断りいたします。


60 :吾輩は名無しである:02/08/16 23:57
子猫司会のゲーム王国の素人対決コーナーで、このゲームの回があった。
試合後すぐ挑戦者の小学生がリングアウトした。
リングインのコマンドが分からない様子・・

カウント6!・・ カウント7!・・

子猫「さぁ、チャンピオンが巧みに挑戦者のリングインを阻止しております!」

カウント16!・・ カウント17!・・

挑戦者の顔のアップが映る。いたって冷静。
結局そのまま20カウントリングアウト負け。
あんなしょっぱい試合見たことない。

61 :吾輩は名無しである:02/08/17 00:29
オーガと独歩の対戦は面白かったなぁ…

62 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 21:44
ついでに上げておきます。このひと、すごいんですけどね。

63 :吾輩は名無しである:02/08/17 21:47
383 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 12:50
>>382
こんにちわ。はじめまして。
やっぱこういう糞スレがあっての2ちゃんですね。
ここもストップされないよう気をつけるべし(w


64 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 21:48
>>63
あなたさまが削除人ですか?

65 :吾輩は名無しである:02/08/17 21:51
435 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 20:50
なんでここは停止されないの?


66 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 21:58
山頭火に影響されて昨日もピクニック(=登山)をしていたりする・・・

67 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 22:21
だから21世紀は山頭火の時代でって(w

68 :吾輩は名無しである:02/08/17 22:27
君が興味を持ったら「時代」か。
そいつはいい。

ただ三頭蚊に目をつけたところはイイ。
君のこの板における知名度で、
三頭蚊の鑑賞家を増やしてくれ

69 :みか ◆5qBZxQnw :02/08/17 22:28
がんばります>>68

70 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 22:30
あれ? 美香が「みか」になってるや?

「二重書き込みがうんたらかんたら」と書き込めなくなってるんだけど、どうして?

71 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:10
夏石番矢はどうよ?>美香

72 :美香24 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:11
Who?>>71

73 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:13
>>72
お前・・・無知無知だな

74 :美香24 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:14
そこまでスタイルはよくないような・・・

75 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:15
【スレッドの止め方】

 名前欄:停止&rf&rusi&ran&ras&ran書けませんよ

 本文:真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ


76 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:17
ほ、ほんと?>>75
IPとか晒されないよね・・・

77 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:21
夏石番矢

ttp://www.geocities.co.jp/Hollywood/3151/gokusen.html

78 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:23
>>76
晒されます。

79 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:24
>>77
さんくす。見たけど、うーん、こういう相性って運命だよね。
あなたが作ったHPなの? よくまとまっていたと思うよ。
でも、ははは、体質的にアレルギーでした。。。。

80 :nekoneko♪:02/08/17 23:38
「酒に酔ゐてこほろぎと寝るなり」

って、確か山頭火だよね。。。

大昔、予備校時代に国語の講師が紹介していたのを、
今もしんみりと覚えている。

マジレス、ゴメン。

81 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:41
>>80
正確には、
「酔ってこおろぎと寝てゐたよ」
ですけどね・・・
駄目ですか? じんわりときません?

82 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:43
こおろぎとセクースしていたということ?

83 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:46
山頭火は美香のせいで2ちゃんねらーに嫌われました

84 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:46
>>78
試さなくて良かった。あんがと。あなたのことは忘れない盛夏。

>>82
酔いつぶれて道端で眠ってしまった。どこかでこおろぎの声が・・・

85 :==2CHの鉄則==:02/08/17 23:47
―――荒らし,煽り,厨房,特に夏厨は【完全無視】sageでもレスしないこと。
それができない貴方は、厨房です。―――

注意:HN[美香」はヒッキー粘着厨房です。一言でもレスしたら粘着し
   つきまとって豚のようなカキコしまくります。完全無視で。




86 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:50
>>85
「停止」したのがあなたではないということか・・・

87 :吾輩は名無しである:02/08/17 23:51
コテハンスレが一律停止されたみたいだからいいじゃん

88 :==2CHの鉄則==:02/08/17 23:52

―――荒らし,煽り,厨房,特に夏厨は【完全無視】sageでもレスしないこと。
それができない貴方は、厨房です。―――

注意:HN[美香」はヒッキー粘着厨房です。一言でもレスしたら粘着し
   つきまとって豚のようなカキコしまくります。完全無視で。


89 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 23:53
ではここから↓山頭火へのレスおんりぃ♪

90 :==2CHの鉄則==:02/08/17 23:53

―――荒らし,煽り,厨房,特に夏厨は【完全無視】sageでもレスしないこと。
それができない貴方は、厨房です。―――

注意:HN[美香」はヒッキー粘着厨房です。一言でもレスしたら粘着し
   つきまとって豚のようなカキコしまくります。完全無視で。(w


91 :吾輩は名無しである:02/08/18 00:37


      / ̄ ̄\
      | ・ U  |
      | |ι    \ パンパン  
/ ̄ ̄ ̄ 匚      ヽ    
| ・ U    \     ) ))
| |ι        \  ノ
U||  ̄ ̄ ||||
   ̄      ̄   ̄


92 :吾輩は名無しである:02/08/18 01:00
ここの住人はみんな山頭火のように遍路をして
自分を見つめなおした方が今後のためになるよ

93 :吾輩は名無しである:02/08/18 05:44
放哉美形。上野千鶴子が放哉について書いてるのみてムカムカした。自覚ない権力が一番たち悪い。

94 :吾輩は名無しである:02/08/18 07:45
上野千鶴子って何なんだよ

95 :吾輩は名無しである:02/08/18 07:47
『スカートの下の劇場』だったけが??

96 :吾輩は名無しである:02/08/18 07:52
>>95
あと『男流文学論』他多数。
なんだか知らんが文学にまで
首突っ込んでくるなっつーの。



97 :吾輩は名無しである:02/08/18 12:59
おいおい、上野千鶴子ってかなり有名じゃないか?
美香は『男流文学論』どう思う?


98 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/18 13:04
>>97
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
宮台を食った(食われたではなく!)とか個性的なおばはんだよね。
へえ、このひと尾崎放哉が好きなんだ・・・
たしかに美男子ではある。病気がちで、繊細そうで。
粗暴な上野おばさんがあこがれるのもわからなくはない。

99 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/18 13:19
南インドを句作しながら放浪しようかしらん・・・

100 :吾輩は名無しである:02/08/18 13:20
>>99
アラブの女闘士となって句を作ったら
尊敬するyo


101 :吾輩は名無しである:02/08/18 13:22
>>93 「自覚ない権力が一番たち悪い。 」 どういう事か流れがわかるよう説明してくれ
自覚が足りないのは、上野?



102 :吾輩は名無しである:02/08/18 13:26
>>101
他、リベラル左派大学教授無限大。

103 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/18 13:29
重信房子だっけ?>>100
かっこいいよね、
革命でも何でも信じる「物語」に殉じる人生ほど美しいものはない。

上野さんってフェミニズムの権威ではあるみたい>>101
放哉をどんなふうに論じていたのかいささかの興味あり。
でも放哉はどこまでも孤独で暗い。
山頭火の「人生はクソだけどニコニコしてます」って感じのほうが
体質にあうのだ。文学青年♂とか嫌いだし・・・


104 :吾輩は名無しである:02/08/18 16:21
13 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/17 12:54
くそスレを上げてるひとがいますね。


105 :吾輩は名無しである:02/08/18 16:21
714 名前:吾輩は名無しである :02/08/18 13:03
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので
とりあえず読書量はそこらの名無しよりは多いので

715 名前:美香 ◆5qBZxQnw :02/08/18 13:04
ちがう?>>714


106 :吾輩は名無しである:02/08/18 16:23
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。
読んでないからなんとも言えないけど、先入観ではこのひと嫌い。


107 :吾輩は名無しである:02/08/18 16:41
すべて美香のおかげ

108 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 00:34
『風呂で読む尾崎放哉』
というのを、恥ずかしながら風呂で読んでいたけふ。
東大卒有名企業入社の放哉が落ちていく様は哀しいです。。。


109 :吾輩は名無しである:02/08/19 00:41
身かは灯台なの?

110 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 00:42
へへへ、落ちました>>109

111 :吾輩は名無しである:02/08/19 00:43
>>110
ということは慶応早稲田上智のどれかだな。
ずばり慶応だろ。

112 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 00:52
社会二科目は現役には難しすぎました>>111

ていうか山頭火を語れよ、皆の衆!
でもわかっている。意外とロムっているひとが多いのが
2ちゃんだから、いまごろ全国各地の書店では
なぜか山頭火の本が売り切れになっているはず。

なわけないか♪

113 :吾輩は名無しである:02/08/19 00:55
>>112
俺は美香の影響で三等かを買ったよ!

114 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 00:56
ありがとうございます>>113

115 :吾輩は名無しである:02/08/19 00:56
>>114
嘘に決まってるだろ

116 :吾輩は名無しである:02/08/19 03:35
アル中女は逝ってよし!

117 :吾輩は名無しである:02/08/19 08:05
美香は尾崎放屁でも読んでろ。

118 :吾輩は名無しである:02/08/19 10:16
まじで両方買ったよ。
小学館の山頭火と、春陽堂の放哉。
山頭火の日記が好き。句は放哉のほうが好き。

119 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 10:21
春陽堂の文庫・放哉句集は絶版で買えなかった記憶が。
羨ましい、運がいいのですね>>118

120 :吾輩は名無しである:02/08/19 11:00
絶版かー…。句集(二)しかなかったんです。
あと3冊ですね。

121 :吾輩は名無しである:02/08/19 21:59
美香はワセ文だよ。
俺の友達で美香を知ってる人がいた。

122 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:11
>>119
お前本当に阿呆だな。絶版本を運良く買えたわけないだろ。嘘なんだよ。馬鹿。

123 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:14
またいじめられる美香。。。>>122

124 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:20
美香、山頭火論を書けよ。書いたら真面目に批評してやる。

125 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:23
こうまで実人生では評価されなかった山頭火や放哉を知ったら、
いまの作家志望者はどう思うのか? 下読みを恨むよりほかに・・・

126 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:26
>>125
工藤のことを言ってるのか?

127 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:27

普段、無頼みたいなこと言ってるけど、美香って有名大学卒(早稲田?)なんでしょ。
そこを卒業して、有名企業でOLしてるんでしょ。
そのうち結婚して家庭を持ち、子供を設けようとも企んでいる。

要するに無頼は口だけで、うまいこと社会の機構に乗っかっているだけじゃないか!


128 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:28
>>124
日記を書かなくなった半月後にコテハンデビューをした。
わたしが2ちゃんに書き込むのって日記みたいなものなんだよね。
書きたくてどうしようもないことを書くのが、この文学板。
べつにどう思われようと知ったことではない。
しかし日記に書くよりはおもしろい。なぜって反応があるからである。
・・・・・・他者はいたのである。

129 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:32
>>128
日記ってログ残してあるのか?

130 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:35
>>126
もう忘れたよ。だれ、そいつ?

>>127
現在は無職。結婚なんてしない。というか「愛」なんて信じていない。
え? 愛は地球を救うの? わたしを救えない愛ごときが偉そうに(w

放哉って俳句は体質的にダメだけど、生き方はぞっとするほどすごいよね。
現世の幸福なんて丸っきり無視。そこで彼が見たものはなんであったのか・・・

131 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:37
>>129
わたし日記とか読みなおすことないもん。
書きたいことを書く。それだけ。あとは知らん。
書いていないと落ちつかないから・・・

132 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:38
>>130
>>126
もう忘れたよ。だれ、そいつ?


これはひでえな。覚えてるくせに・・ちょっと性格悪いよ。

133 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:38
>>130

「結婚なんてしない」、「愛なんて信じていない」のなら・・・・・・

オトコとプロレスなんか見に行くな!

134 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:40
>>133
妬いてるの?かわいいねえ

135 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:42
>>134
妬いてないぞ、妬いてないぞ!
美香がその男とチューしながら大久保のホテルに入っていったところを見たけど、
俺は妬いてないぞ!

136 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:43
>>132
駆動ちゃん? お久しぶりです・・・

>>133
誘われた、だから無料、そのあと飲むだろう、彼は大企業に就職している、
こ、これは奢ってくれるのでは、久々に他人の作った料理とタダ酒である。
なぜ行ってはいけない?

シェイクスピア論を読みながらプロレスとの類似を考えていた、けふ。
まったく関係のないものをつなげる能力、それを才能というのかしらん。

137 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:45
「美香を囲む会」開いてくれない?
絶対参加するからさ。

138 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:46
>>136
なんて本?シェイク論って


139 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:49
山頭火や放哉を語ろうよ♪
あの甘えた考え、しかし素晴らしい俳句。
何かを作るにはとことんエゴイストにならねばならぬのか?
酔ってひとに迷惑をかけたときとか、
この二人を思うとまだまだわたしなどはと安心できる(w

140 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:50
>>139
まずお前が語れ

141 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/19 23:54
>>138
新潮文庫の解説なんだけど。

>>140
めくらですか? それとも文盲? 今までどれたけ語ってきたことか・・・

ていうか、うーん、あんたら実は山頭火の俳句を読んでないでしょ? まったくもう。

142 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:55
美香が偽名でホームページを持ってるらしい
http://members.aol.com/tennenmario

143 :吾輩は名無しである:02/08/19 23:55
>>141
語ったか?

144 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:00
>>141
自殺しる!


145 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/20 00:04
れ、0時までに帰ると魔法使いのお婆さんと約束したのに。
急がなければ・・・・・・あ、ガラスの靴が!!!

146 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:05
美香を思い切りガラス窓に叩きつけて血まみれになった美香の喉をガラスの破片で掻っ切ってやりたい。

147 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:13
>>137
美香を囲む会・・・
私も参加したい・・・

148 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:22
美香とゴキブリの違いは?

149 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:31
>>147
美香は「ルル」だった、という噂がありますが…。

150 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:44
「美香を回す会」の間違いじゃねーのか(ワラ

151 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:52
>>150
できるものなら、回してみたい・・・・・・

152 :吾輩は名無しである:02/08/20 00:55
「美香を壊す会」なら参加しますが何か?

153 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/20 08:13
What is「ルル」?>>149

154 :吾輩は名無しである:02/08/20 10:32
美香、絶版の句集は古本屋で買えます。
山頭火は情景を詠むけど、
放哉は時間の経過も詠んでいる、と思う。
そこが好きなところ。

「追っかけて追いついた風の中」
「迷ってきたまんまの犬でいる」
「さっさと大根の種まいて行ってしまった」

立ち止まって眺める視線だと思う。
放浪じゃなくて,定住の人だなあと思う。足を大事にする人だと
解説にあったけど、すんでいる地域を歩いている印象。その地域
の中で、時の経過を確かめるために立ち止まっている風情がある。
それも、外部の人間として。馴染めないんだねぇ。

155 :吾輩は名無しである:02/08/20 11:28
>>153 恵果13さいスレを参照のこと。

156 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/20 18:27
>>154
>絶版の句集は古本屋で買えます。
ハードカバーの『決定版尾崎放哉全句集』(春秋社)を買ったからいいや。
2300円もしたけど・・・ 句集って文庫がいいよね。持ち歩きできるし、
どこでも読めるしさ。

オキニの印をつけた放哉の句を読みなおしてみたけど、うーん、たぶんこういうのを
「巧い」俳句っていうんだろうな、という感じを強めた。まったく関係はないのだろ
うけど、放哉が東大卒で山頭火が早稲田中退というのが納得できるような気がしない
でもないというか。きっちりしずきているんだよね放哉。154さんのことばを借りれば
「定住」して考え抜いてつくった俳句。一方で山頭火の俳句は歩きながら疲れながら、
まさにぽっと拾った俳句という感じがする。荒削りで、センチメンタルで。
わたし山頭火のこの恥ずかしくなるくらいのセンチメンタリズムが好きだったりする(w
若いからだと思うけど・・・ 

>山頭火は情景を詠むけど、
>放哉は時間の経過も詠んでいる、と思う。
そういう分析をするような観察眼を持っているから154さんは放哉が好きなのかも。
苦手なんだよね、俳句をそういう観点から鑑賞するのって。たぶんわたしは俳句が
好きなのではなくて、ただミーハー的に山頭火を偏愛しているだけだと思う。
山頭火のどこがいいのかってうまく説明できないもん。口ずさむと気持ちがいいから
山頭火はいい!なんておバカさん丸だし(w 

もうすぐ夏も終わるね。学生時代に旅行したインドが懐かしい。山頭火がいまの
時代にいたらば絶対にインドを放浪していると思う。山頭火がインドを放浪したら
どんな俳句を作っていたのだろう・・・嗚呼、印度へ行きたい。

157 :吾輩は名無しである:02/08/20 23:10
>>156
>山頭火がインドを放浪したら

たぶんお腹壊して野垂れ死に

158 :吾輩は名無しである:02/08/21 00:55
★37 名前:工藤伸一 ◆j1HkWi6c    投稿日:02/08/21 00:50


>>27&36
もしかして辻仁成とか好きですか?



159 :吾輩は名無しである:02/08/21 10:35
全句集、買ったのですね。そっちのほうがうらやましい。
読んだものを分析してしまうのが私の悪いところ。
山頭火は素直でいいなあと思う。

160 :吾輩は名無しである:02/08/21 23:57
引っ越し初日にアノ声に遭遇しました。
隣の部屋からガッタンガッタン音がし、まさかとおもいながらも
壁に張り付く(笑)と、やってる声が・・・
かなりねっとり激しくやってる様子で、女の声でがしきりに
「きもちいい?ねえきもちいい?(男に聞いてるのか?)」
とか、しまいにはパンパンパンと手拍子みたいな音がだんだん
大きく激しくなって二人の果てる声で終了しました。
次の日、引っ越しの挨拶に行くと、新婚夫婦で奥さんが応対してくれました。
「うちも今年1月に引っ越してきたばかりなんです〜」
なんて普通に会話しましたが、まともに目が見られませんでした_(^^;)ゞイヤー
清楚な感じの普通の奥さんが・・・。しばらく軽いノイローゼになってしまった18の夏。
なんかなつかしいな〜


161 :吾輩は名無しである:02/08/22 07:48
ミカ・ジョボビッチ

162 :吾輩は名無しである:02/08/24 05:16
★64 名前:美香 ◆5qBZxQnw    投稿日:02/08/18 13:13


保田を「ほた」と読んでいました・・・


163 :吾輩は名無しである:02/08/24 05:24
★11 名前:美香 ◆5qBZxQnw  sage  投稿日:02/08/13 22:12


新スレ建ててくれてありがとさん、消したいスレがあるからね〜♪


164 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/31 14:08
山頭火を読んでると放浪放浪したくなる。
100冊の古典を読むのと10ヶ国を周るの、
どちらが文学者にとって有益なのだろうか。

165 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/31 14:51
      ______
    /          )))
   /   /// /―――-ミ
   / 彡彡 // /      ヽ))
   / 彡彡 iiiiiiiiiiiiiii  iiiiiiiiii|
   / 彡彡 < ・ > 、<・ >l
  /    |       ヽ   〉
  /  ( | |      __)  |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  /   | ≡  /, ―――  |ゝ <  物の本然を味わえと山頭火は言った。
  /   |   |  L ___」 l ヾ  \_________
_ミ  l   ______ノ ゞ_
  |  l ヾ    ー   / |  l
  |  |   \ー    ‐/  |  |



166 :美香 ◆5qBZxQnw :02/08/31 22:55
べつにいいよ〜〜♪ 独りで1000まで逝くつもりだからさ(w

167 :吾輩は名無しである:02/09/01 15:10
あげ

168 :吾輩は名無しである:02/09/01 15:13
「独りで逝く」か。オナニーのやりすぎに気をつけろよ(w

169 :吾輩は名無しである:02/09/01 15:15
オナーニだけど、物の本然(w
ううん、難しい

170 :吾輩は名無しである:02/09/01 15:19
〓〓〓〓〓
 |〓|
 |〓|
 |〓|
 (⌒⌒)
  \/
  〓
 【チンコお守りレス】このお守りを見たあなたは超超超幸せ者!
2週間以内に必ず彼氏・彼女が出来るよ!
すでにいる人は超〜ラブラブ みんなが幸せになりますように…
そのかわりこのコピペを1時間以内に、5つ別のスレに貼り付けてね・・
でないと、あなたはインポや性病になります。


171 :吾輩は名無しである:02/09/04 03:42
美香は早稲田二文出身と判明!!

172 :美香 ◆5qBZxQnw :02/09/04 09:56
>>171
ひとこと、ちがうよ。

173 :吾輩は名無しである:02/09/06 15:03
そっか、じゃ、二文に知り合いがいたから、原監督の講義にもぐりこんだりしたんだ? なーるほど

174 :吾輩は名無しである:02/09/06 17:46
美香って子、慶應にいたんだけど……
違うよね?

175 :吾輩は名無しである:02/09/06 22:01
美香は慶応。前に美香が河合のユング入門を読んだと書いてあったが
これは慶応の人科の授業で読まされるもの。だから慶応。

176 :吾輩は名無しである:02/09/09 08:05
174と175に
ひとこと、ちがうよ。
と何故言わないの?>美香

177 :吾輩は名無しである:02/09/10 01:35
 863 名前:吾輩は名無しである sage  投稿日:02/09/08 18:32


>>862
男性的というより、低学歴丸出し(ワラ


>>863
少なくともあんたよりは高いよ。言いたいけど、うーん、ここでは遠慮(w


178 :吾輩は名無しである:02/09/10 01:51
美香に粘着してる餓鬼はウザイ…
このスレに私怨を持ち込むなやヴォケが!

179 :吾輩は名無しである:02/09/10 05:29
美香に粘着してる餓鬼はウザイ…
このスレに私怨を持ち込むなやヴォケが!


180 :吾輩は名無しである:02/09/10 05:39
>>178正解↓
アフォに粘着してる餓鬼はウザイ…
このスレに私怨を持ち込むなやヴォケが!


181 ::02/09/10 08:59
「正解」とは山頭火の話をする人のこと。

182 :美香 ◆5qBZxQnw :02/09/28 09:15
検索すると山頭火ってラーメン屋さんがあるみたいだね。

183 :吾輩は名無しである:02/10/13 21:38
美香、それは随分前にBarスレだかどこかで出た話だぞ。
本当に東京在住か? その時も知らないって言ってたし。

184 :吾輩は名無しである:02/10/13 21:40
うん、普通東京で遊んでれば山頭火くらい知ってる。

185 :吾輩は名無しである:02/10/13 22:38
相手にしないほうがいいよ。美○は放置するのが基本。
すぐ調子にのるから。
調子にのせて面白がってるやつらがいるから続いちゃうけど
かえって美○にはかわいそうな結果になる。
さらしものにしてるだけじゃないか、あんまりひどいことすんなよ。

186 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/13 23:11
カップラーメンの山頭火が出ているのはご存知か?
先日、食したけど、うーん、しつこいです・・・
山頭火はもっとあっさりしているべきでは?

質問。古今の文学者を店名にするのは自由なのですか?

187 :吾輩は名無しである:02/10/13 23:15
ルノアールがあるもん。

ラーメン屋「田口ランディ」もオッケーでしょ。

。。。。。。。。んなわけない。

188 :吾輩は名無しである:02/10/13 23:27
イキテー

189 :吾輩は名無しである:02/10/13 23:32
最初はちょろっと人が入るけど、そのうち法的ないざこざが
絶えなくなりそうなラーメン屋だ。(w <田口ランディ
店主が2chにハマって、やたら休みの多い店になるかも。

190 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/13 23:36
>ラーメン屋「田口ランディ」
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?
ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね? ネタですよね?

191 :吾輩は名無しである:02/10/13 23:38
「この味、どっかで食べたことあるなぁ…」

192 :吾輩は名無しである:02/10/13 23:40
お前の味だ。(by 栗本薫)

193 :吾輩は名無しである:02/10/13 23:44
らーめん屋「村上龍」近日オープン。

おすすめメニューは『限りなく透明に近いスープと麺』

194 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/13 23:48
らーめん屋「村上春樹」近日オープン。

おすすめメニューは『ねじまき鳥のムニエル入りラーメン』
(ねじまき鳥がない場合は羊肉で代用します)

195 :吾輩は名無しである:02/10/13 23:49
そして、ネタスレへ。。

196 :吾輩は名無しである:02/10/16 00:33
ラーメン屋「工藤美香」近日堂々オープン。

おすすめメニューは工藤の熱視線と美香のパンチラ。



そういえば美香、最近パンチラはしてるのか?


197 :吾輩は名無しである:02/10/30 10:00
「ひとこと」違うって言うのは、早稲田の一文を指してるんだろ?
美香は何才よ? いやまじで。
卒論誰よ?
あと、長島有の俳句を批評してくれ。

198 :美香 ◆FE5qoiyUDM :02/10/30 10:05
今年で41歳になります。

199 :吾輩は名無しである:02/10/30 10:11
>198
そのバイタリティ、、、



                    すげっ


200 :美香 ◆FE5qoiyUDM :02/10/30 10:17
亭主が構ってくれないから、一日じゅう酒を呑みながら若い子に成りすまして2ちゃんねるにへばりついてるの。

201 :美香 ◆J/ZoJAt3T2 :02/10/30 10:20
>200
偽者が何を言ってるのよw
アタシは24歳よ、オバンなんかさっさと消えてちょうだい、
ウザいったらありゃしない。フン

202 :美香 ◆4lxU4hFjNM :02/10/30 10:21
あら、
騙りがでてる。私ってそんなに有名人なの? 自信もっちゃおかしら♪

203 :美香 ◆Hbcmdmj4dM :02/10/30 10:23
あ〜あ〜、やっだー。馬鹿ばかりねー、この板w

204 :199:02/10/30 10:28
釣られてしまいました。テヘヘ

205 :吾輩は名無しである:02/10/30 12:12
ある経路から、美香の写真を入手しました。マジです。

http://dtsi.dyndns.info/~uploader/2ch-about/file/20021028203603.jpg

206 :吾輩は名無しである:02/10/30 12:16
ブラクラ

207 :吾輩は名無しである:02/10/30 12:24
ネット汚物・田口ランディは盗作ゴリラPart15

208 :吾輩は名無しである:02/10/30 13:54
あいや、ネタスレ化しちゃってるな。
おいら、山頭火が”ふるさとの水を飲み水を浴び”って詠んだ
場所の近所に住んでて、地元の「山頭火ふるさと会」って研究
団体にも入ってる。
そんでこのスレ見つけて勢い込んで見てみたら・・・
帰ります・・・


209 :吾輩は名無しである:02/10/30 14:24
真面目な山頭火ファンをアホの美香がすっかり失望させてしまったようで、まことに申し訳ありません。

210 :吾輩は名無しである:02/10/30 14:30
美香さんは悪くない。
粘着ファンのせいだ。

211 :吾輩は名無しである:02/10/30 14:33
美香が現れるとどんなスレも糞スレと化してしまう傾向があることは否めない。

212 :吾輩は名無しである:02/10/30 14:34
客寄せピエロとしてはいいだろ。
質については……だが。

213 :吾輩は名無しである:02/10/30 15:11
>211
自助努力もせずに他人に責任転化するのは良くない。

214 :吾輩は名無しである:02/10/30 18:52
181に同意します。

と言うわけで、山頭火の話をいたしましょう。
しかし生憎、その句集が手に入らなかったので、
今読んでる本は金子兜太の「漂白の俳人たち」(NHK出版)。
これは芭蕉、一茶、井月、山頭火、放哉、三鬼らを
取り上げた評伝集です。
ぼくのような俳句素人には、このような本こそありがたい。
しかし何というかその、井月も放哉も足の向くまま
気の向くまま、流浪を重ねて句作に励み、あげくの
果てが野垂れ死に、と。
昨今の小説家にはとても真似できない振る舞いだよなぁ…。
凄絶だと思う。

215 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/30 21:50
おお、見捨てられたと思っていたこのスレに活気が!

>>208
山口県防府市ですね。近くには佐波川があり、もしかしたら208さんが
住んでいるのは徳地町ですか? そしてその「山頭火ふるさと会」の
メンバーに地元の研究家益田悌二氏がいるのではないでしょうか?
いや、「山頭火と歩く名水」(小学館)からのパクリなんですけどね。
へえ、地元に研究団体があるんですか・・・ うらやましいです。
山頭火はわたしの人生に多大な影響を与えてくれた俳人ですので。いいな。
そこではどんな研究をしているんですか? 季刊をだしたりしているん
でしょうかね。それとも実際に句作をなさっているのか。

216 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/30 21:56
>>214
句集は>>3を参考にしてもらえたら嬉しいです。
ちくま文庫の句集がいちばん良いように思います。
金子兜太さんは集英社文庫の『放浪行乞 山頭火120句』を
読みました。俳句は解説があると理解が深まっていいですよね。
当時の風物などいまのわたしたちからはわからないものもありますので。
井月も放哉も世界思想社の「風呂で読むシリーズ」で出版されていて、
湯船につかりながら味読しました。
個人的な夢想ですが、いま山頭火がいたらインドあたりを
放浪しながら句作していたような気がします。
いまの日本には「放浪」という行為を受け容れる土壌がありませんものね。

217 :吾輩は名無しである:02/10/30 22:26
>>215
帰らなくて良かったようですね(笑

おっしゃるように、僕の住んでいる町はその徳地町です。
「ふるさとの水をのみ水をあび」は徳地に山頭火が行脚した際
佐波川の側にあった河野屋という旅籠で詠んだものだそうです。
僕はその知識を益田悌二氏の「あるく山頭火」という本から得ま
した。益田氏は既に亡くなられていますが、自宅の庭の一部を
開放して句碑を建てられており、その碑に刻まれた句は「うしろ
すがたのしぐれてゆくか」です。

”山頭火ふるさと会”は研究団体と銘打っていますが実質的な
活動は山頭火の普及活動ですね。ご存知とは思いますが山頭
火の地元での評判はかつては最悪と言えるものでした。それを
覆すために山頭火に関する様々なイベントや展示会を開いてい
ます。後、酒部会というのもあり、山頭火好きの酒好きが集まっ
て酒を飲みつつみなで山頭火語っています。これが一番面白い
かも(笑

218 :吾輩は名無しである:02/10/31 04:36
>いま山頭火がいたらインドあたりを放浪しながら句作していたような気がします
>いまの日本には「放浪」という行為を受け容れる土壌がありません

何を根拠に言ってるんだか。だいたい山頭火にしても放哉にしても金子光晴にしても山田吉彦にしても、放浪という行為が社会から受け容れられるかどうかなんていう下世話な事情には関心を払っていなかった筈だろう。

「今の日本では放浪は受け容れられない」→「だから海外で放浪する」なんていうのは、そもそもが世間の顔色を窺いながら生きることしか知らない俗人の発想に過ぎん。あまりに矮小だね。

219 :吾輩は名無しである:02/10/31 04:42
>>218
なぁ、何故そこまでして噛み付くんだ?
もう少し穏便にレスしてあげてもいいんじゃないのか?
雰囲気悪くするようなことは止めてくれや。

220 :吾輩は名無しである:02/10/31 04:49
でも基本的には正しいけどね、218が言っていることは。

221 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/31 08:05
久しぶりに山頭火の話題がでたので、昨晩は句集をぱらぱらと読み返しながら
冷奴を日本酒でいただきました。いわゆる山頭火日記というものを読んでいると、
なぜか豆腐、漬物、日本酒などニッポンを感じさせるものが恋しくなります。

>>217
まだいてくださって嬉しいです。
そうですか、益田氏は亡くなられたのですか。残念です。
さすがにもう生前の山頭火を知っているひとはいなさそうですね。
ところで”山頭火ふるさと会”にHPはないのでしょうか?
以前、山頭火に夢中になっていたころ、山頭火をしのぶ旅にでようと思ったの
ですが、どうも情報が不足して。たしか駅前に銅像があって、地元の資料館に
山頭火コーナーがある。それと其中庵が復元されている、というところまでは
調べたのですけど。そういう情報がまとまっているHPはありませんかね。
ネット上で山頭火を検索してみると個人でやっているHPがあるにはあるの
ですけれども、どうも情報が不足しているような気がして。それがわざわざ
2ちゃんにこのスレを建てた理由のひとつなんですけどね。

山頭火をテーマにした二次作品はご存知ありませんか。
以前、NHKでドラマ化されたのは耳にしたことがありますが。
戯曲やオペラ、または映画にしてもかなりおもしろいものができあがると
思うのですけれども。不遜な考えとしては、わたしが書いてやろうかとも(w
戯曲のラストシーンのイメージは、山頭火を多数の句友が取り囲む。
その中心で山頭火は「うしろすがたのしぐれてゆくか」状態で、
観客に背中を向けよろよろ酒を飲みながら歩いている。句友たちが
ひとりずつ山頭火の句を読み上げて行く。矢継ぎ早に。山頭火、前のめりに倒れる。
・・・・・・といった具合なんですけど(w 陳腐でする。
映画にするにしても「電車をとめるシーン」「寺で子どもに看病されるシーン」
「自殺未遂のシーン」「うどん供へて、母よ、わたくしもいただきまする」
など映像化しても充分に美しいものができあがるような気がします。

だれもやらないようなら、いつかわたしがと半ば本気で思っていたりするのです。

222 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/31 08:07
陳腐でする→陳腐ですね

一本指の仮名入力なもので・・・

223 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/10/31 08:22
>>218
たしかにそうですね。
でも、うーん、どうですか。コンビニの賞味期限切れのパンにかぶりついて
いる山頭火というのはイメージできますかね。山頭火が放浪できた土壌と
いうのは今の日本にはないような気がするのですよ。なんというのですかね。
目には見えないものを畏れる感覚というのか。行乞僧に喜捨する精神というのか。
山頭火の時代的な背景として、「迫り来る戦争」がありますよね。
これが重要だと思うんです。現代は反戦の視点からしかこの時代を見ないけれども。
非常にニッポンというのが意識された時代だったと思うんです。良い意味で。
その時代精神というものが、山頭火の俳句に影響しているものは無視できないと。
ですから今の日本に山頭火がいたら、逆に海外にでることで日本を意識するというか。
まあ、たしかに稚拙な意見ではあることは否定しません。

ご存知と思いますが、インドというのはおもしろい国なんです。
巡礼というのが日常的になっている。信心深いひとの多数が歳をとると、
家族を捨てて巡礼(放浪)の旅にでるのです。ヒンズー教ですけど(w
そんなところを山頭火が放浪したらどうなったかという興味があるんです。
山頭火研究の第一人者である村上護氏もインドで山頭火を「発見」したと
書いてありましたし。

寡聞にして知らないのですが、海外を放浪しながら句作している俳人というのは
いる(いた)のでしょうか。ご存知のかたはぜひ教えてください。

224 :217:02/11/01 18:43
>>221
生前の山頭火を知る人としては有名な後姿の写真を撮った
近木圭之介氏がまだ存命のはずです。
昨年、防府で行われた全国山頭火フォーラムでにもゲスト
として来られておりました。

防府の山頭火情報は、美香さんの調べられたものに、生誕地に
立つ句碑を加えるぐらいでしょう。
まとまった情報を伝えるHP等はありませんが、そもそも生誕地
にしては見所が殆どないのも事実です。
山頭火文学館の建設はふるさと会でもよく話題になるのですが
この不景気なご時世と行政の山頭火に対する無理解のため、
いつも話しだけで終わります。

ただ、句碑は市内のいたるところにあるのでそれを散策がてら
回られるのも良いかもしれません。
句碑に関しては地酒”山頭火”を造られている金光酒造のHPに
データベース化してあるので参考にしてください

ttp://www.joho-yamaguchi.or.jp/santouka/

金光酒造は種田家の酒造場跡にある蔵本で、社長はふるさと会
の重鎮でもあります。

後、映画や戯曲の話は聞きませんね。あってもおかしくないのに。

225 :217:02/11/01 19:00
後、句碑めぐりに関してはここも参考になりますね。

ttp://www.hofu.co.jp/

地元の新聞ですが、不定期に”山頭火新聞”ってのも
発刊しています。

226 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/11/01 19:26
>>224
何かの俳句雑誌のバックナンバーで近木圭之介氏の対談を読んだ記憶があります。
あの有名な写真をよく無断転載されると怒っていらっしゃいました(w
全国山頭火フォーラムというものがあるのですか。
時期があえば参加してみたいものです。へえ、句碑が120もあるとは。
散歩がてら周ってみたらおもしろそうですね。
じつはある映画のイベントでまえに山口県の萩に行ったことがあるのですが、
そのときにはまだ山頭火に感心がなかったことが悔まれてなりません。

>>225
そこは初めて知りました。
かなりおもしろそうですね。情報量も豊富で。
熟読します。ありがとうございます。

227 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/11/01 19:28
>>225
そこの掲示板はいろいろとイベントが載っていますね。
わお。こういうHPを知りたかったんですよ。

228 :217:02/11/02 22:15
>>227
お役に立てて何よりです。
その新聞社の社長も熱心な山頭火ファンです。
(社員に言わせると山頭火狂)
半分趣味で「山頭火新聞」ってのも出していますから
今度、県外の購読が出来るかどうか聞いてみましょう
ね。

229 :217:02/11/02 22:21
って上にも書いてましたね、山頭火新聞・・・

ついでに幾つか。
全国フォーラムは毎年一回山頭火ゆかりの地で開かれます。
今年は松山だったかな?
時期的には今ぐらいにやっているので情報が入ったらここで書きましょ
う。

後、山口芸術短期大学のオーケストラが今年の学祭で「組曲・山頭火」
ってのをやったそうです。
やっぱり地元だけに色々やってるみたいですね。




230 :吾輩は名無しである:02/11/21 05:20
ふくろうはふくろうでわたしはわたしで眠れない

231 :吾輩は名無しである:02/11/21 14:14
わたしと生れたことが秋ふかうなるわたし

232 :吾輩は名無しである:02/11/27 13:19
しばらく来れないのでageときますね(w

233 :吾輩は名無しである:02/11/27 13:24
山頭火はもともと好きだったが、美香が山頭火を論じているのを見て以来、読む気がしなくなりました。

234 :吾輩は名無しである:02/11/27 13:25
>>232
こういうときだけ名無しにするのが、なんかいやらしい

235 :吾輩は名無しである:02/11/27 13:26
>>234
照れているんだろ

236 :吾輩は名無しである:02/11/27 14:55
>>234
断じて「こういうときだけ」ではない!とは、あえて指摘すまい。
鬱屈をすっかり抜いて、帰ってきてくれるとうれしい。


237 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/11/29 16:19
公共施設のパソコンって書き込むたびにトリップが消えちゃうのです。
だからいちいちトリップを入れるのが面倒だったというのが真相(w
最近、また山頭火を読みなおすようになりました。
パソコンがないと夜、何もすることがありませんので・・・

山頭火ってやはり色物的な扱いなんですかね?

238 :門野です:02/11/29 18:58
>>237美香さんへ
うちの白鑞金師匠に山頭火をどう思うか聞いてみたんです。
曰く「山頭火は言っている
『私は酒が好きであり水もまた好きである。
昨日までは酒が水よりも好きであった。
今日は酒が好きな程度に於て水も好きである。
明日は水が酒よりも好きになるかもしれない。
「鉢の子」には酒のような句(その醇不醇は別として)が多かった。
「其中一人」と「行乞途上」には酒のような句、
水のような句がチャンポンになつている。
これからは水のような句が多いやうにと念じてゐる。
淡如水――それが私の境涯でなければならないから。』
昭和八年ぐらいの言葉やったかなぁ。山頭火をそんな気持ちにさせていった人
はやっぱり荻原井泉水じゃないかな。」
とのことでした。 長文ども。

239 :吾輩は名無しである:02/12/08 16:23

ネタが無いからsage保守。
いつの日か復帰する美香のためにもね…。

240 ::02/12/12 21:02
しかし今日の美香がこのスレを上げなくて良かったな。
アンチ美香の渦巻く真っ只中に、こいつを放り込んだら
忽ちコピペ荒らしに遭ってしまうことだろう。

てなわけで、暫時このスレはsage進行ということで宜しく。

241 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/12/13 19:26
>>240
いちおうわたしも考えたのですよ。
でもいま548番、最底辺に位置しております(w

>>238
門野さん? だれだろう。ごめんなさい。
白鑞金師匠というのはどういった方なんでしょうかね。
ネットで検索してみたのですが、なにか占いに関係する用語なようで。
無知ですいませんね。該当個所はご存知のように「草木塔」からの一文。
「其中庵」時代の文章ですね。

山頭火の日記を読んでみると、ほんとまあ今のことばでいうとダメなんです。
酒を飲んで失敗しては反省。そこでは殊勝で、あたかも本物の禅僧のようなw
決意を表明したりする。そのくせまたおなじ失敗を繰り返す。
どうにもならなくなったら金を都合して放浪する。この無限の反復といったら。
でもその生活(生き方)からしか彼の俳句は生み出されないわけで、
そう考えるともはや宿業というのか、彼の句作への執念には畏怖すら感じます。

242 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/12/13 19:36
そういえば絶版だった春陽堂文庫の「尾崎放哉句集」が復刊?したね。
単行本で買ってしまった自分がバカらしい。文庫のほうが安いし携帯にも便利だし。

でもほんとに大丈夫かな。いまあと2つで最後尾だよ・・・
あすの朝、こっそり上げようかな。

243 :吾輩は名無しである:02/12/13 23:08
>>242
最後尾でも落ちたりしないので大丈夫です。
絶対にあげたりしないでください。

244 :240:02/12/13 23:39
↑そうそう。
今ageたりしたらば板荒らし厨の格好の標的にされる。

実際、この板は一日1レスあればdat落ちは確実に無い。
いや、五日に1レスでも大丈夫だと思う。
しかし万が一、age荒らしに遇ったとしても、
絶対に焦らないこと。数日間はレスを控えること。
それを暗黙の了解にしておけばいいと思う。
尤も有無をも言わせぬ連続AA貼りに見舞われてしまったら、
万事休すなんだけどね…。いやはや。

245 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/12/14 07:49
おはようございます。なんか怖くて毎日、書き込みにきそうなわたくしです。
昨晩は飲酒しなかったにもかかわらず、比較的よく寝ることができました。
もちろん悪夢は相変わらずですが。と、これは自分語りをしているのではありません。
山頭火も眠れないひとだったんですよね。
「ふくろうはふくろうでわたしはわたしで眠れない」
こんな句を口のなかで転がすと、眠れないのが自分だけではないように思え安心します。

ところで山頭火は極度の女性嫌いだったみたいですね。
奥様とも見合い結婚。あと混浴温泉での有名な一節があります。
もはや女の裸を見ても何も思わなくなったという、あれです(w
山頭火の幼少時に亡くなられたご母堂が永遠の恋人だったのかもしれません。
「うどん供えて、母よわたくしもいただきまする」

246 :吾輩は名無しである:02/12/14 11:13
kita-

247 :吾輩は名無しである:02/12/14 12:40
>パソコンがないと夜、何もすることがありませんので

男から相手にされないブスはつらいな。今年のクリスマスも2ちゃんねるにへばりついて
下痢便のような駄文を書きまくるのかね(ワラ

248 :吾輩は名無しである:02/12/14 14:10
>247
目糞鼻糞を笑う(ゲラ

249 :吾輩は名無しである:02/12/14 14:16
>>248
目糞鼻糞を笑う(ゲラ

250 :吾輩は名無しである:02/12/15 10:57
美香の常駐スレにつき、ageる。どんどん荒らすべし。

251 :吾輩は名無しである:02/12/15 11:11
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

252 :吾輩は名無しである:02/12/15 11:41
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1


253 :吾輩は名無しである:02/12/15 11:55
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

254 :吾輩は名無しである:02/12/15 12:56
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1


255 :吾輩は名無しである:02/12/15 13:35
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

256 :吾輩は名無しである:02/12/15 13:49
おい、コピペ荒らし、気をつけろよ。
http://www.2ch.net/accuse2.html

257 :吾輩は名無しである:02/12/16 11:45
>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1>>1

258 :美香の日常:02/12/19 18:15
     川|川川  川
    ‖川 | | | ー ー||        / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    川川 | |ー□--□l      <  パソコンないと何もすることないの
    川川| | \ J/||        \ 
    川川‖  | ロ|/| カタカタカタ
    川川|‖\|__|l|l  _____
   /川川川__/川川  |  | ̄ ̄\ \
   |  川川|  |/川l__,|  |    | ̄ ̄|
   |  \_|__|_|、__|  |    |__|
   |  \____|つ   |__|__/ /
   |      |  | | ̄ ̄ ̄ ̄|  〔 ̄ ̄〕
  |       | ̄




259 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/12/29 16:18
孤独です・・・

260 :吾輩は名無しである:03/01/10 09:20
名無しで上げておこう。
そういえば「山頭火全俳句」という、
高そうな本が出ているよね?

261 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/01/10 10:07
>>259 僕もかなり孤独ですよ。今年に入ってからレジ係の店員さん以外、
誰とも喋っていません。でも本当は、そうじゃなくてはいけないんです。
渡辺浩弐先生の『ひらきこもりのすすめ』(講談社現代新書)に、こういう
一節があります。

「クリエイターは山にこもる必要がある。インターネットを出来る環境にあ
っても、作業に専念するために『お気に入り』を全て消す必要がある」

それが出来ない僕は、孤独に耐え切れていないってことですね。

262 :吾輩は名無しである:03/01/10 18:15
工藤は顔写真つきの掲示板でピチピチギャル(死語)たちにモテまくりだ。
実はナンパやりまくりの女ったらしであることを、俺は知っている。

263 :吾輩は名無しである:03/01/10 18:28
夜露四苦哀愁でいと

264 :吾輩は名無しである:03/01/10 18:31


265 :吾輩は名無しである:03/01/10 18:34
23 名前: 工藤 伸一(lPe6tSdk) 投稿日: 2003/01/10(金) 07:36

テレビ朝日にて毎週木曜日23:15〜放送されている『銭形金太郎』という番組の
公式サイトにチバ大三さんの紹介文が掲載されてますよ。必見です! 

ちなみにこの方は『独唱パンク』というイベントの主催者で、ここでもおなじみの
チカチーロ氏と同じく渋谷アピアでのライブ活動もしています。

僕がチバさんと知り合ったのは、これまた渋谷アピアでライブ活動をしているミキ
君に誘われて共同主催者として参加したポエトリーリーディング・ライブ『言霊ナ
イフ』でのことでした。チバさんは、同じく『言霊ナイフ』共同主催者のひとりで
『独唱パンク』にも関わっているHALUNAさんを通じての参加でした。で、チバさん
がテレビ出演に至った経緯は、「某テレビ関係の会社→謎のパフォーマー中沢健氏
→2ちゃんねる→工藤→HALUNAさん→チバさん」という不思議な経路を辿ってのこ
とでした。

この謎のパフォーマー中沢健さんとは「2ちゃんねる」が縁で知り会いました。
ミキ君もそうでした。実はこの中沢さん、一部では有名な方でして、その奇抜な個
性を生かしたパフォーマンスを売りにしてこれまでに「クイック・ジャパン」、
「ブブカ」だったか「GON!」だったか(どっちだったか度忘れしました)、そして
今月はとうとう「東スポ」にまで出ちゃってるんです。

ちなみに『言霊ナイフ』の代表主催者は文芸社から『淋しい熱』という詩集を出し
ている楠木菊花さんです。昨年の12月にはミキ君主催の『2ちゃんねる詩人による
朗読会』の第2弾が開催されました。実はミキ君、自己紹介サイトに書かれている
通り、今春から某商業誌にてコラムの連載をすることが決まったそうです。そこに
は菊花さんと同じ文芸社から小説『オルゴール』を出している中園直樹さんという
方も来ていて、今月号の『ダ・ヴィンチ』という雑誌に『オルゴール』の広告が掲
載されてたりします。

『すうさい堂』も繁華街・吉祥寺に移転しますし、周りがどんどん動いていってま
す。僕もこうしてはいられないです。頑張ります。

266 :吾輩は名無しである:03/01/10 18:46
なんだよ工藤はあの貧乏神の知人だったのか。

顔は立花ハジメに似てるが、音楽の才能は全くないね、あの男は。

267 :吾輩は名無しである:03/01/10 19:30
工藤は立身出世のために文学をしているのだろうなあ

268 :山崎渉:03/01/20 08:10
(^^)

269 :吾輩は名無しである:03/01/26 03:25
まったくだ。

270 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/20 19:16
いましみじみと句集を再読しています。

しかしいまだに俳句の味わいかたがよくわからない。
わたしの大好きな物語がないからだと思う。
瞬間の芸術。瞬間に生まれ落ちたことばで、永遠を見通す。
一瞬と永遠が共存することばたち・・・

みなさんは句集とかっていつ読んでいます?

271 :おさむ ◆2LEFd5iAoc :03/02/20 19:54
お前は無理に背伸びして句集など読まず、ポテトチップ齧りながらテレビドラマでも観てるのが分相応。

272 :吾輩は名無しである:03/02/20 20:14
美香はいいとも見てゲラゲラ笑ってるような人だ。

273 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/20 20:31
>>272
「いいとも」ってどこで笑えばいいのかわからないんですけど、
美香さんはどういうところで笑うのでしょうか?

みんなが笑っているのにあわせて笑おうとすると、映画館で
コメディータッチの洋画を観ているときに字幕が出る前に笑う
英語の分かる人の隣に座ってしまったかのような苦々しさを感じます。

274 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/20 21:01
>>271
正直、自分でもそんな気がしています(w
しみじみと山頭火に酔うには、わたしは俗物すぎて。
どこか窮屈なんです。ブンガクというものは。

>>272
「いいとも」を見て笑ったことはありません。
見ているとあたまが痛くなるのです。生きているのが嫌になるというのか。

>>273
いつもひとと違うところで笑ったりするので気味悪がられます。
映画を観た感想などを知人と話してもまったく噛み合わないのです。
どうやら工藤さんもわたしと似たタイプではないでしょうか。

275 :吾輩は名無しである:03/02/20 21:02
美香面白いな!!
工藤面白いな!!

276 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/20 21:08
>>274
ドストエフスキーやシェイクスピアは作品にもよりますが
かなり笑いどころ盛り沢山だと思うのですが、どう考えますか?

前に美香さんが「柳美里はギャグ小説」と言っていましたが、
その読み方は僕の明治文学や海外文学の名作の読み方に似ているのです。

僕にとって名作文学とギャグ漫画は同じカテゴリなのです。
それは別に名作文学を誹謗しているのではなく、
ギャグを崇高なものと考えているということです。

277 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/20 21:27
>>276
シェイクスピア本人が意図したギャグは(現代の日本人のわたしには)失笑を
催させるものでしかなかったです。しかしドストエフスキーには笑わせてもらいました。
「罪と罰」でラスコくんを追い詰める判事さん。いい味がてでいます。
これを言うと叱られそうですが、大地に接吻シーンでも大笑いしました。
「カラマーゾフ」では断然、オヤジさんでしょう。あとミーチャが女を
馬車で追っていくところも笑いました。スモークサーモンを馬車につめろ、
とか叫んでいるシーン。ちょっと乾いた笑いですけど(w

しかしなんでもギャグにしてしまう現代の風潮はどんなものでせうか?
たとえば「学校へ行こう」のいちコーナー「未成年の主張」。
あれはご存知ないかもしれませんが、野島ドラマの「未成年」をギャグに
したものです。で、じつはその「未成年」のあれも、三島由紀夫の自衛隊
駐屯地での演説を劇画化したものであり・・・ なんか哀しくなりません?
現代では誰も本気で怒ることができないというのは? 常に自分のしている
ことがギャグだとわかっているふりをしながらの喜怒哀楽には真実がない。
「ゆきゆきて、神軍」は若者のあいだではギャグ映画になっていますが、
あれは奥崎さんも監督さんも真剣にやっていたと思うと胸がつまります。

そこらへん工藤さんとしてはどうですか。
ギャグといつまでも言い続けながら死んでいくより他ないのか。

278 :吾輩は名無しである:03/02/20 21:36
>>277
ワロタ
>>276
禿げ藁

279 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/20 23:24
>>277
悲劇は喜劇に彩られてますます深刻さを浮き彫りにされるのかもしれません。
この手の言説はすでにほうぼうで言い尽くされているのかもしれないですが。
コメディー映画を観て大笑いした後に急に悲しくなって自殺した男の話を読んだ
ことがあります。誰の手によるものか忘れてしまったのですが、わかる気がします。
あと、中国人は映画『タイタニック』の沈没シーンで後から後から人が落ちてくるのを
観ながら大爆笑していて不愉快だったと書いている人がいました。

三島の件ですが、彼自身も生前の言動、特に武士道についての発言等を周囲の人間
からギャグ扱いされていて、そういったことへの憤りあっての切腹だったように思うのです。
当時はそれによって彼を馬鹿にしてきた文壇関係者達も反省して彼を見直したりした
ようですが、しかし今ではその切腹劇さえもが戯画的に考えられてしまっているわけですね。
これを自分自身の一生の間の出来事と考えてみるなら、よくお年寄りが若い頃の艱難辛苦の
類を面白おかしく語ったりするように、過ぎてみればギャグにしかならないということにも
似ている気がします。

280 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/20 23:35
>>279の続きです。

たとえば親しかった誰かの死に立ち会うとき、
その人とともに苦しんできた思い出などよりも、
その人とともに楽しんだ思い出のほうがより強く、
その人との別れを悲しませることにつながると思うのです。

亡くなった人の生前の真顔よりも
亡くなった人の生前の笑顔が残された人間を悲しませるのです。

281 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/20 23:45

ひとしきり笑い転げたあと、急に悲しくなるのは何故だろう?

悲しみをよりいっそうに強くさせるのは在りし日の笑顔の思い出

282 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/21 00:21
もはや山頭火スレでもなんでもないが、それはそれとして、
どうなんですかね。たぶん確信犯と思うんですが。
>>281はギャグですか? 吹き出しそうになったんですけれども(w
ごめんなさい。実際に親と悲惨な死別をしている者としては、
>>280-281のような一般論(テレビドラマ的!)がどうにも当てはまらないのです。

>>279はよくわかります。山野一の漫画を読んで大笑いしたあとに、とてつもない
空しさが残ります。前にも書いたような気がしますが、「不幸」というものを
嘲笑しつづけた山野一が、奥さんの「ねこじる」をあのような形で亡くすという
のは、心底仏教的な「因縁」の世界を垣間見たような思いに囚われます。
そして「ねこじる」死後も、作風が変わっていない(ようにわたしには見える)
山野一には何やら恐ろしいものを感じます。そう。あるブックオフで「文芸」の
ねこじる特集号を見ましたが、あれは工藤さんは持っていますか? わたしは
そこまでディープなファンではないので買いはしませんでしたが。
軽く立ち読みしたら、香月リカがわかったようなことを言っていました。

283 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/21 00:26
「文藝」でしたか(w

284 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/21 00:47
>>282
僕自身は両親や恋人を亡くした事はないので美香さんの心境を深く知る由も
ないわけですが、同居していた父方の祖父と祖母、遠くに住んでいた母方の
祖父、中学の同級生、東京で知り合った音楽仲間の友人、などが亡くなって
いるところから考えたことです。確かにテレビのドキュメント番組などから
啓示されての感想という側面がある事も否めませんが、多少の実感は込めら
れていると思うのです。特に僕が産まれてすぐに子犬としてもらわれてきた
愛犬ゴローが僕が中学生のときに近所のおばさんを噛んで怪我を負わせた事
から父が責任を取って保健所で殺させた時が悲しかったです。子犬だった頃
に一緒に散歩した思い出や餌をおいしそうに食べていた姿が思い出されました。

山野一には不幸に対する愛憎の入り混じった執着心が感じられます。
ちなみに正しくは「ねこぢる」です。ねこぢるの死は山野一が言うには
トランス系の音楽にはまっていたせいで感極まって首を吊ってしまった
とのことです。薬をやっていた可能性もあるのかもしれないですね。
「文藝」の「ねこぢる特集」は読んでません。香山リカの精神分析って、
どういう感じでしたっけ? 僕も大学では精神分析の勉強をしていましたが、
最近は動物行動学のほうがしっくりくるのです。

285 :吾輩は名無しである:03/02/21 00:49



    ジエン馬鹿のジエンすれ、完全無視w












286 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/21 00:50
そういえば母方の祖母が「カトちゃんケンちゃん面白テレビ」という番組
の人気コーナー「爺さんや婆さんや」っていうのが好きで、それを観るたびに
死んだ爺さんとの生活を思い出すといって笑いながら観ていたのが悲しかったです。

287 :吾輩は名無しである:03/02/21 00:51



    ジエン馬鹿のジエンすれ、完全無視w












288 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/21 00:58
>>284
うーん、うーん。わたしの個別事情は書きたくないので、うーん。

「ねこぢる」でしたか。わたしの理解もそのくらいのものですから(w
リカちゃんの解説はここで書けるほど覚えてはいない。すんません。
大学ねえ。わたしはいったい何を大学で学んだのだか・・・

そろそろ山頭火の話に戻します。
とりあえず彼の句を。
「ふくろうはふくろうでわたしはわたしで眠れない」

289 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/21 01:11
>>288
個人的な事情はしょせん他人にうかがい知る事はできないということでしょうか。
ちなみにこれは美香さんと山頭火の両方の言葉へのレスです。
「ふくろう」って夜行性ですよね。それで「ふくろう」なのかもしれないですが、
それがもし「ふくろう」じゃなくて「彼女」だったら陳腐な流行歌になりますよね。
そこで「ふくろう」を選ぶところが山頭火のセンスのよさなんでしょうね。

290 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/21 01:15
ちなみに僕は山頭火と放哉の句の区別がついてないのですが、どっちがどっちなんでしょう?
ちゃんと読んでないせいなんですが、美香さんは放哉はどうなんですか?

291 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/21 01:17
実は僕にも自由律俳句の作品があります。

今年流した去年のうんこ ―― 工藤居茶聞

292 :吾輩は名無しである:03/02/21 01:22
今年流した去年の涙

293 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/21 01:33

いっそハゲてしまいたい

不味い飯をさも美味そうに食ってみる

物言わぬ青春の日のまたひとつ暮れて歯ぎしり

公演のハトと墓地のカラスの見事なすみわけぶり

お互いの悲しみが折り重なってドラマツルギー

縁側でこれみよがしな猫ののび

294 :吾輩は名無しである:03/02/21 01:43
工藤の自信は和歌か短歌で雑誌に掲載されたとこから来てるんだろうけど、
そんなものは誰でも載るんだよ。

295 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/02/21 01:58
>>294
そういうのは鑑賞眼に自信のない人の負け惜しみですよ。
別に短歌賞を受賞したわけではありませんから、アマチュアとしては
うまい方という程度なんだろうとはわかっていますよ。とはいえ有名歌人
のコメントつきで掲載されるのは特によくできた歌だけですから、そう
いう扱いも受けたということでは自信を持ってもいいんじゃないでしょうか?
佳作での掲載なら確かに誰でもできることかもしれないですが。


296 :吾輩は名無しである:03/02/21 02:19
今日のビックリレス大賞 工藤伸一さん



297 :吾輩は名無しである:03/02/21 02:22
工藤くんはスレ荒らしがそんなに面白いのか。
きみが個人的なおしゃべりを書き散らすことで、スレは次々と
死んでいく。 もうこのスレに来るなよ。
文学板にもこないでほしい。自分の創作に打ち込んだらどうだ。

きみの躁病を迷惑に思っている香具師はかなり多いと思われ。

298 :工藤は約束を守れよ:03/02/21 02:24
199 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/05 00:45
>>197 どこかで勝負しますか?
負けたほうが切腹あるいは小指を詰めるというのではどうでしょうか?
………………………………………………………………………………
200 :吾輩は名無しである :02/12/05 00:47
>>199 いいよ。
………………………………………………………………………………
210 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/05 00:53
>>207 金では覚悟が足りません。あるいは来年の文學界新人賞などに
同時に応募して、負けたほうが指を詰めるという事でもいいです。
………………………………………………………………………………
211 :吾輩は名無しである :02/12/05 00:55
>>209
まちがいなく駆動は負けたら逃げるよ
………………………………………………………………………………
233 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/05 01:17
神奈川県相模原市栄町5−16サガミコーポ203号室
ここが僕の家です。くるならこいや。
………………………………………………………………………………
254 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/05 13:56
>>253 しかし腹を切るのであれば大きな勝負にしたいです。
三島賞受賞を賭けるなど。参加者のなかで受賞者が出なければドローでご破算。
参加者のうち誰かが三島賞を受賞し、負け組みがこぞって公開切腹ショウをすれば
とんでもなく話題性がでます。参加者全員の作品が候補に挙がればその時点から、
「このなかの誰が腹をかっさばくのか?」と文芸ファンならずとも息を呑んで選考
の進み具合に注目する事うけあいです。こういった身を賭した文学復興への方法論
こそが、三島の心意気を受け継ぐ事にも繋がるのではないかと思うのです。

299 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/21 09:13
おっと山頭火の話になっている(w

>>290
私的な感想としては、放哉は文学少女向け。「文学」という存在を愛している
ひとが放哉を偏愛しているような気がする。山頭火はもっと万人受けしている。
まるっきり文学や俳句になじみのないひとでも、すっと入っていけるところが
ある。たとえば俳句などはまったく知らなかったわたしのように。一般的には
放哉は自閉的、山頭火は開放的と言われている。わたしが天気にたとえれば曇り
が放哉で、ぽかぽか陽気が山頭火なのですが(w といっても山頭火が白痴的な
明るさを持っていたというのではなく、何度か悩んだ末の自殺未遂を起こしている。
それで翌日の日記には、「ああ、死ねなかった、風がすずしい」みたいなことが
書いてある・・・ 
「咳をしてもひとり」(放哉)と「鴉ないてもひとり」(山頭火)にすべてが
象徴されている、と書いていたひとがいました。どうなんでしょう。
わたしはとりあえず放哉の句を再読する気に今はなれません。

さて、まったく俳句的なセンスの欠けているわたしの感想を。
>>292の「今年流した去年の涙」は好き。うんこは汚いから。
>>293のなかでは――
「お互いの悲しみが折り重なってドラマツルギー」
これうまいね。うん、いい。いいから、いい。
「物言わぬ青春の日のまたひとつ暮れて歯ぎしり」
こういう世界観は嫌いではないけど、いささか時代錯誤かと。

え、わたしの俳句? 誰でも山頭火を読むと、こんなものならと自分で
俳句を作ってみたくなるらしい。わたしも然り。で、やってみたけれども
まったくダメ。感傷をぺたぺた貼りつけるだけになってしまう・・・
わたしに句作の才能は(も?)ないということです。おそらく観賞眼も(w

300 :吾輩は名無しである:03/02/21 09:27
>>295
だからーw
誰でも載るのに自信も糞もないだろ。
俺のダチも手慰みで載ってんだ。
国語偏差値40くらいの奴な。
プロの選評を何度も読み返して縋るなよw
お前の詩やなんやは分別されてないゴミだから前衛の芸術作品と紛らわしいだけで、
プロの誤解を受け易いんだw だいたいその手のプロなんてゴミ以下だけどな。
発行部数いくつなんだよ。編集は老人ばかりだろ。どのくらい投稿数あるんだよ。
お前の名前がおーいお茶の缶にあったら認めてやるよ。どうせ無理だろうけどw

301 :吾輩は名無しである:03/02/21 09:51
なんで自分の詩なんて貼ってんの? 勘弁してよ…

302 :吾輩は名無しである:03/02/21 09:51
300に禿しく胴衣だが、バカに何言っても無駄だよ。
基本的な読解力も無いんだから。


303 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/02/21 14:33
>>299
>「鴉ないてもひとり」(山頭火)
→「鴉啼いてわたしも一人」(放哉居士の作に和して)  山頭火

304 :吾輩は名無しである:03/02/21 14:40
何で美香のレスはこんなにむかつくのだろう・・・。
いつも不思議になる。

305 :白鑞金 ◆XQOqpD8gDY :03/02/21 14:44
>>299
>放哉は文学少女向け。
→「放哉全集(全三巻)」/ちくま書房。すみからすみまで読め。「文
学少女向け」だなどと、よくも言ってくれたものだ。どん底の不景気の
中、とりわけ社会人・会社員らから圧倒的支持を受けているのは、一体
どちらか。世間知らずもほどほどにしておけ。

306 :吾輩は名無しである:03/02/21 15:00
一喝されてる。果たして美香の反論はいかに???

307 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/02/21 16:00
白鑞金さん、ようこそ山頭火スレへ。ずっと過疎が続いていたので嬉しいです。
>>303での間違いの訂正、ありがとうございます。うっかり覚えているつもりで
失敗しました。そう「わたしも」ひとりだったんです。

>>305
おそらくわたしの書きかたが良くなかったのでしょう。もう少し「私的な感想」
にすぎないことを強調しておくべきでした。白鑞金さんのように勘違いなさるの
も無理はありません。わたしはあくまでも「私的な感想としては」と前置きを
おいた上で、「文学少女的だ」と思っただけです。まさか白鑞金さんが他人の
感想まで束縛したがるような方だとは思えません。そうそう、わたしはこれでも
かなりシェイクスピアを読み込んでいるのですが、シェイクスピアスレに書き込ま
れる色々な感想をいつも楽しく読んでいます。この作品を読んだら、かならず
きまった感想を持たなければならないということは決してないわけです。
白石昇というコテハンが「ハムレット」の感想として、「シェイクスピアという
人はずいぶん女にモテなかったんだなぁと思った」と彼のHPに書いてありましたが、
これには大受けしました。そのひとでなければ出で来ない感想ほどおもしろい
ものはないと思うのです。それこそが2ちゃんの魅力だと。専門的な知識を
得たいのならば学術書でも読めばいいのですから。
白鑞金さんはどう思われますか?

白鑞金さんは放哉や山頭火にお詳しそうなので、ぜひともいろいろ教えていただき
たいものです。すごいですね。「放哉全集(全三巻)」をすみからすみまで
お読みになっているとは。心底、放哉がお好きなのでしょう。
わたしは半年振りぐらいに山頭火の句集を読み返しているところです。

308 :吾輩は名無しである:03/02/21 16:01
力量のある相手にはマンコ全開のレスをする美香であった。

309 :門野です ◆XQOqpD8gDY :03/02/21 19:05
>>307
白鑞金師匠に聞きましたところ
「どこにも『?』や『!』のない場合はアドバイス。
 別に怒ってませんよ。気長に学んでね」
とのことです。             (ぽん)

310 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/03/13 10:11
放浪じゃなくてもいいから旅をしたい。
でもきっかけがうまくつかめない。
山頭火は酔って他人に迷惑をかけたあと、
逃げ出すように放浪の旅にでることが多かったけれど(w

311 :吾輩は名無しである:03/03/13 10:21
>>310
くすくす

312 :吾輩は名無しである:03/03/24 20:17
 関西地方に住んでいる人には朗報です。
今夜11時17分からのABCテレビ「クイズ神助くん」では、
このスレ住人よろしく六十分間に渡り山頭火の特集があります。
小豆島での現地取材の模様もあり、ちょっとは楽しめそう。
 文学板住人は関東人が多そうだけど、この春休みには
文学ゆかりの関西の地へ旅しに来てみては如何ですか?
谷崎の神戸、織田作のミナミ、中上の新宮。ぎょうさんあるで〜!

313 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/03/24 20:24
>>312
情報さんくす。だけどわたし関東だ・・・
ABCテレビか。いま番組表をチェックしたけど、
少なくとも東京ではやっていないです。

あ、新宮は行ったことがあります。
熊野古道を歩きました。

314 :吾輩は名無しである:03/04/02 09:08
豚美香。

死ねよ。

315 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/04/12 08:56
文学板に山頭火のファンは少ないようである。

316 :吾輩は名無しである:03/04/14 03:09
>>315
超遅レスです。件の番組は期待していたほど良くは
ありませんでした。内容的には今、書店に出ている雑誌
「俳句αあるふぁ」(毎日新聞社)に放哉の転機と
題した特集がありますが(富岡多恵子が過去に書いた
エッセイの再録あり)、それよりも質は落ちると
評しましょうか。やっぱり在阪局の制作番組は
下らないです。まあ一応ビデオに録画はしておき
ましたので、美香さんが作家デビューされた暁には
出版社宛てに、これはお好きだと仰っていた柳町の
『火まつり』と併せてプレゼントさせて頂きますよ。
それまで乞うご期待ですね。

317 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/04/16 08:09
>>316
幅が広いひとなんですね。
わたし以外にシェイクスピア、中上、山頭火をカバーしているひとはいようとは!
山頭火好きってほかにどんな作家が好きなのだろう。
いろいろ山頭火本を読みましたけど、山頭火を論じているひと、
みんなかわいそうなくらい文学的な知識がなかったです。
自分の些細な日常を山頭火の俳句にむすびつけて論じた気になっていたり・・・
ところでいま寺山修司にはまっています。
寺山の短歌と山頭火の俳句を比較した論文はぜったいにないと思う(w
わたしから言わせればどこかしら似ているのだけど。
自由律で自然を詠った老俳人・種田山頭火、定型で反自然を詠った青春歌人・寺山修司。

318 :山崎渉:03/04/19 23:02
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

319 :吾輩は名無しである:03/04/28 08:26
彌生書房から出てる句集はどんな感じです?

320 :吾輩は名無しである:03/04/30 19:16
315Name:美香 ◆FE5qBZxQnw   sage 03/04/12 08:56
文学板に山頭火のファンは少ないようである。

自分のスレ運営のまずさを棚に上げてよく言うわ。

321 :吾輩は名無しである:03/04/30 20:04
>>320
スレの雰囲気、運営は個人でするものに非ず。
実際>>26-27>>56>>91>>170>>205>>250-258こういう
荒らしをする名無しこそ、まずい連中なのである。
スレ立て人自身は>>210->>229みたいに、うまく
コミュニケーションを取っているんだよ。

322 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/05/02 16:48
ちくま文庫がいちばん。手ごろなサイズ、エッセイもついているし。

>>321
ちゃんと見ていてくれる人がいて嬉しいです。

323 :吾輩は名無しである:03/05/02 16:54
http://www.geocities.com/umibe2003/

324 :吾輩は名無しである:03/05/20 20:49
山頭火さん・・・
好きです。

325 :山崎渉:03/05/28 09:07
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

326 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/06/07 16:03
「風呂で読む山頭火」はもう何度読んだことでしょう・・・

327 :吾輩は名無しである:03/06/12 03:12
美香論に粘着されてる気の毒な美香、お久しぶりです。
ここにレスするのも久方振りだ。しかし閑古鳥が鳴い
ちゃってるね。はは。寺山の新スレも立てられてないし、
最近また板住人が減ってるかな?ま、その理由も色々と
考えられるけどね。
でもちょこっと山頭火ネタを振っておきます。

モーニングっていう漫画週刊誌があるけど、そこで今、
山頭火の伝記が連載されている。作者は、いわしげ孝。
その内容はさておき、山頭火の句や日記を読んでいる
者として一言いえば、種田君の喜怒哀楽が余りにも
激しすぎ。もっと淡々と描くべきだね。

328 :吾輩は名無しである:03/06/12 06:36
>>327
情報、ありがとう。知らなかったです。
単行本化されたらちょっと読んでみたい。
喜怒哀楽が激しいのは、劇画の宿命でしょう。
かなり前に山頭火のテレビドラマを見る機会がありましたが、これも同じ。
あの山頭火役はだれだったか。
やたら激しく泣いたり笑ったりするので、辟易しましたいくぶん。

寺山の俳句はいまのところ読み返す気にはならないけれども、
山頭火はまた気になる存在になっています。
(寺山は若々しくてちょっとナマで食べるのはゴメンという感じ)。
そうそう、最近「風呂で読む」シリーズの石川啄木編を読んだ。
若死にしただけあって、寺山系というのか新鮮フレッシュ野菜。
うっかり落ちるといけないのでageます。

329 :吾輩は名無しである:03/06/12 21:57
 漏れも、GWの九州登山の旅に、山頭火の句集を持って逝って
読みますた。旅先で読むとはまるんやわ。

 山頭火を取り上げたドラマは、NHKで'89年に放送されている。
主演は故・フランキー堺。調べてみると、フランスだったかで賞も
もらったらしい。

 漫画に付いては、作者がストーリーを面白くさせるために
オリジナルキャラ(初恋の女性)を登場させたりしている。
 まだ山頭火が若い頃の話なので、感情の起伏が滅茶苦茶なのは
止むをえまい、と思われ。

330 :_:03/06/12 21:59
http://homepage.mac.com/hiroyuki44/jaz06 .html

331 :吾輩は名無しである:03/06/13 05:23
>>329
>主演は故・フランキー堺。調べてみると、フランスだったかで賞も
>もらったらしい。
そうそれ! 脚本はジェームス三木だったか。
山頭火の有名なエピソードを寄せ集めただけ。
ああいうのがオー、ジャパニーズ、キテレツ!
とフランス人に受けたのでしょう(w
フランキー堺の外見はたしかに山頭火そっくりだった。
けどあのいかがわしいオーバーアクションには・・・

>オリジナルキャラ(初恋の女性)
漫画にいちゃもんをつけるのも大人気ないですけど、
山頭火の女嫌いは筋金入りだと思うんですけれどもね。

それにしても「分け入っても分け入っても青い山」
と唱えながらの九州登山旅行はうらやましい。

332 :吾輩は名無しである:03/06/28 12:42
   /     /     /      /  /  / /
/     /     /     /     /   /   
                 ,.、 ,.、    /   /      
    /    /      ∠二二、ヽ    / /  
  /    /   /   ((´・ω・`)) まっすぐな 道で さみしい
               / ~~:~~~〈   /  
       /    /  ノ   : _,,..ゝ   / 種田山頭火
    /    /     (,,..,)二i_,∠  /    /

   /     /     /      /  /  / /
/     /     /     /     /   /   
                 ,.、 ,.、    /   /      
    /    /      ∠二二、ヽ    / /  
  /    /   /   ((´・ω・`)) 分け入っても 分け入っても 蒼い山
               / ~~:~~~〈   /  
       /    /  ノ   : _,,..ゝ   / 種田山頭火
    /    /     (,,..,)二i_,∠  /    /


333 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/06/28 12:45
↑かわいい

334 :吾輩は名無しである:03/07/11 23:45
カリスマお遍路 幸月こと田中幸次郎さん(80才・殺人未遂で指名手配中、NHKに出演して逮捕)について語りませんか?

335 :吾輩は名無しである:03/07/13 06:18
>>334
それは誰ですか。

ところで。
いま変なブームがあります。
名前は忘れたけど短歌。
戦争で右目を失明して酒びたりの歌人。
立ち読みしたけど、なんだかなぁ。
本物じゃない少なくとも。

山頭火のように放浪したい。

336 :吾輩は名無しである:03/07/13 23:38




ただの社会不適合者=自己厨で堕落者、有言不実行者





337 :吾輩は名無しである:03/07/15 07:27

頭の中に残っている句があって

「裏山にいっぽん 煙がのぼっている」

「生きかわり 死にかわりして うつ田かな」

誰の句かわからない。
放哉、山頭火と関係があるのかもわからない。
ググッてもわからない。知ってる人がいたら教えてほしいでつ。

338 :吾輩は名無しである:03/07/15 22:06
>>337
どちらの俳人も全句集が家にありますから、あした調べてみます。
どっちも放哉っぽい気がしますが、いまは酔っていますので。

339 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/07/17 08:35
>>337
>「裏山にいっぽん 煙がのぼっている」
放哉でも山頭火でもないようです。
放哉に裏山からはじまる俳句はなく、
山頭火にはふたつありました。
「裏山へしづかな陽が落ちてゆく」
「うら山すずしくよいうぐいすもいてくれて」

>「生きかわり 死にかわりして うつ田かな」
これも残念ながら放哉でも山頭火でもないようです。
定型の俳句ですしね五七五の。
関係ないけど山頭火にこんな句がありました。
「生きるも死ぬるもこの月を観よ」

お役に立てないでごめんなさい。早くわかるといいですね。

340 :UAYE ◆uaYejoOYtk :03/07/17 17:24
>種田
超俗の人になりたかったんですか?
ストレートに思いを読み込んでいる句が多いだけに残念です。

341 :吾輩は名無しである:03/07/18 00:23
>>338
>>339

ありがとうございます。
自分でも調べていたのですが、放哉でも山頭火でもないようですね。
好きな句なのですが謎です。

「春の山のうしろから煙が出だした」

これは放哉でしたかね。


「寝たいだけ寝たからだ 湯にひたす」 山頭火
JR九州?の広告コピーになってませんでしたか?


「何を求める 風の中ゆく」 山頭火

いま、これにハマってまつ。


342 :吾輩は名無しである:03/07/21 22:16
>「春の山のうしろから煙が出だした」
>これは放哉でしたかね。
そうです。晩年の小豆島時代の句のようです。

>「寝たいだけ寝たからだ 湯にひたす」 山頭火
>JR九州?の広告コピーになってませんでしたか?
それは初耳です。

わたしが最近、気になっているのは――。
「どうすることもできない矛盾を風ふく」(山頭火)
>「何を求める 風の中ゆく」
どこか似ていませんか。
341さんは積極的というか自主的というか。
んでもって、わたしは他力本願、無責任といったところか。

八月の暑い盛りにでも、山頭火をしのぶ旅に出ようかと思っています。
復元された「其中庵」やいくつかの句碑でも見てこようかと。
腰が重いのでどうなるみとかはわかりませんが・・・

あ、>>338>>339もわたしです。
あまりにも閑散としているので、名無しとコテを使い分けています。

343 :吾輩は名無しである:03/07/21 23:50
九州へ行くのなら是非豊後竹田に行くべき。
滝連太郎の実家や軍神広瀬中佐を祭った神社がある。
駅に流れる「荒城の月」を聞けば泣けてきます。
心行くまで泣いてください。


344 :吾輩は名無しである:03/07/22 23:31
創作(今)
「梅雨あけて愛慕が哀慕に変わりける」
創作(高校時代)
「炎天下乙女の脇に汗たまる」


345 :吾輩は名無しである:03/07/25 23:06
創作
「あはは。あはは。あははのは。」

346 :吾輩は名無しである:03/07/28 04:16

むかしのことだけど。
山頭火の息子がNHKに出ていた。痩せがたで黒縁眼鏡をかけた初老の男。
「まあ、山頭火のような男が一人ぐらいおってもいいとおもいますけどね」
九州弁でそうしゃべりながら、眼鏡を外して涙をぬぐっていた。
苦労させられたんだろうな、母親ともども。

九州は秋もいいよ。豊芦原瑞穂の国だからさ。
子供の背丈ほどに実った稲穂が風にゆられる風景を
見ていると倭のくにを想う。

山頭火スレだから、閑古鳥が啼いててもいいじゃん、美香。マターリ
「まっすぐな道で さみしい」 山頭火


347 :吾輩は名無しである:03/07/28 10:04
いろんな趣味があると思うけど、俳句や短歌が一番金がかからなくていいね。

348 :吾輩は名無しである:03/07/28 17:37
>>346
>「まあ、山頭火のような男が一人ぐらいおってもいいとおもいますけどね」
>九州弁でそうしゃべりながら、眼鏡を外して涙をぬぐっていた。

九州弁添削。「まぁ…三頭火のごたる男ン、ひとりぐらいおってもよかろうち、
思いますばってん…」

349 :吾輩は名無しである:03/07/28 22:58
ありがとう347、348。
彼女は心ある名無しさんからの誠実なレスを待っていたんだ。

350 :吾輩は名無しである:03/07/29 23:10
創作
「絶望の淵からロケットミサイル大発射」


351 :吾輩は名無しである:03/07/29 23:14
>350
創作は創作文芸板で。恥かいてる・・

352 :吾輩は名無しである:03/07/30 00:30
創作
「ノドンラオドン赤い国から大発射」

353 :吾輩は名無しである:03/08/02 03:39
蝙蝠が一匹、独り暮らしのこの部屋へ迷い込んできた。
ふと、山頭火を読みたくなった。

っつーか蝙蝠って可愛いな。

354 :山崎 渉:03/08/15 10:34
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

355 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/08/23 10:12
「山頭火 風の中ゆく」(村上護/春陽堂)を読む。
山頭火研究の先駆者・村上護さんの書いた戯曲。
全国で公演されたらしいけど、うーん、失笑した。
研究者が勘違いして創作に手を出すと目も当てられないという典型。
ドラマというものをまったくわかっていない。
ただ山頭火の生涯を戯曲形式で紹介しただけ。
戯曲としてやってはいけない「説明的台詞」で満たされている。
役者さんも困っただろうなと同情する。
山頭火はテレビや戯曲にするとなぜかつまらなくなるのはどうしてか。

356 :吾輩は名無しである:03/08/23 10:18
>>355
しょせん駆動を口洞だと認識できずに祀りあげてしまった人
(特にイニシャルM)がどんなに偉そうなことを述べたとしても
誰も本気には受け取ったりはしないと思う。
しかも、謝罪会見もしてないようだし。詳しくは知らない。




357 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

358 :吾輩は名無しである:03/08/30 08:27

最低最悪糞コテのジエン自己宣伝コピペ。スレ汚すな、アホが

359 :吾輩は名無しである:03/08/30 09:19
>>358
逆だってw「美香」=伝説のアホだとわかるコピペだろがw

360 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/09/13 10:43
心象と風景のあいだにあるものを拾おうとしたのが山頭火だったわけです。

361 :吾輩は名無しである:03/09/13 10:59
美香は身長ってどのくらいなの

362 :吾輩は名無しである:03/10/20 10:18
山頭火の全句集と日記かっちった。

んーーーすげえ沁みこむ。
孤独を受け入れるってことが俺にはできないから
うらやましくもある。

363 :吾輩は名無しである:03/10/20 10:20
362だが。

俺の好きなのは
「おちついて死ねそうな草萠ゆる」 山頭火

364 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/10/24 15:08
>>382
>山頭火の全句集と日記かっちった。
日記は文庫版の省略されたやつ? それとも古本?

独居句作→自作に不満→いらいら→泥酔→愚行→後悔→逃亡→放浪句作→疲れる→独居句作
山頭火の人生は上記のようにいわば無限ループであるわけです。

365 :吾輩は名無しである:03/10/24 16:23
ちらと覗いたところ、この板の平均年齢は14歳くらい?
それも登校拒否中かと思われるような…。書き込み時間からみると・・

あまり親に心配かけないようにね


366 :吾輩は名無しである:03/10/24 17:06
豚が文学を語るな

367 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/10/31 23:13
おお! 山頭火スレあるのか。いいとこだねえ。俺の好きな句を紹介。
「分け入れば水音」
「月夜の水を猫が来て飲む私も飲まう」
「雪をよろこぶ児らにふる雪うつくしき」
もっと沢山あるけど、一気には紹介せぬ。

368 :豚 克也:03/10/31 23:33
わかりましたぶー
もう かたりませんぶー

369 :豚 克也:03/10/31 23:33
わかりましたぶー
もう かたりませんぶー

370 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/02 14:15
>>367
ようこそ団長!
下二句。説明的で情緒あふれる俳句。
団長のほほえましい一面を見た思い。

先日、古本屋でなにかの雑誌の別冊「山頭火読本」を購入。
山頭火関係の本は読もうとすればきりがない。
素人が山頭火を見たことがあるというだけで本を書くから。
団長はいまの俳句の状況にも詳しい? 俳壇というのか。
わたしはぜんぜんダメ。季語とかも学校で習っただけだし。
なんか一句作ってみぃ。いよっ、純文学団長さん♪

371 :吾輩は名無しである:03/11/02 20:17
>>370
ほほえましいとこなんかないわーい。

ん? 俳壇ってか? 興味無し。
全く知らない。
文壇自体、興味が無い。
近代文学Onlyなり。

で、創作しろってか? 馬鹿がコピペしたりいやなんだけどなぁ……。

あの人思ひて歩けば草音


【自解説】
恋するあの人を思って散歩していたらこんな遠くに来てしまったよ。という俳句ね。

372 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/11/02 20:44
↑ななしになつてしまつた、

373 :吾輩は名無しである:03/11/02 21:35
薄ら寒い馴れ合いだなおい

374 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :03/11/02 22:06
>>373
馴れ合いなんかしてないぞ!

375 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/02 22:23
いま酒板をロムりながら飲んでいる幸せに♪
>あの人思ひて歩けば草音
を読んで、ふむむ、なかなか山頭火チックな句だなぁと思っていたら。
明朝にでも感想を書こうと思っていたら。
誰だ? ちゃかすやつは。なれあいだなんて。とんでもない。

>>374
そのとおりだ団長! 
よーし、わたしもと思って以前作った山頭火もどきの俳句を書こうと思ったら・・・
忘れている。すまん。明朝にそれもふくめてレスしようと思っていた。
まあ、これもアル中の山頭火さんのスレッドらしくていいのかもしれない。
嫌いではない純文学団長♪ 

376 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/02 22:50
あげ。
山頭火のすばらしさを広めるときが
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!


377 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/02 22:51
あげ。
山頭火のすばらしさを広めるときが
キタ━━━(゚∀゚)━( ゚∀)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━━!!!!!


378 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/03 10:30
良かった。
酔っていたため忘れていて自分の駄句をさらさずにすんで。
ふう。宮本輝も言っている。
山頭火を読んでいると、このぐらいだったら自分でも作れると皆が思う。
けれども実際にやってみるとどうにも思うようにいかないと。

だけどしらふの目から見ても、
>あの人思ひて歩けば草音
わるくないと思いますよ。

荒らしにとりつかれた「呪われたスレッド」ですがこれからもよろしく。

379 :吾輩は名無しである:03/11/03 11:13
お前が山頭火普及の一番の障害だということになぜ気がつかない
穢れるんだよ、山頭火が

380 :吾輩は名無しである:03/11/03 17:39
なんだかよくわからないけど
  ここに拳銃おいときますね
    _,、__________,,,、
    `y__////_jニニニニニfi
    〈_フソ ̄フ ,=-_,,,,-┴─'
    //o /rて__/
   ,//三/ / ̄"
  〈。ニ___/


381 :吾輩は名無しである:03/11/03 19:09
>>375
酔った勢いで即興するんじゃなくて
以前書いた俳句を引っ張り出そうとする時点で
表現者として終わってるだろ、普通に。

382 :豚・躾け係:03/11/03 21:26
>>368
豚は、>>370  >>375-378 だろうがw

>>374
馴れ合いというより、ここは徹底してジエンすれだからw
「宮本輝スレ」と同じく、豚がジエン裸踊りしている糞スレw
相変わらずIPも知らん低級な病気の糞豚女がw

383 :豚・躾け係:03/11/03 21:41
>>374
豚にかまうと、豚になるぞw(別スレにあった↓)

199 :吾輩は名無しである :03/09/05 22:18
「美香」というのは最低最悪のジエン糞コテなんだよ。
あれほど醜悪で低劣なコテハンは、2ちゃんでも珍しいんじゃないか?
豚だよまさに、自己中の豚。
「2ch」が一種公道のような公共掲示板であることを頭から無視。
臭すぎる自分語りジエンの涎と糞をそこら中に垂れ流し、
見境なく薄汚い糞スレをたてまくり…
紙屑ほどの価値もない糞レスで、文学板を屑箱のようにした。
くだらなさを通り越して、
病院に隔離の方が似合うキモさ。一片の同情にも値しない<糞コテ

384 :豚・躾け係:03/11/03 21:42
243 名前:吾輩は名無しである :03/09/08 00:38
スーフリよりも美香とか云うヤツが2ちゃんに出たのを何より恥ずかしく思う

385 :美香 ◆FE5qBZxQnw :03/11/04 21:17
>>381
そういわれると痛いなあ。あたまぽりぽりかいちゃう。

386 :吾輩は名無しである:03/11/04 23:10
呉茂一は日本語障害者。
呉茂一は日本語障害者。
呉茂一は日本語障害者。
呉茂一は日本語障害者。
呉茂一は日本語障害者。
呉茂一は日本語障害者。
呉茂一は日本語障害者。

387 :吾輩は名無しである:03/11/09 02:39
ぶた女視ね

388 :吾輩は名無しである:03/11/19 04:15
http://f12.aaacafe.ne.jp/~soccer/

山頭火特集

389 :吾輩は名無しである:03/11/19 13:30
>>388
結構まとまってるね

390 :吾輩は名無しである:03/11/23 06:53
山頭火といってぱっと思いつく季節は?
春夏秋冬。日本ほど季節に変化がある国も珍しいらしい。
だから俳句が生まれたのか。

391 :吾輩は名無しである:03/11/23 12:31
季語

392 :吾輩は名無しである:03/11/28 00:46
美香出て濃いよ

393 :吾輩は名無しである:03/11/28 19:22
美香キター!

394 :吾輩は名無しである:03/12/14 21:51
美香が2ちゃんをやめたのでこのスレにいい方向に向かいそうですね!

395 :吾輩は名無しである:03/12/29 04:54
あげ

396 :吾輩は名無しである:04/01/07 17:32
じっちゃんが山頭火と友達だったから家に山頭火自筆の書、色紙があるけど売れるんけ?

学生時代に尾崎放哉の弟子で名もらって名が放哉だったから生涯引越しばっかり50回以上。

遺伝的思考か この俺もこの若さでプ〜になってしまいまして月の半分は気楽に一人旅やってま〜す

彡  ビュ〜ゥ       彡
      彡 
      __      彡
 彡   ノ___\彡
    ノ_了▼Д▼) ……
    人 \/人,,    ::::
   ノノ 人ノ ノ入ゞ〜ゝ   ::::::::
  ノ入ノミ| \、 ノ入 (ゝ
  `⌒  ∪~∪⌒〜⌒
;;;;;;;;;;;;;;;;     ;;;;;;;;;;;;;;;;    ;;;;;;;;;;;;;


397 :吾輩は名無しである:04/01/07 18:26
371 :吾輩は名無しである :03/11/02 20:17
>>370
ほほえましいとこなんかないわーい。

ん? 俳壇ってか? 興味無し。
全く知らない。
文壇自体、興味が無い。
近代文学Onlyなり。

で、創作しろってか? 馬鹿がコピペしたりいやなんだけどなぁ……。

あの人思ひて歩けば草音


【自解説】
恋するあの人を思って散歩していたらこんな遠くに来てしまったよ。という俳句ね。


398 :吾輩は名無しである:04/01/07 18:42
分け入っても分け入っても赤い山

どう俺の句?

399 :吾輩は名無しである:04/01/07 20:04
>>396
>山頭火自筆の書、色紙があるけど売れるんけ?
売れます。以前、ヤフオクで山頭火直筆のハガキがでていました。
いくらだと思います? 十万円(w 高いのか安いのか。
買い手がついたかまでは確認していません。

>この俺もこの若さでプ〜になってしまいまして月の半分は気楽に一人旅
思う存分、野垂れ死にしてくださいませ♪

>>398
サヨですか?

400 :400:04/01/08 11:19
371 :吾輩は名無しである :03/11/02 20:17
>>370
ほほえましいとこなんかないわーい。

ん? 俳壇ってか? 興味無し。
全く知らない。
文壇自体、興味が無い。
近代文学Onlyなり。

で、創作しろってか? 馬鹿がコピペしたりいやなんだけどなぁ……。

あの人思ひて歩けば草音


【自解説】
恋するあの人を思って散歩していたらこんな遠くに来てしまったよ。という俳句ね。



401 :吾輩は名無しである:04/01/29 14:01
保守

402 :吾輩は名無しである:04/01/29 14:08

あの人思ひて歩けば草音


【自解説】
恋するあの人を思って散歩していたらこんな遠くに来てしまったよ。という俳句ね。





403 :吾輩は名無しである:04/02/07 09:05
山頭火は負け組か、勝ち組か?

404 :吾輩は名無しである:04/02/07 10:32
美香にスレを立てられたから負け組み

405 :吾輩は名無しである:04/02/09 08:01
モーニングの山頭火マンガよんでる人いる?

406 :吾輩は名無しである:04/02/09 12:29
まっすぐなみちでさみしい

407 :吾輩は名無しである:04/02/09 21:06
やっぱり山頭火といえばこの句だろ。

ちんぽこもおそそも湧いてあふるる湯

408 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/16 09:45
毎日グラフ別冊「尾崎放哉」を入手! ブックオフで。
写真がいっぱい入っていてとてもきれいでよろしい。

409 :吾輩は名無しである:04/02/16 09:58
揚げるな豚女

410 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/21 13:42
「別冊新評 山頭火の世界」(新評社)絶版
「山頭火読本」(牧羊社)絶版
「句集 草木塔」(「山頭火大全」講談社)を読む。
以下、感想。
山頭火をテーマにした戯曲、映画シナリオ(「別冊新評」)を読んだがどれもつまらない。
完全に山頭火に食われてしまっている。かなわぬ敵には近づくなという教訓。
しかし山頭火研究者にはろくなものがいない。いちど実物に会ったことがある
くらいで批評家面ができる世界なのである。どマイナーな世界。
山頭火を語ることで自分を語りたい、しろうとの自称研究家にはうんざり。
そんな中、対談で水上勉が上田都史(放哉・山頭火研究家)をこてんぱに
していたのは痛快だった。まったく文学者というのは業が深い=意地が悪い(w
いわく「山頭火さんには人間的な苦悩といったものが放哉さんよりふかく
感じられます」。こんな感じで放哉好きの上田都史を論破しつづけ、最後には
何も言えないようにしてしまう。「まったく水上さんの言うとおりです」と。
そして水上勉は「二河白道」を語る。
「二河白道」とは仏教の言葉。旅人が立ち止まっている。
というのも右に水(貪愛)、左には火(憎悪)で先に進めないからである。
その中間にぼんやりと白道が見えるだけ。危険極まりない道である。
かといってじっとしてもいられない。後ろからは赤鬼青鬼(道徳?)が追いかけてくる。
この白道は浄土に通じているという――。
水上勉は言う。山頭火は確かに「二河白道」を歩いたと。
同感。放哉は「個」を描いたに過ぎない。しかし山頭火は「個」を描くことから
「全」にいたっている。山頭火の俳句は全体に通じているのである。
「どうしようもない私が歩いてゐる」は「どうしようもないわたし」が
歩いているのではない。すべてが「どうしようもない」のである。
もう「わたし」は歩くほかない。「なんぼう考えてもおんなじことの落葉ふみあるく」。
山頭火は「個」(自由)を「全」(必然)をじっと見つめる。
「わたしと生れたことが秋ふかうなるわたし」。
「ここにかうしてわたしをおいてゐる冬夜」。

411 :吾輩は名無しである:04/02/21 14:30
豚女が何を言うか


412 :吾輩は名無しである:04/02/21 21:33
「三田文學」冬季号に金子兜太の
俳句に関するインタビューが載って
ましたよ。そいから・・・・・・
「俳句 α あるふぁ」2-3月号では
山頭火の特集をやっていましたね。
興味のある方は御一見あれ。



413 :吾輩は名無しである:04/02/21 22:00
美香はモーニングの山頭火漫画読んでるの?
実際はあんなもんじゃなくて更にどうしようもないダメ人間だったって本当?

414 :吾輩は名無しである:04/02/21 23:25
豚子ちゃんは漫画なんて読まないよ。
見栄っ張りの教養主義者だから。

415 :吾輩は名無しである:04/02/22 07:01
しかし山頭火が好きな26才の独身女ってのも・・・w
悲惨な人生送ってきたんだねw
がんばれ美香!

416 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/22 08:34
>>412
情報どーもです。
でも、なんだか読むまえからわかっているような気も。
水上勉レベルのひとが山頭火を論じてほしい。
自らの業も深い御仁に……。
金子兜太の山頭火論なんてつまらないもの。
それにしてもかれはたくさん本を書いているね。
俳句入門とか、そういう駄本を。

>>413
漫画は読んでいない。
今まで山頭火をテーマにしたもので傑作を知らない。
漫画といえば20年前くらいも劇画になったらしい。
だめだめな人間というのはほんとう。
近所のひとのあいだでは変人で有名だったらしい。
あの生臭坊主、また酔っ払って昼から道路で寝ていると。

>>414
そういうわけじゃないんだけども。

>>415
悲惨も悲惨、涙なしには聞けませんぞ。

417 :吾輩は名無しである:04/02/22 09:30
父子家庭で父親から性的虐待を受けて育ったからって悲劇の主人公顔をするなよ>豚

418 :吾輩は名無しである:04/02/22 09:32
美香さんたまにいいこと言うからガンバッテね。

419 :吾輩は名無しである:04/02/22 22:00
漫画スレでは、モーニングの山頭火漫画読んで
山頭火嫌いになった奴が沢山いるらしいよw

420 :吾輩は名無しである:04/02/22 22:30
文学板では、美香の山頭火スレ読んで
山頭火嫌いになった奴が沢山いるらしいよw


421 :吾輩は名無しである:04/02/22 22:31
私も山頭火の人間はあかんです。
あちこちに甘えてばっか。周りもこんな奴に酒呑ますなって思うよ。
孤独だ、俺はダメだと喚きながら、目下の俳友の家へ転がり込む
彼の行状は、この時代、人を「甘えてる」「甘えられると期待して
いる処が根本的にダメなんだ」と突き放す文化が未成熟だっただけ
に、もえらい迷惑をもたらしたでしょう。
で、烏ないてわたしもひとり、っとくるわけですからなぁ。

俳句そのものは味わうべきところもあるし、好きでもあるけれども、
それが自分の他人を顧みないほどのエゴイスティックな感傷から発し
ていることは自分で理解しておきたい。

422 :吾輩は名無しである:04/02/22 22:51
決してひとりじゃないのにねえ。アホかって感じ。

423 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/02/23 10:03
>>422
水上勉も放哉について同じことを言っていた。
なにが「咳をしても一人」だ。
死ぬ直前まで奥さんと文通していたくせに。
死ぬ直前まで奥さんに下着をあらわせていたくせに。
「咳をしても二人」と書けバカ放哉め、と(w

山頭火の甘えについてはね。
そこまで他人に甘えるというのはよほどのことではないと……。
いろいろ大変なこともあったらしい。
とまりにきた山頭火にこんなことを言った句友もいる。
「山頭火! おまえは放浪をしていい気分だがおれにかなうか?
おれはしがない勤め人だけど、こうして妻子と老母を養っている。
これは簡単なことじゃない。おれに比べたら山頭火、おまえはなんだ?」

山頭火はだまってうなだれていたという……。

424 :吾輩は名無しである:04/02/23 10:06
山頭火、海辺のカフカの図書館のシーンに出ていた。

425 :吾輩は名無しである:04/02/23 10:13
でも、人と交われるからこそ孤独を感じるっていうのもあると思う。

426 :吾輩は名無しである:04/02/23 10:25
俺の甘えはよほどのことかと自分でも思ってたから度し難いんですよ。
……このたびは、彼女(妻)もすっかり折れて私の気持ちが可成解った
やうであります……
放浪生活に倦み熊本の元妻と再定住を図った際の言いようは、甘えの開
き直りと申せませうか。じゃ、私もルンペンにならないように働きに行っ
て参ります。

427 :吾輩は名無しである:04/03/02 21:28
サライの『山頭火と歩く名水』(小学館)は、中々いい。
その俳句の中から水を詠んだ秀句を取り上げ舞台となった
場所をカラー写真満載で次々と紹介しているのが面白い。
曰く、山頭火は「きき水」の達人とのこと。酒じゃなくて。

428 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/02 21:32
>>424
お母様は井戸へ入水自殺。
水上勉は山頭火を一生井戸の周りをまわっていたと論じる。
温泉が好き、水が好き、酒が好き――。

429 :吾輩は名無しである:04/03/02 22:49
お前は書き込むな豚女
便所の周りを一生回ってろ

430 :427:04/03/02 22:56
へーー。流石に美香はよく知っているな。いや、単に俺が
無知なだけか。ははは。
それにしてもこの「晴れさうな水が湧いてゐる」なんてのは
キャッチーな句だよな。どっかのミネラルウォーターの
コピーにも使えそうだね。

ところで水ときたら次は風呂。
美香ご推奨の風呂でよむ山頭火を図書館で借りようとしたら
見開きに、風呂場では読まないで下さい、と貼り紙があって
苦笑しました。

431 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/03 07:43
風呂で読んでもちゃんと日向で乾かせばまずばれない。
しかし図書館もこしゃくなことをするものよと微苦笑。
図書館か。なにものも所有しないという山頭火の姿勢、見習わねば……。
そうそう山頭火は一ツ橋の図書館の司書をしていたことがあった。
種田正一(山頭火の本名)時代にはそうとうな読書家だったらしい。
いがいやツネゲーネフを翻訳したり(ほんとかいな)。
後年、若い句友に読書は必要かと問われて、
必要です、しかし実地の経験を軽んじてはいけないと答えていたな……。

432 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/03 07:44
ツネゲーネフ→ツルゲーネフ

433 :吾輩は名無しである:04/03/03 09:10
アホ


434 :吾輩は名無しである:04/03/03 22:22
ほう。そういや明治末〜大正の一頃には自然主義文学が
一大潮流となったけど、だからその流れに沿って正一青年は
ツルゲーネフを翻訳したのかもしれないね(と、想像して
みることも、また楽しい)。

しかし図書館に市役所勤めと、一応は社会人としての姿を
見せている時代があったけど、何れも神経衰弱が元で退職
してるんでしょ?こういう性格の人が、酒浸りになるのは
分からなくもないけれど、よくもまあ行乞流転の旅に出よう
という気になったもんだ。
今の時代なら確実に引き籠もりになってもおかしくない
と思うけどね。

435 :吾輩は名無しである:04/03/03 22:37
引き篭もるには実家が夜逃げ同然だったし、
既に妻子もいたし(もと名家の坊ちゃん。周りのお膳立で
やることやってんのよ)。
だから、終生、自分の責任というものを観念上でしか感じる
こたあなかったわけだ。批判されりゃーうなだれて、終わり。
「俺の苦悩は、終わらねぇ 誰にもわからねぇ」とかいいな
がら。

436 :吾輩は名無しである:04/03/03 22:55
>>435
そういう男は、何故か女を惹き付けるものです。

437 :吾輩は名無しである:04/03/03 23:05
京都に三等かの詩が勝手に使われてるショボイ店あった
菊川怜?東大出のタレントのパネルも勝手に使われてて店の宣伝の噴出し
レイに勝手に喋らせてる

438 :吾輩は名無しである:04/03/04 00:40
>>437
訴えろ

439 :吾輩は名無しである:04/03/05 22:49
30代の奴に「今の20代は山頭火すら知らない」と言われたけど、
30年以上も生きて、それだけ貧相な行脚しか重ねてないとはね。
哀れ。山頭火ぐらいしっとるわ!

自由律ってどういう成り立ちで興ったか知ってるのかねえ。
第一日本人のクリエイションてのは「俳諧」これに尽きる。
それを先ず理解してるようには見えない。
様々の文字列、つまり文学の集積が山頭火なんだよ。
思想風土、それまでの芸術体系、自由律宣言、層雲、
放哉、精神分析、心的トラウマ、幻覚、
最低それぐらい知らないとね。(全然足りないけど)
畢竟、イズム先行の極々理知的な俳句なのだよ。わかるかな〜?低脳オジサン?

440 :吾輩は名無しである:04/03/05 22:57
↑そのコピペはアレンジしてもつまらん。
それ以上のスレ荒らしは止めとけよ。

441 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/06 09:37
>>434
放浪とひきこもりはたしかに似ている。
どちらも日常との関係を遮断する、の意味で。
>よくもまあ行乞流転の旅に出ようという気になったもんだ
意識的にか無意識的にか、良い俳句を作りたいという欲望があったのでは?
放浪中の俳句を評価するひとは多い。

>>436
しかし山頭火はさっぱりもてなかった……。
山頭火ってくさくて汚そうじっさいに会ったら。

>>437
著作権がとっくに切れているからべつにいいのでは?
びみょーにむかつくのは村上護とかいう山頭火研究家。
山頭火を紹介することで自分が食べていく、なんか卑怯。
他人のふんどしで相撲をとるっていう言葉あったっけ?

442 :吾輩は名無しである:04/03/06 09:45
>>441
もてないところは美香も山頭火と同じだなw

443 :吾輩は名無しである:04/03/06 10:58
さすらいの街にミモザが咲いている 平成16年 

444 :吾輩は名無しである:04/03/06 15:29
山頭火をなまぬるいって言ってたの誰だっけ?

445 :吾輩は名無しである:04/03/12 23:16
きりのいい数字を崩してみる

446 :吾輩は名無しである:04/03/13 07:44
この道をたどってもむなしいことばだけ

447 :吾輩は名無しである:04/03/23 10:25
さるいてもさるいても藍色のことばが空しい

448 :吾輩は名無しである:04/03/23 22:52
弥生三月ほろほろとことばが咲いてもさびしい

449 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/23 23:25
山頭火が飲む酒を飲んでいる夢

450 :吾輩は名無しである:04/03/24 00:14
どこから来たのかどこへ行くのか

451 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/24 00:19
わたしが酔っている山頭火も笑っている

452 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/24 00:21
酔っているわたしが笑っている山頭火も

このほうがいいかも。ことばってむずかしい。

453 :吾輩は名無しである:04/03/24 00:50
決定稿!
酔っている笑っているわたしと山頭火

454 :吾輩は名無しである:04/03/24 00:51
酔っているわたしを笑う山頭火 

酔眼に後ろ姿が笑って見えた

とかな。ていうか、マジで酔ってるだろ美香さん。句がゆるい。

455 :吾輩は名無しである:04/03/24 10:50
ネット人の自由律は難しかろう。さるいてさるいて山道を滑って転んで
世界が少しわかる。静寂を実感する。そういえばさっきの家では、坊主
にやる金はないと怒鳴られた、生存の寂しさを感じた。が、いまは山が
ひっそりとしている。包み込まれるような感じだ。そうではないのかも
しれないが、経験の果てに言葉があると思う。漂泊は憧れだがなかなか
難しい‥‥漂泊できないから漂泊ができた山頭火に憧れるのかも

456 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/24 15:39
>>455
経営する酒蔵を捨て、妻を捨て子を捨て、俗世間も捨てた(出家した)山頭火。
もっとも捨てたいもの=自分(自我、執着)は最後まで捨てられなかった山頭火。
死ねないから生きている山頭火、母や弟のように死ねないから酒を飲む山頭火。
そんな山頭火が生涯通して捨てようとはしなかったものがある。
――俳句である。

>>454
酔っていないとこんないっぱしの口もきけるのですが。ごめんなさい。
「山頭火が飲む酒を飲んでいる夢」は工夫を凝らしたつもりだけど。
「山頭火が飲む/酒を飲んでいる夢」ではなく、
「山頭火が飲む酒を飲んでいる/夢」だと気づけば。
山頭火がおいしそうに飲んでいるお酒を横取りしたいな……。
それでもたいしたことはない? ふたたび、ごめんなさい。

457 :吾輩は名無しである:04/03/24 23:58
そりゃ判ってます。ただ、描きたい世界は
短歌向きだろうな。

句に「山頭火」の文字を入れると長すぎるし。

からすとんでわたしもひとり

は「もひとり」で、誰へのオマージュかわかる仕掛け。
句内にすべて取り込む必要はなかろう。

ほろほろとかの人の酒に流し込みわたし捨てたき夜半の独り居 

まぁ、ドングリなことやってみました。夢って言葉は
説明しすぎる気がするんですよなぁ。夜もだが。
そもそも、なんで山頭火の酒を横取りしたいのか。
カップルの痴情の悪戯めいたことを山頭火にしかけたいのか?
山頭火には孤独を忘れるためには酒があったが、自分にはそ
れすらない、という思いをいれたいのか?
横取りすることで伝えたい気持ちは何なのでしょう。

458 :457:04/03/25 00:09
ううむ、書き込んで改めて「夜半の独り居」のダメさ加減に悶える思い(w
オートマチックに書いちゃって、そのまま送信したのがバレバーレ。
こりゃね、羞恥プレイの一種だな。

459 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/25 20:11
>>457
そんな真剣に……いや、ギャグですから。
酔余の一興というのか、わたしの駄句は。
>「山頭火が飲む酒を飲んでいる/夢」
ただの悪ふざけです、ごめんなさい。
と、まず言っておいて、ふと独り言。
山頭火が酒を飲まなかったら(友人が飲ませなかったら)、
かれはもっと芸術家として大成したのではないかという意見が一部にあります。
まあ、ただのこじつけですが。もし山頭火が飲んだお酒をわたしが飲んでいたら、
かれの俳句はどのようなものになったのか……。あはは、あとづけです。
でもお酒あっての山頭火。お酒を飲んでいる山頭火の写真、どれもほほえましい。
とみろで山頭火の背中(うしろすがた)は「蹴りたい背中」なんですかね(w

460 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/25 20:21
訂正)→ところで


>ほろほろとかの人の酒に流し込みわたし捨てたき夜半の独り居
????

461 :吾輩は名無しである:04/03/25 22:03
逃げ道を用意しすぎな奴は誰だ!

462 :457:04/03/26 00:42
>>460
そーいう気持ちを盛り込みたかったのか、と推測してつくりました。
違ったら、それまで。てか、美香さん、彼の酒をあなたが呑んでも、
彼の句は違いはしないよ。あなたの片思い。で、

女抱いてもひとり

とか書かれて終わる。山頭火は読んで楽しむだけにして自分の
実作に励みなさいって。

463 :吾輩は名無しである:04/03/26 01:48
>>462
同感。
いいとこついてるなあ。

464 :吾輩は名無しである:04/03/26 01:49
まぁ酔いの興を、そんなに真剣になってもなぁ。
深追い悪かったですね。気にせず。
そろそろこっちも酒の酔いが醒めてきましたので逃げ道に避難(W


465 :吾輩は名無しである:04/03/26 02:26
でも彼女はかなり推敲しているようだったしね。
それをギャグで済まそうというのはちょっと・・・。
まあいいんだけどさ。
真剣にとりあったあなたは間違ってない。

466 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/26 12:34
もしかして怒られてますわたくし?

467 :吾輩は名無しである:04/03/26 14:20
美香ブログやれよ

468 :吾輩は名無しである:04/03/26 20:45
完全に美香の負け。

469 :美香 ◆FE5qBZxQnw :04/03/26 22:44
>>467
プログって何とぐぐってわかったのは「ブログ=web日記」。
ちがう?
アンサー。やらない。ホワイ? だれも見てくれないから。

>>468
勝ち負けではない、それは俗世間での基準ゆえ。

>>466
「もしかして怒られてますわたくしが」
にしたらば五七五になりますね。

470 :468:04/03/26 22:47
うわー、予想通りのレス。

471 :吾輩は名無しである:04/03/27 17:34
関係うすいけど山頭火って恵比寿のラーメン屋うまいな。
スレタイに 微妙にからんだ ドクンレス
ターメンを スープにからませ ずずずずず
レスをしてもひとり

472 :吾輩は名無しである:04/03/27 21:17
誰もみていなくともブログをやる。むしろやる。
山頭火に近づくのではないじゃないですか!
わたしはその孤独には耐えられそうにはありませんが。

>>471

曇った眼鏡でラーメン掬う

レスをしてふたり





473 :吾輩は名無しである:04/03/28 21:52
セブンイレブンのインスタントラーメン山頭火もウマイ。
それからダイソーで山頭火集が100円で買えるんだね。


474 :吾輩は名無しである:04/03/28 22:04
ダイソーは創価

475 :吾輩は名無しである:04/03/28 22:12
【作品名】男ぞ硬介
【作者】川三番地
【問題の箇所】単行本1巻の中ごろ
【キャラ名】美香
【詳細・備考など】
美香を含む生娘トリオが女に弱く下着を見ただけで鼻血を出す主人公をからかう
ために編み出した「秘儀十二単返し」とか言う技。
スカートを穿いている中からパンティーを脱ぎそのまま足を上げて中を見せるが
技の名前のようにホントは12枚穿いているから大丈夫。しかしパンティーを脱いだ
という先入観があるから本物を見たという錯覚に陥り相手(まあ主人公だけだが)に
強烈な衝撃を与えるという技だったが、ある時体育でむれるからという理由で1枚しか
穿いてなかった美香がこの技を使い・・・ 
  なんて設定だったな。


476 :吾輩は名無しである:04/03/28 22:15
いずれ作家になるって奴が日記書いても誰も見てくれないとか
言ってるんだもんなw

477 :吾輩は名無しである:04/04/06 20:11
花びらの雨がさびしい夕まぐれ

478 :吾輩は名無しである:04/04/08 16:09
どこまでも散る花がついてくる

479 :吾輩は名無しである:04/04/09 18:12
咲かない言葉がここにも咲いている

480 :吾輩は名無しである:04/04/10 08:29
ネットに咲く花はせんない今日も天気よろし

481 :吾輩は名無しである:04/04/16 21:11
美香さん、いくら叩かれても、あなたは
名無しで作ってちゃあかんよ。


482 :吾輩は名無しである:04/04/20 22:49
言葉のぬめりが恋しい今夜も酒を食らう

483 :吾輩は名無しである:04/04/25 05:45
ちょっと名無しであげてみよう

484 :吾輩は名無しである:04/04/29 07:41
虚実の言葉にまろんでネットがひっそり

485 :吾輩は名無しである:04/04/30 22:01
まろんで?

まどろんで ではなくてか。

難しいものだな。

486 :吾輩は名無しである:04/04/30 23:31
マルドロールの歌

487 :吾輩は名無しである:04/05/01 09:06
すべって転んで山がひっそり うん、まろぶ、のね。
歩行妄想中に彼は転んで自然の静寂に気づく。人それぞれだが、ネットの
山頭火というのはどうもなと思う。

146 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)