5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

佐藤春夫

1 :後援会長:02/03/29 23:33
亡くなって早38年。
忘れられつつある文豪を語るスレ。

2 :吾輩は名無しである:02/03/29 23:40
門弟3000人だっけ?

3 :後援会長:02/03/30 00:43

そうでございます ガセだったことはご存知でせうが

4 :後援会長:02/03/30 00:52
文化勲章の春夫

5 :後援会長:02/03/30 00:52
サンマが一番有名な春夫

6 :後援会長:02/03/30 00:53
心筋梗塞で死んでしまった春夫

7 :後援会長:02/03/30 00:54
だれか新宮市の記念館に行ったことのあるお前らはいるか?

8 : :02/03/30 00:56
「痴人の愛」のナオミのモデルになった人が数年前亡くなった時、
新聞に出た連絡先は春夫の息子さんとこだった。
ま、唯一の親類だから当たり前か・・・

9 :吾輩は名無しである:02/03/30 01:00
佐藤春夫
http://mentai.2ch.net/book/kako/994/994696972.html
佐藤 春男 の詩の意味を教えてください
http://mentai.2ch.net/book/kako/1003/10039/1003982464.html

10 :吾輩は名無しである :02/03/30 01:03
師匠の荷風を戦時中「非国民」呼ばわりした春夫

11 :後援会長:02/03/30 01:03
すみません
やはり過去スレがあったのですね
これから読みます

12 :後援会長:02/03/30 01:05
わーーーーーー
みじかーい
過去の人なんだな

13 :後援会長(無知):02/03/30 01:06
10 へぇ荷風伝とか書いているのに?

14 :後援会長(無知):02/03/30 01:08
顔がおもろいねぇ

魅力的だよな
出っ歯で
やややぶにらみ?

15 :吾輩は名無しである:02/03/30 01:15
>>13
だって、菊池寛とともに大日本文学報国会のトップだったもの。

16 :吾輩は名無しである:02/03/30 01:15
厭世的になるのもやむを得ない。

17 :吾輩は名無しである:02/03/30 03:15
>7 ありますよ。速玉神社のとこですね。
あんなにきれいに移築されているなんて驚きました。
もし一軒家を注文建築できるなら、参考にしたいですね。まあ、一生ないだろうけど。
生家跡は交差点でけっこう車が多くて、写真を撮りにくかったです
好きな作品は「西班牙犬の家」です。

18 :吾輩は名無しである:02/03/31 00:09
須永朝彦いわく「大正時代を代表する作家」。が適切な評価かと。

佐藤春夫のエピソードで好きなのは邱永漢に向かってのセリフ
「ハゲが似合う人はハゲるし、白髪が似合う人は白髪になるものだ」

19 :吾輩は名無しである:02/04/04 02:55
hage

20 :吾輩は名無しである:02/04/04 10:03
ラジオ番組で語ってて、「私は幸運にも…」と言ったところで逝ってしまった
幸運な人。

21 :吾輩は名無しである=20:02/04/04 10:08
↑スマン、佐藤最期の言葉は「私は幸いに…」だった。

22 :今週は土曜も出勤で憂鬱:02/04/04 22:45
亡くなる時はラジオ番組の収録だったが
局は亡くなった時も瞬間もそのまま
流したらしいぞ!

聞いた人いるか?
いるわけねぇな
昭和39年のことだもんな

23 :今週は土曜も出勤で憂鬱:02/04/04 22:48
千代さんていつ亡くなったか
知っているお前らはいるか?

24 :吾輩は名無しである:02/04/04 23:49
>>23
 昭和56年から58年の間のどこかなんだけど。ズバリでなくてスンマソ。


25 :吾輩は名無しである:02/04/04 23:59
「ズバリ」、イイ!

26 :吾輩は名無しである :02/04/06 10:48
三島由紀夫は佐藤春夫を見て長生きしてもろくなことはないと悟ったそうだ。
つまり、春夫なかりせば三島の自決もなかったかもしれん。春夫万歳!

27 :吾輩は名無しである:02/04/06 12:29
ここの住人は臨川の佐藤春夫全集を揃えているのかね?
定価で30万を軽く越えるあの全集を。

28 :考える名無しさん:02/04/06 12:44
>>26
それ出典忘れたが、林房雄、佐藤春夫と言及して「石原慎太郎氏も老いて同じ道を辿るであろう」
と書いてたやつだね。
石原についてもある意味予言は当たったかも。

29 :吾輩は名無しである:02/04/06 14:27
27 そろえてないけど
結構、大学の図書館で借りた
巻頭に1枚ずつ写真があった

30 :吾輩は名無しである:02/04/06 14:30
春夫さんは知事が嫌いだったんだね
いま「石原慎太郎さんが東京都知事になったよ」って言ったら
なんていうかなぁ


31 :吾輩は名無しである:02/04/06 14:32
驚いてもう1回心筋梗塞になってもう1度死ぬかもなぁ

32 :吾輩は名無しである :02/04/06 15:09
佐藤春夫はトレードの専門家なので野球界に行ってたら伸びたな。

33 :吾輩は名無しである:02/04/06 22:53


          阪神ワッショイ!!
     \\   7連勝ワッショイ!! //
 +   + \\ 星野監督ワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\   /■\   /■\  +
      ( ´∀`∩ (´∀`∩) ( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ (つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ  ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)



34 :吾輩は名無しである:02/04/06 23:30
小説智恵子抄ってどこまでホントナンデショウ

35 :吾輩は名無しである:02/04/07 00:02
「薔薇を恋する話」だっけ?
最後に作者が「この話から意味とか教訓を読み取ろうとしても無駄である!」
みたいなことを宣言して終わっちゃう小品。なんか好きだった。


36 :吾輩は名無しである :02/04/07 00:25
「太陽の季節」の芥川賞受賞に猛反対した選考委員・佐藤春夫

37 :吾輩は名無しである:02/04/07 00:52
そう言った意味じゃ、あの頃は文壇にもまだ良心があったな。

38 :吾輩は名無しである:02/04/07 22:35
『解釈と鑑賞』がいきなり春夫特集組んだのは何故?
生誕・没後ウン十周年とか、新全集が出るといったイベントもないのに。

39 :吾輩は名無しである:02/04/10 20:17
後援会長はどこへ行ったんだ?職務放棄だな。

40 :吾輩は名無しである:02/04/11 03:35
>>38
 そう言われてみれば、そうですね。あと2年で没後40年ですが、プレプレイベント、でしょうか? 
>>39
 同意
 スレッド、少しずつだけど、伸びているのにね。
 
 ところで、お墓参り、行った人います? 知恩院しかないんだけど。

41 :40:02/04/11 04:41
 私がお参りしたのは知恩院だけ、ということです。念のため。
 伝通院にもあるそうですが。

42 :後援会長:02/04/11 07:25
すみません
22 23 29 30 31 33は俺です

43 :吾輩は名無しである:02/04/11 16:36
谷崎なんかより、ずっとずっと春男に愛されて、
千代さんは良かった良かった。

44 :後援会長:02/04/11 17:26
43 谷崎さんて本当にモテたみたいだねぇ
最晩年に手紙を交換してた人はまだ存命してるらしいし
最期に撮った写真が女優と一緒に写した写真なんだって
それから1週間後に亡くなったとか

45 :後援会長:02/04/11 19:15
法政の校歌はいい!
かっこいい!

青年日本の代表者

なんかオオマカな詞だけど
東京6大学の校歌のおかげで
はからずも現代において一番知られている
佐藤さんの詩はこれではないか?

46 :後援会長:02/04/11 19:18
        阪神ワッショイ!!
     \\   勝率9割ワッショイ!! //
 +   + \\ 星野監督ワッショイ!!/+
                            +
.   +   /■\   /■\   /■\  +
      ( ´∀`∩ (´∀`∩) ( ´∀`)
 +  (( (つ   ノ (つ  丿 (つ  つ ))  +
       ヽ  ( ノ  ( ヽノ   ) ) )
       (_)し'  し(_)  (_)_)


47 :吾輩は名無しである :02/04/11 19:50
うーん、このスレと中上健次スレが揃って上がってるね〜。
重複してる住人はいないのかな?

48 :吾輩は名無しである:02/04/11 19:56
>>後援会長さん
千代氏と佐藤氏との関係をかたってください。

49 :後援会長:02/04/11 21:45
47 ああ 出身地が同じなんですね?
48 全然知らないんだけど
母親(昭和10年代生)に聞いたら
雑誌とかに出ていたから
「顔も覚えている」とか

いまは誰も知らない…

50 :我輩は名無しである:02/04/14 19:08
岩波文庫の短篇集が大好き
「美しき町」「F・O・U」が素敵
「陳述」も凄い

51 :吾輩は名無しである:02/04/14 23:09
>>50
「陳述」はホラー。

全集の「のん・しゃらん記録」はSFでラストがホラー。

52 :吾輩は名無しである:02/04/18 16:45
age

53 :吾輩は名無しである:02/04/18 16:49
間違ってsageてしまったのであらためてage

54 :吾輩は名無しである :02/04/19 23:35
「わんぱく時代」を映画化した大林宣彦の「野ゆき山ゆき海辺ゆき」は
鷲尾いさ子のヌードが見られるということでマニア垂涎の作品。

55 :吾輩は名無しである:02/04/26 02:16
>>54 
それはお昌ちゃん役なのでしょうか。確かロケ地は尾道だったような記憶もあるんですが。レンタルであるのかな。

56 :吾輩は名無しである:02/04/26 20:56
佐藤春夫原作の映画って「野ゆき山ゆき海辺ゆき」だけ?

57 :吾輩は名無しである:02/04/26 23:34
>>55
友達のきれいなお姉ちゃん、お昌ちゃん役ですね。
映画の舞台は尾道ですが、一部新宮周辺でもロケやってます。
尾道と新宮は町の雰囲気がよく似てるので設定にもあまり違和感はありませんでした。

58 :55:02/04/27 02:58
>>57
 レス、ありがとうございました。レンタルビデオ捜してみます。

59 :吾輩は名無しである :02/04/28 22:44
>>56
佐藤春夫の映画化作品全リスト
「野ゆき〜」を入れてわずか4作品
http://www.jmdb.ne.jp/person/p0126870.htm

60 :吾輩は名無しである:02/04/28 22:47
>>59
佐藤春夫の幻想小説とかミステリーは映画になってないのか…。
ちょっと残念。

61 :吾輩は名無しである:02/04/29 03:47
>>59
 ありがとうございます。
 1930年に作品があるとは知りませんでした。
 夕陽と拳銃は檀一雄の小説でしたっけ。
>>60
 確かに、ちょっとした幻想短篇映画にもなりそうな作品もあるね。
 
 

62 :吾輩は名無しである:02/05/11 01:24
ちくま文庫の「怪奇探偵小説名作選」で選集出たね。
誰か買ってない?

63 :吾輩は名無しである:02/05/25 18:10
会長

64 :吾輩は名無しである:02/05/27 21:26
「都会の憂鬱」を今読んでる。完全なひきこもり小説だね。
昔の私小説的な作品は今読むとどうしてもギャグになってしまうね。

65 :吾輩は名無しである :02/05/27 21:35
都会だろうが田園だろうが、どこでも憂鬱になるらしいからな。笑うよ。

66 :吾輩は名無しである:02/05/27 21:57
日本は戦争に負けていない。戦闘に負けたんだ。
なぜならアジアの国々は独立したじゃないか。っていったんだっけ?

67 :吾輩は名無しである :02/05/27 21:59
>>66
知らなくて恐縮なのだが、もう少し詳しく教えてくれ。

68 :吾輩は名無しである:02/05/27 22:10
>>67
阿川弘之がエッセイ(国を思うて何が悪い)でかいてるよ。

「日本は戦争に勝ったんだ。戦闘に負けただけだ」
と常々言ってそうです。弟子や好意的な編集者が密告されやしないかひやひやしてたらしい。

日本の戦争目的はアジアの国々の独立だったんだ。フィリピンもインドネシアもインドもビルマもみんな独立したじゃないか。
つまり日本の戦争目的が達成されたわけだ。これは日本が戦争に勝った証拠じゃないかね。
ってな具合らしい。

ちなみに戦後、アメリカで日本趣味が流行したときに
「これも日本が戦争に勝った証拠だよ」

戦後の「一億総ザンゲ」に対しての不満でもあるらしい。

69 :68:02/05/27 22:11
いろいろ省いたけど。まあ、内容は変わってないと思うので。

70 :67:02/05/27 22:15
>>68 Thanx
このスレに書くのも憚られるが、やっぱ俺、谷崎の方がいいわ。おもしろすぎるよ春夫。

71 :吾輩は名無しである:02/05/28 20:57
三百人劇場で中村登監督の「智恵子抄」を見た。
丹波先生の高村光太郎は楽しめたが、
眉毛がない岩下志麻の智恵子が怖かった・・・

72 :吾輩は名無しである:02/05/28 21:17
「おお薔薇(そうび)、汝病めり!」

73 :吾輩は名無しである:02/06/05 02:25
フラテage

74 :吾輩は名無しである:02/06/09 23:31
「日曜美術館」見逃しちゃった。
西村伊作(春夫ファンなら当然知ってるよね)の展覧会やってるのって何処?

75 :吾輩は名無しである:02/06/23 02:33
「国文学 解釈と鑑賞」のバックナンバーが見あたらないんですけど、
もしかして売り切れ?

76 :吾輩は名無しである:02/07/09 14:10
age

77 :吾輩は名無しである:02/07/09 18:13
>>74
和歌山県立近代美術館。7月14日までなんで、行くならお早めに。

78 :吾輩は名無しである:02/07/09 20:11
ちくま文庫『怪奇探偵小説名作選 佐藤春夫集』読んでる。オモロイ。

79 :吾輩は名無しである:02/07/19 04:00
age

80 :吾輩は名無しである:02/07/29 20:14
夏だからこそ春夫を。

81 :吾輩は名無しである:02/08/10 05:11
age

82 :吾輩は名無しである:02/08/10 06:07
日本浪漫派かコギト同人時代の
作品は、現在文庫などで手に入
るのでしょうか?

83 :吾輩は名無しである:02/08/12 05:13
退屈読本

84 :吾輩は名無しである:02/08/26 04:15
age

85 :吾輩は名無しである:02/09/10 10:36
ああ、今日も憂鬱だなあ!

86 :太宰:02/09/25 02:38
佐藤さん一人がたのみでございます。私は、恩をしっております。私は、すぐれたる
作品を書きました。これから、もともっと、すぐれたる小説を書くことができます。
私は、もう十年くらい生きていたくてなりません。私は、よい人間です。しっかりし
ておりますが、いままで運がわるくて、死ぬ一歩手前まで来てしまいました。芥川賞
をもらえば、私は人の情に泣くでしょう。そうして、どんな苦しみとも戦って、生き
ていけます。元気が出ます。お笑いにならずに、私を、助けて下さい。佐藤さんは私
を助けることができます。

87 :なだそうそう:02/09/25 04:09
佐藤のスレがたって少しうれしかった。太宰の書き込みをみて殴りたくなった

88 :無名草子さん:02/09/25 14:32
>>86って太宰治が春夫に実際に宛てた手紙だよね。こういうの書ける奴の神経を
疑う。それを「太宰のなりふり構わぬ真摯な態度」とか「必死の懇願を黙殺した
川端も佐藤も冷血漢」みたいに評する奴らがいるから頭痛いよ。


89 :吾輩は名無しである:02/09/25 14:40
あげるようなことをほのめかす佐藤もろくな人間じゃないね。
太宰も嫌いだけど。

90 :吾輩は名無しである:02/09/27 12:05
中上スレに負けるな!!!!!!!!!!

91 :吾輩は名無しである:02/10/15 04:06
保全age

92 :吾輩は名無しである:02/10/15 11:24
お前ら、新宮に行かずして佐藤を語れると思うのか。
西村伊作記念館と一緒に行ってきな。それと、中上文学の舞台となった浮島にも行っておいで。
那智黒アメもなめておいで。

93 :吾輩は名無しである:02/10/21 00:01
で、結局この人の作品はどこが魅力なの?
田園の憂鬱だけ読んだけど・・・

あ、別に煽りではないです。

94 : ◆GQgggggggg :02/10/21 00:07
意図的にやっているのかどうか、文体が妙に歪んでいるような印象を受ける。

95 :吾輩は名無しである:02/10/21 00:09
◆GQgggggggg は一行以上考えてから書き込みなさい。

96 : ◆GQgggggggg :02/10/21 00:13
>>93
代表作とされる「田園の憂鬱」よりも、個人的には「晶子曼荼羅」のほうが面白かったように思う。

晶子と鉄幹に対する過剰な感情移入ぶりが好ましいね。

97 :吾輩は名無しである:02/10/26 01:42
>>96
この人の作品を味わうのに、鉄幹や晶子を読むのは必須でしょうか?

98 :吾輩は名無しである:02/11/05 03:43
マゾッホの翻訳を手に入れた。
こんな仕事をしていたなんて、やるなあ春夫。
俺はどっちかっつーと谷崎が好きなのだが、
あれこれ想像しながら読むとするか。

99 :吾輩は名無しである:02/11/05 15:59
age

100 :吾輩は名無しである:02/11/13 17:30
100

101 :吾輩は名無しである:02/11/13 19:32
田園の憂鬱を読むとバッドトリップに陥る。

102 :吾輩は名無しである:02/11/23 16:50
浮上

103 :吾輩は名無しである:02/11/23 16:51
>101
わかる。なにを気取ってんだい、とか思うナ。

104 :吾輩は名無しである:02/11/23 19:18
「F・O・U」のこと、ずっと「U・F・O」だと思ってた…不覚。

105 :吾輩は名無しである:02/12/04 21:55
http://www.nhk.or.jp/bs/guide/g_movie_bs2.html
金曜日の午後にNHKBSで「野ゆき山ゆき海辺ゆき」が放映されるようです。
鷲尾いさ子の乳見たい人必見。

106 :吾輩は名無しである:02/12/05 15:32
白銀の頭蓋骨age

107 :吾輩は名無しである:02/12/07 01:43
BSの「野ゆき 山ゆき 海辺ゆき」観ちゃった。
なんか良かったなあ。
鷲尾いさ子って今何してんだろ・・・。

108 :吾輩は名無しである:02/12/07 14:27
>>107
仲村トオルとハァハァしてる真っ最中。

109 :吾輩は名無しである :02/12/10 21:34
仲村トオルと鷲尾いさ子は
ホモとレズの偽装結婚疑惑あり。

110 :吾輩は名無しである:02/12/10 21:51
七輪で焼き上げた秋刀魚に蜜柑と大根おろしを添えて炊き立ての新米を食う。
幸薄き暮らしの中での、このささやかな贅沢を佐藤先生も許してくださるだろう。

111 :吾輩は名無しである:02/12/11 16:20
111                                      

112 :吾輩は名無しである:02/12/19 05:54
age

113 :吾輩は名無しである:02/12/19 06:02
★最新情報★
http://yahooo.s2.x-beat.com/linkvp/linkvp.html

114 :吾輩は名無しである:02/12/31 17:19
age

115 :吾輩は名無しである:02/12/31 22:14
>>all
以前、開高健が「風に訊け」で「近代日本屈指の国文学者」と言っていたが、どうよ?
漏れが知る限り、開高氏は他人を褒め称えるってことをあまりしない人だったので気になるんだが。

116 :吾輩は名無しである:02/12/31 22:18
開高は梶井基次郎の崇拝者だが

117 :吾輩は名無しである:02/12/31 23:27
この人の本領はやっぱ短編小説のコントの妙味にあったと思う。
三島が短編小説家としてポーの影響大であることは
自他ともに認めるところではあったが、
俺が思うに佐藤経由のポーだったと思う。
佐藤こそ「日本のポー」の称号がふさわしい。

118 :吾輩は名無しである:03/01/11 05:12
age

119 :山崎渉:03/01/20 08:08
(^^)

120 :吾輩は名無しである:03/01/21 23:45
論文が面白過ぎる。

121 :吾輩は名無しである:03/01/21 23:48
たいしたことねーよ。
イナガキタルホ

122 :吾輩は名無しである:03/01/22 00:01
>>121
イナガキのも面白いんだよ!畜生!

123 :吾輩は名無しである:03/01/22 19:29
大学で現代文学の試験に西班牙犬の家が出題されてニンマリ。

124 :MJ:03/01/30 01:40
短編「窓ひらく」も絶品ですよ。
芭蕉の「秋ふかき隣は何をする人ぞ」の世界が、そのまま心境小説になったような作品です。

125 :吾輩は名無しである:03/01/30 01:44
>>122
賛成したる!

126 :吾輩は名無しである:03/03/02 05:04
来年は没後40年。何かイベントはあるのかな。

127 :吾輩は名無しである:03/03/03 23:09
>>126
生誕100年の時も何もなかったから、
たぶんないよ。

128 :tantei:03/03/03 23:13
★あなたのお悩み解決致します!!
●浮気素行調査
彼氏、彼女、妻、夫の浮気を調査致します!!
●盗聴器盗撮機発見
あなたの部屋に誰かが仕掛けているかも!!
●行方調査
行方不明になっている家族の消息を調査致します!!
●電話番号から住所割り出し
一般電話、携帯から住所を割り出し致します!!
●ストーカー対策
社会問題ともなっているストーカーを撃退致します!!
その他人生相談からどんなお悩みでも解決いたします!!
 直通  090−8505−3086
URL  http://www.h5.dion.ne.jp/~grobal/
メール  hentaimtt@k9.dion.ne.jp
   グローバル探偵事務局 



129 :吾輩は名無しである:03/03/03 23:16
>>126
生没をディケイドごとにやってたら、
毎年誰かのやんなきゃいけないし、
これから人は増える一方。
君の心の中で「40年なんだ」と、
ボソッと思ってなさい。

130 :吾輩は名無しである:03/03/05 00:18
このスレ読んで佐藤春夫は新宮の生まれだと知りました。
新宮に行ったときには記念館に行こう。

131 :吾輩は名無しである:03/03/09 23:25
このスレ侘しすぎる。

132 :吾輩は名無しである:03/03/12 17:53
女人鬱死

133 :吾輩は名無しである:03/03/16 23:03
「あなた、三月にお父さんから頂いた三百円はもう十円ぽっちよりなくなった
のですよ。」彼はそれに答えようともしないで、突然口のなかで呟くように
ひとりごとを言った。
「おれには天分もなければ、もう何の自信もない……」

134 :吾輩は名無しである:03/03/17 17:04
A・F・O・U

(*゚∀゚)アホウ!

135 :吾輩は名無しである:03/03/17 18:43
のんしゃらん記録
慈善デー
下層社会――どん底の世界。

136 :吾輩は名無しである:03/03/21 22:53
文学板の住人の45%は春夫の門弟3000人の残存部隊で
あったことが発覚。

137 :吾輩は名無しである:03/03/21 22:54
http://f-cc.com/~momonga/

138 :吾輩は名無しである:03/04/03 20:41
マッカーサーに助命嘆願書を書き
庄野英二を死の寸前から救ったのも佐藤春夫。

139 :山崎渉:03/04/19 23:34
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

140 :ウキウキ ◆yTejge/2ww :03/04/27 17:04
>134
うまい♪

「F・O・U」はまじでイイ!
というわけで保全age☆

141 :吾輩は名無しである:03/04/27 17:10
文学=夢の世界との混同
つまり下等学問

142 :勘弁 ◆cheerzFXQc :03/05/06 11:31
命日。

143 :吾輩は名無しである:03/05/07 04:11
>>142
ありがと 昨日、命日だったね。

144 :吾輩は名無しである:03/05/07 04:39
やはりageとく。生誕112年目、没後40年目にそれぞれ突入だし。

145 :吾輩は名無しである:03/05/19 04:49
>>1というか後援会長はどうしたのかな
阪神、好調じゃないか。佐藤春夫はどこのファンだったの?

146 :山崎渉:03/05/28 09:09
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

147 :我輩は名無しである:03/06/02 07:04
過小評価されすぎてるよなぁ

148 :我輩は名無しである:03/06/02 23:33
古本屋でもなかなか見つけられず  鬱だし能

149 :我輩は名無しである:03/06/03 16:09
古本屋にもなかったから新潮文庫の「田園の憂鬱」買ってきて読んだ。
活字が読みやすくなってるね。助かった!
一日で読んだが  内容的には うーーん・・・


150 :吾輩は名無しである:03/06/09 19:13
え!?
忘れられつつあるんですか。
すごい、好きなんですけど。

151 :我輩は名無しである:03/06/10 20:23
>>150
なにより本屋に並んでないし

152 :吾輩は名無しである:03/06/11 18:25
そうかも。。。
いつも、図書館で借りて読んでるんで気付かなかった。



153 :吾輩は名無しである:03/06/12 01:00
「田園の憂鬱」なんかえばってる、奥さんに

154 :我輩は名無しである:03/06/13 22:12
今日「美しき町」岩波文庫を読了
これは面白い!
短編だから通勤途中でも気軽に読める
一冊 どうよ?

155 :吾輩は名無しである:03/06/14 02:01
>>154
主人公のテオドル・ブレンタノの実在のモデルは春夫の幼なじみの西村伊作(イサク)だね。
(実物も日本人離れした風貌だった)
ついでに「F・O・U」の気狂い留学生のモデルは伊作の弟の大石七分(ステファン)。

156 :我輩は名無しである:03/06/14 08:02
イヤァ・・・勉強なっちゃうなぁ

157 :我輩は名無しである:03/06/16 21:42
実際の西村さんはどんな人物だったのよ?

158 :吾輩は名無しである:03/06/16 22:27
>>157
西村についてはけっこう色んなサイトがあるみたいだけど、
たとえばこれが詳しいな。
http://www.rifnet.or.jp/~t-syuji/

あと書籍では加藤百合の『大正の夢の設計家』(朝日選書)が決定版だったが、
今は絶版。

159 :我輩は名無しである:03/06/17 05:47
またまた勉強になっちゃったよ どうしよう 頭良くなっちゃって

160 :我輩は名無しである:03/07/14 07:03
読んでみようかな と上げ

161 :吾輩は名無しである:03/07/14 21:08
マッカーサーに助命嘆願書書いて
庄野英二の命を救った話なら聞いたことがある。


162 :161:03/07/14 21:11
あ、>>138でガイシュツだったか。


163 :山崎 渉:03/07/15 08:48

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

164 :吾輩は名無しである:03/07/19 14:20
age

165 :吾輩は名無しである:03/07/21 06:29
谷崎との3P伝説

166 :吾輩は名無しである:03/07/28 06:42
都会の憂鬱って文庫で出てますか?

167 :吾輩は名無しである:03/07/28 10:35
>>166
昔は旺文社から田園の憂鬱とペアで入ってる文庫版(箱入りでちょっと
豪華)があったけど、岩波の文庫には入ってないんじゃないかな。

168 :吾輩は名無しである:03/08/01 22:20
>>166
漏れは新潮文庫1994年版18刷で持ってる。
今絶版だったら、ブクオフあたりで地道に探せ。

169 :安全地帯:03/08/01 23:02
http://elife.fam.cx/a009/






170 :山崎 渉:03/08/01 23:47
(^^)

171 :吾輩は名無しである:03/08/02 10:32
この人と、足穂と誰だっけ。
誰かが文壇三大醜男と言ったのは。

172 :我輩は名無しである:03/08/04 18:47
>>171
菊池寛だっけ・・・?

173 :吾輩は名無しである:03/08/05 07:53
大江が受賞したときの芥川賞選評を見ると、こいつの
老害っぷりがあからさまで、笑える。

174 :吾輩は名無しである:03/08/05 22:50
結局、慎太郎と大江、のちの右左大物双方をけなしまくってたんだよな、このジイさん。
いったい何だったんだろう。

ところで『諸君!』最新号では小特集やってるね。
川本三郎がいろんなエピソード綴ってる。

175 :山崎 渉:03/08/15 10:13
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

176 :吾輩は名無しである:03/08/30 22:42
この夏、新宮に行った人いまつか?

177 :吾輩は名無しである:03/09/14 00:41
俺新宮出身で、高校に佐藤のことばっかり喋る国語の先生がいて、なにかっつーと
「春夫は・・・春夫は・・・」ってうるさいよ!ぐらいに思っていたが、
スレがあるほどの有名人だったのか…読んだこと無いから読むよ。すまんかった。
ちなみに、佐藤春夫記念館はそんなわけ(?)で行ったこと無いが、西村伊作記念館
は何度か行ったな。ハイカラなつくりで良いぞ。

178 :177:03/09/14 00:41
おっと、私はこの夏新宮へ行きましたw>176

179 :176:03/09/14 17:50
>>177 >>178
レス、サンクス
10年以上前ですが、佐藤春夫記念館と西村伊作記念館にも行きましたよ。確かにハイカラでした。何度も行ったなんてすごいです。
次に新宮に行けるのはいつか分からないけれど、再訪したい気持ちだけは持ち続けてます。

180 :吾輩は名無しである :03/09/14 19:42
中上健次記念館も作って欲しいという要望もけっこうあるようだが、
ただでさえのこの不況、公共事業抑制の時代に人口4万の小都市じゃ
無理だろうな。

181 :176:03/09/14 19:50
>>179
何度もといっても地元ですから・・・
西村記念館はすいてるし、おっちゃんがコーヒー出してくれたりするし、
庭もきれいだし、デートで行ってたのです。穴場ですw

182 :吾輩は名無しである:03/09/14 22:34
>>180
いまだったら佐藤春夫よりも中上健次記念館の方が客は呼べると思われ。
あ、スレ違いだったか。すまそ。

183 :176:03/09/14 23:25
中上健二の方がメジャーだと思うけど、
なぜか地元では佐藤>>中上の扱いですね。
年寄りがいろいろ決めてるからか?

184 :176:03/09/14 23:27
ついでに言うと、西村記念館も佐藤記念館も、客を呼ぶとかいったことは
一切考えていないっぽい。
慕われて記念されている、様に思える。
中上も読んだこと無いんだけど、わりと差別問題とか扱ってるらしいし、
余計年寄りには人気無いのかも。

185 :吾輩は名無しである:03/09/15 00:08
中上健次邸、つーか実家見に行ったことあります。
一応○○地域内にありますよね。
あの家も西村邸とは違う意味でけっこう立派な造りで、
ご母堂とか亡くなって住む人いなくなったら
記念館に転用する手もあると思いますが。

186 :吾輩は名無しである:03/09/15 09:29
すまん、「バリ島」って読んだ方いらっしゃる?
どうですか?

187 :吾輩は名無しである:03/09/15 20:26
>185
それだな。西村邸も佐藤のもどっちも本人の家を
残してるだけだしな。

188 :吾輩は名無しである:03/09/17 20:27
>>187
佐藤記念館は東京のをそのまま移築したものでしょ。
佐藤が新宮で暮らした二軒の住居はどちらももう跡形も無く、
碑だけがひっそりと立っている。

189 :吾輩は名無しである:03/10/01 21:06


190 :吾輩は名無しである:03/10/23 04:24
age

191 :吾輩は名無しである:03/10/24 09:13
(σ・∀・)σ ageてみようかしら?

192 :吾輩は名無しである:03/10/28 20:11
この人はどうも名前が平凡でいかん。
それによって損してるよ。
これじゃ現在じゃ忘れられちゃう。

193 :吾輩は名無しである:03/12/20 18:41
age

194 :吾輩は名無しである:03/12/30 11:42
私は幸運にも……



age。

195 :吾輩は名無しである:03/12/30 11:48
巨人  00勝00敗0分  .000  0.0
広島  00勝00敗0分  .000  0.0
横浜  00勝00敗0分  .000  0.0
中日  00勝00敗0分  .000  0.0
産経  00勝00敗0分  .000  0.0
阪神  00勝00敗0分  .000  0.0

196 :MJ:04/01/14 02:29
おお薔薇 汝病めり!! この恍惚 この陶酔 まさに春夫の世界

197 :吾輩は名無しである:04/01/15 22:07
あー春夫先生が今もし芥川賞選考委員だったらなー、
あんなヴァカな受賞結果にはならなかっただろうに!

198 :吾輩は名無しである:04/01/17 09:02
海辺の恋 口語訳してください
至急お願いしますまじで

199 :しょうもない垣内カイト:04/01/17 10:25
 文京区 目白台。 椿山荘&講談社創業の野間邸、のそばに佐藤の旧宅あり、だそうだが、いつも、
そばまで行って、見学果たせず。菊池寛 三角寛の旧宅も近い(雑司が谷)。文学ファンは、
目白台界隈、散策しても、損は無い。音羽通りには、講談社の高層ビルと光文社。

200 :吾輩は名無しである:04/01/22 21:34
やっぱ、大手出版社から全集が出ないことには、なかなか再注目
される機会はないんじゃないでしょうか。

とかなんとかいうのはどうでもよくて、200ゲット〜(^▽^)v

201 :純文学団長 ◆xyX.vGXBSY :04/02/15 13:17
丸谷読本に載っているね。

202 :吾輩は名無しである:04/03/01 00:52
堀口大学との友情がイイ!



203 :吾輩は名無しである:04/03/01 00:52
堀口大学との友情がイイ!



204 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/23 18:21
鯖移転にともない、スレのならびが不規則になったようで、このスレが下から50に入っています。
たぶん大丈夫だとは思いますが、念のため、あげておきます。


205 :吾輩は名無しである:04/04/14 01:17
age

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)