5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

長野まゆみ・・・どうですか?

1 :吾輩は名無しである:02/03/01 21:02
某板で純文学扱いされていたので、とりあえず立てます。

・・・純文学・・・まさかねぇ・・・。

2 :吾輩は名無しである:02/03/01 21:03
ショタコン小説の人だっけ?
ついでに2ゲト

3 :吾輩は名無しである:02/03/01 21:08
>2
とある板でそのショタ表現が「純文学では当たり前」
となっていました。

・・・当たり前ですか?

4 :吾輩は名無しである:02/03/01 21:11
純文学だったのか・・・・
ガ━━(゚Д゚;)━━ン!

5 :吾輩は名無しである:02/03/01 21:11
ていうか適当に言ったらほんとにそうなのかよ・・
まあ純文学でロリはたくさんあるから、ショタがあってもいいんじゃないか?
ていうか1は本人?

6 ::02/03/01 21:18
1です。でも本人じゃないです。

でも長野まゆみは「文壇では文学者として扱われている」らしいです。
・・・マジ??

7 :吾輩は名無しである:02/03/01 21:46
カエレ・・・

8 :Tango:02/03/01 21:59
天球儀文庫いいね!



・・・装幀が。

9 :吾輩は名無しである:02/03/01 22:13
テレヴィジョンシティは最高です
これ基本

10 :吾輩は名無しである:02/03/01 22:34
新世界も最高です
これも基本

11 :吾輩は名無しである:02/03/01 23:09
少年アリスは最高です
これは基本中の基本です

12 :吾輩は名無しである:02/03/01 23:11
長野あゆみ 駄目です!名前からして逝けてません

13 :吾輩は名無しである:02/03/01 23:12


14 :吾輩は名無しである:02/03/01 23:19
Mうちそこね、まあ大差ないって!

15 :吾輩は名無しである:02/03/01 23:19
>鮎
そんな美味そうな名前じゃありません。歌もうたいません。
少年いじめてます。それだけです。

16 :吾輩は名無しである:02/03/02 00:13
雨更紗は題名がいい
それだけです

17 :吾輩は名無しである:02/03/02 00:53
文庫は一冊が100P程度しかありません。
だから読みやすいのです。これ親切。

18 :吾輩は名無しである:02/03/02 01:35
しかも字がやたら大きいのです
これ親切        ・・・かな

19 :吾輩は名無しである:02/03/02 01:44
さすが先生・・・読み手のことをこれほどまでに
考えられているとは・・・感服しました
伊達に純文学やってませんね(藁)


20 :吾輩は名無しである:02/03/02 02:53
長野まゆみのファンってぇのはやっぱり女が多いのかね?
男がエロ本読むように、女も長野まゆみを買うわけか?

21 :吾輩は名無しである:02/03/02 03:00
高級ポルノならぬ高級やおいです。

22 :吾輩は名無しである:02/03/02 03:34
>高級ポルノならぬ高級やおいです。

じゃあ立派な文学だな。「失楽園」が文学を僭称できるくらいだからな。

23 :吾輩は名無しである:02/03/02 03:49
内容について騙ってやれよ

24 :吾輩は名無しである:02/03/02 13:01
内容は無いよう

なんつて

25 :吾輩は名無しである:02/03/02 20:46
どうやらライト板にばれてしまいました
・・・どうしようかなぁ〜〜〜

26 :吾輩は名無しである:02/03/02 20:54
>どうしようかなぁ〜〜〜

じゃ、もう一回言っておこう
内容は無いよう

27 :吾輩は名無しである:02/03/02 20:59
ヤマ無しオチ無し意味無しというくらいだからな

28 :吾輩は名無しである:02/03/02 21:02
1=真正厨房ハケーン。

29 :吾輩は名無しである:02/03/02 21:12
>>27
なんか、なつかすぃー香り(笑)。

30 :吾輩は名無しである:02/03/02 21:53
とりあえず30get

31 :吾輩は名無しである:02/03/02 21:58
ココノアドレスサラシテキタ。(w

32 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:02
キサマ・・・なんて事を!!
長野まゆみの文学者としての評価を問う為のスレなのだぞ、ここは!!


33 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:11
何がしたいのかさっぱりわからん
叩きたいのか?語りたいのか?

34 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:15
遊びたいんです

35 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:23
長野まゆみって紀伊国屋でマンコ晒して自殺未遂したあの長野まゆみ?


36 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:25
・・・ファイナルアンサー??

37 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:27
ていうか、誰?

38 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:29
こんなの上げといちゃダメだよ・・・

ハッキリ言って恥曝しです

39 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:29
・・・・正解!!

40 ::02/03/03 00:06
ああ、、、ここは死んでしまったようだ。
やはりライトノベル程度で文学板にスレを立ててしまった呪いか、、、

41 :吾輩は名無しである:02/03/03 00:08
ビクビクしてんじゃねーヲタが!

42 :吾輩は名無しである:02/03/03 00:31
そういえば長野まゆみのマンコにアイスの棒突っ込んでかき回した男が先月逮捕されたよね

43 :吾輩は名無しである:02/03/03 00:54
速やかに死になさい

44 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:03
どっかの文学賞の選考委員にちゃっかり収まってるのを
見つけたときは、さすがに呆れたぞ。

45 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:11
>>42 冬なのにアイス? 沖縄とかの話? 

46 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:17
アイスの棒はマンコをかき回すために夏のうちにいっぱいため込んでたらしい
真相は長野まゆみがそうしておいて欲しいとねだったかららしい

47 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:18
>>46 あずきアイスだったいやだなあ。あずきが残ったりして・・・

48 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:23
マンコと肛門の2本ざしをして長野まゆみがキレたのは文壇の常識

49 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:24
その2本ざしであずきをつまんで隣の皿に移すという練習をしてたのも
文壇の常識ですよね。

50 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:25
「あずき」だと思ったらウムコだったりして!!


51 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:31
ウムコだと思ったらあずきだったりして!!

52 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:31
切れ痔になった長野まゆみを介抱した京極夏樹と沖縄でストローウンコしたことは
沖縄では伝説として語りつがれている

53 :吾輩は名無しである:02/03/03 01:35
あの有名な「安里やウンコ」の元ネタね。

「うーれしはずかしなみまーのウムコー、はーよいよい」と。

54 ::02/03/03 01:40
ごめんなさい。
二度とライトノベル程度を文学板に立てませんから、
もう許してください。

55 :吾輩は名無しである:02/03/03 05:05
えらく下品な女だな。

56 :吾輩は名無しである:02/03/03 10:37
つまり1の目的はライトノベル程度が純文学
気取ってんじゃねぇ!ボケが!!もしくは、
純文学とか言ってんじゃねぇ!ドキュソ信者が!!
と言いたかったわけですね。その程度のことで
板縦断して煩わしいことしてんじゃねぇ!ボケが!!
あずきつまむぞ!!

57 :吾輩は名無しである:02/03/03 10:59
>>55
あはは、ほんとだ。
さすが長野まゆみ。
文学板でここまで汚いスレは見たことないよ。

58 :吾輩は名無しである:02/03/03 18:59
で、結局長野まゆみって純文学なの?ライトノベルなの?
それともただの変態??

59 :吾輩は名無しである:02/03/03 20:26
 長野まゆみは描写が美しいのが良いところだが、それだけである。とも言える。。
 中身も空虚だし、純文学ではない気がするが、ああいう砂糖菓子めいた
描写が気に入れば楽しんで読める。とくに美少年に萌えない男でも。
 ただ最近は描写が露骨になって萎え。
 あと作品に自分の意見を入れるべきではないと思う。この人は。

60 :吾輩は名無しである:02/03/03 20:57
文学に必須である苦悩や悩みを持っていないのではなかろうか?
綺麗な言葉や表現が全てであって、そこに道具としての少年がおざなりに
恋愛(?)めいたモノをしているに過ぎないようにしか見えない。

道具をいかにに綺麗に見えるか、を追求しているだけのものを果たして文学
というであろうか?

61 :吾輩は名無しである:02/03/04 00:26
晒しaga

62 :吾輩は名無しである:02/03/04 00:51
「綺麗」って漢字で書かないで・・・おながいだから・・・<60

63 :吾輩は名無しである:02/03/04 01:01
>文学に必須である苦悩や悩み(>>60

苦悩や悩みは現実の側にあって
それを免れた優美さや「綺麗」さといったものを
文学に求めることも許されるのではないでしょうか?



64 :吾輩は名無しである:02/03/04 01:13
>それを免れた優美さや「綺麗」さといったものを・・・

読み手に合わせて書かない事と、免れるは違います。
それはあざといのです。文学とは醜さを、汚らしさを
えぐらねばなりません。存在し得ない少年ではなく、
存在する少年を書くのが文学です。美しさを書くのなら、
道具に頼るのではなく、その主題によって示さなければ
なりません。と、思う次第。

62>・・・なんで??

65 :吾輩は名無しである:02/03/04 01:20
>>64
>62>・・・なんで??

なんとなく。いやらしいから。まー、趣味の問題ですが。

66 :吾輩は名無しである:02/03/04 01:48
・・・そうですか・・・。

そう言えば長野まゆみって耽美系なのかな?
私は最近の彼女の作品は読んでないので知らないが、
初期の頃は「宮沢賢治+同性へのあこがれっぽいもの」
しか感じなかったが、どうなのだろう?

67 :吾輩は名無しである:02/03/05 01:27
晒しage

68 :吾輩は名無しである:02/03/05 02:32
ライトノベル板から作品レベルで語れや、ゴラァ!!
と言われましたので、作品で語ります。

でわ「テレヴィジョンシティ」です。
オチありません。(続く)


69 :吾輩は名無しである:02/03/05 19:07
文章力ぜんぜんないくせに、むづかしい漢字使いたがりすぎ。

70 :天体議会:02/03/05 21:45
高校生の時大好きだったけど いつのまにか読まなくなってた
20才過ぎてこの人の小説好きな女はヤバイと思う
読むのは少女の頃だけにしとけって感じ

森茉莉も美青年・美少年同士の恋愛小説をいくつか書いてるけど
彼女は別にそういうものに憧れて書いてる感じはなくて
すごくクールというか 男女の恋愛と変わらない感覚で書いてると思う
だから読んでて恥ずかしさは感じない
でもこの人って明らかにそういうのに憧れて書いてるよね
それに気づくとなんかもう読めなくなった

でもいまだに読者の大半は女子高生だと聞きました
それってある意味すごい実力だとも思う
長野まゆみ好きな女子高生は、長野を卒業した後、
結構イイ文学好きになる素質はあるんじゃないかと思うよ
それこそ森茉莉とか、タルホとか、賢治とか
本格的に読むようになったりしてさ(って私のことだ)

71 :吾輩は名無しである:02/03/05 22:00
>この人って明らかにそういうのに憧れて書いてるよね

そういう世界に通じている自分に酔ってるってことなのかな?
よくわからないが、何をやらせても中途半端という印象はある。

72 :吾輩は名無しである:02/03/05 22:44
新世界を読んだが、中途半端どころか己の欲望を書くためだけに
「少年」という別個の生き物作っちゃうんだから・・・異常だよ。

73 :吾輩は名無しである:02/03/06 00:21
>72
 性的な妄想を抱くのは男でも女でもあることだし、
それが実際の男(女)のひどく歪んだ姿であることも少なくない。
だからべつに異常とはいえんだろう。
 それが作品として優れているかどうかは別の問題。

74 :吾輩は名無しである:02/03/06 00:23
>>73
読んだの?

75 :吾輩は名無しである:02/03/06 04:50
新世界は(内容は置いといて)雰囲気は好きだ。
あの透明感と濁った世界観が交互に出てくるのがいい。
でも「テレヴィジョン」と同じく話が全く見えない。
オチをつけてくれ、オチを。

76 :吾輩は名無しである:02/03/06 05:45
物語を作ることには興味ないんだよ、きっと。


77 :73:02/03/06 09:39
>74
読んだよ。あの情景描写はわりと好きだ。
物語や内容より、文体に凝り、雰囲気を描くのに優れた作家、という点で
76に同じ感想をもった。

78 :名無しのごんべ:02/03/06 21:21
あの雰囲気とか文体とかそのままで
だれかまともな小説かいてくんないかな
昔のほうがいいってことじゃなくてさ
あの作風 継げる作家、いないかな いねぇだろうなあ

79 :吾輩は名無しである:02/03/06 22:26
宮沢賢治

80 :吾輩は名無しである:02/03/06 23:18
>78
自分は長野の文体とか雰囲気そのままで、美少女メインの小説読みたいよ。
(文体はもうちょっと柔らかめのほうがいいかな)

81 :吾輩は名無しである:02/03/06 23:40
昔の小説で、長野まゆみの位置に近い作品を探すと、
吉屋信子の小説「花物語」がそれにあたると思う。昭和初期当時と
しても時代がかった美文、耽美な雰囲気が特徴的。
ただ違うのは「花物語」が少女どうしの友情とも恋愛ともつかない
きずなを扱っていること、全体に感傷性が色濃いことだ。
まあ「花物語」も長野まゆみ作品も、大人に相手にされるような小説
ではありませんな。

82 :吾輩は名無しである:02/03/07 00:52
長野まゆみの少年世界

女性はどうして少年愛が好きなのだろうか。だが、この問いがすでに
一般的に過ぎるだろう。女性の作品といっても、露骨に肛門性交を描いた
やおいマンガから、雅語を駆使した幻想小説まで、千差万別だ。
そのなかでも、長野まゆみは、いわば文学派の筆頭と言えるだろう。
戦前の小説をリメイクしたような古雅な文体。
露骨な描写を排し、微妙なニュアンスにこだわる、洗練された表現。
最近出た「絶対安全少年」(作品社)は、そんな長野まゆみの少年世界の種を
集めた標本箱のような本だ。小説だけでなく、好きな言葉や詩歌の
コレクションもある。定番の稲垣足穂ではなく北園克衛を選んだり、
竹久夢二から田中恭吉へと探りを入れたりするあたりは、
著者のこだわりを示して余りある。それらを通して立ち現れるのは、
ポルノグラフィに堕すことが絶対にないという意味で安全な、にもかかわらず
剃刀のように鋭い、「絶対安全少年」の世界だ。たとえば、こんなフレーズ。
「『昂然と顔をあげよ』それは、心細いときや切ないときの、ぼくの呪文なんだ。」
家父長制の中で「負けるが勝ち」を演ずることを強いられている女性たちは、
非力でありながら昂然と立つ少年というイメージのなかに、
一種の理想像を見ているのかもしれない。

ttp://i.tosp.co.jp/BK/TosBK100.asp?I=tcreate&P=0&SPA=10

83 :吾輩は名無しである:02/03/07 00:58
>家父長制の中で「負けるが勝ち」を演ずることを強いられている女性たちは、
>非力でありながら昂然と立つ少年というイメージのなかに、
>一種の理想像を見ているのかもしれない。

「大半の読者は女子高生」という証言が少し上であったばかりなんですが?

84 :吾輩は名無しである:02/03/07 01:20
>>82
読んでみたくなりました。

85 :83:02/03/07 01:28
独り言の邪魔をしてすいません。

86 :吾輩は名無しである:02/03/07 02:03
82貼ったの俺なんだけどさ、前にこの文章読んで、読んでみたくなったわけよ。
ほいでたまたま古本屋で「少年たちの終わらない夜」
ってのが100円で売ってたから、買ってみたんだわ。そしたら全然
おもしろくなくて。まあ我慢して半分くらいまで読んだんだけど。
アサダ歳とってボケたか?と思ってよく表紙みたら、
鷺沢萌って書いてあった。
結局長野まゆみはまだ読んでない。


87 :吾輩は名無しである:02/03/07 03:13
家父長どーのこーのってゆーか、さっきタモリ倶楽部で
YOUが「『モーリス』みたいな世界好き」とゆーようなコトをいってたような
軽いノリっす。
女にとって、ホモって究極のメルヘンじゃん。
野郎がレズ物のエロ好きなのとかわんないしー。


88 :吾輩は名無しである:02/03/07 10:32
>87
レズもののエロよりホモもののほうが
はるかにメジャーな気がしますがね。(特に漫画の世界では)

89 :名無し:02/03/07 14:00
何ででしょ?別に漫画だけじゃないような気もするけど

長野の文体まねて新人デビューとかしてもぱくりって
いわれるのか?てゆうか 何故 亜流の作家がでない?
それも不思議。


90 :吾輩は名無しである:02/03/07 14:42
長野まゆみ自体文体は近代のリメイクだし
内容も近代やマンガ、映画、児童文学その他のつぎあわせだから。
そういうのなんて言うんだったか?リミックスだっけ。
悪くいえばパクリなんだが。

91 :名無し草:02/03/07 21:29
本人の好きな物くっつけて、かけあわせて、混ぜて
コラージュみてぇ〜

92 :吾輩は名無しである:02/03/08 13:19
>>1-91の半数以上は「長野まゆみ」が誰だか知らないに1000ガバス

93 :吾輩は名無しである:02/03/08 13:22
星の王子様が好きなんでしょ?メルヘンだね。香織とおんなじだ。

94 :吾輩は名無しである:02/03/08 13:24
ほら、いるじゃん集団の少女まんが家、
えーとCLANPとかいうの?
長野まゆみも複数のやおい同人作家の集まりなんだよね。
えーと、初期のメンバー四人で残ってるのは二人だっけ。
で、最近また若いのが一人入ったんだよね。
作画担当とストーリー担当と漢字担当と露出担当でいま五人?
最近また方向性の違いで分裂してるっていう噂は本当?

95 :吾輩は名無しである:02/03/09 00:13
>94
ウソです。

96 :吾輩は名無しである:02/03/09 00:55
信じてたのに・・・

97 :吾輩は名無しである:02/03/09 13:40
長野まゆみとは別のペンネームで漫画描いてるって
昔聞いたことがある。

長野まゆみ=鳩山郁子 ?

98 :吾輩は名無しである:02/03/09 13:44
文字でかすぎ!!

99 :吾輩は名無しである:02/03/09 13:51
↑しかも字間・行間が不自然!
装幀担当者は基本的な文字組の知識もないのか?


100 :吾輩は名無しである:02/03/09 19:11
>97
まったくの別人。
新聞に記事を書いたライターの捏造だって。

101 :吾輩は名無しである:02/03/09 20:13
信じてたのに・・・

102 :吾輩は名無しである:02/03/10 23:07
宮沢賢治っぽいけど、うわっつらだけ。

103 :吾輩は名無しである:02/03/11 03:19
しかし、宮沢賢治にも内容があるかどうか・・・

104 :名無し草:02/03/11 08:41
難しいところだ

105 :吾輩は名無しである:02/03/11 10:36
この人、美大出のくせに絵がおそろしくヘタだよね。
絵で食べていた時期があったなんて信じられない。

106 :吾輩は名無しである:02/03/11 19:38
絵で食べてた時期なんてあるの?

107 :吾輩は名無しである:02/03/11 19:42
絵を食べてたの間違いじゃない?

108 :吾輩は名無しである:02/03/11 20:07
>107
ワラタヨ

109 :吾輩は名無しである:02/03/12 11:05
>>106
皿やカップに絵を描いてたらしいYO!
ここwらうとこね。

110 :吾輩は名無しである:02/03/13 02:35
がはははh。

111 :吾輩は名無しである:02/03/14 09:23
「少年アリス」を読んだ。
そこそこ面白いんじゃないの?
挿絵がありゃ絵本とタメはれるかも知れないし。

112 :吾輩は名無しである:02/03/14 11:29
>>111
「少年アリス」は文藝賞受賞作ですが、
自作の絵をつけて送ったというのは有名な話ですよ。
その絵がボツになったのも有名な話。

113 :吾輩は名無しである:02/03/15 06:01
「雨更紗」を読んだ。
これは訳解らん。いや、相変わらず表現や単語は凝ってるんですけどね。
しかし、この人、結果とかってどうでもいいんか?せめて結末には責任取れよ。
読んでて頭痛くなったぞ?
それと、言うか何で一日で読めてしまうんだ?薄すぎるぞ。

>112
絵を送る・・・何て無謀な。

114 :吾輩は名無しである:02/03/16 16:31
kaere,kaere,kaere...

115 :吾輩は名無しである:02/03/17 15:36
なんか内容がライト板に負けとるぞ。

116 :パルミラ:02/03/17 15:40
仕事で仕方なく読んだことがある。
「純文学」の定義にもよるが、
どのような定義の「純文学」にも
間違いなく属さないでしょう。

117 :吾輩は名無しである:02/03/17 15:50
ラ板熱すぎ。正直、痛い。

118 :吾輩は名無しである:02/03/17 16:02
>116
仕事!?なんかプロっぽくてかっこいい〜〜

119 :吾輩は名無しである:02/03/17 16:43
>>116
すごおおおおい、尊敬しちゃーーーーう!!


120 :吾輩は名無しである:02/03/17 17:48
>>116>>118->>119
以上自作自演(・∀・)でした。

121 :吾輩は名無しである:02/03/18 10:37
本当に自演だったとは・・・。正直、天然記念物を見ているような気持ちに
なったよ。

122 :老人と海馬鹿にした奴は殺す:02/03/18 11:57
>>119は俺だよw

123 :吾輩は名無しである:02/03/18 16:43
最近ラ板が長文ばかりで熱くて近寄れません。
てゆーか、たかが長野をなぜそんなに熱く語れるのか?

124 :吾輩は名無しである:02/03/18 20:01
ラ板凄ぇな、、、
アイツラあんな内容が薄い小説でなんであれだけ話が出来るんだ?

125 :吾輩は名無しである:02/03/18 22:00
好きだということもあるだろうが、自説の確認したいんだと。

126 :吾輩は名無しである:02/03/19 20:35
ラ板の論争けっこう楽しんで見てたから報告。

600さん(以下600)の文章は見なくていいと思う。
全体として601さん(同)が、600のレスから、自分の結論に必要な
単語を抜き出したってかんじ。それで600が踊らされてる割に
恐らく気づいているんだろうが、きちんとレス返したので601補完。
結果、お祭りの後状態→レス来ない→あぼーんかな。

127 :吾輩は名無しである:02/03/21 20:00
このスレもそのうちあぼーんするとおもわれ。

128 :ラ板はこれね:02/03/22 00:15
http://natto.2ch.net/test/read.cgi/magazin/976555977/

129 :小銭○:02/03/22 02:32
age

130 :茶話異:02/03/24 22:44
どうして同人版に長野スレがないのか小一時間問い詰めたい。
こんなのオタ版だけで十分だろう…

131 :我輩は名無しである:02/03/24 23:14
お〜い、なんか新刊出たらしいぞ
誰か読んで語れやゴラァ

132 :吾輩は名無しである:02/03/25 00:24
個人的に、今回の新刊は2冊ともアタリでした。
「玩具草子」みたいなああいエッセイ(?)風なものも好きだし、
「東京少年」は素直に楽しめた。
いつものような難解さはなかったし。


133 :吾輩は名無しである:02/04/01 23:57
玩具曹司は……(黙

中古の値段でも充分だ。

134 :吾輩は名無しである:02/04/03 00:09
>133
でも、あのくらいカラーページがあれば仕方がないのでは?
作品社の本はあまり古本屋には出回らないしな。

135 :吾輩は名無しである:02/04/08 17:57
>134
コストとかの事じゃなくて、肝心の内容がって意味じゃないのか。

136 :吾輩は名無しである:02/04/08 18:07
>135
読みごたえナッシング。

137 :名無し草:02/04/08 21:07
いつもこんなもんでしょう

138 :吾輩は名無しである:02/04/13 13:55
>>130
801板にあるよ。(w

139 :茶話異:02/04/13 16:47
>>138
それは知ってる。
未だに古見毛でサークルが絶えない状態を見て、お野菜板で出ないのは何故?
と思ってしまったり。
だから文学版とか書籍版とかじゃなくて801とヲタ版だけで処理してくれ!!
という気持ちなのだ。

140 :吾輩は名無しである:02/04/13 17:58
>139
でも801は興味ないけど長野スキーな人とかいるだろうし。

つーか板が版になってるよ…。
もしかして「ばん」って読んでる?


141 :吾輩は名無しである:02/04/13 18:46
801は興味ないけど初期の長野スキー。
でも美化されすぎの少年嫌い。

142 :吾輩は名無しである:02/04/13 19:11
>>139
そんな話同人板でやったら本が出せなくなるからね…

143 :130=139:02/04/13 20:46
>140
うおぉ!
まさに「ばん」って読んでた…板だったのね。
こんな漏れは文学板にいる資格もねーな。
漢検ざし逝ってくるわ…鬱駄氏脳

144 :吾輩は名無しである:02/04/13 20:47
訂正。
漢検ざし→漢検目指し

やっぱ逝くしかない。

145 :吾輩は名無しである:02/04/13 22:14
>141
同じく初期の長野が好きだ。
この人の書く少年は美化されてるっていうか
長野の理想の塊というか…。
別に私は嫌いじゃないけれど
その年齢でそんな思考の持ち主ってどうよ
と思うこともある。




146 :我輩は名無しである:02/04/14 08:22
まぁ、汚いものよりは綺麗なもののほうが好きだよな。
(と、男の俺が言うとヤヴァイ?)
でも、綺麗過ぎるんだよなぁ。清潔過ぎて存在感に欠ける気がする。
(それが透明感と言われればそれまでなのだが)

147 :吾輩は名無しである:02/04/14 16:30
んー、人物はどうでもいい書き方されてる感じ。
正直どうでもいいし。
初期とか中期の一部くらいまでで好きだったのは、
その場の空気とか感覚を体感させてくれる描写だった。
今はそれが確実に薄まってると思うんだけど。

148 :吾輩は名無しである:02/04/14 17:31
今は空気とかの描写よりヤオーイが優先というか…w
ちょっとだけ少年愛な部分が出てきた頃は
それもまた良し!だったんだけど
最近のように露骨にやられると無言になるよ。
千年王子とか。
買うんじゃなかった…。
しかも何だよ、あの窓から見える物体は……。

149 :吾輩は名無しである:02/04/14 17:31
今は空気とかの描写よりヤオーイが優先というか…w
ちょっとだけ少年愛な部分が出てきた頃は
それもまた良し!だったんだけど
最近のように露骨にやられると無言になるよ。
千年王子とか。
買うんじゃなかった…。
しかも何だよ、あの窓から見える物体は……。

150 :吾輩は名無しである:02/04/14 17:33
うわ、二重投稿してるよ。スマソ。

151 :名無し:02/04/16 08:13
千年王子には出産シーンとかでてきたけど・・・
あんのじょうとばしてたっけな
逃げずにちゃんと書いて欲しい

152 :吾輩は名無しである:02/04/16 13:45
ひっひっふー…、とか?

153 :吾輩は名無しである:02/04/17 02:26
>151
でも、出産といっても女が子どもを産むわけではないから、
あれはあれでいいと思うけどな。
逆にちゃんと書いた出産シーンなんて読みたくないよ。(長野まゆみに関わらず)

154 :吾輩は名無しである:02/04/17 16:35
>153
ものすごくリアルな描写とかあったら嫌だしね…。

155 :吾輩は名無しである:02/04/17 21:12
長野まゆみって恐くないですか?
二頁で挫折しました。半泣き(w
ラ板の人はすごいな…。

156 :吾輩は名無しである:02/04/18 08:50
彼氏に「鳩の栖」を読ませたら、3,4nで拒否反応を示されたよ
言葉遣いがカユいらしい

157 :吾輩は名無しである:02/04/18 15:08
>155
一体何を読んだのか気になるYO!!

158 :吾輩は名無しである:02/04/21 12:48
ズバリ「夏至南風」
違うかな?

159 :吾輩は名無しである:02/04/22 15:43
>158
夏至南風で二頁つったら
犬が出てくるだけなのでは。
あぁ、でも初めて読んでそれだったら泣くかもな…。

160 :158:02/04/22 16:36
>159
あの犬のシーンは衝撃的だよ。ヤオイ慣れしてないと。
ああ、あの頃は純真だったな、自分。
当時半泣きだったサ。

161 :158:02/04/22 16:37
あ、犬は別にヤオイじゃないか(w


162 :吾輩は名無しである:02/04/26 16:12
夏至南風久しぶりに読んでみた。
あぁ…こんな話だっけか。

163 :ちんこまんこは絶対言わないとね ◆YejoOYtk :02/05/04 18:45
長野真弓は大嫌いです。
早くしねばいいのに。

164 :我輩は名無しである:02/05/06 18:47
「テレヴィジョン」読了。

・・・・・・・・・・・訳わからん。でもイーイーがよかった。儚げでいいねぇ。

165 :吾輩は名無しである:02/05/06 23:18
「鳩の栖」はすきだよ。

166 :吾輩は名無しである:02/05/09 16:25
>164
何故か皆イーイーが好きだよね。
アナナス好きはいないのか・・・・?

167 :我輩は名無しである:02/05/11 10:47
ナゼかイーイーの方が可哀想なんだよね。
泣いちゃう場面とかあるし。
実際に壊れるし。

168 :吾輩は名無しである:02/05/11 14:52
アナナスも1つの人格壊れてるがw

169 :吾輩は名無しである:02/05/11 16:52
 「野バラ」とか「アリス」とかの初期の叙情的な作品しか貸したことのない
友達が、自分でカーチィベイ買って読んだ時、かなりショックだったらしく
「もう他の作品も読む気しない・・・」とのたまっていた。(ホモマンガ読んだ
こともないので免疫ゼロ)

170 :我輩は名無しである:02/05/13 00:18
>>169
自然な反応です。

171 :吾輩は名無しである:02/05/13 15:38
>169
いきなり夏至南風はまずかったね…。
でも自分普通に読んでました。ウトゥ
一番最初に読んだのが白昼堂々シリーズだしなw

172 :長野スレは人が少ない、、、:02/05/18 22:57

長野まゆみ(ライトノベル)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/magazin/976555977/

長野まゆみが死ぬ前に(一般書籍)
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1006850199/

長野まゆみ(801板)※21歳以上
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1003816219/


173 :我輩は名無しである:02/05/26 00:06
「魚たちの離宮」はよかった・・・・のか?
なんのこっちゃわけわからんのだが、誰か説明してくれ。

174 :無名草子さん:02/05/26 16:15
『・・・好きな男、いるのか』(碧空)

なんかもう読むのが恥ずかしい。

175 :我輩は名無しである:02/05/27 01:36
>>174
タエロ

176 :吾輩は名無しである:02/05/27 21:22
>174
サマーキャンプは読みましたか?(w

177 :吾輩は名無しである:02/05/28 22:47
別冊文藝だかの渋澤龍彦特集のインタビュー面白かったよ。
この人、やっぱり文章書く素養はあると思った。

足穂は女子供の読む物、とか、三島は女になりたかったんじゃないか、
とか、もう納得。もう一回、ちゃんとした(やおいでない)小説書いてほしい。

久生十蘭、渋澤が紹介できなかったんなら、あんたが紹介しろと思った。

178 :吾輩は名無しである:02/05/29 17:50
>177
文章晒しageきぼんぬ

179 :177じゃないけど:02/05/30 20:57
>>178
こないだの同人誌とちがって商業雑誌の文面を晒すのはマズいかも…
それとも所々抜粋ならいいのかなぁ?
ちなみに自分も持ってます

180 :177:02/05/31 00:44
ごめん立ち読み。
面白いから、店頭にあるうちに全文読んどけ。
10分あれば読めるし。

181 :吾輩は名無しである:02/06/14 19:10
猫道楽途中まで読んだけど
ものすごくネタがかぶってる予感・・・

182 :174:02/06/18 15:53
サマキャン、読みましたよ。
図書館で、大急ぎで。
ぐちゃぐちゃしてて、私の頭じゃ理解不可能で。
卑猥のヒワ子に藁タよ。

凛一シリーズも全部読んだんだけどね、タエて(笑)。
これからもこの人の作品を読み続けていいのかわからない。
猫道楽は・・・。
うん、ネコの話だ。タチ道楽もできるのか?

猫と一緒に逝ってきます。

183 :吾輩は名無しである:02/07/04 23:09
もう終わりますた

184 :吾輩は名無しである:02/07/10 23:00
この人の書く少年は美化されてるっていうか
長野の理想の塊というか…。
別に私は嫌いじゃないけれど
その年齢でそんな思考の持ち主ってどうよ
と思うこともある。

185 :我輩は名無しである:02/07/27 11:58
美しい少年なのか、少年は美しいのか、どっちなんでしょうかねぇ?

186 :吾輩は名無しである:02/07/28 13:25
 少年少年てかゆいんだよ。「ぼくは●●さ」「〜じゃないのかい?」「ちぇッ、
調子のいいヤツだな」もうかんべんしてください。
「風木」もかゆかったが、この人に比べればまだマシ・・・。

187 :吾輩は名無しである:02/07/28 13:57
好きな人は大好きだからねー。
支持されてるんだからいいよね。

188 :吾輩は名無しである:02/08/03 23:55
浅田彰が誉めてた。

189 :吾輩は名無しである:02/08/06 19:20
嶽本野ばらは長野まゆみを意識しているような気がするんだが…
気のせいか。

190 :吾輩は名無しである:02/08/07 15:39
>189
抽象化した「少年」「少女」を使うあたりが。

191 :189:02/08/07 21:45
うーん。
そういうニュアンス的な部分もそうなんだけど、
エッセイのネタとかで出してくる好きな作家とか趣味の物とか
結構かぶってるんだよね…渋澤龍彦とかフォコンとか…もっと色々有ったと思う。
なんで嶽本野ばらが少年合唱団のCD集めてるのかとか一寸疑問だった。
あと彼が「自分が勝手に敵視してる作家は行儀が良い事が高貴であると書いているけど其れは違う」
みたいなことを書いてたのは、もしかしたら長野まゆみのことなのかな…と
勘ぐり過ぎか…




192 :吾輩は名無しである:02/08/07 22:10
野ばらはセックスや生活の生々しさをあえて取り込んでる。
長まゆは限りなく透明を目指している。

193 :吾輩は名無しである:02/08/13 04:42
ふと、思ったんだけど。。。この人の作品、英語とかに訳したら駄文ばかりのただ
のやおい小説になりさがるだろうね。でもやおい文化って意外に海外進出してるし
、一部で売れそうーー。
個人的にやっぱ初期の文体とか雰囲気は好き。女子高生の時は結構はまってた。。
実際。。。

194 :我輩は名無しである:02/08/30 21:58
しかし、なんだねぇ。実際に美少年が身近にいると、長野まゆみを知ってる分だけ
妙に気にしてしまう。俺、頭おかしいのかも知れないな・・・

195 :吾輩は名無しである:02/08/31 16:15
♂です

高校生から大学二年くらいまで読んでました
平行して読んでいた作家は筒井康隆とか

好きですよ
文学かどうか、ということとは関係なしに
はまっていたせいか、女性に対するコンプレックスみたいなものも助長されましたが(藁)
ただ、女性を女性として見る習慣が付くと、手が出しつらいですね
でも、良い作家だと思います
後年(それこそ百年後)、何らかの形で再び脚光を浴びるのではないかと思います

196 :吾輩は名無しである:02/09/03 18:44
 成長したら大人になる、生物としての「少年」ではなく、大人でなく子供でなく、
男でなく女でない存在としての「少年」を描いた作家は長野氏以前にゴロゴロ
いるし・・・。特に少女マンガでは24年組のほとんどが手がけている。

197 :吾輩は名無しである:02/09/12 01:02
人物描写が誰かにとって都合の良い人形なので、人間不在ということで純文学ではない。

198 :我輩は名無しである:02/09/19 15:08
長野まゆみだよねぇ?壊れた少年ブーム(なんじゃそりゃ?)を作ったのって。
今のダークビジュアル系の先駆けじゃないかい?

もちろん文学じゃないよな?

199 :吾輩は名無しである:02/09/20 13:56
>>198的外れ。意味わからん

200 :吾輩は名無しである:02/09/20 18:08
200だよ

201 :吾輩は名無しである:02/09/20 23:44
上海少年に収録されてる短編とか八月六日上々天気などを読んでいると
長野まゆみは少女を書いているほうがうまいんじゃないかと思います。
個人的に勝気でわがままな少女が好きなせいかもしれないけど。
逆に妻や母という「女」をグロテスクに書くのにも長けている…



202 :我輩は名無しである:02/09/21 00:59
>>201
少女を書くと魅力が半減するだろうが

203 :吾輩は名無しである:02/09/21 02:55
長野さん本人は「読者にとって女性は『肉』でいいみたいですね(笑)」と
言ってたような。軽い皮肉かもね。

>>201逆に妻や母という「女」をグロテスクに書くのにも長けている…
同意。好きだなあ、結構。少年と対峙させてるね。


204 :吾輩は名無しである:02/09/27 00:09
少年アリス読みました。
ちなみに長野まゆみ初めて読みました。
なかなか好きになれそうな雰囲気の本だったのですが。

205 :吾輩は名無しである:02/09/27 01:46
文壇からは小説じゃない、コミック的描写だと「雨更紗」の風呂シーンを批評され、
インタビューで反論をこぼしていたような。

この人の著作で唯一読めたのが、少年が沼に惹かれる作品。
行間広いけど(w

206 :吾輩は名無しである:02/09/27 17:26
なんでこの人文壇に出てきたんだろ……
最初からライトノベルに甘んじてればもっと独特の天下を築けた気がしないでもないが。
文壇関係者は、この人の作品を批評する役目を負うたび
ひっくり返りそうな気持ちにならないのか?

207 :我輩は名無しである:02/09/27 20:06
そういえば、この前「1999年の夏休み」という映画を観たのだが、
非常に長野まゆみッポイ映画だった。

関係ないのでsage

208 :吾輩は名無しである:02/09/27 21:11
>>207 いや、それは萩尾望都から。

209 :吾輩は名無しである:02/09/27 22:04
猫道楽だったか?ヤマなしイミなしオチなしの典型だったが、
雨の長崎の表現の仕方がすごく上手いとおもった。
でもラグビー選手と華道の少年シリーズのはウゲウゲだ・・。

210 :吾輩は名無しである:02/10/02 10:37
>>207
おお、わかるわかる。確かにッポイよねぇ。
ラストが何故だかハッピーエンドなのが気にかかるが・・・

関係ないからsage

211 :吾輩は名無しである:02/10/05 12:42
文体は文学っぽいのだが、内容がまったくただの少年愛になっているのが
なんだかなぁ。

212 :吾輩は名無しである:02/10/05 13:37
>>207=210
ジサクジエン




213 :吾輩は名無しである:02/10/07 10:22
公式サイトのメッセージ、投げやりだなあ・・・
少年アリスって最初童話部門に送るつもりだったんだっけ?
それが何故に文藝の方へ・・・

最近の芸風は初期に戻ったのかな?読んでないけど。

214 :吾輩は名無しである:02/10/07 17:59
>>213
>最近の芸風は初期に戻ったのかな?
むしろ進んではいけない方へ暴走してるような。

215 :吾輩は名無しである:02/10/09 22:19
(;´Д`)ソウナノーカ
タイトルに油断するところでしたよ
この作家って結構トラウマメーカーなような・・・

216 :吾輩は名無しである:02/10/19 00:07
いつの間にか他の板のスレ逝ってる。

さておき、東京少年読了。
序盤
何や、ぜんぜん面白くないことないやん。
それに相変わらず汚くない文章書いてるし。
中盤
何や、ぜんぜん基本ルール守れてないやん。
それに・・・・・・あぁ、またこのネタか・・・・・・。
終盤
何や、ぜんぜん終わり方おかしくないやん。
それに相変わらず無意味に謎残してくれてるし。

と言うわけで、ストーリーとか描写はプラスマイナスで普通の小説以下。
文体が好きなのでおまけ点30.あわせ技で60点。

217 :吾輩は名無しである:02/10/19 00:08
他の人の感想も聞きたいのでage

218 :吾輩は名無しである:02/10/20 13:42
>>216
>いつの間にか他の板のスレ逝ってる。
801と一般が逝ったね。なんか残念。


219 :吾輩は名無しである:02/10/20 17:49
>>218
801板生きてるよ?

220 :吾輩は名無しである:02/10/20 20:08
>>219
ほんとだ。
私かちゅで見てるんだけど、
二ヶ月くらい前から「ログ詰まりであぼ〜んになった可能性が」とか表示されてて
もうとっくに落ちたんだと思ってた。
ブラウザで見たらちゃんと読めたよ。

221 :吾輩は名無しである:02/10/20 20:58
このバンドのボーカル、
other artistの欄に・・・・・。

222 :221:02/10/20 20:59
あ、忘れてたこれ。

http://www.geocities.co.jp/MusicStar-Vocal/4077/vo.htm

長野まゆみって書いてある。

223 :221:02/10/20 21:02
h抜き忘れた。
忘れすぎだ・・・。

224 :吾輩は名無しである:02/10/21 10:38
>>222
これ、女?

225 :221:02/10/21 19:42
>>224
男みたいだよ。

226 :224:02/10/21 22:35
>>225
男…ヵ…

世界はワタシの届かないところに逝ってしまわれたようだ。

227 :吾輩は名無しである:02/10/22 21:22
>>220
801板のほう、つながらないよ。
なんか別のところに飛ばされる。

228 :吾輩は名無しである:02/10/23 12:35
これ? >801板
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/801/1003816219/l50

てか、いまだに長野スレが3つ生きてる自体に驚き

229 :228:02/10/24 23:39
ごめん、落ちてた。
貼った時はまだ見れる状態だったのに。 なんでだ?

230 :吾輩は名無しである:02/10/25 15:46
>>229
とうとう落ちたね。
つい3日前?だか4日前?にレスあったばっかりなのに。

231 :吾輩は名無しである:02/10/26 17:59
時の流れは残酷ですなぁ・・・・・・・

232 :吾輩は名無しである:02/10/27 01:31
長野の変化にたいする一般ファンの態度も残酷ですなぁ。

233 :吾輩は名無しである:02/10/27 03:38
>>232
いやいや、古いファンは離れたけど新しいファンがついたからいいんじゃないの?


234 :吾輩は名無しである:02/10/27 16:09
古いファンも古いファンでだいぶイタタだったけど(自分含)
新しいファンはなにか別のイタさを遺憾なく発揮しているように見える…


235 :吾輩は名無しである:02/10/28 17:47
10代の子が読むのにはいいかもしれないけど夢見る頃を過ぎた大人が読むのにはちょっとね・・・
ってかんじです 従兄弟(19歳)がはまって読んでましたけどね
なんていうんだろ 現実離れしすぎてストーリーや情景を想像しにくいんです
やたらと昔風の難しい漢字を羅列してるし・・・綺麗な文章だとは思う
催眠作用はあるとおもいます デパス飲むより安上がり(特に少年アリス)

236 :吾輩は名無しである:02/10/28 17:50
長野まゆみの手にかかればチンポコは「てぃんぱこ」と書くんでしょうか?

237 :吾輩は名無しである:02/10/28 20:50
>>236
「蒸留塔(新世界)」「マシン(千年王子)」
に脳内変換

238 :吾輩は名無しである:02/10/29 12:43
新しいファンか古いファンか判らないけど、ヤオイ、コバルト文庫好きな人多いよね。
ホモチックなイラスト描いたり。黒ぶち眼鏡で黒ロングヘア、妙に理屈っぽい。
自分にとって都合のよい箇所しか覚えてないんだろうな。
気持ち悪い、長野が気の毒。

239 :吾輩は名無しである:02/11/02 22:47
>>238
そんなのしかいないのか・・・・?

240 :吾輩は名無しである:02/11/03 08:30
>>○○は、死ね・くたばれ・消えろ・失せろ・潰れろ・馬鹿・あほ・間抜け・ドジ。
ポンコツ・トンチキ・ガラクタ・クズ・ゴミ・カス・最低以下の下劣・下等種族。
劣等種族・下衆野郎・腐れ外道・邪道・外道・非道・ウジ虫・害虫・ガン細胞。
ウィルス・ばい菌・疫病神・病原体・汚染源・公害・ダイオキシン・有毒物質。
廃棄物・発ガン物質・猛毒・毒物・アメーバ・ダニ・ゴキブリ・シラミ・ノミ。
毛虫・蠅・蚊・ボウフラ・芋虫・掃き溜め・汚物・糞・ゲロ・糞虫野郎・ほら吹き。
基地外・デタラメ・ハッタリ・穀潰し・ろくでなし・ごろつき・ヤクザ者。
社会の敵・犯罪者・反乱者・前科者・インチキ・エロ・痴漢・ゴミ・シデムシ。
ゴミ虫・毒虫・便所コオロギ・詐欺師・ペテン師・道化師・危険分子・痴呆・白痴。
魔物・妖怪・悪霊・怨霊・死神・貧乏神・奇天烈・奇人・変人・毒ガス・サリン。
ソマン・マスタードガス・イペリット・クソブタ・ブタ野郎・畜生・鬼畜・悪鬼。
邪気・邪鬼・ストーカー・クレイジー・ファッキン・サノバビッチ・シット・ガッデム。
小便・便所の落書き・不要物・障害物・邪魔者・除け者・不良品・カビ・腐ったミカン。
土左衛門・腐乱・腐臭・落伍者・犯人・ならず者・チンカス・膿・垢・フケ・化膿菌。
放射能・放射線・鬼っ子・異端者・妄想・邪宗・異教徒・恥垢・陰毛・白ブタ。
ケダモノ・ボッコ・ろくでなし・VXガス・ヒ素・青酸・監獄・獄門・さらし首。
打ち首・市中引きずり回し・戦犯・絞首刑・斬首・乞食・浮浪者・ルンペン・物乞い。
放射性廃棄物・余命1年・アク・割れたコップ・精神年齢7歳・3審は必要なし。
不良品、規格外、欠陥品、不要物、埃、掃き溜め、吹き溜まり、塵埃、インチキ、居直り。
ふてぶてしい、盗人、盗賊、残忍、残酷、冷酷、非情、薄情者、ガキ、クソガキ。
ファッキン、ガッデム、サノバビッチ、シット、ブルシット、ボロ、ボッコ、妄信。


241 :吾輩は名無しである:02/11/04 18:05

            ("""""""\
         / ̄、、ミヾヾヾヾlll〃〃
         |  ミ ミ ゛ ゛ ゛ ミ ミ
         |⌒彡 ミ″∞∞=@  ミ ミ
         `-' 〃ノノノノノノ丿丿〃▽、、、ミ ミ
            / ヾ\   ″ミ ミ```
            〈  ヾミ  |       ヽ
            |   ,--、 |  へ、 、/_〉
             |  /  | | liヘ.ヽ<.〈
             ヽ、|   | |   ̄  ヽ~/
   ____,------,冫、  |/     ヘ、 ヽ、
  /|| || || || ||// //  |  ヽ-|       ̄|~
/|| || || || || // // /    /  '~ ̄ ̄ ̄/
|| || || || || // // /     \____     〈
 || || , '⌒`// // /       __ \_/
|| || |((=々// // /       /  || || ̄ |
|| || ヽ _// // /     /  __|| || ≡≡|
ヾ、|| || // // /    /  / || ||     |
┃┃ // // /   /  /   || ||≡≡≡|
┃┃// // /  /  /    || ||       |
 | // // /∩ ( , -、(     || || ≡≡≡|
 |// // 〈/ L// |     || ∩  , -、-、
|// //|ー′   ,二⊃|  \/ ||/ l、///
|/ // |_    ,二⊃|   /ー-′   __二⊃
| //  |\ ̄ ̄\ヽ、 |  /__    `,二⊃
//|  レ' \____丶' ノ /   /  ̄ ̄ ̄   |
  \       ,`〜ヽ   /  \      |
   \____//ヽ、___ノ /   )     

242 :吾輩は名無しである:02/11/04 19:20
長野スレに荒らしが来るとは…

243 :吾輩は名無しである:02/11/05 04:32
もともとネタスレだしね…


244 :吾輩は名無しである:02/11/06 11:16
長野まゆみは「長野教」か「少年教」でも作れば
信者が5000人くらい集まるんじゃねー?

245 :吾輩は名無しである:02/11/06 22:01
多いのか少ないのか・・・

246 :吾輩は名無しである:02/11/07 08:57
>>244
少なっ

247 :吾輩は名無しである:02/11/14 22:09
多いいだろ・・・そんな邪教に5000人だぞ?

248 :吾輩は名無しである:02/11/18 19:54
サマキャン読了。
いや、幸せになれるねー、読んでると。
さておき感想
(一般的批評)いつも通り中盤までは面白いが過ぎてから意味不明。
(個人的)少しXとかYとかにこだわりすぎ。大事なのは気持ちだと思うが。
その辺はより最近の作品の方が吹っ切れていていいかも。
でも逆に『千年王子』とかはそれはそれで面白かったけれどもね。

いまだにやおい作に限って言うなら『ぼくはこうして大人になる』がとっぷかな。
最初あんなに面白いんだからその気になったら賞取れると思うんだけど。
なんだかなー

249 :吾輩は名無しである:02/11/19 14:16
>>248
すまんが「ぼくは〜」全然面白いと思えない。

250 :吾輩は名無しである:02/11/20 13:56
あの、ヤオイって「ヤマナシ、オチナシ、イミナシ」と言う事ですよね。一部同人誌みたいな。
最近、捉え方が変わったのですか?
長野ってヤオイなんですか?

251 :吾輩は名無しである:02/11/20 23:17
>>250
長野は男同士が絡み合う意味でもヤオイだし、
作品の質から言っても正真正銘のやおい(ヤマナシ以下略)だ

252 :吾輩は名無しである:02/11/21 03:46
昔はそんなこと無かったが今ではすっかり・・・

253 : ◆xBMFVwwC0s :02/11/23 23:57
ネーミングセンス悪いよね、この人。

254 :吾輩は名無しである:02/12/11 20:03
ライトノベル板のも死んだな。

255 :吾輩は名無しである:02/12/11 21:18
>>254
生きてるよ

256 :吾輩は名無しである:02/12/19 20:50
お、本当だ。

257 :吾輩は名無しである:02/12/20 13:02
>253
リアルで猫に銀色、黒蜜糖・・・

258 :吾輩は名無しである:02/12/20 13:44
>長野は男同士が絡み合う意味でもヤオイだし、
えー、じゃあ森まりとかもヤオイなの?その定義おかしくない?

>リアルで猫に銀色、黒蜜糖・・・
「リアル」じゃなくて作品の中で、でしょ。これまたおかしくない?

たけもと野ばらに似てると言う人もいるし、
  _, ._
( ゚ Д゚) <なんだそりゃ

ですよ。
私はもう長野から離れていきそうなんだけど(ブンゲイ別冊もイラスト満載だし買わなかった)
読者の質も悪くなってるみたい。

259 :吾輩は名無しである:02/12/20 14:28
258は結局何がいいたいワケ?( ゜Д゜)ン?

260 :吾輩は名無しである:02/12/20 20:10
>>258
>えー、じゃあ森まりとかもヤオイなの?その定義おかしくない?
ドジン的な「男同士の無意味な絡み」という意味でヤオイですよ?
ちょっと考えればわかるんでないの?

>「リアル」じゃなくて作品の中で、でしょ。これまたおかしくない?
長野はリアルで近所の猫に銀色、黒蜜糖と勝手に名付けているのですよ。
作品の猫たちはそれらをモデルにして作られたの、ご存知ないの?

読者の質をナントカと言う前に、ご自分の分析力と認識力を再確認してはどうかね。
仮にも長野読者だったんだから。

261 :吾輩は名無しである:02/12/20 21:24
こんばんぶー!
>>260
考えるも何も「無意味な絡み」とは思えませんよ、私が長野を読んだところ。
同人誌みたいに何の脈絡もなくいきなり絡んでますか?違うっしょ。
長野がヤオイなら森茉莉だってそーじゃん。
猫の話は雑誌で見たことある。読者の質が〜というのはほんの一部です。スマソ
書き込み少ないのに、dat落ちしそうになったらわざわざ上げる人がいるね。
グチグチ書くだけなら文学板じゃなくていいのに。醜さが伝わってくる。



262 :吾輩は名無しである:02/12/21 17:00
>>261
んじゃあなたもわざわざここに書かなきゃいいんでは?w

263 :吾輩は名無しである:02/12/23 01:03
醜いね。
>>261>>1の日付を見れば誰でも判るようなことをわざわざ
いわなければ気にすまない、何という人間くささのでたレスか。
>>262は最後の記号が気持ちを抑え切れていない、何という
本能的な、羞恥心に欠けるレスか。
そして私はこの一連の煽りあいが、ただの自演だと見抜けない
なんとおろかな人であろうか。
ああ恥ずかしい。長野のの小説並みに。

264 :262:02/12/24 17:56
>>263
>258=261とは別人ですが何か?
羞恥心に欠ける恥ずかしいレスですねー。

265 :吾輩は名無しである:02/12/25 14:36
互いに煽ってると思うんだが、なんて遅い展開なんだろう。

と、アゲてみるか。

266 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:37
>258はエッセイとか読んでないの?
「野良猫を銀色、黒蜜糖と呼んでいた」と「言葉のブリキ缶」にあったけど。


267 :吾輩は名無しである:02/12/26 15:02
錯綜

268 :吾輩は名無しである:03/01/02 11:53
「猫道楽」読んじまったよ・・・。
おいおい・・・それはないだろう?ってかそのまんまやん。

269 :吾輩は名無しである:03/01/03 21:31
>268
いっそ清々しいわ、と思った。そのタイトル。
我が道を逝ってくれ、ナガノ

270 :吾輩は名無しである:03/01/04 16:22
 男で長野まゆみ読んでる人って、何が目的で読んでるんですか?
おいらはホモはどうでもいいので、食べ物、小物、情景描写が目当てですが。

271 :吾輩は名無しである:03/01/04 20:44
>270
小道具の名前や幻想的な雰囲気かな。内容はおいといて、文章は綺麗。

272 :吾輩は名無しである:03/01/07 13:54
内容を読む小説じゃないと思う。

273 :吾輩は名無しである:03/01/07 17:10
本人もインタビューなんかで内面はない、外側を書きたいっていってるしね

274 :吾輩は名無しである:03/01/08 23:44
内容がないって・・・それは文学なのか?

275 :吾輩は名無しである:03/01/10 00:25
801板死んだな

276 :吾輩は名無しである:03/01/10 01:56
ぼくは〜おもしろかった。なんか共感?した。でも最後が微妙。
漏れはあと野ばらと似た話と人形の話と青い鳥の話が好きだったな。

と感想を書いてみるテスト

277 :吾輩は名無しである:03/01/10 15:28
>274
少なくとも文学ではありません。

278 :吾輩は名無しである:03/01/11 00:12
>>276
人形の話はレプリカンキッド?
青い鳥の話って?
とにかく題名を調べてでも書けと言ってみるテスト

279 :276:03/01/11 02:48
スマソ人形の話は天球議会だったと思う。
青い鳥の話はオルスバンとかいう題名。カラー写真が大半で4作ぐらいあった。

長野の話は吐き気がするぐらいキモイ時もあるが漏れ的に大体おもしろかったぞ。

280 :吾輩は名無しである:03/01/11 12:11
>278 レプリカキット

>279 天体議会

281 :吾輩は名無しである:03/01/11 13:47
河出の文庫がズラっと並んでたりするのを書店で見ると
違和感おぼえます。「なんで?」って感じ。
あと文藝の特集とか。ファンは怒るのでしょうが。

282 :吾輩は名無しである:03/01/12 00:52
>>280
信者サマオツカレサマ。いい意味だよ。

283 :吾輩は名無しである:03/01/13 19:44
長野さんの世界観は好きです。
彼女独自の世界っていうか、現実にはないファンタジーのような感じで呼んでます。
個人的にヤオイはやめて欲しいですけど…
せっかく綺麗な世界が創れるんだからな〜と思ってしまう。
ヤオイなしの話が読みたいんですけど、オススメのありませんか。


284 :吾輩は名無しである:03/01/14 16:35
↑ライトノベルでも書いてた人?

285 :山崎渉:03/01/20 10:14
(^^)

286 :吾輩は名無しである:03/01/24 21:31
>283
「雨更紗」

287 :吾輩は名無しである:03/01/24 23:04
性格は悪そうだけどね

288 :吾輩は名無しである:03/01/28 15:09
長野のファンタジー路線はどうも好きになれない
何となく恥ずかしくて
10代前半ならまだしも今はもう読めない
雨更紗なんかは好き
昭和初期っぽいのはうまいと思う
やっぱり言葉の独特さが魅力ではないかと

289 :吾輩は名無しである:03/01/28 15:12
>>687 おまえこそすぐ死ね、はよ死ね、立った今死ね!

290 :吾輩は名無しである:03/01/28 23:46
高齢処女作家・・・蜘蛛の巣の小径

291 :吾輩は名無しである:03/02/09 02:22
 

292 :吾輩は名無しである:03/02/09 22:24
猫耳と水迷読んだ ぷ^−だった
     

293 :吾輩は名無しである:03/02/15 18:27
私は普段推理小説を主に読んでるんで、
長野作品のような論理も何も無い表面を撫でるだけみたいな作品は息抜きに良いっすよ。
ただ、初期の作品しか読んでないから、ヤオイがどーの、というのはなんとも言えませんが。
少なくとも文学ではないはずだけど、無理やりカテゴライズしただけじゃないんすかね?

294 :吾輩は名無しである:03/02/22 16:10
@po

295 :吾輩は名無しである:03/02/23 00:22
「天体議会」は文句ナシに面白かったと思う。ただ、「新世界」のあたりからもうついていけなくなってきた。
「夏至南風」とかはなんかもう。。。

296 :吾輩は名無しである:03/02/26 03:00
age


297 :吾輩は名無しである:03/03/10 01:53
もぐもぐサ

298 :吾輩は名無しである:03/03/12 04:36
なぁ、ところでおまいら、「テレヴィジョン・シティ」って結局どういう話だったのか説明できる?
折れはさっぱり分からん。もしかして意味はないんだろうか。「表面」だからなぁ。。。でも後書きで作者自身が「読み解ける」みたいなこと言ってるし

299 :吾輩は名無しである:03/03/14 02:55
>298
幻覚

300 :吾輩は名無しである:03/03/14 09:34

   ⊂⊃
(\ノノハヽヽ
(ヾ( ´ Д `)       300やよ〜♪
''//( つ  つ
(/(/___|″ フヨフヨ
   し′し′


301 :吾輩は名無しである:03/03/17 19:03
「夏至祭」好きだったなあ。
自分自身が幼いころ抱いていた、夏の夕方〜深夜に対する幻想が
そのまま描かれていた。

今は本棚の奥に眠ってるけど・・・

302 :吾輩は名無しである:03/03/20 00:17
>>299
テレヴィジョンだからな
問題はどっからどこまでが幻覚なんだ?アナナスとイーイーの生活がそもそも幻覚?
カナリアン・ビュウってどこにあるんだ?

303 :吾輩は名無しである:03/04/05 22:24
茅ヶ崎ちゃんねる
http://jbbs.shitaraba.com/travel/1213/chigasaki.html

304 :山崎渉:03/04/19 23:31
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

305 :吾輩は名無しである:03/05/10 18:07
あげ   

306 :吾輩は名無しである:03/05/15 03:07
>302
なんで幻覚?
支配体制と小物の役割を良く考えたらわかりそうなもんだが。
アナナスは変わってしまい、イーイーは消えてしまった。それだけのこと。
暗号は解読できなくても問題ないと書いてあるけど、
やっぱりある程度意味がつかめたほうがややこしくなくて良い。
それと、テレヴィジョンてのは世界観のイメージから来るもの以上の意味は無いでしょう。

307 :山崎渉:03/05/28 09:13
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

308 :吾輩は名無しである:03/06/28 17:26
長野まゆみは女?

309 :淳一:03/06/28 18:49
>1初受賞作の『少年アリス』のみで言えば、隠した裏の話で見せる構成で
大衆というよりは純文学寄りだろうね。その後は純文っぽい雰囲気を感じさせる大衆作家って思う。
>308オバちゃんです。確か女子美出身。
オレも大学美術だったんだけど、こういう感じの人多かったよ。
大学来て授業中に同人誌書くなやっ・・・て。
『夏至南風』女友達に薦められて読んで。やられた!って思った。
ホモネタはちょっと。。

『少年アリス』『上海少年』は、まあまあ。
『宇宙百貨活劇』『行ってみたいな童話(よそ)の国』とかはどうでも良い感じでした。
上海少年の中の、『幕間』『雪鹿子』は作中の空気感、それを損なわない単語選択力が秀逸だと思う。
個人評価ですが。


310 :吾輩は名無しである:03/06/29 08:07
長野まゆみはほんとに駄目…
あの文章気持ち悪くなる。
ホモが書きたいだけなんじゃと思う。

311 :吾輩は名無しである:03/06/29 08:29
↑追加
宮沢賢治意識した文章もほんとに耐えられないんだ…。

312 :山崎 渉:03/07/15 09:15

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

313 :吾輩は名無しである:03/07/15 11:26
幕間好き。
ユーモレスクも好き。

314 :山崎 渉:03/08/02 00:34
(^^)

315 :吾輩は名無しである:03/08/04 13:26
文藝別冊の長野まゆみ特集の本を読んだら、笙野頼子との対談があって、その中で、昔からやおいとかああいうものは全然受け付けないって言ってた。


長野「きっとダメと思われてなくて、当然読んでるだろうというかんじのファンレターも多いんですけど。森茉莉さんだけではなくて、それにつながる末端のものも全部ダメなんです。」

笙野「中島梓だ、たぶん。つながってるかどうかも疑わしいものだが・・・」

長野「もう絶対ダメ」

笙野「『真夜中の天使』とかもダメなんだ。」

長野「触りもしないです、そのへんになると。」

こんな感じ

316 :アンデルセン:03/08/04 13:56
長野まゆみが北園克衛を引用してるらしいって事を知った時、なんだか
自分の中の本当に大切なものを傷つけられたような、そんな気がしたんです。

317 :吾輩は名無しである:03/08/04 14:03
長野が少年ばかり描くのは
少年が自分自身から最も遠い存在であるから
少なくともそれを書いてる時は自分に向き合わずに済むから

といった内容のインタヴューをよんだことある
(ダ・ヴィンチだったかな)

「耳猫風信社」読んだ人いますか?

318 :吾輩は名無しである:03/08/08 10:47
夏になると
何故か読み返す
長野まゆみ。

319 :吾輩は名無しである:03/08/09 18:28
あー忘れてた途中で読むの止まってたよ耳猫の文庫〜

320 :山崎 渉:03/08/15 10:16
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

321 :吾輩は名無しである:03/08/21 10:11
>317
それは、女である自分自身から現実逃避してる、ってことでしょうか?

322 :吾輩は名無しである:03/08/22 18:40
逃避も良し。

しかし少年ばかり書いてるわけでも無し。

323 :吾輩は名無しである:03/09/03 12:35
>>322
少年ばっかり書いてるじゃん

324 :吾輩は名無しである:03/09/03 14:44
ばっかりメインで書いてるけどそこかしこに違う人物も書かれてる
よね?(w

325 :吾輩は名無しである:03/09/04 00:54
河出文庫である本探してて、
どうも見つからなかったので適当にそのへんの本を買った。
これが「夏至祭」だったわけだが、読んで少し驚いた。

俺は日本人の作家はあまり知らないので、
長野まゆみがどういう位置づけにある作家なのかはさっぱりわからんが、
こういう文章を書くことが商業的に成り立っていることは喜ばしい。
博物的な羅列もいい感じだし、少年愛好描写もくどくない。
この作家の文章にはオチがないとか、文学じゃないとか、文句を言う人もいるみたいだが、
それは、その人が起承転結のはっきりしたお話を好む、
または、人間的成長が手に取るようにわかる教養小説を好むということなんだろう。
「夏至祭」を読んだ感想としては、特に文句はないよ。

あえて言えば、どの作品もひとつの作品の変奏にすぎないのではないか、という危惧はあるな。
タブッキなんかはよくそう言われるが、彼の場合はその変奏がひとつの魅力として機能してる。
長野まゆみはそのへんどうなの?

326 :吾輩は名無しである:03/09/04 15:10
たぶっきってだれでつかー

327 :吾輩は名無しである:03/09/04 17:06
>>326
リスボンが好きなイタリア爺

328 :325:03/09/04 22:05
>>326
アントニオ・タブッキはイタリア幻想文学の旗手といっていい作家。
天上への嗜好や少年愛好癖はないが、その遊戯的な語り口、
サウダージと田舎料理、清涼飲料水への偏愛を魅力的に思う人も多いだろう。
もし興味があるなら
『供述によるとペレイラは・・・』(白水社)
『レクイエム』(白水社)
『ペアト・アンジェリコの翼あるもの』(青土社)
くらいから読めばいい。

329 :吾輩は名無しである:03/09/04 22:06

大人の時間ドットNET
http://www.otona-no-jikan.net



330 :326:03/09/04 23:48
なるほろーでも読む時間無いや(A_T)
天上への嗜好が無いって宗教色が無いってコトでつか??

長野作品で、変奏って渡しはそんな話聞いた事無いがー、、、
ていうか全作品、全インタビュー記事とか読んでる訳ではないのでー(逃

331 :吾輩は名無しである:03/09/05 12:44
天上への嗜好=天体趣味とか天上的少年とかじゃないか?

332 :吾輩は名無しである:03/09/05 22:04
A celestial boy...

ステキw

333 :吾輩は名無しである:03/09/06 21:36
この人のインタビューって見かけないが

334 :吾輩は名無しである:03/09/06 22:11
>333
文藝とかで特集されてる時 等々

335 :吾輩は名無しである:03/09/08 01:01
>>325
ひとつの作品の変奏、とまでは言わないが
長野まゆみの場合、一つの流れをくどく追いすぎてる感はあるなぁ。
「記憶」とか「性別」に照準を合わせて、
どれも似たり寄ったりのものになっているというか。

文字通りの変奏を言うなら、奇しくもあなたの読んだ「夏至祭り」は
「野ばら」という作品のまさに変奏なんだよね。
さらに「野ばら」の草稿みたいなものがもうひとつ別の文庫に収録されてたりする。


336 :吾輩は名無しである:03/09/08 15:06
>335サンッ
「野ばら」の単行本と「野ばら」の文庫は違うんですか?

337 :吾輩は名無しである:03/09/09 01:24
>>336
いや、「野ばら」の単行本と文庫はまんま同じ内容。
ええとね、河出文庫の「綺羅星波止場」だっけな?
その中に「銀色と黒蜜糖」というタイトルで
「野ばら」の草稿ぽいものが収録されとるのよ。

338 :吾輩は名無しである:03/09/09 21:16
>337
ああ、あれか
まだ 綺羅星波止場 は読んだ事がありませんでした
ありがとうございました。

339 :吾輩は名無しである:03/09/21 12:35
誰か『月の船でゆく』読んだことある人いるか?
『天体議会』の次に好きっていうか、この2作しか
まともに読めないんだけど・・・

340 :吾輩は名無しである:03/09/21 14:16
「月の船でゆく」が読めるなら、「耳猫風信社」も読めるんでないか?
あと、「夏帽子」とか。
「兄弟天気図」も、まぁまぁ。

341 :吾輩は名無しである:03/09/21 22:23
「学校ともだち」もナー

342 :吾輩は名無しである:03/09/24 04:26
>325
最近の作品読んで感想きかせて

343 :吾輩は名無しである:03/09/30 09:28
で 最近の読んだやつは来てないのか・・・

344 :吾輩は名無しである:03/09/30 21:24
「東京少年」と「サマーキャンプ」を読んだよ。

「東京少年」は同性愛とかでてくるけど、抑制がきいてて読みやすい感じ。
むかしの作品の雰囲気があると思う・・・。

「サマーキャンプ」はさっぱりわからんかったな。
コアなファンになるのは俺には無理だ。

345 :吾輩は名無しである:03/10/01 10:20
少年アリスを
少女アリスって誤植されて非常に不愉快に感じた、(気持ち悪いとか)
というインタビュー?
をどこぞで読んだんだけど、何て雑誌か思い出せない!

誰か教えてくれろ〜
ハッもしかしたら会報かも?!

346 :吾輩は名無しである:03/10/01 13:28
>>344
コアなファソでも理解は難しいと思われ

347 :吾輩は名無しである:03/10/01 19:04
やっぱ男が読むんなら、露骨過ぎる同性愛モノはちょっとな(特殊な性癖があるならまた別だが)
そういう意味でも、またまゆみタソらしいという意味でも「天体議会」「学校ともだち」「テレビジョン・シティ」あたりが一番おもしろいな

348 :吾輩は名無しである:03/10/01 20:14
「テレビジョン・シティ」はアニメとかにしてほしいと
子供の頃思ったな

349 :吾輩は名無しである:03/10/01 20:41
ラジヲ化はしてるのにな、、、
聴いてみたいYO

350 :吾輩は名無しである:03/10/03 22:09
どこかのインタビューで
私の作品は映像化しない、(させない)そういう話が来てもお断りしている
って読んだような記憶がある… 残念だ。



351 :吾輩は名無しである:03/10/03 22:58
音源はCD化にしてほしいもんなんだが

352 :吾輩は名無しである:03/10/06 23:50
TVCは音源化はともかく、映像化は難しそう…映画とか
アニメだったら絶対見れない。粘土アニメとかだったらまだ
見れそうだけどw

353 :吾輩は名無しである:03/10/08 23:44
TVC音源化キボン

354 :吾輩は名無しである:03/10/13 19:31
>353
なら魚たちの離宮も音源化きぼ〜

355 :353:03/10/13 22:19
>>354
TVCは以前ラジヲで流れていたらしいのにCDになってないから
CDそうしてほしいといったのだが、
魚達の離宮もラジヲで流れてたりとかしたの??


音楽がCDとかの形になることなんていうだったかわすれますたー

356 :吾輩は名無しである:03/10/15 11:22
むしろ 白昼堂々シリーズ 音源化キボンww

357 :354:03/10/26 21:44
魚たちの離宮はラジオ化されてないっす。
ただ自分としてはこの作品も音できいてみたかったな〜と。

TVCはぜひラジオで放送したのCD化して欲しいなあ…
もうメディアミックスとかしないのかな…



358 :吾輩は名無しである:03/10/26 23:09
ラジオは壊滅的な出来だったよ〜(涙)>TVC
まったく違う内容だったw

359 :吾輩は名無しである:03/10/27 15:16
>>357
作中のピアノの音とかが入って綺麗でしょうね

360 :吾輩は名無しである:03/10/27 21:16
長野まゆみの小説を読むと、なぜかマイナーなスポーツがしたくなるんだよ俺
今はバトミントンとウィンドサーフィンをやってるんだけど、自分がそんなものに
興味を持つなんて思ってなかったもんなあ。

「サマーキャンプ」を読んだ後はレース用の自転車が欲しくなったよ
肝心の内容は理解できんかったけど。

361 :吾輩は名無しである:03/10/27 21:28
>359
ピアノか。いいね。聞きたいな〜

音といえば!
鳩のすみかの水琴窟の音も聞いてみたい…

362 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/10/27 22:14
水琴窟は、どこかのお寺にあるやつ聞いたことあるなあ。
綺麗な音だったよ。

363 :吾輩は名無しである:03/10/27 23:09
「サマーキャンプ」はいつものヤヲイものかと思って読んだら以外に面白かった

364 :吾輩は名無しである:03/10/28 00:33
サマキャソ未読者ですが、
家系図?関係図?が難しいと聞きますが
>>363さんはそこらへんも楽しく読まれました?

>>361
・・・CDで出てるらしいですが音が、

365 :吾輩は名無しである:03/10/28 01:16
水琴窟手作りできないのかな・・・

366 :吾輩は名無しである:03/10/31 03:03
昔から、大好きでしたよ。私は「夜啼く鳥は夢を見た」が好きです。
あの、独特の透明感のある長野先生の世界、素敵です。

367 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/10/31 03:44
>>365
そんな君にプレゼント♪

http://www.f5.dion.ne.jp/~yshiwa/sound/suikinkutu/suikinkutustruc/suikinkurukouzou.htm


368 :365:03/10/31 11:57
>>367
ありが(*゜ 3゜)/~チュッ♪
そういえば昔周りの砂利とかを
ビー玉で代用できないかとか妄想してた・・・ワラ

369 :吾輩は名無しである:03/10/31 14:00
>>364
確かに。でもテレヴィジョン・シティとかと違って、普通に注意して読んでれば何がどうなってるかはちゃんと把握できるよ
あの家族の関係の複雑さと奇怪さは天体議会とか雨更紗に似た印象を受けたな(特に後者)

370 :吾輩は名無しである:03/11/03 05:46
301様 私も「夏至祭」好きです。
318様 そうですよね。長野まゆみは「夏」ですよね。
   私の場合は、バテてしまった際、涼しい場所に行って読んでました。

371 :吾輩は名無しである:03/11/05 02:38
長野先生の作品に出てくるおやつって、透き通ってる感じがしておいしそう。
水密も、キャンディーの類のものなんかも。
 本当、クリスタルな夢の世界ですよね。

372 :吾輩は名無しである:03/11/05 08:02
今度の発言で夢がぶち壊し

373 :吾輩は名無しである:03/11/05 22:27
372様へ
失礼!!長野先生の世界はどれも大好きなんですけど、どれも素敵で
何ていっていいか分からなくって、印象に残っていた「おやつ」をあげて
みました。ごめんなさい。
「天体議会」ワールドは、正に入り込んでみたいです


374 :吾輩は名無しである:03/11/05 22:32


375 :吾輩は名無しである:03/11/05 22:37
いやちがうよ、372は371に文句言ってるんじゃないよ多分、
オフィシャルHPのトピックでの発言のことだろー

376 :吾輩は名無しである:03/11/06 14:19
よかった〜

377 :吾輩は名無しである:03/11/07 23:34
漏れは大学生の時にはまってガンガン読んで...それっきりだな。
はしかみたいなものかと。

378 :吾輩は名無しである:03/11/08 18:06
>>377
が大学の時ハマって読んだのって
作品としてはどこまで?

379 :吾輩は名無しである:03/11/08 20:54
>>378
・少年アリス
・野ばら
・三日月少年漂流記
・夜啼く鳥は夢を見た
・カンパネルラ
・夏期休暇
・螺子式少年
・耳猫風信社
までは読んだ。生協に河出文庫いっぱいあったから
鷺澤萠、山田詠美、吉本ばななも同時期に読んでいて(ハマッていて)
今は読んで無いからなぁ。だからといって批判ではないぞ念のため。
単に今ハマってないだけともいえる。

380 :吾輩は名無しである:03/11/09 05:59
>>375
え、なんで? 長野さんがいきどおっていること、
もっともだと思うけどな。

381 :吾輩は名無しである:03/11/09 10:26
むしかえすなよw

382 :吾輩は名無しである:03/11/10 11:09
>>>380
   作家としてシカトされるよりマシと思っているんじゃ?

383 :吾輩は名無しである:03/11/10 12:27
いやシカトされたから怒ってられるんじゃ・・・

384 :吾輩は名無しである:03/11/10 17:37
シカトしてねーよ!!(なんのこっちゃ)

385 :吾輩は名無しである:03/11/10 18:11
>1
まさかねぇ・・・、板違い。誰だよ、それ

386 :吾輩は名無しである:03/11/10 21:52
雨更紗 って結局終わりがはっきりしてなかったので
こーゆーのが文学(?_?)と思ってた ワラ

387 :吾輩は名無しである:03/11/10 22:16
長野まゆみは文学少女なら一度は通る道って感じがする。
自分自身も高校のときハマってたし、
菅野美穂なんかも学生時代に読んでたらしい。

388 :吾輩は名無しである:03/11/11 23:00
へぇ

389 :吾輩は名無しである:03/11/12 01:23
文学少女が一度は通る道だから文学なのか

文学少女が一度は迷う文学じゃない道なのか

390 :吾輩は名無しである:03/11/12 02:20
なんか微妙に嬉しくないな…>カンノも読んでた


391 :吾輩は名無しである:03/11/12 08:56
そうかい?>>390
ボクはそんなにイヤじゃない、、

392 :吾輩は名無しである:03/11/16 20:23
のちのゲイ色、SF色の強い作品はともかく、
初期の『少年アリス』『野ばら』あたりは、
読みやすいし、きれいなので、毎年何万人かの
新しい読者を獲得できるはず。
もっと、じゃんじゃん宣伝して売ったらいいと思う。

393 :吾輩は名無しである:03/11/17 08:22
この方の作品でゲイっぽくないものを教えてください。
読んでみたいと思ってるのですが、そういうのは苦手なので…

394 :吾輩は名無しである:03/11/17 13:09
ゲイっぽくないといえば、最近の作品以外だいたい
人それぞれの解釈によってゲイぽくなったり、ならなかったりすると
思うんですが その中でも初期の作品が児童文学だと思ってます。
>>392にあるとおり
まず、デビュー作の『少年アリス』とか
『耳猫風信社』『遊覧旅行』『天体議会』
とかが多分おすすめ

危険なのはー・・・
『夏至南風』は止めといた方がいいです(あらすじからして;;)
魚達の離宮もそうでしたっけ、
あと、 鳩の栖 と 上海少年 ・・・?
最後の二冊は読んで欲しい気がするけど

失礼しました誰かフォロー宜しくオナガイします;;

395 :吾輩は名無しである:03/11/17 13:31
>>393
>>339-341
とか過去ログも見てみてください

396 :吾輩は名無しである:03/11/18 00:34
「夏至南風」はともかく(私は結構奥深くて好きだけど)、
「魚たちの離宮」とか「鳩の栖」もゲイっぽいに入っちゃうのかな・・・。
(いや394さんをせめてるわけじゃなくてね。一般的にどうなのかな、と)
むしろこの2作こそ読んでほしい。特に「鳩の栖」おすすめ。自分のなかではかなりの名作。
長野作品の中でも一般書籍として違和感ない作品だと思う。

397 :394:03/11/18 01:31
イエイエ;;

鳩の栖は感動物(って書いたらなんか薄ぺらくry)
ですが収録してる紺シリーズって駄目な人には駄目なのかなぁ??
と思いまして、、

398 :吾輩は名無しである:03/11/18 12:31
鳩の栖収録分ならまだなんとか。。。。
他の短編集でまぎらわせるかも。

399 :396:03/11/18 14:00
あー、紺シリーズか。
深読みしなければ大丈夫・・・でもないかな・・・(汗)
いっそのこと「上海少年」収録の雪鹿の子・満天星・幕間あたりとトレードするかw

自分の知る範囲では、ゲイっぽいのよりも、
初期の旧字文体に拒否反応をしめす人が多い。
わりと好きな人はとことん好きだけど、
駄目な人はまったく駄目ってタイプの作家だと思ってた。

400 :吾輩は名無しである:03/11/18 23:07
>>399
あー、それは大事。

401 :吾輩は名無しである:03/11/19 08:14
あー、何やら返事がたくさん…w
ありがとうございます。

「少年アリス」は作者自身も思い入れがある作品、と
聞いたことがあるので、手始めにこれから読みたいと思います。
実は(って改まって言うほどの事ではないですが)、我が家に
「鳩の栖」だけが(何故かこれだけが)ありまして、読んでみたのですが
拒否反応は出ませんでしたし、「面白い!もっと読みたい!」と思ったので、
「上海少年」あたりも大丈夫……?と思います。
また図書館・本屋に通う日々が…幸せだなぁ。


>>395
以後、気をつけます(´・ω・`)
>>399
私は大丈夫でした。むしろ好きになりましたw

402 :394:03/11/19 08:31
>>401
マジですか(゚∀゚)!!
よかった、鳩の栖が大丈夫なら
多分初期作品とか大丈夫と思われます
「魚達の離宮」とか、「上海少年」「螺子式少年」とか多分
「魚達の〜」は弟、とそのピアノ教師の雰囲気が
怪しかったような覚えがあって書いたんです、、

403 :吾輩は名無しである:03/11/27 09:42
「白昼堂々」〜「若葉のころ」を読んだんだが

どうして出てくるやつみんなが凛一を好きになるのか
分からないのは私だけなのか?

404 :吾輩は名無しである:03/11/27 19:28
>>403
いえまぁわたしも・・・(・・)ノ

405 :吾輩は名無しである:03/11/28 09:50
>>403
ノシ
何だろう、こう、人を惑わすオーラがあるんだろうか。
ノーマルの氷川も惹かれたわけだし

406 :吾輩は名無しである:03/11/28 18:27
ビジュアル系

407 :吾輩は名無しである:03/11/29 19:43
俺男だけど・・・これって女の読者多いよな??

408 :吾輩は名無しである:03/11/29 19:46
>>407
圧倒的に多いだろうね。

409 :吾輩は名無しである:03/11/29 20:32
↑チミは同人女かね?しい擁護派の

410 :吾輩は名無しである:03/11/29 23:38
>>407
普通に女性の読者の方が多いんじゃないですか、

411 :吾輩は名無しである:03/11/30 04:02
こんなに了見の狭い人間性の作家だから
内容も狭くて薄っぺらい。意味が分からなければ
スルーして。

412 :吾輩は名無しである:03/11/30 12:12
俺は夏至祭りがすき。
だれか読書会しよう

413 :吾輩は名無しである:03/11/30 14:39
どういうふうにするの、

414 :吾輩は名無しである:03/11/30 20:24
お、文末を読点(、)で終える。
長野先生独特の書き方ですな。

415 :吾輩は名無しである:03/12/01 00:38
若葉のころの続きってあるの?

416 :吾輩は名無しである:03/12/01 01:11
>>413
高田馬場のビルディで討論会orだまってよむ

417 :吾輩は名無しである:03/12/01 01:28
>>415
「若葉のころ」は凛一と氷川くんのシリーズ
「白昼堂々」「藍空」「彼等」に続く最終巻で、(ですよね)
一つ外伝があるそうです。
凛一と氷川くんの話の続きはないんじゃないでしょうか

>>416
高田馬場にはゆけないので、家で独り大人しく読書会をしています。

418 :吾輩は名無しである:03/12/01 01:38

ながのよむやつはみんな同人女なんだろ?

419 :吾輩は名無しである:03/12/01 12:08
長野読者の女性の半々じゃないですか、
同人人口は、それか2/3が同人してる人、
皆ではないとおもわれ(つか思ってた)

420 :吾輩は名無しである:03/12/01 16:38
>>419
すまないけど、もう1回、意味がわかるように
書いてください。

421 :吾輩は名無しである:03/12/01 20:19
女性読者の半分か3分の2が同人している人。
ということだね。
そんなに多いわけないと思うよ。

422 :吾輩は名無しである:03/12/01 22:40
なんか最近あきてきたよね・・・・。
ファンクラブはなくなっちゃうし。
また新しいのが出来るみたいだけど。

423 :吾輩は名無しである:03/12/02 00:32
まあ、新刊出たみたいだし…

期待できないけど…w

424 :吾輩は名無しである:03/12/02 00:38
じゃあ、新宿で読書会しよう


425 :吾輩は名無しである:03/12/02 09:00

しんじくもいけないよ

426 :吾輩は名無しである:03/12/02 23:21
どうせならさいたまにしようぜw

427 :吾輩は名無しである:03/12/02 23:43
新刊、かぎカッコがいっこもなくてちょっと読みにくい

428 :吾輩は名無しである:03/12/03 08:23
さいたまもいけなくてむか

429 :吾輩は名無しである:03/12/03 11:29
さて買って参りましかー

430 :吾輩は名無しである:03/12/03 12:57
>>417
外伝っていうのは、もしかして「上海少年」に
載っている作品でしょうか?
何度もすみません。

431 :吾輩は名無しである:03/12/03 13:03
>430
「上海少年」のは「白昼堂々」の一部だと思う…
外伝は、予定はあったけどなくなったんじゃなかったっけ?

432 :吾輩は名無しである:03/12/03 13:32
今公式ページ見てきたんだけど、
長野さんってさーアニメとか漫画好きなんだねえ・・・。
別に何が好きかは個人の自由だけど大っぴらに言わんでも・・・ハガレンとかヒカ碁とか。
作者のイメージって作品にも影響すると思う。同人臭さが出てきてる気がしてしまう。
最近どうしても嫌だ。
中一の時すごく好きだったのにな。
自分の感性が変わったのかなあ。
最近の作品が好きな人スマソ

433 :吾輩は名無しである:03/12/03 19:12
谷山浩子ってどうですか?

434 :吾輩は名無しである:03/12/03 20:52
どんな人?>433

435 :吾輩は名無しである:03/12/03 20:57
コバルトで書いてたけど、実は音楽のひと。
ながのまゆみ系。知ってる人は知ってる。
図書館とかCDあるし。昔ははやったから。
みんなのうたの「まっくらもりのうた」「しっぽのきもち」
「こいするにわとり」「おはようくれよん」なんかで知ってる人もいる。
15でデビュー。ことし三十周年。

436 :吾輩は名無しである:03/12/03 22:05
>>432
wハゲド、

437 :吾輩は名無しである:03/12/05 00:07
tu-ka、トピの話題って大抵、食べ物かアニメだよね。
話題が無いんだよ…

…たぶん、きっと。

438 :吾輩は名無しである:03/12/05 00:40
ひきこもりあにおた・・・

439 :吾輩は名無しである:03/12/05 11:24
>>431
ありがとうございます。
とりあえず、「上海少年」は前から興味あったんで
買ってみます。

440 :吾輩は名無しである:03/12/05 14:09
>>432
じゃあ、もう離れればいいんじゃないかな。
長い作家だから作風も変っちゃうよね。

441 :吾輩は名無しである:03/12/05 17:15
最近のが嫌だからって
昔のが好きなら簡単に離れられないっしょ

442 :吾輩は名無しである:03/12/05 17:24
もう昔の作風には戻らないそうですが。
やっぱ気になりますね。
で、ここで文句を(ry

443 :吾輩は名無しである:03/12/05 17:38
誰か旧作品好きのスレたてとくれよ・・・801板以外で、

444 :吾輩は名無しである:03/12/09 23:03
どこの板でたてる?旧作品てことは児童文学とか?

445 :吾輩は名無しである:03/12/10 07:55
一般書籍でいいんだが、駄目なのかな

つか自動的に新作品アンチスレになりそうだな

446 :吾輩は名無しである:03/12/11 19:11
>>445
禿げ同。今までに長野マンセースレを見たことが無いw

447 :吾輩は名無しである:03/12/11 21:48
書籍板は、もうスレあるけど・・。好きな人、書き込みやめたんじゃないの。

このスレだってアンチが立ててるよね。
>>1がこれ↓だもん。

>名前:吾輩は名無しである[は?] 投稿日:02/03/01 21:02
>某板で純文学扱いされていたので、とりあえず立てます。

>・・・純文学・・・まさかねぇ・・・。

何か言われたのか、ムカツイテ勢いづいたのか、恨み節炸裂。ハズカシー



448 :吾輩は名無しである:03/12/12 01:00
>ハズカシー
そうか?w

449 :吾輩は名無しである:03/12/12 01:58
で、たててくれんのかい?

450 :吾輩は名無しである:03/12/12 14:04
どっちか旧作にすればいいだろ。一人で2スレもいるかよ。いがらし板じゃあるまいし。

451 :吾輩は名無しである:03/12/12 22:37
いやいるだろ

452 :吾輩は名無しである:03/12/13 00:16
イラネー。旧作で盛り上がれる作家だったら、とっくにどこかがマンセースレに
なってるだろ。

453 :吾輩は名無しである:03/12/13 01:34
そうか旧作でも盛り上がれんのか・・・・・

454 :吾輩は名無しである:03/12/13 18:23
>>447
ラノベ板の、今はなき長野スレで
ちょっとした痛い白熱具合を見せた討論が始まったことがあって
このスレはそのヲチみたいな感じで使われたいきさつがある。
これがその発端↓


600 名前: イラストに騙された名無しさん 投稿日:02/02/25 23:38
長野さんの作品に出てくる性描写少年描写云々はやはり、心の動き、ストーリーの流れを考えて
強く書かれている。ほかの恋愛小説家が書くような、結果や過程ではない。
だからそこに必要以上の煽情を感じてしまう。
でもそこであえて、その欲情に身を巻かせて見ると
なんと感じるのはそのまま主人公の気持ち、・・・だったりしないか?


601 名前: イラストに騙された名無しさん 投稿日:02/02/26 20:06
>600
恋愛小説ってもともと心の動きが描かれている事に重点が置かれていると思うんだが。
結果や過程に頼りがちな少女小説はともかくもね。
文壇における純文学の枠では、君の言う事は珍しくも何とも無い当然の事だ。



455 :吾輩は名無しである:03/12/13 18:24
たぶんこれがここの1の発言↓

602 名前: イラストに騙された名無しさん 投稿日:02/02/26 22:18
・・・純文学だと、そう言いたい訳ですか?

456 :吾輩は名無しである:03/12/13 22:40
>>455
リソ一みたいな口調にワラタw

457 :吾輩は名無しである:03/12/14 13:09
それで「・・・純文学・・・まさかねぇ・・・。」というレスとともに 文学板に立てたのかー。


458 :吾輩は名無しである:03/12/15 23:47
一人で何スレも立てたければ他のサイトに長野板でも作ってそこでやれって言ってんの。
使い分けするというのは、異なる意見を認めない閉鎖的な使用をするって事で、
そういうのは2chの運営方針とは違うんだよねえ。

459 :吾輩は名無しである:03/12/16 00:16
でも長野まゆみってなんかの雑誌の
「現代純文学作家11人」(人数はあやふや)
だか何かに入れられてたよ。
この文体で、もうちょい直接的に心に響く内容を書いてくれればいいのにと思う。
テレヴィジョンみたいのじゃなくて。

460 :通りすがり:03/12/16 02:33
自分♂ですが、高校の頃に殆ど読みました。
最近は同姓愛表現が露骨過ぎてちょっと…

自分的に好きな話は、
1、天体議会
2、テレヴィジョン・シティ(SF好きなため)
3、夏期休暇
  カンパネルラ(共に夏の雰囲気が好き)

天体議会のラジオなら手元にありますよ。
あれはあれでよさげ。

461 :吾輩は名無しである:03/12/17 00:48
天体議会と少年アリスは好きだよ。
稟一が出てくるのはちょっと無理でした(汗)

462 :吾輩は名無しである:03/12/17 01:50
あのシリーズは無理して読まなくていいよ>リンイチ

463 :吾輩は名無しである:03/12/18 13:14
同性愛ものは嫌いだが夏至南風は好きだ。どろどろ腐る夏の感じがいい。
好きな人いない?

464 :吾輩は名無しである:03/12/18 17:10
>>463
うん、好きですよ。
香港に九龍城ってゴチャゴチャした建築物があったじゃないですか。
写真で見たその風景を重ねながら読みました。
長野さん、懐かしい爽やかな夏の描写も得意なんだろうけど
それとは違う、腐乱や生ぬるい匂いの風を想ってゾクゾクしました。
「夜鳴く鳥〜」の腐れ落ちた水蜜とも繋がったかな。

465 :吾輩は名無しである:03/12/19 14:37
九龍城てなつかしぃ話・・・行ってみたかったなぁw

466 :吾輩は名無しである:03/12/20 09:38
長野まゆみと言えば昔高校入試の国語で「鳩の栖」の冒頭が扱われてたのを思い出す。
主人公の転校初日の不安があらわれている表現についての質問とかだった記憶が。
ちょうど「鳩の栖」が入試の直前に発売されて読んだあとだったのでびっくりしました。
こういう経緯から素直に長野まゆみは純文学だと思っていたのですが
最近はあからさまな表現多いですしね…文学的にはどうなんだろう。

467 :吾輩は名無しである:03/12/20 22:53
塾でそれ解いたことあるよ。過去問で。
最初、長野さんと知らずに読んでて、途中で
あれ?なんか長野さんぽい・・・と思って確かめてびっくりした。
窓から見えた青空は学校生活がうまくいく暗示だという問題とかもあった。


468 :吾輩は名無しである:03/12/22 18:22
入試に出たから純文学とは限らないと思うよ。
昔、大学入試センター試験(その前の共通1次の時代だったかも)に
司馬遼太郎の「項羽と劉邦」が出たからね。

469 :吾輩は名無しである:03/12/24 19:44
>466
で、それどこの高校?ちょっと興味わいてきた〜

470 :467:03/12/25 23:02
467だけど兵庫県のだったと思うよ。

471 :吾輩は名無しである:04/01/02 22:59
あけおめ

472 :吾輩は名無しである:04/01/02 23:36
ここだけ年が明けてなかったのか!!

アゲ
ところで「コドモノクニ」って面白い?

473 :吾輩は名無しである:04/01/03 00:07
紺極まるはどう?

474 :吾輩は名無しである:04/01/03 01:37
もうひとつの長野スレ見てきたら?>紺極まる

475 :吾輩は名無しである:04/01/04 14:53
>459
内面に響くものがないのが売りなんじゃないの?形だけどいうか。

476 :吾輩は名無しである:04/01/10 15:49
>>473
・台詞の「」が無くて読みづらい
・まーた同性愛ものかよっ
・真木って浦里が好きなんじゃないの?誰でもいいの?
・庶民版「白昼堂々」
・文章が厨臭い
・だから絵は描かない方がいいって

あっちの長野スレで言われてたことを、だいたい羅列してみた。
いいことが一つもない…ような

477 :吾輩は名無しである:04/01/10 17:19
>>476
ワラタ

478 :吾輩は名無しである:04/01/10 23:51
>>476
これって、皆読了者の意見だよねー
読む前からだいたい予想はつくんだけど・・・
・・・まだ買ってないが買いそう・・・

479 :吾輩は名無しである:04/01/11 17:17
>・庶民版「白昼堂々」
この一言でだいたい想像がつくな。
想像がつくのに買って読みたいと感じるのは何故…

480 :吾輩は名無しである:04/01/13 23:22
ゲーム化の話はどうなったんでしょ?
誰か知ってる人いませんか〜

481 :吾輩は名無しである:04/01/13 23:50
あーそういえば、
この頃オフィシャルのHP逝ってないけど
続報とかないのかねぇ

482 :吾輩は名無しである:04/01/14 21:04
紺極まる・・・新キャラ川野が不評らしい。
予備校の数学教師で26歳、バツイチ。
今までには無かったリアルなというか今風なキャラ。


483 :吾輩は名無しである:04/01/15 21:16
↑ネタバレになんない?
私まだ読んでないんだけどw

484 :吾輩は名無しである:04/01/18 17:42
>>482は設定だからネタバレにはなんないと思う
ついでにアゲ

485 :吾輩は名無しである:04/01/22 00:41
真木の弱さというか、繊細さがクローズアップされた感じ。
もっと明るいキャラだと思ってたから。

486 :吾輩は名無しである:04/01/23 14:58
真木……あんなこと(って言ったら失礼だけど)で泣くんだ…

このスレに人が少ないのはスレタイが消極的だからと思う。

487 :吾輩は名無しである:04/01/23 15:52
>486
何をトンチンカンな責任転嫁を・・・(呆
検索で出るし、スレタイは何も関係ないと思う。

488 :486:04/01/25 14:08
>>487
あーごめん。
「人が少ないのは>>1のせい」という悪い意味で言ったんではなく
軽い気持ちで言ってしまった。
読み返してみれば、これは悪い意味でしか取れないね。
本当にごめん。

489 :吾輩は名無しである:04/02/03 19:57
ここの1は私だ。よってこのスレッドは私が立てた。
無論、私は長野まゆみが好きだ。だからこそ、このスレッドを
立てたのだ。
しかしだ、まさか二年も存続するとは思わなかったぞ?
何気に文学板では人気なのだな。ひょっとしたら長野まゆみは
文学だったのかも知れんな・・・。

490 :吾輩は名無しである:04/02/03 20:06
ちなみに・・・
>>455で晒されてるやつを書いたのも私だ。
あのころは若かった。

491 :吾輩は名無しである:04/02/04 00:44
あのころはわぁぁ〜〜♪

492 :吾輩は名無しである:04/02/06 09:54
よーし、このスレが立った2002年3月1日21時2分の
ちょうど二年後、2004年3月1日21時2分まで頑張ろうじゃないか。

493 :吾輩は名無しである:04/02/06 10:18
3月には2ch閉鎖だよ。

494 :吾輩は名無しである:04/02/06 14:35
>>493
ネタだよ……

495 :吾輩は名無しである:04/02/06 18:29
よし がんばれ。

496 :吾輩は名無しである:04/02/07 02:02
このスレ早く落ちればいいのに、って思ってたよ。
見るに耐えない時もあったし、書き込みが無くて落ちそうになっても
そのたびに 誰 か が わざわざ空ageしてた。
でももう2年にもなろうとしてるのなら、続けたいですね。

497 :吾輩は名無しである:04/02/07 02:14
(´,_ゝ`)プッ

498 :吾輩は名無しである:04/02/07 02:14
反応はやっ

499 :吾輩は名無しである:04/02/07 02:17
よし あげよう。

名前:1 投稿日:02/03/03 00:06
ああ、、、ここは死んでしまったようだ。
やはりライトノベル程度で文学板にスレを立ててしまった呪いか、、、

500 :吾輩は名無しである:04/02/07 03:48
良きスレが長生きするわけではないということの証明のようなスレだな

501 :吾輩は名無しである:04/02/07 12:47
良スレってもう一つの長野スレみたいなのですか、

502 :吾輩は名無しである:04/02/08 13:26
もう一つの長野スレに晒されてたサイトに鳥肌が

最近、近所の図書館に長野まゆみ作品がたくさん置かれた。
今まで3、4冊くらいしか無かったのに、一つの棚全部に並べられた。
とてもじゃないが全作品を買うことは出来ないのでウレシイ

503 :吾輩は名無しである:04/02/08 13:34
いいな〜うちのとこは綺羅星波止場と夏至南風しかない
綺羅星波止場ではまったのに夏至南風で…効率悪いからw

504 :吾輩は名無しである:04/02/08 14:16
長野まゆみは純文学らしい。

ttp://webcatplus.nii.ac.jp/tosho.cgi?mode=tosho&NCID=BN16148899

505 :吾輩は名無しである:04/02/08 16:49
4へぇ

506 :吾輩は名無しである:04/02/09 14:25
>472
面白い。
しかし無理矢理性的なセリフを入れるのはどうかと。
「ギプスがかゆくなったら…」とか。
最後の話で「女の子だと思ったら男の子だった」というのも必然性がないというか。

507 :吾輩は名無しである:04/02/09 14:39
ネタバレですか?

508 :吾輩は名無しである:04/02/10 14:05
分が悔いたでネタバレもなにもないだろ

509 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

510 :502:04/02/11 15:20
その図書館に文藝別冊の長野まゆみ総特集とやらが
あったので借りて読んでみた。
全著作レビューが面白かったな。

>>506
ありがとう。買わないで借りて読むよ

511 :吾輩は名無しである:04/02/14 16:21
新世界のあらずじを簡単におしえてください。

512 :1巻あらすじ:04/02/21 19:00
兄さん、ぼくはいつから独りなんだろう。太陽(ソル)から2億3千万キロ離れた夏星(シアシン)。
謎の物質"ゼル"をめぐる闘いのなか、"永い眼り人"はふたたび目醒めるか。待望の巨篇・第一部。
(「BOOK」データベースより)

"永い眠り人"であった彼らがふたたび目醒める時が訪れようとしていた…。
イオの手に残された謎の塊"ゼル"。ゼルを狙う少年ハルとイオの兄シュイはいったい何の目的で争うのか?
(「MARC」データベースより)

513 :吾輩は名無しである:04/02/21 19:03
2巻あらすじ
「小児病院からミンクという名の特殊な少年を連れ出せ。」
マザーワート植民政府からの指令通り、収容施設に侵入したシュイを待ちうけるものは?
太陽から2億3万km離れた夏星で展開する、異世界物語。
(「MARC」データベースより)


3巻あらすじ
希んだら、あなたの手で殺してくれますか。
意識を回復したシュイの前にあらわれたミンク。彼とイオとは別人なのか。
(「BOOK」データベースより)

イオの放った紡錘(スピン)の直撃を受けて意識を失ったシュイが目を醒ました時、彼は何も覚えていなかった。
致命傷であった筈の傷も、なぜか消えうせていた。死を望むシュイに、なぜ死を選ぶことは許されないのか?
(「MARC」データベースより)

514 :吾輩は名無しである:04/02/21 19:07
4巻あらすじ
もう二度とこの躰を医療局に使わせたりしない。
シュイの身代わりとなったジャウの運命は?
完結直前!最期の闘いがはじまる。
(「BOOK」データベースより)

もう二度とこのからだを「医療局」に使わせたりはしない…。
シュイの身代わりとなったジャウの運命は? 「母星化」を受けた種族とそうでない種族の行く先は?
最後の闘いがはじまる。
(「MARC」データベースより)


5巻(最終巻)あらすじ
ぼくは永いこと眠っていた、目醒めるのを忘れるくらいに。
ついに完結。
(「BOOK」データベースより)

シュイが躰の中へチュウブをさしこまれ目を醒ました頃、ジャウは拘束されていた。
持ち出されたゼルは何処に? ラシートの真の後継者は誰?
最後の闘いの中、いま"永い眠り人"が目を醒ます。
(「MARC」データベースより)







515 :吾輩は名無しである:04/02/28 18:48
これを読んでも読む気が起きない・・・・・
全五巻ってよっぽど面白くなきゃ読みきるのがタルイ

516 :吾輩は名無しである:04/02/29 22:34
オンライン書店のポイントが期限切れ間近だったから
とりあえず三日月少年の秘密を注文したはいいけど
届いて二週間、未だに読む気が起きない。

517 :吾輩は名無しである:04/03/01 09:41
そういえば読んでないやー

518 :吾輩は名無しである:04/03/01 15:22
>希んだら、あなたの手で殺してくれますか。
こういう半端に女々しい部分がなければ面白いんだが

519 :吾輩は名無しである:04/03/02 13:23
兄さん、ぼくはいつから独りなんだろう。
っていうのは良いと思わない?
なんか惹かれる。

520 :吾輩は名無しである:04/03/02 15:21
>ぼくは永いこと眠っていた、目醒めるのを忘れるくらいに。
これぐらい眠ってみたいと思う。

「紺極まる」って続編出るの?
浦里がずっと真木の気持ちに気付かなかったら、延々続きそうなんだがw

521 :吾輩は名無しである:04/03/03 15:22
>519
まあターゲットがその手の文句に惹かれる層なんだろうけどさ

522 :吾輩は名無しである:04/03/03 20:06
こらこら、身もふたもないこと言わない。

523 :519:04/03/03 22:16
>521
厨房くさくてすいませんねw

524 :吾輩は名無しである:04/03/04 00:09
新世界5年くらい前読んだけど難しかった。
もっかい読んでみようかな。


525 :吾輩は名無しである:04/03/04 09:24
ガンガレ

526 :吾輩は名無しである:04/03/04 15:41
近くの図書館で新世界探してみたら
5巻まるごとごっそり借りられてた。
返却予定日調べてもらったら去年の7月……


もうね、アホかt(ry

527 :吾輩は名無しである:04/03/05 01:29
>>526
あらら、ぱくられ…
非常識だね。

528 :吾輩は名無しである:04/03/05 14:48
女流作家が苦手です。
http://book.2ch.net/test/read.cgi/book/1078210049/l50

529 :吾輩は名無しである:04/03/05 16:42
その図書巻はまた五巻まるごと買い直すのかな。
もったいねーなー。今からでもいいから、とっとと返してやれ。


>>528
森茉莉ってどっかの長野スレでも名前出てたよね。

530 :吾輩は名無しである:04/03/06 00:45
>>528
そのスレ、長野は関係ないんじゃ。
絨毯爆撃ならすみません。

531 :吾輩は名無しである:04/03/06 01:27
>>530
流し読みしたけどそのスレの77あたりで出てたよ。

1…いかにも女らしさを全面に出した作品がダメ
2…女らしさが感じられない(ショタ・ヤオイ系に近いもの)

↑の2分類だったんだけど、違うような気が。
長野作品は、登場人物に女性が少ないだけで、
良くも悪くもすごく女っぽさが出ていると思う。
作品の表面というか、キーワードだけ拾うと2になるのかな。
まあ、ヤオイ系を2分類にしてる段階で終わってる気がする。

532 :吾輩は名無しである:04/03/06 01:53
>>531
うん、そこの1さんのいう事にゃ長野はスレ違いだなーって。
エクニが出てくるのは分かるけど。

女らしさはバシバシ感じられると私も思います。

533 :吾輩は名無しである:04/03/06 11:56
同意

534 :吾輩は名無しである:04/03/06 23:14
>>1
どうですか・・・って。
たんなる同人女ジャン

535 :吾輩は名無しである:04/03/10 10:52
>>534
どこにレスしてるの、

536 :吾輩は名無しである:04/03/10 10:53
間違えた。>>1の内容じゃなくてスレタイにツッコんでるのか。

537 :吾輩は名無しである:04/03/18 01:58
星新一が好きです。
「テレヴィジョンシティ」はすごくわくわくしました。(よみやすいし)
漢字に想像力かきたてられなくて、読み方忘れちゃうので
簡単なことばにしてほしいです。




538 :吾輩は名無しである:04/03/18 01:59
>>537
工藤さんですか?

539 :吾輩は名無しである:04/03/18 02:09
違うけど・・・・。
あなただれですか?


540 :吾輩は名無しである:04/03/18 02:21
そうだった、訊かないし応えなくてもいいから
名無しさんなのですね。

もっと、長野氏は、宮崎駿みたいなわかりやすさで書いたら
いいのにと思います。
でもそれじゃ、だめになるのかな。

541 :吾輩は名無しである:04/03/18 02:31
>>540
丁寧で素直な文章だと思いますが・・・
作品によって違うのかな。

542 :吾輩は名無しである:04/03/18 02:54
そうですね・・う〜ん。
ぼくのいいたいことはですね、その
「サビ抜きで!」みたいな・・。

謎発見・冒険・危機・脱出!で、完結してもいいと思います。
ムスカの「眼が〜〜」くらいの、毒ならば良いのですが、
ジェンダーのことを振られても、消化できないのです。

543 :吾輩は名無しである:04/03/23 00:02
思うのだが、この人と温帯はどっちがヤヴァイのだろう?

流石の少年専門作家もやはり温帯には勝てないか?
それともいい勝負しているか?
圧勝か?

544 :吾輩は名無しである:04/03/23 20:20
age

545 :吾輩は名無しである:04/03/24 01:47
>>543
ヤヴァイってどういう意味で?

546 :吾輩は名無しである:04/03/24 21:00
あまり温帯などという特殊用語wは使ってほしくないなあ。
長野まゆみはもっと広い世界にいる作家、
というか、
ふつうの小説好き文学好きも読む作家なんだよ。

547 :吾輩は名無しである:04/03/25 09:11
温帯って何?
いや本来の意味はだいたい知ってるけど、ここでの意味

548 :吾輩は名無しである:04/03/25 19:09
中島梓=栗本薫を御大と呼び、
さらに同音の温帯に書き換えたものです。
と理解しているのだけど、違ってたらゴメン。

549 :吾輩は名無しである:04/03/25 22:59
いま長野さんが定期的に書いてる雑誌は
別冊文藝春秋と文藝なんだから。

550 :吾輩は名無しである:04/03/26 23:31
>>547
神。またはセントロココと同義。
文学を試む全ての者が崇める存在。
超越者。国によっては文化大革命ともいう。
アルハザードの「ネクロノミコン」によれば旧支配者とされている。

551 :吾輩は名無しである:04/04/04 15:56
ふぅ。

552 :吾輩は名無しである:04/04/05 21:07
699 名前: 無名草子さん [sage] 投稿日: 04/04/04 20:44
>>698
その二択が極端でちょっとワラタ。
個人的に雨更紗はお薦めだが、サマーキャムプは地雷だと思う。
カーゴパンツ姿の少年が女言葉で「キスして」とかいうのに拒否反応が出るなら
サマーはやめといたほうが。

もう一つの長野スレよりコピペ。ワラタ。
サマーキャンプ読んだのに話が全然思い出せない……
こんなシーンあったっけ??

553 :その699:04/04/06 23:17
>>552
あったよ。てか、こっちにまでコピペせんでも。

554 :イラストに騙された名無しさん:04/04/14 23:44
ここですか?温帯の隠れ家わ。

555 :吾輩は名無しである:04/04/15 19:31
温帯ってなにー

556 :イラストに騙された名無しさん:04/04/18 03:27
>>555
548、550に説明してある。
どちらかというと、550の方が正しいな。

崇める、というよりは屈服しているがな。

557 :吾輩は名無しである:04/05/05 07:17
age

100 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)