5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

  国書刊行会スレッド  

1 :吾輩は名無しである:02/02/16 15:58
待望の「チェゲムのサンドロおじさん」も刊行されたことですし、
浮世絵画集・妖怪百景シリーズも好調の国書刊行会の
書籍を地味に語らいましょう。

前スレ
http://mentai.2ch.net/book/kako/969/969959168.html

2 :吾輩は名無しである:02/02/16 16:01
ついでに公式HP
ttp://www.kokusho.co.jp/

3 :3:02/02/16 16:05
3

4 :吾輩は名無しである:02/02/16 16:10
八木少年ジャイルズあげ。

5 :吾輩は名無しである:02/02/16 16:19
国書刊行会の名著より
http://tonbi.cside9.com/logup/c-board.cgi?cmd=one;no=35;id=

6 :吾輩は名無しである:02/02/16 16:52
トマス・ピンチョンの「v」あげ。

7 :吾輩は名無しである:02/02/16 20:33
志村坂上のすえひろ5の近くあげ。

8 :吾輩は名無しである:02/02/16 20:36
と、思ったらあそこ国書の日本語学校だったあげ。

9 :吾輩は名無しである:02/02/16 20:42
山尾悠子作品集成に

感謝!感謝!感謝!

でかした>>1



10 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:39
骨のある出版社。あげ。

11 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:42
で、もうかってるんすか? この出版社。「いったいこんなの誰が買うんじゃ〜」
っての、いぱーい出してますよね。不思議だ。て、僕もラテンアメリカの
叢書にはずいぶん世話になったけど。

12 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:44
『新しい台湾の文学』シリーズの第三回配本はまだなの・

13 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:49
>>11
酷暑観光会なので、特に南米の文学には強いです。

14 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:49
>>12 「新しい」どころか、「古い」台湾の文学さえ知らない俺・・・

しかし形容詞って、使い方難しいね。

15 :猫電波:02/02/16 23:50
『チェゲムのサンドロおじさん』って英訳ありましたっけ?
抄訳だよ…。

16 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:59
仏教書の題名長すぎage

17 :吾輩は名無しである:02/02/17 00:05
誰か『恋する潜水艦』読みました?

18 :吾輩は名無しである:02/02/17 00:17
セリーヌ全集揃わない。。。

19 :吾輩は名無しである:02/02/17 00:25
>>18
あれを全部揃える気か!
装丁超カッコいいよね!

20 :吾輩は名無しである:02/02/17 00:52
セリーヌ全集は、品切れじゃないのが数タイトルあったような・・

21 :吾輩は名無しである:02/02/17 01:54
不思議な出版社だよね。板橋というロケーションもまた。
内部事情どーなってるのか大変興味アリ。
だれか関係者いたら書き込んでくれ〜

22 :吾輩は名無しである:02/02/17 01:59
通人な大富豪の道楽出版社だったりして、と妄想してみる。

23 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:01
国(会図)書(館)刊行会

24 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:01
>>21 >>22 あー、やっぱりみんなもそう思ってるんだ(ワラ


25 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:01
道楽であれだけのラインナップが出るか・・・?
「幻想文学文庫」なんてのを出してくれないかね。

26 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:03
ここの本だけ扱ってる薄汚れた本屋があると素敵だ。

27 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:06
>>26
禿げ同!

28 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:06
間違いなく潰れる。

29 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:06
いま盛り上がってるところをみると、全国からファンが集まる
メッカじみた場所になる可能性アリ

30 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:12
>26
店主は顔色の悪いじじいだとなお良し。

31 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:14
>>28 十年以上前からそう思ってた。でも、潰れない。不思議だ。

32 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:15
立地は志村坂上あたりがいい。

33 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:15
>26 で、店の奥にすんげえ貴重な本がどさーり・・・

34 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:21
>>30
店内に霊が憑いているとなお良し。
(やや脱線)

35 :  :02/02/17 02:24
>>32

水を差すようで悪いが、志村坂上なんていうのは全然ダメだ。

36 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:27
潰れないうちに今が買い、かな?
ここってシュヴァンクマイエルとかのアート本もイイ!


37 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:30
そんで店の片隅で荒俣宏がなにやらガサゴソ
漁っている・・・と。

38 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:30
>>35
高円寺とか?

39 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:31
>>37 松岡正剛もね。

40 :32:02/02/17 02:32
そりゃ悪うございました。でも小石川という雰囲気ではないよね。

41 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:36
>>34 夜な夜な澁澤龍彦の霊がさまようという…

42 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:39
種村孝弘が出てないな

43 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:40
>>42 あの人は赤い顔してぶらっと入ってくるのよね。昼間っから酒飲んでさ。

44 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:41
>>36

>ここってシュヴァンクマイエルとかのアート本もイイ!

ああ、あれも国書? すごい本だよね。そうか、さすが国書。

45 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:42
>>43
で、帰るときには一角獣を口笛で呼ぶ。

46 :吾輩は名無しである:02/02/17 02:59
いいねえ!

47 :吾輩は名無しである:02/02/17 18:16
十数年前だけど、院卒を(院卒として)採用するのはここだけだって聞いたな。

48 :吾輩は名無しである:02/02/17 21:19
創立1971年、社員数40名、売上高10億円。
板橋区志村に学生数440人の日本語学校経営。
中国・モンゴルで現地と合弁の日本語学校を4校展開。
かつては寺向けの仏教書(戒名用語集みたいなハウツー的なやつ)が収益源だった。
収益の柱があってこその翻訳文芸書のラインナップ。
ただ、少部数高定価、注文買切制で、赤字の道楽とはしていないようだけど。

ベストセラーで儲けて片方で最近ではナイポールの初期小説みたいな企画も出す草思社と
ともに出版人の鑑ではないか。なあ岩○書店。

49 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:07
>>48 禿同位
坊主向けの本もしっかり出して堅実な背骨を作っておく。
で、あとは自分の好きなマニヤ本を出す。
これは賢いね。確かに。
やっちゃってほしい。
って俺坊主。

50 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:21
>>48 なるほど、そういうバックがあったんだ。でも編集部にはどんな人材
がそろってるんだろうね。内容だけじゃなく、装丁なんかもむちゃくちゃ
素晴らしいよね。

でもって、「国書文庫」なんてあざとい商売やらないところがいさぎイイ!! 

東の国書刊行会、西の書肆風の薔薇、ですか? たしか京都だよね、違った?

51 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:49
図書館にいのだが、国書刊行会の営業の人よく来るよ〜。
社員数40人だったのね、、、
個人的に買いたいモノたくさんあるけど、なんせ公費だからね〜。ごめんよ。

52 :吾輩は名無しである:02/02/18 01:14
>50
イヤ、国書文庫でたら講談社文藝文庫レベルの価格でも
買っちゃうな・・・・。

53 :吾輩は名無しである:02/02/18 01:19
文芸文庫はあの値段で装丁ダサダサだから萎える。
国書文庫もし出たら、かっちょ良さそうだね

54 : :02/02/18 01:39
>>53
プ、お前のデザインセンス最高
文芸文庫>>>>>>国書の装丁
がエディトリアルデザインの世界じゃ常識だが

まあ、国書のデザインはダサダサの文学厨房や
プロの仕事を一度もしたことがないデザイン学校の
厨房に受けてるのは事実だが(w

55 :吾輩は名無しである:02/02/18 01:43
腐れ権威をたてに好みを語る厨房オヤジ発見。

56 :吾輩は名無しである:02/02/18 02:13
おえ〜〜あのグラデーション薄ピンク×金パク白抜き文字が
ハイセンスっつうんなら、自分厨房でいいや。
文庫では岩波文庫の装丁の人気が根強いんじゃねーの?
デザイナーじゃなくて読者にな。



57 :吾輩は名無しである:02/02/18 02:20
>>54
はネタだとおもわれ

58 :Helmut Newton:02/02/18 02:37
For me good tastes are bad tastes.

59 :吾輩は名無しである:02/02/18 03:14
だれも「チェゲムのサンドロおじさん」読んでおらんのですか?
これは良かった。

60 :吾輩は名無しである:02/02/18 16:24
>>44

もう価格高くていいから、デザイン本やアート本の類にも
どんどん力いれてほしいな。

61 :吾輩は名無しである:02/02/18 20:38
>59
今日買ったんでこれから読むわ。

62 :吾輩は名無しである:02/02/18 21:51
「チェゲムのサンドロおじさん」についてあちこちに書きこんでるかた、
少しは内容紹介してみてくれ。

63 :吾輩は名無しである:02/02/18 23:13
aa

64 :猫電波:02/02/19 01:54
>>59
図書館で借りて読んだ河出のムックで「アブハジアの黒人」を読んで感動して以来
何年も待ってたんで、一気読み出来ません。
しかし、「アブハジアの黒人」も収録されてないのな。

>>62
ノスタルジックに幻想化された「昔のアブハジア」を描いたマジックリアリズム。
あちこちと言うか一人じゃないです、はい(私はここ入れて二箇所)。


65 : :02/02/21 01:42
パリ風俗犯罪ファイル揃いが前々から店晒しになってる上野駅前の古本屋
に金が入ったんで意を決して買いにいったんだが売れてた。クソッ。

来月、河出文庫にセリーヌの『なしくずしの死』収録。これって、国書
の翻訳かな?

66 :>>65:02/02/21 03:06
オマエその話題をやたらにいろんなスレで振ってるが、ウゼェ。
読みたきゃ買って一人でおとなしく読めや。木瓜。

67 :吾輩は名無しである:02/02/21 03:18
『国書刊行会』って國學院とか国士舘チックなネーミングやなと
思ってたが、国(会図)書刊行会だったとは・・・(w

68 :吾輩は名無しである:02/02/21 03:22
>>65
>来月、河出文庫にセリーヌの『なしくずしの死』収録。これって、国書
>の翻訳かな?
マジで?マジだったらウザくても何でもいいよ!
やったー!


69 :65:02/02/22 15:28
>>66

お前こそ黙っとれ。くだらん書込みする閑があったら、有意義な情報を
提供してはいかがでしょうか?

http://www.kawade.co.jp/soon/index.htm

70 :吾輩は名無しである:02/02/24 21:50
国書刊行会って、絶対に文庫出さなさそう。
それに、だからこそ定価で買うんじゃないですか、みなさん。
(2年待てば文庫化される新潮社や文春の本をいま高い金だして買うか?)
それに、みなさんが買わなくても、図書館が購入すれば、そこそこ冊数が出るから、
会社は安泰と思われる。うまい価格政策だ。

71 :吾輩は名無しである:02/02/24 22:33
『なしくずしの死』迷ったけど買わなくて良かった・・・
学生の俺には高値で厳しいからね

72 :吾輩は名無しである:02/02/25 22:23
>>71
『夜の果て・・』読んで面白かったし、中島らもが勧めてたから
無理して買ったんだよ〜『なしくずし』箱入り上下巻。ウン千円。
まさか文庫出るなんて思わなかったよ・・・。

でもこれって国書と集英社、どっちの訳なの?

73 :吾輩は名無しである:02/03/03 21:11
文庫で各1300円か。。。

近所の古本屋で国書の端本2000円くらいで買えるよ


74 :吾輩は名無しである:02/03/07 22:21
なしくずし・・・500円で売ってたよ。

75 :吾輩は名無しである:02/03/17 10:02
age

76 :吾輩は名無しである:02/03/17 11:39
文学の冒険シリーズ
「重力の虹」とか「完全な真空」とか「めくるめく世界」とか.....
よーやく日本語になった!っての多いので好きです。

てゆーか、国書が出すまで未訳だったって事を恥じるべきだわなぁ
しょうもない翻訳物を「新しい××」とかいって騙すその他の大手出版社よ(鬱


77 :吾輩は名無しである:02/03/18 00:19
図書館で働いています。文学も担当しています。
国書刊行会の「世界文学の冒険シリーズ」、個人的にはもっと仕入れたい
のですが、この小さな図書館では、需要と値段からすると見送らざるを
えません。
リクエストあったときに買うくらいです。


78 :吾輩は名無しである:02/03/19 04:46
>>70さん、all>>国書刊行会って、絶対に文庫出さなさそう。

 話が変わるけど、日本の文庫って昔はそのサイズと価格の安さがすきだったけど
少し小さすぎると思わない? 欧米のペーパーバックのデカサもいやだけど、日本の
今の文庫のサイズだとそう長くない作品でも2巻3巻となって、結局安くない。
しかも、へぼい。 平凡社タイブラリーや最近の中公クラッシクスの大きさが良い。
あのくらいの大きさなら古典なんかも注をつけて、しかも大きめの活字にしても大丈夫。 
国書刊行会もああいった形でやらないかな? ペンギン・ブックスなんかみたいに、
名作文學叢書てな感じで。
 

79 :吾輩は名無しである:02/03/23 22:38
いま、長期アルバイト募集中です
(自社サイトにて)

80 :吾輩は名無しである:02/03/24 01:22
日本の住宅事情では本は小さい方がありがたい。内容が変わるわけじゃなし。

81 :吾輩は名無しである:02/03/27 13:01
長期アルバイト、興味津々だけどフルタイムじゃないか。
学生では辛いなあ。でも応募だけでもしてみようかな。

82 :ixion:02/03/27 14:05
その通り、文学の冒険シリーズは素晴らしい>76さん

で、ヴォルマン『ザ・ライフルズ』がたまたま安く手に入ったので
読んでみているが、これ訳してる人けっこう気合い入ってるなぁ、
と思う。ヴォルマン自身キチガイじみたドライヴ全開なので、読む
のはもちろん、訳すのは相当な根気が要ると思うんだけど、よく
訳していると思う(読んだのけっこう前なので、それほど覚えて
いないけど)。
この本の帯に文学の冒険シリーズ刊行予定があるんだけど、ナボーコフ
『透明なるもの』はいつ頃出るんだろうね。

83 :76:02/03/28 01:02
>ヴォルマン『ザ・ライフルズ』 気合い入ってる
う、そーなんですかっ。
私ゃてっきり、さては一番薄くて、訳し易いの出しやがったな、
などと思とりやした。いやぁ〜やはり国書ですなぁ(恥

古いのに挟まれてたパンフに風間賢二氏が良い事書いてます。
「この文学の冒険シリーズは「小説は死んだ」と
口走る寝ぼけた輩に対する強烈なカンフル剤である。」

↓超訳
 ( ゚Д゚)おまえら、りさだのランディだの啓タンだの
         って言ってる場合じゃ無いですよぉ(*´ー`)

84 :吾輩は名無しである:02/04/17 02:16
age

85 :吾輩は名無しである:02/04/22 22:21
>>51
図書館に営業って、普通に「こんな新刊でました。
いかがですか?」って来るの?

86 :吾輩は名無しである:02/04/22 22:35
「豹の眼」の再販はうれしかったね

87 :吾輩は名無しである:02/04/23 12:31
妖怪本欲しいってはがき送ったら
翌々日くらいに送られてきた。
感動。

88 :吾輩は名無しである:02/04/23 18:48
水声社ともどもつぶれないか心配だあ。

89 :吾輩は名無しである:02/04/23 22:46
そーいや、風の薔薇とかいった出版社まだあるの?

90 : :02/04/23 23:36
文学の冒険シリーズは良い。
やぎ少年ジャイルズは面白かったなあ。

91 :吾輩は名無しである:02/04/23 23:39
>やぎ少年ジャイルズ

そりは

>文学の冒険シリーズ

じゃ無いでしょう...

確か最初はゴシック叢書とかゆーシリーズからでしたよねぇ。
他にピンチョンの「V」など。

92 :吾輩は名無しである:02/04/24 00:53
>>89
社名変更して現・水声社、とのことのようです。

93 :吾輩は名無しである:02/04/26 23:05
野坂昭如コレクション

94 :吾輩は名無しである:02/04/26 23:34
>>92

なるほど、そうでしたか。
あれ、確か国書のなかの一部の人達が
国書辞めて作った出版社なんでしょう?

95 :吾輩は名無しである:02/05/12 16:55
age

96 :吾輩は名無しである:02/05/31 13:38
age

97 :吾輩は名無しである:02/06/07 13:57
age

98 :吾輩は名無しである:02/06/09 12:30
sage

99 :吾輩は名無しである:02/06/12 03:30
yosage

100 :カッツカツ:02/06/20 00:42
文学の冒険シリーズの次回配本は何ですか〜?

101 :吾輩は名無しである:02/06/20 00:50
ソローキンはもう出してくれないのですか〜?

102 :吾輩は名無しである:02/06/22 09:08
日影丈吉全集あげ

103 :吾輩は名無しである:02/06/22 10:31
フリアとシナリオライター出してください。
マルケスのコレラ時代の愛も野谷訳で出るって(新潮だったか)話を聞いたけど、
全然でない。

104 :吾輩は名無しである:02/07/06 23:51
おえ〜〜あのグラデーション薄ピンク×金パク白抜き文字が
ハイセンスっつうんなら、自分厨房でいいや。
文庫では岩波文庫の装丁の人気が根強いんじゃねーの?
デザイナーじゃなくて読者にな。

105 :吾輩は名無しである:02/07/07 00:21
文芸文庫の装丁みると、何故か素麺を連想する。
そういや、7月7日は「素麺の日」でもあるらしい。


106 :吾輩は名無しである:02/07/07 11:13
>>104-105
誤爆?

107 :吾輩は名無しである:02/07/16 01:44
ho

108 :吾輩は名無しである:02/07/24 22:34
ageageageagaegaegeaga

109 :吾輩は名無しである:02/07/28 07:53
test

110 :吾輩は名無しである:02/08/04 09:25
国書刊行会マンセー

111 :吾輩は名無しである:02/08/04 09:34
お化けの本をもっともっと出しつづけてくらはい

112 :吾輩は名無しである:02/08/04 09:47
スターメイカー再版してください。

113 :吾輩は名無しである:02/08/04 18:04
ついでにオッドジョン重版してください>早川

114 :吾輩は名無しである:02/08/05 07:21
>111
同意。カドカワの100倍は装丁に金つぎ込んでると思われ

115 :お約束:02/08/06 19:44
怪異奇想文芸大系はすばらしいが、値段もすばらしく高い

116 :吾輩は名無しである:02/08/06 23:40
新卒募集してるよ

117 :吾輩は名無しである:02/08/07 07:54
景気イイんだね

118 :吾輩は名無しである:02/08/07 13:26
やっぱり高い本出すと少ない売上げでも利益上がるんだね

119 :吾輩は名無しである:02/08/13 00:03
妖怪本マンセー

120 :吾輩は名無しである:02/08/13 01:33
>>117
社員40人・年商10億えんだって。
編集会議の一年前の10月号に書いてた。

121 :吾輩は名無しである:02/08/13 01:35
>118
買いきりだから儲けも出るんじゃないかな。
あと、仏教書が収益の柱になっているとのこと。

122 :吾輩は名無しである:02/08/13 02:19
>>121
「買いきり」って何ですか?

123 :吾輩は名無しである:02/08/13 02:24
>>122
中学生は寝なさい

124 :吾輩は名無しである:02/08/13 02:32
>122
たいていの出版社から出てる出版物は書籍・雑誌に関わらず、売れなかったら返品できるんだけど、
岩波書店とか一部の出版社の出版物は売れなくても返品できないんだよ。

あんまりツッコムなよ……

125 :吾輩は名無しである:02/08/13 20:16
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
     
   
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1

126 :吾輩は名無しである:02/08/30 01:33
保守

127 ::02/09/07 20:43
なかなかお目にかかれないコルタサルを
扱ってたから、俺は気に入ってる。

128 :動画無料サンプル:02/09/07 21:14
ヌクなら、やっぱりかわいい子のほうがイイ!!
あなたを満足させる無料動画集!!
http://www.traffimagic.com/WIPE7MMLZCA/comein/PRTPJ

129 :吾輩は名無しである:02/09/23 20:13
保守飛雄馬でっす! 

130 :吾輩は名無しである:02/09/23 21:04
次回配本はナボコフ?

131 :吾輩は名無しである:02/09/28 20:16
今日、注文してた本が届いたけど昭和62年刊行の初版本だったよ。

132 :吾輩は名無しである:02/10/02 01:11
日影丈吉全集 第1巻 長編小説T              
種村季弘監修、日下三蔵・横山茂雄編集
異色のミステリー作家にして戦後最高の幻想文学作家の全集、ついに刊行開始! 

133 :ixion:02/10/02 05:07
日影の全集高いよ。欲しいよ。でも高いよ。

134 :吾輩は名無しである:02/10/03 00:03
【奥歯たん】東雅夫と幻想文学の仲間たち【萌え】
http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1031197420/l50

はーい関連スレのごあんない一名

135 :吾輩は名無しである:02/10/03 21:00
国書の本ってなんでひもがないの?

不便

136 :吾輩は名無しである:02/10/04 15:34
「トートの書」が絶版!
重版してくれよ…(涙)

137 :吾輩は名無しである:02/10/27 16:35
aaage

138 :吾輩は名無しである:02/10/29 05:13
つーか、重力の虹が重版かからないのは何故?ジャイルズも再々刊してくれ〜!

139 :吾輩は名無しである:02/10/29 07:21
トランス・アトランティークはまだでつか

140 :吾輩は名無しである:02/10/29 07:25
フリアとシナリオライターはまだでつか

141 :吾輩は名無しである:02/10/31 02:39
水声社も現代企画室も沈黙した今、ラテアメはここしか期待できないのか。
魔法の書、重版してくれ。
ピニェーラの作品はどうだろう?
ペンタゴニアの続きはいつ?

142 :吾輩は名無しである:02/11/09 02:30
セリーヌ読みたいわん。

143 :吾輩は名無しである:02/11/09 20:44
日本のアーカムハウス、国書刊行会。
頑張ってくれよ〜。
日本じゃここでしか読めない怪奇・幻想小説が多すぎる。
わが国出版界の宝だ。

144 :吾輩は名無しである:02/11/09 20:45
ランディ田口が盗作をしていて、ブサイクなのは分かりました。
監視も今後がんばって続けてください。
また、田口が直木賞候補になって、文学に傷を負わせた事は事実でしょう。
その上で、どうかお願いします。
この文学板から、一般書籍板へ移って頂けませんか?
皆さんはあちらへよく顔を出しているようですし、問題は無いのではないでしょうか。
統一したほうが強力になるかも知れませんよ。
私達は、ただ、文学について語りたいのです。
落ち着いて話をしたいのです。どうか、そこのところを汲み取って、前向きに考えて頂けませんか?
本当に心からお願い致します。皆さんが文学に貢献していることは、承知の上でお願いしています。
ご考慮下さい。
本気でお願いしています。
正直この板の、善良な方々は困っていると思います。

145 :吾輩は名無しである:02/11/09 20:48
ランディは『新潮』で吉本ばななと対談してるんだよ!
これが「文学」じゃなくて何だというのさ?
出てけと繰り返してる香具師は最近の「文学」の何たるかを根本的に
理解してないと思われ。『新潮』なんて雑誌、たぶん部数一万も逝ってないぜ!
純文学だもん。そして犯罪。これ重要ね。友人を傷つけて平気なユウミリといい
盗作を揉み消してもらった平野といい、新潮社は今後幻冬舎の後追いで、犯罪つか
「アウトロー」で商売することにしたんだよ!「黒い報告書」の復活とかさ。
『新潮45』なんて今や見事に犯罪実話雑誌じゃん。
新潮社のその路線に田口はもうぴったりなんだよ。これが最新の文学なんだよ!
わかった?わかったらもう出てけなんて言うなよな。このスレは現代日本における
「文学」の、最新の、しかも顕著な一傾向を論じてるんだからさ!

146 :吾輩は名無しである:02/11/14 23:20
むかし出してた「幻想文学大系」や「仏世紀末文学叢書」みたいなのを
出してくれないかな〜。
いま古本屋で漁ってるけど、なかなかコンプリートできないし・・・

会社の人、このスレ見てるんでしょ?ご検討を・・・

147 :吾輩は名無しである:02/11/15 01:09
ここから出た本で一番売れた本って何?
野坂?

148 :吾輩は名無しである:02/11/15 02:29
ピンチョンじゃネーノ?

149 :吾輩は名無しである:02/11/15 02:35
主な収入源は、日本語学校経営と靴直販だろう。韓国海苔とか。

150 :吾輩は名無しである:02/11/15 02:37
日本語学校の教科書はさすがに自前じゃないのかにゃ?

151 :吾輩は名無しである:02/11/16 03:01
山口修源氏の「仏陀出現のメカニズム」はすごい。本人の体験談に
ついては、どうなんだろ?ってのはつくが、理論の展開はすごいの一言。

152 :吾輩は名無しである:02/11/16 06:41
再び帝京で自殺
865 名前: 名無しの帝大さん 投稿日: 2002/11/12(火) 23:46
12時過ぎじゃ、もう落ちてたと思う。
12時ごろに八階の授業終って、弁当買ってあそこの前通ったけど、もう青シートあったし。
その10分後ぐらいにはテープ貼られてたし。
落ちたのは、11:00〜12:00の間だと思う。
http://jbbs.shitaraba.com/study/bbs/read.cgi?BBS=382&KEY=1014211987&LAST=100

【社会】脱税で帝京学園元会長を逮捕
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1036572579/
【社会】合格を寄付金で優先・・帝京大
http://news2.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1037046545/
帝京大学の過去の犯罪特集・1
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

153 :吾輩は名無しである:02/11/23 00:16
国書刊行会を応援しる!

154 :吾輩は名無しである:02/11/26 00:35
透明な対象発売&フリアとシナリオライター発刊予告age

155 :吾輩は名無しである:02/12/06 19:21
エロトピアage

156 :吾輩は名無しである:02/12/06 20:53
「フリアとシナリオライター」って今ごろ発刊するのか。もう十数年前に購入予約を入れたっきり、そのまま放置されていたような気がするのだが。

157 :吾輩は名無しである:02/12/07 00:47
山尾悠子の新刊はどーなった!?

158 :吾輩は名無しである:02/12/07 01:07
>>157
国書のサイト時々チェック入れてるけどアナウンスは全くなし。

159 :吾輩は名無しである:02/12/07 01:27
>>157
ココにちょっとだけだが情報あり。
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/3cc29647accfa01019c0?aid=&tpl=dir/01/01170000/0045/0000000006.tpl

160 :吾輩は名無しである:02/12/13 09:52
保守

161 :吾輩は名無しである:02/12/14 20:47
age

162 :吾輩は名無しである:02/12/14 21:22
ソローキンはもう出してくれないのですか?

163 :吾輩は名無しである:03/01/06 07:09
            * * *
          *      *  テヘテヘ
         * ∋oノハヽo∈ *
         *  (´D` )  *
          *   (⊃ ⊂)  *
          * (_),ノ  *


164 :吾輩は名無しである:03/01/13 23:35
新卒で就職活動してる時に受けて、「契約社員でなら採ってあげる。仕事は日本語学校の受付」と言われますた。
もちろん断わりますた。

165 :マダムB:03/01/16 11:11
ここの倉庫に行くと、何とも言えない濃い
霊気が漂っている気がして仕方ない・あげ

166 :吾輩は名無しである:03/01/17 02:26
マダム、行ったことあるの?

167 :マダムB:03/01/17 10:12
>>166
そんな気がする…という話。しかし、日本語って面白い。
これから、こういうふうにデュアルに捉えられる表現を心がけて
みるか…っていうか、今までそうだったから、さざ波が
多かったのかも、って今気づいたw。

168 :山崎渉:03/01/20 02:01
(^^)

169 :吾輩は名無しである:03/01/23 21:06
「金枝篇」完訳って、スゴイじゃん。

170 :吾輩は名無しである:03/01/23 21:14
>>167
きみの文章は、言いたいことが正確に伝わらない、未熟なものに過ぎないと思う。

171 :吾輩は名無しである:03/01/23 22:02
添削 ここの倉庫に行「ったら」、何とも言えない濃い霊気が漂っている「のではないかという」気がして仕方ない・あげ
だろ。日本語が曖昧なんじゃなくて、マダムBが文法を知らないだけだよ。

172 :マダムB:03/01/24 12:40
あら、ま!

言葉なんてものは、伝えたいことの半分も伝わっていればそれで十分。
あとの半分は、「瞳」と「間」と「指先」でいつも伝えているから…。
と、一応煽りに反応しておくかw。

国書のチラシを見ると、「本なんてものは、刷った分の半分ぐらい売れて
くれりゃ十分」という「優雅」が透けて見える。あとの半分は、資産と何で
成り立っているのだろう。
「世界探偵小説全集」とか「シリーズ台湾現代詩」「超科学シリーズ」
「ロシア・アヴァンギャルド」とか、企画名を見ただけで圧倒される。
できることなら、一度企画会議を傍聴させてもらいたい。





173 :吾輩は名無しである:03/01/24 16:24
>言葉なんてものは、伝えたいことの半分も伝わっていればそれで十分。
>あとの半分は、「瞳」と「間」と「指先」でいつも伝えているから…。

ここは、瞳も間も指先も使えない、言葉が伝わってなんぼの掲示板だということを
お忘れなく。

174 :吾輩は名無しである:03/01/25 02:46
国書は岩波と同じ買い切り制だからな。優雅とか言うたら書店が怒るがな(w

175 :吾輩は名無しである:03/01/25 17:27
>>164
労働基準法違反では〜? そんなことないか。

176 :吾輩は名無しである:03/01/26 03:18
>169
「金枝篇」完全版が国書から出てんの?

177 :吾輩は名無しである:03/01/26 12:25
>>176
ttp://www.kokusho.co.jp/wadai.html
の12月12日のところ。

178 :吾輩は名無しである:03/01/26 12:27
企画パクられますた。

179 :吾輩は名無しである:03/01/26 20:03
国書刊行会に労働基準法などない。

180 :176:03/01/26 21:20
>177
すげえ欲しい。でも高いんだろうな。

181 :176:03/01/26 21:25
情報提供サンクスです。

182 :吾輩は名無しである:03/01/27 01:16
>>180
一冊5000円以下、できれば3000円以下を希望したいですね。

183 :吾輩は名無しである:03/02/06 22:31
フランス世紀末文学叢書マンセー

184 :吾輩は名無しである:03/02/07 14:27
>>179
いそざき編集長か?

185 :吾輩は名無しである:03/02/24 20:09
age

186 :吾輩は名無しである:03/02/28 22:07
いま「バベルの図書館」の「ヴァテック」を読んでましゅ。

187 :吾輩は名無しである:03/03/01 00:43
ヴァテックって少年たちに運動会させたりするやつだっけ。

188 :吾輩は名無しである:03/03/01 01:29
『サラゴサ手稿』東京創元社が出す気ないなら
国書で出してくんないかな〜
1/4刊行したまま宙ぶらりんは、きついぜ。

189 :188:03/03/01 01:33
て結花、まだ訳しおわってないのだろうか?工藤センセイ…

190 :188:03/03/01 01:35
>187

英国人なのに仏語ってところが、拘り感じさせるよな

191 :吾輩は名無しである:03/03/21 15:41
hoshu

192 :吾輩は名無しである:03/04/09 13:13
ここで働きたくはないな・・・・・・

193 :吾輩は名無しである:03/04/09 13:57
野坂昭如選集を出してる神>国書

194 :吾輩は名無しである:03/04/09 15:05
>>102
買った人いるのかな?
山尾と一緒に買おうか迷い中

195 :吾輩は名無しである:03/04/10 20:09
「虫けらどもをひねりつぶせ」キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

「セリーヌの作品」刊行開始から二十五年目にして十五巻完結!

196 :吾輩は名無しである:03/04/15 01:16
ジョン・ファウルス『マゴット』を読んだ方っています?
最後まで読んだんですが、はっきり言ってよくわかりません。
読解が足りないのか、それとも元々良くわからない小説なのかどっちなんでしょうか?

197 :山崎渉:03/04/19 23:07
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

198 :吾輩は名無しである:03/04/20 04:05
マゴットは面白く読んだけど、感動がなかった。ふーんって感じ。生まれてきた
子供が、シェーカー教の教祖だからって何だって感じ。ねたばれしちゃったかな。
ゴメソ。

199 :bloom:03/04/20 04:16
http://www2.leverage.jp/start/

200 :吾輩は名無しである:03/04/20 13:19
>>195
品切れ巻を限定再版するらしいね。
せっかくのチャンスなのに高いから手が出ないよ (つД`)

201 :吾輩は名無しである:03/04/24 06:26
『サラゴサ手稿(完)』キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

え?まだなの?まじぃ?      o(、ン、)oグッタリ



202 :吾輩は名無しである:03/04/24 22:08
>>201
工藤先生の訳?
前は東京創元社の方から出るって噂もなかったけ?


203 :吾輩は名無しである:03/04/24 22:33
>196

ファウルズの小説はわけわかんないまま終わることがある。
マゴットも歴史ものなのかSFものなのかサイコものなのか
よくわからないところが魅力・・・になってないんだよな、正直なところ。
魔術師はわけわかんないまま終わったのが魅力だったのに。

204 :吾輩は名無しである:03/04/24 22:42
ここのサイト異常に重くない?全然表示されない・・・

205 :吾輩は名無しである:03/04/24 22:50
>204
そんなでもない

きのう出ていなかった気がするが
レム・コレクションは『ソラリス』(2400円)
からスタート!
意外に安くて安心した

206 :吾輩は名無しである:03/04/24 23:04
安いのはいいんだけど、文庫で手に入る本を出されてもにゃー。
旧訳の出来がよっぽど悪いのかしら。

レムコレクションには、評論とかエッセイに期待したい。

207 :吾輩は名無しである:03/04/24 23:06
>205
繋ぎなおしたらあっさり表示された。
DIONが悪かったみたいだ。

208 :205:03/04/24 23:21
>207さん
よかった よかった

みんなで近刊チェックするのに
ここに貼っておくと いいかな

ことによると 国書の人
きのう 書き込み見てくれたのかも…

209 :吾輩は名無しである:03/04/25 23:07
ここってオーナーの道楽で出版業やってるんでしょ?

210 :吾輩は名無しである:03/04/25 23:12
>>206
いま出ているソラリスは、重訳なんだそうですよ。今回のはポーランド
語からの直接訳。沼野的には不満があったんでしょう。

211 :吾輩は名無しである:03/04/25 23:17
最初にして最後の人間はまだですか。

212 :吾輩は名無しである:03/04/25 23:19
このスレ見てるの?>国書

チェスタトンのノッティングヒルのナポレオン出してください。
お願いします。

213 :吾輩は名無しである:03/04/26 00:11
>>210
なるほど、そういう事情でしたか。
だったらポーランド語から沼野さんに訳し直して貰った方がいいかもなー。
「砂漠の惑星」も訳し直すのかしら。

214 :吾輩は名無しである:03/04/26 00:45
ポーランド語なんて読めねーから、訳がいいのかわるいのか
検証のしようがねーな。


215 :吾輩は名無しである:03/04/26 14:26
ポーランドってどこ?

216 :吾輩は名無しである:03/04/26 15:00
>>212
もう出てるけど
そんなに国書でないと駄目か?

217 :吾輩は名無しである:03/04/26 16:43
>216

絶版なのれす。新ナポレオン忌憚という邦題はダサいので
国書に新しく出して欲しいのれす。

218 :吾輩は名無しである:03/04/27 02:44
レムの作品って、たいてい邦訳されてるよね?「完全な真空」とか「虚数」
なんかも国書から邦訳が出て、もう未邦訳作品には大したものは残ってない
のでは?

219 :吾輩は名無しである:03/04/27 02:46
そこが国書脳での見せ所

220 :吾輩は名無しである:03/04/27 08:07
>214
沼野訳で文句があるとしたら文芸翻訳になんか何も期待しない方がいいよ、
ってくらいのもんです。

221 :吾輩は名無しである:03/04/27 22:03
イチローがJR中央線の踏切で自殺?
http://www.sankei.co.jp/news/030427/0427sha053.htm


222 :吾輩は名無しである:03/04/29 13:30
>>217
まあ確かに邦題はアレだけど
春秋社のも装丁が良いので好き。

223 :吾輩は名無しである:03/04/30 08:29
国書文庫とか出して欲しいのお

224 :吾輩は名無しである:03/04/30 19:16
無理ぽ

225 :吾輩は名無しである:03/04/30 21:23
じゃあ国書u-books!

226 :吾輩は名無しである:03/04/30 23:46
白水Uってすげえ好きな本と果てしなくどうでもいい本とにはっきり分かれる。

227 :吾輩は名無しである:03/05/01 00:17
不思議なラインナップだよな白水u 
文庫クセジュともどもよく生き残ってられるもんだと感心するぽ

228 :吾輩は名無しである:03/05/01 00:45
文庫クセジュはおフランスの岩波文庫

229 :吾輩は名無しである:03/05/01 01:46
>>228
おフランスの岩波新書、だろ。

230 :吾輩は名無しである :03/05/01 03:01
>>229 正解。
国書刊行会のビルは、寂れた志村坂上に紛れる
かたちで、あの凝った装丁とは裏腹に、ひっそり
と佇んでいた。つぶれなければいいかな…と思う。

231 :吾輩は名無しである:03/05/01 04:11
国書のバックには金持ちの貴族が着いているから大丈夫

232 :吾輩は名無しである:03/05/01 10:42
「現代語訳 江戸の伝奇小説」も「江戸怪異綺想文芸大系」も欲しいけど金が無い。
「日影丈吉全集」をあきらめれば買えるのだが。
「金枝篇」の完訳も出るという話だし・・・

233 :吾輩は名無しである:03/05/01 11:02
これは本格的に国書文庫の創設を働きかけるしかないな。よし、逝くぞ!

234 :吾輩は名無しである:03/05/01 11:03
価格が講談社文芸文庫の2倍ぐらい
するのは困るんですが…

235 :吾輩は名無しである:03/05/01 11:16
1冊500円前後でお願いします

236 :bloom:03/05/01 11:17
http://homepage.mac.com/ayaya16/

237 :吾輩は名無しである:03/05/01 16:09
壮絶な文庫になるだろうな、国書文庫。

238 :吾輩は名無しである:03/05/01 16:17
一部の人間には熱狂的な支持を受けるが一般人には見向きもされず
あっという間に廃刊に。

239 :bloom:03/05/01 16:22
http://homepage.mac.com/ayaya16/

240 :吾輩は名無しである:03/05/01 17:28
意外に新潮OH!文庫より息が長い気もするが
「欲目」というものだろうか

241 :吾輩は名無しである:03/05/01 19:20
単行本の半額くらいならOK

242 :吾輩は名無しである:03/05/02 00:59
最初から古本屋に流してはどうか>国書文庫

243 :吾輩は名無しである:03/05/02 04:53
>242
どういう販売戦略だよw

244 :吾輩は名無しである:03/05/02 08:10
ブックオフでのみ買える、国書ハンディ・リテラチャー

245 :吾輩は名無しである:03/05/02 08:42
幻想文学大系が全部文庫になったら壮観だろうな

246 :吾輩は名無しである:03/05/02 10:51
妖怪本も文庫にして欲しいな。

247 :吾輩は名無しである:03/05/02 14:28
毎日の人爆発物とわかってて持ち込んだんじゃ弁護の余地ないな。
もし飛行中の飛行機で爆発したら大惨事だぞ。

248 :吾輩は名無しである:03/05/04 16:55
土方巽全集出してー

249 :吾輩は名無しである:03/05/06 03:28
無茶言うな

250 :勘弁 ◆cheerzFXQc :03/05/06 03:34
土方全集出すなら、
全巻購入者だけの特典として土方のレコードつけてくれ!
なんなら5000円払う!
もう10年くらい探してるよ・・。

251 :吾輩は名無しである:03/05/06 12:42
簡便って今何歳?

252 :吾輩は名無しである:03/05/06 15:32
白石>ますたー>駆動

だよ!

253 :吾輩は名無しである:03/05/06 16:44
勘弁はリア厨

254 :吾輩は名無しである:03/05/07 19:49
偶に「ひじかたつつみ」と表記してあるのを見るけど何故?

255 :山崎渉:03/05/28 09:19
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

256 :吾輩は名無しである:03/05/28 18:58
ソラリスは訳者急病のため出版延期になりました。

257 :吾輩は名無しである:03/05/30 10:05
レム残念

セリーヌ全集6月中旬に重版出来。
あんたはエラいage

258 :吾輩は名無しである:03/06/02 11:58
レムは7月にずれこむらしいね。
後続もスライドされてしまうのかな?

259 :吾輩は名無しである:03/06/12 08:51
国書サイトリニューアルオープンage

260 :吾輩は名無しである:03/06/12 14:00
サイト格好良くなったね。より国書らしくなった。

そして金枝篇の全貌が・・・



261 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/06/12 14:27
イムレ・ケルテース翻訳、さすが国書!!『生まれ得ざる子の為のカディッシュ』
は英訳あるからいいけど、『運命ではなく』は絶版だし、Fiaskoは独語で
読もうとして断念中。どうせなら全部訳して欲しい。

それにしても、金枝篇すげーな。結構高いし^^;
ま、でも今度発売される英語ハードカバー版(13万ぐらいする)よりは
安いし、装丁も良さそうだし、多少高くても買うしかないね。

いろいろ贅沢言いたくなるのは、やっぱ国書が素晴らしい本を出版して
くれるから、だよなぁ。


262 :吾輩は名無しである:03/06/12 15:15
セリーヌの『虫けら〜』ってもう書店出てる?

263 :吾輩は名無しである:03/06/12 15:25
こりゃ驚いた。「金枝篇 ・完訳」。
全8巻+別巻1。各10000円(予価)。
全冊買うと消費税をふくめて10万円近くになるなあ。

264 :吾輩は名無しである:03/06/12 15:54
国書の新しいサイトイイ!
画像が重いけど。


265 :吾輩は名無しである:03/06/12 21:05
″国書日本語学校″が気になる。
どんな日本語を教えようとしているのか…。
教科書が国書書籍だったらすごいね。
【アーカム・ハウス叢書】『呪われし地』とか。

266 :吾輩は名無しである:03/06/13 00:04
きえーーーーーーーーーーーーー!!
「金枝篇 」 10000円!!!
この出版社はいつもこちらの覚悟の二歩先を行ってくれる。


267 :吾輩は名無しである:03/06/14 11:53
>266
8000円を想定してたの?

私の覚悟は古本待ちだ。

268 :吾輩は名無しである:03/06/15 00:39
辻元清美が『ザ・漱石』の企画を持ち込んだとは知らなかった。スゲー

269 :吾輩は名無しである:03/06/15 01:18
ここで働きたいんだけど採用はどうなっていますか?

270 :吾輩は名無しである:03/06/15 04:47
サイト見た。
SF『未来の文学』の復刊とあった。
本当に驚いた。


271 :吾輩は名無しである:03/06/15 04:53
これ↓

ジーン・ウルフ『ケルベロス第五の首』柳下毅一郎訳(第1回配本)
イアン・ワトソン『エンベディング』山形浩生訳
シオドア・スタージョン『ヴィーナス・プラスX』大久保譲訳
トマス・ディッシュ『ベスト・オブ・ディッシュ』若島正編
R・A・ラファティ『宇宙舟歌』柳下毅一郎訳

272 :吾輩は名無しである:03/06/15 11:27
復刊じゃないです
本邦初訳です

273 :吾輩は名無しである:03/06/15 13:24
ここでも話題になってるYO!

ttp://www.excite.co.jp/book/news/story/?channel=0002&code=00021055293502

274 :吾輩は名無しである:03/06/16 18:22
Googleで「帝京 事件」と検索すると・・

http://www.google.com/search?hl=ja&inlang=ja&ie=EUC-JP&oe=euc-jp&q=%C4%EB%B5%FE%A1%A1%BB%F6%B7%EF&lr=

検索結果5200件。
いきなり銃撃ときて、その後も結核集団感染、大学による悪意のある投書、ラグビー部レイプ、エイズetcと続く。
さすが低狂グループ、最狂です。

低凶グループ過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

この後にも沖永総長の脱税、低凶OBの織田無道の宗教法人乗っ取り事件などが起こる


275 :吾輩は名無しである:03/06/29 20:27
レムコレに
浴槽でハケーンされた手記
が入ってないのね
残念

276 :吾輩は名無しである:03/07/07 18:18
本サイト更新age

277 :吾輩は名無しである:03/07/07 23:48
サイトをよく見ると、1970年から出版事業始めたと
いうことで驚いた。大企画がいっぱいなので、
1950年代ぐらいかと思ってたのに。

278 :山崎 渉:03/07/15 09:07

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

279 :吾輩は名無しである:03/07/19 17:56
保守

280 :吾輩は名無しである:03/07/20 00:15
>>269
毎年夏頃に新卒の定期採用をやっている。

採用過程は、書類審査 → 1次面接 → 2次面接+筆記試験。

書類審査で企画書を書かせ、よさそうな企画があると流用。
2次面接では「日本語学校の受付でよければ採用してあげる」と言われる。

281 :吾輩は名無しである:03/07/20 18:33
企画書なんか書かされなかったけどな

282 :吾輩は名無しである:03/07/21 22:13
>281
ここ数年の話なので、昔はどうか知りませんがね。
あれだけいろいろ出してれば、社員とそのネットワーク内だけでは、企画も枯れてくるでしょう。
むべなるかな。

283 :吾輩は名無しである:03/07/22 19:09
翻訳家からの企画の持ち込みとかないの?

284 :吾輩は名無しである:03/07/22 22:45
最近、河出書房と似通ってきてる気がする。

285 :吾輩は名無しである:03/07/25 20:40
2004年度新卒社員募集キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!
小社来年度(2004年4月入社)の新卒社員採用につき、この度若干名を募集することになりましたので、ご希望の方は以下の要領に従ってご応募下さい。
※募集職種:編集・営業・総務
※提出書類:作文(「国書刊行会に入ってやりたいこと」を具体的に800字以上で)・成績証明書・履歴書(連絡はeメールで行いますので、メールアドレスを必ず記入のこと。また欄外上部に希望職種を朱書きしてください)。なお、応募書類は返却致しません。
※書類提出期限・郵送先:2003年8月29日まで(必着・持ち込み不可)・小社「採用A係」宛



286 :CHKN ◆uaYejoOYtk :03/07/25 20:44
>285
そこ受けると本いっぱいくれるよ

287 :吾輩は名無しである:03/07/25 21:57
誰でもいいので採用されたらセリーヌ文庫全集を出してください。
持ち運ぶには重すぎます。

288 :吾輩は名無しである:03/07/25 22:14
7月25日
トップページに2004年度新卒社員募集のお知らせを載せました。
2ちゃんねるの<国書刊行会スレッド>(あるんですよ、これ
が)に「書類審査で企画書を書かせ、よさそうな企画があると
流用。」と書かれてましたが、そういうことは100%ありえな
いですね。自分自身の場合を思い出しても、入社する前に頭の
中で考えた企画なんてどーしようもないものなんです。当然の
ことながら、すごい企画がいくつも書いてあれば、多少問題が
ある人間でもすぐに入社できることは間違いない。盗むより、
考えた人間にやらせたほうが良いにきまっています(以上、
誇張して書いてますから鵜呑みにしないように)。「世界幻
想文学大系を文庫化する」とか「世界探偵小説全集を文庫化
する」とかいうのは駄目ですよ。

ワラタ

289 :吾輩は名無しである:03/07/25 22:53
ここは最高♪

http://www3.free-city.net/home/akipon/page001.html

290 :吾輩は名無しである:03/07/26 03:12
しかし、国書のお偉いさんがわざわざこのスレを紹介してくれるとは・・・。
感激やね。

291 :吾輩は名無しである:03/07/26 03:22
ほらねー、企画書なんか書かせないってば。
ちなみに去年は一次面接を受けに来た人にはもれなく
『タイタニックの最後の晩餐』が配られました。
まあ家庭では真似出来ねえレシピばっかりなんですけどね。
ところで国書刊行会って残業代とか棒茄子は出るんですか?
あと中途採用ってやらないんですか?>ここ見てる社員さん

292 :吾輩は名無しである:03/07/26 11:26
2ちゃん見てることを告白する企業っての珍しいな。
国書文庫は駄目か・・・

293 :吾輩は名無しである:03/07/26 11:40
>291
別に企画書を書かせないといってるわけではないのでは?
流用しない、と言ってるだけで。

294 :吾輩は名無しである:03/07/26 13:45
名前:美香 ◆FE5qBZxQnw [] 投稿日:03/07/25 20:49
神保町。
演劇、映画の専門古書店「Y書店」でひどいものを目撃する。       
ある中年の女性が「これいくらなんですか、値札がついていないけど」。
店主はその本を見て動揺する。
「ちょっといまは金額がわからないので、しばらく待ってください。
在庫の状況なども確認して金額を決めなければならないので……」
わたしは思った、このへたれ店主めと。バカ店主め無知無能め。
無知だからその場で金額を決められない。      
なぜ正直に「少しでも多くもうけたいからネットで平均価格を調べます」と言わない。
その男が店主だということは神保町古本街のムックで知っている。
「Y書店」の本はどの本も他店の5割増は当たり前。      
寺山修司の本などへいきで定価の3倍なんだから。
わたしはこの店で古本を買ったことがない、バカぶりを観察するだけ。
                
店主「15分ぐらいしてから、また来てもらえませんかね。
(そのあいだにネットで価格を調べておくからよっと)」         
横で聞いていて不快極まりなし。書いちゃおう「矢口書店」は最低!        


295 :吾輩は名無しである:03/07/26 23:00
文庫化、企画としてはダメでも、一部読者には熱烈な需要として
あることを記憶に留め置いてほしい。

ケルテス、7月刊となっていましたが、取次搬入は25日の〆を
過ぎた来週なのかな?
きょうあたり並んでいないかと思ったけど、見当たらず。

296 :吾輩は名無しである:03/07/27 02:12
国書社員降臨希望

297 :吾輩は名無しである:03/07/27 03:49
漏れは非希望。国書の内部なんて興味ない。
いい本を出してくれればそれでいい。

298 :吾輩は名無しである:03/07/29 01:43
ここ個人的に好きなんで頑張ってほしいです。。

299 :吾輩は名無しである:03/07/31 08:27
久しぶりに大きな新聞広告を出していましたね。

パターン配本はしないで(だから新刊が大手書店でも棚に
なかったりする)、注文だけに対応するのかな?
ああいう広告をキャッチするような、しっかりした売場担当者が
いる書店にしか置いていないということかも。リブロ池袋の海外小説
など、売る気があるものは、数ヶ所にこれでもかと積み上げるもんね。
ケルテスも『透明な対象』みたいにたぶんやるのでは?
配本して期限に戻ってくるだけなら、本がむやみに傷みますもんね。

300 :吾輩は名無しである:03/08/02 22:46
ケルテス、感じ入りました。他の著作も翻訳おながいします。
刊行案内に『フリアとシナリオライター』の予価2400円まで
出ていたので、いよいよ感が一気高まりましたです。

301 :吾輩は名無しである:03/08/03 14:02
自分はここの本が大好き。
国書刊行会に入社したいよー。
でもまだ卒業まで2年…(´・ω・`)ショボーン
応募がないなんてモッタイナイナ…と思ってしまった。

302 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/08/03 19:10
ケルテース、次は『…カディッシュ』がいいと思うなぁ。英訳がどれだけ正確か
分からんけど、あんだけホロコーストを「個人的に」突き詰めた作品は
そうそうない。絶対翻訳して広く読んでもらうべき(ツェランの詩も引用されてる
ことだし、ツェランを読む人も増えてほしい)。

ということで国書にお願い。

303 :吾輩は名無しである:03/08/04 06:21
イクシオン余計なこというなよ。国書はお前の都合で本を出すわけじゃねえんだよ。

304 :吾輩は名無しである:03/08/04 14:42
国書刊行会って、基本的に「よそでは得られない、または
得にくい本を次々刊行してくれる」ところなんだよね。

というか、なんか、目立たない良書ってあるじゃない?
ああゆうのを次々発見して、こそっと世に出してくれる。
僕はスティーブンソンの、他では出してない本なんかは
ほとんどここで世話になってる。
「マーカイム」読んだのもここでだし。

正直に言って、他の出版社は「市場でのシェア」を基準と
して出版してるから、玄人向けの本ってあまりなかったり
する。それが物足りない…


305 :吾輩は名無しである:03/08/04 14:45
実を言うと、ボルヘスの存在を知ったのもここでなんだよね


だからどうということもないが。

306 :ixion ◆ySh2j8IPDg :03/08/04 15:46
>>303
ごめん、反省。確かにその通りだわな^^;

ケルテース出してくれるのって国書ぐらいなのかな、と思ってさ。
エステルハージも未知谷だし、大手では絶対出さないでしょ、
ハンガリー文学…。

307 :吾輩は名無しである:03/08/12 05:18
季刊『幻想文学』は終わるそうですね…。
ちょっと心配になったりします。

関連HP
http://www.d2.dion.ne.jp/~octa/

308 :吾輩は名無しである:03/08/12 19:44
>>299
国書は特約店以外は買い切りだしょ?

>>304
確かにそうだけど、最近はちょっと市場を意識した本が多いと感じるかも。
まあ、商売なんだからそれでいいんだけどさ。

309 :吾輩は名無しである:03/08/12 20:27
>買い切り
そうなんですか。じゃ、やっぱり基本的に頼んだ書店にしか
入らないわけだ。

>ハンガリー文学
スレ違いだけど、集英社から6月にマーライ『灼熱』が
出ていました。A・ホプキンスで映画化のもの。
エステルハージみたいな文学の「冒険」でなく恋愛小説の
正統みたいですが。


310 :吾輩は名無しである:03/08/14 17:37
国書の中の人、このスレ見てるんだよね?
国書のHPには掲示板ないからここに書きます。

東京行ったとき入手してきた『ルルドの群集』きのう読み終わりました。
こういう本を翻訳・出版していただき、日本語の読み書きしかできない
原書の読めない私には本当に有難い限りです。
これからも頑張って奇妙な本を出版し続けて下さい。

311 :山崎 渉:03/08/15 10:38
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

312 :吾輩は名無しである:03/08/19 04:23
山崎も国書を応援してるぞ

313 :んん:03/08/20 08:07
あー


314 :吾輩は名無しである:03/08/20 08:29
いー

315 :吾輩は名無しである:03/08/20 08:45
山尾悠子の近刊、期待しています。
作品集は高くて手が出なかった。

尾崎翠とか野溝七生子に対するような
期待なんだけど…。

316 :吾輩は名無しである:03/08/21 01:26
>>307
そんなのあるんだ?!初めて知った

317 :吾輩は名無しである:03/08/21 23:44
がんばれ国書

318 :吾輩は名無しである:03/08/22 13:02
なにか国書の本買おうと思って書店行っても、その資金を
読みたいけどまだ買ってなかった文庫本数冊に使っちゃうんだよなw

319 :吾輩は名無しである:03/08/22 19:52
ホームページ、
もっとマメに情報更新してください!

320 :吾輩は名無しである:03/08/22 19:57
>319
ま、雑誌社じゃないんだからさ。

ある機関誌で、まだ若い社員の方が亡くなられたことを知った。
如月小春さんぐらいの年齢。ご冥福をお祈りします。


321 :吾輩は名無しである:03/08/22 20:47
がんばれ国書
LOVE国書

322 :吾輩は名無しである:03/08/22 20:54
武富士のCMで踊ってた子のひとりが国書にいる。
彼女は第三代武富士ダンサーズだったそうだ。

323 :吾輩は名無しである:03/08/22 21:15
ほ、本当か?

324 :吾輩は名無しである:03/08/23 01:21
国書っていいよね

325 :吾輩は名無しである:03/08/23 03:26
つーか国書の親会社が武富士だろ。最近の若いのはそんなことも知らないのか。

326 :吾輩は名無しである:03/08/25 12:01
9月刊ほしい本多すぎ。
買えない分は図書館に買わせないと…

327 :吾輩は名無しである:03/08/30 11:39
伝説の美香語録
「私は宮本輝の生まれ変わりだ」
「私に文学を感じない奴は二度と文学の本質に触れられない」
「小説は全部ノンフィクションですよ。私はそういうウソとかつけないんです。
 作り事の小説を書いても人の心を揺さぶらないでしょう」
「工藤はカスの作家。工藤に負けるやつは人生終わりだ」
「オイディプスの両目潰しはいつか真似してみたい」
「本当の文学は平野啓一郎でもなく村上春樹でもなく美香にある」
「中上健次に島尾敏雄・・私の選ぶ文学は最高にcoolだ」
「300人で図書館借り切って読書会したことあります」
「2ちゃんの書き込みだけじゃなく、全てにおいてノンフィクション」
「美香の文学はタイム・カプセル。30世紀の人間を驚かせますよ。逆に、今の
 奴らには少し高級すぎたかなって反省もある(笑)」

328 :吾輩は名無しである:03/09/05 02:42
安田謙一『ピントがぼける音』の出版は
いい仕事を通り越して、感動の領域。ひれ伏す。

329 :吾輩は名無しである:03/09/05 03:21
>328
国書の新機軸ですね
吉とでるか・・・

330 :吾輩は名無しである:03/09/05 04:36
>>328
なんだろ?オーディオ関連??

331 :吾輩は名無しである:03/09/05 17:43
たまに半額セールとか10冊買うと1冊無料とかやってくれや

332 :吾輩は名無しである:03/09/05 17:52
ポイント還元率低すぎ>WEB通販
ブック1stで注文してのカードポイント貯める。これベスト。
直販ならもう少し特典がほしいところだ。粗利率高いだろうに。

333 :322:03/09/14 18:33
>>323
ほんと。

>>325
そういうこと書くとネタだと思われてしまう。

334 :吾輩は名無しである:03/09/18 17:59
322=国書社員?



335 :林子平 ◆ZJMS.Joo8Q :03/09/25 20:13
パンフレットが届いた。以前野坂コレクション注文買ったからかな。

珍説愚説事典買ったひといる?
自分はレム・コレクションが楽しみ。

336 :吾輩は名無しである:03/10/01 01:05
『ピントがぼける音』注文しますた。

337 :吾輩は名無しである:03/10/01 01:59
>>334
いいえ。知人です。
国書の人は知らないんじゃないかな。
知ってたら採用のときに考えてしまうだろうw
いや逆に体育会系だから歓迎されるのかもなw
ちなみに武富士ダンサーズは、現在放送中の人たちは四代目らしい。

338 :吾輩は名無しである:03/10/01 07:05
>>337
このスレ国書の社員が見てるから
今ごろは武富士ダンーサ狩りが始まってるよ
火炙りだ

339 :吾輩は名無しである:03/10/01 11:03
「私踊る!」「私配る!」「私編集する!」「私デスク!」


 ∧_∧                        ∧_∧
   ( ´∀` )                       ( ´∀` )
  ⊂     ⊃                      ⊂     ⊃
    |⌒I、|                       |  |⌒I
   (_). |   ∧_∧         ∧_∧    | ´(_)
     (_)  ( ´∀` )        ( ´∀` )  (_)
          ⊂     ⊃       ⊂     ⊃
           |⌒I、|        |  |⌒I
          (_). |          | ´(_)
            (_)   ∧_∧__  (_)
                 (∀`   )
                 (     > >
                / /\ \
                (__)  (__)
       Λ_Λ   ♪れっつごー
      ( ´∀`)    うぉんちゅーしーまへー
       ( つΘ∩   あーうぉにのねぇー
       ) )|\ \  そーちゅなごろなしっまいなろうぇ〜
      (__)| (__) わーなわーなちゅーどんちゅ びーちゅ くるー
         ┴     すぃんく なずろぴわぴ がっとぅどぅー
               おーごーた(べりとぅぎゃざとぅ)
               よーちぇいは(ふぉえばみゅじくせー)  たたたん


340 :吾輩は名無しである:03/10/01 23:20
10月01日
トップページに2004年度既卒社員募集のお知らせを載せました。
2ちゃんねるの<国書刊行会スレッド>(あるんですよ、これ
が)に「武富士のCMで踊ってた子のひとりが国書にいる。
彼女は第三代武富士ダンサーズだったそうだ。 」と
書かれてましたが、そういうことは100%ありえな いですね。
自分自身の場合を思い出しても、入社する前に武富士
で踊ってた過去なんてどーしようもないものなんです。当然の
ことながら、すごい踊りをいくつも踊っていれば、多少問題が
ある人間でもすぐにダンサーになることは間違いない。踊らされるより、
踊る人間にやらせたほうが良いにきまっています(以上、
誇張して書いてますから鵜呑みにしないように)。「工藤伸一を
芥川賞作家にする」とか「美香を養豚場に送り込む」とかいうのは駄目ですよ。


341 :吾輩は名無しである:03/10/03 00:26
「フリアとシナリオライター」はもう十数年も前から
いかにも「次、出ます!」っぽい位置にいるわけだが…

342 :吾輩は名無しである:03/10/03 19:48
レム・コレクションでソラリスが出るのか・・・

買うべきかな?

343 :吾輩は名無しである:03/10/03 22:08
エドゥアルド・メンドサ『奇蹟の都市』が気になって、買っちゃおうかどうしようか迷っています。
ピカレスク小説好きなんですよね・・・
読まれた方いらっしゃいます?

344 :吾輩は名無しである:03/10/05 13:20
レムは「宇宙飛行士ピルクス物語」も出して欲スィ。
あれだけ持ってないんだな

345 :吾輩は名無しである:03/10/05 13:40
国書の社員さん
結局9月には「フリアとシナリオライター」出ませんでしたけど、いつ出るんですか?
10月も出ないってことでよろしいですか?
出ないんなら、これの分、他の本買う予算に回そうと思ってるんで早く知りたいです。

346 :吾輩は名無しである:03/10/05 16:28
http://book.2ch.net/test/read.cgi/books/1064307617/l50
こんなスレがあったぞなもし。

347 :我輩は名無しである:03/10/05 18:05
イムレを買おう買おうと思いながら買わずにいて、
誰かに背中を押してもらいたい。

348 :吾輩は名無しである:03/10/05 18:07
>>347
ドン!

349 :吾輩は名無しである:03/10/05 18:09
国書の世界探偵小説全集

http://book.2ch.net/test/read.cgi/mystery/1010118646/

350 :吾輩は名無しである:03/10/05 20:50
>>342

ポーランド語版からの直訳らしいよ。
今出てるのは違うらしい。(ロシア語版or英訳版から)

351 :吾輩は名無しである:03/10/05 20:58
ここの本ってすぐ買わないと入手困難になっちゃうの?

352 :吾輩は名無しである:03/10/05 22:19
うん

353 :吾輩は名無しである:03/10/06 12:04
山尾悠子『ラピスラズリ』発売age

354 :吾輩は名無しである:03/10/06 16:57
ラピスラズリ、国書サイトではサイン本締め切ったね。
俺は店頭で買うつもり。
サイン本じゃないほうは書店で見たけど、綺麗な装丁だったよ。
誰か読んだ人いる?
感想キボン

355 :吾輩は名無しである:03/10/06 18:58
>>351
買いきりのため新刊で売れ残るとすぐに古書店に流れやすい罠

356 :吾輩は名無しである:03/10/16 06:04
なんで買いきりにしてるの?

357 :吾輩は名無しである:03/10/16 13:53
返品がないから在庫リスクが少なくて済む。岩浪書店もそうです。

358 :吾輩は名無しである:03/10/17 03:35
なんか買いきりって殿様商売ってイメージがあるな

359 :吾輩は名無しである:03/10/17 20:33
逆じゃね? 週刊誌や月刊誌だしてる大手出版社より社員も少ないし倉庫も小さいだろうし。
特定の趣味本(登山や骨董の本とか)作ってるとこは買い切り多いよ。全部じゃないけど。

360 :吾輩は名無しである:03/10/17 20:52
まぁ、場合によりけりだな。

規模も小さく、出すものもマニアしか買わないような出版社なら
本屋に買い取ってもらって、なんとか運転資金をつくりたいところだろうし。

ただ、岩波のような大きなところが買い取りさせるのは(・A・)ハラガタツ!

361 :吾輩は名無しである:03/10/17 21:36
フルカネリの「大聖堂の秘密」はいい。
やたら高いから日本特価書籍で買ったが。
錬金術マニアとしてはかかせない文献。

362 :吾輩は名無しである:03/10/22 23:40
小笠原豊樹の本を出して下さい。
特に氏の語学学習法、翻訳についての持論
などをメインにしたものが読みたいです。

363 :吾輩は名無しである:03/10/23 00:54
本気でそう思ってんならこんなところに書き込んでないで手紙出せよ

364 :吾輩は名無しである:03/10/23 02:05
エリー・フォールの『美術史』いいっすね。
続きが出版されるのが、すごく楽しみです。
このペースだとあと3年ぐらいは、かかっちゃうのかな。
まあ、気長に待ちますです。脚注とか結構親切にできてるし。


365 :吾輩は名無しである:03/10/23 08:50
>>363
だってここ国書の社員が確実に見てるじゃん

366 :吾輩は名無しである:03/10/23 11:16
>>365
藻前は2ちゃんのイメージを御存知なのか?
こんなところに書いたことが会議の議題になるとでも思ってんの?
しかもたったひとり。

それに、いくら相手が見てるからといって、
手紙も出さずにいつも来ている掲示板で済ませるとは・・・

367 :吾輩は名無しである:03/10/23 20:00
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
                /⌒ヽ⌒ヽ
                       Y
                    八  ヽ        __________
             (   __//. ヽ,, ,)      /
              丶1    八.  !/     < 肉棒戦士協会に入れ
               ζ,    八.  j        \
                | !    i 、 |
               | i し " i   '|
              |ノ (   i    i|
              ( '~ヽ   !  ‖
                │     i   ‖
              |       |    | |
             |       |   | |
             |        !    | |
          _ |           | ‖
        /   │        │   \
       , ノ     \         /    |
      |       ヽ      /     |
     /    Y    \    /    Y    \
    /     |             |    \、
    ノ      /                 \     ヽ
   ,!      |                \      !、
   │     /                   |    `!、
  /"γ\ _/ ξ⌒―‐' ̄\、          ,/ ̄\ \__ 、 ,ノ⌒⌒\
 μuuULヽ__――――── ̄ ̄ ̄`――´\、ノ   "\_―'ヽιノ Uuuヽ
/                       \   ,__Ξβ     \
!                    __,―'~― ̄          |


368 :吾輩は名無しである:03/10/24 10:58
肉棒戦士協会に入ると国書で本出してもらえるの?

369 :吾輩は名無しである:03/10/24 20:52
>>366
あまりにも固定観念にとらわれすぎた考えだと言えよう。
世の中何がどうなるかわからない。だから面白い。

370 :吾輩は名無しである:03/10/24 21:09
手紙って・・・・

371 :吾輩は名無しである:03/10/25 01:57
いいめえるじゃだめかいのう?

372 :吾輩は名無しである:03/10/25 06:11
どうなるかわからない、けどさ、はっきりいって無理。

373 :吾輩は名無しである:03/10/27 01:26
諦めたらそこで終了だよ

374 :吾輩は名無しである:03/10/27 10:08
ずいぶん遠回りの人生ですね

375 :吾輩は名無しである:03/10/29 20:40
ふと気づいたら完訳金枝篇の刊行予定日日が延期されてるな。

376 :吾輩は名無しである:03/11/27 02:58
ち、気付かれたか

377 :吾輩は名無しである:03/11/27 21:10
>>376
遅っ。

ってか、あと二日で丸一ヶ月書き込みがなかったことになるとこだったな。

378 :吾輩は名無しである:03/12/06 20:22
セリーヌの虫けらども読んだ人いますか?
コメントキボウ

379 :吾輩は名無しである:03/12/07 03:22
がんばれ国書
とりあえず安くしてけろ

380 :吾輩は名無しである:03/12/09 08:03
月神降臨って出たのか……
今になるとそれほど激しく読みたいわけでもないんだが、
一冊だけ欠けてるのも気持ち悪いしなぁ。

381 :吾輩は名無しである:03/12/19 13:43
あげ

382 :吾輩は名無しである:03/12/29 09:06
セリーヌ

383 :吾輩は名無しである:03/12/29 10:53
国書刊行会の人へ
文庫本で出してよ
値段一緒でいいから
かさばるのいやなんだよ。

384 :吾輩は名無しである:03/12/29 23:33
あー確かに。
平凡社ライブラリーくらいでいいから。

385 :吾輩は名無しである:03/12/30 06:57
ああ、それいいな(w

386 :吾輩は名無しである:03/12/30 10:00
「ウォーターメソッドマン」は新潮から文庫が出たけど、
「重力の虹」とか出たら売れるんじゃなかろうか。
平凡社とかちくまでいいから。

387 :吾輩は名無しである:03/12/30 10:16
国書文庫まだ〜?

388 :吾輩は名無しである:03/12/30 13:32
単行本を買ってください。
買わないから増刷できないのです。
自分たちの都合ばかり押しつけるんじゃありません。

389 :吾輩は名無しである:03/12/30 13:47
じゃあ安くして。
ってか態度悪いな。
国書の人は。

390 :吾輩は名無しである:03/12/30 14:00
388は国書の人なのか?本当にそうだとしたらがっかり。

391 :吾輩は名無しである:03/12/30 16:12
貧乏人は図書館に本買ってもらうしかないのかなやっぱり

392 :吾輩は名無しである:03/12/30 16:22
>391
別にそれで問題ないよ

393 :吾輩は名無しである:03/12/30 17:16
国書は図書館頼み

394 :吾輩は名無しである:04/01/09 18:36
age

395 :吾輩は名無しである:04/01/19 05:41
半額セールやって

396 :吾輩は名無しである:04/01/21 13:01
かなり昔、ここの社員募集があって「ユニークな人望む」みたいなことが
書いてあったから自己紹介の作文を必要以上にユニークに書いたら落とさ
れた。過ぎたるは及ばざるが如し。

397 :吾輩は名無しである:04/01/21 13:03
>>396
ここ国書の社員見てるよ
もっと言ってやれ

398 :吾輩は名無しである:04/01/21 13:45
なんで古本屋に異常にたくさんあるの?

399 :吾輩は名無しである:04/01/21 18:54
国書は買取制だから
買い取ってもらえなかった分を
国書自ら古本屋へ

400 :吾輩は名無しである:04/01/21 18:55
レムコレまだか〜
特に批評が読みたいよう

401 :吾輩は名無しである:04/01/22 20:47
ようやく一ヶ月ぶりに更新されたが、文学の冒険シリーズの扱いが
ひっそりしている。「これから出る本」にはまだ情報が残されて
いるが、今年の予定に明記されていないのがさびしい。

402 :吾輩は名無しである:04/01/22 22:20
送料を自己負担してくれる国書刊行会が大好きです。

403 :吾輩は名無しである:04/01/26 18:41
レムは大丈夫かね。
発表されてから音沙汰ないが。このまま
武田泰淳みたいに軒並みぜっぱんで読めなくなるということはないよな

404 :吾輩は名無しである:04/01/26 19:37
ちょっと前に幻想文学大系の『セラフィタ』(バルザック)を古本で買ったのだが、
著者名間違ってた。しかも目次で。

セラフィタ バルザック・著 沢崎浩平・訳
第一章

第七章
『セラフィタ』解題 沢題浩平

ってなってた。
こういうときの編集者の気持ちってどんな感じなのだろう。

405 :吾輩は名無しである:04/01/26 19:43
直しとけよ
国書の本に誤植はない、というぐらいの気持ちで本を作って欲しいな

406 :吾輩は名無しである:04/01/26 19:45
1〜2年目だと半泣き。
3〜4年目だとどう工作するか考える。
5年目以上だと前例にしたがい、なるべく早く忘れようとする。

407 :吾輩は名無しである:04/01/26 19:55
著者(翻訳者)名はイタすぎるな〜
気付いたときは地獄だろうね。

408 :吾輩は名無しである:04/01/26 20:22
妖怪の本すごくいい!もっとだして!
レベル高い!
値段高い!(爆

409 :吾輩は名無しである:04/01/26 20:36


http://product.esbooks.yahoo.co.jp/product/product/detail/author?accd=31323306

410 :吾輩は名無しである:04/01/29 16:42
書物の王国シリーズが隣の市の図書館にあったんで借りてるんだが
「同性愛」や「美少年」を持っていくのがものすごく恥ずかしかった…

411 :吾輩は名無しである:04/01/31 08:41
>>410
ゲイは恥じることじゃないよ
堂々と借りな

412 :吾輩は名無しである:04/01/31 15:46
世界現在文学作家ファイル、
役に立つし、よんでてたのしい、

413 :吾輩は名無しである:04/01/31 17:42
>412
そんな本あるんだ?
新しいのかな?

414 :吾輩は名無しである:04/02/01 00:33
1996,10,24、初版。
編者:越川芳明 柴田元幸 沼野充義 野崎歓 野谷文昭
例えば、日本人作家としては、梁石日 笙野頼子 高橋源一郎 多和田葉子 などが
(わたしは、刊行会のものではありません) 

415 :吾輩は名無しである:04/02/01 01:06
>414
ありがとう。
別に刊行会の人でもそうでなくてもいいよw

416 :吾輩は名無しである:04/02/01 12:11
レムどうしたよ、社員さん。
コレクション企画ぶちあげたはいいが、ソラリス延期から全く音沙汰ないぞ

417 :吾輩は名無しである:04/02/01 13:05
国書は口先だけ
有言不実行
それが国書

418 :吾輩は名無しである:04/02/08 23:37
今年はSFをいっぱい出すらしい。
「アークトゥルスへの旅」の再版を検討して欲しい。

419 :吾輩は名無しである:04/02/09 20:10
バースもっと出せバース♪

420 :吾輩は名無しである:04/02/15 22:23
age

421 :吾輩は名無しである:04/02/21 08:28
近刊うそage

422 :吾輩は名無しである:04/02/29 00:59
最近この出版社たるんでるのとちゃう?

423 :吾輩は名無しである:04/02/29 08:35
オレが「重力の虹」近刊という広告見て、
本屋に予約したら、実際本が出たのは4年後だった。
予約したことすら忘れてたのだが、
ちゃんと連絡してくれたその本屋にはちょっと感動した。

424 :吾輩は名無しである:04/02/29 08:51
いい本屋だな
それに比べて国書は・・・4年

425 :吾輩は名無しである:04/02/29 09:22
国書に入社したい・・・。

426 :吾輩は名無しである:04/03/04 01:56
オカルトの本棚 知識造詣編 Part2
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1078241177/l50

427 :吾輩は名無しである:04/03/23 21:33
age

428 :吾輩は名無しである:04/03/23 21:46
>>425
企画流用されるぞw

429 :吾輩は名無しである:04/04/01 01:03
やっとHP更新されたよ


430 :吾輩は名無しである:04/04/01 02:10
「フリアとシナリオライター」が5月刊行予定となっているが
さて本当に出るのか……

オブライエンThe Hard Lifeが「ホードライフ」になってるのは
なぜだろう。単なる誤植? それともアイルランドではこんな
発音になるとか?


>更新その他が滞ってしまいまして、大変失礼しました。
おかげで?某巨大掲示板の小社関連スレッドも無くなってました。
楽しみにしていたのですが…。

マダアルヨ( ̄ー ̄)ニヤリ

431 :吾輩は名無しである:04/04/01 03:27
移転でなくなったと勘違いしたのかな?

432 :吾輩は名無しである:04/04/01 08:30
そうか。しばらく社員さんのためにあげとかなきゃいけないな。

433 :吾輩は名無しである:04/04/01 08:36
レムのこの言葉

>今回コレクションに新たに収められる著作のタイトルを
>つくづく眺めその少なからぬ部数を考えあわせると、
>日本の読者は世界でも最も成熟した、意識の高い読者では
>ないかという印象

何部刷るというのだろう?



434 :吾輩は名無しである:04/04/01 11:57
もうすぐ昼休みですよage

435 :吾輩は名無しである:04/04/01 12:01
不便だなぁー

436 :吾輩は名無しである:04/04/01 12:01
時間かかるのね・・・

437 :吾輩は名無しである:04/04/01 19:08
終業age

438 :吾輩は名無しである:04/04/01 20:39
国書の人気付いたら書き込んで
そうしないと何時までも上げ続けるよ

439 :吾輩は名無しである:04/04/03 00:54
『完訳 金枝篇』は

第1巻 5月刊行予定(同時刊行を予定しておりました第2巻は9月刊行予定となります。ご了承くださいますようお願い申しあげます)

という事らしいが、すると、完結はいつになるのだろうか?
年2,3冊のペースなら買っちゃおうかなぁ。

440 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:33
なんで沢山古本屋に流れていますの?

441 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:33
延びると安くなるという決まりにしてくれるといいな。
すると、あの本は280円ぐらいで発刊せざるを得なくなるか。

442 :吾輩は名無しである:04/04/03 01:34
>440
がいしゅつよん。

443 :吾輩は名無しである:04/04/03 03:14
1ヶ月刊行が遅れるたびに100円安くなる

444 :吾輩は名無しである:04/04/10 18:01
あげとこうな

445 :吾輩は名無しである:04/04/10 18:09
国書の方、ジョン・ファウルズの『マゴット』の訳者はどうして
小笠原豊樹じゃないのですか?

理由をお聞かせいただきたい。

446 :吾輩は名無しである:04/04/11 00:57
>某巨大掲示板の小社関連スレッドも無くなってました。

って、普通に一般書籍板の方のことじゃないの?

447 :吾輩は名無しである:04/04/11 01:26
幻想文学全集全巻ほしい

448 :吾輩は名無しである:04/04/11 02:19
一般のほうにもあったのか
ミス板のはまだあるな

449 :吾輩は名無しである:04/04/20 12:19
HP更新あげ

450 :吾輩は名無しである:04/04/20 12:27
更新その他が滞ってしまいまして、大変失礼しました。
おかげで?某巨大掲示板の小社関連スレッドも無くなってました。
楽しみにしていたのですが…。(←と思ってたらまだありました)
(←と思ってたらまだありました)
(←と思ってたらまだありました)
(←と思ってたらまだありました)

451 :吾輩は名無しである:04/04/20 15:45
で、フリアの映画「ラジオタウンで恋をして」は誰か見た?
おもしろい?

452 :sage:04/04/21 00:24
と思ってたらまだありました

453 :吾輩は名無しである:04/04/24 23:25
おまいら、「レッド・ダート・マリファナ」の帯にまた
"「フリアとシナリオライター」次回配本"と書いてありますよ

454 :吾輩は名無しである:04/04/25 01:31
>453
そんな国書が大好きです。

455 :吾輩は名無しである:04/04/30 23:51
         2004年春からの新企画
5月
  フリアとシナリオライター 
先日とどいた国書からのパンフにこう記載されていました。
さすがに今回は本当ですよね。


456 :吾輩は名無しである:04/04/30 23:58
重力の虹を読んだよ。
長すぎた。

457 :吾輩は名無しである:04/05/01 00:14
よくがんばった。はなまる

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 ta/1014436690/11" target="_blank">>>11>>11>>11>>11>>11>>11
>>11>>11
sage禁止



★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)