5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【自作自演】 長嶋有を語る 【自作自演】

1 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:30
文学板で自作自演しまくりの長嶋有を語りましょう!


2 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:31
つーか、アクタガ賞貰っても、生活なんにも変んないんですけどなにか。

3 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:33
何はともあれ、おめでとうございます。

4 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:36
>>3
言葉だけじゃなあ。ライターとしては単価上げて欲しい。マジで。
このあいだ打ち合わせしてて、話のネタにアクタのコト喋って見たら
フーンて言われてそのまま、置き去りにされた。
直木賞の方がやっぱ知名度上。

5 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:39
「芥川賞作家」とあろうものが、2ちゃんねるなんかに書き込まないと思う
が。私は技術的なことはよくわからないが、IP抜かれたりするとヤバいと
いうのは、プロの小説家になるような人だったら当然知ってるだろうし。
芥川賞受賞者がインターネットカフェを利用するとも思えない。第一、芥川
賞受賞後は、外を歩くだけでも難しいだろう。素顔で歩いていたらあっとい
う間に中高生に取り囲まれるだろうから当然サングラス・帽子・マスクをし
ているだろうし、買い物なのでどこかへ行く時は必ず出版社の用意したリム
ジンに乗るはずだ。

6 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:40
あの髭を剃ったら、誰も気付かんでしょ。

7 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:45
>>5 いやあ、そんなことないっすよ。男は黙って生IPというのは
私の身上ですし。もっとも家じゃなくて出版社のPC借りてやってることが
多いですけど。賞もらったあと道歩いてたらファンにもみくちゃにされるかと
思って期待したんですけど、サインねだられたのは近所の焼肉やのおじさんだけ
裏に川中美幸のサイン書いてあった。(俺が書いたのが裏か……)
出歩くときはもっぱらユニクロ&ダイエーで自転車(3段変速!)です。

8 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:47
2月12日、馬鹿売れですね、こりゃ。   

9 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:51
>>8 2万5000部ハケるといいな。

10 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:52
タイトルだけみんなの記憶に残るよ。

11 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:54
>>6
ビン・ラディンが髭を剃っても気付く人は気付くだろう。髭というのは思
ったほど男の顔を特長付けているわけではない。
長嶋有の受賞はNHKの全国放送で報道され、5大新聞に載った。しかも、
受賞者は日本文学史に永久に名前が残るのだ。
長野オリンピックで日本の金メダルは5個。しかし、芥川賞は毎回1〜2
人しか受賞できない。今回のソルトレイクシティーオリンピックで金メダ
ルを取るよりも、芥川賞を受賞することが上なのだ。次回のトリノ冬季オ
リンピック、あるいは2年後のアテネオリンピックにはぜひ長嶋有が出場
してもらいたい。
浜崎あゆみが外を歩いていても気付かない人はいるかもしれない。しかし、
長嶋有が歩いていたらお年寄りから児童まで全ての人が気付くはず。

12 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:55
>>11
アフォか!

13 :吾輩は名無しである:02/02/02 13:59
>>11 オレを誉めてるのか? でも、このあいだ職務質問されたぞ。

14 :吾輩は名無しである:02/02/02 14:00
クチュクチュには勝つっすよね。絶対に。頑張って下さいよ。

15 :吾輩は名無しである:02/02/02 14:06
>>14 クチュクチュは文学界初のアニメ原作になりそうなんだよ。
DVDになったらオレも買うかも。

16 :吾輩は名無しである:02/02/02 14:13
>>15
巨大女はヒロスエにやってもらいたいな。

17 :吾輩は名無しである:02/02/02 16:51
綿矢りさと対談してーなあ

18 :吾輩は名無しである:02/02/02 18:22
>>17
長嶋は芥川賞受賞者なんだから、そんな同業者のガキと対談したいとは
思わんだろ。
むしろ、綿矢側が長嶋と「対談させていただく」という感じだろう。
長嶋有と対等に対談できるほどの地位にあるのは、あゆ、モー娘、倉木
といったところだ。

19 :吾輩は名無しである:02/02/02 18:26
長嶋有って、誰? まじに。おすすすめの作品名教えてよ。「かあさんがどうしたこうした」
って書いたヒト? 

20 :吾輩は名無しである:02/02/02 18:31
>>19
「かあさんがよなべしててぶくろあんでくれた」という歌の作詞をしたヒトだ。

21 :吾輩は名無しである:02/02/02 18:33
>>20 ああ、そうか。でも、とうさんは何してたんだろうね、そのころ。

なんの鍋だったんだろう? 韓国風に犬かな? 夜更けに犬鍋は怖いね。


22 :吾輩は名無しである:02/02/02 18:41
>>21
石狩鍋だ。入れるのは、いつも昼休みに食べているホカ弁のしなびたよう
なサケではなく、獲れたての新鮮なサケを入れる。「ぷりぷり」とした食
感。うまいぞ〜。
ジンギスカンも悪くない。札幌のビール園で大ジョッキをあおりながら、
ラム肉をつつく。(゚д゚)ウマー

23 :吾輩は名無しである:02/02/02 21:08
>>22 石狩鍋か。俺は高校を卒業するまで札幌に住んでたんだけど、一回も食べた
ことなかったな。あれ、ほんとに道産子の連中食べてるのかね? 

ジンギスカンはいいな。昔はあちこちにジンギスカン屋があったけど、今はすっかり
すたれてしまってかわりに韓国風焼肉屋がのしているらしい、北海道も。

ベルのタレ、おいしいよな。味付け肉よりふつーのラムにベルのタレ、薬味たぷーり、
これが本物のジンギスカンだぜ。モヤシもいいな。肉汁のしみたモヤシとベルのタレが
あればご飯を一膳くらい食べられるよな。あー、帰りたいな、札幌。女の子可愛いしな。
巨乳が見当たらないが。寒いからかな。熱を放射する面積を少しでも小さくしようって
いうんだろうな、だから北国の女の胸は小さい。どうだろう?

24 :吾輩は名無しである:02/02/02 21:23
ウルサーイ! なんだ?
石狩鍋? ベルのタレ? 知るかボケ!
芥川賞獲ったのに、獲ったのに馬鹿にしやがって、しやがって……

25 :吾輩は名無しである:02/02/02 21:46
マジレスで申し訳ないんだけどさ、長嶋有さんおもしろいと思うよ。
ホームページの俳句や雑文も、笑えるの結構あったし。

「タンノイのエジンバラ」のプルート&グーフィのギャグはよかったな。
彼女に電話でその部分朗読してあげたら、えらい受けてた。

この人は、今知名度があるうちに、いろんなとこへ営業かけて
(もうやってるだろうが)エッセイとか、素人俳句講座みたいな、
雑誌連載をゲットして、ユーモアをうまく発揮できれば、
結構生き残れるのではないだろうか。

HP見ると、「あるあるネタ」なんか得意そうだし、どういう毒にも
薬にもならない笑えるエッセイが書ければ、生活はできるよ。
ゆめゆめ、社会に物申す、みたいな勘違い文化人にならないこと。

26 :吾輩は名無しである:02/02/02 22:21
プルート&グーフィのギャグ
昔から巷で言われてたことじゃん。

27 :吾輩は名無しである:02/02/02 22:40
やあ、みんなユウ君だよ。元気してタ?
今度、藁っていいともに出演することになったからみんな見てね。
山田エイミの次だよ。お土産何にしようかなあ……

28 :吾輩は名無しである:02/02/02 22:43
バカ売れ確定

29 :吾輩は名無しである:02/02/02 22:47
バカ確定

30 :吾輩は名無しである:02/02/02 22:50
ちなみにユウ君はリュウさんを呼ぶことになってるよ。
ほんとはヒロミさんがよかったんだけど、リュウさんうるさくてさあ。
まあ、今回は顔を立てるってことで。うまくすればセミレギュラーに
なれるかも。楽しみだなあ。

31 :吾輩は名無しである:02/02/02 22:51
タモさん「髭剃った?」

32 :吾輩は名無しである:02/02/02 22:55
ユウくん「え? ああ、これはもうトレードマークっすから、このままです」

33 :吾輩は名無しである:02/02/03 00:14
つまんねえ、スレ。いかに長嶋が読まれていないかがよくわかる。そーゆー意味では
貴重なスレかな。煽りレスすらつかない。作品に関する具体的なカキコゼロ。

読まなくてもいいってことね。


34 :吾輩は名無しである:02/02/03 00:16
いや読んだよ「犬」だの「母」だの。
で、どうやって語れっての? あれで。

35 :吾輩は名無しである:02/02/03 00:34
で、どうなんですか、1さん? 本人でも騙りでも、どっちにしても注目
されてない作家、ってことでいいのかな?  

36 :吾輩は名無しである:02/02/03 00:43
芥川賞−−猛スピードで長嶋有は
昨年六月「サイドカーに犬」で文學界新人賞をとってデビューした長嶋有が、
第二作「猛スピードで母は」で芥川賞を受賞し、
それらを合わせた単行本(文藝春秋)が出ることになった。
奥泉光・島田雅彦・辻原登・山田詠美と私が文學界新人賞の選考委員になってから
青来有一に続いて二人目の芥川賞ということになる。
しかも第二作でもう受賞という猛スピードだ。
では、長嶋有というのはそれほど傑出した才能なのか。残念ながらそうは思えない。
どちらの作品も、子どもの視点から大人の女(前作では父の愛人、新作では母子家庭の母)を
カッコよく描いたもの。両親が離婚しようが母子家庭であろうが子どもは
普通に育っていくという淡々としたストーリーは、
深刻ぶった大げさなトラウマ話が流行る昨今、むしろ貴重だろうし、
細部にいたるまでセンスよく書きこまれていることも評価してよい。
だが、所詮それだけのこと。そもそも、大人の手でシンプルな子どもの視点というのを設定しておき、
その視点から大人を描くというだけでは、本当に矛盾を孕んだリアリティを描き出すことはできない。
それとは別の構造をもった作品を読んでみないと、作家としての力量は分からないのだ。
新人賞の選考においてさえ、私が選評に書いたように、さわやかさだけが取り柄の単純な作品で佳作レヴェルを超えないという見方もあった。
ましてや芥川賞ともなれば、その程度ではとても十分とは言えないのではないか。
にもかかわらず、第一作と同じような設定の、確かにセンスがよくてさわやかな、しかし、いかにも単純な長嶋有の第二作は、
芥川賞の選考をやすやすと通過した。選考委員を務める村上龍の、
「家族がバラバラになっていく時代の中で母子家庭の母親を明るく描いて読者に勇気を与える重要な作品だ」という趣旨の選評を聞いて、
思わず愕然とした人も多いだろう。芥川賞はもはや文学賞ではなく福祉賞になってしまったのか。
私自身は賞の権威などというものを信じない。しかし、芥川賞がもう少し敷居の高いものだったことは、
早い話が島田雅彦や山田詠美でさえ受賞していないことからもわかるはずだ。
長嶋有が猛スピードで芥川賞を受賞したことは、芥川賞が猛スピードで劣化しつつあるという事実を物語っているように思われる。







37 :吾輩は名無しである:02/02/03 00:54
まあ、そういうことだろうね。「受賞作なし」でもいいだろうになあ。
またひとり、勘違い作家が登場してしまった。可哀想に。

38 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:01
>>37
出版不況だからしょうがないよ。「受賞作なし」じゃ、一冊も売れないじゃん、
本が。

39 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:02
村上龍は芥川賞の解体を試みてるんだろう。いったん落ちるとこまで
この賞の権威を落として。それでも応募してくるバカこそ本物の物書き
バカだろうから。

40 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:03
応募

41 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:11
じゃないです。茶川賞は。

42 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:16
ああ、選考か。でも実質、文学界新人賞に投稿するのが一番の
早道だろ? しかもユウ君くらいの文章で受賞も可能。
とくれば”応募”の方がしっくりこないか?

43 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:18
まあ、そうかもね。

44 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:29
>>39
ドラゴンは、選考委員になったとき「受賞基準を中上健次『岬』と考えている」
などと言っていた。
ところが、次の回からはうって変わって・・・

45 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:39
お!ちょっと盛り上がってるかな?なにはともあれ、
話題になるってのはいいことだ。長嶋いいよ。
純粋な小説書きっていうより、俳人としてやってけんじゃないの?
プルート&グーフィのくだりは、確かによくある話だけど、
落ちが新鮮だった。

46 :吾輩は名無しである:02/02/03 01:54
>>36 浅田彰ほんもの????どっかで書かれてたん?これ。

47 :吾輩は名無しである:02/02/03 02:09
>>46
どっちでも注目するほどのもんじゃねぇってこと(藁

48 :吾輩は名無しである:02/02/03 02:12
>>36はコピペ。

49 :吾輩は名無しである:02/02/03 02:14
悪い意味で俳句みたいにちまちましてるよな、長嶋の小説。

50 :吾輩は名無しである:02/02/03 05:35
児童文学作家にシフトしてきそう。
子供相手の商売は上手そうだ。

51 :吾輩は名無しである:02/02/03 06:11
>>49
おいちょっと待て。
どさくさに紛れて知りもしないのに俳句を語るな。
俳句はちまちまなんかしてねえぞ、
長島はちまちましてるかもしれんが。

52 :吾輩は名無しである:02/02/03 06:35
文学における俳諧精神とか言われてもなぁ。
俳句やんなきゃ、芥川賞は獲れませんか?

53 :吾輩は名無しである:02/02/03 06:49
選考委員の浅田にも貶されて悲惨だな。
選ばれた長嶋より、文学界新人賞とらして、芥川賞にぶち込んだ、文学界の
編集者が文学見る目がまるで無い、という責任があるのでは。
長嶋は新人としてはそこそこだよ。すばらしくは無いがよい話は書く。
雑誌にコラムとか書かせて、普通の女の子に売り出せばよかったのに。

いまの芥川賞の状況をほとんどの文学愛好者はいいとは思っていないのに、
純文学とはいいづらい、物語作家の作品を芥川賞にした、編集者と選考委員
が悪い。

長嶋にはテレビドラマの脚本とかが向いてるんじゃないの。ヒット作出せそう、そういう才能ならある。
文学界って、選考委員はそこそこなのに、長嶋みたいなのがデビューしてくるの。
あそこの編集委員がダメなの。

54 :吾輩は名無しである:02/02/03 07:04
なんで村上龍ちゃんを選考委員にしちゃったのかなぁ。なんかいつも文学と関係ないことで評価してない?

55 :吾輩は名無しである:02/02/03 07:48
浅田くん、吠えてるね。
町田なんぞを誉めてるのに。アテにならん。
あとぼくのこと、先生とよべよ

56 :小林恭二:02/02/03 08:42
俳句やってたけど芥川賞とれなかったよ。

57 :吾輩は名無しである:02/02/03 09:58
うん。俳句やってりゃいいってもんじゃないんだよ、小林くん。

58 :吾輩は名無しである:02/02/03 12:16
小林君はちょっと若かった。あと3歳年くってればね。
島田先生にしろ、小林にしろ、受賞して当然だったんだ。むしろ天才すぎて
デビューが早かったために受賞をのがした。

59 :吾輩は名無しである:02/02/03 12:27
それで? 結局ナニが言いたいのよ、キミたちは。
要するに、あー、うらやましー、ってことだろ? よしよし。
泣かずに、本買って読んでね。

60 :吾輩は名無しである:02/02/03 13:11
↑本当に本人だとしたら。才能は無いけど、
いろんな意味で、まめに努力される方なんですね。
あなたを語るときに、皆さん、何々はいいとしても、何々だとけなすんですよね。
不可ではないけど、優秀ではない。
三流の作家は別として、一流ではない作家が芥川とると、あとが大変ですよ。
特にあなたのようなタイプが一番大変だと。
よく出来た普通乗用車が、F1車だというレッテルを貼られたのですから。
島田や山田のようなF1じゃないけどレーシングカーは、処世術で
生きてもいけますが、あなたは優秀でも所詮、普通乗用車。
なのに世間は、このF1、エンジンへぼいな芥川なんだろ。どうしてだよ、
という判断。お噂ではいろいろな手を使ってここまでたどり着いたようで、
典型的な、作家型自己顕示欲自意識をお持ちなので、芥川賞をとった一発屋
というこれからの境遇に耐えられるか心配いです。

ご自分の適正を考えて戦略を練り直すのがいいかと、営業がお上手そうなので。


61 :吾輩は名無しである:02/02/03 15:05
大きなお世話なんだよね。F1とかさあ、たとえも陳腐だし。
あとさ、山田ってなに? もしかしてエイミ?

62 :吾輩は名無しである:02/02/03 15:20
>60
乳母車が無理してモノ言わなくていいのよ、
おしゃぶりしゃぶってな。

63 :吾輩は名無しである:02/02/03 15:24
>60
ネタにかまってアホ面さらすな、はじかちいー(w

64 :sage:02/02/03 15:43
61 名前:吾輩は名無しである :02/02/03 15:05
大きなお世話なんだよね。F1とかさあ、たとえも陳腐だし。
あとさ、山田ってなに? もしかしてエイミ?


62 名前:吾輩は名無しである :02/02/03 15:20
>60
乳母車が無理してモノ言わなくていいのよ、
おしゃぶりしゃぶってな。


63 名前:吾輩は名無しである :02/02/03 15:24
>60
ネタにかまってアホ面さらすな、はじかちいー(w




65 :吾輩は名無しである:02/02/03 15:58
なんだか悲しいYO

66 :吾輩は名無しである:02/02/03 16:03
age

67 :吾輩は名無しである:02/02/03 16:18
名入りスレなんですから…、荒れないでほしいですね。
独りよがりのレスも、叩かれて荒れるもとですから、
知ったかぶりっ子が一番醜いんですねー、どんな人がロムってるか
わからない天下に公然と開かれた場ですから(おおげさっ、汗)
恥をしりましょうね。井の中の蛙、多すぎますよー。60さんもネ。

68 :吾輩は名無しである:02/02/03 16:22
叩かれて過剰反応するのは、真実が含まれていて
イタイからだ、という心理学説あるんだが・・・。
どうよ。

69 :吾輩は名無しである:02/02/03 16:25
じゃあ、ちょっと落ち着いてみる。
長嶋有の長編小説って読む気あるか?
私は今のままの文体ならいやだな。

70 :吾輩は名無しである:02/02/03 16:27
あ、68はわざわざレスをコピペしてるバカな>64 へのレス
れす。

71 :60:02/02/03 17:25
そんなに過剰に反応するようなこと、私が書きましたか。荒らすつもりも無いし。
60までのレスと同じような無いようだと思いますけど。
64も私じゃないですし、
叩かれて私は痛くも痒くもいないのですけど。
61から63のほうが過剰に反応してると思うのですが。
>叩かれて過剰反応するのは、真実が含まれていて
イタイからだ、という心理学説あるんだが・・・。
どうよ。
本人か距離の取れないファンですか、あんまり大したこと書いてないなら
無視すりゃいいじゃないですか、普通そうしますよ。
下げでレス返した奴をあおり返してスレ伸ばそうという魂胆を感じるのですけど。
自作自演の臭いもするし。
やっぱり長嶋は芥川賞をとるような作家として、不可ではないが優秀ではない
という、素直な感想なんだけどな。
とりあえず下げで。

72 :スレ違いだが:02/02/03 19:47
>>44
そうなの? でも、『岬』より出来のいい芥川賞作品なんて
数えるほどしかないじゃん。
そもそもドラゴン自身、『岬』を越える作品なんて
一度も書いたことないよ。
別に俺は中上信者じゃなし、アンチドラゴンでもないけどさ。

73 :吾輩は名無しである:02/02/03 19:59
>69
読まなきゃいいんじゃないの

74 :吾輩は名無しである:02/02/03 20:41
>61から63のほうが過剰に反応してると思うのですが。

全くの同意よりサゲ

75 :吾輩は名無しである:02/02/03 21:58
長嶋有さんの略歴を教えてください。

76 :吾輩は名無しである:02/02/03 22:02
東洋の夜間

77 :ユウ:02/02/03 22:10
ああ、もういいです……
村上さんの気まぐれでもらえた賞ですから……
もう、いいんです……

78 :吾輩は名無しである:02/02/03 22:12
次はノーベル賞ですね

79 :吾輩は名無しである:02/02/03 22:13
ドラゴン以外の選評はどんな感じなんだろう。

80 :吾輩は名無しである:02/02/03 22:17
>>76 「東洋の夜間」って書くと、なんか香港のレストランあたりで働いてたみた
いだね。かっこいい。「男たちの挽歌」みたいな。でもどうして拳銃を横にして
撃つの?

81 :吾輩は名無しである:02/02/03 22:32
>>75
埼玉県草加市生まれ。室蘭港南中学校、室蘭清水丘高校、東洋大学2部文学部卒業。
印鑑メーカー・シヤチハタ勤務を経て作家となる。2001年『サイドカーに犬』で
第92回文学界新人賞を受賞。02年1月『猛スピードで母は』(『文学界』01年11月号掲載、
単行本は文藝春秋より刊行)で第126回芥川賞を受賞。
芥川賞受賞作は、北海道南岸沿いの小都市で暮らす母子家庭の日常を、
小学校高学年の息子の視点から描いたもの。子育て、仕事、恋愛、肉親の死と
向き合う明るくエネルギッシュなバツイチの母親の姿と、いじめを乗り越えて
成長する少年の心情が繊細な文章でつづられている。
自身も幼少時に両親が離婚したため、室蘭で母親と暮らし、夏冬の休みだけ
東京で古道具屋を営む父親と過ごした経験を持つ。
主な作品に『タンノイのエジンバラ』『女神の石』『アルバトロスの夜』
などがある。俳人・長嶋肩甲として「恒信風」所属。

82 :吾輩は名無しである:02/02/03 22:45
投稿歴は長いみたいです。俳句の賞や、パスカル文学賞、
ストリートなんとか賞で、けっこういいとこまでいってる模様。
会社辞めたあとは、メルマガでコラム書いたり(なかなか笑える)、
ゲームサイトで問題作りのアルバイトをしていた。

若い、ってことと、作品内容が幼稚ってことで、あまりにも早い受賞
(=猛スピードの受賞)と思われてるけど、本人、苦労人のつもりでは。

作品の質はともかく、オリジナルな「持ち味」を持った人だから、
うまく育てればおもしろい存在になると思う。「芥川賞」の権威を使い、
その権威をめちゃくちゃにするようなことしてほしいな。
ゲームもやるみたいだから、ゲーム雑誌でバカなコラムとか書いて欲しい。

83 :吾輩は名無しである:02/02/03 22:57
>「芥川賞」の権威を使い、その権威をめちゃくちゃにするようなことしてほしいな。

そういうのはいいね。阿部和重がやりたかったであろうこと。ほぞかんでる
だろうな、阿部は。ざまみろ。



84 :吾輩は名無しである:02/02/03 23:04
>>81
芥川賞受賞以上に、東洋の2部なんか出て有名企業のシャチハタに就職でき
たというのに驚き。よほど強力なコネでもあったのか?
あと、文學界新人賞を受賞するまで、どうやって生活していたのかも気にな
るな。文學界新人賞のときの本人の紹介文では「現在・ライター」と書いて
あったので、すでに会社員ではなかったということだろう。
シャチハタを辞めてから何年くらいフリーターまがいの生活を送ったんだろ
うな。

85 :吾輩は名無しである:02/02/03 23:21
>>80 
>でもどうして拳銃を横にして撃つの?
正面からカメラで取ったとき普通に構えると顔が写らないからです。
このあたり香港映画ってスタイリッシュで好き。実際にあんな撃ち方したら
手首折れます。



86 :吾輩は名無しである:02/02/03 23:24
>>85
スタイリッシュというか、しょせんB,C級というか・・・
香港ってイギリスの植民地だったわりに英語できない人が多いね。

87 :吾輩は名無しである:02/02/04 00:30
>>86 日本もそうだろ。今だに植民地なのに英語できない。
これも日本政府の最後の抵抗らしいけど。だってあんな簡単な言語を
習得できない国民なんてどこにもいないよ、実際は。

88 :吾輩は名無しである:02/02/04 07:16
シャチハタくらい就職できるよ

89 :吾輩は名無しである:02/02/04 07:31
工場勤務かもしれないし。

90 :吾輩は名無しである:02/02/04 12:11
>>85
>正面からカメラで取ったとき普通に構えると顔が写らないからです。

え? それだけの理由すか? まじすか? 知らなかった…

香港、統一前に行ったけど飯まずかった。なんでだ? 上海のほうが
よかたなー。香港は半島の方より島のほうがいいですね。イギリス人が
住んでたあたりとか、よさげです。最近はどうなんだろうな。

91 :吾輩は名無しである:02/02/04 15:57
>だってあんな簡単な言語を習得できない国民なんてどこにもいないよ、実際は。

ははは、たしかに。どうしてみんな見事に英語できないんだろう。不思議だ。


92 :吾輩は名無しである:02/02/04 15:59
英語スレに変更となりました。

93 :吾輩は名無しである:02/02/04 18:05
あれ? ドラゴン叩きスレじゃなかったの?

94 :吾輩は名無しである:02/02/04 19:05
悲しいかな長嶋の作品については何も語られていない。

95 :吾輩は名無しである:02/02/04 19:09
↑すまん。読んでないんだ。
文藝春秋が出たら読んでみるよ……

96 :吾輩は名無しである:02/02/04 19:23
まあ文学界応募者ぐらいしか、文学界は買ってないから。
1000人以下しか長嶋の作品は読んでないだろう
だから助かっているともいえるが。


97 :吾輩は名無しである:02/02/04 19:44
単行本発売されたらバカ売れ

98 :吾輩は名無しである:02/02/04 20:53
なぜ日本人が英語できないかは鈴木孝夫がしつこく繰り返し書いてるよ。
独創的な学者だし、ああいうのが文部科学大臣になってもらいたいとは思うが、
毎回同じようなことばかり書くのは萎え。

99 :吾輩は名無しである:02/02/04 21:54
>>81
ありがとうございました。
生年月日や本が書かれた日とかも教えてくれませんか。

100 :吾輩は名無しである:02/02/04 22:09

本人ウゼェよ。

101 :吾輩は名無しである:02/02/05 00:52
age

102 :吾輩は名無しである:02/02/05 01:40
本人は2ちゃんねるなんかに書かねえよ!

103 :吾輩は名無しである:02/02/05 07:04
2ちゃんなんかで宣伝しないで、ドキュン朝日新聞で広告うてばいいのに。
文春の一押しなんでしょ。
スレ伸ばすために、どうした、もっと煽ってこいよ、殴ってみろよ、
とか言っておいて、キツイ一発食らわされて、逆切れしてしまう醜態を晒さなくてもすむのに。

広告料はらうので、マンセ感想しか載らないしね。

とても感動しました。家族の愛情ってすばらしいですね。(27歳 会社員)
あのお母さん、かっこいい、私もああなりたいです。   (23歳 主婦)
すごいよかった。次も読みたいです。         (17歳 女子高校生)

とかね。

本人かなりきり君がカキコしてるとしたら、匿名掲示板でマンセ情報操作したい、宣伝したい
という自分のあつかましさに無自覚というか、恥知らずなとこが、
長嶋の作品の語り手と同じで、純文作家としてダメダメなとこだと思う。

5割増しぐらいの写真のっけて、新しい家族観を提示する新しい作家、長嶋ユウ、
とか宣伝文句書き添えて、村上龍氏激賞とか付けてね。

そういう政府やテレビや雑誌や新聞の語ることには利益がからんでいて、
そのまま信じ込むものではない、と思ってる人が多いいから、匿名掲示板が
活発になってきたんでしょ。世の中の繋がりとか義理とか関係無しに、
ダメだと思うものはだめといい、いいと思うものはいいと言う。
前レスで誰か言ってたけど、誰が見てるかわからないから、意見がばらばらで荒れる
のがいいんでしょう。揚げ足の取り合いやプライベートの暴露とかはだめだけどね。

そういう状況に芥川賞も、文学界編集者も対応しきれていない。
だから、2ちゃんで貶されるんだろ。と恥知らずに書いておくよ。





104 :吾輩は名無しである:02/02/05 07:34
ほんとうに恥知らずだ

105 :吾輩は名無しである:02/02/05 07:40
ここに本人のカキコが一つもない確率も
あると思われ。だってここの他スレでなりきり君
やってたのほとんど俺だもん。こいつ嫌いだし。

106 :吾輩は名無しである:02/02/05 09:51
↑そんなことはどうでもいいんだよ


107 :吾輩は名無しである:02/02/05 15:40
>>105本人発見

108 :吾輩は名無しである:02/02/05 17:17
もし万が一105が本人ではないとすると、
2ちゃんねるの本質の片方しか理解していないな。
このスレは、自作自演の真偽をどうこうとかで
続いてるんじゃ無い。「長嶋が自作自演を繰り返している」
と考えたほうがネタとして面白いから続いてるんだ。
これを一言で言えば106の一行になる。

・・・つーか、このスレ立てたのも長嶋か?

109 :ixion:02/02/05 17:48
今日の朝日の夕刊に長嶋有の「蛆虫道とホープ道」ってのが載ってた。
花輪の手塚治虫文化賞辞退を「カッコイイ!」と思って、自分も芥川
候補辞退しようかと思った自意識過剰さを自嘲しつつ、『クチュクチュ
バーン』の吉村の年賀状にあった「長嶋さんはホープ道、私は蛆虫街道
まっしぐら」という言葉に触れて、さりげなーく「蛆虫」に憧れる内容。
蛆虫って、サイバッチじゃあるまいし^^;
まぁ、『クチュクチュバーン』に関しては蛆虫どころか、爽やかに
目覚ましテレビに取り上げられてたけど。

…というか、問題はホープも蛆虫も、「文学」という世界ではひとしく
自意識過剰に思えてしまうことではないだろうか。

110 :吾輩は名無しである:02/02/05 19:17
>>109
今度、ixionファンのスレを立てようと思うが、どうカネ?

111 :吾輩は名無しである:02/02/05 21:27
マジで批評できないなあ、ナガシマユウは。
すばるあたりからデビューした方がよかったんじゃないか?

112 :吾輩は名無しである:02/02/05 22:05
ixionはサイバッチを読んでいる。

113 :吾輩は名無しである:02/02/05 22:11
>111
なんで?

114 :111:02/02/05 22:33
ジュンブンじゃねーだろう? ユウくんは。
せいぜい腹だムネノリあたりだよ。ムリして注文取り過ぎて
ぶっ壊れそうな感じ。ライターって売れっ子になるとだいたい
このパターンで体壊して消えていく。あくまで俺の知っている範囲でだが。

115 :吾輩は名無しである:02/02/05 22:48
2chにスレを立てたぞ!
     我ながら名スレの予感!

         カタカタ
      ∧_∧ ___
 >>1→( ´∀`)| |   |
    旦  ⊇⊇|  |  = |
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

     あのスレどうなってるかな?
      スレをチェック!
       スレをチェック!!
  ______ _____________
           ∨
  ___
 / || ̄ ̄|| ∧_∧ ,' '
 |  ||__||( >>1 )ワクワクドキドキ
  ̄ ̄\三⊂    )


     /ヽ   /ヽ
    /  ヽ_/  ヽ
   /         ヽ
  / / .| ̄| \   ヽ
  | ( (  |   |  ( (   |
  | ) ).├−┤ ) ). |
  ヽ          ヽ、
 / ̄ ̄           |
 \____       | 


116 :吾輩は名無しである:02/02/05 23:10
すばるもジュンブンですが

117 :吾輩は名無しである:02/02/05 23:17
準文学

118 :吾輩は名無しである:02/02/05 23:50
↑warota

119 :ixion:02/02/06 00:20
コテハンスレは削除対象だし、俺より面白い人はいくらでもいるので
やめましょう>110さん

長嶋の『クチュクチュバーン』評:

「クチュクチュバーン」には少しのセンチメンタルも、教訓も、諦めも
ない。怒りとも違う、ただ強烈な不機嫌さに満ちているだけなのだ。

これは確かにその通り。不機嫌さがどの程度のものか、疑問はあるが。

120 :吾輩は名無しである:02/02/06 01:03
今日の朝日のそれ、人間的にはなんか好感持ったけど、文章を生業とする人の
書くものとしては物足りなかった。ネット上でよく見かける程度のレベル。まだ作家と
いうのに慣れてないんだろうな。

121 :吾輩は名無しである:02/02/06 01:05
>>119 ニコニコ顔で受賞されると正直腹が立つ。憮然として受け取って欲しい。
特に茶川賞はな。

122 :吾輩は名無しである:02/02/06 03:46
>>109 東浩紀と阿部和重の受賞おめでとう的な対談を思い出したよ。
その対談に対する浅田彰の批判は長島に対しても有効かもね。

123 :吾輩は名無しである:02/02/06 04:14
受賞作の装丁、萎え。
なんだよ、あれ・・・ぜってー売れないと思う。
ターゲットはジジババか?

124 :吾輩は名無しである:02/02/06 04:37
装丁、けっこー笑えた、好きかも。ちなみにカタカナ表記の題名でも笑えた。
単に寝不足でバカになってるだけかも…。


125 :吾輩は名無しである:02/02/06 04:55
>>116-117
ワロタ!

126 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:05
>>123-124
ジャケ買いムリだわ、
装丁がダメだと若い女は買わないからねー

127 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:19
惜しいな、内容は、若い女向けじゃない。

128 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:24
若い男向けでもない

129 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:26
ねー、ここってマジでご降臨あるの?

130 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:34
ネタとしてはオもろいんだね
でも、誰も作品の内容を全肯定的に評価する人がいないね。
レスにどこか毒があるんだよね。
まだ、語るほどのものは、書けてないの?
平野スレや、辻スレのようになりそう・・・・
文学板住人は新しいおもちゃを芥川からプレゼントされたのか。




131 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:41
きびしーな、ニチャンが出来たおかげで、新人はやりにくいね。
仕掛けてスターにするというのが、非常に難しいよね。

龍や春樹もニチャンガ在ったら、これほどの存在になれたかな。

阿部なんか2ちゃんがなかったらお仲間のマンセ記事で大天才とか言われてんじゃない。

132 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:43
でも、売れると見た、家族、カコイイ登場人物、さわやかな話
芥川賞、10万部は硬い。
長嶋1000万長者

133 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:50
>>132
ほら、本人いるじゃん(W

134 :吾輩は名無しである:02/02/06 07:54
>家族、カコイイ登場人物、さわやかな話
ドキュソ家庭、ドキュソな登場人物、ドキュソマンセーな話。


135 :吾輩は名無しである:02/02/06 08:59
ほんとにそんな話だから怖い。

136 :吾輩は名無しである:02/02/06 10:28
ドキュソ賞に推挙していい?

137 :吾輩は名無しである:02/02/06 16:05
あげ  

138 :吾輩は名無しである:02/02/07 04:32
最近の芥川賞って売れてんの?三万とか四万だって聞いたことが。
複数受賞じゃないから、もうちょっとはいく・・・?

139 :吾輩は名無しである:02/02/07 04:56
>>138
確か四万部って聞いたけど。

140 :吾輩は名無しである:02/02/07 19:55
くり返すが、芥川賞作家の長嶋有本人が、2ちゃんねるなんかにカキコするわけ
ねえだろ!!!
ハッキングされるかもしれないのにスレ立てるわけないだろ!!!

141 :吾輩は名無しである:02/02/07 20:18
>>140へ。
>>108を見ること。

142 :吾輩は名無しである:02/02/08 19:23
ハッキングされるものなのそこらへんを詳しく聞いてみたい。
最近、誰でもFWぐらい入れてるのに、出来るもんなの。



143 :吾輩は名無しである:02/02/08 19:25
フォワードなら、柳沢だろ

144 :吾輩は名無しである:02/02/08 19:29
と書いたとたんアタックがコワー
IP調べてここで晒していい、長嶋や文春だたら笑うね

145 :吾輩は名無しである:02/02/08 19:32
>>144
文春の編集者がインターネットカフェで書いたらわからないだろ。
長嶋は2ちゃんねるの存在すら知らないはず。

146 :吾輩は名無しである:02/02/08 19:33
今月の文学界で川上弘美と対談してた。元々知り合いだったらしく友達同士の
世間話といった体。

147 :吾輩は名無しである:02/02/08 19:46
長嶋有さんは、芥川賞を受賞したどえらい作家。
低俗な2ちゃんねるなんぞ、目もくれない。
猛スピードで母はの単行本、一人につき10冊買え!!!

148 :吾輩は名無しである:02/02/08 19:51

これが噂の逆煽りってやつ?
それともただのネタ?

149 :吾輩は名無しである:02/02/08 20:00
川上と長嶋作風似てるね。
文学界はそのラインで逝くの

150 :吾輩は名無しである:02/02/08 20:05
似てるの? ホントに?
川上弘美ってイイじゃん。長島も似てるの?
読んでみようっと。でもあのヒゲに印税が入るのは癪だから
文藝春秋で。いつ発売なの?

151 :吾輩は名無しである:02/02/08 21:10
浅田が批判したから俺も批判するぞ!読んでないけど!

152 :吾輩は名無しである:02/02/08 22:02
そろそろネタギレか?

153 :吾輩は名無しである:02/02/08 22:13
浅田が言うように都合のいい視点から語られた都合のいい話だという点で
似ている。表現が洗練されていて読んでて心地がいいという点では
はいい意味で似ているともいえるね。マターリしたい人には、
お勧めだといえる。
ただ川上>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>長嶋
だから、まだ、金を払って読むほどのレベルではないよ。
図書館とかをお勧めする。

中上とか三島とか安吾とかが好きな人には決してお勧めできるものではない。
読んでて腹が立つというか、嫌味のひとつも言いたくなる。
まあ、だからこんなスレが続いてるんだろうけどね。


154 :吾輩は名無しである:02/02/08 22:51
川上弘美が芥川賞を受賞したときは「こんなんでいいんだ」と思いましたが、
長嶋有のときは「こんなのでいいの?」と思いました。

155 :吾輩は名無しである:02/02/08 23:04
↑一応読んでるんだ、エラいね。

156 :吾輩は名無しである:02/02/08 23:17
>150
印税は刷った時点で発生している。

157 :150:02/02/08 23:20
>>156
増版されたら、やっぱり癪じゃん。

158 :吾輩は名無しである:02/02/08 23:23
クチュクチュバーンとか、鈴木さんの話でもしますか?

159 :吾輩は名無しである:02/02/08 23:47
>>157
そうか、増版があったか…。

160 :吾輩は名無しである:02/02/09 00:45
文庫なら買うよ。ユウのはさ。
やっぱハードカバーに見合う内容ではないと思う。
むしろ平綴じの方がイイ。

161 :吾輩は名無しである:02/02/09 00:52
っていうか、純文系のハードカバーって、
字が大きくて行間が空きすぎ。
悪く言えば、無理矢理本にしてないか?って感じ。
特に芥川賞受賞作なんて帯が掛かったものは、そういうものが多い。
まあ、別に買わないからどうでもいいけど。


162 :吾輩は名無しである:02/02/09 08:30

俺が芥川賞受賞作を世に出すときの参考にさせてもらうよ。

163 :吾輩は名無しである:02/02/09 11:20
確かに、字みっちり二段組のエンタメ系ハードに比べると、
純文学ハードは割高感があるな。
オレは文庫待ち組だ。

164 :吾輩は名無しである:02/02/09 14:08
結局、皆さん買うなと・・・・・

キビシーーーーーーーー

このスレ長嶋に百害あって一利なし

匿名掲示板時代の商品て難しいね。
本当にいいもの売らないと、金払う必要ないとか、的確な指摘とかされちゃうからね。

なんか、どんどんネットにアクセスできないような人だけが宣伝に煽られて
買うようになるので、ドキュン率が高まるような。

芥川はその方向にシフトしつつあるの。

165 :吾輩は名無しである:02/02/09 14:33
芥川も直木も、最近の受賞作はうなずけない。
何年かすれば、なるほどと思えるかと思って過去10年くらいの
作品を思い出してみても、やっぱりだめだ。
賞が奨励の意味合いをなくして、権威になったらもうおしまいなんじゃないの?
文壇ってのがホント可笑しい。

166 :吾輩は名無しである:02/02/09 15:01
クチュクチュペロ〜ン
賞はもともと権威だよ〜ん
芥川賞の審査員の顔ぶれ見てみてよ〜ん
古井と富岡くらいでしょ〜ん
まともな読み手は〜ん

167 :165:02/02/09 15:03
>>166 最初はどうだったんだって話だよ。芥川だって直木だって
権威そんなになかったろう。自民党だって昔は「自由民主党」だぞ。

168 :吾輩は名無しである:02/02/09 21:33
龍と対談しそうだ。

169 :吾輩は名無しである:02/02/10 07:13
選評読んだぞ・・・・・・・・・・
微妙だな。


170 :吾輩は名無しである:02/02/10 16:23
芥川賞になにか新しいものを見出そうとするのはもうあきらめた方がいいのか。
家族っていうものの新しい形態を追認するだけじゃ、満足は出来なかった。
読んだ後わだかまりが残ったとしても、いやいや認めざるを得ない作品が
過去の芥川受賞作にはあったが、もう今はない。そういう作品たちはいったい
どこで書かれているのだろうか。

171 :吾輩は名無しである:02/02/10 16:45
まあ何言われても獲ったもん勝ち。
長嶋はカックイイな。
文春もしっかりバックアップしてくれるし、
芥川賞の金看板があれば、しばらくは安泰。
これで、いっぱしの文学者として堂々と発言できるし、
著作は話題になったし、人生薔薇色だ。
インタビューとか対談とか、これからは忙しくなりそうだ。



172 :吾輩は名無しである:02/02/10 18:11
ドラゴン一人じゃ寂しかったんだろ。な?

173 :吾輩は名無しである:02/02/10 18:31
『クチュクチュバーン』購入。

174 :吾輩は名無しである:02/02/10 20:27
クチュクチュ作者と長嶋では、これで作家としての格が完全に違ってしまったな。
スタートラインは同じでも、今や長嶋は天下の『芥川賞作家』
Nステやニュース23にコメンテーターとして出ることも夢ではない。

175 :吾輩は名無しである:02/02/10 20:38
クチュクチュ作者(この名前定着しそうだな)だって、あの作風である程度の水準
の作品を書きつづければ、芥川賞は無理でも三島賞は取れるかもよ。
90年代初めだったら芥川賞も取れたかも。

176 :吾輩は名無しである:02/02/11 11:04
>>175
三島も宮本輝がいるからダメだよ。笙野頼子が理解できない人だから。

177 :吾輩は名無しである:02/02/11 12:15
チョコレートの数も去年とは比べものにならないだろう。
クチュクチュ作者の数十倍はもらえるはず。

178 :吾輩は名無しである:02/02/11 14:35
>>177
麦チョコばっかりかもよ。

179 :吾輩は名無しである:02/02/11 14:43
これから芥川賞の選評を立ち読みってくるYO!

180 :吾輩は名無しである:02/02/11 16:01
>>178 よしむらせんせええわ まじめなひとです。
わたしたちわーいtつも
ばえんたいでえにわ  ちいよここお
あげてえ ます。  わゆくちお いわないれ くwさい。

181 :吾輩は名無しである:02/02/11 16:54
立ち読みってきたよ。
古井の姿勢がいちばん好きだよ。
なんだかんだいって文体をまともに批評できる選考委員はこのジジイだけだよ。
あとは都知事に共感したよ。
でも都知事はたぶん全部の小説をちゃんとは読んでないと思うよ。
秘書に読ませて要約させただけの気がするよ。


182 :吾輩は名無しである:02/02/11 17:25
すっかんすっかんすっかんすっかん
「直腸出し」で社会を描くクチュクチュさんは
どう考えても長嶋っちよりも文学的な気概がある。
どこかで見たことのある要素しか入ってない「母は・・・」より
僕は絶対に吉村ーンの方が好きだ。

でも、特別芥川賞に推すほどの水準の作家がいなくって、
とりあえず誰でもいいからやるってことになったら、
吉村ーンより長嶋っちが推されるのは当然だ。
吉村ーンは完成度が少し低いから。
才能以前の問題で引っかかってる。

183 :吾輩は名無しである:02/02/11 17:29
吉村はこのまま第二作を書くことなく消えてしまうような気がしてきた。

184 :吾輩は名無しである:02/02/11 18:40
吉村は名前が悪いよ。名前だけ見ると60〜70歳代くらいに思える。
写真を見ると、本人は30代に見えるほどなのだが・・・。

185 :吾輩は名無しである:02/02/11 18:45
第二作かいたでしょ

186 :吾輩は名無しである:02/02/11 18:48
>>185 掲載誌教えて。

187 :吾輩は名無しである:02/02/11 18:59
>>186
「人間離れ」(文学界2001年11月号)
単行本『クチュクチュバーン』にも収められています。

188 :吾輩は名無しである:02/02/11 19:04
>>187 サンクス。「クチュクチュ」だけだったらどうしようかと迷ってたけど、それ
なら単行本買ってみよう。

189 :吾輩は名無しである:02/02/11 19:48
いったい誰が必死になってこのスレ盛り上げてるんだか・・・営業って、
たいへんね。「あー、君はアフォだから、2ch担当だよ。がむばって煽って濃い」
とかって、言われるのかな。それともボランティア?

190 :吾輩は名無しである:02/02/11 19:54
>>189 だって長嶋さん、実力が……
いえ、あくまで私見ですよ。私見。
でも小説家としての将来性を考えると……

191 :吾輩は名無しである:02/02/11 19:58
↑確かに長嶋とクチュクチュマンセのカキコのレベルは低いな。

ちなみに俺も古井の選評マンセだ。

龍には文学が勇気を与える必要があるのかと問いたい。
勇気は誰かに与えられるものではなく、持つものだと思うが。
物語が誰かに勇気を与えようとすると、とたんに描かれる世界は単純で
都合のいい、うそ臭いものになってしまう。

龍や長嶋の作品のように。


192 :191:02/02/11 20:01
ごめん190さん
矢印は189さんへのレスです。

将来性と実力があればどんなことを言われても生き残りますよ。

193 :吾輩は名無しである:02/02/11 20:24
>>191 カネボウ・ヒューマンドキュメントみたいにな。
浜木綿子の元気印(ワラ ナントカして欲しい。

元気を”もらう”とか”癒し”だとか新卒女アナが好きそうな言葉で
埋めつくされた「文学」ってのもアリだとは思うが、
それが「商品」だってわかってやっててくれないとなあ。
萎える。

194 :吾輩は名無しである:02/02/11 21:02
なーんで長嶋は受賞で、吉田は落選続きなんだ?
同じようなものなのに。

195 :吾輩は名無しである:02/02/11 21:31
>>189
スレのタイトル

196 :吾輩は名無しである:02/02/11 23:25
長嶋は純文学の救世主。
久々に話題になった芥川賞作家。
文壇も最大限のバックアップを約束。
うまく時流に乗って、顔は売れ、著作は売れ、所謂売れっ子作家の仲間入り。
一般の人々に勇気を与える癒し系作家・長嶋。

197 :吾輩は名無しである:02/02/12 00:28
新聞のつり広告みました。
やっぱ芥川賞は取り上げ方が違うね。
小説かかんでもエッセイ、講演で食えるだろうし。
大抵の新人賞応募者もどうしても小説家書こうと
いう動機よりも虚名に憧れてんだろうな。
羨んでるんだろうな。

でも何度も落選してるひとかわいそうですね。

198 :吾輩は名無しである:02/02/12 00:38
ほんとですね。
長嶋を叩いてる人は、多分同じ回の新人賞に応募して落選した人でしょうね。
で、無理にクチュ×2を誉めてる。

199 :吾輩は名無しである:02/02/12 01:22
長嶋を叩いてるやつは、東洋大学の昼間の文学部のやつだろう。
2部のくせに・・・とか。
あるいは、早稲田の第二文学部。いかにも作家になることしか眼中にない
ような学生が多そうな第二文学部卒の人間にとっては、同じ夜間として妬
みを感じるのだろうな。東洋のくせに・・・と。
共通する部分があると、かえって嫉妬心も強くなる。人間の暗部を見せつ
けられたという感じだね。

200 :吾輩は名無しである:02/02/12 01:49
ていうか大学とか、学閥とか言ってる時点で
下らんやつだろ。
小説かくのにそんなのいまどきはやんえーだろ。
二文って岡崎(今回の候補者)のこと?

201 :吾輩は名無しである:02/02/12 02:24
嫉妬心か、そういう感情も人間にはあるだろうけど、
長嶋の作品は一見よくできてるだけに、一言言いたくなるんだよ。
技術点はめちゃくちゃ高い。あれが直木賞なら何も言わないよ。すごくよくできた商品だ。
ホントにドキュン率が高いし、ほんと、ドキュンが喜ぶつぼを心得てるんだよ。
ああいう作品を書くのはホントはすごくいやらしい男だよ。
村上春樹と同種のいやらしさがある。いやらしいからいけないのではないよ。
古井なんかや、石原や、まあ選考委員すべてがいやらしい人間だよ。

嫉妬で言ってる人もいるだろうし、そうとりたい、そういうふうに他人に思わせたい人もいるだろう。
でも長嶋やその作品から感じるいやらしさは鈍感な無自覚ないやらしさ、
ドきゅんと呼ばれるものに共通していて、しかも技術度が他のドキュンより
著しく高いから、なんかこれでいいのかなと、余計思うのだと思う。
長嶋にはかわいそうだけど、ここ10年ぐらいの芥川の流れから見ても
本当にこれでいいのか、と思うのじゃない。

批判を嫉妬としか解釈できないのは、長嶋と同じで単純すぎるよ。
芥川の選評を読むことをお勧めするよ。選考委員は長嶋に嫉妬はしないと思うしね。

長嶋マンセにはなんか仲間臭さを感じるな。別にここで情報操作してもね。
俺は程度の低い批判レ以外のレスに嫉妬は感じないけどね。
マンセレスのほうに人間の暗部をみせつけられたという感じだね。


202 :吾輩は名無しである:02/02/12 02:57
>>201
ムムム。鋭い。

203 :吾輩は名無しである:02/02/12 04:10
どう考えてもニッポニアニッポンにすべきだった。
候補にもなってないなんて…

204 :吾輩は名無しである:02/02/12 05:45
↑ネタか? ツッコミを待ってんのか?

205 :吾輩は名無しである:02/02/12 07:16
今回はあやっぱり長嶋に獲らせるための出来レース?
伊藤比呂美を外したり、岡崎の小説のなかでも一番出来の悪いやつを
候補にしたり、サンドバッグ要員に石黒を入れたりして、
消去法で長嶋に賞がいくように仕組んだのがミエミエの気が。
それでも、天国に一番近い選考委員日野啓三みたく、
今回の候補作は素晴らしい!(心おきなくあの世に逝ける?)とか
言っちゃうヤツもいるし・・・なんか、わけわかんない。


206 :吾輩は名無しである:02/02/12 08:21
>>199-201
長嶋マンセーなカキコしてる奴らには、
『現代短歌スレッド』から出張してる奴が
多いような感じもするぞ。そっち方面に
長嶋は友達多いし、向こうのスレは最近ほぼ
完全に止まってるし。

207 :吾輩は名無しである:02/02/12 22:06
文春の中吊り広告の写真、結構イケてる。
何気にカッコイイ。

208 :吾輩は名無しである:02/02/12 22:09
なんかこのスレ読めば読むほど長嶋ってやつの小説を読みたくなくなるな。
そーゆーの、俺だけか?

あと、「すばる」もな。なんか臭いぞ、このあたり。

209 :吾輩は名無しである:02/02/12 22:16
>>208
じゃあ、深く気にしないで読んでみりゃいいじゃん。
編集者や本人たちがせっせと頑張ってるんだとしてもさ。
読みたくなってるんだから悪いことじゃないんだよ、きっと。

210 :吾輩は名無しである:02/02/13 07:44
でも、いまさら2ちゃんで宣伝活動なんて遅すぎ。
文芸誌は後追いっていうけど、
まじ世間のハヤリに疎い人たちなんだね。
そんな人たちが作ってる雑誌て・・・


211 :吾輩は名無しである:02/02/13 11:55
圧倒的にアンチのレスの方が優勢でだからな・・・・
本当に宣伝活動のつもりでマンセしてるのなら痛いな。
匿名掲示板を新聞の広告のようにつかえると思った時点で、
編集者としても作家としても能力がないな。
2龍の俳句は他者の視点に鈍感だからな。
そこまでダメダメではないだろういくらなんでも。
209は日本語も読めていないし。
そうでないことを祈るよ いや本当に。

212 :吾輩は名無しである:02/02/13 12:45
受賞作読んだ。
文才のある高校生の文章みたいだった。
不快ではないし、そこはかとないペーソスもあるのだが、
芥川賞受賞と聞くと?が残るが、こんなもんか?
作家のキャラや斬新さだけを追ってるような文章よりは好感持てたけど。 

213 :吾輩は名無しである:02/02/13 15:40
へんに斬新じゃないとこが評価されたのでわ?
出る杭は打たれる、ってことでしょ。

214 :吾輩は名無しである:02/02/13 17:48
わかりやすい文章で読者に生きる勇気を与えてくれる長嶋氏の作品は、
大上段に構えていたり偉そうにしていなくて好感が持てる。
やはり賞を取るだけのことはある。


215 :吾輩は名無しである:02/02/13 22:01
芥川受賞の言葉にはムカついた。
後から出てきてさっさと抜き去った、文学界の先輩作家・吉田のことを、
いかにも素晴らしい作家のように持ち上げて書きやがって。
吉田は何度も芥川を落ちまくってるのに。
フツーの感覚なら、あそこで吉田の名前は出せないハズ。
案外イヤミな奴かも、とオモタ。

216 :吾輩は名無しである:02/02/13 22:08
>>209
>読みたくなってるんだから

ごめん、僕のレス、よく読んでね・・・「読みたくなくなる」の。

217 :吾輩は名無しである:02/02/13 22:38
>>214 「好感がもてる」作品って、誉め殺しですか?

218 :吾輩は名無しである:02/02/13 23:28
あの受賞の言葉、結構好きだな。
文學界受賞のあと、川越の図書館で過去の全ての受賞の言葉を読み・・・
などと言ってるが、実際は受賞の’後’なんかではなく、書く前に過去の受賞
作を読んで分析したのだろう。’受賞の言葉’なんかに限らず受賞作そのもの
を読みまくったのだろうな。
わざわざ、「傾向と対策」なんて言葉を出してくるあたり、逆に、今までは文
學界新人賞と芥川賞の傾向と対策をしっかりやったのだ、ということ暗に言っ
てるのだろう。
東大卒の作家が’傾向と対策’によって芥川賞、というのならなんとなくわか
る気がする。しかし、学歴社会では落ちこぼれである三流大学の2部出身者が
’傾向と対策’で芥川賞というのは皮肉だ。むしろ、大学進学で失敗したため、
大学生になってから「要領受験術」とかを読んで、大学はもうだめだけどこう
いう受験術を応用させた作戦で文学賞を受賞して人生大逆転だ! と思ったの
かも。
もしそうだったら、変に「真の文学」をめざしてるような人間より好感がもてる。

219 :吾輩は名無しである:02/02/14 00:24
だから長嶋は芥川賞の「リセット」要員なんだってば。
こいつにあげとけば、いままで文学界にさんざん投稿してきた文学バカが
呆れてもう送ってこなくなるだろ?
すっかり固まっちゃった投稿者の顔ぶれを変えようってことだよ。
あんたらだってすっかり毒気抜かれて、もう文学界新人賞に登校しようって
気がなくなったろう?
それが龍の狙いさ。

220 :吾輩は名無しである:02/02/14 00:27
なんで龍がそんなこと狙うの?

221 :219:02/02/14 00:29
だって文壇が小説うまい人ばっかりだったら肩身狭いだろう、龍は。

222 :吾輩は名無しである:02/02/14 00:34
あんたらと言われても、漏れ、登校なんかしてないし。
読み専門で、書こうとは思わない。

223 :吾輩は名無しである:02/02/14 00:38
文章のうまさだけを言うなら、龍より長嶋の方が読みやすくて上手かも。
でも、読み物として見た場合、長嶋より龍の方が面白い。

224 :219:02/02/14 00:55
>>223
合作か。龍と有、語呂もいいじゃんか。
ほら、冷静と情熱のなんとかとかさ。
龍って、坂本龍一とのメールのやり取りなんかも
本にして売ってたよな。
リサイクルの達人だし、彼。

>>222
いや、あんたみたいに批評家っぽいこといいそうな読者も
もういいのよ。小説は商品。作家は生産者。読者は消費者。
もうこれでいいじゃないの。大人になろうよ文学もさ。

225 :吾輩は名無しである:02/02/14 00:57
阿部うざい。

226 :吾輩は名無しである:02/02/14 01:02
ばればれ。

227 :吾輩は名無しである:02/02/14 01:05
>224
222だけど、別に批評なんかしないって。
ただの読者だって。
どこでそんな風に思われたか知らんけど。

228 :吾輩は名無しである:02/02/14 01:11
>>225 男の嫉妬はみっともないよね。

229 :吾輩は名無しである:02/02/14 01:45
「当たり」だったみたいね・・・いとあはれ。

230 :吾輩は名無しである:02/02/14 01:51
>>229
てことはこのスレ立てて煽ってるのは(誉め殺しで)、茶川賞にかすりもせず、
その腹いせに最近文学板を荒しまくっている、

★★★阿部和重氏にけてーい!★★★ 

つ、ことすか?

231 :吾輩は名無しである:02/02/14 01:53
219=244=阿部。よかたね、話題になて。

232 :吾輩は名無しである:02/02/14 01:59
>>230 どうもそうみたいだな・・・最近おとなしくしてると思ったら。

233 :吾輩は名無しである:02/02/14 02:25
【荒らし】 阿部和重を語る 【荒らし】
1 名前:吾輩は名無しである 02/02/02 13:30
文学板で荒らしまくりの阿部和重を語りましょう!


234 :吾輩は名無しである:02/02/14 07:08
長島もつまらんが、阿部もつまらん。
これはもう結論が出て、議論の必要のないことでは。
阿部は自分の名スレでいかに彼がつまらんか語り合おうとすると
みもふたもなく邪魔してくるだけでなく、こんなとこにもくるのか。
哀れ。自作自演に荒らしまくり。才能がないのに一番になりたい人間の
暗部をみせつけられた気がするね。案外似たものどうしのどうレベルでは。

235 :吾輩は名無しである:02/02/14 07:22
龍>長嶋=阿部
しかし龍の幸運は2ちゃんが彼がデビューした頃になかったことかな。
世の中は煽られにくくなったからな。
しかしそんな時代を見事に操ってると思いながら、
滑稽でしかない3人は、見事にネタを提供してくれる。
文学には貴重ではないが我々には貴重な存在だ。
特別天然記念物に指定しよう。

236 :吾輩は名無しである:02/02/14 13:03
はいはい、本日発売あげ。

237 :吾輩は名無しである:02/02/14 14:00
阿部さん、これは皆のアナタに対する期待の裏返しなのですよ
わかりますよね
だから早く『プラスティック・ソウル』と『20世紀』を単行本化してね
そうしたらまたおさまりますからね

238 :吾輩は名無しである:02/02/14 16:55
どちらにも期待してない。
ネタとして、イジリがいがあるだけだよ。
ミスターオクレと村上ショウジレベル

239 :吾輩は名無しである:02/02/14 16:58
そんなことをいっちゃあ二人に失礼だ。(怒)

オクレさんとショウジさんに謝れ。

240 :吾輩は名無しである:02/02/14 16:59
ご・め・ん・な・さ・どぅーん!!!!

241 :吾輩は名無しである:02/02/14 17:08
>238ー240
に座布団三枚あげて


242 :吾輩は名無しである:02/02/14 17:10
じゃあ長嶋はオクレと呼んで
阿部はショウジさんと呼ぶということで
皆さん。

243 :吾輩は名無しである:02/02/14 17:16
ショウジじゃない、村上ショージだ!

244 :242 :02/02/14 17:17
ご・め・ん・な・さ・どぅーん!!!!



245 :吾輩は名無しである:02/02/14 18:26
誰かこのイタイ阿部ちゃんに説教したげてください↓

  >>223
  合作か。龍と有、語呂もいいじゃんか。
  ほら、冷静と情熱のなんとかとかさ。
  龍って、坂本龍一とのメールのやり取りなんかも
  本にして売ってたよな。
  リサイクルの達人だし、彼。

  >>222
  いや、あんたみたいに批評家っぽいこといいそうな読者も
  もういいのよ。小説は商品。作家は生産者。読者は消費者。
  もうこれでいいじゃないの。大人になろうよ文学もさ。

♪おとなになろうよ〜ぶんがくもさ〜(激激ワラ

246 :吾輩は名無しである:02/02/14 18:50
文学板の住人て10人くらいしかいないんじゃないの?(シャレじゃないよ)
俺は5重人格くらいでひとつのスレまわしてたりするし
さみしいので卒業します!

247 :吾輩は名無しである:02/02/14 18:54
>>246
あとの4人は今後もジサクジエンを続けるんだろ。

248 :吾輩は名無しである:02/02/14 18:57
>>247
1人だけ残します

249 :吾輩は名無しである:02/02/14 18:57
>>246=247=24n
重層的だなあ。

250 :吾輩は名無しである:02/02/14 21:59
長嶋さんの作品、素敵です。
読んだ後、生きる勇気みたいなものが、静かに湧いてきました。
さすが文学賞を受賞するだけのことはありますね。
なんとなく野卑でガサツな印象を受ける阿部氏とは大違いで、
長嶋さんの作品世界に触れると、とても優しい気持ちになれます。

251 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:01
↑阿部氏、詫びイレか?


252 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:28
長嶋氏の小説を読んで心が洗われるような気がした。
爽やかな読後感。それでいて、深く印象に残るエピソードの数々。
日本文学史に残る名作ですね「猛スピードで母は」は。

253 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:34
がむばれがむばれ!

254 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:48
まず、「猛スピードで母は」というタイトルが秀逸。
変な英語のタイトルでもないし。才能がある人はやはり違う。
ごく普通の文章なのに、すうと心に染み入ってくる。
見掛け倒しの擬古文とか小ざかしい技は使わず、
誰にでも伝わる言葉でちゃんと書かれているところがいい。


255 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:49
長嶋氏の作品は読んでいると疲れを感じないのですが、
誰かと作品について語ろうとすると途端に疲労感に襲われるのです。
徒労感といった方が良いかもしれない。
なぜだろうか。

256 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:50
長嶋と阿部と俺

257 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:54
「キャプテン! 猛スピードで阿部はスレ立てまくっています!!」

258 :吾輩は名無しである:02/02/14 22:58
少なくとも長嶋は阿部より文章がうまい。

259 :吾輩は名無しである:02/02/14 23:23
久しぶりに嫌味ではない純文学を読んだという感じ。>猛スピードで母は

260 :吾輩は名無しである:02/02/14 23:25
>>254普通の文章を書ける人がいなくなったってことだろ。
でも下手じゃないけど、それほどのもんなのかっていう気はしないの?

261 :吾輩は名無しである:02/02/15 01:41
長嶋の本買った。
表紙の絵とかタイトルの文字の感じがいい。
本の作りも堅苦しくなくて作品の雰囲気に合ってる。
帯にきらりと光る『芥川賞受賞』
本屋でも平台の一等地を占領。
ヤパーリ芥川賞受賞作は違うな。

262 :りなる:02/02/15 11:56
 見苦しいので、髭はそったほうがよいと思います。

263 :吾輩は名無しである:02/02/15 14:04
髭の下に目が有ります

264 :吾輩は名無しである:02/02/15 18:08
今日電車の中で「ハハハ」を読んでいる女の人を見かけました。
決してオタではなく、髪の長いとても綺麗な人でした。
ベストセラー間違いなしですね。

265 :吾輩は名無しである:02/02/15 21:33
長の山に島が有ります

266 :吾輩は名無しである:02/02/15 21:35
↑長の山に鳥が有るのです。

267 :吾輩は名無しである:02/02/15 21:35
どこの板でも何々ヲタはキモイとかの言い合いですな
クラ板では「吹奏ヲタはキモイ」って俺から見たらどっちもどっちだけど

268 :吾輩は名無しである:02/02/15 22:34
>>367
>クラ板では「吹奏ヲタはキモイ」って俺から見たらどっちもどっちだけど

ワラタ。まさに、目くそ鼻くそを笑う。
世の中には、電車の中で本を読んでるだけでインテリと決め付ける人間がいる。
なんの本を読んでるかには関係なく。
「量子力学がよくわかる」という本を読んでいたら、文学少年とか言われたこと
があるよ。そいつからすると「本=文学」なんだろうね。

269 :吾輩は名無しである:02/02/16 00:16
ヲタは自分の好きなものをヲタの段階にとどめてしまうからヲタなんだよ。
いっそのこと仕事にしちまえよ。そしたらプロって呼んでもらえる。

270 :吾輩は名無しである:02/02/16 00:26
その点、長嶋はプロ中のプロだな。

271 :吾輩は名無しである:02/02/16 00:39
http://203.174.72.111/jan_vermeer/

272 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:39
正直、「傾向と対策」ないだろ、とオモタ。
そんなこと言ってるから純文は長閑で平和だと嘲笑われる。


273 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:40
丸山健二に殴ってもらおう!!

274 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:49
都知事に恫喝してもらおう!!

275 :吾輩は名無しである:02/02/16 23:50
田中真紀子にしゃぶってもらおう!

276 :吾輩は名無しである:02/02/17 00:12
長嶋くんに、トチジと二人きりの知事室で「芥川賞作家の長嶋です」と挨拶した後、
『猛ハハ』を朗読する勇気があるでしょうか。

277 :吾輩は名無しである:02/02/17 00:43
あるわけない。
文春の編集者が付いてきてくれればOKだけど。

278 :吾輩は名無しである:02/02/17 01:47
都知事の作品をひとつでも読んでれば、余裕です

279 :吾輩は名無しである:02/02/17 04:01
1=abe kasusige

280 :吾輩は名無しである:02/02/17 07:15
朝日新聞の書評でアホにアホなツッコミされてかわいそーだなぁ、とオモタ。

281 :吾輩は名無しである:02/02/17 14:07
龍のお墨付きより、都知事のお墨付きの方が、文壇では何かとやりやすそうだな。

282 :吾輩は名無しである:02/02/17 15:07
>280
どんなの?

283 :吾輩は名無しである:02/02/17 16:19
もうあんまり長嶋クンを虐めないで欲しい。
いいじゃないか、彼だってがんばったんだ。

284 :吾輩は名無しである:02/02/17 16:28
長嶋くん、カッコイイよ。
語り口は軽いけど内容は深くて、物語自体洗練されているし。
シビックで色とりどりのワーゲンを猛スピードで追い抜いてゆく母なんて、
とても素敵。サイドカーで正面をじっと見据える犬っていうのもクール。
抑制された文章で丁寧に描写してゆくその筆力は相当なもの。
今回、芥川を長嶋くんが獲ったのは、当然だな。
他の候補作とは、作品の次元が違うもの。

285 :吾輩は名無しである:02/02/17 16:48
いかにも年上の女性を神格化して憧れそうな顔してるな、ナガシマって。

286 :吾輩は名無しである:02/02/17 16:49
表紙が嫌だ、だからぜったい読まない。

287 :吾輩は名無しである:02/02/17 17:12
長嶋さんには落ちるところまで落ちてもらいたいと思います。
そしてコンビニで万引きをして捕まって欲しいと思います。
田代まさしのような最後を希望します。

288 :吾輩は名無しである:02/02/17 19:29
>>286
>表紙が嫌だ、だからぜったい読まない。

まったく同感。ありゃ滝田ゆうか!! 屑x100

289 :吾輩は名無しである:02/02/17 19:48
ちんこ臭そう

290 :吾輩は名無しである:02/02/17 19:49
みんな臭いが、長嶋は特に臭そう

291 :吾輩は名無しである:02/02/17 21:05
折れはあの装丁好きだな。
芥川賞受賞作のわりにはイバってなくて。
イラストも字体もグッド!
何より、あの硬くない本の感じがいい。
長嶋氏の作風に合ってるし、新しい時代の芥川賞にふさわしい。

292 :吾輩は名無しである:02/02/17 21:13
阿部スレにしろ長嶋スレにしろ
マンセはどうして厨房臭くて面白くないんだ。
もっと工夫しろ工夫。

293 :吾輩は名無しである:02/02/17 21:15
>>292 だって両方とも阿部ちゃんがカキコしてるんだもん。
似たような感じになるのは仕方がないよ!

294 :吾輩は名無しである:02/02/17 22:43
長嶋さ〜ん、自分で立てたスレ、放ったらかしにしないでYO
キチンとケツもってもらわんと
辻さんの立てたスレはさすがです
ピシッとすてきな返事が書き込まれていて
芥川賞とったからといって、自作自演スレ立てるの早すぎじゃ?
とはいいつつ、2作目でスピード受賞すごいです〜
うらやましいです〜
本発売されましたが売れ行きはどうですか?
私も作品読んでみたいので買うつもりですよん

295 :吾輩は名無しである:02/02/17 22:56
この間朝日夕刊で自ら「文学の王道」なんて自画自賛してたな。
朝日某編集者もノーチェックで垂れ流さすなよ。

296 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:00
>>295 阿部たんが? 懲りないやつだな。

297 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:41
関係ないけど阿部と長嶋合成するとナガシマカズシゲやんか(藁)

298 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:44
↑ちょとワラタ。 

299 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:50
長嶋には華がない。



300 :吾輩は名無しである:02/02/17 23:52
華のあるのはだあれ?

301 :吾輩は名無しである:02/02/18 00:58
>300
りさたむ。華々しいでびゅうだった。

302 :吾輩は名無しである:02/02/18 01:06
阿部は華があるな。
毒々しいけれど、全く無い長嶋よりはマシ。

303 :吾輩は名無しである:02/02/18 21:13
「猛ハハ」売り切れ店続出!
こりゃあ純文学久々の大ヒットだな。

304 :吾輩は名無しである:02/02/18 21:18
綿矢を抜いて20万は確実

305 :吾輩は名無しである:02/02/18 21:43
長嶋は俳句の人だから文章に無駄がなくて端正。
一言でいえば上品。そのあたりが受けてるのではないか。


306 :吾輩は名無しである:02/02/18 23:12
オレは無駄のある文章が好きだ。
小説は俳句じゃないんだから、
もっと雑音があってもいいんじゃないか?
物語と共にひねくれてく文体にわくわくする。
読みにくさをときほぐしてく難解さが好きだ。
ジグソーパズルをやるみたいに小説を読み、
砂のなかから砂金をすくう。
宝探しの課程を楽しませてくれ。
もっともっと無駄だらけの文章が読みたいよ。

307 :吾輩は名無しである:02/02/18 23:17
だけど芥川賞は長嶋を認めちゃったからね。

308 :吾輩は名無しである:02/02/19 14:20
賞貰える文を書くだけで、上等。

309 :吾輩は名無しである:02/02/19 17:27
you

310 :吾輩は名無しである:02/02/19 17:58
こんなんに受賞させるくらいなら阿部にいいかげん受賞させて
やれよゴラア!!(マジレス)

311 :吾輩は名無しである:02/02/19 18:00
欲しけりゃ文学界に書け!

312 :吾輩は名無しである:02/02/19 18:04
例えば5年後、どっちに才能があるかなんて一読瞭然だろうがゴラア!!
(もちろん阿部)

313 :吾輩は名無しである:02/02/19 18:09
芥川賞の金看板を持ってる長嶋は文学史に名前が残るが、
このままだと阿部っちは…。

しかし阿部っちは本当に芥川が欲しいのか?
普通、あれだけ落とされ続ければ、
「もう、いらん!」ってことになりそうだけど。

314 :吾輩は名無しである:02/02/19 18:22
五年後はどうだかわからんが、下手をすると
10年後にはどちらもいない気がする。
この二人で煽りアイをしなきゃいけないところが鬱だ。

315 :吾輩は名無しである:02/02/19 18:26
>314
まあ阿部は映画畑に戻っている可能性はあるな。文学界で始まった連載も
「映画覚書」ってエッセーだし。

316 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:37
>>315 そうかなあ? あれって茶川賞がらみで、「阿部くん、めげないでね、見放した
わけじゃないから」って感じの仕事じゃない? 文学界の。とりあえず死なない程度
に飼っておこうと。ばればれじゃん。タイミング良すぎ。

317 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:46
↑大正解(ppppp!)

318 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:47
だいたい長嶋氏は芥川賞作家、かたや阿部氏は温情で野間新人を貰えただけの不憫な作家。
どうしてこのふたりを並べてああだこうだ言うのか理解できません。
長嶋氏と阿部氏では既に作家としての格が違いますよ。

319 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:50
「覚書」イタイ。最初から逃げ逃げ。同人誌のコラムka?
馬鹿脚を著したって風情。yoiyoi""

320 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:50
↑コイツ阿部の小説ロクに読んでないと思われ。

321 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:51
温情で野間新人

322 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:54
>319
それでも確実にオマエより映画を観てると思うが?

323 :吾輩は名無しである:02/02/19 21:59
阿部は多分映画代が経費で落とせるのだろうな。

324 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:02
>318
うわ、権威でしか小説を定義できない典型的ドキュソだな。
こういうやつって数えるくらいしか本読んでないくせに
やたら語りたがるんだよな。

325 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:08
http://www.bk1.co.jp/cgi-bin/srch/srch_top.cgi/3b17b01927e5e0102c2e?aid=&tpl=dir/00/00000000_0016_0000000151.tpl

326 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:10
煽りにマジレスはやめましょう

327 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:11
はい

328 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:18
>>322 おいおい、素人相手に、しかも「数」で勝負ですかい?

329 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:19
俺、長嶋選手の小説読んでないんだけど、正直、母子家庭がテーマだか
ら読まない、もしくは、つまらないっていう人いる? 俺はそうなんだ
けど。なんか、女に媚び売ってるみたいで。小説も作者自身も。
とりあえず、阿部選手の場合そういうのないよね。
モテるブサイクより、モテないハンサムの方がいいよ。文学だよ。

330 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:23
>>328 エッセー書くくらいならそれなりの数こなしてないとマズいと思いますが何か?

331 :吾輩は名無しである:02/02/19 23:40
阿部なんかと比べられる長嶋サン、カワイソウ。

332 :吾輩は名無しである:02/02/19 23:42
とりあえず見た目は阿部チャンの勝ちだ。

333 :吾輩は名無しである:02/02/19 23:45
なんだかんだと自分の話題かよ。いい加減しろ。お前本当に馬鹿か?

334 :吾輩は名無しである:02/02/19 23:49
よほど阿部が憎いか。

335 :吾輩は名無しである:02/02/19 23:51

              ∩
             | |
             | |
             | |
             | |
       ∧_∧  | |    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ( ´Д`)//  <  先生! 阿部クンって2チャンネラーって本当ですか?
      /     /    \___________
     / /|    /
  __| | .|    | __
  \   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \
  ||\            \
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄
  ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
     .||              ||


336 :吾輩は名無しである:02/02/19 23:59
談合で賞獲ったやつだろ>長嶋

アイスダンスのロシアペアの八百長以上だな。

337 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:12
           ∧_∧
          (´Д` )    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /   \ <  おい!長嶋はただの車マニアなのか?
          ||  ||  \___________
          ||  ||
     __ //_ //___
    /  //  /
   /    ̄       //
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  ||
   || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||  ||
   ||    教卓     ||  ||
   ||           ||


338 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:22
ついに本格的に火がついたか・・・ケケケケ
男の嫉妬は哀れだなあ・・・でも面白いからもっとやれ。

339 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:33

            ノ ‐─┬       /
          ,イ  囗. |      / _ 丿丿
            |    __|    ―ナ′
                     /  ‐' ̄
              ,‐       /
            ナ' ̄       /   、___
     /      ノ`‐、_
    / _ 丿丿  _メ       | _/
  ―ナ′     〈__         X / ̄\
   /  ‐' ̄               / V   /
   /       \   l       レ ' `‐ ノ
  /   、___  Χ ̄ ̄〉
             \ 丿       /
              \          / _
                    ―ナ′__
     | _/       ̄ ̄〉     /   ,
    X / ̄\       ノ     /  _|
   / V   /             /  く_/`ヽ
   レ ' `‐ ノ  ―――'フ
              / ̄      ┼┐┬┐
               |          〈 /  V
              `−      乂   人

            ┼‐      |  ―┼‐
            ┼‐       |    |
            {__)      |   _|
                      |  く_/`ヽ


340 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:36
いまだに学歴低い云々を言うからイライラしますね、阿部は。
こいつほんとに馬鹿かと。じゃあ、受験勉強でもして大学入りなおせばって。
無理だろうけど。現代国語で落ちるって。
でもって文学部スレとかで荒らしてるし。おそろしき奴隷根性。

中上云々、笑止。

341 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:38
すごい妄想だな。

342 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:39
>>339 ワラタ。

343 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:46
>>338 どっちのこと言ってるのかよくわからないんだけど・・・
芥川賞つながり以外で長嶋と阿部を並列させて語る意義はないよね。まあ、ネタスレ
なんだろうからこんなことカキコするのはいかんのかもしれないけれど。

>>340 そういうことは阿部スレにカキコしようね。

344 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:49

/|         |  |_____ΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦΦ||ΦΦΦ
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|                    ||
  |         |  |   / /|TTTTTT   TTTTTTTTTT||TTTTT
  |        /\ |  /|/|/|^^^^^^ |三三| ^^^^^^^^^^^||^^^^^^^
  |      /  / |// / /|
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/         Λ_Λ
/|\/  / /  |/ /           (___)
/|    / /  /ヽ            /〔 祭 〕〕つ
  |   | ̄|  | |ヽ/l            `/二二ヽ
  |   |  |/| |__|/   Λ_Λ     / /(_)
  |   |/|  |/      ( ´∀`)   (_)    Λ_Λ
  |   |  |/      // /  ^ ̄]゚        (`   )
  |   |/        ゚/ ̄ ̄_ヽ         ⊂〔〔 祭 〕
  |  /         /_ノ(_)          ┌|___|
  |/          (__)             (_ノ ヽ ヽ
/                                (_)



345 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:54
>>343 あべうぜ。

346 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:55
まさしく自作自演なり。

347 :吾輩は名無しである:02/02/20 00:56
>>345 >>346 誤爆だって(藁

348 :吾輩は名無しである:02/02/20 01:21

    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    | 長嶋さん出番無いですね。
    | ┌────────────
  /|.∨| 不人気なんだろ ゴルァ!!
/|| .|  \_
| || .|     ∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄         ∬∬∬
| ||/    ∧∧   /  〔〕/ /  /|  .    ⊂二二⊃
|/      (,,゚Д゚)_∬__ ̄ ̄./ /! ̄ ̄! .|/...    |      |
    ∧_∧つ\_/  / / 彡 ⌒ ミ D     |___|
   (___´∀`)_∬__ |||/ /   (`Д´ )/ 〔 ̄〕〕  从从从./
   (  ]つ\_/[__| ̄ |     (--:-- ) .| ̄ ̄|`i゙i  ̄ ̄ ̄
   ⊆) /       |  |/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|   |/ ̄ ̄ ̄
/  (__ |二二二二二二二| ̄ ̄ ̄ ̄ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     ┻..|            |  / ̄ ̄  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
       |            |  | とにかく黙って買え、後悔するから
        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \__________


349 :吾輩は名無しである:02/02/20 01:32
芥川賞つながりといっても長嶋は受賞者で阿部は連続落選者。
阿部と本当に同列に語るべきなのは、同じく落選連続記録更新中で、
しかも長嶋以前は文学界一押しだった吉田修一だろう。

350 :吾輩は名無しである:02/02/20 01:33
吉田修一・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・読んでない。

351 :吾輩は名無しである:02/02/20 01:38
しかし不思議なのは、長嶋は芥川に捻じ込めて、どうして吉田は落ち続けたのか、だ。
同じような作風、同じような文学界の露骨なプッシュ、同じように龍の絶賛。
しかし結果は天国と地獄。文壇とはまことに不思議なところなり。

352 :吾輩は名無しである:02/02/20 02:38
龍といっしょに文壇も終わったんだろうよ……

353 :吾輩は名無しである:02/02/20 03:32
>>351
だって吉田はヘタじゃん。後味も悪いし。
気負いすぎっていうか、作風も安定してないし。

一人吉田粘着オタさんがいるみたいだけど、
身内?


354 :吾輩は名無しである:02/02/20 03:33
吉田は文庫化しないの?
そうしたら読もうと思うんだけど

355 :吾輩は名無しである:02/02/20 05:41
文庫化しまくってんだけど・・・・・・。
宮本輝の設定のパクリみたいな長編までかいちゃって。

356 :吾輩は名無しである:02/02/20 05:43
>>355
え?そうなの?知らんかった・・・

357 :吾輩は名無しである:02/02/20 06:39
宮本輝は創価学会だしね。

358 :吾輩は名無しである:02/02/20 20:11

  |         |  |
  |         |  |_____
  |         |  | ̄ ̄ ̄ /|
  |         |  |   / /|
  |        /\ |  /|/|/|
  |      /  / |// / /| 阿部長嶋祭り終ワッテタ・・・
  |   /  / |_|/|/|/|/|
  |  /  /  |文|/ // /     ∧∧
  |/  /.  _.| ̄|/|/|/      /⌒ヽ)
/|\/  / /  |/ /       [ 祭 _]    ∧∧
/|    / /  /ヽ         三____|∪   /⌒ヽ)
  |   | ̄|  | |ヽ/l         (/~ ∪    [ 祭 _]
  |   |  |/| |__|/       三三      三___|∪
  |   |/|  |/         三三       (/~∪
  |   |  |/         三三      三三
  |   |/                    三三
  |  /                    三三
  |/                    三三



359 :吾輩は名無しである:02/02/20 20:34
吉田、文庫化は一冊もされてねえだろ。

360 :吾輩は名無しである:02/02/20 21:17
もう芥川賞は「文藝春秋文学賞」に名称変更すればいい。
そうすれば文学界ばかりから受賞者を出しても批判はないだろう。

361 :吾輩は名無しである:02/02/20 22:37
今日の夕刊のコラムで、芥川賞が叩かれてた。
「猛ハハ」も一緒に。

362 :吾輩は名無しである:02/02/20 22:43
どこの新聞の

363 :吾輩は名無しである:02/02/20 22:56
そういえば載ってたな。
今回の候補作はすべて水準以下だと思ってたら受賞者が出たとか、
文学界に偏った候補作の絞込みがどうたらとか。

ちなみにうちは中日新聞。

364 :吾輩は名無しである:02/02/20 23:10
いいじゃん、商売なんだから。税金使ってるわけじゃねえだろう、芥川賞
なんて。

365 :吾輩は名無しである:02/02/21 00:11
>363
新聞のうちに入りません

366 :吾輩は名無しである:02/02/21 00:14
>>364 大正解。オリンピックの判定にムキになってるやつらと同じ臭いを感じます。
何を勘違いしてるんだか。

367 :吾輩は名無しである:02/02/21 00:22
要はただの権威主義者。劣等感強い分だけ、受賞したらぶんぶん勲章を
振りまわしだすぞ。芸術とはまったく正反対の行為ってことに気づいていない
オタ作家どもイタイ。皮かぶった超保守主義者たち。

368 :吾輩は名無しである:02/02/21 00:25
長嶋さんは皮かぶってるのかな?

369 :>>367:02/02/21 00:28

                  ,イ^i                   l
                 ,イ::::  l               __  _l
                /::::::::   l                 ,. |
               /::::::::::    {       /|     __/ __|
             /::::::::    _`-、_  /:: {
            /:::::::::::   < 。\    ̄  __ l     ___  l
           ./:::::::::::    r  ̄ ̄ :::::::..... <。゙yi         /
           /:::::::::::      人   :::::::::::::::. ̄、{      \ ´,
           |:::::::::::.       l __`ー-、.__,,.ノ!  !       `'´ ,
           |::::::::::::.        \ ..`..____' /  |      ─ r‐┘
           .l:::::::::::::.       \:::::::::::::::::::::/   /        ’  ,
           ヽ::::::::::. ___    \_ ̄~^/   ,/     ───┘
             \::/`ー---‐^ヽ    ゙`='   /      _ _l
              l:::      l         /           ’  l
         _ /,--、l::::.      ノ       l         ̄ .| ̄
     ,--、_ノ:: `ー'::   、ミー---‐,,l        \         ___l
    ,/   :::         i ̄ ̄  |         \
   /:::::::.        l:::    l:::::::   l           \        l
  l:::::::::::.   l:::    !::    |:::::::   l            \   __ _l
  |:::::::::l::::  l:::    |::    l:::::     l              l     |
  |::::::::::l:::.   }:::   l:::::,r-----    l               l  __ノ
  ヽ::::::::l::::   ト:;;;;;;;/-/__...........  /                 |     |
  /\::::`ー‐'  / l__l;;;;;;;;;;;/                    |
/   `           /                        __|


370 :吾輩は名無しである:02/02/21 00:30
ほんとマメだね〜(藁 

371 :吾輩は名無しである:02/02/21 00:35
>>365
天下の中日ドラゴンズの親会社をバカにするな!

372 :吾輩は名無しである:02/02/21 00:36
はやく賞くださいよ〜ペコペコスリスリ

373 :吾輩は名無しである:02/02/21 01:01
>>368
皮かむりどころか、童貞かもな。

374 :吾輩は名無しである:02/02/21 01:04
>>368
>芸術とはまったく正反対の行為ってことに気づいていない
>オタ作家どもイタイ。

文学は芸術じゃないですから。


375 :19:02/02/21 01:14
ああ、そのエピソードね。ある外人が出した手紙の宛名っていうやつの。
でも映画板の「蓮見」にせよ、ここの「蓮実」ってのにも、
ネタっていう側面は感じられないYO!前者は無知から出た厳密な間違いだ
ろうし、後者は漢字変換を怠った愚鈍な一例という雰囲気が濃厚だ。
勿論その誤記に見合ったヴァカなカキコをすれば、それはそれでイイのかも
しれないけれど、ただこのスレッドは正字なので思わず良かったと思っただ
けでね。。。

376 :吾輩は名無しである:02/02/21 02:02
↑?

377 :吾輩は名無しである:02/02/21 02:30
違うって(藁 デムパだな、みんな。漏れもだが。

378 :吾輩は名無しである:02/02/21 04:12
「金持ち喧嘩せず」というか、芥川賞もらいそこなって妬みで一杯の阿部
と違って、長嶋は受賞したから、どんなに叩かれたってなんともないよ。
芥川賞受賞の事実は一生消えないし。

379 :吾輩は名無しである:02/02/21 04:50
>>378
そうそう、そしてそのまま消えるんだよ。
芥川賞もらったばかりに消えてった作家のように。

380 :吾輩は名無しである:02/02/21 05:34
「芥川賞受賞者一覧」からは消えないが、作家としては消えるということか。
ややこしいな。
「ノーベル賞受賞者リスト」には残ってるが、世界文学史上からは消えた文学
者も多いからな。第1回受賞者のシュリ・プリュドムをはじめとして。
第1回でも第2回でも受賞できずに死んだトルストイは、世界文学史上に残っ
ているが・・・。

381 :吾輩は名無しである:02/02/21 16:42
>373
さすがに嫁がいて道程のはずはない。

382 :吾輩は名無しである:02/02/21 17:13
目取間俊のほうがいいな。

383 :吾輩は名無しである:02/02/21 18:23
>>381
長嶋ってケコーンしていたノカー!!!
いかにも独身という雰囲気を漂わせているが。
奥さんはどんなのなのかな。

384 :吾輩は名無しである:02/02/21 21:30
有ちゃん

385 :吾輩は名無しである:02/02/21 21:53
なんだい?

386 :吾輩は名無しである:02/02/21 22:56
この人、本名?
名前と顔の雰囲気が違いすぎるんだけど。

387 :吾輩は名無しである:02/02/22 00:05
長嶋有が昔、勤めてたシャチハタにいる知り合いに聞いてみたけど
そんなやつ知らないって言ってたなあ。印象が薄い人みたいだね。

388 :吾輩は名無しである:02/02/22 00:09
長嶋肩甲。

389 :吾輩は名無しである:02/02/22 18:24


390 :吾輩は名無しである:02/02/22 18:58
>>387
シャチハタだって社員いっぱいいるんだから・・・

391 :吾輩は名無しである:02/02/22 19:09
嫉妬だだ流しだな、はずかしい奴等。

392 :吾輩は名無しである:02/02/22 21:49
芥川賞は獲る場合と貰う場合があるように思えるが、
長嶋は間違いなく前者だな。

393 :吾輩は名無しである:02/02/22 22:00
だいたい芥川賞が嫉妬の対象になることがおかしい。

394 :吾輩は名無しである:02/02/22 22:01
そんなんは芥川賞貰ってから言おう。

395 :吾輩は名無しである:02/02/22 22:49
実際手に取ってみろって、「猛スピード」でも「クチュクチュ」でもいいから。
少なくともオレのイメージする単行本じゃあないな。
まるでタレント本だよ。さすがに買う気は起きなかったな。
今回の芥川賞は今やってるソルトレイク・オリンピックみたいだ。
はっきりとはいえないがモヤモヤしたものが残る。
イヤな感じだ。

396 :吾輩は名無しである:02/02/22 22:55
そーいう話ならわからんでもない。

397 :吾輩は名無しである:02/02/22 22:57
↑漏れもそう思うが、そういうこと言うと、また>>364>>366みたいに言うやつがいるんだよ。
なんか面倒くさい。。。

398 :吾輩は名無しである:02/02/22 23:04
長嶋有って川上弘美が受賞したパスカル文学賞に応募してたんだね。一応、
優秀作品には入ってるけど、最終選考には残ってない。

399 :395:02/02/22 23:15
>>396 >>397 即レス、サンクス!
うん、そうかもしれない。でもそういう人が、自分の鑑識眼に基づいて
発現しているのであれば、それは一つの意見として聞くべきものだとは思う。
「自分」でおもしろいと思うのならば。しかし賞もらったんだからスゴイの!
スゴイはずなの! というんでは情けない話だ。
あんなのより、オレの書いたものの方がずっと面白い、と誰も言わないのが、
不思議だ。今回の賞はそういう「裸の王様」にでてくる無邪気な子供探しのための
餌なんじゃないかとすら思えてしまう。

はっきりいってしまうと、長嶋有の小説はあまり面白くない。
オレにとっては。新しくない、深くない、文章が凝っていないなどという
のではなく、もっと根本のところが違っている気がする。

長嶋有の小説は、隅から隅まで長嶋有のものであって、それ以外のもの、人、
世界をかいま見せてはくれない。まさしくライターの仕事であって、それ以上でも
それ以下でもないという印象が強い。まだ2作しか読んでいないが、
これから大化けはしないのではないか。そんな気がする。

400 :吾輩は名無しである:02/02/22 23:22
良く分かる。その読みは正しい、と思う。

401 :吾輩は名無しである:02/02/22 23:42
それか、なんだかあの人の小説に感じてしまう不満は。<399


402 :吾輩は名無しである:02/02/22 23:49
>>399
>不思議だ。今回の賞はそういう「裸の王様」にでてくる無邪気な子供探しのための
>餌なんじゃないかとすら思えてしまう。

ハァ? 「裸の王様」に出てくる、日本の殿様みたいな王様の絵って、無邪気な子供探し
だろうか? それに餌じゃなくて絵だよ。2ちゃんねるで変換ミスを言ってはいけない
かもしれないけど。


403 :吾輩は名無しである:02/02/23 00:43
>>402
餌で合ってると思うけど? 「えさ」って読むんだよ、わかるかなあ?

404 :吾輩は名無しである:02/02/23 00:48
♪わからんちんどのとっちめちん、とんちんかんちん一休さん=402<

405 :吾輩は名無しである:02/02/23 02:01
>402
はいはい

406 :吾輩は名無しである:02/02/23 02:59
>1
スレの立て方が厨房。キチッと立てて、中味のカキコで
正面きって論陣をはらなきゃ、何を言っても
所詮は無名者のゴマメの歯ぎしり、第三者が納得して読むことはない。

407 :吾輩は名無しである:02/02/23 06:27
2CHだからそれでいいのだ

408 :吾輩は名無しである:02/02/23 09:08
>>406
このスレそのものが別のアフォ作家の立てたネタスレなのだ。
最初から読んでみてね。

409 :吾輩は名無しである:02/02/23 10:20
煽ったり、自作自演したりしないで、
そうしないと満足させられないore 自分自身をちゃんと書けばいいのに。
周りや偉い人の思惑に先回りしようとしないで、
自分自身に対する批評性が無いんだよなドチラニモ。


410 :吾輩は名無しである:02/02/23 13:49
論陣…ロンジン…ろんじん…\yd@y


411 :吾輩は名無しである:02/02/23 23:38
申し訳ないが長嶋の顔も芥川賞も忘れかけてるな。

412 :吾輩は名無しである:02/02/24 02:05
ところで売れてるの、あそこまでして、


413 :吾輩は名無しである:02/02/24 02:36
hey,you.

414 :吾輩は名無しである:02/02/24 08:58
>>412
現在、八万部とのこと。

415 :吾輩は名無しである:02/02/24 12:55
長嶋氏はまさに時代に求められている作家だ。

416 :吾輩は名無しである:02/02/25 23:05
「猛ハハ」売り切れてた。
唯川とあかねは積んであるのに。
もともとあの二冊ほどは刷ってないのかな。

417 :吾輩は名無しである:02/02/25 23:15
唯川はおもいっきりの在庫処分でしょ。
でも売れそうだな〜ああいうの。
寂しいOLとか買いそうだよな〜

猛ハハは・・・まじオバサンたちが読んでます。けつのきょく、おばさん小説
でしょ、あれは。

418 :吾輩は名無しである:02/02/25 23:21
この人、最近の芥川賞作家としては平野級なのかな?
それともゲンゲツ級なのかな?

419 :吾輩は名無しである:02/02/25 23:26
長嶋の本は一位だね。
芥川賞が文芸書部門で一位になったのって、
ひさびさじゃないの?
いままでなら入っても下位で二三週で消えてた。
でもって直木賞の二作も二位三位あたりにつけてる。
去年あたりからかなあ、
文芸書のセールスがジワジワとあったまってきた気が。
川上弘美や綿矢りさの登場もあったし、
田口ラソディの盗作問題もしかり、
結局、業界を活性化させるのは、
玄人集団の物量作戦やヘタな仕掛けじゃなくて、
スター性のある作家がひとりの登場でいいんだなと認識したよ。
さらにそのスターを際立たせるスキャンダルまみれのスケープゴートが
ひとりいれば完璧。
そして100人のかませ犬。でもって、このヒエラルキーでは、
2ちゃんの住人は100人のかませ犬の下だな。

420 :吾輩は名無しである:02/02/25 23:29
>>419 よくオッチしてるね、ベストセラーリスト(藁)

いずれにせよ業界全体が活性化されるのはいいけど。
不況で映画が盛況ってのと近いのだろうか?

>2ちゃんの住人は100人のかませ犬の下だな。
そういうエラソカキコするやつはそのまた下だよ(激藁)

421 :吾輩は名無しである:02/02/25 23:39
不況で金がないから、
安い食材で心身をあっためてくれる鍋物が受けてるんだね。

422 :吾輩は名無しである:02/02/25 23:43
>>421 まじそういうことだと思う。

423 :吾輩は名無しである:02/02/26 00:36
1位かあ。
長嶋ファソとしては喜ばしいことだな。


424 :吾輩は名無しである:02/02/26 00:45
まさに長嶋氏は純文学の救世主。
文学の王道を行く正統派作家。

425 :吾輩は名無しである:02/02/26 00:51
>>424 読んでないけど俺もそう思う。

426 :吾輩は名無しである:02/02/26 00:53
きっと次世代を担う作家になるんでしょうね。
まんせー

427 :吾輩は名無しである:02/02/26 00:55
っていうか既に担ってるよ。

428 :吾輩は名無しである:02/02/26 01:07
担って潰れてしまいました。

429 :吾輩は名無しである:02/02/26 01:09
茶川賞って、もうちっとは前衛つか新しめの作品を選ぶと思ってたのにな。
保守化激しい世の中鬱。

430 :吾輩は名無しである:02/02/26 01:12
いまどき俳句をひねる二十代の男が書く小説なんて、充分新しいと思う。

431 :吾輩は名無しである:02/02/26 01:16
>「俳句をひねる二十代の男が書く小説」
それは「珍しい」んであって、「新しい」、じゃないの。

小林恭二とかもいたろう、それに。


432 :吾輩は名無しである:02/02/26 03:34
俳句をひねるひとがいたんだね。なみへいみたい

433 :吾輩は名無しである:02/02/26 21:34
鼻粘膜に 黄色い膜の 春来たれり (桃色亭)

434 :吾輩は名無しである:02/02/26 21:43
柿食えば 蛙飛び込む 蝉の声 

435 :吾輩は名無しである:02/02/26 23:11
長嶋や ああ長嶋や 長嶋や

436 :吾輩は名無しである:02/02/26 23:14
君達15年以上前に事務所の屋上から
飛び降り自殺をしたアイドル歌手がいたのを
覚えているだろうか?
http://www.ne.jp/asahi/o/ryu/yukkoFOCUS1.htm




437 :吾輩は名無しである:02/02/27 00:22
>>436
なつかしい。
というか、岡田有希子の自殺現場を載せたフォーカスとフライデーをいまでも
保存してあるよ。
死体だからっていわゆるグロ画像と一緒にさせられたらかわいそうだ。

438 :吾輩は名無しである:02/02/27 00:43
アイドルと 呼ばれし君に 再会す 舗装歩道に 咲かせた一花 (桃色亭) 

439 :吾輩は名無しである:02/02/27 00:52
>>436 開いちゃった。夢に出そう。合掌。南無阿弥陀仏。

440 :吾輩は名無しである:02/02/27 00:58
死ぬのはよそうと思ったよ

441 :吾輩は名無しである:02/02/27 01:05
重力から 解き放たれて 落下してゆく 君が見たのは 空・人・花・闇 (桃色亭)

442 :吾輩は名無しである:02/02/27 01:20
なんか悲しくなってきた。自殺はやめよう。せつなすぎる。

443 :吾輩は名無しである:02/02/27 01:24
悲しいよ 悲しいよったら 悲しいよ
自殺はやめよう せつなすぎるよ

444 :吾輩は名無しである:02/02/27 01:25
みんなで祈りましょう。マジに。

445 :吾輩は名無しである:02/02/27 01:29
>>444 禿同。午前1時30分から、1分間黙祷します。自らの命を断ってしまった、
すべての人のために。

446 :吾輩は名無しである:02/02/27 01:33
愛してる その一言が 言えなくて 面影滲む 鎮魂の鐘

447 :吾輩は名無しである:02/02/27 15:57
夢誘う 君の瞳に 吸い込まれ 我を忘れた 十七の夏  

448 :吾輩は名無しである:02/02/27 21:12
肉欲の 熱き滾りに 身を焦がし けふも通いし 個室の銭湯

449 :吾輩は名無しである:02/02/27 21:13
長嶋のスレが…

450 :吾輩は名無しである:02/02/27 21:16
長嶋の スレがいつしか 俳句スレ
ネタがないから 仕方なしかな

451 :吾輩は名無しである:02/02/27 22:01
ひどすぎる 芥川貰って 長嶋は 我が世の春を 謳歌してるのに

452 :吾輩は名無しである:02/02/27 23:39
消しゴムを わざと忘れた 幼き日 隣のあの子は 今は何処に

453 :吾輩は名無しである:02/02/28 00:02
あー、つまらん

454 :吾輩は名無しである:02/02/28 02:34
うららかな 春の日差しに 誘われて
母が走るよ 猛スピードで

455 :吾輩は名無しである:02/02/28 07:36
10万部突破!

456 :吾輩は名無しである:02/02/28 07:37
公称でしょ?>>455
七万ぐらい刷ってて、実売は半分かな。

457 :吾輩は名無しである:02/02/28 08:21
いったいどれぐらい売れれば、
編集者や出版社に迷惑がかからないレベルなの?
長氏のような売れ線狙いの場合。

458 :偽イタロ・カルヴィーノ:02/02/28 10:44
ふつうは7000部でトントン。
今回は宣伝費が大きいので25000部で迷惑かからず。

459 :吾輩は名無しである:02/02/28 11:02
じゃあ長嶋は恩は返したと見るべきか
七万部なら。
そして収入七百万
文春には6300万
利益はそんなに残らんかな
時期も時期なので
ベストセラー作家になるかならんかだね
川上的10万部固定読者狙い作家になってくのかな

460 :吾輩は名無しである:02/02/28 11:04
いや、龍への上納金とか
いろいろ見えない金があるから
もちょっと売れて欲しいだろう

461 :459 :02/02/28 11:06
↑和重発見

462 :吾輩は名無しである:02/02/28 16:18
あかね空 肩越しの恋人 横に見て 猛スピードで 母は追い抜く

463 :吾輩は名無しである:02/02/28 18:05
なんかいいかも

464 :吾輩は名無しである:02/02/28 19:25
そして猛スピードで忘れ去られて欲しい

465 :吾輩は名無しである:02/02/28 20:28
>>461 ほんとだ(プッ

466 :吾輩は名無しである:02/02/28 21:45
>464
心配するな。来年の今頃はみんな忘れてる。


467 :吾輩は名無しである:02/02/28 22:50
次に長嶋が書きそうなモノでも予想してみようぜ。
父子家庭、母子家庭ときてるから、次は子供の王国か?
あれだけ龍に「家庭の事情」と持ち上げられてるからな、ライターの習性からすれば
ガラッと違うモノは書けないだろう。


468 :吾輩は名無しである:02/02/28 22:51
セイライとかゲンゲツとか…
本出てるのか?

469 :吾輩は名無しである:02/02/28 22:54
>467
交通事故で両親を亡くした小学生の女の子(いとこ)と、
二十代後半の主人公(男で彼女有り)との交友物語。

470 :467:02/02/28 23:14
>>469
いいとこツイてるなあ。プチロリータだね。

こうなると主人公と彼女がセックスしてるシーンは必須だな。
あと女の子は学校で先生にいたずらされてるか、いじめをしてる側にしよう。
主人公の彼女の職業は婦人警官か自衛官なんかがイイと思うがどうだろう。

最終的に主人公と彼女と女の子は一緒に暮らすことになる。
主人公は女の子とのプラトニックな関係を中心に考えている。
主人公の彼女は女の子の中に主人公にも理解できない自分自身を見ている。
女の子は、彼らを理想の両親とすることを胸の中に誓っている。

バラバラな思惑が擬似的な家庭の形態を維持しているというところで終わるというのは
どうだろうか?

471 :吾輩は名無しである:02/02/28 23:16
>>469
すげえありそう。


472 :吾輩は名無しである:02/02/28 23:24
>>470
すみません、その小説書いて、
文学界新人賞に応募していいですか?


473 :吾輩は名無しである:02/02/28 23:28
長嶋にはアニキがいるんだろ?
次はきっと母子家庭の兄弟の話だと思うよ。

474 :467:02/02/28 23:35
>>472 もちろんイイよ。>>469さんもイイって言えばね。
きっちり書いて長嶋の鼻を明かしてやってくれ。

475 :吾輩は名無しである:02/02/28 23:36
>470
469だけど、女の子はいじめっ子だな。可愛いけどちょっと残酷なところがあったりして。
で、彼女の職業だけど、自分ならバリバリのキャリアウーマンだな。
証券会社の総合職とか。その代わり男は印刷会社の営業とかにしておこう。
で、男の趣味はプラモデル作り。


476 :吾輩は名無しである:02/02/28 23:40
>472
469だけど、折れもいいよ。
ただ、作家志望でもない折れにも思い浮かぶ話だし、
早くしないと長嶋が書いちゃうから急いでね。

477 :吾輩は名無しである:02/02/28 23:42
>>475
キャリアウーマンは陳腐だな、
第一長嶋にインテリは書けまい。
元自衛官でいまは警備員とかがいいと思う。
あと万引き監視員とか。
乗り物好きだから女トラックドライバーなんてのもありそう。
で、女の子をトラックに乗せて夜の高速を走るのさ。

478 :467:02/02/28 23:50
>>475 女の子はいじめっ子にする必要があると思う。
もちろん可愛いんだけど、ひどく残酷に、肉体的にも、精神的にも
いじめをする。ときおり見せる優しさが虐められてる方にもわかるので
憎みきれない。おかしな希望を持たせる残酷な優しさだ。そして女の子は
いじめをしたあとは決まって校庭の水飲み場で吐く。

彼女をキャリアウーマンにするのもいいとは思うけど、キャリアウーマンって
ちょっと色褪せてきてないか? 首切りの対象になるまでくたびれてる感じなら
賛成だな。

男の職業は考えてなかった。印刷会社の営業っていやに生々しいけど
>>469はこの業界に詳しいの? この業界の人なのかな。
プラモデルは「サイドカーに犬」にも出てきたな。
なにをつくらせようか? 普通にロボットなんかよりも
「蕎麦屋」、「峠の茶屋」なんかのジオラマシリーズ(あったんだよホントに)
などがいいと思うのだが。

ここまで決まってくるとあとはサブキャラだな。

479 :吾輩は名無しである:02/03/01 00:21
>478
別に詳しくない。ただ、男は冴えない奴にしたかったから、
ふと印刷会社の営業ってのが浮かんだだけ。
プラモというのも、それは別に木彫りの彫像でもよくて、
とにかく何かをコツコツと作るのが好きっていう男にしたかった。
で、彼女は、折れ的には、確かにキャリアウーマンは使い古されてるかもしれないけど、
なるべく格好いい女という設定にしたかったわけ。
経済的にも自立した女と、いまいち大人になりきれない男、
それに生意気でいじめっ子だけど、人一倍神経の繊細な女の子が絡んで、という感じ。

こういうのだと、478とはお話の設定が基本的に違ってしまうかな。

サブキャラは、小学生の女の子に密かに恋心を抱く同級生の内気な男の子かな。
で、そいつの相談に主人公の男が乗ったりして。。。

480 :吾輩は名無しである:02/03/01 00:32
いやサブキャラは、学級崩壊に悩む中年女教師です。

481 :467:02/03/01 00:33
>>479 ムリにまとめる必要もないだろ。メモみたいなもんだしさ。
ここに書き散らして、面白いと思った人に使ってもらえばいいよ。

出てくる人間が同じ年齢、同じ関係性でお話だけ違うっていうのも
おもしろかもしれん。雑誌の企画なんかにならんかな。

オレの場合サブキャラは学校の担任だな。子供を恐れている、壊れる
寸前の女教師。35歳くらいの設定だ。女の子にいたずらするのは
別の先生なんだが、女の子はこのいたずらはあまり意に介していない。
むしろホッとするくらいなのだ。この光景をのぞき見ている女教師が
脇役になる。いたずらしている男性教諭は顔も背丈も描写されない。
女の子にとっては誰でもいいからだ。

確かに>>469とは全く違った話になりそうだなあ。

482 :吾輩は名無しである:02/03/01 01:12
長嶋が女性に投影する理想像はヤンキー娘だから、
キャリアウーマンはない。
インテリの中年女教師とヤンキー娘の対立って構図かも。
ありゃりゃ、これじゃ平成夫婦茶碗の優香じゃん(w

483 :吾輩は名無しである:02/03/02 21:25
もう飽きられたのか、有よ……

484 :吾輩は名無しである:02/03/02 22:23
いやいや、これからもっと大きく羽ばたくのさ、Uは。

485 :吾輩は名無しである:02/03/03 02:16
猛スピードで進化していくんだろうな、Uは。

486 :吾輩は名無しである:02/03/03 21:21
Uとラソディは兄弟

487 :吾輩は名無しである:02/03/04 00:17
ぶっちゃけ、こんなお話が人々に勇気を与えるなんて、
随分ナメられたもんだな、一般人。

488 :吾輩は名無しである:02/03/04 03:45
もうちょっとユーモアとかセンスがある小説かなと思ってた。
なんか教科書に載っててもおかしくないよーな地味さだね。
子供視点だから複雑な内面を描かなくてもいいっていうのは逃げとしか思えない。
重松清なんか子供視点でも内面の葛藤をうまく幼い言葉を使って言語化するよね。
純文学にサービス精神は不要なのか?

489 :吾輩は名無しである:02/03/04 06:40
長嶋はサリンジャーが好きらしいが、
サリンジャーの省略が読者を得体のしれない不安に陥れるのに対し、
長嶋の省略は、読者に暗黙の了解を強いる凡庸なものでしかない。

つか、サリンジャーなんていう天才と比べるのが
そもそもの間違いだった。スマソ。

490 :吾輩は名無しである:02/03/04 09:22
>>489
龍だってそう。方法論でしか小説を書く術を知らないから可哀想。
小説を書かざるを得ない要因を外的なものにしか求められないというのは
小説家としては致命的だと思う。龍の今回の長嶋有への絶賛は
みっともないくらいの自己肯定の作業にしか見えない。

「僕がやってきたことは間違ってないよね?
 これでよかったんだよね?
 これからもずっとこうやってていいんだよね? ママ」

龍のいう「家族」とはいったいどういうもののことをいうのか
いまだに彼はその姿を示せないでいる。

491 :吾輩は名無しである:02/03/04 10:54
親がいたり子供がいたりするんじゃないの?

492 :吾輩は名無しである:02/03/04 17:51
本気で絶賛しているのかどうかは甚だ疑問である。

493 :吾輩は名無しである:02/03/04 18:19
どこかハルキっぽいので敵にするのはまずいかなあと

494 :吾輩は名無しである:02/03/04 21:52
長嶋も内心は龍に絶賛されるより慎ちゃんに褒められるほうが嬉しいだろうな。

495 :吾輩は名無しである:02/03/05 00:08
どっちもどっち。上手い人にほめられたい

496 :吾輩は名無しである:02/03/05 02:15
いやトチジの後ろ盾があった方がいろいろとやりやすそうだ。

497 :吾輩は名無しである:02/03/05 04:01
て い う か、 お 前 ら に 問 い た い

>>399の言う「裸の王様」はアンデルセン童話
>>402の言う「裸の王様」は開高健の芥川賞受賞作
>>403-405の発言は文学板の住人として、正直、恥ずべきものではなかろうか。

498 :吾輩は名無しである:02/03/05 06:21
>>495
そいや、春樹って新人の推薦とかしないね。
そういうところは頭いいね。

499 :497:02/03/05 08:18

みなには、俺の問いに 是 非 答 え て 頂 き た い !

新芥川賞作家を語るこのスレのレベルを知りたいのである。

500 :497:02/03/05 09:38
やっぱいいや。


501 :497:02/03/05 09:57
文学板って、馬鹿ばっかだな(藁

502 :497:02/03/05 10:27
231 名前:吾輩は名無しである :02/03/05 05:24
お 前 ら、 情 け な い な、 ほ ん と。

俺なんか東大法卒、現役司法試験合格を蹴り、院進学だが、
それでも、図書館所蔵の文藝でりさタンの受賞作読んだ時、実に嫉妬したよ。
まず、一気に読ませる文章が素晴らしいと思った。
そして、何よりも「みんなが思っていたが、言えなかった事」を強烈に表現する力。
これには頭が上がらない。
お前らも、そうなんだろ?
りさタンの文才を認めているんだろ? 学歴の嫉妬なんて情けないぞー。

503 :吾輩は名無しである:02/03/05 10:40
春だからねぇ

504 :吾輩は名無しである:02/03/05 11:05
春なーのにー

505 :吾輩は名無しである:02/03/05 12:21
ハルキのそういうとこ頭いいと思うけど、
なんかいけすかないとこでもあるのよねえ

506 :吾輩は名無しである:02/03/05 21:07
文藝春秋の新聞広告にUがでっかく写真入りで載ってた。
カックイイ!
あかね空の人より顔が大きく載ってた。
ビジュアル戦略か?

507 :吾輩は名無しである:02/03/05 21:38
ビジュアルって、あの面でか?

508 :吾輩は名無しである:02/03/05 23:00
しかしU、微妙に写真写りが良くなってきているような気がするのは漏れだけか?
やはりプロに撮ってもらうと違うのかな。

509 :497:02/03/05 23:19
すみませんでした。もう二度と来ません。

510 :吾輩は名無しである:02/03/06 00:08
>>497
どうでもいいが、単に空回りしてるぞ。あんた。

511 :497 :02/03/06 00:12
>どうでもいいが、単に空回りしてるぞ。あんた。

どうでもいいなら黙ってろ

512 :吾輩は名無しである:02/03/06 00:18
497=阿部? 

513 :吾輩は名無しである:02/03/06 00:29
やっぱネット好きの老作家は文学板よりも住民の多い板にばかりいくのだろうか

514 :497:02/03/06 00:56
おらおら、ホンモノの497、もう一回生き恥さらしてみようぜ!

515 :吾輩は名無しである:02/03/06 01:32
入れ歯の女とセックスしたいって新潮に書いてたね

516 :吾輩は名無しである:02/03/06 03:47
意味不明の煽りは、阿部。

517 :吾輩は名無しである:02/03/06 12:06
>516
新潮よめよ。書いてあるから

518 :吾輩は名無しである:02/03/06 22:02
>>515 モグモグってこと?

入れ歯を外した彼女の顔の下半分は、一瞬にして二十五歳ほど歳を加えたように見えた。
「もう、ひゃんまりしゃべれないよ。しゅごく、はなしじゅらいの」
彼女は小声でそう言うと、呆然と立ったままだった僕の足元に膝をつき、
僕のズボンのチャックを降ろした。

 ってこと?

 へ、変態……

519 :吾輩は名無しである:02/03/06 22:06
いずれにせよ長嶋にセクースネタは似合わない。
子供のほのぼの話がお似合い。

520 :吾輩は名無しである:02/03/07 02:21
497=402?

521 : :02/03/07 18:36
>>520
普通知ってるだろ。
全集読んでれば、開高も読むわけだし。

522 :吾輩は名無しである:02/03/07 23:17
>>521
全集読んでれば、って誰が?

523 :吾輩は名無しである:02/03/08 07:56
ハハハ十万部突破!!印税収入1200万も突破!!
長嶋はそんなに才能あると思わないから嫉妬しないけど、
お金は羨ましい、マジで。

ところで文学界での受賞対談、誰とやるのかな。やっぱドラゴンか?

524 :吾輩は名無しである:02/03/08 11:14
>>523
川上弘美とやってたよ。

525 :吾輩は名無しである:02/03/08 11:37
ネットにあがってるレビュウはどれも評判よくない。
なんか二作目以降は禿しく売れなそうなので気の毒だ。

とにかく受賞作を頑張って売りや>>523

526 :吾輩は名無しである:02/03/08 15:57
>523
今ごろなにをいってんの?

527 :吾輩は名無しである:02/03/08 22:48
長嶋、読むの疲れね?
読みやすいけど、読後ぐったりくる。

528 :吾輩は名無しである:02/03/08 22:50
こんにちは。
ミントメールというのをご存知ですか?
これはアメリカで運営されていて、登録者は企業の広告メールを1通受け取るごとに
月に10ドルもらえるというサービスです。
メールを受け取るだけで良いので英語が読める必要はありません。
もちろん登録料・維持費は一切かからないためノーリスクです。
興味のある方は以下の手順に沿って登録してみてください。

↓まずはこのサイトを開いてください。
http://www.MintMail.com/?m=2316004

ここから(sign-up)をクリックします〜!!そしたら加入画面が出ます。
下記の説明通り入力すればいいです。
(*がついている部分のみ正確に入力します。)
- First Name*: 姓 → TANAKA
- Last Name*: 名 → TAROU
- Company Name: 書かなくていいです
- Street Address*: 市区郡より →MINATOKU TORANOMON 1-2-3 SUMAIRUMANSYON 101
(住所は正確に入力して下さい。この住所に小切手を送ります)
- City*: 都市名 → TOUKYOUTO, JAPAN
- State*: そのまま
- Zip*: 郵便番号 → 000-0000
- Country*: 国 → JAPANを選択
- Phone*:電話番号 → 国家番号(日本):81 + 地域番号の前0を除いた電話番号
03-1111-1111 → 81-3-1111-1111,090-1111-1111 → 81-90-1111-1111
- Fax:書かなくてもいいです。
- E-mail*: メールアドレス(全てがメールで処理されるから正確に書いてください)
- Confirm E-mail*: メールアドレスもう一回入力
- Year of birth*: 出生年 → 1970
- Gender*: 性別 → Male(男性), Femaie(女性)
- Password*: 暗証番号 (6文字以上)
- Confirm Password: 暗証番号確認, 上記と同じ
- how do you want to receive commissions that you earn?プレゼント選択
*gift certificates(double$$) プレゼント券(2倍) *cash現金
- do you want to be notified when your referrals sing up?*あなたの会員が登録された場合お知らせしますか?
 yes を選 択
- 興味ある分野10個まで選択します。(10個以上だった場合、エラーになるから10個まで)

- Submitをクリックすれば画面に thank youというメッセージと一緒にあなたのID番号と
 暗証番号が出ます。そして5分以内にあなたのメールアドレスに加入完了のメールが届きます。



529 :吾輩は名無しである:02/03/08 23:43
>>528
こんにちは。
早速登録させていただきました!

530 :吾輩は名無しである:02/03/09 00:23
かんたんに儲かるはなしってあるもんですね。
おいしいので登録します

531 :吾輩は名無しである:02/03/10 13:09
ミントメールは有には不要

532 :吾輩は名無しである:02/03/12 19:36
猛飽きられたのか、有よ。

533 :吾輩は名無しである:02/03/13 00:30
今日はじめて本屋でぱらぱら見てみました。
行間が広くて、なんかお金がもったいない感じがしたんで
買わないで帰ってきました。
文庫にはどれぐらいでなるんでしょ?

534 :吾輩は名無しである:02/03/13 00:44
夏頃には文庫になるだろ、カドカワあたりで。

535 :吾輩は名無しである:02/03/13 15:05
>>534
ありがとう。夏頃ですね。
それまで買い控えます。

536 :吾輩は名無しである:02/03/13 22:30
いや、その前にブックオフに大量に並ぶと思われ

537 :吾輩は名無しである:02/03/14 00:52
ヒットした証拠だね

538 :吾輩は名無しである:02/03/14 01:15
ほんとに十万も売れたのかな。
だったら純文も捨てたもんじゃないね。

539 :吾輩は名無しである:02/03/14 01:43
ウソついても仕方ないんじゃない?
まあ公称ってのはあるかもしれないけど。
とにかく長嶋は文壇の救世主だな。
なんてったって傲慢と謙虚を両立させて頑張るらしいから。
素晴らしいよ。

540 ::02/03/14 18:57
よくわかんないけど僻み野郎。

541 :吾輩は名無しである:02/03/14 20:46
僻みだって。。。
なんで僻まなくちゃならないんだ?

542 :吾輩は名無しである:02/03/14 23:06
Uは泣く子も黙る天下の芥川賞作家。
僻んだって仕方ないだろう。

だいたい、どんな奴がUを妬むというのだろう。
読み手である我々と、作者であるU。
立場が全然違うのに。

543 :吾輩は名無しである:02/03/14 23:31
>>533
図書館で文芸春秋3月号を読めばよし。

544 :吾輩は名無しである:02/03/19 00:23
あげとく

545 :吾輩は名無しである:02/03/19 00:24
こっちをあげるなら誰か阿部のスレも曝してやれよ(W


546 :吾輩は名無しである:02/03/19 00:25
阿部と一緒にするなよ。
長嶋は芥川賞作家なんだから。

547 :吾輩は名無しである:02/03/20 23:25
>>546 芥川賞ってのはアマチュア作家の賞なんだろ?
そんなのもらって喜んでるんじゃしょうがないな。

548 :吾輩は名無しである:02/03/21 00:01
だって嬉しいもん。
これで死ぬときに「芥川賞作家の長嶋有さん」って言ってもらえるし。

549 :吾輩は名無しである:02/03/23 05:36
あげ

550 :吾輩は名無しである:02/03/23 14:21
有さん

551 :吾輩は名無しである:02/03/26 13:39
お〜い

552 :吾輩は名無しである:02/03/27 02:04
猛母と犬、読んだ。
良い作家じゃん。

553 :吾輩は名無しである:02/03/29 07:32
「良い」以上の何のコメントも出せないところが哀しいんだよ。
ヒラノ啓一郎のとこなんか見てみろよ。

554 :吾輩は名無しである:02/03/29 21:06
別に哀しくはねーけどな。

555 :吾輩は名無しである:02/04/01 21:42
http://www.webdokusho.com/rensai/sakka/michi09.html
目線が……

556 :吾輩は名無しである:02/04/03 00:10
有は超短編作家、
長いものは書かんぼうがええのう

557 :吾輩は名無しである:02/04/04 01:54
この人ってさー、エッセイで他の作家の名前を出すの好きだねー。
芥川賞の受賞の言葉で、ヘタレな先輩作家を皮肉って、
トーハンのエッセイでは、今度は坊主にケンカ売ってる。
たんなるお調子モン? それともなーんも考えてないの?

558 :吾輩は名無しである:02/04/04 02:11
そいや、萬さんの本の書評でも、
萬さんと自分をくらべて、自分のことばっか書いてたね。

559 :吾輩は名無しである:02/04/04 08:06
文學界に新作掲載!
芥川賞受賞第一作!
タイトルは「夜のあぐら」!

560 :吾輩は名無しである:02/04/04 11:39
有くんのエッセイのパターン。
→ちょっと意識しているそこそこの作家の名前をあげる。
→自分とくらべると相手はこんなにすごい!エライ!
→売り上げ、学歴、才能、オレってダメだなあ、地味だなあ、
→ま、オレはオレでいいか・・・
→(といいつつオレってなにげに芥川賞作家なんだよね、勝ちぃ!)

561 :吾輩は名無しである:02/04/04 15:04
有は芥川賞作家なんだからエバっていーんだYO!

562 :吾輩は名無しである:02/04/04 16:02
こいつ、絶対にヤな奴だと思うよ。
普通の神経だったら、芥川賞受賞の言葉で、
落選続きの吉田君の名前は出さない。
つーか、出せない。


563 :吾輩は名無しである:02/04/04 16:42
>>557
坊主に喧嘩ってどんなこと言ってたの?

564 :吾輩は名無しである:02/04/04 19:05
ほんと知りたい! 久々に立ち寄ってみたらもっともな意見が多くて興味再発。
特に560なんてズバリUの一番ヤなとこ指摘してくれた。

565 :吾輩は名無しである:02/04/04 20:19
>>563-564
http://www1.e-hon.ne.jp/content/sp_0031_naga.html

566 :吾輩は名無しである:02/04/04 20:52
この人ってたぶん何を言っても、何をやってもイヤミな感じを与えてしまう人なんでしょうね。
きっと作家になる前はずいぶんイヤな思いをしてきたのでしょう。バカにされたりとか。
だから、その反動なのでしょうかね。
こういう人が権威を持つと危ない、という見本のような人ですね。
ぜひとも次の芥川賞は、もう少し余裕のある人に獲ってもらいたいです。


567 :吾輩は名無しである:02/04/05 13:39
そこまでいやみでもなさそうだけど?
坊主云々の件も見たら拍子抜け。
権勢欲よりはお調子者(誰か書いてたね)の単純さを感じるよ。
朝日の囲み記事で、文学の「すきま産業」を自認してた覚えが。
そうやって上に取り入るのが狙いだ、とまでいうならあえて反論しないけど。


568 :吾輩は名無しである:02/04/09 21:27
夜のあぐら

569 :吾輩は名無しである:02/04/09 23:34
これだけ学歴低くて(東洋2部文学部)大したメッセージもなく斬新さもないのに
芥川賞を受賞できたとなると、
何かもの凄いコネでもあったんじゃないかと疑いたくもなる。

570 :吾輩は名無しである:02/04/10 01:15
ずぅーと疑っていてください。
誰も止めません。

571 :吾輩は名無しである:02/04/10 17:37
未だにこんなこと(>>569)言ってるやつがいるんだね。

572 :吾輩は名無しである:02/04/10 19:40
569で気に入らないのは学歴やコネより「大したメッセージ」の言葉だ。
村上龍がホメちぎっているとおり「母子家庭に勇気を……」のメッセージで
Uは浮上したわけだ。これって近年の公認文学・受賞映画の通弊になってる
PC意識丸出しのヒューマンメッセージ以外の何だろう?
思うにU本人はコネを使うような人じゃないよ。
ただ、習作・応募生活を経て文壇に好意的に迎えられただけに、
この幸運を失わないよう編集者や作家たちと仲良くしておきたい、
そんな気持ちがテーマ選びのあざとさに現れているんじゃないかな。
もっとも最新の作品についてはまだ何も知らないんだけど。



573 :吾輩は名無しである:02/04/13 12:21
10万部って、いくらくらいの収入かな?

574 :吾輩は名無しである:02/04/13 14:35
>>573
1238円*10%*100000部=1238万円
でも新人なので半額の619万円です。

575 :吾輩は名無しである:02/04/17 09:34
新人は半額なんですか?

576 :吾輩は名無しである:02/04/17 09:43
他人の懐を計算して楽しい?

577 :吾輩は名無しである:02/04/17 12:30
なんで新人は半額なの?

578 :吾輩は名無しである:02/04/17 17:41
眠たい

579 :吾輩は名無しである:02/04/17 19:19
表紙からしてつまらなさそう

580 :吾輩は名無しである:02/04/17 21:32
あぐら読んだ。
なんか様式が確立されててそれが鼻につくんだけど
だんだん気持ちよくなってきてしまった。
微妙にファンになりそうだ。

どうだ有がねたましいだろ。おまいら。

581 :吾輩は名無しである:02/04/17 22:34
なんで?

582 :吾輩は名無しである:02/04/17 23:13
べつに。
メニューは少ないけど、味は落ちない食いもん屋として
がんばってほしいよ。

583 :吾輩は名無しである:02/04/18 18:12
>>582 新人なのにもう中堅ねらいか? だったらさっさと定食屋の看板を上げレ!

584 :吾輩は名無しである:02/04/18 21:51
彼のHP、
もうちと華やかにしてもええんじゃないのか?

585 :吾輩は名無しである:02/04/18 23:16
>>584 同意
仮にも芥川賞作家なんだから、プロのデザイナーに頼んで
いっちょ「公式ページ」でも作ればいいのにね。
ネットに疎いおじさま作家なら公式ページがないのも頷けるが、
有ってパソ通時代からのネットジャンキーなんでしょ?


586 :吾輩は名無しである:02/04/18 23:22
でも別に見たくないでしょ?
つーかみんな見てるの?
ファソだねえ。

587 :吾輩は名無しである:02/04/18 23:33
HP見てるよ。宣伝が載ってるからね。
一応、芥川賞受賞から1年ぐらいは、インタビューなんかも
チェックしておきたいでそ。



588 :吾輩は名無しである:02/04/24 22:26
           __  `、
    ri  |i, -'"~ へ\ノへ __
    ll, -'~  // ⌒ヽ⌒ヽノ/
     {〉丶、/ イ/〃ハ `i、ヽ
    {/} } Y1 1l l   1| |ヽ \
    レ\ノ1l l |.| |1  jンノノノノ i、
    |ー'川, -'"~ ^{   ノナメノjjj川`、
    1川`i! イ'゚。|`、  r=、ノノノイト、)
    ノノノノハ ー-''    └゚ オmノ ・・・・あげる・・・・・
   ノノハ 弋 ""  _` "rイ木
 , -'/ノ  、`iー 、_  _ ,.. '~  ノ弋
  ノイ _,.‐、    `''ー−レ,i、
 / ,.'´   ー`i、-    '' ̄ jノ `、
   r . . :  ,. .   `''ー      i i
   i    |: : : . :..       ` 、
   i、    1 . .  '':         f
    、   l . . . : : : .    . ..:.: {
    `i、   1: : : : : : : :      ` ,
      l   |: : : : :         '
      `、   、、           、
       {   , \            、
       .i    i /       〃  \、
       {    Y             i、、
       ',    |: : :            'i ` 、
        、   l: : :  : :        : : 'i  ` 、
        ,   l                、λ`i、
        i   |          : : : ::   Uノノ八`、
        j´  .| : : : : : : : : 、    , ' _,,,.-―'''レ' `i
       ,.'´   !       `、_i,. '´_,,,.-―''''"l
    , -一   /   _,,,.−―''''" ,,,,--‐'''´ 1
    ニ==,,,,,,,--‐'''´,,,--‐''' / ̄       j
          l         ,        ,
          |        ,'        ,
          ;        ,        1





589 :変なコピペはやめなさい:02/04/27 05:15
あげ

590 :吾輩は名無しである:02/05/05 19:32
age

591 :吾輩は名無しである:02/05/06 01:03
ひge


592 :吾輩は名無しである:02/05/07 21:39
ひge

593 :吾輩は名無しである:02/05/09 20:48
age

594 :吾輩は名無しである:02/05/11 23:03
新作出ないな。早く次の単行本出してよ。
タダでさえ存在感無いんだから、次の芥川賞が発表になったら
あっという間に消えちゃうんじゃないかな。

595 :吾輩は名無しである:02/05/11 23:06
↑。ひge本人だろ!

596 :吾輩は名無しである:02/05/11 23:33
受賞第一作、ぜんぜん話題になってないね。大丈夫?

597 :吾輩は名無しである:02/05/12 01:35
だっておんなじなんだ門

598 :吾輩は名無しである:02/05/12 02:01
自分に対する批評的な視点のない奴はそうなるわな。
わかってるんならデビューさせなきゃいいのに。
新人殺しの出版社。

599 :吾輩は名無しである:02/05/12 02:11
関係ないけど、長嶋ってそのうち離婚するような気がする。

600 :吾輩は名無しである:02/05/12 02:27
えっ、結婚してたのかっ

601 :吾輩は名無しである:02/05/12 02:28
数年前に結婚してる。

602 :吾輩は名無しである:02/05/12 02:32
ふーん。
離婚したら、いい作品書けるカモね。


603 :吾輩は名無しである:02/05/12 03:44
やっぱ、芥川賞とるとモテモテなの?

604 :名無しさん:02/05/12 07:04
来年になれば印税ガッポガッポ入ってきて
きっとハワイで別荘暮らしなんだろうなー。
いいなー。

605 :吾輩は名無しである:02/05/12 11:40
>>604 その前に税金払わないとな。

606 :吾輩は名無しである:02/05/12 22:48
あそこの奥さんは、長嶋の才能を影ながら伸ばすタイプだとは到底思えまへん。
むしろ、長嶋の才能をちゅーちゅー吸っちゃう感じ?

607 :吾輩は名無しである:02/05/12 22:54
身内のこと言うのはやめましょう。
違反です。

608 :吾輩は名無しである:02/05/12 23:03
芥川賞とったからモテた、という話は聞いたことがないですね。
ま、いずれにせよ、次の芥川賞が発表になれば、長嶋有の
ことなど、皆忘れてしまいますし。

609 :吾輩は名無しである:02/05/12 23:44
印税でテリー伊藤みたいなロンパリ直せ。
テレビ写り、写真写り良くないと本は売れないよ。

610 :吾輩は名無しである:02/05/12 23:54
>607 反則です。と、言いたかったのかな?

611 :吾輩は名無しである:02/05/12 23:56
>609
テレビ出たの?


612 :吾輩は名無しである:02/05/13 00:02
>610
umu

613 :吾輩は名無しである:02/05/13 00:54
出身が俺の地元なんだよな…

614 :吾輩は名無しである:02/05/13 02:17
イイナー北海道出身の作家はー。
デッカイ道の大自然を描写しときゃ、
とりあえず文学っぽいもんなー

615 :吾輩は名無しである:02/05/16 15:00
あげるよ

616 :吾輩は名無しである:02/05/16 19:24
週刊文春に駄文書いてたね。さすが注目の新人。忙しいんでしょうね。

「すみれセプテンバーラブ」を一風堂のオリジナルで聴いた世代と、シャズナのカバーで
知った世代といると思うが、その狭間のカブキロックスのカバーで聴いた世代というのを
忘れてもらいたくない。
 勢いで「忘れてもらいたくない」と書いたが、嘘である。忘れたいのは僕のほうだ。(以下略)

ブハハ……

617 :吾輩は名無しである:02/05/16 19:59
まあまあ、皆さん。
ユウは文学界の泉麻人ということでいいとしましょうよ。

テレビ探偵団! なんつって…

618 :吾輩は名無しである:02/05/16 21:17
しかしUの歳だったら一風堂もリアルタイムだろ。

619 :吾輩は名無しである:02/05/28 14:06
いいから早く新作かけよ

620 :吾輩は名無しである:02/05/28 14:08
Uの歳だったら一風堂は微妙だよ

621 :吾輩は名無しである:02/05/28 14:24
芥川賞の古臭い体質を批判していながら、長嶋有の受賞を「芥川賞らしくない」と
批判する。まるで、ついこの間まで詰め込み教育を批判していた奴らが、学習内容
を削減した途端に、今度は「そんなんで大丈夫なのか?」と批判し始めた滑稽さと
まったく同じだ。

要は、他人のすることに何かケチをつけなきゃ気が済まない。そんなとこでしょう
が…。

622 :吾輩は名無しである :02/05/28 14:39
>>621
あんたもそのようだね。

623 :吾輩は名無しである:02/05/28 15:04
>>621
あんたのはケチ。
俺のは批判。
以上。逝ってよし!

624 :吾輩は名無しである:02/05/28 17:11
>>621
そこにないものを欲しがる人間の性癖が小説をかかせるのでしょう。
極まれに面白いものもでてくることですし、少々のことは大目に見ましょうや、
ご隠居。

あ、あと教育問題については、詰め込み教育も内容削減も問題点は
同じだと思うよ。子供の身に付かないって点ではね。
決して、正反対の方策ではないと思う。そのあたりは分かってていってるんだよね。
洒落なら良いけど、マジメに言ってるんなら相当頭悪いことになるから。

625 :吾輩は名無しである:02/05/28 17:40
>>642
身に付く身に付かないの議論など誰もしていないとオモワレ。
少なくとも学習内容が多い少ないといったことで世間は騒いでるとオモワレ。
洒落ならよいけど、マジメに言ってるんなら相当頭悪いことになるとオモワレ(w

626 :吾輩は名無しである:02/05/28 17:51
>>624
>そこにないものを欲しがる人間の性癖が小説を書かせるのでしょう。
極まれに面白いものもでてくるものですし、少々のことは大目に見ましょうや、

俺は作品批判などしていない。芥川賞及び長嶋有批判をしている人間の矛盾を
言っただけだ。その辺りちゃんと理解した上で言ってるんですよね?ご隠居?(w

あと教育問題については、あなたの意見はそれ自体理解できますし、共感もします。
しかし、俺の意見に対する反論ならばちょっと、と言うかかなりズレてると思いま
すよ。625が言ってるように、俺は学習内容の多い少ないの次元で騒いでる人た
ちを批判したんだよ。
わかってるならいいけど、でないと相当頭悪いことになるから。ご隠居!(w

627 :吾輩は名無しである:02/05/28 17:54
>>626 お! なんか、うれしそうだな?

628 :吾輩は名無しである:02/05/28 17:58
>>626
624には構わない方がいいよ
>>625
頭悪いとオモワレ

629 :吾輩は名無しである:02/05/28 18:11
なかよくしなさい!

630 :吾輩は名無しである:02/05/28 18:14
猛スピードで……

ケンカを楽しむ情緒も欲しいねえ

631 :吾輩は名無しである:02/05/28 23:58
>芥川賞の古臭い体質を批判していながら、
いったい誰が?そりゃン十年前の話でしょ。
春樹やばなな、詠美を受賞させなかった時代の。
いまなら、上の三人も確実に受賞してると思うよ。
古臭いんじゃなくて、最近は若者に媚びすぎ。人気、話題性優先。
批判はむしろそっちに向かってますよ。
辻、柳しかり、花村しかり、平野しかり、
古臭いんじゃなくて権威がなくなったんです。

>長嶋有の受賞を「芥川賞らしくない」と批判する。
これも間違いです。
ここ最近の芥川賞受賞作らしい軽さと小器用さ。読みやすさ。
そんなものをそなえてる長嶋は、もっともいまの芥川賞作家らしいと言えるでしょう。

長嶋が批判されているのは、権威を守っていた時代の芥川賞受賞作の、
完成度や技術面だけじゃない精神性、覚悟みたいなものがすっとんでるからゆえでしょう。

それこそ古臭い前時代の紋切り型の芥川賞批判を前提に、適当なことを語らないように。

でもって、少しは自分の目で見て、本を読み、人の言質に左右されないで、
いいものと悪いものを評価できる人間になってください。

632 :吾輩は名無しである:02/05/29 11:31
長嶋youみたいな作家は同じような作風しか無理だろ






小さく完成されてしまっている

633 :吾輩は名無しである:02/05/29 13:35
同じような作風じゃない作家って誰ですか?

634 :吾輩は名無しである:02/05/29 22:35
でもね、長嶋有の小説は読みやすいけれど、頭の中に絵がすぐに浮かんでくるのだけけれど、
ドキドキするなにかがないよ。批判するワケじゃないけれど、もちろん嫌いでもないけれど
最初から「おいしい水」みたいなスタンスを狙ってるよう。
作家にはなりたかったのだろうけれど、書きたいものがない人は作家になっても
仕方がないような気がする。

635 :吾輩は名無しである:02/05/29 22:36
↑久しぶり阿部ちゃん。お会いできてうれしいわ

636 :吾輩は名無しである:02/05/29 22:45
I LOVE U

637 :吾輩は名無しである:02/05/30 02:42
youと同じ文学界出身で、作風を変えて出してるやつ、いるじゃん
作風が変わっても、やっぱ、いいぞ、と思って読んでるけどな

638 :吾輩は名無しである:02/05/31 12:43
奔放さへの憧れ・・・・・・・
それ以外のことが書けるのだろうか?

639 :吾輩は名無しである:02/05/31 13:31
>637
いないよ

640 :吾輩は名無しである:02/05/31 18:11
>639が知らないだけ

641 :吾輩は名無しである:02/05/31 21:14
640が知らないだけ

642 :吾輩は名無しである:02/05/31 21:28
641も知らないだけ

643 :吾輩は名無しである:02/05/31 23:44
知らないだけ

644 :吾輩は名無しである:02/06/01 03:54
そして誰も知らなかった・・・・



名前を挙げてみろ。 違うと言われるだろうけど(w

645 :吾輩は名無しである:02/06/02 06:23
こんな 長嶋ゆうー 程度のスレで 遊ぶには 恐れおおいしめぐみなんだしね
(w を控えてしか ものを言えないやつには  教えてやんないよおほぉ(pu


646 :吾輩は名無しである:02/06/05 21:34
おーい。仕事してる〜?>有さん

647 :吾輩は名無しである:02/06/05 22:51
バリバリやってるぜ

648 :吾輩は名無しである:02/06/10 21:39
良くも悪くも、誰にも相手にされなくなってしまったね。


649 :吾輩は名無しである:02/06/25 21:22
俺を忘れるな。
芥川賞作家だぞ。

650 :吾輩は名無しである:02/06/25 21:56
>>648
その程度の作家だったんだもの、しょうがないよ・・・。

651 :吾輩は名無しである:02/06/25 21:57
猛スピードで消えて逝ったか・・・

652 :吾輩は名無しである:02/06/25 22:42
猛スピードで進化中ですけど・・・

653 :吾輩は名無しである:02/06/26 09:44
ダメだよ。文章が安定してないもん最近。つまんないし。
なんか焦ってんのかな。長編が書けないとか。
ま、べつに新作が出てももう読まないと思うけどね。

654 :吾輩は名無しである:02/07/04 03:58
今度の文学界に俳句が・・・
フォーメイション5−7−5ってなんかサカーの俳句だってさ

655 :吾輩は名無しである:02/07/04 04:41
文章が安定してないとか以前に、
自分の文体なんかあんのこの人?
茶川賞は時期尚早だったと思うに、10000万犬。

656 :吾輩は名無しである:02/07/04 09:34
さて、今日も文壇の期待を背負って仕事するか。

657 :吾輩は名無しである:02/07/06 03:47
そろそろU伝説第二章の幕開けだ

658 :吾輩は名無しである:02/07/06 03:49
Uは本当は見栄春ですか?

659 :吉田シュウイチ:02/07/06 03:51
U様へ

今後一切あなたの代筆は引き受けません。

660 :吾輩は名無しである:02/07/06 03:53
長編かいてよ

661 :ヨシダシュウイチ:02/07/06 03:56
U様へ

今回はボクの芥川受賞が既に内定しています。
今月末にはボクは大ブレイクしているでしょう。
もうあなたの代筆してる暇はないのです。


662 :吾輩は名無しである:02/07/06 06:01
この人、どんどんキャラがサムくなってね。サッカー俳句て・・・

663 :吾輩は名無しである:02/07/06 11:03
>661
もう何年そんな儚い夢を見続けていらっしゃるのでしょうか?
いい加減イヤになってきませんか?
毎年毎年、1月と7月に落胆するのって、辛くないですか?

664 :吾輩は名無しである:02/07/06 11:04
いえ。なれました

665 :吾輩は名無しである:02/07/06 18:59
ぼくは二回目で獲れちゃったので、その気持は全く理解できませんが、
まあ先輩、がんばってください。

666 :吾輩は名無しである:02/07/14 03:59
吉田修一の方が好き!
(大妻女子短期大学家政学科一年)

667 :吾輩は名無しである:02/07/14 09:30

何度「芥川賞候補」になっても落ち続けているような人と比べないで下さい。

668 :吾輩は名無しである:02/07/19 20:16
ちぇっ。
並ばれちまったな。

669 :吾輩は名無しである:02/07/19 22:37
まるで模擬試験結果を競っている予備校生のようだね。
お昼はコンビニのサラダうどんなんか食べていそうだ。
Uもシュウも。

670 :吾輩は名無しである:02/07/19 22:54
三十男を捕まえてそれはないだろ…

671 :吾輩は名無しである:02/07/19 23:04
いいなー、修一くんは、ボクと違って、都会的で、美男子だし、
でも、芥川賞とったのはボクの先だけど……

みたいなエッセイをまた書きそうなヨカーン

672 :吾輩は名無しである:02/07/19 23:09
>>670
でも幼稚な感じは否めないだろう。
世間は悪意に満ちている。それを無視するか、
強かにやり過ごすかは勝手だが、
なるべく正面に近い部分で受け止めてみようとは思わないのか。
うそでもいいから。

673 :吾輩は名無しである:02/07/19 23:13
純文学はあれでいいらしいから。。。

まあ、しゃあない。

674 :吾輩は名無しである:02/07/19 23:18
>>673
大人だね。ジュンブン卒業して何年くらい経ちますか?

675 :吾輩は名無しである:02/07/19 23:50
一応まだ読んでるけど。

676 :吾輩は名無しである:02/07/21 00:44
ああ良かった。
俺よりショボいヤツが次の受賞者で。
大物だったら霞んじゃうもんな。

677 :吾輩は名無しである:02/07/21 00:48
>>676 自分が消えかけていることがわからないのかなあ?
ガチャ目直せよ、U。

678 :吾輩は名無しである:02/07/21 01:05
今は新作を執筆中です。
イタリアやフランスを舞台にした大恋愛小説です。
(二ヶ月間アゴアシ付きで取材旅行に行ってきました)
ご期待ください。

679 :吾輩は名無しである:02/07/21 01:10
>>678 辻の真似か? ルックスを考えて欲しいというのが本音です。

680 :吾輩は名無しである:02/07/21 20:21
今回の受賞者とキャラが被ってるとか言ってる人がいるけど、
一緒にして欲しくはないなというのが本音です。

681 :吾輩は名無しである:02/07/21 21:32
>>680 アンタ、ユウなのか? それともシュウなのか?

682 :吾輩は名無しである:02/07/21 22:52
Uですけど…

683 :吾輩は名無しである:02/07/22 02:26
似てないっしょ。engineだかNAVIだかに出てた写真見たけど全然イメージ違うよ、
修一と。
修一ってただの文学屋でしょ?その先がなさそうな人間に見えるが。

684 :吾輩は名無しである:02/07/22 02:44
どっちもどっちしょ。
Uはそのうち児童文学とか書きそう。
シュウは、小説現代とかに行きそう。
どっちも純文学の土壌に撒かれて育つ種ではない気がする。
でも、最近そういうやつらに芥川賞やるの流行ってるよね。

685 :吾輩は名無しである:02/07/22 07:33
有の小説って限りなく子供向けじゃなくない?
ポルノに興味持つ子供はいても有の小説に興味持てる子供ってありえなくない?

686 :吾輩は名無しである:02/07/22 19:08
こいつの話は気合いが足りない。
何かが足りない。
それは書くということに対する姿勢だ。
文壇のおっさんとおばはんで
おままごとしてんじゃねーぞ!
死ぬくらいの覚悟で書きやがれってんだべらぼう。

687 :吾輩は名無しである:02/07/22 20:08
スマートじゃなさそうなのでやめておきます。

688 :吾輩は名無しである:02/07/23 05:06
どことなく春樹ちっく。誰も言わないけど。

689 :吾輩は名無しである:02/07/23 20:22
ヨシダの方がハルキチックだと思うがな

690 :吾輩は名無しである:02/07/24 20:24
いちいちヘタレな先輩と比べるのはやめてください。


691 :吾輩は名無しである:02/07/30 17:57


692 :吾輩は名無しである:02/08/05 21:00
わ                  

693 :吾輩は名無しである:02/08/20 23:23
オレを忘れるなよ

694 :吾輩は名無しである:02/08/31 13:37
    ∧_∧  / ̄ ̄ ̄ ̄
  ∧( ´∀`)< age
 ( ⊂    ⊃ \____
 ( つ ノ ノ
 |(__)_)
 (__)_)


695 :吾輩は名無しである:02/08/31 14:32
そのうち野垂れ死に。

696 :吾輩は名無しである:02/08/31 14:40
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1


697 :吾輩は名無しである:02/09/10 13:19
吉田もいいけどカレーもね。
西城秀樹あげ。

698 :吾輩は名無しである:02/09/10 14:52
ブクオフで売ってない。読んでみたいんだけどなぁ。

699 :吾輩は名無しである:02/09/17 23:10
ぼくを忘れないでね。
文学界で作品を発表したよ。
みんな読んでくれた?

700 :吾輩は名無しである:02/09/30 00:12
「バルセロナの印象」俺はいいと思った。
パークライフがヘボに見えたね。

701 :吾輩は名無しである:02/09/30 00:52
「パークライフ」売れてるねえ。
渋谷のブックファーストで三位?。
一二位はもちろん春樹で。
正直、なんで売れてるのかわからない。
読みやすいとはいえないし(吉田の作品のなかでは)。
内容だって90年代バブルの残り滓みたいで、
べつに最先端(風俗ネタは古びてるし)でもないのに、なぜ?

702 :吾輩は名無しである:02/09/30 01:07
Uは最近なんか書いてるの? 見かけないけど。

703 :toyaemiko:02/09/30 01:10
mannkokokokfoajkogjasogjoasmvbamsvalmgafklvb

704 :吾輩は名無しである:02/09/30 20:01
新潮10月号の「三十歳」 いまいちだった。
早くも自家撞着が垣間見られた。


705 :吾輩は名無しである:02/09/30 21:41
もうちょっと寝かしておいてからにするべきだったような気もする。
編集部のやり方として。


706 :吾輩は名無しである:02/10/03 01:25
ハピバスディ ケンコー
ふふ

707 :吾輩は名無しである:02/10/09 09:08
吉田とおれと文学的にどっちが上なんだよ。おい。


708 :吾輩は名無しである:02/10/27 12:10
ケンコー生きてる?
単行本買うよ。待ってるね。

709 :吾輩は名無しである:02/10/27 13:03
たとえ行き詰まって自殺しても、芥川賞を受賞しただけで一生の仕事はしたと
いえるだろう。

710 :吾輩は名無しである:02/10/28 22:54
そうだね。でもケンコーには死んで欲しくないよ。
もっと大きくなって欲しいと思う。
いつまでもお茶の間書いてないでさ。
なんていうか。
こぢんまりしたのはもういいから脱皮して欲しい。

711 :吾輩は名無しである:02/10/28 23:31
今度のテーマは世界的テロ組織とそれを徹底的に叩く多国籍秘密組織Gが
話の軸になる大長編スペクタクルらしい。ユウがんばれよ!

712 :吾輩は名無しである:02/10/29 00:15
すげー。期待むんむん。でも彼にそんな才能が(以下略)

713 :吾輩は名無しである:02/10/30 01:08
11/1オープンの公式サイトには、ぜひ掲示板付けてね☆有さん

714 :吾輩は名無しである:02/10/30 01:16
「猛スピード」は良い話だったが恥ずかしいですねぇ、
マザーコンプレックスをうまく包んだつもりで、
やっぱりタイトルがあれだから恥ずかしい内容に仕上がってしまっている、
この小説は今の時代に読まれるべき物語なのか?
母子家庭の理想的一面を浮かび上がらせているのかもしれないが、
結局母親は「猛スピードで」駆け抜けてしまってるだけじゃないか。
主人公がおとなしい少年だから良かっただけで、
彼もまたある「勝気」な一面を有していたら、
この家族の関係は成り立つのだろうか、という疑問が浮かんだ。





715 :吾輩は名無しである:02/10/30 01:24
疑問を投げかけてみたのだ

716 :吾輩は名無しである:02/11/01 13:23
なぜ結婚していることを伏せるのか。悲しい。

717 :吾輩は名無しである:02/11/13 17:50
>>716
アイドルだからさ。

718 :吾輩は名無しである:02/11/13 17:56
「タンノイのエジンバラ」

長嶋有著
文藝春秋刊
2002年12月上旬発売
ジャンル:小説

表題作ほか「夜のあぐら」「バルセロナの印象」「三十歳」四作収録。
表紙をあの高野文子氏が手がける。

719 :吾輩は名無しである:02/11/13 18:04
>>718 悪いが長嶋くんは題名つけるセンスがないね。
読もうと思う気が起きません。誰も何も言わないのかな。

720 :吾輩は名無しである:02/11/14 02:44
芥川賞作家だから言えないのさ

721 :吾輩は名無しである:02/11/16 11:29
この人のことは、もういいです。

722 : ◆xBMFVwwC0s :02/11/23 23:49
やりマン母さんは良かったよ。石原は馬鹿だから気にするな。

723 :吾輩は名無しである:02/12/06 02:10
保守

724 :暗黒式 ◆PSOs8oY2bg :02/12/07 18:20
>>81


725 :暗黒式 ◆PSOs8oY2bg :02/12/07 18:26
いいこと教えて上げようか
長嶋さんはMSXマニアで
ハードオフとか行っちゃう人だよ( ̄ー ̄)ニヤリッ

726 :吾輩は名無しである:02/12/11 00:17
MSXってなに?

727 :吾輩は名無しである:02/12/11 10:03
エッチっぽいな

728 :暗黒式:02/12/13 06:51
昔のゲーム機みたいなパソコン
ベーシックで動くらしい

729 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 00:59
いまさらでごめんなさい。
もともと僕は彼が文學界新人賞や芥川賞を受賞した経緯を知らず、
タイトルが気に入って単行本を読んだだけだったので、女流作家だと思っていたのです。
それだけ長嶋有は女性の内面を描くのが非常にうまいということです。女性読者の評価
が気になるところではありますが、デビュー作『サイドカーに犬』の主人公ののん気ぶ
りや芥川賞受賞作『猛スピードで母は』の主人公の母のおんなっぷりには男心をくすぐ
る色気を感じました。とはいえ別にエッチな意味ではなく、もっとほんのりとした純情
な恋心を刺激されたということです。『タンノイのエジンバラ』は金がなくてまだ読ん
でいないのですが、パラパラと立ち読みしてみたところ、やはり女性的なリリシズムに
満ちているような印象を受けました。

730 :吾輩は名無しである:02/12/16 01:40
>>729
>タイトルが気に入って単行本を読んだだけだったので、女流作家だと思っていたのです。
>それだけ長嶋有は女性の内面を描くのが非常にうまいということです。

あんたに女の内面が分かるんかい

731 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 03:49
>>730 そういう意味ではありませんよ。
だから「女性読者の評価が気になる」と書いたんです。

732 :吾輩は名無しである:02/12/16 04:03
>>731
いいわけするな
だいたい受賞を知らなかったわけが無いだろうが、
>>729は誰の言葉だ。
白々しいことするな。そういうこと書くから信頼されないんだ。
発言がいつもうそで塗りこめられてる
相手をだまそうとするし、自分を偽ってでも手前の姿を書き換えようとする
みんなうんざりするよ。


733 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 04:23
>>732 受賞は帯にも書かれていたので当然、知っていましたが、当時は文學界と
文藝春秋本誌に目を通していなかったので、彼の性別に気付かなかったのです。
誰の言葉とはどういうことでしょうか?

734 :吾輩は名無しである:02/12/16 04:26
>>731-733
おまえら夜更かししすぎ、
おれは早起きしすぎ、
仕事に行ってきます。

735 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 04:27
追伸です、作者の名前が「有」で、デビュー作が女の子の独り語りなんです
から、女流作家だと思っても不思議はないはずなんですが、それがどうして
そんなに白々しいと思うのか、理解しかねます。作者がどういう人物か知ら
ずに著書を読むことはそんなに珍しい事ではないですよね?

736 :吾輩は名無しである:02/12/16 04:29
>>735
うそつき

737 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 04:33
>>732 もしも僕の文章の出来がいいので誰かの選評をパクったものだろう
と思ったということなら、ここの『今週の新人賞選評』のなかの「阿刀田
高」「山田詠美」を騙ったおふざけ選評に目を通してもらえればと思います。
それはメール欄を見ていただければわかるように僕の手によるものです。
質の良し悪しはあるにせよ、ある程度の文学への造詣さえあれば、それなり
にまとまりのある選評は誰にでも書けるものなのです。

738 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 04:35
>>739 もしもそっくりな批評があるということでしたら、
それがどなたのものなのか教えて頂けませんでしょうか? 

739 :吾輩は名無しである:02/12/16 04:40
なに言ってんの、
工藤伸一が書いたレスで知らなかったなんて書いてあって
信用できるかって言ってんでしょ

ちまちま細かいとこチェックしてるやつが知らなかったわけ無いだろ

740 :吾輩は名無しである:02/12/16 04:41
まぁたしかにわかんねーな

741 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 04:45
>>730 ついでに言いますと、実際に山田詠美や吉本ばなな、江国香織、
川上弘美、室井祐月、綿矢りさといった、いかにも女性的といえるような
セクシュアリティに根ざした感性によって紡ぎだされた女流作家の作品を
紐解く内に、「女流作家的な作品」の印象はおぼろげながらも掴めてくる
ものです。僕が長嶋有を女性だと勘違いしたのは、そういった女流文学の
流れに連なる細やかさを読み取ったからです。それに僕は少女漫画もかな
り読んできましたから、少年漫画や青年漫画しか読まない男性に比べれば
女性的感性への理解は持ち合わせているという自負もあります。

742 :吾輩は名無しである:02/12/16 04:48
♂≠♀

743 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 04:51
>>739 いまは知ってますよ。だけど顔写真を見たのはデビュー単行本が出てから
ずいぶん経ったつい最近の事です。テレビや新聞の報道も知らない状態で「芥川賞
受賞」という帯の付いた単行本を書店で見つけて購入したんです。その後、彼のサ
イトの存在をここで知って、初めて男だということに気付いたんです。

744 :吾輩は名無しである:02/12/16 05:52
男の考える女というのは、まあ一義的な物だからね。
男の人で女の感性がわかるといってる人は、その一義的な面だけみてわかったつもりになってる人が多いだろう。
だいたい男の気持ちがわかるという女を君らは信用できるのかい?

745 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/16 06:35
>>744 そうなのかもしれませんね。しかし長嶋有が男だと知った今でも
僕の中には、女でないとすると彼はゲイなんじゃないかという疑念が渦巻い
ているのです。ところが先ほどここの過去ログを覗いてみたところ、既婚者
なんですね。エッセイも読んだ事がないので、はっきりした事はわかりませ
んが、そういう疑惑を持つ事はお門違いなのでしょうか? ちなみに僕自身
の女性観の中では、「男って奴は」などと得意げに語りたがるような女は、
それはそれで可愛げがあって好印象だったりするんですよ。

746 :吾輩は名無しである:02/12/16 06:39
この人、文、上達したねぇ。偉いよ。この短期間で。やっぱ才能あるんだ。見直した。

747 :吾輩は名無しである:02/12/16 11:27
>>746
上手くなったというより、
理想の設定値がほどほどなのだと思う。
本人の実力と目指す地点が釣り合ってる。
伸び悩むタイプではなく、飽きられるタイプか。

748 :吾輩は名無しである:02/12/16 11:32
>>746-747
工藤のことか長嶋のことかわからんなあ。

749 :吾輩は名無しである:02/12/16 17:43
工藤のことだったら面白い。個人的には工藤に有名になってもらいたい。
こういうやつはきっと何かしでかしてくれそう。

750 :吾輩は名無しである:02/12/16 17:50
>>749
立てこもり強盗とか無差別大量殺人とかなww

751 :吾輩は名無しである:02/12/16 18:16
デビィ夫人みたいになるよ。テレビで偉そうなことばっか言いそう。
頑張れ工藤。

752 :吾輩は名無しである:02/12/17 01:51
長嶋の新作って誰か読んだ? 買おうか迷ってんだよなー。

753 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/17 05:22
>>752 やっぱり買おうと思っています。デビュー作からほぼリアルタイムで読めて
いる現代作家はこの人と綿矢だけですから。ここ10年くらいの間にデビューした作家
の作品は全然読んできませんでしたもので、現在進行形文学の話題に疎いのです。
1冊だけ読んで気に入ったので他も読もうと探してみたらあまりにも作品数が多すぎる
ことを知り愕然とする事もよくあります。辻仁成と川上弘美がそうでした。

754 :吾輩は名無しである:02/12/17 06:51
>>753
ピラノタソも読んでやってくれ

755 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/17 06:59
>>754 まだ4冊ですよね。それとこの前の群像の中篇で全部でしょうか?
『葬送』を読むのに根気が要りそうですが、刊行のペースが遅いだろうから
間に合うでしょうね。来年は私小説で一冊出すんでしょうか。

756 :世紀のétudiante ◆JALx7HZTVo :02/12/17 07:29
葬送は冗長なところはあるにせよ、かなり面白い小説だと思う。
いや、確かにショパンの音楽会の場面とドラクロアの絵画描写の場面は
不要だけれども、それでも。
云い過ぎたな、かなりではないけれども中々面白いと思う。

ショパン ドラクロア サンドの好い面も悪い面も
苦悩も喜びも まあ、描けているし。
創作上の参考になるかもよ。

私小説は知らない、出すのかな? 
あと高瀬川もまだ未読 群像買いに行く暇が無い

757 :吾輩は名無しである:02/12/20 18:58
高橋源一郎は「葬送」は短すぎるって言ってたぞ
あの2倍はほしいって

758 :吾輩は名無しである:02/12/20 18:59
↑スレ違いスマソ                

759 :吾輩は名無しである:02/12/20 19:32
>>753
工藤は辻を気に入っていたのか。とてつもないセンスだな。
辻に尾崎って、いくらなんでもひどすぎる。

760 :吾輩は名無しである:02/12/20 19:35
川上弘美って少ないじゃん

761 :吾輩は名無しである:02/12/20 19:37
>>756
世紀のétudianteも葬送を賞賛するなんて文学の読み方が間違っているとしか言いようがない。
文学に拘ることが戦略になっている工藤とは別の意味で重症だ。

762 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/21 17:58
>>756 群像、昨日買って来ました。お金がないので年内はもう本が買えません。

>>757 その批評はどこで読めますか? ショパンとドラクロワだけでなくもっと
たくさんのヴァリエイションがほしいということなのでしょうか? それなら今後
も書き続けることができるでしょうね。僕は立ち読みしただけでまだ読んでないの
ですが、映画『アマデウス』みたいな感じなのかなと思いました。面白そうだとは
思ったのでそのうち読むつもりではいます。ってスレ違いですね。

>>759 辻は思想面が好きなんです。文体は嫌いです。

>>760 13冊ありますよね。少なくはないという印象です。
辻仁成は40冊くらい出ているので多すぎますが。

763 :吾輩は名無しである:02/12/23 06:31
辻仁成の作品は、最近同じようなものばっかだよ。全然面白くない。

764 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/23 07:21
ところで『タンノイのエジンバラ』って、まるで歴史小説のような題名ですよね。
シェイクスピアの『アテネのタイモン』に似ています。でもそれなら「エジンバラ」
を地名として『エジンバラのタンノイ』でしょうか。勘違いして手に取った人もいた
のではないでしょうか?

765 :吾輩は名無しである:02/12/23 08:24
さすが駆動w
スレの流れを断ち切って終わらせちまったww

766 :吾輩は名無しである:02/12/23 08:48
工藤。お前が現時点でアホなことは良くわかった。
ただ、ちゃんと本も読んでいるし、ルックスもままいい。
でも、貴様は自惚れ上がって人の意見を聞かない癖があると見た。

遅くない。まともな大学に行け。行って落ち込め。
自分の不見識を認識しろ。

767 :世紀のétudiante ◆JALx7HZTVo :02/12/23 09:28
「葬送」の話題はすれ違いなので、最後にします。

>>761
確かに、凄く面白いとはいえない。何と云っても冗長だから。
ただ、平野の小説の中に限って云えば、或いは昨今の新人作家に
限って云えば、まァおもしろいな、と。
最初期待して読んでいなかったから尚更そう感じるのかもしれないけれども、
苦悩というものが、割合よく書けているかな。
西洋人は苦悩が好きだからねw

768 :吾輩は名無しである:02/12/23 09:34
>>767
死ね。コンクリートに漬けて東京湾に沈めたい。

769 :世紀のétudiante ◆JALx7HZTVo :02/12/23 10:05
最初に断っておきます。このスレの住人の皆さん。心から謝ります。
このレスは100パーセントスレ違いです。ごめんなさい。
かちゅーしゃを使っておられる方には透明あぼ〜んをお勧めします。

>>768
勝手に沈めてください。もうよほどのことがない限りこのスレには書き込みません。

だいたい、何故東京湾に沈めなければならないのかの理由が、
私には理解ができず、それに死ねといわれるようなことをした覚えもなく、困惑している。
そうだな、確かにスレ違いの話題をしてしまったことは凄く気が引けるし
そう云えば雑談スレに書き込んだり、文学的な詩を解釈するかなんかのスレで書き込んだことを
あなたは迷惑に思い、かつウザイと思ったかもしれない。それは謝る。
その代わりに、もう雑談スレには書き込まないし、個別の作家・作品スレ以外には
行かないことにする。ネタスレにも近づかない。
スレ違いの話題にも(今回は不用意だったのだが)答えることは今後ないだろう。
脊髄反射レスも絶対しないと誓おう。
それ以前に、書き込み回数を節制しよう。そうすれば君も私を見る機会は少なくなる。

もし、それでも気に入らないのならば勝手に東京湾でも何処でも沈めればいい。
 
  花に嵐の例えもあるさ
  さよならだけが人生だ
                         井伏鱒二『詩集』
                                  bye

770 :吾輩は名無しである:02/12/23 11:59
葬送してやったぜ。

771 :吾輩は名無しである:02/12/23 12:07
>>769
スレ違いとかいいながら、長文レスw
最悪だな、こいつ。

772 :吾輩は名無しである:02/12/23 12:25
結局どうしたいわけ?

773 :吾輩は名無しである:02/12/23 12:26
>>769
こいつわけわからん。

774 :暗黒式:02/12/23 21:10
で買って読んだんだが・・


775 :吾輩は名無しである:02/12/24 16:23
ほう、それで?

776 :素人:02/12/25 09:13
吉田修一さんと長嶋有さんの小説の特徴と違いは?
正直、どっちがよいのでしょうか?
よろしくお教えください

777 :吾輩は名無しである:02/12/25 09:25
>>776
自分で読め、糞!

778 :吾輩は名無しである:02/12/25 09:56
>>776
こういう質問されても困るという典型
釣りが目的なら板に対するスゴイ嫌味ですな

779 :bloom:02/12/25 09:58

http://www.agemasukudasai.com/bloom/

780 :吾輩は名無しである:02/12/25 10:00
長嶋有のファンが素人に対しても不親切なクズだということが分かった。

781 :暗黒式:02/12/25 10:02
>>775
面白かったです、俺は
なんか女の人と思ってたと、いった人の気持ちが分かりました

mp3とかデビルマンと固有名詞の使い方は
どうかと思いました?
面白いけどそれだけの気がしたので

吉田修一は読んだこと無いです
図書館待ちです。

782 :吾輩は名無しである:02/12/25 10:04
>>781
なぜ買わないの?現代文学期待の星なのに・・・

783 :吾輩は名無しである:02/12/25 10:06
>>768>>770
            / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                 |  気違いプロ固定が複雑痔瘻になりますように
     ,__     |       
    /  ./\    \_____
  /  ./( ・ ).\       o〇       ヾ!;;;::iii|//"
/_____/ .(´ー`) ,\   ∧∧         |;;;;::iii|/゙
 ̄|| || || ||. |っ¢..|| ̄   (,,  ) ナムナム   |;;;;::iii|
  || || || ||./,,, |ゝ iii~   ⊂  ヾwwwjjrjww!;;;;::iii|jwjjrjww〃
  | ̄ ̄ ̄|~~凸( ̄)凸 .(  ,,)〜 wjwjjrj从jwwjwjjrj从jr


784 :吾輩は名無しである:02/12/25 10:12
>>783
市ね

785 :吾輩は名無しである:02/12/25 11:30
「猛スピードで母は」買ってきたよ、新刊で1300円もした。
ブクオフに置いてないんだもん。
今から読みますね。

786 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:06
>>785
詩ね

787 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:12
>>786
死ね

788 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:13
>>787
史ね

789 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:15
>>788
暗やみの中で氏ね

790 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:16
>>788
眩しい初日の出に晒されて紙ね

791 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:20
>>790
猛スピードで豆腐に頭をぶつけて市ね

792 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:21
>>791
ワラタ

793 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:23
>>791
猛スピードでがけから落ちて子ね

794 :美香 ◆FE5qBZxQnw :02/12/25 15:23
猛スピードでレスがついているので何かと思ったら・・・

795 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:24
>>794
猛スピードで工藤に置かされて刺ね!

796 :吾輩は名無しである:02/12/25 15:25
>>794
二度と来ないでほしい

797 :吾輩は名無しである:02/12/26 05:44
「サイドカーに犬」読んだ。
悪くはないね、それだけ。

798 :吾輩は名無しである:02/12/26 06:07
〜で氏ね、を延々と書き連ねるおもしろいスレがあったけど、
あれはどこのスレだったろう……。

ひょっとしたら文学板ではなかったのかも。
文学板の香具師らにはあれほど気が利いたスレは作れないに
違いない。
だけどどこの板だったっけなあ。酔っぱらってるんで
思いだせねえや。

799 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/27 11:28
>>798 文学板に「太宰ヲタ玉川上水で溺れて氏ね」とかいうスレがありましたよ。
僕も「井伏ヲタ洞穴から出られなくなって孤独に氏ね」とか書きました。面白かったです。

800 :吾輩は名無しである:02/12/27 13:46
猛スピードでネタ合戦でもやるか?

801 :吾輩は名無しである:02/12/28 01:34
「猛スピードで母は」読んだよ。
いい!いいんじゃんよ!
俺は好きだ。

802 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/28 07:03
>>799 もしかして『山椒魚』がカエルを道連れにしようとしたのって、心中未遂を
繰り返していた太宰に喧嘩を売っていたのでしょうか? 太宰が死の直前に「井伏さ
んはひどい人です」という手記を残していたのってそのことだったんでしょうか。

>>801 僕も好きです。『タンノイ』も買いましたか?

803 :吾輩は名無しである:02/12/28 07:59
>>802

「猛スピードで母は」は、
舞台が北海道だし、慎一って男が出てくるし、
作者の出身大学は偏差値高くないし、
工藤さんが共感出来る要素がありますよね。

「タンノイ」ってどんな感じの作品ですか?



804 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :02/12/28 09:15
>>803 ここの過去ログに目を通してみたところ、「母」は>>81によると長嶋有の
自伝的小説だったようです。僕の年齢が長嶋有の一個下ということもあって、
「犬」や「母」に出てくる子供時代にはまった漫画やお菓子などの小道具にノスタ
ルジックな共感を得る事も出来ました。『タンノイ』は4作収録された短編集です。
表題作は「失業中の男が隣の部屋に住む少女を預かる事になって世代を超えた友情
を芽生えさせる話」です。他の作品『夜のあぐら』では「『犬』同様に少女の視点
から描かれた作品で、父親と再婚した義理の母との関係」が描かれ『バルセロナの
印象』は「主人公の男とその妻とバツイチの実姉の3人による海外旅行における人
間関係の緊張感を描いた作品」で、最後の『30歳』は「30歳フリーターの女性の日
常生活についての話」です。「家族モノ」と「女性モノ」にこだわっているようです。

805 :吾輩は名無しである:03/01/12 17:22
ageage

806 :吾輩は名無しである:03/01/12 23:21
>>769
今見つけたんだけど、何で女生徒タンいじめられてるの?

807 :806:03/01/13 20:08
>>769
今日は知っている人来てるかな。

東京湾に沈めてやる、とまで言って、女生徒タンをいじめてるのは誰よ?

808 :吾輩は名無しである:03/01/13 20:19


809 :吾輩は名無しである:03/01/13 20:21
>>806
おまいは文学板初心者か?

>>783をちゃんと見ろよ。常識。

810 :工藤伸一 ◆H/j1HkWi6c :03/01/16 17:39
公式サイトを覗いてみたら、昨年の11月に創刊された音楽雑誌にて漫画評論系の
コラムの連載をはじめたらしいですよ。第1回のテーマは藤子・F・不二雄の『モジャ公』です。

811 :山崎渉:03/01/20 02:01
(^^)

812 :吾輩は名無しである:03/01/28 18:38
http://bbssearch.naver.co.jp/search.naver?where=bbs&query=%A4%DC%A4%AF%A4%CF%A1%A1%BA%A3%C6%FC%A1%A1%A4%AA%C3%EB%A4%B4%C8%D3%A4%CB%A1%A1%A5%DE%A5%B0%A5%ED%A4%F2%A1%A1%BF%A9%A4%D9%A4%BF%A1%A1%A4%AA%A4%A4%A4%B7%A4%AB%A4%C3%A4%BF%A4%E8%A1%A3&x=24&y=14

813 :吾輩は名無しである:03/02/10 00:51
『ジャージの二人』読んでるが……。「最長」だけど中盤たるんでねえか。
まだ読んでるとこでなんとも胃炎が。独語にまた書く。

814 :吾輩は名無しである:03/02/10 11:59
独語。
避暑は避現実なんだけどその分のっぴきならない現実が浮き彫りになるんだね。
「ばり3の場所」がいいね。でも軽井沢だったらドコモはどこでもたつんじゃないかな最近は。
現実から少し距離を置くことでそれぞれが持つ抱えている小さな絶望が垣間見えていて考えさせられた。
「中盤」たるんでるかなと思ったけど、遠山さんがネガを捨てるところで解消されている。ような気がする。




815 :吾輩は名無しである:03/02/10 22:23
いやあ長嶋有人気ないね。ぜんぜんレス着かない。

「(犬のように)10年くらいの永遠ならいいのに」っていうくだりを読んで
まっとやゆみの「永遠の一瞬」という歌詞を思い出した。

永遠の一瞬 というフレーズは時代に駆逐されているような気がした。
まじめまじめこると。三菱自動車は殺人マシーンだけど。

816 :吾輩は名無しである:03/02/10 23:20
漏れさいきん「猛ママ」読んだけど、巧いじゃん。
ラスト、ママがシビックで色とりどりのビートルを抜いてゆくところなんてカタルシスばっちりだったぞ。
あのママはかっこ良いと思った。


817 :吾輩は名無しである:03/02/11 00:22
>>816
そう? 漏れは、なんかこの人の小説ってよくできたシナリオみたいだなーって思うんだけど。
それもNHKあたりが芸術祭かなんかに参加するための丁寧に作った退屈なホームドラマつーか。
(向田邦子原作)
TV内でのお約束のドラマツルギーのなかに行儀よくおさまっちゃって。
意外性もなく、そこそこ予定調和で、出てくる人物も紋切り型。
すべてに安心感とイコールの既視感があるんだよな。
絶妙なところで筆を止める、寸止め技術は凄いと思うけどな。
そこからはみ出すものが、本来の文学ではないかと。
それこそ自分がでっちあげた世界にひきずられるままに翻弄され、
書いた言葉がまた言葉を産み出していくような、そういう狂気。

818 :吾輩は名無しである:03/02/11 00:31
>>817
まあ
そうなんだろうが、漏れは最近自分でも創作を始めたから、
あのテクは萌えるんよ。

>絶妙なところで筆を止める、寸止め技術は凄いと思うけどな。
そう、抑制の加減が良い。
あと、冒頭で母親がビートル好き、と振っておいてラストへの帰結や、
その他の小技が冴えてる。 小技の積み重ねで勝負するタイプだから派手ではないが。。。



819 :吾輩は名無しである:03/02/11 00:41
>>817
つか、向田めっさ巧いと思うのだが。。。小説の方ね。

820 :吾輩は名無しである:03/02/11 11:54
>>817

長嶋有って新しい小説家だとおもうよ。
別にホームなんて書いてないし。
というか吉田修一にしても大道にしても今日の小説の基調はだいぶクリアではないでしょうか?

80年代が「誰かに委託されて自分を探しに行く」みたいな話で
90年代は阿部和重のような不毛、過渡があって>w
今日的小説の可能性って言うのは「小技」に垣間見える停滞や停滞するものどうしの関係性なんじゃないかな。
誰かに頼まれもしないし探しに行くことも行きたくもないわけで。

それを理解できないと最新の芥川の石原氏の評みたいに恥知らずで横暴な小説論しか展開できなくなる。
どうざんしょ。自信ないのでさげて書く。

821 :吾輩は名無しである:03/02/11 13:24
↑その年代区分がよくわからない。
>今日的小説の可能性って言うのは「小技」に垣間見える停滞や停滞するものどうしの関係性なんじゃないかな。
誰かに頼まれもしないし探しに行くことも行きたくもないわけで。
それって村上春樹がずっとやってきたことだよね?
ぜんぜん新しくないと思うが。
「タンノイのエジンバラ」だっけ? あれ読んで、あ、春樹だ、初期の、って思ったよ。
停滞と倦怠の時間はずいぶん長いねえ・・・w
若い世代の一部にはいつだってそれが新しく見える人たちがいる、それだけのことだ。
そこから抜け出ようとした阿部の方がいまだにずっと新しいと思うけどな。
ま、これも、若い世代の一部にいつもいる、現状打破型の暴力性に魅力を感じる香具師の偏見かもしれんが。
要するに、新しさと世代感覚を取り違えてるだけじゃないの?

822 :820:03/02/11 15:46
同世代の共感を新しいと感じているのかなぁ。

でも村上春樹は典型的な依頼と探索の作家だとぼくはおもってしまう。
タンノイのエジンバラのどういう点が村上春樹に似てるのかもう少し指摘して頂けると助かります。

823 :吾輩は名無しである:03/02/11 17:38
初期の春樹の、フェティッシュな感性というか、
小技でよく寓話的な物語を描いていたところ。
瑣末な数字にこだわり、固有名詞にこだわり。
やれやれ、という徒労感と、濃い人間関係からの回避。
長嶋は確かサリンジャーが好きとか言っていたが、
初期の春樹もサリンジャーの短編に影響されたようなものをよく書いていた。
カンガルー日和とか、1963・1982のイパネマの娘、とか、
題名そのまんまの短編もある。
ただ春樹の方が遥かにこじゃれててセンスがいいんだけどね。

824 :吾輩は名無しである:03/02/11 19:41
おっしゃるとおり村上春樹と長嶋有は作者と語り部の距離感において似ているような気がします。

しかしながら、村上春樹はまだまだ「追求しなければならない価値ある到達点」を認識していて、主人公あるいは小技でそれを制御してい
る作者は、到達点の忌避を意図的に行っているような気がします。たとえばエディプスコンプレックスの相克という到達点は意識されてい
るがそれをあえて「ふっぅやれやれ」と倦怠するのが村上春樹です。つまり目標があり、その目標を見ていて乖離する現状は知覚されるが、
本当の目標を探そうとするがゆえに停滞したりもする。しかし基本は探索です。

長嶋有や最近の小説家にはそういう目標自体の自覚がないような気がします。現状における他者との小さな綻びや絆を感じる瞬間(その瞬間描写に
おいて長嶋有は冴えているとおもうのですが)こそ語ることの全てだ、という態度は、やはり小説として新しい。80年代から90年代の現状打破
或いは回避・回遊型小説からみれば堕落なのかもしれないけど「徹底化されたポストモダン」が世界を覆い、共通の目標のようにものが限りなく見
えない(例えばスペースシャトルの解体のショックは、チャレンジャーの爆破にくらべれば小さなモノでした)今日の我々を何とか振り向かせよう
とする姿勢を感じるのです。

825 :吾輩は名無しである:03/02/11 19:50
824は820が書きました。依頼と探索については蓮実氏の受け売りですし、「徹底化されたポストモダン」なんていう言葉も東氏の受け売りですが。>w

826 :吾輩は名無しである:03/02/28 20:49
age

827 :吾輩は名無しである:03/02/28 20:53
春樹未経験な漏れ。
長嶋って春樹ちっくなの?
軽くて巧くて、ちょっぴり泣かすテイスト。

828 :吾輩は名無しである:03/03/05 08:11
あんまりにてないよ。デストラーデのガッツポーズ。

829 :吾輩は名無しである:03/03/05 15:13
ボンこば面白い!

この人なんせ、書籍になってるのが少ないからなあ。
もっと読みたいんで、ガシガシ仕事すれ!

830 :吾輩は名無しである:03/03/17 19:00
http://www.n-yu.com/
公式サイト、リニューアルしたのね



831 :吾輩は名無しである:03/04/12 02:01
タンノイに収録されてる
タンノイ以外の短編いい!!
猛スピードでなんだこいつと
思ったけど、見直した。

ということで保守

832 :吾輩は名無しである:03/04/12 10:26
「猛スピード」の表紙、インパクト強すぎ。
まだ、読んでないけど。

833 :赤ダレ:03/04/12 10:43
…ああ、俺も読みてェーな。なんとなくなw
なんとなくそういう気分になってきたな。
だけど、新刊じゃ、ぜったい買わねェ!
あいつのツラが気に喰わねェ!
俺ァ普段は死んで評価の定まった奴の本しか買わねェ!
生きてる奴で新刊買ってもいいリストに長嶋は入ってねェ!
だから絶対に買わねェ!


834 :831:03/04/12 11:33
結局タンノイ(本)と猛スピは
作者が同じ素材で同じことしか語っていなく、成長が感じられない
いという批評みたいのどこかで読んだけど。
そんなことは、ないと思うんだよねw
語りかけてくる内容というようなものが同じでも、
構成から微妙な文体の変化まで合わせて
大きな成長を俺の脳内は勝手に読み取ったw
ネタバレしない程度に触れるなら

夜のあぐら
他人に対しての超えられない壁=
それは旧文学では本来絶望であるものに対して
を物語を通して最後に主人公が感じるわけだが
それが、短絡的に=絶望(まあ、初期のカーヴァーみたいな)でなく
ごく当たり前のこととして
受け入れるというか、悟るというのが
絶望と救いが入り混じったような境地になって
すごく新鮮だったりした

835 :吾輩は名無しである:03/04/12 23:09
いまの文学って冷血がトレンドだよね。
でも作者が安全圏にいたまま書かれてる小説って興ざめ。
イラクの人間の盾じゃないけどw

836 :山崎渉:03/04/19 23:16
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

837 :吾輩は名無しである:03/04/20 01:02
人気無いのか(泣

838 :吾輩は名無しである:03/04/20 01:06
みんな早く読め(泣)

839 :吾輩は名無しである:03/04/20 01:12
>>838
もう全部読んじゃったよ。
早く次作キボ〜ン。

840 :吾輩は名無しである:03/04/20 01:16
よかったよね?笑
ということで、盛り上げるために皆にタンノイのエジンバラ(本自体)を勧めてみる
いや、ほんと、だまされたと思ってさ、読んでみて

841 :吾輩は名無しである:03/04/20 01:19
つか、このスレ読むヤツは皆読んでるだろ。
タンバラ。良かったよな…。

842 :吾輩は名無しである:03/04/29 12:12
静かなスレだ。
20日に書き込んでから誰も来てないんだね。

843 :吾輩は名無しである:03/05/13 20:11
新作掲載されてるのに寂しいなぁ・・・

844 :山崎渉:03/05/28 09:14
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

845 :吾輩は名無しである:03/06/11 00:56
黒子のコメントも気に入ってるんですが…。

846 :吾輩は名無しである:03/07/04 02:06
チェルノブイリのようなスレだね。
軽やかにage

847 :吾輩は名無しである:03/07/08 03:49
消えかけ。淡々と仕事しすぎ。
アニータと結婚するとか、オカマキャラでテレビ出るとか
それぐらいしないともうだめぼ。

848 :吾輩は名無しである:03/07/08 03:56

次はマックのドライブスルーの店員との恋を描くんだと。

「あ、俺スパイシーで」

849 :吾輩は名無しである:03/07/08 13:26
>>847
ワロタ。テレビ芸者化計画な。
男性整形作家でサンマに弄られでホスイ。


850 :吾輩は名無しである:03/07/12 17:17
初心者にはどの作品がオススメ?

851 :吾輩は名無しである:03/07/12 20:31
>>850
『タンノイのエジンバラ』が(・∀・)イイ!

852 :850:03/07/12 20:38
>>851
ありがd。さがしてみまっす

853 :吾輩は名無しである:03/07/14 16:35
芥川賞作家?

854 :吾輩は名無しである:03/07/14 19:18
だった?

855 :吾輩は名無しである:03/07/14 22:09
この人は今いずこに潜伏中?
彼の作風からして、量産型だと思ったんだがね
枯渇か?

856 :吾輩は名無しである:03/07/14 22:53
>>855
毎月2本くらい文芸誌に短編載ってるよ。
書評やコラムもやってる。

857 :吾輩は名無しである:03/07/14 23:33
無料サイトだよ♪

http://angelers.free-city.net/page001.html

858 :山崎 渉:03/07/15 08:47

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

859 :吾輩は名無しである:03/07/19 16:33


860 :山崎 渉:03/08/15 10:56
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

861 :吾輩は名無しである:03/08/15 17:14
なまじ中途半端に芥川獲ったもんだから、その後苦労しているのかな?

862 :吾輩は名無しである:03/08/31 02:53
age

863 :吾輩は名無しである:03/08/31 02:56
age

864 :吾輩は名無しである:03/08/31 10:19
10年もたてば完全に忘れられるクソ作家だな )プ

865 :吾輩は名無しである:03/09/01 04:37
「タンノイの」「猛スピードで」2冊とも買って一気読みした。
平野の「日蝕」でゲンナリしていたから余計面白く感じだのかな(w
けど、結構好きです。頑張ってください!

866 :吾輩は名無しである:03/09/01 11:17
>>864
>)プ
カッコが逆だよ。

867 :吾輩は名無しである:03/09/08 10:32
でもなんか、本当に尻から出たみたいで臭そう

868 :吾輩は名無しである:03/09/11 01:25
群馬下山、仕事がんばってねあげ。
めるまが購読者より。

いつも新作をお待ちしている無名の読者より。

869 :吾輩は名無しである:03/09/25 23:34
サイドカーに犬は良かった


870 :吾輩は名無しである:03/09/30 16:49
「グルメ・食べ歩き」は本当に書くんだろうね?

871 :吾輩は名無しである:03/10/06 00:56
やった!!12/5に新刊!

長かった…。文藝とかすばるとか買っても、まとめて読みたいから我慢してたんだよ〜!!

872 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/10/07 13:30
(・3・) エェー すばるに「ジャージの三人」載っても過疎だNE

873 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/11/02 02:32
(・3・) エェー 新刊は表紙は大島弓子さんだそうですYO
ボクしかカキコしないミたいだC
関係者もカキコしろYO クソカスフン♪


874 :吾輩は名無しである:03/11/02 10:43
んで、発売日はいつよ?

875 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/11/08 22:59
(・3・) アルェー 大島弓子の表紙はシッパイだったNE

http://www.ne.jp/asahi/nagashima/kenko/hutari001.JPG

876 :ぼるじょあ ◆yEbBEcuFOU :03/12/03 00:46
(・3・) エェー 祝!グルメ食べある記 執筆ケテーイですYO

877 :吾輩は名無しである:03/12/03 00:59
長嶋先輩がんがってください。


十期後の後輩より。

878 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/12/12 13:59
(・3・) エェー そろそろ店頭出ししてますかNE


879 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/12/15 23:02
(・3・) エェー おまえら発売日ですYO
もう買いましたかYO
しかし発売日でもレス無しの作家ってサミシーですNE

880 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/15 23:06
ん〜。 では発売記念レス〜♪


881 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/12/15 23:17
(・3・) アルェー 24時間以内にレスなんて久しぶりの大にぎわいですNE



で、おまい様は当然お買い上げになったんですよNE

882 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/15 23:19
もちろん。

買ってません♪

883 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/12/15 23:32
(・3・) エェー アクタガー賞効果ってもう消え果てた悪寒…。

884 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/15 23:38
あああ。生き残って欲しいねえ。
オレ、新人では一番好きなんだ。実力は頭抜けてると思うんだけど、
いかんせん、地味だ。吉田に話題持ってかれてる気がする。


885 :吾輩は名無しである:03/12/15 23:41
折れ買ったよ。
ていうか、とりあえずこの人の小説は全部(三冊だが・・・)買ってる。
通販なのでまだ届いてないが・・・

886 ::03/12/15 23:46
ジサクジエン

887 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/12/15 23:49
(・3・) アルェー ファンのクソカスフンどものカキコ久々見たYO
      ホッシュッシュしてた甲斐がありましたNE
ちなみに腰巻きには
      『猛スピードで母は』で芥川賞を受賞した著者が、
       低スピードな父との関係をジャジーに描く。
      って書いてありますがYO

888 :885:03/12/15 23:51
886見たいなアホは放置して。

>>884
そうかな。地味かな。
「猛母」は文藝春秋の年間ベスト7だったからそこそこ売れているんじゃない?
ちなみに折れの萌である井川遥もファンだそうだw

あと町田康も小説は必ず買う。エッセイと詩は興味無し。

889 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/15 23:52
ほうほう。オレは、図書館で借りてみようかな、なんて。
作者的には死んでくれ。な感じだろうけど毎月の本代を考えると致し方ない。
あれ、いつくらいに入るんだろう。早く読みたい〜♪


890 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/15 23:57
ああ、町田は大体もってるな。オレも詩集、エッセイは興味なし。
『猛スピード』は買ったけど、『タンノイのエジンバラ』は金ないときで買わなかった…。
あれも、良かったね。若干センテンスは長くなったものの『三十歳』なんかは今までにない豊かさがある。
一皮むけたな、と感じた。彼は息の長い作家になり得ると思いまする。
んで、地味についてはブルボンだのなんだの遊び過ぎて、ネームバリューが落ちてんじゃないかと、感じる今日この頃。

891 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/12/16 00:03
(・3・) エェー 『タンバラ』がなかなか良作揃いで嬉しかったですYO
なんか確実に巧くなって行くんで、新作が楽しみな作家の一人ですYO
量産も苦じゃなさそうだし


892 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/16 00:13
>量産が苦じゃなさそうだし
以外とそうみたいですね。
『サイドカーに犬』『猛スピードで母は』共にアナ-キーな女性を子供の視点で描く
という共通の核を追って芥川賞までいっちゃったので(時間軸の扱いや人称の違いこそありましたが)
ひょっとしたら、この先ほかの主題を見つけられないんじゃないかと心配したんですが。
どうも、一読者の嬉しい杞憂に終わった模様。
『タンノイのエジンバラ』成長しなすった。

893 :ぼるじょあ ◆yBEncckFOU :03/12/16 01:26
(・3・) エェー 良読者ですNE ボクなんか「面白かったー」で終わりますYO
      今日はおっぱいレスついてうれしかったですYO

そいじゃカスども もやしみ〜ノシ

894 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/16 01:45
はいー。おやすみなさい。
オレはもう少し読書してから寝ようかな。

んで、以外×→意外○。
変換ミスでした(汗


895 :吾輩は名無しである:03/12/16 02:44
ここは自作慈円のスレすか。

896 :吾輩は名無しである:03/12/16 21:23
近所のほんにゃ行ったら新作なかった_| ̄|○
しょうがないから川島弘美かってしまう俺も俺だが
もう少し、褒められてもいい作家だと思う
以前もここに書いたけどタンノイは、凄くよかった!
比べるのもなんだけど、後期のレイモンドカーヴァー的な
宗教的?(カセドラル、羽根なんかに近いかな)
和解というか、赦しみたいのが、読後、非常に心に残った

897 :896:03/12/16 21:24
んで、新作どうなの?

898 :吾輩は名無しである:03/12/19 23:06
>>897
地味。
しみじみいいよ。

899 :896:03/12/20 01:38
>>898
なんか、いいな、この人っぽくて
いま、注文したよ〜
自分で書いておいてなんだが
川島弘美
誰だそれw

900 :吾輩は名無しである:03/12/20 01:47
>>899
いや、あえて突っ込まなかったけどさ。
ヒロミタソの新刊、買ったよ。
一個まえの青春物もよかったね。

長嶋有って解説書いてるねそういえば。

901 :吾輩は名無しである:03/12/22 23:01
かる〜く読んでみたけど。「ジャージの二人」ね。

ごめん。なんかイマイチ・・・

なんでだろ。前二作はすっごい良かったのに。

ああ。残念。。

902 :吾輩は名無しである:03/12/23 15:33
>>901
そうですか…。
言ってる事わかる気はする。
ちょっと長いのかな?もっと削れるかもね。

ってか、『グルメ・食べある記』って学食かよ!

903 :吾輩は名無しである:03/12/30 01:45
ジャー2、
やばい…。不覚にも泣いた。
色々意見はあるでしょうが、
なんというか、切実な「身に覚え」というか、
忘れてた色々な心の動きを喚起させるのが、すごく巧い。

904 :淳一  ◆8kTRz46uUU :03/12/30 11:53
>>898>>903
そんなに、良いですか。そうですか…。
図書館で借りようかなって思ってたんですが…。
よっしゃ!遅ればせながら自分へのクリスマスプレゼントだ。買っちゃおう♪
>>901>>902さんの意見も頭に入れつつ、ゆっくり楽しむ事にいたします。

905 :吾輩は名無しである:04/01/05 00:14
ジャージの二人&三人、いままでのなかで一番好きかもしれない。
短文の現在形でてきぱき駒を進めておれっという洞察で落とす。
そういう彼らしさがとてもうまくいっているような気がします。
最後にさくさくかけちゃった小説は「サイドカーに犬」なのでしょうか?
まあそんなことはどうでもいい。買ってよかった。

906 :吾輩は名無しである:04/01/07 04:55
>>904
読みましたか。感想をよろしこ。



それと、文学界に初長編が載るらしい。
どうする。読んでみる?

907 :吾輩は名無しである:04/01/07 16:26
>>906
読みたい!
年内にもう1〜2冊出そうだけど。単行本。

908 :吾輩は名無しである:04/01/12 11:23
長嶋有の作品全体に貫かれるのは、鍵括弧付きの「家族」という、
壊れそうだったりもう壊れてしまった最小単位の文化とそれを構成する
人間との関係のようなもので、結構深いテーマのような気がします。

パラソルもまだ読み終わってないけれどかなりぐっと来ます。
バブル以降を生きる昨今の日本人にとって重要な書き手だと思います。

909 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/01/13 08:11
>>906
読みました♪ゆっくり読んで、年始のファミレスで読了。
恥ずかしながら一緒に行ってた奴の存在も忘れて放心いたしました。
ああいう話、ダメです。もう、無条件でやられちゃう。感情がグラグラ揺れました。
>>898のおっしゃる通りしみじみ良かった。自分へいいクリスマスプレゼントになりました。

感想ですが、センテンスは『タンノイノ〜』に比べて若干短くなったように感じました。
『サイドカー』『猛スピード』の頃に若干もどったかんじ。
あいかわらず文章にはハリがあって、独自の文体は健在でした。

今作も今までの作品と同じく、チープで誰もが知っているモチーフ
(広末、ミロ、携帯のアンテナマーク、ビックコミックオリジナル等)を随所にちりばめて、
その「新しい見方」を提示する事で、見慣れたそれを新鮮に感じさせる事に成功していると思います。
大江健三郎はその著書『新しい文学の為に』の中で、文学における「異化」の重要性に触れていますが
長嶋はそれが出来ているほとんど唯一の新人ではないだろうかと、改めて再認識いたしました。

読みながらモチーフの扱いについて、田中康夫が似たようなことをしてたよなあと思い出しました。
大ヒット作となった『なんとなく、クリスタル』で、田中もまた当時先端のモチーフを
これでもかというほど詰め込んで、当時の若者の生活、スタイルを描き出そうとしました。
今、文庫版の『なんとなく〜』には本文とほぼおなじページ数の、注釈がいれられています。

時代背景を過去に設定した『サイドカー〜』などは、すでに古い普遍的なモチーフをつかった為に
(麦チョコ、ガンプラ、インベーダーゲーム等)かえって鮮度がおちる速度もゆっくりでしょうが、
『ジャージ〜』は十年、二十年後に読む人にとって核となるモチーフ自体がわからない可能性が高い。
『なんとなく〜』のように鮮度が落ちるのが早い作品かもしれない。
後世に残る作品ではないのかもしれないとは、思いました。
そういう意味でもかえって、今これを読めた事は幸運だったなとかんじました。
2004年を生きているオレ達じゃないと楽しめないかもしれない。買ってよかった。
おかげで彼女にはクリスマスプレゼント、まだあげてないんですが。


910 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/01/13 08:12
>それと、文学界に初長編が載るらしい。
>どうする。読んでみる?

マジですか!オー嬉しい。もちろん読みます。読み倒します。
新潮の連作短編は、読んだんですが、文学界にのるというのはしらなかった。
楽しみに待つことにします。ありがとう♪

>>905
>短文の現在形でてきぱき駒を進めておれっという洞察で落とす。
>>908
>長嶋有の作品全体に貫かれるのは、鍵括弧付きの「家族」という、
>壊れそうだったりもう壊れてしまった最小単位の文化とそれを構成する
>人間との関係のようなもので、結構深いテーマのような気がします。

同意です。的確だと感じました。

長くなりましたが、この作品をすすめておられた方々に感謝を。
やっぱり、現代日本文学も、イイ!

911 :吾輩は名無しである:04/01/13 20:51
905と908を書いたものです。

910さんもう、すでに新作長編「パラソル」は2月号に掲載されています。
私は読み終えました。

ネタばれしないようにもう少し感想は控えます。
また作者が新しいことをしているのでおすすめですよ。



912 :吾輩は名無しである:04/01/13 21:06
↑「パラレル」です。死んできます。

913 :吾輩は名無しである:04/01/13 21:17
逝かないで!

914 :吾輩は名無しである:04/01/13 23:03
911を書いて文學界を再び手に取る迄、
私はずっとパラソルだと思って、
最初から最後まで読み終えました。

なんで
「パラソル」
なんていうけったいなタイトルなんだろう
と思いながら読了したわけです。

ああそうか「パラレル」なら意味がよくわかる。
逝ってきます。
しかし逝く前に書いておきたいことがひとつあった。

この小説を読んだあと
ちょうど一年前の文學界に穂村弘が寄せた「言葉の金利」
というエセーを思い出しました。

バブルの頃の短歌と
最近の短歌の対照的な気分を紹介しながら
いまここにあるささやかな絶望について書いたエセーですが、

「パラレル」も「言葉の金利」がゼロに近いいまここを
小説としてよく表していると思いました。

缶詰になっていた作品はこれでしょうか。
缶詰って憧れますね。では逝ってきます。

915 :吾輩は名無しである:04/01/16 22:46
ユウタソの時はこんなに大騒ぎにならなかったなーw

916 :吾輩は名無しである:04/01/30 01:17
句集だれか買いますかー?

917 :吾輩は名無しである:04/02/03 02:14
http://media.excite.co.jp/book/interview/200401/
長嶋有インタビュー「ジャージではじまる小説の書き方」ってのがあります。
最初が、「そらもうカンヅメとか」で、カンヅメになってた作品ってのはやっぱり「パラソル」のようです。


918 :吾輩は名無しである:04/02/03 03:13
917のHP見たよ。
写真あったねぇ。
この人まだ30そこそこでしょ?
えらいおっさん化してる…もう40近くみえまっせ。


919 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/02/03 07:50
んん〜。ジャージの二人の表紙絵を見ながら、
主人公よりも父親に似てるなあと、思ってしまった節分の朝。

920 :吾輩は名無しである:04/02/03 12:25
http://www.webdokusho.com/rensai/sakka/michi09.html
ここはみた?

921 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/02/03 16:46
たった今、拝見♪
ひげ、割と似合うじゃんと、思ってしまった節分の夕方。

922 :吾輩は名無しである:04/02/18 20:24
こんなゴミ作家は早く消えてもらいたいものだな
ほめる奴もクズばかり

923 :吾輩は名無しである:04/02/18 20:56
>>922 お前、美香様に逆らうのか?

924 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/22 07:45
遅ればせながら『パラレル』読了。嘘が、無い。
週末、恋人とのいびつな空気の中で読んで、めずらしく涙が出そうになって焦る。

文学は「衰退」というより、「変質」しているのだろうと思う今日この頃ですが、
少なくとも、二十年前の文壇からは、長嶋有という作家は生まれなかっただろうと思います。
そして、彼の作品は確実に強い。プラスであれマイナスであれ、感情を揺さぶる。
こういう作家が居るから、はずれの多い現代文学を漁ることをやめられずにいます。

結局オレは、この人の作品が好きなだけなのかもしれない。


925 :吾輩は名無しである:04/03/25 19:21
もう一個のスレにも書いたのだが。
淳一はこれどう思う?
オレもサイドカーに犬は大好きだが、
例えばこれを他の賞に応募して受賞しただろうか。
すばる、文藝ならあるかもしれないが、
新潮、群像ならどう?



926 :淳一  ◆8kTRz46uUU :04/03/26 05:57
>>925
どうでしょうね。タラレバになっちゃいますが。オレはまず、なかっただろうなと思います。
もちろん前者に比べて、後者が本格志向だから、というのもあるんですが、長さもキツイかと。
日常の断片を淡々と綴る形式で、強い筋もないあの作品は、短編だから成立したのであって、
二百頁だの二百五十頁だのという長さになると、中だるみせずにスルスルは読めないと思う。
その場合、センテンスも、もう少し長くなった筈です。そうすると旨みがなくなってしまう。
倍率は低いので、短編のまま優秀賞ねらうならあれですが、その場合も大賞は慣例としてなかったろうなと。

そういえば昔、米谷ふみ子が文学界と新潮のダブル受賞を果たしてましたね。
(もいっこなんかあったあった筈だけど、たしかそっちは辞退)
あれは作品としてどうとか言うよりは、海外生活ものブームの末期にあったからだろうなと思います。
自意識の匂いが強くて、オレはそこまで優れているとは思わなかった。

まあ、なんにせよ彼の作品が認められて良かった。世に出ていなければオレ達は読めませんから。
因みにオレは『サイドカーに犬』『猛スピードで母は』の最初期のニ編が、格別に好きです。


927 :吾輩は名無しである:04/03/26 05:59
君は文春の社員か?

928 :吾輩は名無しである:04/03/27 03:48
>>926
レスthx!


929 :吾輩は名無しである:04/03/27 04:59
長島有
なんか懐かしいよ

930 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:28
このスレはじめて見つけた
漏れも文学界で「サイドカーに犬」読んで、技術の高さに感心していたが
「猛スピードで母は」は、きっと似たような雰囲気の話だろうと思って
読んでいなかった
で、先日「猛スピードで母は」をはじめて読んだが、これまたびっくり
漏れ的には「サイドカーに犬」よりもこちらの方が完成度が高いと思った
技術、ストーリーの両面でね
最近の作家ではピカイチの技術を持った人だというのが私の感想

931 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:31
>>930
『ジャージの二人』読んで泣いてください。

そして6月に『パラレル』!!

932 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:31
ジャージはまだ読んでない
長編も最近書いたんだ
両方とも読みたい

933 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:33
>>932
『タンノイのエジンバラ』もしみじみいいですよ。
mustBuy!

934 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:42
けっこう書いてるのね
どこの出版社だろう
それも読んでみたい
実は自分も創作してる者だが
この人の作品がテキストと化してしまってるよ
サンクス

長嶋有氏のファンサイトなんてないんだろうね

935 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:46
ぃゃぃゃ、ファンサイトどころか公式サイトが。
http://www.n-yu.com/

936 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:53
うん、ファンサイトは知ってる
でもBBSとかないから読者同士が意見を交換できないんだよね
それが残念

937 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:55
地元で講演したっていう群像?のエッセイ。
けっこうネチネチしてたけど、
まあ、言いたくなる気持ちもわかる。


938 :吾輩は名無しである:04/04/16 01:58


実はここが唯一のBBSなんですよ!



939 :吾輩は名無しである:04/04/16 02:02
漏れ2ちゃん歴は長いからわかるんだが
やっぱ真面目な話がしにくいからねえ・・・
このスレの住人あたりがファンサイトつくってくれないかな
それかヤフーでトピックを立てるか

940 :吾輩は名無しである:04/04/16 02:09
けどまあいいや
ともかく漏れもがんばるよ
じゃあおやすみ

941 :吾輩は名無しである:04/04/16 02:13
>>939
ここ、人ほとんど居ないですから、
ちょっと前(ジャー2発売直後あたり)のレス見ていただいてもわかると思うけど、
みなさん素直に感想述べてらっしゃいます。

2ちゃんでこの入りなんで、他だともっと寂れるんじゃないでしょうか。

あと、長嶋作品の持つ傾向として、「人に語りたい」というより、もっと内向きの感動を起こすようなので、
「良かったね…」
「…あぁ、良かったよ…」
的な会話になりがちなのではないかと。

942 :吾輩は名無しである:04/04/16 02:14
あら、おやすみなさい。

943 :吾輩は名無しである:04/04/16 04:29
このスレは3年目か。
奥泉のスレと並ぶ長寿スレだ。

944 :吾輩は名無しである:04/04/16 04:31
吉本スレも3年目ですね。

945 :吾輩は名無しである:04/04/16 04:33
三年目の浮気ぐらい大目に見ろよ♪

946 :吾輩は名無しである:04/04/16 07:36
許してあげない!

947 :吾輩は名無しである:04/04/16 09:16
おはよう
ちょっと前までヤフーでもトピックがあって書き込もうかなと思ってたんだけど
そのうちに落ちてしまった
でもここにわかる人たちがいてうれしいよ
ちょくちょくよらせてもらいます

948 :吾輩は名無しである:04/04/17 22:48
真心ブラザースの片割れ桜井の交換日記ページみたいのににたまに書いてる
どうも遠慮しぃしぃな感じで、正直いとうせいこうの文の方がおもしろいが

949 :吾輩は名無しである:04/04/27 21:56
誰も来ないかな
あげとく

200 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
>>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1 >>1
/test/read.cgi/book/1012624248/">★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)