5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

永井荷風

1 :吾輩は名無しである:02/01/28 00:50
スレ無くなってるみたいなんで、作っときました。

当方、ようやく論文書き終えた陰性。

2 :吾輩は名無しである:02/01/28 03:01
大学ですか? 現実は本当に院生なんですか? 
ウソですよね。
みんな君のこと妄想癖があるんじゃないかって噂しているんですよ。

3 :吾輩は名無しである:02/01/28 03:31
2はカワイソー

4 :吾輩は名無しである :02/01/28 06:31
感動したっ!!

5 :吾輩は名無しである:02/01/28 06:58

どの作品に?

6 :吾輩は名無しである:02/01/28 07:10
      ∧ ∧
     ヽ( ´∀`)ノ  荷風だワショーイ!
    へノ   /
      ε ノ

7 :吾輩は名無しである:02/01/29 03:52
      ∧ ∧
     ヽ( ´∀`)ノ  エロ作家age
    へノ   /
      ε ノ


8 :吾輩は名無しである :02/01/30 00:39
      ∧ ∧
     ヽ( ´∀`)ノ 新藤兼人の映画、何てタイトルでした?
    へノ   /
      ε ノ

9 :吾輩は名無しである:02/01/30 01:54
あめりか物語よかったす


10 :吾輩は名無しである:02/01/30 01:55
墨東綺譚もよいよ(字がでない、鬱だ)

11 :吾輩は名無しである:02/01/30 02:42
>>10
数年前、映画化されたね。
主演女優の子、すっごいウエストくびれてた。
そこしか覚えてない。w

12 :吾輩は名無しである:02/01/30 03:24
たそがれ迫る庭の隅
君と別れしわが身ひとり、
倒れ死すべき鶏頭の一茎と
ならびて立てる心はいかに。

13 :吾輩は名無しである :02/02/01 01:50
『あめりか物語』に1票

14 : :02/02/02 00:00
>12
気になるんだが、12は荷風の詩なのか?
若い頃のものなのか?
そんなうたを荷風が創るとは思えんのだが・・。

15 :吾輩は名無しである:02/02/02 03:03
>>14
墨東綺譚の最後の最後に出てきます。

16 :  14:02/02/02 10:54
>15
全く覚えてませんでした。


17 :吾輩は名無しである:02/02/02 18:04
夢の女

18 :吾輩は名無しである:02/02/02 19:15
小石川牛天神、麻布台

19 :吾輩は名無しである:02/02/03 18:56
麻布台の偏奇館。
そして終の棲家の千葉・市川の菅野の家。

20 :吾輩は名無しである:02/02/07 14:48
富松、八重次、お歌・・・


21 :吾輩は名無しである:02/02/07 21:44
やっぱりエロ作家なんですか?

22 :吾輩は名無しである:02/02/07 22:15
エロ爺ですが、仙人のようでもあるんです。


23 :吾輩は名無しである :02/02/07 23:12
『断腸亭日乗』で黒丸が付いてる日付の解釈はやっぱり「アレ」でいいのか?

24 :吾輩は名無しである:02/02/08 18:17
>エロ爺ですが、仙人のようでもあるんです。

性質悪いな。

25 :吾輩は名無しである:02/02/08 20:43
>性質悪いな。

そうです、毎日同じ店で同じ物を食べ、
ストリップを見にゆくんです。

26 :吾輩は名無しである:02/02/10 15:42
>11
墨田ユキ?



27 :吾輩は名無しである :02/02/11 01:46
Kafu the Scribbler

28 :吾輩は名無しである :02/02/18 06:25
荷風、人気ないっすね。

29 :吾輩は名無しである:02/02/18 11:17
>27
こんな厨房と関わりあいたくないから。

30 :吾輩は名無しである:02/02/19 22:43
にふ〜、萌え

31 :吾輩は名無しである:02/02/22 00:26
正しく敗荷落日の感あり

32 :吾輩は名無しである:02/02/24 01:35
最初のふらんす物語とはど〜違うのですか?

33 :吾輩は名無しである:02/02/24 12:45
旧すれ
http://mentai.2ch.net/book/kako/979/979202476.html


34 :吾輩は名無しである:02/02/24 12:47
荷風がカフェプランタンで押川春浪と喧嘩した話をご存知の方、いますか

35 :吾輩は名無しである:02/03/03 00:45
永井荷風初学者におすすめの本教えて。

36 :オススメ:02/03/03 03:03
四畳半襖の下張り

37 :吾輩は名無しである:02/03/03 04:21
>>34
当方、岩波書店版『断腸亭日乗』所蔵しています。
第7巻末「索引」で「押川春浪」「プランタン」を引きますと、
ピッタンコ!「大正14年1月16日」という日付に行きあたりました。
で、その日を『日乗』第1巻で繙いてみますと、
春浪墓碑建設の話が持ち上がっていることに関連し、
それに遡ること十数年前、明治末の頃、
プランタンにおいて春浪が壮士数名を引き連れ、荷風らを襲撃し、
そしてそのことがきっかけで絶交になった顛末が語られています。
(きっかけは荷風の連れ、井上亜々がささいなことで絡まれたことのようです)
ご希望でしたら、暇な時にでも『日乗』の該当部分をアップしてもいいですよ。

38 :吾輩は名無しである :02/03/03 04:29
「四畳半襖の下張り」が収録されてるユリイカって、まだそこらの書店で売ってます?

39 :34:02/03/03 22:25
>>37
おお、ありがとうございます<(..)>
その日の分はちょうど文庫版(摘録)にも乗ってました。よかった〜

「日乗」に索引が付いているとは知らなかった。。。



40 :吾輩は名無しである:02/03/08 17:56
新潮社版の『あめりか物語』では全ての漢字にルビがふられてあるけど、これは荷風側の意図だったの?

41 :吾輩は名無しである:02/03/16 01:04
荷風あげっ

42 :吾輩は名無しである:02/03/22 00:48

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´・ω・) <   荷風をマターリ読みたいね。
 (つ旦と)   \_______
  と_)_)


43 :吾輩は名無しである:02/03/26 01:17
age

44 :吾輩は名無しである :02/03/27 00:35

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´・ω・) <   age。
 (つ旦と)   \_______
  と_)_)


45 :ブロッコリー:02/03/28 01:48
ホーミーベイベーキラキラボーディー

ストレスはためないで★

46 :吾輩は名無しである:02/03/30 00:00

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´・ω・) <   新帰朝者でパリッとした荷風に興味あり
 (つ旦と)   \_______
  と_)_)


47 :吾輩は名無しである:02/04/09 00:24
「荷風極楽」「荷風散策」「わが荷風」「永井荷風の昭和」
こんなのばかり読んでいるが...
肝心の本人の小説は余り読んでおらん(w

48 :吾輩は名無しである:02/04/09 02:21
荷風を見習って風俗通いをしています

49 :吾輩は名無しである:02/04/10 16:55
「敗荷落日」と書いた石川淳がどれほどの傑作を残しえたか?
戦後の荷風は確かに目を覆うばかりであったにしても、
墨東奇潭(字がないのでスマソ)ほどの傑作を残し得なかった
石川に敗荷などという資格はない。

50 :吾輩は名無しである:02/04/10 23:37
>>48
玉の井、鳩の町の復活キボーン

51 :吾輩は名無しである :02/04/11 00:12
三ノ輪の浄閑寺だけじゃなく、旧玉ノ井にも荷風の文学碑あってもいいよな。

52 :吾輩は名無しである :02/04/13 02:27
>>47
その気持ちわかる

53 :吾輩は名無しである:02/04/15 23:05
麻布の偏奇館あとは、再開発ででかいビル建てていたね。唖然


54 :吾輩は名無しである:02/04/24 23:35
あげとくよ、Nihoo〜

55 :吾輩は名無しである:02/04/24 23:37
カフー!!

56 :吾輩は名無しである:02/05/02 23:09
ふらんすへ逝きたし、って荷風だっけ?...

57 :吾輩は名無しである:02/05/05 21:51
ぼくとうきたん
あの精神性にはちょっと憧れる


58 :吾輩は名無しである:02/05/06 04:03
「野垂れ死に」
したのがイイ!
体力がないと出来んと吉行は言った(w

59 :吾輩は名無しである:02/05/09 21:49
>56
萩原朔太郎では

60 :吾輩は名無しである:02/05/10 14:31
雪の中若い女の子と帰った話が良かったな・・何だったっけな(ワラ

61 :吾輩は名無しである:02/05/15 20:59
川本三郎が評論だしてたね

62 :吾輩は名無しである :02/05/21 22:44
      ∧ ∧
     ヽ( ´∀`)ノ  つゆのあとさき!
    へノ   /
      ε ノ

63 :吾輩は名無しである:02/05/22 22:06
>>60
漏れも何だかそのシーンが頭に残ってる。
今見たら、岩波文庫「荷風随筆集」下にある「雪の日」かな?

64 ::02/05/22 22:35
千葉の知人の家に居候していたとき、外で自炊していたらしいが、
わけのわからないごった煮だったって。
浅草の踊り子たちに囲まれて鼻の下のばしている写真もいいねー。
超然とした奇人って、好きさ。
グラフ誌だかに掲載された死体の写真も見てみたいなあ。

65 :吾輩は名無しである:02/05/22 23:56
あげ

66 :吾輩は名無しである:02/05/23 00:35
>>49
「敗荷落日」は石川淳がどんなに荷風を愛したかと言うことを
伝えてる文章です。石川淳は自分の認めない作者のことは書かない人だった。
「敗荷落日」の苛烈な物言いは自分へムチを打った所作でしょう。

「敗荷落日」から読み取れることはそのふたつしかないんです。
石川淳は「敗荷落日」という文章を書いて、その責任をとれる生活を
最後までまっとうした、ということが大切なんです。


67 :吾輩は名無しである :02/05/26 04:37
>>66
その責任をとれる生活を最後までまっとうした

ウーム・・・

68 :吾輩は名無しである:02/05/28 23:54

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´・ω・) <   下谷叢書ってどう?
 (つ旦と)   \_______
  と_)_)



69 :49:02/05/29 08:21
>66
最初、そのように理解した。
しかし、何回か読むと、違うように感じはじめた。
そうなると、読めば読む程、違う方に行ってしまう。

ただ、石川の死に方を見ると確かに、そうかなと思う。

>68
下谷叢書は傑作です。ただ鴎外の影響が強すぎるのが、難かな。

70 :吾輩は名無しである:02/05/29 22:56
>>68
白鳥にウンコ扱いされてたが
そのうち

71 :吾輩は名無しである :02/06/05 20:48
日和下駄が好きっす

72 :吾輩は名無しである :02/06/11 22:20
アメリカは第二の故郷らしいです

73 :吾輩は名無しである:02/06/13 23:45
荷風萌え〜。あげとくよ

74 :吾輩は名無しである :02/06/14 00:18
「永井荷風の見たあめりか」は面白かった。作者名忘れたけど

75 :吾輩は名無しである:02/06/14 00:35
>>68
かわいい!

76 :吾輩は名無しである:02/06/15 01:49
>>74
末延なんとかだったと思ふ

77 :吾輩は名無しである:02/06/15 03:01
>>74
末延芳晴

78 :吾輩は名無しである :02/06/16 04:48
断腸亭日乗の震災のくだりは、圧巻ですね

79 :吾輩は名無しである:02/06/17 04:04
罹災日誌(でしたっけ?)も(・∀・)イイ!!

80 :吾輩は名無しである:02/06/17 15:05
>>60
読んでみたい
タイトル思い出して

81 :吾輩は名無しである :02/06/18 02:15
>>64
>グラフ誌だかに掲載された死体の写真も見てみたいなあ。

「文学アルバム」みたいな類の本に結構載ってるよ。漏れは2種類
見たことある。1つは畳の上に突っ伏してる、まさに死亡した時の
写真。これは暗くて表情とかはよくわからん。もう1つは、葬式の
とき、親族等が布団に寝かされた壮吉を囲んで座ってるもの。孤高の
文学者も、逝ってしまえばただのジーさん、って感じで妙にリアル
だった。

82 :吾輩は名無しである:02/06/18 14:49
どうして荷風は菊池寛を蛇蝎のごとく嫌っていたのでしょう?
事情を知っている方教えてください。

『断腸亭日乗』には、菊池寛と文芸春秋から届いた年賀状を
わざわざ「年賀をもらういわれがない」と送り返しています。
ここまで嫌うワケが分かりません。


83 :???¬:02/06/19 08:24
>82
群れをなして行動することは、大嫌いであった。
殊に党派をなし、以外のものを排斥することを嫌った。
さらに、永井はメディアを武器に個人攻撃を受けたことがあり、
文壇というものからは距離をおいていた。
おそらく「芥川賞」の選考委員達から最も遠い位置にいたと思われる。

「墨東奇潭(字がないので)」は短いから
すぐ読めるので、読めば直ちにわかる。

84 :吾輩は名無しである :02/06/19 20:47
>>82、83
戦時中は特に荒れてて、菊池寛だけじゃかったな。
「断腸亭日乗」昭和14年1月7日の項を引くと、
「大都会芸術」とかいううさんくさい運動に参集しているとして、
菊池寛・佐藤春夫・吉屋信子・西条八十等を一括して「田舎者」呼ばわり。

85 :吾輩は名無しである :02/06/19 20:49
弟子の佐藤春夫は、そんな師匠に対してやり切れない思いがあったみたいだね。

86 : :02/06/19 21:30
逆に、谷崎潤一郎のことは、ひどく好いているね。
かと思うと、芥川の訃報を聞いても、案外冷淡だったり。

偏屈といえば、それまでだけど、荷風の好き嫌いの基準が
いまいちよく分からない。


87 :吾輩は名無しである :02/06/19 23:01
有島武郎の自殺聞いた時はけっこう動揺してたというか、複雑な感想抱いていたような。
面倒なんで「断腸亭」は引用しないが。

>>85
あと慶応の直弟子というと、チャキチャキ浅草育ちの久保田万太郎がいたね。
彼のことは晩年どう思っていたのだろう?

88 :吾輩は名無しである:02/06/20 00:50
>>86
>逆に、谷崎潤一郎のことは、ひどく好いているね

半分、自分が世に送り出したようなもんだからね。谷崎が「つゆのあとさき」
(他の作品だったかも)を論じた文章のなかで、以前に訣別していたはずの
自然主義からの影響を指摘しているのを読んでも、荷風は全然怒らなかった。
あの荷風がっ!(w

>>87
>あと慶応の直弟子というと、チャキチャキ浅草育ちの久保田万太郎がいたね。
>彼のことは晩年どう思っていたのだろう?

荷風が?佐藤春夫が?久保田万太郎と佐藤はカナーリ険悪だったみたいだけどね。

89 :吾輩は名無しである:02/06/20 23:44
>>82,83
「墨東綺譚」(五)の終わりのあたりに、
「昭和四年の四月「文芸春秋」という雑誌は、世に「生存させて置いては
ならない」人間としてわたくしを攻撃した」とありました

90 :吾輩は名無しである :02/06/22 23:57
そういえば『断腸亭日乗』って新版が刊行されたんだよね。
全七巻揃えると35000円ぐらい?誰か買ってないの?
オリは旧版古本を昔20000円で入手したけど。

91 :吾輩は名無しである:02/07/06 23:40

  ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ( ´・ω・) <   荷風をマターリ読みたいね。
 (つ旦と)   \_______
  と_)_)



92 :吾輩は名無しである :02/07/07 14:41
田舎の過疎線の駅待合室で電車待ちに読むと、すごくしみわたった。

93 :吾輩は名無しである:02/07/09 22:25
何を読んだ?四畳半かw

94 :吾輩は名無しである:02/07/10 13:10
>>90
今旧版の全集1万円しないし、日乗だけに35000円はきついな。

95 :吾輩は名無しである:02/07/13 22:43
新版全集がほすぃーのだが、まだまだ値段下がってこないよな。

96 :吾輩は名無しである :02/07/14 06:26
地獄の花age

97 :吾輩は名無しである:02/07/14 07:03
四畳半襖の下張り
って本当に荷風の作なんですか。

98 :吾輩は名無しである:02/07/15 23:35
>>95
ヤフーのオークションに出てるよ。

99 :吾輩は名無しである :02/07/17 04:56
>>97

荷風名義でなく、金阜山人(違ったかも)名義で出ているから、荷風作ではないと
する学者もいるが、文体や内容(w)からいって、ほぼ荷風の作品に間違いない。

といってみるテスト。

100 :吾輩は名無しである:02/07/17 05:03
荷風作の春本ということだったら、個人的には「濡れずろ草紙」のほうがずっと好きです。戦後の混沌とした世相をモチーフにしていて「四畳半〜」よりも文学性は低いかもしれないが、それだけに衝撃力がダイレクトです。抜けます。

101 :吾輩は名無しである :02/07/19 03:59
age

102 :我輩は名無しである:02/07/20 20:14
ベタだが、やはり「日和下駄」は名作だと思いますが、何か?

103 :我輩は名無しである:02/07/23 23:26
いえ、何も。

104 :我輩は名無しである:02/07/27 05:32
定期age

105 :吾輩は名無しである:02/08/02 19:26
保守

106 :吾輩は名無しである:02/08/02 19:28
あめりか物語ってあれ実話じゃないよね?

107 :吾輩は名無しである :02/08/04 03:53
>>106

もちろん小説だから、100%実話とは言えないが、大部分が実体験を
基に書かれていることに間違いはない。壮吉がアメリカに留学して
いたことは知ってるよね?

108 :吾輩は名無しである:02/08/04 04:08
三遊亭夢之助

109 :吾輩は名無しである:02/08/04 05:15
ぼくとうきたんの墨田ユキ

110 :吾輩は名無しである:02/08/04 05:20
ああ、あの元AV女優ね。
AV観た後じゃ抜けなかったな。

111 :吾輩は名無しである:02/08/07 20:54
映画のシ墨東綺譚ってビデオとかになってる?

112 :吾輩は名無しである:02/08/07 22:13
ビデオになってたかなー?
あの映画かなり脚色されちゃってるよね
墨田ユキって今なにしてんのかな

113 :吾輩は名無しである:02/08/07 22:52
ビデオになってました
四千円くらいだった

114 :吾輩は名無しである:02/08/08 00:00
「シ墨東綺譚」は1960、92年と二回映画化されている。
1960年版は老荷風(中村芝鶴)とその劇中小説の種田先生(芥川比呂志)、それぞれのエピソードが並行して描かれてた。
これはある意味原作に忠実だった。
しかしビデオ・DVDはどうかなあ。映画板で評判クソ悪い(藁)東宝だからなね。
http://www.jmdb.ne.jp/1960/cj003990.htm
http://www.jmdb.ne.jp/1992/dp001020.htm

115 :吾輩は名無しである:02/08/08 00:35
60年のほう見てみたいな。山本富士子が演じるおゆき。
92年のほうは、戦後まで話が続いていて、あら!って感じだった。
墨田ゆきがすごくきれいで印象に残った。

116 :吾輩は名無しである:02/08/09 22:03
「シ墨東綺譚」は数年前、浅丘ルリ子主演の舞台もあった。
「オイオイ、60歳近いおゆきかよ!」と突っ込みを入れてしまった。

117 :吾輩は名無しである:02/08/09 22:11
おまいらトロいな。ほれ、これ使え。

濹東綺譚

118 :吾輩はリア厨である:02/08/10 16:53
>>117

すげ〜!どうやるんすか?

119 :吾輩は名無しである:02/08/10 18:23
濹東綺譚


120 :吾輩は名無しである:02/08/10 18:25
簡単やんけ! 濹東綺譚

121 :吾輩は名無しである:02/08/10 18:26



122 :吾輩は名無しである:02/08/10 18:53
どうせなら「墨」の部分が正字になっている文字を出せ。

123 :吾輩は名無しである:02/08/10 19:04
>122
いまUNIX板に開発の注文だしとるから、ちょっと待て。

124 :吾輩は名無しである:02/08/10 19:24
おおー

125 :吾輩は名無しである:02/08/13 18:18
山本夏彦さんが実例を挙げて荷風のケチで助平でイジワルで卑怯者としての
人格を述べているけれども(美しければすべてよし)、しかし最後の死に方
を見るとさすがだなあと感じるところが多い。蔵書などもほんのわずかで、
文化勲章は無雑作に新聞にくるまれて押入れの中に放り込んであったとある。
人に迷惑をかけないかわりに誰からも干渉されない徹底した個人主義を貫き、
さっさと逝ってしまった。大金持ちの野垂れ死に。やはりただものではない。

126 :吾輩は名無しである :02/08/13 22:36
>>125
>>人に迷惑をかけないかわりに誰からも干渉されない徹底した個人主義を貫き、

その突飛な行動は、知人・友人に少なからず迷惑をかけていたようだよ。
ただ、尊敬はしないにせよ、あの生き方は憧れる。

127 :吾輩は名無しである:02/08/13 23:25
>>125
山本夏彦は、大病してい〜い顔になったなぁ〜。

128 :吾輩は名無しである:02/08/14 23:52
山本夏彦っまだ生きてるの?

129 :吾輩は名無しである:02/08/14 23:57
山本夏彦は、実は荷風の後輩だったりもする。共に筑波大附属高校の出身。

ついでに小林信彦も筑波大附属高校出身だが、小林信彦にも荷風的な偏屈さがあるな。

130 :吾輩は名無しである :02/08/22 06:30
age

131 :吾輩は名無しである:02/08/22 19:56
存命であれば今日手がけられたかもしれない作品のタイトル(妄想)


                        萌え

132 :吾輩は名無しである:02/08/29 06:43
四畳半襖の原作が荷風って、信憑性
高いのですか?ガセ?

133 :吾輩は名無しである:02/08/29 07:06
いまだにそんなことを言っている人がいるのか。あの文章を読めば荷風作であることは一目瞭然。

134 :吾輩は名無しである:02/08/29 10:58
>>133
禿胴衣。名作です。

135 :吾輩は名無しである:02/08/29 11:00
>>100
禿同。あれは抜ける。

136 :吾輩は名無しである:02/08/31 00:07
永井荷風って写真を見ると痩せぎすだけど手がごつくてでかいなあ。
ああいう人って一物もでかいらしいなあ。カツ丼食いたくなってきた。

137 :吾輩は名無しである:02/08/31 01:17
もてあます 西瓜ひとつや ひとりもの

あのシングル生活は男の憧れだっ。

138 :吾輩は名無しである:02/08/31 01:19
氏ね永井!!!!!!!!!!!!!!!!!!

139 :吾輩は名無しである:02/08/31 23:17
>>138

永井均?

140 :吾輩は名無しである:02/09/03 22:18
永井豪じゃねーの?

141 :吾輩は名無しである:02/09/03 22:32
ダンディズムよのう・・・

142 :吾輩は名無しである :02/09/09 02:01
定期揚げ

143 :吾輩は名無しである:02/09/10 03:02
イチモツはデカかったかもしれないが、昔の奥さんの藤蔭静枝がバラしていたところによると、ベッドテクニックはお粗末だったようだ。「とても女性を満足させられるような男じゃないですよ」という発言が記録されている。

144 :吾輩は名無しである:02/09/10 03:08
へえ、意外だな、それは。数はこなしても身にならないと意味はないということですな。

145 :吾輩は名無しである:02/09/10 13:10
>>143
静枝は誰と寝てもそう言ったよ

146 :吾輩は名無しである:02/09/15 13:35
>>143「とても女性を満足させられるような男じゃないですよ」

人生そのものが自己満足みたいなもんだからね。

147 :吾輩は名無しである :02/09/22 23:24
定期age

148 :吾輩は名無しである:02/10/01 04:50
久々に日和下駄読んでみたが、やっぱり良かった。
だからage

149 :吾輩は名無しである:02/10/05 06:09
鈴口が痒い

150 :吾輩は名無しである:02/10/05 18:12
四畳半を読めば、「鈴口」などの隠語の勉強にもなる。

151 :吾輩は名無しである:02/10/07 01:00
このスレにはまたゆっくり来よう。

152 :吾輩は名無しである:02/10/13 20:18
保守

153 :吾輩は名無しである:02/10/14 04:06
ホッシュ。

若い頃の荷風、正直カコイイ。
アメリカでもフランスでもモテたのが判る。

154 :吾輩は名無しである:02/10/19 14:23
http://www1.s-cat.ne.jp/tiara/sample-prserved3.htm

155 :吾輩は名無しである:02/10/19 14:25
http://www.katch.ne.jp/~sima-k/tre_html/fuji_1.htm


156 ::02/10/20 07:33
それで?

157 :吾輩は名無しである:02/10/21 22:53
断腸亭日乗ふうに今日の日記を。

十月二十一日。雨。

158 :吾輩は名無しである:02/10/27 02:12
十月二十七日。終日2ch。

159 :吾輩は名無しである:02/10/29 03:26
ん〜。

160 :吾輩は名無しである:02/11/04 21:08
全集買おうかな。

161 :吾輩は名無しである:02/11/13 21:11
保守

162 :吾輩は名無しである:02/11/15 03:06
?東綺譚

163 :吾輩は名無しである:02/11/15 21:25
?東綺譚

164 :吾輩は名無しである:02/11/17 03:51
荷風ブームは去ったな。

165 :マターリビーンズ:02/11/17 03:52
?東綺譚 ほらよ。ツカイな。

166 :Trinity:02/11/17 03:55
『荷風とニューヨーク』って新刊出たようですが
どうなんしょうか。読んだ方いる?


167 :吾輩は名無しである:02/11/17 19:04
岩波文庫から「あめりか物語」「ふらんす物語」でたね

168 :吾輩は名無しである:02/11/18 23:50
>>163
?東綺譚

169 :吾輩は名無しである:02/11/18 23:51
?東綺譚
なぜ出ない・・・・<& # 2 8 6 6 5;東綺譚


170 :吾輩は名無しである:02/11/18 23:55
荷風は身長180センチ以上

171 :吾輩は名無しである:02/11/19 03:36
?東綺譚

172 :吾輩は名無しである:02/11/19 03:39
永井荷風と三島由紀夫は親戚です。
…99へえ…

173 :吾輩は名無しである:02/11/20 03:42
>>167
そうなんだ。でも「ふらんす物語」は新潮文庫に入ってるし、
「あめりか物語」も昨年か一昨年に講談社から出たし、今さらって
感もあるな。

174 :吾輩は名無しである:02/11/23 16:49
緊急浮上

175 :吾輩は名無しである:02/11/23 16:57
たしかに三島の祖先には永井玄蕃という人物がいるが、永井荷風の家系とは関係ないはず。

永井荷風の親戚筋といえば高見順と阪本越郎だろう。あ、馳浩もか(w

176 :吾輩は名無しである:02/11/25 21:20
>>175
松本哉は、物凄く遠縁ではあるが、つながっていると書いてたような。

177 :吾輩は名無しである:02/11/28 19:44



178 :吾輩は名無しである:02/11/28 19:48



179 :吾輩は名無しである:02/12/01 22:07
保守


180 :吾輩は名無しである:02/12/01 22:13
保守


181 :吾輩は名無しである:02/12/02 18:20
家族を持たない人の死に方としては理想的だった。
鍋やかん等のガラクタ類といくつかの全集、そして現金と預金通帳。
あと始末が容易なように、ちゃんと気配りがされていた。
ぼくも晩年はあんな風に身の回りをきれいに整理して、
いつお迎えが来てもいいようにしたいと思っている。

182 :勘弁 ◆cheerzFXQc :02/12/02 20:05
岩波文庫から復刊した『珊瑚集』買ってみた。
冒頭のボードレールから荷風節炸裂で、
これは何度も何度も楽しめそうだ。

183 :吾輩は名無しである:02/12/03 04:58
♪          ♪         ♪
 ♪ ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧♪  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) .( ゚Д゚)  ( ゚Д゚)  < 荷風の誕生日を祝って
  .⊂  つ⊂  つ⊂  つ⊂  つ   | 踊りましょう♪
 〜( つノ〜( つノ〜( つノ〜( つノ   . \_____
    (/   (/    (/   (/
♪          ♪         ♪
 ♪ ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧♪  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) .( ゚Д゚)  ( ゚Д゚)  < カステラ一番 電波は2ちゃん
  .⊂  つ⊂  つ⊂  つ⊂  つ   | 3日は荷風の誕生日♪
 〜( つノ〜( つノ〜( つノ〜( つノ   . \_____
    (/   (/    (/   (/

184 :吾輩は名無しである:02/12/03 05:01
今日は荷風の誕生日。ちなみに火野葦平も12月3日生まれです。

185 :吾輩は名無しである :02/12/03 21:50
♪          ♪         ♪
 ♪ ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧♪  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) .( ゚Д゚)  ( ゚Д゚)  < 荷風の誕生日を祝って
  .⊂  つ⊂  つ⊂  つ⊂  つ   | 踊りましょう♪
 〜( つノ〜( つノ〜( つノ〜( つノ   . \_____
    (/   (/    (/   (/
♪          ♪         ♪
 ♪ ∧∧  ∧∧  ∧∧  ∧∧♪  / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   ( ゚Д゚) ( ゚Д゚) .( ゚Д゚)  ( ゚Д゚)  < カステラ一番 電波は2ちゃん
  .⊂  つ⊂  つ⊂  つ⊂  つ   | 3日は荷風の誕生日♪
 〜( つノ〜( つノ〜( つノ〜( つノ   . \_____
    (/   (/    (/   (/

186 :吾輩は名無しである:02/12/13 11:34
あげ

187 :吾輩は名無しである:02/12/13 11:42
 日記の朱点は見栄張るな、と小1時間問い詰めたい、問い詰めたい、
問い詰めたい・・・すいません、漏れ弱いのでうらやましいっす

188 :吾輩は名無しである:02/12/16 02:02
NHKの「人間講座」で結構動く映像が見れましたね。
荷風が亡くなった時の模様まで・・・
荷風の亡骸や、弔問に訪れた久保田万太郎の映像もありました。

189 :もと読者:02/12/16 03:32
岩波文庫から「ふらんす物語」が新しい版?で出ていた。文字が大きめ。
新潮文庫でなじんで来た者には1ページあたりの内容のパースペクティブ?が
うまくつかめない。←意味不明? ごめん、表現力なくて。

最後の方の文語文が、これまたきわめつけの名文だ。

190 :吾輩は名無しである:02/12/16 07:40
筆名がカッコイイ。

191 :吾輩は名無しである:02/12/16 16:16
>>188
マジで?全然知らなかった・・・
再放送しないのかな?

192 :吾輩は名無しである :02/12/17 19:48
私も見たことある。
他にも谷崎潤一郎や志賀直哉のインタビュー映像や
太宰治の死体捜索現場の映像等もあった。

193 :吾輩は名無しである:02/12/17 23:40
岩波文庫の「あめりか物語」は初版本の再現。
よって新潮や講談社文芸とは文章がかなり異なるよ。
個人的には荷風自身が手直しした後者の方がやはり完成度高し。
岩波は字が読みやすいけどね。





194 :もと読者:02/12/17 23:49
おや、そうすると「ふらんす物語」も初版本の通り? これはちょっと気になる。

岩波は字が大きくて読みやすいだろうけど、やたら分厚いのはチトださい。



195 :吾輩は名無しである:02/12/18 00:33
>「ふらんす物語」もそのようです。発禁版!
 戯曲や、オペラに関する談話までついてるから、新潮版とは別物と考えた方が
 よいと思われ。(だから分厚いのね)
 
 面白いのは、初版では二作とも、会話文などに「?」だの「!」だのを
 多用している。
 改訂版には、まったくなし。
 のちの小説群、「おかめ笹」でも「つゆのあとさき」でも「ひかげの花」
 でも、感嘆符のたぐいは(たぶん)全く出ていない。
 意図的に使わないんでしょうが、初期は使ってたんだね。
 
 荷風もそれなりに(当時の)現代っ子(変な言い方だが)だったんだなあ.
 



196 :もと読者:02/12/18 00:57
情報ありがとうございます。うーん、そうすると買いかな。

前に書き忘れたけど、今日の朝日の広告によると「わが荷風」(野口武彦さん
)の文庫本が出るらしい。

197 :吾輩は名無しである:02/12/18 14:20
?東綺譚

198 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

199 :吾輩は名無しである :02/12/18 14:37
顔、長すぎ

200 :吾輩は名無しである:02/12/19 13:43
人知れず200ゲット

201 :吾輩は名無しである:02/12/20 14:54
漏れもやがて偏奇館みたいな一戸建てに住んで、
夜な夜な歓楽街を徘徊して遊ぶんだ。

202 :吾輩は名無しである :02/12/20 20:49
>>201
がんがって栗。漏れは断腸亭のほうがいい。

203 :吾輩は名無しである:02/12/20 20:53
ノーベルマーーン

204 :吾輩は名無しである:02/12/21 14:45
>>175
馳浩が荷風の親戚とは知らんかった。
神無月もそうなのか。

205 :吾輩は名無しである:02/12/21 16:47
>>204
馳浩の女房である高見恭子が荷風のいとこ(高見順)の娘。

206 :吾輩は名無しである:02/12/21 21:09
高見恭子って高見順の娘だったのか!
まじ知らなかった。

207 :吾輩は名無しである:02/12/29 15:10
保守age

208 :吾輩は名無しである:03/01/02 23:00
フランク永井age

209 :吾輩は名無しである:03/01/02 23:11
そういや永井荷風って市川に住んでたんだよな。
漏れ通学で近く通ってたけど、しみじみと自宅とか見たことなかった。
そういやよく荷風がよく行ったらしい大黒屋も、入ったことない。専ら吉野家だったw
今やるべきことが一段落したら、今度カツ丼食いに言ってみようかな。

210 :吾輩は名無しである:03/01/02 23:11
フランキー堺?sixth sense?


211 :吾輩は名無しである:03/01/02 23:13
うわ、俺「食いに言ってみよう」なんて打ち込んでら。
逝って来ます。

212 :吾輩は名無しである:03/01/06 04:18
明け方に浮上

213 :贋作鶏のジョナサン:03/01/06 04:57
石川淳とどっちがエライか。
川本三郎はオトナだな。

214 :雑学:03/01/06 05:09
あの水曜スペシャルの川口浩って、第1回直木賞の川口松太郎
の息子って知ってた?後は阿川佐和子、阿川弘之の娘。檀ふみ
は檀一雄の娘。岡本かの子の息子岡本太郎。森鴎外の娘森茉莉。
太宰治の娘津島祐子。萩原朔太郎の娘萩原葉子。吉行淳之介の妹
吉行理恵。


215 :マダムB:03/01/09 01:43
改版された『あめりか物語』の表紙ポートレートが、
中村俊輔にどことなく似ていると思うのは私だけですか。

池澤夏樹は福永武彦の息子。
幸田文は幸田露伴の娘。
サトウハチローは佐藤紅緑の息子。
小沢健二は小澤俊夫の息子。
江国香織は江国滋の娘。
松本大洋は工藤直子の息子。

216 :吾輩は名無しである:03/01/16 00:20
著作権切れるまであと何年?

217 :吾輩は名無しである:03/01/16 00:26
大鶴義丹は唐十郎と李礼仙の間にできた息子。
小説、父親の代作疑惑が出てから書かなくなっちゃったね(w

218 :吾輩は名無しである:03/01/16 05:40
>>214
雑学というほどではなく、ほとんど誰もが知っていることばかりだろう。

声優の池澤春菜が池澤夏樹の娘というのは知らない人も多いけれど。あと、岡本太郎と池部良がいとこ同士というのもほとんど知られていないね。

219 :マダムB:03/01/16 09:15
俊輔への反応がないな…鬱。

荷風の死体が写った写真に関しては、松本哉のエッセイに記述が
ありますね。昭和34年5/17日号の『アサヒグラフ』に掲載されたと…。
国会図書館でマイクロフィルム保存されているそうです。
松本氏のエッセイで荷風の裏話を仕入れつつ、作品に当たると
楽しみが多い。

『あめりか物語』の「悪友」で登場人物に語らせているセリフが、
のちの荷風を暗示していて興味深かった。
「…良家に生まれたものが平々凡々たる良民になる、何の苦労も
いらない、が、いざそれから、一歩進んで大人物になるか、または
一歩さがって世間の裏へ廻るか、どっちとも容易なものじゃないぜ。
その苦心と修業は、影と日向の差こそあれ、同じ事だ。…」

220 :吾輩は名無しである:03/01/16 14:45
>219
> 俊輔への反応がないな…鬱。

だって似てないもん。

221 :マダムB:03/01/16 20:45
ああ、きょうは冷えるな〜

222 :吾輩は名無しである:03/01/18 15:46
岩波文庫の摘録断腸亭日乗を古本屋さんで600円也で購入。
寝る前にフトンの中でちょぼちょぼ読もう。

223 :吾輩は名無しである:03/01/19 02:48
>>222
これを読みはじめたときは雅語辞典、漢和辞典、詳細年表を必携したけど
そのおかけでかなり語彙がひろがって、いろいろ学びました。
下巻あたりからは読み物としてもイッキでっせ!
(とくに昭和20年など・・・)

224 :山崎渉:03/01/20 05:28
(^^)

225 :吾輩は名無しである:03/01/26 22:00
ちょっと読むとすぐ眠ってしまうので、まだ大正15年です。
でもなんか、この荷風って人は、他者を厳しく批判し、
世相を慷慨する割には、年がら年中、女と情交を重ねる、
よくよく色情の強い人だったんですねえ。
稿料に振りまわされる昨今の文壇を嘆いたかと思うと、
ちゃっかり株を買って蓄財してみたり、文士を気取る割に、
自分にはすこぶる甘くて、要するに、しょうもない文弱の徒
だったんでしょうねえ。もうとっくの昔に死んじゃった。

226 :吾輩は名無しである:03/01/26 22:11
>>225
> よくよく色情の強い人だったんですねえ。

肉体派の作家と言いなさい。(w

227 :吾輩は名無しである:03/01/27 19:25
40前に達観してしまったら、死ぬまでの残り40年は、
女漁りや著述で気を紛らわすとしても、ずいぶんと
面白くも何ともない、つまらない長い余生だったんだろうな。

228 :吾輩は名無しである:03/01/29 12:00
洋装が似合うね。

229 :吾輩は名無しである:03/01/30 13:47
日乗を読むと大正天皇の崩御のときも昭和天皇の下血模様同様に
逐一糞便輩出の模様を報道していたそうな。

230 :吾輩は名無しである:03/01/31 21:51
ホッシュッシュ

231 :吾輩は名無しである:03/02/02 16:48
やっと50才まで来た。そうか荷風散人は50になっても、
10日も射精しないと淫欲が湧きモヤモヤしてたのか。
すごいなあ、やっぱ食欲性欲が命の根源だもんなあ。
20いくつの若い妾を囲ってやりまくり放題、
すごいエロじじいだったんだな。さすが文化勲章。

232 :吾輩は名無しである:03/02/03 16:40
なんでまた毎日のように同じ店でメシを食ったんだろうか?
偏屈者にとってそこから生じる馴れ合いは嫌なものではないのかな。

233 :吾輩は名無しである:03/02/03 21:03
age進行で構いませんよ。

234 :吾輩は名無しである:03/02/03 23:22
http://www.kinokuniya.co.jp/05f/d02/index.htm#nagai
誰か行く?

235 :吾輩は名無しである:03/02/04 19:31
なにも路地裏に逃げ隠れしなくったってよさそうなもんに・・・、
助平ごころだけは人の十倍も盛んなくせにねえ。

236 :吾輩は名無しである:03/02/04 20:53
親兄弟の成り立ちは自分の預かりしらぬところだから仕方ないけど、
女房も持たず子供も作らず、でもカネにあかせて、若いピチピチした
肉体だけはずっと欲しい。おつむの弱い、パープーの若い子は、
すべて自分のいいなりで、こんなに楽しいことはない。
好きなだけ抱き放題、やりたいだけやり放題。
蓄財は当今の証券金融会社の職員以上に抜け目なく、
金融不安が予想されれば、朝一番に銀行に出かけてゆき預金を預け替える。
そんなみみっちい、醜怪な荷風散人がなぜいまそんなに慕われるのか。
それだけ好き勝手なことやりまくって、簡単に極楽往生させたらたまらん。
きっとそんな気持で、断末魔の死体写真がいまもときどきテレヴィで
放映されるんだろうな。菊地姦、文芸春秋の復讐かな。

237 :吾輩は名無しである:03/02/05 19:11
東京の地図を片手に荷風散人の足跡をだどっています。
偏奇館は六本木1丁目にあり、現在は再開発の真っ最中だそうな。
玉の井を夢の桃源郷と評したのは、滝田ゆうさんだったか。
「このさき抜けられます」。行ってみたかった、玉の井・吉原。

238 :吾輩は名無しである:03/02/06 00:31
荷風日記を読むと、晩年やたらと映画を観ている。
『エデンの東』なんてのも観てますな。

ただ、純然たる暇つぶしだったようで。
そこは映画もコヤシとして観た谷崎なんかとは違うね。どっちが偉いかって話じゃなく

谷崎はチャプリン『巴里の女性』についての批評文があるが、
荷風は日記で「米国活動役者チャプリンなる者東京の芸者家で豪遊し
身請けをするやらしないやら云々・・・・」と書く。

239 :吾輩は名無しである:03/02/06 00:55
>237
再開発だいぶ出来上がっていたようですが
ホテルオークラ〜スペイン大使館〜泉屋博古館(住友の資料館)
の先の道を右に入ったあたりです
(情緒も何もありやせん)


240 :おさむ ◆2LEFd5iAoc :03/02/06 01:27
ほとんど霞ヶ関に近い辺りだね。何となく元麻布方面にあったんじゃないかと想像していたが、違うのか。

241 :吾輩は名無しである:03/02/06 09:46
都会は昔も深夜まで店が開いていて、閑人が夜通し街をうろちょろ徘徊して
いたことがよくわかる。都心に家があるってことは、夜がとても長くて、
いろいろな楽しみ方ができるってことだな。もっとも、カネがないとだめだが。

242 :吾輩は名無しである:03/02/09 18:56
売文の輩には高級も低級もないじゃんよ。
結局同じことだわ菊池寛等と。
真の隠者達人は、人の目に触れることなく棲息し、消え去る者であり、
名が世間に晒されるようなのは、夜な夜な銀座界隈で妓女に囲まれ、
得意満面の絶頂で、唄いおどけるニセ文人だろうに。
あんまり豪そうなこと言うなや。みっともない。

243 :吾輩は名無しである:03/02/10 19:27
文は人なり、ただし知識を基にした文ならば化けやすい。
絶対に騙せないものは、顔である。
その人のおいたち経験思考人生観のすべて表れたものが顔だ。
顔はごまかしようがない。美しい人生を生きてきた人の顔は美しく、
カネに汚く強欲に生きてきたひとの顔は、やっぱりそういう顔だ。
いい顔の老人になりたいなあ。

244 :吾輩は名無しである:03/02/11 21:28
晩年、お歌さんが2回訪ねてくるね。カネの無心だったのだろうか?
だったらイヤだな。そんな人じゃなかったと信じたい。
頭の少し弱い、いつも春らんまんの人だったと思いたい。

245 :吾輩は名無しである:03/02/17 22:58
使い切れないほどのカネがあって、養うべき女房も子供もいない。
放埓な行動を批判する誰もいない。そうなったら、きっと、人は、
欲望の赴くままに、女漁りをし、愛人契約を結び、好きなだけ抱いて、
食いたいだけ食って、飽きればポイ捨てし、フンとせせら笑う、
そんな生き方をするだろうな。だから永井荷風は正直な誠実な人だな。

246 :荷風風の文章発見:03/02/18 22:58
К 遠方より狂気の黄昏を眺むる

 鶉に陣取りながらそのくせ目当ての役者が登場すれば顔を真っ赤にして物陰に隠れてしまう様な、そんな心
持ちで僕は年も明けた一月の暮日、渋谷はBunkamura Galleryへ赴いた。
 夕べの疲れが体を支配している。久々に無茶な遊びをしてしまったなぁと回想してみれば、これより向かう
金子先生の個展も俄かに足取りが妙な按配にもつれる始末。まだ若いと思ってはいても気が付けば二十も半ば
に達しそうな勢いで、二十六も過ぎれば後は老け込む一方だと言うから僕の栄華もそろそろ潮時かと思えば、
十九の歳より続けたる愛人生活も心無し一抹の不安が惹起され、吹く風の冷たさに顔を抓られる痛みも一入。
しかしながら隣を見れば矢張りとばかりに古株のパトロンが道を先行き先行き、人波を掻き分け掻き分け、僕
はもう石に噛り付く思いで彼の後を付いて行く。今日を限りにと、お褥滑りを申し上げる程の意気地があれば
と思うことも度々なれど染み付いた豪奢と花柳的匂いのする毎日を送っていては最早この男を袖にするなど、
考えただけでも恐ろしい。俄然勇気が湧いて来てピタリと彼に寄り添いニコリと笑えば、二人仲良し楽しい時
間は苦労なく作り出せる。至極簡単。
 きっと親子に見られるねぇ等と惚気たままの僕たち二人は展覧会場の光を見つけるなり、キュウと雰囲気付
いて、金子國義展《絵画の彼方へ》と題されたポスターの横を通り過ぎれば、輝かしき香気を放つ絵画たちが
賑やかに迎えて呉れた。花咲く乙女たち、お遊戯、青年の時代・・・画集では見たことのある有名すぎる作品
が所狭しと並んでいる。クリスタルの飾りが綺麗なランプの下にはダルメシアンの人形が鎮座していて来訪者
に挨拶をする。硝子ケースを覗けば先生お気に入りの書物やら玩具やら縫いぐるみやら可愛い中にも高級さの
あるとっておきの小物が並べられていた。中には先生を真似て同じ物を探し抜いて購入したシュタイフのバン
ビそれに黒猫なんかも居て先生の世界の一部を別の世界でしょっている様な気がして、二十も半ばだという男
子ながらに口元が緩んでしまうのは嬉しいやら悲しいやら。
 

247 :荷風風の文章発見 :03/02/18 22:59
何をそんなに急ぐのか、絵に足が付いていて逃げ回る訳でもあるまいに、絵を捕まえて自分の中に絵を写し
取らんとするかの如く一気に展覧会場をぐるり一周。気付けばパトロンの姿何処にも見当たらずはてなと思い
眺むれば、やれ浴衣の掛かる端のコーナーにて何やら談笑、その相手嗚呼金子國義。サイン会に当たる日では
あらねども会場おわしめす金子國義先生は勿論当の本人であること疑りなく、余り詳細に様子を書き連ねるの
もパトロンの正体明らかにするのも同じ、仔細に入っては野暮ともなりぬ故ただ肘に破れのあるセーターをお
召しになられたその美貌を眼中に出来た僕は幸せ者であるとばかりなら書き記すことも許されるであろう。
 優しきパトロン居所のない僕の姿に気付いてか、こちらに歩み寄ると会場隣の喫茶スペースへと僕を誘う。
勿論仲良き二人は二人きり、席に落ち着いて自らの興奮を冷ますべく冷や水一杯。コーヒーを飲みつつ直ぐ先
の会場の中を眺め渡す。眩しきお姿眺めながら失礼コーヒーを又一口。何て近くて遠い金子先生、僕の人生を
全く変容させてしまった張本人責任重大ですのよ先生。先生は僕の名前も知らぬ、何てよく出来たファンであ
ろうか、先生を自分に准えて賞賛してみる。何と楽しいことか。


248 :おさむ ◆2LEFd5iAoc :03/02/18 23:02
荷風の遺産は、現在の価値に換算すると3億円程度らしい。3億程度じゃ、今だったら金利生活は難しいな。

249 :吾輩は名無しである:03/02/18 23:46
100万円の貯金もないヲタが、ぬかすなw

250 :吾輩は名無しである:03/02/20 09:16
3億円に2億9千9百9十万くらい足らん。
それにつけても金の欲しさよ。

251 :吾輩は名無しである:03/02/20 13:47
荷風も、ピカソも、一休禅師も、じじぃになってからも若い女こさえてて
羨ましいことだ。

荷風は金で買っただけか。

252 :吾輩は名無しである:03/02/21 23:56
age

253 :吾輩は名無しである:03/02/22 14:01
?東綺譚って文字が出てこない。



254 :吾輩は名無しである:03/02/22 15:40
永井荷風の全集ってどこから出てる?
いくらくらいで購入可能?


255 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

256 :勘弁 ◆cheerzFXQc :03/02/23 02:32
>>254
岩波の全35巻、15,000円で買った。10年くらい前。
3万超えてる店もあるけど、探せばそれくらいの値段であるはず。
全集は中央公論からも出てた。これは全24巻。
中期には春陽堂からも。これは全6巻。
岩波が決定版。詩の翻訳も微妙に異なるので注意しよう。

257 :      :03/02/25 12:20
つゆのあとさきを読んで、君江にちょっと憧れたりしたわたし


258 :吾輩は名無しである:03/02/27 18:42
>>256
レスありがとう。
古本屋でさっそく探してみたんだけど、
近所のブクオフは漫画本かくだらない文庫本しか置いてない。


259 :吾輩は名無しである:03/03/05 23:21
浮上

260 :吾輩は名無しである:03/03/06 11:55
「いやなことはやらない」
締切りに追われたり、いやな会合に出たり、頼まれごとをされたり・・・、
それが可能だったのは、お金があって、家族がなかったから。
うらやましいな。早く年金もらいたい。

261 :吾輩は名無しである:03/03/08 04:44
浮上

262 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

263 :吾輩は名無しである:03/03/09 21:00
どんなにヨボヨボになって、好きな浅草に行けなくなっても、
まさか自分が、今日明日死ぬなんて決して思えない。
そのうち死ぬに決まってるけども、まさか今日の夜中に、
突然喀血して死ぬなんて、まさか夢にも思っていない。
人は最後のさいごまで未練たらたらで、ボストンバックに
いまの金にして何億もの大金を抱えながら、とうとう死神に背中を
どつかれて、ようやく三途の川を渡るものなんだなあ。

264 :吾輩は名無しである:03/03/13 17:58
age

265 :吾輩は名無しである:03/03/13 21:01
人間世界が嫌いで嫌いで、だから子孫も残さずさっさとあの世に逝きたいけど、
でも死は怖いし、先立つものはカネだから肌身離さず置いといて、
それでもなかなか死なないもので、そこでやっぱり欲も出て、
お○○コもしたいし、美味いものも食いたいし、でも面倒くさいのはいやだし・・・、
それでも、とうとう80いくつまで、随分と長生きしました、さようなら。

266 :吾輩は名無しである:03/03/17 00:40
戦前戦後、生活者としての「豹変(本来はよき意味の用語なれど)」ぶりは
荷風散人の「文学」にさまでの影響を与えてはいないと考える。
夷齋先生の言を借るならば、
まこと「<葛飾砂子(「葛」は正字出ず)>まで」の荷風散人であった。
ただしその「老残落魄」の最晩年、中央公論社の伝手で八幡なる散人宅を訪問、
終生ただ一度の対座を果たした、ドナルド・キーンによれば、
「かほどに美しい日本語を話す日本人に、これまで会ったことはなかった」由。
この一事を信ずる限り、わたくしは散人は最期まで文雅の人であったと思う。
長編に傑作皆無の散人の文学の魅力は、プロットでもなければ風俗性でもない。
ましてや、思想性ではさらにない。
只管「文章」そのもののたたずまい、香り、そういうものであると考える。

267 :吾輩は名無しである:03/03/20 22:32
『葛飾土産』ですぜ。

268 :吾輩は名無しである:03/03/21 00:10
人の世の愚劣から逃れ、ささやかな人生をまっとうしようとするなら、
それはもう、逃げる隠れる当たらず触らず関わらずの、隠者となるしか
ありますまい。だから、後世に著作や足跡を残すなんて、それだけでも、
もう、愚劣極まりない、隠者失格なのであります。

269 :吾輩は名無しである:03/03/21 12:50
岩波の断腸亭日乗買いましたがども文語調なので読みにくい。
自分自身の語彙も少ないのでしょっちゅう(・ω・ )モニュ?ってなるし。
広辞苑などを手元に置きながら読むべきなんざましょか。

270 :おさむ:03/03/21 16:40
>>260
澁澤龍彦の生き方は、ひょっとしたら荷風の生き方に多少影響を受けていたところもあったかもしれない。

271 :吾輩は名無しである:03/03/22 11:58
自由人とカネ持ちは、どんなに善い人でも世間が許さない。
嫉妬やねたみ憎悪の対象とされる。だから、自衛のために
つつましく隠密行動をして身を守るしかないんだな。

272 :吾輩は名無しである:03/03/28 00:43
荷風って子供いなかったの?

273 :吾輩は名無しである:03/03/28 00:48
>>272
長男が永井一郎
http://www.shinchosha.co.jp/wadainohon/bakamon/

274 :吾輩は名無しである:03/03/28 00:54
末長直海というチンピラ三流作家が先生のチンコ舐めますってよ
サイトの日記やスレで言ってます

275 :&rlo;:03/03/28 00:59
>>272
273はウソ。
実の子供がいなかった荷風は親戚から養子を貰いました。
その養子である永井永光さんは、偏奇館(字がちょっと違っているかも)というバーを経営しておられるはず。



276 :吾輩は名無しである:03/03/31 00:33
『あめりか物語』や『ふらんす物語』を、アメリカ人やフランス人が読んだら、
どう思うんだろうね。ダバディなんかは結構、日本の小説を読んでるみたいだから、
もし『ふらんす物語』を読んでたら、どう思うのかちょっと興味あるな。

277 :吾輩は名無しである:03/04/07 19:09
真似をして浅草向島界隈を散策してみようと思っても、
都内は最早排ガス地獄でとても健康に悪いです。

278 :吾輩は名無しである:03/04/15 21:43
>>269
その文語調が格調高さに繋がるのではないかい?
永井荷風が「今日雨降ってさー。びしょ濡れでマジ最悪でやんの」
とか日記で書いてたら萎えるでしょ。


279 :吾輩は名無しである:03/04/16 01:48
岩波文庫の「あめりか物語」「ふらんす物語」
の表紙の題字のレタリングって、若い人向けに媚びた感じでヤだな。

280 :吾輩は名無しである:03/04/16 09:16
セーヌ川をすべて隅田川に置き換えてもまったく不都合はないって、
ひどいきついこと言うなあ。

281 :吾輩は名無しである:03/04/16 10:46
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃    ,, - ―-  .、       ホモ用しおり   ┃
┃  ,. '" _,,. -…;   ヽ                ┃
┃  (i'"((´  __ 〈    }                   ┃
┃  |__ r=_ニニ`ヽfハ  }   ふう・・・          ┃
┃  ヾ|!   ┴’  }|トi  },  ここまで読んだぜ  ┃
┃    |! ,,_      {'  }                 ┃
┃   「´r__ァ   ./ 彡ハ.  おまえらのレスで ┃
┃    ヽ ‐'  /   "'ヽ    腹ン中が    ┃
┃     ヽ__,.. ' /     ヽ    パンパンだぜ ┃
┃     /⌒`  ̄ `    ヽ\.            ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

282 :吾輩は名無しである:03/04/19 20:59
保守

283 :山崎渉:03/04/19 23:02
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

284 :吾輩は名無しである:03/04/20 12:56
sageで保守はありえない

285 :吾輩は名無しである:03/04/20 22:02
>>284
保守にageもsageも関係ないんだよ、と言ってみるテスト

286 :吾輩は名無しである:03/04/21 20:20
sageだと保守できないでしょ。

287 :吾輩は名無しである:03/04/23 14:32
夏姿読みたいのですが、見つけれません。

288 :吾輩は名無しである:03/04/24 00:53
>287
正しい日本語を使おう

289 :吾輩は名無しである:03/04/24 13:37
最後の書き込み時間で落ちるかどうか決まるんだよ。
だからsageでも問題ない。

290 :吾輩は名無しである:03/04/24 13:45
まだそんな馬鹿がいたとは・・・。

291 :吾輩は名無しである:03/04/24 13:47
まだそんな馬鹿がいたとは・・・。


292 :本当の話です!読んでください。お願いします!!!:03/04/24 15:55
        jftyj
    1989年、女の子が41日間渡って監禁され、計100人ぐらい(少しでも関った人を含めて)に強姦、朝から晩まで超暴力と超陵辱された。(深く関ったのは5,6人)
ヤクザ顔負けのリンチで、天井に血が飛び散っていた。
「なんでもするから家に帰して」という女の子に、自慰(オナニー)を強制され、裸で「キチガイ」の真似をさせられ、
真冬に裸でベランダに出され、裸で踊らされ、強制され、手足を縛り、お尻の穴に花火を入れ爆発させ、膣やに直系3センチの鉄の棒を何度も強引に突っこみ、性器や尻の穴を完全に破壊する。
(途中、膣をタバコの灰皿代わりにされる。
重い鉄アレイを身体(裸体)を数十回にわたって殴られ、まぶたに熱いろうそくをたらされ、(追加●陰毛を剃り、女性器に異物を挿入 ●ライターのオイルで皮膚を焼いた ●肛門に瓶を挿入し思いきり蹴った) 手足を縛り、
膣にマッチ棒(ライター)を入れられ、点火し、燃やされ、
膣の中のや裸体をライターで火あぶり、苦しさのあまり何度も気絶する。その恐怖や苦しみや痛みは想像を絶する!
(この時ストレスと恐怖のあまり髪が全部抜け落ちていく)しかし、
犯人どもは哀れみの情など一切見せず、引き続き、陵辱、暴行を行う
大勢の男にかなり大量の精液を飲まされ(フェラチオで)、500ccの尿を飲まされた。(生きてるか死んでるかわからないが)ゴキブリも食わされたそうである。また女の子の悲鳴や激しいリンチの音は監禁されている
部屋の中で音楽をボリュームいっぱいで流しているため、外に届かない。
恐ろしいころに、監禁されていることを知ってた人は計100以上いるが、誰も通報しない。
そして最後はひどく殴られ失禁して)死んだ。(殺された)
死体の顔は目の位置がわからないほど、変形し、親でも誰かわからず、原型をとどめてないほどで、性器のほうは顔よりもっとひどく完全に破壊されていた。死体には髪がなくなっていた。死体の陰部にはオロナミンC2本、入っていた。
なお、死体は手足を縛られた状態であった。





         

以下の内容は「全く」誇張されておらず、「コンクリート詰め事件」で検索すればわかります。
これは「裁判記録」に書


293 :吾輩は名無しである:03/04/25 17:54
>>287
図書館に行って全集借りれば?

294 :吾輩は名無しである:03/04/25 21:17
>>293
手元に置きたいのがファン心q

295 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

296 :293:03/04/26 15:16
んなら古本しかないな。
ちなみにわたくしは岩波の古い方の全集で持ってます。
端本でたしか200円だった。

297 :吾輩は名無しである:03/04/30 03:01
良スレにつき、保守!

298 :吾輩は名無しである:03/05/03 01:03
保守

299 :吾輩は名無しである:03/05/04 20:39
ここにいらっしゃる皆さんは荷風のファンだと思うんですが
いったい いつ(何歳のとき) 何をきっかけに 荷風を読みはじめたんですか?

ちなみに俺は30代になって突然に、です。

300 :吾輩は名無しである:03/05/04 21:00
>>299
大学一年のとき、突然w。

301 :吾輩は名無しである:03/05/05 01:24
10年位前の東京論ブームで日和下駄を読んだのが
最初だあ

302 :吾輩は名無しである:03/05/05 06:13
>>301
それ、俺も・・ 「ひよりげた」の馥郁たる音に惹かれて・・

303 :吾輩は名無しである:03/05/05 09:23
六本木ヒルズには何か偏奇館を記念するものはあるのでしょうか?
http://www.mapion.co.jp/c/f?el=139/44/35.692&scl=20000&pnf=1&uc=1&grp=all&nl=35/39/40.031&size=500,500

304 :303ですがついでに:03/05/05 09:29
岩波文庫の荷風随筆集上巻はいいですね。日和下駄他荷風の東京関連小品文
の集成。しかも編・解説が野口冨士男。

305 :吾輩は名無しである:03/05/05 11:42
三島由紀夫が荷風の最期について「戦死した兵隊のそばにヴェルレーヌ詩集の
頁が風にひらめいていた。これは醜悪な日本知識階級の戯画だと思うな。荷風
がそういう醜悪なものの元祖をなしているということが言えるな」と言ってい
ますが、この発言の出典をご存じの方が教えて頂けませんか? どうぞよろし
くお願いします。

306 :吾輩は名無しである:03/05/05 11:46
>>305
ここより三島スレで訊いた方がいいのでは? もう訊いているかな?

307 :吾輩は名無しである:03/05/05 12:18
>>306
アドバイス有り難うございました。早速コピベしました。

308 :吾輩は名無しである:03/05/05 17:56
晩年、荷風は城南電気の故・宮地社長よりも明白に
全財産を持ち歩いて自衛していた、って話だけど
戦後のアナーキーな時代を、どうして老躯のみにて莫大な現金の
自衛をなしえたのか、とってもギモーン!
宿老ならではオーラが出てたからなのか、荷風のそれがあまりにも有名で
ひそかに官憲が庇護してたのか、どういうことなんだろう・・・


309 :吾輩は名無しである:03/05/05 22:43
>>299
漏れは大学浪人の19歳のとき。親父の持ってた全集をなにげによんで
とりこになった。『紅茶の後』にしびれました。『墨東綺譚』なんて
小説と知らずに読んでたな。エッセイだとおもってたよ。


310 :吾輩は名無しである:03/05/05 23:10
漏れは、あめりか物語→ふらんす物語→?東綺譚→・・・

とハマっていった。邪道かな・・・

311 :310:03/05/05 23:11
文字化けしたw

シ墨東綺譚ねw。

312 :吾輩は名無しである:03/05/06 19:15
中学2年、墨東綺談。
夏休みの読書感想文の宿題で、一番薄い文庫本だったから。

そんな邪道なきっかけに反して折あるたびに読み返してる。

313 :吾輩は名無しである:03/05/06 19:55
>>312
中2の読書感想文、マジで興味あり! サワリでもいいからうPせれ。

314 :吾輩は名無しである:03/05/06 20:17
「ぽっぽっぽ、ハトぱっぽ」「もう一回する?」あの墨田ユキ、
いったい、いまごろ、どこの溝に埋もれてるんだろ?

315 :312:03/05/06 21:03
>>313
さすがに15年以上前のことだから細かいことは覚えてないけど
巻末の解説をツギハギして原稿用紙埋めた。
要は当時、内容はほとんど理解できなかったということです。
本当に良さが解りかけたのは大学入ってからじゃないかな?

316 :吾輩は名無しである:03/05/06 21:04
>>314
創価学会員と結婚し、芸能界から引退しました。

317 :吾輩は名無しである:03/05/06 21:47
>>312
当時の教師の反応が気になるな(w

318 :吾輩は名無しである:03/05/07 15:49
私は最近ですよ。
一番最初に読んだのは「つゆのあとさき」で「腕くらべ」「問はずがたり」〜
など。
今日は「にぎり飯」読みました

ちなみに今20です

319 :吾輩は名無しである:03/05/07 15:59
永井荷風って射手座だったんだね。なるほど。

320 :吾輩は名無しである:03/05/07 23:55
「ひかげの花」の冒頭描写は映画のよう。
目に見えるような筆使い。水際だったうまさ。
ハァ。。。

321 :吾輩は名無しである:03/05/09 14:51
あの、何億って遺産は、結局どうなったのでしょうか?
まさか、あの貞ニ郎が・・・、

322 :吾輩は名無しである:03/05/10 11:51
谷崎潤一郎さんとの互いに抑制のきいた友情がいいな。
達人同士の交わりって、あんなふうに淡くてすがすがしいものなんだ。

323 :吾輩は名無しである:03/05/10 19:24
佐藤春夫『妖人永井荷風』

324 :吾輩は名無しである:03/05/10 21:52
佐藤春夫氏は谷崎潤一郎が奥さんを譲る約束を反古にしたと、
絶交したくらいの犬猿の仲。よって坊主憎けりゃ袈裟まで!かな?
どんな内容なのか今度読んでみたいな。

325 :吾輩は名無しである:03/05/16 03:05
保守

326 :吾輩は名無しである:03/05/17 02:13
>324
絶交してないんでないの?


327 :吾輩は名無しである:03/05/17 02:19
「私だって人間ですからね、ああいうことをされちゃあ、尋常な気持ちでは
 いられませんよ。そりゃあ君が困っているのはわかる。判り過ぎるくらいだ。
 だからといってその金額全部を用立てるのはできないですよ。できない。
 半分にしなさい。それでいいでしょう。金は兎角揉め事のたねになるから
 本当は貸すのは嫌だが君にあげると思って半分だけ用立てましょう。
 それにこれは私の経済的事情も有るんです」

328 :吾輩は名無しである:03/05/23 14:14
結局、あの荷風ブームはなんだったんだらう?

329 :吾輩は名無しである:03/05/23 15:13
風俗ブームでした

330 :吾輩は名無しである:03/05/24 23:00
われは明治の児ならずや。

331 :吾輩は名無しである:03/05/25 04:51
BSの「食は文学にあり」再放送みますた。
日乗の美しい製本と、最期の大学ノート殴り書きの落差を見て
老いの残酷さ、人生の儚さ無意味さに思い至り
激しく鬱になってしまった。
死体写真はカツ丼嘔吐を掃除して撮ったの?

332 :吾輩は名無しである:03/05/25 04:53
俺もその放送見た。淋しい死に方だけど、ホンモノの作家だと思うよ。

333 :吾輩は名無しである:03/05/25 18:48

淋しい死に様がホンモノの作家?

何のこっちゃ。
誰にも心を開かないやつが誰にも看取られずに野たれ死んだだけ。
望みどおりにおっちんだんだよ

334 :吾輩は名無しである:03/05/25 22:25
死に瀕して苦悶している当人にとって、
どんな慰めの言葉もいたわりも気遣いも、ただもう
うるさい煩わしいものであって、もしできることならば、そいつ等を
張り倒して遠ざけたい!死の恐怖は当人だけのものであり、
迫り来る地獄は当人だけにしか関わりがない。
ほんものの孤独ってそういうものだ。
拝んで救われるものなら、なんぼでも拝み倒すさ。
ほんとうに神があるのかは、そのときはっきりする。

335 :吾輩は名無しである:03/05/25 23:43
>>333

だけどと結んでいるじゃないか

336 :吾輩は名無しである:03/05/26 20:56
もう永井荷風が亡くなって40年も経つのかね。
適当に書き散らかしたものが、こうやって後世の人達に読まれて、
いたぶられたり揶揄されたり。いったい、人が生きて死に、
書きなぐったものが、あとに残って慕われるって・・・、よくわからない。
いま、もし生きて達者だったら、連日ソープ通いしてるかな?


337 :吾輩は名無しである:03/05/28 10:06
これからも動物Aを応援してくださいね(^ー^)♪

338 :吾輩は名無しである:03/05/30 22:23
今年、荷風忌(4/30だっけ)に行った人いる???

339 :吾輩は名無しである:03/06/01 20:08
どうもいかんな。
ある程度まで行くと、人はみな、世の中のためとか、人のためとか、
社会のためとか、秩序を守るためとか、そういった事柄に、
ついつい、ちょっかいを出したくなってしまうんだな、これが。
なんとか電気の社長が、同友会の会長に出たり、どっかの大学の先生が、
教授の席を投げうって政界に入ったり。まあ、要するに、
出たがり屋さんなんだろうな、目立ちたがり屋のええ恰好しいの。
欲なんだろな、とにかくじっとしていられない。
馬鹿げたことだよ、そんなことに踊らされて、身も心もくたびれ果てて。
それでいったいどんな成就ができたのか?って自問しても、結局
なにがなんやら、さっぱりわからない。まあ、お好きなように、
私は、勝手に裏町の溝際の掘っ立て小屋で、艶かしいぬるぬるしたのと
楽しくぬるぬる遊んでいますからさ。

340 :吾輩は名無しである:03/06/04 17:44
>>336
荷風はケチだから、DC通いしていると思われ。
〔鶯谷慕情〕とかを書いてるよ。

341 :吾輩は名無しである:03/06/12 19:18
来週、
京成八幡駅前、
大黒屋にまずいと評判のカツ丼を食いに行こうっと・・・







342 :吾輩は名無しである:03/06/12 22:11
へえ、大黒屋ってまだやってるんだ。
永井荷風のおかげでそういうお客さんも多いんだろな。
でも日記を読むと、浅草へ行くのが億劫になっちゃって、
仕方なく近場の大黒屋さんへ行ったみたいな感じがするけどなあ。

343 :吾輩は名無しである:03/06/15 03:06
>>341
評判どおりまずいよ。それから実際に逝ってみると大黒屋から終焉の地までは
驚くほど近い。

344 :吾輩は名無しである:03/06/15 03:20
荷風にあっては、生まれたときが絶頂で、それからたった一人の死にいたるまでのひた
すら下降していく時間を楽しんでいるふしがあるが、しかしそれは荷風が「見せよう」
とした芸であり、本当のところは、荷風は、一瞬一瞬がつねに絶頂であった。

345 :吾輩は名無しである:03/06/15 03:28
ちなみに浅草尾張屋のかしわ南蛮も食ったけどこっちはまあまあだった。

346 :吾輩は名無しである:03/06/15 03:37
http://www7.ocn.ne.jp/~daik88/kafuu.html

347 :吾輩は名無しである:03/06/15 10:02
荷風セットねえ、たまたま近くにあった食堂というだけで、
ずいぶん余徳にあずかってまんなあ。

348 :吾輩は名無しである:03/06/17 00:35
http://www.asahi.com/ad/clients/kosho/index.html

?東綺譚の草稿が3000万円ですと

349 :吾輩は名無しである:03/06/17 13:15
>>346
これを読むと杵屋の子供が荷風の養子になってるんだね。
つうことは遺産もそっくり受け継いだんだ。永井永光氏っていう人。

350 :吾輩は名無しである:03/06/17 21:21
>>344
どっかの文章からの引用だなあ。
しかも、思いっきり美化されてまんなあ。

そんなことより、自分勝手な振る舞い、無為な生活、
不様な死に方とかがとっても面白く、興味尽きない訳で・・・



351 :吾輩は名無しである:03/06/20 18:10
また寝る前に木刀奇談をちびちび読んでまつ。
どうせすぐ眠くなっちゃうからなんでもいいんだけども。

352 :吾輩は名無しである:03/06/21 00:39
>303
亀レスだが、へんき館跡は泉ガーデンじゃよ...
何か痕跡はあったかのう

353 :303:03/06/21 03:37
だね。勘違いしてた。御組坂も途中でぶった切られて偏奇館跡は痕跡を
探すこともできなくなっていると思う。

354 :吾輩は名無しである:03/06/21 21:50
まわりに一人の肉親もなく、身体も思うように動けなくなって、
ひとりぽっちの陋屋で、じっと死と向かい合う時間って、
どんなもんなんだろう。仏教でも神道でもキリスト教でもなく、
まさか儒教でもなく、でもやっぱ、仏さまかな。そんな気がする。

355 :吾輩は名無しである:03/06/22 13:06
>>354
心配すな、藻まえも必ず体験できる。
どんな情況でも、周りに誰がいようと、病院だろうと肉親に囲まれていようと
自分の死と向かい合うのはただ独り・・・藻まえもその時わかる。
楽しみにしとれ、その日は必ず来るから

356 :吾輩は名無しである:03/06/23 01:55
放蕩の生涯からは空しい痴情の夢のなごりはあっても、
今にして初めて知る、老年の慰みとなるべき子孫のない身一つの淋しさはかなさ。

357 :吾輩は名無しである:03/06/23 03:12
Googleで「帝京 事件」と検索すると・・

http://www.google.com/search?hl=ja&inlang=ja&ie=EUC-JP&oe=euc-jp&q=%C4%EB%B5%FE%A1%A1%BB%F6%B7%EF&lr=

検索結果5200件。
いきなり銃撃ときて、その後も結核集団感染、大学による悪意のある投書、ラグビー部レイプ、エイズetcと続く。
さすが低狂グループ、最狂です。

低凶グループ過去の犯罪特集
http://choco.2ch.net/news/kako/1015/10154/1015445145.html

この後にも沖永総長の脱税、低凶OBの織田無道の宗教法人乗っ取り事件などが起こる

358 :吾輩は名無しである:03/06/24 22:24
家族のある人は、山のような蔵書も家具だの什器も、自分が逝ったら、
あとは何とか片づけて適当に処理してくれるだろうと、無責任でいられるけど、
他人の世話には金輪際なりたくない、偏屈な身寄りなしは、やっぱり、
生前、身辺を整理して、必要最小限のガラクタだけにしておきたいだろうな。
いつ逝くのかは、こればっかりは、天のみぞ知るのだけども。


359 :吾輩は名無しである:03/06/25 11:52
カツ丼、食いたい。

360 :吾輩は名無しである:03/07/05 01:54
鴨南蛮、食いたい。








361 :吾輩は名無しである:03/07/06 01:54
安岡章太郎の文庫どう?

362 :吾輩は名無しである:03/07/06 07:53
今時のDQN中高生は荷風をニフウと発音するらしい。

363 :吾輩は名無しである:03/07/07 01:08
いや、俺たちが間違っていたのかもしれない。
本当はニフウだったのだ!

364 :吾輩は名無しである:03/07/07 13:02
鴎外が、「ニフウ」の読みを「カフウ」にしなさい、とアドバイスしたのは、
荷風研究者の間では、常識です。

365 :吾輩は名無しである:03/07/07 13:07
ソンナバカナ・・・┐(´-`)┌

366 :吾輩は名無しである:03/07/08 23:42
荷風の日和下駄を読み返してたまげた。
みうらじゅんよりも以前に崖について
語っていたとは。

367 :吾輩は名無しである:03/07/08 23:57
>>361
後期の安岡を評価できないのはしょせん厨板
いちばんスノッブが付きにくい大家なんだよね。


368 :吾輩は名無しである:03/07/09 00:59
>>367
そういうお前の物言いが一番スノビッシュw

369 :吾輩は名無しである:03/07/09 02:04
>>368
過去ログ倉庫から安岡スレさがして見てみれ
ひどいものだ、「海辺の光景」で終わってやんの。
「己のために小説を書いた」最後の作家だぜ。荷風のほうが
何気にカコイイものな、話題として(w
吉行スレも終わったし、厨のフェスティバルだな、この文学板は。

370 :吾輩は名無しである:03/07/09 19:41
現代もテレビをつければ久本や柴田が出ずっぱりの昭和初期の頃と同様
理不尽な勢力が跋扈し社会を壟断し邪が正に勝る末世の観を何気に呈して
いるけども、和漢洋に通じた荷風のこころは、そんなたかが十年二十年の
跳ねっかえりの跳梁などてんで相手にしない、悠久の時の流れに同化して
そうして悠々と呼吸し美味いものを食らい、いつも朗朗と笑って暮していたね。
荷風をケチで助平でイジワルで、どうにも救いようのないヤシと評していた
山本夏彦さんも、荷風の文章の美は絶賛していた。ならば、そんなに
ケチで助平でイジワルな救いようのない人物が、果たして、そのような
美しい文章を付け焼刃で簡単に描けるのものだろうか?文は人なり。
文章にはその人のすべてが表わされてしまうものなんじゃありませんかねえ。

371 :吾輩は名無しである:03/07/09 20:37
「・・・だぜ」ってナウイな。

372 :吾輩は名無しである:03/07/12 00:53
>>370
山本夏彦なんて、ごみ物書きの言葉を引用するな!









373 :吾輩は名無しである:03/07/12 14:21

同意!!!
 




374 :吾輩は名無しである:03/07/12 14:40
小林デブ彦は「平成の荷風」を気取っているらしい。


375 :吾輩は名無しである :03/07/12 15:51
て優香、
田中康夫が『噂の真相』に長年連載してる「ペログリ日記」は
「断腸亭日乗」を意識してるそうだが。

376 :吾輩は名無しである:03/07/12 18:02
>>374
そこまでずうずうしくはないだろ

377 :吾輩は名無しである:03/07/13 00:29
>>374、375

荷風を気取るなら小説を書け。小説を!!

378 :吾輩は名無しである:03/07/13 10:23
カフーは横浜こなかったね

379 :吾輩は名無しである:03/07/13 10:28
相手を決めなくてもやってりゃいいんだろうか?
和田さんもそうだが、私には分からない。

380 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

381 :吾輩は名無しである:03/07/13 10:32
>>378
まあまあ、ひとり浦和にいますから・・・。

382 :吾輩は名無しである:03/07/13 18:21
協力age


383 :山崎 渉:03/07/15 08:55

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

384 :吾輩は名無しである:03/07/15 21:46
保守保守

385 :吾輩は名無しである:03/07/17 20:08
色っぽい張り切った胸元にムラムラして、我を忘れてねぶりついたら最後、
子供が生まれ次第にシワだらけになる女房ともども食わせていかなきゃならない。
弱い女にとって身体を磨きスカートの丈をできるだけ短くし色香を撒くのは、
獲物を捕らえるための涙ぐましい努力なんだけども、そういう打算や手管は、
不快極まりない。荷風散人が少し知恵のまわらないボーッとした女性を
求めた気持が何となくわかるような気がする。一発放射させてあげた代償、
オッパイにねぶり着かせてあげた代償が妻の座永久就職だなんて、
不潔極まりない、反吐がでるほど醜怪な性根だ。くわばらくわばら。

386 :吾輩は名無しである:03/07/17 23:24
>>385
恋愛というものを性的な側面からしか理解できない気の毒な人の書き込みらしい。


387 :吾輩は名無しである:03/07/18 10:41
「ダンナ、ご紹介しましょう。いかがです、絶好のチャンスですぜ。
 猟奇的ですぜ、ダンナ」

388 :吾輩は名無しである:03/07/18 20:19
荷風散人には恋愛という言葉自体が似合わない。






389 :吾輩は名無しである:03/07/20 11:54
女性を物としか見ていない時代の人だからね。あの当時、恋愛らしい恋愛をしていた日本人はほとんどいなかったんじゃないか。

390 :吾輩は名無しである:03/07/20 17:15
つれづれなるあまり余が帰朝以来馴染を重ねたる女を以下に列挙すべし。
鈴木かつ、蔵田よし、吉野こう、内田八重、米田みよ、中村ふさ、野中直、
今村栄、関根うた、清元秀梅、白鳩銀子、黒沢きみ、渡辺美代、大竹とみ、
古田ひさ、山路さん子、この外臨時のもの挙ぐるにいとまあらず。
派手にやりまくったもんだなあ。合掌。

391 :吾輩は名無しである:03/07/20 18:19
商売女ばっかりだろ。

392 :吾輩は名無しである:03/07/21 13:40
金と暇が有り余るほどあったんだから、当然でしょ(羨ましすぎる)

ところで、荷風は梅毒にかかってたって本当なの?




393 :吾輩は名無しである:03/07/22 03:08
谷崎と荷風が対談したとき「検査しても陰性だが、罹っていないわけはない」と二人で話し合っていたそうだが、詳細は知る由もない。

394 :吾輩は名無しである:03/07/22 05:07
斉藤茂吉に検査してもらったんだよね。

戦後の荷風ブームのとき、白樺派の長与善郎が、自伝で荷風のことに触れてた。

そんとき、「こんな脳梅患者の書いた下品な作品が流行るなんて云々」

と、相当キレタ語調で書いてたのを読んだことある

395 :吾輩は名無しである:03/07/22 18:44

それは偽善者の群れ〔白樺派〕の言いがかりだろう。

仮に梅毒にかかったとしても、治癒したんじゃない?
中州病院あたりで・・・・


396 :吾輩は名無しである:03/07/22 20:44
花柳病のような病勢の緩やかなものは老境に至ればそれほど怖くはない。
むしろおっかないのはチブスのような伝染病だ(木刀奇談)。
荷風散人は、自分が梅毒もちだと知っていて無責任にやりまくるような、
そんな人じゃあないよ。そんなことは、億万長者の身で、
あんな風に狭いあばら屋でひとり孤独に死んで行く姿を見たら、
わかりそうなもんに。当世の劇画世代の仁には、わかるまいが。

397 :吾輩は名無しである:03/07/23 01:12
「劇画世代」という言葉そのものがかなり古い。大体「劇画」なんていう言い方は最近はしない。


398 :吾輩は名無しである:03/07/23 01:34
なんで2は1を叩いてるの?

399 :吾輩は名無しである:03/07/23 18:39
つゆが続きますが、みなさんも断腸亭にならって、生水やアイスクリームや
アイスコーヒーなるものを控えませう。

400 :吾輩は名無しである:03/07/23 23:36
最近活動写真を見てないなー

401 :mw:03/07/24 03:57
断腸亭日記の昭和11年、12年にカメラで墨東の町並みを
撮影しているようですが、使用しているカメラはなんですか?
それと永井荷風が撮影した写真を見ることは出来るのでしょうか。
教えてください。よろしくお願いします。


402 :吾輩は名無しである:03/07/24 19:29
わたくしは活動写真をほとんど見たことがない。





403 :吾輩は名無しである:03/07/24 19:41
>>401
写るんですスーパー800

404 :下丸子:03/07/24 21:03
使用してたカメラはローライコードです

405 :吾輩は名無しである:03/07/25 00:48
新潮の文学アルバムに載ってなかったかな?

406 :吾輩は名無しである:03/07/25 17:55
「億万長者の身でありながら あばら屋で 老残の孤独死」 見事だな。憧れるけど なかなか真似できるものじゃないな、、

407 :mw:03/07/26 06:41
下丸子 様
本当にありがとうございました。
疑問が解消して、感謝しています。
二眼レフのローライコードですか、
なるほどという感じです。
すみません。

408 :吾輩は名無しである:03/07/26 08:57
s7/11/11の荷風日記
曇りて風なし。朝十時頃青山南町の病院に斎藤博士(名茂吉号不詳)を訪ふて治を請ふ。
血清反応検査証  貴下血清ニツキ黴毒反応ヲ検スルニ左の如シ
一ワッセルマン反応 隠棲(−) 一沈降反応 陰性(−)  右検査候也  青山脳病院
この後の記述で、去年3月大石博士の診察で駆黴の注射をしたが思えば無益の事をした。
と書いている。これ以降のことは知らないけど。
 

409 :吾輩は名無しである:03/07/26 11:25
荷風は明治期の軍人、田村怡与造の娘(某軍人と離婚後)からも言い寄られてるが
後難を恐れて手をつけなかったんでないかい?他にも、どこぞの行かず後家からも
家に置いてもらって身の回りの世話したい、という、しつこい手紙貰ってる。

410 :吾輩は名無しである:03/07/26 12:23
ダンチョネー

411 :吾輩は名無しである:03/07/26 14:29
>>409
単に不細工で食指が動かなかったのであろう。

412 :吾輩は名無しである:03/07/26 21:35
そういうものに関わってしまうと、義理だの遠慮だの付き合いだのの、
一番嫌いな「不自由」が火を見るよりもあきらかに我が身に訪れると
わかっていたからだろう。

413 :吾輩は名無しである:03/07/26 22:07
軍人の娘を手込めにして警察に逮捕され、文壇から抹殺された島田清次郎とは対照的な態度だな。

414 :吾輩は名無しである:03/07/27 09:37
荷風は用心深いところがある。方々から送られてくる印刷物など封も切らず
放置している。ある時、警察(特高)の刑事が来て、某(左翼系?)から
送られた出版物がるはずだが、と聞かれると、そこの反古入れに入ってる
ので勝手に探して持っていってほしい、て言ってる。また、古い原稿を川に
流したが沈まずに流れていったので身元がバレルのを恐れ追っかけて行って
回収してる(小心)。当局を批判した記述も墨で消していた時期もある。

415 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

416 :吾輩は名無しである:03/07/27 15:46
消した部分をどうやって復元したのか興味がある。

417 :吾輩は名無しである:03/07/31 19:55
人なみはずれてせいの高い私は日和下駄を履いて・・・




418 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

419 :山崎 渉:03/08/01 23:58
(^^)

420 :吾輩は名無しである:03/08/03 20:54
荷風は一高受験にわざと失敗したように伝えられてるけど
本当の所どうなんでしょう?



421 :吾輩は名無しである:03/08/04 01:23
「わざと失敗した」という説の根拠が知りたいね。旧制中学ではそんなに成績が良かったのか。


422 :吾輩は名無しである:03/08/05 00:18
420のような説は聞いたことないな。
あきらかに学力不足でしょ?

噺家の弟子になったり、尺八ならってたりしてたんだから。

423 :吾輩は名無しである:03/08/05 02:24
上海から帰ってきてすぐに受験したんだっけ?
逆か?不合格になって上海?

424 :吾輩は名無しである:03/08/05 05:04
学校の勉強のできふできとその人の人格教養とが
無関係であることは、東大法学部卒の連中を見れば一目瞭然だろう。

425 :吾輩は名無しである:03/08/05 15:19
>>421
荷風自身が談話で言ってる。
文科を希望したが理科を受験させられて、わざと(ここが?なのだが)
落第したとさ。
ここで決定的に親と不和になったのでは?
それとも荷風一流のふかしかも・・・


426 :吾輩は名無しである:03/08/05 17:20
荷風の教養は大したものだが、人格はどうかね。

下宿先の主人の性生活を覗いて追い出されるような男だぜw


427 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

428 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

429 :吾輩は名無しである:03/08/05 21:41
確かに女遊びもしたしあんまり誉められたことやってないけども、
確か断腸亭の中で、自分はさんざ遊んできたけど、処女を犯したことも
ないし、カタギの人の人生を狂わせてしまうような大罪を犯したこともない、
みたいなことを言ってるよ。ぼくはその言葉をその文章の美から信じるな。

430 :吾輩は名無しである:03/08/06 20:20
小説のうまさと人格は別!

というか、小説にも、荷風の冷たさとか、人格的問題がおのずとあらわれて、
それが絶妙のあじわいを醸し出している。

(「ひかげの花』『つゆのあとさき』あたりを参照。)

みもふたもないような生活をえがいて、あくどくならず読ませてしまう不思議。



431 :吾輩は名無しである:03/08/09 17:35
>>429
戦後、世話になった仏文学者の夫婦生活をさんざん覗き見して、
絶交されてるぞ。
充分、カタギの人の人生を狂わせてるのでは?
荷風の事を大尊敬して、家無しの文豪に好意をみせた若い夫婦には
驚天動地の出来事だたろう。






432 :吾輩は名無しである:03/08/09 21:57
老齢でインポになってから覗きに興味を持つようになったという説もあるね。

自宅に専門の業者を招いて、シロシロを楽しんだりもしていたらしい。

433 :吾輩は名無しである:03/08/11 19:34
荷風は果たして千人斬りを達成したのか?

未達成だったら、伊藤博文にも負けたことになるが・・・




434 :美香 ◆FEjfVGlQnw :03/08/11 23:39
伊藤博文って千人斬りを達成したの?

435 :吾輩は名無しである:03/08/12 00:03
ハルピンで殺されてなければ…………。いや、女子教育機関を作るのには熱心だった。
鹿鳴館でろくに英語も話せず社交界に不釣り合いな娘ばかりという事態を悲観していた。
千人ギリとゆう感じではないですね。でもロリコンだったかもしれない。
荷風は連れ歩くのは好きだったみたい。実際は無理だったんじゃない?
没落したお嬢様(ウチの卒業生)とかを。
ゼミでせんせーにニヤニヤされながら指摘された。なんで出身校しってんだよ!


436 :435:03/08/12 00:09
訂正:荷風は没落したお嬢様のなれの果てをつれ歩き悦に入っていたが、あっちは全然だめだった。


437 :吾輩は名無しである:03/08/12 00:51
荷風の吉原細見、2冊にわたっているが、全部本人の経験じゃないだろ。
ゴーストにそれなりの香具師を使ってそうだ。

438 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

439 :吾輩は名無しである:03/08/12 00:57
>>438
うぜぇよ。荷風ぐらいダンディズムあればスケベでもいいんだよ。


440 :吾輩は名無しである:03/08/12 19:32
>>435
伊藤博文は政治家としては大した者だったが・・・
異常な女好きは当時から新聞等で超有名だったんだが・・・

夫人も病気と思ってあきらめてたのも有名だよ。



441 :吾輩は名無しである:03/08/13 19:10
女好きを公言して女の尻を追い回す男には罪がない。愛嬌があって好きだ。
一方で、女になんかに興味無いような外見を装い、その実、頭の中は、
女だらけ、それも全裸。年がら年中、妄想し、ほとんど二六時中、
そればっかで、自慰していながら、嫌いな風を装う畜生野郎。
こういうのが暴発して、世間を騒がすわけであります。

442 :吾輩は名無しである:03/08/13 23:16
博文つながりで、慶應大学文学部の榊博文教授も異常な女好きで有名である。芹沢博文もそうだな。

443 :吾輩は名無しである:03/08/15 02:10
>442
マジで?社会学科の教授はセクハラが凄いって聞いてはいたけど

444 :山崎 渉:03/08/15 09:26
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

445 :吾輩は名無しである:03/08/15 14:24
hosyu

446 :吾輩は名無しである:03/08/17 21:47
若いピチピチした女がどんなに媚態を見せようとも、
それは仮の一瞬の姿であり、いやったらしい性根、
ふてぶてしい居坐り、醜い老醜は、もうそこに見えているのだから、
時たま淫欲が催したら遊びに出かけて酔いにまかせて買えばいいのであって、
そんなもん我が家にいれて、のさばらせたら、そりゃ、とんでもないことに
なると、百も承知の荷風散人ですた。ほんに、男を得るのが女の生涯の
仕事だとすたら、荷風ほど、いやなヤシはいなかったろう。

447 :吾輩は名無しである:03/08/18 03:15
>446
>そんなもん我が家にいれて、のさばらせたら、そりゃ、とんでもないことに
なると、百も承知の荷風散人ですた。

百も承知っていうか数々の失敗の結果そう悟ったのではないか

448 :吾輩は名無しである:03/08/20 00:22
モミジまんじゅうのルーツは、
伊藤博文が広島のまんじゅう屋の
娘さんの手を見て、もみじ見たいじゃのうと言ったのは始まりと
修学旅行のバスガイドに聞いたことがあるが、
ロリコン故の観察眼でしたか。

449 :吾輩は名無しである:03/08/23 16:39
三遊亭ゆめのすけ

450 :吾輩は名無しである:03/08/23 17:48
>>449
昔の舞妓や芸妓は10代でお披露目し、ダンナを持たされた。
ロリコンどころか、
「初物」は皆、ピチピチした10代だったんだ

ちなみに一般庶民が嫁に逝くのも10代が主で、二十歳過ぎたら
「行き遅れた」「年増」と呼ばれた。
おまーらの祖母ちゃんの母ちゃんあたりまで遡ってみれ、
皆14,5歳でケコーンして子を産んどらぁ。

動物は皆、生命体として旬の頃に生殖して次世代を産む。
人間だけが、頭でっかちになったばかりに、肉体的動物的旬の時期を
むやみに拡大して、10代から60代まで出産可能な科学時代へと
突入したわけだ。
次はクローンを創って、自分のクローンとセックル…(後略  W

451 :ゆめのすけ:03/08/24 19:35

誰に対してのレスですか?
しかも、何をとち狂ったこと言ってるの(w




452 :吾輩は名無しである:03/08/29 18:45
?東綺譚


453 :吾輩は名無しである:03/08/29 18:47


454 :吾輩は名無しである:03/08/30 00:52
シ墨 東 奇 譚


455 :吾輩は名無しである:03/08/30 20:41
カフウ

456 :吾輩は名無しである:03/08/31 00:29
Yahoo

457 :吾輩は名無しである:03/08/31 17:47
鴎外>荷風>子規>露伴>漱石

でも、いっちょん好きなのは二葉亭(テヘ

458 :吾輩は名無しである:03/09/01 03:13
>>457
しねえ

459 :吾輩は名無しである:03/09/02 19:46
>>457
『平凡』は史上最強!!

460 :吾輩は名無しである:03/09/05 21:46
覗き大好きぼけ老人

461 :吾輩は名無しである:03/09/06 19:17
江戸戯作者に憧れてた筈が文学性の高さで
大衆文学は書けなかったのね

462 :吾輩は名無しである:03/09/07 20:57
ブラジル代表右サイドバック

463 :吾輩は名無しである:03/09/08 07:55
レアンドロ

464 :吾輩は名無しである:03/09/13 17:18
荷風新々全集の作成希望!!



465 :吾輩は名無しである:03/09/14 23:01
断腸亭日乗の原本って見られるの?

466 :吾輩は名無しである:03/09/15 00:43
「ぼくとうきたん」てどういう意味ですか?

467 :吾輩は名無しである:03/09/15 01:24
『ぼくとうきだん』です。
ぼくとう(今の墨田区)の不思議な話

468 :吾輩は名無しである:03/09/15 01:32
>>467
一瞬、なるほどそういうことなんだ、と思ったんですが、
やっぱり真剣に知りたいです。。。
いちおう検索かけたんですが、うまく見つからないです

469 :吾輩は名無しである:03/09/15 07:21
「墨田川(隅田川)の東」を漢語めかして表現したのが「シ墨東」。

「相模の南」を漢語めかして湘南と呼ぶのと同じ。


470 :吾輩は名無しである:03/09/15 08:02
小学生?のころ長髪にしてたのを、同級生で後の元帥陸軍大将寺内寿一伯爵に
丸刈りにされたそうだ

471 :吾輩は名無しである:03/09/15 15:08
その後、いじめられたぼろぼろの格好のまま、いじめた相手の家を訪ね、
親に「おまえの息子たちにこんなにされた。あとで仕返しするから、そのときに
なっても文句をいうな」とかけあって、親達にあやまらせたという。

472 :吾輩は名無しである:03/09/15 15:18
>>468
っていうか嫁。岩波文庫に入ってる。ブックオフでもしょっちゅう100円棚で見かける。
うっすいぞ。意味だけ知りたければ「作者贅言」だけでもいい。

473 :吾輩は名無しである:03/09/15 19:02
「つゆのあとさき」てどういう意味ですか?




474 :吾輩は名無しである:03/09/15 20:03
梅雨の季節の前後にああなってこうなりました

475 :468:03/09/15 21:06
>>472
今、中央公論社から出てる、「日本の文学」の永井荷風ので、
読んでるのですが、なかなか読み進まず・・・
ブクオフ探してみますアリガトゴザイマス。
そこにも「作後贅言に命名のいわれが述べられ・・・」みたいなことが書いてありました。
ところで、「譚」は「たん」と「だん」の読みどっちなのでしょうか?
そして、「贅言」て、何て読むんですかね〜??


476 :吾輩は名無しである:03/09/16 14:20
少しは自分で調べなさい
http://dictionary.goo.ne.jp/

きたん 0 【奇▼譚】
珍しい伝承。不思議な話。
「異聞―」

ぜいげん 0 【▼贅言】
(名)スル
余計な言葉。また、それを言うこと。
「―を要しない」「―を弄する」「―せずして速かに帰り去るべし/花柳春話(純一郎)」

三省堂提供「大辞林 第二版」より

477 :吾輩は名無しである:03/09/16 16:33
ボク東奇譚なんてどんなに読書スピードが遅くても3時間も有れば読めそうだがなぁ。
ってゆーか、俺の持ってる岩波文庫版には「作者贅言」なる物は載ってなかった。

478 :吾輩は名無しである:03/09/16 18:36
え、載ってないの?

479 :472:03/09/16 21:39
>>477
お恥ずかしい。「作者贅言」じゃなくて「作後贅言」でしたね。
それなら載ってるでしょ?

480 :468:03/09/16 22:17
>>476
アリガトゴザイマシタ!!
自分もその辞書で「きたん」調べたはずなんですが、「綺譚」で調べて出てこなかったんですね。お恥ずかしい。
3時間・・・というか正直あまりおもしろくなくて、いつも途中で寝てしまって・・・
愛しのカレーが読んでたのでまねしてコソーリ、ベンキョしようと思ってんですが、どうも・・・。
それで、その作後贅言でも読めばおもしろどころわかりますかね?



481 :吾輩は名無しである:03/09/17 01:17
二 夕立ちキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
九 白玉(゚д゚)ウマー


482 :吾輩は名無しである:03/09/19 11:40
奇譚クラブ、団鬼六

483 :吾輩は名無しである:03/09/19 11:54
断腸亭荷風・・・スゲエ名だよなあ、よく思いつくなあ、この人もまた、天才。

484 :吾輩は名無しである:03/09/19 11:54
なんでマリノスに来なかったんだYO!

485 :吾輩は名無しである:03/09/19 12:39
>>480
愛しの彼は「四畳半襖の下貼」「濡れヅロ草紙」を読みながら独りで○○○○してるよ。
お前なんかお呼びじゃない。

486 :吾輩は名無しである:03/09/19 19:40
それはおまえだろ

487 :吾輩は名無しである:03/09/19 22:22
(有)墨東工業

488 :吾輩は名無しである:03/09/19 23:14
>>487
おもしろい!

489 :吾輩は名無しである:03/09/20 01:21
僕と由紀タン

490 :吾輩は名無しである:03/09/20 11:18
>>488>>487
わからん!
>>489
これはわかる

491 :吾輩は名無しである:03/09/20 17:20
>>477
荷風は秋の夜長にまったりノロノロ読んで、失われた江戸情緒に
浸りたいものだ・・・

Howto物じゃないんだから。


492 :吾輩は名無しである:03/09/20 18:25
女の好みは良くわからないわ
普通の人じゃ刺激無かったみたいね
結婚してもすぐ離婚しちゃうんだもの
でも下駄はいて東京歩き回るなんてねえ
今だったら何はくのかしら
スニーカー、ウォーキング・シューズ?
やっぱりあの人は下駄じゃなきゃねえ。

493 :吾輩は名無しである:03/09/20 18:34
日和下駄って言葉がいい。
なんとなく日和見の響きがあって。
偲びつつ墨東を歩くのも面白い。
滝田さんの寺島町とか、ハトの町とか。
まあ、ハトの町の命名は戦後だろうが。
銘酒屋のゆかりを残す建物を探していると向島の
置屋街に出たりする。
身どもには無縁の一帯なれど、和菓子を買ったり
アイスクリームを食べたりしてぼんやりすごす。
羊羹もきび団子も桜餅もみなおいしい。

494 :吾輩は名無しである:03/09/20 21:51
>>485
それってどういう意味ですかね?
女はいらぬってことでしょうか?

495 :吾輩は名無しである:03/09/21 20:02

頭のおかしい変態レスには付き合わないようにネ。。



496 :吾輩は名無しである:03/09/22 23:31
262 名前:吾輩は名無しである 投稿日:03/09/22 19:14
永井荷風とどっちが文章上手い?


263 名前:吾輩は名無しである 投稿日:03/09/22 19:23
比べるなボケ。日本文学の至宝とウンコを。


徳田秋声スレにて

497 :吾輩は名無しである:03/09/23 17:56
荷風はチャレンジャーだから、男色も経験した???




498 :吾輩は名無しである:03/09/24 00:03
>496
どっちが運古なのかな?

499 :吾輩は名無しである:03/09/25 07:34
日乗にうんこの話ってあったっけ
腹が痛いというような話はあるだろうが

500 :吾輩は名無しである:03/09/25 11:42
500人目の来訪者

501 :吾輩は名無しである:03/09/27 14:49
ビヨロン

502 :吾輩は名無しである:03/09/27 18:02
>>497
荷風はアナル派だったりして(w




503 :吾輩は名無しである:03/09/27 21:27
安岡章太郎の「私の木刀忌憚」が文庫で出ていた。
老人が主なターゲットなのか、文字がむやみに多きかった。

504 :吾輩は名無しである:03/09/28 18:34

内容を語れ!!

このタコ。

505 :吾輩は名無しである:03/09/28 19:58
>>467
こういう、自信満々で間違ったことをいう人が、一番始末におえない。

506 :吾輩は名無しである:03/09/30 14:39
>>505
どこが間違ってると?

507 :? &rlo; ? &lro; :03/09/30 19:16
「ぼくとうきたん」と読むのだよ。

508 :吾輩は名無しである:03/10/01 00:48
「ぼくとうきだん」だよ。
岩波の文庫版と中公の日本文学全集とかいうヤツにそうルビが振ってあるからね。

509 :吾輩は名無しである:03/10/01 00:50
一応言っておきますが、
>>467=>>506=>>508です。

510 :吾輩は名無しである:03/10/01 07:22
荷風は帯を引っ張ってクルクル回したのかな?
「あーれー」

511 :吾輩は名無しである:03/10/01 13:36
>>508
では、君は「ぼくとうきだん」と読めばいい。

512 :吾輩は名無しである:03/10/01 13:37
ながいにふう ぼくとうきだん

513 :467:03/10/01 14:40
>>511
だから、どっちなんですか?
「奇譚」にわざわざ「きだん」とルビを振ったのは荷風が意図的にやった物だと
思うんだけど。中公と岩波が同じ誤植をしたとも思えないし。

514 :吾輩は名無しである:03/10/01 16:44
ちなみに、新潮文庫の「墨東奇譚」(昭和五十五年一月十日 四十三刷)
には、「ぼくとうきたん」とルビがふってある。

きだん【奇談】
    珍しくおもしろい話。奇聞。{類義語}奇譚(きたん)。
きたん【奇譚】
    珍しい,不思議な物語。{類義語}奇談。  

通常の読みで「きたん」 であるのに、なぜわざわざ荷風が「きだん」と
指定するのか疑問に思うけど。

515 :吾輩は名無しである:03/10/01 16:53
ぼくとうきだん の検索結果30件
ぼくとうきたん の検索結果55件

よってぼくとうきたんの勝ちとする

(グーグル調べ)

516 :吾輩は名無しである:03/10/01 23:05
墨東キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ン!!

517 :吾輩は名無しである:03/10/03 01:02
ちょいと調べてみたところ、映画化の際のタイトルは「ぼくとうきだん」でした。

http://www.cs110.nihon-eiga.com/medama0308/atg.html

「奇譚」の譚の字には「だん」という読みも存在するようです。
放送業界でも「奇譚」の読みは「きたん」派と「きだん」派がいるとか。
http://216.239.57.104/search?q=cache:EdS6whJobCkJ:kirarabunko.cool.ne.jp/www/hiropee4.html+%E
6%B0%B8%E4%BA%95%E8%8D%B7%E9%A2%A8+%E5%A2%A8%E6%9D%B1%E5%A5%87%E8%AD%9A+%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%
81%A8%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%A0%E3%82%93+%E3%81%BC%E3%81%8F%E3%81%A8%E3%81%86%E3%81%8D%E3%81%
9F%E3%82%93&hl=ja&ie=UTF-8&inlang=ja

518 :吾輩は名無しである:03/10/03 01:04
ん?リンク失敗。
ここの1月29日の辺りです
ttp://kirarabunko.cool.ne.jp/www/hiropee4.html

519 :吾輩は名無しである:03/10/03 01:56
カルト漫画「人間時計」の作者である徳南晴一郎は、荷風に心酔して
荷風バリの文章で自伝を著している。興味があったら読んでみ。

520 :吾輩は名無しである:03/10/03 13:58
人間時計たいしたことないよ
俺の方が頭おかしい自信あるもん

521 :吾輩は名無しである:03/10/07 19:37
荒川放水路

522 :吾輩は名無しである:03/10/10 22:16
梅毒荷風

523 :吾輩は名無しである:03/10/11 01:20
俺は淋(涙)

524 :吾輩は名無しである:03/10/14 23:28
春情鳩の街

525 :吾輩は名無しである:03/10/15 00:04
荷風の本は心が弱くなったときに読むと心地よい、と
誰か書いていたな。
今はにふうを読みたい気分なり

526 :吾輩は名無しである:03/10/25 20:51
荷風全集が1000円で売ってた
なんとも良心的(或いは馬鹿)な古本屋をめっけちゃった
例の1巻6000円の定価の奴ですよ

527 :吾輩は名無しである:03/10/25 22:04
荷風先生!散歩に行くならコソドーム
買ってきてくれません?

528 :吾輩は名無しである:03/10/25 23:06
♪なっがいかふーのよに日々をうたえ なにはなくとも

529 :吾輩は名無しである:03/10/27 01:24
>>526
そればったもんだよ。
たぶん「かふう全集」じゃなくて「にふう全集」だと思う。
素人はよく騙されるんだよねw

530 :吾輩は名無しである:03/10/27 23:20
荷風さんは生中田氏はしなかったのかな?

531 :吾輩は名無しである:03/10/28 06:34
月曜日の読売新聞の朝刊に載ってた人の荷風の本、読んでみようかなぁ。
おもしろいですか??

532 :吾輩は名無しである:03/10/28 23:00
誰が書いたの?

533 :吾輩は名無しである:03/10/29 21:10
>>529

意味不明のバカ!!!






534 :吾輩は名無しである:03/10/31 00:04
ヤフー!

535 :吾輩は名無しである:03/11/02 18:32
BB



536 :吾輩は名無しである:03/11/04 21:01
荷風は風化 ♪

537 :吾輩は名無しである:03/11/04 21:56
墨田ユキさんは、いまごろ熱心に選挙運動してるかな。

538 :吾輩は名無しである:03/11/04 23:11
そうか?

539 :吾輩は名無しである:03/11/09 18:07
創価はオーム同様に逮捕して、全員打ち首にしてほしい!



540 :校長が強盗:03/11/09 18:20
この事件は報道されていません。教育委員会も校長を処分しません。
 皆様の力でこの事件を広めてください。
被害者先生のサイト
 http://www.geocities.co.jp/NeverLand/8595/
 事件究明を求める署名サイト
 http://chiba_273.at.infoseek.co.jp/
   ∧_∧
  (  ^^ )< ひろめよう


541 :吾輩は名無しである:03/11/09 19:04
カフーていったらブラジル代表のこと

542 :吾輩は名無しである:03/11/10 01:19
じゃ、カフェーはどう?

543 :吾輩は名無しである:03/11/10 18:51
カフーていったら、マリノスがこけにされた中年玉蹴り屋

544 :吾輩は名無しである:03/11/10 20:01
永井荷風は、あれは「道家」だな。
当時もいまとおんなじように、カフェーには、
蓮っ葉のネエちゃんがたむろし、淫売がうようよいて、
その日暮らしの蝉みたいに、ひとときの隆盛を謳歌し、
一方で、軍人やら政治家やらが、これもいまとおんなじで、
声高に時局を憂い、演説し、その舌の根も乾かぬうちに、
待合で、芸者衆やらカワイコちゃんやら相手に射精して。
人は、最期の姿で全部わかる。正体やら本性が全部わかる。
陋屋の奥の六畳で、ひっそりと死んでいった荷風は、
やっぱりホンモノでね、すごい人であります。

545 :吾輩は名無しである:03/11/11 00:18
預金通帳を握り締めて死んでたってのが荷風らしくていいよな。

546 :吾輩は名無しである:03/11/12 22:03
>預金通帳を握り締めて死んでた

一世一代のウケねらいだったのかマジだったのか…
マジだったんだろな。

547 :吾輩は名無しである:03/11/18 21:17

根も葉もない伝説を信奉するばか!

吐いたカツどんにまみれて死んでたんだろ(w



548 :吾輩は名無しである:03/11/19 17:20
いくらなんでも昼に食ったカツ丼ならとっくに消化されてるべ。
12時間以上経ってるぞ。

549 :吾輩は名無しである:03/11/21 22:16

ばか、死ぬ前の人間の胃が正常に消化活動するか!

ちょっと文献にあたれば、未消化の嘔吐物について
ちゃんと書いてあるよ






550 :吾輩は名無しである:03/11/27 23:24
カツ丼は駅前の食堂で食べたの?

551 :吾輩は名無しである:03/11/29 19:13
>>549

お前、詳しいじゃん

552 :吾輩は名無しである:03/11/30 08:20
汚物フェチ?

553 :吾輩は名無しである:03/11/30 23:30
荷風はゲロをまた食べてたって高校の教師が言ってたけど
ホント?

554 :吾輩は名無しである:03/12/01 17:24
そうだ、墓参りに行こうage
ちゃんと報告しておこうage

555 :吾輩は名無しである:03/12/08 21:56
あれほど繊細な感受性を持ち、
世の中の不純や厚顔や救いようのない偽善に、
傷ついた荷風さんは、自分でも書いているように、
子孫も残さずひっそりと生き、しかるべきときに死んで、
さっさと旅立ちたかったんだろうよ。

556 :吾輩は名無しである:03/12/09 19:27
『春のおとづれ』という作品は、全集以外では
何に収録されておりますでしょうか。
お教えいただければ幸甚です。

557 :吾輩は名無しである:03/12/12 21:35
>>555
偽善者(でも好きよ)荷風にモロ騙されてるんですけど・・・
それとも、ネタか?

558 :吾輩は名無しである:03/12/13 10:09
昨日やっと岩波文庫全部揃った。全22冊。

559 :吾輩は名無しである:03/12/15 23:14
大黒堂オフでもするか。

560 :吾輩は名無しである:03/12/18 16:33
大黒屋ね

561 :吾輩は名無しである:03/12/19 11:17
カツ丼でも食うか。
カツ丼といえばなぜか蕎麦屋だな。

562 :吾輩は名無しである:03/12/20 17:33
>>555
デバガメ荷風が不純で厚顔で救いようのない偽善者
なんでしょ

563 :吾輩は名無しである:03/12/21 13:56
永井荷風は確かにケチでイジワルで料簡の狭い偏屈じじいだったかも
知れないが、それなりにちゃんと身の回りも整理して一人孤独で
逝ったじゃないか。その死に方をぼくは評価するね。
それに較べて、いわゆる進歩的文化人という輩は、田園調布あたりの豪邸に
住まい、女中をアゴでこき使い、ぬくぬくとした心地よい環境に居て、
それで社会の矛盾だの世界平和だの人権だのを、臆面もなく語っている。
このような厚顔な偽善者の前では荷風の小さな偽善など可愛いもんだ。

564 :吾輩は名無しである:03/12/23 19:47
「断腸亭日乗」昭和十八年まで読んだ。
いよいよ米国による空襲目前。
なんか汗出てきたよ。臨場感あるわ。

565 :吾輩は名無しである:03/12/23 19:52
>>563
荷風に心酔して住む所を貸し、何くれなく世話をしてやった人の
夫婦生活を覗き見(デバガメ)し、夫妻をノイローゼに追い込んだのが
「小さな偽善」か?



566 :吾輩は名無しである:03/12/23 20:00
四畳半襖の下張りはどうやって入手できるのですか?

567 :吾輩は名無しである:03/12/24 20:34
デガバメ、ど助平と、偽善とはちがう。全然ちがう。
永井荷風は、自他ともに認めるド助平だから、浅草ロック座に入り浸り、
踊り子さんたちと屈託なく交わった。
大江なにがしは、エッチもチンコもまるで存在しないかのような厚顔で、
その実、ド助平三昧で田園調布に家を構えているから、それを「偽善」という。

568 :吾輩は名無しである:03/12/26 17:25

熱くなってるけど、言ってることが意味不明だよ、馬鹿ですか?

ちなみに、
荷風は女中を雇っては次々に手篭めにしてはポイ捨てしてましたが、何か?


569 :吾輩は名無しである:03/12/26 17:32
>>567
大江の本、一冊たりとも読んでないのバレバレじゃん。
俺は中、高校あたりで何冊か読んだがSEXの描写が多くて
辟易した記憶があるぞ!

それに、大江は成城在住だろ?
やっぱ、知ったかウルトラ馬鹿だ(w

570 :TYINEIN ◆KefGiBPazM :03/12/26 17:51
なにやら偽善やら助平やらデバガメやらに義憤を感じておられる方も
いるらしいね。大きな偽善、助平、出歯亀、いいじゃないか?
君ら腐れ小市民よりはきっと沢山人類の財産を残している。
君らは芸術家に品行方正になってもらいたいのかね?
芸術家は逸脱しているからこそ小市民が生み出せないものを
創れるのかもしれないと君らは考えたことはないのかね?
大江、荷風どっちが品行方正か?問題にするほうが…

571 :吾輩は名無しである:03/12/26 19:40
東向島(玉ノ井)に行ってみようかな。
今はただの商店街らしいけど、
入り組んだ路地や古い建物があって、
昔の面影が少し残っているらしい。

572 :吾輩は名無しである:03/12/26 22:11
玉の井は期待するだけ無駄。鳩の街も壊滅。ただの商店街。
荷風ゆかりの赤線跡なら洲崎(東陽町)にしなさい。ここはカフェー跡が大量にある。

573 :吾輩は名無しである:03/12/27 20:36
>>570
まじレスするお前が一番馬鹿でまさに小市民だな(w

人の揚げ足とって暇潰してんだからほっとけよ!




574 :TYINEIN ◆KefGiBPazM :03/12/27 20:58
珊瑚集がいいねえ 
個人的には海潮音より好きですな。


575 :吾輩は名無しである:03/12/27 21:12
2ちゃんねるは、暇つぶしである。

576 :吾輩は名無しである:03/12/28 02:54
>>572
鳩の街はわりと残っている。洲崎みたいに表通りに堂々と残っているわけでは
ないが、そこがかえってイイ。
玉ノ井もまったくないわけではない。入り組んだ路地はそのままなので往時を
幻視することは可能。あと都内では千住だな。


577 :吾輩は名無しである:03/12/29 20:55
寺島町奇譚

578 :吾輩は名無しである:03/12/30 10:16
面白半分の「四畳半襖の下張り」掲載号を見つけたので、
衝動買いしてしまいました。
一万円はぼったくられましたか?

579 :吾輩は名無しである:03/12/30 10:44
>>578
そうでもないみたいよ

ttp://furima.rakuten.co.jp/item/5508859/c_no=20007

580 :吾輩は名無しである:03/12/30 12:13
四畳半襖の下張り裁判で野坂に有罪判決を下したのは
栗本慎一郎の親父さん。「本当は無罪にしても良かったんだけど、
そうなると野坂のメンツが潰れてしまうから有罪にしたそうです」とは
栗本の弁。ホントかね。


581 :吾輩は名無しである:04/01/02 14:46
よいよいでズラの栗本の話なんて、全然信用できんね(w

582 :吾輩は名無しである:04/01/02 15:21
朝生の常連はみな、卒中でヨイヨイになるなあ。
大島、栗本、野坂・・・、

583 :吾輩は名無しである:04/01/02 15:35
朝生は危険だな

584 :吾輩は名無しである:04/01/08 09:12
永井荷風を読んでいるうち、ゾラにも興味が湧いてきた。
とりあえず制作を買ってみた。
そのうち読むつもり。

585 :吾輩は名無しである:04/01/09 06:31
ゾラは最近選集なんかも出版されて、面白い存在だね。
個人的には晩年の神秘主義的な作品も訳してほしいところだが…。

ネットだとこんなところもあるよ。www.syugo.com/
ネタバレになるので、読み終わった後にでも。

586 :吾輩は名無しである:04/01/12 19:19
松本哉は荷風ネタが尽きるのか?



587 :吾輩は名無しである:04/01/12 19:20

訂正 → 尽きたのか?


588 :吾輩は名無しである:04/01/14 22:07
毛むくじゃらのマンコを舐めてほしかったんよ・・・
By車谷『赤目』

589 :吾輩は名無しである:04/01/18 17:37
寺島ブスしのぶのマムコは毛むくじゃらではありそう。


590 :吾輩は名無しである:04/01/18 20:53
土曜の朝日新聞夕刊に偏奇館跡の事が書いてあった。
泉ガーデンが出来て往時の面影は跡形もなくなってしまったらしいが、
偏奇館跡と書かれた石碑がボツンと在るそうだ。

591 :吾輩は名無しである:04/01/22 19:41
俺も4年ほど前に行ってみたんだがすでに工事が始まってて御組坂の
途中までしか入れなかった。


592 :吾輩は名無しである:04/01/23 14:50
昨日気づいた。
永井荷風の作品よりも、永井荷風自体に興味があるということに。


593 :吾輩は名無しである:04/01/23 19:10
俺もそうだよ。
荷風のファンは皆そうなんじゃないかなぁ。
なんたって日記が一番面白い人なんだから。

594 :吾輩は名無しである:04/01/27 22:04
日常エロ画像をダウンロードして自慰しているのならば、
永井荷風を批判するなにものも根拠がない。
いわゆる強圧や権力にこびることなく、
市川の陋屋で野垂れ死んだということだけで大したものだ。
戦前戦中戦後、世の中は常にいかがわしいインチキ野郎がのさばり、
真理を突く者は疎んじられ、まあ、そんなもんですな。

595 :吾輩は名無しである:04/01/27 22:13

家の中で死んでるので「野垂れ死」ではない!
くだらない突っ込みでスマン

でも荷風は「真理を突こ」うなんて思ってないだろ
一戯作者なんだから・・・


596 :吾輩は名無しである:04/01/30 22:48
595が正解!

文学者として以外は、単なる偏屈エロじじいでしかない。
594みたく崇め奉ってちゃいかんよ!

597 :吾輩は名無しである:04/01/31 15:56
日記のベスト3は何?

598 :吾輩は名無しである:04/01/31 19:52
ぼくは別に崇め奉っているのではない。
ぼくが注目した一点とは、その最期の死に方だ。
実の周りをさっぱりと整理して、必要最低限の日常品と、
尊敬する鴎外先生とゾラの全集。そして最後の最後まで
書きつずった日乗。くだらぬ文化勲章なんぞは、
新聞紙にくるんで押入れの中に放り込んであったそうな。
そういう「人の孤独」について感じているだけだ。

599 :吾輩は名無しである:04/02/01 20:20

日乗にはくだらぬ勲章なんて書いてないぞ(w

むしろ、冷静ながら嬉しがってる!



600 :吾輩は名無しである:04/02/01 21:15
600ゲット(σ・∀・)σ !

601 :吾輩は名無しである:04/02/03 17:41
>>599
たしかに行間に喜びが溢れとる

602 :吾輩は名無しである:04/02/06 18:31
鴎外は荷風のどこを気に入った(評価した)のだろう?

603 :吾輩は名無しである:04/02/07 12:55
女たらしのとこ。


604 :吾輩は名無しである:04/02/07 13:23
『?東綺譚』と『断腸亭日乗』とは必読書なり、須く読むべし。

605 :吾輩は名無しである:04/02/07 13:26
どうして「シ墨」の字が出ないのか。

606 :お蝶夫人:04/02/07 16:17
           _,,.. - '';;;;;;;;;;;;:= '' " ̄ ̄`""'''' =、、
         ヾ;;;;;;;;;;;;;/      ,.-=ニヽ,r=-`ヽ、
           >;;;;;/l      /! ((⌒`ヾir彡=、ヽ ヽ
         ,,.-'';;;;/ll|    //l、lr=ニ     )) l! li,
     _,,.-'';;;;;;;;;;/  l| i   /// {{i´      `''=シ、彡'、
    ヾ;;;;;;;;;;;;:-''{   ヽ`ニ=彡/  `''ー    (´  iヽ  ヽ
       ヾ/   '、_,,ノ ,,..ニシ--、,,_        _,-i ヽ }!  
      /    /   / ((彡, ミ=r=≧;;-   /≦=ヤト、 )ツ
     {!   /    >、ミ= 、ヽゝヾ;;シ``   l"k;;シチ ))´ノ!  荷風先生は素晴しいですわ
     lヽ、 ,'    (   ̄`ヾ.) ^^^`    i ´^^`/'´ ハ
     >、ヽ|    ヾミ=‐イ          '、  (__彡'  ',
    /,.- ヾミ、    {`=彡r,.       /  (´_彡'i、  ! 
    .l/=-'´ ̄ヽ、   `{´ { {{{i、_ノ  ー-`ニ-   ∧ !  ヾ!,ノ 
   /´/ ,,. ‐={ヽ、   ``ヽ ̄ヽ、 `''ー'  ,.イリノ' ヽ  |l!
  ./ ,,.=l/ ,,.=={ヽ、` = _  、ヽ  ` 、   ,.イ ,,.ノ  l ノ==、
  l/ ,r=f//´ ̄ト、 `= __ ヾ、ヽ ',    `´ !/  _,,,.ノヽ==、ヽ
 /〃/ f/ - ― ->ミ=、___`ヽ ヽ リ      ! /⌒ヾヽヽ}`ヽヽ}
 !{{l {'、 //´ _,,,..{/´_, ==`ヾ, }} !     |l/ ,.==、ヽヽ}⌒ヽリ
 '、'、 '、{ /   { /==- 、 リノヽ.     ヽ {(⌒))ヽソ- 、 リ!
   >{ /     〉///= 、ヽ. !   ヽ、 ノ  ``=/((⌒)ノノノ
  f  `!  ,.=彡!!|l/ /⌒)) }、リ' ̄``''‐-、___/"´ ̄ ̄| `( ((<



607 :お蝶夫人:04/02/07 19:08
           _,,.. - '';;;;;;;;;;;;:= '' " ̄ ̄`""'''' =、、
         ヾ;;;;;;;;;;;;;/      ,.-=ニヽ,r=-`ヽ、
           >;;;;;/l      /! ((⌒`ヾir彡=、ヽ ヽ
         ,,.-'';;;;/ll|    //l、lr=ニ     )) l! li,
     _,,.-'';;;;;;;;;;/  l| i   /// {{i´      `''=シ、彡'、
    ヾ;;;;;;;;;;;;:-''{   ヽ`ニ=彡/  `''ー    (´  iヽ  ヽ
       ヾ/   '、_,,ノ ,,..ニシ--、,,_        _,-i ヽ }!  
      /    /   / ((彡, ミ=r=≧;;-   /≦=ヤト、 )ツ
     {!   /    >、ミ= 、ヽゝヾ;;シ``   l"k;;シチ ))´ノ!  『断腸亭日乗』はわたくしの愛読書ですわ
     lヽ、 ,'    (   ̄`ヾ.) ^^^`    i ´^^`/'´ ハ
     >、ヽ|    ヾミ=‐イ          '、  (__彡'  ',
    /,.- ヾミ、    {`=彡r,.       /  (´_彡'i、  ! 
    .l/=-'´ ̄ヽ、   `{´ { {{{i、_ノ  ー-`ニ-   ∧ !  ヾ!,ノ 
   /´/ ,,. ‐={ヽ、   ``ヽ ̄ヽ、 `''ー'  ,.イリノ' ヽ  |l!
  ./ ,,.=l/ ,,.=={ヽ、` = _  、ヽ  ` 、   ,.イ ,,.ノ  l ノ==、
  l/ ,r=f//´ ̄ト、 `= __ ヾ、ヽ ',    `´ !/  _,,,.ノヽ==、ヽ
 /〃/ f/ - ― ->ミ=、___`ヽ ヽ リ      ! /⌒ヾヽヽ}`ヽヽ}
 !{{l {'、 //´ _,,,..{/´_, ==`ヾ, }} !     |l/ ,.==、ヽヽ}⌒ヽリ
 '、'、 '、{ /   { /==- 、 リノヽ.     ヽ {(⌒))ヽソ- 、 リ!
   >{ /     〉///= 、ヽ. !   ヽ、 ノ  ``=/((⌒)ノノノ
  f  `!  ,.=彡!!|l/ /⌒)) }、リ' ̄``''‐-、___/"´ ̄ ̄| `( ((<



608 :お蝶夫人:04/02/09 13:59
           _,,.. - '';;;;;;;;;;;;:= '' " ̄ ̄`""'''' =、、
         ヾ;;;;;;;;;;;;;/      ,.-=ニヽ,r=-`ヽ、
           >;;;;;/l      /! ((⌒`ヾir彡=、ヽ ヽ
         ,,.-'';;;;/ll|    //l、lr=ニ     )) l! li,
     _,,.-'';;;;;;;;;;/  l| i   /// {{i´      `''=シ、彡'、
    ヾ;;;;;;;;;;;;:-''{   ヽ`ニ=彡/  `''ー    (´  iヽ  ヽ
       ヾ/   '、_,,ノ ,,..ニシ--、,,_        _,-i ヽ }!  
      /    /   / ((彡, ミ=r=≧;;-   /≦=ヤト、 )ツ
     {!   /    >、ミ= 、ヽゝヾ;;シ``   l"k;;シチ ))´ノ!  『断腸亭日乗』をお読みなさい
     lヽ、 ,'    (   ̄`ヾ.) ^^^`    i ´^^`/'´ ハ
     >、ヽ|    ヾミ=‐イ          '、  (__彡'  ',
    /,.- ヾミ、    {`=彡r,.       /  (´_彡'i、  ! 
    .l/=-'´ ̄ヽ、   `{´ { {{{i、_ノ  ー-`ニ-   ∧ !  ヾ!,ノ 
   /´/ ,,. ‐={ヽ、   ``ヽ ̄ヽ、 `''ー'  ,.イリノ' ヽ  |l!
  ./ ,,.=l/ ,,.=={ヽ、` = _  、ヽ  ` 、   ,.イ ,,.ノ  l ノ==、
  l/ ,r=f//´ ̄ト、 `= __ ヾ、ヽ ',    `´ !/  _,,,.ノヽ==、ヽ
 /〃/ f/ - ― ->ミ=、___`ヽ ヽ リ      ! /⌒ヾヽヽ}`ヽヽ}
 !{{l {'、 //´ _,,,..{/´_, ==`ヾ, }} !     |l/ ,.==、ヽヽ}⌒ヽリ
 '、'、 '、{ /   { /==- 、 リノヽ.     ヽ {(⌒))ヽソ- 、 リ!
   >{ /     〉///= 、ヽ. !   ヽ、 ノ  ``=/((⌒)ノノノ
  f  `!  ,.=彡!!|l/ /⌒)) }、リ' ̄``''‐-、___/"´ ̄ ̄| `( ((<



609 :吾輩は名無しである:04/02/11 16:02
断腸亭日乗、岩波の摘録じゃなくて、完全版を買おうと思っているのだが、
アマゾンで調べたら、随分高いらしい。
・・・・古本屋行くか。

610 :吾輩は名無しである:04/02/14 20:04
ボク東綺譚読んだけど、おもしろさがわからなかった

611 :吾輩は名無しである:04/02/14 20:10
>>604
読み方だけどさあ、
「ボクトウキタン」?「ボクトウキダン」?
「タ」?「ダ」?
どっち?

612 :吾輩は名無しである:04/02/15 10:15
>>610
『シ墨東綺譚』は文章を味わうための作品です(特に、「作後贅言」は)。
極端な事を言えば、物語の内容は二の次なのです。

>>611
「キタン」の方が本来の読み方でしょうが、「キダン」と読んでも必ずしも
間違いではありません。因みに、岩波文庫版では「キダン」となっています
ね。

613 :吾輩は名無しである:04/02/15 18:06
『墨東綺譚』の「作後贅言」は本当に好いね。漏れは大好きだな。

614 :610:04/02/15 22:51
>>612
なるほど。よくわかった気がします。
そうなんですか。

615 :吾輩は名無しである:04/02/16 13:50
『?東綺譚』と『断腸亭日乗』とは荷風愛好家の必読書なり。須く読むべし。

616 :吾輩は名無しである:04/02/16 13:59
震災


今の世のわかき人々
われにな問ひそ今の世と
また来る時代の芸術を。
われは明治の児ならずや。
その文化歴史となりて葬られし時
わが青春の夢もまた消えにけり。
團菊はしをれて楼痴は散りにき。
一葉は落ちて紅葉は枯れ
緑雨の声も亦絶えたりき。
圓朝も去れり紫蝶も去れり。
わが感激の泉とくに枯れたり。
われは明治の児なりけり。
或年大地俄にゆらめき
火は都を焼きぬ。
柳村先生既になく
鴎外漁史も亦姿をかくしぬ。
江戸文化の名残煙となりぬ。
明治の文化また灰となりぬ。

今の世のわかき人々
我にな語りそ今の世と
また来む時代の芸術を。
くもりし眼鏡をふくとても
われ今何をか見得べき。
われは明治の児ならずや。
去りし明治の世の児ならずや。


617 :吾輩は名無しである:04/02/16 17:57

「生まれては苦界、死しては浄閑寺」



618 :吾輩は名無しである:04/02/22 06:06
3月に市川市で永井荷風展があります。
http://www.city.ichikawa.chiba.jp/bunka/kahuten/index.htm

619 :吾輩は名無しである:04/02/23 01:47
どうして、晩年、あんなにカツ丼に粘着したんですか?

620 :吾輩は名無しである:04/02/23 11:54
食べ納め。

621 :吾輩は名無しである:04/02/23 12:32
>>619
御飯とおかずが一つの食器だけで食べられるからです。

622 :吾輩は名無しである:04/02/23 12:35
『シ墨東』や『断腸亭』も好きだが、個人的には『あめりか物語』・『ふらんす物語』の
若々しい荷風が好きだ

623 :吾輩は名無しである:04/02/23 12:53


624 :吾輩は名無しである:04/02/23 14:35
>>622
漏れは『西遊日誌抄』が大好きで、よく読み返すよ。

625 :吾輩は名無しである:04/02/25 19:11

渋い
通だねー


626 :吾輩は名無しである:04/02/25 20:05
若い頃から色情の因縁が強く、
それは生涯にわたる宿業ですた。

627 :吾輩は名無しである:04/02/25 20:24
アメリカ物語は悲惨。

628 :吾輩は名無しである:04/02/29 02:16
フランス物語の方がいいんじゃないか?

629 :吾輩は名無しである:04/02/29 08:41
>>627-628
あめりか物語、ふらんす物語

630 :吾輩は名無しである:04/02/29 13:01
墨田ユキちゃんイかった。

631 :吾輩は名無しである:04/03/04 14:42
そう俺は芸術家 
昔の永井荷風のように日々を歌え 


632 :吾輩は名無しである:04/03/06 20:55
?東綺譚のことでつね

633 :吾輩は名無しである:04/03/08 03:06
92年度映画『墨東綺譚』に出てくる玉の井って
今の地名でどこら辺ですか?

634 :吾輩は名無しである:04/03/08 22:28
東向島?

635 :吾輩は名無しである:04/03/11 01:46
>>633
其の映画は見てないけど、玉ノ井駅は現在の東向島駅。
↓此の辺
http://www.mapion.co.jp/c/f?grp=MapionBB&uc=1&icon=map_icon_11%2C0%2C%2C%2C%2C&coco=35%2F42%2F26.580%2C139%2F48%2F16.965&el=139%2F49%2F21.392&size=1530%2C1200&nl=35%2F43%2F16.846&scl=10000&size=1530,1200

636 :吾輩は名無しである:04/03/12 17:39
永井荷風が現代に生きていたら、
連日ソープ通いだろうなあ。

637 :吾輩は名無しである:04/03/19 22:02

有り得ない!
荷風の人格、文学は現代に置き換えれない

638 :吾輩は名無しである:04/03/20 00:52
>635
そうそう、10年位前に駅名が玉の井から東向島に変わりました

639 :吾輩は名無しである:04/03/21 17:38
>>638
正確には1987年頃だったと記憶している。
「旧駅名を残せ!」という声も強かったので、
それに配慮して「東向島(旧玉の井駅)」という異例の
駅名表示になっている。

640 :吾輩は名無しである:04/03/21 18:42
それから、駅前の小さな書店にもしっかりと「墨東綺譚」の文庫本が
置いてあったのが微笑ましい。

641 :吾輩は名無しである:04/03/21 23:08
荷風はただのエロじじいではない。
漢文やフランス文学の教養があり、反権威の姿勢など
筋を通した生き方だったのではないのかな

642 :sage:04/03/22 00:28
年取ってからの荷風先生は色気抜きに踊り子さんたちを
見ていたらしい。まるでわが子や孫を見つめるように・・・

643 :吾輩は名無しである:04/03/22 11:27
でも、やるこたぁ、やってた(笑)


644 :吾輩は名無しである:04/03/22 14:41
荷風って三島由紀夫の遠い親戚なの?

645 :吾輩は名無しである:04/03/22 14:53
学生時代に荷風を殴った軍人は誰でしょう?

646 :吾輩は名無しである:04/03/23 10:17
正解は寺内寿一でした。

647 :ファロスマン ◆FTa/HQEoL2 :04/03/23 18:17
鯖移転にともない、スレのならびが不規則になったようで、このスレが下から50に入っています。
たぶん大丈夫だとは思いますが、念のため、あげておきます。

648 :吾輩は名無しである:04/03/28 18:20
そろそろ、墨堤散策の良い季節になりました




649 :吾輩は名無しである:04/03/30 21:53
そろそろ、吉原散策の良い季節になりました



650 :吾輩は名無しである:04/04/01 14:56
日和下駄を携えての、江戸東京散策の良い季節になりましたな


651 :吾輩は名無しである:04/04/01 23:17
ながいかふー展おわっちまったい。


652 :吾輩は名無しである:04/04/06 22:29
あめりか物語は好きだな
北米版にも書いたんだけど、現在米穀在住
の自分としても身につまされるところ蟻杉
ふらんす物語は最初の所をちょこっと読んだ
ばかりなんだけど、全然違う感じ。悲惨・実写
系のあめりか物語に対して叙情・文学系の
ふらんす物語ってような気がするんだけど、どうよ?

653 :吾輩は名無しである:04/04/07 00:39
大昔から言われてることだが・・・

654 :吾輩は名無しである:04/04/11 19:52
荷風はこの季節、長命寺のさくら餅を食ったのだろうか?



655 :吾輩は名無しである:04/04/18 20:35
今年の荷風忌こそ浄閑寺へ行くぞ

656 :吾輩は名無しである:04/04/22 05:30
今年の荷風忌こそ吉原へ行くぞ


657 :吾輩は名無しである:04/04/26 14:46
保守

658 :吾輩は名無しである:04/04/26 14:55
保守

659 :吾輩は名無しである:04/04/29 19:55
今年の荷風忌は仕事で残業だぞ




660 :吾輩は名無しである:04/04/30 01:13
荷風が生きてたら六本木のSMショーパブに通ったんじゃないかな。
〇〇の店のママはとても知的で昔の写真を見たらすげー美人だった。

118 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)