5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

家畜人ヤプー

1 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:19
どうよ?

2 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:31
どうよっていわれても、最高ですけど?
セッチン!

3 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:33
あれって、作者正体不明なんだよね?

4 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:48
本当に作者だれなの??
ウヨから怒りかって大変だったろうな・・・・・。

5 :吾輩は名無しである:01/12/05 00:51
ダヴィンチにでてたよ。

6 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:02
>5
いつのダヴィンチ?誰だったのですか?

7 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:06
裁判官説・代理人の編集者天野説などがあるけど、
どれもイマイチ。

8 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:08
別スレに遠藤周作が正体とも出てたけど・・・。
ソースがどこにも見当たらない

9 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:13
前からうわさは聞いてましたが、ふるほにゃで500円で
見つけて迷った。買いですか?

10 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:14
>>8
遠藤スレですか?

11 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:15
>>10
そうです。

12 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:20
遠藤スレの22

13 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:25
>>6
よく覚えていないけど一年以上前だったと思う。
じいさんだったが、眼光が鋭かった。「殺されるのが最高の
マゾヒズム」よーなことを言っていたような…

14 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:27
「殺されるのが最高のマゾヒズム」

すげぇ、本物のあっち側の人だったんだ

15 :吾輩は名無しである:01/12/05 01:35
ここなんの話しのスレですか?

16 :吾輩は名無しである:01/12/05 08:12
>>9
全1册のやつだったら買いです。
どの版かな?

17 :吾輩は名無しである:01/12/05 08:38
>1
文学板にヤプーですか!サイコーです!
ついでにSM板にも立ててクレ

18 : :01/12/05 08:45
つーか、バイオ技術がこれだけ進歩すると、ヤプーの世界って説得力
がありすぎるほど気味が悪い。
作者が名を隠すほどの問題作だったんだろうけど、ほんと、誰が書いたんだろ?
あれって1970年代だっけ?

19 :吾輩は名無しである:01/12/05 08:54
ミステリー板のヤプースレと相互リンクしておきました
http://mentai.2ch.net/test/read.cgi/mystery/984491199/

にもあるけど、ダ・ヴィンチって雑誌に作者本人が出てる
写真&インタビューつき!ふつーのじいさんだったyo

20 :吾輩は名無しである:01/12/05 10:15
洋モノの『オルガスムス・マシーン』はヤプーの男女の役割を
ひっくり反したような世界。でもなんか大味なのは海外ポルノ
映画と同じ。

21 :吾輩は名無しである:01/12/05 12:09
殺されるのが最高のマゾヒズム・・
らしき作品は遠藤周作も書いているよね。
「悪霊の午後」だっけ??

22 :吾輩は名無しである:01/12/05 18:09
がーん。全1冊のなんてあったの?初版???
私は3冊やわ。

23 :吾輩は名無しである:01/12/05 18:38
>>22
小説版だけで

都市出版社 1970
スコラ 1991
ミリオン出版 1991
太田出版 上中下巻 1993
幻冬社 1ー5巻 1999

これだけあります。

24 :22追加:01/12/05 18:42
角川文庫 1972

もあります。
書き足しながらの出版ですから
版によってちょっと違ってきます。

25 :吾輩は名無しである:01/12/05 22:12
>>24
角川版が一番いいよね

26 :nanashi:01/12/06 08:55
作者は元東京高裁判事の倉田卓次氏だと思う。「裁判官の書斎」などの名著で知られる。
以上。

27 :吾輩は名無しである:01/12/06 10:38
>>26
それが一般的な見方だけど、
どうかな。

28 :吾輩は名無しである:01/12/06 11:26
>>16
了解。買いに逝ってきます。

29 :28:01/12/06 11:28
一冊、集めの文庫本でした。第何版とかは覚えてないけど。

30 :16&22:01/12/06 12:06
>>28
1册で厚めの文庫だったら、角川文庫だと思う。
数年前に都市出版社版が¥2000で古本屋にあったから、
¥500は安いよ。
これ以降(ミリオン出版〜)の版は書き足し過ぎの感もあるからねえ。
よろこんで逝ってよし!

31 :16&22:01/12/06 12:14
斉藤綾子の処女作”愛より速く”に
N氏の名前で登場してます。
斉藤綾子の描写がいいから古本屋で見かけたら買ってね。

32 :草双紙趣味:01/12/06 19:09
「ある夢想家の手帖から」と
読み比べて見ると文体はまちがいなく
倉田卓次って感じ。
荒俣宏が近著で生物学の某大家が材料を提供
…みたいなこと書いてたから複数作者とまでは
いかずとも素材提供者は多数いたかも。
倉田氏は一高→東大で同期には大家多し。
そのあたりの青春群像は「二十歳にして
心朽ちたり」で描かれてるそーだが未読。
あと古本屋で買った「手帖」(潮出版社版)
は著者サイン入り本だった。ただし「代理人」
天野哲夫が沼正三本人として活動してるので
(ダ・ヴィンチも「愛より…」も天野氏では?)
油断はできぬ。

33 :吾輩は名無しである:01/12/07 22:34
親が石森章太郎の漫画と小説両方持ってたから、小3で漫画版、中1で原作読んだ。
イース編と、古代地球編、みんなはどっちが好き?

34 :16&22:01/12/08 09:44
>>32
沼氏と天野氏は別人なんですか?
同一人物だと思ってました。

35 :16&22:01/12/08 09:47
今年出た”犬になった老人の死”天野哲夫に著作リストがありました。
数回にわけて買いときます。

36 ::01/12/08 09:48
フウイヌムに飼われていたヤフーなら知っているが?

何?ヤプーって。

37 :吾輩は名無しである:01/12/08 09:58
沼正三名義
1 家畜人ヤプー 都市出版社 1970
2 ある夢想家の手帳から1 都市出版社 1970
3 劇画 家畜人ヤプー 石森章太郎 都市出版社 1971
4 ある夢想家の手帳から2 都市出版社 1971
5 ある夢想家の手帳から3 都市出版社 1972
6 家畜人ヤプー 角川文庫 1972
7 ある夢想家の手帳から1 ニトリア書房 1974
8 金髪のドミナ(ある夢想家の手帳から1) 潮出版社 1975
9 家畜への変身(ある夢想家の手帳から2) 潮出版社 1976

38 :吾輩は名無しである:01/12/08 10:26
三島由紀夫大絶賛。

39 :名無しさん:01/12/08 13:26
旧制高校→旧帝大・学徒出陣→戦争体験・エリート変態ネットワーク、みたいなもの
があったんじゃないンスかねぇ。
あ、あとこないだ亡くなった会田雄次氏著、『アーロン収容所』って『ヤプー』の
モトネタみたいな内容です。必読!(笑

40 :吾輩は名無しである:01/12/09 13:36
今月発売の「決定版三島由紀夫全集13巻」の月報に
『天野哲夫(沼正三)』としておっさんが一文寄せてる。
三島が変態マイナー雑誌での連載の切り抜きスクラップまで作って
ヤプーを愛読してくれてるって聞いてびびったとか、
三島が強く推してくれたので公刊できたとか。

41 :吾輩は名無しである:01/12/09 17:25
ウチの大学の元裁判官の教授が、倉田氏の筆跡、文体に酷似してる。
って言ってた。

42 :吾輩は名無しである:01/12/20 19:44
ヤプー怖いよぅ。

43 :吾輩は名無しである:01/12/20 22:31
このスレを見て、家畜人ヤプーを買って読みました。
1巻だけだったけど、もうダメ・・・・・。
お肉が食べられなくなりました。

疑問なんだけど、日本人以外の黄色人種は存在するのかしらん?

44 :吾輩は名無しである:01/12/22 15:26
君はどんなヤプーになりたいの?

45 :吾輩は名無しである:01/12/22 16:20
>>43

>疑問なんだけど、日本人以外の黄色人種は存在するのかしらん?

すげえ、疑問だね・・・ね、ね、どしてそう思うの?

46 :吾輩は名無しである:01/12/22 16:38
>>45
43じゃないけど、「ヤプーの作品世界には日本人以外の黄色人種
は存在しているのか?」という質問なんでは?

47 :吾輩は名無しである:01/12/22 16:42
>>46 そうか、そういうことか・・・そうだといいけど。

48 :43:01/12/22 20:39
>>47
そうです。ヤプーの作品世界には・・です。
どう思います?

49 :吾輩は名無しである:01/12/23 03:03
>48
たしか後編の方に「日本人は動物が人間の真似をしていただけの
偽人間、黄色人種とは違う」(要約)
的な事が書いてあったと思う。
中国人がちょっと出てくるんだけど黄色人種として人間扱いだったような

50 :43:01/12/23 04:53
>>49
そうなんですか・・。
今、文庫本1巻目を読んだだけなので、わかりませんでした。
読んでもいないので、本来ならばなんともいえないところでしょうが、
「日本人は、動物が人間の真似をしていただけ・・・」っていうのは、
ちょっと苦しいですよね・・?

51 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:15
 2chできちんと「ヤプー」批評ができるのか?
 っつうか、この作品を批評できるんだったら、相当な奴だぜ、をい。

52 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:23
あはははあ!
便所便所べんじょ!!!!!!!!!!!

53 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:26
>51
禿胴衣。まともに論じるなら、面白い。

54 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:46
みんな便所!

55 :吾輩は名無しである:01/12/25 00:50
 生物学とかの理屈を根拠とした上で発展させる物語は、
真実性を向上させることで現実感を読者に植え付ける。
 ってな手法には惚れるぜ。

>>51
 「ドグラ・マグラ」や「背徳の栄え」を批評しろってこ
となのですか?

56 :吾輩は名無しである:01/12/25 12:16
理屈や根拠はあんまり関係ないんじゃないかな?
そういうのを無視したところに(まあ一応それっぽくは書いてあるけど)
この作品のすばらしさがあるんじゃないかな?

57 :吾輩は名無しである:01/12/25 13:13
>>43
ヤプーの世界では、「白人=神、黄色人種=中間、黒人=奴隷」という序列がある。
今も厳然として存在する序列を強調したもんだね。

で、百太陽帝国では、日本人は「知的猿猴」つまりヒトモドキ、人間並みの知能を
獲得した猿の一種という生物学が主流になっている。
だから白人は日本人を改造して皮革や便器にしても良心の呵責はない。
ヤプー世界では、日本人以外の黄色人種はすべて滅び、日本人が家畜として扱われて
いるので、結果的に「白人=神、黒人=奴隷、日本人=家畜」の序列ができあがっている。

58 :吾輩は名無しである:01/12/26 02:48
 >>43
 日本人以外の黄色人種が滅んだ理由というのが、第三次世界大戦による
放射能の影響と、α爆弾によって発生したω熱によるもの。
 第三次世界大戦は、米国からソ連などの共産圏(1978年が第三次世界大
戦の起こった年。しかし大戦は一日で終了)に撃ち放たれた水爆α爆弾に
よって一日で終結した。だが同時にソ連も米国へ爆弾を撃ち放つ。
 この爆弾が細菌兵器ω熱を含んでいた。ω熱はメラニン色素の弱い人間に
感染するウィルスであり、これによって米国白人は次々と死んでいき、ま
たたく間に黒人の人口比率が上がっていった。
 さて、この辺りのことはさておき、黄色人種の話だ。
 最初に米国によって撃ち放たれた水爆によってユーラシア大陸は放射能
によって汚染された。これによってソ連を含む共産圏人類は滅亡していく。
 日本もω熱による被害を免れなかった。人口の大半を失い、また同時に、
気象の関係からソ連に降り注いだ放射能が日本にも降り注いだ。
 ……ってな説明が「ヤプー」の第二十四章に書かれているので、あとは
読め。

59 :吾輩は名無しである:01/12/30 00:46
批評とかしようとした時の最大の問題は、この小説を読んで、
「嗚呼、これぞパラダイス!」と思える人(日本人で!)でなければ
この物語に対する批評・非難・苦情は行えないという事かな(w

60 :吾輩は名無しである:02/01/03 23:58
高校生の時初めて読んでから劇画版も買った。70年出版のやつだけ買ってないのよね、私。

61 :吾輩は名無しである:02/01/07 02:37
 白人になりたいと思うね。

62 :吾輩は名無しである:02/01/07 03:09
そういう人が読む作品じゃないんじゃないかな?
わからなくはないけど。

63 :御神体は皮かむりである:02/01/08 06:29
唇人形キミコ萌え

ショートカットにヘアバンド・・・・ハァハァ

64 :吾輩は名無しである:02/01/11 13:53
劇画版のキミーはロングヘアだったが・・・

65 :僭越厨房:02/01/12 11:31
この本を推奨した三島由紀夫や石森章太郎は勇気あるよね。マゾなんですか?
って人に聞かれるだろうし、マゾヒストでなければ、価値は分かるまいと思うし。 ・・・

66 :僭越厨房:02/01/12 11:37
倉橋由美子が沼正三らしき人に女王様になって下さいと迫られる女
子大生を主人公にした小説書いてた。「変身」だったかな? 題名も
内容もうろ覚えですが。萌えたけど・・・

67 :吾輩は名無しである:02/01/12 11:50
日本のアニメーションの粋を集めて映画化したらどうかね、この作品。
アンチ・ディズニー!

68 : :02/01/12 14:38
ヤプーのAA無いのかな?

69 :吾輩は名無しである:02/01/12 16:06
>>67
枠を集めておきます。

70 :吾輩は名無しである:02/01/12 16:21
>69
木偏じゃないよ! 米偏だって(和良

71 :吾輩は名無しである:02/01/12 22:31
>>70
ジョークだよ。
あーーーー、ここ文学板じゃないの?
誰、厨房いれたの?

72 :70:02/01/12 22:41
>>71 勿論気がついてるよ。せっかく突っ込んでやったのに。ばか

73 :吾輩は名無しである:02/01/12 23:08
>>72
突っ込んでいただいたとのこと、ありがたく、
厚く御礼を申し上げます。
失礼がありましたことは、大変申し訳なく、
心よりお詫び申し上げます。

74 :吾輩は名無しである:02/01/12 23:15
>>70
これが突っ込みだと言うのは苦しいんじゃ・・・。
>>70のレスがなければ、>>69はまあまあ笑えたんだが。

まあ、いい。スレ違いのやりとりは他でやってくれ。

75 :吾輩は名無しである:02/01/13 05:20
 馴致への過程。
 同族意識→決別→下僕への強制→
虐げられる苦痛→思慕による救済→
恋人から主人へ→主人への思慕→
思慕による苦痛の受け入れ→
下僕化の羨望→家畜への意識→
家畜化

76 :吾輩は名無しである:02/01/20 04:38
>67
そんなモノ作ったら映画館の前にライトウイングの
黒い車がずらりと並んじゃうだろうね。
作るとしたらアンナ・テラスが出る前でやめとかないと。



77 :吾輩は名無しである:02/01/20 19:51
放置プレイのヤフーが1年縛りプレイも始めた模様
http://www2.bbspink.com/test/read.cgi/sm/999950697/

家畜ヤプーな話題にスライドしているので
文学板のヒトにも乱入してほすい気分

78 :米押し達磨:02/01/30 21:29
白人女の体臭描写がいやらしくて好き。

右系は三島由紀夫の鶴の一声で攻撃を止めたのでは?むしろ
「アングロサクソンは本音では日本人を軽蔑しているのだ」
「フェミニズムへの妥協の果てにこのような世界が待って
いる」という教材として好意的に受け入れているように思う
(作者の意図と無関係に)。

>>67
私は実写希望。ドリス役はデニス=リチャーズがいいな。

79 :吾輩は名無しである:02/02/09 09:42
この作品をフェミニズムの立場ないしシンパシーから評価しよう
とする人も多いが、私は同意できない。

白人女性の絶対権力の前提は子宮畜たちであり、子宮畜や唇人形・
長髪尼畜として使役されているのは選び抜かれたエリート雌畜達
で一般雌畜はフェムハイブでブリーディングマシンとして子宮を
搾取され続ける。

黒人奴隷にも父権制が機能していることが語られる。

イース女権制の恩恵にあずかっているxx染色体所持者は
全体の0.1パーセント以下である。

「強くて美しい女だけがフェミニズムに値する」というのが
作者の思想ではないか。

80 :吾輩は名無しである:02/02/10 01:53
 このスレッド、本当にゆっくり、動いているよなぁ。

81 :吾輩は名無しである:02/02/15 15:19
初期が倉田氏、ある時期から天野氏が書いているのかもしれない。
「裁判官の書斎」シリーズはいいね。

82 :吾輩は名無しである:02/02/18 19:15
>>81
俺は「裁判官の書斎」シリーズすべて(4巻)持っている。
ところで、「新潮45」の嵐山光三郎の文章を読んでいて知ったのだが、
後藤繁雄編「独特老人」の中に天野のインタビューが入っていて
沼正三のことについて語っているようだが。現物の本を見ていないので
情報求む。

83 :吾輩は名無しである:02/02/18 22:49
嵐山はかつて天野のことを沼の関係者と認めていなかった。
天野がそのことについて文句を別冊宝島に書いている。
30年前は天野に対してひややかな人が多かった。

天野は書いたものを読むと粘着質。ネットに登場したら「人をナチュラルに
不快にさせる文章」とか言われて叩かれまくるタイプの文体ではないか?


84 :吾輩は名無しである:02/02/28 00:55
今、幻冬社の文庫で読んでいるんだけど、
なんか途中からつまらなくなってきた。
4巻は1、2巻とは別の人が書いてるんじゃない?
それとも沼正三って、複数の書き手の集合体なのかな。
言葉遊び(こじつけ)がいっぱい出てくるけど、
最初の方が面白かった。

85 ::02/03/09 12:55
誰でもあると思うんだけどそのドアは自動ちがうんやパン。そこそないしたあ
ストラングラーズにrotten thought yapsとか、goobye truthとかありますし
よんでんだろうね。俺の周りにもyappoというアダのやついたし。こくらまくら
とアレ砂漠そうてくまくまやかんちゃうまくららやかんとにかくあることない
こと宇宙いた帰った。生まれた死ぬ。


86 :吾輩は名無しである:02/03/09 13:31
>>85
私のようなバカにも理解できるように書いてくださいまし

87 :吾輩は名無しである:02/03/09 13:37
>>85
キミは出来損ないのジョイスか?
駄畜人ジャプーか?
それとも326を打倒するために幻冬舎が開発した最終兵器「前立腺のみアンドロイド」か?

88 :吾輩は名無しである:02/03/15 18:43
貿易センタービルのあった場所に投写でビルを再現した映像をみて
邪盤国のセンターピラーを思い出したのは俺だけ。

89 :吾輩は名無しである:02/03/27 13:51
age

90 :吾輩は名無しである:02/04/02 00:29
「この小説のすばらしいところは、前提が変われば世界は変わるということを
証明しているところだ」by三島由紀夫(寺山修司との対談より)

三島は評論「小説とは何か」でもこの作品に言及している。これは優れた評論。

俺は「ヤプー」を読んで法律という体系がいかに構築されてるか知ることができた。


91 :吾輩は名無しである:02/04/09 15:37
>>60
劇画なら読んでみたいのですが、まだ出てますか?

92 :吾輩は名無しである:02/04/09 22:59
>91
普通の本屋にはもう無いかも…
関東近辺なら、「まんだらけ」っつう古本屋に聞けば有る事が多い。
後はヤフオクとか。普通の古本屋では見たことないな…
60さんじゃないけど、参考になれば


93 :吾輩は名無しである:02/04/11 16:08
>>92
サンクス。

94 :吾輩は名無しである:02/04/15 07:40
>>67
>日本のアニメーションの粋を集めて映画化したらどうかね、この作品。
アニメもいいけど、
モンスターズ・インクのようなCG作品でも、
なるべくリアルに。

まあ、日本では性(器)表現の限界で無修正公開は無理だろうが。
というか表の世界ではアメリカを含めてどこでも不可能な気がする。

人種差別とか奴隷制・人体改造等々。
そうとうヤバイ作品だからちょっとね。
Snuff Film並の危なさ。


95 :吾輩は名無しである:02/04/16 01:36
当方、女子なんですけども。
これ読んだとき
あたしゃ子宮畜になれんわ。
精々、沢山のヤプーを産むだけ産んで、
ボロ雑巾のように死んでゆくのであろう…
と思った。

96 :吾輩は名無しである:02/04/16 13:35
「ある夢想家の手帖」は買う価値がありますか?
ネットで購入しようかと思っているのですがビンボーなので
思いきりがつきません。どなたか教えてください。
ちなみに家畜人ヤプーは娯楽として面白かったです。

97 :吾輩は名無しである:02/04/17 06:09
公立中学で平均点を取れなかったDQNが「大学に行って
サラリーマンになりたい」などと抜かす現代、職業的
威信を以ってUNGKOの処理を遂行するヤプーの世界は
再検討に値する。

98 :吾輩は名無しである:02/04/18 22:47
まがりなりにも、セッチン達は誇りを持って任務を全うしているからな。
そのへんはおおいに見習いたいトコロ。

99 :79:02/04/22 18:58
>>95
貴女みたいに認識しないで自分をクララやカヨに投影する女性読者
が多いんですよね…困ったことに(^^;)

「オラ、コレガオマエガオ腹ヲ痛メテ産ンダ仔ダ。アト20匹
ハ産マセルカラナ」と黒奴獣医に双仔の標準型肉便器幼体を突
き付けられ、恐怖の表情を浮かべ絶望の涙を流す雌ヤプー……
かなり萌えなシチュと思うが。

100 :吾輩は名無しである:02/04/23 00:07
ひゃぷー

101 :吾輩は名無しである:02/04/25 14:25
>>84
誰が書いたかはともかく書き足した分は蛇足だと思う。

突飛ではなくきちっとしたお行儀よい作品。
どうも阿Q正伝に似ている気がするのは気のせい?

102 :吾輩は名無しである:02/04/28 20:54
作者の沼正三は天野哲夫です。
天野哲夫は自伝「禁じられた青春」で本名が沼倉正三であると告白している。

つまり本名が沼倉正三でペンネームが沼正三および天野哲夫ということ。


103 :吾輩は名無しである:02/04/29 20:29
右翼は案外ヤプーにはまるかもよ。
最近の大半の右翼は単なる日本軍オタクで、皇室には思い入れ薄いと思う。
ファッションで天皇天皇言ってるだけ。
白人に対する思いは複雑だと思うよ。クララは憧れのドイツ人だしね。


104 :吾輩は名無しである:02/04/29 20:59
山上たつひこが漫画化しようとしてたんだたけ?

105 :吾輩は名無しである:02/04/29 21:07
あの絵で?

106 :吾輩は名無しである:02/04/29 22:29
「風光る」のタッチで描こうとしたのかな?

107 :105:02/04/29 23:44
「風光る」読んでないや。
だけど、石森章太郎の印象が強すぎてどうにもならないだろう。個人的には。
あと、宇野アキラの挿し絵ね。

108 :吾輩は名無しである:02/04/30 16:32
読んだ事ないけど、このスレ読んでかなり気分悪くなりました。オエー

109 :吾輩は名無しである:02/05/01 03:20
>>108
なんでだ?気分が悪くなるとは少々俗物っぽいぞ。

考えてもみたまえ、人間だって動物の一種だし、
ヤプーに対する扱いは牛・豚・鶏等の家畜に対して
やっていることと同じだよ。
我々は毎日、彼らに対して一方的に、
品種改良して、繁殖させて、去勢して、殺して、解体して、
喰っているんだ。皮革は手袋になったりしているんだ。
(初等教育させてから、皮革工場で生きなめしするなんてことはやらないが)

結局は、強い種族が弱い種族を好きなように扱う権利を有する、
という現実がある。


110 :吾輩は名無しである:02/05/01 03:44
>>109 てかそういう今となってはあったりまえのことをウダウダするのも
族っぽいような気がしますが。

111 :光る風:02/05/04 00:45
>>106
ピカーンひゅ〜

112 :吾輩は名無しである:02/05/04 09:27
up

113 :吾輩は名無しである:02/05/05 09:17
石森・佐藤版はちょっとな〜

ポーリーンやドリスはいいんだけどクララやセシルの
デザインがちょっと酷すぎ。あと、麟一郎が男前すぎ
る。

114 :吾輩は名無しである:02/05/05 14:35
天野哲夫(本名はしらん)さんは新潮社の社員でした(新潮社では有名)。新宿の某所に時々顔を出し、
お客のおしっこ飲んだり、アナルなめたり、いろいろしてたそうですよ。
以上は伝聞によるもの。真偽のほどは・・・。

ヤプーのすごいところは確実に現代を予見していること。今ってまさにヤプーの世界だもんな。
それに気づかないDQNばかりというのがまさにヤプーの世界だよ。
日本人はほんとみんな肉便器になっちまったぜ!

115 :我輩は名無しである:02/05/13 21:50
石森版のヤプーはどうなんですか?
私は小学生の頃本屋で出だしだけ見て、
結局中身見る勇気なくて見てないんですけど。

116 :我が輩は名無しである:02/05/14 01:51
これって一体どんな話なんですか? 問題作なの?
小学校の図書室にフツーに置いてあったから、何かほのぼのした
話かなと思ってた…。

117 :ひ@文学者:02/05/17 03:29
石森版、いいんじゃないかな。
でも、漏れはもっとリアルな劇画で見たひ・・・。
原哲夫とか平松伸二みたいな画風で。
誰か描いてきれ〜!

118 :吾輩は名無しである:02/05/17 14:29
>>116
今までのレスを見ればお判りかと思いますが、日本文学の傑作です。
小学校においてあったのも、きっと子供に読ませるべきだと先生たちがお考えになったんでしょうね。
友人や恋人への贈り物に最適です。
感動します。

119 :我が輩は名無しである:02/05/17 23:24
子供(小学生)が読んで分かるのか?
つーか、読み切れるか??

120 :吾輩は名無しである:02/05/31 16:20
102さんの言う通り、作者沼正三は天野哲夫ですね。
図書館にあった天野哲夫の自伝で確認しました。

この自伝「禁じられた青春」は登場人物がすべて実名なのが
すごい。
でもほとんどが戦前の話なので、天野氏の他のエッセイに
あるような話が載ってないのが物足りない。
できたら戦後編を読みたいと思うのだけど。
登場人物が実名では差し障りがあって書けないんだろうな。





121 :吾輩は名無しである:02/06/12 21:17
我は傷口にして刀
生贄にして拷問吏なり...

O嬢は萌え〜
ヤプーは萎え〜

122 :吾輩は名無しである:02/06/19 03:00
先日美術館で出会った腋臭のキツイ白人美女(ブロンドで身長
は180近くあった)にセッチンとして御仕えしたい…去勢され
てもいいから…




123 :吾輩は名無しである:02/06/19 03:45
おーこのスレまだ生きていたんだ。

>>26
それ、随分と昔に裏取れてたでしょ?

むかーし、TBS「報道特集」でもやってたよ。
倉田さんにも直撃取材してたもん。

124 :吾輩は名無しである:02/06/30 07:36
>>123
それで確定なの?>>120は?

125 :吾輩は名無しである:02/06/30 09:36
作者がこれを書こうと思ったのは以前外人の女とつきあっていて、その女ににひどいふられ方をしたから、復讐としてこれを書いたと聞いたことがあるんですが。
太田出版版のあとがきに出てくるマダム・マリリン・NMという人がその人でしょうか。

126 :吾輩は名無しである:02/06/30 10:57
作者は倉田さんではなく天野哲夫だろ。
「日本幻想作家名鑑」幻想文学出版局に
ながらく「沼正三の代理人」を称していたが1982年に
本人であることを告白した。
とあるよ。




127 :吾輩は名無しである:02/07/10 04:33
>>125

復讐ではなく差別的に扱われ倒錯的なセックスを強いられた
関係を懐かしんで書いたのでは…

128 :吾輩は名無しである:02/07/17 13:22
>>127
戦争で英軍の捕虜になった時の影響ってきいたぞ

129 :吾輩は名無しである:02/07/24 23:26
これを白人に読ませたらどんな顔をするだろう?

130 :遠藤千秋:02/07/24 23:28
家畜人だプー

131 :吾輩は名無しである:02/07/25 00:02
>>129
手を叩いて喜ぶ。

132 :乙葉 ◆wljPk1.c :02/07/25 00:03
人間椅子とか人間便器とかすごかった!

133 :吾輩は名無しである:02/07/25 01:33
まだ最後まで読んでないけど、結末はどうなるの?

134 :吾輩は名無しである:02/07/25 02:33
>>133
言っていいの?

135 :吾輩は名無しである:02/07/31 21:09
>>129
白人のゲロを喜んで食うと描写された黒人の方が
マジギレしそうだな。

136 :吾輩は名無しである:02/08/01 07:12
不覚にも>>130で笑ってしまった。

137 :吾輩は名無しである :02/08/02 15:22
一週間前に、全5巻のやつを本屋さんで見つけて全部買って来ました。どんなヤプーがでてくるのかなぁ。最後はどうなるんだろー。

138 :吾輩は名無しである:02/08/04 23:59
作者は有名作家を含む(澁澤龍彦等)プロジェクトチーム
だったというトンデモ説を長いこと信じてました。


139 :吾輩は名無しである:02/08/08 21:24
日本神話の美女コノハナサクヤが改造人間・顔面おまんこ男だったなんて…

140 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:11
荒俣氏の著書で、康○○が家畜人ヤプーの仕掛け人だとありました。
康さんはモハメドアリを日本に呼んだりした有名なプロモーターです。


141 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:13
猪木vsアリ戦を企画した興行師は、この作品をデヴィッド・リンチに
映画化させるのが夢なんだってさ。

142 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:15
ケコン?

143 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:32
石原ネッシー交流も夢だったんですかね?

144 :吾輩は名無しである:02/08/08 22:34
そういや麻原は康○○氏の弟子だったそうで。

145 :吾輩は名無しである:02/08/16 19:03
ttp://www2.ocn.ne.jp/~lucifeus/KL1_1.html

なかなかよく出来ていると思う。

146 :吾輩は名無しである:02/08/17 19:38
これ読むとマゾだと思われてしまうんですか?

147 :吾輩は名無しである:02/08/30 19:08
>>146
そんなことは無い。これは決してフェミニズムではない。

148 :吾輩は名無しである:02/09/09 19:58
実家に帰省して、親父とヤプー談義を交わした。あの当時すごい話題になったって本当だったんだ

149 :吾輩は名無しである:02/09/10 04:02
1983年頃?の「諸君!」に沼正三はK田判事であるとの特集があった。
>>123の報道特集云々はそのころではなかったのか?
おそらく、正編はK田氏、(評判の悪い)続編はA野氏によるものかと。

イースの法体系や社会構造を描写しているところなど、法学者ならではと
思わせる。ブンガク系の人ではああいった書き方はできないと思う。
三島もヤプーについて「小説とは何か」の中で「文学的ではないが、小説
として成立している」みたいな書き方で、何か匂わせてるような・・・。


150 :吾輩は名無しである:02/09/16 15:51
いまよみおわったところです。
都市出版社版を。

クララが黒獣を倒して
え!?おわり?あ、でもおわりか。
と、おもいました。
続きがあるの?



151 :吾輩は名無しである:02/09/16 15:52
http://profiles.yahoo.co.jp/tengaiten2002

152 :吾輩は名無しである:02/09/17 00:33
>>150
幻冬社アウトロー文庫から全5巻の完全版が出ている。但し、書き足された分は
最初の作者とは別人との噂が尽きない(このスレの議論を参照してね)。

153 :150:02/09/17 01:04
ありがとうございます。
そういうことだったんですね>議論。
都市出版社版は文字が緑で2段組で読みにくいことこの上なし。

154 :吾輩は名無しである:02/09/20 18:12
図書館にリクエストして一巻読了。
ちょうどプリン食ってるときに肉便器が出てきたよ。
ファンタジー小説として純粋に読んだので、こりゃとんでもねえ本だとは
思ったけど、ちらりとも興奮しなかった。

155 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:11
>152

ヤプーの書き足し部分別人説は、単なる噂=風評ではないと思われ。

ヤプーの「幻冬舎アウトロー文庫版・第4巻」(及び「太田出版版・上巻」)解説で荒俣宏は、「異端は決して終わらない」と題して、複数の人間が<沼正三>を名のってヤプーを書き継ぐことができたカラクリを明らかにしている。

また、嵐山光三郎が「風俗奇譚・昭和45年7月臨時増刊号」に発表した「小説・沼正三」は、<沼正三>を名乗る人物によってヤプーの書き足し・改ざんがどのように行われたか、その具体的な手口を詳細に暴露している。

参照
★沼正三複数説
http://homepage2.nifty.com/equus/umasen04.htm

★ヤプーの深化と衰退
http://homepage2.nifty.com/equus/bk04,yapoo.htm

>154
ほんとに、ヤプーは読者を選ぶ小説ですね


156 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:13
ここはブンガク掲示板なのでひとこと。
ヤプーの書き足しが、「ある夢想家の手帖から」を書いた沼正三によるものか、それとも別の人物によるものかということは、下世話な「作者の正体捜し」にとどまるものではありません。ヤプーのブンガク的評価を左右する問題であると思われ。

なお、「あの三島由紀夫も絶賛した」ということがヤプーの金看板ですが、三島はヤプーの都市出版社版が出た年に亡くなっています。
あたかも、その後に書き足された分まで含めて三島が称賛したように言うのは、彼の文学的感性に対する冒涜というものでしょうね。



157 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:19
>あたかも、その後に書き足された分まで含めて三島が称賛したように言うのは、

誰も言ってないと思われ。

158 :吾輩は名無しである:02/09/21 00:21
作品が終ってもナゾーなところがエライところだ罠

159 :154:02/09/22 20:31
頭に焼き付いて離れない・・・。
なんか、部屋の家具とか、該当のオブジェなんか見るとヤプーが・・・と当て
はめて反応してしまう。
昨日仮装大賞見て思ったけど、ピグミーのユーフォーキャッチャーとか、深
夜の通販でヤプー健康器具(かそ大では中年二人が外人さんの下敷きになって、
ルームウォーカーやらアブトロやらになって頑張っていた)なんかもありかな、
と。

>155 いや、興奮はしたんだけど、ハァハァする種の興奮じゃなかったというか。
その道の人にはたまらんでしょうが。

160 :吾輩は名無しである:02/09/22 23:05
あれでハアハアできる奴は神

161 :吾輩は名無しである:02/09/23 20:43
フェチ板に逝ってごらん。神がうようよ。

162 :吾輩は名無しである:02/09/24 23:46
高校の時に読んでからずっとヤプーの虜に。
漫画版も全部持ってるし、
性癖にも影響しちゃったかなあ・・。

163 :吾輩は名無しである:02/09/30 22:42
「イース白人は完全に女性上位」とは言うものの、貴族に
限れば白人男性はお気楽なヒモ生活を謳歌しているように
思える(マダムへの貞操を義務付けられるといっても黄肌
黒肌のメスは自由にできるわけだし)。

164 :吾輩は名無しである:02/10/01 21:43
幻冬舎のコミックバーズ?で江川○○が来月から
ヤプー連載するんでしょ?
違ったっけ?


165 :吾輩は名無しである:02/10/01 22:08

マンガ化するって・・。石森の惨憺たる前例があるのに。どうせなら
水木しげるの背景+三山のぼるの人物 をキボン。

166 :吾輩は名無しである:02/10/01 23:58
>>164
マジかよ…幻冬舎いい加減にしてほしいね

167 :吾輩は名無しである:02/10/02 00:31
>>166 やっぱ本当です
 11月からみたいよ HPにあったから 

168 :吾輩は名無しである:02/10/02 00:53
せめて原作に忠実にして欲しい。

169 :吾輩は名無しである:02/10/02 08:17
>164
ひえ〜。言葉が出てこない。

170 :吾輩は名無しである:02/10/09 05:14
折角だから、本編で軽く流されてしまったプリンセス=オットーの挿話や
百合枝の近親相姦・強制出産などを掘り下げてくれれば…

171 :吾輩は名無しである:02/10/10 03:15
これか…。

早くも話題沸騰の新連載
「家畜人ヤプー」江川達也
http://www.gentosha.co.jp/comics/index.html

172 :吾輩は名無しである:02/10/13 00:57
M男のバイブルっす!

173 :吾輩は名無しである:02/10/13 02:12
だめだ…漏れはあれに萌えられるほどMではない…せいぜい痴人の愛レベルのMさ…

174 :吾輩は名無しである:02/10/19 12:55
江川版…悪くは無いと思うが

175 :吾輩は名無しである:02/11/02 23:02
書店でバイトしてたとき、すごくカコイイ真面目なサラリーマン風の男性が
これ買ってったの見てひとりでほくそえんだことがある。


176 :美香 ◆FE5qs2YX/I :02/11/02 23:04
あの偏執狂的な構築力には脱帽です。
惜しいのは、M男性限定なこと。
本当に惜しいことをした(笑)

177 :吾輩は名無しである:02/11/11 01:28
ヤプー肉を食うのが嫌だった。食人は気分悪い。

178 :吾輩は名無しである:02/11/19 19:07
あげ

179 :吾輩は名無しである:02/11/25 17:39
 

180 :吾輩は名無しである:02/11/26 14:25
太田出版版の上中下巻を古本屋で買ってきた。
一冊800円だった。高い?


181 :吾輩は名無しである:02/11/27 02:52
安い、買い得だね

182 :吾輩は名無しである:02/11/27 02:53
ああ、3冊で800円じゃないのか。それは高いや。

183 :吾輩は名無しである:02/11/27 08:56
おれも800円で買った。

184 :吾輩は名無しである:02/11/28 19:58



185 :吾輩は名無しである:02/11/28 20:00



186 :吾輩は名無しである:02/11/30 00:14
今週の「読書人」に江川とミヤダイがヤプーについて語ってたね
よくわからなかったから途中で読むのやめたけど
江川のひげづらが汚かった


187 :タバスコ ◆aWFfCao0Sk :02/11/30 00:49

今読んでいる途中(文庫で3巻目)なので、読み終わったら何か書きたいです。

188 :吾輩は名無しである:02/11/30 12:07
江川の漫画読んでる人、詳細きぼん

189 :吾輩は名無しである:02/12/04 19:09



190 :吾輩は名無しである:02/12/05 13:45
>>180-183
おれは当時、1800円×3で買った。


191 :吾輩は名無しである:02/12/05 18:40
( ´_ゝ`) ふーん

192 :吾輩は名無しである:02/12/05 22:20
日本人が出てくる始めの方だけ読んで気持ち悪くなったのでやめた

193 :吾輩は名無しである:02/12/06 17:23
1巻だけ読んだ。
作者自身が途中で最後の落ちばらしすんなやボケ。

194 :吾輩は名無しである:02/12/06 17:44
今読んでますが何度もオナニーしてしまい、なかなか進まない・・・
Sだと思ってたのにMかも・・(w

195 :吾輩は名無しである:02/12/21 10:20
>>194
素敵なお話ですね(ワラ

196 :吾輩は名無しである:03/01/06 14:30
AGE

197 :吾輩は名無しである:03/01/10 00:52
唇人形になりたい。

198 :山崎渉:03/01/20 08:12
(^^)

199 :吾輩は名無しである:03/02/13 02:15
良スレage

200 :吾輩は名無しである:03/02/21 02:47
200戴きました。
妊娠判定機はちょっと欲しいかも。
もちろん、下戸限定。

201 :山崎渉:03/03/20 20:54
(^^)


202 :吾輩は名無しである:03/04/02 01:31
何故か書かれていないので、案外知られていないのかもしれないと思い、
いちおう基本情報を提供しておきます。

森下小太郎「家畜人ヤプーの覆面作家は東京高裁・倉田卓次判事」
(『諸君!』82年11月号)。かなりの反響を呼んだらしく、翌号
にも同じ筆者が反論に対する再反論を掲載。

203 :吾輩は名無しである:03/04/02 01:45
倉田卓次さんは俺の爺ちゃんの知り合いだった。
戦前、倉田さんが台湾で軍人やってたころ知り合ったとか。
爺ちゃんは30年近く前に死んだので、俺は母親から聞いたけど。
戦後、引き上げて来てからも何年かは年賀状のやりとりとかしてたらしい。
例の、右下がりの特徴的な字だったとか。

204 :吾輩は名無しである:03/04/05 02:07
http://utopia.ddo.jp/
WISH納車間近!
WISH命名所で『鯖憑』に御投票ください。


205 :山崎渉:03/04/19 23:33
   ∧_∧
  (  ^^ )< ぬるぽ(^^)

206 : :03/04/29 16:43
 

207 :吾輩は名無しである:03/05/14 17:17
>193
ああいう手法はほかに類を見ないな>途中で結末そのまんまバラす

208 :吾輩は名無しである:03/05/14 17:25
入場無料

http://ime.nu/www.net-de-dvd.com/




209 :吾輩は名無しである:03/05/14 22:39
ヤプーっていろんなところでみるんですが、どんな意味かどなたかおしえてもらえませんかー
この本読んだらわかりますか?

210 :吾輩は名無しである:03/05/22 12:04
ゲームの君が望む永遠のシナリオ書いた人かと思ったw
あれはたしか鬼畜人タムーといったな・・

211 :山崎渉:03/05/28 09:04
     ∧_∧
ピュ.ー (  ^^ ) <これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  =〔~∪ ̄ ̄〕
  = ◎――◎                      山崎渉

212 :吾輩は名無しである:03/05/29 22:37
江川達也版「家畜人ヤプー」発刊age

213 :吾輩は名無しである:03/05/31 00:35
sageてんじゃん(w

214 :吾輩は名無しである:03/05/31 02:23
あなたが探してる話題あれはこれでしょ♪
http://angelers.free-city.net/page003.html

215 :吾輩は名無しである:03/05/31 21:23
1巻買った。
う〜〜ん・・・なんか違うなあ・・・。
石の森章太郎の絵の方が。。イメージに近いかも?
高校生の時に読んだから印象強いのかな?
でも、ヤプーの加工の仕方は丁寧に書いてあったな?
よくわかったよ。


216 :吾輩は名無しである:03/06/15 21:39
ブックオフに「完結編」というデカイ本があったのですが、
あれは文庫を全部読んでから読むべきものですか?ずぶの素人なもんで。
それにしても高い本ですね。

あとがきを少し読んだのですが、当時「K氏」という作者の知り合いに本人説が
降りかかったことが書かれていましたが、それが>>202にある倉田という人物なのでしょうか。

217 :吾輩は名無しである:03/06/20 22:10
そうだね〜、やっぱり文庫からの方がいいよ。


218 :吾輩は名無しである:03/06/20 22:19
          / ∧\
        /  |  | |              __    且____
      /    |   |  | ┌――――_ーー∠  、_\且∩| /    |
   ((] ̄ ̄ ̄| ̄) |八》⊂ |))))))//⊂)))))))| ̄ ̄|/朋| ̄ 〔皿〕 |
      \  ̄ ̄|   |  | └―――/ / ⊂))))))) |   |___|)) ̄) ̄)) ̄)
        \  |  | /      く /____ 〕_/__| 匚コニlニ=― ̄
          \ V /           L_______iill||||| ̄
                       冖冖冖冖|冖冖冖冖冖冖冖|冖冖冖冖
                      / ̄ ̄ ̄ ̄´ ⌒ ` ̄ ̄ ̄|`/| ̄ ̄ ̄| ̄ヽ、―-_
                   __|中  ⊂⊃ □ 目目目 |/_.| Ε∃ | 冂 | ̄1 1|   
         八冖丶      || ̄|| ̄|| ̄ || ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄ ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄|| ̄||-┐┐┐-_
      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄    ̄| ̄ ̄\日||本||共||産||党|| * / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄―┘┘-_|
     /_/―――\__|__ γ⌒ヽ彡ヽ\_||_||_||_||_||_/γ⌒ヽ彡γ⌒ヽ彡ヽ__//
      ()()()()ノ三ノ   入_ノ彡ノ              入_ノ彡入_ノ彡ノ

219 :吾輩は名無しである:03/06/22 00:17
ヤプオク 

220 :吾輩は名無しである:03/06/25 16:56
厨時代、Yahooとヤプーはどう違うのかと小一時間…。

221 :吾輩は名無しである:03/07/13 22:05
おれ、タクワン好きなんだけど、
素質あるかな?

222 :吾輩は名無しである:03/07/14 00:01
>>216
×太田書房版、幻冬社文庫版
○角川文庫版

図書館で借りて読むべし。
まあ、大した小説でもねえけどな。

223 :山崎 渉:03/07/15 08:55

 __∧_∧_
 |(  ^^ )| <寝るぽ(^^)
 |\⌒⌒⌒\
 \ |⌒⌒⌒~|         山崎渉
   ~ ̄ ̄ ̄ ̄

224 :吾輩は名無しである:03/07/18 13:56
石の森章太郎の漫画読んでみたら?
結構まとまってる。

225 :吾輩は名無しである:03/07/18 14:29
>>222
都市出版のは?

226 :元図書館員:03/07/21 19:30
沼正三名義「マゾヒストMの遺言」筑摩書房 出ました。

某古本屋でヤプ−を買ったら、店主からMとまちがわれたみたいで
その後、かなり強引な接客をされた。
古本屋2代目なんて、こんなもんなんですか?




227 :山崎 渉:03/08/02 00:21
(^^)

228 :吾輩は名無しである:03/08/03 17:24
  

229 :吾輩は名無しである:03/08/10 14:36
いい古本屋じゃん。

230 :山崎 渉:03/08/15 10:57
    (⌒V⌒)
   │ ^ ^ │<これからも僕を応援して下さいね(^^)。
  ⊂|    |つ
   (_)(_)                      山崎パン

231 :吾輩は名無しである:03/08/28 23:50


232 :吾輩は名無しである:03/09/18 03:07


233 : ◆CRaxoB3keg :03/09/21 22:04
>>226
沼正三「マゾヒストMの遺言」筑摩書房について
今日の朝日新聞に中条省平氏の書評が載っていたね。

『家畜人ヤプー』については、なんと
「埴谷雄高の『死霊』と並ぶ戦後文学最大級の観念小説」とのことで
ちょっとこの表現はどうかなとは思ったけれど
前者が形而上的で、後者が形而下的、という対比をしたかったためと納得。

234 :吾輩は名無しである:03/09/22 09:49
>>233
 でも、ヤプーの著者は文学作品や観念小説を作ろうとは
 考えていなかったから、またもや困惑してるかもしれない。

235 :226:03/09/25 10:49
>>233
載ってましたね。
「死霊」は今度読んでみます。

236 :吾輩は名無しである:03/10/10 01:54


237 :吾輩は名無しである:03/11/16 22:53
保守

238 :吾輩は名無しである:03/12/09 11:24
角川文庫版購入揚げ。1000円。

239 :吾輩は名無しである:03/12/09 12:13
今売ってる
SFジャパンて雑誌に
著者のインタビュー載ってるね。
写真入りで。

240 :吾輩は名無しである:03/12/10 23:57
うpきぼん。

241 :吾輩は名無しである:03/12/17 12:32
著者はどういうきっかけであんな白人(女性)崇拝(フェチ)になったんでしょうか?
ヨーロッパに住んだりしてたんですか?

242 :吾輩は名無しである:03/12/17 17:26
福田和也によるとデビッド・リンチに「ヤプー」の映画版とらせようと
仕掛けてたやついるらしい。本人乗り気だったとか。

243 :吾輩は名無しである:03/12/17 18:27
白人男が撮ってもつまんねぇーべ。
白人美女の女優は日本より自由に調達できそうだが。

白人女>白人男>>超えられない壁>>黒人女>黒人男>>超えられない壁>>ヤプー雌>ヤプー雄

このヒエラルキーの最下層に位置づけられるヤプー雄が
自ら紡いだ物語だからこそ「ヤプー」は面白いわけだろ。
石ノ森章太郎も江川達也も横尾忠則も天野嘉孝もみんなヤプー雄。
ビジュアル化の際には、そこからの視点って不可欠じゃないか?
白人男なんて高ぁ〜い位置からヤプーの涅槃は描けないよ。

244 :吾輩は名無しである:03/12/19 07:55
>>241
捕虜になったときに英国兵の妻に動物扱いされたときに異常な快感を
覚えた。とどっかに書いてあったな。

245 : :03/12/23 13:02
なるほど。「アーロン収容所」にも似た話があります。

246 : :03/12/24 10:38
米英人が我々をどう見てるかについて以下のようなこと忘れてはいけませんね。
日本人 _市民_ を100万人殺しても、
イラク人 _市民_ を2万人殺しても、
アメリカ人にとっては「間違って少し多めに家畜を殺した。でも殺したのが人間じゃないから大したことじゃない」という感覚ですからね。

「アーロン収容所」
http://www5.tok2.com/home/JOHNVOID/arlon.html
想像以上にひどいことをされたというわけでもない。よい待遇を受けたというわけでもない。たえず殴られ蹴られる目にあっ
たというわけでもない。私刑的な仕返しを受けたわけでもない。それでいて私たちは、私たちはといっていけなければ、少なくとも私は、英軍さらには英国というもの対する燃えるような
激しい反感と憎悪を抱いて帰ってきたのである。異常な、といったのはそのことである。
p2

ある日K班長が、青ざめ、顔をひきつらせて豪州兵の兵舎作業から帰ってきた。聞くと彼は、豪州兵の便所で小便をしている
と、入ってきた兵士にどなられ、ひざまずかせて口をあけさせられ、顔に小便をかけられたという。日本兵は便器でしかないという表示である。その少し前に配達された妻からの頼りを手
にしていなかったら、このおとなしい兵隊は私刑覚悟でその豪州兵を殺していたかも知れないほどの形相だった

 その日、私は部屋に入り掃除をしようとしておどろいた。1
人の女が全裸で鏡の前に立って髪をすいていたからである。ド
アの音にうしろを振り向いたが、日本兵であることを知るとそ
のまま何事もなかったようにまた髪をくしけずりはじめた。部
屋には二、三の女がいて、寝台に横になりながら『ライフ』か
何かを読んでいる。何の変化も起こらない。私はそのまま部屋
を掃除し、床を拭いた。裸の女は髪をすき終わると下着をつけ
、そのまま寝台に横になってタバコを吸い始めた
「アーロン収容所」P39

http://boamo.tripod.com/rbaron.htm
そこに英国人男性が入室したときには、途端に態度が変わり急いで肌を隠したそうだ。
[若い娘らしくキャーキャーと恥ずかしがった」


247 :映画:03/12/29 07:41
>>243
> 白人男が撮ってもつまんねぇーべ。

Ridley Scottみたいに撮った映画の共通点が余り無いような器用な人もいるから、
(Lynchもそういうタイプ)いいの作るんじゃないの。
個人的にはそんな映画つくって欲しくない。


248 :吾輩は名無しである:04/01/06 02:30
今から初めて読むけど注意すべき心構えとかある?

249 :吾輩は名無しである:04/01/06 06:13
>>248
 自分の好みのエロがあると期待してはいけない。

250 :吾輩は名無しである:04/01/07 08:40
>>248
不必要に長いので、読破できると思ってはいけない
              ↑俺は文庫版4巻で挫折

251 :吾輩は名無しである:04/01/07 23:25
>>248
岩波文庫版が良いらしいよ。
減当社の3巻あたりまでかな?俺もまだ読んでないけど。

252 :吾輩は名無しである:04/01/13 23:33
私はいろいろ集めたけど太田出版のが好きだな。
天野喜孝のカバーイラスト美しいよ。

253 :吾輩は名無しである:04/01/17 05:42
是非アニメか実写番wでゴールデンタイムに教育番組として放送してもらいたいw
アバンギャルドになるかも?

254 :吾輩は名無しである:04/02/02 02:35
肉便器という言葉は、家畜人ヤプーがソースだよね?

255 :吾輩は名無しである:04/02/04 20:40
今から二千年でタイムマシンとかできるのかなあ。
そこの所がちょっと疑問。
理論から実践は途方も無いでしょ。




 セ ッ チ ン が 欲 し い で す 。 








256 :吾輩は名無しである:04/02/10 09:20
hoshu

257 :hoshu:04/02/22 13:38

肉便器という言葉は、家畜人ヤプーがソースだよね?



258 :吾輩は名無しである:04/03/11 01:41
>>66
「マゾヒストM氏の肖像」

>>251
「角川文庫版」の間違い。

259 :意思の森:04/03/17 12:58
石の森版サイコ−!古本屋で1500円でゲットしました!江川達也版は全く駄目ですな

260 :吾輩は名無しである:04/03/27 05:22
age

261 :吾輩は名無しである:04/03/28 00:31
石の森版って、SMの世界って感じがするが
江川達也版って、SMの世界を知らない人が描いたものって感じだ。
単なるSFにしか見えない。だから、違和感0なんだよね。
石の森版ってSMをしらない漏れには、違和感100で未知の刺激だったよ。

262 :吾輩は名無しである:04/03/31 16:06
江川版はSFですらないよ。小説にヘタな挿絵つけてるだけ

263 :吾輩は名無しである:04/04/10 11:52
ゲラゲラで江川版読んだ。カスです。家畜人ヤプーの名を勝手に使うなといいたい。

264 :吾輩は名無しである:04/04/12 13:49
デヴィッド・リンチが映画化するという噂はどうなったの?
セッチン役はフットボ−ルアワー岩尾、三津間JAPAN、井口昇、マメ山田
のいずれかを是非!


265 :吾輩は名無しである:04/04/12 17:41
江川版はヤプーを知らない人には丁度かと
ヤプーの普及には役立つかもな

266 :吾輩は名無しである:04/05/09 15:35
リンタロウってのはやっぱり鴎外のパロディなの?

267 :吾輩は名無しである:04/05/09 15:50
難しくて読めません。文章固すぎ。

51 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)