5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国税ブヂネス】旧東海銀に60億円追徴 海外子会社の資金調達巡り

1 :NHKみんなのうた「祈り」@大名古屋ビルヂングφ ★:04/05/03 07:54 ID:???
旧東海銀に60億円追徴 海外子会社の資金調達巡り
http://www.asahi.com/national/update/0503/005.htmlタソ
中米のタックスヘイブン(租税回避地)の子会社からの資金調達を
巡り、旧東海銀行(現UFJ銀行、本店・名古屋市)が名古屋国税局の
税務調査を受け、01年までの4年間で50億円を上回る税金の納付漏れを
指摘されていたことが分かった。子会社に支払う利子について香港支店を
経由することで課税を逃れていたという。国税局は加算税を含め約60億円を
追徴課税した模様だ。

UFJ銀行によると、旧東海銀行は、中米のカリブ海のオランダ領キュラソー島に
設立した子会社に償還期限が決められていない債券「永久劣後債」を発行させ、
投資家から資金を調達。香港支店がこの資金を借り入れ、本店に送っていた。
本店はその後、利子分を含めて香港支店を通じて子会社に返済した。

海外から資金を借りた日本の会社は、その利子を支払う際、貸主に代わって
税金分を源泉徴収して納税することになっている。サラリーマンの給与所得と
同じような形だ。

しかし、香港には利子への課税制度がない。同行は「金を借りたのは香港支店で
ある」とし、利子への課税分を納税しなかった。

これに対し、名古屋国税局は「実際に資金調達したのは本店で、香港支店は
経由したに過ぎない」と判断し、「非課税の国、地域を利用しての税逃れだ」
と認定した模様だ。

そのうえで、国税局は01年までの4年間で調達した資金約1200億円に
かかる利子約250億円を課税対象とし、源泉所得税の納付を求めたとみられる。

国税局は01年夏ごろから税務調査を進め、納付漏れを指摘。旧東海銀行は
02年1月にUFJ銀行になったが、その前に納税した。

UFJ銀行広報部は「事前に税の専門家らと相談し、源泉所得税を納めなくても
いいケースだと判断した。当局と見解の相違があったが、指摘に応じた」と
話している。 (05/03 06:07)

# 古い話が今頃出てきたもんだなや。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 07:56 ID:oJ/sBXIw
ただでさえ不良債権が多いUFJが・・・

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 09:08 ID:RjQfGAFB
■永久劣後債について
永久劣後債とは、負債性資本調達手段のうち、次の性質をすべて有するものをいいます。
1. 無担保で、かつ、他の債務に劣後する性質の払込済のものであること。
2. 一定の場合を除き、償還されないものであること。
3. 業務を継続しながら損失の補てんに充当されるものであること。
4. 利払いの義務の延期が認められるものであること。
(金融庁告示第5条第1項第4号)

永久劣後債は期限付劣後債と比較した場合、償還期限の定めがないことに加えて主に以下のような違いがあります。
1. 当行が債務超過に陥った時あるいは配当可能利益がない時などは、利払いを行わなくてよく、次回の利払い時まで延期が認められています。
また業務を継続しながら損失の補てんに充当し得るために、当局が要求する最低自己資本比率基準の2分の1に相当する水準を下回る場合にも利払いの延期が認められます。
2. 劣後事由発生時には、期限付劣後債よりも後順位に置かれ、上位債権および期限付劣後債が全額弁済された後でなければ元利金は支払われません。

ttp://www.btm.co.jp/ir/bond/shihon.htm

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:04/05/03 09:44 ID:fZllPRde
こりゃ、あの噂も本当みたいだな

4 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)